ルータ : Cisco 12000 シリーズ ルータ

Cisco 12012ギガビット スイッチ ルータ ブロワー モジュールの交換手順

Cisco 12012ギガビット スイッチ ルータ ブロワー モジュールの交換手順
発行日;2012/01/21 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco 12012ギガビット スイッチ ルータ

製品概要

ブロワー モジュールのLED

安全に関する注意事項

機器を安全に取り扱うための注意事項

電気製品を安全に取り扱うための注意事項

静電破壊の防止

必要な工具および部品

ブロワー モジュールの取り外しおよび取り付け

ブロワー モジュールの取り外し

ブロワー モジュールの取り付け

取り付けの確認

FCCクラスA規格との適合

CCO

Cisco 12012ギガビット スイッチ ルータ
ブロワー モジュールの交換手順

製品番号:GSR12-BLOWER=
Customer Order Number:DOC-J-784335=

このマニュアルでは、Cisco 12012ギガビット スイッチ ルータ(GSR)におけるブロワー モジュールの取り付けまたは交換手順を説明します。

内容は、次のとおりです。

「製品概要」

「安全に関する注意事項」

「必要な工具および部品」

「ブロワー モジュールの取り外しおよび取り付け」

「取り付けの確認」

「FCCクラスA規格との適合」

「CCO」

製品概要

Cisco 12012には、上下2つのカード ケージがあります(図1を参照)。上部カード ケージには、ユーザがライン カードやRoute Processor(RP)を任意に搭載できるスロットが12個あります。また、上部カード ケージには、アラーム カード専用のスロットも1つあります(最も右のスロット)。ライン カードとRPには専用スロットはありません。したがって、これらはアラーム カード専用スロットを除く12のスロットのどこにでも取り付けることができます。

図1 Cisco 12012 ― 前面図

 

エア フィルタの奥にある下部カード ケージには、Switch Fabric Card(SFC;スイッチ ファブリック カード)用の水平スロットが5つあります。

下部カード ケージのさらに下には電源装置ベイがあります。このベイには、最大4つのAC入力電源装置または2台のDC入力電源装置を搭載できます。

Cisco 12012にはブロワー モジュールが2つあり、1つは上部カード ケージの上、もう1つは電源装置ベイの下に搭載されています(図1を参照)。これらのブロワー モジュールによって、上下両方のカード ケージと電源装置ベイに冷気が取り込まれ、内部コンポーネントの動作温度が許容範囲内に維持されます。

ブロワー モジュールは、金属板の外枠に3つのファン、1つのコントローラ カード、2つの前面プレートLEDが組み込まれた構造になっています。各ブロワー モジュールの取り付けや取り外しは、フレームの前面側から、フレームに取り付けられた2本のレール上を滑らせるようにして行います。ブロワー モジュールは2本の非脱落型ネジでフレームに固定されます。ブロワー モジュールとシステムは、ブロワー モジュールの背面にあるコネクタを通じて電気的に接続されます。

上部と下部のブロワー モジュール(図2を参照)は全く同一のモジュールなので、上下を交換して使用することもできます。ブロワー モジュールの前面プレートには、プラスチック製のフロント カバーがスナップで取り付けられています。ブロワー モジュールの2つのLEDはフロント カバーを通して見ることができます。

図2 Cisco 12012のブロワー モジュール

 

ブロワー モジュールはスペア部品として入手できます。いずれかの内部コンポーネント(ファン、コントローラ カード、またはLED)が故障した場合は、ブロワー モジュールを取り外して交換しなければなりません。

ブロワー モジュールは、下部カード ケージの前面に取り付けられているエア フィルタを通じて、室内の空気を取り込みます(図3を参照)。上部のブロワー モジュールは、取り込んだ空気を上部カード ケージを通じて上昇させ、ブロワー モジュールの背面にある排気口から排出します。下部のブロワー モジュールは、取り込んだ空気を下部カード ケージおよび電源装置ベイを通じて下降させ、ブロワー モジュールの背面にある排気口から排出します。

