ルータ : Cisco 12000 シリーズ ルータ

Cisco 12404 インターネット ルータ エア フィルタの交換手順

Cisco 12404 インターネット ルータ エア フィルタの交換手順
発行日;2012/01/20 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco 12404 インターネット ルータ

安全に関する注意事項

安全上の警告

機器を安全に取り扱うための注意事項

電気機器の安全な取り扱い

静電破壊の防止

エア フィルタの手入れと交換

工具と部品

エア フィルタの取り外し

エア フィルタの取り付け

マニュアルの入手方法

WWW

Documentation CD-ROM

マニュアルの発注方法

テクニカル サポート

Cisco.com

TAC

TAC Webサイトへのアクセス

Japan TAC Webサイト

電話によるTACの利用

Cisco 12404 インターネット ルータ
エア フィルタの交換手順

製品番号: ACS-GSR04-FLTR=
Customer Order Number: DOC-J-7813621=

このマニュアルでは、Cisco 12404インターネット ルータのエア フィルタの取り外しおよび取り付け手順を説明します。

「安全に関する注意事項」

「静電破壊の防止」

「エア フィルタの手入れと交換」

「マニュアルの入手方法」

「テクニカル サポート」

安全に関する注意事項

交換作業を開始する前に、人身事故または機器の損傷を防ぐために、ここで説明する安全に関する注意事項を確認してください。

さらに、Cisco 12404インターネット ルータの取り付け、設定、およびメンテナンスを行う前に、ルータに付属の『 Regulatory Compliance and Safety Information for the Cisco 12000 Gigabit Switch Router Series 』(Text Part Number 78-4347-09)に記載されている安全上の警告を確認してください。

安全上の警告

誤って行うと危険が生じる可能性のある操作については、安全上の警告が記載されています。各警告文に、警告を表す記号が記されています。次に、安全に関する警告文の例を示します。警告を表す記号と、人身事故を引き起こす状況が記載されています。


警告 「危険」の意味です。人身事故を予防するための注意事項が記述されています。機器の取り扱い作業を行うときは、電気回路の危険性に注意し、一般的な事故防止対策に留意してください。


機器を安全に取り扱うための注意事項

次の注意事項に従って、安全を確保し、機器を保護してください。このリストには、起こりうる危険な状況が網羅されているわけではありません。常に 注意 が必要です。

システムの移動前に、必ずすべての電源コードおよびインターフェイス ケーブルを外します。

回路の電源が切断されていると思い込まず、必ず確認してください。

工具および組立部品が通行の妨げにならないようにしてください。

危険を伴う作業は、一人では行わないでください。

人身事故や装置障害を引き起こす可能性のある作業は行わないでください。

床が濡れていないか、アースされていない電源延長コードや保護アースの不備などがないかどうか、作業場所の安全を十分に確認してください。

電気機器の安全な取り扱い

電気機器を取り扱う際には、次の基本的な注意事項に従ってください。

ルータ内部の作業を行う前に、室内の緊急電源遮断スイッチがどこにあるかを確認しておきます。

ルータの取り付けや取り外しを行う前に、すべての電源コードおよび外部ケーブルを外してください。

回路の電源が切断されていると思い込まず、必ず確認してください。

人身事故や装置障害を引き起こす可能性のある作業は行わないでください。

故障していると思われる機器は取り付けないでください。

床が濡れていないか、アースされていない電源延長コードや保護アースの不備などがないかどうか、作業場所の安全を十分に確認してください。

電気事故が発生した場合は、次の手順に従ってください。

負傷しないように注意してください。ルータの電源を切断してください。

可能であれば、医療援助を求めるために誰か別の人を呼んでもらうようにしてください。それができない場合は、負傷者の状況を見極めてから救援を要請してください。

負傷者に人工呼吸または心臓マッサージが必要かどうかを判断し、適切な処置を施してください。

さらに、電源から切断されていても、電話回線またはネットワーク配線に接続されている装置を扱う場合には、次の注意事項に従ってください。

雷が発生しているときには、電話線の接続を行わないでください。

防水設計されていない電話ジャックは、湿気の多い場所に取り付けないでください。

電話回線がネットワーク インターフェイスから切り離されている場合以外、絶縁されていない電話ケーブルや端子には、触れないでください。

電話回線の設置または変更は、十分注意して行ってください。

静電破壊の防止

基板を正しく取り扱わないと、ESD(静電気放電)破壊が発生する可能性があります。扱い方を誤ると、基板に故障または間欠的な障害をもたらす場合があります。

基板を取り扱う場合は、ESDによる損傷を防ぐために、次の注意事項に従ってください。

静電気防止用リストまたはアンクル ストラップを肌に密着させて着用してください。

静電気防止用ストラップを手首または足首に巻き、ストラップの反対側をシャーシまたは塗装されていない金属面に取り付けます。図1を参照してください。

リストまたはアンクル ストラップは身体の静電気から機器を保護するだけです。衣服の静電気が、電子コンポーネントに対する静電破壊の原因になることがあります。

図1 Cisco 12404インターネット ルータ シャーシへの静電気防止用ストラップの取り付け

 


