Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ マルチキャスト コマンド リファレンス
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ のマルチ キャスト IPv4 コマンド
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータのマルチキャスト IPv4 コマンド
発行日;2012/02/04 | 英語版ドキュメント(2011/05/05 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータのマルチキャスト IPv4 コマンド

access-group(IGMP)

clear igmp counters

clear igmp group

clear igmp reset

explicit-tracking

join-group

maximum groups

maximum groups-per-interface

nsf lifetime

query-interval

query-max-response-time

query-timeout

robustness-count

router

router igmp

show igmp groups

show igmp interface

show igmp nsf

show igmp summary

show igmp ssm map

show igmp traffic

ssm map static

static-group

version

vrf(igmp)

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータのマルチキャスト IPv4 コマンド

この章では、Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータで IPv4 マルチキャスト プロトコルの設定や監視を行うときに使用するコマンドについて説明します。

この章で説明するコマンドは、Internet Group Management Protocol(IGMP; インターネット グループ管理プロトコル)(バージョン 1、2、3)で使用できます。

マルチキャスト ルーティングの概念、設定タスク、例の詳細については、『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Multicast Configuration Guide 』のコンフィギュレーション モジュール「 Implementing Multicast Routing on Cisco IOS XR Software 」を参照してください。

access-group(IGMP)

ホストからマルチキャスト グループに参加するための join 要求のインターフェイスに制限を設けるには、適切なコンフィギュレーション モードで access-gr oup コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

access-group access-list

no access-group access-list

 
シンタックスの説明

access-list

標準 IP アクセス リストの番号または名前。範囲は 1 ~ 99 です。

 
デフォルト

このコマンドをインターフェイス コンフィギュレーション モードで指定しないと、インターフェイスでは、ルータの IGMP コンフィギュレーション モードで指定されたグローバル アクセス グループが使用されます。

このコマンドをルータの IGMP コンフィギュレーション モードで指定しないと、インターフェイスはホストから送信される、すべてのマルチキャストに参加するための join 要求を受け入れます。

 
コマンド モード

ルータ IGMP インターフェイス コンフィギュレーション(IPv4)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次の例では、GigabitEthernet インターフェイス 0/1/0/1 からのサービスを受けるホストは、グループ 225.2.2.2 にのみ参加できます。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# ipv4 access-list mygroup permit 225.2.2.2 0.0.0.0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router igmp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp)# interface GigabitEthernet 0/1/0/1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp-default-if)# access-group mygroup
 

clear igmp counters

IGMP トラフィック統計情報をクリアするには、EXEC モードで clear igmp counters コマンドを使用します。

clear igmp [ ipv4 vrf vrf-name | vrf vrf-name ] counters

 
シンタックスの説明

ipv4

(任意)IPv4 アドレスを指定します。IPv4 は、IGMP グループのデフォルトのプロトコルです。

vrf vrf-name

(任意)VPN Routing/Forwarding(VRF; VPN ルーティング/転送)インスタンスを指定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

IGMP 統計情報がクリアされた後、再び統計情報の蓄積が始まります。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

実行

次に、IGMP トラフィック統計情報をクリアする前後の出力サンプルを示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show igmp traffic
 
IGMP Traffic Counters
Elapsed time since counters cleared: 00:00:19
 
Received Sent
Valid IGMP Packets 0 12
Queries 0 3
Reports 0 9
Leaves 0 0
Mtrace packets 0 0
DVMRP packets 0 0
PIM packets 0 0
 
Errors:
Malformed Packets 0
Bad Checksums 0
Socket Errors 0
Bad Scope Errors 0
Auxiliary Data Len Errors 0
Subnet Errors 0
Packets dropped due to invalid socket 0
Packets which couldn't be accessed 0
Other packets drops 0
 
RP/0/RSP0/CPU0:router# clear igmp counters
 
RP/0/RSP0/CPU0:router# show igmp traffic
 
IGMP Traffic Counters
Elapsed time since counters cleared: 00:00:12
 
Received Sent
Valid IGMP Packets 0 1
Queries 0 1
Reports 0 0
Leaves 0 0
Mtrace packets 0 0
DVMRP packets 0 0
PIM packets 0 0
 
Errors:
Malformed Packets 0
Bad Checksums 0
Socket Errors 0
Bad Scope Errors 0
Auxiliary Data Len Errors 0
Subnet Errors 0
Packets dropped due to invalid socket 0
Packets which couldn't be accessed 0
Other packets drops 0

 
関連コマンド

コマンド
説明

show igmp traffic

すべての IGMP トラフィック関連のカウンタを表示します。

clear igmp group

いずれかまたはすべてのインターフェイスにある IGMP グループをクリアするには、EXEC モードで clear igmp group コマンドを使用します。

clear igmp [ ipv4 vrf vrf-name | vrf vrf-name ] group [ ip-address | type instance ]

 
シンタックスの説明

ipv4

(任意)IPv4 アドレスを指定します。IPv4 は、IGMP グループのデフォルトのプロトコルです。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ip-address

(任意)IP ホスト名またはグループ アドレスです。

type

(任意)インターフェイスのタイプです。詳細については、疑問符( ? )のオンライン ヘルプ機能を使用してください。

instance

(任意)次のような、物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンスです。

物理インターフェイス インスタンス。名前は rack/slot/module/port の形式で表記します。値はスラッシュで区切ります。

rack :ラックのシャーシ番号。

slot :モジュラ サービス カードまたはライン カードの物理スロット番号。

module :モジュール番号。Physical Layer Interface Module(PLIM; 物理レイヤ インターフェイス モジュール)は常に 0 です。

port :インターフェイスの物理ポート番号。

例:インターフェイス MgmtEth0/RP1/CPU0/0

仮想インターフェイス インスタンス。番号の範囲はインターフェイス タイプによって異なります。

ルータの構文の詳細については、疑問符( ? )のオンライン ヘルプ機能を使用してください。

 
デフォルト

グループ アドレスを指定しないと、すべての IGMP グループが削除されます。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

すべての IGMP グループをクリアするには、引数を指定せずに clear igmp group コマンドを使用します。特定のグループをクリアするには、 ip-address または type instance 引数を指定します。

次のグループをクリアすることはできません。

224.0.0.2

224.0.0.13

224.0.0.22

224.0.0.40

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

実行

次の例では、 show igmp groups コマンドを使用して IGMP Connected Group Membership を表示し、 clear igmp group コマンドを使用してアドレス 239.1.1.1 をクリアします。そして、もう一度 show igmp groups コマンドを使用して、更新されたリストを表示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show igmp groups GigabitEthernet 0/4/0/0
 
IGMP Connected Group Membership
Group Address Interface Uptime Expires Last Reporter
224.0.0.2 GigabitEthernet0/4/0/0 2w2d never 40.40.1.1
224.0.0.13 GigabitEthernet0/4/0/0 2w2d never 40.40.1.1
224.0.0.22 GigabitEthernet0/4/0/0 2w2d never 40.40.1.1
239.1.1.1 GigabitEthernet0/4/0/0 00:00:02 00:02:07 40.40.1.22
 
