ルータ : Cisco 12000 シリーズ ルータ

Cisco 12404 インターネット ルータ DC PDU/DC PEM の交換手順

Cisco 12404 インターネット ルータDC PDU/DC PEM の交換手順
発行日;2011/12/22 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco 12404 インターネット ルータ

概要

DC PEMの取り外しおよび取り付け

必要な工具および機材

DC PEMの取り外し

DC PEMの取り付け

DC PEMの確認

DC PDUの取り外しおよび取り付け

DC電源ルータの切断

DC PDUの取り外し

DC PDUの取り付け

DC PDUの取り付けの確認

マニュアルの入手方法

WWW

Documentation CD-ROM

マニュアルの発注方法

テクニカル サポート

Cisco.com

TAC

TAC Webサイトへのアクセス

Japan TAC Webサイト

電話によるTACの利用

Cisco 12404 インターネット ルータ
DC PDU/DC PEM の交換手順

製品番号:PWR-GSR04-DC-PDU=、PWR-GSR04-DC-PEM=
Customer Order Number: DOC-J-7813616=

概要

Cisco 12404インターネット ルータは、2台のDC Power Distribution Unit(PDU)および2台のDC PEM(パワー エントリ モジュール)が搭載されて出荷されています。DC PDUおよびDC PEMは、シャーシの背面にあります。図1を参照してください。

ルータへの供給電力は、DC電源電圧である必要があります。

DC PEMは、Online Insertion and Removal(OIR;ホットスワップ)機能をサポートします。

PEMはOIR可能なので、故障したPEMをルータの電源を入れたまま取り外して交換できます。

故障したPDUはOIRに対応していないので、ルータの電源を切る必要があります。

図1 DC PDUおよびDC PEMの位置(シャーシの背面)

 


警告 DC PDUは、OIRをサポートしていないので、DC PDUを交換する際はルータの電源を切る必要があります。


ここで説明する手順および図2を参照して、DC PEMやDC PDUを取り外し/取り付けを行います。

「必要な工具および機材」

「DC PEMの取り外しおよび取り付け」

「DC PDUの取り外しおよび取り付け」

「マニュアルの入手方法」

「テクニカル サポート」

DC PEMの取り外しおよび取り付け

ここでは、DC PEMの取り外し方法について説明します。

必要な工具および機材

DC PEMやDC PDUの取り外しおよび交換には、次の工具が必要です。

静電気防止用ストラップ

3/16インチ マイナス ドライバ

DC PEM ― 部品番号:PWR-GSR04-DC-PEM=

DC PDU ― 部品番号:PWR-GSR04-DC-PDU=

オプション:DC PEMまたはDC PDUが過熱状態のときは、手を保護するものが必要になります。

DC PEMの取り外し

ここでは、DC PEMの取り外し手順について説明します。DC PEMの重量は4.98kg(11.0ポンド)あるので、両手で持ち上げる必要があります。


) DC PEMはOIR対応なので、ルータの電源を入れたまま交換できます。



ステップ 1 静電気防止用ストラップを手首または足首に巻き付け、反対側のクリップをシャーシまたは塗装されていない金属部分に取り付けます。


ワンポイント・アドバイス 障害のあるDC PEMを確認し、あとで見分けられるように印を付けておきます。


ステップ 2 DC PEMのスイッチをオフにします。図2を参照してください。

図2 DC PEMおよびDC PDU

 

 

1

DC PDU

5

オン/オフ スイッチ

2

DC PEM

6

PDUの非脱落型ネジ

3

システムの非脱落型ネジ

7

端子ブロック

4

LED

ステップ 3 グリーンのINPUT OK LED、OUTPUT OK LED、およびオレンジのOUTPUT FAIL LEDがすべて消灯していることを確認します。

ステップ 4 DC PEMのファンがすべて停止していることを目視で確認します。

ステップ 5 PEMをシャーシに固定しているシステムの非脱落型ネジを緩めます。図2の3を参照してください。

ステップ 6 PEMをPDUに固定している2本の非脱落型ネジを緩めます。図2の6を参照してください。


注意 DC PEMは過熱する可能性があります。過熱したPEMを取り扱う際は十分注意してください。

ステップ 7 つまみを使用して、PEMベイからDC PEMを引き出します。

ステップ 8 PEMを脇に置きます。

ステップ 9 他のPEMを取り外す必要がある場合は、この手順を繰り返します。


ヒント 不良PEMを返却する場合には、印を付けておいたPEMを再梱包し、交換用PEMの入っていた輸送コンテナに入れます。



 

