Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ MPLS 設定ガイド リリース 4.2.x
MPLS ラベル配布プロトコルの実装
MPLS ラベル配布プロトコルの実装
発行日;2012/11/29   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

目次

MPLS ラベル配布プロトコルの実装

このモジュールでは、Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータで MPLS ラベル配布プロトコルを実装する方法について説明します。

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)は、Internet Engineering Task Force(IETF)が推進する標準ベースのソリューションで、インターネットおよび IP バックボーンをベストエフォート型ネットワークからビジネスクラスのトランスポート メディアに変換します。

ラベル スイッチング機能を備えた MPLS により、IP ルートの検索の必要がなくなり、仮想回線(VC)スイッチング機能が提供されます。これにより企業は、フレーム リレーや ATM などの従来のネットワークの場合と同様のパフォーマンスを IP ベースのネットワーク サービスで実現できます。

ラベル配布プロトコル(LDP)は、MPLS 環境でラベル配布を実行します。 LDP には次の機能があります。

  • LDP は、ホップバイホップまたはダイナミック パス セットアップを実行します。エンドツーエンド スイッチング サービスは提供しません。
  • LDP は、基礎となる Interior Gateway Protocol(IGP)ルーティング プロトコルを使用して、ラベルをルートに割り当てます。
  • LDP は、トラフィック エンジニアリングの LDP 拡張機能を使用して、制約ベースのルーティングを提供します。

さらに、LDP は、ネットワークのコアに展開され、MPLS ベースのレイヤ 2 およびレイヤ 3 バーチャル プライベート ネットワーク(VPN)で使用されるキー プロトコルの 1 つです。

MPLS LDP の実装機能の履歴

リリース

変更箇所

Release 3.7.2

この機能が導入されました。

リリース 4.0.1

次の機能のサポートが追加されました。
  • IP LDP 高速再ルーティング ループ フリー代替
  • ダウンストリーム オンデマンド

リリース 4.2.1

IGP ルートの LDP Implicit Null のサポートが追加されました。

Cisco MPLS LDP の実装の前提条件

これらの前提条件は、MPLS LDP の実装に必要です。

  • You must be in a user group associated with a task group that includes the proper task IDs. The command reference guides include the task IDs required for each command. If you suspect user group assignment is preventing you from using a command, contact your AAA administrator for assistance.
  • Cisco IOS XR softwareを実行している。
  • 複合ミニイメージおよび MPLS パッケージをインストールしている。
  • IGP をアクティブにしている。
  • ネイバーでの隣接ダウンの前にセッション ダウンが発生するように、ネイバーなどのセッション保持時間帯域幅を低くすることを推奨します。 次に、hello タイムのデフォルト値を示します。
    • 保持時間:15 秒
    • インターバル:5 秒
    たとえば、LDP セッションの保持時間は、holdtime コマンドを使用して 30 秒に設定できます。

Cisco MPLS LDP の実装に関する情報

MPLS LDP を実装するには、次の概念を理解する必要があります。

ラベル配布プロトコルの概要

LDP は、MPLS 環境でラベル配布を実行します。 LDP は、ホップバイホップまたはダイナミック パス セットアップを使用しますが、エンドツーエンド スイッチング サービスは提供しません。 ラベルは、基礎となる IGP ルーティング プロトコルにより選択されるルータに割り当てられます。 ルータから接続されるラベル スイッチド パス(LSP)は、MPLS バックボーンを介して、ラベル付きトラフィックを隣接ノードに転送します。

ラベル スイッチド パス

LSP は、MPLS を介してネットワークで作成されます。 これらは、RSVP トラフィック エンジニアリング(TE)または LDP によりスタティックに作成できます。 LDP により作成される LSP は、エンドツーエンド パスではなく、ホップバイホップ セットアップを実行します。

LDP コントロール プレーン

コントロール プレーンにより、ラベル スイッチ ルータ(LSR)は、潜在的なピア ルータを検出し、これらのピアとの LDP セッションを確立して、ラベル バインディング情報を交換します。

図 1. LDP 制御プロトコル. 次の図は、LDP ピア間で交換される制御メッセージを示します。



LDP は、hello 検出メカニズムを使用して、そのネイバーまたはピアをネットワークで検出します。 LDP は、インターフェイスでイネーブルされると、hello メッセージをリンクローカル マルチキャスト アドレスに送信し、特定のマルチキャスト グループを結合して、特定のリンクの他の LSR から hello を受信します。 特定のリンクの LSR が、hello を受信すると、ネイバーが検出され、LDP セッション(TCP を使用)が確立されます。


(注)  


hello は、LDP セッションの検出およびトリガに使用されるだけでなく、LDP セッションの保守にも必要です。 特定のピアからの一定数の hello が連続して欠落すると、ピアが再び検出されるまで、LDP セッションはダウンになります。


LDP は、targeted hello メカニズムを使用することで、マルチホップが可能な非リンク ネイバーもサポートします。 この場合、hello は、ダイレクト ユニキャスト アドレスで送信されます。

セッション確立フェーズの最初のメッセージは、初期化メッセージで、セッション パラメータのネゴシエーションに使用されます。 セッション確立後、LDP は、そのすべてのインターフェイス アドレスのリストを、アドレス メッセージのピアに送信します。 新しいアドレスが使用可能または使用不可になるかどうかに関係なく、それぞれ ADDRESS または ADDRESS_WITHDRAW メッセージを介して変更などがピアに通知されます。

MPLS LDP が IGP プレフィックスを学習すると、インバウンド ラベルとしてラベルをローカルに割り当てます。 プレフィックス ラベル間のローカル バインディングは、LABEL_MAPPING メッセージを介してピアに伝達されます。 バインディングが終了し、使用不可になると、LABEL_WITHDRAW メッセージがすべてのピアに送信され、ピアは、LABEL_RELEASE メッセージで応答します。

ピアから受信されたローカル ラベル バインディングおよびリモート ラベル バインディングは、フォワーディング エントリの設定に使用されます。 IGP プロトコルおよび転送情報ベース(FIB)からのルーティング情報を使用して、次のアクティブ ホップが選択されます。 ラベル バインディングは、ネクスト ホップ ピアから学習され、フォワーディング プレーンのセットアップ中にアウトバウンド ラベルとして使用されます。

LDP セッションは、LDP キープアライブ メカニズムを使用してアライブに維持され、LSR は、キープアライブ メッセージをそのピアに定期的に送信します。 メッセージが受信されず、ピアからの一定のキープアライブ メッセージが欠落すると、セッションは dead と宣言され、すぐにダウンになります。

ラベル バインディングの交換

LDP は、MPLS パケットを MPLS ネットワークのノード間で転送できるように、LSP を使用したホップバイホップ パスのセットアップを実行します。

図 2. ラベル スイッチド パスのセットアップ . 次の図は、LSP セットアップのためのラベル バインディングの交換プロセスを示します。



ネットワーク(10.0.0.0)では、ホップバイホップ LSP が各隣接ルータ(またはノード)間でセットアップされます。各ノードは、ローカル ラベルを割り当て、これをそのネイバーにバインディングとして渡します。

  1. R4 は、ローカル ラベル L4 をプレフィックス 10.0.0.0 に割り当て、これをそのネイバー(R3)にアドバタイズします。
  2. R3 は、ローカル ラベル L3 をプレフィックス 10.0.0.0 に割り当て、これをそのネイバー(R1、R2、R4)にアドバタイズします。
  3. R1 は、ローカル ラベル L1 をプレフィックス 10.0.0.0 に割り当て、これをそのネイバー(R2、R3)にアドバタイズします。
  4. R2 は、ローカル ラベル L2 をプレフィックス 10.0.0.0 に割り当て、これをそのネイバー(R1、R3)にアドバタイズします。
  5. R1 のラベル情報ベース(LIB)は、ネイバーからのローカルおよびリモート ラベル バインディングを保持します。
  6. R2 の LIB は、ネイバーからのローカルおよびリモート ラベル バインディングを保持します。
  7. R3 の LIB は、ネイバーからのローカルおよびリモート ラベル バインディングを保持します。
  8. R4 の LIB は、ネイバーからのローカルおよびリモート ラベル バインディングを保持します。

LDP 転送

ラベル バインディングが学習されると、LDP コントロール プレーンは、次の図に示すように、MPLS フォワーディング プレーンを設定できます。

図 3. フォワーディングの設定. ラベル バインディングが学習されると、LDP コントロール プレーンは、この図に示すように、MPLS フォワーディング プレーンを設定できます。



  1. R3 は、FIB で通知されるように、10.0.0.0 のネクスト ホップなので、R1 は、ラベル バインディングを R3 から選択して、フォワーディング エントリ(レイヤ 1、レイヤ 3)をインストールします。
  2. R3 は、10.0.0.0 のネクスト ホップなので(FIB で通知)、R2 は、ラベル バインディングを R3 から選択して、フォワーディング エントリ(レイヤ 2、レイヤ 3)をインストールします。
  3. R4 は、10.0.0.0 のネクスト ホップなので(FIB で通知)、R3 は、ラベル バインディングを R4 から選択して、フォワーディング エントリ(レイヤ 3、レイヤ 4)をインストールします。
  4. 10.0.0.0 のネクスト ホップは R4 外なので(FIB で通知)、R4 は、NO-LABEL をアウトバウンドとして使用して、フォワーディング エントリ(レイヤ 4)をインストールします。アウトバウンド パケットは IP のみで転送されます。
  5. 入力 LSR R1 の着信 IP トラフィックは、ラベル インポーズされ、ラベル L3 の MPLS パケットとして転送されます。
  6. 入力 LSR R2 の着信 IP トラフィックは、ラベル インポーズされ、ラベル L3 の MPLS パケットとして転送されます。
  7. R3 は、ラベル L3 の MPLS パケットを受信し、MPLS ラベル フォワーディング テーブルで検索して、このパケットをラベル L4 の MPLS パケットとしてスイッチします。
  8. R4 は、ラベル L4 の MPLS パケットを受信し、MPLS ラベル フォワーディング テーブルで検索して、ラベルを削除する必要があると判断します。次に、トップ ラベルをポップして、これを IP フォワーディング プレーンに渡します。
  9. IP フォワーディングは、パケットを継承して、転送します。

LDP グレースフル リスタート

LDP(ラベル配布プロトコル)グレースフル リスタートは、コントロール プレーン メカニズムを提供して、ハイ アベイラビリティを保証し、ノンストップ フォワーディング(NSF)サービス中に障害を検出しリカバリできるようにします。 グレースフル リスタートは、フォワーディングに影響を与えずに、シグナリングおよびコントロール プレーンの障害から回復する方法です。

LDP グレースフル リスタートを使用しない場合、確立されたセッションで障害が発生すると、対応するフォワーディング ステートが、リスタートおよびピア ノードからすぐに消去されます。 この場合、LDP フォワーディングは、最初から再起動するので、データおよび接続が失われる可能性があります。

LDP グレースフル リスタート機能は、セッション初期化中に FT SESSION TLV で 2 つのピア間でネゴシエーションされます。 この Typed Length Value(TLV)では、各ピアは、次の情報をピアにアドバタイズします。

再接続時間

この LSR がコントロール チャネル障害後に再接続するまで他のピアが待機する最大時間をアドバタイズします。

回復時間

他のピアがこの LSR を復元またはリフレッシュする最大時間をアドバタイズします。 この時間は、先行のセッション障害後のセッション再確立中のみに使用されます。

FT フラグ

再起動により、このフラグの保存(ローカル)ノードの ステートを復元できるかどうかを指定します。

グレースフル リスタート セッション パラメータが伝達され、セッションが起動し動作していると、グレースフル リスタート手順がアクティブになります。

マルチ リンク、または同じネイバーの targeted LDP hello 隣接、あるいはこれら両方のネットワークで LDP グレースフル リスタート プロセスを設定する場合、ネイバー コントロール プレーン障害時に任意の hello 隣接がタイムアウトになる前に、グレースフル リスタートがセッションでアクティブになっていることを確認します。 これをアクティブにするには、たとえば、セッション タイムアウトが hello 隣接タイムアウトの前に発生するように、ネイバー間のセッション保持時間を低く設定します。 LDP セッション保持時間は、次の式を使用して設定することを推奨します。

Session Holdtime <= (Hello holdtime - Hello interval) * 3

たとえば、リンク hello の保持時間およびインターバルがそれぞれデフォルト値の 15 秒および 5 秒である場合、セッション保持時間は、30 秒以下に設定します。

LDP コマンドの詳細については、 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router MPLS Configuration Guideの「MPLS ラベル配布プロトコルの実装」モジュールを参照してください。

コントロール プレーンの障害

コントロール プレーン障害は、接続に影響します。 ルータ コントロール プレーンによりインストールされたフォワーディング ステートが失われ、転送中パケットがドロップされ、NSF が損失する可能性があります。