RP/0/RSP0/CPU0:router# clear igmp group GigabitEthernet 0/4/0/0
 
RP/0/RSP0/CPU0:router# show igmp groups GigabitEthernet 0/4/0/0
 
IGMP Connected Group Membership
Group Address Interface Uptime Expires Last Reporter
224.0.0.2 GigabitEthernet0/4/0/0 2w2d never 40.40.1.1
224.0.0.13 GigabitEthernet0/4/0/0 2w2d never 40.40.1.1
224.0.0.22 GigabitEthernet0/4/0/0 2w2d never 40.40.1.1

 
関連コマンド

コマンド
説明

show igmp groups

ルータに直接接続され、IGMP を通じて学習されたマルチキャスト グループを表示します。

clear igmp reset

すべての IGMP メンバシップ エントリをクリアして Multicast Routing Information Base(MRIB; マルチキャスト ルーティング情報ベース)をリセットするには、EXEC モードで clear igmp reset コマンドを使用します。

clear igmp [ ipv4 vrf vrf-name | vrf vrf-name ] reset

 
シンタックスの説明

ipv4

(任意)IPv4 アドレスを指定します。IPv4 は、IGMP グループのデフォルトのプロトコルです。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

IGMP が学習した各 IGMP グループ メンバシップは、MRIB データベースにダウンロードされます。

IGMP トポロジ テーブルからすべての情報をクリアし、MRIB 接続をリセットするには、 clear igmp reset コマンドを使用します。


) このコマンドは、2 つのコンポーネント間の通信に誤動作が発生したときに、IGMP エントリと MRIB エントリを強制的に同期させるために予約されています。


タスク ID

タスク ID
処理

multicast

実行

次の例に、MRIB 内のグループ メンバシップをクリアする方法を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear igmp reset

 
関連コマンド

コマンド
説明

show igmp groups

ルータに直接接続され、IGMP を通じて学習されたマルチキャスト グループを表示します。

show mrib route

MRIB テーブルにあるすべてのルート エントリを表示します。

 

explicit-tracking

IGMP バージョン 3 の明示的なホスト追跡を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで explicit-tracking コマンドを使用します。明示的なホスト追跡をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

explicit-tracking [ access-list | disable ]

no explicit-tracking

 
シンタックスの説明

access-list

(任意)ホスト追跡のグループ範囲を指定するアクセス リストです。

disable

(任意)特定のインターフェイス上の明示的なホスト追跡をディセーブルにします。このオプションは、インターフェイス コンフィギュレーション モードでのみ使用できます。

 
デフォルト

このコマンドをインターフェイス コンフィギュレーション モードで指定しないと、インターフェイスでは、ルータの IGMP コンフィギュレーション モードで指定された明示的な追跡パラメータが使用されます。
このコマンドをルータの IGMP コンフィギュレーション モードで指定しないと、明示的なホストは追跡ディセーブルになります。

 
コマンド モード

ルータ IGMP VRF コンフィギュレーション
ルータ IGMP インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

IGMP はデフォルトでバージョン 3 をサポートします(バージョン 2 またはバージョン 1 の IGMP ホスト メッセージがネットワークで検出された場合を除きます)。後方互換性を実現する場合、IGMP はダウングレードして、インストールされているバージョン レベルで IGMP を実行します。

この機能により、ルータは、ホストがマルチキャスト グループまたはチャネルから脱退するときの脱退遅延を最小限に抑えることができます。ホストの IGMP メンバシップを監視するには、EXEC モードで show igmp groups コマンドを使用します。

ルータ コンフィギュレーション モードで explicit-tracking コマンドを実行すると、すべてのインターフェイスの明示的なホスト追跡がイネーブルになります。特定のインターフェイスでこの機能をディセーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで、 disable キーワードを付けて explicit-tracking コマンドを使用します。


) このコマンドをルータの IGMP VRF コンフィギュレーション モードで設定すると、パラメータは、新規および既存のすべてのインターフェイスで継承されます。これらのパラメータは、ルータの IGMP インターフェイス コンフィギュレーション モードでインターフェイスごとに上書きできます。


タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次の例に、すべてのインターフェイス上の router1 という名前のアクセス リストで明示的なホスト追跡をイネーブルにする方法と、特定の GigabitEthernet インターフェイス上の明示的なホスト追跡をディセーブルにする方法を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router igmp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp)# explicit-tracking router1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp)# interface GigabitEthernet 0/1/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp-default-if)# explicit-tracking disable

 
関連コマンド

コマンド
説明

show igmp groups

ルータに直接接続され、IGMP を通じて学習されたマルチキャスト グループを表示します。

join-group

ルータをマルチキャスト グループに参加させるには、適切なコンフィギュレーション モードで join-group コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

join-group group-address [ source-address ]

no join-group group-address [ source-address ]

 
シンタックスの説明

group-address

マルチキャスト グループのアドレス。これは、IPv4 フォーマットのマルチキャスト IP アドレスです。

source-address

(任意)追加対象のマルチキャスト グループの送信元アドレスです。

 
デフォルト

既定のマルチキャスト グループ メンバシップはありません。
指定しない場合、 include がデフォルトになります。

 
コマンド モード

ルータ IGMP インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

join-group コマンドを使用すると、IP パケットについて、Cisco IOS XR ソフトウェアの IP クライアント プロセスに渡されるグループ アドレスに対してアドレス指定できるようになります。

管理対象であるマルチキャスト対応ルータがすべて、マルチキャスト グループのメンバである場合、そのグループに対して ping を実行すると、すべてのルータが応答します。このコマンドは、管理およびデバッグ ツールとして使用すると便利です。

ルータをマルチキャスト グループに参加させるその他の理由として、ネットワーク上にある他のホストが IGMP クエリーに正しく応答できない場合があります。ルータがマルチキャスト グループに参加すると、アップストリーム デバイスは、そのグループのマルチキャスト ルーティング テーブル情報を学習し、そのグループのパスをアクティブに維持します。


注意 マルチキャスト グループに参加すると、サブスクライブされたすべてのマルチキャスト パケットがルート プロセッサに対してパントされるため、パフォーマンスに大きく影響します。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次の例では、ルータはマルチキャスト グループ 225.2.2.2 に参加します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router igmp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp)# interface GigabitEthernet 0/1/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp-default-if)# join-group 225.2.2.2

 
関連コマンド

コマンド
説明

ping

IP ネットワーク上のホストの到達可能性とネットワーク接続をチェックします。

maximum groups

IGMP によって使用され、ルータによって受け入れられるグループの最大数を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで maximum groups コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

maximum groups number

no maximum groups

 
シンタックスの説明

number

ルータによって受け入れられるグループの最大数。範囲は 1 ~ 75000 です。

 
デフォルト

number :50000

 
コマンド モード

ルータ IGMP VRF コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

どのインターフェイスでも、組み合わせ可能なグループの最大数は 75000 です。グループの最大数に達すると、それ以降、学習されて追加されるすべてのメンバシップは無視されます。最大数には、外部メンバシップとローカル メンバシップが含まれます。

224.0.0.13(Protocol Independent Multicast(PIM; プロトコルに依存しないマルチキャスト)の場合)と、224.0.0.22 および 224.0.0.2(IGMP の場合)では、マルチキャストがイネーブルになっていて各インターフェイスのグループ合計に加算されると、これらのグループは各インターフェイスのローカル メンバシップを取得します。

maximum groups コマンドを使用して、グループの最大数を既存グループ数よりも少ない数に設定することはできません。たとえば、グループ数が 39 の場合にグループの最大数を 10 に設定すると、コンフィギュレーションは拒否されます。