図3 内部の通気 ― 側面図

 

ブロワー モジュールのコントローラ カードは、3つの速度可変式ファンの動作をモニタし制御します。速度可変機能によって、ファンの動作はカード ケージ アセンブリ内の動作温度を許容範囲に保つために必要な速度に調節されます。したがって、動作音は比較的静かです。

システム内部の温度はシステム全体の温度センサーでモニタされます。周囲温度が正常動作温度の範囲内であれば、ファンは最低速度(最高速度の55%)で動作します。

カード ケージ アセンブリ内の温度が正常範囲を超えると、ブロワー モジュールのコントローラ カードがファンの速度を上げて、内部コンポーネントに送る冷気の量を増やします。温度がさらに上昇を続ける場合、ブロワー モジュール コントローラ カードはファンの速度を100%(フルスピード)まで直線的に上げていきます。内部の温度がさらに上昇し、指定のスレッシュホールド値を超えると、過熱による機器の損傷を防ぐためにシステムの環境モニタ機能がシステム内の電力をすべてシャットダウンします。

ブロワー モジュールの3つのファンの1つが故障したことをシステムが検知すると、コンソール画面に警告メッセージが表示されます。さらに、故障したファンの動作を補うために残りの2つのファンがフルスピードで動作します。ファンが2つ故障すると、カード ケージ アセンブリ内が過熱状態になる可能性が高くなります。

ブロワー モジュールのLED

ブロワー モジュールの前面プレートにはレッドとグリーンの2つのLEDがあります(図2を参照)。グリーンのLEDが点灯していれば、ブロワー モジュールの3つのファンは正常に動作しています。レッドのLEDは、ブロワー モジュール内でエラーが検出されたことを示しています。エラー状態になるのは、1つまたは複数のファンが停止した場合、1つまたは複数のファンの速度が低下している場合、コントローラ カードが故障した場合のいずれかです。

安全に関する注意事項

人身事故または機器の損傷を防ぐため、このマニュアルに記載されている作業を開始する前に、安全に関する以下の注意事項を確認してください。

さらに、ルータの設置、設定、保守を行う前に、ご使用のCisco 12012に付属の『 Regulatory Compliance and Safety Information for the Cisco 12012 Gigabit Switch Router 』(Document Number 78-4347-xx)に記載されている安全上の警告も確認してください。

機器を安全に取り扱うための注意事項

機器を安全に取り扱い、また機器の損傷を防ぐために、以下の注意事項に従ってください。以下のリストでは、発生する可能性のある危険な状況すべてが網羅されているわけではありません。機器の取り扱いには、 十分に 注意してください

システムを移動する前に、必ず、すべての電源コードおよびインターフェイス ケーブルを外してください。

通路には工具やコンポーネントをおかないでください。

危険を伴う作業は、一人では行わないでください。

人身事故や装置障害を引き起こす可能性のある作業は行わないでください。

床が濡れていないか、アースされていない電源延長コードや保護アースの不備などがないかどうか、作業場所の安全を十分に確認してください。

電気製品を安全に取り扱うための注意事項

ライン カード、RP、SFC、アラーム カード、ブロワー モジュール、冗長電源装置は、システム稼働中に取り外しや交換を行っても感電事故やシステムの故障を引き起こさない設計になっています。

