Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ IP アドレスおよびサービス デバッグ コマンド リファレンス
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ での シスコ エクスプレス フォワーディング (CEF)デバッグ コマンド
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータでのシスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)デバッグ コマンド
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2009/03/31 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータでのシスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)デバッグ コマンド

debug cef api

debug cef drops

debug cef errors

debug cef events

debug cef extclient

debug cef lib

debug cef packet

debug cef platform

debug cef platform adj

debug cef platform common

debug cef platform ea

debug cef prefix-ltraces

debug cef table

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータでのシスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)デバッグ コマンド

このモジュールでは、Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ で Cisco Express Forwarding(CEF; シスコ エクスプレス フォワーディング)ソフトウェアをデバッグするために使用するコマンドについて説明します。

debug cef api

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)Application Program Interface(API; アプリケーション プログラム インターフェイス)のデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug cef コマンドを使用します。CEF API のデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cef [ ipv4 | ipv6 | mpls ] api { events | errors } [ access-list ] [ level level ] [ vrf vrf-name ] [ location node-id ]

no debug cef [ ipv4 | ipv6 | mpls ] api { events | errors } [ access-list ] [ level level ] [ vrf vrf-name ] [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

ipv4

(任意)IP version 4(IPv4; IP バージョン 4)固有のデバッグ情報を表示します。

ipv6

(任意)IP version 6(IPv6; IP バージョン 6)固有のデバッグ情報を表示します。

mpls

(任意)Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)固有のデバッグ情報を表示します。

events

CEF API のイベントのデバッグ情報を表示します。

errors

CEF API のエラーのデバッグ情報を表示します。

access-list

(任意)特定のアクセス リストの名前。名前にスペースや引用符は使用できません。数字は使用できます。

level level

(任意)最大詳細レベルを指定します。範囲は 0 ~ 2 です。

vrf vrf-name

(任意)VPN Routing and Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)インスタンスを指定します。 vrf-name 引数には任意の文字列を指定できます。文字列「default」および「all」は VRF 名として予約済みです。

location node-id

(任意)ノードを指定します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

cef

読み取り、書き込み

次に、CEF API イベントのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug cef api events
 

debug cef drops

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)でのパケット ドロップのデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug cef drops コマンドを使用します。CEF でのパケット ドロップのデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cef [ ipv4 | ipv6 | mpls ] drops [ access-list ] [ level level ] [ vrf vrf-name ] [ location node-id ]

no debug cef [ ipv4 | ipv6 | mpls ] drops [ access-list ] [ level level ] [ vrf vrf-name ] [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

ipv4

(任意)IP バージョン 4(IPv4)固有のデバッグ情報を表示します。

ipv6

(任意)IP バージョン 6(IPv6)固有のデバッグ情報を表示します。

mpls

(任意)マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)固有のデバッグ情報を表示します。

access-list

(任意)特定のアクセス リストの名前。名前にスペースや引用符は使用できません。数字は使用できます。

level level

(任意)最大詳細レベルを指定します。範囲は 0 ~ 2 です。

vrf vrf-name

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンスを指定します。 vrf-name 引数には任意の文字列を指定できます。文字列「default」および「all」は VRF 名として予約済みです。

location node-id

(任意)ノードを指定します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

cef

読み取り、書き込み

次に、CEF ドロップ パケットのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug cef drops
 

debug cef errors

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)エラーのデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug cef errors コマンドを使用します。CEF エラーのデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cef [ ipv4 | ipv6 | mpls ] errors [ access-list ] [ level level ] [ vrf vrf-name ] [ location node-id ]

no debug cef [ ipv4 | ipv6 | mpls ] errors [ access-list ] [ level level ] [ vrf vrf-name ] [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

ipv4

(任意)IP バージョン 4(IPv4)固有のデバッグ情報を表示します。

ipv6

(任意)IP バージョン 6(IPv6)固有のデバッグ情報を表示します。

mpls

(任意)マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)固有のデバッグ情報を表示します。

access-list

(任意)特定のアクセス リストの名前。名前にスペースや引用符は使用できません。数字は使用できます。

level level

(任意)最大詳細レベルを指定します。範囲は 0 ~ 2 です。

vrf vrf-name

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンスを指定します。 vrf-name 引数には任意の文字列を指定できます。文字列「default」および「all」は VRF 名として予約済みです。