図 4. コントロール プレーンの障害. 次の図は、コントロール プレーン障害を示し、接続が失われるコントロール プレーン障害のプロセスおよび結果を示します。



  1. R4 LSR コントロール プレーンが再起動します。
  2. コントロール プレーンが再起動すると、LIB が失われます。
  3. R4 LDP コントロール プレーンによりインストールされたフォワーディング ステートがすぐに削除されます。
  4. R3 から R4(ラベルはまだ L4)への転送中の任意のパケットが R4 に到着します。
  5. R4 の MPLS フォワーディング プレーンが、ローカル ラベル L4 でルックアップを実行しますが失敗します。 これにより、パケットがドロップされ、NSF が満たされなくなります。
  6. R3 LDP ピアが、コントロール プレーン チャネルの障害を検出して、そのラベル バインディングを R4 から削除します。
  7. R3 コントロール プレーンは、R4 からの出ラベルの使用を停止し、対応するフォワーディング ステート(リライト)を削除します。これにより、フォワーディングが失敗します。
  8. R4 に接続されている確立済み LSP は、R3 で終端し、R1 から R4 へのエンドツーエンド LSP が終了します。
  9. R4 に接続されている確立済み LSP は、R3 で終端し、R2 から R4 へのエンドツーエンド LSP が終了します。

グレースフル リスタートのフレーズ

グレースフル リスタート メカニズムは、次のフェーズに分かれます。

制御通信障害の検出
システムが次のいずれかの状況を検出したときに、制御通信障害が検出されます。
  • LDP hello ディスカバリ メッセージの欠落
  • LDP キープアライブ プロトコル メッセージの欠落
  • ピアとの Transmission Control Protocol(TCP)切断の検出
障害時のフォワーディング ステート メンテナンス

各 LSR での永続的フォワーディング ステートは、LDP コントロール プレーンにより、永続的ストレージ(チェックポイント)を介してアーカイブされます。 コントロール プレーンのリカバリ中、フォワーディング プレーンは、フォワーディング ステートを保持しますが、ステイル マークを付けます。 同様に、ピア コントロール プレーンも(ステイル マークを付けて)再起動中のノードに関連付けられているインストール済みフォワーディングを保持します。 ローカル ノード フォワーディングとリモート ノード フォワーディングのプレーン ステートを組み合わせることで、NSF を保証し、トラフィックの損失を防ぎます。

制御ステートのリカバリ

リカバリは、セッションが再確立され、ラベル バインディングが再び交換されるときに発生します。 このプロセスにより、ピア ノードは、ステイル フォワーディング ステートを同期化およびリフレッシュできます。

グレースフル リスタートによるリカバリ

図 5. グレースフル リスタートでのリカバリ. 次の図に、グレースフル リスタートを使用した障害リカバリのプロセスを示します。



  1. ルータ R4 LSR コントロール プレーンが再起動します。
  2. コントロール プレーンが再起動すると、LIB が削除されますが、R4 の LDP コントロール プレーンによりインストールされたフォワーディング ステートは、すぐには削除されません(ステイル マークが付けられます)。
  3. R3 から R4(ラベルはまだ L4)への転送中の任意のパケットが R4 に到着します。
  4. R4 の MPLS フォワーディング プレーンは、フォワーディングが正常であるため、ローカル ラベル L4 で正常なルックアップを実行します。 これにより、パケットが転送されます。
  5. ルータ R3 LDP ピアは、コントロール プレーンおよびチャネルの障害を検出し、ラベル バインディングを R4 から削除します。 ただし、ピアは、対応するフォワーディング ステートを削除せずに、ステイル マークを付けます。
  6. この時点では、フォワーディングが失われません。
  7. ピアは、再接続時間値を使用して、ネイバー再接続タイマーを開始します。
  8. ルータ R4 に転倒される確立済み LSP はまだ正常なので、LSP は失われません。

LDP コントロール プレーンがリカバリすると、リスタート LSR は、そのフォワーディング ステートの保持タイマーを開始し、フォワーディング ステートをチェックポイント データから復元します。 これにより、フォワーディング ステートおよびエントリが復元され、オールド マークが付けられます。

リスタート LSR は、正常に復元されたかどうかに関係なく、FT セッション TLV に示されているピアに再接続します。 ステートが復元できた場合、バインディングは再び同期化されます。

リスタート ピアが接続し、ネイバー リカバリ タイマーを開始すると、ピア LSR は、(リスタート LSR により開始された)ネイバー再接続タイマーを停止します。 ピア LSR は、リスタート ピアがそのステートを正常に復元できた場合、FT セッション TLV をチェックします。 次に、対応するフォワーディング ステート エントリを復元し、リスタート ピアからバインディングを受信します。 リカバリ タイマーが失効すると、任意のフォワーディング ステート(この段階ではステイル マークが付いています)が削除されます。

リスタート LSR が復元(再起動)に失敗した場合、リスタート LSR フォワーディング ステートおよびエントリは、タイムアウトになり削除されます。ネイバー関連のフォワーディング ステートまたはエントリは、再接続またはリカバリ タイマーが失効すると、ピア LSR により削除されます。

ラベル アドバタイズメント コントロール(アウトバウンド フィルタリング)

デフォルトでは、LDP は、すべてのプレフィックスのラベルをそのすべてのネイバーにアドバタイズします。 (拡張性やセキュリティが理由で)これが望ましくない場合、1 つ以上のピアに対する 1 つ以上のプレフィックスでローカル ラベル アドバタイズメントのアウトバウンド フィルタリングを実行するように LDP を設定できます。 この機能は、LDP アウトバウンド ラベル フィルタリングまたはローカル ラベル アドバタイズメント コントロールと呼ばれています。

ラベル受け入れコントロール(インバウンド フィルタリング)

デフォルトでは、LDP は、すべてのピアからのすべてのプレフィックスのラベルを(リモート バインディングとして)受け入れます。 LDP は、リベラル ラベル保持モードで機能します。これは、LDP に、特定のプレフィックスのすべてのピアからのリモート バインディングを保持するように指示します。 セキュリティ上の理由から、またはメモリを節約するため、特定のピアからのプレフィックスのセットのラベル バインディング受け入れを設定することで、この動作を上書きできます。

プレフィックスの定義セットのリモート バインディングをフィルタリングする機能は、LDP インバウンド ラベル フィルタリングとも呼ばれます。


(注)  


インバウンド フィルタリングは、アウトバウンド フィルタリング ポリシーを使用しても実装できますが、LDP ピアが異なる管理ドメインに存在する場合はこのシステムを実装できないことがあります。 両方のインバウンドおよびアウトバウンド フィルタリング オプションが使用できる場合、アウトバウンド ラベル フィルタリングを使用することを推奨します。


ローカル ラベル割り当てコントロール

デフォルトでは、LDP は、Border Gateway Protocol(BGP)プレフィックスではないすべてのプレフィックスのローカル ラベルを割り当てます。1 LDP がレイヤ 3 バーチャル プライベート ネットワーク(L3VPN)コア トランスポート以外のアプリケーションで使用される場合は問題ありません。 LDP がコアの L3VPN トラフィックのトランスポート LSP の設定に使用される場合、数千の IGP プレフィックスのローカル ラベルを割り当て、アドバタイズする必要はありません。 このような場合、LDP は、通常、PE ルータのループバック/32 アドレスのローカル ラベルを割り当て、アドバタイズする必要があります。 これは、LDP ローカル ラベル割り当てコントロールを使用して実行されます。アクセス リストは、ローカル ラベルの割り当てをプレフィックスのセットに制限するときに使用できます。 ローカル ラベル割り当てを制限すると、メモリ使用要件の軽減、ローカル フォワーディングやネットワークおよびピアのアップデートの軽減など、いくつかのメリットがあります。


ヒント


IP アクセス リストを使用してラベル割り当てを設定して、ローカル ラベルが割り当て、アドバタイズできるプレフィックスのセットを指定できます。


セッション保護

リンクがアップになると、IP は、MPLS LDP よりも前の段階で速く収束し、MPLS 収束までに MPLS トラフィックが損失する可能性があります。 リンクがフラップすると、リンク ディスカバリの損失のために、LDP セッションもフラップします。 LDP セッション保護は、targeted ディスカバリ hello の「パラレル」ソースにより、トラフィック損失を最小化し、高速収束を提供して、既存の LDP(リンク)を保護します。 LDP セッションはアライブに保持され、リンクがダウンでも、ネイバー ラベル バインディングが保持されます。 プライマリ リンク隣接が再確立されるとき、LDP がネイバー ラベル バインディングを再学習する必要がないので、MPLS 収束が速くなります。

LDP セッション保護により、すべてのピアまたはピアの特定のセット(peer-acl で指定)でセッションを自動的に保護するように LDP を設定できます。 LDP は、設定されると、プライマリ リンク隣接がすでに存在するネイバーのバックアップ targeted hello を自動的に開始します。 これらのバックアップ targeted hello は、プライマリ リンク隣接がダウンしても、LDP セッションを保持します。

セッション保護の図は、ネイバー R1 と R3 の間の LDP セッション保護を示します。 R1 および R3 間でのプライマリ リンク隣接は、リンクとバックアップが直接接続されます。ターゲット隣接は、R1 と R3 間で保守されます。 ダイレクト リンクが失敗すると、LDP リンク隣接が破棄されますが、セッションは、targeted hello 隣接を使用してアップのまま実行します(R2 を介します)。 ダイレクト リンクが再びアップになっても、LDP セッション ステートは変わらず、LDP は、すばやく収束し、MPLS トラフィックの転送を開始します。

図 6. セッション保護




(注)  


LDP セッション保護が(リンク障害時に)アクティブの場合、保護は無制限で保守されます。


IGP の同期化

LDP と IGP 間の同期化が失われる場合、MPLS トラフィックが失われます。 たとえば、リンク アップ時、IGP は、LDP 収束が発生する前にリンクをアドバタイズして使用できます。または、LDP セッションがダウンした後でも、IGP でリンクを使用できます。

LDP IGP 同期化では、MPLS LDP がリンクで収束される場合だけ IGP が通常のメトリックでリンクをアドバタイズできるように、LDP と IGP が同期化されます。 LDP では、LDP が適切なラベル バインディングを送信し、ピアから少なくとも 1 つのラベル バインディングを受信するリンクで、少なくとも 1 つの LDP セッションがアップで実行中の場合だけリンクが収束されると見なされます。 LDP は、リンク アップまたはセッション ダウン イベント時にこの情報を IGP に通信し、IGP は、同期ステートに応じて機能します。

LDP グレースフル リスタート セッションが切断されると、グレースフル リスタート ネイバーがタイムアウトになる間、セッションは収束として処理されます。 また、ローカル LDP リスタート時では、チェックポイント リカバリ LDP グレースフル リスタート セッションが使用され、収束として処理されます。これにより、接続および再同期化ができるようになります。

環境によっては、設定可能なインターバルで、再同期化の宣言を遅延する必要があります。 LDP は、同期化の宣言を最大 60 秒遅延できる設定オプションを提供します。 LDP は、リンク アップまたはセッション ダウン イベント時にこの情報を IGP に通信します。


(注)  


LDP IGP 同期化の設定は、それぞれの IGP(OSPF および IS-IS)にあります。この機能をイネーブルにできる非 LDP 固有設定はありません。 ただし、IGP 同期遅延タイマーの特定の LDP 設定はあります。


IGP 自動設定

LDP を多数のインターフェイスでイネーブルにするには、IGP 自動設定を使用します。これにより、たとえば、LDP がコア ネットワークのトランスポートに使用される場合など、指定の IGP インターフェイスに関連付けられているすべてのインターフェイスで LDP を自動的に設定できます。 ただし、LDP 自動設定をイネーブルにする IGP を 1 つ設定する必要があります。

通常、LDP は、IGP ルートのラベルを割り当て、アドバタイズします。LDP は、IGP によりすべてのアクティブ インターフェイスでイネーブルにする必要があります。 IGP 自動設定を使用しない場合、LDP でインターフェイスのセットを定義する必要がありますが、この場合、時間がかかり、エラーが起こりやすくなります。


(注)  


LDP 自動設定は、デフォルト VRF の IPv4 ユニキャスト ファミリでサポートされます。 IGP は、設定の検証および適用を行います。


また、自動設定はインターフェイスごとにディセーブルにできます。 これにより、LDP は、明示的にディセーブルにされているものを除きすべての IGP インターフェイスをイネーブルにできます。また、LDP 自動設定が IGP で設定されている場合に、LDP によるインターフェイスのイネーブルを防止できます。

LDP ノンストップ ルーティング

LDP ノンストップ ルーティング(NSR)機能は、ルート プロセッサ(RP)または分散ルート プロセッサ(DRP)フェールオーバーなどの障害をルーティング ピアに見えないようにして、収束パフォーマンスへの負荷を最小限に押さえる、または回避します。 デフォルトでは、NSR は、AToM 以外、すべての LDP セッションでグローバルにイネーブルにされています。

