Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービ ス ルータ MPLS コマンド リファレンス
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ のポイント ツーポイント レイヤ 2(VPWS/LPVS)コマ ンド
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータのポイントツーポイント レイヤ 2(VPWS/LPVS)コマンド
発行日;2012/02/05 | 英語版ドキュメント(2009/08/17 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータのポイントツーポイント レイヤ 2(VPWS/LPVS)コマンド

authentication(L2TP)

backup(L2VPN)

backup disable(L2VPN)

clear l2tp counters control session

clear l2tp counters control tunnel

clear l2tp tunnel

clear l2vpn collaborators

clear l2vpn counters l2tp

clear l2vpn counters bridge mac-withdrawal

clear l2vpn forwarding counters

clear l2vpn forwarding mac-address-table

clear l2vpn forwarding message counters

clear l2vpn forwarding table

digest(L2TP)

hello-interval(L2TP)

hidden(L2TP)

hostname(L2TP)

interface(p2p)

l2tp-class

l2transport

l2transport cell-packing

l2transport l2protocol

l2transport propagate

l2transport service-policy

l2vpn

l2vpn switchover

logging(l2vpn)

mpls static label(L2VPN)

neighbor(L2VPN)

password(L2TP)

preferred-path

pw-class(L2VPN)

pw-class encapsulation l2tpv3

pw-class encapsulation mpls

p2p

receive-window(L2TP)

retransmit(L2TP)

rollover

sequencing(L2VPN)

show l2tp class

show l2tp counters forwarding session

show l2tp session

show l2tp tunnel

show l2vpn collaborators

show l2vpn forwarding

show l2vpn forwarding l2tp

show l2vpn pw-class

show l2vpn resource

show l2vpn xconnect

timeout setup(L2TP)

transport mode(L2VPN)

tunnel-template

xconnect group

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータのポイントツーポイント レイヤ 2(VPWS/LPVS)コマンド

この章では、Cisco ASR 9000 Series アグリゲーション サービス ルータでレイヤ 2 またはレイヤ 3 の Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)を設定、監視、およびトラブルシューティングするために使用するコマンドについて説明します。

MPLS 概念、設定タスク、および例の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router MPLS Configuration Guide』を参照してください。

authentication(L2TP)

指定した L2TP クラス名の L2TP 認証をイネーブルにするには、L2TP クラス コンフィギュレーション モードで authentication コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

authentication

no authentication

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

L2TP クラス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。


) 指定したクラス名の L2TP 認証を L2TP クラス コンフィギュレーション サブモードからイネーブルにすることもできます。このサブモードを開始するには、l2tp-class コマンドに続いてクラス名を入力します。


タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、指定した L2TP クラス名「cisco」の L2TP 認証を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2tp-class cisco
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2tp-class)# authentication
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

hello-interval(L2TP)

制御チャネル hello パケット間の期間を設定します。

hidden(L2TP)

非表示 AVP をイネーブルにします。

hostname(L2TP)

L2TP ホスト名 AVP で使用される名前を定義します。

l2tp-class

L2TP コントロール プレーン コンフィギュレーション設定を定義できる L2TP クラス コンフィギュレーション モードを開始します。

password(L2TP)

制御チャネル認証用のパスワードおよびパスワード暗号化タイプを定義します。

receive-window(L2TP)

L2TP サーバの受信ウィンドウ サイズを設定します。

retransmit(L2TP)

L2TP サーバの再送信の再試行およびタイムアウトの値を設定します。

show l2tp session

L2TP セッションに関する情報を表示します。

show l2tp tunnel

L2TP トンネルに関する情報を表示します。

timeout setup(L2TP)

L2TP セッション設定のタイムアウト定義を設定します。

backup(L2VPN)

相互接続のバックアップ擬似配線を設定するには、l2vpn xconnect p2p 擬似配線コンフィギュレーション モードで backup コマンドを使用します。この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

backup { neighbor IP address } { pw-id value }

no backup { neighbor IP address } { pw-id value }

 
シンタックスの説明

neighbor IP address

相互接続するピアを指定します。 IP address 引数は、ピアの IPv4 アドレスです。

pw-id value

擬似配線 ID を設定します。範囲は 1 ~ 4294967295 です。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

l2vpn xconnect p2p 擬似配線コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

l2vpn xconnect p2p 擬似配線バックアップ コンフィギュレーション モードを開始するには、 backup コマンドを使用します。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、バックアップ擬似配線を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# xconnect group gr1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc)# p2p p001
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc-p2p)# neighbor 1.1.1.1 pw-id 2
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc-p2p-pw)# backup neighbor 2.2.2.2 pw-id 5
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc-p2p-pw-backup)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

backup disable(L2VPN)

プライマリ擬似配線のダウン後、操作を再開するまでにバックアップ擬似配線が待機する必要がある時間を指定します。

l2vpn

l2vpn コンフィギュレーション モードを開始します。

neighbor(L2VPN)

相互接続の擬似配線を設定します。

p2p

p2p コンフィギュレーション サブモードを開始して、ポイントツーポイントの相互接続を設定します。

xconnect group

相互接続グループを設定します。

backup disable(L2VPN)

プライマリ擬似配線のダウン後、操作を再開するまでにバックアップ擬似配線が待機する時間を指定するには、l2vpn 擬似配線クラス コンフィギュレーション モードで backup disable コマンドを使用します。この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

backup disable { delay value | never }

no backup disable { delay value | never }

 
シンタックスの説明

delay value

プライマリ擬似配線がアップしてから Cisco IOS XR ソフトウェア がセカンダリ擬似配線を非アクティブにするまでに経過する秒数を指定します。

範囲は 0 ~ 180 秒です。デフォルト値は 0 です。

never

セカンダリ擬似配線に障害が発生しないかぎり、プライマリ擬似配線が再び使用できるようになった場合にセカンダリ擬似配線がプライマリ擬似配線にフォール バックしないことを指定します。

 
デフォルト

デフォルトのディセーブル遅延の値は 0 です。つまり、プライマリ擬似配線が再びアップ状態になるとすぐにアクティブになります。

 
コマンド モード

l2vpn 擬似配線クラス

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

プライマリ ルータをアクティブ化するには、 l2vpn switchover コマンドを使用します。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、バックアップ ディセーブル遅延が 50 秒に設定されているポイントツーポイント擬似配線用にバックアップ遅延を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# pw-class class1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-pwc)# backup disable delay 50
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-pwc)# exit
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# xconnect group A
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc)# p2p rtrx
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc-p2p)# neighbor 1.1.1.1 pw-id 2
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc-p2p-pw)# pw-class class1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc-p2p-pw)# backup neighbor 2.2.2.2 pw-id 5
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc-p2p-pw-backup)#
 

次に、バックアップ ディセーブル遅延が never に設定されているポイントツーポイント擬似配線用にバックアップ遅延を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# pw-class class1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-pwc)# backup disable delay never
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-pwc)# exit
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# xconnect group A
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc)# p2p rtrx
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc-p2p)# neighbor 1.1.1.1 pw-id 2
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc-p2p-pw)# pw-class class1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc-p2p-pw)# backup neighbor 2.2.2.2 pw-id 5
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc-p2p-pw-backup)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

backup(L2VPN)

相互接続のバックアップ擬似配線を設定します。

l2vpn

l2vpn コンフィギュレーション モードを開始します。

l2vpn switchover

手動による擬似配線の強制切り替えを行います。

neighbor(L2VPN)

相互接続の擬似配線を設定します。

p2p

p2p コンフィギュレーション サブモードを開始して、ポイントツーポイントの相互接続を設定します。

pw-class(L2VPN)

擬似配線クラス サブモードを開始して、擬似配線クラス テンプレートを定義します。

xconnect group

相互接続グループを設定します。

clear l2tp counters control session

セッションの L2TP 制御カウンタをクリアするには、 EXEC モードで clear l2tp counters control session コマンドを使用します。

clear l2tp counters control session {fsm} [event | state | transition]

 
シンタックスの説明

fsm

有限状態マシン カウンタをクリアします。

event

ステート マシン イベント カウンタをクリアします。

state

ステート マシン ステート カウンタをクリアします。

transition

ステート マシンの状態遷移カウンタをクリアします。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、すべての L2TP ステート マシンの状態遷移カウンタをクリアする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear l2tp counters control session fsm state transition

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear l2tp counters control tunnel

L2TP コントロール トンネル カウンタをクリアします。

clear l2tp tunnel

L2TP トンネルをクリアします。

show l2tp counters forwarding session

L2TP 転送セッション カウンタを表示します。

clear l2tp counters control tunnel

トンネルの L2TP 制御カウンタをクリアするには、EXEC モードで clear l2tp counters control tunnel コマンドを使用します。

clear l2tp counters control tunnel { all | authentication | id tunnel id }

 
シンタックスの説明

all

認証カウンタを除き、すべての L2TP カウンタをクリアします。

authentication

トンネル認証カウンタをクリアします。

id tunnel id

指定したカウンタをクリアします。範囲は 1 ~ 4294967295 です。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、すべての L2TP 制御トンネル カウンタをクリアする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear l2tp counters control tunnel all

