Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ システム管理コンフィギュレーション ガイド リリース 4.3.x
物理端末および仮想端末の実装: Cisco ASR 9000 Series Router
物理端末および仮想端末の実装: Cisco ASR 9000 Series Router
発行日;2013/02/28   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

物理端末および仮想端末の実装: Cisco ASR 9000 Series Router

ライン テンプレートは、物理端末回線および仮想端末回線(VTY)を介した着信および送信転送の標準属性の設定を定義します。 VTY プールを使用して、さまざまな仮想端末回線にテンプレートの設定を適用します。


(注)  


VTY プールを作成または変更する前に、グローバル コンフィギュレーション モードで telnet server コマンドを使用して、Telnet サーバをイネーブルにします。 詳細については、 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router IP Addresses and Services Configuration Guide』および 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router IP Addresses and Services Command Reference』を参照してください。


ここでは、Cisco IOS XR ネットワークでの物理端末および仮想端末の実装に必要な新規および改訂されたタスクについて説明します。

Cisco IOS XR ソフトウェア上での物理端末および仮想端末に関する情報とこのモジュールに記載されている端末サービス コマンドの詳しい説明については、関連資料を参照してください。 設定作業の実行中に出てくるその他のコマンドのマニュアルを特定するには、オンラインで 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Commands Master List』内を検索してください。

表 1 物理テンプレートおよび仮想テンプレート実装の機能履歴: Cisco IOS XR ソフトウェア

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

この機能が導入されました。

このモジュールは次のトピックで構成されています。

物理端末と仮想端末を実装するための前提条件

適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 このコマンド リファレンスには、各コマンドに必要なタスク ID が含まれます。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

物理端末および仮想端末の実装について

物理端末および仮想端末を実装するには、この項の内容を理解しておく必要があります。

ライン テンプレート

Cisco IOS XR ソフトウェアでは次のライン テンプレートが使用できます。

  • デフォルト ライン テンプレート:物理および仮想端末回線に適用されます。
  • コンソール ライン テンプレート:コンソール回線に適用されます。
  • ユーザ定義ライン テンプレート:仮想端末回線の範囲に適用できます。

ライン テンプレート コンフィギュレーション モード

ライン テンプレートの属性の変更は、ライン テンプレート コンフィギュレーション モードで行います。 ライン テンプレート コンフィギュレーション モードに移行するには、グローバル コンフィギュレーション モードから line コマンドを実行し、変更するテンプレートを指定します。 これらのライン テンプレートは、line コマンドを使用して設定できます。

  • console:コンソールのテンプレート
  • default:デフォルト テンプレート
  • template:ユーザ定義のテンプレート

line コマンドでテンプレートを指定すると、ルータは指定されたラインの端末属性を設定できるライン テンプレート コンフィギュレーション モードを開始します。 次に、コンソールの属性を指定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# line console
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)#
  

ライン テンプレート コンフィギュレーション モードで、すべての使用可能なオプションを表示するには、オンライン ヘルプ機能(? )を使用します。 次に、便利なオプションの一部を示します。

  • absolute-timeout:ライン切断のタイムアウト値を指定します。
  • escape-character:ラインのエスケープ文字を変更します。
  • exec-timeout:EXEC タイムアウトを指定します。
  • length:画面に表示する行数を設定します。
  • session-limit:許容される発信接続の数を指定します。
  • session-timeout:入力トラフィックがない場合に接続を切断するインターバルを指定します。
  • timestamp:各コマンドの前にタイムスタンプを表示します。
  • width:表示端末の幅を指定します。

ライン テンプレート ガイドライン

コンソール テンプレートの変更およびユーザ定義テンプレートの設定について、次のガイドラインが適用されます。

  • ルータ上の物理端末回線(コンソール ポート)のテンプレートは、ライン テンプレート コンフィギュレーション モードから変更します。 グローバル コンフィギュレーション モードの line console コマンドを使って、コンソール テンプレートのライン テンプレート コンフィギュレーション モードへ移行します。
  • 仮想回線のテンプレートは、line template-name コマンドでユーザ定義テンプレートを設定し、ライン テンプレート コンフィギュレーションからユーザ定義テンプレートの端末属性を設定して、vty pool コマンドを使って複数の仮想端末回線にテンプレートを適用することによって変更します。

