Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ システム管理コンフィギュレーション ガイド リリース 4.3.x
ルータ ハードウェアの管理
ルータ ハードウェアの管理
発行日;2013/02/28   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

目次

ルータ ハードウェアの管理

この章では、Cisco IOS XR ソフトウェアを実行しているルータのハードウェア コンポーネントの管理および設定に使用されるコマンドライン インターフェイス(CLI)の手法およびコマンドについて説明します。

このモジュール内に記載されているコマンドの詳細については、その他の関連資料を参照してください。 設定作業の実行中に出てくるその他のコマンドのマニュアルを特定するには、オンラインで 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Commands Master List』内を検索してください。

表 1 ルータ ハードウェアの管理の機能履歴: Cisco IOS XR ソフトウェア

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

この機能が導入されました。

このモジュールは次のトピックで構成されています。

ルータ ハードウェアの管理の前提条件

適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 このコマンド リファレンスには、各コマンドに必要なタスク ID が含まれます。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

ハードウェア ステータスの表示

ここでは、さまざまな種類のハードウェアのステータス情報を表示する方法について説明します。

SDR ハードウェアのバージョン情報の表示

セキュア ドメイン ルータ(SDR)に割り当てられたコンポーネントのハードウェア バージョン情報を表示するには、指定シェルフ コントローラ(DSC)に接続して、EXEC モードで show diag コマンドを入力します。 表示される情報には、カードのシリアル番号および ROMMON ソフトウェアのバージョンが含まれます。

EXEC モードにおける show diag コマンドの構文は次のとおりです。

show diag [node-id | details | summary]

次の例では、show diag コマンドは SDR 内のすべてのノードの情報を表示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router# show diag

Mon Jun 29 00:36:41.576 PST

NODE module 0/RSP0/CPU0 : 

  MAIN:  board type 0x100302
  S/N:   FOC1230803H
  Top Assy. Number:   68-3160-04
  PID:   A2K-RSP-4G-HDD=
  UDI_VID:   VP4
  HwRev: V4.8
  New Deviation Number: 0
  CLEI:  IPUCARJBAA
  Board State : IOS XR RUN
  PLD:    Motherboard: N/A, Processor: 0x8004 (rev: 2.2), Power: N/A
  MONLIB: QNXFFS Monlib Version 3.2
  ROMMON: Version 1.0(20081208:173612) [ASR9K ROMMON]
  Board FPGA/CPLD/ASIC Hardware Revision:
    Compact Flash : V1.0
     XbarSwitch0  : V1.3
     XbarSwitch1  : V1.3
     XbarArbiter  : V1.0
     XbarInterface  : V0.0
     IntCtrl  : V1.14
     ClkCtrl  : V1.13
     PuntFPGA  : V1.5
     HD  : V3.0
     USB0  : V77.20
     USB1  : V77.20
     CPUCtrl  : V1.17
     UTI  : V1.6
     LIU  : V1.0
     MLANSwitch  : V0.0
     EOBCSwitch  : V2.0
     CBC (active partition)  : v1.2
     CBC (inactive partition)  : v1.1

NODE module 0/1/CPU0 :  

  MAIN:  board type 0x20207
  S/N:   FOC123081J6
  Top Assy. Number:   68-3182-03
  PID:   A9K-40GE-B
  UDI_VID:   V1D
  HwRev: V0.0
  New Deviation Number: 0
  CLEI:   
  Board State : IOS XR RUN
  PLD:    Motherboard: N/A, Processor: 0x8004 (rev: 2.2), Power: N/A
  ROMMON: Version 1.0(20081208:174521) [ASR9K ROMMON]
  Board FPGA/CPLD/ASIC Hardware Revision:
     NP0  : V3.194
     NP1  : V3.194
     NP2  : V3.194
     NP3  : V3.194
     XbarInterface  : V18.4
     Bridge0  : V0.38
     Bridge1  : V0.38
     CPUCtrl  : V0.15
     USB  : V77.20
     PortCtrl  : V0.8
     PHYCtrl  : V0.6
     40 Port Gigabit Ethernet Daughter board  : V0.0
     CBC (active partition)  : v2.2
     CBC (inactive partition)  : v2.1

NODE module 0/4/CPU0 :  

  MAIN:  board type 0x2020a
  S/N:   FOC123081JA
  Top Assy. Number:   68-3183-02
  PID:   A9K-8T/4-B
  UDI_VID:   V1D
  HwRev: V0.0
  New Deviation Number: 0
  CLEI:  IPU3AE0CAA
  Board State : IOS XR RUN
  PLD:    Motherboard: N/A, Processor: 0x8004 (rev: 2.2), Power: N/A
  ROMMON: Version 1.0(20081208:174521) [ASR9K ROMMON]
  Board FPGA/CPLD/ASIC Hardware Revision:
     NP0  : V3.194
     NP1  : V3.194
     NP2  : V3.194
     NP3  : V3.194
     XbarInterface  : V18.4
     Bridge0  : V0.38
     Bridge1  : V0.38
     CPUCtrl  : V0.15
     USB  : V77.20
     PortCtrl  : V0.10
     PHYCtrl  : V0.7
     PHY0  : V0.16
     PHY1  : V0.16
     PHY2  : V0.16
     PHY3  : V0.16
     PHY4  : V0.16
     PHY5  : V0.16
     PHY6  : V0.16
     PHY7  : V0.16
     8 Port Ten Gigabit Ethernet Daughter board  : V0.0
     CBC (active partition)  : v2.2
     CBC (inactive partition)  : v2.1

NODE module 0/6/CPU0 :  

  MAIN:  board type 0x20208
  S/N:   FHH12250033
  Top Assy. Number:   68-3184-02
  PID:   A9K-4T-B
  UDI_VID:   V1D
  HwRev: V0.0
  New Deviation Number: 0
  CLEI:   
  Board State : IOS XR RUN
  PLD:    Motherboard: N/A, Processor: 0x8004 (rev: 2.2), Power: N/A
  ROMMON: Version 1.0(20081208:174521) [ASR9K ROMMON]
  Board FPGA/CPLD/ASIC Hardware Revision:
     NP0  : V3.194
     NP1  : V3.194
     NP2  : V3.194
     NP3  : V3.194
     XbarInterface  : V18.4
     Bridge0  : V0.38
     Bridge1  : V0.38
     CPUCtrl  : V0.15
     USB  : V77.20
     PHY0  : V0.16
     PHY1  : V0.16
     PHY2  : V0.16
     PHY3  : V0.16
     PortCtrl  : V0.10
     PHYCtrl  : V0.7
     4 Port Ten Gigabit Ethernet Daughter board  : V0.0
     CBC (active partition)  : v2.2
     CBC (inactive partition)  : v2.1

  

次の例では、show diag コマンドは 1 つのノードの情報を表示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router# show diag 0/6/cpu0

Mon Jun 29 00:41:43.450 PST

NODE module 0/6/CPU0 :  

  MAIN:  board type 0x20208
  S/N:   FHH12250033
  Top Assy. Number:   68-3184-02
  PID:   A9K-4T-B
  UDI_VID:   V1D
  HwRev: V0.0
  New Deviation Number: 0
  CLEI:   
  Board State : IOS XR RUN
  PLD:    Motherboard: N/A, Processor: 0x8004 (rev: 2.2), Power: N/A
  ROMMON: Version 1.0(20081208:174521) [ASR9K ROMMON]
  Board FPGA/CPLD/ASIC Hardware Revision:
     NP0  : V3.194
     NP1  : V3.194
     NP2  : V3.194
     NP3  : V3.194
     XbarInterface  : V18.4
     Bridge0  : V0.38
     Bridge1  : V0.38
     CPUCtrl  : V0.15
     USB  : V77.20
     PHY0  : V0.16
     PHY1  : V0.16
     PHY2  : V0.16
     PHY3  : V0.16
     PortCtrl  : V0.10
     PHYCtrl  : V0.7
     4 Port Ten Gigabit Ethernet Daughter board  : V0.0
     CBC (active partition)  : v2.2
     CBC (inactive partition)  : v2.1

  

システム ハードウェアのバージョン情報の表示

システムに割り当てられたすべての、または一部のコンポーネントのハードウェアのバージョン情報を表示するには、指定シェルフ コントローラ(DSC)に接続して、管理 EXEC モードで show diag コマンドを入力します。 このコマンドを管理 EXEC モードで入力すると、RSP、ラインカード、およびシャーシ、ファン トレイ、電源などのシステム コンポーネントの情報を表示できます。