DC PEMの取り付け

DC PEMを取り付け、DC PDUに接続する手順は次のとおりです。


警告 DC PEM電源スイッチがオフになっていることを確認します。



ステップ 1 静電気防止用ストラップを手首または足首に巻き付け、反対側のクリップをシャーシまたは塗装されていない金属部分に取り付けます。

ステップ 2 両手でDC PEMを持ち、PEMを空のPEMベイにスライドさせます。

ステップ 3 PEMがベイに固定し、PEMコネクタがPDUコネクタに装着されていることを確認します。

PEMをPEMベイに完全に装着し、すべてのネジを締めると、PEMとPDUコネクタ間の電気接続が自動的に行われます。図2を参照してください。

ステップ 4 DC PEM電源スイッチがオフの位置になっていることを確認します。

ステップ 5 マイナス ドライバを使用してすべてのネジを締めます。

ステップ 6 DC PEM電源スイッチをオンにします。

ステップ 7 グリーンのINPUT OK LEDおよびOUTPUT OK LEDの両方が点灯していることを目視で確認します。

図3 DC PEMのLED

 

 

1

DC PDU

該当なし

DC PDU

2

DC PEM

該当なし

DC PEM

3

INPUT OK

グリーンに点灯

DC PEMは電源が入った状態で正常に稼働中です。

4

OUTPUT OK

グリーンに点灯

DC電源は定格範囲内です。

5

OUTPUT FAIL

オレンジに点灯

PEMに障害が発生し、シャットダウンされました。

ステップ 8 オレンジのOUTPUT FAIL LEDが消灯していることを目視で確認します。

ステップ 9 DC PEMのファンが作動していることを目視で確認します。


 

DC PEMの確認

シャーシにPEMを取り付けてから、図2を参照し、次の手順でPEMが正しく取り付けられていて、正常に動作していることを確認します。


ステップ 1 静電気防止用ストラップを手首または足首に巻き付け、反対側のクリップをシャーシまたは塗装されていない金属部分に取り付けます。

ステップ 2 DC PEMがベイに安全に装着されていることを確認します。

ステップ 3 オン/オフ電源スイッチがオンになっていることを確認します。

ステップ 4 PEMのINPUT OK LEDおよびOUTPUT OK LEDが消灯している場合、次の点を確認します。

DC PEMがPEMベイにしっかりと装着されている。

DC電源スイッチがオンになっている。

DC PEMの非脱落型ネジが締まっている。

システムの非脱落型ネジが締まっている。

ステップ 5 オレンジのOUTPUT FAIL LEDが点灯している場合、次の点を確認します。

DC PEMがPEMベイにしっかりと装着されている。

DC電源の回路ブレーカーがオンになっている。

DC電源コードが端子ブロックにしっかりと装着されている(図2を参照)。

DC電源スイッチがオンになっている。

DC PEMの非脱落型ネジが締まっている。

ステップ 6 ステップ5の各項目を確認してもPEMのオレンジのOUTPUT FAIL LEDが点灯する場合、PEMに障害がある可能性があります。

ステップ 7 使用しているPEMをスペアのPEMに交換し、ステップ1からやり直します。

ステップ 8 PEMを交換してもオレンジのOUTPUT FAIL LEDが点灯する場合は、次のようにしてください。

製品を購入した代理店にお問い合わせください。

ステップ 9 スペアのPEMでグリーンのINPUT OK LEDおよびOUTPUT OK LEDが点灯する場合は、障害のあるPEMを返品、交換してください。

DC PDUの取り外しおよび取り付け

ここでは、DC PDUの取り外し方法について説明します。最初にルータの電源を切る必要があります。


警告 DC PDUは、OIRをサポートしていないので、ルータの電源を切る必要があります。


DC電源ルータの切断

図2を参照し、次のステップに従って、ルータの電源を切ります。


ステップ 1 各DC PEMが取り付けられたDC PEM電源スイッチをオフにします。

ステップ 2 DC電源の回路ブレーカーをすべてオフにします。

ステップ 3 静電気防止用ストラップを手首または足首に巻き付け、反対側のクリップをシャーシまたは塗装されていない金属部分に取り付けます。

ステップ 4 DC PEMのグリーンのINPUT OK LED、OUTPUT OK LED、およびオレンジのOUTPUT FAIL LEDのすべてが消灯していることを確認します。

ステップ 5 ファン トレイ アセンブリのファンがすべて停止していることを目視で確認します。

ステップ 6 DC PEMのファンがすべて停止していることを目視で確認します。

ステップ 7 Route Processor(PR;ルート プロセッサ)およびライン カードのLEDがすべて消灯していることを目視で確認します。

ステップ 8 Consolidated Switch Fabric(CSF)のLEDがすべて消灯していることを目視で確認します。


注意 騒音の多い環境では、ファンがある各部分のコンパートメントの前に手を当ててすべてのファンが停止していることを確認してください。

ステップ 9 DC PDU端子ブロックに接続されたプラス(+)線、マイナス(-)線およびアース線をすべて外します。


 