また、ルータによって受け入れられる、インターフェイスごとのグループの最大数を構成するには、 maximum groups per-interface コマンドを使用します。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次の例に、設定されたグループ数とグループの最大数を表示する方法を示します。コンフィギュレーションは maximum group コマンドを使用してコミットされ、グループの最大数が 65 に変更されます。コンフィギュレーションの前後に show igmp summary コマンドを使用して、コンフィギュレーションへの変更を確定します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show igmp summary
 
IGMP summary
 
Robustness Value 2
No. of Group x Interfaces 61
Maximum number of Group x Interfaces 50000
 
Supported Interfaces : 18
Unsupported Interfaces : 2
Enabled Interfaces : 18
Disabled Interfaces : 2
 
Interface Grp No Max Grp No
MgmtEth0/RSP0/CPU0/0 0 25000
Loopback0 4 25000
Bundle-Ether24 3 25000
Bundle-Ether28 3 25000
Bundle-Ether28.1 3 25000
Bundle-Ether28.2 3 25000
Bundle-Ether28.3 3 25000
MgmtEth0/RP1/CPU0/0 0 25000
GigabitEthernet0/1/5/0 3 25000
GigabitEthernet0/1/5/1 5 25000
GigabitEthernet0/1/5/2 5 25000
GigabitEthernet0/1/0/1 5 25000
GigabitEthernet0/1/4/2 3 25000
GigabitEthernet0/6/5/1 3 25000
GigabitEthernet0/6/5/2 3 25000
GigabitEthernet0/6/5/7 3 25000
GigabitEthernet0/6/0/1 3 25000
GigabitEthernet0/6/4/4 3 25000
GigabitEthernet0/6/4/5 3 25000
GigabitEthernet0/6/4/6 3 25000
 
RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router igmp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp)# maximum groups 65
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp)# commit
 
RP/0/RSP0/CPU0:May 13 12:26:59.108 : config[65704]: %LIBTARCFG-6-COMMIT : Configuration committed by user 'cisco'. Use 'show commit changes 1000000025' to view the changes.
 
RP/0/RSP0/CPU0:router# show igmp summary
 
Robustness Value 2
No. of Group x Interfaces 61
Maximum number of Group x Interfaces 65
 
Supported Interfaces : 18
Unsupported Interfaces : 2
Enabled Interfaces : 18
Disabled Interfaces : 2
 
Interface Grp No Max Grp No
MgmtEth0/RSP0/CPU0/0 0 25000
Loopback0 4 25000
Bundle-Ether28 3 25000
Bundle-Ether28.1 3 25000
Bundle-Ether28.2 3 25000
Bundle-Ether28.3 3 25000
MgmtEth0/RP1/CPU0/0 0 25000
GigabitEthernet0/1/5/0 3 25000
GigabitEthernet0/1/5/1 5 25000
GigabitEthernet0/1/5/2 5 25000
GigabitEthernet0/6/5/1 3 25000
GigabitEthernet0/6/5/2 3 25000
GigabitEthernet0/6/5/7 3 25000

 
関連コマンド

コマンド
説明

maximum groups-per-interface

ルータによって受け入れられる、インターフェイスごとのグループの最大数を設定します。

show igmp summary

IGMP のグループ メンバシップ情報を表示します。

maximum groups-per-interface

ルータによって受け入れられるインターフェイスごとのグループの最大数を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで maximum groups-per-interface コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

maximum groups-per-interface number

no maximum groups-per-interface

 
シンタックスの説明

number

各インターフェイスでルータによって受け入れられる、グループの最大数。範囲は 1 ~ 40000 です。

 
デフォルト

number :20000

 
コマンド モード

ルータ IGMP VRF コンフィギュレーション
ルータ IGMP インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

224.0.0.13(PIMの場合)と、224.0.0.22 および 224.0.0.2(IGMP の場合)では、マルチキャストがイネーブルになっていて各インターフェイスのグループ合計に加算されると、これらのグループは各インターフェイスのローカル メンバシップを取得します。各インターフェイスのグループ数には、外部グループ メンバシップとローカル グループ メンバシップが反映されます。


maximum groups-per-interface コマンドを使用して、各インターフェイスのグループの最大数を、インターフェイスに既存のグループ数よりも少ない数に設定することはできません。たとえば、グループ数が 39 の場合にグループの最大数を 10 に設定すると、コンフィギュレーションは拒否されます。


特定のインターフェイスに対して maximum groups-per-interface コマンドを使用すると、ルータの IGMP コンフィギュレーション モードで指定された、このコマンドで継承されたプロパティは上書きされます。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次の例に、各インターフェイスのグループの最大数を表示する方法を示します。コンフィギュレーションをコミットすると、各インターフェイスのグループの最大数が変更されます。コンフィギュレーションの前後に show igmp summary コマンドを使用して、コンフィギュレーションへの変更を確定します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show igmp summary
 
IGMP summary
 
Robustness Value 2
No. of Group x Interfaces 61
Maximum number of Group x Interfaces 50000
 
Supported Interfaces : 18
Unsupported Interfaces : 2
Enabled Interfaces : 18
Disabled Interfaces : 2
 
Interface Grp No Max Grp No
MgmtEth0/RSP0/CPU0/0 0 25000
Loopback0 4 25000
Bundle-Ether28 3 25000
Bundle-Ether28.1 3 25000
Bundle-Ether28.2 3 25000
Bundle-Ether28.3 3 25000
MgmtEth0/RP1/CPU0/0 0 25000
GigabitEthernet0/1/5/0 3 25000
GigabitEthernet0/1/5/1 5 25000
GigabitEthernet0/1/5/2 5 25000
GigabitEthernet0/6/5/1 3 25000
GigabitEthernet0/6/5/2 3 25000
GigabitEthernet0/6/5/7 3 25000
 
RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router igmp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp)# maximum groups-per-interface 5
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp)# commit
 
 
RP/0/RSP0/CPU0:router# show igmp summary
 
Robustness Value 2
No. of Group x Interfaces 61
Maximum number of Group x Interfaces 65
 
Supported Interfaces : 18
Unsupported Interfaces : 2
Enabled Interfaces : 18
Disabled Interfaces : 2
 
Interface Grp No Max Grp No
MgmtEth0/RSP0/CPU0/0 0 5
Loopback0 4 5
Bundle-Ether28 3 5
Bundle-Ether28.1 3 5
Bundle-Ether28.2 3 5
Bundle-Ether28.3 3 5
MgmtEth0/RP1/CPU0/0 0 5
GigabitEthernet0/1/5/0 3 5
GigabitEthernet0/1/5/1 5 5
GigabitEthernet0/1/5/2 5 5
GigabitEthernet0/6/5/1 3 5
GigabitEthernet0/6/5/2 3 5
GigabitEthernet0/6/5/7 3 5
 

次の例に、すべてのインターフェイスに対し、グループの最大数を 3000 に設定する方法を示します。ただし、GigabitEthernet インターフェイス 0/4/0/0 は例外で、このインターフェイスでは 4000 に設定します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router igmp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp)# maximum groups-per-interface 3000
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp)# interface GigabitEthernet 0/4/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp-default-if)# maximum groups-per-interface 4000

