Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ インターフェイスおよびハードウェア コンポーネント コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS XR ソフトウェア リリース 4.1
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータでのシリアル インターフェイスの設定
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ でのシリアル インターフェイスの設定
発行日;2012/05/08 | 英語版ドキュメント(2011/06/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ でのシリアル インターフェイスの設定

内容

シリアル インターフェイスの設定の前提条件

シリアル インターフェイスの設定に関する情報

概要:チャネライズド SPA 上のシリアル インターフェイスの設定

Cisco HDLC カプセル化

PPP カプセル化

マルチリンク PPP

キープアライブ タイマー

フレーム リレーのカプセル化

フレーム リレー インターフェイスでの LMI

シリアル インターフェイス コンフィギュレーションのデフォルト設定

シリアル インターフェイスの表記方法

IPHC の概要

QoS と IPHC

シリアル インターフェイスの設定方法

シリアル インターフェイスの始動

前提条件

制約事項

次の作業

オプションのシリアル インターフェイス パラメータの設定

前提条件

制約事項

次の作業

PVC を持つポイントツーポイント シリアル サブインターフェイスの作成

前提条件

制約事項

次の作業

オプションの PVC パラメータの設定

前提条件

制約事項

次の作業

シリアル インターフェイスでのキープアライブ インターバルの変更

前提条件

制約事項

IPHC の設定

IPHC の設定の前提条件

IPHC プロファイルの設定

インターフェイスでの IPHC プロファイルのイネーブル化

シリアル インターフェイスの設定例

シリアル インターフェイスの始動と Cisco HDLC カプセル化の設定:例

シリアル インターフェイスでのフレーム リレー カプセル化の設定:例

シリアル インターフェイスでの PPP カプセル化の設定:例

IPHC 設定:例

IPHC プロファイルの設定:例

シリアル インターフェイスでの IPHC の設定:例

マルチリンクでの IPHC の設定:例

MLPPP/LFI および QoS を使用するシリアル インターフェイスでの IPHC の設定:例

その他の関連資料

関連資料

標準

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ でのシリアル インターフェイスの設定

このモジュールでは、Cisco ASR 9000 シリーズ ルータのシリアル インターフェイスの設定について説明します。

シリアル コントローラ インターフェイス設定の機能履歴

リリース
変更内容

リリース 3.9.0

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ上で、2 ポート チャネライズド OC-12c/DS0 SPA 用にシリアル インターフェイスのサポートが追加されました。

リリース 4.0.0

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに次の機能および SPA のサポートが追加されました。

シリアル インターフェイスでの IPv4 マルチキャストのサポートが追加されました。インターフェイスのマルチキャスト設定の詳細については、『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Multicast Configuration Guide 』を参照してください。

Cisco 2 ポート チャネライズド OC-12c/DS0 SPA に IPHC が追加されました。

Cisco 1 ポート チャネライズド OC-48/STM-16 SPA のサポートが追加されました。

リリース 4.0.1

次の SPA のサポートが追加されました。

Cisco 1 ポート チャネライズド OC-3/STM-1 SPA

Cisco 2 ポートおよび 4 ポート クリア チャネル T3/E3 SPA

リリース 4.1.0

次の SPA のサポートが追加されました。

Cisco 4 ポート チャネライズド T3 SPA

Cisco 8 ポート チャネライズド T1/E1 SPA

次の SPA に IPHC のサポートが追加されました。

Cisco 1 ポート チャネライズド OC-3/STM-1 SPA

Cisco 4 ポート チャネライズド T3 SPA

Cisco 8 ポート チャネライズド T1/E1 SPA

Cisco 2 ポートおよび 4 ポート クリア チャネル T3/E3 SPA

シリアル インターフェイスの設定の前提条件

シリアル インターフェイスを設定する前に、次のタスクと条件を満たしていることを確認してください。

適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに次の SIP と、次の SPA のいずれかをインストールしておく必要があります。

Cisco SIP 700 SPA インターフェイス プロセッサ

Cisco 1 ポート チャネライズド OC-3/STM-1 SPA

Cisco 2 ポート チャネライズド OC-12c/DS0 SPA

Cisco 1 ポート チャネライズド OC-48/STM-16 SPA

Cisco 2 ポートまたは 4 ポート クリア チャネル T3/E3 SPA

Cisco 4 ポート チャネライズド T3/DS0 SPA

Cisco 8 ポート チャネライズド T1/E1 SPA


) Cisco 4 ポート チャネライズド T3 SPA は、クリア チャネル モードで実行できます。または、28 T1 コントローラか 21 E1 コントローラにチャネル化できます。


このマニュアルの 「Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ でのクリア チャネル T3/E3 およびチャネライズド T3 および T1/E1 コントローラの設定」 の説明に従って、設定するシリアル インターフェイスと関連付けるクリア チャネル T3/E3 コントローラまたはチャネライズド T3 to T1/E1 コントローラを設定しておく必要があります。


) チャネライズド T3 to T1/E1 コントローラの場合、ユーザが T1/E1 コントローラの各 DS0 チャネル グループを設定すると、シリアル インターフェイスが自動的に作成されます。


シリアル インターフェイスの設定に関する情報

シリアル インターフェイスを設定するには、次の概念を理解しておきます。

「概要:チャネライズド SPA 上のシリアル インターフェイスの設定」

「Cisco HDLC カプセル化」

「PPP カプセル化」

「キープアライブ タイマー」

「フレーム リレーのカプセル化」

「シリアル インターフェイス コンフィギュレーションのデフォルト設定」

「シリアル インターフェイスの表記方法」

「IPHC の概要」

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ上の単一のシリアル インターフェイスは、PPP、Cisco HDLC、またはフレーム リレー カプセル化を使用して、単一のインターフェイス上でデータを伝送します。

概要:チャネライズド SPA 上のシリアル インターフェイスの設定

表 HC-3 は、次の SPA およびラインカード上に、T1 シリアル インターフェイスを設定するために必要な概要です。

Cisco 2 ポート チャネライズド OC-12c/DS0 SPA

 

表 HC-3 概要:T1 DS0 チャネル上のシリアル インターフェイスの設定

手順
タスク
モジュール

1.

T3 モード用に SONET コントローラ パラメータおよび STS ストリームを設定します。

「Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ でのチャネライズド SONET/SDH の設定」

SONET T3 チャネルおよび VT1.5 がマッピングされた T1 チャネルの設定

2.

T3 コントローラ パラメータを設定し、モードを T1 に設定します。

28 T1 コントローラが自動的に作成されます。

「Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ でのクリア チャネル T3/E3 およびチャネライズド T3 および T1/E1 コントローラの設定」

チャネライズド T3 コントローラの設定

3.

T1 コントローラ上に、DS0 チャネル グループを作成し、設定します。

「Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ でのクリア チャネル T3/E3 およびチャネライズド T3 および T1/E1 コントローラの設定」

T1 コントローラの設定

4.

ステップ 2 で作成したチャネル グループと関連付けられたシリアル インターフェイスを設定します。

「Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ でのシリアル インターフェイスの設定」

シリアル インターフェイスの設定方法

は、次の SPA およびラインカード上に E1 シリアル インターフェイスを設定するために必要なタスクの概要です。

1 ポート チャネライズド OC-3/STM-1 SPA

2 ポート チャネライズド OC-12c/DS0 SPA

 

表 HC-4 概要:E1 DS0 チャネル上のシリアル インターフェイスの設定

手順
タスク
モジュール

1.

T3 モード用に SONET コントローラ パラメータおよび STS ストリームを設定します。

「Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ でのチャネライズド SONET/SDH の設定」

SONET T3 チャネルおよび VT1.5 がマッピングされた T1 チャネルの設定

2.

T3 コントローラ パラメータを設定し、モードを E1 に設定します。

21 E1 コントローラが自動的に作成されます。

「Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ でのクリア チャネル T3/E3 およびチャネライズド T3 および T1/E1 コントローラの設定」

チャネライズド T3 コントローラの設定

3.

E1 コントローラ上に、DS0 チャネル グループを作成し、設定します。

「Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ でのクリア チャネル T3/E3 およびチャネライズド T3 および T1/E1 コントローラの設定」

E1 コントローラの設定

4.