コンソール テンプレートまたはいずれの仮想テンプレートにも定義されていない属性は、デフォルト テンプレートの属性となります。

デフォルト テンプレートのデフォルト設定については、 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router System Management Command Reference』「Terminal Services Commands on Cisco ASR 9000 Series Router」モジュールの項にライン テンプレート コンフィギュレーション モードのすべてのコマンドに関する記述があります。


(注)  


VTY プールを作成または変更する前に、グローバル コンフィギュレーション モードで telnet server コマンドを使用して、Telnet サーバをイネーブルにします。 詳細については、 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router IP Addresses and Services Configuration Guide』および 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router IP Addresses and Services Command Reference』を参照してください。


端末の識別

コンソール ポート用の物理端末回線は、各コンソール ポートが存在するアクティブまたはスタンバイ ルート プロセッサ(RP)上での位置(rack/slot/module の形式で表される)によって識別されます。 仮想端末の場合、物理的な位置は適用できません。Cisco IOS XR ソフトウェアは、VTY 接続が確立された順序に従って VTY ID を VTY に割り当てます。

VTY プール

各仮想ラインは、共通のライン テンプレート コンフィギュレーションを使用する接続プールのメンバーです。 複数の VTY プールが存在する場合があり、それぞれ、VTY プールに設定されているとおりに、定義された数の VTY が含まれます。 Cisco IOS XR ソフトウェアは、デフォルトで次の VTY プールをサポートします。

  • デフォルトの VTY プール:デフォルトの VTY プールは、5 つの VTY(VTY 0 ~ 4)で構成され、それぞれデフォルト ライン テンプレートを参照します。
  • デフォルトの障害マネージャ プール:デフォルトの障害マネージャ プールは、6 つの VTY(VTY 100 ~ 105)で構成され、それぞれデフォルト ライン テンプレートを参照します。

デフォルトの VTY プールおよびデフォルトの障害マネージャ プールのほかに、デフォルト テンプレートまたはユーザ定義テンプレートを参照できる、ユーザ定義の VTY プールを設定することもできます。

VTY プールを設定する際は、次のガイドラインに従ってください。

  • デフォルト VTY プールの VTY の範囲は、VTY 0 から開始し、5 つ以上の VTY を含む必要があります。
  • 0 ~ 99 の範囲の VTY は、デフォルトの VTY プールを参照できます。
  • 5 ~ 99 の範囲の VTY は、ユーザ定義の VTY プールを参照できます。
  • 100 以上の範囲の VTY は、障害マネージャの VTY プール用に予約されています。
  • 障害マネージャ VTY プールの VTY の範囲は、VTY 100 から開始し、6 つ以上の VTY を含む必要があります。
  • 1 つの VTY がメンバになることができる VTY プールは 1 つだけです。 別のプールにすでに含まれる VTY を含めると、VTY プールの設定は失敗します。
  • VTY プールを設定するときにアクティブな VTY プールからアクティブな VTY を削除しようとすると、その VTY プールの設定は失敗します。

Cisco IOS XR ソフトウェアでの物理および仮想端末の実装方法

テンプレートの変更

ここでは、コンソール ライン テンプレートとデフォルト ライン テンプレートの端末属性を変更する方法について説明します。 設定した端末属性によって、指定したテンプレートのテンプレート設定が変更されます。

手順の概要

    1.    configure

    2.    line {console | default}

    3.    ライン テンプレート コンフィギュレーション モードでコマンドを使用して、特定のテンプレートの端末属性を設定します。

    4.    次のいずれかのコマンドを使用します。

    • end
    • commit


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 configure


    例:
    RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 2 line {console | default}


    例:
    RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# line console

    または

    RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# line default
     

    指定されたライン テンプレートのライン テンプレート コンフィギュレーション モードが開始されます。

    • console:コンソール テンプレートのライン テンプレート コンフィギュレーション モードが開始されます。
    • default :デフォルト ライン テンプレートのライン テンプレート コンフィギュレーション モードを開始します。
     
