Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ マルチキャスト コマンド リファレンス
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ のマルチ キャスト ルーティングおよび転送コマンド
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータのマルチキャスト ルーティングおよび転送コマンド
発行日;2012/02/04 | 英語版ドキュメント(2011/05/05 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータのマルチキャスト ルーティングおよび転送コマンド

accounting per-prefix

address-family(マルチキャスト)

boundary

clear mfib counter

clear mfib database

clear mfib hardware resource-counters

clear mfib hardware route statistics

disable(マルチキャスト)

enable

interface(マルチキャスト)

interface all enable

interface-inheritance disable

log-traps

maximum disable

mhost default-interface

multicast-routing

multipath

nsf(マルチキャスト)

oom-handling

rate-per-route

show mfib connections

show mfib counter

show mfib encap-info

show mfib hardware interface

show mfib hardware resource-counters

show mfib hardware route accept-bitmap

show mfib hardware route olist

show mfib hardware route statistics

show mfib hardware route summary

show mfib interface

show mfib nsf

show mfib route

show mfib table-info

show mhost default-interface

show mhost groups

show mrib client

show mrib nsf

show mrib platform trace

show mrib route

show mrib route-collapse

show mrib table-info

show mrib tlc

static-rpf

ttl-threshold(マルチキャスト)

vrf(マルチキャスト)

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータのマルチキャスト ルーティングおよび転送コマンド

この章では、Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータでマルチキャスト ルーティングを設定および監視するために使用するコマンドについて説明します。

マルチキャスト ルーティングの概念、設定タスク、例の詳細については、『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Multicast Configuration Guide 』のコンフィギュレーション モジュール「 Implementing Multicast Routing on Cisco IOS XR Software 」を参照してください。

accounting per-prefix

マルチキャスト ルーティングのアカウンティングをイネーブルにするには、適切なコンフィギュレーション モードで accounting per-prefix コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

accounting per-prefix

no accounting per-prefix

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

この機能は、デフォルトではディセーブルです。

 
コマンド モード

マルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション
マルチキャスト VRF コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

accounting per-prefix コマンドは、プレフィクス単位のカウンタをハードウェアだけでイネーブルにするために使用します。Cisco IOS XR ソフトウェア カウンタは常に存在します。プレフィクス単位のカウンタをイネーブルにすると、既存および新規のすべての (S, G) ルートにおいて、入力ルートには転送カウンタ、パント カウンタ、およびドロップ カウンタが割り当てられ、出力ルートには転送カウンタとパント カウンタが割り当てられます。(*, G) ルートには単一カウンタが割り当てられます。

いずれのノードでもカウンタの数は限られています。コマンドをイネーブルにすると、使用可能なカウンタがある場合に限り、ルートにカウンタが割り当てられます。

パケット統計情報を表示するには、 show route コマンドと show mfib hardware route statistics コマンドを使用します。これらのコマンドでは、ハードウェア統計情報を取得できない場合、または accounting per-prefix コマンドがディセーブルである場合は、カウンタの代わりに「N/A」が表示されます。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次に、マルチキャスト ルーティングのアカウンティングをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# multicast-routing
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast)# accounting per-prefix
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mfib hardware route statistics

各ルートのパケット カウンタおよびバイト カウンタに関するプラットフォーム固有の MFIB 情報を表示します。

show mfib route

MFIB テーブルのエントリを表示します。

address-family(マルチキャスト)

すべてのルータ インターフェイスでマルチキャスト ルーティングおよび転送をイネーブルにするために使用できる IP プレフィクスを表示するには、マルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション モードまたは VRF コンフィギュレーション サブモードで address-family コマンドを使用します。ルーティングでの IP アドレスの使用をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

address-family ipv4

no address-family ipv4

 
シンタックスの説明

ipv4

IPv4 アドレス プレフィクスを指定します。

 
デフォルト

デフォルトはありません。

 
コマンド モード

マルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション
マルチキャスト VRF コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

address-family コマンドは、マルチキャスト ipv4 アドレスファミリ コンフィギュレーション サブモードを開始するために、マルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション モードまたはマルチキャスト VRF コンフィギュレーション サブモードから使用します。

Cisco IOS XR ソフトウェア リリース 3.7.2 以降のリリースでは、マルチキャスト PIE(asr9k-mcast-p.pie)がインストールされている場合、明示的な設定を行わなくても基本的なマルチキャスト サービスが自動的に開始されます。自動的に開始されるマルチキャスト サービスは次のとおりです。

Multicast Forwarding Engine(MFWD)

Multicast Routing Information Base(MRIB)

Protocol Independent Multicast(PIM)

Internet Group Management Protocol(IGMP; インターネット グループ管理プロトコル)

これ以外のマルチキャスト サービスを開始するには、明示的に設定する必要があります。たとえば、MSDP プロセスを開始するためには、 router msdp コマンドを入力し、MSDP プロセスを明示的に設定する必要があります。

インターフェイスのマルチキャスト ルーティングおよびプロトコルをイネーブルにするには、マルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション モードで interface コマンドを入力し、インターフェイスを明示的にイネーブルにする必要があります。この操作は、個々のインターフェイスで実行することもできれば、 alias コマンドによってワイルドカード インターフェイスを設定して実行することも可能です。

すべてのインターフェイスでマルチキャスト ルーティングをイネーブルにするには、マルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション モードで interface all enable コマンドを入力します。インターフェイスでマルチキャスト ルーティングを完全にイネーブルにするためには、マルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション モードで個別にイネーブルにし(またはすべてのインターフェイスを対象とする interface all enable コマンドによって設定し)、PIM および IGMP コンフィギュレーション モードでディセーブルにしない必要があります。


) IGMP および PIM インターフェイス コンフィギュレーション モードで使用できる enable キーワードおよび disable キーワードは、インターフェイスがデフォルトまたは明示的なインターフェイス コンフィギュレーションによってマルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション モードでイネーブルになっていない場合は無効です。


マルチキャスト転送機能を有効にし、マルチキャスト ルーティング機能を無効にするには、 interface-inheritance disable コマンドを PIM または IGMP コンフィギュレーション モードにおいてインターフェイス単位または interface all enable 単位で使用します。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次に、IPv4 マルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション モードを開始する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# multicast-routing
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast)# address-family ipv4
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast-default-ipv4)#

 

次に、マルチキャスト VRF コンフィギュレーション モードから address-family を実行するときに IPv4 VRF マルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション サブモードを開始する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# multicast-routing
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast)# vrf vrf-name address-family ipv4
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast-vrf-name-ipv4)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

alias

コマンド エイリアスを作成します。

interface all enable

新規および既存のすべてのインターフェイスでマルチキャスト ルーティングおよび転送をイネーブルにします。

interface-inheritance disable

マルチキャスト ルーティングおよび転送のディセーブルを分離します。

interface(マルチキャスト)

マルチキャスト インターフェイス プロパティを設定します。

boundary

インターフェイス上で管理用スコープのマルチキャスト アドレスにマルチキャスト境界を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで boundary コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

boundary access-list

no boundary access-list

 
シンタックスの説明

access-list

スコープのマルチキャスト グループを指定するアクセス リスト。名前にスペースや引用符を含めることはできませんが、数字を含めることは可能です。

 
デフォルト

マルチキャスト境界は設定されません。

 
コマンド モード

マルチキャスト ルーティング インターフェイス コンフィギュレーション
マルチキャスト VRF インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

boundary コマンドは、マルチキャスト パケットが転送されないようにするための境界を設定するために使用されます。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次に、すべての管理用スコープのマルチキャスト アドレスにマルチキャスト境界を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# ipv4 access-list 1 deny 239.0.0.0 0.255.255.255
RP/0/RSP0/CPU0:router# ipv4 access-list 1 permit 224.0.0.0 15.255.255.255
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# multicast-routing
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast)# interface GigabitEthernet 0/2/0/2
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast-default-ipv4-if)# boundary 1

clear mfib counter

Multicast Forwarding Information Base(MFIB; マルチキャスト転送情報ベース)ルート パケット カウンタをクリアするには、EXEC モードで clear mfib counter コマンドを使用します。

clear mfib [ vrf vrf-name ] [ ipv4 ] counter [ group-address | source-address ] [ location { node-id | all }]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VPN Routing/Forwarding(VRF; VPN ルーティング/転送)インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィクスを指定します。

group-address

(任意)マルチキャスト グループの IP アドレス。

source-address

(任意)マルチキャスト ルートの送信元の IP アドレス。

location

(任意)指定ノードからルート パケット カウンタをクリアします。

node-id

node-id 引数は rack/slot/module の形式で入力します。

all

all キーワードを指定すると、すべてのノードのルート パケット カウンタがクリアされます。

 
デフォルト

デフォルトは IPv4 アドレス指定です。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次に、すべてのノードで MFIB ルート パケット カウンタをクリアする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear mfib counter location all
 

clear mfib database

マルチキャスト転送情報ベース(MFIB)データベースをクリアするには、EXEC モードで clear mfib database コマンドを使用します。

clear mfib [ ipv4 ] database [ location { node-id | all }]

 
シンタックスの説明

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィクスを指定します。

location

(任意)指定ノードからグローバル リソース カウンタをクリアします。

node-id

node-id 引数は rack/slot/module の形式で入力します。

all

all キーワードを指定すると、すべてのグローバル リソース カウンタがクリアされます。

 
デフォルト

デフォルトは IPv4 アドレス指定です。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み、実行

次に、すべてのノードでマルチキャスト転送情報ベース(MFIB)データベースをクリアする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear mfib database location all
 

clear mfib hardware resource-counters

グローバル リソース カウンタをクリアするには、EXEC モードで clear mfib hardware resource-counters コマンドを使用します。

clear mfib [ vrf vrf-name ] [ ipv4 ] hardware resource-counters [ location { node-id | all }]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィクスを指定します。

location

(任意)指定ノードからグローバル リソース カウンタをクリアします。

node-id

node-id 引数は rack/slot/module の形式で入力します。

all

all キーワードを指定すると、すべてのグローバル リソース カウンタがクリアされます。

 
デフォルト

デフォルトは IPv4 アドレス指定です。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

clear mfib hardware resource-counters は、操作でのリソースの使用量を見積もるために使用します。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み、実行

次に、すべてのグローバル リソース カウンタをクリアする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear mfib hardware resource-counters location all
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mfib hardware resource-counters

各ルートのパケット カウンタおよびバイト カウンタに関するプラットフォーム固有の MFIB 情報を表示します。

clear mfib hardware route statistics

マルチキャスト転送情報ベース(MFIB)ハードウェア統計情報をクリアするには、EXEC モードで clear mfib hardware route statistics コマンドを使用します。

clear mfib [ vrf vrf-name ] [ ipv4 ] hardware route statistics ingress-and-egress [ * | source-address ] [ group-address [ / prefix-length ]] [ location { node-id | all }]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィクスを指定します。

ingress-and-egress

(任意)発信ルートと着信ルートの両方でハードウェア統計情報をクリアします。

*

(任意)共有ツリーのルートの統計情報をクリアします。

source-address

(任意)マルチキャスト ルートの送信元の IP アドレスまたはホスト名。

group-address

(任意)マルチキャスト グループの IP アドレスまたはホスト名。

/ prefix-length

(任意)マルチキャスト グループのプレフィクスの長さ。これは、プレフィクス(アドレスのネットワーク部)を構成するアドレスの上位隣接ビット数を示す 10 進数値です。10 進数値の前にスラッシュを付ける必要があります。

location

(任意)指定ノードからルート パケット カウンタをクリアします。

node-id

node-id 引数は rack/slot/module の形式で入力します。

all

all キーワードを指定すると、すべてのノードのルート パケット カウンタがクリアされます。

 
デフォルト

指定しない場合、デフォルトとして IPv4 アドレス指定が使用されます。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Multicast Forwarding(MFWD; マルチキャスト転送)プロセスは、各ライン カードに存在し、各 (S, G) ルートにハードウェア カウンタを割り当てます。さらに、使用可能なリソースがある場合は、すべての (*, G) ルートに 1 つのグローバル カウンタを割り当てます。

(*, G) ルートに割り当てられたカウンタをクリアする場合は、MFWD プロセスが (*, G) ルートに一致するパケットをカウントする 1 つのカウンタ セットを割り当てます。したがって、 clear mfib hardware route statistics コマンドは、すべてのルートのカウンタをクリアするか、すべての (*, G) ルートに一致する形式で使用する必要があります。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み、実行

次に、ライン カード 0/1/CPU0 の入力転送エンジンと出力転送エンジンの両方で、カウンタをすべてのマルチキャスト ルートのルート統計情報でクリアする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear mfib ipv4 hardware route statistics ingress-and-egress location 0/1/CPU0
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mfib hardware route statistics

各ルートのパケット カウンタおよびバイト カウンタに関するプラットフォーム固有の MFIB 情報を表示します。

disable(マルチキャスト)

インターフェイスのマルチキャスト ルーティングおよび転送をディセーブルにするには、適切なコンフィギュレーション モードで disable コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

disable

no disable

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

マルチキャスト ルーティングおよび転送の設定は、グローバル interface enable all コマンドから継承されます。それ以外の場合は、マルチキャスト ルーティングおよび転送がディセーブルになります。

