Cisco ISM(総合サービス モジュール)ライン カード用 Cisco TV CDS 2.4 RTSP ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド
はじめに
はじめに
発行日;2012/05/04 | 英語版ドキュメント(2011/05/03 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 12MB) | フィードバック

目次

はじめに

マニュアルの変更履歴

対象読者

目的

マニュアルの構成

表記法

関連資料

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

はじめに

ここでは、Cisco ISM(総合サービス モジュール)ライン カード用 Cisco TV CDS 2.4 RTSP ソフトウェア コンフィギュレーション ガイドの対象読者、使用方法、および構成について説明します。また、表記法、およびサポート情報の概要を説明します。

ここでは、次の項について説明します。

「マニュアルの変更履歴」

「対象読者」

「目的」

「マニュアルの構成」

「表記法」

「関連資料」

「マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート」

マニュアルの変更履歴

次の変更履歴表は、このマニュアルにおける技術的な変更内容を記録したものです。

 

マニュアルのリビジョン
日付
変更点

OL-24986-01-J

2011 年 4 月

初版

対象読者

このマニュアルでは、Cisco TV コンテント デリバリ システム(以降、CDS と表記)を管理するネットワーキング専門家を対象としています。このマニュアルは、すでに Cisco IOS XR ソフトウェア、Cisco ISM(総合サービス モジュール)ラインカード、Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータの作業経験があり、イーサネット、ローカル エリア ネットワーキング、TV ストリーミングの概念および用語についての知識が必要です。

目的

このマニュアルでは、Cisco TV CDS を設定およびモニタするために必要な情報を提供します。

このマニュアルでは、Cisco TV CDS で使用するために作成または変更されたコマンドの使用手順を扱っています。これらのコマンドの詳細は扱いません。

このマニュアルでは、表示されるシステム メッセージまたは CDS の設置方法については説明しません。Cisco ISM(総合サービス モジュール)ラインカードのハードウェアの設置については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router ISM Line Card Hardware Installation Guide』を参照してください。マニュアルへのオンラインのリンクについては、「関連資料」を参照してください。

資料の更新については、このリリースに対応するリリース ノートを参照してください。

マニュアルの構成

このマニュアルの構成は、次のとおりです。

 

章または付録
説明

「製品概要」

コンテント デリバリ システムの概要について説明します。

「スタートアップ ガイド」

コンテント デリバリ システム マネージャ(CDSM)にアクセス方法および操作方法について説明します。

「CDS の設定」

Web ベースの CDSM ユーザ インターフェイスを使用して CDS を設定する方法について説明します。

「システム モニタリング」

CDSM を使用して CDS コンポーネントをモニタリングする方法について説明します。

「システム レポート」

CDSM で使用可能な各レポートについて説明します。

「ネットワーク デザイン」

コンテント デリバリ システムの可能なネットワーク トポロジについて説明します。

「システム メンテナンス」

ソフトウェア アップデートをインストールし、サービスを再起動し、管理ユーザを追加し、サーバをシャットダウンしてリブートするする方法について説明します。

付録 A「トラブルシューティング」

さまざまな問題の症状、考えられる原因、および推奨処置を含む CDS のトラブルシューティング手順について説明します。

付録 B「バルク コンフィギュレーション ファイルの作成」

バルク コンフィギュレーション XML ファイルの作成について説明します。

付録 C「SNMP MIB およびトラップ情報」

SNMP の情報、および Cisco TV CDS 独自の SNMP 情報イベントおよびトラップについて説明します。

付録 D「Engineering アクセス レベルのページ」

Engineering アクセス レベルで表示できる CDSM ページについて説明します。

付録 E「ソフトウェア ライセンス情報」

シスコとコンテント デリバリ システムの購入者間のソフトウェア ライセンス契約について説明します。

表記法

このマニュアルでは、コマンド構文の説明とテキストの強調に次の表記法を使用しています。

表記法
説明

太字

コマンドおよびキーワードは、 太字 で示しています。

イタリック体

ユーザが値を指定する引数は、 イタリック体 で示しています。

[ ]

角カッコの中の要素は、省略可能です。

{ x | y | z }

必ずいずれか 1 つを選択しなければならない必須キーワードは、波カッコで囲み、縦棒で区切って示しています。

[ x | y | z ]

どれか 1 つを選択できる省略可能なキーワードは、角カッコで囲み、縦棒で区切って示しています。

string

引用符を付けない一組の文字。string の前後には引用符を使用しません。引用符を使用すると、その引用符も含めて string とみなされます。

screen フォント

システムが表示する端末セッションおよび情報は、 screen フォントで示しています。

太字の screen フォント

ユーザが入力しなければならない情報は、 太字の screen フォントで示しています。

イタリック体の screen フォント

ユーザが値を指定する引数は、 イタリック体の screen フォントで示しています。

^

^ 記号は、Ctrl キーを表します。たとえば、画面に表示される ^D というキーの組み合わせは、Ctrl キーを押しながら D キーを押すことを意味します。

< >

パスワードのように出力されない文字について、文脈上イタリック体を使用できない場合には山カッコが使用されます。

!、#

コード行の先頭にある感嘆符(!)またはポンド記号(#)は、コメント行を表します。


注意要注意」の意味です。機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。


) 「注釈」です。役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。



ヒント 「問題解決に役立つ情報」です。

関連資料

以下の資料には CDS の詳細情報が説明されており、Cisco.com 次のサイトから入手することができます。

『Release Notes for the Cisco TV CDS 2.4』

『Cisco TV CDS 2.4 ISA Software Configuration Guide』

『Cisco TV CDS 2.1-2.4 API Guide』

『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router ISM Line Card Hardware Installation Guide』

『Regulatory Compliance and Safety Information for Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers』

次の URL にあるソフトウェア マニュアルにアクセスできます。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps7127/tsd_products_support_series_home.html

次の URL でハードウェア マニュアルにアクセスできます。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps7126/tsd_products_support_series_home.html

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation 』は RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。