(注)  


EXEC モードで show diag コマンドを入力すると、ソフトウェアは接続した SDR に割り当てられているハードウェアのみを表示します。


管理 EXEC モードにおける show diag コマンドの構文は次のとおりです。

show diag [node-id | chassis | details | fans | memory | power-supply | summary]


ヒント


ソフトウェアのバージョンの詳細については、show version コマンドを使用します。


次の例では、show diag コマンドはシステム内のすべてのノードの情報を表示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router(admin)# show diag

Mon Jun 29 01:21:04.571 PST

NODE module 0/RSP0/CPU0 : 

  MAIN:  board type 0x100302
  S/N:   FOC1230803H
  Top Assy. Number:   68-3160-04
  PID:   A2K-RSP-4G-HDD=
  UDI_VID:   VP4
  HwRev: V4.8
  New Deviation Number: 0
  CLEI:  IPUCARJBAA
  Board State : IOS XR RUN
  PLD:    Motherboard: N/A, Processor: 0x8004 (rev: 2.2), Power: N/A
  MONLIB: QNXFFS Monlib Version 3.2
  ROMMON: Version 1.0(20081208:173612) [ASR9K ROMMON]
  Board FPGA/CPLD/ASIC Hardware Revision:
    Compact Flash : V1.0
     XbarSwitch0  : V1.3
     XbarSwitch1  : V1.3
     XbarArbiter  : V1.0
     XbarInterface  : V0.0
     IntCtrl  : V1.14
     ClkCtrl  : V1.13
     PuntFPGA  : V1.5
     HD  : V3.0
     USB0  : V77.20
     USB1  : V77.20
     CPUCtrl  : V1.17
     UTI  : V1.6
     LIU  : V1.0
     MLANSwitch  : V0.0
     EOBCSwitch  : V2.0
     CBC (active partition)  : v1.2
     CBC (inactive partition)  : v1.1

NODE fantray 0/FT0/SP : 

  MAIN:  board type 0x900211
  S/N:   
  Top Assy. Number:   32-0000-00
  PID:   
  UDI_VID:   
  HwRev: V32.0
  New Deviation Number: 0
  CLEI:  
  PLD:    Motherboard: N/A, Processor: N/A, Power: N/A
  ROMMON: 
  Board FPGA/CPLD/ASIC Hardware Revision:
     CBC (active partition)  : v4.0
     CBC (inactive partition)  : v0.13

NODE fantray 0/FT1/SP : 

  MAIN:  board type 0x900211
  S/N:   
  Top Assy. Number:   32-0000-00
  PID:   
  UDI_VID:   
  HwRev: V32.0
  New Deviation Number: 0
  CLEI:  
  PLD:    Motherboard: N/A, Processor: N/A, Power: N/A
  ROMMON: 
  Board FPGA/CPLD/ASIC Hardware Revision:
     CBC (active partition)  : v4.0
     CBC (inactive partition)  : v0.13

NODE module 0/1/CPU0 :  

  MAIN:  board type 0x20207
  S/N:   FOC123081J6
  Top Assy. Number:   68-3182-03
  PID:   A9K-40GE-B
  UDI_VID:   V1D
  HwRev: V0.0
  New Deviation Number: 0
  CLEI:   
  Board State : IOS XR RUN
  PLD:    Motherboard: N/A, Processor: 0x8004 (rev: 2.2), Power: N/A
  ROMMON: Version 1.0(20081208:174521) [ASR9K ROMMON]
  Board FPGA/CPLD/ASIC Hardware Revision:
     NP0  : V3.194
     NP1  : V3.194
     NP2  : V3.194
     NP3  : V3.194
     XbarInterface  : V18.4
     Bridge0  : V0.38
     Bridge1  : V0.38
     CPUCtrl  : V0.15
     USB  : V77.20
     PortCtrl  : V0.8
     PHYCtrl  : V0.6
     40 Port Gigabit Ethernet Daughter board  : V0.0
     CBC (active partition)  : v2.2
     CBC (inactive partition)  : v2.1

NODE module 0/4/CPU0 :  

  MAIN:  board type 0x2020a
  S/N:   FOC123081JA
  Top Assy. Number:   68-3183-02
  PID:   A9K-8T/4-B
  UDI_VID:   V1D
  HwRev: V0.0
  New Deviation Number: 0
  CLEI:  IPU3AE0CAA
  Board State : IOS XR RUN
  PLD:    Motherboard: N/A, Processor: 0x8004 (rev: 2.2), Power: N/A
  ROMMON: Version 1.0(20081208:174521) [ASR9K ROMMON]
  Board FPGA/CPLD/ASIC Hardware Revision:
     NP0  : V3.194
     NP1  : V3.194
     NP2  : V3.194
     NP3  : V3.194
     XbarInterface  : V18.4
     Bridge0  : V0.38
     Bridge1  : V0.38
     CPUCtrl  : V0.15
     USB  : V77.20
     PortCtrl  : V0.10
     PHYCtrl  : V0.7
     PHY0  : V0.16
     PHY1  : V0.16
     PHY2  : V0.16
     PHY3  : V0.16
     PHY4  : V0.16
     PHY5  : V0.16
     PHY6  : V0.16
     PHY7  : V0.16
     8 Port Ten Gigabit Ethernet Daughter board  : V0.0
     CBC (active partition)  : v2.2
     CBC (inactive partition)  : v2.1

NODE module 0/6/CPU0 :  

  MAIN:  board type 0x20208
  S/N:   FHH12250033
  Top Assy. Number:   68-3184-02
  PID:   A9K-4T-B
  UDI_VID:   V1D
  HwRev: V0.0
  New Deviation Number: 0
  CLEI:   
  Board State : IOS XR RUN
  PLD:    Motherboard: N/A, Processor: 0x8004 (rev: 2.2), Power: N/A
  ROMMON: Version 1.0(20081208:174521) [ASR9K ROMMON]
  Board FPGA/CPLD/ASIC Hardware Revision:
     NP0  : V3.194
     NP1  : V3.194
     NP2  : V3.194
     NP3  : V3.194
     XbarInterface  : V18.4
     Bridge0  : V0.38
     Bridge1  : V0.38
     CPUCtrl  : V0.15
     USB  : V77.20
     PHY0  : V0.16
     PHY1  : V0.16
     PHY2  : V0.16
     PHY3  : V0.16
     PortCtrl  : V0.10
     PHYCtrl  : V0.7
     4 Port Ten Gigabit Ethernet Daughter board  : V0.0
     CBC (active partition)  : v2.2
     CBC (inactive partition)  : v2.1

NODE power-module 0/PM0/SP : 

  MAIN:  board type 0xf00188
  S/N:   
  Top Assy. Number:   341-00032-01
  PID:   A9K-3KW-AC
  UDI_VID:   V00
  HwRev: V0.0
  New Deviation Number: 0
  CLEI:  ACACACACAC
  PLD:    Motherboard: N/A, Processor: N/A, Power: N/A
  ROMMON: 
  Board FPGA/CPLD/ASIC Hardware Revision:

NODE power-module 0/PM1/SP : 

  MAIN:  board type 0xf00188
  S/N:   
  Top Assy. Number:   341-00032-01
  PID:   A9K-3KW-AC
  UDI_VID:   V00
  HwRev: V0.0
  New Deviation Number: 0
  CLEI:  ACACACACAC
  PLD:    Motherboard: N/A, Processor: N/A, Power: N/A
  ROMMON: 
  Board FPGA/CPLD/ASIC Hardware Revision:

NODE power-module 0/PM2/SP : 

  MAIN:  board type 0xf00188
  S/N:   
  Top Assy. Number:   341-00032-01
  PID:   A9K-3KW-AC
  UDI_VID:   V00
  HwRev: V0.0
  New Deviation Number: 0
  CLEI:  ACACACACAC
  PLD:    Motherboard: N/A, Processor: N/A, Power: N/A
  ROMMON: 
  Board FPGA/CPLD/ASIC Hardware Revision:
 
Rack 0 - ASR-9010 Chassis, Includes Accessories
  RACK NUM: 0
  S/N:   
  PID:   ASR-9010 Backplane
  VID:   0.1
  Desc:  ASR-9010 Chassis, Includes Accessories
  CLEI:  NOCLEI
  Top Assy. Number:   68-1234-56
  

次の例では、show diag コマンドは 1 つのシステム コンポーネントの情報を表示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router(admin)# show diag chassis

Mon Jun 29 01:25:05.711 PST

Rack 0 - ASR-9010 Chassis, Includes Accessories
  RACK NUM: 0
  S/N:   
  PID:   ASR-9010 Backplane
  VID:   0.1
  Desc:  ASR-9010 Chassis, Includes Accessories
  CLEI:  NOCLEI
  Top Assy. Number:   68-1234-56
  

ソフトウェアおよびハードウェアの情報の表示

show version コマンドでは、ハードウェアやソフトウェアのバージョン、ルータのアップタイム、起動設定(コンフィギュレーション レジスタなど)、アクティブなソフトウェアなど、さまざまなシステム情報が表示されます。

次に、show version コマンドの出力例を示します。


RP/0/RP0/CPU0:router# show version

Sat Aug  1 22:52:39.089 DST

Cisco IOS XR Software, Version 3.9.0.16I[DT_IMAGE]
Copyright (c) 2009 by Cisco Systems, Inc.

