ルータ : Cisco 12000 シリーズ ルータ

Cisco 12012 ギガビット スイッチ ルータ ファブリック カードの交換手順

Cisco 12012 ギガビット スイッチ ルータ ファブリック カードの交換手順
発行日;2011/12/22 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco 12012 ギガビット スイッチ ルータ

製品の概要

CSC

SFC

下部カード ケージのステータスLED

安全に関する注意事項

機器を安全に取り扱うための注意事項

電気製品を安全に取り扱うための注意事項

静電破壊の防止

必要な工具および部品

下部カード ケージでのカードの取り外しおよび取り付け

下部カード ケージからのカードの取り外し

下部カード ケージへのカードの取り付け

インストレーションの確認

FCCクラスAとの適合性

CCO

Cisco 12012 ギガビット スイッチ ルータ
ファブリック カードの交換手順

製品番号:GSR12-CSC=、GSR12-SFC=
Customer Order Number:DOC-J-784343=

このマニュアルには、Cisco 12012ギガビット スイッチ ルータ(GSR)にClock and Scheduler Card(CSC;クロック スケジューラ カード)およびSwitch Fabric Card(SFC;スイッチ ファブリック カード)を取り付けたり、交換する手順が記載されています。Cisco 12012は、インターネット ルーティング製品であるCisco 12000シリーズのメンバーです。Cisco 12012は、インターネットおよび企業のバックボーンをOC-3/STM-1(155 Mbps)、OC-12/STM-4(622 Mbps)、およびOC-48/STM-16(2.4 Gbps)の速度に拡張するための製品です。Cisco 12012には、5~60 Gbpsに拡張可能な高速スイッチング ファブリックが搭載されており、Internet Protocol(IP)ベースのLANおよびWANに対応可能なハイパフォーマンスを実現します。

ここでは、次の内容について説明します。

「製品の概要」

「安全に関する注意事項」

「必要な工具および部品」

「下部カード ケージでのカードの取り外しおよび取り付け」

「インストレーションの確認」

「FCCクラスAとの適合性」

「CCO」

製品の概要

Cisco 12012には上部と下部の2つのカード ケージがあります(図1を参照)。上部カード ケージにはユーザ設定可能なスロットが12個あり、ライン カードおよびRoute Processor(RP)を搭載できます。上部カード ケージの右端には、ユーザが設定できないアラーム カード専用スロットも1つあります。ライン カードおよびRPはスロットに依存しません。最初に示した使用可能な12個のスロットのいずれにも搭載できます。

図1 Cisco 12012ルータ ― 前面図

 

下部カード ケージはエア フィルタの奥にあり、スイッチ ファブリック回路を含むカード用にキーの付いた水平スロットが5つ付いています。これらのカードは、上部カード ケージに搭載されたライン カード間でデータ パケットを交換するときの物理的な通路となります。

下部カード ケージには、CSCとSFCの2種類のカードが搭載されます。CSCに付いているキーは、下部カード ケージの上部の2つのスロットのいずれかに対応します。SFCに付いているキーは、下部カード ケージの3つの下部スロットに対応します。また、下部カード ケージに搭載するカードは色分けされており、CSCはブルーのラベル、SFCにはマゼンタ(赤紫)のラベルが貼付されています。カードのラベルと、下部カード ケージのスロットに貼付されている同様な色分けラベルを対応させてください。

CSC

Cisco 12012の下部カード ケージには、CSCを1枚搭載する必要があります。CSCをもう1枚追加して冗長性を確保したり、ライン カード間で送信できるデータ量を増加させることができます。CSCは、次の機能を提供します。

システム クロック ― すべてのライン カード、RP、およびSFCに送信されます。システム クロックは、スイッチ ファブリックを介したライン カード間、またはライン カードとRP間のデータ転送を同期化します。冗長CSCが搭載されたシステムでは、2つのシステム クロックが同期化されます。1つのシステム クロックに障害が発生しても、もう1つのシステム クロックが処理を引き継ぎます。

スケジューラ ― ライン カードから出されたスイッチ ファブリックへのアクセス要求を処理します。ライン カードからのスイッチ ファブリック アクセス要求を受信すると、スケジューラはライン カードがスイッチ ファブリックにアクセスする時期を決定します。