 
コマンド モード

マルチキャスト ルーティング インターフェイス コンフィギュレーション
マルチキャスト VRF インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

disable コマンドは、特定のインターフェイスの動作をディセーブルに変更します。このコマンドは、マルチキャスト ルーティングを特定のインターフェイスだけでディセーブルにし、他のすべてのインターフェイスではイネーブルのままにする場合に役立ちます。

enable コマンドおよび disable コマンド(および no 形式)を interface all enable コマンドとともに使用する場合は、次の注意事項が適用されます。

interface all enable コマンドを設定した場合は、次のような結果になります。

enable コマンドとその no 形式は、特定のインターフェイスに追加の影響をもたらしません。

disable コマンドは、特定のインターフェイスのマルチキャスト ルーティングをディセーブルにします。

no disable コマンドは、以前ディセーブルにされたインターフェイスをイネーブルにします。

interface all enable コマンドを設定しない場合は、次のような結果になります。

enable コマンドは、特定のインターフェイスのマルチキャスト ルーティングをイネーブルにします。

no enable コマンドは、以前ディセーブルにされたインターフェイスをイネーブルにします。

disable コマンドとその no 形式は、特定のインターフェイスに追加の影響をもたらしません。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次に、すべてのインターフェイスでマルチキャスト ルーティングをイネーブルにし、GigabitEthernet インターフェイス 0/1/0/0 だけでマルチキャスト ルーティングをディセーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# multicast-routing
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast)# interface all enable
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast)# interface gigabitEthernet 0/1/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast-default-ipv4-if)# disable
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

enable

インターフェイスのマルチキャスト ルーティングおよび転送をイネーブルにします。

interface all enable

新規および既存のすべてのインターフェイスでマルチキャスト ルーティングおよび転送をイネーブルにします。

 

enable

インターフェイスのマルチキャスト ルーティングおよび転送をイネーブルにするには、適切なコンフィギュレーション モードで enable コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

enable

no enable

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

マルチキャスト ルーティングおよび転送の設定は、グローバル interface enable all コマンドから継承されます。それ以外の場合は、マルチキャスト ルーティングおよび転送がディセーブルになります。

 
コマンド モード

マルチキャスト ルーティング インターフェイス コンフィギュレーション
マルチキャスト VRF インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

enable コマンドは、特定のインターフェイスの動作をイネーブルに変更します。このコマンドは、マルチキャスト ルーティングを特定のインターフェイスだけでイネーブルにし、他のすべてのインターフェイスではディセーブルのままにする場合に役立ちます。

enable コマンドおよび disable コマンド(および no 形式)を interface all enable コマンドとともに使用する場合は、次の注意事項が適用されます。

interface all enable コマンドを設定した場合は、次のような結果になります。

enable コマンドとその no 形式は、特定のインターフェイスに追加の影響をもたらしません。

disable コマンドは、特定のインターフェイスのマルチキャスト ルーティングをディセーブルにします。

no disable コマンドは、以前ディセーブルにされたインターフェイスをイネーブルにします。

interface all enable コマンドを設定しない場合は、次のような結果になります。

enable コマンドは、特定のインターフェイスのマルチキャスト ルーティングをイネーブルにします。

no enable コマンドは、以前イネーブルにされたインターフェイスをイネーブルにします。

disable コマンドとその no 形式は、特定のインターフェイスに追加の影響をもたらしません。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次に、特定のインターフェイスだけでマルチキャスト ルーティングをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# multicast-routing
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast)# interface gigabitEthernet 0/1/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast-default-ipv4-if)# enable
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

disable(マルチキャスト)

インターフェイスのマルチキャスト ルーティングおよび転送をディセーブルにします。

interface all enable

新規および既存のすべてのインターフェイスでマルチキャスト ルーティングおよび転送をイネーブルにします。

 

interface(マルチキャスト)

マルチキャスト インターフェイス プロパティを設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで interface コマンドを使用します。インターフェイスのマルチキャスト ルーティングをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

interface type instance

no interface type instance

 
シンタックスの説明

type

インターフェイス タイプ。詳細については、疑問符( ? )のオンライン ヘルプ機能を使用してください。

instance

次の物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンスです。

物理インターフェイス インスタンス。名前は rack/slot/module/port の形式で表記します。値はスラッシュで区切ります。

rack :ラックのシャーシ番号。

slot :ライン カードの物理スロット番号。

module :モジュール番号。Physical Layer Interface Module(PLIM; 物理レイヤ インターフェイス モジュール)は常に 0 です。

port :インターフェイスの物理ポート番号。

仮想インターフェイス インスタンス。番号の範囲はインターフェイス タイプによって異なります。

ルータの構文の詳細については、疑問符( ? )のオンライン ヘルプ機能を使用してください。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

マルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション
マルチキャスト VRF コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

interface コマンドは、特定のインターフェイスのマルチキャスト ルーティングを設定するために使用します。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次に、すべてのインターフェイスでマルチキャスト ルーティングをイネーブルにし、GigabitEthernet インターフェイス 0/1/0/0 だけでマルチキャスト ルーティングをディセーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# multicast-routing
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast)# interface gigabitEthernet 0/1/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast-default-ipv4-if)# enable
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

disable(マルチキャスト)

インターフェイスのマルチキャスト ルーティングおよび転送をディセーブルにします。

enable

インターフェイスのマルチキャスト ルーティングおよび転送をイネーブルにします。

interface all enable

新規および既存のすべてのインターフェイスでマルチキャスト ルーティングおよび転送をイネーブルにします。

 

interface all enable

新規および既存のすべてのインターフェイスでマルチキャスト ルーティングおよび転送をイネーブルにするには、適切なコンフィギュレーション モードで interface all enable コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

interface all enable

no interface all enable

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

マルチキャスト ルーティングおよび転送は、デフォルトではディセーブルです。

 
コマンド モード

マルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション
マルチキャスト
マルチキャスト VRF コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

このコマンドは、インターフェイス コンフィギュレーション モードで enable キーワードまたは disable キーワードによって上書きされた場合を除き、新規および既存のすべてのインターフェイスのデフォルト動作をイネーブルに変更します。

enable コマンドおよび disable コマンド(および no 形式)を interface all enable コマンドとともに使用する場合は、次の注意事項が適用されます。

interface all enable コマンドを設定した場合は、次のような結果になります。

enable コマンドとその no 形式は、特定のインターフェイスに追加の影響をもたらしません。

disable コマンドは、特定のインターフェイスのマルチキャスト ルーティングをディセーブルにします。

no disable コマンドは、以前ディセーブルにされたインターフェイスをイネーブルにします。

interface all enable コマンドを設定しない場合は、次のような結果になります。

enable コマンドは、特定のインターフェイスのマルチキャスト ルーティングをイネーブルにします。

no enable コマンドは、以前イネーブルにされたインターフェイスをイネーブルにします。

disable コマンドとその no 形式は、特定のインターフェイスに追加の影響をもたらしません。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次に、すべてのインターフェイスでマルチキャスト ルーティングをイネーブルにし、GigabitEthernet インターフェイス 0/1/0/0 だけでマルチキャスト ルーティングをディセーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# multicast-routing
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast)# interface all enable
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

disable(マルチキャスト)

インターフェイスのマルチキャスト ルーティングおよび転送をディセーブルにします。

enable

インターフェイスのマルチキャスト ルーティングおよび転送をイネーブルにします。

interface-inheritance disable

すべてのインターフェイスで PIM および IGMP ルーティングをマルチキャスト転送から分離するには、マルチキャスト ルーティング アドレスファミリ IPv4 サブモードで interface-inheritance disable コマンドを使用します。デフォルト機能に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

interface-inheritance disable

no interface-inheritance disable

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

この機能は、デフォルトでイネーブルではありません。

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
コマンド モード

マルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション
アドレスファミリ IPv4 コンフィギュレーション

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

マルチキャスト ルーティング アドレスファミリ IPv4 サブモードで interface-inheritance disable コマンドを interface type interface-id コマンドまたは interface all enable コマンドとともに使用すると、指定したインターフェイスで PIM および IGMP ルーティング機能がマルチキャスト転送から分離されます。この場合でも、PIM または IGMP ルーティング コンフィギュレーション モードでインターフェイスごとにマルチキャスト ルーティング機能を明示的にイネーブルにできます。


) 個々のインターフェイスでマルチキャスト ルーティング機能を明示的に設定できますが、この機能を明示的にディセーブルにすることはできません。この機能は、すべてのインターフェイスでディセーブルにすることだけが可能です。


タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次に、 interface-inheritance disable コマンドを使用してすべてのインターフェイスで PIM または IGMP ルーティング機能をディセーブルにする例を示します。この例では、 interface all enable キーワードの使用によって、マルチキャスト転送はすべてのインターフェイスでイネーブルになっています。

PIM は、 Loopback 0 ではルータ pim コンフィギュレーション モードでの明示的な設定( interface Loopback0 enable )に基づいてイネーブルになっています。

IGMP プロトコルは GigabitEthernet0/6/0/3 でイネーブルです。これも、ルータ igmp コンフィギュレーション モードで明示的に設定されている( interface GigabitEthernet0/6/0/3 router enable )からです。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# multicast-routing
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast)# address-family ipv4
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast-default-ipv4)# interface-inheritance disable
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast-default-ipv4)# interface loopback 1 enable
 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast-default-ipv4)# sh run router pim
 
router pim vrf default address-family ipv4
interface Loopback0
enable
!
!
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast-default-ipv4)# sh run router igmp
 
router igmp
vrf default
interface GigabitEthernet0/6/0/3
router enable
!
!
!
 

log-traps

トラップ イベントのロギングをイネーブルにするには、適切なコンフィギュレーション モードで log-traps コマンドを使用します。この機能を解除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

log-traps

no log-traps

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトでは、この機能はディセーブルになっています。

 
コマンド モード

マルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション
マルチキャスト VRF コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次に、トラップ イベントのロギングをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# multicast-routing
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast)# log-traps
 

maximum disable

最大ステートの制限をディセーブルにするには、適切なコンフィギュレーション モードで maximum disable コマンドを使用します。この機能を解除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

maximum disable

no maximum disable

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

最大ステートの制限がイネーブルです。

 
コマンド モード

マルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション
マルチキャスト VRF コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

maximum disable コマンドは、マルチキャスト ルート数のデフォルト ソフトウェア制限を上書きするために使用します。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次に、最大ステートの制限をディセーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# multicast-routing
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast)# maximum disable
 

mhost default-interface

ホスト スタックとの IP マルチキャスト送受信のデフォルト インターフェイスを設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで mhost default-interface コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

mhost ipv4 default-interface type instance

no mhost ipv4 default-interface type instance

 
シンタックスの説明

ipv4

IPv4 アドレス プレフィクスを指定します。

type

インターフェイス タイプ。詳細については、疑問符( ? )のオンライン ヘルプ機能を使用してください。

instance

次の物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンスです。

物理インターフェイス インスタンス。名前は rack/slot/module/port の形式で表記します。値はスラッシュで区切ります。

rack :ラックのシャーシ番号。

slot :ライン カードの物理スロット番号。

module :モジュール番号。物理レイヤ インターフェイス モジュール(PLIM)は常に 0 です。

port :インターフェイスの物理ポート番号。

例:インターフェイス MgmtEth0/RP1/CPU0/0

仮想インターフェイス インスタンス。番号の範囲はインターフェイス タイプによって異なります。

ルータの構文の詳細については、疑問符( ? )のオンライン ヘルプ機能を使用してください。

 
デフォルト

Multicast Host(MHost; マルチキャスト ホスト)デフォルト インターフェイスが設定されていない場合、任意のインターフェイスがアクティブな MHost デフォルト インターフェイスとして選択されます。マルチキャスト ルーティング機能がイネーブルである場合は、マルチキャストがイネーブルであるインターフェイスが常に MHost デフォルト インターフェイスとして選択されます。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション
グローバル VRF コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

mhost default-interface コマンドは、automatic route processing(Auto-RP)、ping、および mtrace アプリケーションがマルチキャスト送信に使用するインターフェイス、およびマルチキャスト グループが受信のために加入するインターフェイスを設定します。

ping および mtrace 機能は、マルチキャスト メッセージングの処理に MHost デフォルト インターフェイスを使用することがあります。IP マルチキャスト ルーティングがイネーブルである場合、MHost デフォルト インターフェイスに送信されたパケットは、転送ステートが一致する他のインターフェイスにスイッチングされます。また、設定されたインターフェイスが動作していない場合は、任意のインターフェイスがアクティブな MHost デフォルト インターフェイスとして選択されることもあります。このコマンドで MHost デフォルト インターフェイスを設定しない場合、任意のインターフェイスがアクティブな MHost デフォルト インターフェイスとして選択されます。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次に、ループバック インターフェイス 1 をデフォルト インターフェイスとして設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# mhost ipv4 default-interface loopback 1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mhost default-interface

MHost プロセスの設定されているアクティブなデフォルト インターフェイスを表示します。

multicast-routing

マルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション モードを開始するには、グローバル コンフィギュレーション モードで multicast-routing コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

multicast-routing

no multicast-routing

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次に、マルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション モードを開始する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# multicast-routing
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast)
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

address-family(マルチキャスト)

すべてのルータ インターフェイスでマルチキャスト ルーティングおよび転送をイネーブルにするために使用できる IP プレフィクスを表示します。

alias

コマンド エイリアスを作成します。

join-prune-interval

新規および既存のすべてのインターフェイスで PIM 処理をディセーブルにします。

interface(マルチキャスト)

マルチキャスト インターフェイス プロパティを設定します。

interface all enable

新規および既存のすべてのインターフェイスでマルチキャスト ルーティングおよび転送をイネーブルにします。

 

multipath

PIMをイネーブルにしてマルチキャストの負荷を複数の等価コスト パスに分散するには、適切なコンフィギュレーション モードで multipath コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

multipath

no multipath

 
シンタックスの説明

 
デフォルト

multipath コマンドがイネーブルではありません。

 
コマンド モード

マルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション
マルチキャスト VRF コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

multipath コマンドは IPv4 または PIM モードに固有ではありません。

デフォルトでは、equal-cost multipath(ECMP; 等価コスト マルチパス)パスには負荷が分散されません。すべてのマルチキャスト ルートに各ユニキャスト ルートからの単一のパスが使用されます(multipath コマンドの no 形式を使用した場合と同じです)。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次に、マルチパス機能をイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# multicast-routing
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast)# multipath
 

nsf(マルチキャスト)

マルチキャスト ルーティング システムで Nonstop Forwarding(NSF; ノンストップ転送)機能をオンにするには、マルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション モードで nsf コマンドを使用します。この機能をオフにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

nsf [ lifetime seconds ]

no nsf [ lifetime ]

 
シンタックスの説明

lifetime seconds

(任意)NSF モードの最大時間(秒数)を指定します。範囲は 30 ~ 3600 です。

 
デフォルト

NSF はディセーブルです。

 
コマンド モード

マルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

nsf コマンドは、マルチキャスト ルーティング システムをイネーブルまたはディセーブルにするのではなく、すべての関連するコンポーネントで NSF 機能だけをイネーブルまたはディセーブルにします。このコマンドの no 形式を使用すると、NSF の設定はデフォルトのディセーブル状態に戻ります。

