Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ インターフェイスおよびハードウェア コンポーネント コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS XR ソフトウェア リリース 4.1
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータでのフレーム リレーの設定
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータでのフレーム リレーの設定
発行日;2012/05/08 | 英語版ドキュメント(2011/06/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータでのフレーム リレーの設定

内容

フレーム リレーの設定の前提条件

フレーム リレー インターフェイスに関する情報

フレーム リレーのカプセル化

LMI

マルチリンク フレーム リレー(FRF.16)

マルチリンク フレーム リレー ハイ アベイラビリティ

マルチリンク フレーム リレーの設定の概要

エンドツーエンド フラグメンテーション(FRF.12)

フレーム リレーの設定

インターフェイスでのデフォルト フレーム リレー設定の変更

前提条件

制約事項

フレーム リレー カプセル化を設定したインターフェイスでの LMI のディセーブル化

マルチリンク フレーム リレー バンドル インターフェイスの設定

前提条件

制約事項

チャネライズド フレーム リレー シリアル インターフェイスでの FRF.12 エンドツーエンド フラグメンテーションの設定

フレーム リレーの設定例

オプションのフレーム リレー パラメータ:例

マルチリンク フレーム リレー:例

エンドツーエンド フラグメンテーション:例

その他の関連資料

関連資料

標準

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータでのフレーム リレーの設定

このモジュールでは、フレーム リレー カプセル化を設定した Packet-over-SONET/SDH(POS)、マルチリンク、およびシリアル インターフェイスで使用できる、任意設定のフレーム リレー パラメータについて説明します。

Cisco IOS XR ソフトウェアのフレーム リレー インターフェイス設定機能の履歴

リリース
変更内容

リリース 4.0.0

フレーム リレーのサポートは、次の SPA に対して追加されました。

Cisco 2 ポート チャネライズド OC-12c/DS0 SPA

Cisco 1 ポート チャネライズド OC-48/STM-16 SPA

Cisco 8 ポート OC-12c/STM-4 POS SPA

Cisco 2 ポート OC-48c/STM-16 POS/RPR SPA

Cisco 1 ポート OC-192c/STM-64 POS/RPR XFP SPA

次のフレーム リレー機能のサポートは、Cisco 2 ポート チャネライズド OC-12c/DSO SPA に対して追加されました。

マルチリンク フレーム リレー(FRF.16)

エンドツーエンド フラグメンテーション(FRF.12)

リリース 4.0.1

フレーム リレーのサポートは、次の SPA に対して追加されました。

Cisco 1 ポート チャネライズド OC-3/STM-1 SPA

Cisco 2 ポートおよび 4 ポート クリア チャネル T3/E3 SPA

Cisco 4 ポート OC-3c/STM-1 POS SPA

Cisco 8 ポート OC-3c/STM-1 POS SPA

リリース 4.1.0

フレーム リレーのサポートは、次の SPA に対して追加されました。

Cisco 4 ポート チャネライズド T3 SPA

Cisco 8 ポート チャネライズド T1/E1 SPA

フレーム リレーの設定の前提条件

適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 このコマンド リファレンスには、各コマンドに必要なタスク ID が含まれます。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

フレーム リレーを設定する前に、次の条件を満たしていることを確認します。

使用しているハードウェアが POS インターフェイスまたはシリアル インターフェイスをサポートしている必要があります。

対応するモジュールの説明に従って、encapsulation frame relay コマンドを使用し、インターフェイスでフレーム リレー カプセル化をイネーブルにしました。

マルチリンク バンドル インターフェイスでフレーム リレー カプセル化をイネーブルにするには、「マルチリンク フレーム リレー バンドル インターフェイスの設定」を参照してください。

POS インターフェイスでフレーム リレー カプセル化をイネーブルにするには、このマニュアルの 「Cisco ASR 9000 シリーズ ルータでの POS インターフェイスの設定」 モジュールを参照してください。

シリアル インターフェイスでフレーム リレー カプセル化をイネーブルにするには、このマニュアルの 「Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ でのシリアル インターフェイスの設定」 モジュールを参照してください。

フレーム リレー インターフェイスに関する情報

次の各項では、フレーム リレー インターフェイスを設定する際のさまざまな側面について説明します。

「フレーム リレーのカプセル化」

「マルチリンク フレーム リレー(FRF.16)」

「エンドツーエンド フラグメンテーション(FRF.12)」

フレーム リレーのカプセル化

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータでは、フレーム リレーは、POS インターフェイス、シリアル メイン インターフェイス、およびそれらのインターフェイスで設定された PVC でサポートされます。フレーム リレー カプセル化をインターフェイスでイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで encapsulation frame-relay コマンドを使用します。

フレーム リレー インターフェイスは、次の 2 つのタイプのカプセル化フレームをサポートします。

Cisco(これがデフォルト値です)

IETF

PVC に Cisco または IETF カプセル化を設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで encapsulation frame-relay コマンドを使用します。


encapsulation コマンドで PVC のカプセル化タイプが明示的に設定されていない場合、その PVC はメイン インターフェイスからカプセル化タイプを継承します。


encapsulation frame relay コマンドおよび encap (PVC) コマンドについては、次のモジュールを参照してください。

POS インターフェイスでフレーム リレー カプセル化をイネーブルにするには、このマニュアルの 「Cisco ASR 9000 シリーズ ルータでの POS インターフェイスの設定」 モジュールを参照してください。

シリアル インターフェイスでフレーム リレー カプセル化をイネーブルにするには、このマニュアルの 「Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ でのシリアル インターフェイスの設定」 モジュールを参照してください。

フレーム リレー カプセル化でインターフェイスを設定し、その他の追加コンフィギュレーション コマンドを適用しない場合、 表 HC-6 のデフォルト インターフェイス設定が適用されます。これらのデフォルト設定は、このモジュールの説明に従って設定で変更できます。

 

表 HC-6 フレーム リレー カプセル化のデフォルト設定

パラメータ
設定ファイルのエントリ
デフォルト設定値
コマンド モード

PVC カプセル化

encap { cisco | ietf }

cisco

コマンドを設定しない場合、PVC のカプセル化タイプはフレーム リレーのメイン インターフェイスから継承されます。

PVC コンフィギュレーション

インターフェイスで提供するサポートのタイプ

frame-relay intf-type { dce | dte }

dte

インターフェイス コンフィギュレーション

インターフェイスでサポートする LMI タイプ

frame-relay lmi-type [ ansi | cisco | q933a ]

DCE の場合、デフォルト設定は cisco です。

DTE の場合、デフォルト設定は DCE でサポートされる LMI タイプと一致するように同期されます。

] コマンドを使用します。

インターフェイス コンフィギュレーション

LMI のディセーブル化またはイネーブル化

frame-relay lmi disable

デフォルトでフレーム リレー インターフェイスの LMI はイネーブルです。

インターフェイスの LMI をディセーブルにした後で改めてイネーブルにするには、 no frame-relay lmi disable コマンドを使用します。

インターフェイス コンフィギュレーション


) LMI ポーリング関連のコマンドのデフォルト設定については、表 9表 HC-7を参照してください。


LMI

ローカル管理インターフェイス(LMI)プロトコルは、PVC の追加、削除、およびステータスをモニタリングします。また、LMI はフレーム リレーのユーザネットワーク インターフェイス(UNI)を構成するリンクの完全性も検証します。