ROM: System Bootstrap, Version 1.1(20090521:183759) [ASR9K ROMMON],  

router uptime is 1 day, 2 hours, 34 minutes
System image file is "bootflash:disk0/asr9k-os-mbi-3.9.0.16I/mbiasr9k-rp.vm"

cisco ASR9K Series (MPC8641D) processor with 4194304K bytes of memory.
MPC8641D processor at 1333MHz, Revision 2.2

2 Management Ethernet
12 TenGigE
40 GigabitEthernet
219k bytes of non-volatile configuration memory.
975M bytes of compact flash card.
33994M bytes of hard disk.
1605616k bytes of disk0: (Sector size 512 bytes).
1605616k bytes of disk1: (Sector size 512 bytes).

Configuration register on node 0/RSP0/CPU0 is 0x102
Boot device on node 0/RSP0/CPU0 is disk0:
Package active on node 0/RSP0/CPU0:
asr9k-scfclient, V 3.9.0.16I[DT_IMAGE], Cisco Systems, at disk0:asr9k-scfclient-3.9.0.16I
    Built on Thu Jul 30 12:09:40 DST 2009
    By sjc-lds-208 in /auto/ioxbuild7/production/3.9.0.16I.DT_IMAGE/asr9k/workspace for c4.2.1-p0

asr9k-adv-video, V 3.9.0.16I[DT_IMAGE], Cisco Systems, at disk0:asr9k-adv-video-3.9.0.16I
    Built on Thu Jul 30 13:49:37 DST 2009
    By sjc-lds-208 in /auto/ioxbuild7/production/3.9.0.16I.DT_IMAGE/asr9k/workspace for c4.2.1-p0

asr9k-fpd, V 3.9.0.16I[DT_IMAGE], Cisco Systems, at disk0:asr9k-fpd-3.9.0.16I
    Built on Thu Jul 30 12:26:21 DST 2009
    By sjc-lds-208 in /auto/ioxbuild7/production/3.9.0.16I.DT_IMAGE/asr9k/workspace for c4.2.1-p0

asr9k-diags, V 3.9.0.16I[DT_IMAGE], Cisco Systems, at disk0:asr9k-diags-3.9.0.16I
    Built on Thu Jul 30 12:09:43 DST 2009
    By sjc-lds-208 in /auto/ioxbuild7/production/3.9.0.16I.DT_IMAGE/asr9k/workspace for c4.2.1-p0

asr9k-k9sec, V 3.9.0.16I[DT_IMAGE], Cisco Systems, at disk0:asr9k-k9sec-3.9.0.16I
    Built on Thu Jul 30 12:25:25 DST 2009
    By sjc-lds-208 in /auto/ioxbuild7/production/3.9.0.16I.DT_IMAGE/asr9k/workspace for c4.2.1-p0

asr9k-mgbl, V 3.9.0.16I[DT_IMAGE], Cisco Systems, at disk0:asr9k-mgbl-3.9.0.16I
    Built on Thu Jul 30 13:48:16 DST 2009
 --More-- 

SDR のノード ID およびステータスの表示

EXEC モードで show platform コマンドは、オーナー SDR に割り当てられたすべてのノードの情報を表示します。 この情報には、各ノードのホスト カード タイプ、動作状態、および設定状態が含まれています。 単一ノードの情報を表示するには、ノード ID 指定してコマンドを入力します。

show platform コマンドの構文は次のとおりです。

show platform [node-id]

次の例では、接続している SDR のすべてのノードのステータスを表示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router# show platform
Mon Aug  3 07:39:01.416 DST
Node            Type                      State            Config State
-----------------------------------------------------------------------------
0/RSP0/CPU0     A9K-RSP-4G(Active)        IOS XR RUN       PWR,NSHUT,MON
0/1/CPU0        A9K-40GE-B                IOS XR RUN       PWR,NSHUT,MON
0/4/CPU0        A9K-8T/4-B                IOS XR RUN       PWR,NSHUT,MON
0/6/CPU0        A9K-4T-B                  IOS XR RUN       PWR,NSHUT,MON
  

node-id は、rack/slot/module 形式で表示されます。node-id コンポーネントは次のとおりです。

  • rack:単一シェルフ システムでラック番号は常に「0」です。
  • slot:カードが挿入されている物理スロット番号。
  • module:システム ハードウェア コンポーネントのサブスロット番号。

表 1 に、カードのタイプごとの node-id の概要を示します。

表 2 ノード ID コンポーネント

カード タイプ(コマンドを実行しているカード)

Rack(常に「0」)

Slot(カードが挿入されている物理スロット)

Module(コマンドのターゲットであるカード上のエンティティ)

ルート スイッチ プロセッサ

0

RSP0 および RSP1

CPU0

40 ポート ギガビット イーサネット ラインカード

8 ポート 10 ギガビット イーサネット ラインカード

4 ポート 10 ギガビット イーサネット ラインカード

0 ~ 255

4 ~ 7(6 スロット シャーシ)

0 ~ 7(10 スロット シャーシ)

0 ~ X(ラインカード上の SFP および XFP モジュール番号)

電源モジュール

0

PM0 ~ PM5(10 スロット シャーシ)

PM0 ~ PM2(6 スロット シャーシ)

ファン コントローラ カード

0

FC0 ~ FC1

ルータのノード ID およびステータスの表示

管理 EXEC モードで show platform コマンドは、すべてのルータ ノードの情報を表示します。 管理 EXEC モードでは、コマンドの表示には、ファブリック カード、アラーム モジュールおよびファン コントローラのような追加のノード ID も含まれます。 この情報には、各ノードのホスト カード タイプ、動作状態、および設定状態が含まれています。 単一ノードの情報を表示するには、ノード ID 指定してコマンドを入力します。

show platform コマンドの構文は次のとおりです。

show platform [node-id]

次の例では、システム内のすべてのノードのステータスを表示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router(admin)# show platform

Sat Mar 24 05:02:18.569 DST
Node            Type                      State            Config State
-----------------------------------------------------------------------------
0/RSP0/CPU0     A9K-RSP-4G(Active)        IOS XR RUN       PWR,NSHUT,MON
0/1/CPU0        A9K-40GE-B                IOS XR RUN       PWR,NSHUT,MON
0/4/CPU0        A9K-8T/4-B                IOS XR RUN       PWR,NSHUT,MON
0/6/CPU0        A9K-4T-B                  IOS XR RUN       PWR,NSHUT,MON
  

node-id は、rack/slot/module 形式で表示されます。node-id コンポーネントは次のとおりです。

  • rack:単一シェルフ システムでラック番号は常に「0」です。
  • slot:カードが挿入されている物理スロット番号。
  • module:システム ハードウェア コンポーネントのサブスロット番号。

表 1 に、カードのタイプごとの node-id 引数の概要を示します。

ルータ環境の情報の表示

The show environment コマンドにより、ファンの速度、LED 表示、電源装置の電圧および電流に関する情報、および温度を含むシステムのハードウェア情報が表示されます。

show environment コマンドの構文は次のとおりです。

show environment [options]