サービスの中断では、次のイベントが発生している場合があります。

  • ルート プロセッサ(RP)または分散ルート プロセッサ(DRP)フェールオーバー
  • LDP プロセスの再開
  • In-Service System Upgrade(ISSU; インサービス システムのアップグレード)
  • Minimum Disruption Restart(MDR)

(注)  


グレースフル リスタート機能とは異なり、LDP NSR では、プロトコル拡張機能は必要なく、ネットワークの他のルータでのソフトウェア アップグレードの必要もありません。また、LDP NSR によりピア ルータで NSR をサポートする必要もありません。

L2VPN 設定は、NSR ではサポートされていません。


アクティブ TCP または LDP のプロセス障害によりセッションが損失します。この場合、RP スイッチオーバーがリカバリ アクションとして設定されるまで、NSR は提供できません。 NSR のリカバリ アクションとしてスイッチオーバーを設定する方法の詳細については、「 Configuring Transports 」モジュール(『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router IP Addresses and Services Configuration Guide』)を参照してください。

IP LDP 高速再ルーティング ループ フリー代替

IP 高速再ルーティングとは、隣接リンクの障害後またはノード障害後、あるいはその両方の後で、事前にプログラムされたループ フリー代替(LFA)パスに、ルータがトラフィックをすばやくスイッチできるメカニズムのことです。 この LFA パスは、変更されたネットワーク トポロジで計算されているように、ルータが新しいプライマリ ネクスト ホップを再インストールするまで、トラフィックをスイッチするときに使用されます。

LFA FRR の目的は、現在選択されているプライマリ ネクスト ホップで障害が発生したときに、障害検出時に代替ネクスト ホップをすぐに使用できるように、事前に計算された代替ネクスト ホップを使用して、障害反応時間を 50 ミリ秒に短縮することです。

この機能は、障害時にプレフィックス独立事前計算代替ループ フリー パスを検出、計算、更新またはイネーブル化することで、高速収束機能に対処します。

IGP は、IGP プレフィックスごとにバックアップ パスを事前に計算します。 IGP は、プライマリ パスごとに 1 つそして唯一のバックアップ パスを選択します。 RIB は、保護されるパスと保護するパスの正しい注釈を提供することで、最適なパスおよびダウンロード パス保護情報を FIB にインストールします。 FIB は、バックアップ パスをデータプレーンにプリインストールします。 リンクまたはノード障害が発生すると、ルーティング プロトコルは、障害を検出し、影響のあるプレフィックスのすべてのバックアップ パスが、プレフィックスとは独立した方法でイネーブルにされます。

前提条件

ラベル配布プロトコル(LDP)は、次の前提条件が満たされている場合、ループ フリー代替を使用できます。

LDP を実行するラベル スイッチング ルータ(LSR)は、アップストリームかどうかに関係なく、すべてのネイバーに提供できる転送等価クラス(FEC)のラベルを配布する必要があります。

LFA の計算には次の 2 つの方法があります。

  • リンクベース(リンクごと):リンクベース LFA では、プライマリ(保護される)リンクを介して到達できるすべてのプレフィックスは、同じバックアップ情報を共有します。 つまり、同じプライマリを共有するプレフィックスの全体のセットは、修復または高速再ルーティング(FRR)機能を共有します。 リンクごとの方法は、ネクスト ホップ アドレスだけが保護されます。 リンクごとの方法は、次善策で、容量計画には適していません。 これは、すべてのトラフィックが、複数のパスに分散されるのではなく、ネクスト ホップにリダイレクトされるためです。この場合、ネクスト ホップのリンクで輻輳が発生する可能性があります。 リンクごとの方法は、ノード保護のサポートを提供しません。
  • プレフィックスベース(プレフィックスごと):プレフィックスベース LFA は、プレフィックスごとのバックアップ情報の計算を可能にします。 これは、宛先アドレスを保護します。 プレフィックスごとの方法は、適用性や保護、提供される帯域幅利用率が優れているので、推奨される方法です。

    (注)  


    プレフィックス ベースの LFA を使用して特定のプレフィックスで計算される修復またはバックアップ情報は、リンク ベースの LFA により計算されるものとは異なることがあります。


プレフィックスごとの LFA 方法は、次の理由で LDP IP 高速再ルーティング LFA に適しています。

  • ノード障害耐性が優れている
  • 容量計画や収束に適している

サポートされない機能

これらのインターフェイスおよび機能は、IP LDP 高速再ルーティング ループ フリー代替機能ではサポートされていません。

  • BVI インターフェイス(IRB)は、プライマリまたはバックアップ パスとしてサポートされていません。
  • GRE トンネルは、プライマリまたはバックアップ パスとしてサポートされていません。
  • Cisco ASR 9000 シリーズ SPA インターフェイス プロセッサ:700 POS 回線カード(Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ)は、プライマリ リンクとしてサポートされていません。 これは、メイン インターフェイスのみで LFA バックアップとして使用できます。
  • マルチ トポロジの場合、トポロジ T のルートは、トポロジ T 内でのみ LFA を使用できます。 そのため、バックアップ パスを使用できるかどうかは、トポロジにより異なります。

IP 高速再ルーティング ループ フリー代替の設定の詳細については、 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Routing Configuration Guideの「Implementing IS-IS on Cisco IOS XR Software」モジュールを参照してください。

ダウンストリーム オンデマンド

このダウンストリーム オンデマンド機能は、ダウンストリーム オンデマンド モードのサポートを追加します。このモードでは、ピアが明示的に要求しない限り、ラベルはそのピアにアドバタイズされません。 同時に、ピアは自動的にラベルをアドバタイズしないため、ネクスト ホップが、リモート ラベルが割り当てられていないピアを示す場合、ラベル要求が必ず送信されます。

ダウンストリーム オンデマンド モードをイネーブルにするには、この設定を mpls ldp コンフィギュレーション モードで適用する必要があります。


mpls ldp downstream-on-demand withACL


ACL には、ダウンストリーム オンデマンド モードで設定されるピア ID のリストが含まれます。 ACL が変更または設定されると、確立されたネイバーのリストが順番に試行されます。 セッションのダウンストリーム オンデマンド設定が変更された場合、新しいダウンストリーム オンデマンド モードが設定できるように、そのセッションがリセットされます。 セッションをリセットする理由は、ラベルをピア間で正しくアドバタイズするためです。 新しいセッションが確立されると、セッションがダウンストリーム オンデマンド モードでネゴシエートする必要があるかどうか判別するため、ACL が検証されます。 ACL が存在しない場合、または空の場合、ダウンストリーム オンデマンド モードは、任意のネイバーで設定されません。

ダウンストリーム オンデマンド機能をイネーブルにするには、この機能をセッションの両方のピアで設定する必要があります。 セッションの一方のピアだけでダウンストリーム オンデマンド機能が設定されている場合、そのセッションでは、ダウンストリーム オンデマンド モードを使用できません。

ラベル要求が送信され、リモート ラベルがピアから受信されない場合、ルータは、定期的にラベル要求を再送信します。 ピアは、ラベル要求の受信後にラベルをアドバタイズすると、その後に任意のラベル属性が変更された場合、ラベルを自動的に再アドバタイズします。

明示的ヌルおよび暗黙的ヌル ラベル

Cisco MPLS LDP は、暗黙的または明示的なヌル ラベルを、特定の LSR で終端するルートまたはプレフィックスのローカル ラベルとして使用します。 これらのルートには、ローカルで接続またはアタッチされたすべてのネットワークが含まれます。 デフォルトでは、ヌル ラベルは、LDP コントロール プレーンによる Penultimate Hop Popping(PHOP)メカニズムの実装を可能にする暗黙的ヌルです。 これが望ましくない場合、LDP コントロール プレーンによる Ultimate Hop Popping(UHOP)メカニズムの実装を可能にする明示的ヌルを使用できます。 この明示的ヌル機能は、最終ホップ LSR で設定できます。 この設定ノブには、PHOP を使用する IP プレフィックスを指定するアクセス リストが含まれています。

この新しい拡張機能では、implicit-null-override コマンドを使用することで、非出力(最終ホップ LSR)プレフィックスの暗黙的ヌル ローカル ラベルを設定できます。 これにより、デフォルトによりプレフィックスで非ヌル ラベルを割り当てる必要がある場合でも、特定のプレフィックスに暗黙的ヌル ローカル ラベルを強制できます。 たとえば、デフォルトでは、LSR は、IGP ルートの非ヌル ラベルを割り当て、アドバタイズします。 LSR の最後から 2 番目のホップでこのルートの LSP を終端する場合、implicit-null-override 機能を使用して、このプレフィックスの暗黙的ヌル ラベル割り当ておよびアドバタイズメントを強制できます。


(注)  


特定のプレフィックスが明示的ヌルおよび暗黙的ヌル上書き機能の両方で実行される場合、暗黙的ヌル上書きが優先され、暗黙的ヌル ラベルがプレフィックスに割り当てられアドバタイズされます。


暗黙的ヌル上書きモードをイネーブルにするには、この設定を MPLS LDP ラベル コンフィギュレーション モードで適用する必要があります。
 
 mpls ldp
    label
      implicit-null-override for <prefix><ACL>
 
   !

この機能は、ACL での指定時にスタティック、IGP、および BGP を含むプレフィックスで機能します。

MPLS LDP の実装方法

通常の MPLS LDP 導入では、複数のグローバル隣接ルータ間での調整が必要です。 MPLS LDP を で実装するには、次のさまざまな設定タスクが必要です。

LDP ディスカバリ パラメータの設定

このタスクを実行して、LDP ディスカバリ パラメータを設定します(LDP 操作で重要な場合があります)。


(注)  


LDP ディスカバリ メカニズムは、ネイバー ノードの検出または特定に使用されます。


手順の概要

    1.    configure

    2.    mpls ldp

    3.    router-id { type number | ip-address }

    4.    discovery { hello | targeted-hello } holdtime seconds

    5.    discovery { hello | targeted-hello } interval seconds

    6.    次のいずれかのコマンドを使用します。

    • end
    • commit

    7.    (任意) show mpls ldp parameters


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 configure


    例:
    RP/0/RSP0/CPU0:router# configure 
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 2 mpls ldp


    例:
    RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# mpls ldp
    
     

    MPLS LDP コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 3 router-id { type number | ip-address }


    例:
    RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# router-id loopback 1
    
     

    ローカル ノードのルータ ID を指定します。

    • Cisco IOS XR softwareでは、ルータ ID は、インターフェイス名または IP アドレスとして指定されます。 デフォルトでは、LDP は、(グローバル ルータ ID プロセスで設定される)グローバル ルータ ID を使用します。
     
    ステップ 4 discovery { hello | targeted-hello } holdtime seconds


    例:
    RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# discovery hello holdtime 30
      RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# discovery targeted-hello holdtime 180
      
     

    以降の hello メッセージを受信せずに検出ネイバーを保持する時間を指定します。 seconds 引数のデフォルト値は、リンク hello で 15 秒、targeted hello メッセージで 90 秒です。

     
    ステップ 5 discovery { hello | targeted-hello } interval seconds


    例:
    RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# discovery hello interval 15 
      RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# discovery targeted-hello interval 20
      
     

    連続 hello メッセージの転送間の期間を選択します。 seconds 引数のデフォルト値は、リンク hello メッセージで 5 秒、targeted hello メッセージで 10 秒です。

     
    ステップ 6次のいずれかのコマンドを使用します。
    • end
    • commit


    例:
    RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# end

    または

    RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# commit
     

    設定変更を保存します。

    • end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。
      Uncommitted changes found, commit them before exiting(yes/no/cancel)?
      [cancel]:
      • yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。
      • no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。
      • cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。
    • 実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、commit コマンドを使用します。
     
    ステップ 7 show mpls ldp parameters


    例:
    RP/0/RSP0/CPU0:routershow mpls ldp parameters
    
     
    (任意)

    現在の MPLS LDP パラメータをすべて表示します。

     

    リンク上での LDP ディスカバリの設定

    このタスクを実行して、リンク上で LDP ディスカバリを設定します。


    (注)  


    LDP をグローバルでイネーブルにする必要はありません。


    はじめる前に

    安定ルータ ID は、リンク ディスカバリ(およびセッション設定)が成功するために、リンクの一方の終端で必要です。 ルータ ID をルータに割り当てない場合、デフォルトでグローバル ルータ ID に設定されます。 デフォルトのルータ ID は変更されることがあり、不安定なディスカバリの原因となる可能性があります。

    手順の概要

      1.    configure

      2.    mpls ldp

      3.    router-id ip-address

      4.    interface type interface-path-id

      5.    次のいずれかのコマンドを使用します。

      • end
      • commit

      6.    (任意) show mpls ldp discovery


    手順の詳細
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1 configure


      例:
      RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
      
       

      グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

       
      ステップ 2 mpls ldp


      例:
      RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# mpls ldp
      
       

      MPLS LDP コンフィギュレーション モードを開始します。

       
      ステップ 3 router-id ip-address


      例:
      RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# router-id loopback 1
      
       