ステップ 2 で作成したチャネル グループと関連付けられたシリアル インターフェイスを設定します。

「Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ でのシリアル インターフェイスの設定」

シリアル インターフェイスの設定方法

表 HC-5 は、1 ポート チャネライズド OC-48/STM-16 SPA 上に、T3 シリアル インターフェイスを設定するために必要なタスクの概要です

 

表 HC-5 概要:T3 チャネル上のシリアル インターフェイスの設定

手順
タスク
モジュール

1.

SONET コントローラ パラメータおよび STS ストリームを設定します。

「Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ でのチャネライズド SONET/SDH の設定」

T3 のクリア チャネル SONET コントローラの設定

2.

T3 の STS ストリーム モードを設定して、T3 コントローラ パラメータを設定します。

「Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ でのチャネライズド SONET/SDH の設定」

T3 のクリア チャネル SONET コントローラの設定

3.

シリアル インターフェイスを設定します。

「Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ でのシリアル インターフェイスの設定」

シリアル インターフェイスの設定方法

Cisco HDLC カプセル化

Cisco ハイレベル データ リンク コントローラ (HDLC)は、HDLC を使用して、同期シリアル リンクでデータを送信するためのシスコ独自のプロトコルです。また、Cisco HDLC は、シリアル リンクのキープアライブを維持するシリアル ライン アドレス解決プロトコル(SLARP)と呼ばれる単純な制御プロトコルも提供します。HDLC は、Cisco IOS XR ソフトウェアにおけるシリアル インターフェイスのデフォルト カプセル化タイプです。Cisco HDLC は、効率的なパケットの実現およびエラー制御を行う、オープン システム インターコネクション(OSI)スタックのレイヤ 2(データ リンク)におけるデータ カプセル化のデフォルト プロトコルです。


) Cisco HDLC は、シリアル インターフェイスのデフォルトのカプセル化タイプです。


Cisco HDLC は、キープアライブを使用してリンク ステートをモニタリングします(「キープアライブ タイマー」を参照)。


) キープアライブ タイマーを設定した後で、ピアに送信されるシリアル ライン アドレス解決プロトコル(SLARP)パケットの情報を表示するには、debug chdlc slarp packet コマンドを使用します。


PPP カプセル化

PPP は、同期シリアル リンクでデータを送信するために使用される標準プロトコルです。また、PPP は、リンクのプロパティをネゴシエートするリンク制御プロトコル(LCP)も提供します。LCP は、エコー要求および応答を使用して、リンクの継続的なアベイラビリティをモニタリングします。


) インターフェイスに PPP カプセル化が設定されている場合、リンクがダウンしたと宣言され、ECHOREP 応答を受信せずに 5 つの ECHOREQ パケットが送信された後、完全な LCP ネゴシエーションが再開されます。


PPP は、リンク上で動作するデータ プロトコルのプロパティをネゴシエートする、次のネットワーク制御プロトコル(NCP)を提供します。

IP のプロパティをネゴシエートする IP 制御プロトコル(IPCP)

MPLS のプロパティをネゴシエートするマルチプロトコル ラベル スイッチング制御プロセッサ(MPLSCP)

CDP のプロパティをネゴシエートする Cisco Discovery Protocol 制御プロセッサ(CDPCP)

IP バージョン 6(IPv6)のプロパティをネゴシエートする IPv6CP

OSI のプロパティをネゴシエートするオープン システム インターコネクション制御プロセッサ(OSICP)

PPP は、キープアライブを使用してリンク ステートをモニタリングします(「キープアライブ タイマー」を参照)。

PPP は次の認証プロトコルをサポートします。これらのプロトコルでは、接続によるデータ トラフィックのフローを許可する前にそのアイデンティティを証明するために、リモート デバイスが必要です。

チャレンジ ハンドシェイク認証プロトコル(CHAP):CHAP 認証は、リモート デバイスにチャレンジ メッセージを送信します。リモート デバイスは、共有秘密を使用してチャレンジの値を暗号化し、暗号化された値とその名前を応答メッセージでローカル ルータに戻します。ローカル ルータは、リモート デバイスの名前をローカル ユーザ名またはリモート セキュリティ サーバ データベース内に保存された関連秘密に一致させようとします。保存された秘密を使用して、元のチャレンジを暗号化し、暗号化された値が一致していることを確認します。

Microsoft チャレンジ ハンドシェイク認証プロトコル(MS-CHAP):MS-CHAP は CHAP の Microsoft バージョンです。CHAP の標準バージョンと同様に、MS-CHAP は PPP 認証に使用されます。この場合、認証は、Microsoft Windows NT または Microsoft Windows 95 を使用するパーソナル コンピュータと、ネットワーク アクセス サーバとして機能する Cisco ルータまたはアクセス サーバの間で行われます。

パスワード認証プロトコル(PAP):PAP 認証では、ローカル ユーザ名データベース内またはリモート セキュリティ サーバ データベース内の一致するエントリに照らし合わせてチェックする名前とパスワードを送信するために、リモート デバイスが必要です。


) PPP 認証プロトコルのイネーブル化および設定の詳細については、このマニュアルの「Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ での PPP の設定」モジュールを参照してください。


シリアル インターフェイスで CHAP、MS-CHAP、および PAP をイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで ppp authentication コマンドを使用します。


) PPP 認証をイネーブルまたはディセーブルにしても、リモート デバイスに対してローカル ルータ自身を認証させる機能は影響を受けません。


マルチリンク PPP

マルチリンク PPP(MLPPP)は、次の SPA でサポートされます。

1 ポート チャネライズド OC-3/STM-1 SPA

2 ポート チャネライズド OC-12/DS0 SPA

MLPPP は、複数の物理リンクを 1 つの論理リンクに組み合わせる方式を提供します。MLPPP の実装によって、複数の PPP シリアル インターフェイスが 1 つのマルチリンク インターフェイスにまとめられます。MLPPP は、複数の PPP リンク経由でデータグラムの断片化、再編成、および配列を行います。

MLPPP は、QoS を除く PPP シリアル インターフェイスでサポートされる同じ機能を提供します。また、次の追加機能も提供します。

128 バイト、256 バイト、および 512 バイトのフラグメント サイズ

長いシーケンス番号(24 ビット)

失われたフラグメントの検出タイムアウト期間(80 ms)

最小アクティブ リンクの設定オプション

マルチリンク インターフェイスでの LCP エコー要求および応答のサポート

フル T1 および E1 フレームおよび非フレーム リンク

シリアル インターフェイスで MLPPP を設定する方法の詳細については、このマニュアルの 「Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ での PPP の設定」 モジュールを参照してください。

キープアライブ タイマー

シスコ キープアライブは、リンク ステートをモニタリングする場合に便利です。キープアライブは、キープアライブ タイマーの値によって決定される頻度で、定期的にピアに送信され、ピアから受信されます。受け入れ可能なキープアライブ応答がピアから受信されない場合、リンクはダウン状態に遷移します。ピアから受け入れ可能なキープアライブ応答が受信されるか、キープアライブがディセーブルになると、リンクはすぐにアップ状態に遷移します。


keepalive コマンドは、HDLC または PPP カプセル化を使用するシリアル インターフェイスに適用されます。フレーム リレー カプセル化を使用するシリアル インターフェイスには適用されません。


各カプセル化タイプでは、ピアによって無視される特定の数のキープアライブがシリアル インターフェイスのダウン状態への遷移をトリガーします。HDLC カプセル化の場合、無視されるキープアライブが 3 つあると、インターフェイスがダウン状態になります。PPP カプセル化の場合、無視されるキープアライブが 5 つあると、インターフェイスがダウン状態になります。ECHOREQ パケットは、LCP ネゴシエーションが完了した場合(LCP が開いている場合など)に限り、送信されます。

LCP が ECHOREQ パケットをピアに送信する頻度を設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで keepalive コマンドを使用します。システムで 10 秒のデフォルト キープアライブ インターバルを復元するには、 keepalive コマンドを no 引数とともに使用します。キープアライブをディセーブルにするには、 keepalive disable コマンドを使用します。PPP と Cisco HDLC では、0 のキープアライブはキープアライブをディセーブルにし、 show running-config コマンド出力では、 keepalive disable として報告されます。