 
関連コマンド

コマンド
説明

maximum groups

ルータによって受け入れられるグループの最大数を構成します。

show igmp summary

IGMP のグループ メンバシップ情報を表示します。

nsf lifetime

IGMP プロセスの Nonstop Forwarding(NSF; ノンストップ転送)タイムアウトの最大値を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで nsf lifetime コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

nsf lifetime seconds

no nsf lifetime

 
シンタックスの説明

seconds

NSF モードの最大時間。範囲は 10 ~ 3600 です。

 
デフォルト

seconds :60

 
コマンド モード

ルータ IGMP VRF コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

IGMP NSF プロセスは、IGMP プロセスの再起動時にトリガーされます。IGMP NSF モードのときに IGMP NSF プロセスがタイムアウトになると、MRIB は以前の IGMP プロセスでインストールされたルートを除去します。

IGMP NSF ライフタイムは、IGMP が、メンバシップ クエリーとレポートを通して、接続されているネットワークのすべてのホスト メンバシップを学習し直す期間を指します。この NSF 期間中、IGMP がメンバシップ レポートを回復している間は、PIM は継続してローカル メンバの転送ステートを維持します。

さらに、IGMP は、IP グループ メンバ アプリケーション(Session Announcement Protocol(SAP)Listener など)の Local Packet Transport Services(LPTS; ローカル パケット トランスポート サービス)から内部受信者のステートを回復し、MRIB を更新します。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次の例に、IGMP NSF タイムアウト値を 120 秒に設定する方法を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router igmp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp)# nsf lifetime 120

 
関連コマンド

コマンド
説明

nsf(マルチキャスト)

マルチキャスト ルーティング システムの NSF 機能をイネーブルにします。

nsf lifetime(PIM)

PIM プロセスの NSF タイムアウト値を設定します。

show igmp nsf

IGMP での NSF の動作状態を表示します。

show mfib nsf

MFIB ライン カードでの NSF の動作状態を表示します。

query-interval

Cisco IOS XR ソフトウェアが IGMP ホスト クエリー メッセージを送信する頻度を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで query-interval コマンドを使用します。デフォルトの頻度に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

query-interval seconds

no query-interval

 
シンタックスの説明

seconds

IGMP ホスト クエリー メッセージを送信する頻度。範囲は 1 ~ 3600 です。

 
デフォルト

このコマンドをインターフェイス コンフィギュレーション モードで指定しないと、インターフェイスでは、ルータの IGMP コンフィギュレーション モードで指定されたクエリー インターバル パラメータが使用されます。
このコマンドをルータの IGMP コンフィギュレーション モードで指定しないと、クエリー インターバルの時間は 60 秒になります。

 
コマンド モード

ルータ IGMP VRF コンフィギュレーション
ルータ IGMP インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

マルチキャスト ルータはホスト メンバシップ クエリー メッセージ(ホスト クエリー メッセージ)を送信し、ルータに接続されているネットワーク上にいるマルチキャスト グループのメンバを検出します。ホストは、特定のグループ(そのホストが、メンバになることを目的としているグループ)のマルチキャスト パケットの受信要求を示す IGMP レポート メッセージに応答します。ホスト クエリー メッセージは、すべてのホストのマルチキャスト グループ(アドレスが 224.0.0.1 で、IP Time-To-Live(TTL)値が 1 のグループ)宛に送信されます。

LAN では、IGMP ホスト クエリー メッセージを送信するルータだけが指定ルータになります。

IGMP バージョン 1(のみ)の場合、指定ルータは LAN 上で実行するマルチキャスト ルーティング プロトコルに応じて選定されます。

IGMP バージョン 2 および バージョン 3 の場合に指定されるクエリアは、サブネット上で最下位の IP アドレスが指定されたマルチキャスト ルータです。

ルータがタイムアウト時間( query-timeout コマンドによって制御されます)にクエリーを受信しないと、そのルータがクエリアになります。


seconds 引数の値を変更すると、ネットワーク パフォーマンスに重大な影響を及ぼすことがあります。クエリー インターバルを短くすると接続ネットワーク上のトラフィックが増加し、クエリー インターバルを長くするとクエリアのコンバージェンス時間が短くなることがあります。



query-interval コマンドをルータの IGMP コンフィギュレーション モードで設定すると、パラメータは、新規および既存のすべてのインターフェイスで継承されます。これらのパラメータは、インターフェイス コンフィギュレーション モードでインターフェイスごとに上書きできます。


タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次の例に、指定ルータが IGMP ホスト クエリー メッセージを送信する頻度を 2 分に変更する方法を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router igmp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp)# interface GigabitEthernet 0/1/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp-default-if)# query-interval 120

 
関連コマンド

コマンド
説明

hello-interval(PIM)

PIM hello メッセージの頻度を設定します。

query-timeout

ルータがインターフェイスのクエリアを引き継ぐまでの、タイムアウト値を設定します。

show igmp groups

ルータに直接接続され、IGMP を通じて学習されたマルチキャスト グループを表示します。

query-max-response-time

IGMP クエリーにアドバタイズされる最大応答時間を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで query-max-response-time コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

query-max-response-time seconds

no query-max-response-time

 
シンタックスの説明

seconds

IGMP クエリーにアドバタイズされる最大応答時間(秒)。範囲は 1 ~ 12 です。

 
デフォルト

このコマンドをインターフェイス コンフィギュレーション モードで指定しないと、インターフェイスでは、ルータの IGMP コンフィギュレーション モードで指定された最大応答時間パラメータが使用されます。
このコマンドをルータの IGMP コンフィギュレーション モードで指定しないと、最大応答時間は 10 秒になります。

 
コマンド モード

ルータ IGMP VRF コンフィギュレーション
ルータ IGMP インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

query-max-response-time コマンドは、IGMP バージョン 1 ではサポートされていません。

このコマンドは、ホストが IGMP クエリー メッセージに応答するまでの最大応答時間を制御するために使用されます。値を 10 秒未満に設定すると、ルータによる、グループのプルーニングがより高速に行われるようになります。ただし、ホストの応答時間が短く制限されることになるため、ネットワークのバースト性が生じます。

このコマンドをルータの IGMP コンフィギュレーション モードで設定すると、パラメータは、新規および既存のすべてのインターフェイスで継承されます。これらのパラメータは、インターフェイス コンフィギュレーション モードでインターフェイスごとに上書きできます。


) ホストがクエリー メッセージ上の最大応答時間を正しく読み取らない場合、意図しないうちにグループ メンバシップがプルーニングされることがあります。したがって、ホストは 10 秒(または設定した値)よりも早く、応答を認識する必要があります。


タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次の例に、最大応答時間を 8 秒に設定する方法を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router igmp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp)# interface GigabitEthernet 0/1/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp-default-if)# query-max-response-time 8

 
関連コマンド

コマンド
説明

hello-interval(PIM)