コマンド表示の詳細を制限するには、show environment コマンド オプションを使用できます。 コマンド オプションを表示するには、show environment ? コマンドを使用します。 次に、完全な環境ステータス レポートの例を示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router(admin)# show environment

Mon Jun 29 04:32:07.587 PST

Temperature Information
---------------------------------------------

R/S/I   Modules         Inlet           Hotspot
                        Temperature     Temperature
                        (deg C)         (deg C)


0/1/*
        host              31.5           39.5         

0/RSP0/*
        host              26.6           36.6         

0/4/*
        host              29.8           38.8         

0/6/*
        host              32.7           42.0         

0/FT0/*
        host              27.2           28.2         
0/FT1/*
        host              27.4           30.2         

Voltage Information
---------------------------------------------

R/S/I   Modules Sensor                   (mV)   Margin

0/1/*
        host    IBV                     10647   n/a
        host    5.0V                     4929   n/a
        host    VP3P3_CAN                3288   n/a
        host    3.3V                     3301   n/a
        host    2.5V                     2516   n/a
        host    1.8VB                    1810   n/a
        host    1.2VB                    1193   n/a
        host    1.8VA                    1800   n/a
        host    0.9VB                     884   n/a
        host    1.2V_LDO_BRG0            1193   n/a
        host    1.2V_LDO_BRG1            1195   n/a
        host    1.8VC                    1811   n/a
        host    1.5VB                    1505   n/a
        host    1.5VA                    1503   n/a
        host    1.1V(1.05V_CPU)          1052   n/a
        host    0.75VA                    751   n/a
        host    0.75VB_0.75VC             754   n/a
        host    1.1VB                    1102   n/a
        host    1.2V_TCAM0               1003   n/a
        host    1.2V_TCAM1               1000   n/a
        host    1.0V_Bridge_LDO           998   n/a
        host    1.0VB                    1043   n/a
        host    0.75VD_and_0.75VE         752   n/a
        host    1.2V_TCAM2               1005   n/a
        host    1.2V_TCAM3               1002   n/a
        host    1.5VC                    1504   n/a
        host    1.8VD                    1803   n/a
        host    1.1VC                    1099   n/a
        host    ZARLINK_3.3V             3272   n/a
        host    ZARLINK_1.8V             1808   n/a
        host    1.2V_DB                  1195   n/a
        host    3.3V_DB                  3316   n/a
        host    2.5V_DB                  2534   n/a
        host    1.5V_DB                  1509   n/a

0/RSP0/*
        host    0.75VTT                   749   n/a
        host    0.9VTT_A                  910   n/a
        host    0.9VTT_B                  904   n/a
        host    IBV                     10586   n/a
        host    5.0V                     5013   n/a
        host    VP3P3_CAN                3277   n/a
        host    3.3V                     3299   n/a
        host    2.5V                     2518   n/a
        host    1.8VB                    1807   n/a
        host    1.2VA                    1205   n/a
        host    1.2VB                    1202   n/a
        host    1.05V                    1047   n/a
        host    1.2VD                    1205   n/a
        host    1.8VA                    1811   n/a
        host    1.5V                     1496   n/a
        host    1.9V                     1887   n/a

0/4/*
        host    IBV                     10627   n/a
        host    5.0V                     4917   n/a
        host    VP3P3_CAN                3279   n/a
        host    3.3V                     3296   n/a
        host    2.5V                     2522   n/a
        host    1.8VB                    1805   n/a
        host    1.2VB                    1188   n/a
        host    1.8VA                    1796   n/a
        host    0.9VB                     881   n/a
        host    1.2V_LDO_BRG0            1192   n/a
        host    1.2V_LDO_BRG1            1195   n/a
        host    1.8VC                    1806   n/a
        host    1.5VB                    1510   n/a
        host    1.5VA                    1503   n/a
        host    1.1V(1.05V_CPU)          1048   n/a
        host    0.75VA                    753   n/a
        host    0.75VB_0.75VC             757   n/a
        host    1.1VB                    1105   n/a
        host    1.2V_TCAM0               1003   n/a
        host    1.2V_TCAM1               1000   n/a
        host    1.0V_Bridge_LDO           997   n/a
        host    1.0VB                    1037   n/a
        host    0.75VD_and_0.75VE         755   n/a
        host    1.2V_TCAM2               1004   n/a
        host    1.2V_TCAM3               1005   n/a
        host    1.5VC                    1505   n/a
        host    1.8VD                    1808   n/a
        host    1.1VC                    1104   n/a
        host    ZARLINK_3.3V             3285   n/a
        host    ZARLINK_1.8V             1806   n/a
        host    1.2V_DB                  1205   n/a
        host    3.3V_DB                  3318   n/a
        host    2.5V_DB                  2493   n/a
        host    1.5V_DB                  1497   n/a
        host    1.8V_DB                  1825   n/a
        host    5.0V_XFP_DB              5001   n/a
        host    1.2VB_DB                 1228   n/a

0/6/*
        host    IBV                     10628   n/a
        host    5.0V                     4893   n/a
        host    VP3P3_CAN                3281   n/a
        host    3.3V                     3297   n/a
        host    2.5V                     2524   n/a
        host    1.8VB                    1804   n/a
        host    1.2VB                    1204   n/a
        host    1.8VA                    1795   n/a
        host    0.9VB                     881   n/a
        host    1.2V_LDO_BRG0            1194   n/a
        host    1.2V_LDO_BRG1            1193   n/a
        host    1.8VC                    1815   n/a
        host    1.5VB                    1495   n/a
        host    1.5VA                    1503   n/a
        host    1.1V(1.05V_CPU)          1052   n/a
        host    0.75VA                    752   n/a
        host    0.75VB_0.75VC             749   n/a
        host    1.1VB                    1001   n/a
        host    1.2V_TCAM0                999   n/a
        host    1.2V_TCAM1               1002   n/a
        host    1.0V_Bridge_LDO           995   n/a
        host    1.0VB                    1050   n/a
        host    0.75VD_and_0.75VE         752   n/a
        host    1.2V_TCAM2               1002   n/a
        host    1.2V_TCAM3                995   n/a
        host    1.5VC                    1502   n/a
        host    1.8VD                    1802   n/a
        host    1.1VC                    1101   n/a
        host    ZARLINK_3.3V             3273   n/a
        host    ZARLINK_1.8V             1804   n/a
        host    1.2V_DB                  1200   n/a
        host    3.3V_DB                  3314   n/a
        host    2.5V_DB                  2496   n/a
        host    1.5V_DB                  1496   n/a
        host    1.8V_DB                  1824   n/a
        host    5.0V_XFP_DB              5004   n/a
        host    1.2VB_DB                 1227   n/a

LED Information
---------------------------------------------

R/S/I   Modules LED             Status

0/RSP0/*
        host    Critical-Alarm  Off
        host    Major-Alarm     Off
        host    Minor-Alarm     Off
        host    ACO             Off

Fan Information
---------------------------------------------

  Fan speed (rpm):
        FAN0    FAN1    FAN2    FAN3    FAN4    FAN5    FAN6    FAN7    FAN8    FAN9    FAN10   FAN11

0/FT0/*
        3510    3510    3510    3540    3510    3570    3480    3570    3510    3510    3510    3510
0/FT1/*
        3540    3510    3450    3540    3480    3600    3480    3450    3540    3540    3480    3540

Power Supply Information
---------------------------------------------

R/S/I   Modules Sensor          Watts

0/PM0/*
        host    PM              3000

0/PM1/*
        host    PM              3000

0/PM2/*
        host    PM              3000

Power Shelves Type: AC

Total Power Capacity:                   9000W
Protected Power Capacity:               4500W
Worst Case Power Used:                  3145W
 Slot                                                      Max Watts
 ----                                                      ---------
 0/1/CPU0                                                        375
 0/RSP0/CPU0                                                     250
 0/RSP1/CPU0                                                     350
 0/4/CPU0                                                        375
 0/6/CPU0                                                        375
 0/FT0/SP                                                        710  (default)
 0/FT1/SP                                                        710  (default)

