Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービ ス ルータ システム管理コマンド リファレンス
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ の端末サー ビス コマンド
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータの端末サービス コマンド
発行日;2012/01/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 11MB) | フィードバック

目次

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータの端末サービス コマンド

absolute-timeout

access-class

autocommand

banner exec

banner incoming

banner login

banner motd

banner prompt-timeout

clear line

clear line vty

cli interactive syntax check

cli whitespace completion

databits

disconnect

disconnect-character

escape-character

exec-timeout

flowcontrol hardware

length

line

parity

resume

send

session-limit

session-timeout

show line

show sessions

show terminal

show users

stopbits

terminal exec

terminal length

terminal monitor

terminal width

transport input

transport output

transport preferred

vty-pool

width (display)

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータの端末サービス コマンド

ここでは、物理および仮想端末接続の設定、端末の管理、および virtual terminal line(VTY; 仮想端末回線)プールの設定に使用する Cisco IOS XR コマンドについて説明します。

物理および仮想端末の設定に関する詳細については、『 Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ System Management Configuration Guide 』の「Implementing Physical and Virtual Terminals on Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ」モジュールを参照してください。

absolute-timeout

回線切断の絶対的なタイムアウトを設定するには、ライン テンプレート コンフィギュレーション モードで absolute-timeout コマンドを使用します。コンフィギュレーション ファイルから absolute-timeout コマンドを削除してシステムをデフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

absolute-timeout minutes

no absolute-timeout minutes

 
シンタックスの説明

minutes

分単位の絶対的なタイムアウト時間。範囲は 10 ~ 10000 です。

 
デフォルト

minutes :1440

 
コマンド モード

ライン テンプレート コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

指定した時間が経過したら、その時点で接続が使用されているかどうかに関係なく接続を終了するには、 absolute-timeout コマンドを使用します。ポートごとに絶対的なタイムアウト値を指定できます。ユーザには、セッションが終了する 20 秒前に通知されます。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、デフォルト ライン テンプレートのセッション タイムアウト値を 2880 分(2 日)に設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# line default
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)# absolute-timeout 2880

 
関連コマンド

コマンド
説明

exec-timeout

物理端末接続でのユーザ入力のアイドル待機タイムアウト時間を設定します。

session-timeout

仮想端末接続でのユーザ入力のアイドル待機タイムアウト時間を設定します。

access-class

IPv4 または IPv6 アクセス リストを使用して着信および発信接続を制限するには、ライン テンプレート コンフィギュレーション モードで access-class コマンドを使用します。コンフィギュレーション ファイルから access-class コマンドを削除してシステムをデフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

access-class list-name { in | out }

no access-class list-name { in | out }

 
シンタックスの説明

list-name

IPv4 または IPv6 アクセス リストの名前。

in

着信接続をフィルタリングします。

out

発信接続をフィルタリングします。

 
デフォルト

アクセス クラスは設定されていません。

 
コマンド モード

ライン テンプレート コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

着信または発信接続をアクセス リストで定義されているアドレスに制限するには、 access-class コマンドを使用します。名前を使用してアクセス リストを定義するには、 ipv4 access-list コマンドを使用します。


) IPv4 および IPv6 の着信および発信接続のアクセスを制限するには、IPv4 のアクセス リストと IPv6 のアクセス リストを同じ名前にする必要があります。


タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、デフォルト ライン テンプレートの発信接続に割り当てるアクセス クラスを指定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# line default
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)# access-class vtyacl out

次に、vtyacl という名前の IPv4 アクセス リストを表示する show ipv4 access-lists コマンドの出力例を示します。

RP/0/0/CPU0:router# show ipv4 access-lists vtyacl
 
ipv4 access-list vtyacl
10 permit ip host 10.32.162.48 any
20 permit ip host 10.20.49.170 any
30 permit ip host 10.60.3.5 any
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipv4 access-list

IPv4 アクセス リストを名前で定義します。

ipv6 access-list

IPv6 アクセス リストを名前で定義します。

autocommand

ユーザが VTY 端末セッションにログインした後で自動的に 1 つまたは複数のコマンドを実行するには、ライン デフォルトまたはライン テンプレートのコンフィギュレーション モードで autocommand コマンドを使用します。コンフィギュレーション ファイルから autocommand コマンドを削除してシステムをデフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

autocommand command

no autocommand command

 
シンタックスの説明

command

ユーザが VTY セッションにログインしたときに実行するコマンドまたはコマンド エイリアス。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

ライン テンプレート コンフィギュレーション
ライン デフォルト コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

ユーザが VTY セッションにログインしたときにコマンドまたはコマンド エイリアスを自動的に実行するには、 autocommand コマンドを使用します。複数のコマンドを実行するには、 command 引数にコマンド エイリアスを使用します。ユーザがログインすると、エイリアスに含まれるコマンドが順番に実行されます。


autocommand コマンドは VTY 接続のみでサポートされます。コンソールまたは AUX 回線接続ではサポートされません。ユーザがログインした後でコマンドを自動的に実行するには、このコマンドを使用します。


タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、 autocommand コマンドを使用して、ユーザがデフォルトの VTY セッションにログインしたときに show ip interface brief コマンドを自動的に実行する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure terminal
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# line default
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)# autocommand show ip interface brief
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)# end
Uncommitted changes found, commit them before exiting(yes/no/cancel)? [cancel]:yes
RP/0/RSP0/CPU0:router# exit
 
 
<Your 'TELNET' connection has terminated>
 
 
 

次に、ユーザが VTY セッションにログインしたときに show ip interface brief コマンドを自動的に実行する例を示します。

 
User Access Verification
 
Username: lab
Password:
 
Executing Autocommand 'show ip interface brief'
RP/0/RSP0/CPU0:router# show ip interface brief
 
Interface IP-Address Status Protocol
Loopback0 10.144.144.144 Up Up
tunnel-te44190 10.144.144.144 Up Up
tunnel-te44194 10.144.144.144 Up Up
MgmtEth0/RSP0/CPU0/0 172.29.52.137 Up Up
MgmtEth0/RSP0/CPU0/1 unassigned Shutdown Down
GigabitEthernet0/1/0/0 unassigned Shutdown Down
GigabitEthernet0/1/0/1 unassigned Shutdown Down
GigabitEthernet0/1/0/2 10.147.4.44 Up Up
GigabitEthernet0/1/0/3 unassigned Up Up
GigabitEthernet0/1/0/3.185 unassigned Up Up
GigabitEthernet0/1/0/3.189 unassigned Up Up
GigabitEthernet0/1/0/3.215 unassigned Up Up
GigabitEthernet0/1/0/4 unassigned Shutdown Down
GigabitEthernet0/1/0/5 unassigned Shutdown Down
GigabitEthernet0/1/0/6 unassigned Shutdown Down
GigabitEthernet0/1/0/7 unassigned Up Up
GigabitEthernet0/1/0/7.185 unassigned Up Up
GigabitEthernet0/1/0/7.187 unassigned Up Up
GigabitEthernet0/1/0/7.189 unassigned Up Up
GigabitEthernet0/1/0/7.210 unassigned Up Up
GigabitEthernet0/1/0/7.211 unassigned Up Up
GigabitEthernet0/1/0/7.215 unassigned Up Up
GigabitEthernet0/1/0/7.2130 unassigned Up Up
 
--More--
 

次に、 no autocommand コマンドを使用して autocommand の機能をディセーブルにする例を示します。この例では、 show ip interface brief コマンドに対する autocommand をディセーブルにしています。ユーザがログアウトしてから再びログインしたとき、autocommand は動作しません。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure terminal
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# line default
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)# no autocommand ?
LINE Appropriate EXEC command
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)# no autocommand show ip interface brief
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)# end
Uncommitted changes found, commit them before exiting(yes/no/cancel)? [cancel]:yes
RP/0/RSP0/CPU0:router# exit
 