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear l2tp counters control session

L2TP 制御セッション カウンタをクリアします。

clear l2tp tunnel

L2TP トンネルをクリアします。

show l2tp counters forwarding session

L2TP 転送セッション カウンタを表示します。

clear l2tp tunnel

L2TP トンネルをクリアするには、EXEC モードで clear l2tp tunnel コマンドを使用します。

clear l2tp tunnel { all | id tunnel id | l2tp-class class name | local ipv4 ipv4 address | remote ipv4 ipv4 address ]

 
シンタックスの説明

all

すべての L2TP トンネルをクリアします。

id tunnel id

指定したトンネルをクリアします。

l2tp-class class name

L2TP クラス名に基づいて、すべての L2TP トンネルをクリアします。

local ipv4 ipv4 address

指定したローカル IPv4 アドレスに基づいて、すべてのローカル トンネルをクリアします。

remote ipv4 ipv4 address

指定したローカル IPv4 アドレスに基づいて、すべてのリモート トンネルをクリアします。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、すべての L2TP トンネルをクリアする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear l2tp tunnel all

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear l2tp counters control session

L2TP セッション カウンタをクリアします。

clear l2tp counters control tunnel

L2TP トンネル カウンタをクリアします。

show l2tp session

L2TP セッションに関する情報を表示します。

clear l2vpn collaborators

L2VPN コラボレータのステート変更カウンタをクリアするには、EXEC モードで clear l2vpn collaborators コマンドを使用します。

clear l2vpn collaborators

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、L2VPN コラボレータの変更カウンタをクリアする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear l2vpn collaborators

 
関連コマンド

コマンド
説明

show l2vpn collaborators

L2VPN コラボレータの変更カウンタを表示します。

clear l2vpn counters l2tp

L2VPN 統計情報(ドロップされたパケットなど)をクリアするには、EXEC モードで clear l2vpn counters l2tp コマンドを使用します。

clear l2vpn counters l2tp [ neighbor ip-address [ pw-id value ]]

 
シンタックスの説明

l2tp

すべての L2TP カウンタをクリアします。

neighbor ip-address

(任意)指定したネイバのすべての L2TP カウンタをクリアします。

pw-id value

(任意)擬似配線 ID を設定します。範囲は 1 ~ 4294967295 です。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、すべての L2TP カウンタをクリアする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear l2vpn counters l2tp

 
関連コマンド

コマンド
説明

show l2vpn collaborators

L2VPN コラボレータの変更カウンタを表示します。

clear l2vpn counters bridge mac-withdrawal

ブリッジ ドメインのカウンタに関する MAC 取り消し統計情報をクリアするには、EXEC モードで clear l2vpn counters bridge mac-withdrawal コマンドを使用します。

clear l2vpn counters bridge mac-withdrawal { all | group group name { bd-name bd-name } | neighbor ip-address { pw-id value }}

 
シンタックスの説明

all

すべてのブリッジに関する MAC 取り消し統計情報をクリアします。

group group name

指定したグループに関する MAC 取り消し統計情報をクリアします。

bd-name bd-name

指定したブリッジに関する MAC 取り消し統計情報をクリアします。

neighbor ip-address

指定したネイバに関する MAC 取り消し統計情報をクリアします。

pw-id value

指定した擬似配線に関する MAC 取り消し統計情報をクリアします。範囲は 1 ~ 4294967295 です。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、すべてのブリッジに関する MAC 取り消し統計情報をクリアする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear l2vpn counters bridge mac-withdrawal all
 

clear l2vpn forwarding counters

L2VPN 転送カウンタをクリアするには、EXEC モードで clear l2vpn forwarding counters コマンドを使用します。

clear l2vpn forwarding counters

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、L2VPN 転送カウンタをクリアする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear l2vpn forwarding counters

 
関連コマンド

コマンド
説明

show l2vpn forwarding

l2vpn_mgr とその他のプロセスとの間のプロセス間通信接続のステートを表示します。

clear l2vpn forwarding mac-address-table

L2VPN 転送 MAC アドレス テーブルをクリアするには、EXEC モードで clear l2vpn forwarding mac-address-table コマンドを使用します。

clear l2vpn forwarding mac-address-table { address address | bridge-domain name | interface type interface-id | location node-id }

 
シンタックスの説明

address

指定した MAC アドレスをクリアします。

bridge-domain name

MAC アドレス テーブルから学習したブリッジ ドメインをクリアします。

type

インターフェイスのタイプ。詳細については、オンライン ヘルプ機能の疑問符( ? )を使用してください。

interface-id

物理インターフェイスまたは仮想インターフェイスを識別します。

(注) ルータに現在設定されているすべてのインターフェイスのリストを表示するには、show interfaces コマンドを使用します。

ルータの構文の詳細については、オンライン ヘルプ機能の疑問符( ? )を使用してください。

location node-id

指定した場所に関する L2VPN 転送メッセージ カウンタをクリアします。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、指定したノードで L2VPN 転送 MAC アドレス テーブルをクリアする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear l2vpn forwarding mac-address location 1/1/1

 
関連コマンド

コマンド
説明

show l2vpn forwarding

l2vpn_mgr とその他のプロセスとの間のプロセス間通信接続のステートを表示します。

clear l2vpn forwarding message counters

L2VPN 転送メッセージ カウンタをクリアするには、EXEC モードで clear l2vpn forwarding message counters コマンドを使用します。

clear l2vpn forwarding message counters {location node-id }

 
シンタックスの説明

location node-id

指定した場所に関する L2VPN 転送メッセージ カウンタをクリアします。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、L2VPN 転送メッセージ カウンタをクリアする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear l2vpn forwarding message counters location 0/1/0

 
関連コマンド

コマンド
説明

show l2vpn forwarding

l2vpn_mgr とその他のプロセスとの間のプロセス間通信接続のステートを表示します。

clear l2vpn forwarding table

指定した場所で L2VPN 転送テーブルをクリアするには、EXEC モードで clear l2vpn forwarding table コマンドを使用します。

clear l2vpn forwarding table {location node-id }

 
シンタックスの説明

location node-id

指定した場所の L2VPN 転送テーブルをクリアします。L2TP クラス名の引数は、標準の rack/slot/module 表記を使用して入力します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、指定した場所から L2VPN 転送テーブルをクリアする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear l2vpn forwarding table location 1/2/3/5

 
関連コマンド

コマンド
説明

show l2vpn forwarding

l2vpn_mgr とその他のプロセスとの間のプロセス間通信接続のステートを表示します。

digest(L2TP)

ダイジェスト オプションを設定するには、L2TP クラス コンフィギュレーション モードで digest コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

digest { check disable | hash { MD5 | SHA1 } | secret { 0 | 7 | word }}

no digest { check disable | hash { MD5 | SHA1 } | secret { 0 | 7 | word }}

 
シンタックスの説明

check disable

ダイジェスト チェックをディセーブルにします。

hash { MD5 | SHA1 }

ダイジェスト ハッシュ方式(MD5 または SHA1)を設定します。デフォルト値は MD5 です。

secret { 0 | 7 | word}

メッセージ ダイジェストの共有秘密鍵を設定します。

 
デフォルト

check disable: ダイジェスト チェックはデフォルトでイネーブルになっています。

hash :秘密鍵オプションおよび L2TPv3 整合性チェックをイネーブルにしないで digest コマンドが発行された場合、デフォルト値は MD5 です。

 
コマンド モード

L2TP クラス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

このダイジェスト シークレットおよびハッシュ アルゴリズムを制御チャネルの認証用に l2tp-class コンフィギュレーションで設定できます。ただし、制御チャネル認証が正しく機能するには、L2TP 制御チャネル接続の両側で共通のシークレットおよびハッシュ アルゴリズムを共有する必要があります。

ネットワークを中断することなくダイジェスト シークレットを更新できるように、シスコでは最大で 2 つのダイジェスト シークレットをサポートしています。古いシークレットを有効にしたままで、新しいシークレットを設定できます。影響のあるすべてのピア ノードを新しいシークレットで更新した後、古いシークレットを安全に削除できます。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、L2TP のダイジェスト オプションを設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2tp-class cisco
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2tp-class)# digest check
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2tp-class)# digest secret cisco hash md5
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

authentication(L2TP)

指定したクラス名の L2TP 認証をイネーブルにします。

hello-interval(L2TP)

L2TP の hello-interval 値を設定します。

hidden(L2TP)

非表示 AVP をイネーブルにします。

hostname(L2TP)

L2TP ホスト名 AVP で使用される名前を定義します。

l2tp-class

L2TP コントロール プレーン コンフィギュレーション設定を定義できる L2TP クラス コンフィギュレーション モードを開始します。

password(L2TP)