      ローカル ノードのルータ ID を指定します。

      • Cisco IOS XR ソフトウェアでは、ルータ ID はインターフェイス名または IP アドレスとして指定されます。 デフォルトでは、LDP は、(グローバル ルータ ID プロセスで設定される)グローバル ルータ ID を使用します。
       
      ステップ 4 interface type interface-path-id


      例:
      RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# interface tunnel-te 12001
      RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp-if)#
      
       

      LDP プロトコルのインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。 インターフェイス タイプは Tunnel-TE でなければなりません。

       
      ステップ 5次のいずれかのコマンドを使用します。
      • end
      • commit


      例:
      RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp-if)# end

      または

      RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp-if)# commit
       

      設定変更を保存します。

      • end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。
        Uncommitted changes found, commit them before exiting(yes/no/cancel)?
        [cancel]:
        • yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。
        • no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。
        • cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。
      • 実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、commit コマンドを使用します。
       
      ステップ 6 show mpls ldp discovery


      例:
      RP/0/RSP0/CPU0:routershow mpls ldp discovery
      
       
      (任意)

      LDP ディスカバリ プロセスのステータスを表示します。 インターフェイス フィルタなしでこのコマンドを使用すると、LDP ディスカバリ プロセスが実行されているインターフェイスのリストが生成されます。 出力情報には、リンク(xmt/rcv hello)のステート、ローカル LDP ID、検出されたピアの LDP ID、および保持時間値が含まれます。

       

      アクティブな targeted hello の LDP ディスカバリの設定

      このタスクを実行して、アクティブな targeted hello で LDP ディスカバリを設定します。


      (注)  


      アクティブな targeted hello は、特定の宛先へのユニキャスト hello を開始します。


      はじめる前に

      これらの前提条件は、アクティブな targeted hello で LDP ディスカバリを設定するときに必要です。

      • 安定ルータ ID は、ターゲット セッションのいずれかの終端に必要です。 ルータ ID をルータに割り当てない場合、デフォルトでグローバル ルータ ID に設定されます。 デフォルトのルータ ID は変更されることがあり、不安定なディスカバリの原因となる可能性があるので注意してください。
      • 1 つ以上の MPLS トラフィック エンジニアリング トンネルを間接接続 LSR 間で確立する必要があります。
      手順の概要

        1.    configure

        2.    mpls ldp

        3.    router-id ip-address

        4.    interface type interface-path-id

        5.    次のいずれかのコマンドを使用します。

        • end
        • commit

        6.    (任意) show mpls ldp discovery


      手順の詳細
         コマンドまたはアクション目的
        ステップ 1 configure


        例:
        RP/0/RSP0/CPU0:router# configure 
         

        グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

         
        ステップ 2 mpls ldp


        例:
        RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# mpls ldp
        
         

        MPLS LDP コンフィギュレーション モードを開始します。

         
        ステップ 3 router-id ip-address


        例:
        RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# router-id loopback 1
        
         

        ローカル ノードのルータ ID を指定します。

        Cisco IOS XR ソフトウェアでは、ルータ ID はインターフェイス名または IP アドレスとして指定されます。 デフォルトでは、LDP は、(グローバル ルータ ID プロセスで設定される)グローバル ルータ ID を使用します。

         
        ステップ 4 interface type interface-path-id


        例:
        RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# interface tunnel-te 12001
        
         

        LDP プロトコルのインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

         
        ステップ 5次のいずれかのコマンドを使用します。
        • end
        • commit


        例:
        RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# end

        または

        RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# commit
         

        設定変更を保存します。

        • end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。
          Uncommitted changes found, commit them before exiting(yes/no/cancel)?
          [cancel]:
          • yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。
          • no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。
          • cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。
        • 実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、commit コマンドを使用します。
         
        ステップ 6 show mpls ldp discovery


        例:
        RP/0/RSP0/CPU0:routershow mpls ldp discovery
        
         
        (任意)

        LDP ディスカバリ プロセスのステータスを表示します。 インターフェイス フィルタなしでこのコマンドを使用すると、LDP ディスカバリ プロセスが実行されているインターフェイスのリストが生成されます。 出力情報には、リンク(xmt/rcv hello)のステート、ローカル LDP ID、検出されたピアの LDP ID、および保持時間値が含まれます。

         

        パッシブな targeted hello の LDP ディスカバリの設定

        このタスクを実行して、パッシブな targeted hello で LDP ディスカバリを設定します。

        パッシブな targeted hello は、着信 hello メッセージをパッシブに待機する、宛先ルータ(トンネル テール)です。 targeted hello はユニキャストなので、パッシブ サイドは、着信 hello メッセージを待機して、その検出ネイバーへの hello に応答します。

        はじめる前に

        安定ルータ ID は、リンク ディスカバリ(およびセッション設定)が成功するために、リンクの一方の終端で必要です。 ルータ ID をルータに割り当てない場合、デフォルトでグローバル ルータ ID に設定されます。 デフォルトのルータ ID は変更されることがあり、不安定なディスカバリの原因となる可能性があります。

        手順の概要

          1.    configure

          2.    mpls ldp

          3.    router-id ip-address

          4.    discovery targeted-hello accept

          5.    次のいずれかのコマンドを使用します。

          • end
          • commit

          6.    (任意) show mpls ldp discovery


        手順の詳細
           コマンドまたはアクション目的
          ステップ 1 configure


          例:
          RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
          
           

          グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

           
          ステップ 2 mpls ldp


          例:
          RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# mpls ldp
          
           

          MPLS LDP コンフィギュレーション モードを開始します。

           
          ステップ 3 router-id ip-address


          例:
          RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# router-id loopback 1
          
           

          ローカル ノードのルータ ID を指定します。

          • Cisco IOS XR ソフトウェアでは、ルータ ID はインターフェイス名または IP アドレスとして指定されます。 デフォルトでは、LDP は、(グローバル ルータ ID プロセスで設定される)グローバル ルータ ID を使用します。
           
          ステップ 4 discovery targeted-hello accept


          例:
          RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# discovery targeted-hello accept
          
           

          システムが任意のソースの targeted hello メッセージを受け入れるようにし、targeted hello を受信するため LSR でパッシブ モードをアクティブにします。

          • このコマンドは、(特定の MPLS TE トンネルに関して)レシーバ ノードで実行されます。
          • discovery targeted-hello accept コマンドを使用して、targeted-hello 受信を制御します。
           
          ステップ 5次のいずれかのコマンドを使用します。
          • end
          • commit


          例:
          RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# end

          または

          RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# commit
           

          設定変更を保存します。

          • end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。
            Uncommitted changes found, commit them before exiting(yes/no/cancel)?
            [cancel]:
            • yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。
            • no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。
            • cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。
          • 実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、commit コマンドを使用します。
           
          ステップ 6 show mpls ldp discovery


          例:
          RP/0/RSP0/CPU0:routershow mpls ldp discovery
          
           
          (任意)

          LDP ディスカバリ プロセスのステータスを表示します。 インターフェイス フィルタなしでこのコマンドを使用すると、LDP ディスカバリ プロセスが実行されているインターフェイスのリストが生成されます。 出力情報には、リンク(xmt/rcv hello)のステート、ローカル LDP ID、検出されたピアの LDP ID、および保持時間値が含まれます。

           

          ラベル アドバタイズメント コントロール(アウトバウンド フィルタリング)の設定

          このタスクを実行して、ラベル アドバタイズメント(アウトバウンド フィルタリング)を設定します。

          デフォルトでは、ラベル スイッチド ルータ(LSR)は、すべての着信ラベル プレフィックスを各隣接ルータにアドバタイズします。 mpls ldp label advertise コマンドを使用すると、ラベル バインディング情報の交換を制御できます。 オプション キーワードを使用すると、選択プレフィックスをすべてのネイバーにアドバタイズ、選択プレフィックスを定義済みネイバーにアドバタイズ、またはすべてのプレフィックスのすべてのピアへのラベル アドバタイズメントをディセーブルにできます。


          (注)  


          選択してアドバタイズされるプレフィックスおよびピアは、アクセス リストで定義されます。


          はじめる前に

          ラベル アドバタイズメントを設定する前に、LDP をイネーブルにして、アクセス リストを設定します。

          手順の概要

            1.    configure

            2.    mpls ldp

            3.    label advertise { disable | for prefix-acl [ to peer-acl ] | interface type interface-path-id }

            4.    次のいずれかのコマンドを使用します。

            • end
            • commit


          手順の詳細
             コマンドまたはアクション目的
            ステップ 1 configure


            例:
            RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
            
             

            グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

             
            ステップ 2 mpls ldp


            例:
            RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# mpls ldp
            
             

            MPLS LDP コンフィギュレーション モードを開始します。

             
            ステップ 3 label advertise { disable | for prefix-acl [ to peer-acl ] | interface type interface-path-id }


            例:
            RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# label advertise interface POS 0/1/0/0
            RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# for pfx_acl1 to peer_acl1
            
             
            次のいずれかのオプションを指定して、ラベル アドバタイズメントを設定します。
            disable

            すべてのプレフィックスのすべてのピアへのラベル アドバタイズメントをディセーブルにします(他に競合するルールがない場合)。

            interface

            インターフェイス アドレスのラベル アドバタイズメントのインターフェイスを指定します。

            for prefix-acl
            to peer-acl

            ラベル アドバタイズメントをアドバタイズおよび受信するネイバーを指定します。

             
            ステップ 4次のいずれかのコマンドを使用します。
            • end
            • commit


            例:
            RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# end

            または

            RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# commit
             

            設定変更を保存します。

            • end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。
              Uncommitted changes found, commit them before exiting(yes/no/cancel)?
              [cancel]:
              • yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。
              • no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。
              • cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。
            • 実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、commit コマンドを使用します。
             

            LDP ネイバーのセットアップ

            このタスクを実行して、LDP ネイバーをセットアップします。

            はじめる前に

            リンク ディスカバリ(およびセッションのセットアップ)を正常に行うには、リンクのいずれかの側に安定したルータ ID が必要です。 ルータ ID をルータに割り当てない場合、デフォルトでグローバル ルータ ID に設定されます。 デフォルトのルータ ID は変更されることがあり、不安定なディスカバリの原因となる可能性があります。

            手順の概要

              1.    configure

              2.    mpls ldp

              3.    interface type interface-path-id

              4.    discovery transport-address [ ip-address | interface ]

              5.    exit

              6.    holdtime seconds

              7.    neighbor ip-address password [ encryption ] password

              8.    backoff initial maximum

              9.    次のいずれかのコマンドを使用します。

              • end
              • commit

              10.    (任意) show mpls ldp neighbor


            手順の詳細
               コマンドまたはアクション目的
              ステップ 1 configure


              例:
              RP/0/RSP0/CPU0:router# configure 
               

              グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

               
              ステップ 2 mpls ldp


              例:
              RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# mpls ldp
              
               

              MPLS LDP コンフィギュレーション モードを開始します。

               
              ステップ 3 interface type interface-path-id


              例:
              RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# interface POS 0/1/0/0
              
               

              LDP プロトコルのインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

               
              ステップ 4 discovery transport-address [ ip-address | interface ]


              例:
              RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp-if)# discovery transport-address 192.168.1.42
              

              または

              RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# discovery transport-address interface
              
               

              TCP 接続の代替トランスポート アドレスを提供します。

              • LSR(TCP 接続)によりピアにアドバタイズされるデフォルトのトランスポート アドレスは、ルータ ID です。
              • トランスポート アドレス設定は、特定の LDP 対応インターフェイスに適用されます。
              • インターフェイス バージョンのコマンドを使用する場合、インターフェイスの設定済み IP アドレスが、トランスポート アドレスとしてネイバーに渡されます。
               
              ステップ 5 exit


              例:
              RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp-if)# exit
              
               

              現在のコンフィギュレーション モードを終了します。

               
              ステップ 6 holdtime seconds


              例:
              RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# holdtime 30
              
               

              ピアからの LDP メッセージがない場合に LDP セッションが保守される時間を変更します。

              • 発信キープアライブ インターバルは、セッションの保持時間値の変化に応じて(指定保持時間内でキープアライブが 3 回になるように)調整されます。
              • セッション保持時間は、セッション確立時にも交換されます。
              • この例では、保持時間は 30 秒に設定されます。この場合、ピア セッションは 30 秒でタイムアウトになり、発信キープアライブ メッセージがピアに 10 秒ごとに送信されます。
               
              ステップ 7 neighbor ip-address password [ encryption ] password


              例:
              RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# neighbor 192.168.2.44 password secretpasswd
              
               

              指定ネイバーのパスワード認証(TCP MD5 オプションを使用)を設定します。

               
              ステップ 8 backoff initial maximum


              例:
              RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# backoff 10 20
              
               

