Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービ ス ルータ インターフェイスおよびハードウェア コン ポーネント デバッグ コマンド リファレンス
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ のイーサ ネット インターフェイス デバッグ コマンド
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータのイーサネット インターフェイス デバッグ コマンド
発行日;2012/02/05 | 英語版ドキュメント(2009/05/12 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータのイーサネット インターフェイス デバッグ コマンド

debug ethernet cfm

debug ethernet oam

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータのイーサネット インターフェイス デバッグ コマンド

この章では、Cisco IOS XR ソフトウェアが実行されている Cisco ASR 9000 シリーズ ルータのイーサネット インターフェイスで使用するデバッグ コマンドについて説明します。

debug ethernet cfm

イーサネット接続障害管理デバッグ メッセージをオンにするには、EXEC モードで debug ethernet cfm コマンドを使用します。イーサネット接続障害管理デバッグ メッセージをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug ethernet cfm { packets | protocol-state }

no debug ethernet cfm

 
シンタックスの説明

 

packets

接続障害管理パケットのデバッグをオンにします。

protocol-state

次のプロトコル ステート変更のデバッグをオンにします。

ディスカバリ モードの開始と終了

リモート ループバック モードの開始と終了

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』の「 Cisco ASR 9000 Series Routers module 」で「Configuring AAA Services」を参照してください。ユーザ グループ割当が原因でコマンドを使用できないと思われる場合は、AAA 管理者に連絡してサポートを受けてください。

CPU プロセスでは、デバッグ出力にハイ プライオリティが割り当てられているため、デバッグ出力がシステム パフォーマンスに影響する可能性があります。 デバッグ コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響に関する情報は、「 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 」を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

ethernet-services

読み取り

次に、 debug ethernet cfm コマンドをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug ethernet cfm packet

debug ethernet oam

Operation, Administration, and Maintenance(OAM; 運用管理および保守)デバッグ メッセージをオンにするには、EXEC モードで debug ethernet oam コマンドを使用します。OAM デバッグ メッセージをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug ethernet oam { packets | protocol-state }

no debug ethernet oam

 
シンタックスの説明

 

packets

OAM パケットのデバッグをオンにします。

protocol-state

次のプロトコル ステート変更のデバッグをオンにします。

ディスカバリ モードの開始と終了

リモート ループバック モードの開始と終了

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』の「 Cisco ASR 9000 Series Routers module 」で「Configuring AAA Services」を参照してください。ユーザ グループ割当が原因でコマンドを使用できないと思われる場合は、AAA 管理者に連絡してサポートを受けてください。

CPU プロセスでは、デバッグ出力にハイ プライオリティが割り当てられているため、デバッグ出力がシステム パフォーマンスに影響する可能性があります。 デバッグ コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響に関する情報は、「 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 」を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

ethernet-services

読み取り

次に、 debug ethernet oam コマンドをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug ethernet oam packet