Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ IP アドレスおよびサービス デバッグ コマンド リファレンス
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ での アクセス リスト デバッグ コマンド
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータでのアクセス リスト デバッグ コマンド
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2009/03/31 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータでのアクセス リスト デバッグ コマンド

debug access-list

debug ipv4 access-list cfg-agent

debug ipv4 access-list cls

debug ipv4 access-list dll

debug ipv4 access-list manager

debug ipv6 access-list cfg-agent

debug ipv6 access-list daemon

debug ipv6 access-list dll

debug ethernet-services access-list act-agent

debug ethernet-services access-list dll

debug ethernet-services access-list manager

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータでのアクセス リスト デバッグ コマンド

このモジュールでは、アクセス リストの問題をデバッグするために使用するコマンドについて説明します。

debug access-list

アクセス リストのデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug access-list コマンドを使用します。アクセス リストのデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug access-list {log | mgr} { all | data | errors | info | trace }

no debug access-list {log | mgr} { all | data | errors | info | trace }

 
シンタックスの説明

log

アクセス リスト ログのデバッグ情報を表示します。

mgr

アクセス リスト マネージャのデバッグ情報を表示します。

all

アクセス リストのすべてのデバッグ情報(すべてのデバッグ タイプ)を表示します。

data

アクセス リストのデバッグ情報を表示します。

errors

アクセス リストのエラーのデバッグ情報を表示します。

info

アクセス リストの詳細デバッグ情報を表示します。

trace

アクセス リストの関数呼び出しトレースのデバッグ情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

acl

読み取り

次に、アクセス リスト ログのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug access-list log all

debug ipv4 access-list cfg-agent

IP version 4(IPv4; IP バージョン 4)アクセス リスト構成エージェントのデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug ipv4 access-list cfg-agent コマンドを使用します。IPv4 アクセス リスト構成エージェントのデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug ipv4 access-list cfg-agent { all | errors | info | regexp regular-expression | trace }

no debug ipv4 access-list cfg-agent { all | errors | info | regexp regular-expression | trace }

 
シンタックスの説明

all

IPv4 ACL 構成エージェント関連のすべてのデバッグ情報(すべてのデバッグ タイプ)を表示します。

errors

IPv4 ACL 構成エージェントのエラーのデバッグ情報を表示します。

info

IPv4 ACL 構成エージェントの詳細デバッグ情報を表示します。

regexp regular-expression

IPv4 ACL 構成エージェントの関数フローのデバッグ情報を表示します。

trace

IPv4 ACL 構成エージェントの関数呼び出しトレースのデバッグ情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

ipv4

読み取り

acl

読み取り

次に、IPv4 アクセス リスト構成エージェントのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug ipv4 access-list cfg-agent all
 

debug ipv4 access-list cls

IP バージョン 4(IPv4)のアクセス リスト分類のデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug ipv4 access-list cls コマンドを使用します。IPv4 アクセス リスト分類のデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug ipv4 access-list cls { all | data | errors | info | match | regexp function | trace }

no debug ipv4 access-list cls { all | data | errors | info | match | regexp function | trace }

 
シンタックスの説明

all

IPv4 ACL 分類のすべてのデバッグ情報(すべてのデバッグ タイプ)を表示します。

data

IPv4 ACL 分類関連のデバッグ情報を表示します。

errors

IPv4 ACL 分類のエラーのデバッグ情報を表示します。

info

IPv4 ACL 分類の詳細デバッグ情報を表示します。

match

IPv4 ACL 分類の一致のデバッグ情報を表示します。

regexp function

IPv4 ACL 分類の関数フローのデバッグ情報を表示します。

trace

IPv4 ACL 分類の関数呼び出しトレースのデバッグ情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

ipv4

読み取り

acl

読み取り

次に、ACL 分類のデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug ipv4 access-list cls all
 

debug ipv4 access-list dll

IP バージョン 4(IPv4)のアクセス リスト Dynamic Link Library(DLL; ダイナミック リンク ライブラリ)のデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug ipv4 access-list dll コマンドを使用します。IPv4 アクセス リスト DLL のデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug ipv4 access-list dll { all | data | errors | info | match | nexthops | regexp regular-expression | timers | trace } [ location node-id ]