    ステップ 3ライン テンプレート コンフィギュレーション モードでコマンドを使用して、特定のテンプレートの端末属性を設定します。 

     
    ステップ 4次のいずれかのコマンドを使用します。
    • end
    • commit


    例:
    RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)# end

    または

    RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)# commit
     

    設定変更を保存します。

    • end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。
      Uncommitted changes found, commit them 
      before exiting(yes/no/cancel)?
      [cancel]:
      
      • yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。
      • no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。
      • cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。
    • 実行コンフィギュレーション ファイルに変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、commit コマンドを使用します。
     

    VTY プールの作成および変更

    このタスクでは、VTY プールを作成および変更する方法について説明します。

    VTY プールを参照するようにデフォルト ライン テンプレートを設定している場合は、3から5を省略できます。

    手順の概要

      1.    configure

      2.    telnet {ipv4 | ipv6} server max-servers limit

      3.    line template template-name

      4.    ライン テンプレート コンフィギュレーション モードでコマンドを使用して、特定のライン テンプレートの端末属性設定を設定します。

      5.    exit

      6.    vty-pool {default | pool-name | eem} first-vty last-vty [line-template {default | template-name}]

      7.    次のいずれかのコマンドを使用します。

      • end
      • commit


    手順の詳細
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1 configure


      例:
      RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
       

      グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

       
      ステップ 2 telnet {ipv4 | ipv6} server max-servers limit


      例:
      RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# telnet 
          ipv4 server max-servers 10
       

      許可できる Telnet サーバの数を指定します。 最大で 100 台までの Telnet サーバを許可できます。

      (注)     

      デフォルトでは、Telnet サーバは許可されていません。 Telnet サーバを使用できるようにするには、このコマンドを設定する必要があります。

       
      ステップ 3 line template template-name


      例:
      RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# line 
          template 1
       

      ユーザ定義のテンプレートのライン テンプレート コンフィギュレーション モードを開始します。

       
      ステップ 4ライン テンプレート コンフィギュレーション モードでコマンドを使用して、特定のライン テンプレートの端末属性設定を設定します。  

       
      ステップ 5 exit


      例:
      RP/0/RSP0/CPU0:router(config-line)# exit
       

      ライン テンプレート コンフィギュレーション モードを終了し、グローバル コンフィギュレーション モードに戻ります。

       
      ステップ 6 vty-pool {default | pool-name | eem} first-vty last-vty [line-template {default | template-name}]


      例:
      RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# vty-pool 
          default 0 5 line-template default

      または

      RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# vty-pool
          pool1 5 50 line-template template1

      または

      RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# vty-pool
          eem 100 105 line-template template1
       

      VTY プールを作成または変更します。

      • line-template キーワードを使用してライン テンプレートを指定しないと、VTY プールがデフォルトのライン テンプレートになります。
      • default:デフォルトの VTY プールを設定します。
        • デフォルトの VTY プールは、VTY 0 から開始し、5 つ以上の VTY(VTY 0 ~ 4)を含む必要があります。
        • デフォルトの VTY プールを構成する VTY の範囲を大きくすることによって、デフォルトの VTY プールのサイズを変更できます。
      • pool-name:ユーザ定義の VTY プールを作成します。
        • ユーザ定義のプールは、少なくとも VTY 5 から開始する必要があります。ただし、デフォルトの VTY プールのサイズが変更されたかどうかにもよります。
        • デフォルトの VTY プールの VTY の範囲のサイズが変更された場合、デフォルト ライン テンプレートがない最初の範囲の値を使用します。 たとえば、デフォルトの VTY プールの VTY の範囲が 10 個の VTY が含まれるよう変更されている場合は(VTY 0 ~ 9)、ユーザ定義の VTY プールの範囲の値は VTY 10 から始まるようにします。
      • eem:Embedded Event Manager のプールを設定します。
        • デフォルトの Embedded Event Manager の VTY プールは、VTY 100 から開始し、6 つ以上の VTY(VTY 100 ~ 105)を含む必要があります。
      • line-template template-name:ユーザ定義のテンプレートを参照する VTY プールを設定します。
       