location node-id

(任意)ノードを指定します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

cef

読み取り、書き込み

次に、CEF エラーのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug cef errors
 

debug cef events

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)イベントのデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug cef events コマンドを使用します。CEF イベントのデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cef [ ipv4 | ipv6 | mpls ] events [ access-list ] [ level level ] [ vrf vrf-name ] [ location node-id ]

no debug cef [ ipv4 | ipv6 | mpls ] events [ access-list ] [ level level ] [ vrf vrf-name ] [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

ipv4

(任意)IP バージョン 4(IPv4)固有のデバッグ情報を表示します。

ipv6

(任意)IP バージョン 6(IPv6)固有のデバッグ情報を表示します。

mpls

(任意)マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)固有のデバッグ情報を表示します。

access-list

(任意)特定のアクセス リストの名前。名前にスペースや引用符は使用できません。数字は使用できます。

level level

(任意)最大詳細レベルを指定します。範囲は 0 ~ 2 です。

vrf vrf-name

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンスを指定します。 vrf-name 引数には任意の文字列を指定できます。文字列「default」および「all」は VRF 名として予約済みです。

location node-id

(任意)ノードを指定します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

cef

読み取り、書き込み

次に、CEF イベントのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug cef events location 0/2/cp0
 

debug cef extclient

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)外部クライアントのデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug cef extclient コマンドを使用します。CEF 外部クライアントのデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cef [ ipv4 | ipv6 | mpls ] extclient [ access-list ] [ level level ] [ vrf vrf-name ] [ location node-id ]

no debug cef [ ipv4 | ipv6 | mpls ] extclient [ access-list ] [ level level ] [ vrf vrf-name ] [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

ipv4

(任意)IP バージョン 4(IPv4)固有のデバッグ情報を表示します。

ipv6

(任意)IP バージョン 6(IPv6)固有のデバッグ情報を表示します。

mpls

(任意)マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)固有のデバッグ情報を表示します。

access-list

(任意)特定のアクセス リストの名前。名前にスペースや引用符は使用できません。数字は使用できます。

level level

(任意)最大詳細レベルを指定します。範囲は 0 ~ 2 です。

vrf vrf-name

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンスを指定します。 vrf-name 引数には任意の文字列を指定できます。文字列「default」および「all」は VRF 名として予約済みです。

location node-id

(任意)ノードを指定します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

cef

読み取り、書き込み

次に、CEF 外部クライアントのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug cef extclient
 

debug cef lib

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)ライブラリのデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug cef library コマンドを使用します。CEF ライブラリのデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cef [ ipv4 | ipv6 | mpls ] lib [ access-list ] [ level level ] [ vrf vrf-name ] [ location node-id ]

no debug cef [ ipv4 | ipv6 | mpls ] lib [ access-list ] [ level level ] [ vrf vrf-name ] [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

ipv4

(任意)IP バージョン 4(IPv4)固有のデバッグ情報を表示します。

ipv6

(任意)IP バージョン 6(IPv6)固有のデバッグ情報を表示します。

mpls

(任意)マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)固有のデバッグ情報を表示します。

access-list

(任意)特定のアクセス リストの名前。名前にスペースや引用符は使用できません。数字は使用できます。

level level

(任意)最大詳細レベルを指定します。範囲は 0 ~ 2 です。

vrf vrf-name

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンスを指定します。 vrf-name 引数には任意の文字列を指定できます。文字列「default」および「all」は VRF 名として予約済みです。

location node-id

(任意)ノードを指定します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

cef

読み取り、書き込み

次に、CEF ライブラリのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug cef lib

debug cef packet

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)パケット処理のデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug cef packet コマンドを使用します。CEF パケット処理のデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cef [ ipv4 | ipv6 | mpls ] packet [ access-list ] [ level level ] [ vrf vrf-name ] [ location node-id ]

no debug cef [ ipv4 | ipv6 | mpls ] packet [ access-list ] [ level level ] [ vrf vrf-name ] [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

ipv4

(任意)IP バージョン 4(IPv4)固有のデバッグ情報を表示します。

ipv6

(任意)IP バージョン 6(IPv6)固有のデバッグ情報を表示します。

mpls

(任意)マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)固有のデバッグ情報を表示します。

access-list

(任意)特定のアクセス リストの名前。名前にスペースや引用符は使用できません。数字は使用できます。

level level

(任意)最大詳細レベルを指定します。範囲は 0 ~ 2 です。

vrf vrf-name

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンスを指定します。 vrf-name 引数には任意の文字列を指定できます。文字列「default」および「all」は VRF 名として予約済みです。

location node-id

(任意)ノードを指定します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

cef

読み取り、書き込み

次に、ACL ベースのフォワーディングのグリーン(glean)アドレス解決をデバッグする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug cef ipv4 packet level 2 location 0/1/cp0
 