LCP がピアで動作していて、ECHOREQ パケットを受信すると、キープアライブがピアでイネーブルかどうかに関係なく、エコー応答(ECHOREP)パケットで応答します。

キープアライブは、2 つのピアの間で独立しています。一方のピアの端ではキープアライブをイネーブルにし、もう一方の端ではディセーブルにすることができます。キープアライブがローカルでディセーブルの場合でも、LCP は受信する ECHOREQ パケットに ECHOREP パケットで応答します。同様に、LCP は、それぞれの端のキープアライブの期間が異なる場合でも機能します。


) キープアライブ タイマーを設定した後で、ピアに送信されるシリアル ライン アドレス解決プロトコル(SLARP)パケットの情報を表示するには、debug chdlc slarp packet コマンドと他の Cisco HDLC debug コマンドを使用します。


フレーム リレーのカプセル化

シリアル インターフェイスでフレーム リレー カプセル化がイネーブルの場合、インターフェイスの設定は階層型になっており、次の要素で構成されます。

1. シリアル メイン インターフェイスは、物理インターフェイスおよびポートで構成されます。Cisco HDLC および PPP カプセル化接続をサポートするシリアル インターフェイスを使用していない場合、シリアル メイン インターフェイスの下に相手先固定接続(PVC)があるサブインターフェイスを設定する必要があります。フレーム リレー接続は、PVC でのみサポートされます。

2. シリアル サブインターフェイスは、シリアル メイン インターフェイスの下に設定されます。シリアル サブインターフェイスは、シリアル サブインターフェイスの下に PVC を設定するまで、トラフィックをアクティブに伝送しません。レイヤ 3 の設定は、一般的にサブインターフェイス上で行われます。

3. ポイントツーポイント PVC は、シリアル サブインターフェイスの下に設定されます。メイン インターフェイスの下に PVC を直接設定できません。1 つのサブインターフェイスに対して 1 つのポイントツーポイント PVC を設定できます。PVC はあらかじめ定義された回線パスを使用し、パスが中断されるとエラーが発生します。PVC は、どちらかの設定から回線を削除しない限り、アクティブな状態に保たれます。シリアル PVC での接続は、フレーム リレー カプセル化だけをサポートします。


) 親インターフェイスの管理状態は、サブインターフェイスとその PVC の状態を決定します。親インターフェイスまたはサブインターフェイスの管理状態が変わると、その親インターフェイスまたはサブインターフェイスの下に設定されたすべての子 PVC の管理状態も変わります。


シリアル インターフェイスでフレーム リレー カプセル化を設定するには、encapsulation frame-relay コマンドを使用します。

フレーム リレー インターフェイスは、次の 2 つのタイプのカプセル化フレームをサポートします。

Cisco(デフォルト)

IETF

PVC に Cisco または IETF カプセル化を設定するには、PVC コンフィギュレーション モードで encap コマンドを使用します。PVC にカプセル化のタイプが明示的に設定されていない場合、その PVC は、メイン シリアル インターフェイスからカプセル化のタイプを引き継ぎます。


) Cisco カプセル化は、MPLS に設定されたシリアル メイン インターフェイスで必要です。IETF カプセル化は、MPLS ではサポートされていません。


インターフェイスにフレーム リレー カプセル化を設定する前に、そのインターフェイスから以前のレイヤ 3 のすべての設定が除去されていることを確認する必要があります。たとえば、メイン インターフェイスの下に直接設定されている IP アドレスがないことを確認する必要があります。IP アドレスが直接設定されていると、メイン インターフェイスの下で行われたフレーム リレー設定が実行できなくなります。

フレーム リレー インターフェイスでの LMI

ローカル管理インターフェイス(LMI)プロトコルは、PVC の追加、削除、およびステータスをモニタリングします。また、LMI は、フレーム リレー UNI インターフェイスを形成するリンクの完全性を確認します。デフォルトでは、 cisco LMI はすべての PVC でイネーブルです。ただし、このマニュアルの 「Cisco ASR 9000 シリーズ ルータでのフレーム リレーの設定」 モジュールの 「インターフェイスでのデフォルト フレーム リレー設定の変更」 セクションで説明するように、デフォルトの LMI タイプを ANSI または Q.933 に変更できます。

LMI のタイプが cisco (デフォルトの LMI タイプ)である場合、1 つのインターフェイスでサポートできる PVC の最大数は、メイン インターフェイスの MTU サイズに関連しています。カードまたは SPA でサポートされる PVC の最大数を計算するには、次の公式を使用します。

(MTU - 13)/8 = PVC の最大数


) シリアル インターフェイスでの mtu コマンドのデフォルト設定は、1504 バイトです。したがって、cisco LMI が設定されたシリアル インターフェイスでサポートされる PVC のデフォルト数は、186 です。


シリアル インターフェイス コンフィギュレーションのデフォルト設定

T3/E3 SPA でインターフェイスをイネーブルにし、追加のコンフィギュレーション コマンドを適用しない場合、デフォルトのインターフェイス設定は 表 7 のようになります。これらのデフォルト設定はコンフィギュレーションで変更できます。

 

表 7 シリアル インターフェイスのデフォルト設定

パラメータ
設定ファイルのエントリ
デフォルト設定値

キープアライブ

コマンドは、HDLC または PPP カプセル化を使用するシリアル インターフェイスに適用されます。フレーム リレー カプセル化を使用するシリアル インターフェイスには適用されません。

keepalive [ disable ]
no keepalive

10 秒のキープアライブ

カプセル化

encapsulation [ hdlc | ppp | frame-relay [ ietf ]]

hdlc

最大伝送ユニット(MTU)

mtu bytes

1504 バイト

巡回冗長検査(CRC)

crc [ 16 | 32]

16

シリアル インターフェイス上のデータ ストリームの反転

invert

データ ストリームは反転しません

ペイロード スクランブリング(暗号化)

scramble

スクランブリングはディセーブルです。

パケット間に挿入されるハイレベル データ リンク制御(HDLC)フラグ シーケンスの数

transmit-delay

デフォルトは 0(ディセーブル)です。


) デフォルト設定は、show running-config コマンドの出力には含まれません。


シリアル インターフェイスの表記方法

チャネライズド SPA 上の T1、E1、および DS0 インターフェイスの表記方法は、 rack / slot / module / port / channel-num:channel-group-number です。次に例を示します。

interface serial 0/0/1/2/4:3
 

シリアル インターフェイス下にサブインターフェイスと PVC を設定すると、ルータでは、シリアル インターフェイス アドレスの末尾にサブインターフェイス番号が含まれます。この場合の表記方法は rack / slot / module / port [/ channel-num:channel-group-number ]. subinterface です。次に例を示します。

interface serial 0/0/1/2.1
interface serial 0/0/1/2/4:3.1

) 値の間のスラッシュは、表記の一部として必要です。


シリアル インターフェイスの表記方法の構文は次のようになります。

rack :ラックのシャーシ番号。

slot :モジュラ サービス カードまたはラインカードの物理スロット番号。

module :モジュール番号。共有ポート アダプタ(SPA)は、そのサブスロット番号から参照されます。

port :コントローラの物理ポート番号。

channel-num :T1 または E1 のチャネル番号。T1 チャネルの範囲は 0 ~ 23、E1 チャネルの範囲は 0 ~ 31 です。

channel-group-number :タイムスロット番号。T1 タイムスロットの範囲は 1 ~ 24、E1 タイムスロットの範囲は 1 ~ 31 です。 channel-group-number の前には、スラッシュではなくコロンを付けます。

subinterface :サブインターフェイス番号。

有効なインターフェイスの選択肢一覧を表示するには、 serial キーワードに続けて疑問符( ? )のオンライン ヘルプ機能を使用します。

IPHC の概要

IP ヘッダー圧縮(IPHC)はフロー全体で特定の送信パケットのヘッダーが一定に保たれることを前提としています。関連パケットのヘッダーの一部のフィールドだけがフロー中に変更されます。