Worst Case Protected Power Available:   1355W
  

シャーシの高度の設定

高い高度での低い冷却機能を補うために、ファンの速度をルータが調整できるようにするには、シャーシの高度の設定を行う必要があります。 管理コンフィギュレーション モードで environment altitude コマンドを使用します。 デフォルト設定は 1800 m です。

environment altitude コマンドの構文は次のとおりです。

environment altitude altitude rack rack-no

RP の冗長性ステータスの表示

show redundancy コマンドにより、ルート スイッチ プロセッサ(RSP)の冗長性ステータスが表示されます。 このコマンドは、RSPの起動とスイッチオーバーの履歴も表示します。

show redundancy は、EXEC モードおよび管理 EXEC モードで動作します。

次に、show redundancy コマンドで冗長 RSP ペアの冗長性ステータスを表示する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(admin)# show redundancy

Mon Jun 29 04:49:26.098 PST
Redundancy information for node 0/RSP0/CPU0:
==========================================
Node 0/RSP0/CPU0 is in ACTIVE role
Node 0/RSP0/CPU0 has no valid partner

Reload and boot info
----------------------
A9K-RSP-4G reloaded Thu Jun 11 15:20:50 2009: 2 weeks, 3 days, 13 hours, 28 minutes ago
Active node booted Thu Jun 11 15:20:50 2009: 2 weeks, 3 days, 13 hours, 28 minutes ago

Active node reload "Cause: Turboboot completed successfully"

Field-Programmable Device の互換性の表示

show hw-module fpd コマンドは、すべてのモジュールまたは特定のモジュールの Field-Programmable Device(FPD)の互換性を表示します。

show hw-module fpd コマンドの構文は次のとおりです。

show hw-module fpd location {all | node-id}

show hw-module fpd は、EXEC モードおよび管理 EXEC モードで動作します。

次の例に、ルータの全モジュールに対する FPD の互換性を表示する方法を示します。

RP/0/RSP1/CPU0:router# show hw-module fpd location all 

Mon Jun 29 05:38:50.332 PST

===================================== ==========================================
                                      Existing Field Programmable Devices
                                      ==========================================
                                        HW                       Current SW Upg/
Location     Card Type                Version Type Subtype Inst   Version   Dng?
============ ======================== ======= ==== ======= ==== =========== ====
0/RSP0/CPU0  A9K-RSP-4G                 4.8   lc   fpga3   0       1.13     No 
                                              lc   fpga1   0       1.5      No 
                                              lc   fpga2   0       1.14     No 
                                              lc   cbc     0       1.2      No 
                                              lc   fpga4   0       1.6      No 
                                              lc   rommon  0       1.0      No 
--------------------------------------------------------------------------------
0/RSP0/CPU0  ASR-9010-FAN               1.0   lc   cbc     1       4.0      No 
--------------------------------------------------------------------------------
0/RSP0/CPU0  ASR-9010-FAN               1.0   lc   cbc     2       4.0      No 
--------------------------------------------------------------------------------
0/1/CPU0     A9K-40GE-B                 1.0   lc   fpga1   0       0.38     No 
                                              lc   fpga2   0       0.8      No 
                                              lc   cbc     0       2.2      No 
                                              lc   cpld1   0       0.15     No 
                                              lc   rommon  0       1.0      No 
--------------------------------------------------------------------------------
0/1/CPU0     A9K-40GE-B                 1.0   lc   fpga1   1       0.38     No 
--------------------------------------------------------------------------------
0/4/CPU0     A9K-8T/4-B                 1.0   lc   fpga1   0       0.38     No 
                                              lc   fpga2   0       0.10     No 
                                              lc   cbc     0       2.2      No 
                                              lc   cpld2   0       0.7      No 
                                              lc   cpld1   0       0.15     No 
                                              lc   cpld3   0       0.3      No 
                                              lc   rommon  0       1.0      No 
                                              lc   fpga3   0      14.42     No 
--------------------------------------------------------------------------------
0/4/CPU0     A9K-8T/4-B                 1.0   lc   fpga1   1       0.38     No 
--------------------------------------------------------------------------------
0/6/CPU0     A9K-4T-B                   1.0   lc   fpga1   0       0.38     No 
                                              lc   fpga2   0       0.10     No 
                                              lc   cbc     0       2.2      No 
                                              lc   cpld2   0       0.7      No 
                                              lc   cpld1   0       0.15     No 
                                              lc   cpld3   0       0.3      No 
                                              lc   rommon  0       1.0      No 
                                              lc   fpga3   0      14.42     No 
--------------------------------------------------------------------------------
0/6/CPU0     A9K-4T-B                   1.0   lc   fpga1   1       0.38     No 
--------------------------------------------------------------------------------
  

次の例に、ルータの特定のモジュールに対する FPD の互換性を表示する方法を示します。

RP/0/RSP1/CPU0:router# show hw-module fpd location 0/4/cpu0 

Thu Nov 19 21:43:49.599 UTC
===================================== ==========================================
                                      Existing Field Programmable Devices
                                      ==========================================
                                        HW                       Current SW Upg/
Location     Card Type                Version Type Subtype Inst   Version   Dng?
============ ======================== ======= ==== ======= ==== =========== ====
0/4/CPU0     A9K-SIP-700                1.13  lc   fpga1   0       0.22     No 
                                              lc   cbc     0       3.03     No 
                                              lc   hsbi    0       3.00     No 
                                              lc   rommon  0       1.02     No 
                                              lc   fpga2   0       5.14     No 
                                              lc   cpld1   0       0.14     No 
--------------------------------------------------------------------------------
  
表 3 show hw-module fpd フィールドの説明

フィールド

説明

Location

rack/slot/module 形式で示されるモジュールの場所。

Card Type

モジュールの部品番号。

HW Version

モジュールのハードウェア モデル バージョン。

Type

ハードウェア タイプ。 次のタイプのいずれになります。

  • spab:共有ポート アダプタ
  • lc:ラインカード

Subtype

FPD タイプ。 次のタイプのいずれになります。

  • fabldr:ファブリック ダウンローダ
  • fpga1:Field-Programmable Gate Array
  • fpga2:Field-Programmable Gate Array 2
  • fpga3:Field-Programmable Gate Array 3
  • fpga4:Field-Programmable Gate Array 4
  • fpga5:Field-Programmable Gate Array 5
  • rommonA:読み取り専用メモリ モニタ A
  • rommon:読み取り専用メモリ モニタ B

Inst

FPD インスタンス。 FPD インスタンスは、FPD を一意に識別し、FPD プロセスにより FPD を登録するために使用されます。

Current SW Version

現在実行中の FPD イメージ バージョン。

Upg/Dng?

FPD のアップグレードがまたはダウングレードが必要かどうかを指定します。 まれなケースですが、FPD イメージのバージョンに、現在の Cisco IOS XR ソフトウェア パッケージの FPD イメージのバージョンより新しいメジャー リビジョンがある場合は、ダウングレードが必要です。

RSP 冗長性とスイッチオーバー

ここでは、RSP の冗長性とスイッチオーバーに関するコマンドと問題について説明します。

RSP の冗長性の確立

ルータには、RSP 用に RSP0 および RSP1 の 2 つのスロットがあります(図 1を参照)。 RSP0 は、左側のシャーシ前面を向いているスロットで、RSP1 は右側のスロットです。 これらのスロットは、デフォルトで冗長性のために設定されていて、冗長性は削除できません。 RSP の冗長性を確立するには、RSP を両方のスロットに取り付けます。

図 1. 8 スロット シャーシのスロット RSP0 および RSP1 に取り付けられた RSP の冗長セット

冗長ペアのアクティブ RP の判別

システムの起動時に、冗長ペアごとに 1 つの RSP がアクティブ RSP になります。 次の方法でどちらの RSP がアクティブ RSP かを判断できます。

  • アクティブ RSP は、カードの前面プレートのグリーンのプライマリ LED で識別できます。 プライマリ LED が点灯している場合、アクティブ RSP を示しています。 RSP 上の英数字 LED ディスプレイは ACTV RP を表示しています。
  • アクティブ RSP のスロットは、CLI プロンプトで示されます。 次に例を示します。
    RP/0/RSP1/CPU0:router#
      
    この例では、プロンプトはスロット RSP1 のアクティブ RSP と通信していることを示します。 CLI プロンプトの詳細については、 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Getting Started Guide』を参照してください。
  • アクティブとスタンバイの RSP ステータスのサマリーを表示するには、EXEC モードで show redundancy コマンドを入力します。 次に例を示します。
    RP/0/RSP0/CPU0:router(admin)# show redundancy
    