電気機器を取り扱う際には、次の基本的な注意事項に従ってください。

Cisco 12012内部の作業を行う前に、室内の緊急電源遮断スイッチがどこにあるかを確認しておきます。

床が濡れていないか、アースされていない電源延長コードや保護アースの不備などがないかどうか、作業場所の安全を十分に確認してください。

電機事故が発生した場合は、次の手順に従って対処してください。

自分自身が負傷者にならないように注意してください。システムにつながる電源をオフしてください。

医療援助を求める場合は、なるべく誰か他の人に呼んでもらうようにしてください。単独でいる場合は、負傷者の状態を見極めた上で援助を求めに行ってください。

負傷者に人工呼吸または心臓マッサージが必要かどうかを判断し、適切な処置を施してください。

ルータの取り付けまたは取り外しを行う前に、すべての電源コードおよび外付けケーブルを外してください。

回路の電源が切断されていると思い込まず、必ず確認してください。

人身事故や装置障害を引き起こす可能性のある作業は行わないでください。

故障していると思われる機器は取り付けないでください。

さらに、電源に接続されていなくても、電話線やネットワーク ケーブルと接続されている機器を取り扱う際には、次の注意事項に従ってください。

雷が発生しているときには、電話回線の取り付けを行わないでください。

防水設計されていない電話ジャックは濡れた場所に取り付けないでください。

電話回線がネットワーク インターフェイスに接続されているあいだは、絶縁されてない電話ケーブルや端子に触れないでください。

電話回線の取り付けや変更を行う際には十分に注意してださい。

静電破壊の防止

ESD(静電気放電)により、装置や電子回路が損傷を受けることがあります(静電破壊)。 静電破壊は電子部品の取り扱いが不適切な場合に発生し、故障または間欠的な障害をもたらします。

ESDによる損傷を防ぐために、次の注意事項に従ってください。

静電気防止用リスト ストラップまたはアンクル ストラップを肌に密着させて使用してください。

ブロワー モジュールの取り外しや取り付けを行う際には、静電気防止用ストラップの装置側を上部カード ケージの前面の端にある2つのESD接続ソケットの1つ、またはフレームの塗装されていない金属面に取り付けます。

コンポーネントを返却する場合は、ESDによる損傷を防ぐため、取り外した機器をすぐに静電気防止用袋に保管してください。

リスト ストラップは身体の静電気から機器を保護するだけです。 衣服の静電気によって機器が損傷する場合もあります。


注意 安全のために、静電気防止用ストラップの抵抗値を定期的にチェックしてください。抵抗値は1~10 Mohmでなければなりません。

必要な工具および部品

ブロワー モジュールの取り外しおよび取り付けには、次の工具および部品が必要です。

1/4インチのマイナス ドライバ

静電気防止用リスト ストラップ

交換用のブロワー モジュール(製品番号:GSR12-BLOWER=)および古いブロワー モジュールのフロント カバー

ブロワー モジュールの取り外しおよび取り付け

ここでは、ブロワー モジュールの取り外しと取り付けに必要な手順を説明します。

Cisco 12012は、Field-Replaceable Unit(FRU)のOnline Insertion and Removal(OIR;ホットスワップ)に対応しているので、Cisco 12012の電源をオンにしたまま、ブロワー モジュールの取り外しや取り付けを行うことができます。


注意 Cisco 12012の電源をオンにしたまま、ブロワー モジュールの1つを取り外すと、取り外した側(上部または下部)のシステムの冷却機能が失われます。システムが過熱する前に、故障したブロワー モジュールを取り外して交換してください。


注意 ブロワー モジュールの取り外しや取り付けを行う場合は、ESDを防止するために、必ず静電気防止用リスト ストラップを着用してください。

ブロワー モジュールの取り外し

ブロワー モジュールを取り外す手順は、次のとおりです。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップの一端を手首に巻きつけ、反対側を上部カード ケージの前面の端にある2つのESD接続ソケットの1つ、またはフレームの塗装されていない金属面に取り付けます。

ステップ 2 ブロワー モジュールのフロント カバーの両端を持ってまっすぐに引き、ブロワー モジュールからカバーを外します(図4を参照)。フロント カバーを脇に置いておきます。

図4 ブロワー モジュール フロント カバーの取り外し ― ブロワー モジュール上部

 

ステップ 3 ブロワー モジュールの前面プレート上にある2つの非脱落型ネジを緩めます(図5を参照)。

図5 ブロワー モジュールの取り外し ― ブロワー モジュール上部

 