PIM hello メッセージの頻度を設定します。

show igmp groups

ルータに直接接続され、IGMP を通じて学習されたマルチキャスト グループを表示します。

query-timeout

ルータがインターフェイスのクエリアを引き継ぐまでの、タイムアウト値を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで query-timeout コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

query-timeout seconds

no query-timeout

 
シンタックスの説明

seconds

前回のクエリアがクエリーを停止してから、クエリアを引き継ぐまでに、ルータが待機する時間(秒数)。範囲は 60 ~ 300 です。

 
デフォルト

このコマンドをインターフェイス コンフィギュレーション モードで指定しないと、インターフェイスでは、ルータの IGMP VRF コンフィギュレーション モードで指定されたタイムアウト値パラメータが使用されます。このコマンドをルータの IGMP VRF コンフィギュレーション モードで指定しないと、最大応答時間は query-interval コマンドで設定されたクエリー インターバルの 2 倍の時間に等しくなります。

 
コマンド モード

ルータ IGMP VRF コンフィギュレーション
ルータ IGMP インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

query-timeout コマンドは、IGMP バージョン 1 ではサポートされていません。

デフォルトで、ルータは query-interval コマンドで設定されたクエリー インターバルの 2 倍の時間分だけ待機します。待機後、ルータがクエリーを受信しないと、そのルータがクエリアになります。デフォルトで、クエリー インターバルは 60 秒に設定されています。つまり、 クエリ タイムアウト 値はデフォルトで 120 秒に設定されていることになります。


) クエリー タイムアウト値を、クエリー インターバルを 2 倍した値よりも小さい値に設定すると、ネットワーク上のルータは、正当な理由なく、クエリーのタイムアウトを判断したりクエリアを引き継いだりすることがあります。



) このコマンドをルータの IGMP コンフィギュレーション モードで設定すると、パラメータは、新規および既存のすべてのインターフェイスで継承されます。これらのパラメータは、インターフェイス コンフィギュレーション モードでインターフェイスごとに上書きできます。


タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次の例に、ルータが最後のクエリーを受け取ってからインターフェイスのクエリアを引き継ぐまでに、30 秒間待機させるように設定する方法を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router igmp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp)# interface GigabitEthernet 0/1/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp-default-if)# query-timeout 30

 
関連コマンド

コマンド
説明

query-interval

Cisco IOS XR ソフトウェアが IGMP ホスト クエリー メッセージを送信する頻度を設定します。

robustness-count

ネットワーク上で予期されるパケット損失を調整するようにロバストネス変数を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで robustness-count コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

robustness-count count

no robustness-count

 
シンタックスの説明

count

robustness-count 変数の値。範囲は 2 ~ 10 パケットです。

 
デフォルト

デフォルトは 2 パケットです。

 
コマンド モード

ルータ IGMP VRF コンフィギュレーション
ルータ IGMP インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

IGMP はソフト ステート型のプロトコルです。ステートは、定期的にリフレッシュされる必要があります。そうしないと、タイムアウトになります。たとえば、 robustness-count コマンド 設定が 4 である場合、特定のステートに関連付けられている IGMP パケットが 3 つ失われても、ステートは維持されます。ただし、ネットワーク が 4 つ以上の IGMP パケットを失うと、ステートはタイムアウトになります。ステートを維持するために、 robustness-count 設定の変更を検討できます。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次の例に、 robustness-count コマンドの使用法を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router igmp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp)# robustness-count 2

router

IGMP をディセーブルまたはイネーブルにするには、適切なコンフィギュレーション モードで router コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

router { disable | enable }

no router { disable | enable }

 
シンタックスの説明

disable

IGMP メンバシップ追跡を無効にします。

enable

IGMP メンバシップ追跡を有効にします。

 
デフォルト

このコマンドをルータの IGMP VRF コンフィギュレーション モードで指定しないと、ルータの機能はすべてのインターフェイスでイネーブルになります。

 
コマンド モード

ルータ IGMP インターフェイス コンフィギュレーション(IPv4)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

router コマンドは、特定のインターフェイス上の IGMP ルータ機能をイネーブルまたはディセーブルにするために使用されます。たとえば、あるインターフェイス上でルータ機能がディセーブルになると、IGMP はそのインターフェイス上のクエリーを停止します。IGMP ルータ機能をディセーブルにすると、必ず、グループ メンバシップ レポートを通してローカル グループ メンバシップに通知されるようになります。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次の例に、GigabitEthernet インターフェイス 0/1/0/0 上で IGMP ルータ機能をイネーブルにする方法を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router igmp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp)# interface GigabitEthernet 0/1/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp-default-if)# router enable
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

multicast-routing

ルータの、イネーブルになっているすべてのインターフェイス上でマルチキャスト ルーティングと転送をイネーブルにします。そして、マルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション モードを開始します。

router igmp

IGMP コンフィギュレーション モードを開始するには、グローバル コンフィギュレーション モードで router igmp コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

router igmp

no router igmp

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

このコマンドにより、IGMP プロセスが開始し、コンフィギュレーション モードになります。このモードで、IGMP を設定できます。


router igmp コマンドまたは multicast-routing コマンドが開始されると、IGMP プロセスが有効になります。


タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次の例で、ルータの IGMP VRF コンフィギュレーション モードを開始する方法を説明します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router igmp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

multicast-routing

ルータの、イネーブルになっているすべてのインターフェイス上でマルチキャスト ルーティングと転送をイネーブルにします。そして、マルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション モードを開始します。

show igmp groups

ルータに直接接続されインターネット グループ管理プロトコル(IGMP)を通じて学習されたマルチキャスト グループを表示するには、EXEC モードで show igmp groups コマンドを使用します。

show igmp [ vrf vrf-name ] groups [ group-address | type instance | not-active | summary ] [ detail ] [ explicit]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

group-address

(任意)マルチキャスト グループのアドレスまたは名前。4 分割ドット付き 10 進表記で記載されたマルチキャスト グループのアドレスです。名前は Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)のホスト テーブルで定義されています。

type

(任意)インターフェイスのタイプです。詳細については、疑問符( ? )のオンライン ヘルプ機能を使用してください。

instance

(任意)次のような、物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンスです。

物理インターフェイス インスタンス。名前は rack/slot/module/port の形式で表記します。値はスラッシュで区切ります。

rack :ラックのシャーシ番号。

slot :モジュラ サービス カードまたはライン カードの物理スロット番号。

module :モジュール番号。物理レイヤ インターフェイス モジュール(PLIM)は常に 0 です。

port :インターフェイスの物理ポート番号。

例:インターフェイス MgmtEth0/RP1/CPU0/0

仮想インターフェイス インスタンス。番号の範囲はインターフェイス タイプによって異なります。

ルータの構文の詳細については、疑問符( ? )のオンライン ヘルプ機能を使用してください。

not-active

(任意)処理されているグループ参加を表示します。

summary

(任意)IGMP での (* , G) ステートおよび (S, G) ステートの総数を表示します。

detail

(任意)詳細情報を表示します。IGMP バージョン 3 送信元リスト、ホスト、ルータ モードなどの詳細情報を表示します。

explicit

(任意)明示的な追跡情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

オプションの引数をすべて省略して show igmp groups コマンドを実行すると、直接接続されたネットワークがサブスクライブされているすべてのマルチキャスト メンバシップが(グループ アドレスとインターフェイス名ごとに)表示されます。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次に、 show igmp groups コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show igmp groups
 