スイッチ ファブリック ― ライン カード間、またはRPとライン カード間でユーザ トラフィックを伝送する回路です。CSC上のスイッチ ファブリックは、SFC上のスイッチ ファブリックとまったく同じものです。


) CSCを1枚だけ搭載する構成のシステムでは、下部カード ケージの上から2番目のスロットに搭載します。


SFC

SFCに組み込まれているのはスイッチ ファブリック回路だけであり、この回路がライン カード間、またはRPとライン カード間でユーザ トラフィックを伝送します。SFCは、CSCからスケジューリング情報およびシステム クロックを受け取ります。SFCには、下部カード ケージのスロット2、3、および4(3つの下部スロット)に対応するキーが付いています。SFCを搭載しなくても、システムは稼働しますが、システムの帯域幅およびスイッチング容量を最大にするには、下部カード ケージにSFCを3枚搭載する必要があります。

下部カード ケージのステータスLED

CSCまたはSFCにはステータスLEDがありません。また、下部カード ケージのスロットはエア フィルタの後ろに隠れています。下部カード ケージ スロットのステータスは、アラーム カード(上部カード ケージの右端のスロットに搭載)上にある5対のLEDに表示されます。LEDの各対には、次のように、下部カード ケージ内の1つのスロットのステータスが表示されます(図2を参照)。

ENABLED ― このグリーンのLEDが点灯している場合は、下部カード ケージ スロットに搭載されているカードが認識され、正しく機能しています。このLEDが消灯している場合は、スロットが空であるか、またはスロットに搭載されたカードが故障しています。

FAIL ― このレッドのLEDが点灯している場合は、下部カード ケージ スロットに搭載されたカードに障害が検出されています。通常動作時は、FAIL LEDはオフのままです。

図2 アラーム カードの下部カード ケージのステータスLED

 

安全に関する注意事項

インストレーションを開始する前に、人身事故または機器の損傷を防ぐために、ここで説明する安全に関する注意事項を確認してください。

Cisco 12012の設置、設定、またはメンテナンスを行う前に、このルータに対応する『 Regulatory
Compliance and Safety Information for the Cisco 12012 Gigabit Switch Router
』(Text Part Number:
78-4347-xx)に記載されている安全に関する警告を参照してください。

機器を安全に取り扱うための注意事項

人身事故や機器の損傷を防ぐために、次の注意事項に従ってください。以下のリストは、可能性のある危険な状況をすべて網羅しているわけではありません。十分に 注意して 作業を行ってください。

システムを移動する前に必ず、すべての電源コードとインターフェイス ケーブルを外してください。

人が通行する場所には、工具やコンポーネントを置かないでください。

危険を伴う作業は、1人では行わないでください。

人身事故や装置障害を引き起こす可能性のある作業は行わないでください。

床が濡れていないか、アースされていない電源延長コードや保護アースの不備などがないかどうか、作業場所の安全を十分に確認してください。

電気製品を安全に取り扱うための注意事項

ライン カード、RP、SFC、アラーム カード、ブロア モジュール、および冗長電源装置は、システムの稼働中に取り外しや交換を行っても、電気的な事故やシステムの故障を引き起こさない設計になっています。