注意 ブロワー モジュールは、22 lb(10 kg)の重量があります。ブロワー モジュールは両手で取り扱うようにしてください。

ステップ 4 ブロワー モジュールのハンドルを持ってまっすぐ引き出し、フレームのコネクタからブロワー モジュールを外します。ブロワー モジュールを滑らせながら半分ほどフレームから引き出します。

ステップ 5 もう片方の手でブロワー モジュールを下から支え、ブロワー モジュールをフレームから完全に取り出します。


 

取り外したブロワー モジュールを返却する場合は、交換用のブロワー モジュールが入っていた梱包箱に収めてください。

ブロワー モジュールの取り付け

ブロワー モジュールを取り付ける手順は、次のとおりです。


注意 ブロワー モジュールは、22 lb(10 kg)の重量があります。ブロワー モジュールは両手で取り扱うようにしてください。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップの一端を手首に巻きつけ、反対側を上部カード ケージの前面の端にある2つのESD接続ソケットの1つ、またはフレームの塗装されていない金属面に取り付けます。

ステップ 2 交換用のブロワー モジュールを両手で持ち、ブロワー モジュールのコネクタ(ブロワー モジュールの背面の隅に埋め込まれている)の位置をフレームの奥の隅にあるコネクタの位置に合わせるようにして、ブロワー モジュールをフレーム前面に向けます。


) 上部ブロワー モジュールを取り付ける場合、ブロワー モジュールのコネクタは右側(フレームに向かって)にあります。下部ブロワー モジュールを取り付ける場合、ブロワー モジュールのコネクタは左側(フレームに向かって)にあります。


ステップ 3 フレームのレール上を滑らせながら、フレームにブロワー モジュールを押し込みます。ブロワー モジュールのコネクタがフレームのコネクタに触れたら止めます。

ステップ 4 ブロワー モジュールのハンドルを持ってしっかり押し、ブロワー モジュールのコネクタをフレームのコネクタに装着します(完全に装着されると、ブロワー モジュールの前面プレートのフランジがフレームに触れます)。


) コネクタがかみ合うと、すべての電気配線および制御線が自動的に接続され、ブロワー モジュールは即座に起動します。


ステップ 5 ブロワー モジュールの前面プレート上にある2つの非脱落型ネジを締めます

ステップ 6 ブロワー モジュールのフロント カバーをブロワー モジュールの前面プレートにかぶせて、スナップで留めます。


 

これで、ブロワー モジュールの交換手順は終了です。

次の「取り付けの確認」に進み、取り外しおよび取り付けの手順が正しく行われたかどうかを確認してください。

取り付けの確認

次の手順に従って、交換したブロワー モジュールが正常に動作していることを確認してください。


ステップ 1 次のコンポーネントが固定されていることを確認します。

ブロワー モジュールがフレーム内に完全に収まり、2つの非脱落型ネジが締められている。

ブロワー モジュールのフロント カバーがブロワー モジュールの前面にしっかり取り付けられている。

ステップ 2 ブロワー モジュールのフロント カバーを通して、グリーンのOK LEDを観察します。システムに電源が投入されていれば、ブロワー モジュールが取り付けられとすぐにこのLEDが点灯するはずです。

ステップ 3 ブロワー モジュールのフロント カバーを通して、レッドのエラーLEDを観察します。

このLEDが点灯していなければ、3つのファンは正常に動作しています。

レッドのLEDが点灯した場合は、ブロワー モジュールがフレームに完全に取り付けられているかどうかを確認します。ブロワー モジュールをいったん取り外してから、再度、取り付けてください。

ブロワー モジュールが完全にフレームに取り付けられているにも関わらず、レッドのLEDが点灯する場合は、交換した新しいブロワー モジュールが故障しているか、またはフレームのコネクタが壊れていると考えられます。上下のブロワー モジュールを入れ換えることによって、問題の原因がブロワー モジュールなのか、フレームのコネクタなのかを調べます。