IPHC は、パケットごとに異なるフィールドだけが圧縮されたヘッダーに含まれるように、これらのヘッダーを圧縮します。いずれのパケットでも同じフィールドはすべて、圧縮されたヘッダーでは削除されます。フル ヘッダーは、圧縮されたヘッダーの間で送信されます。

フル ヘッダーは、すべての元のヘッダー フィールドおよびフローを識別するための追加情報(コンテキスト ID)を含む非圧縮ヘッダーです。圧縮されたパケット間でフル ヘッダーが送信される間隔は、 refresh max-period および refresh max-time コマンドを使用して設定できます。

IPHC コンテキストは、圧縮されたパケットのコンプレッサ(送信側)およびデコンプレッサ(受信側)によって、フローのパケットの符号化およびデコードのために使用されます。コンテキストは、コンプレッサとデコンプレッサに保存され、両端でのデルタ計算に使用されます。特定のインターフェイスで使用できるコンテキスト数は設定可能です。圧縮できるヘッダーの最大サイズも設定できます。

IPHC では、RTP および UDP トラフィックの圧縮と圧縮解除、および TCP および CTCP トラフィックでの CN の圧縮解除がサポートされています。

ユーザは、次のいずれかのタイプの圧縮形式を選択できます。

インターネット技術特別調査委員会(IETF)標準形式。
RFC2507 および RFC2508 圧縮スキームを使用します。

IPHC 形式。
IETF のようなオプションが用意されています。

表 8 に、IPHC 機能、機能の値、およびデフォルトを示します。

 

表 8 IPHC 機能とデフォルト設定

IPHC 機能
デフォルト

TCP コンテキスト

0 ~ 255

1

非 TCP コンテキスト

1 ~ 6000

16

圧縮形式オプション

IETF または IPHC

--

フィードバック メッセージ

イネーブルまたはディセーブル

イネーブル

最大リフレッシュ期間のサイズ

1 ~ 65535 パケット

256

最大リフレッシュ タイム期間

0 ~ 255 秒

5

最大ヘッダーのサイズ

20 ~ 40 バイト

40

Real Time Protocol(RTP)

イネーブルまたはディセーブル

イネーブル

リフレッシュ RTP

イネーブルまたはディセーブル

ディセーブル

現在、IP ヘッダーのプロトコル フィールドが UDP である IPv4 ユニキャスト パケットだけが圧縮されます。

IPHC は、インターフェイスで次のように設定されます。

IPHC プロファイルを作成

プロファイルに IPHC 属性を設定

インターフェイスにプロファイルを割り当て

IPHC プロファイルには、インターフェイスで Real Time Protocol(RTP)をイネーブルする rtp コマンドが含まれている必要があります。含まれていない場合、プロファイルはイネーブルになりません。設定された RTP パケットのリフレッシュ設定をイネーブルにするために、 refresh rtp コマンドを使用する必要があります。デフォルトでは、リフレッシュ RTP はディセーブルで、フローの最初のパケットだけが「フル ヘッダー」パケットとして送信されます。

フィードバック メッセージ、最大リフレッシュ期間のサイズ、最大リフレッシュ タイム期間、および最大ヘッダーのサイズなどの一部の属性がプロファイルに設定されていない場合、これらの属性のデフォルト値は、プロファイルがインターフェイスでイネーブルになったときに適用されます。

現在、IPHC は PPP カプセル化を使用するシリアル インターフェイスおよび PPP カプセル化インターフェイスを使用するマルチリンクだけでサポートされています。

通常、IPHC はインターフェイスのカスタマー エッジ(CE)終端とプロバイダー エッジ(PE)終端の間に設定されます。機能するためには、インターフェイスの両端で設定する必要があります。PPP プロトコルは、インターフェイスの 2 つの終端間の IPHC の特定パラメータをネゴシエートし、2 つの終端間で設定された最小値を決定します。

QoS と IPHC

IPHC プロファイルをインターフェイス上でイネーブルにして、IPHC プロファイルが QoS(Quality of Service)サービス ポリシーと一致するパケットにしか適用されないようにできます。この場合、QoS サービス ポリシー クラス属性によって、圧縮するパケットが決定されます。これにより、ユーザはより IPHC の精度を最適化できます。

ポリシー マップは、 service-policy コマンドを使用してインターフェイスに割り当てます。IPHC アクションは、出力サービス ポリシーにだけ適用されます。IPHC は、入力サービス ポリシーではサポートされません。

ユーザは、QoS を使用して次のように IPHC を設定できます。

compress header ip アクションで QoS policy-map を作成します。

ipv4 iphc profile profile_name mode service-policy コマンドを使用して、IPHC プロファイルをインターフェイスに割り当てます。

service-policy output コマンドを使用して compression header ip アクションに QoS policy-map を割り当てます。

QoS を使用した IPHC の設定方法の例については、「MLPPP/LFI および QoS を使用するシリアル インターフェイスでの IPHC の設定:例」を参照してください。

QoS 設定の詳細については、『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Modular Quality of Service Configuration Guide 』および『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Modular Quality of Service Command Reference 』を参照してください。

シリアル インターフェイスの設定方法

チャネライズド T3/E3 コントローラを設定した後は、 「Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ でのクリア チャネル T3/E3 およびチャネライズド T3 および T1/E1 コントローラの設定」 モジュールの説明に従って、そのコントローラに関連付けるシリアル インターフェイスを設定できます。

次のタスクでは、シリアル インターフェイスの設定方法について説明します。

「シリアル インターフェイスの始動」

「オプションのシリアル インターフェイス パラメータの設定」

「PVC を持つポイントツーポイント シリアル サブインターフェイスの作成」

「オプションの PVC パラメータの設定」

「シリアル インターフェイスでのキープアライブ インターバルの変更」

「IPHC の設定」

「IPHC プロファイルの設定」

「インターフェイスでの IPHC プロファイルのイネーブル化」

シリアル インターフェイスの始動

ここでは、シリアル インターフェイスの始動に使用するコマンドについて説明します。

前提条件

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータは、次の SIP と、次の SPA の少なくとも 1 つ以上をインストールしており、Cisco IOS XR ソフトウェアを実行している必要があります。

SIP 700 SPA インターフェイス プロセッサ

1 ポート チャネライズド OC-3/STM-1 SPA

2 ポート チャネライズド OC-12c/DS0 SPA

1 ポート チャネライズド OC-48/STM-16 SPA

4 ポート チャネライズド T3 SPA

2 ポートおよび 4 ポート クリア チャネル T3/E3 SPA

8 ポート チャネライズド T1/E1 SPA

制約事項

シリアル インターフェイスがアクティブになるためには、シリアル接続の両端の設定が一致している必要があります。

手順の概要

1. show interfaces

2. configure

3. interface serial interface-path-id

4. ipv4 address ip-address

5. no shutdown

6. end
または
commit

7. exit

8. exit

9. 接続の他端でインターフェイスを始動するために、手順 1 ~ 8 を繰り返します。

10. show ipv4 interface brief

11. show interfaces serial interface-path-id

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

show interfaces

 

RP/0/RSP0/CPU0:router# show interfaces

(任意)設定されているインターフェイスを表示します。

このコマンドを使用して、ルータが PLIM カードを認識していることも確認します。

ステップ 2

configure

 

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface serial interface-path-id

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface serial 0/1/0/0

シリアル インターフェイス名と rack/slot/module/port 表記を指定して、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

ipv4 address ip-address

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# ipv4 address 10.1.2.1 255.255.255.224

IP アドレスとサブネット マスクをインターフェイスに割り当てます。

(注) このインターフェイスにフレーム リレー カプセル化を設定する場合は、この手順を省略してください。フレーム リレーの場合、IP アドレスとサブネット マスクはサブインターフェイス下に設定します。

ステップ 5

no shutdown

 

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-if)# no shutdown

shutdown 設定を削除します。

(注) shutdown 設定を削除することにより、インターフェイスでの強制的な管理上のダウンが解除されるため、インターフェイスはアップ状態またはダウン状態に移行することができます(親 SONET レイヤが管理上のダウンに設定されていないことを前提とします)。

ステップ 6

end

または

commit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-if)# end

または

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# commit

設定変更を保存します。

end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。

Uncommitted changes found, commit them before
exiting(yes/no/cancel)?
[cancel]:
 

yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了し、ルータが EXEC モードに戻ります。

no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。

cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。

実行コンフィギュレーション ファイルに変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、 commit コマンドを使用します。