IGMP Connected Group Membership
Group Address Interface Uptime Expires Last Reporter
224.0.255.1 GigabitEthernet0/2/1/0 18:51:41 0:02:15 172.20.37.192
224.2.226.60 GigabitEthernet0/2/1/0 1:51:31 0:02:17 172.20.37.192
224.2.127.255 GigabitEthernet0/2/1/0 18:51:45 0:02:17 172.20.37.192
226.2.2.2 GigabitEthernet0/2/1/1 18:51:47 never 0.0.0.0
224.2.0.1 GigabitEthernet0/2/1/0 18:51:43 0:02:14 172.20.37.192
225.2.2.2 GigabitEthernet0/2/1/0 18:51:43 0:02:21 172.20.37.33
225.2.2.2 GigabitEthernet0/2/1/1 18:51:47 never 0.0.0.0
225.2.2.4 GigabitEthernet0/2/1/0 18:18:02 0:02:20 172.20.37.192
225.2.2.4 GigabitEthernet0/2/1/1 18:23:32 0:02:55 172.20.36.128
 

表 2 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 2 show igmp groups のフィールドの説明

フィールド
説明

Group Address

マルチキャスト グループのアドレス。

Interface

グループが到達可能なインターフェイス。

Uptime

このマルチキャスト グループが認識されている時間(時間、分、および秒)。

Expires

エントリが IGMP グループ テーブルから削除されるまでの時間(時間、分、および秒)。

Last Reporter

マルチキャスト グループのメンバとなることをレポートする最後のホスト。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show igmp interface

インターフェイスについての IGMP マルチキャスト関連情報を表示します。

show igmp interface

インターフェイスについての IGMP マルチキャスト関連情報を表示するには、EXEC モードで show igmp interface コマンドを使用します。

show igmp [ vrf vrf-name ] interface [ type instance | state-on | state-off ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

type

(任意)インターフェイスのタイプです。詳細については、疑問符( ? )のオンライン ヘルプ機能を使用してください。

instance

(任意)次のような、物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンスです。

物理インターフェイス インスタンス。名前は rack/slot/module/port の形式で表記します。値はスラッシュで区切ります。

rack :ラックのシャーシ番号。

slot :モジュラ サービス カードまたはライン カードの物理スロット番号。

module :モジュール番号。物理レイヤ インターフェイス モジュール(PLIM)は常に 0 です。

port :インターフェイスの物理ポート番号。

例:インターフェイス MgmtEth0/RP1/CPU0/0

仮想インターフェイス インスタンス。番号の範囲はインターフェイス タイプによって異なります。

ルータの構文の詳細については、疑問符( ? )のオンライン ヘルプ機能を使用してください。

state-on

(任意)IGMP がイネーブルになっている、すべてのインターフェイスを表示します。

state-off

(任意)IGMP がディセーブルになっている、すべてのインターフェイスを表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

オプションの引数を省略した場合、 show igmp interface コマンドはすべてのインターフェイスの情報を表示します。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次に、 show igmp interface コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show igmp interface
 
MgmtEth0/0/CPU0/0 is up, line protocol is up
Internet address is 10.1.1.1/16
IGMP is disabled on interface
MgmtEth0/1/CPU0/0 is up, line protocol is up
Internet address is 10.1.1.1/16
IGMP is disabled on interface
GigabitEthernet0/4/0/0 is up, line protocol is up
Internet address is 10.1.1.1/24
IGMP is enabled on interface
Current IGMP version is 3
IGMP query interval is 60 seconds
IGMP querier timeout is 125 seconds
IGMP max query response time is 10 seconds
Last member query response interval is 1 seconds
IGMP activity: 8 joins, 4 leaves
IGMP querying router is 142.50.12.1 (this system)
GigabitEthernet0/4/0/1 is up, line protocol is up
Internet address is 10.2.1.1/24
IGMP is enabled on interface
Current IGMP version is 3
IGMP query interval is 60 seconds
IGMP querier timeout is 125 seconds
IGMP max query response time is 10 seconds
Last member query response interval is 1 seconds
IGMP activity: 6 joins, 3 leaves
IGMP querying router is 10.3.1.1 (this system)
GigabitEthernet0/4/0/2 is up, line protocol is up
Internet address is 10.1.1.1/24
IGMP is enabled on interface
Current IGMP version is 3
IGMP query interval is 60 seconds
IGMP querier timeout is 125 seconds
IGMP max query response time is 10 seconds
Last member query response interval is 1 seconds
IGMP activity: 6 joins, 3 leaves
IGMP querying router is 10.4.1.1 (this system)
GigabitEthernet0/4/0/3 is up, line protocol is up
Internet address is 10.1.1.1/24
IGMP is enabled on interface
Current IGMP version is 3
IGMP query interval is 60 seconds
IGMP querier timeout is 125 seconds
IGMP max query response time is 10 seconds
Last member query response interval is 1 seconds
IGMP activity: 6 joins, 3 leaves
IGMP querying router is 10.5.1.1 (this system)
 

表 3 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

表 3 show igmp interface のフィールドの説明

フィールド
説明

MgmtEth0/0/CPU0/0 is up, line protocol is up

インターフェイスのタイプ、番号、およびステータス。

Internet address is

address コマンドで指定されたとおりに、インターフェイスに適用されているインターフェイスとサブネット マスクのインターネット アドレス。

IGMP is disabled on interface

IGMP ルータ機能がインターフェイス上でイネーブルになっているかどうかを示します。

(注) マルチキャスト プロトコルは、管理イーサネット インターフェイスを実行していません(CLI でイネーブルにされている場合も同様です)。

IGMP query interval is 60 seconds

Cisco IOS XR ソフトウェアは、 query-interval コマンドで指定されたとおりに PIM クエリー メッセージを送信します。

IGMP querier timeout is...

クエリアでないルータによって設定されるタイムアウト。このタイムアウトが期限切れになると、クエリアでないルータはクエリーの送信を開始します。

IGMP max query response time is...

ネットワーク上で IGMP メッセージのバースト性を有効にするために管理者によって使用される、クエリーの応答時間(秒)。ここで指定された時間内に、受信したクエリーに応答します。

Last member query response is...

クエリアが送信したクエリーにホストが応答してから、クエリーが応答するまでの時間(秒)。

IGMP activity:

受信した、参加の総数と脱退の総数。

IGMP querying router is 10.122.41.51 (this system)

リンク上で選定されたクエリアを示します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

address

インターフェイスのプライマリまたはセカンダリ IP アドレスを設定します。

query-interval

Cisco IOS XR ソフトウェアが IGMP ホスト クエリー メッセージを送信する頻度を設定します。

router

IGMP メンバシップ追跡をディセーブルまたはイネーブルにします。

show igmp nsf

IGMP のノンストップ転送(NSF)処理のステートを表示するには、適切なコンフィギュレーション モードで show igmp nsf コマンドを使用します。

show igmp [ vrf vrf-name ] nsf

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

show igmp nsf コマンドは、IGMP の現在のマルチキャスト NSF ステートを示します。表示される NSF ステートは、normal または activated です。activated ステートは、IGMP エラーが発生したために回復処理の実行中であることを示します。NSF タイムアウトの合計時間と NSF が期限切れになるまでの残り時間が表示されます。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次に、 show igmp nsf コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show igmp nsf
 
IGMP_AFD Non-Stop Forwarding Status: Multicast routing state: Normal
NSF Lifetime: 00:01:00
 