              LDP バックオフ メカニズムのパラメータを設定します。 LDP バックオフ メカニズムによって、互換性のない設定が行われた 2 つの LSR で、セッション設定の失敗が抑制されずに連続して発生することを回避できます。 セッション設定の試行が(非互換性が原因で)失敗した場合、各 LSR で次の試行(バックオフ)が遅延されるため、一連の失敗による遅延が(最大バックオフ遅延に達するまで)急激に増加します。

               
              ステップ 9次のいずれかのコマンドを使用します。
              • end
              • commit


              例:
              RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# end

              または

              RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# commit
               

              設定変更を保存します。

              • end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。
                Uncommitted changes found, commit them before exiting(yes/no/cancel)?
                [cancel]:
                • yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。
                • no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。
                • cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。
              • 実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、commit コマンドを使用します。
               
              ステップ 10 show mpls ldp neighbor


              例:
              RP/0/RSP0/CPU0:routershow mpls ldp neighbor
              
               
              (任意)

              ネイバーとの LDP セッションのステータスを表示します。 このコマンドは、さまざまなフィルタおよび brief オプションとともに実行できます。

               

              LDP 転送のセットアップ

              このタスクを実行して、LDP フォワーディングをセットアップします。

              デフォルトでは、LDP コントロール プレーンは、Penultimate Hop Popping(PHOP)メカニズムを実装します。 PHOP メカニズムでは、ラベル スイッチド ルータは、LSR が最後から 2 番目のホップである特定の転送等価クラス(FEC)のローカル ラベルとして暗黙的ヌル ラベルを使用する必要があります。 PHOP にはメリットがありますが、環境によっては(たとえば MPL QoS を伝播する場合)、最終ホップまで LSP を拡張する必要があります。 これは、最終ホップ(出力 LSR)にトラフィックを転送するときにピアがこのラベルを使用した後でピアにアドバタイズされる、特殊なローカル ラベル(明示的ヌル)を使用して行われます。

              はじめる前に

              リンク ディスカバリ(およびセッションのセットアップ)を正常に行うには、リンクのいずれかの側に安定したルータ ID が必要です。 ルータ ID をルータに割り当てない場合、デフォルトでグローバル ルータ ID に設定されます。 デフォルトのルータ ID は変更されることがあり、不安定なディスカバリの原因となる可能性があります。

              手順の概要

                1.    configure

                2.    mpls ldp

                3.    explicit-null

                4.    次のいずれかのコマンドを使用します。

                • end
                • commit

                5.    (任意) show mpls ldp forwarding

                6.    (任意) show mpls forwarding

                7.    (任意) ping ip-address


              手順の詳細
                 コマンドまたはアクション目的
                ステップ 1 configure


                例:
                RP/0/RSP0/CPU0:router# configure 
                 

                グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

                 
                ステップ 2 mpls ldp


                例:
                RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# mpls ldp
                
                 

                MPLS LDP コンフィギュレーション モードを開始します。

                 
                ステップ 3 explicit-null


                例:
                RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# explicit-null
                
                 

                ルータは、通常通りに暗黙的ヌル ラベルをアドバタイズする状況(たとえば、PHOP ではなく最終ホップ ディスポジションをイネーブルにする場合)では、明示的ヌル ラベルをアドバタイズします。

                 
                ステップ 4次のいずれかのコマンドを使用します。
                • end
                • commit


                例:
                RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# end

                または

                RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# commit
                 

                設定変更を保存します。

                • end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。
                  Uncommitted changes found, commit them before exiting(yes/no/cancel)?
                  [cancel]:
                  • yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。
                  • no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。
                  • cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。
                • 実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、commit コマンドを使用します。
                 
                ステップ 5 show mpls ldp forwarding


                例:
                RP/0/RSP0/CPU0:routershow mpls ldp forwarding
                
                 
                (任意)

                インストール済み転送ステート(リライト)の MPLS LDP ビューを表示します。

                 
                ステップ 6 show mpls forwarding


                例:
                RP/0/RSP0/CPU0:routershow mpls forwarding
                
                 
                (任意)

                すべての MPLS インストール済み転送ステート(リライト)のグローバル ビューをアプリケーションごと(LDP、TE、スタティック)に表示します。

                 
                ステップ 7 ping ip-address


                例:
                RP/0/RSP0/CPU0:routerping 192.168.2.55
                
                 
                (任意)

                show mpls forwarding コマンドで示されるように、MPLS LSP をする)特定の IP アドレスの接続をチェックします。

                 
                関連コンセプト

                グレースフル リスタートを使用した LDP NSF のセットアップ

                このタスクを実行して、LDP グレースフル リスタートを使用して NSF をセットアップします。

                LDP グレースフル リスタートは、LDP の NSF をイネーブルにする方法です。 LDP グレースフル リスタートを使用して NSF をセットアップする正しい方法は、グレースフル リスタートに関する追加設定で LDP ネイバー(リンクまたはターゲット)をアクティブにします。

                はじめる前に

                リンク ディスカバリ(およびセッションのセットアップ)を正常に行うには、リンクのいずれかの側に安定したルータ ID が必要です。 ルータ ID をルータに割り当てない場合、デフォルトでグローバル ルータ ID に設定されます。 デフォルトのルータ ID は変更されることがあり、不安定なディスカバリの原因となる可能性があります。

                手順の概要

                  1.    configure

                  2.    mpls ldp

                  3.    interface type interface-path-id

                  4.    exit

                  5.    graceful-restart

                  6.    graceful-restart forwarding-state-holdtime seconds

                  7.    graceful-restart reconnect-timeout seconds

                  8.    次のいずれかのコマンドを使用します。

                  • end
                  • commit

                  9.    (任意) show mpls ldp parameters

                  10.    (任意) show mpls ldp neighbor

                  11.    (任意) show mpls ldp graceful-restart


                手順の詳細
                   コマンドまたはアクション目的
                  ステップ 1 configure


                  例:
                  RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
                  
                   

                  グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

                   
                  ステップ 2 mpls ldp


                  例:
                  RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# mpls ldp
                  
                   

                  MPLS LDP コンフィギュレーション モードを開始します。

                   
                  ステップ 3 interface type interface-path-id


                  例:
                  RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# interface POS 0/1/0/0
                  RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp-if)# 
                  
                   

                  LDP プロトコルのインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

                   
                  ステップ 4 exit


                  例:
                  RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp-if)# exit
                  
                   

                  現在のコンフィギュレーション モードを終了します。

                   
                  ステップ 5 graceful-restart


                  例:
                  RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# graceful-restart
                  
                   

                  LDP のグレースフル リスタート機能をイネーブルにします。

                   
                  ステップ 6 graceful-restart forwarding-state-holdtime seconds


                  例:
                  RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# graceful-restart forwarding-state-holdtime 180
                  
                   

                  転送で LDP インストール転送ステートおよびリライトを維持できる時間を指定し、LDP コントロール プレーンが再起動するタイミングを指定します。

                  • コントロール プレーンの再起動後、転送ステートの保持時間が失効すると、リフレッシュされていないインストール済みの LDP 転送ステートまたはリライトが転送から削除されます。
                  • 再起動後に送信される回復時間は、転送ステートの保持時間タイマーの現在の残りの値として計算されます。
                   
                  ステップ 7 graceful-restart reconnect-timeout seconds


                  例:
                  RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# graceful-restart reconnect-timeout 169
                  
                   

                  以前のグレースフル リスタート セッションを down と宣言する前にノードを再起動して再接続するまでネイバーが待機する時間を指定します。 このコマンドは、ピアでタイマーを設定するときに使用されます(ネイバーリスタート時)。 このタイマーは、Neighbor Liveness タイマーと呼ばれます。

                   
                  ステップ 8次のいずれかのコマンドを使用します。
                  • end
                  • commit


                  例:
                  RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# end

                  または

                  RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# commit
                   

                  設定変更を保存します。

                  • end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。
                    Uncommitted changes found, commit them before exiting(yes/no/cancel)?
                    [cancel]:
                    • yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。
                    • no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。
                    • cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。
                  • 実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、commit コマンドを使用します。
                   
                  ステップ 9 show mpls ldp parameters


                  例:
                  RP/0/RSP0/CPU0:routershow mpls ldp parameters
                  
                   
                  (任意)

                  現在の MPLS LDP パラメータをすべて表示します。

                   
                  ステップ 10 show mpls ldp neighbor


                  例:
                  RP/0/RSP0/CPU0:routershow mpls ldp neighbor
                  
                   
                  (任意)

                  ネイバーとの LDP セッションのステータスを表示します。 このコマンドは、さまざまなフィルタおよび brief オプションとともに実行できます。

                   
                  ステップ 11 show mpls ldp graceful-restart


                  例:
                  RP/0/RSP0/CPU0:routershow mpls ldp graceful-restart
                  
                   
                  (任意)

                  LDP グレースフル リスタート機能のステータスを表示します。 このコマンドの出力では、さまざまなグレースフル リスタート タイマーの状態だけでなく、グレースフル リスタート ネイバー、その状態、再接続数のリストも示されます。

                   

                  ラベル受け入れコントロール(インバウンド フィルタリング)の設定

                  このタスクを実行して、LDP インバウンド ラベル フィルタリングを設定します。


                  (注)  


                  デフォルトでは、LDP により実行されるインバウンド ラベル バインディングはありません。そのため、LSR は、すべてのピアからすべてのリモート ラベル バインディングを受信(および保持)します。


                  手順の概要

                    1.    configure

                    2.    mpls ldp

                    3.    label accept for prefix-acl from ip-address

                    4.    次のいずれかのコマンドを使用します。

                    • end
                    • commit


                  手順の詳細
                     コマンドまたはアクション目的
                    ステップ 1 configure


                    例:
                    RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
                    
                     

                    コンフィギュレーション モードを開始します。

                     
                    ステップ 2 mpls ldp


                    例:
                    RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# mpls ldp
                    
                     

                    MPLS LDP コンフィギュレーション モードを開始します。

                     
                    ステップ 3 label accept for prefix-acl from ip-address


                    例:
                    RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# label accept for pfx_acl_1 from 192.168.1.1  
                    RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# label accept for pfx_acl_2 from 192.168.2.2
                    
                     

                    prefix-acl で指定されるプレフィックスのネイバー(IP アドレスで指定)からのインバウンド ラベルを設定します。

                     
                    ステップ 4次のいずれかのコマンドを使用します。
                    • end
                    • commit


                    例:
                    RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# end

                    または

                    RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# commit
                     

                    設定変更を保存します。

                    • end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。
                      Uncommitted changes found, commit them before exiting(yes/no/cancel)?
                      [cancel]:
                      • yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。
                      • no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。
                      • cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。
                    • 実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、commit コマンドを使用します。
                     

                    ローカル ラベル割り当てコントロールの設定

                    このタスクを実行して、ラベル割り当てコントロールを設定します。


                    (注)  


                    デフォルトでは、ローカル ラベル割り当てコントロールはディセーブルにされていて、すべての非 BGP プレフィックスにローカル ラベルが割り当てられます。


                    手順の概要

                      1.    configure

                      2.    mpls ldp

                      3.    label allocate for prefix-acl

                      4.    次のいずれかのコマンドを使用します。

                      • end
                      • commit


                    手順の詳細
                       コマンドまたはアクション目的
                      ステップ 1 configure


                      例:
                      RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
                      
                       

                      コンフィギュレーション モードを開始します。

                       
                      ステップ 2 mpls ldp


                      例:
                      RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# mpls ldp
                      
                       

                      MPLS LDP コンフィギュレーション モードを開始します。

                       
                      ステップ 3 label allocate for prefix-acl


                      例:
                      RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# label allocate for pfx_acl_1
                      
                       

                      prefix-acl で指定されるプレフィックスのラベル割り当てコントロールを設定します。

                       
                      ステップ 4次のいずれかのコマンドを使用します。
                      • end
                      • commit


                      例:
                      RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# end

                      または

                      RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# commit
                       

                      設定変更を保存します。

                      • end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。
                        Uncommitted changes found, commit them before exiting(yes/no/cancel)?
                        [cancel]:
                        • yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。
                        • no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。
                        • cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。
                      • 実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、commit コマンドを使用します。
                       

                      セッション保護の設定

                      このタスクを実行して、LDP セッション保護を設定します。

                      デフォルトでは、targeted hello によるリンク セッションの保護は行われません。

                      手順の概要

                        1.    configure

                        2.    mpls ldp

                        3.    session protection [ for peer-acl ] [ duration seconds ]

                        4.    次のいずれかのコマンドを使用します。

                        • end
                        • commit


                      手順の詳細
                         コマンドまたはアクション目的
                        ステップ 1 configure


                        例:
                        RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
                        
                         

                        コンフィギュレーション モードを開始します。

                         
                        ステップ 2 mpls ldp


                        例:
                        RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# mpls ldp
                        
                         

                        MPLS LDP コンフィギュレーション モードを開始します。

                         
                        ステップ 3 session protection [ for peer-acl ] [ duration seconds ]


                        例:
                        RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# session protection for peer_acl_1 duration 60
                        
                         

                        秒単位での最大期間で peer-acl により指定されるピアの LDP セッション保護を設定します。

                         
                        ステップ 4次のいずれかのコマンドを使用します。
                        • end
                        • commit


                        例:
                        RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# end

                        または

                        RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# commit
                         

                        設定変更を保存します。

                        • end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。
                          Uncommitted changes found, commit them before exiting(yes/no/cancel)?
                          [cancel]:
                          • yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。
                          • no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。
                          • cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。
                        • 実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、commit コマンドを使用します。
                         
                        関連コンセプト

                        Configuring LDP IGP Synchronization: OSPF

                        Perform this task to configure LDP IGP Synchronization under OSPF.