ステップ 7

exit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-if)# exit

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了し、グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 8

exit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router (config)# exit

グローバル コンフィギュレーション モードを終了し、EXEC モードを開始します。

ステップ 9

show interfaces

configure

interface serial interface-path-id

no shut

exit

exit

 
RP/0/RSP0/CPU0:router# show interfaces

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure

RP/0/RSP0/CPU0:router (config)# interface serial 0/1/0/1

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# ipv4 address 10.1.2.2 255.255.255.224

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-if)# no shutdown

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-if)# commit

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-if)# exit

RP/0/RSP0/CPU0:router (config)# exit

接続の他端でインターフェイスを始動するために、手順 1 ~ 8 を繰り返します。

(注) シリアル接続の両端で設定が一致している必要があります。

ステップ 10

show ipv4 interface brief

 

RP/0/RSP0/CPU0:router # show ipv4 interface brief

インターフェイスがアクティブであり、適切に設定されていることを確認します。

シリアル インターフェイスが適切に始動されていると、 show ipv4 interface brief コマンドの出力結果で、そのインターフェイスの [Status] フィールドに [Up] と表示されます。

ステップ 11

show interfaces serial interface-path-id

 

RP/0/RSP0/CPU0:router# show interfaces serial 0/1/0/0

(任意)インターフェイス コンフィギュレーションを表示します。

次の作業

始動したシリアル インターフェイスのデフォルト設定を変更するには、「オプションのシリアル インターフェイス パラメータの設定」を参照してください。

オプションのシリアル インターフェイス パラメータの設定

ここでは、シリアル インターフェイスのデフォルト設定の変更に使用するコマンドについて説明します。

前提条件

シリアル インターフェイスのデフォルト設定を変更する前に、シリアル インターフェイスを始動して、「シリアル インターフェイスの始動」で説明するように shutdown 設定を削除することを推奨します。

制約事項

シリアル インターフェイスがアクティブになるためには、シリアル接続の両端の設定が一致している必要があります。

手順の概要

1. configure

2. interface serial interface-path-id

3. encapsulation [ hdlc | ppp | frame-relay [ IETF ]

4. serial

5. crc length

6. invert

7. scramble

8. transmit-delay hdlc-flags

9. end
または
commit

10. exit

11. exit

12. exit

13. show interfaces serial [ interface-path-id ]

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure

 

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface serial interface-path-id

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface serial 0/1/0/0

シリアル インターフェイス名と rack/slot/module/port 表記を指定して、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

encapsulation [ hdlc | ppp | frame-relay [ IETF ]

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# encapsulation hdlc

(任意)HDLC や PPP、フレーム リレーなどのインターフェイス カプセル化パラメータおよび詳細を設定します。

です。

ステップ 4

serial

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# serial

(任意)シリアル サブモードを開始し、シリアル パラメータを設定します。

ステップ 5

crc length

 

RP/0/RSP0/CPU0:ios(config-if-serial)# crc 32

(任意)インターフェイスの巡回冗長検査(CRC)の長さを指定します。16 ビットの CRC モードを指定するには 16 キーワード、32 ビットの CRC モードを指定するには 32 キーワードを入力します。

(注) デフォルトの CRC の長さは 16 です。

ステップ 6

invert

 

RP/0/RSP0/CPU0:ios(config-if-serial)# inverts

(任意)データ ストリームを反転します。

ステップ 7

scramble

 

RP/0/RSP0/CPU0:ios(config-if-serial)# scramble

(任意)インターフェイス上でペイロード スクランブリングをイネーブルにします。

(注) インターフェイス上のペイロード スクランブリングはディセーブルです。

ステップ 8

transmit-delay hdlc-flags

 

RP/0/RSP0/CPU0:ios(config-if-serial)# transmit-delay 10

(任意)インターフェイス上の送信遅延を指定します。指定できる値は 0 ~ 128 です。

に設定されます)。

ステップ 9

end

または

commit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-if)# end

または

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# commit

設定変更を保存します。

end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。

Uncommitted changes found, commit them before
exiting(yes/no/cancel)?
[cancel]:
 

yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了し、ルータが EXEC モードに戻ります。

no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。

cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。

実行コンフィギュレーション ファイルに変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、 commit コマンドを使用します。

ステップ 10

exit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if-serial)# exit

シリアル コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 11

exit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-if)# exit

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了し、グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 12

exit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router (config)# exit

グローバル コンフィギュレーション モードをI了し、EXEC モードを開始します。

ステップ 13

show interfaces serial [ interface-path-id ]

 

RP/0/RSP0/CPU0:router# show interface serial 0/1/0/0

(任意)指定したシリアル インターフェイスの一般情報を表示します。

次の作業

始動したシリアル インターフェイス上に PVC を持つポイントツーポイント フレーム リレー サブインターフェイスを作成するには、「PVC を持つポイントツーポイント シリアル サブインターフェイスの作成」を参照してください。

PPP カプセル化がイネーブルであるシリアル インターフェイスに PPP 認証を設定するには、このマニュアルで後述する 「Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ での PPP の設定」 モジュールを参照してください。

デフォルトのキープアライブ設定を変更するには、「シリアル インターフェイスでのキープアライブ インターバルの変更」を参照してください。

フレーム リレー カプセル化がイネーブルであるシリアル インターフェイスのデフォルトのフレーム リレー設定を変更するには、 「Cisco ASR 9000 シリーズ ルータでのフレーム リレーの設定」 モジュールの「インターフェイスでのデフォルト フレーム リレー設定の変更」セクションを参照してください。

PVC を持つポイントツーポイント シリアル サブインターフェイスの作成

ここに記載する手順では、ポイントツーポイント シリアル サブインターフェイスを作成し、そのシリアル サブインターフェイスに相手先固定接続(PVC)を設定します。


) サブインターフェイスおよび PVC の作成は、フレーム リレー カプセル化だけが設定されたインターフェイスでサポートされます。


前提条件

シリアル インターフェイスでサブインターフェイスを作成する前に、「シリアル インターフェイスの始動」で説明するように、フレーム リレー カプセル化が設定されたメイン シリアル インターフェイスを始動する必要があります。

制約事項

PVC は、各ポイントツーポイント シリアル サブインターフェイスに 1 つだけ設定できます。

手順の概要

1. configure

2. interface serial interface-path-id . subinterface point-to-point

3. ipv4 address ipv4_address / prefix

4. pvc dlci

5. end
または
commit

6. 接続の他端でシリアル サブインターフェイスおよび関連付けられている PVC を始動するために、ステップ 1 ~ 5 を繰り返します。

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure

 

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface serial interface-path-id . subinterface point-to-point

 

RP/0/RSP0/CPU0:router (config)# interface serial 0/1/0/0.1

シリアル サブインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ipv4 address ipv4_address/prefix

 
RP/0/RSP0/CPU0:router (config-subif)#ipv4 address 10.46.8.6/24

IP アドレスおよびサブネット マスクをサブインターフェイスに割り当てます。

ステップ 4

pvc dlci

 

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-subif)# pvc 20

シリアル相手先固定接続(PVC)を作成し、フレーム リレー PVC コンフィギュレーション サブモードを開始します。

dlci を 16 ~ 1007 の範囲の PVC ID に置き換えます。

(注) 各サブインターフェイスに設定できる PVC は 1 つだけです。

ステップ 5

end

または

commit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-subif)# end

または

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-subif)# commit

設定変更を保存します。

end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。

Uncommitted changes found, commit them before
exiting(yes/no/cancel)?
[cancel]:
 

yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了し、ルータが EXEC モードに戻ります。

no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。

cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。

実行コンフィギュレーション ファイルに変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、 commit コマンドを使用します。

ステップ 6

configure

interface serial interface-path-id

pvc dlci

commit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure

RP/0/RSP0/CPU0:router (config)# interface serial 0/1/0/1.1

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-subif)#ipv4 address 10.46.8.5/24