      ステップ 7次のいずれかのコマンドを使用します。
      • end
      • commit


      例:
      RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# end

      または

      RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# commit
       

      設定変更を保存します。

      • end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。
        Uncommitted changes found, commit them
        before exiting(yes/no/cancel)? [cancel]:
        
        • yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。
        • no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。
        • cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。
      • 設定変更を実行コンフィギュレーション ファイルに保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、commit コマンドを使用します。
       

      端末および端末セッションのモニタリング

      このタスクでは、物理回線および端末回線に使用可能な show EXEC コマンドを使用して、端末と端末セッションをモニタする方法について説明します。


      (注)  


      コマンドは任意の順序で入力できます。


      手順の概要

        1.    (任意) show line [aux location node-id | console location node-id | vty number]

        2.    (任意) show terminal

        3.    (任意) show users


      手順の詳細
         コマンドまたはアクション目的
        ステップ 1 show line [aux location node-id | console location node-id | vty number]


        例:
        RP/0/RSP0/CPU0:router# show line
         
        (任意)

        端末回線の端末パラメータを表示します。

        • show line aux location node-id EXEC コマンドを指定すると、補助回線の端末パラメータが表示されます。
        • show line console location node-id EXEC コマンドを実行すると、コンソールの端末パラメータが表示されます。
          • location node-id キーワードおよび引数については、それぞれの補助回線またはコンソール ポートが存在するルート プロセッサ(RP)の場所を入力します。
          • node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。
        • show line vty number EXEC コマンドを指定すると、指定した VTY の端末パラメータを表示します。
         
        ステップ 2 show terminal


        例:
        RP/0/RSP0/CPU0:router# show terminal
         
        (任意)

        現在の端末回線の端末属性設定を表示します。

         
        ステップ 3 show users


        例:
        RP/0/RSP0/CPU0:router# show users
         
        (任意)

        ルータのアクティブ回線に関する情報を表示します。

         

        物理および仮想端末の実装の設定例

        コンソール テンプレートの変更:例

        この設定例は、コンソール ライン テンプレートの端末属性の設定を変更する方法を示します。

        line console
          exec-timeout 0 0
          escape-character 0x5a 
          session-limit 10
          disconnect-character 0x59
          session-timeout 100
          transport input telnet
          transport output telnet
          

        この設定例では、次の端末属性がコンソール ライン テンプレートに適用されます。

        • 端末セッションの EXEC タイムアウトは 0 分、0 秒に設定されます。 EXEC タイムアウトを 0 分、0 秒に設定すると、EXEC タイムアウト機能がディセーブルになります。したがって、端末セッションの EXEC セッションがタイムアウトになることはありません。
        • エスケープ文字は 0x5a の 16 進数値に設定されます(0x5a の 16 進数値は「Z」の文字に変換されます)。
        • 発信端末セッションのセッション制限は、10 接続に設定されます。
        • 切断文字は 0x59 の 16 進数値に設定されます(0x59 の 16 進文字は「Y」の文字に変換されます)。
        • 発信端末セッションのセッション タイムアウトは 100 分(1 時間 40 分)に設定されます。
        • 着信端末セッションに許可されるトランスポート プロトコルは、Telnet です。
        • 発信端末セッションに許可されるトランスポート プロトコルは、Telnet です。

        コンソール ライン テンプレートの端末属性がコンソールに適用されたことを確認するには、show line コマンドを使用します。

        RP/0/RSP0/CPU0:router# show line console location 0/0/CPU0 
          
        Tty             Speed     Modem  Uses   Noise Overruns           Acc I/O
        *  con0/0/CPU0      9600        -     -       -      0/0               -/-
        
        Line con0_0_CPU0, Location "Unknown", Type "Unknown"
        Length: 24 lines, Width: 80 columns
        Baud rate (TX/RX) is 9600, 1 parity, 2 stopbits, 8 databits
        Template: console
        Config: 
        Allowed transports are telnet.
          