表 4 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

表 4 show igmp nfs のフィールドの説明

フィールド
説明

Multicast routing state

IGMP のマルチキャスト NSF ステータス(Normal または Non-Stop Forwarding Activated)。

NSF Lifetime

IGMP NSF のタイムアウト。IGMP は、この期間中、NSF ステートを維持しながら、IGMP レポートを通して IGMP ルート ステートを回復します。この期間の終了後、移行を normal ステートに戻し、MRIB のシグナリングを行います。

NSF Time Remaining

IGMP NSF ステートが activated の場合、IGMP が Normal モードに戻るまでの時間が表示されます。

 
関連コマンド

コマンド
説明

nsf(マルチキャスト)

マルチキャスト ルーティング システムの NSF 機能をイネーブルにします。

nsf lifetime

IGMP プロセスの NSF タイムアウト値を設定します。

nsf lifetime(PIM)

PIM プロセスの NSF タイムアウト値を設定します。

show mfib nsf

MFIB ライン カードでの NSF の動作状態を表示します。

show mrib nsf

MRIB での NSF の動作状態を表示します。

show pim nsf

PIM での NSF の動作状態を表示します。

show igmp summary

IGMP のグループ メンバシップ情報を表示するには、EXEC モードで show igmp summary コマンドを使用します。

show igmp [ vrf vrf-name ] summary

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

show igmp summary コマンドは、グループ メンバシップの総数を表示するために使用されます。グループの総数は、すべてのインターフェイス上のグループ メンバの総数です。グループの最大数は、すべてのインターフェイスに存在し得る、外部メンバおよびローカル メンバの総数です。グループの最大数、およびグループの最大数のデフォルト値は、50000 メンバです。各インターフェイスのグループの最大数、および各インターフェイスのグループの最大数のデフォルト値は、25000 メンバです。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次の例に、各インターフェイスで IGMP メンバになっているグループの数と、各インターフェイスでメンバになることができるグループの最大数を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show igmp summary
 
IGMP summary
 
Robustness Value 2
No. of Group x Interfaces 61
Maximum number of Group x Interfaces 65
 
Supported Interfaces : 18
Unsupported Interfaces : 2
Enabled Interfaces : 18
Disabled Interfaces : 2
 
Interface Grp No Max Grp No
MgmtEth0/RSP0/CPU0/0 0 5
Loopback0 4 5
Bundle-Ether28 3 5
Bundle-Ether28.1 3 5
Bundle-Ether28.2 3 5
Bundle-Ether28.3 3 5
MgmtEth0/RP1/CPU0/0 0 5
GigabitEthernet0/1/5/0 3 5
GigabitEthernet0/1/5/1 5 5
GigabitEthernet0/1/5/2 5 5
GigabitEthernet0/6/5/1 3 5
GigabitEthernet0/6/5/2 3 5
GigabitEthernet0/6/5/7 3 5
 

表 5 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 5 show igmp summary のフィールドの説明

フィールド
説明

No.of Group x Interfaces

インターフェイスを通して参加したマルチキャスト グループの数。

Maximum number of Group x Interfaces

インターフェイスを通して参加できるマルチキャスト グループの最大数。

Supported Interfaces

マルチキャスト グループ到達可能なインターフェイス。

Unsupported Interfaces

サポートされていないインターフェイスの数。

Enabled Interfaces

イネーブルになっているインターフェイスの数。

Disabled Interfaces

ディセーブルになっているインターフェイスの数。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show igmp groups

ルータに直接接続され、IGMP を通じて学習されたマルチキャスト グループを表示します。

show igmp ssm map

Source-Specific Mapping(SSM; 送信元固有のマッピング)ステートのクエリーを実行するには、EXEC モードで show igmp ssm map コマンドを使用します。

show igmp [ vrf vrf-name ] ssm map [ group-address ] [ detail ]

 
シンタックスの説明

 

vrf

(任意)クエリー送信を行う VPN インスタンスを指定します。

vrf-name

(任意)特定の VRF インスタンスの名前を指定します。

group-address

(任意)マッピングの状態を取得する SSM グループのアドレスを指定します。

detail

(任意)詳細な送信元情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次の例に、 show igmp ssm map コマンドの使用法を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show igmp ssm map 232.1.1.1
 
232.1.1.1 is static with 1 source

show igmp traffic

すべての IGMP トラフィック関連のカウンタを表示するには、EXEC モードで show igmp traffic コマンドを使用します。

show igmp [ vrf vrf-name ] traffic

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

show igmp traffic コマンドは、IGMP トラフィックのすべてのカウンタのステートを表示するために使用されます。カウンタがアクティブになってからの時間と、受信した各種タイプの IGMP パケット数(クエリー、脱退、レポートなど)についての情報を提供します。また、このコマンドは、受信した、エラーのある IGMP パケットの数も維持します。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次に、 show igmp traffic コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show igmp traffic
 
IGMP Traffic Counters
Elapsed time since counters cleared: 15:27:38
 
Received Sent
Valid IGMP Packet 2784 5576
Queries 0 2784
Reports 2784 2792
Leaves 0 0
Mtrace packets 0 0
DVMRP packets 0 0
PIM packets 0 0
 
Errors:
Malformed Packets 0
Bad Checksums 0
Socket Errors 0
Bad Scope Errors 0
Auxiliary Data Len Error 0
Subnet Errors 0
Packets dropped due to invalid socket 0
Packets which couldn’t be accessed 0
 

表 6 では、 show igmp traffic コマンドに表示される重要なフィールドについて説明します。

表 6 show igmp traffic のフィールドの説明

フィールド
説明

Valid IGMP Packet

送受信された、有効なプロトコル パケットの総数。有効なパケットのタイプには、以下のものが含まれます。

クエリー

メンバシップ レポート

脱退

Queries

送受信された、有効なクエリー パケットの総数。IP マルチキャスト ルータはクエリーを送信して、近接インターフェイスのマルチキャスト受信状態を判断します。

Reports

受信されたメンバシップ レポート パケットの総数。メンバシップ レポートは、現在のマルチキャストの近接インターフェイスでの受信状態や、その状態の変化を示します。

Leaves

受信された脱退の合計数。脱退グループ パケットは、近接インターフェイスが特定の グループについてマルチキャスト受信状態ではなくなったことを示します。

Mtrace packets

送受信された、mtrace パケットの総数。mtrace は、特定のマルチキャスト アドレスを使用して、受信者から送信元へのルートを追跡します。

DVMRP packets

送受信された、Distance Vector Multicast Routing Protocol(DVMRP; ディスタンス ベクトル マルチキャスト ルーティング プロトコル)パケットの総数。DVMRP は、ネットワーク間でホスト グループへのコネクションレス型データグラム配信を行うメカニズムを提供する、インターネット ルーティング プロトコルです。このプロトコルは、逆経路マルチキャスティングを使用して、IP マルチキャストの配信ツリーをダイナミックに生成します。パケット タイプ 0x13 は、DVMRP パケットであることを示します。

PIM packets

送受信された PIM パケットの総数。

Malformed Packets

受信された、変造されたパケットの総数。変造されたパケットは、有効な最小のプロトコル パケットよりも小さいパケットです。

Bad Checksums

受信された、プロトコル ヘッダーのチェックサムが不良なパケットの総数。

(注)