RP/0/RSP0/CPU0:router# LC/0/1/CPU0:Oct 3 22:48:25.935 : netio[180]: [Th:8, Pr:ipv4] IP-CEF(ABF nexthop forwarding) : source 50.60.1.2, replace dest: 50.70.1.2 with abf_nexthop: 50.70.1.2
LC/0/1/CPU0:Oct 3 22:48:25.938 : netio[180]: [Th:8, Pr:ipv4] CEF-PKT: Lookup for packet: source:50.60.1.2 dest:50.70.1.2 tbl 0xe0000000 dir 1 ext len 20

debug cef platform

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)プラットフォームのデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug cef platform コマンドを使用します。CEF プラットフォームのデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cef [ ipv4 | ipv6 | mpls ] platform { ipv4 | ipv6 | mpls } { all | error | events | info | trace | verbose } [ location node-id ]

no debug cef [ ipv4 | ipv6 | mpls ] platform { ipv4 | ipv6 | mpls } { all | error | events | info | trace | verbose } [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

ipv4

(任意)IP バージョン 4(IPv4)固有のデバッグ情報を表示します。

ipv6

(任意)IP バージョン 6(IPv6)固有のデバッグ情報を表示します。

mpls

(任意)マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)固有のデバッグ情報を表示します。

ipv4

IPv4 プラットフォームのデバッグ情報を表示します。

ipv6

IPv6 プラットフォームのデバッグ情報を表示します。

mpls

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)固有のデバッグ情報を表示します。

all

すべてのデバッグ情報を表示します。

error

プラットフォームのエラーのデバッグ情報を表示します。

events

プラットフォームのイベントのデバッグ情報を表示します。

info

プラットフォームのデバッグ情報を表示します。

trace

プラットフォームのトレースのデバッグ情報を表示します。

verbose

プラットフォームの詳細デバッグ情報を表示します。

location node-id

(任意)ノードを指定します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

cef

読み取り、書き込み

次に、CEF プラットフォーム IPv4 エラーのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug cef platform ipv4 errors
 

debug cef platform adj

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)プラットフォーム隣接情報のデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug cef platform adj コマンドを使用します。CEF プラットフォーム隣接情報のデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cef [ ipv4 | ipv6 | mpls ] platform adj { all | error | info } [ location node-id ]

no debug cef [ ipv4 | ipv6 | mpls ] platform adj { all | error | info } [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

ipv4

(任意)IP バージョン 4(IPv4)固有のデバッグ情報を表示します。

ipv6

(任意)IP バージョン 6(IPv6)固有のデバッグ情報を表示します。

mpls

(任意)マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)固有のデバッグ情報を表示します。

all

隣接情報のすべてのデバッグ情報を表示します。

error

隣接情報のエラーのデバッグ情報を表示します。

info

隣接情報のデバッグ情報を表示します。

location node-id

(任意)ノードを指定します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

cef

読み取り、書き込み

次に、CEF プラットフォーム隣接情報のデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug cef platform adj all
 

debug cef platform common

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)プラットフォーム共通のデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug cef platform common コマンドを使用します。CEF プラットフォーム共通のデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cef [ ipv4 | ipv6 | mpls ] platform common { all | error | events | info | verbose } [ location node-id ]

no debug cef [ ipv4 | ipv6 | mpls ] platform common { all | error | events | info | verbose } [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

ipv4

(任意)IP バージョン 4(IPv4)固有のデバッグ情報を表示します。

ipv6

(任意)IP バージョン 6(IPv6)固有のデバッグ情報を表示します。

mpls

(任意)マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)固有のデバッグ情報を表示します。

all

プラットフォーム共通のすべてのデバッグ情報を表示します。

error

プラットフォーム共通のエラーのデバッグ情報を表示します。

events

プラットフォーム共通のイベントのデバッグ情報を表示します。

info

プラットフォーム共通のデバッグ情報を表示します。

verbose

プラットフォーム共通の詳細デバッグ情報を表示します。

location node-id

(任意)ノードを指定します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

cef

読み取り、書き込み

次に、CEF プラットフォーム共通のデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug cef platform common all
 