<Your 'TELNET' connection has terminated>
 
User Access Verification
 
Username:
Username: lab
Password:
RP/0/RSP0/CPU0:router#
 

次に、 autocommand 機能でコマンド エイリアスを使用して、ユーザがデフォルトの VTY セッションにログインしたときに複数のコマンドを実行する例を示します。この例では、「test」というエイリアスを作成し、 show ip interface brief コマンドと show users コマンドを組み込んでいます。その後、autocommand 機能を使用して、ユーザが VTY 端末にログインしたときに「test」エイリアスを実行します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure terminal
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# alias test show ip interface brief; show users
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# line default
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)# autocommand test
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)# end
 
 
Uncommitted changes found, commit them before exiting(yes/no/cancel)? [cancel]:yes
RP/0/RSP0/CPU0:router# exit
 
<Your 'TELNET' connection has terminated>
 
 
 
 
User Access Verification
 
Username: lab
Password:
 
Executing Autocommand 'test'
RP/0/RSP0/CPU0:router# test
 
RP/0/RSP0/CPU0:router# show ip interface brief
 
Interface IP-Address Status Protocol
Loopback0 10.144.144.144 Up Up
tunnel-te44190 10.144.144.144 Up Up
tunnel-te44194 10.144.144.144 Up Up
MgmtEth0/RSP0/CPU0/0 172.29.52.137 Up Up
MgmtEth0/RSP0/CPU0/1 unassigned Shutdown Down
GigabitEthernet0/1/0/0 unassigned Shutdown Down
GigabitEthernet0/1/0/1 unassigned Shutdown Down
GigabitEthernet0/1/0/2 10.147.4.44 Up Up
GigabitEthernet0/1/0/3 unassigned Up Up
GigabitEthernet0/1/0/3.185 unassigned Up Up
GigabitEthernet0/1/0/3.189 unassigned Up Up
GigabitEthernet0/1/0/3.215 unassigned Up Up
 
RP/0/RSP0/CPU0:router# show users
Line User Service Conns Idle Location
* vty0 lab telnet 0 00:00:00 172.16.0.0
 

banner exec

EXEC プロセスが作成されたときに表示されるメッセージ(EXEC バナー)を作成するには、グローバル コンフィギュレーション モードで banner exec コマンドを使用します。EXEC バナーを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

banner exec delimiter message delimiter

no banner exec

 
シンタックスの説明

delimiter

デリミタは「c」です。

message

メッセージ テキスト。メッセージ テキストには $( トークン ) の形式でトークンを含めることができます。トークンは、対応するコンフィギュレーション変数に置き換えられます。トークンについては 表 73 で説明します。

 
デフォルト

EXEC バナーは表示されません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

EXEC プロセスが作成されたとき(回線がアクティブになったとき、または VTY に対して着信接続が行われたとき)に表示されるメッセージを指定するには、 banner exec コマンドを使用します。このコマンドのあとに 1 つまたは複数の空白スペースとデリミタ(c)を入力します。1 行または複数行のテキストを入力した後、デリミタ(c)でメッセージを終了します。

ユーザがルータに接続すると、最初に Message-of-The-Day(MoTD)バナーが表示され、続いてログイン バナーとプロンプトが表示されます。ユーザがルータにログインすると、接続のタイプに応じて EXEC バナーまたは着信バナーが表示されます。リバース Telnet ログインの場合、着信バナーが表示されます。その他の接続の場合、ルータは EXEC バナーを表示します。

$( トークン ) という形式のトークンをメッセージ テキスト中で使用して、バナーをカスタマイズできます。トークンには、ルータのホスト名や IP アドレスなど、現在のコンフィギュレーション変数が表示されます。

トークンについては 表 73 で説明します。

 

表 73 banner exec のトークン

トークン
バナーに表示される情報

$(hostname)

ルータのホスト名を表示します。

$(domain)

ルータのドメイン名を表示します。

$(line)

VTY または TTY(非同期)の回線番号を表示します。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、トークンを使用する EXEC バナーを設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# banner exec c
Enter TEXT message. End with the character 'c'.
THIS IS AN EXEC BANNER
c

 
関連コマンド

コマンド
説明

banner incoming

ネットワーク上のホストから端末回線への着信接続時に表示されるカスタマイズされたメッセージを定義してイネーブルにします。

banner login

ユーザ名とパスワードのログイン プロンプトの前に表示されるカスタマイズされたバナーを定義してイネーブルにします。

banner motd

カスタマイズされた MoTD バナーを定義します。

banner prompt-timeout

ログイン タイムアウトのときに表示されるカスタマイズされたバナーを定義します。

banner incoming

ネットワーク上のホストから端末回線に着信接続があったときに表示されるバナーを作成するには、グローバル コンフィギュレーション モードで banner incoming コマンドを使用します。着信接続のバナーを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

banner incoming delimiter message delimiter

no banner incoming

 
シンタックスの説明

delimiter

デリミタは「c」です。

message

メッセージ テキスト。メッセージ テキストには $( トークン ) の形式でトークンを含めることができます。トークンは、対応するコンフィギュレーション変数に置き換えられます。トークンについては 表 74 で説明します。

 
デフォルト

着信バナーは表示されません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

banner incoming コマンドのあとに 1 つまたは複数の空白スペースとデリミタ(c)を入力します。1 行または複数行のテキストを入力した後、メッセージの終わりにデリミタ(c)を再び入力します。

着信接続 は、ルータのネットワーク側から開始される接続です。着信接続は、リバース Telnet セッションとも呼ばれます。このようなセッションでは、Message-of-The-Day(MoTD)バナーと着信バナーは表示されますが、EXEC バナーは表示されません。

ユーザがルータに接続すると、最初に MoTD バナーが表示され(設定されている場合)、続いてログイン バナーとプロンプトが表示されます。ユーザがルータにログインすると、接続のタイプに応じて EXEC バナーまたは着信バナーが表示されます。リバース Telnet ログインの場合、着信バナーが表示されます。その他の接続の場合、ルータは EXEC バナーを表示します。

着信バナーの表示を抑制することはできません。着信バナーが表示されないようにするには、 no banner incoming コマンドで削除する必要があります。

バナーをカスタマイズするには、メッセージ テキスト内で $( トークン ) の形式でトークンを使用します。トークンには、ルータのホスト名や IP アドレスなど、現在の変数が表示されます。トークンについては 表 74 で説明します。

 

表 74 banner incoming のトークン

トークン
バナーに表示される情報

$(hostname)

ルータのホスト名を表示します。

$(domain)

ルータのドメイン名を表示します。

$(line)

VTY または TTY(非同期)の回線番号を表示します。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、着信接続バナーを作成する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# banner incoming c
Enter TEXT message. End with the character ‘c’
THIS IS AN INCOMING BANNER.
c

 
関連コマンド

コマンド
説明

banner exec

EXEC プロセスが開始されるたびに表示されるカスタマイズされたバナーを定義します。

banner login

ユーザ名とパスワードのログイン プロンプトの前に表示されるカスタマイズされたバナーを定義してイネーブルにします。

banner motd

カスタマイズされた MoTD バナーを定義します。

banner prompt-timeout

ログイン タイムアウトのときに表示されるカスタマイズされたバナーを定義します。

banner login

ユーザ名とパスワードのログイン プロンプトの前に表示されるカスタマイズされたバナーを作成するには、グローバル コンフィギュレーション モードで banner login コマンドを使用します。ログイン バナーをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

banner login delimiter message delimiter

no banner login

 
シンタックスの説明

delimiter

デリミタは「c」です。

message

メッセージ テキスト。メッセージ テキストには $( トークン ) の形式でトークンを含めることができます。トークンは、対応するコンフィギュレーション変数に置き換えられます。トークンについては 表 75 で説明します。

 
デフォルト

ログイン バナーは表示されません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

banner login コマンドのあとに 1 つまたは複数の空白スペースとデリミタ(c)を入力します。続いて 1 行または複数行のテキストを入力し、メッセージの終わりにデリミタ(c)を再び入力します。

ユーザがルータに接続すると、最初に Message-of-The-Day(MoTD)バナーが表示され(設定されている場合)、続いてログイン バナーとプロンプトが表示されます。ユーザがルータに正常にログインすると、接続のタイプに応じて EXEC バナーまたは着信バナーが表示されます。リバース Telnet ログインの場合、着信バナーが表示されます。その他の接続の場合、ルータは EXEC バナーを表示します。