DC PDUの取り外し

図2を参照し、次のステップに従って、シャーシからDC PDUを取り外します。


ステップ 1 静電気防止用ストラップを手首または足首に巻き付け、反対側のクリップをシャーシまたは塗装されていない金属部分に取り付けます。


ワンポイント・アドバイス 障害のあるDC PDUを確認し、あとで見分けられるように印を付けておきます。


ステップ 2 PEMをシャーシに固定しているシステムの非脱落型ネジを緩めます。図2の3を参照してください。

ステップ 3 PDUをシャーシに固定している非脱落型ネジを緩めます。図2の6を参照してください。

ステップ 4 つまみを使用して、ベイからDC PEMおよびDC PDUを引き出します。

ステップ 5 ユニットを脇に置きます。

ステップ 6 他のPDUを取り外す必要がある場合は、この手順を繰り返します。


ヒント 不良PDUを返却する場合には、印を付けておいた障害のあるPDUを再梱包し、交換用PDUの入っていた輸送コンテナに入れます。



 

DC PDUの取り付け

図2を参照し、次のステップに従って、シャーシにDC PDUを取り付けます。DC PDUは、コンポーネントの1つとしてDC PEMと一緒に取り付ける必要があります。


警告 DC PEMの電源スイッチがオフになっていることを確認します。



ステップ 1 静電気防止用ストラップを手首または足首に巻き付け、反対側のクリップをシャーシまたは塗装されていない金属部分に取り付けます。

ステップ 2 PEMおよびPDUがコネクタで確実に固定されていることを確認します。

PEMをPEMベイに完全に装着し、すべてのネジを締めると、PEMとPDUコネクタ間の電気接続が自動的に行われます。図4を参照してください。

ステップ 3 両手でDC PEMおよびDC PDUを持ち、空のベイにスライドさせます。

図4 DC PEMおよびDC PDUのコネクタ(DC PEMの背面図)

 

ステップ 4 マイナス ドライバを使ってすべてのネジを締めます。


 

DC PDUの取り付けの確認

図2を参照して、次のステップに従って、DC PEMおよびDC PDUが正しく取り付けられ、正常に動作していることを確認します。


ステップ 1 DC電源の回路ブレーカーがオンになっていることを確認します。


注意 静電気防止用ストラップを手首または足首から取り外した場合は、再度装着し、反対側のクリップをシャーシまたは金属部分に取り付けます。

ステップ 2 DC PEMのオン/オフ電源スイッチがオンになっていることを確認します。

ステップ 3 DC PEMおよびDC PDUが完全にベイに挿入されていることを確認します。

ステップ 4 配線が端子ブロックに正しく接続されていることを確認します。

ステップ 5 DC PEMのグリーンのINPUT OK LEDおよびOUTPUT OK LEDの両方が点灯していることを目視で確認します。

ステップ 6 PEMのINPUT OK LEDおよびOUTPUT OK LEDが消灯している場合、次の点を確認します。

DC PEMがPEMベイにしっかりと装着されている。

DC電源スイッチがオンになっている。

DC PEMの非脱落型ネジが締まっている。

DC PEMのファンが作動している。

すべての非脱落型ネジが締まっている。

ステップ 7 オレンジのOUTPUT FAIL LEDが消灯していることを目視で確認します。

ステップ 8 オレンジのOUTPUT FAIL LEDが点灯している場合、図2および手順を参照し、次の点を確認します。

DC PEMがPEMベイにしっかりと装着されている。

DC電源の回路ブレーカーがオンになっている。

DC電源コードが端子ブロックにしっかりと装着されている(図2を参照)。

DC電源スイッチがオンになっている。

DC PDUの非脱落型ネジが締まっている。

DC PEMの非脱落型ネジが締まっている。

ステップ 9 ステップ8の各項目を確認してもPEMのオレンジのOUTPUT FAIL LEDが点灯する場合、PEMに障害がある可能性があります。

ステップ 10 使用しているPEMをスペアのPEMに交換し、ステップ1からやり直します。

ステップ 11 PEMを交換してもオレンジのOUTPUT FAIL LEDが点灯する場合は、次のようにしてください。

製品を購入した代理店にお問い合わせください。

ステップ 12 スペアのPEMでグリーンのINPUT OK LEDおよびOUTPUT OK LEDが点灯する場合は、障害のあるPEMを返品、交換してください。


 

マニュアルの入手方法

ここでは、シスコ製品のマニュアルを入手する方法について説明します。

WWW

WWW上の次のサイトから、シスコ製品の最新資料を入手することができます。

http://www.cisco.com

http://www.cisco.com/jp

http://www-china.cisco.com

http://www-europe.cisco.com

Documentation CD-ROM

シスコ製品のマニュアルおよびその他の資料は、製品に付属のCD-ROMパッケージでご利用いただけます。Documentation CD-ROMは毎月更新されるので、印刷資料よりも新しい情報が得られます。 このCD-ROMパッケージは、単独または年間契約で入手することができます。