マルチキャスト転送の可用性を高める必要がある場合は、マルチキャスト NSF をイネーブルにします。マルチキャスト NSF をイネーブルにすると、コントロール プレーン マルチキャスト ルーティング コンポーネントのマルチキャスト ルーティング情報ベース(MRIB)またはPIMで障害が発生してもマルチキャスト転送は停止されません。これらのコンポーネントで障害が発生したり、コントロール プレーンとの通信が中断されたりした場合、既存のマルチキャスト転送情報ベース(MFIB)エントリは、コントロール プレーンが回復するか、MFIB NSF タイムアウトが発生するまで、パケットの転送を継続します。

コントロール プレーン Cisco IOS XR ソフトウェアパッケージをアップグレードし、ライブ アップグレード プロセスによって転送が中断されないようにする場合は、マルチキャスト NSF をイネーブルにします。

MFIB パートナー プロセスが NSF モードを開始すると、コントロール プレーン コンポーネントが適切に回復しようとしたときに、古い(更新されていない)MFIB エントリに基づく転送が継続されます。NSF の回復が成功したことが MRIB によって Multicast Forwarding Engine(MFWD)パートナー プロセスに信号通知されます。インターネット グループ管理プロトコル(IGMP)がネットワークおよびホスト スタックから状態を回復し、PIM がネットワークおよび IGMP から状態を回復するまで、MRIB は NSF モードのままです。PIM および IGMP が回復し、MRIB を完全に更新すると、MRIB は、NSF が完了し、古い MFIB エントリの更新を開始することを MFIB に信号通知します。すべての更新が送信されると、MFWD パートナー プロセスは残っている古い MFIB エントリをすべて削除し、NSF モードを終了して通常の動作に戻ります。MRIB から信号が送信される前に MFIB NSF タイムアウトが発生すると、NSF が終了し、転送が停止されることがあります。

転送が NSF モードの場合、マルチキャスト ルーティング プロトコル、ユニキャスト ルーティング プロトコルの到着可能性情報、またはローカルな送信元および受信者の変更によってネットワーク状態が変化すると、マルチキャスト フローが必要以上に長く続くことがあります。MFWD パートナー プロセスは、一致する MFIB エントリの転送インターフェイスで着信データを受信したことにより、マルチキャスト ループの可能性が検出された場合、古い MFIB エントリに基づく転送を停止します。


) NSF がマルチキャスト ネットワークで正しく動作するためには、PIM が Reverse Path Forwarding(RPF; リバース パス転送)情報を取得するユニキャスト プロトコル(Intermediate System-to-Intermediate System(IS-IS)、Open Shortest Path First(OSPF)、Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)など)でも NSF をイネーブルにする必要があります。ユニキャスト プロトコルに NSF を設定する方法については、該当するコンフィギュレーション モジュールを参照してください。


タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次に、マルチキャスト ルーティング システムで NSF をイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# multicast-routing
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast)# nsf
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

nsf lifetime

IGMP における NSF タイムアウト値の最大時間を設定します。

nsf lifetime(PIM)

PIM プロセスの NSF タイムアウト値を設定します。

show igmp nsf

IGMP での NSF の動作状態を表示します。

show mfib nsf

MFIB ライン カードでの NSF の動作状態を表示します。

show mrib nsf

MRIB での NSF の動作状態を表示します。

show pim nsf

PIM での NSF の動作状態を表示します。

oom-handling

マルチキャスト ルーティング ソフトウェア コンポーネントで out-of-memory(OOM; アウトオブメモリ)機能をイネーブルにするには、マルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション モードで oom-handling コマンドを使用します。この機能を解除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

oom-handling

no oom-handling

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

この機能はディセーブルです。

 
コマンド モード

マルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

oom-handling コマンドがイネーブルで、ルータのメモリが不足しているか警告状態である場合は、次の状態が作成されません。

PIM の join/prune メッセージおよび register メッセージへの応答として生成される PIM ルート状態

インターネット グループ管理プロトコル(IGMP)グループ状態

Multicast Source Discovery Protocol(MSDP)の External Source-Active(SA)状態

show pim topology コマンドなどのマルチキャスト ルーティング show コマンドは、ルータのメモリが不足し、新しい状態の作成が停止されたことを示します。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次に、アウトオブメモリ機能をイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# multicast-routing
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast)# oom-handling

 
関連コマンド

コマンド
説明

show pim topology

PIM トポロジ テーブル情報を表示します。

rate-per-route

個別的な (source, group [S, G]) レート計算をイネーブルにするには、適切なコンフィギュレーション モードで rate-per-route コマンドを使用します。この機能を解除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

rate-per-route

no rate-per-route

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

この機能はディセーブルです。

 
コマンド モード

マルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション
マルチキャスト VRF コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次に、個別的なルート計算をイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# multicast-routing vrf vpn12 address-family ipv4
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast)# rate-per-route
 

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

show mfib route

使用されたキーワードに応じて、マルチキャスト転送情報ベース(MFIB)テーブル内の 1 つまたはすべてのライン カードについてルートあたりの累積マルチキャスト レートを表示します。

show mfib connections

サーバとのマルチキャスト転送情報ベース(MFIB)接続のステータスを表示するには、EXEC モードで show mfib connections コマンドを使用します。

show mfib [ ipv4 ] connections [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィクスを指定します。

location node-id

(任意)指定ノードのインターフェイスに関連付けられた MFIB 接続を指定します。 node-id 引数は rack/slot/module の形式で入力します。

 
デフォルト

デフォルトは IPv4 アドレス指定です。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

show mfib connections コマンドは、MFIB に接続されたサーバのリストと接続のステータスを表示するために使用します。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次に、 show mfib connections コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show mfib connections
 
Netio : connected
IM : connected
Pakman : connected
MRIB : connected
IFH : connected
SysDB-Global : connected
SysDB-Local : connected
SysDB-NSF : connected
SYSDB-EDM : connected
SYSDB-Action : connected
AIB : connected
MLIB : connected
IDB : connected
IIR : connected
IPARM : connected
GSP : connected

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mfib interface

MFIB プロセスのハードウェア スイッチング インターフェイス情報を表示します。

show mfib route

MFIB テーブルのエントリを表示します。

show mfib counter

ドロップされたパケットのマルチキャスト転送情報ベース(MFIB)カウンタ統計情報を表示するには、EXEC モードで show mfib counter コマンドを使用します。

show mfib [ vrf vrf-name ] [ ipv4 ] counter [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィクスを指定します。

location node-id

(任意)指定ノードのインターフェイスに関連付けられた MFIB カウンタ統計情報を指定します。 node-id 引数は rack/slot/module の形式で入力します。

 
デフォルト

デフォルトは IPv4 アドレス指定です。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

show mfib counter コマンドは、ルート カウンタでは捕捉できないパケットのパケット ドロップ統計情報を表示します。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次に、 show mfib counter コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show mfib counter
MFIB global counters are :
* Packets [no input idb] : 0
* Packets [failed route lookup] : 0
* Packets [Failed idb lookup] : 0
* Packets [Mcast disabled on input I/F] : 0
* Packets [encap drops due to ratelimit] : 0
* Packets [MC disabled on input I/F (iarm nfn)] : 0

表 15 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

表 15 show mfib counter のフィールドの説明

フィールド
説明

Packets [no input idb]

パケット内に入力インターフェイス情報が含まれていないためにドロップされたパケット。

Packets [failed route lookup]

いずれのマルチキャスト ルートとも一致しないためにドロップされたパケット。

Packets [Failed idb lookup]

インターフェイス(受信または発信インターフェイス)のディスクリプタ ブロックが見つからないためにドロップされたパケット。

Packets [Mcast disabled on input I/F]

着信したインターフェイスでマルチキャスト ルーティング機能がイネーブルでないためにドロップされたパケット。

Packets [encap drops due to ratelimit]

レート制限によってドロップされたパケット。

Packets [MC disabled on input I/F (iarm nfn)

 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mfib interface

MFIB プロセスのハードウェア スイッチング インターフェイス情報を表示します。

show mfib route

MFIB テーブルのエントリを表示します。

show mfib encap-info

マルチキャスト転送情報ベース(MFIB)のカプセル化情報のステータスを表示するには、EXEC モードで show mfib encap-info コマンドを使用します。

show mfib [ vrf vrf-name ] ipv4 encap-info [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィクスを指定します。

location node-id

(任意)指定ノードのインターフェイスに関連付けられた MFIB 接続を指定します。 node-id 引数は rack/slot/module の形式で入力します。

 
デフォルト

デフォルトは IPv4 アドレス指定です。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.5.0

このコマンドは Cisco CRS-1 および Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

リリース 3.6.0

変更なし。

リリース 3.7.0

変更なし。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次に、 show mfib encap-info コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show mfib vrf vrf_a encap-info
 
----------------------------
Encaps String Dependent Encaps MDT Name/
Routes # Table ID Handle
 
(192.168.5.203, 255.1.1.1) 5 0xe0000000 mdtA1 (0x100a480)

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mfib interface

MFIB プロセスのハードウェア スイッチング インターフェイス情報を表示します。

show mfib route

MFIB テーブルのエントリを表示します。

show mfib hardware interface

マルチキャスト転送情報ベース(MFIB)プロセスのハードウェア スイッチング インターフェイス情報を表示するには、EXEC モードで show mfib hardware interface コマンドを使用します。

show mfib [ vrf vrf-name ] [ ipv4 ] hardware interface [ detail ] [ type instance ] location node-id

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィクスを指定します。

type

(任意)インターフェイスのタイプです。詳細については、疑問符( ? )のオンライン ヘルプ機能を使用してください。

instance

(任意)次の物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンスです。

物理インターフェイス インスタンス。名前は rack/slot/module/port の形式で表記します。値はスラッシュで区切ります。

rack :ラックのシャーシ番号。

slot :ライン カードの物理スロット番号。

module :モジュール番号。物理レイヤ インターフェイス モジュール(PLIM)は常に 0 です。

port :インターフェイスの物理ポート番号。

例:インターフェイス MgmtEth0/RP1/CPU0/0

仮想インターフェイス インスタンス。番号の範囲はインターフェイス タイプによって異なります。

ルータの構文の詳細については、疑問符( ? )のオンライン ヘルプ機能を使用してください。

detail

(任意)MFIB インターフェイスの詳細情報を表示します。

location node-id

MFIB 指定ノードを指定します。 node-id 引数は rack/slot/module の形式で入力します。

 
デフォルト

デフォルトは IPv4 アドレス指定です。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

show mfib hardware interface コマンドは、ルータ ハードウェアのソフトウェア スイッチング インターフェイスに関するマルチキャスト関連の情報を表示します。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次に、 show mfib hardware interface コマンドの出力例を示します。最初の行には、ライン カードのファブリック インターフェイス(FI0/1/1)の情報が表示されます。ファブリック インターフェイスは、ファブリックとのハードウェア接続を表す特殊なインターフェイスです。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show mfib hardware interface location 0/0/CPU0
--------------------------------------------------------------------
Interface Handle RefCnt TTL Routes uIDB Enbld Comment
--------------------------------------------------------------------
Gi0/0/0/4 0x180 5 0 2 5 True success
Gi0/0/0/5 0x1c0 27 0 0 6 True success
Gi0/0/0/6 0x200 5 0 2 7 True success
Gi0/0/0/7 0x240 25 0 0 8 True success
Gi0/0/0/8 0x280 30 0 2 9 True success
--------------------------------------------------------------------
ROUTE INFORMATION:
Legend:
S: Source, G: Group, P: Prefix length, PI: Packets cn, PO: packets out,
RF: RPF failures, TF: TTL failures, OF: OLIST failures, F: Other failures
Route flags - (Ingress)
C: Chip ID, IC: BACL check, IP: Punt this packet to LC CPU,
ID: Directly connected, IS: RPF interface signal, IU: Punt copy to RP,
IF: Punt to LC CPU if forwarded, IM: Result match, IV: Valid entry,
IR: RPF IF, IA: Fabric slotmask, IG: Mulicast group ID
Route flags - (Egress)
ET: Table ID to be used for OLIST lookup, EO: OLIST count bit,
ER: Route MGID to be used for OLIST/NRPF lookup, EM: Result match,
EV: Valid entry, EC: Count of OLIST members on this chip,
BS: Base of the statistics pointer
 
Interface: Gi0/0/0/4
 
S:4.0.0.2 G:227.0.0.1 P:32 PI:1 PO:0 RF:0 TF:0 OF:0 F:0
---------------------------------------------------------------------------------
C IC IP ID IS IU IF IM IV IR IA IG ET EO ER EM EV EC BS
---------------------------------------------------------------------------------
0 F F F F F F T T 0x180 0x1 0x8006 0 F 6 T T 0 0x5518a
1 F F F F F F T T 0x180 0x1 0x8006 0 F 6 T T 0 0x5518a
2 F F F F F F T T 0x180 0x1 0x8006 0 F 6 T T 0 0x5518a
3 F F F F F F T T 0x180 0x1 0x8006 1 T 6 T T 3 0x555c2
---------------------------------------------------------------------------------
 
S:0.0.0.0 G:227.0.0.1 P:32 PI:4 PO:0 RF:0 TF:0 OF:0 F:0
---------------------------------------------------------------------------------
C IC IP ID IS IU IF IM IV IR IA IG ET EO ER EM EV EC BS
---------------------------------------------------------------------------------
0 F F T F F F T T 0x0 0x1 0x8004 0 F 5 T T 0 0x55185
1 F F T F F F T T 0x0 0x1 0x8004 0 F 5 T T 0 0x55185
2 F F T F F F T T 0x0 0x1 0x8004 0 F 5 T T 0 0x55185
3 F F T F F F T T 0x0 0x1 0x8004 1 T 5 T T 3 0x555bd
---------------------------------------------------------------------------------
 
Interface: Gi0/0/0/5
This interface is not part of the olist of any route
 
Interface: Gi0/0/0/6
 
S:4.0.0.2 G:227.0.0.1 P:32 PI:1 PO:0 RF:0 TF:0 OF:0 F:0
---------------------------------------------------------------------------------
C IC IP ID IS IU IF IM IV IR IA IG ET EO ER EM EV EC BS
---------------------------------------------------------------------------------
0 F F F F F F T T 0x180 0x1 0x8006 0 F 6 T T 0 0x5518a
1 F F F F F F T T 0x180 0x1 0x8006 0 F 6 T T 0 0x5518a
2 F F F F F F T T 0x180 0x1 0x8006 0 F 6 T T 0 0x5518a
3 F F F F F F T T 0x180 0x1 0x8006 1 T 6 T T 3 0x555c2
---------------------------------------------------------------------------------
 