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-subif)# pvc 20

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-fr-vc)# commit

接続の他端でシリアル サブインターフェイスおよび関連付けられている PVC を始動するために、ステップ 1 ~ 5 を繰り返します。

(注) DLCI(PVC ID)は、サブインターフェイス接続の両端で一致している必要があります。

(注) 接続の他端のサブインターフェイスに IP アドレスおよびサブネット マスクを割り当てるときには、接続の両端のアドレスが同じサブネットに属している必要があることに注意してください。

次の作業

オプションの PVC パラメータを設定するには、「オプションのシリアル インターフェイス パラメータの設定」を参照してください。

フレーム リレー カプセル化がイネーブルであるシリアル インターフェイスのデフォルトのフレーム リレー設定を変更するには、 「Cisco ASR 9000 シリーズ ルータでのフレーム リレーの設定」 モジュールの「インターフェイスでのデフォルト フレーム リレー設定の変更」セクションを参照してください。

レイヤ 3 QOS サービス ポリシーを PVC サブモードの PVC に付加するには、該当する Cisco IOS XR ソフトウェアのコンフィギュレーション ガイドを参照してください。

オプションの PVC パラメータの設定

ここでは、シリアル PVC でのデフォルト設定の変更に使用できるコマンドについて説明します。

フレーム リレー オプションの詳細については、『 Cisco IOS XR Interface and Hardware Component Configuration Guide for the Cisco ASR 9000 Series Router 』の「Configuring Frame Relay on the Cisco ASR 9000 Series Router」モジュールを参照してください。

前提条件

PVC のデフォルト設定を変更する前に、「PVC を持つポイントツーポイント シリアル サブインターフェイスの作成」で説明するようにシリアル サブインターフェイスで PVC を作成する必要があります。

制約事項

接続がアクティブになるためには、DLCI(PVI ID)が PVC の両端で一致している必要があります。

PVC DLCI を変更するには、PVC を削除し、新しい DLCI を設定して PVC を追加し直す必要があります。

手順の概要

1. configure

2. interface serial interface-path-id . subinterface

3. pvc dlci

4. encap [ cisco | ietf ]

5. service-policy { input | output } policy-map

6. end
または
commit

7. 接続の他端で PVC を設定するために、手順 1 ~ 6 を繰り返します。

8. show frame-relay pvc dlci-number

9. show policy-map interface serial interface-path-id.subinterface { input | output }
または
show policy-map type qos interface serial interface-path-id.subinterface { input | output }

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure

 

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface serial interface-path-id . subinterface

 

RP/0/RSP0/CPU0:router (config)# interface serial 0/1/0/0.1

シリアル サブインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

pvc dlci

 

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-subif)# pvc 20

PVC に対するサブインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

encap [ cisco | ietf ]

 

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-fr-vc)# encap ietf

(任意)フレーム リレー PVC のカプセル化を設定します。

(注) PVC にカプセル化のタイプが明示的に設定されていない場合、その PVC は、メイン シリアル インターフェイスからカプセル化のタイプを引き継ぎます。

ステップ 5

service-policy { input | output } policy-map

 

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-fr-vc)# service-policy output policy1

ポリシー マップを入力サブインターフェイスまたは出力サブインターフェイスに付加します。付加すると、そのサブインターフェイスのサービス ポリシーとしてポリシー マップが使用されます。

ステップ 6

end

または

commit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-fr-vc)# end

または

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fr-vc)# commit

設定変更を保存します。

end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。

Uncommitted changes found, commit them before
exiting(yes/no/cancel)?
[cancel]:
 

yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了し、ルータが EXEC モードに戻ります。

no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。

cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。

実行コンフィギュレーション ファイルに変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、 commit コマンドを使用します。

ステップ 7

configure

interface serial interface-path-id . subinterface

pvc dlci

encap [ cisco | ietf ]

commit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure

RP/0/RSP0/CPU0:router (config)# interface serial 0/1/0/1.1

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-subif)# pvc 20

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-fr-vc)# encap cisco

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-fr-vc)# commit

接続の他端でシリアル サブインターフェイスおよび関連付けられている PVC を始動するために、ステップ 1 ~ 6 を繰り返します。

(注) サブインターフェイス接続の両端で設定が一致している必要があります。

ステップ 8

show frame-relay pvc dlci-number

 

RP/0/RSP0/CPU0:router# show frame-relay pvc 20

(任意)指定したシリアル インターフェイスの設定を検証します。

ステップ 9

show policy-map interface serial interface-path-id . subinterface { input | output }

または

show policy-map type qos interface serial interface-path-id . subinterface { input | output }

 

RP/0/RSP0/CPU0:router# show policy-map interface serial 0/1/0/0.1 output

または

RP/0/RSP0/CPU0:router# show policy-map type qos interface serial 0/1/0/0.1 output

(任意)サブインターフェイスに付加された入力ポリシーおよび出力ポリシーの統計情報と設定を表示します。

次の作業

フレーム リレー カプセル化がイネーブルであるシリアル インターフェイスのデフォルトのフレーム リレー設定を変更するには、このマニュアルの 「Cisco ASR 9000 シリーズ ルータでのフレーム リレーの設定」 モジュールの「インターフェイスでのデフォルト フレーム リレー設定の変更」セクションを参照してください。

シリアル インターフェイスでのキープアライブ インターバルの変更

Cisco HDLC カプセル化または PPP カプセル化がイネーブルであるシリアル インターフェイスのキープアライブ インターバルを変更するには、次の作業を行います。


) シリアル インターフェイスで Cisco HDLC カプセル化または PPP カプセル化をイネーブルした場合、キープアライブ インターバルはデフォルトで 10 秒に設定されます。デフォルトのキープアライブ インターバルを変更する手順は、次のとおりです。



) Cisco HDLC は、シリアル インターフェイスにおいてデフォルトでイネーブルになります。


前提条件

キープアライブ タイマーの設定を変更する前に、Cisco HDLC カプセル化または PPP カプセル化がインターフェイスでイネーブルになっていることを確認します。インターフェイスで Cisco HDLC カプセル化または PPP カプセル化をイネーブルにするには、「オプションのシリアル インターフェイス パラメータの設定」で説明するように encapsulation コマンドを使用します。

制約事項

 

手順の概要

1. configure

2. interface serial interface-path-id

3. keepalive { seconds | disable }
または
no keepalive

4. end
または
commit

5. show interfaces type interface-path-id

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure

 

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface serial interface-path-id

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface serial 0/1/0/0

シリアル インターフェイス名と rack/slot/module/port 表記を指定して、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

keepalive { seconds | disable }

または

no keepalive

 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# keepalive 3

または

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# no keepalive

キープアライブ メッセージの間隔を秒数で指定します。

キープアライブ機能をディセーブルにするには、 keepalive disable コマンド、 no keepalive 、または keepalive コマンドを引数 0 で使用します。

範囲は 1 ~ 30 です。デフォルトは 10 秒です。

キープアライブがインターフェイスに設定されている場合、そのインターフェイスでフレーム リレー カプセル化を設定する前に、 no keepalive コマンドを使用してキープアライブ機能をディセーブルにします。

ステップ 4

end

または

commit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# end

または

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# commit

設定変更を保存します。

end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。

Uncommitted changes found, commit them before
exiting(yes/no/cancel)?
[cancel]:
 

yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了し、ルータが EXEC モードに戻ります。

no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。

cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。

実行コンフィギュレーション ファイルに変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、 commit コマンドを使用します。

ステップ 5

show interfaces serial interface-path-id

 