    Mon Jun 29 04:49:26.098 PST
    Redundancy information for node 0/RSP0/CPU0:
    ==========================================
    Node 0/RSP0/CPU0 is in ACTIVE role
    Node 0/RSP0/CPU0 has no valid partner
    
    Reload and boot info
    ----------------------
    A9K-RSP-4G reloaded Thu Jun 11 15:20:50 2009: 2 weeks, 3 days, 13 hours, 28 minutes ago
    Active node booted Thu Jun 11 15:20:50 2009: 2 weeks, 3 days, 13 hours, 28 minutes ago
    
    Active node reload "Cause: Turboboot completed successfully"

役割:スタンバイ RSP

冗長ペアで起動する 2 番目の RSP は、自動的にスタンバイ RSP になります。 アクティブ RSP は、システムを管理し、ユーザ インターフェイスと通信しますが、スタンバイ RSP は、システム内のすべてのカードに対してソフトウェアおよび設定の完全なバックアップを保持します。 アクティブ RSP が障害で利用できなくなるか、何らかの理由でオフラインになると、スタンバイ RSP がただちにシステムの制御を引き継ぎます。

冗長性コマンドの概要

RSP 冗長性は、Cisco IOS XR ソフトウェアではデフォルトでイネーブルになっていますが、表 1 に説明されているコマンドを使用して、カードの冗長性ステータスを表示したり、強制的に手動スイッチオーバーを実行したりできます。

表 4  RSP 冗長性コマンド

コマンド

説明

show redundancy

RSP の冗長性ステータスを表示します。 このコマンドは、RSPの起動とスイッチオーバーの履歴も表示します。

redundancy switchover

スタンバイ RSP への手動スイッチオーバーを強制的に実行します。 このコマンドは、スタンバイRSP がインストールされていて、「Ready」状態の場合にだけ動作します。

show platform

RSP カードの冗長性ステータスなど、ノードのステータスを表示します。 EXEC モードでは、このコマンドは SDR に割り当てられているノードのステータスを表示します。 管理 EXEC モードでこのコマンドを実行すると、システム内のすべてのノードのステータスが表示されます。

自動スイッチオーバー

アクティブ RSP からスタンバイ RSP への自動スイッチオーバーは、アクティブ RSP で重大なシステム エラー(必須プロセスの消失やハードウェア障害など)が発生した場合にのみ起こります。 自動スイッチオーバーが起こると、RSP は次のように反応します。

  • スタンバイ RSP が設置され、スイッチオーバーに対して「Ready」になっている場合、スタンバイ RSP がアクティブ RSP になります。 元のアクティブ RSP はリブートを試みます。
  • スタンバイ RSP が「Ready」ステートではない場合、両方の RSP がリブートします。 起動に成功した最初の RSP がアクティブ RSP の役割を引き受けます。

RSP RSP のリロード時の冗長性

reload コマンドを実行すると、アクティブ RSP が Cisco IOS XR ソフトウェアをリロードします。 RSP のリロードが起こると、RSP は次のように反応します。

  • スタンバイ RSP が設置され、スイッチオーバーに対して「Ready」になっている場合、スタンバイ RSP がアクティブ RSP になります。 元のアクティブ RSP は、リブートし、スタンバイ RSP になります。
  • スタンバイ RSP が「Ready」ステートではない場合、両方の RSP がリブートします。 起動に成功した最初の RSP がアクティブ RSP の役割を引き受けます。

注意    


reload コマンドを使用して RSP のスイッチオーバーを強制的に起こすことは推奨されません。この方法では、ルータ操作に重大な損失が発生する可能性があります。 代わりに、redundancy switchover コマンドを使用してスタンバイ RSP にフェールオーバーしてから、hw-module location node-id reload コマンドを使用して新しいスタンバイ RSP をリロードしてください。


手動スイッチオーバー

redundancy switchover コマンドを使用して、アクティブ RSP からスタンバイ RSP への手動スイッチオーバーを強制的に起こすことができます。

スタンバイ RSP が設置され、スイッチオーバーに対して「Ready」になっている場合、スタンバイ RSP がアクティブ RSP になります。 元のアクティブ RSP がスタンバイ RSP になります。 次の例では、正常な冗長スイッチオーバー動作の出力の一部を示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router# show redundancy
  
  This node (0/RSP0/CPU0) is in ACTIVE role
  Partner node (0/RSP1/CPU0) is in STANDBY role
  Standby node in 0/RSP1/CPU0 is ready
  
  RP/0/RSP0/CPU0:router# redundancy switchover
  Updating Commit Database.  Please wait...[OK]
  Proceed with switchover 0/RSP0/CPU0 -> 0/RSP1/CPU0? [confirm]
  Initiating switch-over.
  RP/0/RSP0/CPU0:router#
  
  <Your 'TELNET' connection has terminated>
  

前の例では、前にアクティブだった RP のリセット時に Telnet 接続が失われます。 ルータの管理を続行するには、次の例に示すように、新しくアクティブになった RP に接続する必要があります。

User Access Verification
  
  Username: xxxxx
  Password: xxxxx
  Last switch-over Sat Apr 15 12:26:47 2009: 1 minute ago
  


RP/0/RSP1/CPU0:router#
  

スタンバイ RSP が「Ready」ステートではない場合、スイッチオーバー操作は実行できません。 次の例では、失敗した冗長スイッチオーバー試行の出力の一部を示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router# show redundancy 
  
  Redundancy information for node 0/RP1/CPU0:
  ==========================================
  Node 0/RSP0/CPU0 is in ACTIVE role
  Partner node (0/RSP1/CPU0) is in UNKNOWN role
  
  Reload and boot info
  ----------------------
  RP reloaded Wed Mar 29 17:22:08 2009: 2 weeks, 2 days, 19 hours, 14 minutes ago
  Active node booted Sat Apr 15 12:27:58 2009: 8 minutes ago
  Last switch-over Sat Apr 15 12:35:42 2009: 1 minute ago
  There have been 4 switch-overs since reload
  
  RP/0/RSP0/CPU0:router# redundancy switchover
  
  Switchover disallowed: Standby node is not ready.
  

スタンバイ RP との通信

アクティブな RSP は、すべてのシステム ソフトウェア、設定、およびコンフィギュレーションをスタンバイ RSP と同期します。

コンソール ポートを介してスタンバイ RSP に接続すると、スタンバイ RSP のステータス メッセージを表示できます。 スタンバイ RSP は CLI プロンプトを表示しないので、スタンバイ モードのときはスタンバイ カードを管理できません。

管理イーサネット ポートを介してスタンバイ RSP に接続した場合、表示されるプロンプトはアクティブ RSP に関するものであり、アクティブ RSP の管理イーサネット ポートを介して接続した場合と同様にルータを管理できます。

ノードのリロード、シャットダウン、または電源再投入

アクティブ RSP またはシステム内の指定されたノードの Cisco IOS XR ソフトウェアをリロードするには、この項で説明するコマンドを使用します。 この項では、ノードを管理上のシャットダウン状態にしたり、ノードの電源をオン/オフにするために使用するコマンドについても説明します。

表 1 に、この項で説明されるコマンドの要約を示します。

表 5 ノードに対してリロード、シャットダウン、または電源の再投入を実行するコマンド

コマンド

説明

hw-module location node-id power disable

このコマンドは、ノードの電源を管理的にオフにします。 管理コンフィギュレーション モードが開始されます。 commit コマンドを入力しない限り、変更は適用されません。

ノードの電源をオンにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

(注)     

このコマンドを使用して、コマンド入力に使用した RSP の電源をディセーブルにすることはできません。

hw-module location node-id reload

このコマンドは、EXEC モードで動作し、特定のノードまたはすべてのノードの Cisco IOS XR ソフトウェアをリロードします。 すべてのノードを指定するには、all キーワードを node-id 引数の位置に入力します。 ノードは、現在の実行コンフィギュレーションとそのノードのアクティブなソフトウェア セットを使用してリロードされます。

hw-module shutdown location node-id

このコマンドは、管理コンフィギュレーション モードで入力する必要があり、指定されたノードを管理シャットダウンします。 ノードはシャットダウン後も電源が投入されたままですが、Cisco IOS XR ソフトウェアをロードまたは稼働させることはできません。

ノードをアップ ステートに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

(注)     