S:0.0.0.0 G:227.0.0.1 P:32 PI:4 PO:0 RF:0 TF:0 OF:0 F:0
---------------------------------------------------------------------------------
C IC IP ID IS IU IF IM IV IR IA IG ET EO ER EM EV EC BS
---------------------------------------------------------------------------------
0 F F T F F F T T 0x0 0x1 0x8004 0 F 5 T T 0 0x55185
1 F F T F F F T T 0x0 0x1 0x8004 0 F 5 T T 0 0x55185
2 F F T F F F T T 0x0 0x1 0x8004 0 F 5 T T 0 0x55185
3 F F T F F F T T 0x0 0x1 0x8004 1 T 5 T T 3 0x555bd
---------------------------------------------------------------------------------
 
Interface: Gi0/0/0/7
This interface is not part of the olist of any route
 
Interface: Gi0/0/0/8
 
S:4.0.0.2 G:227.0.0.1 P:32 PI:1 PO:0 RF:0 TF:0 OF:0 F:0
---------------------------------------------------------------------------------
C IC IP ID IS IU IF IM IV IR IA IG ET EO ER EM EV EC BS
---------------------------------------------------------------------------------
0 F F F F F F T T 0x180 0x1 0x8006 0 F 6 T T 0 0x5518a
1 F F F F F F T T 0x180 0x1 0x8006 0 F 6 T T 0 0x5518a
2 F F F F F F T T 0x180 0x1 0x8006 0 F 6 T T 0 0x5518a
3 F F F F F F T T 0x180 0x1 0x8006 1 T 6 T T 3 0x555c2
---------------------------------------------------------------------------------
 
S:0.0.0.0 G:227.0.0.1 P:32 PI:4 PO:0 RF:0 TF:0 OF:0 F:0
---------------------------------------------------------------------------------
C IC IP ID IS IU IF IM IV IR IA IG ET EO ER EM EV EC BS
---------------------------------------------------------------------------------
0 F F T F F F T T 0x0 0x1 0x8004 0 F 5 T T 0 0x55185
1 F F T F F F T T 0x0 0x1 0x8004 0 F 5 T T 0 0x55185
2 F F T F F F T T 0x0 0x1 0x8004 0 F 5 T T 0 0x55185
3 F F T F F F T T 0x0 0x1 0x8004 1 T 5 T T 3 0x555bd
---------------------------------------------------------------------------------
 
 

表 16 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

表 16 show mfib hardware interface のフィールドの説明

フィールド
説明

Interface

MFIB インターフェイスの名前。

Handle

MFIB インターフェイスのシステムレベルの 32 ビット ID。

RefCnt

各種のデータ構造がこの MFIB インターフェイス構造を参照した回数。

TTL

この MFIB インターフェイスに設定されたマルチキャスト存続可能時間のしきい値

Routes

このインターフェイスがメンバとして含まれるルートの数

uIDB

ucode Interface Descriptor Block インデックス。

Enbld

真の場合、MFIB インターフェイスではマルチキャストがイネーブルです。

Comment

ハードウェア情報を読み取るときに問題が発生したかどうかを示します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mfib interface

MFIB プロセスのハードウェア スイッチング インターフェイス情報を表示します。

show mfib hardware resource-counters

マルチキャスト転送情報ベース(MFIB)プロセスに割り当てられたハードウェア リソースおよび解放されたハードウェア リソースを表示するには、EXEC モードで show mfib hardware resource-counters コマンドを使用します。

show mfib [ vrf vrf-name ] [ ipv4 ] hardware resource-counters location node-id

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィクスを指定します。

location node-id

MFIB 指定ノードを指定します。 node-id 引数は rack/slot/module の形式で入力します。

 
デフォルト

デフォルトは IPv4 アドレス指定です。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

show mfib hardware resource-counters コマンドは、MFIB による Table Lookup Unit(TLU; テーブル ルックアップ単位)リソースの使用率を把握するために使用します。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次に、 show mfib hardware resource-counters コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show mfib hardware resource-counters location 0/0/CPU0
prm_stat success calls: ingress: 4250,4092 egress: 0,0
prm_stat failure calls: ingress: 0,0 egress: 0,0
 
Memory alloc stats
-----------------------------------------------------
Type Allocated Freed Delta
-----------------------------------------------------
global 0 0 0
table extension 0 0 0
route extension 187 180 7
interface extension 221 215 6
idb extension 52 47 5
kmrs 159 159 0
kmrs key 652 652 0
kmrs result 488 488 0
uidb data 437 437 0
EDM bag data 5 3 2
-----------------------------------------------------
 

表 17 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

表 17 show mfib hardware resource counters のフィールドの説明

フィールド
説明

prm_stat success calls

入力および出力統計情報の統計情報ブロックの割り当ておよび解放に成功したコールの数。

prm_stat failure calls

入力および出力統計情報の統計情報ブロックの割り当ておよび解放に失敗したコールの数。

Type

構造のタイプを示します。

Allocated

構造タイプごとの割り当てられたブロック数。

Freed

構造タイプごとの解放されたブロック数。

Delta

構造タイプごとの割り当てられたブロック数と解放されたブロック数の差。

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear mfib hardware resource-counters

リソース カウンタをクリアします。

show mfib interface

MFIB プロセスのハードウェア スイッチング インターフェイス情報を表示します。

show mfib hardware route accept-bitmap

双方向ルートを受け入れるインターフェイス リストのプラットフォーム固有のマルチキャスト転送情報ベース(MFIB)情報を表示するには、EXEC モードで show mfib hardware route accept-bitmap コマンドを使用します。

show mfib [ vrf vrf-name ] ipv4 hardware route accept-bitmap [ detail ] location node-id

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィクスを指定します。

detail

(任意)ルーティング データベースの詳細なリスト。

location node-id

MFIB 指定ノードを指定します。 node-id 引数は rack/slot/module の形式で入力します。

 
デフォルト

デフォルトは IPv4 アドレス指定です。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次の例では、双方向の範囲を設定しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show mfib hardware route accept-bitmap detail location 0/0/CPU0
Source: Source address Group: Group Address M: Mask Length
iQoS : Ingress QoS tag C : Directly connected check flag
RPF : Accepting interface for non-bidir entries
S : Signal on RPF interface FU : For us
FGID : Fabric Group ID
oQoS : Output QoS tag
FGID2 : Secondary Fabric Group ID
A_num : Number of I/Fs in the accepting list
Interface: Accepting interface name
Source Group M
Source: * Group: 224.0.0.0 Mask length: 24
Source: * Group: 224.0.1.39 Mask length: 32
Source: * Group: 224.0.1.40 Mask length: 32
Source: * Group: 227.0.0.1 Mask length: 32
Source: 4.0.0.2 Group: 227.0.0.1 Mask length: 64
Source: * Group: 230.0.0.0 Mask length: 8
Source: * Group: 232.0.0.0 Mask length: 8
 
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mfib interface

MFIB プロセスのハードウェア スイッチング インターフェイス情報を表示します。

show mfib hardware route olist

ハードウェアに保存されているoutput interface list(olist; 出力インターフェイス リスト)のプラットフォーム固有のマルチキャスト転送情報ベース(MFIB)情報を表示するには、EXEC モードで show mfib hardware route olist コマンドを使用します。

show mfib [ vrf vrf-name ] [ ipv4 ] hardware route olist {[ * ]| [ source-address ] [ group-address [ / prefix-length ]] [ detail ]} location node-id

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィクスを指定します。

*

(任意)共有ツリー エントリを表示します。

source-address

(任意)マルチキャスト ルートの送信元の IP アドレスまたはホスト名。

group-address

(任意)マルチキャスト グループの IP アドレスまたはホスト名。

/ prefix-length

(任意)マルチキャスト グループのプレフィクスの長さ。これは、プレフィクス(アドレスのネットワーク部)を構成するアドレスの上位隣接ビット数を示す 10 進数値です。10 進数値の前にスラッシュを付ける必要があります。

detail

(任意)ルーティング データベースの詳細なリストを表示します。140 のカラムが必要です。

location node-id

MFIB 指定ノードを指定します。 node-id 引数は rack/slot/module の形式で入力します。

 
デフォルト

デフォルトは IPv4 アドレス指定です。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

show mfib hardware route olist コマンドは、各ルートの出力インターフェイス リスト(olist)を表示します。マルチキャスト転送(MFWD)プロセスは、olist インターフェイスをテーブル ルックアップ単位(TLU)ブロック(3 個で 1 つのグループ)に保存します。そのため、このコマンドは各ルートを 3 回ずつ表示します。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次に、 show mfib hardware route olist コマンドの出力例を示します (出力フィールドの説明は、ヘッダーを参照してください)。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show mfib hardware route olist location 0/0/CPU0
--------------------------------------------------------------------------
Legend:
Route Information - (Ingress)
C: Chip ID, IC: BACL check, IP: Punt this packet to LC CPU,
ID: Directly connected, IS: RPF interface signal, IU: Punt copy to RP,
IF: Punt to LC CPU if forwarded, IM: Result match, IV: Valid entry,
IR: RPF IF, IA: Fabric slotmask, IG: Multicast group ID
Route Information - (Egress)
ET: Table ID to be used for OLIST lookup, EO: OLIST count bit,
ER: Route MGID to be used for OLIST/NRPF lookup, EM: Result match,
EV: Valid entry, EC: Count of OLIST members on this chip,
BS: Base of the statistics pointer
Hardware Information
C: Chip ID; T: Table ID; M: Member ID; Intf: Interface, U: uIDB index,
I: HW IC flag, B: HW BACL bit, Base: Base of statistics pointer
--------------------------------------------------------------------------
 
Source: * Group: 224.0.0.0 Mask length: 24
 
Route Information
----------------------------------------------------------------------------------
C IC IP ID IS IU IF IM IV IR IA IG ET EO ER EM EV EC BS
----------------------------------------------------------------------------------
0 T F F F F F T T 0x0 0x0 0x8002 0 F 2 T T 0 0x5516c
1 T F F F F F T T 0x0 0x0 0x8002 0 F 2 T T 0 0x5516c
2 T F F F F F T T 0x0 0x0 0x8002 0 F 2 T T 0 0x5516c
3 T F F F F F T T 0x0 0x0 0x8002 0 F 2 T T 0 0x555a4
----------------------------------------------------------------------------------
 
Source: * Group: 224.0.1.39 Mask length: 32
 
Route Information
----------------------------------------------------------------------------------
C IC IP ID IS IU IF IM IV IR IA IG ET EO ER EM EV EC BS
----------------------------------------------------------------------------------
0 F T F F F F T T 0x0 0x0 0x8000 0 F 0 T T 0 0x55162
1 F T F F F F T T 0x0 0x0 0x8000 0 F 0 T T 0 0x55162
2 F T F F F F T T 0x0 0x0 0x8000 0 F 0 T T 0 0x55162
3 F T F F F F T T 0x0 0x0 0x8000 0 F 0 T T 0 0x5559a
----------------------------------------------------------------------------------
 
Source: * Group: 224.0.1.40 Mask length: 32
 
Route Information
----------------------------------------------------------------------------------
C IC IP ID IS IU IF IM IV IR IA IG ET EO ER EM EV EC BS
----------------------------------------------------------------------------------
0 F T F F F F T T 0x0 0x0 0x8001 0 F 1 T T 0 0x55167
1 F T F F F F T T 0x0 0x0 0x8001 0 F 1 T T 0 0x55167
2 F T F F F F T T 0x0 0x0 0x8001 0 F 1 T T 0 0x55167
3 F T F F F F T T 0x0 0x0 0x8001 0 F 1 T T 0 0x5559f
----------------------------------------------------------------------------------
 
Source: * Group: 227.0.0.0 Mask length: 16
 
Route Information
----------------------------------------------------------------------------------
C IC IP ID IS IU IF IM IV IR IA IG ET EO ER EM EV EC BS
----------------------------------------------------------------------------------
0 T F F F F F T T 0x280 0x0 0x8009 0 F 6 T T 0 0x55199
1 T F F F F F T T 0x280 0x0 0x8009 0 F 6 T T 0 0x55199
2 T F F F F F T T 0x280 0x0 0x8009 0 F 6 T T 0 0x55199
3 T F F F F F T T 0x280 0x0 0x8009 0 F 6 T T 0 0x555d1
----------------------------------------------------------------------------------
 
Source: * Group: 227.0.0.1 Mask length: 32
 
Route Information
----------------------------------------------------------------------------------
C IC IP ID IS IU IF IM IV IR IA IG ET EO ER EM EV EC BS
----------------------------------------------------------------------------------
0 T F F F F F T T 0x0 0x1 0x8004 0 F 5 T T 0 0x55185
1 T F F F F F T T 0x0 0x1 0x8004 0 F 5 T T 0 0x55185
2 T F F F F F T T 0x0 0x1 0x8004 0 F 5 T T 0 0x55185
3 T F F F F F T T 0x0 0x1 0x8004 1 T 5 T T 3 0x555bd
----------------------------------------------------------------------------------
Interface Information
-----------------------------------------------------
C T M Intf U I B Base
-----------------------------------------------------
3 1 0 Gi0/0/0/8 9 F F 0x5540c
3 1 1 Gi0/0/0/4 5 F F 0x5540f
3 1 2 Gi0/0/0/6 7 F F 0x55412
-----------------------------------------------------
 
Source: * Group: 230.0.0.0 Mask length: 8
 
Route Information
----------------------------------------------------------------------------------
C IC IP ID IS IU IF IM IV IR IA IG ET EO ER EM EV EC BS
----------------------------------------------------------------------------------
0 T F T F F F T T 0x0 0x0 0x8005 0 F 4 T T 0 0x55176
1 T F T F F F T T 0x0 0x0 0x8005 0 F 4 T T 0 0x55176
2 T F T F F F T T 0x0 0x0 0x8005 0 F 4 T T 0 0x55176
3 T F T F F F T T 0x0 0x0 0x8005 0 F 4 T T 0 0x555ae
----------------------------------------------------------------------------------
 