RP/0/RSP0/CPU0:router# show interfaces serial 0/1/0/0

(任意)インターフェイスの設定を確認します。

IPHC の設定

ここでは、次のステップの手順について説明します。

「IPHC の設定の前提条件」

「IPHC プロファイルの設定」

「インターフェイスでの IPHC プロファイルのイネーブル化」

IPHC の設定の前提条件

IP ヘッダー圧縮(IPHC)は、次のカードでサポートされます。

SIP 700 SPA インターフェイス プロセッサ

Cisco 2 ポート チャネライズド OC-12c/DS0 SPA

Cisco 1 ポート チャネライズド OC-3/STM-1 SPA

Cisco 4 ポート チャネライズド T3 SPA

Cisco 8 ポート チャネライズド T1/E1 SPA

Cisco 2 ポートおよび 4 ポート クリア チャネル T3/E3 SPA

IPHC プロファイルの設定

ここでは、IP ヘッダー圧縮(IPHC)プロファイルを作成および設定する方法について説明します。この手順は、TCP および非 TCP 圧縮用です。

手順の概要

IP ヘッダー圧縮(IPHC)プロファイルを設定するには、次の手順を実行します。

1. configure

2. iphc profile profile-name type { cisco | ietf | iphc }

3. tcp compression

4. tcp context absolute number-of-contexts

5. non-tcp compression

6. non-tcp context absolute number-of-contexts

7. rtp

8. refresh max-period { max-number | infinite }

9. refresh max-time { max-time | infinite }

10. refresh rtp

11. feedback disable

12. max-header number-of-bytes

13. end
または
commit

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

config

 

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

iphc profile profile-name type { cisco | ietf | iphc }

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# iphc profile Profile_1 type iphc

IPHC プロファイルを作成し、圧縮形式タイプを設定し、IPHC プロファイル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

tcp compression

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-iphc-profile)# tcp compression

IPHC プロファイルの TCP 圧縮をイネーブルにします。

ステップ 4

tcp context absolute number-of-contexts

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-iphc-profile)# tcp context absolute 255

ラインカード上で IPHC に使用できる TCP 接続コンテキストの最大数を設定します。

ステップ 5

non-tcp compression

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-iphc-profile)# non-tcp compression

IPHC プロファイルの非 TCP 圧縮をイネーブルにします。

ステップ 6

non-tcp context absolute number-of-contexts

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-iphc-profile)# non-tcp context absolute 255

ラインカード上で IPHC に使用できる非 TCP 接続コンテキストの最大数を設定します。

ステップ 7

rtp

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-iphc-profile)# rtp

インターフェイスに Real Time Protocol(RTP)プロトコルを設定します。

ステップ 8

refresh max-period { max-number | infinite }

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-iphc-profile)# refresh max-period 50

IPHC コンテキストがリフレッシュされるまでに、リンクで交換される圧縮された IP ヘッダーの最大パケット数を設定します。

ステップ 9

refresh max-time { max-time | infinite }

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-iphc-profile)# refresh max-time 10

コンテキストのリフレッシュ間隔の最大時間を設定します。

ステップ 10

refresh rtp

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-iphc-profile)# refresh rtp

RTP パケットに対して設定されているコンテキストのリフレッシュ設定をイネーブルにします。

ステップ 11

feedback disable

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-iphc-profile)# feedback disable

インターフェイスで IPHC コンテキスト ステータス フィードバック メッセージをディセーブルにします。

ステップ 12

max-header number-of-bytes

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-iphc-profile)# max-header 20

圧縮された IP ヘッダーの最大サイズ(バイト単位)を設定します。

ステップ 13

end

または

commit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# end

または

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# commit

設定変更を保存します。

end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。

Uncommitted changes found, commit them before exiting (yes/no/cancel)?
[cancel]:
 

yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了し、ルータが EXEC モードに戻ります。

no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。

cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。

実行コンフィギュレーション ファイルに変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、 commit コマンドを使用します。

インターフェイスでの IPHC プロファイルのイネーブル化

ここでは、インターフェイスにプロファイルを直接割り当てることで、インターフェイス上で IP ヘッダー圧縮(IPHC)プロファイルをイネーブルにする方法について説明します。

手順の概要

インターフェイスで IPHC プロファイルをイネーブルにするには、次の手順を実行します。

1. config

2. interface type interface-path-id

3. encapsulation ppp

4. ipv4 iphc profile profile-name [ mode service-policy ]

5. service policy input | output | type service-policy-name

6. commit

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

config

 

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface type interface-path-id

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface serial 0/1/0/1

インターフェイスを指定します。

コマンドを使用します。

ルータの構文の詳細については、疑問符( ? )を使用してオンライン ヘルプを参照してください。

ステップ 3

encapsulation { hdlc | ppp | frame-relay | mfr }

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# encapsulation ppp

インターフェイスのレイヤ 2 カプセル化を指定します。

ステップ 4

ipv4 iphc profile profile-name [ mode service-policy ]

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# ipv4 iphc profile Profile_1

or

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# ipv4 iphc profile Profile_1 mode service-policy

IPHC プロファイルをインターフェイスに割り当てます。

profile-name :インターフェイスに割り当てる IPHC プロファイルのテキスト名です。

mode service-policy :IPHC プロファイルが QoS サービス ポリシーにだけ適用されることを指定します。

ステップ 5

service policy output service-policy-name

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# service policy input | output | type service-policy-name

 

(任意)IPHC プロファイルが適用される QoS サービス ポリシーの名前を指定します。出力サービス ポリシーだけが許可されています。

ステップ 2 mode service-policy を指定した場合にだけ使用します。

ステップ 6

end

または

commit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# end

または

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# commit

設定変更を保存します。

end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。

Uncommitted changes found, commit them before exiting (yes/no/cancel)?
[cancel]:
 

yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了し、ルータが EXEC モードに戻ります。

no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。

cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。

実行コンフィギュレーション ファイルに変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、 commit コマンドを使用します。

シリアル インターフェイスの設定例

ここでは、次の設定例について説明します。

「シリアル インターフェイスの始動と Cisco HDLC カプセル化の設定:例」

「シリアル インターフェイスでのフレーム リレー カプセル化の設定:例」

「シリアル インターフェイスでの PPP カプセル化の設定:例」

「IPHC 設定:例」

シリアル インターフェイスの始動と Cisco HDLC カプセル化の設定:例

次に、Cisco HDLC カプセル化を設定した基本的なシリアル インターフェイスの始動例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:Router#config
RP/0/RSP0/CPU0:Router(config)# interface serial 0/3/0/0/0:0
RP/0/RSP0/CPU0:Router(config-if)# ipv4 address 192.0.2.2 255.255.255.252
RP/0/RSP0/CPU0:Router(config-if)# no shutdown
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# end
Uncommitted changes found, commit them? [yes]: yes
 

次に、キープアライブ メッセージの間隔を 10 秒に設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface serial 0/3/0/0/0:0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# keepalive 10
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# commit
 

次に、オプションのシリアル インターフェイス パラメータを変更する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface serial 0/3/0/0/0:0
RP/0/RSP0/CPU0:Router(config-if)# serial
RP/0/RSP0/CPU0:Router(config-if-serial)# crc 16
RP/0/RSP0/CPU0:Router(config-if-serial)# invert
RP/0/RSP0/CPU0:Router(config-if-serial)# scramble
RP/0/RSP0/CPU0:Router(config-if-serial)# transmit-delay 3
RP/0/RSP0/CPU0:Router(config-if-serial)# commit
 

次は、 show interfaces serial コマンドの出力例です。

RP/0/RSP0/CPU0:Router# show interfaces serial 0/0/3/0/5:23
Serial0/0/3/0/5:23 is down, line protocol is down
Hardware is Serial network interface(s)
Internet address is Unknown
MTU 1504 bytes, BW 64 Kbit
reliability 143/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation HDLC, crc 16, loopback not set, keepalive set (10 sec)
Last clearing of "show interface" counters 18:11:15
5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
2764 packets input, 2816 bytes, 3046 total input drops
0 drops for unrecognized upper-level protocol
Received 0 broadcast packets, 0 multicast packets
0 runts, 0 giants, 0 throttles, 0 parity
3046 input errors, 1 CRC, 0 frame, 0 overrun, 2764 ignored, 281 abort
2764 packets output, 60804 bytes, 0 total output drops
Output 0 broadcast packets, 0 multicast packets
0 output errors, 0 underruns, 0 applique, 0 resets
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
0 carrier transitions

シリアル インターフェイスでのフレーム リレー カプセル化の設定:例

次に、ルータ 1 上に、フレーム リレー カプセル化を設定した SPA 上および PVC を設定したシリアル サブインターフェイス上にシリアル インターフェイスを作成する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface serial 0/1/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# encapsulation frame-relay
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)#frame-relay intf-type dce
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# no shutdown
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# end
Uncommitted changes found, commit them? [yes]: yes
 
RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface serial 0/1/0/0.1 point-to-point
RP/0/RSP0/CPU0:router (config-subif)#ipv4 address 10.20.3.1/24

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-subif)# pvc 16

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-fr-vc)# encapsulation ietf

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-fr-vc)# commit

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fr-vc)# exit

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-subif)# exit

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# exit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router# show interface serial 0/1/0/0

Wed Oct 8 04:14:39.946 PST DST

Serial0/1/0/0 is up, line protocol is up

Interface state transitions: 5

Hardware is Serial network interface(s)

Internet address is 10.20.3.1/24

MTU 4474 bytes, BW 44210 Kbit

reliability 255/255, txload 0/255, rxload 0/255

Encapsulation FRAME-RELAY, crc 16,

Scrambling is disabled, Invert data is disabled

LMI enq sent 0, LMI stat recvd 0, LMI upd recvd 0

LMI enq recvd 880, LMI stat sent 880, LMI upd sent 0 , DCE LMI up

LMI DLCI 1023 LMI type is CISCO frame relay DCE

Last clearing of "show interface" counters 02:23:04

5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec

5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec

858 packets input, 11154 bytes, 0 total input drops

0 drops for unrecognized upper-level protocol

Received 0 runts, 0 giants, 0 throttles, 0 parity

0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort

858 packets output, 12226 bytes, 0 total output drops

0 output errors, 0 underruns, 0 applique, 0 resets

0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out

 

次に、ルータ 1 に接続しているルータ 2 上に、フレーム リレー カプセル化を設定した SPA 上および PVC を設定したシリアル サブインターフェイス上にシリアル インターフェイスを作成する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface serial 0/1/0/1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# encapsulation frame-relay
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# no shutdown
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# end
Uncommitted changes found, commit them? [yes]: yes
 
RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface serial 0/1/0/1.1 point-to-point
RP/0/RSP0/CPU0:router (config-subif)#ipv4 address 10.20.3.2/24

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-subif)# pvc 16

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-fr-vc)# encapsulation ietf

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-fr-vc)# commit

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fr-vc)# exit

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-subif)# exit

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# exit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router# show interface serial 0/1/0/1

Wed Oct 8 04:13:45.046 PST DST

Serial0/1/0/1 is up, line protocol is up

Interface state transitions: 7

Hardware is Serial network interface(s)

Internet address is Unknown

MTU 4474 bytes, BW 44210 Kbit

reliability 255/255, txload 0/255, rxload 0/255

Encapsulation FRAME-RELAY, crc 16,

Scrambling is disabled, Invert data is disabled

LMI enq sent 1110, LMI stat recvd 875, LMI upd recvd 0, DTE LMI up

LMI enq recvd 0, LMI stat sent 0, LMI upd sent 0

LMI DLCI 1023 LMI type is CISCO frame relay DTE

Last clearing of "show interface" counters 02:22:09

5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec

5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec

853 packets input, 12153 bytes, 0 total input drops

0 drops for unrecognized upper-level protocol

Received 0 runts, 0 giants, 0 throttles, 0 parity

0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort

853 packets output, 11089 bytes, 0 total output drops

0 output errors, 0 underruns, 0 applique, 0 resets

0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out

シリアル インターフェイスでの PPP カプセル化の設定:例

次に、シリアル インターフェイスを作成し、PPP カプセル化を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface serial 0/3/0/0/0:0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# ipv4 address 172.18.189.38 255.255.255.224
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# encapsulation ppp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# no shutdown
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# ppp authentication chap MIS-access
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# end
Uncommitted changes found, commit them? [yes]: yes
 

次に、最初の認証が失敗した後に 2 回リトライできる(認証が失敗した場合に全部で 3 回リトライできる)ようにシリアル インターフェイス 0/3/0/0/0:0 を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configuration
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface serial 0/3/0/0/0:0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# encapsulation ppp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# ppp authentication chap
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# ppp max-bad-auth 3
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# end
Uncommitted changes found, commit them? [yes]: yes

IPHC プロファイルの設定:例

次に、IPHC プロファイルを設定する例を示します。

config
iphc profile Profile_1 type iphc
tcp compression
tcp context absolute 255
non-tcp compression
non-tcp context absolute 255
rtp
refresh max-period 50
refresh max-time 10
refresh rtp
feedback disable
max-header 20
commit

シリアル インターフェイスでの IPHC の設定:例

例 1

次に、インターフェイスにプロファイルを直接割り当てることによってシリアル インターフェイスで IP ヘッダー圧縮(IPHC)プロファイルをイネーブルにする例を示します。

config
interface serial 0/1/0/1
encapsulation ppp
ipv4 iphc profile Profile_1
commit

例 2

次に、IPHC プロファイルを含む QoS サービス ポリシーを指定して、インターフェイスで IP ヘッダー圧縮(IPHC)プロファイルをイネーブルにする例を示します。

config
interface serial 0/1/0/1:1
encapsulation ppp
ipv4 iphc profile Profile_2 mode service-policy
service-policy output ip_header_compression_policy_map
commit

マルチリンクでの IPHC の設定:例

次に、マルチリンク インターフェイスで IP ヘッダー圧縮(IPHC)を設定する例を示します。

config
interface multilink 0/4/3/0/4
ipv4 address 10.10.10.10
encapsulation ppp
ipv4 iphc profile Profile_1
commit
interface serial 0/1/0/1:1
encapsulation ppp
multilink group 4
commit

MLPPP/LFI および QoS を使用するシリアル インターフェイスでの IPHC の設定:例

次に、IPHC プロファイルを含む QoS サービス ポリシーを指定し、LFI を使用してシリアル インターフェイスに IP ヘッダー圧縮(IPHC)を設定する例を示します。

config
interface multilink 0/4/3/0/4
ipv4 address 10.10.10.10
multilink
fragment-size 128
interleave
ipv4 iphc profile Profile_2 mode service-policy
service-policy output SP_2
commit
interface serial 0/1/0/1:2
encapsulation ppp
multilink group 4
commit

その他の関連資料

ここでは、T3/E3 および T1/E1 コントローラおよびシリアル インターフェイスに関連する参考資料を示します。

関連資料

 

関連項目
参照先

Cisco IOS XR マスター コマンド リファレンス

『Cisco IOS XR Master Commands List』

Cisco IOS XR インターフェイス コンフィギュレーション コマンド

『Cisco IOS XR Interface and Hardware Component Command Reference』

Cisco IOS XR ソフトウェアを使用するルータの初期システム ブートアップと設定に関する情報

『Cisco IOS XR Getting Started Guide』

Cisco IOS XR AAA サービス構成情報

Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』および
『Cisco IOS XR System Security Command Reference』

標準

 

標準
タイトル

ANSI T1.617 Annex D

--

ITU Q.933 Annex A

--

MIB

 

MIB
MIB のリンク

--

Cisco IOS XR ソフトウェアを使用して MIB を検索およびダウンロードするには、 http://cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml の URL にある Cisco MIB Locator を使用し、[Cisco Access Products] メニューからプラットフォームを選択します。

RFC

 

RFC
タイトル

RFC 1294

『Multiprotocol Interconnect Over Frame Relay』

RFC 1315

『Management Information Base for Frame Relay DTEs』

RFC 1490

『Multiprotocol Interconnect Over Frame Relay』

RFC 1586

『Guidelines for Running OSPF Over Frame Relay Networks』

RFC 1604

『Definitions of Managed Objects for Frame Relay Service』

RFC 2115

『Management Information Base for Frame Relay DTEs Using SMIv2』

RFC 2390

『Inverse Address Resolution Protocol』

RFC 2427

『Multiprotocol Interconnect Over Frame Relay』

RFC 2954

『Definitions of Managed Objects for Frame Relay Service』

シスコのテクニカル サポート

 

説明
リンク

シスコのテクニカル サポート Web サイトには、数千ページに及ぶ検索可能な技術情報があります。製品、テクノロジー、ソリューション、技術的なヒント、およびツールへのリンクもあります。Cisco.com に登録済みのユーザは、このページから詳細情報にアクセスできます。

http://www.cisco.com/en/US/support/index.html