debug cef platform ea

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)Execution Agent(EA)のデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug cef platform ea コマンドを使用します。CEF プラットフォーム EA のデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cef [ ipv4 | ipv6 | mpls ] platform ea { ipv4 | ipv6 | mpls } { error | events | info | trace | verbose } [ location node-id ]

no debug cef [ ipv4 | ipv6 | mpls ] platform ea { ipv4 | ipv6 | mpls } { error | events | info | trace | verbose } [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

ipv4

(任意)IP バージョン 4(IPv4)固有のデバッグ情報を表示します。

ipv6

(任意)IP バージョン 6(IPv6)固有のデバッグ情報を表示します。

mpls

(任意)マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)固有のデバッグ情報を表示します。

ipv4

IPv4 EA のデバッグ情報を表示します。

ipv6

IPv6 EA のデバッグ情報を表示します。

mpls

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)EA のデバッグ情報を表示します。

error

プラットフォーム共通のエラーのデバッグ情報を表示します。

events

プラットフォーム共通のイベントのデバッグ情報を表示します。

info

プラットフォーム共通のデバッグ情報を表示します。

trace

プラットフォーム共通のトレースのデバッグ情報を表示します。

verbose

プラットフォーム共通の詳細デバッグ情報を表示します。

location node-id

(任意)ノードを指定します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

cef

読み取り、書き込み

次に、CEF プラットフォーム EA IPv4 エラーのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug cef platform EA ipv4 errors
 

debug cef prefix-ltraces

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)プレフィクス ltrace のロギングをイネーブルにするには、EXEC モードで debug cef prefix-ltraces コマンドを使用します。CEF プレフィクス ltrace のロギングをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cef [ ipv4 | ipv6 | mpls ] prefix-ltraces [ level level ] [ vrf vrf-name ] [ location node-id ]

no debug cef [ ipv4 | ipv6 | mpls ] prefix-ltraces [ level level ] [ vrf vrf-name ] [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

ipv4

(任意)IP バージョン 4(IPv4)固有のデバッグ情報を表示します。

ipv6

(任意)IP バージョン 6(IPv6)固有のデバッグ情報を表示します。

mpls

(任意)マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)固有のデバッグ情報を表示します。

level level

(任意)最大詳細レベルを指定します。範囲は 0 ~ 2 です。

vrf vrf-name

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンスを指定します。 vrf-name 引数には任意の文字列を指定できます。文字列「default」および「all」は VRF 名として予約済みです。

location node-id

(任意)ノードを指定します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。


注意 debug cef prefixes-ltraces コマンドは大量の出力を生成します。このコマンドは、IP ネットワーク上のトラフィックが少なく、システム上の他のアクティビティに悪影響が及ばない場合にだけ使用します。

タスク ID

タスク ID
動作

cef

読み取り、書き込み

次に、CEF プレフィクス ltrace のロギングをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug cef prefix-ltraces
 

debug cef table

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)テーブルのデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug cef table コマンドを使用します。CEF テーブルのデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cef [ ipv4 | ipv6 | mpls ] table [ access-list ] [ level level ] [ vrf vrf-name ] [ location node-id ]

no debug cef [ ipv4 | ipv6 | mpls ] table [ access-list ] [ level level ] [ vrf vrf-name ] [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

ipv4

(任意)IP バージョン 4(IPv4)固有のデバッグ情報を表示します。

ipv6

(任意)IP バージョン 6(IPv6)固有のデバッグ情報を表示します。

mpls

(任意)マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)固有のデバッグ情報を表示します。

access-list

(任意)特定のアクセス リストの名前。名前にスペースや引用符は使用できません。数字は使用できます。

level level

(任意)最大詳細レベルを指定します。範囲は 0 ~ 2 です。

vrf vrf-name

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンスを指定します。 vrf-name 引数には任意の文字列を指定できます。文字列「default」および「all」は VRF 名として予約済みです。

location node-id

(任意)ノードを指定します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

cef

読み取り、書き込み

次に、CEF テーブルのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug cef table location 0/2/cp0