このコマンドを使用して、コマンド入力に使用した RSP をシャットダウンできません。

reload

アクティブ RSP に、コンフィギュレーション レジスタの設定(たとえば、ROMMON ブートストラップ モードを開始するためには 0x0、RSP を EXEC モードにリロードするには 0x2102)に従って Cisco IOS XR ソフトウェアをリロードさせます。 reload コマンドは、EXEC モードまたは管理 EXEC モードで入力します。追加オプションを表示するには、reload ? コマンドを使用します。 詳細については、リロード:アクティブ RSPを参照してください。

show variables boot

ルータのコンフィギュレーション レジスタの設定を表示します。

  • 両方の RSP の変数を表示するには、管理 EXEC モードでこのコマンドを使用します。
  • コンフィギュレーション レジスタの設定によって、システム リセット中のルータ ブート方法を決定します。 最も一般的なコンフィギュレーション レジスタの設定は次のとおりです。
    • 0x2102:アクティブ RSPCisco IOS XR ソフトウェアをロードし、次のシステム ブート時にデフォルトに設定されます。 ログイン後、ユーザは EXEC モードにアクセスできます。
    • 0x0:次回のシステム ブート時に、アクティブ RSP がブートストラップ ROM モニタ(rommon B1>)を開始します。

リロード:アクティブ RSP

reload コマンドを実行すると、アクティブな RSP でコンフィギュレーション レジスタの設定に従って Cisco IOS XR ソフトウェアがリロードされます。 この設定によって、リロード時のアクティブな RSP の動作が決まります。

ここでは、Cisco IOS XR ソフトウェアをリロードし、EXEC モードに戻る方法について説明します。 reload コマンドを使用して、ROM モニタのブートストラップ モードを開始する方法については、 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router ROM Monitor Guide』を参照してください。


注意    


reload コマンドを使用すると、アクティブな RSP がオフラインになり、Cisco IOS XR ソフトウェアがリロードされるか ROM モニタ モードが開始されます。そのため、冗長用のスタンバイ RSP が取り付けられて「ready」ステートになっていないと、ルータのサービスが停止します。 スタンバイ RSP のステータスを表示するには、show redundancy コマンドを EXEC モードで使用してください。


手順の概要

    1.    show redundancy

    2.    admin

    3.    show variables boot

    4.    (任意) config-register 0x2102

    5.    admin

    6.    reload


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 show redundancy


    例:
    RP/0/RSP0/CPU0:router# show redundancy
     

    RSP の冗長性のステータスを表示します。

    • スタンバイ RSP が「Ready」冗長ステートになっている場合は、reload コマンドでルータを通常の方法でスタンバイ RSP にフェールオーバーすることもできます。
     
    ステップ 2 admin


    例:
    RP/0/RSP0/CPU0:router# admin 
     

    管理 EXEC モードを開始します。

     
    ステップ 3 show variables boot


    例:
    RP/0/RSP0/CPU0:router(admin)# show variables boot
     

    コンフィギュレーション レジスタの設定値を表示します。

    • 管理 EXEC モードでこのコマンドを入力します。
    • 通常の運用では、コンフィギュレーション レジスタの設定は 0x2102 であり、アクティブ RSPCisco IOS XR ソフトウェアをリロードします。
    • コンフィギュレーション レジスタ設定が 0x2102 であることを確認します。 違う場合は、4 を実行して、コンフィギュレーション レジスタを 0x2102 にリセットします。
    (注)     

    ROM モニタ ブートストラップ モードを開始する方法については、 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router ROM Monitor Guide』を参照してください。

     
    ステップ 4 config-register 0x2102


    例:
    RP/0/RSP0/CPU0:router(admin)# config-register 0x2102
     
    (任意)

    コンフィギュレーション レジスタを 0x2102 に設定します。 この手順は、実行コンフィギュレーションのレジスタが 0x2102 に設定されていない場合にのみ必要です。

     
    ステップ 5 admin


    例:
    RP/0/RSP0/CPU0:router# admin 
     

    管理 EXEC モードを開始します。

     
    ステップ 6 reload


    例:
    RP/0/RSP0/CPU0:router# reload
     

    コンフィギュレーション レジスタの設定に従って、アクティブな RSP をリロードします。

    • 設定が 0x2102 であると、RSP によって Cisco IOS XR ソフトウェアがリロードされます。
    • スタンバイ RSP が「Ready」冗長ステートになっている場合は、ルータはスタンバイ RSP に切り替わります。
    • スタンバイ RSP がインストールされていないか、「Ready」ステートになっていない場合は、アクティブな RSPCisco IOS XR ソフトウェアをリロードしている間、ルータのサービスが停止します。
     

    フラッシュ ディスクのリカバリ

    RSP で電源の再投入、または異常リセットが行われた場合、ブート ディスク(カードのブートに使用される PCMCIA フラッシュ ディスク)のファイル システムの破損が発生することがあります。 この場合、エラー メッセージが表示され、RSP はブートできません。 破損したフラッシュ ディスクは自動的に再フォーマットされ、Cisco IOS XR ソフトウェアはシステムの指定システム コントローラ(DSC)から復元されます。

    たとえば、RSP のフラッシュ ディスクが破損している場合、RP がブートせず、次のエラー メッセージが表示されます。

      #########################################################
                    Restricted Rights Legend
      Use, duplication, or disclosure by the Government is
      subject to restrictions as set forth in subparagraph
      (c) of the Commercial Computer Software - Restricted
      Rights clause at FAR sec. 52.227-19 and subparagraph
      (c) (1) (ii) of the Rights in Technical Data and Computer
      Software clause at DFARS sec. 252.227-7013.
      
                 cisco Systems, Inc.
                 170 West Tasman Drive
                 San Jose, California 95134-1706
      
      Cisco IOS XR Software for the Cisco XR Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ-mbirp,
      Copyright (c) 2009 by Cisco Systems, Inc.
      Unable to mount /disk0:, filesystem is corrupted.
      Check fsck log at /tmp/chkfs_fd0.log
      init: special_commands:wait for disk0: failed
      

    これが発生すると、フラッシュ ディスクは自動的に再フォーマットされ、Cisco IOS XR ソフトウェアがフラッシュ ディスクに復元されます。


    (注)  


    フラッシュ ディスクがひどく損傷していて復元できない場合、ディスクを交換する必要があります。

    破損したフラッシュ ディスクが DSC の場合、次にルータはスタンバイ DSC にフェールオーバーします。 スタンバイ DSC がインストールされていない場合、システムはブートできません。


    ハードウェア コンポーネントを管理するためのコントローラ コマンドの使用

    controllercontrollers、および show controllers コマンドは、スイッチ ファブリック管理、イーサネット コントロール プレーンやインターフェイス マネージャなどのさまざまなハードウェア コンポーネントの管理および表示設定に使用します。 これらのコマンドは、主に診断目的でドライバ レベルの詳細に関係しています。 これらのコマンドで入手可能な情報は多種多様にわたり、ハードウェアに固有です。

    これらのコマンドの使用については、 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Interface and Hardware Component Command Reference』を参照してください。

    ハード ドライブ、フラッシュ ドライブ、およびその他のストレージ デバイスのフォーマット

    ルータ上のストレージ デバイスをフォーマットするには、EXEC モードで format コマンドを使用します。


    注意    


    ストレージ デバイスをフォーマットすると、そのデバイス上のデータがすべて削除されます。


    次のコマンド構文を使用します。

    format filesystem: [options]

    表 1 に、format コマンド構文を示します。

    表 6 format コマンド構文の説明

    変数

    説明

    filesystem

    フォーマットするメモリ デバイスを指定します。 サポート対象のファイル システムを次に示します。

    • bootflash:
    • compactflash:
    • configflash:
    • harddisk:
    • harddiska:
    • disk0:
    • disk1:

    format ? を入力し、 ルータでサポートされているデバイスを表示します。

    options

    format filesystem: ? を入力し、 使用可能なオプションを表示します。

    詳細については、 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router System Management Command Reference』を参照してください。

    次に、ハード ディスクをフォーマットするのに format コマンドを使用する例を示します。

    RP/0/RSP0/CPU0:router# format harddisk:
      

    カードの取り外しと交換

    この項では、カードの交換に関する問題と手順について説明します。

    ラインカードの取り外し

    ラインカードは、活性挿抜に対応しています。 ラインカードは、すべてのサービス処理機能と物理回線インターフェイスを搭載している 1 枚のカードです。

    OIR 機能では、カードまたはシャーシの電源を切断しなくても、カードの取り外しや交換が可能です。 カードを取り外すと、そのカードを通過するすべてのトラフィックが中断されますが、カードの設定は削除されません。

    カードを取り外した場合、設定はすべてのインターフェイスに対してそのまま維持されますが、show interfaces コマンドを実行しても、出力にそれらのインターフェイスは表示されません。 show running-config コマンドを入力することで、インターフェイスの設定を表示できます。 次に、カードを取り外したときの設定の表示例を示します。

    RP/0/RSP0/CPU0:router# show running-config
      
      Building configuration...
      hostname router
      router ospf 3269
       area 0
        interface POS0/3/0/0
         cost 20
      !
      interface preconfigure POS0/3/0/0
       ipv4 address 10.10.50.1 255.255.255.0
      !
      interface preconfigure POS0/3/0/1
       description POS0/3/0/1
       shutdown
      !
      interface preconfigure POS0/3/0/2
       description POS0/3/0/2
       shutdown
      !
      interface preconfigure POS0/3/0/3
       description POS0/3/0/3
       shutdown
      !
      