バナーをカスタマイズするには、メッセージ テキスト内で $( トークン ) の形式でトークンを使用します。トークンには、ルータのホスト名や IP アドレスなど、現在のコンフィギュレーション変数が表示されます。

トークンについては 表 75 で説明します。

 

表 75 banner login のトークン

トークン
バナーに表示される情報

$(hostname)

ルータのホスト名を表示します。

$(domain)

ルータのドメイン名を表示します。

$(line)

VTY または TTY(非同期)の回線番号を表示します。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、ログイン バナーを設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# banner login c
Enter TEXT message. End with the character 'c'.
THIS IS A LOGIN BANNER
c

 
関連コマンド

コマンド
説明

banner exec

EXEC プロセスが開始されるたびに表示されるカスタマイズされたバナーを定義します。

banner incoming

ネットワーク上のホストから端末回線への着信接続時に表示されるカスタマイズされたメッセージを定義してイネーブルにします。

banner motd

カスタマイズされた MoTD バナーを定義します。

banner prompt-timeout

ログイン タイムアウトのときに表示されるカスタマイズされたバナーを定義します。

banner motd

Message-of-The-Day(MoTD)バナーを作成するには、グローバル コンフィギュレーション モードで banner motd コマンドを使用します。MoTD バナーを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

banner motd delimiter message delimiter

no banner motd

 
シンタックスの説明

delimiter

デリミタは「c」です。

message

メッセージ テキスト。メッセージ テキストには $( トークン ) の形式でトークンを含めることができます。トークンは、対応するコンフィギュレーション変数に置き換えられます。

 
デフォルト

MoTD バナーは表示されません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

このコマンドのあとに 1 つまたは複数の空白スペースとデリミタ(c)を入力します。続いて 1 行または複数行のテキストを入力し、メッセージの終わりにデリミタ(c)を再び入力します。

この MoTD バナーは接続されるすべての端末に対して表示され、すべてのユーザに影響するメッセージ(緊急を要するシステム シャットダウンなど)を送信するのに便利です。回線の MoTD バナーをディセーブルにするには、 no motd-banner コマンドを使用します。

ユーザがルータに接続すると、最初に MoTD バナーが表示され(設定されている場合)、続いてログイン バナーとプロンプトが表示されます。ユーザがルータに正常にログインすると、接続のタイプに応じて EXEC バナーまたは着信バナーが表示されます。リバース Telnet ログインの場合、着信バナーが表示されます。その他の接続の場合、ルータは EXEC バナーを表示します。

バナーをカスタマイズするには、メッセージ テキスト内で $(トークン) の形式でトークンを使用します。トークンには、ルータのホスト名や IP アドレスなど、現在のコンフィギュレーション変数が表示されます。

トークンについては 表 76 で説明します。

表 76 banner motd のトークン

トークン
バナーに表示される情報

$(hostname)

ルータのホスト名を表示します。

$(domain)

ルータのドメイン名を表示します。

$(line)

VTY または TTY(非同期)の回線番号を表示します。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、トークンを含む MoTD バナーを設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# banner motd c
Enter TEXT message. End with the character 'c'.
Notice: all routers in $(domain) will be upgraded beginning April 20
c

 
関連コマンド

コマンド
説明

banner exec

EXEC プロセスが開始されるたびに表示されるカスタマイズされたバナーを定義してイネーブルにします。

banner incoming

ネットワーク上のホストから端末回線への着信接続時に表示されるカスタマイズされたメッセージを定義してイネーブルにします。

banner login

ユーザ名とパスワードのログイン プロンプトの前に表示されるカスタマイズされたバナーを定義してイネーブルにします。

banner prompt-timeout

ログイン タイムアウトのときに表示されるカスタマイズされたバナーを定義します。

banner prompt-timeout

ログイン認証タイムアウトが発生したときに表示されるバナーを作成するには、グローバル コンフィギュレーション モードで banner prompt-timeout コマンドを使用します。プロンプト タイムアウト バナーを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

banner prompt-timeout delimiter message delimiter

no banner prompt-timeou t

 
シンタックスの説明

delimiter

デリミタは「c」です。

message

メッセージ テキスト。メッセージ テキストには $( トークン ) の形式でトークンを含めることができます。トークンは、対応するコンフィギュレーション変数に置き換えられます。

 
デフォルト

ログイン認証タイムアウトが発生してもバナーは表示されません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

このコマンドのあとに 1 つまたは複数の空白スペースとデリミタ(c)を入力します。続いて 1 行または複数行のテキストを入力し、メッセージの終わりにデリミタ(c)を再び入力します。

ユーザ名とパスワードのプロンプトでログイン認証タイムアウトが発生すると、このプロンプト タイムアウト バナーが表示されます。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、プロンプト タイムアウト バナーを設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# banner prompt-timeout c
Enter TEXT message. End with the character 'c'.
THIS IS A PROMPT TIMEOUT BANNER
c

 
関連コマンド

コマンド
説明

banner exec

EXEC プロセスが開始されるたびに表示されるカスタマイズされたバナーを定義してイネーブルにします。

banner incoming

ネットワーク上のホストから端末回線への着信接続時に表示されるカスタマイズされたメッセージを定義してイネーブルにします。

banner login

ユーザ名とパスワードのログイン プロンプトの前に表示されるカスタマイズされたバナーを定義してイネーブルにします。

banner motd

カスタマイズされた MoTD バナーを定義します。

SLIP/PPP に対して表示されるバナーを作成するには、グローバル コンフィギュレーション モードで banner slip-ppp コマンドを使用します。SLIP/PPP バナーを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

banner slip-ppp delimiter message delimiter

no banner slip-ppp

 
シンタックスの説明

delimiter

デリミタは「c」です。

message

メッセージ テキスト。メッセージ テキストには $( トークン ) の形式でトークンを含めることができます。トークンは、対応するコンフィギュレーション変数に置き換えられます。

 
デフォルト

バナーは表示されません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

banner slip-ppp コマンドのあとに 1 つまたは複数の空白スペースとデリミタ(c)を入力します。続いて 1 行または複数行のテキストを入力し、メッセージの終わりにデリミタ(c)を再び入力します。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、プロンプト タイムアウト バナーを設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# banner slip-ppp c
Enter TEXT message. End with the character 'c'.
THIS IS A SLIP PPP BANNER
c

 
関連コマンド

コマンド
説明

banner exec

EXEC プロセスが開始されるたびに表示されるカスタマイズされたバナーを定義してイネーブルにします。

banner incoming

ネットワーク上のホストから端末回線への着信接続時に表示されるカスタマイズされたメッセージを定義してイネーブルにします。

banner login

ユーザ名とパスワードのログイン プロンプトの前に表示されるカスタマイズされたバナーを定義してイネーブルにします。

banner motd

カスタマイズされた MoTD バナーを定義します。

clear line

AUX 回線またはコンソール回線をクリアしてアイドル状態にするには、EXEC モードで clear line location コマンドを使用します。

clear line { aux | console } location node-id

 
シンタックスの説明

node-id

ノード ID。 rack / slot / module の形式で入力します。場所は、クリアする AUX 回線またはコンソール回線が存在する Route Processor(RP; ルート プロセッサ)を示します。

aux

AUX 回線をクリアします。

console

コンソール回線をクリアします。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

実行

次に、コンソール回線をクリアしてアイドル状態にする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear line console location 0/RSP1/CPU0

 
関連コマンド

コマンド
説明

show users

ネットワーキング デバイスのアクティブ回線に関する情報を表示します。

clear line vty

仮想端末回線(VTY)をクリアしてアイドル状態にするには、EXEC モードで clear line vty コマンドを使用します。

clear line vty line-number

 
シンタックスの説明

line-number

0 ~ 99 の範囲の回線番号。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

接続元を特定してクリアする回線を判別するには、 show users コマンドを使用します。回線がクリアされてアイドル状態になると、接続の反対側のユーザは、外部ホストによって接続が閉じられたことの通知を受け取ります。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