フレーム リレー インターフェイスは、UNI インターフェイスで次のタイプの LMI をサポートします。

ANSI-ANSI T1.617 Annex D

Q.933-ITU-T Q.933 Annex A

Cisco

インターフェイスで使用する LMI タイプを設定するには、frame-relay lmi-type コマンドを使用します。


) 使用する LMI タイプは、メイン インターフェイスに設定されている PVC と対応している必要があります。フレーム リレー接続の両端の LMI タイプは一致する必要があります。


使用しているルータが別の非フレーム リレー ルータに接続するスイッチとして機能する場合、frame-relay intf-type dce コマンドを使用して、データ通信機器(DCE)をサポートする LMI タイプを設定します。

使用しているルータがフレーム リレー ネットワークに接続している場合、frame-relay intf-type dte コマンドを使用して、データ端末機器(DTE)をサポートする LMI タイプを設定します。


) DTE インターフェイスでは、デフォルトで LMI タイプの自動検知がサポートされています。


システムのフレーム リレー インターフェイスの情報と統計情報を表示するには、 show frame-relay lmi および show frame-relay lmi-info コマンドを EXEC モードで使用します。( type および interface-path-id 引数を指定するとき、メイン インターフェイスの情報を指定する必要があります)。エラーしきい値、イベント数とポーリング検証タイマーを変更し、フレーム リレー インターフェイスのモニタおよびトラブルシューティングを実行する際に役立つ情報を収集する show frame-relay lmi コマンドを使用できます。

LMI のタイプが cisco (デフォルトの LMI タイプ)である場合、1 つのインターフェイスでサポートできる PVC の最大数は、メイン インターフェイスの MTU サイズに関連しています。カードまたは SPA でサポートされる PVC の最大数を計算するには、次の公式を使用します。

(MTU - 13)/8 = PVC の最大数

cisco LMI で設定した POS PVC でサポートされる PVC のデフォルトの数は 557 です。また、 cisco LMI で設定したシリアル PVC でサポートされる PVC のデフォルトの数は 186 です。

シスコ製ではない LMI タイプの場合、単一のメイン インターフェイスで最大 992 の PVC がサポートされます。


) 特定の LMI タイプをインターフェイスに設定する場合、no frame-relay lmi-type [ansi | cisco | q933a] コマンドを使用して、インターフェイスをデフォルトの LMI タイプに戻します。


表 9 に、DCE 用に設定した PVC で LMI ポーリング オプションを変更するときに使用できるコマンドを示します。

表 9 DCE の LMI ポーリング コンフィギュレーション コマンド

パラメータ
設定ファイルのエントリ
デフォルト設定値

DCE インターフェイスにエラーしきい値を設定します。

lmi-n392dce threshold

3

モニタするイベント数を設定します。

lmi-n393dce events

4

ポーリング検証タイマーを DCE 側に設定します。

lmi-t392dce seconds

15

 

表 HC-7 に、DTE 用に設定した PVC で LMI ポーリング オプションを変更するときに使用できるコマンドを示します。

 

表 HC-7 DTE の LMI ポーリング コンフィギュレーション コマンド

パラメータ
設定ファイルのエントリ
デフォルト設定値

完全なステータス メッセージを要求する前に実行する、回線完全性検証(LIV)交換の数を設定します。

lmi-n391dte polling-cycles

6

エラーしきい値を設定します。

lmi-n392dte threshold

3

モニタするイベント数を設定します。

lmi-n393dte events

4

DTE 側からの各ステータス照会同士間のポーリング間隔(秒)を設定します。

frame-relay lmi-t391dte seconds

10

マルチリンク フレーム リレー(FRF.16)

マルチリンク フレーム リレー(MFR)は、次の共有ポート アダプタ(SPA)でのみサポートされます。

Cisco 1 ポート チャネライズド STM-1/OC-3 SPA

Cisco 2 ポート チャネライズド OC-12c/DSO SPA

マルチリンク フレーム リレー ハイ アベイラビリティ

MFR は、次のレベルのハイ アベイラビリティをサポートします。

MFR は、プロセス再起動をサポートしていますが、一部の統計情報は、特定のプロセスの再起動時にリセットされます。

MFR メンバ リンクは、ルート スイッチ プロセッサ(RSP)のスイッチオーバー中でも動作可能なままです。

マルチリンク フレーム リレーの設定の概要

マルチリンク フレーム リレー インターフェイスは、インターフェイスでフレーム リレー カプセル化を可能にするマルチリンク バンドルの一部です。マルチリンク フレーム リレー インターフェイスを作成するには、次のコンポーネントを設定します。

MgmtMultilink コントローラ

フレーム リレー カプセル化を可能にするマルチリンク バンドル インターフェイス

バンドル ID 名

マルチリンク フレーム リレー サブインターフェイス

バンドル インターフェイスの帯域幅クラス

シリアル インターフェイス

MgmtMultilink コントローラ

次のコマンドを使用して、コントローラのマルチリンク バンドルを設定します。

controller MgmtMultilink rack / slot / bay / controller-id

bundle bundleId

この設定で、汎用マルチリンク バンドルのコントローラが作成されます。コントローラ ID 番号はコントローラ チップのゼロベース インデックスです。現在、マルチリンク フレーム リレーをサポートする SPA には、1 ベイごとに 1 つだけコントローラがあるため、コントローラの ID 番号は常にゼロ(0)です。

マルチリンク バンドル インターフェイス

マルチリンク バンドルを作成した後は、次のコマンドを使用して、フレーム リレー カプセル化を可能にするマルチリンク バンドル インターフェイスを作成します。

interface multilink interface-path-id

encapsulation frame-relay

この設定で、マルチリンク バンドル インターフェイスにマルチリンク フレーム リレー サブインターフェイスを作成できます。


) マルチリンク バンドル インターフェイス上のカプセル化をフレーム リレーに設定した後は、インターフェイスにメンバ リンクがあるか、マルチリンク バンドルに関連付けられたメンバ リンクがある場合、カプセル化は変更できません。


バンドル ID 名


) バンドル ID 名は、フレーム リレー フォーラム 16.1(FRF 16.1)でのみ設定できます。


バンドル ID( bid )名の値は、インターフェイスの両エンドポイントのバンドル インターフェイスを識別します。バンドル ID 名は、一貫したリンクの割り当てを確保するために情報要素で交換されます。

デフォルトで、インターフェイス名(たとえば Multilink 0/4/1/0/1)がバンドル ID 名として使用されます。ただし、オプションで frame-relay multilink bid コマンドを使用して名前を作成することもできます。


) デフォルトの名前を使用するか、frame-relay multilink bid コマンドを使用して名前を作成するかにかかわらず、各バンドルに固有の名前を指定することを推奨します。


バンドル ID 名の長さは、ヌルの終端文字を含めて 50 文字までです。バンドル ID 名はバンドル インターフェイス レベルで設定され、各メンバ リンクに適用されます。