Source: * Group: 232.0.0.0 Mask length: 8
 
Route Information
----------------------------------------------------------------------------------
C IC IP ID IS IU IF IM IV IR IA IG ET EO ER EM EV EC BS
----------------------------------------------------------------------------------
0 T F F F F F T T 0x0 0x0 0x8003 0 F 3 T T 0 0x55171
1 T F F F F F T T 0x0 0x0 0x8003 0 F 3 T T 0 0x55171
2 T F F F F F T T 0x0 0x0 0x8003 0 F 3 T T 0 0x55171
3 T F F F F F T T 0x0 0x0 0x8003 0 F 3 T T 0 0x555a9
----------------------------------------------------------------------------------
 
Source: * Group: 233.1.0.0 Mask length: 16
 
Route Information
----------------------------------------------------------------------------------
C IC IP ID IS IU IF IM IV IR IA IG ET EO ER EM EV EC BS
----------------------------------------------------------------------------------
0 T F F F F F T T 0x180 0x0 0x8007 0 F 7 T T 0 0x5518f
1 T F F F F F T T 0x180 0x0 0x8007 0 F 7 T T 0 0x5518f
2 T F F F F F T T 0x180 0x0 0x8007 0 F 7 T T 0 0x5518f
3 T F F F F F T T 0x180 0x0 0x8007 0 F 7 T T 0 0x555c7
----------------------------------------------------------------------------------
 
Source: * Group: 233.4.0.0 Mask length: 16
 
Route Information
----------------------------------------------------------------------------------
C IC IP ID IS IU IF IM IV IR IA IG ET EO ER EM EV EC BS
----------------------------------------------------------------------------------
0 T F F F F F T T 0x180 0x0 0x8008 0 F 8 T T 0 0x55194
1 T F F F F F T T 0x180 0x0 0x8008 0 F 8 T T 0 0x55194
2 T F F F F F T T 0x180 0x0 0x8008 0 F 8 T T 0 0x55194
3 T F F F F F T T 0x180 0x0 0x8008 0 F 8 T T 0 0x555cc
----------------------------------------------------------------------------------
 

次に、マルチキャスト グループを 1 つだけ指定して実行した show mfib hardware route olist コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show mfib hardware route olist 227.0.0.1 location 0/0/CPU0
--------------------------------------------------------------------------
Legend:
Route Information - (Ingress)
C: Chip ID, IC: BACL check, IP: Punt this packet to LC CPU,
ID: Directly connected, IS: RPF interface signal, IU: Punt copy to RP,
IF: Punt to LC CPU if forwarded, IM: Result match, IV: Valid entry,
IR: RPF IF, IA: Fabric slotmask, IG: Multicast group ID
Route Information - (Egress)
ET: Table ID to be used for OLIST lookup, EO: OLIST count bit,
ER: Route MGID to be used for OLIST/NRPF lookup, EM: Result match,
EV: Valid entry, EC: Count of OLIST members on this chip,
BS: Base of the statistics pointer
Hardware Information
C: Chip ID; T: Table ID; M: Member ID; Intf: Interface, U: uIDB index,
I: HW IC flag, B: HW BACL bit, Base: Base of statistics pointer
--------------------------------------------------------------------------
 
Source: * Group: 227.0.0.1 Mask length: 32
 
Route Information
----------------------------------------------------------------------------------
C IC IP ID IS IU IF IM IV IR IA IG ET EO ER EM EV EC BS
----------------------------------------------------------------------------------
0 T F F F F F T T 0x0 0x1 0x8004 0 F 5 T T 0 0x55185
1 T F F F F F T T 0x0 0x1 0x8004 0 F 5 T T 0 0x55185
2 T F F F F F T T 0x0 0x1 0x8004 0 F 5 T T 0 0x55185
3 T F F F F F T T 0x0 0x1 0x8004 1 T 5 T T 3 0x555bd
----------------------------------------------------------------------------------
Interface Information
-----------------------------------------------------
C T M Intf U I B Base
-----------------------------------------------------
3 1 0 Gi0/0/0/8 9 F F 0x5540c
3 1 1 Gi0/0/0/4 5 F F 0x5540f
3 1 2 Gi0/0/0/6 7 F F 0x55412
-----------------------------------------------------
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mfib hardware route accept-bitmap

双方向ルートを受け入れるインターフェイス リストのプラットフォーム固有の MFIB 情報を表示します。

show mfib hardware route statistics

各ルートのパケット カウンタおよびバイト カウンタに関するプラットフォーム固有の MFIB 情報を表示します。

show mfib hardware route summary

各ルート エントリのプラットフォーム固有の MFIB ハードウェア情報を表示します。

show mfib route

MFIB テーブルのエントリを表示します。

show mfib hardware route statistics

各ルートのパケット カウンタおよびバイト カウンタに関するプラットフォーム固有のマルチキャスト転送情報ベース(MFIB)情報を表示するには、EXEC モードで show mfib hardware route statistics コマンドを使用します。

show mfib [ vrf vrf-name ] [ ipv4 ] hardware route statistics [ detail ] [ * ] [ source-address ] [ group-address [ / prefix-length ]] location node-id

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィクスを指定します。

*

(任意)共有ツリー エントリを表示します。

source-address

(任意)マルチキャスト ルートの送信元の IP アドレスまたはホスト名。

group-address

(任意)マルチキャスト グループの IP アドレスまたはホスト名。

/ prefix-length

(任意)マルチキャスト グループのプレフィクスの長さ。これは、プレフィクス(アドレスのネットワーク部)を構成するアドレスの上位隣接ビット数を示す 10 進数値です。10 進数値の前にスラッシュを付ける必要があります。

detail

(任意)ルーティング データベースの詳細なリストを表示します。

location node-id

MFIB 指定ノードを指定します。 node-id 引数は rack/slot/module の形式で入力します。

 
デフォルト

デフォルトは IPv4 アドレス指定です。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

show mfib hardware route statistics コマンドは、ルートのハードウェア パケットおよびバイト カウンタを表示するために使用します。ルート カウンタは (S, G) ルートだけを対象とします。すべての
(*, G) ルートに 1 つのカウンタ セットが提供されます。

このコマンドは、ハードウェア パケット数およびバイト数をルート単位で表示します。ルートごとのハードウェア カウンタは (S, G) ルートだけを対象とします。ただし、カウンタはダイナミックに管理され、プライオリティに基づいて割り当てられるため、各 (S, G) ルートに確保されない場合があります。すべての (*, G) ルートに 1 つのカウンタ セットが存在します。たとえば、インターフェイス カウンタおよびアクセス リスト カウンタは、ルート カウンタよりプライオリティが高くなります。


) ルート カウンタは各ライン カードに対してローカルです。


タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次に、 show mfib hardware route statistics コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show mfib hardware route statistics location 0/0/CPU0
Legend:
S: Source, G: Group, Pr: Prefix Length, C: Chip ID, R: Received,
P: Punted to CPU, F: Forwarded, ID: Ingress Drop, ED: Egress Drop
 
S: * G: 224.0.0.0 Pr:24
-----------------------------------------------------------------------
C R(packets:bytes)/F(packets:bytes)/P(packets)/ID(packets)/ED(packets)
-----------------------------------------------------------------------
0 0:0 / 0:0 / 0 / 0 / 0
1 0:0 / 0:0 / 0 / 0 / 0
2 0:0 / 0:0 / 0 / 0 / 0
3 0:0 / 0:0 / 0 / 0 / 0
-----------------------------------------------------------------------
No OLIST interfaces found for this route
 
S: * G: 224.0.1.39 Pr:32
-----------------------------------------------------------------------
C R(packets:bytes)/F(packets:bytes)/P(packets)/ID(packets)/ED(packets)
-----------------------------------------------------------------------
0 0:0 / 0:0 / 0 / 0 / 0
1 0:0 / 0:0 / 0 / 0 / 0
2 0:0 / 0:0 / 0 / 0 / 0
3 0:0 / 0:0 / 0 / 0 / 0
-----------------------------------------------------------------------
No OLIST interfaces found for this route
 
S: * G: 224.0.1.40 Pr:32
-----------------------------------------------------------------------
C R(packets:bytes)/F(packets:bytes)/P(packets)/ID(packets)/ED(packets)
-----------------------------------------------------------------------
0 0:0 / 0:0 / 0 / 0 / 0
1 0:0 / 0:0 / 0 / 0 / 0
2 0:0 / 0:0 / 0 / 0 / 0
3 0:0 / 0:0 / 0 / 0 / 0
-----------------------------------------------------------------------
No OLIST interfaces found for this route
 
S: * G: 227.0.0.1 Pr:32
-----------------------------------------------------------------------
C R(packets:bytes)/F(packets:bytes)/P(packets)/ID(packets)/ED(packets)
-----------------------------------------------------------------------
0 0:0 / 0:0 / 0 / 0 / 0
1 0:0 / 0:0 / 0 / 0 / 0
2 0:0 / 0:0 / 0 / 0 / 0
3 504844:30290640 / 504843:23222778 / 504856 / 0 / 0
-----------------------------------------------------------------------
Interface Statistics:
-----------------------------------------------------------------------
Interface F/P/D (packets:bytes)
-----------------------------------------------------------------------
Gi0/0/0/8 504843:23222778 / 0:0 / 0:0
Gi0/0/0/4 0:0 / 0:0 / 0:0
Gi0/0/0/6 504843:23222778 / 0:0 / 0:0
-----------------------------------------------------------------------
 
S: 4.0.0.2 G: 227.0.0.1 Pr:64
-----------------------------------------------------------------------
C R(packets:bytes)/F(packets:bytes)/P(packets)/ID(packets)/ED(packets)
-----------------------------------------------------------------------
0 0:0 / 0:0 / 0 / 0 / 0
1 0:0 / 0:0 / 0 / 0 / 0
2 0:0 / 0:0 / 0 / 0 / 0
3 3869:232140 / 3869:177974 / 0 / 0 / 0
-----------------------------------------------------------------------
Interface Statistics:
-----------------------------------------------------------------------
Interface F/P/D (packets:bytes)
-----------------------------------------------------------------------
Gi0/0/0/4 0:0 / 0:0 / 0:0
Gi0/0/0/8 3869:177974 / 0:0 / 0:0
Gi0/0/0/6 3869:177974 / 0:0 / 0:0
-----------------------------------------------------------------------
 
S: * G: 230.0.0.0 Pr:8
-----------------------------------------------------------------------
C R(packets:bytes)/F(packets:bytes)/P(packets)/ID(packets)/ED(packets)
-----------------------------------------------------------------------
0 0:0 / 0:0 / 0 / 0 / 0
1 0:0 / 0:0 / 0 / 0 / 0
2 0:0 / 0:0 / 0 / 0 / 0
3 0:0 / 0:0 / 0 / 0 / 0
-----------------------------------------------------------------------
No OLIST interfaces found for this route
 
S: * G: 232.0.0.0 Pr:8
-----------------------------------------------------------------------
C R(packets:bytes)/F(packets:bytes)/P(packets)/ID(packets)/ED(packets)
-----------------------------------------------------------------------
0 0:0 / 0:0 / 0 / 0 / 0
1 0:0 / 0:0 / 0 / 0 / 0
2 0:0 / 0:0 / 0 / 0 / 0
3 0:0 / 0:0 / 0 / 0 / 0
-----------------------------------------------------------------------
No OLIST interfaces found for this route
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mfib hardware route accept-bitmap

双方向ルートを受け入れるインターフェイス リストのプラットフォーム固有の MFIB 情報を表示します。

show mfib hardware route olist

ハードウェアに保存された出力インターフェイス リストのプラットフォーム固有の MFIB 情報を表示します。

show mfib hardware route summary

各ルート エントリのプラットフォーム固有の MFIB ハードウェア情報を表示します。

show mfib route

MFIB テーブルのエントリを表示します。

show mfib hardware route summary

各ルート エントリのプラットフォーム固有のマルチキャスト転送情報ベース(MFIB)ハードウェア情報のサマリーを表示するには、EXEC モードで show mfib hardware route summary コマンドを使用します。

show mfib [ vrf vrf-name ] [ ipv4 ] hardware route summary location node-id

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィクスを指定します。

location node-id

MFIB 指定ノードを指定します。 node-id 引数は rack/slot/module の形式で入力します。

 
デフォルト

デフォルトは IPv4 アドレス指定です。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

show mfib hardware summary コマンドは、ノードのルートのハードウェア情報を表示するために使用します。

指定した送信元およびグループのアドレスによっては、最長プレフィクス一致ルートが表示されます。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次に、 show mfib hardware route summary コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show mfib hardware route summary location 0/1/cpu0
 
H/W IP Multicast Forwarding Information Base Summary
No. of (*,G) routes = 5
No. of (S,G) routes = 1
 

表 18 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

表 18 show mfib hardware route summary のフィールドの説明

フィールド
説明

No. of (*,G) routes

ハードウェアに搭載されている (*,G) ルートの数

No. of (S,G) routes

ハードウェアに搭載されている (S,G) ルートの数

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mfib hardware route accept-bitmap

双方向ルートを受け入れるインターフェイス リストのプラットフォーム固有の MFIB 情報を表示します。

show mfib hardware route olist

ハードウェアに保存された出力インターフェイス リストのプラットフォーム固有の MFIB 情報を表示します。

show mfib hardware route statistics

各ルートのパケット カウンタおよびバイト カウンタに関するプラットフォーム固有の MFIB 情報を表示します。

show mfib hardware route summary

各ルート エントリのプラットフォーム固有の MFIB ハードウェア情報を表示します。

show mfib route

MFIB テーブルのエントリを表示します。

show mfib interface

マルチキャスト転送情報ベース(MFIB)プロセスでのソフトウェア マルチキャスト スイッチング中に使用されるインターフェイス関連の情報を表示するには、EXEC モードで show mfib interface コマンドを使用します。

show mfib [ vrf vrf-name ] [ ipv4 ] interface [ type instance ] [ detail | route ] [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィクスを指定します。

type

(任意)インターフェイスのタイプです。詳細については、疑問符( ? )のオンライン ヘルプ機能を使用してください。

instance

(任意)次の物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンスです。

物理インターフェイス インスタンス。名前は rack/slot/module/port の形式で表記します。値はスラッシュで区切ります。

rack :ラックのシャーシ番号。

slot :ライン カードの物理スロット番号。

module :モジュール番号。物理レイヤ インターフェイス モジュール(PLIM)は常に 0 です。

port :インターフェイスの物理ポート番号。

例:インターフェイス MgmtEth0/RP1/CPU0/0

仮想インターフェイス インスタンス。番号の範囲はインターフェイス タイプによって異なります。

ルータの構文の詳細については、疑問符( ? )のオンライン ヘルプ機能を使用してください。

detail

(任意)インターフェイス上のパケット統計情報の詳細情報を表示します。

route

(任意)インターフェイスに関連付けられたルートのリストを指定します。このオプションは、インターフェイスの type および instance を指定した場合に使用できます。

location node-id

(任意)指定ノードのインターフェイスに関連付けられたパケット統計情報を指定します。 node-id 引数は rack/slot/module の形式で入力します。