実行

次に、VTY 3 をアイドル状態にリセットする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear line vty 3

 
関連コマンド

コマンド
説明

show users

ネットワーキング デバイスのアクティブ回線に関する情報を表示します。

cli interactive syntax check

対話形式の構文チェックをイネーブルにするには、該当するライン コンフィギュレーション モードで cli interactive syntax check コマンドを使用します。対話形式の構文チェックをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

cli interactive syntax check

no cli interactive syntax check

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

対話形式の構文チェックはディセーブルになっています。

 
コマンド モード

ライン コンソール コンフィギュレーション
ライン デフォルト コンフィギュレーション
ライン テンプレート コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

入力しながらコマンドの構文をチェックするには、 cli interactive syntax check コマンドを使用します。正しくない構文は入力できません。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、対話形式の構文チェックをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# line console
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)# cli interactive syntax check
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

cli whitespace completion

Space キーを押すことによるコマンドの完成をイネーブルにします。

cli whitespace completion

Space キーを押すとコマンドが完成されるようにするには、該当するライン コンフィギュレーション モードで cli whitespace completion コマンドを使用します。Space キーを押すことによるコマンド完成をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

cli whitespace completion

no cli whitespace completion

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

Space キーを押すことによるコマンド完成はディセーブルになっています。

 
コマンド モード

ライン コンソール コンフィギュレーション
ライン デフォルト コンフィギュレーション
ライン テンプレート コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

単語を完全に入力する前に Space キーを押すとコマンド構文の次の単語が完成されるようにするには、 cli whitespace completion コマンドを使用します。複数のオプションが有効な場合は、すべてのオプションが表示されて、そこから 1 つを選択できます。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、Space キーを押すことによるコマンド完成をイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# line console
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)# cli whitespace completion
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

cli interactive syntax check

対話形式の構文チェックをイネーブルにします。

databits

物理端末接続用に文字ごとにデータ ビットを設定するには、ライン コンソール コンフィギュレーション モードで databits コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

databits { 5 | 6 | 7 | 8 }

no databits

 
シンタックスの説明

5

文字ごとのデータ ビットを 5 に設定します。

6

文字ごとのデータ ビットを 6 に設定します。

7

文字ごとのデータ ビットを 7 に設定します。

8

文字ごとのデータ ビットを 8 に設定します。

 
デフォルト

文字ごとに 8 データビットです。

 
コマンド モード

ライン コンソール コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

物理端末接続のデータ ビット属性を設定するには、 databits コマンドを使用します。物理端末接続は、コンソール ライン テンプレートまたは AUX ライン テンプレートを使用します。

databits コマンドは、パリティ付きの 7 データ ビットを生成するデバイスからの入力の上位ビットをマスクします。パリティが生成されている場合は、文字ごとに 7 データ ビットを指定します。パリティ生成が有効になっていない場合は、文字ごとに 8 データ ビットを指定します。キーワード 5 および 6 は、古いデバイスとの互換性のために用意されており、通常は使用しません。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、コンソール端末テンプレートの文字ごとのデータ ビットを 7 に設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# line console
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)# databits 7

 
関連コマンド

コマンド
説明

show users

ネットワーキング デバイスのアクティブ回線に関する情報を表示します。

stopbits

ストップ ビットの数を設定します。

disconnect

ネットワーク接続を切断するには、EXEC モードで disconnect コマンドを使用します。

disconnect [ connection-number | network-name ]

 
シンタックスの説明

connection-number

(任意)切断するアクティブなネットワーク接続の回線の番号。範囲は 1 ~ 20 です。

network-name

(任意)切断するアクティブなネットワーク接続の名前。

EXEC

 
デフォルト

引数を指定しないと、既存のネットワーク接続が切断されます。

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

セッションを終了するために回線を切断しないでください。代わりに、セッションを終了する前にホストをログオフし、接続をクリアします。アクティブなセッションをログアウトできない場合は、回線を切断します。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、デバイス(この例では User1)から切断してルータに戻る例を示します。

User1% disconnect
Connection closed by remote host
 
RP/0/RSP0/CPU0:router#

disconnect-character

セッションを切断するための文字を定義するには、ライン テンプレート コンフィギュレーション モードで disconnect-character コマンドを使用します。コンフィギュレーション ファイルから disconnect-character コマンドを削除してシステムをデフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

disconnect-character [ number | character ]

no disconnect-character

 
シンタックスの説明

number

(任意)切断文字に相当する ASCII の 10 進数値です。範囲は 0 ~ 255 です。

character

(任意)切断文字。

 
デフォルト

切断文字は定義されていません。

 
コマンド モード

ライン テンプレート コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

区切り文字は 0 で表します。ヌルを表すことはできません。ASCII 文字のリストについては、付録の「ASCII Character Set and Hex Values」を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、デフォルト ライン テンプレートの切断文字を Esc 文字に設定する例を示します。Esc に相当する ASCII の 10 進値は 27 です。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# line default
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)# disconnect-character 27

 
関連コマンド

コマンド
説明

escape-character

エスケープ文字を定義します。

escape-character

セッションをエスケープするための文字を定義するには、ライン テンプレート コンフィギュレーション モードで escape-character コマンドを使用します。コンフィギュレーション ファイルから escape-character コマンドを削除してシステムをデフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

escape-character { break | number | character | default | none }

no escape-character

 
シンタックスの説明

break

エスケープ文字を Break キーに設定します。

number

エスケープ文字に相当する ASCII の 10 進値。範囲は 0 ~ 255 です。

character

エスケープ文字。

default

デフォルトのエスケープ文字(^^X)を指定します。

none

エスケープ機能をディセーブルにします。

 
デフォルト

デフォルトのエスケープ文字は ^^X です。

 
コマンド モード

ライン テンプレート コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

デフォルトとは異なるエスケープ文字シーケンスを定義するには、 escape-character コマンドを使用します。既存の接続を終了して EXEC プロンプトに戻るには、エスケープ文字を使用します。ASCII 文字のリストについては、付録の「ASCII Character Set and Hexidecimal Values」を参照してください。

デフォルトのエスケープ キー シーケンスは Ctrl+Shift+6、X(^^X)です。 escape-character default コマンドは、エスケープ文字を Break キー(Break キーのデフォルトの設定は Ctrl+C)に設定します。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、デフォルト ライン テンプレートのエスケープ文字を Ctrl+P に設定する例を示します。これに相当する ASCII の 10 進値は 16 です。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# line default
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)# escape-character 16

 
関連コマンド

コマンド
説明

disconnect-character

切断文字を定義します。

exec-timeout

EXEC コマンド インタープリタがユーザ入力を検出するまで待つ時間を設定するには、該当するライン コンフィギュレーション モードで exec-timeout コマンドを使用します。実行コンフィギュレーションから exec-timeout コマンドを削除してシステムをデフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

exec-timeout minutes seconds

no exec-timeout minutes seconds

 
シンタックスの説明

minutes

分単位で表した待機時間です。範囲は 0 ~ 35791 です。

seconds

秒単位で表した待機時間です。範囲は 0 ~ 2147483 です。

 
デフォルト

minutes :10
seconds :0

 
コマンド モード

ライン コンソール コンフィギュレーション
ライン デフォルト コンフィギュレーション
ライン テンプレート コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

指定した時間内に入力が検出されない場合、EXEC ファシリティは現在の接続を再開します。接続が存在しない場合、EXEC ファシリティは端末をアイドル状態に戻し、着信セッションを切断します。EXEC タイムアウト機能をディセーブルにして EXEC セッションがタイムアウトしないようにするには、 exec-timeout 0 0 コマンドを入力します。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、コンソール ライン テンプレートのタイムアウト時間を 60 分、0 秒に設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# line console
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)# exec-timeout 60 0