バンドル ID 名を設定するには、次のコマンドを使用します。

interface multilink interface-path-id

frame-relay multilink bid bundle-id-name

マルチリンク フレーム リレー サブインターフェイス

マルチリンク フレーム リレー サブインターフェイスを設定するには、次のコマンドを使用します。

interface multilink interface-path-id[ . subinterface { l2transport | point-to-point }]

1 つのマルチリンク バンドル インターフェイスには最大 992 のサブインターフェイスを設定できます。


) サブインターフェイス レベルで特定のフレーム リレー インターフェイス機能を設定します。


マルチリンク フレーム リレー サブインターフェイス機能

次のコマンドは、マルチリンク フレーム リレー バンドル サブインターフェイスで特定の機能を設定するために使用できます。

mtu MTU size

description

shutdown

bandwidth bandwidth

service-policy { input | output} policymap-name


service-policy コマンドを入力すると、ポリシー マップをマルチリンク フレーム リレー バンドル サブインターフェイスに付加できるようになりますが、これはフレーム リレー PVC コンフィギュレーション モードで実行する必要があります。詳細については、「マルチリンク フレーム リレー バンドル インターフェイスの設定」を参照してください。


バンドル インターフェイスの帯域幅クラス


) 帯域幅クラスは、マルチリンク バンドル インターフェイスでのみ設定できます。


マルチリンク フレーム リレー インターフェイスでは、次の 3 タイプの帯域幅クラスのいずれかを設定できます。

a - 帯域幅クラス A

b - 帯域幅クラス B

c - 帯域幅クラス C

帯域幅クラス A を設定し、1 つまたは複数のメンバ リンクがアップ(PH_ACTIVE)の場合、バンドル インターフェイスもアップで、BL_ACTIVATE がフレーム リレー接続にシグナリングされます。すべてのメンバ リンクがダウンの場合、バンドル インターフェイスはダウンで、BL_DEACTIVATE がフレーム リレー接続にシグナリングされます。

帯域幅クラス B を設定し、すべてのメンバ リンクがアップ(PH_ACTIVE)の場合、バンドル インターフェイスはアップで、BL_ACTIVATE がフレーム リレー接続にシグナリングされます。いずれかのメンバ リンクがダウンの場合、バンドル インターフェイスはダウンで、BL_ACTIVATE がフレーム リレー接続にシグナリングされます。

帯域幅クラス C を設定する場合、バンドル リンクのしきい値を 1 ~ 255 に設定する必要があります。このしきい値は、バンドル インターフェイスをアップにするため、およびフレーム リレー接続に BL_ACTIVATE をシグナリングするために必要な、アップ(PH_ACTIVE)にするリンクの最小数です。アップ状態のリンク数がこのしきい値未満になると、バンドル インターフェイスがダウンになり、BL_DEACTIVATE がフレーム リレー接続にシグナリングされます。しきい値に 1 を入力した場合の動作は、帯域幅クラス A と同じです。アップ状態のメンバ リンク数よりも大きいしきい値を入力した場合、バンドルはダウンのままです。

フレーム リレー マルチリンク バンドル インターフェイスの帯域幅クラスを設定するには、次のコマンドを使用します。

interface multilink interface-path-id

frame-relay multilink bandwidth-class { a | b | c [ threshold ]}

デフォルトは a(帯域幅クラス A)です。

シリアル インターフェイス

T3 コントローラと T1 コントローラを設定した後は、マルチリンク フレーム リレー バンドル サブインターフェイスにシリアル インターフェイスを追加できます。この場合、シリアル インターフェイスを設定し、マルチリンク フレーム リレー(mfr)としてカプセル化し、それをバンドル インターフェイス(マルチリンク グループ番号によって指定されます)に割り当て、リンクの名前を設定します。MFR 確認応答タイムアウト値、再送信の再試行回数および hello 間隔もバンドル リンクに対して設定できます。

マルチリンク フレーム リレー シリアル インターフェイスを設定するには、次のコマンドを使用します。

interface serial rack/slot/module/port/t1-num:channel-group-number

encapsulation mfr

multilink group group number

frame-relay multilink lid link-id name

frame-relay multilink ack ack-timeout

frame-relay multilink hello hello-interval

frame-relay multilink retry retry-count


) MFR バンドルのすべてのシリアル リンクは、マルチリンク インターフェイスの mtu コマンドの値を継承します。そのため、MFR バンドルのメンバとして設定する前に、シリアル インターフェイスで mtu コマンドを設定しないでください。デフォルト以外の MTU 値をインターフェイスに設定している場合、MFR バンドルのメンバとしてシリアル インターフェイスを設定しようとすると、Cisco IOS XR ソフトウェアによってブロックされます。また、MFR バンドルのメンバとして設定されているシリアル インターフェイスの mtu コマンド値を変更しようとした場合もブロックされます。


show コマンド

マルチリンク フレーム リレー シリアル インターフェイスの設定を検証するには、次の show コマンドを使用します。

show frame-relay multilink location node id

show frame-relay multilink interface serial interface-path-id [ detail | verbose ]

次の例は、 show frame-relay multilink location コマンドの表示出力です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show frame-relay multilink location 0/4/cpu0
Member interface: Serial0/4/2/0/9:0, ifhandle 0x05007b00
HW state = Up, link state = Up
Member of bundle interface Multilink0/4/2/0/2 with ifhandle 0x05007800
 
Bundle interface: Multilink0/4/2/0/2, ifhandle 0x05007800
Member Links: 4 active, 0 inactive
State = Up, BW Class = C (threshold 3)
Member Links:
Serial0/4/2/0/12:0, HW state = Up, link state = Up
Serial0/4/2/0/11:0, HW state = Up, link state = Up
Serial0/4/2/0/10:0, HW state = Up, link state = Up
Serial0/4/2/0/9:0, HW state = Up, link state = Up
 
Member interface: Serial0/4/2/0/10:0, ifhandle 0x05007c00
HW state = Up, link state = Up
Member of bundle interface Multilink0/4/2/0/2 with ifhandle 0x05007800
 
Member interface: Serial0/4/2/0/11:0, ifhandle 0x05007d00
HW state = Up, link state = Up
Member of bundle interface Multilink0/4/2/0/2 with ifhandle 0x05007800
 
Member interface: Serial0/4/2/0/12:0, ifhandle 0x05007e00
HW state = Up, link state = Up
Member of bundle interface Multilink0/4/2/0/2 with ifhandle 0x05007800
 

次の例は、次のコマンドの表示出力です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show frame-relay multilink interface serial 0/4/2/0/10:0
 
Member interface: Serial0/4/2/0/10:0, ifhandle 0x05007c00
HW state = Up, link state = Up
Member of bundle interface Multilink0/4/2/0/2 with ifhandle 0x05007800

エンドツーエンド フラグメンテーション(FRF.12)

データ リンク接続識別子(DLCI)を使用して、FRF.12 エンドツーエンド フラグメンテーション接続を設定することができます。ただし、チャネライズド フレーム リレー シリアル インターフェイスで設定する必要があります。


fragment end-to-end コマンドは、Packet-over-SONET/SDH(POS)インターフェイス、またはマルチリンク フレーム リレー バンドル インターフェイスの DLCI では使用できません。