 
デフォルト

デフォルトは IPv4 アドレス指定です。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

show mfib interface コマンドは、ソフトウェア スイッチングによって処理されるパケットおよびバイトの数を示すカウンタを表示します。ハードウェアによって処理されるパケットの数を示すカウンタを表示するには、適切な show mfib hardware コマンドを使用します。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次に、 show mfib interface コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show mfib interface GigabitEthernet 0/0/0/4 location 0/0/CPU0
 
Interface : GigabitEthernet0/0/0/4 (Enabled)
SW Mcast pkts in : 3, SW Mcast pkts out : 0
TTL Threshold : 0
Ref Count : 5
 

次のコマンドでは、 detail キーワードを使用しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show mfib interface GigabitEthernet 0/0/0/4 detail location 0/0/CPU0
 
Interface : GigabitEthernet0/0/0/4 [0x180] (Enabled) PHYSICAL Create Rcvd
SW Mcast pkts in: 6, SW Mcast pkts out: 0
TTL Threshold : 0, VRF ID: 0x60000000, Multicast Adjacency
Ref Count: 5, Route Count: 2, Handle: 0x180
Primary address : 4.0.0.1/24 Secondary address : 0.0.0.0/32
 

表 19 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

表 19 show mfib interface のフィールドの説明

フィールド
説明

Interface

インターフェイス名。インターフェイスにマルチキャスト ルーティングが設定されている場合、イネーブルになります。インターフェイスが非仮想インターフェイスである場合は、「PHYSICAL」と表示されます。

Mcast pkts in

ソフトウェア スイッチング中にインターフェイスに入った着信マルチキャスト パケットの数。

Mcast pkts out

ソフトウェア スイッチング中にインターフェイスから出た発信マルチキャスト パケットの数。

TTL Threshold

設定されたマルチキャスト存続可能時間のしきい値に達したマルチキャスト パケットの数。

VRF ID

 

Handle

 

Ref Count

MFIB プロセスにおけるこのインターフェイス構造への参照の数。

Route Count

 

Handle

 

Primary address

インターフェイスのプライマリ IP アドレス。

Secondary address

インターフェイスのセカンダリ IP アドレス。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mfib hardware interface

プラットフォーム固有の MFIB ハードウェア インターフェイス情報を表示します。

show mfib nsf

マルチキャスト転送情報ベース(MFIB)ライン カードに対するノンストップ転送(NSF)操作の状態を表示するには、EXEC モードで show mfib nsf コマンドを使用します。

show mfib [ ipv4 ] nsf [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィクスを指定します。

location node-id

(任意)MFIB NSF 指定ノードを指定します。 node-id 引数は rack/slot/module の形式で入力します。

 
デフォルト

デフォルトは IPv4 アドレス指定です。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

show mfib nsf コマンドは、ルータ内のすべてのライン カードおよびルート プロセッサ(RP)に含まれる MFIB プロセスの現在のマルチキャスト NSF 状態を表示します。

マルチキャスト NSF の状態は、次のいずれかです。

Normal:正常動作。カード内の MFIB に最新の MFIB エントリだけが含まれています。

Boot Card booting:カードが初期化中であり、NSF 状態が決定されていません。

Not Forwarding:マルチキャスト転送がディセーブル。マルチキャスト ルーティングが障害によって誘発された NSF 状態から回復できず、MFIB NSF タイムアウトが発生しました。

Non-Stop Forwarding Activated:マルチキャスト NSF アクティブ。ルータが NSF モードで動作し、コントロール プレーン障害から回復しようとしています。このモードでは、回復したマルチキャスト ルーティング情報ベース(MRIB)によって更新された MFIB エントリ、または NSF モードの開始時に stale(古い)とマークされていた MFIB エントリに基づいてデータが転送されます。マルチキャスト NSF およびマルチキャスト/ユニキャスト NSF が期限切れになるまでの残り時間が表示されます。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次に、 show mfib nsf コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show mfib nsf
 
IP MFWD Non-Stop Forwarding Status:
NSF Lifetime: 00:15:00
 
On node 0/1/CPU0 :
Multicast routing state: Non-Stop Forwarding is activated
NSF Time Remaining: 00:14:54
 
On node 0/3/CPU0 :
Multicast routing state: Non-Stop Forwarding is activated
NSF Time Remaining: 00:14:54
 
On node 0/4/CPU0 :
Multicast routing state: Non-Stop Forwarding is activated
NSF Time Remaining: 00:14:53
 
On node 0/6/CPU0 :
Multicast routing state: Non-Stop Forwarding is activated
NSF Time Remaining: 00:14:53
 

表 20 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

表 20 show mfib nsf のフィールドの説明

フィールド
説明

IP MFWD Non-Stop Forwarding Status

システムの各ノードの MFIB NSF ステータスで、booting、normal、not forwarding、activated のいずれかです。

NSF Time Remaining

MSB NSF がアクティブである場合、NSF で障害が発生し、すべてのルートが削除されるまでの残り時間が表示されます。タイムアウトとなる前に、MRIB は、NSF(コントロール プレーン内)が完了し、更新された新しいルートが MFIB に登録される(それによって Normal ステータスに移行する)ことを信号通知します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

nsf lifetime

IGMP における NSF タイムアウト値の最大時間を設定します。

nsf(マルチキャスト)

マルチキャスト ルーティング システムに NSF 機能を設定します。

nsf lifetime(PIM)

PIM プロセスの NSF タイムアウト値を設定します。

show igmp nsf

IGMP での NSF の動作状態を表示します。

show mrib nsf

MRIB での NSF の動作状態を表示します。

show pim nsf

PIM での NSF の動作状態を表示します。

show mfib route

マルチキャスト転送情報ベース(MFIB)内のルート エントリを表示するには、EXEC モードで show mfib route コマンドを使用します。

show mfib [ vrf vrf-name ] [ ipv4 ] route [ rate | statistics ] [ * ] [ source-IP-address ] [ group-IP-address ] [/ prefix-length ] [ detail ] | summary ] [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィクスを指定します。

rate

(任意)個々の (S, G) レートを表示します。

statistics

(任意)ハードウェア転送とソフトウェア転送の両方の統計情報を表示します。

*

(任意)共有ツリー エントリを表示します。

source-IP-address

(任意)マルチキャスト ルートの送信元の IP アドレスまたはホスト名。

形式は、X:X::X です。

group-IP-address

(任意)マルチキャスト グループの IP アドレスまたはホスト名。

形式は、X:X::X です。

/prefix-length

(任意)マルチキャスト グループのグループ IP プレフィクスの長さ。これは、プレフィクス(アドレスのネットワーク部)を構成するアドレスの上位隣接ビット数を示す 10 進数値です。

形式は、X:X::X/length です。10 進数値の前にスラッシュを付ける必要があります。

detail

(任意)詳細なルート情報を指定します。

summary

(任意)ルーティング データベースの簡略的なリストを表示します。

location node-id

(任意)MFIB 指定ノードを指定します。 node-id 引数は rack/slot/module の形式で入力します。

 
デフォルト

デフォルトは IPv4 アドレス指定です。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

MFIB テーブル内のすべてのエントリは、マルチキャスト ルーティング情報ベース(MRIB)から取得されます。フラグの意味は MRIB の場合と同じです。フラグは、マルチキャスト パケットの転送ルールに基づいて転送およびシグナリング動作を決定します。インターフェイスおよびフラグのリストに加え、各ルート エントリにはさまざまなカウンタも表示されます。バイト数は、転送されたバイトの総数です。パケット数は、このエントリで受信したパケットの数です。

show mfib counter コマンドは、ルートから独立したグローバル カウンタを表示します。

このコマンドは、ソフトウェア スイッチングによって処理されるパケットおよびバイトの数を示すカウンタを表示します。ハードウェアによって処理されるパケットの数を示すカウンタを表示するには、適切な show mfib hardware コマンドを使用します。

送信元アドレスおよびグループ IP アドレスとともに rate キーワードが使用されている場合、このコマンドはマルチキャスト転送情報ベース(MFIB)テーブル内のすべてのライン カードについてルートあたりの累積レートを表示します。

statistics キーワードが使用されている場合、このコマンドはマルチキャスト転送情報ベース(MFIB)テーブル内の 1 つのライン カードについてルートあたりのレートを表示します。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次に、 location キーワードを指定した場合の show mfib route コマンドの出力例を示します(出力フィールドの説明は、ヘッダーを参照してください)。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show mfib route location 0/0/CPU0
IP Multicast Forwarding Information Base
Entry flags: C - Directly-Connected Check, S - Signal, D - Drop,
IA - Inherit Accept, IF - Inherit From, MA - MDT Address,
ME - MDT Encap, MD - MDT Decap, MT - MDT Threshold Crossed,
MH - MDT interface handle, CD - Conditional Decap,
DT - MDT Decap True
Interface flags: F - Forward, A - Accept, IC - Internal Copy,
NS - Negate Signal, DP - Don't Preserve, SP - Signal Present,
EG - Egress, EI - Encapsulation Interface, MI - MDT Interface
Forwarding Counts: Packets in/Packets out/Bytes out
Failure Counts: RPF / TTL / Empty Olist / Encap RL / Other
 
(*,224.0.0.0/24), Flags: D
Up: 02:16:52
Last Used: never
SW Forwarding Counts: 0/0/0
SW Failure Counts: 0/0/0/0/0
 
(*,224.0.1.39), Flags: S
Up: 02:16:52
Last Used: never
SW Forwarding Counts: 0/0/0
SW Failure Counts: 0/0/0/0/0
 
(*,224.0.1.40), Flags: S
Up: 02:16:52
Last Used: never
SW Forwarding Counts: 0/0/0
SW Failure Counts: 0/0/0/0/0
 
(*,227.0.0.1), Flags: C
Up: 02:16:51
Last Used: 02:16:50
SW Forwarding Counts: 282/0/0
SW Failure Counts: 205/0/0/0/0
GigabitEthernet0/0/0/4 Flags: NS EG, Up:02:16:46
GigabitEthernet0/0/0/8 Flags: NS EG, Up:02:16:50
GigabitEthernet0/0/0/6 Flags: NS EG, Up:02:16:50
 
(4.0.0.2,227.0.0.1), Flags:
Up: 02:16:50
Last Used: 00:00:12
SW Forwarding Counts: 125/0/0
SW Failure Counts: 0/0/0/0/0
GigabitEthernet0/0/0/8 Flags: NS EG, Up:02:16:50
GigabitEthernet0/0/0/6 Flags: NS EG, Up:02:16:50
GigabitEthernet0/0/0/4 Flags: A EG, Up:02:16:50
 
(*,232.0.0.0/8), Flags: D
Up: 02:16:52
Last Used: never
SW Forwarding Counts: 0/0/0
SW Failure Counts: 0/0/0/0/0
 
 

次に、 summary キーワードおよび location キーワードを指定した場合の show mfib route コマンドの出力例を示します。

次に、RP/0/RSP0/CPU0:router# show mfib route summary location 0/0/CPU0
IP Multicast Forwarding Information Base Summary for VRF default
No. of (*,G) routes = 5
No. of (S,G) routes = 1
 
 

statistics キーワードおよび location キーワードを指定した場合の show mfib route コマンドの出力例を示します。ハードウェア カウンタに N/A と表示されている場合は、ハードウェア統計情報ブロックがルートに割り当てられていなかったことを意味します。ただし、ルートには、ハードウェア統計情報ブロックとソフトウェア統計情報ブロックの両方が割り当てられていると表示されることがあります。出力フィールドの説明については、ヘッダーを参照してください。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show mfib route statistics location 0/0/CPU0
IP Multicast Forwarding Information Base
Entry flags: C - Directly-Connected Check, S - Signal, D - Drop,
IA - Inherit Accept, IF - Inherit From, MA - MDT Address,
ME - MDT Encap, MD - MDT Decap, MT - MDT Threshold Crossed,
MH - MDT interface handle, CD - Conditional Decap,
DT - MDT Decap True
Interface flags: F - Forward, A - Accept, IC - Internal Copy,
NS - Negate Signal, DP - Don't Preserve, SP - Signal Present,
EG - Egress, EI - Encapsulation Interface, MI - MDT Interface
SW/HW Forwarding Counts: Packets in/Packets out/Bytes out
SW Failure Counts: RPF / TTL / Empty Olist / Encap RL / Other
HW Drop Counts: Ingress / Egress
HW Forwarding Rates: bps In/pps In/bps Out/pps Out
 
(*,224.0.0.0/24), Flags: D
Up: 02:21:15
Last Used: never
SW Forwarding Counts: 0/0/0
SW Failure Counts: 0/0/0/0
HW Forwarding Counts: 0/0/0
HW Drop Counts: 0/0
HW Forwarding Rates: N/A /N/A /N/A /N/A
 
(*,224.0.1.39), Flags: S
Up: 02:21:15
Last Used: never
SW Forwarding Counts: 0/0/0
SW Failure Counts: 0/0/0/0
HW Forwarding Counts: 0/0/0
HW Drop Counts: 0/0
HW Forwarding Rates: N/A /N/A /N/A /N/A
 
(*,224.0.1.40), Flags: S
Up: 02:21:15
Last Used: never
SW Forwarding Counts: 0/0/0
SW Failure Counts: 0/0/0/0
HW Forwarding Counts: 0/0/0
HW Drop Counts: 0/0
HW Forwarding Rates: N/A /N/A /N/A /N/A
 