注意 静電気防止用リストまたはアンクル ストラップの抵抗値は定期的に確認してください。抵抗値は1~10 Mohmでなければなりません。

エア フィルタの手入れと交換

Cisco 12404インターネット ルータには、手入れしやすいホットスワップ可能なエア フィルタが使用されています。エア フィルタは、シャーシ背面に向かって左側に搭載されています。エア フィルタの位置は図2を参照してください。エア フィルタの通気方向は図3を参照してください。

エア フィルタは、冷却ファンによってルータに取り込まれる空気から埃を取り除きます。月に1度(埃の多い環境ではさらに頻繁に)エア フィルタを点検してください。フィルタが汚れている場合、掃除機で埃を吸い取るかフィルタを交換します。フィルタが損耗していたり破れたりしている場合は、適切な方法で廃棄し、交換用のエア フィルタを取り付けてください。

ここでは、エア フィルタの手入れおよび交換手順を説明します。

「工具と部品」

「エア フィルタの取り外し」

「エア フィルタの取り付け」


) これらの手順は、ルータの電源を入れたまま行うことができます。


工具と部品

エア フィルタの交換作業には、次の工具および部品が必要です。

静電気防止用ストラップ

掃除機

交換用のエア フィルタ(部品番号:ACS-GSR04-FLTR=)

エア フィルタの取り外し

エア フィルタの取り外しと手入れの手順は次のとおりです。


) エア フィルタを損傷しないように注意してください。エア フィルタが損傷すると、通気が妨げられ、ルータが過熱する原因となります。


図2 Cisco 12404インターネット ルータのエア フィルタの位置

 


ステップ 1 静電気防止用ストラップを手首または足首に巻き、ESDクリップをシャーシまたは塗装されていない金属面に取り付けます。

ステップ 2 エア フィルタの端の小さなタブをつまみ、タブを引いてハウジングからエア フィルタを取り出します。


ヒント エア フィルタの端のタブを上げることができない場合は、3/16インチのマイナス ドライバを使用してタブを上げてからつまんでください。


ステップ 3 シャーシからエア フィルタを引き出します。

図3 Cisco 12404インターネット ルータのエア フィルタの通気方向

 

ステップ 4 エア フィルタの状態を目視確認します。


注意 エア フィルタの手入れや交換を行う場合は、エア フィルタをRPやライン カード ケージから離れた場所に置き、除去した埃がケージに入らないようにしてください。エア フィルタをハウジングに取り付けたままの状態で掃除機を使用しないでください。

フィルタが汚れている場合は、掃除機で埃を吸い取るかフィルタを交換します。

フィルタが損耗したり破れたりしている場合は、適切な方法で廃棄し、交換用のエア フィルタを取り付けます。


注意 洗ったエア フィルタをそのままシャーシに取り付けないでください。シャーシ内部に湿気が入るとコンポーネントが損傷することがあります。エア フィルタが完全に乾くまで待ってください。


 

エア フィルタの取り付け

シャーシの左側にあるエア フィルタ ハウジングにエア フィルタを取り付ける手順は、次のとおりです。図2を参照しながらエア フィルタを取り付けます。


ステップ 1 静電気防止用ストラップを手首または足首に巻き、ESDクリップをシャーシまたは塗装されていない金属面に取り付けます。


ワンポイント・アドバイス エア フィルタの上端の矢印は通気の方向を表します。矢印がカード ケージの方向を示すようにして、エア フィルタをハウジングに挿入します。


ステップ 2 エア フィルタをスライドさせ、エア フィルタ ハウジングにしっかりと押し込みます。


注意 エア フィルタを損傷しないように注意してください。エア フィルタが損傷すると、通気が妨げられ、ルータが過熱したり、EMI防止性能が低下する原因となります。


 

マニュアルの入手方法

ここでは、シスコ製品のマニュアルを入手する方法について説明します。

WWW

WWW上の次のサイトから、シスコ製品の最新資料を入手することができます。

http://www.cisco.com

http://www.cisco.com/jp

http://www-china.cisco.com

http://www-europe.cisco.com

Documentation CD-ROM

シスコ製品のマニュアルおよびその他の資料は、製品に付属のCD-ROMパッケージでご利用いただけます。Documentation CD-ROMは毎月更新されるので、印刷資料よりも新しい情報が得られます。このCD-ROMパッケージは、単独または年間契約で入手することができます。