電気機器を取り扱う際には、次の基本的な注意事項に従ってください。

Cisco 12012内部の作業を行う前に、室内の緊急電源遮断スイッチがどこにあるかを確認しておきます。

床が濡れていないか、アースされていない電源延長コードや保護アースの不備などがないかどうか、作業場所の安全を十分に確認してください。

電気事故が発生した場合は、次の手順に従ってください。

自分自身が負傷者にならないように注意してください。システムの電源を切断します。

医療援助を求める場合は、なるべく誰か他の人に呼んでもらうようにしてください。別の人に頼めない場合は、被害者の状態を判断してから援助を求めてください。

被害者に人工呼吸または心臓マッサージが必要かどうかを判断し、適切な処置を施してください。

ルータの取り付けや取り外しを行う前に、すべての電源コードおよび外付けケーブルを外してください。

回路の電源が切断されていると思い込まず、必ず確認してください。

人身事故や装置障害を引き起こす可能性のある作業は行わないでください。

故障していると思われる機器は取り付けないでください。

さらに、電源に接続していなくても、電話線やネットワーク配線に接続されている機器を取り扱うときは、次の注意事項に従ってください。

雷が発生しているときは、電話回線の設置作業を行わないでください。

防水設計されていない電話ジャックは、濡れた場所に取り付けないでください。

電話回線がネットワーク インターフェイスに接続されている場合、絶縁されていない電話線や端子には、触れないでください。

電話回線の設置または変更は、十分注意して行ってください。

静電破壊の防止

ESD(静電気放電)により、装置や電子回路が損傷を受けることがあります(静電破壊)。静電破壊は電子部品の取り扱いが不適切な場合に発生し、故障または間欠的な障害をもたらします。

ESDによる損傷を防ぐために、次の注意事項に従ってください。

静電気防止用リスト/アンクル ストラップを肌に密着させて着用してください。

コンポーネントの取り外しや取り付けを行うときは、ストラップの装置側を、上部カード ケージ前面の端にある2つのESD接続ソケットのいずれか、またはフレームの塗装されていない金属面に接続します。

コンポーネントを返却する場合は、取り外したコンポーネントをただちに静電気防止用袋に入れて、静電破壊を防止してください。

リスト ストラップは身体の静電気から基板を保護するだけです。衣服の静電気が、静電破壊の原因になることがあります。


注意 安全のために、静電気防止用ストラップの抵抗値を定期的にチェックしてください。抵抗値は1~10 Mohmでなければなりません。

必要な工具および部品

CSCまたはSFCの取り付けまたは取り外しには、次の工具および部品が必要です。

1/4インチ マイナス ドライバ

静電気防止用リスト ストラップ

交換用のCSC(製品番号:GSR12-CSC=)またはSFC(製品番号:GSR12-SFC=)

下部カード ケージでのカードの取り外しおよび取り付け

Cisco 12012の下部カード ケージには、カードを5枚まで搭載できます(CSC×2、SFC×3)。下部カード ケージは、エア フィルタ トレイおよびエア デフレクタの真後ろにあります。下部カード ケージを扱う場合は、最初にエア フィルタ トレイを下げてから、エア デフレクタを持ち上げて固定する必要があります。

Cisco 12012の下部カード ケージにある3つの下部スロットは、SFCのOnline Insertion and Removal(OIR;ホットスワップ)をサポートしており、システムの稼働中に、SFCの取り外しや交換を行ったり、新しいSFCでシステムをアップグレードすることができます。

システムの稼働中にCSCを取り外したり交換したりできるのは、 冗長CSCを搭載している場合に限られます 。CSCを1枚だけ搭載する構成のシステムの場合は、システムの電源を切ってからCSCを取り外さなければなりません。追加CSCを使用してシステムをアップグレードしている場合は、システム稼働中に2枚目のCSCを取り付けできます。

下部カード ケージからのカードの取り外し

下部カード ケージからカードを取り外す手順は、次のとおりです。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを装着し、上部カード ケージ前面の端にある2つのESD接続ソケットのいずれか、またはフレームの塗装されていない金属部分に接続します。

ステップ 2 必要に応じて、各DC入力電源装置の電源スイッチをオフにして(またはAC入力電源装置をSTANDBYにして)、Cisco 12012の電源を切断します。

ステップ 3 下部カード ケージを扱う場合は、エア フィルタ トレイの前面にある2つの非脱落型ネジを緩め、トレイを下部カード ケージの外側に回転させて下ろします(図3を参照)。

図3 エア フィルタ トレイの開き方

 


注意 破損を防ぐために、エア フィルタ トレイの上や、下部カード ケージの内部に工具を置かないでください。エア フィルタ トレイ上、または下部カード ケージ内のハニカム スクリーンが損傷すると、エアフローが遮断され、Cisco 12012内部が過熱状態になることがあります。