Socket Errors

プロトコル ソケットでの読み取り/書き込みエラーの総数。

Bad Scope Errors

受信された、マルチキャスト スコープが無効なパケットの総数。

(注) IGMP には無効なスコープはないため、このカウンタが IGMP で加算されることはありません。

Auxiliary Data Len Errors

受信された、補助データの長さが 0 以外のパケットの総数。

Subnet Errors

Packets dropped due to invalid socket

ソケットが無効であるためにドロップされたパケットの総数。

Packets which couldn’t be accessed

送信または受信できなかったパケットの総数。

このような状況は、以下のような場合に発生します。

パケット バッファが、有効なプロトコル パケットの形式でない。

パケットに IP ヘッダーが書き込まれていない。

発信パケット インターフェイス ハンドルが設定されていない。

プロトコルのチェックサムの計算中にエラーが発生した。

Other Packet Drops

その他の理由でドロップされたパケット。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show pim traffic

PIM トラフィック カウンタ情報を表示します。

ssm map static

Access Control List(ACL; アクセス コントロール リスト)によって受け入れられる、SSM グループ内のレガシー ホストのグループ メンバシップを、PIM-SSM 送信元にマップするには、適切なコンフィギュレーション モードで ssm map static コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ssm map static source-address access-list

no ssm map static source-address access-list

 
シンタックスの説明

source-address

スタティック マッピングの生成に使用される PIM-SSM 送信元アドレス。

access-list

スタティック マッピングの生成に使用されるグループを指定する ACL。

 
デフォルト

SSM グループ範囲にあるレガシー ホスト メンバシップはドロップされます。

 
コマンド モード

ルータ IGMP VRF コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

PIM-SSM では、IGMPv3(IPv4)を使用してローカル メンバシップを決定することが必要です。通常の動作条件下では、IGMP は、SSM グループ範囲内にあるグループについて、バージョンの古い方のグループ メンバシップ レポートをドロップします。これは、レガシー グループ メンバシップ プロトコルを使用するホストは、PIM-SSM 送信元からのデータを受信できないことを意味します。

ssm map static コマンドは、古い方のグループ メンバシップ レポートを、PIM-SSM 送信元のセットにマップします。設定された送信元に関連付けられた ACL が SSM グループを受け入れると、その送信元は SSM グループの送信元セットに組み込まれます。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次の例に、IGMP ルーティング コンフィギュレーション モードでの PIM-SSM マッピングを示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router igmp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp)# ssm map static 10.0.0.1 mc2
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp)#

static-group

ルータを、インターフェイス上の特定のグループの静的に設定されたメンバにしたり、マルチキャスト グループをインターフェイスに静的に転送したりするには、適切なコンフィギュレーション モードで static-group コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

static-group group-address [ inc-mask mask count cnt ] [ source-address ]

no static-group group-address [ inc-mask mask count cnt ] [ source-address ]

 
シンタックスの説明

group-address

マルチキャスト グループのアドレス。アドレッシング モードに応じて IPv4 表記されたマルチキャスト IP アドレスです。

inc-mask mask

(任意)増分範囲のマスクを指定します。IPv4 フォーマットで表現される IP アドレスです。このマスクは、以降のグループ アドレスを生成するために、グループ アドレスと共に使用されます。

count cnt

(任意)増分マスクを使用して生成する、多数のグループ アドレスを指定します。範囲は 1 ~ 512 です。

source address

(任意)追加対象のマルチキャスト グループの送信元アドレスです。

 
デフォルト

ルータは、IP マルチキャスト グループの静的に接続されたメンバではありません。

 
コマンド モード

ルータ IGMP インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

static-group コマンドを設定すると、グループに対するパケットはインターフェイス外に切り替えられます(パケットが正しい Reverse Path Forwarding(RPF)インターフェイスで受信された場合)。

static-group コマンドは、 join-group コマンドとは異なります。 join-group コマンドを使用すると、ルータはマルチキャスト グループに参加し、トラフィックを IP クライアント プロセス(ルート プロセッサ)に導くことができます。同じグループ アドレスに対して join-group コマンドと static-group コマンドの両方を設定すると、 join-group コマンドが優先され、該当のグループはローカルに参加したグループのように動作します。


static-group コマンドを使用しても、システム パフォーマンスには影響しません。


タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次の例では、ルータは特定の送信元(1.1.1.1)に対して 2 つのマルチキャスト グループ(225.2.2.2 と 225.2.2.4)に静的に参加します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router igmp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp)# interface GigabitEthernet 0/1/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp-default-if)# static-group 225.2.2.2 inc-mask 0.0.0.2 count 2 1.1.1.1
 

 

version

IGMP バージョンのルータを設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで version コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

version { 1 | 2 | 3 }

no version

 
シンタックスの説明

1

IGMP バージョン 1 を指定します。

2

IGMP バージョン 2 を指定します。

3

IGMP バージョン 3 を指定します。

 
デフォルト

このコマンドをインターフェイス コンフィギュレーション モードで指定しないと、インターフェイスでは、ルータの IGMP VRF コンフィギュレーション モードで指定された IGMP バージョン パラメータが使用されます。

このコマンドをルータの IGMP コンフィギュレーション モードで指定しないと、IGMP はバージョン 3 を使用します。

 
コマンド モード

ルータ IGMP VRF コンフィギュレーション
ルータ IGMP インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

サブネット上のすべてのルータは、同じバージョンの IGMP で設定する必要があります。たとえば、Cisco IOS XR ソフトウェアを実行しているルータは、自動的にバージョン 1 システムを検出してバージョン 1 に切り替えることはしません。ホストではどのバージョンの IGMP でも使用することができ、ルータはその存在を正しく検出して、適切にクエリーを送信します。

query-max-response-time コマンドおよび query-timeout コマンドを使用するには、IGMP バージョン 2 またはバージョン 3 が必要です。


) このコマンドをルータの IGMP コンフィギュレーション モードで設定すると、パラメータは、新規および既存のすべてのインターフェイスで継承されます。これらのパラメータは、インターフェイス コンフィギュレーション モードでインターフェイスごとに上書きできます。


タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次の例に、IGMP バージョン 3 を使用するように、ルータを設定する方法を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router igmp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp)# version 3

 
関連コマンド

コマンド
説明

query-max-response-time

IGMP クエリーにアドバタイズされた最大応答時間を設定します。

query-timeout

ルータがインターフェイスのクエリアを引き継ぐまでの、タイムアウト値を設定します。

vrf(igmp)

Virtual Private Network(VRF)インスタンスを設定するには、IGMP ルーティング コンフィギュレーション モードで vrf コマンドを使用します。コンフィギュレーション ファイルから VRF インスタンスを削除し、システムをデフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

vrf vrf-name

no vrf vrf-name

 
シンタックスの説明

vrf-name

VRF インスタンスの名前。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

ルータ IGMP コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

VRF インスタンスを設定するために IGMP ルーティング コンフィギュレーション モードで vrf コマンドを使用すると、IGMP VRF コンフィギュレーションが開始します。

VRF インスタンスは、Provider Edge(PE; プロバイダー エッジ)ルータで維持される、VPN ルーティング テーブルと転送テーブルのコレクションです。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り、書き込み

次の例に、IGMP コンフィギュレーション サブモードで VRF インスタンスを設定し、VRF コンフィギュレーション サブモードを開始する方法を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router igmp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp)# vrf vrf_1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-igmp-vrf_1)#