ステップ 4 ブロワー モジュールのファンの動作音を確認してください。騒音の多い環境では、ファンの動作音が聞き取りにくい場合もあります。その場合は、ブロワー モジュールの奥のフレームの背面に手を当てて、モジュールのファンから排気が出ているかどうかを確認します。


 

ブロワー モジュールが正常に動作していない場合は、購入された代理店に連絡してください。

FCCクラスA規格との適合

この装置はテスト済みであり、FCCルールPart 15に規定された仕様のクラスAデジタル装置の制限に適合していることが確認済みです。これらの制限は、商業環境で装置を使用したときに、干渉を防止する適切な保護を規定しています。この装置は、無線周波エネルギーを生成、使用、または放射する可能性があり、この装置のマニュアルに記載された指示に従って設置および使用しなかった場合、ラジオおよびテレビの受信障害が起こることがあります。住宅地でこの装置を使用すると、干渉を引き起こす可能性があります。 その場合には、ユーザ側の負担で干渉防止措置を講じる必要があります。

装置の電源を切ることによって、この装置が干渉の原因であるかどうかを判断できます。干渉がなくなれば、シスコシステムズの装置またはその周辺機器が干渉の原因になっていると考えられます。装置がラジオまたはテレビ受信に干渉する場合には、次の方法で干渉が起きないようにしてください。

干渉がなくなるまで、テレビまたはラジオのアンテナの向きを変えます。

テレビまたはラジオの左右どちらかの側に装置を移動させます。

テレビまたはラジオから離れたところに装置を移動させます。

テレビまたはラジオとは別の回路にあるコンセントに装置を接続します(装置とテレビまたはラジオがそれぞれ別個のブレーカまたはヒューズで制御されるようにします)。

米国シスコシステムズ社では、この製品の変更または改造を認めていません。変更または改造した場合には、FCC認定が無効になり、さらに製品を操作する権限を失うことになります。

CCO

Cisco Connection Online(CCO)は、シスコシステムズの主要なリアルタイム サポート チャネルです。メンテナンス契約のお客様およびパートナーは、CCOに登録しておくと、追加の情報やサービスを入手することができます。

CCOは、年中無休24時間体制で利用でき、シスコのお客様およびパートナーに豊富な標準サービスおよび付加価値サービスを提供しています。CCOでは、 製品情報、 製品マニュアル、ソフトウェア アップデート、リリース ノート、テクニカル チップ、バグ ナビゲータ、コンフィギュレーション ノート、パンフレット、提供サービスなどの情報が得られると共に、共有ファイルおよび許可ファイルにアクセスして、ダウンロードすることができます。

CCOは、キャラクタベース バージョンおよびWWWのマルチメディア バージョンの同時に更新される2つのインターフェイスにより、広範なユーザに対応しています。キャラクタ ベースのCCOは、Zモデム、Kermit、Xモデム、FTP、インターネット電子メールをサポートしており、狭い帯域幅で情報に簡単にアクセスできます。WWWバージョンのCCOは、写真、図、グラフィック、ビデオなど充実した内容のドキュメント、および関連情報へのハイパーリンクを提供しています。

CCOには、次の方法でアクセスできます。

WWW:http://www.cisco.com

WWW:http://www.cisco.com/jp

WWW:http://www-europe.cisco.com

WWW:http://www-china.cisco.com

Telnet:cco.cisco.com

Cisco.comのFAQ(よくある質問)のコピーをご希望の方は、cco-help@cisco.comにご連絡ください。その他の情報については、cco-team@cisco.comにお問い合わせください。


) シスコ製品について、保証範囲またはメンテナンス契約に基づく技術支援が必要なネットワーク管理者の方は、シスコシステムズのTechnical Assistance Center(TAC)、tac@cisco.comまたはjapan-tac@cisco.comにご連絡ください。シスコシステムズ、シスコ製品、またはアップグレードに関する一般情報については、cs-rep@cisco.comにお問い合わせください。