FRF.12 エンドツーエンド フラグメンテーションを DLCI 接続で設定するには、次のコマンドを使用します。

fragment end-to-end fragment-size

fragment-size 引数には、シリアル インターフェイスのフラグメント サイズをバイト単位で定義します。


) DLCI 接続では、プライオリティの高いフラグメントと低いフラグメントのインターリービングが発生するように、パケットをプライオリティの高低で分類する出力サービス ポリシーを設定することを強く推奨します。


フレーム リレーの設定

次の各項では、フレーム リレー インターフェイスの設定方法について説明します。

「インターフェイスでのデフォルト フレーム リレー設定の変更」

「フレーム リレー カプセル化を設定したインターフェイスでの LMI のディセーブル化」

「マルチリンク フレーム リレー バンドル インターフェイスの設定」

「チャネライズド フレーム リレー シリアル インターフェイスでの FRF.12 エンドツーエンド フラグメンテーションの設定」

インターフェイスでのデフォルト フレーム リレー設定の変更

フレーム リレー カプセル化を設定した Packet-over-SONET/SDH(POS)インターフェイス、マルチリンク インターフェイス、またはシリアル インターフェイスでデフォルトのフレーム リレー パラメータを変更するには、次の作業を実行します。

前提条件

デフォルトのフレーム リレー設定を変更する前に、次のモジュールの説明に従ってインターフェイスでフレーム リレーをイネーブルにする必要があります。

POS インターフェイスでフレーム リレー カプセル化をイネーブルにするには、このマニュアルの 「Cisco ASR 9000 シリーズ ルータでの POS インターフェイスの設定」 モジュールを参照してください。

シリアル インターフェイスでフレーム リレー カプセル化をイネーブルにするには、このマニュアルの 「Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ でのシリアル インターフェイスの設定」 モジュールを参照してください。


) POS インターフェイスまたはシリアル インターフェイスでフレーム リレー カプセル化をイネーブルにする前に、そのインターフェイスに割り当て済みの IP アドレスがないことを確認します。IP アドレスがそのインターフェイスに割り当て済みの場合、フレーム リレー カプセル化をイネーブルにできません。フレーム リレーの場合、IP アドレスとサブネット マスクはサブインターフェイスで設定します。


制約事項

LMI タイプは、アクティブにする接続の両端で一致する必要があります。

インターフェイスでフレーム リレー カプセル化を削除し、そのインターフェイスを PPP または HDLC のカプセル化で再設定する前に、そのインターフェイスからすべてのインターフェイス、サブインターフェイス、LMI、およびフレーム リレー設定を削除する必要があります。

手順の概要

1. configure

2. interface type interface-path-id

3. frame-relay intf-type { dce | dte }

4. frame-relay lmi-type [ ansi | cisco | q933a ]

5. encap { cisco | ietf }

6. end
または
commit

7. show interfaces [ summary | [ type interface-path-id ] [ brief | description | detail | accounting [rates]]] [location node-id ]

手順の詳細

 

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure

 
RP/0/RSP0/CPU0:router# configure

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface type interface-path-id

 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface pos 0/4/0/1

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

frame-relay intf-type { dce | dte }

 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# frame-relay intf-type dce

インターフェイスで提供するサポートのタイプを設定します。

使用しているルータが別のルータに接続するスイッチとして機能する場合、frame-relay intf-type dce コマンドを使用して、データ通信機器(DCE)をサポートする LMI タイプを設定します。

使用しているルータがフレーム リレー ネットワークに接続している場合、frame-relay intf-type dte コマンドを使用して、データ端末機器(DTE)をサポートする LMI タイプを設定します。

(注) デフォルトのインターフェイス タイプは DTE です。

ステップ 4

frame-relay lmi-type [ ansi | q933a | cisco ]

 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# frame-relay lmi-type ansi

インターフェイスでサポートする LMI タイプを選択します。

ANSI T1.617a-1994 Annex D の定義に従って LMI を使用するには、 frame-relay lmi-type ansi コマンドを入力します。

シスコの定義(標準ではありません)に従って LMI を使用するには、 frame-relay lmi-type cisco コマンドを入力します。

ITU-T Q.933 (02/2003) Annex A の定義に従って LMI を使用するには、 frame-relay lmi-type q 933a コマンドを入力します。

(注) デフォルトの LMI タイプはシスコです。

ステップ 5

encap { cisco | ietf }

 

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-fr-vc)# encap ietf

フレーム リレー PVC のカプセル化を設定します。

(注) PVC のカプセル化タイプが明示的に設定されていない場合、その PVC はメイン インターフェイスのカプセル化タイプを継承します。

ステップ 6

end

または

commit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# end

または

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# commit

設定変更を保存します。

end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。

Uncommitted changes found, commit them before
exiting(yes/no/cancel)?
[cancel]:
 

yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了し、ルータが EXEC モードに戻ります。

no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。

cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。

実行コンフィギュレーション ファイルに変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、 commit コマンドを使用します。

ステップ 7

show interfaces [ summary | [ type interface-path-id ] [ brief | description | detail | accounting [rates]]] [location node-id ]

 

RP/0/RSP0/CPU0:router# show interface pos 0/4/0/1

(任意)指定したインターフェイスの設定を検証します。

フレーム リレー カプセル化を設定したインターフェイスでの LMI のディセーブル化

フレーム リレー カプセル化が設定されたインターフェイスで LMI をディセーブルにするには、次の作業を実行します。


) フレーム リレー カプセル化がイネーブルなインターフェイスでは、デフォルトで LMI がイネーブルです。インターフェイスの LMI をディセーブルにした後で改めてイネーブルにするには、no frame-relay lmi disable コマンドをインターフェイス コンフィギュレーション モードで使用します。


手順の概要

1. configure

2. interface type interface-path-id

3. frame-relay lmi disable

4. end
または
commit

5. show interfaces [ summary | [ type interface-path-id ] [ brief | description | detail | accounting [rates]]] [location node-id ]

手順の詳細

 

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure

 
RP/0/RSP0/CPU0:router# configure

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface type interface-path-id

 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface POS 0/4/0/1

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

frame-relay lmi disable

 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# frame-relay lmi disable

指定したインターフェイスで LMI をディセーブルにします。

ステップ 4

end

または

commit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# end

または

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# commit

設定変更を保存します。

end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。

Uncommitted changes found, commit them before
exiting(yes/no/cancel)?
[cancel]:
 

yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了し、ルータが EXEC モードに戻ります。

no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。

cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。

実行コンフィギュレーション ファイルに変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、 commit コマンドを使用します。

ステップ 5

show interfaces [ summary | [ type interface-path-id ] [ brief | description | detail | accounting [rates]]] [location node-id ]

 