 
関連コマンド

コマンド
説明

absolute-timeout

回線切断の絶対的なタイムアウトを設定します。

session-timeout

仮想端末接続でのユーザ入力のアイドル待機タイムアウト時間を設定します。

flowcontrol hardware

物理端末接続のハードウェア フロー制御を設定するには、ライン コンソール コンフィギュレーション モードで flowcontrol hardware コマンドを使用します。コンフィギュレーション ファイルから属性を削除してシステムをデフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

flowcontrol hardware { in | out | none }

no flowcontrol hardware { in | out | none }

 
シンタックスの説明

in

着信フロー制御を指定します。

out

発信フロー制御を指定します。

none

フロー制御なしを指定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

ライン コンソール コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

物理回線接続のフロー制御属性を設定するには、 flowcontrol hardware コマンドを使用します。物理回線接続は、コンソール ライン テンプレートまたは AUX ライン テンプレートを使用します。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、ハードウェア フロー制御をコンソール ライン テンプレートの着信に制限する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# line console
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)# flowcontrol hardware in
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show users

ネットワーキング デバイスのアクティブ回線に関する情報を表示します。

length

画面に一度に表示する行数を設定するには、ライン テンプレート コンフィギュレーション モードで length コマンドを使用します。コンフィギュレーション ファイルから length コマンドを削除してシステムをデフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

length lines

no length lines

 
シンタックスの説明

lines

画面に表示する行数。範囲は 0 ~ 512 です。0 は休止なしを指定します。デフォルトは 24 行です。

 
デフォルト

lines :24 行

 
コマンド モード

ライン テンプレート コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

指定したライン テンプレートのデフォルトの長さの設定を変更するには、length コマンドを使用します。length の設定により、複数画面出力の表示の間に画面が休止するタイミングが決まります。lines 引数に値 0 を指定すると、ルータは出力の画面間で休止しません。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、デフォルト ライン テンプレートの長さを 33 行に設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# line default
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)# length 33

 
関連コマンド

コマンド
説明

terminal length

現在の端末セッションの表示端末の長さを設定します。

line

コンソール、デフォルト、またはユーザ定義のライン テンプレートを指定して、テンプレート コンフィギュレーション モードを開始するには、グローバル コンフィギュレーション モードで line コマンドを使用します。

line { console | default | template template-name }

 
シンタックスの説明

console

コンソール回線のライン テンプレートを指定します。

default

デフォルト ライン テンプレートを指定します。

template template-name

VTY プールに適用するユーザ定義のライン テンプレートを指定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

ライン テンプレートの種類を指定してライン テンプレート コンフィギュレーション モードを開始するには、 line コマンドを使用します。ライン テンプレートは、物理端末回線接続(コンソール ポートおよび AUX ポート)および VTY 接続を設定して管理するために使用する属性のコレクションです。Cisco IOS XR ソフトウェアでは次のテンプレートを使用できます。

デフォルト ライン テンプレート:物理および仮想端末回線に適用されます。

コンソール ライン テンプレート:コンソール回線に適用されます。

ユーザ定義ライン テンプレート:仮想端末回線の範囲に適用できます。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、ライン テンプレート コンフィギュレーション モードを開始してデフォルト ライン テンプレートの設定を変更できるようにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# line default
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

vty-pool

VTY プールを作成または変更します。

parity

物理端末接続にパリティ ビットを設定するには、ライン コンソール コンフィギュレーション モードで parity コマンドを使用します。パリティなしを指定するには、このコマンドの no 形式を使用します。

parity { even | none | odd }

no parity { even | none | odd }

 
シンタックスの説明

even

偶数パリティを指定します。

none

パリティなしを指定します。

odd

奇数パリティを指定します。

 
デフォルト

パリティなしに設定されます。

 
コマンド モード

ライン コンソール コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

端末やモデムなどのデバイスによって提供される通信プロトコルでは、多くの場合、特定のパリティ ビットの設定が必要です。

物理端末接続のパリティ属性を設定するには、 parity コマンドを使用します。物理端末接続は、コンソール ライン テンプレートまたは AUX ライン テンプレートを使用します。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、コンソール ライン テンプレートの回線パリティを偶数に設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# line console
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)# parity even

 
関連コマンド

コマンド
説明

show users

ネットワーキング デバイスのアクティブ回線に関する情報を表示します。

resume

別のアクティブな Secure Shell(SSH; セキュア シェル)または Telnet セッションに切り替えるには、EXEC モードで resume コマンドを使用します。

resume [ connection ]

 
シンタックスの説明

connection

(任意)アクティブなネットワーク接続の名前または番号。デフォルトは最後の接続です。番号の範囲は、1 ~ 20 です。

 
デフォルト

最後の接続。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

別のルータまたはサーバに対して、SSH および Telnet セッションを確立できます。

ネットワーク セッションが確立されていて切断されていないときは、示されているような特殊な文字シーケンスを入力することで、ルータ コンソール セッションを再開できます。ルータ コンソールに戻った後、接続の番号または名前を指定することで、ネットワーク接続を再開できます。

複数の同時セッションを開き、その間を切り替えることができます。開くことのできるセッションの数は、 session-limit コマンドを使用して定義します。

次に示すように、あるセッションをエスケープし、前に開いたセッションを再開することで、セッションを切り替えることができます。


ステップ 1 エスケープ シーケンス(Ctrl+Shift+6、x [^^X])を入力することで現在のセッションからエスケープし、EXEC プロンプトに戻ります。

ステップ 2 開いているセッションを一覧表示するには、 show sessions コマンドを使用します。現在の端末回線に関連付けられているすべての開いているセッションが表示されます。

ステップ 3 接続するには、 resume コマンドとセッション番号を入力します。

また、 Return キーを押すことで前のセッションを再開することもできます。

^^X および resume コマンドは、サポートされるすべての接続プロトコルで使用できます。


 

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、ある接続からエスケープして別の接続を再開する例を示します。接続名を省略し、接続番号を入力するだけでその接続を再開できます。

host1% ^^X
RP/0/RSP0/CPU0:router# resume 1
blg_router#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

session-limit

現在の端末からの発信端末セッションの最大数を設定します。

show sessions

SSH および Telnet 接続に関する情報を表示します。

telnet

Telnet をサポートするホストにログインします。

send

1 つまたはすべての端末回線にメッセージを送信するには、EXEC モードで send コマンドを使用します。

send { * | line-number | aux 0 | console 0 | vty number }

 
シンタックスの説明

*

すべての TTY 回線にメッセージを送信します。

line-number

メッセージを送信する回線番号。番号は 0 ~ 101 です。

aux 0

AUX 回線にメッセージを送信します。

console 0

コンソール回線にメッセージを送信します。

vty number

仮想端末回線(VTY)にメッセージを送信します。範囲は 0 ~ 99 です。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

メッセージの入力を求めるプロンプトが表示されます。長さは半角で最大 500 文字です。メッセージを終了するには Ctrl+Z を入力します。このコマンドを中断するには Ctrl+C を入力します。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、すべての回線にメッセージを送信する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# send *
 
Enter message, end with CTRL/Z; abort with CTRL/C:
The system will be shut down in 10 minutes for repairs.^Z
Send message? [confirm]
RP/0/RSP0/CPU0:router#
 
***
***
*** Message from tty to all terminals:
***
The system will be shut down in 10 minutes for repairs.

session-limit

現在の端末からの発信端末セッションの最大数を設定するには、該当するライン コンフィギュレーション モードで session-limit コマンドを使用します。指定したセッション制限を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

session-limit connections

no session-limit

 
シンタックスの説明

connections

発信接続の最大数。範囲は 0 ~ 20 です。

 
デフォルト

connections :6

 
コマンド モード

ライン コンソール コンフィギュレーション
ライン デフォルト コンフィギュレーション
ライン テンプレート コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、デフォルト ライン テンプレートのアクティブな発信接続の数を 8 に制限する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# line default
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)# session-limit 8

session-timeout

現在の端末からのすべての発信接続のタイムアウト時間を設定するには、該当するライン コンフィギュレーション モードで session-timeout コマンドを使用します。コンフィギュレーション ファイルから session-timeout コマンドを削除してシステムをデフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

session-timeout minutes [ output ]

no session-timeout minutes

 
シンタックスの説明

minutes

分単位のタイムアウト時間。範囲は 0 ~ 35791 です。デフォルト値は 10 分です。

output

(任意)ルータから非同期回線にトラフィックを送信するとき(指定した時間内で)接続を保持することを指定します。

 
デフォルト

minutes :10 分

 
コマンド モード

ライン コンソール コンフィギュレーション
ライン デフォルト コンフィギュレーション
ライン テンプレート コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Cisco IOS XR ソフトウェアがリモート デバイスへの接続を閉じて端末をアイドル状態に戻す前にトラフィックを待機する時間を設定するには、 session-timeout コマンドを使用します。 output キーワードを指定しない場合、セッション タイムアウトの時間は検出されたユーザからの入力だけに基づきます。 output キーワードを指定すると、時間は入力および出力トラフィックに基づきます。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、デフォルト ライン テンプレートのセッション タイムアウト値を 120 分(2 時間)に設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# line default
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)# session-timeout 120
 

show line

端末回線のパラメータを表示するには、EXEC モードで show line コマンドを使用します。

show line [ aux location node-id | console location node-id | vty number ]