制御チャネル認証用のパスワードおよびパスワード暗号化タイプを定義します。

receive-window(L2TP)

L2TP サーバの受信ウィンドウ サイズを設定します。

retransmit(L2TP)

L2TP サーバの再送信の再試行およびタイムアウトの値を設定します。

show l2tp session

L2TP セッションに関する情報を表示します。

show l2tp tunnel

L2TP トンネルに関する情報を表示します。

timeout setup(L2TP)

L2TP セッション設定のタイムアウト定義を設定します。

hello-interval(L2TP)

L2TP の hello-interval 値(制御チャネル hello パケットの間隔)を設定するには、L2TP クラス コンフィギュレーション モードで hello interval (L2TP) コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

hello-interval interval

no hello-interval interval

 
シンタックスの説明

interval

制御チャネル hello パケットの間隔(秒数)。範囲は 0 ~ 1000 です。デフォルト値は 60 秒です。

 
デフォルト

interval :60 秒

 
コマンド モード

L2TP クラス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、L2TP の hello-interval 値を 22 秒に設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2tp-class cisco
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2tp-class)# hello-interval 22
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

authentication(L2TP)

指定したクラス名の L2TP 認証をイネーブルにします。

digest(L2TP)

メッセージ ダイジェスト検証をイネーブルにします。

hidden(L2TP)

非表示 AVP をイネーブルにします。

hostname(L2TP)

L2TP ホスト名 AVP で使用される名前を定義します。

l2tp-class

L2TP コントロール プレーン コンフィギュレーション設定を定義できる L2TP クラス コンフィギュレーション モードを開始します。

password(L2TP)

制御チャネル認証用のパスワードおよびパスワード暗号化タイプを定義します。

receive-window(L2TP)

L2TP サーバの受信ウィンドウ サイズを設定します。

retransmit(L2TP)

L2TP サーバの再送信の再試行およびタイムアウトの値を設定します。

show l2tp session

L2TP セッションに関する情報を表示します。

show l2tp tunnel

L2TP トンネルに関する情報を表示します。

timeout setup(L2TP)

L2TP セッション設定のタイムアウト定義を設定します。

hidden(L2TP)

非表示の Attribute-Value Pair(AVP; 属性/値ペア)をイネーブルにするには、L2TP クラス コンフィギュレーション モードで hidden コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

hidden

no hidden

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

L2TP クラス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、非表示 AVP をイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2tp-class cisco
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2tp-class)# hidden
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

authentication(L2TP)

指定したクラス名の L2TP 認証をイネーブルにします。

digest(L2TP)

メッセージ ダイジェスト検証をイネーブルにします。

hello-interval(L2TP)

L2TP の hello-interval 値を設定します。

hostname(L2TP)

L2TP ホスト名 AVP で使用される名前を定義します。

l2tp-class

L2TP コントロール プレーン コンフィギュレーション設定を定義できる L2TP クラス コンフィギュレーション モードを開始します。

password(L2TP)

制御チャネル認証用のパスワードおよびパスワード暗号化タイプを定義します。

receive-window(L2TP)

L2TP サーバの受信ウィンドウ サイズを設定します。

retransmit(L2TP)

L2TP サーバの再送信の再試行およびタイムアウトの値を設定します。

show l2tp session

L2TP セッションに関する情報を表示します。

show l2tp tunnel

L2TP トンネルに関する情報を表示します。

timeout setup(L2TP)

L2TP セッション設定のタイムアウト定義を設定します。

hostname(L2TP)

L2TP ホスト名 AVP で使用する名前を定義するには、L2TP クラス コンフィギュレーション モードで hostname コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

hostname { name }

no hostname { name }

 
シンタックスの説明

name

L2TP 制御チャネル認証時にルータを識別するために使用するホスト名

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

L2TP クラス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、「cisco」という単語を使用してホスト名を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2tp-class cisco
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2tp-class)# hostname cisco
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

authentication(L2TP)

指定したクラス名の L2TP 認証をイネーブルにします。

digest(L2TP)

メッセージ ダイジェスト検証をイネーブルにします。

hello-interval(L2TP)

L2TP の hello-interval 値を設定します。

hidden(L2TP)

非表示 AVP をイネーブルにします。

l2tp-class

L2TP コントロール プレーン コンフィギュレーション設定を定義できる L2TP クラス コンフィギュレーション モードを開始します。

password(L2TP)

制御チャネル認証用のパスワードおよびパスワード暗号化タイプを定義します。

receive-window(L2TP)

L2TP サーバの受信ウィンドウ サイズを設定します。

retransmit(L2TP)

L2TP サーバの再送信の再試行およびタイムアウトの値を設定します。

show l2tp session

L2TP セッションに関する情報を表示します。

show l2tp tunnel

L2TP トンネルに関する情報を表示します。

timeout setup(L2TP)

L2TP セッション設定のタイムアウト定義を設定します。

interface(p2p)

アタッチメント回線を設定するには、p2p コンフィギュレーション サブモードで interface コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

interface interface name

no interface interface name

 
シンタックスの説明

interface name

インターフェイスの名前またはアタッチメント回線を rack / slot / instance / port 形式で設定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

p2p コンフィギュレーション サブモード

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、TenGigE インターフェイスでアタッチメント回線を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# xconnect group gr1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc)# p2p p001
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc-p2p)# interface TenGigE 1/1/1/1

 
関連コマンド

コマンド
説明

p2p

p2p コンフィギュレーション サブモードを開始して、ポイントツーポイントの相互接続を設定します。

l2tp-class

L2TP シグナリング テンプレートを定義できる L2TP クラス コンフィギュレーション モードを開始するには、グローバル コンフィギュレーション モードで l2tp-class コマンドを使用します。L2TP クラスを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

l2tp-class l2tp-class name

no l2tp-class l2tp-class name

 
シンタックスの説明

l2tp-class name

L2TP クラス名を設定します。

 
デフォルト

L2TP クラスは定義されていません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

L2TP クラス コンフィギュレーション モードを開始するには、 l2tp-class コマンドを使用します。


) L2TP クラス名は、L2TP コントロール プレーン コンフィギュレーション設定を設定する前に定義する必要があります。


タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、L2TP コンフィギュレーション モードを開始して、さまざまな擬似配線クラスが継承できる L2TP コントロール プレーン コンフィギュレーション設定のテンプレートを作成する例を示します(この場合は「cisco」という単語が使用されています)。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2tp-class cisco
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2tp-class)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

authentication(L2TP)

指定したクラス名の L2TP 認証をイネーブルにします。

digest(L2TP)

メッセージ ダイジェスト検証をイネーブルにします。

hello-interval(L2TP)

L2TP の hello-interval 値を設定します。

hidden(L2TP)

非表示 AVP をイネーブルにします。

hostname(L2TP)

L2TP ホスト名 AVP で使用される名前を定義します。

password(L2TP)

制御チャネル認証用のパスワードおよびパスワード暗号化タイプを定義します。

receive-window(L2TP)

L2TP サーバの受信ウィンドウ サイズを設定します。

retransmit(L2TP)

L2TP サーバの再送信の再試行およびタイムアウトの値を設定します。

show l2tp session

L2TP セッションに関する情報を表示します。

show l2tp tunnel

L2TP トンネルに関する情報を表示します。

timeout setup(L2TP)

L2TP セッション設定のタイムアウト定義を設定します。

l2transport

レイヤ 2 転送モードで動作するように物理インターフェイスを設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで l2transport コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

l2transport

no l2transport

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

l2transport キーワードと次のコンフィギュレーション項目は、互いに排他的です。

IPv4 のアドレスおよび機能(ACL など)のコンフィギュレーション

IPv4 のイネーブル、アドレスおよび機能(ACL など)のコンフィギュレーション

バンドルのイネーブル化コンフィギュレーション

L3 サブインターフェイス

レイヤ 3 QoS ポリシー


) インターフェイスまたは接続がレイヤ 2 スイッチドに設定された後、ipv4 address などのコマンドを使用できるようになります。インターフェイスでルーティング コマンドを設定している場合は、l2transport が拒否されます。


タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、いくつかの異なるモードでインターフェイスまたは接続をレイヤ 2 スイッチドとして設定する例を示します。

イーサネット ポート モード:

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface GigabitEthernet 0/0/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# l2transport
 

イーサネット VLAN モード:

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface GigabitEthernet 0/0/0/0.900 l2transport
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# do1q vlan 999
 

イーサネット VLAN モード(QinQ):

 
RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface GigabitEthernet 0/0/0/0.900 l2transport RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# do1q vlan 999 inner-vlan 888
 

イーサネット VLAN モード(QinAny)

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface GigabitEthernet 0/0/0/0.900 l2transport
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# do1q vlan 999 vlan any