RP/0/RSP0/CPU0:router# show interfaces POS 0/1/0/0

(任意)指定したインターフェイスで LMI がディセーブルになっていることを確認します。

マルチリンク フレーム リレー バンドル インターフェイスの設定

マルチリンク フレーム リレー(MFR)バンドル インターフェイスとそのサブインターフェイスを設定するには、次の手順を実行します。

前提条件

MFR バンドルを設定する前に、次の SPA が設置されていることを確認します。

1 ポート チャネライズド STM-1/OC-3 SPA

2 ポート チャネライズド OC-12c/DS0 SPA

制約事項

マルチリンク フレーム リレー バンドル インターフェイスのすべてのメンバ リンクは、同じタイプにする必要があります(たとえば、T1 または E1)。メンバ リンクは、ポイントツーポイントなど、同じフレーム構成タイプにし、同じ帯域幅クラスにする必要があります。

すべてのメンバ リンクがフル T1 または E1 である必要があります。DS0 など、フラクショナル リンクはサポートされません。

すべてのメンバ リンクは、同じ SPA 上にある必要があります。そうでなければ、関連しないバンドルと見なされます。

すべてのメンバ リンクは、遠端でも同じラインカードまたは SPA に接続している必要があります。

サポートされる DLCI の範囲 16 ~ 1007 に基づいて、最大 992 の MFR サブインターフェイスが各メイン インターフェイスでサポートされます。

Cisco 1 ポート チャネライズド OC-3/STM-1 SPA および 2 ポート チャネライズド OC-12c/DS0 SPA には次の追加の注意事項があります。

ラインカードごとに最大 700 の MFR バンドルがサポートされます。

システムごとに最大 2600 の MFR バンドルがサポートされます。

ラインカードごとに最大 4000 のフレーム リレー レイヤ 3 サブインターフェイスがサポートされます。

システムごとに最大 8000 のフレーム リレー レイヤ 3 サブインターフェイスがサポートされます。

MLFR バンドルの一部であるフレーム リレー サブインターフェイスでのフラグメンテーションはサポートされません。

MFR バンドルのすべてのシリアル リンクは、マルチリンク インターフェイスの mtu コマンドの値を継承します。そのため、MFR バンドルのメンバとして設定する前に、シリアル インターフェイスで mtu コマンドを設定しないでください。Cisco IOS XR ソフトウェアは次の処理をブロックします。

インターフェイスがデフォルト以外の MTU 値で設定されている場合、MFR バンドルのメンバとしてシリアル インターフェイスを設定しようとする処理。

MFR バンドルのメンバとして設定されているシリアル インターフェイスの mtu コマンド値を変更しようとする処理。

手順の概要

1. configure

2. controller MgmtMultilink rack / slot / bay / controller-id

3. exit

4. controller t3 interface-path-id

5. mode type

6. clock source { internal | line }

7. exit

8. controller { t1 | e1 } interface-path-id

9. channel-group channel-group-number

10. timeslots range

11. exit

12. exit

13. interface multilink interface-path-id[ . subinterface { l2transport | point-to-point }]

14. encapsulation frame-relay

15. frame-relay multilink bid bundle-id-name

16. frame-relay multilink bandwidth-class { a | b | c [ threshold ]}

17. exit

18. interface multilink interface-path-id[ . subinterface { l2transport | point-to-point }]

19. ipv4 address ip-address

20. pvc dlci

21. service-policy { input | output } policy-map

22. exit

23. exit

24. interface serial interface-path-id

25. encapsulation mfr

26. multilink group group-id

27. frame-relay multilink lid link-id name

28. frame-relay multilink ack ack-timeout

29. frame-relay multilink hello hello-interval

30. frame-relay multilink retry retry-count

31. exit

32. end
または
commit

33. exit

34. show frame-relay multilink interface type interface-path-id [ detail | verbose ]

手順の詳細

 

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure
 

RP/0/RSP0/CPU0:router# config

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

controller MgmtMultilink rack / slot / bay / controller-id

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# controller MgmtMultilink 0/1/0/0

rack / slot / bay / controller-id 表記で汎用マルチリンク バンドルのコントローラを作成し、マルチリンク管理コンフィギュレーション モードを開始します。コントローラ ID 番号はコントローラ チップのゼロベース インデックスです。現在、マルチリンク フレーム リレーをサポートする SPA には、1 ベイごとに 1 つだけコントローラがあるため、コントローラの ID 番号は常にゼロ(0)です。

ステップ 3

exit
 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mgmtmultilink)# exit

マルチリンク管理コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 4

controller t3 interface-path-id

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# controller t3 0/1/0/0

rack/slot/module/port 表記で T3 コントローラ名を指定し、T3 コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 5

mode type

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t3)# mode t1

チャネル化するマルチリンクのタイプを設定します(たとえば、28 T1)。

ステップ 6

clock source { internal | line }

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t3)# clock source internal

(任意)個々の E3 リンクのクロッキングを設定します。

です。

クロッキングを設定すると、ラインはアップ状態になりません。

ステップ 7

exit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t3)# exit

T3/E3 コントローラ コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 8

controller { t1 | e1 } i nterface-path-id

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# controller t1 0/1/0/0/0

T1 または E1 コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 9

channel-group channel-group-number

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t1)# channel-group 0

T1 チャネル グループを作成し、そのチャネル グループのチャネル グループ コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 10

timeslots range

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t1-channel_group)# timeslots 1-24

1 つまたは複数の DS0 タイムスロットをチャネル グループに関連付け、関連付けたシリアル サブインターフェイスをそのチャネル グループに作成します。

T1 コントローラの場合、範囲は 1 ~ 24 タイムスロットです。

E1 コントローラの場合、範囲は 1 ~ 31 タイムスロットです。

すべてのタイムスロットを単一のチャネル グループに割り当てることも、タイムスロットを複数のチャネル グループに分割することもできます。

ステップ 11

exit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t1-channel_group)# exit

チャネル グループ コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 12

exit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t1)# exit

T1 コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 13

interface multilink interface-path-id[ . subinterface { l2transport | point-to-point }]

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface Multilink 0/1/0/0/100

バンドルのフレーム リレー カプセル化を指定できるマルチリンク バンドル インターフェイスを作成します。マルチリンク バンドル インターフェイスの下にマルチリンク フレーム リレー サブインターフェイスを作成します。

ステップ 14

encapsulation frame-relay

 

Router(config-if)# encapsulation frame-relay

フレーム リレー カプセル化タイプを指定します。

ステップ 15

frame-relay multilink bid bundle-id-name
 
Router(config-if)# frame-relay multilink bid MFRBundle
コマンドを使用して名前を作成することもできます。

ステップ 16

frame-relay multilink bandwidth-class { a | b | c [ threshold ]}

 
Router(config-if)# frame-relay multilink bandwidth-class a

マルチリンク フレーム リレー インターフェイスでは、次の 3 タイプの帯域幅クラスのいずれかを設定します。

a - 帯域幅クラス A

b - 帯域幅クラス B

c - 帯域幅クラス C

デフォルトは a (帯域幅クラス A)です。

ステップ 17

exit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# exit

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 18

interface multilink interface-path-id[ . subinterface { l2transport | point-to-point }]