ステップ 4 下部カード ケージ内のカードを扱う場合は、最初にエア デフレクタを持ち上げて、作業スペースを確保する必要があります。エア デフレクタを上に回転させ、エア デフレクタのラッチ ノブを左側に回して、下部カード ケージ上部に固定します(図4を参照)。

図4 下部カード ケージへのエア デフレクタの固定

 


注意 エア デフレクタを上方に固定すると、上部カード ケージへのエアフローが遮断されます。エア デフレクタを上方に固定した状態で、システムを長時間稼働させないでください。上部カード ケージが過熱状態になることがあります。

ステップ 5 取り外すカードのカード イジェクト レバーを握り、両方のレバーを同時に手前に(カード ケージの内側に)90度回転させて、バックプレーン コネクタからカードを外します(図5を参照)。

図5 下部カード ケージからのSFCの取り外し

 

ステップ 6 金属製のカード フレーム以外の部分に触れないで、カードを下部カード ケージ スロットから引き出し、ただちに静電気防止用マットの上に置きます。


 

古いCSCまたはSFCを返品する場合は、受け取った交換用カードのコンテナを使用して梱包してください。

下部カード ケージへのカードの取り付け

下部カード ケージに新規カードまたは交換用カードを取り付ける手順は、次のとおりです。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを装着し、上部カード ケージ前面の端にある2つのESD接続ソケットのいずれか、またはフレームの塗装されていない金属部分に接続します。

ステップ 2 下部カード ケージのスロットの中から、カードを搭載する適切なスロットを選択します。下部カード ケージに搭載するカードは色分けされていて、キーが付いています。CSCの色はブルーで、2つの上部スロットにだけ対応するキーが付いています。SFCの色はマゼンタで、3つの下部スロットにだけ対応するキーが付いています。

ステップ 3 カード フレームの端を片手で持ち、もう一方の手でフレームを下から支えて、色が一致するスロットに差し込みます。カードを下部カード ケージ スロットに半分ほど差し込みます。カードの回路やコネクタには触れないでください。


) CSCまたはSFCを下部カード ケージに搭載する場合は、カードをスロットに差し込むときにカード フレームの両側に均等に力を加えて、カードがスロットの中央に収まるようにしてください。


ステップ 4 2つのカード イジェクト レバーをカード フレームの内側に90度回転させます。

ステップ 5 カード イジェクト レバーが下部カード ケージ スロットの端に収まり、両方のイジェクト レバーが回転し始めるまで、カードをスロットに押し込みます。


) 両方のタイプのカードには、バックプレーン コネクタに最初に接触するガイド ピンが付いています。ガイド ピンが接触したら、カード フレームをさらに押し込み、両方のカード イジェクト レバーが回転し始めたら挿入を停止します。カード イジェクト レバーを使用して、バックプレーン コネクタにカードを完全に挿入します。


ステップ 6 両方のカード イジェクト レバーを持ち、カード フレームの端と平行になるまでカード ケージの側面に向けて回転させて、バックプレーン コネクタにカードを固定します。カード フレームにカチッと固定されるまで、イジェクト レバーを押します。

ステップ 7 エア デフレクタのラッチを(右側に回して)外し、エア デフレクタを所定の位置まで下げます。

ステップ 8 下部カード ケージの前面と同一平面上になるまでエア フィルタ トレイを上に回転させて、2つの非脱落型ネジを締めます。


 

これで、SFCの交換手順は完了です。「インストレーションの確認」に進んでください。

インストレーションの確認

次の手順で、新しいCSCまたはSFCが正常に動作しているかどうかを確認します。


ステップ 1 次のコンポーネントが固定されているかどうかを確認します。

下部カードケージ内のカードがそれぞれスロットに完全に装着されていて、カード イジェクト レバーがカード フレームの内側に固定されている。

下部カード ケージのエア デフレクタが所定の位置に下がっている。

エア フィルタ トレイが上がっていて、カード ケージ アセンブリの前面と同一平面上にあり、2つの非脱落型ネジが締められている。

ステップ 2 アラーム カード(上部カード ケージの右端のスロット)の5対のスイッチ ファブリックのステータスLEDを観察します。

搭載されたすべてのCSCおよびSFCに対応するグリーンのENABLED LEDが点灯している必要があります。ENABLED LEDが消灯している場合は、下部カード ケージ スロットが空であるか、またはスロットにカードが正しく装着されていません。バックプレーン コネクタにカードを装着し直してください。