 
関連コマンド

コマンド
説明

show l2vpn forwarding

l2vpn_mgr とその他のプロセスとの間のプロセス間通信接続のステートを表示します。

l2transport cell-packing

L2VPN セル パッキング パラメータを設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで l2transport cell-packing コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

l2transport cell-packing { maximum } { timer }

no l2transport cell-packing { maximum } { timer }

 
シンタックスの説明

maximum

パケットにパックされる最大セル数。範囲は 2 ~ 86 です。

timer

セル パッキング タイマー(1、2、または 3)。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

atm

読み取り、書き込み

次に、L2VPN セル パッキング パラメータを設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface GigabitEthernet 0/0/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# l2transport cell-packing 33 2

 
関連コマンド

コマンド
説明

show l2vpn forwarding

l2vpn_mgr とその他のプロセスとの間のプロセス間通信接続のステートを表示します。

l2transport l2protocol

レイヤ 2 プロトコル処理を設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで l2transport l2protocol コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

l2transport l2protocol { cdp | pvst | stp | vtp } {drop | experimental bits | tunnel experimental bits }

no l2transport l2protocol { cdp | pvst | stp | vtp } {drop | experimental bits | tunnel experimental bits }

 
シンタックスの説明

cdp

Cisco Discovery Protocol(CDP; シスコ検出プロトコル)を設定します。

pvst

Per VLAN Spanning Tree(PVST; VLAN 単位のスパニング ツリー)プロトコルを設定します。

stp

Spanning Tree Protocol(STP; スパニング ツリー プロトコル)を設定します。

vtp

VLAN Trunk Protocol(VTP; VLAN トランク プロトコル)を設定します。

drop

選択したプロトコル パケットをドロップします。

experimental bits

MPLS の試験ビットを変更します。

tunnel experimental bits

トンネル プロトコル パケットを設定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

次の L2 プロトコルを使用できます。

シスコ検出プロトコル(CDP)

CDP はプロトコルに依存せず、プロトコル アドレス、プラットフォーム情報、および近接装置に関するその他のデータを取得するために使用されます。

VLAN 単位のスパニング ツリー(PVST)

PVST では、ネットワークで設定されている各 VLAN のスパニング ツリー インスタンスが維持され、VLAN トランクの転送を一部の VLAN には許可し、その他の VLAN には許可しません。一部の VLAN を 1 つのトランクで転送し、その他の VLAN をその他のトランクで転送することにより、レイヤ 2 トラフィックの負荷分散を行うこともできます。

スパニング ツリー プロトコル(STP)

STP は、ネットワークでのパスの冗長性を提供する、リンク管理機能プロトコルです。イーサネット ネットワークが正常に機能するには、2 つのステーション間にアクティブなパスが 1 つだけ存在している必要があります。

VLAN トランク プロトコル(VTP)

VTP は、シスコ独自のプロトコルであり、スイッチド ネットワークでの管理作業の軽減に役立ちます。新しい VLAN を 1 つの VTP サーバ上で設定すると、この VLAN はドメイン内のすべてのスイッチを介して分散されます。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

atm

読み取り、書き込み

次に、レイヤ 2 プロトコル処理を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface GigabitEthernet 0/0/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# l2transport l2protocol stp drop

 
関連コマンド

コマンド
説明

show l2vpn forwarding

l2vpn_mgr とその他のプロセスとの間のプロセス間通信接続のステートを表示します。

l2transport propagate

レイヤ 2 転送イベントを伝播するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで l2transport propagate コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

l2transport propagate { remote-status}

no l2transport propagate { remote-status}

 
シンタックスの説明

remote-status

リモート リンク ステータスの変更を伝播します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

l2transport propagate コマンドによって、ポート モード EoMPLS のリモート リンク障害の検出および伝播用メカニズムが提供されます。

l2transport イベントのステートを表示するには、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Interfaces and Hardware Command Reference 』の show controller internal コマンドを使用します。


) イーサネット リモート ポート シャットダウンは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータではサポートされていません。


イーサネット リモート ポート シャットダウン機能の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router MPLS Configuration Guide 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、リモート リンク ステータスの変更を伝播する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface GigabitEthernet 0/0/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# l2transport propagate remote status

 
関連コマンド

コマンド
説明

show controller internal

内部インターフェイスの出力を表示します。

show l2vpn forwarding

l2vpn_mgr とその他のプロセスとの間のプロセス間通信接続のステートを表示します。

l2transport service-policy

L2 転送の Quality of Service(QoS; サービス品質)ポリシーを設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで l2transport service-policy コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

l2transport service-policy { input policy-name | output policy-name}

no l2transport service-policy { input policy-name | output policy-name}

 
シンタックスの説明

input policy-name

サービス ポリシー アプリケーションの方向を設定します:入力。

output policy-name

サービス ポリシー アプリケーションの方向を設定します:出力。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

atm

読み取り、書き込み

次に、L2 転送のサービス品質(QoS)ポリシーを設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface GigabitEthernet 0/0/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# l2transport service-policy input sp_0001

 
関連コマンド

コマンド
説明

show l2vpn forwarding

l2vpn_mgr とその他のプロセスとの間のプロセス間通信接続のステートを表示します。

l2vpn

l2vpn コンフィギュレーション モードを開始するには、グローバル コンフィギュレーション モードで l2vpn コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

l2vpn

no l2vpn

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。


) すべての L2VPN コンフィギュレーションを no l2vpn コマンドを使用して削除できます。


タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、l2vpn コンフィギュレーション モードを開始する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn

 
関連コマンド

コマンド
説明

show l2vpn forwarding

l2vpn_mgr とその他のプロセスとの間のプロセス間通信接続のステートを表示します。

l2vpn switchover

手動による擬似配線の強制切り替えを行うには、EXEC モードで l2vpn switchover コマンドを使用します。

l2vpn switchover { xconnect } { neighbor IP address } { pw-id value }

 
シンタックスの説明

xconnect

相互接続のスイッチオーバーを設定します。

neighbor IP address

相互接続のピアを設定します。

pw-id value

擬似配線 ID を設定します。範囲は 1 ~ 4294967295 です。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco CRS-1と Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

バックアップが存在する場合は、プライマリ ルータをバックアップ ルータに切り替えることができます。 l2vpn switchover コマンドを使用して、プライマリ ルータを再アクティブ化できます。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み、実行

次に、プライマリ擬似配線をバックアップ擬似配線に切り替える例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# l2vpn switchover xconnect neighbor 1.1.1.1 pw-id 2
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

backup disable(L2VPN)

プライマリ擬似配線のダウン後、操作を再開するまでにバックアップ擬似配線が待機する必要がある時間を指定します。

logging(l2vpn)

相互接続ロギングをイネーブルにするには、L2VPN コンフィギュレーション サブモードで logging コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

logging { pseudowire status }

no logging { pseudowire status }

 
シンタックスの説明

pseudowire status

擬似配線ステート変更ロギングをイネーブルにします。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

L2VPN コンフィギュレーション サブモード

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。


) すべての L2VPN コンフィギュレーションを no l2vpn コマンドを使用して削除できます。


タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、相互接続ロギングをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# logging pseudowire status

 
関連コマンド

コマンド
説明

l2vpn

L2VPN コンフィギュレーション サブモードを開始します。

mpls static label(L2VPN)

MPLS L2VPN に対するスタティック ラベルを設定するには、L2VPN 相互接続 P2P 擬似配線コンフィギュレーション モードで mpls static label コマンドを使用します。MPLS でラベルをダイナミックに割り当てるには、このコマンドの no 形式を使用します。

mpls static label { local label } { remote value }

no mpls static label { local label } { remote value }

 
シンタックスの説明

local label

ローカル擬似配線ラベルを設定します。範囲は 16 ~ 15999 です。

remote value

リモート擬似配線ラベルを設定します。範囲は 16 ~ 15999 です。

 
デフォルト

デフォルトの動作は、ダイナミック ラベル割り当てです。

 
コマンド モード

L2VPN 相互接続 P2P 擬似配線コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、MPLS L2VPN のスタティック ラベルを設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn xconnect group l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc)# p2p rtrA_to_rtrB
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-xc-p2p)# neighbor 10.1.1.2 pw-id 1000
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc-p2p-pw)# mpls static label local 800 remote 500
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

l2vpn

L2VPN コンフィギュレーション モードを開始します。

neighbor(L2VPN)

相互接続の擬似配線を設定します。

p2p

p2p コンフィギュレーション サブモードを開始して、ポイントツーポイントの相互接続を設定します。

xconnect group

相互接続グループを設定します。

neighbor(L2VPN)