マニュアルの発注方法

シスコ製品のマニュアルは、次の方法でご発注いただけます。

Cisco Direct Customersに登録されている場合、Networking Products MarketPlaceからシスコ製品のマニュアルを発注できます。次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/cgi-bin/order/order_root.pl

Cisco.com登録ユーザの場合、Subscription StoreからオンラインでDocumentation CD-ROMを発注できます。次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/go/subscription

Cisco.comに登録されていない場合、製品を購入された代理店へお問い合わせください。

テクニカル サポート

シスコシステムズでは、技術上のあらゆる問題の支援窓口としてCisco.comを運営しています。お客様およびパートナーはオンライン ツールからマニュアル、トラブルシューティングに関するヒント、およびコンフィギュレーション例を入手できます。Cisco.comにご登録済みのお客様は、Technical Assistance Center(TAC)のWebサイトからトラブルシューティング用のツールを入手することもできます。Cisco.comへのご登録については、製品を購入された代理店へお問い合わせください。

Cisco.com

Cisco.comは、いつでもどこからでも、シスコシステムズの情報やリソースにアクセスできる対話形式のネットワーク サービスです。優れた、使いやすい統合インターネット アプリケーションにより、シスコ製品をより一層、有効にご活用いただけます。

Cisco.comでは、お客様やパートナーが業務を効率化し、生産性を向上できるように、広範囲の機能とサービスを提供しています。Cisco.comには、シスコシステムズの概要、ネットワーキング ソリューション、サービス、プログラムなどの情報が掲載されています。また、オンライン テクニカル サポートによる技術上の問題の解決、ソフトウェア パッケージのダウンロードおよびテスト、シスコシステムズのトレーニング資料や製品の発注を行うこともできます。さらに、オンラインでのスキル査定、トレーニング、認定プログラムといった有益なサービスも提供しています。

Cisco.comに登録されると、各ユーザに合った情報やサービスをご利用いただくことができます。Cisco.com登録ユーザは、製品を発注したり、発注状況を確認したり、テクニカル サポートをご利用いただけるほか、各ユーザに応じた特典を受けることができます。

Cisco.comには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com
http://www.cisco.com/jp

TAC

TAC Webサイトでは、お客様が加入されたメンテナンス契約の保証範囲に基づいて、シスコ製品または技術についてのテクニカル サポートを受けることができます。

TAC Webサイトへのアクセス

プライオリティ レベル3(P3)またはプライオリティ レベル4(P4)の問題がある場合には、次のURLからTAC Webサイトにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/tac

P3およびP4レベルの問題とは、次のような状況です。

P3 ― ネットワークのパフォーマンスが低下している。ネットワークが十分に機能していないが、ほとんどの業務運用を継続できる場合。

P4 ― シスコ製品の機能、インストレーション、基本的なコンフィギュレーションについて、情報または支援が必要な場合。

このような場合、TAC Webサイトで、ご質問に対する回答を簡単に検索することができます。

Cisco.comに登録するには、次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/register/

Cisco.com登録ユーザは、TAC Webサイトで技術上の問題を解決できなかった場合、TAC Case Openツールのオンライン サービスを利用することができます。TAC Case OpenツールのURLは次のとおりです。

http://www.cisco.com/tac/caseopen

Japan TAC Webサイト

Japan TAC Webサイトでは、利用頻度の高いTAC Webサイト(http://www.cisco.com/tac)のドキュメントを日本語で提供しています。Japan TAC Webサイトには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/jp/go/tac

サポート契約を結んでいない方は、「ゲスト」としてご登録いただくだけで、Japan TAC Webサイトのドキュメントにアクセスできます。

Japan TAC Webサイトにアクセスするには、Cisco.comのログインIDとパスワードが必要です。ログインIDとパスワードを取得していない場合は、次のURLにアクセスして登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/jp/register/

電話によるTACの利用

プライオリティ レベル1(P1)またはプライオリティ レベル2(P2)の問題が発生した場合には、TACに電話でお問い合わせください。TACフリーダイヤルの国別電話番号は、次のURLを参照してください。

http://www.cisco.com/warp/public/687/Directory/DirTAC.shtm l

P1およびP2レベルの問題とは、次のような状況です。

P1 ― ネットワークがダウンし、すぐにサービスを回復しなければ業務に致命的な損害が発生するにもかかわらず、対応策が見つからない場合。

P2 ― ネットワークのパフォーマンスが著しく低下したため業務に大きな影響があるにもかかわらず、対応策が見つからない場合。