                        (注)  


                        By default, there is no synchronization between LDP and IGPs.


                        手順の概要

                          1.    configure

                          2.    router ospf process-name

                          3.    Use one of the following commands:

                          • mpls ldp sync
                          • area area-id mpls ldp sync
                          • area area-id interface name mpls ldp sync

                          4.    Use one of the following commands:

                          • end
                          • commit


                        手順の詳細
                           コマンドまたはアクション目的
                          ステップ 1 configure


                          例:
                          RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
                          
                           

                          Enters global configuration mode.

                           
                          ステップ 2 router ospf process-name


                          例:
                          RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router ospf 100
                          
                           

                          Identifies the OSPF routing process and enters OSPF configuration mode.

                           
                          ステップ 3Use one of the following commands:
                          • mpls ldp sync
                          • area area-id mpls ldp sync
                          • area area-id interface name mpls ldp sync


                          例:
                          RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ospf)# mpls ldp sync
                          
                           

                          Enables LDP IGP synchronization on an interface.

                           
                          ステップ 4Use one of the following commands:
                          • end
                          • commit


                          例:
                          RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ospf)# end

                          or

                          RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ospf)# commit
                           

                          Saves configuration changes.

                          • When you issue the end command, the system prompts you to commit changes:
                            Uncommitted changes found, commit them before exiting(yes/no/cancel)?
                            [cancel]:
                            • Entering yes saves configuration changes to the running configuration file, exits the configuration session, and returns the router to EXEC mode.
                            • Entering no exits the configuration session and returns the router to EXEC mode without committing the configuration changes.
                            • Entering cancel leaves the router in the current configuration session without exiting or committing the configuration changes.
                          • Use the commit command to save the configuration changes to the running configuration file and remain within the configuration session.
                           
                          関連コンセプト

                          LDP IGP 同期の設定:ISIS

                          このタスクを実行して、ISIS での LDP IGP 同期を設定します。


                          (注)  


                          デフォルトでは、LDP と ISIS は同期化されません。


                          手順の概要

                            1.    configure

                            2.    router isis instance-id

                            3.    interface type interface-path-id

                            4.    address-family ipv4 unicast

                            5.    mpls ldp sync

                            6.    次のいずれかのコマンドを使用します。

                            • end
                            • commit


                          手順の詳細
                             コマンドまたはアクション目的
                            ステップ 1 configure


                            例:
                            RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
                            
                             

                            グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

                             
                            ステップ 2 router isis instance-id


                            例:
                            RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router isis 100
                            RP/0/RSP0/CPU0:router(config-isis)#
                            
                             

                            Intermediate System-to-Intermediate System(IS-IS)ルーティング プロトコルをイネーブルにして、IS-IS インスタンスを定義します。

                             
                            ステップ 3 interface type interface-path-id


                            例:
                            RP/0/RSP0/CPU0:router(config-isis)# interface POS 0/2/0/0
                            RP/0/RSP0/CPU0:router(config-isis-if)#
                            
                             

                            IS-IS プロトコルをインターフェイスで設定して、ISIS インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

                             
                            ステップ 4 address-family ipv4 unicast


                            例:
                            RP/0/RSP0/CPU0:router(config-isis-if)# address-family ipv4 unicast
                            RP/0/RSP0/CPU0:router(config-isis-if-af)#
                            
                             

                            アドレス ファミリ コンフィギュレーション モードを開始して、標準 IP バージョン 4(IPv4)アドレス プレフィックスの IS-IS ルーティングを設定します。

                             
                            ステップ 5 mpls ldp sync


                            例:
                            RP/0/RSP0/CPU0:router(config-isis-if-af)# mpls ldp sync
                            
                             

                            LDP IGP 同期をイネーブルにします。

                             
                            ステップ 6次のいずれかのコマンドを使用します。
                            • end
                            • commit


                            例:
                            RP/0/RSP0/CPU0:router(config-isis-if-af)# end

                            または

                            RP/0/RSP0/CPU0:router(config-isis-if-af)# commit
                             

                            設定変更を保存します。

                            • end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。
                              Uncommitted changes found, commit them before exiting(yes/no/cancel)?
                              [cancel]:
                              • yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。
                              • no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。
                              • cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。
                            • 実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、commit コマンドを使用します。
                             
                            関連コンセプト

                            指定した OSPF インスタンスの LDP 自動設定のイネーブル化

                            このタスクを実行して、指定した OSPF プロセス名の IGP 自動設定をイネーブルにします。

                            インターフェイスごとに自動設定をディセーブルにできます。 これによって、明示的にディセーブルにされたインターフェイスを除くすべての IGP インターフェイスを LDP でイネーブルにできます。


                            (注)  


                            この機能は、デフォルトの VRF に限り IPv4 ユニキャスト ファミリでサポートされます。


                            手順の概要

                              1.    configure

                              2.    router ospf process-name

                              3.    mpls ldp auto-config

                              4.    area area-id

                              5.    interface type interface-path-id

                              6.    次のいずれかのコマンドを使用します。

                              • end
                              • commit


                            手順の詳細
                               コマンドまたはアクション目的
                              ステップ 1 configure


                              例:
                              RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
                              
                               

                              グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

                               
                              ステップ 2 router ospf process-name


                              例:
                              RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router ospf 190
                              RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ospf)#
                              
                               

                              一意に識別可能な OSPF ルーティング プロセスを開始します。 プロセス名はスペースを含まない 40 文字以内の任意の英数字ストリングです。

                               
                              ステップ 3 mpls ldp auto-config


                              例:
                              RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ospf)# mpls ldp auto-config
                              
                               

                              LDP 自動設定をイネーブルにします。

                               
                              ステップ 4 area area-id


                              例:
                              RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ospf)# area 8
                              
                               

                              OSPF 領域および ID を設定します。

                              area-id

                              10 進数値または IP アドレスのいずれか。

                               
                              ステップ 5 interface type interface-path-id


                              例:
                              RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ospf-ar)# interface pos 0/6/0/0
                              
                               

                              指定したインターフェイスで LDP 自動設定をイネーブルにします。

                              (注)     

                              最大数のインターフェイスの LDP 設定可能制限は、IGP 自動設定インターフェイスには適用されません。

                               
                              ステップ 6次のいずれかのコマンドを使用します。
                              • end
                              • commit


                              例:
                              RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ospf-ar-if)# end

                              または

                              RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ospf-ar-if)# commit
                               

                              設定変更を保存します。

                              • end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。
                                Uncommitted changes found, commit them before exiting(yes/no/cancel)?
                                [cancel]:
                                • yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。
                                • no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。
                                • cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。
                              • 実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、commit コマンドを使用します。
                               
                              関連コンセプト

                              指定した OSPF インスタンスの領域における LDP 自動設定のイネーブル化

                              指定した OSPF プロセス名の定義領域における IGP 自動設定をイネーブルにします。

                              インターフェイスごとに自動設定をディセーブルにできます。 これによって、明示的にディセーブルにされたインターフェイスを除くすべての IGP インターフェイスを LDP でイネーブルにできます。


                              (注)  


                              この機能は、デフォルトの VRF に限り IPv4 ユニキャスト ファミリでサポートされます。


                              手順の概要

                                1.    configure

                                2.    router ospf process-name

                                3.    area area-id

                                4.    mpls ldp auto-config

                                5.    interface type interface-path-id

                                6.    次のいずれかのコマンドを使用します。

                                • end
                                • commit


                              手順の詳細
                                 コマンドまたはアクション目的
                                ステップ 1 configure


                                例:
                                RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
                                
                                 

                                グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

                                 
                                ステップ 2 router ospf process-name


                                例:
                                RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router ospf 100
                                RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ospf)# 
                                
                                 

                                一意に識別可能な OSPF ルーティング プロセスを開始します。 プロセス名はスペースを含まない 40 文字以内の任意の英数字ストリングです。

                                 
                                ステップ 3 area area-id


                                例:
                                RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ospf)# area 8
                                RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ospf-ar)# 
                                
                                 

                                OSPF 領域および ID を設定します。

                                area-id

                                10 進数値または IP アドレスのいずれか。

                                 
                                ステップ 4 mpls ldp auto-config


                                例:
                                RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ospf-ar)# mpls ldp auto-config
                                
                                 

                                LDP 自動設定をイネーブルにします。

                                 
                                ステップ 5 interface type interface-path-id


                                例:
                                RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ospf-ar)# interface pos 0/6/0/0  
                                RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ospf-ar-if)
                                
                                 

                                指定したインターフェイスで LDP 自動設定をイネーブルにします。 最大数のインターフェイスの LDP 設定可能制限は、IGP 自動設定インターフェイスには適用されません。

                                 
                                ステップ 6次のいずれかのコマンドを使用します。
                                • end
                                • commit


                                例:
                                RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ospf-ar-if)# end

                                または

                                RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ospf-ar-if)# commit
                                 

                                設定変更を保存します。

                                • end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。
                                  Uncommitted changes found, commit them before exiting(yes/no/cancel)?
                                  [cancel]:
                                  • yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。
                                  • no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。
                                  • cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。
                                • 実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、commit コマンドを使用します。
                                 
                                関連コンセプト

                                LDP 自動設定のディセーブル化

                                このタスクを実行して、IGP 自動設定をディセーブルにします。

                                インターフェイスごとに自動設定をディセーブルにできます。 これによって、明示的にディセーブルにされたインターフェイスを除くすべての IGP インターフェイスを LDP でイネーブルにできます。

                                手順の概要

                                  1.    configure

                                  2.    mpls ldp

                                  3.    interface type interface-path-id

                                  4.    igp auto-config disable

                                  5.    次のいずれかのコマンドを使用します。

                                  • end
                                  • commit


                                手順の詳細
                                   コマンドまたはアクション目的
                                  ステップ 1 configure


                                  例:
                                  RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
                                  
                                   

                                  グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

                                   
                                  ステップ 2 mpls ldp


                                  例:
                                  RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# mpls ldp
                                  RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# 
                                  
                                   

                                  MPLS LDP コンフィギュレーション モードを開始します。

                                   
                                  ステップ 3 interface type interface-path-id


                                  例:
                                  RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# interface pos 0/6/0/0
                                  
                                   

                                  インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始し、インターフェイスを設定します。

                                   
                                  ステップ 4 igp auto-config disable


                                  例:
                                  RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp-if)# igp auto-config disable
                                  
                                   

                                  指定されたインターフェイスで自動設定をディセーブルにします。

                                   
                                  ステップ 5次のいずれかのコマンドを使用します。
                                  • end
                                  • commit


                                  例:
                                  RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp-if)# end

                                  または

                                  RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp-if)# commit
                                   

                                  設定変更を保存します。

                                  • end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。
                                    Uncommitted changes found, commit them before exiting(yes/no/cancel)?
                                    [cancel]:
                                    • yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。
                                    • no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。
                                    • cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。
                                  • 実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、commit コマンドを使用します。
                                   
                                  関連コンセプト

                                  LDP ノンストップ ルーティングの設定

                                  このタスクを実行して、LDP NSR を設定します。


                                  (注)  


                                  デフォルトでは、NSR は、AToM 以外、すべての LDP セッションでグローバルにイネーブルにされています。


                                  手順の概要

                                    1.    configure

                                    2.    mpls ldp

                                    3.    nsr

                                    4.    次のいずれかのコマンドを使用します。

                                    • end
                                    • commit

                                    5.    show mpls ldp nsr statistics

                                    6.    show mpls ldp nsr summary

                                    7.    show mpls ldp nsr pending


                                  手順の詳細
                                     コマンドまたはアクション目的
                                    ステップ 1 configure


                                    例:
                                    RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
                                    
                                     

                                    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

                                     
                                    ステップ 2 mpls ldp


                                    例:
                                    RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# mpls ldp
                                    
                                     

                                    MPLS LDP コンフィギュレーション モードを開始します。

                                     
                                    ステップ 3 nsr


                                    例:
                                    RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# nsr
                                    
                                     

                                    LDP ノンストップ ルーティングをイネーブルにします。

                                     
                                    ステップ 4次のいずれかのコマンドを使用します。
                                    • end
                                    • commit


                                    例:
                                    RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# end

                                    または

                                    RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# commit
                                     

                                    設定変更を保存します。

                                    • end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。
                                      Uncommitted changes found, commit them before exiting(yes/no/cancel)?
                                      [cancel]:
                                      • yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。
                                      • no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。
                                      • cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。
                                    • 実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、commit コマンドを使用します。
                                     