相互接続の擬似配線を設定するには、p2p コンフィギュレーション サブモードで neighbor コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

neighbor { A.B.C.D } { pw-id value }

no neighbor { A.B.C.D } { pw-id value }

 
シンタックスの説明

A.B.C.D

相互接続ピアの IP アドレス。

pw-id value

擬似配線 ID および ID 値を設定します。範囲は 1 ~ 4294967295 です。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

p2p コンフィギュレーション サブモード

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

相互接続には次の 2 つのセグメントが含まれています。

1. Attachment Circuit(AC; アタッチメント配線)

2. 2 つ目の AC または擬似配線


) 擬似配線は、2 つのキー(ネイバおよび擬似配線 ID)によって識別されます。同じネイバへの擬似配線が複数存在する場合があります。ネイバだけを設定することはできません。


no l2vpn コマンドを使用して、すべての L2VPN コンフィギュレーションを削除できます。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、ポイントツーポイント相互接続コンフィギュレーション(擬似配線コンフィギュレーションなど)の例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn xconnect group l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc)# p2p rtrA_to_rtrB
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-xc-p2p)# neighbor 10.1.1.2 pw-id 1000 pw-class foo
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-xc-p2p)# neighbor 10.1.1.3 pw-id 1001 pw-class foo
 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-xc)# p2p rtrC_to_rtrD
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-xc-p2p)# neighbor 20.2.2.3 pw-id 200 pw-class bar1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-xc-p2p)# neighbor 20.2.2.4 pw-id 201 pw-class bar2

 
関連コマンド

コマンド
説明

l2vpn

l2vpn コンフィギュレーション モードを開始します。

p2p

p2p コンフィギュレーション サブモードを開始して、ポイントツーポイントの相互接続を設定します。

pw-class(L2VPN)

擬似配線クラス サブモードを開始して、擬似配線クラス テンプレートを定義します。

xconnect group

相互接続グループを設定します。

password(L2TP)

制御チャネル認証のパスワードおよびパスワード暗号化タイプを定義するには、L2TP クラス コンフィギュレーション モードで password コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

password [ 0 | 7 ] password

no password

 
シンタックスの説明

0

(任意)暗号化されていないパスワードが続くことを指定します。

7

(任意)暗号化されたパスワードが続くことを指定します。

password

暗号化されていないまたはクリア テキストのユーザ パスワードを設定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、「cisco」という単語を制御チャネル認証に使用して暗号化されていないパスワードを定義する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2tp-class sanjose
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2tp-class)# password 0 cisco
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

authentication(L2TP)

指定したクラス名の L2TP 認証をイネーブルにします。

digest(L2TP)

メッセージ ダイジェスト検証をイネーブルにします。

hello-interval(L2TP)

L2TP の hello-interval 値を設定します。

hidden(L2TP)

非表示 AVP をイネーブルにします。

hostname(L2TP)

L2TP ホスト名 AVP で使用される名前を定義します。

l2tp-class

L2TP コントロール プレーン コンフィギュレーション設定を定義できる L2TP クラス コンフィギュレーション モードを開始します。

receive-window(L2TP)

L2TP サーバの受信ウィンドウ サイズを設定します。

retransmit(L2TP)

L2TP サーバの再送信の再試行およびタイムアウトの値を設定します。

show l2tp session

L2TP セッションに関する情報を表示します。

show l2tp tunnel

L2TP トンネルに関する情報を表示します。

timeout setup(L2TP)

L2TP セッション設定のタイムアウト定義を設定します。

preferred-path

L2VPN トラフィックに使用される MPLS TE トンネルを設定するには、カプセル化 MPLS コンフィギュレーション モードで preferred-path コマンドを使用します。優先パスを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

preferred-path { interface } { tunnel-te value } [ fallback disable ]

no preferred-path { interface } { tunnel-te value } [ fallback disable ]

 
シンタックスの説明

interface

優先パスのインターフェイスを指定します。

tunnel-te

優先パスのトンネル インターフェイス名を指定します。

value

優先パスのトンネル番号。

fallback disable

(任意)優先パス トンネル設定のフォールバックをディセーブルにします。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

カプセル化 MPLS コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

preferred-path コマンドは、MPLS カプセル化が設定された擬似配線にだけ適用できます。

トンネルがダウンしている場合、トラフィックはデフォルトの LDP パスを使用しません。

フォールバックのステータス(enabled または disabled)を表示するには、 show l2vpn xconnect detail コマンドを使用します。


no l2vpn コマンドを使用して、すべての L2VPN コンフィギュレーションを削除できます。


タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、優先パス トンネル設定を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# pw-class kanata01
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-pwc)# encapsulation mpls
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-pwc-encap-mpls)# preferred-path interface tunnel 6666 fallback disable

 
関連コマンド

コマンド
説明

show l2vpn xconnect

設定済みの相互接続に関する詳細情報を表示します。

pw-class(L2VPN)

擬似配線クラス サブモードを開始して、擬似配線クラス テンプレートを定義するには、L2VPN コンフィギュレーション サブモードで pw-class コマンドを使用します。擬似配線クラスを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

pw-class { class name }

no pw-class { class name }

 
シンタックスの説明

class name

擬似配線クラス名。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

L2VPN コンフィギュレーション サブモード

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。


no l2vpn コマンドを使用して、すべての L2VPN コンフィギュレーションを削除できます。


タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、単純な擬似配線クラス テンプレートを定義する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# xconnect group l1vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc)# p2p rtrA_to_rtrB
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc-p2p)# neighbor 10.1.1.2 pw-id 1000
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc-p2p-pw)# pw-class kanata01
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

p2p

p2p コンフィギュレーション サブモードを開始して、ポイントツーポイントの相互接続を設定します。

pw-class encapsulation l2tpv3

L2TPv3 擬似配線カプセル化を設定するには、L2VPN 擬似配線クラス コンフィギュレーション モードで pw-class encapsulation l2tpv3 コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

pw-class { class name} encapsulation l2tpv3 [ cookie size { 0 | 4 | 8 } | ipv4 source address | pmtu max 68-65535 | protocol l2tpv3 class name | tos { reflect value 0-255 | value 0-255} | { ttl value }]

no pw-class { class name} encapsulation l2tpv3 [ cookie size { 0 | 4 | 8 } | ipv4 source address | pmtu max 68-65535 | protocol l2tpv3 class name | tos { reflect value 0-255 | value 0-255} | { ttl value }]

 
シンタックスの説明

class name

カプセル化クラス名を設定します。

cookie size {0 | 4 | 8}

L2TPv3 クッキー サイズ設定を次のように設定します。

0:クッキー サイズは 0 バイトです。

4:クッキー サイズは 4 バイトです。

8:クッキー サイズは 8 バイトです。

ipv4 source address

ローカル ソース IPv4 アドレスを設定します。

pmtu max 68-65535

許容する最大セッション MTU の値を設定します。

protocol l2tpv3 class name

擬似配線クラスのシグナリング プロトコルとして L2TPv3 を設定します。

tos { reflect value 0-255 | value 0-255 }

Type of Service(TOS; サービス タイプ)および TOS 値を設定します。範囲は 0 ~ 255 です。

ttl value

Time-to-live(TTL)値を設定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

L2VPN 擬似配線クラス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。


no l2vpn コマンドを使用して、すべての L2VPN コンフィギュレーションを削除できます。


タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、L2TPV3 擬似配線カプセル化を定義する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# pw-class kanata01
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-pwc)# encapsulation l2tpv3

 
関連コマンド

コマンド
説明

pw-class(L2VPN)

pw-class コンフィギュレーション サブモードを開始します。

pw-class encapsulation mpls

MPLS 擬似配線カプセル化を設定します。

pw-class encapsulation mpls

MPLS 擬似配線カプセル化を設定するには、L2VPN 擬似配線クラス コンフィギュレーション モードで pw-class encapsulation mpls コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

pw-class { class name} encapsulation mpls {control word disable | protocol ldp | vccv none }

no pw-class { class name} encapsulation mpls {control word disable | protocol ldp | vccv none }

 
シンタックスの説明

control word disable

MPLS カプセル化の制御ワードをディセーブルにします。

protocol ldp

擬似配線クラスのシグナリング プロトコルとして LDP を設定します。

vccv none

VCCV 検証タイプをイネーブルまたはディセーブルにします。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

L2VPN 擬似配線クラス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。


no l2vpn コマンドを使用して、すべての L2VPN コンフィギュレーションを削除できます。


タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、MPLS 擬似配線カプセル化を定義する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# pw-class kanata01
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-pwc)# encapsulation mpls

 
関連コマンド

コマンド
説明

pw-class(L2VPN)

擬似配線クラス サブモードを開始して、擬似配線クラス テンプレートを定義します。

pw-class encapsulation l2tpv3

L2TPv3 擬似配線カプセル化を設定します。

p2p

p2p コンフィギュレーション サブモードを開始して、ポイントツーポイント相互接続を設定するには、l2vpn xconnect モードで p2p コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

p2p [ xconnect-name]

no p2p

 
シンタックスの説明

xconnect-name

(任意)ポイントツーポイント相互接続の名前を設定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

l2vpn xconnect

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

ポイントツーポイント相互接続ストリングの名前は、自由形式の説明ストリングです。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、ポイントツーポイント相互接続コンフィギュレーション(擬似配線コンフィギュレーションなど)の例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# xconnect group group 1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc)# p2p xc1

 
関連コマンド

コマンド
説明

interface(p2p)

アタッチメント回線を設定します。

receive-window(L2TP)