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface Multilink 0/1/0/0/100.16 point-to-point

rack / slot / bay / controller-id bundleId . subinterace [ point-to-point | l2transport ] 表記でマルチリンク サブインターフェイスを作成し、サブインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

l2transport - 接続回線として扱います。

point-to-point - ポイントツーポイント リンクとして扱います。

1 つのマルチリンク バンドル インターフェイスには最大 992 のサブインターフェイスを設定できます。DLCI は 16 ~ 1007 です。

ステップ 19

ipv4 address ip-address

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-subif)# ipv4 address 3.1.100.16 255.255.255.0

次の形式でインターフェイスに IP アドレスおよびサブネット マスクを割り当てます。

A.B.C.D/prefix or A.B.C.D/mask

ステップ 20

pvc dlci

 

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-subif)# pvc 16

POS 相手先固定接続(PVC)を作成し、フレーム リレー PVC コンフィギュレーション サブモードを開始します。

dlci を 16 ~ 1007 の範囲の PVC ID に置き換えます。

(注) 各サブインターフェイスに設定できる PVC は 1 つだけです。

ステップ 21

service-policy { input | output } policy-map

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fr-vc)# service-policy output policy-mapA

 

ポリシー マップを入力サブインターフェイスまたは出力サブインターフェイスに付加します。付加すると、そのサブインターフェイスのサービス ポリシーとしてポリシー マップが使用されます。

』を参照してください。

ステップ 22

exit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fr-vc)# exit

フレーム リレー仮想回線モードを終了します。

ステップ 23

exit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-subif)# exit

サブインターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 24

interface serial interface-path-id

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface serial 0/1/0/0/0/0:0

完全なインターフェイス番号を rack/slot/module/port/T3Num/T1num:instance 表記で指定します。

ステップ 25

encapsulation mfr

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# encapsulation mfr

シリアル インターフェイスでマルチリンク フレーム リレーをイネーブルにします。

ステップ 26

multilink group group-id

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# multilink group 100

このインターフェイスのマルチリンク グループ ID を指定します。

ステップ 27

frame-relay multilink lid link-id name

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# frame-relay multilink lid sj1

(注) フレーム リレー マルチリンク バンドル リンクの名前を設定します。

ステップ 28

frame-relay multilink ack ack-timeout

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# frame-relay multilink ack 5

 

フレーム リレー マルチリンク バンドル リンクの確認応答タイムアウト値を設定します。

ステップ 29

frame-relay multilink hello hello-interval

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# frame-relay multilink hello 60

 

フレーム リレー マルチリンク バンドル リンクの hello 間隔を設定します。

ステップ 30

frame-relay multilink retry retry-count

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# frame-relay multilink retry 2

 

フレーム リレー マルチリンク バンドル リンクの再送信の再試行回数を設定します。

ステップ 31

exit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# exit

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 32

end

または

commit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# end

または

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# commit

設定変更を保存します。

end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。

Uncommitted changes found, commit them before
exiting(yes/no/cancel)?
[cancel]:
 

yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了し、ルータが EXEC モードに戻ります。

no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。

cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。

実行コンフィギュレーション ファイルに変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、 commit コマンドを使用します。

ステップ 33

exit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# exit

グローバル コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 34

show frame-relay multilink interface type interface-path-id [ detail | verbose ]

 

RP/0/RSP0/CPU0:router# show frame-relay multilink interface Multilink 0/5/1/0/1

バンドル固有の情報やフレーム リレー情報など、インターフェイス記述ブロック(IDB)から取得した情報を表示します。

チャネライズド フレーム リレー シリアル インターフェイスでの FRF.12 エンドツーエンド フラグメンテーションの設定

チャネライズド フレーム リレー シリアル インターフェイスで FRF.12 エンドツーエンド フラグメンテーションを設定するには、次の手順を実行します。

手順の概要

1. config

2. controller t3 interface-path-id

3. mode type

4. clock source { internal | line }

5. exit

6. controller t1 interface-path-id

7. channel-group channel-group-number

8. timeslots range

9. exit

10. exit

11. interface serial interface-path-id

12. encapsulation frame-relay

13. exit

14. interface serial interface-path-id

15. ipv4 address ip-address

16. pvc dlci

17. service-policy { input | output } policy-map

18. fragment end-to-end fragment-size

19. exit

20. exit

21. exit

22. end
または
commit

23. exit

24. show frame-relay pvc [ dlci | interface | location ]

手順の詳細

 

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

config
 

RP/0/RSP0/CPU0:router# config

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

controller t3 interface-path-id

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# controller t3 0/1/0/0

rack/slot/module/port 表記で T3 コントローラ名を指定し、T3 コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

mode type

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t3)# mode t1

チャネル化するマルチリンクのタイプを設定します(たとえば、28 T1)。

ステップ 4

clock source { internal | line }

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t3)# clock source internal

(任意)個々の E3 リンクのクロッキングを設定します。

です。

クロッキングを設定すると、ラインはアップ状態になりません。

ステップ 5

exit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t3)# exit

T3/E3 または T1/E1 コントローラ コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 6

controller t1 interface-path-id

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# controller t1 0/1/0/0/0

T1 コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 7

channel-group channel-group-number

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t1)# channel-group 0

T1 チャネル グループを作成し、そのチャネル グループのチャネル グループ コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 8

timeslots range

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t1-channel_group)# timeslots 1-24

1 つまたは複数の DS0 タイムスロットをチャネル グループに関連付け、関連付けたシリアル サブインターフェイスをそのチャネル グループに作成します。

範囲は 1 ~ 24 タイムスロットです。

24 のタイムスロットすべてを単一のチャネル グループに割り当てることも、タイムスロットを複数のチャネル グループに分割することもできます。

(注) 個々の T1 コントローラは、合計 24 の DS0 タイムスロットをサポートします。

ステップ 9

exit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t1-channel_group)# exit

チャネル グループ コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 10

exit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t1)# exit

T1 コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 11

interface serial interface-path-id

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface serial 0/1/0/0/0/0:0

完全なインターフェイス番号を rack/slot/module/port/T3Num/T1num:instance 表記で指定します。

ステップ 12

encapsulation frame-relay

 

RP/0/RSP0/CPU0:Router(config-if)# encapsulation frame-relay

フレーム リレー カプセル化タイプを指定します。

ステップ 13

exit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# exit

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 14

interface serial interface-path-id

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface serial 1/0/0/0/0:0.1

rack / slot / module / port [/ channel-num:channel-group-number ]. subinterface 表記で、完全なサブインターフェイス番号を指定します。

ステップ 15

ipv4 address ip-address

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-subif)# ipv4 address 3.1.100.16 255.255.255.0

次の形式でインターフェイスに IP アドレスおよびサブネット マスクを割り当てます。

A.B.C.D/prefix or A.B.C.D/mask

ステップ 16

pvc dlci

 

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-subif)# pvc 100

POS 相手先固定接続(PVC)を作成し、フレーム リレー PVC コンフィギュレーション サブモードを開始します。

dlci を 16 ~ 1007 の範囲の PVC ID に置き換えます。

(注) 各サブインターフェイスに設定できる PVC は 1 つだけです。

ステップ 17

service-policy { input | output } policy-map

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fr-vc)# service-policy output policy-mapA