下部カード ケージに搭載されたすべてのカードに対応するレッドのFAIL LEDが消灯している必要があります。FAIL LEDが点灯している場合は、スロットに搭載されたカードに障害が検出されています。カードが完全に装着されていないか、または内部障害が発生していることが考えられます。スロットにカードを装着し直してください。それでも問題が解決しない場合は、製品を購入した代理店に連絡して指示を受けてください。


 

FCCクラスAとの適合性

この装置はテスト済みであり、FCCルールPart 15に規定された仕様のクラスAデジタル装置の制限に適合していることが確認済みです。これらの制限は、商業環境で装置を使用したときに、干渉を防止する適切な保護を規定しています。この装置は、無線周波エネルギーを生成、使用、または放射する可能性があり、この装置のマニュアルに記載された指示に従って設置および使用しなかった場合、ラジオおよびテレビの受信障害が起こることがあります。住宅地でこの装置を使用すると、干渉を引き起こす可能性があります。その場合には、ユーザ側の負担で干渉防止措置を講じる必要があります。

装置の電源を切ることによって、この装置が干渉の原因であるかどうかを判断できます。干渉がなくなれば、シスコシステムズの装置またはその周辺機器が干渉の原因になっていると考えられます。装置がラジオまたはテレビ受信に干渉する場合には、次の方法で干渉が起きないようにしてください。

干渉がなくなるまで、テレビまたはラジオのアンテナの向きを変えます。

テレビまたはラジオの左右どちらかの側に装置を移動させます。

テレビまたはラジオから離れたところに装置を移動させます。

テレビまたはラジオとは別の回路にあるコンセントに装置を接続します(装置とテレビまたはラジオがそれぞれ別個のブレーカまたはヒューズで制御されるようにします)。

この製品に対してシスコシステムズが認めていない改造を行った場合には、FCC認定が無効になり、さらに製品を操作する権限を失うことになります。

CCO

Cisco Connection Online(CCO)は、シスコシステムズの主要なリアルタイム サポート チャネルです。メンテナンス契約のお客様およびパートナーは、CCOに登録しておくと、追加の情報やサービスを入手することができます。

CCOは、年中無休24時間体制でご利用でき、シスコのお客様およびパートナーに豊富な標準サービスおよび付加価値サービスを提供しています。CCOでは、製品情報、 製品マニュアル、ソフトウェア アップデート、リリース ノート、テクニカル チップ、バグ ナビゲータ、コンフィギュレーション ノート、パンフレット、提供サービスなどの情報が得られると共に、共有ファイルおよび許可ファイルにアクセスして、ダウンロードすることができます。

CCOは、キャラクタ ベース バージョンおよびWWWのマルチメディア バージョンの、同時更新される2つのインターフェイスにより、広範囲のユーザに対応しています。キャラクタ ベースのCCOは、Zモデム、Kermit、Xモデム、FTP、インターネット電子メールをサポートしており、狭い帯域幅で情報に簡単にアクセスできます。WWWバージョンのCCOは、写真、図、グラフィック、ビデオなど充実した内容のドキュメント、および関連情報へのハイパーリンクを提供しています。

CCOには、次の方法でアクセスできます。

WWW:http://www.cisco.com

WWW:http://www.cisco.com/jp

WWW:http://www-europe.cisco.com

WWW:http://www-china.cisco.com

Telnet:cco.cisco.com

CCOのFAQ(よくある質問)のコピーをご希望の方は、cco-help@cisco.comにご連絡ください。その他の情報については、cco-team@cisco.comにご連絡ください。


) シスコ製品について、保証範囲またはメンテナンス契約に基づく技術支援が必要なネットワーク管理者の方は、Technical Assistance Center(TAC)、tac@cisco.comまたはjapan-tac@cisco.comにご連絡ください。シスコシステムズ、シスコ製品、またはアップグレードに関する一般情報については、cs-rep@cisco.comにお問い合わせください。