                                    ステップ 5 show mpls ldp nsr statistics


                                    例:
                                    RP/0/RSP0/CPU0:router# show mpls ldp nsr statistics
                                    
                                     

                                    MPLS LDP NSR 統計情報を表示します。

                                     
                                    ステップ 6show mpls ldp nsr summary


                                    例:
                                    RP/0/RSP0/CPU0:router# show mpls ldp nsr summary
                                    
                                     

                                    MPLS LDP NSR 概要情報を表示します。

                                     
                                    ステップ 7show mpls ldp nsr pending


                                    例:
                                    RP/0/RSP0/CPU0:router# show mpls ldp nsr pending
                                    
                                     

                                    MPLS LDP NSR 保留情報を表示します。

                                     

                                    LDP ダウンストリーム オンデマンド モードの設定

                                    手順の概要

                                      1.    configure

                                      2.    mpls ldp

                                      3.    downstream-on-demand

                                      4.    次のいずれかのコマンドを使用します。

                                      • end
                                      • commit


                                    手順の詳細
                                       コマンドまたはアクション目的
                                      ステップ 1 configure


                                      例:
                                      RP/0/RSP0/CPU0:router# configure 
                                       

                                      グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

                                       
                                      ステップ 2 mpls ldp


                                      例:
                                      RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# mpls ldp
                                      
                                       

                                      MPLS LDP コンフィギュレーション モードを開始します。

                                       
                                      ステップ 3 downstream-on-demand


                                      例:
                                      RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# downstream-on-demand with access-list 
                                      
                                       

                                      ダウンストリーム オンデマンド ラベル アドバタイズメント モードを開始します。 ACL には、ダウンストリーム オンデマンド モードで設定されるピア ID のリストが含まれます。 ACL が変更または設定されると、確立されたネイバーのリストが順番に試行されます。

                                       
                                      ステップ 4次のいずれかのコマンドを使用します。
                                      • end
                                      • commit


                                      例:
                                      RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# end

                                      または

                                      RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# commit
                                       

                                      設定変更を保存します。

                                      • end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。
                                        Uncommitted changes found, commit them before exiting(yes/no/cancel)?
                                        [cancel]:
                                        • yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。
                                        • no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。
                                        • cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。
                                      • 実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、commit コマンドを使用します。
                                       

                                      BGP への MPLS LDP ルートの再配布

                                      このタスクを実行して、ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)自律システムを MPLS LDP に再配布します。

                                      手順の概要

                                        1.    configure

                                        2.    mpls ldp

                                        3.    redistribute bgp

                                        4.    Use one of these commands:

                                        • end
                                        • commit

                                        5.    show run mpls ldp


                                      手順の詳細
                                         コマンドまたはアクション目的
                                        ステップ 1 configure


                                        例:
                                        RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
                                        
                                        
                                         

                                        グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

                                         
                                        ステップ 2 mpls ldp


                                        例:
                                        RP/0/RSP0/CPU0:router(conf)# mpls ldp
                                        
                                        
                                         

                                        MPLS LDP コンフィギュレーション モードを開始します。

                                         
                                        ステップ 3 redistribute bgp


                                        例:
                                        RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# redistribute bgp {advertise-to access-list | as}
                                        
                                        
                                         

                                        BGP ルートの MPLS LDP プロセスへの再配布を許可します。

                                        (注)     

                                        自律システム番号(ASN)は、自律システム(AS)を識別するために使用されるグローバルに一意な識別子であり、これにより、AS では、ネイバー AS との間で外部ルーティング情報を交換できるようになります。 BGP ルーティングで使用される各 AS に一意な ASN が割り当てられます。 BGP では、ASN を 2 バイトの番号および 4 バイトの番号としてエンコードします。

                                         
                                        ステップ 4Use one of these commands:
                                        • end
                                        • commit


                                        例:
                                        RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# end

                                        or

                                        RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# commit
                                         

                                        Saves configuration changes.

                                        • When you issue the end command, the system prompts you to commit changes:
                                          Uncommitted changes found, commit them
                                          before exiting(yes/no/cancel)? [cancel]:
                                          
                                          • Entering yes saves configuration changes to the running configuration file, exits the configuration session, and returns the router to EXEC mode.
                                          • Entering no exits the configuration session and returns the router to EXEC mode without committing the configuration changes.
                                          • Entering cancel leaves the router in the current configuration session without exiting or committing the configuration changes.
                                        • Use the commit command to save the configuration changes to the running configuration file and remain within the configuration session.
                                         
                                        ステップ 5 show run mpls ldp


                                        例:
                                        RP/0/RSP0/CPU0:router# show run mpls ldp
                                        
                                        
                                         

                                        再配布されるルート情報の情報を表示します。

                                         

                                        暗黙的ヌル上書きラベルのセットアップ

                                        このタスクを実行して、非出力プレフィックスの暗黙的ヌル ラベルを設定します。

                                        手順の概要

                                          1.    configure

                                          2.    mpls ldp

                                          3.    label

                                          4.    implicit-null-override for access-list

                                          5.    次のいずれかのコマンドを使用します。

                                          • end
                                          • commit


                                        手順の詳細
                                           コマンドまたはアクション目的
                                          ステップ 1 configure


                                          例:
                                          RP/0/RSP0/CPU0:router# configure 
                                           

                                          グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

                                           
                                          ステップ 2 mpls ldp


                                          例:
                                          RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# mpls ldp
                                          
                                           

                                          MPLS LDP コンフィギュレーション モードを開始します。

                                           
                                          ステップ 3 label


                                          例:
                                          RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# label
                                          
                                           

                                          ラベルの割り当て、アドバタイズメントおよび受信を設定します。

                                           
                                          ステップ 4implicit-null-override for access-list


                                          例:
                                          RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp-lbl)# implicit-null-override for 70
                                          
                                           

                                          非出力プレフィックスの暗黙的ヌル ローカル ラベルを設定します。

                                          (注)     

                                          この機能は、ACL での指定時にスタティック、IGP、および BGP を含むプレフィックスで機能します。

                                           
                                          ステップ 5次のいずれかのコマンドを使用します。
                                          • end
                                          • commit


                                          例:
                                          RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# end

                                          または

                                          RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ldp)# commit
                                           

                                          設定変更を保存します。

                                          • end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。
                                            Uncommitted changes found, commit them before exiting(yes/no/cancel)?
                                            [cancel]:
                                            • yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。
                                            • no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。
                                            • cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。
                                          • 実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、commit コマンドを使用します。
                                           

                                          MPLS LDP の実装の設定例

                                          次に、LDP 実装の設定例を示します。

                                          グレースフル リスタートを使用した LDP の設定:例

                                          次に、POS インターフェイス 0/2/0/0 でグレースフル リスタートを使用して LDP をイネーブルにする例を示します。

                                            mpls ldp
                                             graceful-restart
                                             interface pos0/2/0/0
                                            !
                                            

                                          LDP ディスカバリの設定:例

                                          次に、LDP ディスカバリ パラメータを設定する例を示します。

                                            mpls ldp
                                             router-id loopback0
                                             discovery hello holdtime 15
                                             discovery hello interval 5
                                            !
                                            
                                            show mpls ldp parameters
                                            show mpls ldp discovery
                                            

                                          LDP リンクの設定:例

                                          次に、LDP リンク パラメータを設定する例を示します。

                                            mpls ldp
                                             interface pos 0/1/0/0
                                             !
                                            !
                                            
                                            show mpls ldp discovery
                                            

                                          targeted hello の LDP ディスカバリの設定:例

                                          次に、targeted hello メッセージを受信するように LDP ディスカバリを設定する例を示します。

                                          アクティブ(トンネル ヘッド)

                                            mpls ldp
                                             router-id loopback0
                                             interface tunnel-te 12001
                                             !
                                            !
                                            

                                          パッシブ(トンネル テール)

                                            mpls ldp
                                             router-id loopback0
                                             discovery targeted-hello accept
                                            !
                                            

                                          ラベル アドバタイズメント(アウトバウンド フィルタリング)の設定:例

                                          次に、LDP ラベル アドバタイズメント コントロールを設定する例を示します。

                                            
                                            mpls ldp 
                                                label
                                                    advertise
                                                        disable
                                                        for pfx_acl_1 to peer_acl_1
                                                        for pfx_acl_2 to peer_acl_2
                                                        for pfx_acl_3
                                                        interface POS 0/1/0/0
                                                        interface POS 0/2/0/0
                                                    !
                                                 !
                                            !
                                            ipv4 access-list pfx_acl_1
                                                10 permit ip host 1.0.0.0 any
                                            !
                                            ipv4 access-list pfx_acl_2
                                                10 permit ip host 2.0.0.0 any
                                            !
                                            ipv4 access-list peer_acl_1
                                                10 permit ip host 1.1.1.1 any
                                                20 permit ip host 1.1.1.2 any
                                            !
                                            ipv4 access-list peer_acl_2
                                                10 permit ip host 2.2.2.2 any
                                            !
                                            
                                            show mpls ldp binding
                                            

                                          LDP ネイバーの設定:例

                                          次に、ラベル アドバタイズメントをディセーブルにする例を示します。

                                            mpls ldp
                                                router-id Loopback0
                                                neighbor 1.1.1.1 password encrypted 110A1016141E
                                                neighbor 2.2.2.2 implicit-withdraw
                                            !
                                            

                                          LDP 転送の設定:例

                                          次に、LDP 転送を設定する例を示します。

                                            mpls ldp
                                             explicit-null
                                            !
                                            
                                            show mpls ldp forwarding
                                            show mpls forwarding
                                            
                                          関連コンセプト

                                          グレースフル リスタートを使用した LDP ノンストップ フォワーディングの設定:例

                                          次に、グレースフル リスタートを使用して LDP ノンストップ フォワーディングを設定する例を示します。

                                            mpls ldp 
                                            log
                                            graceful-restart
                                            !
                                             graceful-restart
                                             graceful-restart forwarding state-holdtime 180
                                             graceful-restart reconnect-timeout 15
                                             interface pos0/1/0/0
                                            !
                                            
                                            show mpls ldp graceful-restart
                                            show mpls ldp neighbor gr
                                            show mpls ldp forwarding
                                            show mpls forwarding
                                            

                                          ラベル受け入れ(インバウンド フィルタリング)の設定:例

                                          次に、インバウンド ラベル フィルタリングを設定する例を示します。

                                            mpls ldp
                                             label 
                                            accept
                                             for pfx_acl_2 from 192.168.2.2
                                            !
                                             !
                                            !
                                            

                                          ローカル ラベル割り当てコントロールの設定:例

                                          次に、ローカル ラベル割り当てコントロールを設定する例を示します。

                                            mpls ldp
                                             label 
                                            allocate for pfx_acl_1
                                             ! 
                                            !
                                            

                                          LDP セッション保護の設定:例

                                          次に、セッション保護を設定する例を示します。

                                            mpls ldp
                                             session protection duration 60 for peer_acl_1
                                          
                                            !
                                            
                                          関連コンセプト

                                          LDP IGP 同期の設定:OSPF:例

                                          次に、OSPF の LDP IGP 同期を設定する例を示します。

                                            router ospf 100
                                            mpls ldp sync
                                            !
                                            mpls ldp
                                             igp sync delay 30
                                            !
                                            
                                          関連コンセプト

                                          LDP IGP 同期の設定:ISIS:例

                                          次に、LDP IGP 同期を設定する例を示します。

                                            router isis 100
                                             interface POS 0/2/0/0
                                            address-family ipv4 unicast
                                            mpls ldp sync
                                            !
                                             !
                                            !
                                            mpls ldp
                                             igp sync delay 30
                                            !
                                            
                                          関連コンセプト

                                          LDP 自動設定の設定:例

                                          次に、特定の OSPF インターフェイス ID で IGP 自動設定機能をグローバルで設定する例を示します。

                                            router ospf 100
                                             mpls ldp auto-config
                                             area 0 
                                              interface pos 1/1/1/1
                                            
                                            

                                          次に、特定の OSPF インターフェイス ID の指定エリアで IGP 自動設定機能を設定する例を示します。

                                            router ospf 100
                                             area 0
                                              mpls ldp auto-config
                                              interface pos 1/1/1/1
                                            
                                          関連コンセプト

                                          IP LDP 高速再ルーティング ループ フリー代替の設定:例

                                          次に、ルータで IP LDP FRR LFA を設定する例を示します。

                                          次に、デフォルトのタイブレーク設定で LFA FRR を設定する例を示します。

                                          
                                          router isis TEST
                                           net 49.0001.0000.0000.0001.00
                                           address-family ipv4 unicast
                                            metric-style wide
                                          