L2TP サーバの受信ウィンドウ サイズを設定するには、L2TP クラス コンフィギュレーション モードで receive-window コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

receive-window { size }

no receive-window { size }

 
シンタックスの説明

size

バックオフが適用される前にピアから受信するパケットの最大数。デフォルト値は 512 です。

 
デフォルト

size :512

 
コマンド モード

L2TP クラス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、L2TP サーバの受信ウィンドウ サイズを 10 パケットに設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2tp-class cisco
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2tp-class)# receive-window 10
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

authentication(L2TP)

指定したクラス名の L2TP 認証をイネーブルにします。

digest(L2TP)

メッセージ ダイジェスト検証をイネーブルにします。

hello-interval(L2TP)

L2TP の hello-interval 値を設定します。

hidden(L2TP)

非表示 AVP をイネーブルにします。

hostname(L2TP)

L2TP ホスト名 AVP で使用される名前を定義します。

l2tp-class

L2TP コントロール プレーン コンフィギュレーション設定を定義できる L2TP クラス コンフィギュレーション モードを開始します。

password(L2TP)

制御チャネル認証用のパスワードおよびパスワード暗号化タイプを定義します。

retransmit(L2TP)

L2TP サーバの再送信の再試行およびタイムアウトの値を設定します。

show l2tp session

L2TP セッションに関する情報を表示します。

show l2tp tunnel

L2TP トンネルに関する情報を表示します。

timeout setup(L2TP)

L2TP セッション設定のタイムアウト定義を設定します。

retransmit(L2TP)

再送信の試行およびタイムアウトの値を設定するには、L2TP クラス コンフィギュレーション モードで retransmit コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

retransmit { initial initial-retries | retries retries | timeout { max | min } timeout }

no retransmit { initial initial-retries | retries retries | timeout { max | min } timeout }

 
シンタックスの説明

initial initial-retries

特定の制御チャネルで中止する前に、再送信される SCCRQ メッセージの数を設定します。範囲は 1 ~ 1000 です。デフォルト値は 2 です。

retries retries

ピア ルータが応答していないと判断するまでの最大再送信回数を設定します。範囲は 5 ~ 1000 です。デフォルト値は 15 です。

timeout { max | min } timeout

制御パケットに関する最大および最小の再送信間隔(秒数)を設定します。範囲は 1 ~ 8 です。最大タイムアウトのデフォルト値は 8 秒です。最小タイムアウトのデフォルト値は 1 秒です。

 
デフォルト

initial retries :2

retries :15

min timeout:1

max timeout:8

 
コマンド モード

L2TP クラス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、再送信の再試行値を 1 に設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2tp-class cisco
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2tp-class)# retransmit initial retries 1

 
関連コマンド

コマンド
説明

authentication(L2TP)

指定したクラス名の L2TP 認証をイネーブルにします。

digest(L2TP)

メッセージ ダイジェスト検証をイネーブルにします。

hello-interval(L2TP)

L2TP の hello-interval 値を設定します。

hidden(L2TP)

非表示 AVP をイネーブルにします。

hostname(L2TP)

L2TP ホスト名 AVP で使用される名前を定義します。

l2tp-class

L2TP コントロール プレーン コンフィギュレーション設定を定義できる L2TP クラス コンフィギュレーション モードを開始します。

password(L2TP)

制御チャネル認証用のパスワードおよびパスワード暗号化タイプを定義します。

receive-window(L2TP)

L2TP サーバの受信ウィンドウ サイズを設定します。

show l2tp session

L2TP セッションに関する情報を表示します。

show l2tp tunnel

L2TP トンネルに関する情報を表示します。

timeout setup(L2TP)

L2TP セッション設定のタイムアウト定義を設定します。

rollover

トンネル テンプレートのロールオーバー時間を設定するには、トンネル カプセル化 l2tp コンフィギュレーション モードで rollover コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

rollover {periodic time } { holdown time }

no rollover {periodic time } { holdown time }

 
シンタックスの説明

periodic time

定期的なロールオーバー時間を設定します(秒数)。範囲は 60 ~ 31536000 です。

holddown time

古いセッション クッキー値のホールドダウン時間を設定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

トンネル カプセル化 l2tp コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

ポイントツーポイント相互接続ストリングの名前は、自由形式の説明ストリングです。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、トンネル テンプレートのロールオーバー時間を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# tunnel-template kanata_9
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-tuntem) encapsulation l2tp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-tunencap-l2tp)# rollover

 
関連コマンド

コマンド
説明

interface(p2p)

アタッチメント回線を設定します。

sequencing(L2VPN)

L2VPN 擬似配線クラス シーケンスを設定するには、L2VPN 擬似配線クラス カプセル化モードで pw-class sequencing コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

sequencing { both | receive | transmit {resynch 5-65535 }}

no sequencing { both | receive | transmit {resynch 5-65535 }}

 
シンタックスの説明

both

送信側および受信側のシーケンスを設定します。

receive

受信側のシーケンスを設定します。

transmit

送信側のシーケンスを設定します。

resynch 5-65535

再同期前のシーケンス外パケットのしきい値を設定します。範囲は 5 ~ 65535 です。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

L2VPN 擬似配線クラス カプセル化モード

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

シーケンス再同期 を高速回線で設定しないでください。低速回線では、トラフィックの 10 ~ 20 秒よりも低いしきい値を設定しないでください。


no l2vpn コマンドを使用して、すべての L2VPN コンフィギュレーションを削除できます。


タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、L2VPN 擬似配線クラス シーケンスを設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# pw-class kanata01
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-pw)# encapsulation mpls
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-encap-mpls)# sequencing both

 
関連コマンド

コマンド
説明

pw-class(L2VPN)

擬似配線クラス サブモードを開始して、擬似配線クラス テンプレートを定義します。

show l2tp class

L2TP クラスに関する情報を表示するには、EXEC モードで show l2tp class コマンドを使用します。

show l2tp class name name

 
シンタックスの説明

name name

L2TP クラス名を設定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、 show l2vtp session class コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show l2tp class name kanata_02
 
l2tp-class kanata_02
manually configured class
configuration parameters:
(not) hidden
(no) authentication
(no) digest
digest check enable
hello 60
(no) hostname
(no) password
(no) accounting
(no) security crypto-profile
(no) ip vrf
receive-window 888
retransmit retries 15
retransmit timeout max 8
retransmit timeout min 1
retransmit initial retries 2
retransmit initial timeout max 8
retransmit initial timeout min 1
timeout setup 300
 

表 73 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 73 show l2tp class フィールドの簡単な説明

フィールド
説明

l2tp-class

L2TP クラス名およびその作成方法を示します。たとえば、手動で設定されたクラスを示します。

configuration parameters

すべての設定パラメータの全リストおよびステートを表示します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

l2tp-class

L2TP クラスを設定します。

show l2tp counters forwarding session

L2TP 転送セッション カウンタを表示するには、EXEC モードで show l2tp counter forwarding session コマンドを使用します。

show l2tp counters forwarding session [ id identifier | name local-name remote-name ]

 
シンタックスの説明

id identifier

(任意)セッション カウンタ ID を設定します。

name local-name remote name

(任意)セッション カウンタのローカル名とリモート名を設定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、 show l2tp counters forwarding session コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show l2tp counters forwarding session
 
LocID RemID TunID Pkts-In Pkts-Out Bytes-In Bytes-Out
22112 15584 14332 0 0 0 0
 

表 74 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 74 show l2tp counters forwarding session フィールドの説明

フィールド
説明

LocID

ローカル セッション ID。

RemID

リモート セッション ID。

TunID

セッションのローカル トンネル ID。

Pkts-In

セッションでの入力パケットの数。

Pkts-Out

セッションでの出力パケットの数。

Bytes-In

セッションでの入力バイトの数。

Bytes-Out

セッションでの出力バイトの数。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show l2tp tunnel

L2TP トンネルに関する情報を表示します。

show l2tp session

L2TP セッションに関する情報を表示するには、EXEC モードで show l2tp session コマンドを使用します。

show l2tp session [ detail | brief | interworking | circuit | sequence | state ] { id id | name name }

 
シンタックスの説明

brief

(任意)セッションのサマリー出力を表示します。

circuit

(任意)セッションに関するアタッチメント回線情報を表示します。

detail

(任意)セッションの詳細出力を表示します。

interworking

(任意)セッションのインターワーキング情報を表示します。

sequence

(任意)セッションのデータ パケット シーケンス情報を表示します。

state

(任意)セッションのコントロール プレーン ステート情報を表示します。

id id

(任意)ローカル トンネル ID を設定します。範囲は 0 ~ 4294967295 です。

name name

(任意)トンネル名を設定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、 show l2vtp session brief コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show l2tp session brief
 
