Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ L2VPN およびイーサネット サービス コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS XR ソフトウェア リリース 4.3.x
リリース 4.3.x の新機能と変更点
リリース 4.3.x の新機能と変更点
発行日;2013/04/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

リリース 4.3.x の新機能と変更点

リリース 4.3.x の新機能と変更点

次の表に、『Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ L2VPN およびイーサネット サービス コンフィギュレーション ガイド』における新機能および変更点の情報を要約し、その参照先を示します。

表 2 新機能および変更された機能

機能
説明
導入/変更が適用されたリリース
参照先

Any Transport over MPLS(AToM)iMSG

この機能が導入されました。

リリース 4.3.0

ポイントツーポイント レイヤ 2 サービス モジュールの実装

AToM iMSG

AToM IP インターワーキングの設定

AToM iMSG 機能の設定および確認に使用するコマンドについては、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router L2VPN and Ethernet Services Command Reference, Release 4.3.x』の「Point to Point Layer 2 Services Commands」を参照してください。

L2VPN over GRE

この機能が導入されました。

リリース 4.3.0

マルチポイント レイヤ 2 サービス モジュールの実装

L2VPN over GRE

L2VPN over GRE の設定

疑似回線ヘッドエンド

この機能が導入されました。

リリース 4.3.0

マルチポイント レイヤ 2 サービス モジュールの実装

疑似回線ヘッドエンド

疑似回線ヘッドエンドの設定

疑似回線ヘッドエンド機能の設定および確認に使用するコマンドについては、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router L2VPN and Ethernet Services Command Reference, Release 4.3.x』の「Point to Point Layer 2 Services Commands」を参照してください。

L2VPN ノンストップ ルーティング

この機能が導入されました。

リリース 4.3.0

ポイントツーポイント レイヤ 2 サービス モジュールの実装

L2VPN ノンストップ ルーティング

L2VPN ノンストップ ルーティングの設定

L2VPN ノンストップ ルーティング機能の設定および確認に使用するコマンドについては、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router L2VPN and Ethernet Services Command Reference, Release 4.3.x』の「Point to Point Layer 2 Services Commands」を参照してください。

プロバイダー バックボーン ブリッジ VPLS

この機能が導入されました。

リリース 4.3.0

IEEE 802.1ah プロバイダー バックボーン ブリッジ モジュールの実装

PBB VPLS の設定

PBB-VPLS の設定:例

プロバイダー バックボーン ブリッジ VPLS 機能の設定および確認に使用するコマンドについては、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router L2VPN and Ethernet Services Command Reference, Release 4.3.x』の「Point to Point Layer 2 Services Commands」、「Multipoint Layer 2 Services Commands」、および「Provider Backbone Bridge Commands」を参照してください。

Multiple I-SID Registration Protocol Lite

この機能が導入されました。

リリース 4.3.0

IEEE 802.1ah プロバイダー バックボーン ブリッジ モジュールの実装

Multiple I-SID Registration Protocol Lite

MIRP Lite の設定:例

プロバイダー バックボーン ブリッジ VPLS 機能の設定および確認に使用するコマンドについては、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router L2VPN and Ethernet Services Command Reference, Release 4.3.x』の「Point to Point Layer 2 Services Commands」、「Multipoint Layer 2 Services Commands」、および「Provider Backbone Bridge Commands」を参照してください。

バンドル インターフェイス上の Per-VLAN スパニングツリー アクセス ゲートウェイ

この機能が導入されました。

リリース 4.3.0

マルチ スパニングツリー プロトコル モジュールの実装

バンドル インターフェイスの PVSTAG

疑似回線のグループ化

この機能が導入されました。

リリース 4.3.0

ポイントツーポイント レイヤ 2 サービス モジュールの実装

疑似回線のグループ化

疑似回線のグループ化のイネーブル化