ポリシー マップを入力サブインターフェイスまたは出力サブインターフェイスに付加します。付加すると、そのサブインターフェイスのサービス ポリシーとしてポリシー マップが使用されます。

(注) 効率的な FRF.12 機能(具体的にはインターリーブ)のためには、出力サービス ポリシーにプライオリティを設定する必要があります。

』を参照してください。

ステップ 18

fragment end-to-end fragment-size

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fr-vc)# fragment end-to-end 100

(任意)インターフェイスのフレーム リレー フレームのフラグメンテーションをイネーブルにし、各フラグメントに入る元のフレームからのペイロードのサイズ(バイト単位)を指定します。この数値には、元のフレームのフレーム リレー ヘッダーは含まれません。

使用するハードウェアによって、有効値は 64 ~ 512 です。

ステップ 19

exit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fr-vc)# exit

フレーム リレー仮想回線モードを終了します。

ステップ 20

exit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-subif)# exit

サブインターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 21

exit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# exit

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 22

end

または

commit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# end

または

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# commit

設定変更を保存します。

end コマンドを実行すると、変更をコミットするように要求されます。

Uncommitted changes found, commit them before
exiting(yes/no/cancel)?
[cancel]:
 

yes と入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更が保存され、コンフィギュレーション セッションが終了し、ルータが EXEC モードに戻ります。

no と入力すると、コンフィギュレーション セッションが終了して、ルータが EXEC モードに戻ります。変更はコミットされません。

cancel と入力すると、現在のコンフィギュレーション セッションが継続します。コンフィギュレーション セッションは終了せず、設定変更もコミットされません。

実行コンフィギュレーション ファイルに変更を保存し、コンフィギュレーション セッションを継続するには、 commit コマンドを使用します。

ステップ 23

exit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# exit

グローバル コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 24

show frame-relay pvc [ dlci | interface | location ]
 

RP/0/RSP0/CPU0:router# show frame-relay pvc 100

指定した PVC DLCI、インターフェイス、または場所の情報を表示します。

フレーム リレーの設定例

ここでは、次の設定例について説明します。

「オプションのフレーム リレー パラメータ:例」

「マルチリンク フレーム リレー:例」

「エンドツーエンド フラグメンテーション:例」

オプションのフレーム リレー パラメータ:例

次の例は、POS インターフェイスの始動およびフレーム リレー カプセル化を設定する方法です。この例では、インターフェイスが DCE で ANSI T1.617a-1994 Annex D LMI をサポートするように、ユーザはデフォルトのフレーム リレー設定を変更します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface POS 0/3/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# encapsulation frame-relay IETF
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# frame-relay intf-type dce
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# frame-relay lmi-type ansi
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# no shutdown
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# end
 
Uncommitted changes found, commit them? [yes]: yes
 
RP/0/RSP0/CPU0:router# configure

RP/0/RSP0/CPU0:router (config)# interface pos 0/3/0/0.10 point-to-point

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-subif)#ipv4 address 10.46.8.6/24

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-subif)# pvc 20

RP/0/RSP0/CPU0:router (config-fr-vc)# encap ietf

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-subif)# commit

 

次の例は、フレーム リレー カプセル化を設定した POS インターフェイスで LMI をディセーブルにする方法です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface pos 0/3/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# frame-relay lmi disable
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# end
 
Uncommitted changes found, commit them? [yes]: yes
 

次の例は、シリアル インターフェイスで LMI を再度イネーブルにする方法です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface serial 0/3/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# no frame-relay lmi disable
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# end
 
Uncommitted changes found, commit them? [yes]: yes
 

次の例は、すべてのインターフェイスで LMI のフレーム リレーの統計情報を表示する方法です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show frame-relay lmi
 
LMI Statistics for interface POS0/1/0/0/ (Frame Relay DCE) LMI TYPE = ANSI
Invalid Unnumbered Info 0 Invalid Prot Disc 0
Invalid Dummy Call Ref 0 Invalid Msg Type 0
Invalid Status Message 0 Invalid Lock Shift 9
Invalid Information ID 0 Invalid Report IE Len 0
Invalid Report Request 0 Invalid Keep IE Len 0
Num Status Enq. Rcvd 9444 Num Status Msgs Sent 9444
Num Full Status Sent 1578 Num St Enq. Timeouts 41
Num Link Timeouts 7
 
LMI Statistics for interface POS0/1/0/1/ (Frame Relay DCE) LMI TYPE = CISCO
Invalid Unnumbered Info 0 Invalid Prot Disc 0
Invalid Dummy Call Ref 0 Invalid Msg Type 0
Invalid Status Message 0 Invalid Lock Shift 0
Invalid Information ID 0 Invalid Report IE Len 0
Invalid Report Request 0 Invalid Keep IE Len 0
Num Status Enq. Rcvd 9481 Num Status Msgs Sent 9481
Num Full Status Sent 1588 Num St Enq. Timeouts 16
Num Link Timeouts 4
 

次の例は、メイン シリアル インターフェイス上の PVC でシリアル サブインターフェイスを作成する方法です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface serial 0/3/0/0/0:0.10 point-to-point
RP/0/RSP0/CPU0:router (config-subif)#ipv4 address 10.46.8.6/24
RP/0/RSP0/CPU0:router (config-subif)# pvc 20
RP/0/RSP0/CPU0:router (config-fr-vc)# encapsulation ietf
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-subif)# commit
 

次の例は、システムに設定されているすべての PVC に関する情報を表示する方法です。

RP/0/RSP0/CPU0router# show frame-relay pvc
 
PVC Statistics for interface Serial0/3/2/0 (Frame Relay DCE)
 
Active Inactive Deleted Static
Local 4 0 0 0
Switched 0 0 0 0
Dynamic 0 0 0 0
 
DLCI = 612, DLCI USAGE = LOCAL, ENCAP = CISCO, INHERIT = TRUE, PVC STATUS = ACTI
VE, INTERFACE = Serial0/3/2/0.1
input pkts 0 output pkts 0 in bytes 0
out bytes 0 dropped pkts 0 in FECN packets 0
in BECN pkts 0 out FECN pkts 0 out BECN pkts 0
in DE pkts 0 out DE pkts 0
out bcast pkts 0 out bcast bytes 0
pvc create time 00:00:00 last time pvc status changed 00:00:00
 
DLCI = 613, DLCI USAGE = LOCAL, ENCAP = CISCO, INHERIT = TRUE, PVC STATUS = ACTI
VE, INTERFACE = Serial0/3/2/0.2
input pkts 0 output pkts 0 in bytes 0
out bytes 0 dropped pkts 0 in FECN packets 0
in BECN pkts 0 out FECN pkts 0 out BECN pkts 0
in DE pkts 0 out DE pkts 0
out bcast pkts 0 out bcast bytes 0
pvc create time 00:00:00 last time pvc status changed 00:00:00
 
DLCI = 614, DLCI USAGE = LOCAL, ENCAP = CISCO, INHERIT = TRUE, PVC STATUS = ACTI
VE, INTERFACE = Serial0/3/2/0.3
input pkts 0 output pkts 0 in bytes 0
out bytes 0 dropped pkts 0 in FECN packets 0
in BECN pkts 0 out FECN pkts 0 out BECN pkts 0
in DE pkts 0 out DE pkts 0
out bcast pkts 0 out bcast bytes 0
pvc create time 00:00:00 last time pvc status changed 00:00:00
 