no debug ipv4 access-list dll { all | data | errors | info | match | nexthops | regexp regular-expression | timers | trace } [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

all

IPv4 ACL DLL のすべてのデバッグ情報(すべてのデバッグ タイプ)を表示します。

data

IPv4 ACL DLL 関連のデバッグ情報を表示します。

errors

IPv4 ACL DLL のエラーのデバッグ情報を表示します。

info

IPv4 ACL DLL の詳細デバッグ情報を表示します。

match

IPv4 ACL DLL の一致のデバッグ情報を表示します。

nexthops

IPv4 ACL DLL のネクスト ホップのデバッグ情報を表示します。

location node-id

ノードを指定します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

regexp regular-expression

IPv4 ACL DLL の関数フロー デバッグ情報を表示します。

timers

IPv4 ACL DLL のタイマー デバッグ情報を表示します。

trace

IPv4 ACL DLL のトレース関数呼び出しデバッグ情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

ipv4

読み取り

acl

読み取り

次に、IPv4 アクセス リスト DLL のデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug ipv4 access-list dll all
 

debug ipv4 access-list manager

IP バージョン 4(IPv4)のアクセス リスト マネージャのデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug ipv4 access-list manager コマンドを使用します。IPv4 アクセス リスト マネージャのデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug ipv4 access-list manager { all | data | ens | errors | info | nexthops | regexp regular-expression | timers | trace } [ location node-id ]

no debug ipv4 access-list manager { all | data | ens | errors | info | nexthops | regexp regular-expression | timers | trace } [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

all

IPv4 ACL マネージャのすべてのデバッグ情報(すべてのデバッグ タイプ)を表示します。

data

IPv4 ACL マネージャ関連のデバッグ情報を表示します。

ens

IPv4 ACL マネージャの Event Notification Service(ENS)および Name Registration Service(NRS)関連のデバッグ情報を表示します。

errors

IPv4 ACL マネージャのエラーのデバッグ情報を表示します。

info

IPv4 ACL マネージャの詳細デバッグ情報を表示します。

nexthops

IPv4 ACL マネージャのネクスト ホップのデバッグ情報を表示します。

regexp regular-expression

IPv4 ACL マネージャの関数フローのデバッグ情報を表示します。

timers

IPv4 ACL マネージャのタイマーのデバッグ情報を表示します。

trace

IPv4 ACL マネージャの関数トレースのデバッグ情報を表示します。

location node-id

ノードを指定します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

ipv4

読み取り

acl

読み取り

次に、IPv4 アクセス リスト マネージャのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug ipv4 access-list manager all
 

debug ipv6 access-list cfg-agent

IP version 6(IPv6; IP バージョン 6)のアクセス リスト(ACL)構成エージェントのデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug ipv6 access-list cfg-agent コマンドを使用します。IPv6 アクセス リスト構成エージェントのデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug ipv6 access-list cfg-agent { all | errors | info | trace }

no debug ipv6 access-list cfg-agent { all | errors | info | trace }

 
シンタックスの説明

all

IPv6 ACL 構成エージェントのすべてのデバッグ情報(すべてのデバッグ タイプ)を表示します。

errors

IPv6 ACL 構成エージェントのエラーのデバッグ情報を表示します。

info

IPv6 ACL 構成エージェントのデバッグ情報を表示します。

trace

IPv6 ACL 構成エージェントの関数トレースのデバッグ情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

ipv6

読み取り

acl

読み取り

次に、すべてのアクセス リストについて IPv6 アクセス リスト構成エージェントのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug ipv6 access-list cfg-agent all

debug ipv6 access-list daemon

IP バージョン 6(IPv6)のアクセス リスト デーモンのデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug ipv6 access-list daemon コマンドを使用します。IPv6 アクセス リスト デーモンのデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug ipv6 access-list daemon { all | ens | errors | info | trace } [ location node-id ]

no debug ipv6 access-list daemon { all | ens | errors | info | trace } [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

all

IPv6 ACL デーモンのすべてのデバッグ情報(すべてのデバッグ タイプ)を表示します。

ens

Event Notification Service(ENS)および Name Registration Service(NRS)関連のデーモン動作のデバッグ情報を表示します。