L2TP Session Information Total tunnels 1 sessions 6
 
LocID TunID Peer-address State Vcid
sess/cir
26093 43554 13.0.0.2 est,UP 60
26094 43554 13.0.0.2 est,UP 40
26095 43554 13.0.0.2 est,UP 50
26096 43554 13.0.0.2 est,UP 70
26097 43554 13.0.0.2 est,UP 20
26098 43554 13.0.0.2 est,UP 30
 

表 75 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 75 show l2tp session フィールドの簡単な説明

フィールド
説明

LocID

ローカル セッション ID。

TunID

セッションのローカル トンネル ID。

Peer-address

セッションの反対側の IP アドレス。

State

セッションのステート。

Vcid

セッションの仮想回線 ID。これは、l2vpn の擬似配線 ID と同じ値です。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show l2tp tunnel

L2TP トンネルに関する情報を表示します。

show l2tp tunnel

L2TP トンネルに関する情報を表示するには、EXEC モードで show l2tp tunnel コマンドを使用します。

show l2tp tunnel {detail | brief | state | transport} {id identifier | name local-name remote-name }

 
シンタックスの説明

detail

L2TP トンネルの詳細出力を表示します。

brief

トンネルのサマリー情報を表示します。

state

コントロール プレーンのステート情報を表示します。

transport

選択された各制御チャネルの転送情報(IP)を表示します。

id identifier

ローカル制御チャネル ID を表示します。

name local-name remote-name

制御チャネルのローカル名とリモート名を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、 show l2tp tunnel コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show l2tp tunnel
 
L2TP Tunnel Information Total tunnels 1 sessions 6
 
LocID RemID Remote Name State Remote Address Port Sessions L2TP
Class
43554 6220 PE2 est 13.0.0.2 0 6 class1
 

表 76 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 76 show l2tp tunnel フィールドの説明

フィールド
説明

LocID

ローカル セッション ID。

RemID

リモート セッション ID。

Remote Name

セッションのリモート名。

State

セッションのステート。

Remote Address

セッションのリモート アドレス。

Port

セッションのポート。

Sessions

セッションの数。

L2TP

L2TP クラス名。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show l2tp session

L2TP セッションに関する情報を表示します。

show l2vpn collaborators

l2vpn_mgr とその他のプロセスとの間のプロセッサ間通信接続のステートに関する情報を表示するには、EXEC モードで show l2vpn collaborators コマンドを使用します。

show l2vpn collaborators

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、 show l2vpn collaborators コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show l2vpn collaborators
 
L2VPN Collaborator stats:
Name State Up Cnts Down Cnts
-------------------- ---------- ----------- -----------
IMC Down 0 0
LSD Up 1 0
 

表 77 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 77 show l2vpn collaborators フィールドの説明

フィールド
説明

Name

l2vpn_mgr と対話するタスクの短縮名。

State

l2vpn_mgr と他のプロセスとの間に作業接続があるかどうかを示します。

Up Cnts

l2vpn_mgr と他のプロセスとの間の接続が正常に確立された回数。

Down Cnts

l2vpn_mgr と他のプロセスとの間の接続が失敗または中断した回数。

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear l2vpn collaborators

L2VPN コラボレータのステート変更カウンタをクリアします。

show l2vpn forwarding

layer2_fib マネージャの転送情報をラインカードに表示するには、EXEC モードで show l2vpn forwarding コマンドを使用します。

show l2vpn forwarding { detail | hardware | interface | location | message | resource | summary | unresolved } location node-id

 
シンタックスの説明

detail

layer2_fib マネージャからの詳細情報を表示します。

hardware

ハードウェア関連の layer2_fib マネージャ情報を表示します。

inconsistent

不一致エントリだけを表示します。

interface

一致 AC サブインターフェイスを表示します。

location node-id

指定した場所の layer2_fib マネージャ情報を表示します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

message

コラボレータと交換するメッセージを表示します。

resource

layer2_fib マネージャでのリソース アベイラビリティ情報を表示します。

summary

layer2_fib マネージャでの相互接続に関するサマリー情報を表示します。

unresolved

解決していないエントリだけを表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り

次に、 show l2vpn forwarding コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show l2vpn forwarding location 0/2/cpu0
 
ID Segment 1 Segment 2
-----------------------------------
1 Gi0/2/0/0 1 1.1.1.1 9)
 

次に、layer2_fib マネージャ サマリーでの MAC 情報の出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show l2vpn forwarding summary location 0/3/CPU0
 
Major version num:1, minor version num:0
Shared memory timestamp:0x66ff58e894
Number of forwarding xconnect entries:2
Up:1 Down:0
AC-PW:0 AC-AC:0 AC-BP:1 PW-BP:1
Number of xconnects down due to:
AIB:0 L2VPN:0 L3FIB:0
Number of nexthops:1
Number of static macs: 5
Number of locally learned macs: 5
Number of remotely learned macs: 0
Number of total macs: 10
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear l2vpn forwarding counters

L2VPN 転送カウンタをクリアします。

show l2vpn forwarding l2tp

L2VPN 転送情報を表示するには、EXEC モードで show l2vpn forwarding l2tp コマンドを使用します。

show l2vpn forwarding l2tp {disposition} {local session id session-ID | hardware | location node-id } location node-id

 
シンタックスの説明

disposition

転送ディスポジション情報を表示します。

session-ID

指定したローカル セッション ID に関する L2TPv3 関連の転送情報を表示します。範囲は 1 ~ 4294967295 です。

hardware

ハードウェアから読み取られた、L2TPv3 関連の転送情報を表示します。

location

指定した場所に関する L2TPv3 関連の転送情報を表示します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り

次に、 show l2vpn forwarding l2tp コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show l2vpn forwarding l2tp disposition hardware location 0/3/1
 
ID Segment 1 Segment 2
-----------------------------------
1 Gi0/2/0/0 1 1.1.1.1 9)

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear l2vpn forwarding counters

L2VPN 転送カウンタをクリアします。

show l2vpn pw-class

L2VPN 擬似配線クラス情報を表示するには、EXEC モードで show l2vpn pw-class コマンドを使用します。

show l2vpn pw-class [ detail | name class name ]

 
シンタックスの説明

detail

(任意)詳細情報を表示します。

name class name

(任意)特定の擬似配線クラス名に関する情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り

次に、 show l2vpn pw-class コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show l2vpn pw-class
 
Name Encapsulation Protocol
------------------------- ---------- ----------
l2tp-dynamic L2TPv3 L2TPv3
 

表 78 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 78 show l2vpn pw-class フィールドの説明

フィールド
説明

Name

擬似配線クラスの名前を表示します。

Encapsulation

カプセル化タイプを表示します。

Protocol

プロトコル タイプを表示します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear l2vpn forwarding counters

L2VPN 転送カウンタをクリアします。

show l2vpn resource

L2VPN プロセスのメモリ ステートを表示するには、EXEC モードで show l2vpn resource コマンドを使用します。

show l2vpn resource

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り

次に、 show l2vpn resource コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show l2vpn resource
 
Memory: Normal
 

表 79 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 79 show l2vpn resource フィールドの説明

フィールド
説明

Memory

メモリのステータスを表示します。

show l2vpn xconnect

設定された相互接続に関する簡単な情報を表示するには、EXEC モードで show l2vpn connect コマンドを使用します。

show l2vpn xconnect [ detail | group | interface | neighbor | state | summary | type | state unresolved ]

 
シンタックスの説明

detail

(任意)詳細情報を表示します。

group

(任意)指定したグループのすべての相互接続を表示します。

interface

(任意)インターフェイスおよびサブインターフェイスをフィルタリングします。

neighbor

(任意)ネイバをフィルタリングします。

state

(任意)次の xconnect ステート タイプをフィルタリングします。

up

down

summary

(任意)AC マネージャ データベースの AC 情報を表示します。

type

(任意)次の xconnect タイプをフィルタリングします。

ac-pw

locally switched

state unresolved

(任意)解決されていない相互接続に関する情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

次のコマンドでは、タグ customer1 を使用してそのグループ内のすべての相互接続を表示します。特定の相互接続がコマンドで指定されている場合は(AC_to_PW1 など)その相互接続だけが表示され、指定されていない場合はすべての相互接続が表示されます。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、 show l2vpn xconnect コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show l2vpn xconnect
 
Legend: ST = State, UP = Up, DN = Down, AD = Admin Down, UR = Unresolved,
LU = Local Up, RU = Remote Up, CO = Connected
 
XConnect Segment 1 Segment 2
Group Name ST Description ST Description ST
---------------------------- --------------------------- -------------------------
siva_xc siva_p2p UP Gi0/4/0/1 UP 1.1.1.1 1 UP
Backup
2.2.2.2 2 UP
--------------------------------------------------------------------------------
 