 
シンタックスの説明

location node-id

(任意)AUX ポートまたはコンソール ポートが存在するルート プロセッサ(RP)の場所を指定します。 node-id 引数は、 rack / slot / module の形式で入力します。

aux

AUX 回線の端末回線パラメータを表示します。

console

コンソール回線の端末回線パラメータを表示します。

vty number

(任意)仮想端末回線(VTY)番号を指定します。範囲は 0 ~ 99 です。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り

次に、 show line コマンドからの出力例を示します。アスタリスク(*)は現在の端末セッションを示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show line
 
Tty Speed Modem Uses Noise Overruns Acc I/O
aux0_0_0 9600 - - - 0/0 -/-
* con0_0_0 9600 - - - 0/0 -/-
vty0 0/0 - - - 0/0 -/-
vty1 0/0 - - - 0/0 -/-
vty2 0/0 - - - 0/0 -/-
vty3 0/0 - - - 0/0 -/-
vty4 0/0 - - - 0/0 -/-
vty100 0/0 - - - 0/0 -/-
vty101 0/0 - - - 0/0 -/-
vty102 0/0 - - - 0/0 -/-
vty103 0/0 - - - 0/0 -/-
vty104 0/0 - - - 0/0 -/-
vty105 0/0 - - - 0/0 -/-
 

表 77 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 77 show line のフィールドの説明

フィールド
説明

Tty

使用可能な TTY および VTY。

Speed

着信シリアル接続が使用しているボー レート(単位は bps)。

Modem

Cisco IOS XR ソフトウェアでは実装されていません。

Uses

Cisco IOS XR ソフトウェアでは実装されていません。

Noise

Cisco IOS XR ソフトウェアでは実装されていません。

Overruns

ハードウェア Universal Asynchronous Receiver/Transmitter(UART; 汎用非同期送受信器)オーバーランまたはソフトウェア バッファ オーバーフロー。いずれも、システムが再起動されてから指定した回線で発生したオーバーランまたはオーバーフローの回数と定義されます。ハードウェア オーバーランはバッファ オーバーランであり、UART チップの処理速度より速くソフトウェアからビットを受信した場合です。ソフトウェア オーバーフローは、ソフトウェアの処理速度より速くハードウェアからビットを受信すると発生します。

Acc I/O

Cisco IOS XR ソフトウェアでは実装されていません。

次に、コンソール回線を指定した場合の show line コマンドからの出力例を示します。

 
RP/0/RSP0/CPU0:router# show line console location 0/RSP0/cpu0
 
Tty Speed Overruns Acc I/O
con0/RSP0/CPU0 9600 0/0 -/-
 
Line con0_RSP0_CPU0, Location "0/RSP0/CPU0", Type "Console"
Length: 24 lines, Width: 80 columns
Baud rate (TX/RX) is 9600, 1 parity, 2 stopbits, 8 databits
Template: console
Capabilities: Timestamp Disabled
Allowed transports are none.
 

表 78 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 78 show line location のフィールドの説明

フィールド
説明

Tty

TTY の固有 ID。TTY のタイプが含まれ、物理 TTY の場合は TTY の物理的な場所を示します。

Speed

着信シリアル接続が使用しているボー レート(単位は bps)。

Modem

Cisco IOS XR ソフトウェアでは実装されていません。

Uses

Cisco IOS XR ソフトウェアでは実装されていません。

Noise

Cisco IOS XR ソフトウェアでは実装されていません。

Overruns

ハードウェア UART オーバーランまたはソフトウェア バッファ オーバーフロー。いずれも、システムが再起動されてから指定した回線で発生したオーバーランまたはオーバーフローの回数と定義されます。ハードウェア オーバーランはバッファ オーバーランであり、UART チップの処理速度より速くソフトウェアからビットを受信した場合です。ソフトウェア オーバーフローは、ソフトウェアの処理速度より速くハードウェアからビットを受信すると発生します。

Acc I/O

Cisco IOS XR ソフトウェアでは実装されていません。

Line

TTY の固有 ID。このフィールドには、TTY のタイプと物理 TTY の物理的な場所が表示されます。

Location

Cisco IOS XR ソフトウェアでは実装されていません。

Type

Cisco IOS XR ソフトウェアでは実装されていません。

Length

端末または画面表示の長さ。単位は行数。

Width

端末または画面表示の幅。単位は列数。

Baud rate (TX/RX)

回線の送信レート/受信レート。単位は bps。

parity

物理端末接続に使用されるパリティ ビットの値。

stopbits

物理端末接続に使用されるストップ ビットの値。

databits

物理端末接続に使用されるデータ ビットの値。

Template

特定の接続の基になっているライン テンプレート。

Config

TTY に適用されている設定。このフィールドには、この TTY からルータへのアクセスに使用できる許可された着信トランスポートが示されます。

Allowed transports are

この TTY がルータにアクセスするために使用できる着信トランスポート プロトコル。

show sessions

端末セッションから起動された一時停止中のセキュア シェル(SSH)および Telnet 接続に関する情報を表示するには、EXEC モードで show sessions コマンドを使用します。

show sessions

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

ホスト名、ホストにアクセスするためにルータが使用しているリモート接続サービス、アイドル時間、接続名を表示するには、 show sessions コマンドを使用します。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り

次に、 show sessions コマンドからの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show sessions
 
Conn Host Address Service Idle Conn Name
* 1 10.26.25.40 10.26.25.40 telnet 15 10.26.25.40
 

アスタリスク(*)は現在の端末セッションを示します。

表 79 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 79 show sessions のフィールドの説明

フィールド
説明

Conn

一時停止中のセッションの再開および切断に使用する接続の ID。アスタリスク(*)は現在の端末セッションを示します。

Host

ルータが接続されているリモート ホスト。このフィールドには、リモート ホストの IP アドレスまたはホスト名が表示されます。リモート ホストの IP アドレスがホスト名にマッピングされていて(つまり、Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)がイネーブルになっている)、セッションがホスト名で開始されている場合、このフィールドの出力には、ホストの IP アドレスではなくホスト名が表示されます。

Address

リモート ホストの IP アドレス。

Service

使用されているリモート接続サービス。

Idle

その回線でデータが最後に送信されてからの時間(秒単位)。

Conn Name

Cisco IOS XR ソフトウェアの [Host] フィールドと同等です。

 
関連コマンド

コマンド
説明

disconnect

ネットワーク接続を切断します。

resume

別のアクティブな Telnet セッションに切り替えます。

show terminal

現在の端末回線の端末コンフィギュレーションの属性設定についての情報を取得するには、EXEC モードで show terminal コマンドを使用します。

show terminal

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り

次に、 show terminal コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show terminal
 
Line con0_0_0, Location "Unknown", Type "Unknown"
Length: 0 lines, Width: 0 columns
Baud rate (TX/RX) is 9600/9600, 1 parity, 2 stopbits, 8 databits
Template: console
Config:
Allowed transports are none.
 