        デフォルト テンプレートの変更:例

        次の設定例では、デフォルト ライン テンプレートの端末設定を上書きする例を示します。

        line default
          exec-timeout 0 0
          width 512
          length 512
          

        次の例では、次の端末属性はデフォルト ライン テンプレートのデフォルト端末属性の設定を上書きします。

        • 端末セッションの EXEC タイムアウトは 0 分、0 秒に設定されます。 EXEC タイムアウトを 0 分、0 秒に設定すると、EXEC タイムアウト機能をディセーブルにします。したがって、端末セッションの EXEC セッションは一切タイムアウトしません(デフォルト ライン テンプレートのデフォルトの EXEC タイムアウトは 10 分です)。
        • デフォルト テンプレートを参照する端末の端末画面幅が 512 文字に設定されます(デフォルト ライン テンプレートのデフォルトの幅は 80 文字です)。
        • デフォルト テンプレートを参照する端末に一度に表示する長さ、つまり行数は 512 行に設定されます(デフォルト ライン テンプレートのデフォルトの長さは 24 行です)。

        デフォルト VTY プールを参照するユーザ定義テンプレートの設定:例

        この設定例では、VTY 用のユーザ定義ライン テンプレート(この例では test という名前)を設定し、デフォルト VTY プールを参照するようにライン テンプレート テストを設定する方法を示します。

        line template test
          exec-timeout 100 0
          width 100
          length 100
          exit
        vty-pool default 0 4 line-template test
        

        ユーザ定義の VTY プールを参照するユーザ定義テンプレートの設定:例

        この設定例は、VTY のユーザ定義のライン テンプレート(この例では test2 という名前)を設定し、ユーザ定義の VTY プール(この例では pool1 という名前)を参照するライン テンプレート テストを設定をする方法を示します。

        line template test2
          exec-timeout 0 0
          session-limit 10
          session-timeout 100
          transport input all
          transport output all
          exit
        vty-pool pool1 5 50 line-template test2
        

        障害マネージャの VTY プールを参照するユーザ定義テンプレートの設定:例

        この設定例では、VTY のユーザ定義ライン テンプレート(この例では test3 という名前)を設定し、障害マネージャの VTY プールを参照するようにライン テンプレート テストを設定する方法を示します。

        line template test3
          width 110
          length 100
          session-timeout 100
          exit
          vty-pool eem 100 106 line-template test3
        

        その他の関連資料

        ここでは、Cisco IOS XR ソフトウェアでの物理および仮想端末の実装に関する参考資料について説明します。

        関連資料

        関連項目

        マニュアル タイトル

        Cisco IOS XR 端末サービス コマンド

        『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router System Management Command Reference』 の「Terminal Services Commands on Cisco ASR 9000 Series Router」モジュール

        Cisco IOS XR コマンド マスター インデックス

        『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Commands Master List』

        開始にあたっての情報: Cisco IOS XR ソフトウェア

        『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Getting Started Guide』

        ユーザ グループとタスク ID に関する情報

        『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router System Security Configuration Guide』 の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Router」モジュール

        標準

        標準

        タイトル

        この機能でサポートされる新規の標準または変更された標準はありません。また、既存の標準のサポートは変更されていません。

        MIB

        MIB

        MIB のリンク

        Cisco IOS XR ソフトウェアを使用して MIB を検索およびダウンロードするには、http:/​/​cisco.com/​public/​sw-center/​netmgmt/​cmtk/​mibs.shtml にある Cisco MIB Locator を使用し、[Cisco Access Products] メニューからプラットフォームを選択します。

        RFC

        RFC

        タイトル

        この機能によりサポートされた新規 RFC または改訂 RFC はありません。またこの機能による既存 RFC のサポートに変更はありません。

        シスコのテクニカル サポート

        説明

        リンク

        シスコのテクニカル サポート Web サイトでは、製品、テクノロジー、ソリューション、技術的なヒント、およびツールへのリンクなどの、数千ページに及ぶ技術情報が検索可能です。 Cisco.com に登録済みのユーザは、このページから詳細情報にアクセスできます。

        http:/​/​www.cisco.com/​cisco/​web/​support/​index.html