次に、バックアップがスタンバイ モードであることを示す、 show l2vpn xconnect detail コマンドの出力例を示します。

 
RP/0/RSP0/CPU0:router# show l2vpn xconnect detail
 
Group siva_xc, XC siva_p2p, state is up; Interworking none
AC: GigabitEthernet0/4/0/1, state is up
Type Ethernet
MTU 1500; XC ID 0x5000001; interworking none; MSTi 0
Statistics:
packet totals: send 90
byte totals: send 19056
PW: neighbor 1.1.1.1, PW ID 1, state is up ( established )
PW class not set, XC ID 0x5000001
Encapsulation MPLS, protocol LDP
PW type Ethernet, control word enabled, interworking none
PW backup disable delay 0 sec
Sequencing not set
MPLS Local Remote
------------ ------------------------------ -----------------------------
Label 30005 16003
Group ID 0x5000300 0x5000400
Interface GigabitEthernet0/4/0/1 GigabitEthernet0/4/0/2
MTU 1500 1500
Control word enabled enabled
PW type Ethernet Ethernet
VCCV CV type 0x2 0x2
(LSP ping verification) (LSP ping verification)
VCCV CC type 0x3 0x3
(control word) (control word)
(router alert label) (router alert label)
------------ ------------------------------ -----------------------------
Create time: 20/11/2007 21:45:07 (00:49:18 ago)
Last time status changed: 20/11/2007 21:45:11 (00:49:14 ago)
Statistics:
packet totals: receive 0
byte totals: receive 0
 
Backup PW:
PW: neighbor 2.2.2.2, PW ID 2, state is up ( established )
Backup for neighbor 1.1.1.1 PW ID 1 ( standby )
PW class not set, XC ID 0x0
Encapsulation MPLS, protocol LDP
PW type Ethernet, control word enabled, interworking none
PW backup disable delay 0 sec
Sequencing not set
MPLS Local Remote
------------ ------------------------------ -----------------------------
Label 30006 16003
Group ID unassigned 0x5000400
Interface unknown GigabitEthernet0/4/0/2
MTU 1500 1500
Control word enabled enabled
PW type Ethernet Ethernet
VCCV CV type 0x2 0x2
(LSP ping verification) (LSP ping verification)
VCCV CC type 0x3 0x3
(control word) (control word)
(router alert label) (router alert label)
------------ ------------------------------ -----------------------------
Backup PW for neighbor 1.1.1.1 PW ID 1
Create time: 20/11/2007 21:45:45 (00:48:40 ago)
Last time status changed: 20/11/2007 21:45:49 (00:48:36 ago)
Statistics:
packet totals: receive 0
byte totals: receive 0
 

次に、バックアップがアクティブであることを示す、 show l2vpn xconnect detail コマンドの出力例を示します。

 
RP/0/RSP0/CPU0:router# show l2vpn xconnect detail
 
Group siva_xc, XC siva_p2p, state is down; Interworking none
AC: GigabitEthernet0/4/0/1, state is up
Type Ethernet
MTU 1500; XC ID 0x5000001; interworking none; MSTi 0
Statistics:
packet totals: send 98
byte totals: send 20798
PW: neighbor 1.1.1.1, PW ID 1, state is down ( local ready )
PW class not set, XC ID 0x5000001
Encapsulation MPLS, protocol LDP
PW type Ethernet, control word enabled, interworking none
PW backup disable delay 0 sec
Sequencing not set
MPLS Local Remote
------------ ------------------------------ -----------------------------
Label 30005 unknown
Group ID 0x5000300 0x0
Interface GigabitEthernet0/4/0/1 unknown
MTU 1500 unknown
Control word enabled unknown
PW type Ethernet unknown
VCCV CV type 0x2 0x0
(none)
(LSP ping verification)
VCCV CC type 0x3 0x0
(none)
(control word)
(router alert label)
------------ ------------------------------ -----------------------------
Create time: 20/11/2007 21:45:06 (00:53:31 ago)
Last time status changed: 20/11/2007 22:38:14 (00:00:23 ago)
Statistics:
packet totals: receive 0
byte totals: receive 0
 
Backup PW:
PW: neighbor 2.2.2.2, PW ID 2, state is up ( established )
Backup for neighbor 1.1.1.1 PW ID 1 ( active )
PW class not set, XC ID 0x0
Encapsulation MPLS, protocol LDP
PW type Ethernet, control word enabled, interworking none
PW backup disable delay 0 sec
Sequencing not set
MPLS Local Remote
------------ ------------------------------ -----------------------------
Label 30006 16003
Group ID unassigned 0x5000400
Interface unknown GigabitEthernet0/4/0/2
MTU 1500 1500
Control word enabled enabled
PW type Ethernet Ethernet
VCCV CV type 0x2 0x2
(LSP ping verification) (LSP ping verification)
VCCV CC type 0x3 0x3
(control word) (control word)
(router alert label) (router alert label)
------------ ------------------------------ -----------------------------
Backup PW for neighbor 1.1.1.1 PW ID 1
Create time: 20/11/2007 21:45:44 (00:52:54 ago)
Last time status changed: 20/11/2007 21:45:48 (00:52:49 ago)
Statistics:
packet totals: receive 0
byte totals: receive 0
 

表 80 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 80 show l2vpn xconnect フィールドの説明

フィールド
説明

XConnect Group

設定済みのすべての相互接続グループを表示します。

Group

相互接続グループの番号を表示します。

Name

相互接続グループの名前を表示します。

説明

相互接続グループの説明を表示します。説明が設定されていない場合は、インターフェイス タイプが表示されます。

ST

相互接続グループのステート:up(UP)または down(DN)です。

 
関連コマンド

コマンド
説明

xconnect group

相互接続グループを設定します。

timeout setup(L2TP)

L2TP セッション設定のタイムアウト定義を設定するには、L2TP クラス コンフィギュレーション モードで timeout setup コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

timeout setup { seconds }

no timeout setup { seconds }

 
シンタックスの説明

seconds

制御チャネルを設定する時間(秒数)。範囲は 60 ~ 6000 秒です。デフォルト値は 300 秒です。

 
デフォルト

seconds :300

 
コマンド モード

L2TP クラス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、400 秒の L2TP セッション設定のタイムアウト値を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2tp-class cisco
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2tp-class)# timeout setup 400
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

authentication(L2TP)

指定したクラス名の L2TP 認証をイネーブルにします。

digest(L2TP)

メッセージ ダイジェスト検証をイネーブルにします。

hello-interval(L2TP)

L2TP の hello-interval 値を設定します。

hidden(L2TP)

非表示 AVP をイネーブルにします。

hostname(L2TP)

L2TP ホスト名 AVP で使用される名前を定義します。

l2tp-class

L2TP コントロール プレーン コンフィギュレーション設定を定義できる L2TP クラス コンフィギュレーション モードを開始します。

password(L2TP)

制御チャネル認証用のパスワードおよびパスワード暗号化タイプを定義します。

receive-window(L2TP)

L2TP サーバの受信ウィンドウ サイズを設定します。

retransmit(L2TP)

L2TP サーバの再送信の再試行およびタイムアウトの値を設定します。

show l2tp session

L2TP セッションに関する情報を表示します。

show l2tp tunnel

L2TP トンネルに関する情報を表示します。

transport mode(L2VPN)

L2VPN 擬似配線クラス転送モードを設定するには、L2VPN 擬似配線クラス MPLS カプセル化モードで transport mode コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

transport mode { ethernet | vlan }

no transport mode { ethernet | vlan }

 
シンタックスの説明

ethernet

イーサネット ポート モードを設定します。

vlan

VLAN タグ付きモードを設定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

L2VPN 擬似配線クラス MPLS カプセル化

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。


no l2vpn コマンドを使用して、すべての L2VPN コンフィギュレーションを削除できます。


タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、イーサネット転送モードを設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# pw-class kanata01
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-pw)# encapsulation mpls
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-encap-mpls)# transport-mode ethernet

 
関連コマンド

コマンド
説明

pw-class(L2VPN)

擬似配線クラス サブモードを開始して、擬似配線クラス テンプレートを定義します。

tunnel-template

tunnel-template コンフィギュレーション サブモードを開始するには、グローバル コンフィギュレーション モードで tunnel-template コマンドを使用します。

tunnel-template template name

no tunnel-template template name

 
シンタックスの説明

template name

トンネル テンプレートの名前を設定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

タスク ID

タスク ID
動作

tunnel

読み取り、書き込み

次に、tunnel-template コンフィギュレーション サブモードを開始する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# tunnel-template template_01

 
関連コマンド

コマンド
説明

xconnect group

相互接続グループを設定します。

xconnect group

相互接続グループを設定するには、L2VPN コンフィギュレーション モードで xconnect group コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

xconnect group group-name

no xconnect group group-name

 
シンタックスの説明

group-name

自由形式の 32 文字ストリングを使用して、相互接続グループ名を設定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

L2VPN コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7 FCI

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドが使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。


) ボックスごとに最大 16K の相互接続を設定できます。


タスク ID

タスク ID
動作

l2vpn

読み取り、書き込み

次に、customer_atlantic のすべての相互接続をグループ化する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# xconnect group customer_atlantic

 
関連コマンド

コマンド
説明

show l2vpn xconnect

設定済みの相互接続に関する詳細情報を表示します。