表 80 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 80 show terminal のフィールドの説明

フィールド
説明

Line

現在使用されている回線。

Location

Cisco IOS XR ソフトウェアでは実装されていません。

Type

Cisco IOS XR ソフトウェアでは実装されていません。

Length

端末または画面表示の長さ。単位は行数。

Width

端末または画面表示の幅。単位は列数。

Baud rate (TX/RX)

回線の送信または受信レート。単位は bps。

parity

物理端末接続に使用されるパリティ ビットの値。

stopbits

物理端末接続に使用されるストップ ビットの値。

databits

物理端末接続に使用されるデータ ビットの値。

Template

特定の接続の基になっているライン テンプレート。

Config

TTY に適用されている設定。このフィールドには、この TTY からルータへのアクセスに使用できる許可された着信トランスポートが示されます。

Allowed transports are

この TTY がルータにアクセスするために使用できる着信トランスポート プロトコル。

show users

ルータのアクティブな回線についての情報を表示するには、EXEC モードで show users コマンドを使用します。

show users

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

回線番号、接続名、アイドル時間、ホスト、端末の場所を表示するには、 show users コマンドを使用します。アスタリスク(*)は現在の端末セッションを示します。


) すべてのユーザ グループおよび現在ログインしているユーザに関連付けられているタスク ID を表示するには、EXEC モードで show user コマンドを使用します。『Authentication, Authorization, and Accounting Commands on Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ』を参照してください。


タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り

次に、アクティブな VTY 端末セッションの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show users
 
Line User Service Conns Idle Location
con0_RSP0_CPU0 cisco hardware 0 18:33:48
vty0 cisco telnet 0 00:30:36 10.33.54.132
* vty1 cisco telnet 0 00:00:00 10.33.54.132
 

表 81 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 81 show users のフィールドの説明

フィールド
説明

Line

現在のすべての接続。アスタリスク(*)はアクティブな接続を示します。

User

回線にログインしているユーザのユーザ名。

Service

使用されている物理またはリモート ログイン サービス。

Conns

発信接続の数。

Idle

最後のキーストロークからの時間(時間:分:秒)。

Location

リモート ログイン ホストの IP アドレス。ローカル(物理)端末接続の場合、このフィールドはブランクです。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show line

端末回線のパラメータを表示します。

show user

すべてのユーザ グループおよび現在ログインしているユーザに関連付けられているタスク ID を表示します。

stopbits

物理端末接続用に使用するストップ ビットを設定するには、ライン コンソール コンフィギュレーション モードで stopbits コマンドを使用します。デフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

stopbits { 1 | 2 }

no stopbits

 
シンタックスの説明

1

1 ストップ ビットを指定します。

2

2 ストップ ビットを指定します。これは、デフォルト値です。

 
デフォルト

2 ストップ ビット。

 
コマンド モード

ライン コンソール コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

物理端末接続のデータ ビット属性を設定するには、 stopbits コマンドを使用します。物理端末接続は、コンソール端末テンプレートまたは AUX 端末テンプレートを使用します。

端末やモデムなどのデバイスによって提供される通信プロトコルでは、多くの場合、特定のストップ ビットの設定が必要です。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、コンソール ライン テンプレートのデフォルトを 2 ストップ ビットから 1 に変更する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# line console
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)# stopbits 1

 
関連コマンド

コマンド
説明

databits

データ ビットの数を設定します。

terminal exec

現在の端末セッションの属性を指定するには、EXEC モードで terminal exec コマンドを使用します。

terminal exec prompt { no-timestamp | timestamp }

 
シンタックスの説明

prompt

プロンプト属性を指定します。

no-timestamp

各コマンドの前のタイムスタンプ印刷をディセーブルにします。

timestamp

各コマンドの前のタイムスタンプ印刷をイネーブルにします。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

各コマンドが入力された後でタイムスタンプを表示するには、 terminal exec prompt timestamp コマンドを使用します。タイムスタンプの表示をディセーブルにするには、 terminal exec prompt no-timestamp コマンドを使用します。


terminal コマンドは、現在の端末セッションに限りアクティブです。すべてのセッションに設定を適用するには、line コマンドを使用します。


タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り

次に、タイムスタンプ プロンプトをイネーブルにする例を示します。イネーブルにすると、各コマンドの後で日時が表示されます。この例では、 show version コマンドを入力し、日時が表示されています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# terminal exec prompt timestamp
 
RP/0/RSP0/CPU0:router# show version
 
Mon Dec 08 14:31:31.200 PST
 
Cisco IOS XR Software, Version 3.3.0[00]
Copyright (c) 2008 by cisco Systems, Inc.
 
ROM: System Bootstrap, Version 1.38(20060207:032757) [asr9k ROMMON],
 
router uptime is 1 hour, 18 minutes
System image file is "disk0:asr9k-os-mbi-3.7.2/mbiasr9k-rp.vm"
 
cisco asr9k/S (7457) processor with 4194304K bytes of memory.
7457 processor at 1197Mhz, Revision 1.2
 
16 Packet over SONET/SDH network interface(s)
16 SONET/SDH Port controller(s)
2 Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
16 GigabitEthernet/IEEE 802.3 interface(s)
2043k bytes of non-volatile configuration memory.
38079M bytes of hard disk.
1000592k bytes of ATA PCMCIA card at disk 0 (Sector size 512 bytes).
1000640k bytes of ATA PCMCIA card at disk 1 (Sector size 512 bytes).
 
Package active on node 0/1/SP:
asr9k-diags, V 3.7.2[00], Cisco Systems, at disk0:asr9k-diags-3.3.0

次に、タイムスタンプ プロンプトをディセーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# terminal exec prompt no-timestamp
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show terminal

現在の端末回線の端末コンフィギュレーションの設定を表示します。

terminal length

現在の端末セッションの画面で一度に表示する行数を設定するには、EXEC モードで terminal length コマンドを使用します。

terminal length lines

 
シンタックスの説明

lines

画面に表示する行数。範囲は 0 ~ 512 です。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

現在の端末セッションについてだけ端末の長さの値を設定し、それを実行コンフィギュレーションに保存しない場合は、 terminal length コマンドを使用します。端末セッションを終了すると、端末の長さの値は length コマンドで設定されている値に戻ります。

lines 引数に値 0 を指定すると、ルータは出力の画面間で休止しません。


terminal コマンドは、現在の端末セッションに限りアクティブです。すべてのセッションに設定を適用するには、line コマンドを使用します。


タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、現在の端末セッションの長さを 120 行に設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# terminal length 120
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

length

表示端末の長さを設定します。

terminal monitor

現在の端末およびセッションの debug コマンドの出力およびシステム エラー メッセージを表示するには、EXEC モードで terminal monitor コマンドを使用します。

terminal monitor [ disable ]

 
シンタックスの説明

disable

(任意)端末モニタをディセーブルにします。debug コマンドの出力およびシステム エラー メッセージは表示されません。

 
デフォルト

デフォルトでは端末モニタはディセーブルです。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID
動作

logging

実行

次の例では、現在の端末セッションの間 debug コマンドの出力とエラー メッセージを表示するようにシステムを設定しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# terminal monitor

 
関連コマンド

コマンド
説明

length

表示端末の長さを設定します。

terminal width

現在の端末セッションの表示端末の幅を設定するには、EXEC モードで terminal width コマンドを使用します。

terminal width characters

 
シンタックスの説明

characters

画面に表示する文字数。範囲は 0 ~ 512 です。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

現在の端末セッションについてだけ端末の幅の値を設定し、それを実行コンフィギュレーションに保存しない場合は、 terminal width コマンドを使用します。端末セッションを終了すると、端末の幅の値は width (display) コマンドで設定されている値に戻ります。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、現在の端末セッションの端末の幅を 120 文字に設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# terminal width 120
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

width (display)

表示端末の幅を設定します。

transport input

ルータへのアクセスに使用できるトランスポート プロトコルを定義するには、該当するライン コンフィギュレーション モードで transport input コマンドを使用します。プロトコルを変更または削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

transport input { all | none | ssh | telnet }

no transport input { all | none | ssh | telnet }

 
シンタックスの説明

all

セキュア シェル(SSH)および Telnet プロトコルを指定します。

none

ルータが着信の SSH および Telnet トランスポート プロトコル接続を拒否することを指定します。

ssh

SSH トランスポート プロトコルを指定します。

telnet

Telnet トランスポート プロトコルを指定します。

 
デフォルト

回線ではすべてのプロトコルが許可されます。

 
コマンド モード

ライン コンソール コンフィギュレーション
ライン デフォルト コンフィギュレーション
ライン テンプレート コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