(*,227.0.0.1), Flags: C
Up: 02:21:14
Last Used: 02:21:14
SW Forwarding Counts: 282/0/0
SW Failure Counts: 205/0/0/0
HW Forwarding Counts: 0/0/0
HW Drop Counts: 0/0
HW Forwarding Rates: N/A /N/A /N/A /N/A
GigabitEthernet0/0/0/4 Flags: NS EG, Up:02:21:10
GigabitEthernet0/0/0/8 Flags: NS EG, Up:02:21:14
GigabitEthernet0/0/0/6 Flags: NS EG, Up:02:21:14
 
(4.0.0.2,227.0.0.1), Flags:
Up: 02:21:14
Last Used: 00:01:06
SW Forwarding Counts: 128/0/0
SW Failure Counts: 0/0/0/0
HW Forwarding Counts: 8474282/8474283/389817018
HW Drop Counts: 0/0
HW Forwarding Rates: N/A /N/A /N/A /N/A
GigabitEthernet0/0/0/8 Flags: NS EG, Up:02:21:14
GigabitEthernet0/0/0/6 Flags: NS EG, Up:02:21:14
GigabitEthernet0/0/0/4 Flags: A EG, Up:02:21:14
 
(*,232.0.0.0/8), Flags: D
Up: 02:21:15
Last Used: never
SW Forwarding Counts: 0/0/0
SW Failure Counts: 0/0/0/0
HW Forwarding Counts: 0/0/0
HW Drop Counts: 0/0
HW Forwarding Rates: N/A /N/A /N/A /N/A
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mfib counter

ドロップされたパケットの MFIB カウンタ統計情報を表示します。

show mfib hardware route accept-bitmap

双方向ルートを受け入れるインターフェイス リストのプラットフォーム固有の MFIB 情報を表示します。

show mfib hardware route olist

ハードウェアに保存された出力インターフェイス リストのプラットフォーム固有の MFIB 情報を表示します。

show mfib hardware route statistics

各ルートのパケット カウンタおよびバイト カウンタに関するプラットフォーム固有の MFIB 情報を表示します。

show mfib interface

MFIB プロセスのハードウェア スイッチング インターフェイス情報を表示します。

show mrib route

MRIB テーブル内のすべてのエントリを表示します。

show mfib table-info

マルチキャスト転送情報ベース(MFIB)テーブル情報を表示するには、EXEC モードで show mfib table-info コマンドを使用します。

show mfib [ ipv4 ] table-info { table-id | vrf-name } [ local | remote ] [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィクスを指定します。

table-id

テーブル ID を指定します。範囲は 0 ~ 4294967295 です。

vrf-name

(任意)VRF 名を指定します。

local

ローカル テーブルだけを対象とすることを指定します。

remote

リモート テーブルだけを対象とすることを指定します。

location node-id

(任意)指定ノードのインターフェイスに関連付けられた MFIB 接続を指定します。 node-id 引数は rack/slot/module の形式で入力します。

 
デフォルト

デフォルトは IPv4 アドレス指定です。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次に、 show mfib table-info コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show mfib table-info table-id location 0/0/CPU0
 
Table Name : default
VRid/TID/VID : 0x0 / 0xe0000000 / 0x60000000
Table type : TBL_TYPE_TID
Active/Linked : Y / Y
Prev Table ID : 0x0
Location : Local
Local ifcount : 16
Default MDT Encap : (*, */32)
MDT Master LC : N
Loopback (Encap Src) : 0x0 (Ha0x0)
Local EG intf cnt : 6
Data MDT : Acl - (-), All vrf routes N, 0 Kbps
 

表 21 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

表 21 show mfib table-info のフィールドの説明

フィールド
説明

Table Name

MFIB テーブルの名前。

VRid/TID/VID

テーブル ID。

Table type

MFIB テーブルのタイプ。

Active/Linked

テーブルがアクティブで、リンクされています。

Location

MFIB テーブルの場所。

Local ifcount

インターフェイス数。

Default MDT Encap

 

MDT Master LC

Loopback (Encap Src)

Local EG intf cnt

Data MDT

 

show mhost default-interface

マルチキャスト ホスト(MHost)プロセスのアクティブなデフォルト インターフェイスを表示するには、EXEC モードで show mhost default-interface コマンドを使用します。

show mhost [ ipv4 ] default-interface

 
シンタックスの説明

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィクスを指定します。

 
デフォルト

デフォルトは IPv4 アドレス指定です。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

show mhost default-interface コマンドは、設定された MHost デフォルト インターフェイスとアクティブな MHost デフォルト インターフェイスの両方を表示します。設定されたインターフェイスとは、 mhost default-interface コマンドで指定されたインターフェイスのことです。このコマンドでインターフェイスが指定されていない場合、設定されたインターフェイスは「none」と表示されます。

アクティブなインターフェイスとは、現在デフォルトとして使用されているインターフェイスのことです。マルチキャスト ルーティングがイネーブルであり、設定されたインターフェイスが動作可能でない場合は、アクティブなインターフェイスが設定されたインターフェイスとは異なることがあります。このコマンドは、ping や MTrace などのアプリケーションが正常に機能しない場合に役立ちます。

タスク ID

タスク ID
処理

network

読み取り

次に、 show mhost default-interface コマンドの出力例を示します。この例では、ループバック インターフェイス 0 が MHost デフォルト インターフェイスとして設定されており、アクティブなデフォルト インターフェイスであることがわかります。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show mhost default-interface
 
mhost configured default interface is 'Loopback0'
mhost active default interface is 'Loopback0'
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

mhost default-interface

ホスト スタックとの IP マルチキャスト送受信に使用するデフォルト インターフェイスを設定します。

show mhost groups

このインターフェイスに直接加入しているさまざまなマルチキャスト グループを表示するには、EXEC モードで show mhost groups コマンドを使用します。

show mhost [ ipv4 ] groups type instance [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィクスを指定します。

type

インターフェイス タイプ。詳細については、疑問符( ? )のオンライン ヘルプ機能を使用してください。

instance

次の物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンスです。

物理インターフェイス インスタンス。名前は rack/slot/module/port の形式で表記します。値はスラッシュで区切ります。

rack :ラックのシャーシ番号。

slot :ライン カードの物理スロット番号。

module :モジュール番号。物理レイヤ インターフェイス モジュール(PLIM)は常に 0 です。

port :インターフェイスの物理ポート番号。

例:インターフェイス MgmtEth0/RP1/CPU0/0

仮想インターフェイス インスタンス。番号の範囲はインターフェイス タイプによって異なります。

ルータの構文の詳細については、疑問符( ? )のオンライン ヘルプ機能を使用してください。

location node-id

(任意)指定ノードを指定します。 node-id 引数は rack/slot/module の形式で入力します。

 
デフォルト

デフォルトは IPv4 アドレス指定です。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

show mhost groups コマンドは、アプリケーションが加入しているグループを表示し、MHost アプリケーションが正しく機能していることを確認するために使用します。

タスク ID

タスク ID
処理

network

読み取り

次に、 show mhost groups コマンドの出力例を示します。この例は、MHost グループ 239.1.1.1、224.0.0.22、224.0.0.2、224.0.0.1、224.0.0.13、および 224.0.1.40 がループバック 0 インターフェイスに加入していることを示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show mhost groups loopback 0
 
Loopback 0
239.1.1.1 : includes 1, excludes 0, mode INCLUDE
33.3.3.3 : includes 1, excludes 0, active in INCLUDE filter
224.0.0.22 : includes 0, excludes 1, mode EXCLUDE
<no source filter>
224.0.0.2 : includes 0, excludes 1, mode EXCLUDE
<no source filter>
224.0.0.1 : includes 0, excludes 1, mode EXCLUDE
<no source filter>
224.0.0.13 : includes 0, excludes 1, mode EXCLUDE
<no source filter>
224.0.1.40 : includes 0, excludes 2, mode EXCLUDE
<no source filter>
 

表 22 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

表 22 show mhost groups のフィールドの説明

フィールド
説明

includes

include リスト内の送信元アドレスの数

excludes

exclude リスト内の送信元アドレスの数

mode

マルチキャスト ソケット フィルタ モード:INCLUDE または EXCLUDE

33.3.3.3

マルチキャスト ソケット フィルタ モードに基づいて追加または除外される送信元アドレス リスト

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mfib hardware route accept-bitmap

双方向ルートを受け入れるインターフェイス リストのプラットフォーム固有の MFIB 情報を表示します。

show mfib hardware route olist

ハードウェアに保存された出力インターフェイス リストのプラットフォーム固有の MFIB 情報を表示します。

show mfib hardware route statistics

各ルートのパケット カウンタおよびバイト カウンタに関するプラットフォーム固有の MFIB 情報を表示します。

show mfib hardware route summary

各ルート エントリのプラットフォーム固有の MFIB ハードウェア情報を表示します。

show mfib route

使用されたキーワードに応じて、マルチキャスト転送情報ベース(MFIB)テーブル内の 1 つまたはすべてのライン カードについてルートあたりの累積マルチキャスト レートを表示します。

show mrib client

マルチキャスト ルーティング情報ベース(MRIB)クライアント接続の状態を表示するには、EXEC モードで show mrib client コマンドを使用します。

show mrib [ vrf vrf-name ] [ ipv4 ] client [ filter ] [ client-name ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィクスを指定します。

filter

(任意)さまざまな MRIB クライアントが登録したルートおよびインターフェイス レベル フラグの変更を表示し、MRIB クライアントが所有するフラグを示します。

client-name

(任意)PIMやインターネット グループ管理プロトコル(IGMP)など、MRIB のクライアントとして動作するマルチキャスト ルーティング プロトコルの名前。

 
デフォルト

デフォルトは IPv4 アドレス指定です。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次に、 filter オプションを使用した show mrib client コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show mrib client filter
 
IP MRIB client-connections
igmp:417957 (connection id 0)
ownership filter:
interface attributes: II ID LI LD
groups:
include 0.0.0.0/0
interfaces:
include All
pim:417959 (connection id 1)
interest filter:
entry attributes: E
interface attributes: SP II ID LI LD
groups:
include 0.0.0.0/0
interfaces:
include All
ownership filter:
entry attributes: L S C IA IF D
interface attributes: F A IC NS DP DI EI
groups:
include 0.0.0.0/0
interfaces:
include All
bcdl_agent:1 (connection id 2)
interest filter:
entry attributes: S C IA IF D
interface attributes: F A IC NS DP SP EI
groups:
include 0.0.0.0/0
interfaces:
include All
ownership filter:
groups:
include 0.0.0.0/0
interfaces:
include All
 

表 23 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

表 23 show mrib client のフィールドの説明

フィールド
説明

igmp

クライアントの名前。

417957

Personal Identifier(PID; 個人識別番号)または MRIB によって割り当てられた一意の ID。

(connection id 0)

一意のクライアント接続 ID。

ownership filter:

クライアントが所有するすべてのルート エントリおよびインターフェイスレベルのフラグを指定します。フラグの所有者であるクライアントだけがフラグを追加または削除できます。たとえば、インターネット グループ管理プロトコル(IGMP)クライアントはインターフェイスに II フラグを追加できます。MRIB では、このフラグを所有者以外が登録したり変更したりできません。

groups: include 0.0.0.0/0
interfaces: include All

クライアントによって登録されたグループおよびインターフェイスであり、2 つのリストで構成されます。1 つは include リスト(クライアントが通知を要求する項目)です。「All」は、すべてのインターフェイスおよび 0.0.0.0/0 を意味し、すべてのグループを示します。この例には exclude リストは示されていません。このリストには、クライアントが変更の発生時に通知することを要求しない項目が含まれます。

interface attributes: II ID LI LD

インターフェイスに設定されたインターフェイスレベルのフラグは、ルートに属します。

interest filter:

クライアントが情報を要求する、すべてのフラグ、グループ、およびインターフェイスを指定します。クライアントにとって重要なフラグが変更されると、クライアントに通知されます。

entry attributes: E

ルートに設定されたエントリレベルのフラグ。

interface attributes:

 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mfib nsf

MFIB での NSF の動作状態を表示します。

show mfib route

使用されたキーワードに応じて、マルチキャスト転送情報ベース(MFIB)テーブル内の 1 つまたはすべてのライン カードについてルートあたりの累積マルチキャスト レートを表示します。

show mrib nsf

MRIB での NSF の動作状態を表示します。

show mrib nsf

マルチキャスト ルーティング情報ベース(MRIB)でのノンストップ転送(NSF)操作の状態を表示するには、EXEC モードで show mrib nsf コマンドを使用します。

show mrib [ ipv4 ] nsf

 
シンタックスの説明

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィクスを指定します。

 
デフォルト

デフォルトは IPv4 アドレス指定です。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

show mrib nsf コマンドは、MRIB の現在のマルチキャスト NSF 状態を表示します。この状態は、Normal と NSF Activated のいずれかです。アクティブ状態は、MRIB またはPIMで発生した障害からの回復処理中であることを示します。NSF タイムアウトの合計時間と NSF が期限切れになるまでの残り時間が表示されます。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次に、 show mrib nsf コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show mrib nsf
 
IP MRIB Non-Stop Forwarding Status:
Multicast routing state: Non-Stop Forwarding Activated
NSF Lifetime: 00:03:00
NSF Time Remaining: 00:01:40
 

表 24 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

表 24 show mrib nsf のフィールドの説明

フィールド
説明

Multicast routing state

MRIB のマルチキャスト NSF 状態(Normal または NSF Activated)。

NSF Lifetime

MRIB NSF のタイムアウト。PIM およびインターネット グループ管理プロトコル(IGMP)NSF のライフタイムの最大値に 60 秒を加えた時間です。

NSF Time Remaining

MRIB NSF 状態が Activated である場合は、MRIB が Normal モードに戻るまでの残り時間が表示されます。このタイムアウトが発生する前に、MRIB が IGMP および PIM から通知を受け取り、NSF の正常終了をトリガーすることにより、Normal 状態へ移行します。MRIB が通知を受け取らなかった場合は、タイマーが Normal モードへの移行をトリガーすることにより、新しいルートが MFIB にダウンロードされ、古いルートが削除されます。

 
関連コマンド

コマンド
説明

nsf(マルチキャスト)

マルチキャスト ルーティング システムに NSF 機能を設定します。

nsf lifetime

IGMP における NSF タイムアウト値の最大時間を設定します。

nsf lifetime(PIM)