errors

IPv6 ACL デーモンのエラーのデバッグ情報を表示します。

info

IPv6 ACL デーモンのデバッグ情報を表示します。

trace

IPv6 ACL デーモンの関数呼び出しトレースのデバッグ情報を表示します。

location node-id

ノードを指定します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

ipv6

読み取り

acl

読み取り

次に、すべてのアクセス リストについて IPv6 アクセス リスト デーモンのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug ipv6 access-list daemon all
 

debug ipv6 access-list dll

IP バージョン 6(IPv6)のアクセス リスト ダイナミック リンク ライブラリ(DLL)のデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug ipv6 access-list dll コマンドを使用します。IPv6 アクセス リスト DLL のデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug ipv6 access-list dll { all | errors | info | match | trace } [ location node-id ]

no debug ipv6 access-list dll { all | errors | info | match | trace } [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

all

IPv6 ACL DLL のすべてのデバッグ情報(すべてのデバッグ タイプ)を表示します。

errors

IPv6 ACL DLL のエラーのデバッグ情報を表示します。

info

IPv6 ACL DLL のデバッグ情報を表示します。

match

IPv6 ACL DLL の一致のデバッグ情報を表示します。

trace

IPv6 ACL DLL のトレースのデバッグ情報を表示します。

location node-id

ノードを指定します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

ipv6

読み取り

acl

読み取り

次に、すべてのアクセス リストについて IPv6 アクセス リスト DLL のデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug ipv6 access-list dll all
 

debug ethernet-services access-list act-agent

イーサネット サービス アクセス リスト アクション エージェントのデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug ethernet-services access-list act-agent コマンドを使用します。イーサネット サービス アクセス リスト アクション エージェントのデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug ethernet-services access-list act-agent { all | errors | info | trace }

no debug ethernet-services access-list act-agent { all | errors | info | trace }

 
シンタックスの説明

all

イーサネット サービス ACL アクション エージェント関連のすべてのデバッグ情報(すべてのデバッグ タイプ)を表示します。

errors

イーサネット サービス ACL アクション エージェント関連のエラーのデバッグ情報を表示します。

info

イーサネット サービス ACL アクション エージェント関連の詳細デバッグ情報を表示します。

trace

イーサネット サービス ACL アクション エージェント関連の関数呼び出しトレースのデバッグ情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

acl

読み取り

次に、イーサネット サービス アクセス リスト アクション エージェントのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug ethernet-services access-list act-agent all

debug ethernet-services access-list dll

イーサネット サービス アクセス リスト DLL のデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug ethernet-services access-list dll コマンドを使用します。イーサネット サービス アクセス リスト DLL のデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug ethernet-services access-list dll { all | errors | info | trace }

no debug ethernet-services access-list dll { all | errors | info | trace }

 
シンタックスの説明

all

イーサネット サービス ACL DLL 関連のすべてのデバッグ情報(すべてのデバッグ タイプ)を表示します。

errors

イーサネット サービス ACL DLL 関連のエラーのデバッグ情報を表示します。

info

イーサネット サービス ACL DLL 関連の詳細デバッグ情報を表示します。

trace

イーサネット サービス ACL DLL 関連の関数呼び出しトレースのデバッグ情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

acl

読み取り

次に、イーサネット サービス アクセス リスト DLL のデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug ethernet-services access-list dll all
 

debug ethernet-services access-list manager

イーサネット サービス アクセス リスト マネージャのデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug ethernet-services access-list manager コマンドを使用します。イーサネット サービス アクセス リスト マネージャのデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug ethernet-services access-list manager { all | ens | errors | info | trace }

no debug ethernet-services access-list manager { all | ens | errors | info | trace }

 
シンタックスの説明

all

イーサネット サービス ACL マネージャ関連のすべてのデバッグ情報(すべてのデバッグ タイプ)を表示します。

ens

イーサネット サービス ACL マネージャの Event Notification Service(ENS)および Name Registration Service(NRS)関連のデバッグ情報を表示します。

errors

イーサネット サービス ACL マネージャのエラーのデバッグ情報を表示します。

info

イーサネット サービス ACL マネージャの詳細デバッグ情報を表示します。

trace

イーサネット サービス ACL マネージャの関数呼び出しトレースのデバッグ情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

acl

読み取り

次に、イーサネット サービス アクセス リスト マネージャのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug ethernet-services access-list manager all