      

    この例では、スロット 3 のラインカードが取り外され、4 つのインターフェイスすべてのインターフェイス設定が「interface preconfigure」に変化します。ただし、スロット 3 インターフェイスへの「router ospf」参照は変化しません。 ラインカードを、使用するメディア タイプとポート数が同じ別の ラインカードに交換すれば、設定は交換後のカード上でアクティブになります。

    カードを取り外した後にスロットの設定を削除するには、no interface preconfigure コマンドを使用して、実行コンフィギュレーション内のそのカードのインターフェイス コンフィギュレーション文をすべて削除します。 さらに、削除したインターフェイスへの参照がないか、コンフィギュレーション内を検索します(前述の例におけるスロット 3 への「router ospf」参照など)。

    カードが装着されているときにスロットの設定を削除するには、no interface コマンドを使用して、実行コンフィギュレーション内のそのカードのインターフェイス コンフィギュレーション文をすべて削除します。 さらに、削除したインターフェイスへの参照がないか、コンフィギュレーション内を検索します。

    ラインカードは、特定のメディア タイプ(Packet Over SONET/SDH(POS)やイーサネットなど)とポート数をサポートします。 異なるメディア タイプまたはポート数をサポートするものにラインカードを交換する場合は、設定を確認し、交換後のラインカードをサポートするように設定を修正する必要があります。

    メディア タイプとポート数が同じラインカードの交換

    ラインカードまたは PLIM を、メディア タイプとポート数が交換前のカードと同じカードと交換する場合は、ラインカードの取り外しのガイドラインが適用されます。 交換後のカードはメディア タイプもポート数も同じであるため、カードの取り外しと交換に特別な手順は必要ありません。

    メディア タイプが同じでポート数の異なるラインカードの交換

    ラインカードを、メディア タイプが同じでポート数の異なるカードと交換する場合は、ラインカードの取り外しのガイドラインが適用されます。

    新しいカードのポート数が交換前のカードよりも大きい場合、設定は、対応する小さいポート番号に適用されます。交換前のカードに存在しなかったポートは、設定がなく、シャットダウン ステートになります。

    サポートされるポートの数が新しいカードで減少する場合は、設定される新しいカード上の対応するポートの数だけ既存の設定が適用されます。 削除されたポートの前の設定は、次の例で示されるように、interface preconfigure ステートで維持されます。

    RP/0/RSP0/CPU0:router# show running-config
      
      Building configuration...
      hostname rtp-gsr1
      interface POS0/3/0/0
       ipv4 address 10.10.50.1 255.255.255.0
      !
      interface preconfigure POS0/3/0/1
       description POS0/3/0/1
       shutdown
      !
      interface preconfigure POS0/3/0/2
       description POS0/3/0/2
       shutdown
      !
      interface preconfigure POS0/3/0/3
       description POS0/3/0/3
       shutdown
      !
      

    上の例では、4 ポートのカードが単一ポートのカードに交換されています。 4 ポートのカード上のポート 1 の設定が、交換後のカード上の単一ポートに適用され、残りのポート設定は「interface preconfigure」に変化します。存在しないインターフェイスに対する設定を削除するには、no interface preconfigure コマンドを使用します。 さらに、削除したインターフェイスを参照している設定がないか検索し、それらを削除します。

    ラインカードを同じメディア タイプと異なるポート数で交換するたびに、ルータ内の実行コンフィギュレーションを確認し、必要に応じて設定を修正します。

    メディア タイプの異なるラインカードまたは PLIM の交換

    ラインカードまたは PLIM を異なるメディア タイプのカードと交換する場合(たとえば、POS PLIM をイーサネット PLIM と交換する場合)は、ラインカードの取り外しのガイドラインが適用されます。 ルータの実行コンフィギュレーションを確認し、必要に応じて新しいメディア タイプ用に設定を変更します。

    CPU コントローラ ビットのアップグレード

    ルータまたは特定のノード上に取り付けられているすべてのノードの CPU コントローラ ビットをアップグレードするには、次の手順を使用します。

    手順の概要

      1.    admin

      2.    upgrade cpuctrlbits {all | location node-id}


    手順の詳細
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1 admin


      例:
      RP/0/RSP0/CPU0:router# admin 
       

      管理 EXEC モードを開始します。

       
      ステップ 2 upgrade cpuctrlbits {all | location node-id}


      例:
      RP/0/RSP0/CPU0:router(admin)# upgrade cpuctrlbits all
       

      ルータ内のすべてのノードの CPU コントローラ ビットをアップグレードします。

      特定のノードの CPU コントローラ ビットをアップグレードするには、location node-id キーワードおよび引数を使用します。

       

      次に、ルータ内のすべてのノードの CPU コントローラ ビットをアップグレードする例を示します。

      RP/0/RSP0/CPU0:router# admin
      RP/0/RSP0/CPU0:router(admin)# upgrade cpucrtlbits all
        
      Please do not power cycle, reload the router or reset any nodes until all upgrades are completed.
      Please check the syslog to make sure that all nodes are upgraded successfully.
      If you need to perform multiple upgrades, please wait for current upgrade to be completed 
      before proceeding to another upgrade. Failure to do so may render the cards under upgrade 
      to be unusable.
        

      その他の関連資料

      ここでは、Cisco IOS XR ソフトウェアでの CDP のハードウェア管理に関する参考資料について説明します。

      関連資料

      関連項目

      マニュアル タイトル

      Cisco IOS XR ハードウェア コマンド

      『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router System Management Command Reference』の「Hardware Redundancy and Node Administration Commands on Cisco ASR 9000 Series Router」モジュール

      Cisco IOS XR ハードウェア マニュアル

      次から入手できる『Cisco Carrier Routing System Install and Upgrade Guides』を参照してください

      http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​ps5763/​prod_​installation_​guides_​list.html

      開始にあたっての情報: Cisco IOS XR ソフトウェア

      『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Getting Started Guide』

      ROM モニタ

      『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router ROM Monitor Guide』

      Cisco IOS XR コマンドのマスター リスト

      『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Commands Master List』

      ユーザ グループとタスク ID に関する情報

      『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router System Security Configuration Guide』 の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Router」モジュール

      標準

      標準

      タイトル

      この機能でサポートされる新規の標準または変更された標準はありません。また、既存の標準のサポートは変更されていません。

      MIB

      MIB

      MIB のリンク

      Cisco IOS XR ソフトウェアを使用して MIB を特定およびダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用し、[Cisco Access Products] メニューからプラットフォームを選択します。http:/​/​cisco.com/​public/​sw-center/​netmgmt/​cmtk/​mibs.shtml

      RFC

      RFC

      タイトル

      この機能によりサポートされた新規 RFC または改訂 RFC はありません。またこの機能による既存 RFC のサポートに変更はありません。

      シスコのテクニカル サポート

      説明

      リンク

      シスコのテクニカル サポート Web サイトでは、製品、テクノロジー、ソリューション、技術的なヒント、およびツールへのリンクなどの、数千ページに及ぶ技術情報が検索可能です。 Cisco.com に登録済みのユーザは、このページから詳細情報にアクセスできます。

      http:/​/​www.cisco.com/​cisco/​web/​support/​index.html