PIM プロセスの NSF タイムアウト値を設定します。

show igmp nsf

IGMP での NSF の動作状態を表示します。

show mfib nsf

MFIB ライン カードでの NSF の動作状態を表示します。

show pim nsf

PIM での NSF の動作状態を表示します。

show mrib platform trace

マルチキャスト ルーティング情報ベース(MRIB)のプラットフォーム固有のデータを表示するには、EXEC モードで show mrib platform trace コマンドを使用します。

show mrib [ vrf vrf-name ] [ ipv4 ] platform trace [ file | hexdump | last | reverse | stats | tailf | unique | verbose | wrapping ] [ location all | node-id ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィクスを指定します。

file

(任意)ファイル名を指定します。

hexdump

(任意)トレースを 16 進表記で表示します。

last

(任意)最後の n 個のエントリを表示します。

reverse

(任意)トレースを逆順に表示します。

stats

(任意)統計情報を表示します。

tailf

(任意)新しいトレースを追加された順に表示します。

unique

(任意)一意のエントリを個数とともに表示します。

verbose

(任意)内部デバッグ情報を表示します。

wrapping

(任意)折り返しているエントリを表示します。

location node -id

(任意)トレースの場所を指定します。

location all

(任意)すべての場所でトレースを実行することを指定します。

 
デフォルト

デフォルトは IPv4 アドレス指定です。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

RP/0/RSP0/CPU0:router# show mrib platform trace
2 wrapping entries (512 possible, 0 filtered, 2 total)

show mrib route

マルチキャスト ルーティング情報ベース(MRIB)内のすべてのエントリを表示するには、EXEC モードで show mrib route コマンドを使用します。

show mrib [ vrf vrf-name ] [ ipv4 ] route [ summary | [* | source-address ] [ group-address [ / prefix-length ]]] [ detail ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィクスを指定します。

summary

(任意)ルーティング データベースのサマリーを表示します。

*

(任意)共有ツリー エントリを表示します。

source-address

(任意)MRIB ルートの送信元の IP アドレスまたはホスト名。

group-address

(任意)MRIB ルートのグループ IP アドレスまたはホスト名。

/prefix-length

(任意)MRIB ルートのプレフィクスの長さ。これは、プレフィクス(アドレスのネットワーク部)を構成するアドレスの上位隣接ビット数を示す 10 進数値です。10 進数値の前にスラッシュを付ける必要があります。

detail

(任意)ルーティング データベースをプラットフォーム データとともに表示します。

 
デフォルト

デフォルトは IPv4 アドレス指定です。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

各ライン カードに個別のマルチキャスト転送情報ベース(MFIB)テーブルがあります。MFIB テーブルには、MRIB から更新されたエントリおよびフラグのサブセットが含まれています。フラグは、マルチキャスト パケットの転送ルールに基づいて転送およびシグナリング動作を決定します。インターフェイスおよびフラグのリストに加え、各ルート エントリにはさまざまなカウンタも表示されます。バイト数は、転送されたバイトの総数です。パケット数は、このエントリで受信したパケットの数です。

show mfib counter コマンドは、ルートから独立したグローバル カウンタを表示します。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次に、 show mrib route コマンドの出力例を示します(出力フィールドの説明は、ヘッダーを参照してください)。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show mrib route
IP Multicast Routing Information Base
Entry flags: L - Domain-Local Source, E - External Source to the Domain,
C - Directly-Connected Check, S - Signal, IA - Inherit Accept,
IF - Inherit From, D - Drop, MA - MDT Address, ME - MDT Encap,
MD - MDT Decap, MT - MDT Threshold Crossed, MH - MDT interface handle
CD - Conditional Decap
Interface flags: F - Forward, A - Accept, IC - Internal Copy,
NS - Negate Signal, DP - Don't Preserve, SP - Signal Present,
II - Internal Interest, ID - Internal Disinterest, LI - Local Interest,
LD - Local Disinterest, DI - Decapsulation Interface
EI - Encapsulation Interface, MI - MDT Interface
 
(*,224.0.0.0/24) Flags: D
Up: 02:29:15
 
(*,224.0.1.39) Flags: S
Up: 02:29:15
 
(*,224.0.1.40) Flags: S
Up: 02:29:15
Outgoing Interface List
GigabitEthernet0/0/0/4 Flags: II LI, Up: 02:29:15
 
(*,227.0.0.1) RPF nbr: 0.0.0.0 Flags: C
Up: 02:29:14
Outgoing Interface List
GigabitEthernet0/0/0/4 Flags: F NS LI, Up: 02:29:09
GigabitEthernet0/0/0/6 Flags: F NS LI, Up: 02:29:13
GigabitEthernet0/0/0/8 Flags: F NS LI, Up: 02:29:14
 
(4.0.0.2,227.0.0.1) RPF nbr: 4.0.0.2 Flags:
Up: 02:29:14
Incoming Interface List
GigabitEthernet0/0/0/4 Flags: F A, Up: 02:29:13
Outgoing Interface List
GigabitEthernet0/0/0/4 Flags: F A, Up: 02:29:13
GigabitEthernet0/0/0/6 Flags: F NS, Up: 02:29:13
GigabitEthernet0/0/0/8 Flags: F NS, Up: 02:29:13
 
(*,232.0.0.0/8) Flags: D
Up: 02:29:15
 
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

nsf lifetime

IGMP における NSF タイムアウト値の最大時間を設定します。

show mfib counter

ドロップされたパケットの MFIB カウンタ統計情報を表示します。

show mrib route-collapse

マルチキャスト ルーティング情報ベース(MRIB)ルート コラプス データベースの内容を表示するには、EXEC モードで show mrib route-collapse コマンドを使用します。

show mrib [ vrf vrf-name ] [ ipv4 ] route-collapse [ core-tree ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィクスを指定します。

 
デフォルト

デフォルトは IPv4 アドレス指定です。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次に、 show mrib route-collapse コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show mrib route-collapse
 
226.1.1.1 TID: 0xe0000038 TLC TID: 0xe0000038
Customer route database count: 5
(192.168.5.204,224.0.1.40/32)
(*,226.226.226.226/32)
(*,228.228.228.228/32)
(192.168.113.17,228.228.228.228/32)
(*,229.229.229.229/32)
Core route database count: 4
(*,226.1.1.1/32)
(192.168.5.201,226.1.1.1/32)
(192.168.5.202,226.1.1.1/32)
(192.168.5.204,226.1.1.1/32)
Core egress node database count: 1
nodeid slot refcount
0x20 0/2/CPU0 1
 
192.168.27.1 TID: 0xe0000039 TLC TID: 0xe0000039
Customer route database count: 1
(192.168.113.33,227.227.227.227/32)
Core route database count: 3
(*,227.27.27.1/32)
(192.168.5.201,227.27.27.1/32)
(192.168.5.202,227.27.27.1/32)
Core egress node database count: 1
nodeid slot refcount
0x20 0/2/CPU0 1
 
192.168.28.1 TID: 0xe000003a TLC TID: 0xe000003a
Customer route database count: 2
(192.168.5.204,224.0.1.40/32)
(192.168.113.49,229.229.229.229/32)
Core route database count: 3
(192.168.5.201,228.28.28.1/32)
(192.168.5.202,228.28.28.1/32)
(192.168.5.204,228.28.28.1/32)
Core egress node database count: 1
nodeid slot refcount
0x20 0/2/CPU0 1

 
関連コマンドI

コマンド
説明

show mrib route

MRIB テーブル内のすべてのエントリを表示します。

show mrib table-info

マルチキャスト ルーティング情報ベース(MRIB)テーブル情報を表示するには、EXEC モードで show mrib table-info コマンドを使用します。

show mrib [ vrf vrf-name ] [ ipv4 ] table-info

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィクスを指定します。

 
デフォルト

デフォルトは IPv4 アドレス指定です。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次に、 show mrib table-info コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show mrib table-info
 
VRF: default [tid 0xe0000000]
Registered Client:
igmp [ccbid: 0 cltid: 4485366]
pim [ccbid: 1 cltid: 4485368]
bcdl_agent [ccbid: 2 cltid: 1]
msdp [ccbid: 3 cltid: 8827135]
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mrib tlc

MRIB テーブル ライン カード(TLC)の内容を表示します。

show mrib tlc

マルチキャスト ルーティング情報ベース(MRIB)テーブル ライン カード(TLC)データベースの内容を表示するには、EXEC モードで show mrib tlc コマンドを使用します。

show mrib [ vrf vrf-name ] [ ipv4 ] tlc

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィクスを指定します。

 
デフォルト

デフォルトは IPv4 アドレス指定です。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次に、 show mrib tlc コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show mrib tlc
VRF: default [tid 0xe0000000]
Master LC slot: Not selected
Forwarding LC node: 0
 
Associated MDT group: 0
 

表 25 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

表 25 show msdp peer のフィールドの説明

フィールド
説明

Master LC slot

 

Forwarding LC node

ピアが属する Autonomous System(AS; 自律システム)

Associated MDT group

 

static-rpf

指定したプレフィクス マスクのスタティック RPF ルールを設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで static-rpf コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

static-rpf prefix-address prefix-mask type instance next-hop-address

no static-rpf

 
シンタックスの説明

prefix-address

アドレス範囲のプレフィクスの IP アドレス。

prefix-mask

アドレス範囲のプレフィクス マスク。IPv4 の場合、範囲は 0 ~ 32 です。

type

インターフェイス タイプ。詳細については、疑問符( ? )のオンライン ヘルプ機能を使用してください。

instance

次の物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンスです。

物理インターフェイス インスタンス。名前は rack/slot/module/port の形式で表記します。値はスラッシュで区切ります。

rack :ラックのシャーシ番号。

slot :ライン カードの物理スロット番号。

module :モジュール番号。物理レイヤ インターフェイス モジュール(PLIM)は常に 0 です。

port :インターフェイスの物理ポート番号。

例:インターフェイス MgmtEth0/RP1/CPU0/0

仮想インターフェイス インスタンス。番号の範囲はインターフェイス タイプによって異なります。

ルータの構文の詳細については、疑問符( ? )のオンライン ヘルプ機能を使用してください。

next-hop-address

RPF ネイバの IP アドレス。

 
デフォルト

指定したプレフィクス マスクのスタティック RPF ルールは設定されません。

 
コマンド モード

マルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション
マルチキャスト VRF コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

static-rpf コマンドは、ユニキャストおよびマルチキャスト トラフィックの互換性のないトポロジを設定するために使用します。

static-rpf コマンドを使用すると、PIMでの RPF チェックにユニキャスト ルーティング テーブルの代わりに使用するスタティック ルートを設定できます。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次に、IP アドレス 10.0.0.1 のスタティック RPF ルールを設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# multicast-routing
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast)# static-rpf 10.0.0.1 32 gigabitEthernet 0/0/0/4 10.1.1.1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show pim context

BSR の PIM 候補ランデブー ポイント情報を表示します。

ttl-threshold(マルチキャスト)

インターフェイスから転送されるパケットの Time-to-Live(TTL; 存続可能時間)しきい値を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで ttl-threshold コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ttl-threshold ttl

no ttl-threshold ttl

 
シンタックスの説明

ttl

存続可能時間。範囲は 1 ~ 255 です。

 
デフォルト

ttl : 0

 
コマンド モード

マルチキャスト ルーティング インターフェイス コンフィギュレーション
マルチキャスト VRF インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

TTL 値がしきい値を超えるマルチキャスト パケットだけがインターフェイスから転送されます。TTL しきい値は、パケットの TTL との間で、その TTL から 1 が減じられた後、およびパケットが転送される前に比較されます。

TTL しきい値は、ボーダ ルータだけで設定します。


) このコマンドをルータ MSDP コンフィギュレーション モードで Multicast Source Discovery Protocol(MSDP; マルチキャスト送信元検出プロトコル)Source-Active(SA; 送信元アクティブ)メッセージによって送信されるマルチキャスト データ パケット TTL を設定するために使用する ttl-threshold (MSDP) コマンドと混同しないでください。


タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次に、TTL しきい値を 23 に設定する例を示します。これは、マルチキャスト パケットがドロップされ、GigabitEthernet 0/1/0/0 インターフェイスから転送されないことを意味します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# multicast-routing
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast)# interface gigabitEthernet 0/0/CPU0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast-default-ipv4-if)# ttl-threshold 23
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ttl-threshold(MSDP)

SA メッセージで MSDP ピアに送信されるマルチキャスト データ パケットを制限します。

vrf(マルチキャスト)

VPN テーブルの仮想ルーティングおよび転送(VRF)インスタンスを設定するには、マルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション モードで vrf コマンドを使用します。コンフィギュレーション ファイルから VRF インスタンスを削除し、システムをデフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

vrf vrf-name [ ipv4 ]

no vrf vrf-name [ ipv4 ]

 
シンタックスの説明

vrf-name

VRF インスタンスの名前。all、default、および global は、名前として使用できません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

マルチキャスト ルーティング VRF コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

マルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション モードから vrf コマンドを使用して VRF インスタンスを設定すると、マルチキャスト vrf v4 サブモードが開始します。

VRF インスタンスは、Provider Edge(PE; プロバイダー エッジ)ルータで維持される、VPN ルーティング テーブルと転送テーブルのコレクションです。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次に、VRF インスタンスを設定し、VRF コンフィギュレーション モードを開始する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# multicast-routing
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast)# vrf vrf_1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast-vrf_1-ipv4)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

accounting per-prefix

マルチキャスト ルーティングのアカウンティングをイネーブルにします。

address-family(マルチキャスト)

すべてのルータ インターフェイスでマルチキャスト ルーティングおよび転送をイネーブルにするために使用できる IP プレフィクスを表示します。

interface(マルチキャスト)

マルチキャスト インターフェイス プロパティを設定します。

log-traps

トラップ イベントのロギングをイネーブルにします。

multipath

PIMをイネーブルにし、マルチキャストの負荷を複数の等価コスト パスに分散します。

rate-per-route

個別的な (source, group [S, G]) レート計算をイネーブルにします。

ssm

IP マルチキャスト アドレスの PIM Source Specific Multicast(SSM; 送信元固有のマルチキャスト)範囲を定義します。

static-rpf

指定されたプレフィクス マスクにスタティックな RPF ルールを設定します。