受け付けられるには、非同期ポート(端末回線)に対する着信ネットワーク接続は、 transport input コマンドで指定されているトランスポート プロトコルを使用する必要があります。このコマンドは、受け付けるトランスポート プロトコルを制限し、異なるタイプのユーザによって使用されるプロトコルを含めたり除外したりする場合、または回線を安全な接続(SSH 接続)に制限したりする場合に便利です。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、デフォルト ライン テンプレートのトランスポート入力設定を SSH 接続に設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# line default
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)# transport input ssh
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

transport output

回線からの発信接続に使用できるプロトコルを決定します。

transport preferred

接続を開始するときにユーザがトランスポート プロトコルを指定しない場合に Cisco IOS XR ソフトウェアが使用するプロトコルを指定します。

transport output

回線からの発信接続に使用できるトランスポート プロトコルを指定するには、該当するライン コンフィギュレーション モードで transport output コマンドを使用します。プロトコルを変更または削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

transport output { all | none | ssh | telnet }

no transport output { all | none | ssh | telnet }

 
シンタックスの説明

all

セキュア シェル(SSH)および Telnet トランスポート プロトコルを指定します。

none

ルータが発信の SSH および Telnet トランスポート プロトコル接続を拒否することを指定します。

ssh

SSH トランスポート プロトコルを指定します。

telnet

Telnet トランスポート プロトコルを指定します。

 
デフォルト

回線ではすべてのプロトコルが許可されます。

 
コマンド モード

ライン コンソール コンフィギュレーション
ライン デフォルト コンフィギュレーション
ライン テンプレート コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

transport output コマンドで行うすべての設定は、 transport preferred コマンドでの設定を上書きします。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、すべての発信トランスポート プロトコル接続を禁止するようにデフォルト ライン テンプレートを設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# line default
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)# transport output none
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

transport input

ルータの特定の回線に接続するために使用するプロトコルを定義します。

transport preferred

接続を開始するときにユーザがトランスポート プロトコルを指定しない場合に Cisco IOS XR ソフトウェアが使用するプロトコルを指定します。

transport preferred

ネットワーク接続を開始するために使用するデフォルトの発信トランスポート プロトコルを指定するには、該当するライン コンフィギュレーション モードで transport preferred コマンドを使用します。プロトコルを変更または削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

transport preferred { none | ssh | telnet }

no transport preferred { none | ssh | telnet }

 
シンタックスの説明

none

機能をディセーブルにします。

ssh

セキュア シェル(SSH)トランスポート プロトコルを指定します。

telnet

Telnet トランスポート プロトコルを指定します。

 
デフォルト

デフォルトの発信プロトコルとして設定されているトランスポート プロトコルはありません。

 
コマンド モード

ライン コンソール コンフィギュレーション
ライン デフォルト コンフィギュレーション
ライン テンプレート コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

発信接続を開始するときに使用するデフォルトのトランスポート プロトコルを提供するには、 transport preferred コマンドを使用します。 transport preferred コマンドで指定される推奨の発信トランスポート プロトコルでは、トランスポート プロトコルを明示的に指定しないで発信接続を開始できます。

Cisco IOS XR ソフトウェアは、認識できないコマンドはすべてホスト名であるものと想定し、接続を試みます。プロトコルが none に設定されている場合、システムは EXEC プロンプトで入力された認識できないコマンドを無視し、接続を試みません。

デフォルトの設定は transport preferred none コマンドであり、誤った接続の試行を防ぎます。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、デフォルト ライン テンプレートの推奨トランスポート設定を SSH に設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# line default
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)# transport preferred ssh
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

transport input

ルータの特定の回線に接続するために使用するプロトコルを定義します。

transport output

回線からの発信接続に使用できるプロトコルを決定します。

vty-pool

仮想端末回線(VTY)プールを作成または変更するには、グローバル コンフィギュレーション モードで vty-pool コマンドを使用します。VTY プールを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

vty-pool { default | fm | pool-name } first-vty last-vty [ line- template { default | template-name }]

no vty-pool { default | fm | pool-name } first-vty last-vty [ line- template { default | template-name }]

 
シンタックスの説明

default

デフォルトの VTY プールを指定します。

fm

障害マネージャの VTY プールを指定します。

pool-name

ユーザ定義の VTY プール。

first-vty

プール内の最初の VTY 回線。

デフォルトの VTY プールの場合、最初の VTY 回線には 0 を指定する必要があります。

ユーザ定義の VTY プールの場合は、5 ~ 99 の範囲です。

障害マネージャ VTY プールの場合は、最初の VTY 回線に 100 を指定する必要があります。

last-vty

プール内の最後の VTY 回線。

デフォルトの VTY プールは、少なくとも 5 つの VTY を含む必要があります。範囲は 4 ~ 99 です。

ユーザ定義の VTY プールの場合は、5 ~ 99 の範囲です。

障害マネージャの VTY プールは、少なくとも 6 つの VTY を含む必要があります。範囲は 105 ~ 199 です。

line-template

(任意)VTY プール内の仮想端末の設定で使用する端末テンプレートを指定します。

default

VTY プールがデフォルト テンプレートを参照する必要があることを指定します。

template-name

VTY プール内の VTY に適用するユーザ定義のテンプレート。

 
デフォルト

default vty-pool :デフォルト ライン テンプレートを参照する 5 つの VTY(VTY 0 ~ 4)。
fm vty pool :デフォルト ライン テンプレートを参照する 6 つの VTY(VTY 100 ~ 105)。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

VTY プールを作成または変更するときは、次の使用上のガイドラインに従ってください。

VTY プールを作成または変更する前に、グローバル コンフィギュレーション モードで telnet server コマンドを使用して、Telnet サーバをイネーブルにします。詳しくは、『 Cisco IOS XR IP Addresses and Services Configuration Guide 』および『 Cisco IOS XR IP Addresses and Services Command Reference 』を参照してください。

デフォルト VTY プールの VTY の範囲は、VTY 0 から開始し、5 つ以上の VTY を含む必要があります。

0 ~ 99 の範囲の VTY は、デフォルトの VTY プールを参照できます。

5 ~ 99 の範囲の VTY は、ユーザ定義の VTY プールを参照できます。

100 以上の範囲の VTY は、障害マネージャの VTY プール用に予約されています。

障害マネージャ VTY プールの VTY の範囲は、VTY 100 から開始し、6 つ以上の VTY を含む必要があります。

1 つの VTY がメンバになることができる VTY プールは 1 つだけです。別のプールにすでに含まれる VTY を含めると、VTY プールの設定は失敗します。

VTY プールを設定するときにアクティブな VTY プールからアクティブな VTY を削除しようとすると、その VTY プールの設定は失敗します。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、VTY 10 ~ 14 を含み、ユーザ定義のライン テンプレート test2 を参照する、ユーザ定義の VTY プール(test1)を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# vty-pool test1 10 14 line-template test2

 
関連コマンド

コマンド
説明

line

指定したライン テンプレートのライン テンプレート コンフィギュレーション モードを開始します。

width (display)

表示端末の幅を設定するには、該当するライン コンフィギュレーション モードで width コマンドを使用します。コンフィギュレーション ファイルから width コマンドを削除してシステムをデフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

width characters

no width characters

 
シンタックスの説明

characters

画面に表示する文字数。範囲は 0 ~ 512 です。

 
デフォルト

characters :80

 
コマンド モード

ライン コンソール コンフィギュレーション
ライン デフォルト コンフィギュレーション
ライン テンプレート コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

指定したライン テンプレートのデフォルトの幅の設定を変更するには、 width コマンドを使用します。

タスク ID

タスク ID
動作

tty-access

読み取り、書き込み

次に、デフォルト ライン テンプレートの端末の幅を 99 文字に設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# line default
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)# width 99

 
関連コマンド

コマンド
説明

terminal width

現在の端末セッションの表示端末の幅を設定します。