                                           interface GigabitEthernet0/6/0/13
                                            point-to-point
                                            address-family ipv4 unicast
                                             fast-reroute per-prefix
                                             # primary path GigabitEthernet0/6/0/13 will exclude the interface
                                             # GigabitEthernet0/6/0/33 in LFA backup path computation. 
                                             fast-reroute per-prefix exclude interface GigabitEthernet0/6/0/33
                                          !
                                           interface GigabitEthernet0/6/0/23
                                            point-to-point
                                            address-family ipv4 unicast
                                          !
                                           interface GigabitEthernet0/6/0/24
                                            point-to-point
                                            address-family ipv4 unicast
                                          !
                                           interface GigabitEthernet0/6/0/33
                                            point-to-point
                                            address-family ipv4 unicast
                                          !
                                          
                                          

                                          次に、TE トンネルを LFA バックアップとして設定する例を示します。

                                          
                                          router isis TEST
                                           net 49.0001.0000.0000.0001.00
                                           address-family ipv4 unicast
                                            metric-style wide
                                          
                                           interface GigabitEthernet0/6/0/13
                                            point-to-point
                                            address-family ipv4 unicast
                                             fast-reroute per-prefix
                                             # primary path GigabitEthernet0/6/0/13 will exclude the interface
                                             # GigabitEthernet0/6/0/33 in LFA backup path computation. TE tunnel 1001
                                             # is using the link GigabitEthernet0/6/0/33.
                                             fast-reroute per-prefix exclude interface GigabitEthernet0/6/0/33
                                             fast-reroute per-prefix lfa-candidate interface tunnel-te1001
                                          !
                                           interface GigabitEthernet0/6/0/33
                                            point-to-point
                                            address-family ipv4 unicast
                                          !
                                          

                                          次に、設定可能なタイブレーク設定で LFA FRR を設定する例を示します。

                                          
                                          router isis TEST
                                           net 49.0001.0000.0000.0001.00
                                           address-family ipv4 unicast
                                            metric-style wide
                                            fast-reroute per-prefix tiebreaker ?
                                            downstream            Prefer backup path via downstream node
                                            lc-disjoint           Prefer line card disjoint backup path
                                            lowest-backup-metric  Prefer backup path with lowest total metric
                                            node-protecting       Prefer node protecting backup path
                                            primary-path          Prefer backup path from ECMP set
                                            secondary-path        Prefer non-ECMP backup path
                                          
                                            fast-reroute per-prefix tiebreaker lc-disjoint index ?
                                            <1-255>  Index
                                            fast-reroute per-prefix tiebreaker lc-disjoint index 10
                                          
                                          Sample configuration:
                                          
                                          router isis TEST
                                           net 49.0001.0000.0000.0001.00
                                           address-family ipv4 unicast
                                            metric-style wide
                                            fast-reroute per-prefix tiebreaker downstream index 60
                                            fast-reroute per-prefix tiebreaker lc-disjoint index 10
                                            fast-reroute per-prefix tiebreaker lowest-backup-metric index 40
                                            fast-reroute per-prefix tiebreaker node-protecting index 30
                                            fast-reroute per-prefix tiebreaker primary-path index 20
                                            fast-reroute per-prefix tiebreaker secondary-path index 50
                                          !
                                          interface GigabitEthernet0/6/0/13
                                            point-to-point
                                            address-family ipv4 unicast
                                             fast-reroute per-prefix
                                          !  
                                           interface GigabitEthernet0/1/0/13
                                            point-to-point
                                            address-family ipv4 unicast
                                             fast-reroute per-prefix
                                          !
                                           interface GigabitEthernet0/3/0/0.1
                                            point-to-point
                                            address-family ipv4 unicast
                                          !
                                           interface GigabitEthernet0/3/0/0.2
                                            point-to-point
                                            address-family ipv4 unicast
                                          

                                          IP LDP 高速再ルーティング ループ フリー代替の確認:例

                                          次に、ルータで IP LDP FRR LFA 機能を確認する例を示します。

                                          次に、ISIS FRR 出力を確認する例を示します。

                                          
                                          RP/0/RSP0/CPU0:router#show isis fast-reroute summary
                                          
                                          IS-IS 1 IPv4 Unicast FRR summary
                                          
                                                                    Critical   High       Medium     Low        Total     
                                                                    Priority   Priority   Priority   Priority             
                                          Prefixes reachable in L1
                                            All paths protected     0          0          4          1008       1012      
                                            Some paths protected    0          0          0          0          0         
                                            Unprotected             0          0          0          0          0         
                                            Protection coverage     0.00%      0.00%      100.00%    100.00%    100.00%   
                                          Prefixes reachable in L2
                                            All paths protected     0          0          1          0          1         
                                            Some paths protected    0          0          0          0          0         
                                            Unprotected             0          0          0          0          0         
                                            Protection coverage     0.00%      0.00%      100.00%    0.00%      100.00%   
                                          
                                          
                                          次に、ISIS 高速再ルーティング出力で IGP ルート 211.1.1.1/24 を確認する例を示します。
                                          RP/0/RSP0/CPU0:router#show isis fast-reroute 211.1.1.1/24
                                          
                                          L1 211.1.1.1/24 [40/115]
                                               via 12.0.0.2, GigabitEthernet0/6/0/13, NORTH
                                                 FRR backup via 14.0.2.2, GigabitEthernet0/6/0/0.3, SOUTH
                                          
                                          RP/0/RSP0/CPU0:router#show isis fast-reroute 211.1.1.1/24 detail
                                          
                                          L1 211.1.1.1/24 [40/115] low priority
                                               via 12.0.0.2, GigabitEthernet0/6/0/13, NORTH
                                                 FRR backup via 14.0.2.2, GigabitEthernet0/6/0/0.3, SOUTH
                                                 P: No, TM: 130, LC: No, NP: Yes, D: Yes
                                               src sr1.00-00, 173.1.1.2
                                             L2 adv [40] native, propagated
                                          
                                          
                                          次に、RIB 出力で IGP ルート 211.1.1.1/24 を確認する例を示します。
                                          
                                          RP/0/RSP0/CPU0:router#show route 211.1.1.1/24
                                          
                                          Routing entry for 211.1.1.0/24
                                            Known via "isis 1", distance 115, metric 40, type level-1
                                            Installed Nov 27 10:22:20.311 for 1d08h
                                            Routing Descriptor Blocks
                                              12.0.0.2, from 173.1.1.2, via GigabitEthernet0/6/0/13, Protected
                                                Route metric is 40
                                              14.0.2.2, from 173.1.1.2, via GigabitEthernet0/6/0/0.3, Backup
                                                Route metric is 0
                                            No advertising protos. 
                                          
                                          
                                          次に、FIB 出力で IGP ルート 211.1.1.1/24 を確認する例を示します。
                                          
                                          RP/0/RSP0/CPU0:router#show cef 211.1.1.1/24
                                          211.1.1.0/24, version 0, internal 0x40040001 (ptr 0x9d9e1a68) [1], 0x0               \
                                          (0x9ce0ec40), 0x4500 (0x9e2c69e4)
                                           Updated Nov 27 10:22:29.825 
                                           remote adjacency to GigabitEthernet0/6/0/13
                                           Prefix Len 24, traffic index 0, precedence routine (0)
                                             via 12.0.0.2, GigabitEthernet0/6/0/13, 0 dependencies, weight 0, class 0,         \
                                          protected [flags 0x400]
                                              path-idx 0, bkup-idx 1 [0x9e5b71b4 0x0]
                                              next hop 12.0.0.2
                                               local label 16080      labels imposed {16082}
                                             via 14.0.2.2, GigabitEthernet0/6/0/0.3, 3 dependencies, weight 0, class 0,        \
                                          backup [flags 0x300]
                                              path-idx 1
                                              next hop 14.0.2.2
                                              remote adjacency
                                               local label 16080      labels imposed {16079}
                                          
                                          RP/0/RSP0/CPU0:router#show cef 211.1.1.1/24 detail
                                          211.1.1.0/24, version 0, internal 0x40040001 (ptr 0x9d9e1a68) [1], 0x0               \
                                          (0x9ce0ec40), 0x4500 (0x9e2c69e4)
                                           Updated Nov 27 10:22:29.825 
                                           remote adjacency to GigabitEthernet0/6/0/13
                                           Prefix Len 24, traffic index 0, precedence routine (0)
                                            gateway array (0x9cc622f0) reference count 1158, flags 0x28000d00, source lsd      \
                                          (2), 
                                                          [387 type 5 flags 0x101001 (0x9df32398) ext 0x0 (0x0)]
                                            LW-LDI[type=5, refc=3, ptr=0x9ce0ec40, sh-ldi=0x9df32398]
                                             via 12.0.0.2, GigabitEthernet0/6/0/13, 0 dependencies, weight 0, class 0,         \
                                          protected [flags 0x400]
                                              path-idx 0, bkup-idx 1 [0x9e5b71b4 0x0]
                                              next hop 12.0.0.2
                                               local label 16080      labels imposed {16082}
                                             via 14.0.2.2, GigabitEthernet0/6/0/0.3, 3 dependencies, weight 0, class 0,        \
                                          backup [flags 0x300]
                                              path-idx 1
                                              next hop 14.0.2.2
                                              remote adjacency
                                               local label 16080      labels imposed {16079}
                                          
                                          
                                              Load distribution: 0 (refcount 387)
                                          
                                              Hash  OK  Interface                 Address
                                              0     Y   GigabitEthernet0/6/0/13   remote         
                                          
                                          
                                          

                                          次に、MPLS LDP 出力で IGP ルート 211.1.1.1/24 を確認する例を示します。

                                          
                                          RP/0/RSP0/CPU0:router#show mpls ldp forwarding 211.1.1.1/24
                                          
                                          Prefix           Label   Label      Outgoing     Next Hop            GR Stale
                                                           In      Out        Interface                                
                                          ---------------- ------- ---------- ------------ ------------------- -- -----
                                          211.1.1.0/24     16080   16082      Gi0/6/0/13   12.0.0.2            Y  N
                                                                   16079      Gi0/6/0/0.3  14.0.2.2 (!)        Y  N
                                          
                                          
                                          
                                          RP/0/RSP0/CPU0:router#show mpls ldp forwarding 211.1.1.1/24 detail
                                          
                                          Prefix           Label   Label      Outgoing     Next Hop            GR Stale
                                                           In      Out        Interface                                
                                          ---------------- ------- ---------- ------------ ------------------- -- -----
                                          211.1.1.0/24     16080   16082      Gi0/6/0/13   12.0.0.2            Y  N
                                                                   [ Protected; path-id 1 backup-path-id 33; 
                                                                     peer 20.20.20.20:0 ]
                                                                   16079      Gi0/6/0/0.3  14.0.2.2 (!)        Y  N
                                                                   [ Backup; path-id 33; peer 40.40.40.40:0 ]
                                            Routing update   : Nov 27 10:22:19.560 (1d08h ago)
                                            Forwarding update: Nov 27 10:22:29.060 (1d08h ago)
                                          
                                          

                                          その他の参考資料

                                          MPLS ラベル配布プロトコルに関する詳細については、次の関連資料を参照してください。

                                          関連資料

                                          関連項目

                                          参照先

                                          LDP コマンド: Cisco ASR 9000 Series Router

                                          『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router MPLS Command Reference』「MPLS Label Distribution Protocol Commands onCisco ASR 9000 シリーズ ルータモジュール

                                          スタートアップ資料

                                          『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router  Getting Started Guide』

                                          標準

                                          標準

                                          タイトル

                                          この機能でサポートされる新規の標準または変更された標準はありません。また、既存の標準のサポートは変更されていません。

                                          MIB

                                          MIB

                                          MIB のリンク

                                          Cisco IOS XR ソフトウェアを使用している MIB を特定してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用し、[Cisco Access Products] メニューからプラットフォームを選択します。http:/​/​cisco.com/​public/​sw-center/​netmgmt/​cmtk/​mibs.shtml

                                          RFC

                                          RFC

                                          タイトル

                                          RFC 3031

                                          『Multiprotocol Label Switching Architecture』

                                          RFC 3036

                                          『LDP Specification』

                                          RFC 3037

                                          『LDP Applicability』

                                          RFC 3478

                                          『Graceful Restart Mechanism for Label Distribution Protocol』

                                          RFC 3815

                                          『Definitions of Managed Objects for MPLS LDP』

                                          RFC 5036

                                          『Label Distribution and Management』

                                          『Downstream on Demand Label Advertisement』

                                          RFC 5286

                                          『Basic Specification for IP Fast Reroute: Loop-Free Alternates』

                                          シスコのテクニカル サポート

                                          説明

                                          リンク

                                          シスコのテクニカル サポート Web サイトには、数千ページに及ぶ検索可能な技術情報があります。製品、テクノロジー、ソリューション、技術的なヒント、およびツールへのリンクもあります。 Cisco.com に登録済みのユーザは、このページから詳細情報にアクセスできます。

                                          http:/​/​www.cisco.com/​techsupport

                                          1 L3VPN Inter-AS オプション C では、一部の BGP プレフィックスのローカル ラベルを割り当てるために LDP が必要となることがあります。