マニュアルの発注方法

シスコ製品のマニュアルは、次の方法でご発注いただけます。

Cisco Direct Customersに登録されている場合、Networking Products MarketPlaceからシスコ製品のマニュアルを発注できます。次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/cgi-bin/order/order_root.pl

Cisco.com登録ユーザの場合、Subscription StoreからオンラインでDocumentation CD-ROMを発注できます。次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/go/subscription

Cisco.comに登録されていない場合、製品を購入された代理店へお問い合わせください。

テクニカル サポート

シスコシステムズでは、技術上のあらゆる問題の支援窓口としてCisco.comを運営しています。お客様およびパートナーはオンライン ツールからマニュアル、トラブルシューティングに関するヒント、およびコンフィギュレーション例を入手できます。Cisco.comにご登録済みのお客様は、Technical Assistance Center(TAC)のWebサイトからトラブルシューティング用のツールを入手することもできます。Cisco.comへのご登録については、製品を購入された代理店へお問い合わせください。

Cisco.com

Cisco.comは、いつでもどこからでも、シスコシステムズの情報やリソースにアクセスできる対話形式のネットワーク サービスです。優れた、使いやすい統合インターネット アプリケーションにより、シスコ製品をより一層、有効にご活用いただけます。

Cisco.comでは、お客様やパートナーが業務を効率化し、生産性を向上できるように、広範囲の機能とサービスを提供しています。Cisco.comには、シスコシステムズの概要、ネットワーキング ソリューション、サービス、プログラムなどの情報が掲載されています。また、オンライン テクニカル サポートによる技術上の問題の解決、ソフトウェア パッケージのダウンロードおよびテスト、シスコシステムズのトレーニング資料や製品の発注を行うこともできます。さらに、オンラインでのスキル査定、トレーニング、認定プログラムといった有益なサービスも提供しています。

Cisco.comに登録されると、各ユーザに合った情報やサービスをご利用いただくことができます。Cisco.com登録ユーザは、製品を発注したり、発注状況を確認したり、テクニカル サポートをご利用いただけるほか、各ユーザに応じた特典を受けることができます。

Cisco.comには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com
http://www.cisco.com/jp

TAC

TAC Webサイトでは、お客様が加入されたメンテナンス契約の保証範囲に基づいて、シスコ製品または技術についてのテクニカル サポートを受けることができます。

TAC Webサイトへのアクセス

プライオリティ レベル3(P3)またはプライオリティ レベル4(P4)の問題がある場合には、次のURLからTAC Webサイトにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/tac

P3およびP4レベルの問題とは、次のような状況です。

P3 ― ネットワークのパフォーマンスが低下している。ネットワークが十分に機能していないが、ほとんどの業務運用を継続できる場合。

P4 ― シスコ製品の機能、インストレーション、基本的なコンフィギュレーションについて、情報または支援が必要な場合。

このような場合、TAC Webサイトで、ご質問に対する回答を簡単に検索することができます。

Cisco.comに登録するには、次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/register/

Cisco.com登録ユーザは、TAC Webサイトで技術上の問題を解決できなかった場合、TAC Case Openツールのオンライン サービスを利用することができます。TAC Case OpenツールのURLは次のとおりです。

http://www.cisco.com/tac/caseopen

Japan TAC Webサイト

Japan TAC Webサイトでは、利用頻度の高いTAC Webサイト(http://www.cisco.com/tac)のドキュメントを日本語で提供しています。Japan TAC Webサイトには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/jp/go/tac

サポート契約を結んでいない方は、「ゲスト」としてご登録いただくだけで、Japan TAC Webサイトのドキュメントにアクセスできます。

Japan TAC Webサイトにアクセスするには、Cisco.comのログインIDとパスワードが必要です。ログインIDとパスワードを取得していない場合は、次のURLにアクセスして登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/jp/register/

電話によるTACの利用

プライオリティ レベル1(P1)またはプライオリティ レベル2(P2)の問題が発生した場合には、TACに電話でお問い合わせください。TACフリーダイヤルの国別電話番号は、次のURLを参照してください。

http://www.cisco.com/warp/public/687/Directory/DirTAC.shtm l

P1およびP2レベルの問題とは、次のような状況です。

P1 ― ネットワークがダウンし、すぐにサービスを回復しなければ業務に致命的な損害が発生するにもかかわらず、対応策が見つからない場合。

P2 ― ネットワークのパフォーマンスが著しく低下したため、業務に大きな影響があるにもかかわらず、対応策が見つからない場合。