DLCI = 615, DLCI USAGE = LOCAL, ENCAP = CISCO, INHERIT = TRUE, PVC STATUS = ACTI
VE, INTERFACE = Serial0/3/2/0.4
input pkts 0 output pkts 0 in bytes 0
out bytes 0 dropped pkts 0 in FECN packets 0
in BECN pkts 0 out FECN pkts 0 out BECN pkts 0
in DE pkts 0 out DE pkts 0
out bcast pkts 0 out bcast bytes 0
pvc create time 00:00:00 last time pvc status changed 00:00:00

 

次に DTE に設定された PVC の LMI ポーリング オプションを変更し、その後で show frame-relay lmi および show frame-relay lmi-info コマンドを使用してインターフェイスのモニタおよびトラブルシューティングの情報を表示する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface pos 0/3/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# frame-relay lmi-n391dte 10
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# frame-relay lmi-n391dte 5
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# frame-relay lmi-t391dte 15

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-subif)# commit

 

RP/0/RSP0/CPU0:router# show frame-relay lmi interface pos 0/3/0/0
 
LMI Statistics for interface pos 0/3/0/0 (Frame Relay DTE) LMI TYPE = ANSI
Invalid Unnumbered Info 0 Invalid Prot Disc 0
Invalid Dummy Call Ref 0 Invalid Msg Type 0
Invalid Status Message 0 Invalid Lock Shift 9
Invalid Information ID 0 Invalid Report IE Len 0
Invalid Report Request 0 Invalid Keep IE Len 0
Num Status Enq. Rcvd 9444 Num Status Msgs Sent 9444
Num Full Status Sent 1578 Num St Enq. Timeouts 41
Num Link Timeouts 7
 
RP/0/RSP0/CPU0:router# show frame-relay lmi-info interface pos 0/3/0/0
 
LMI IDB Info for interface POS0/3/0/0
ifhandle: 0x6176840
Interface type: DTE
Interface state: UP
Line Protocol: UP
LMI type (cnf/oper): AUTO/CISCO
LMI type autosense: OFF
Interface MTU: 1504
-------------- DTE -------------
T391: 15s
N391: (cnf/oper): 5/5
N392: (cnf/oper): 3/0
N393: 4
My seq#: 83
My seq# seen: 83
Your seq# seen: 82
-------------- DCE -------------
T392: 15s
N392: (cnf/oper): 3/0
N393: 4
My seq#: 0
My seq# seen: 0
Your seq# seen: 0

マルチリンク フレーム リレー:例

次の例は、シリアル インターフェイスでマルチリンク フレーム リレーを設定する方法です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# config
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# controller MgmtMultilink 0/3/1/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mgmtmultilink)# bundle 100
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mgmtmultilink)# exit
 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# controller T3 0/3/1/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t3)# mode t1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t3)# clock source internal
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t3)# exit
 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# controller T1 0/3/1/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t1)# channel-group 0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t1-channel_group)# timeslots 1-24
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t1-channel_group)# exit
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t1-channel_group)# exit
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t1)# exit
 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface Multilink 0/3/1/0/100
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# encapsulation frame-relay
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# exit
 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface Multilink 0/3/1/0/100.16 point-to-point
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-subif)# ipv4 address 3.1.100.16 255.255.255.0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-subif)# pvc 16
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fr-vc)# service-policy output policy-mapA
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fr-vc)# exit
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-subif)# exit
 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface Serial 0/3/1/0/0:0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# encapsulation mfr
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# multilink group 100
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# frame-relay multilink lid sj1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# frame-relay multilink ack 5
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# frame-relay multilink hello 60
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# frame-relay multilink retry 2
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# exit
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)#

エンドツーエンド フラグメンテーション:例

次の例は、チャネライズド フレーム リレー シリアル インターフェイスで FRF.12 エンドツーエンド フラグメンテーションを設定する方法です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# config
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# controller T30/3/1/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t3)# mode t1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t3)# clock source internal
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t3)# exit
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t3)# controller T10/3/1/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t1)# channel-group 0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t1-channel_group)# timeslots 1-24
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t1-channel_group)# exit
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-t1-channel_group)# interface Serial 0/3/1/0/0:0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# encapsulation frame-relay
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# exit
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# interface Serial 0/3/1/0/0:0.100 point-to-point
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-subif)# ipv4 address 3.1.1.1 255.255.255.0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-subif)# pvc 100
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fr-vc)# service-policy output LFI
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fr-vc)# fragment end-to-end 256

その他の関連資料

次の各項では、フレーム リレーに関する参考資料について説明します。

関連資料

関連項目
参照先

Cisco IOS XR マスター コマンド リファレンス

『Cisco IOS XR Master Commands List』

Cisco IOS XR インターフェイス コンフィギュレーション コマンド

『Cisco IOS XR Interface and Hardware Component Command Reference』

Cisco IOS XR ソフトウェアを使用するルータの初期システム ブートアップと設定に関する情報

『Cisco IOS XR Getting Started Guide』

Cisco IOS XR AAA サービス構成情報

Cisco IOS XR System Security Configuration Guide 』および
『Cisco IOS XR System Security Command Reference』

標準

標準
タイトル

FRF.12

『Frame Relay Forum .12』

FRF.16

『Frame Relay Forum .16』

ANSI T1.617 Annex D

『American National Standards Institute T1.617 Annex D』

ITU Q.933 Annex A

『International Telecommunication Union Q.933 Annex A』

MIB

MIB
MIB のリンク

FRF.16 MIB

Cisco Frame Relay MIB

IF-MIB

『Management Information Base for Frame Relay DTEs』

『Management Information Base for Frame Relay DTEs Using SMIv2』

Cisco IOS XR ソフトウェアを使用して MIB を検索およびダウンロードするには、 http://cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml の URL にある Cisco MIB Locator を使用し、[Cisco Access Products] メニューからプラットフォームを選択します。

RFC

RFC
タイトル

RFC 1294

『Multiprotocol Interconnect Over Frame Relay』

RFC 1315

『Management Information Base for Frame Relay DTEs』

RFC 1490

『Multiprotocol Interconnect Over Frame Relay』

RFC 1586

『Guidelines for Running OSPF Over Frame Relay Networks』

RFC 1604

『Definitions of Managed Objects for Frame Relay Service』

RFC 2115

『Management Information Base for Frame Relay DTEs Using SMIv2』

RFC 2390

『Inverse Address Resolution Protocol』

RFC 2427

『Multiprotocol Interconnect Over Frame Relay』

RFC 2954

『Definitions of Managed Objects for Frame Relay Service』

RFC 3020

『RFC for FRF.16 MIB』

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

シスコのテクニカル サポート Web サイトには、数千ページに及ぶ検索可能な技術情報があります。製品、テクノロジー、ソリューション、技術的なヒント、およびツールへのリンクもあります。Cisco.com に登録済みのユーザは、このページから詳細情報にアクセスできます。

http://www.cisco.com/en/US/support/index.html