Cisco 12404 インターネット ルータ インストレーション コンフィギュレーション ガイド
製品概要
製品概要
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

製品概要

はじめに

製品の説明

特長

形状および機能の概要

コンポーネント

RP

GRP

GRP メモリ

GRP LED

非同期シリアル ポート

イーサネット ポート

PRP

PRP メモリ

PRP LED

非同期シリアル ポート

イーサネット ポート

ラインカード

CSF カード

アラーム機能

電源モニタ機能

ファブリック機能

クロック スケジューラ機能

PEM

AC PEM

配電

ファン トレイ

エアー フィルタ

ケーブル マネージャ システム

MBus

起動および停止の制御

コンポーネントの検出

コードのダウンロード

診断

環境モニタおよびアラーム

PDU

製品概要

Cisco 12404 インターネット ルータの機能の中心となるのは、ラインカードと Route Processor(RP; ルート プロセッサ)に対し、同期化した相互接続を提供する Consolidated Switch Fabric(CSF)カード回路です。CSF カードには、LED を介してルータの状態を知らせるアラーム機能も組み込まれています。

この章では、Cisco 12404 インターネット ルータについて概要を説明します。

はじめに

このガイドで説明する 12404 シリーズ ルータは、次のとおりです。

オリジナルの Cisco 12404 インターネット ルータ

拡張 Cisco 12404 インターネット ルータ
拡張ルータには、BITS 機能が可能な新しいバックプレーンが搭載されています。PRP-2 および拡張 CSF カードは、BITS の完全な機能性を実現するために必要です。シャーシには、新しい前面扉など、外見上の変更も含まれています。


) ほとんどの説明図では、わかりやすくするために新しい前面扉を省略しています。


特に断りのない限り、このガイドのすべての情報は、オリジナル シリーズ ルータおよび拡張シリーズ ルータに適用されます。

製品の説明

「特長」

「形状および機能の概要」

「RP」

「ラインカード」

「PEM」

「ファン トレイ」

「エアー フィルタ」

「ケーブル マネージャ システム」

「MBus」

「PDU」

Cisco 12404 インターネット ルータは、インターネット バックボーンおよびエンタープライズ バックボーンを OC-3/STM-1(155 Mbps)、OC-12/STM-4(622 Mbps)、OC-48/STM-16(2.4 Gbps)、および OC-192/STM(10 Gbps)の速度に拡張します。

Cisco 12404 インターネット ルータには、ファブリック アラーム、RP、およびラインカード ケージが 1 つずつあります。

この RP およびラインカード ケージには、ユーザ側で構成可能な 4 つのスロットがあり、3 つのラインカードと 1 つの RP、または 2 つのラインカードと 2 つの RP を組み合わせて搭載できます。ラインカード上のネットワーク インターフェイスは、ルータの CSF と外部ネットワークの間の接続を提供します。

RP およびラインカード ケージの下部スロット(FABRIC ALARM のラベル)は、スイッチ ファブリック、アラーム、およびクロック スケジューラ機能を備えたカード専用のスロットです。

特長

Cisco 12404 インターネット ルータの特長は、次のとおりです( 表1-1 )。

 

表1-1 Cisco 12404 インターネット ルータの主な特長

項目
説明

ラインカード

ホットスワップ対応カード スロットを 4 つ装備しています。最大 3 つの OC-192 ラインカード(冗長 RP の場合は 2 つ)を搭載できます。

CSF カード

1 つのボードにスイッチ ファブリック、アラーム、およびクロック スケジュール機能が組み込まれています。CSF カードのスイッチング容量は、40 Gbps です。

Route Processor(RP; ルート プロセッサ)

冗長 RP は任意のラインカード スロットに搭載できます。

AC PEM(電源入力モジュール)

カスタマイズされた、ホットスワップ対応の一体型装置です。

DC PEM および DC Power Distribution Unit(PDU; 配電ユニット)

1 つの装置として、あるいは別々の装置として取り外すことができる 2 つの装置です。


) EMI 規格に適合するには、両方のモジュール ベイに DC PEM および DC PDU を搭載した状態で、ルータを稼働する必要があります。


ラインカード、RP、およびファブリック カード

シャーシ前面から取り外すことができます。

電源システム、ファン トレイ、およびフィルタ

シャーシ背面から取り外すことができます。

AC 電源または DC 電源の接続

シャーシ背面の AC PEM または DC PDU に接続できます。

Network Equipment Building System(NEBS)

Cisco 12404 インターネット ルータは、可燃性、構造、および電子的な適合性に関する SR-3580 で定められた NEBS 基準レベル 3 要件に適合しています。

電磁適合性および静電気放電

ルータは、製品およびパッケージングの両方について、放射、耐性、ESD(静電気放電)に関するElectromagnetic Compatibility(EMC; 電磁適合性)を満たしています。

ボンディングおよびアース

ルータは、安全性、回路保護、ノイズ電流、信頼性、操作規格に関するボンディングおよびアース要件に適合しています。

環境モニタ機能

ルータには、動作温度および湿度に関する環境モニタ機能があり、温度と湿度の変化に対処します(発熱量は除く)。

衝撃および振動

ルータは、地震時、運用時、輸送時、および梱包された機器に加えられる衝撃について、NEBS(Zone 4 per GR-63-Core)の仕様に従って衝撃および振動テスト済みです。

アラームおよびイルミネーション機能

Cisco 12404 インターネット ルータは、動作範囲に関してアラームおよびイルミネーション機能を備えています。

光ファイバ ケーブル管理

ルータは、高密度の光ファイバ ファスト イーサネット ポートをサポートしています。
現在の 1.275 インチ ピッチのラインカードは、前面パネル アダプタ カバーを追加した状態で、ラインカード ケージに収まります。
1.275 インチのラインカードには、ラインカードのアダプタ カバーが付属しています。

その他

ルータでは、次を行います。

既存の RP カードの使用

側面吸気、側面排気の冷却システム エアー処理モジュールを装備

標準的な 7 フィート(2.15 m)ラック 1 つに最大 8 つのシャーシを収容可能

外見

拡張 Cisco 12404 には、右側からも左側からも開けられるように設定できるすりガラスの扉が付いています。

形状および機能の概要

Cisco 12404 インターネット ルータには、次のカードを装着できる 5 つのスロット カード ケージが装備されています。

1 つの RP(オプションとして、2 つの RP)

最大 3 つのラインカード(冗長 RP の場合は 2 つ)

CSF カード

カード ケージは金属フレームの一体構造になっています。

ルータでは、他のインターネット ルータと互換性のあるラインカードを使用します。FRU として出荷されるラインカードごとに個別のラインカード マニュアルが添付されます。

FRU の取り外しおよび取り付け手順については、第 5 章および専用のコンフィギュレーション ノートを参照してください。FRU の発注方法については、代理店までお問い合わせください。 テクニカル サポートを参照してください。

コンポーネント

Cisco 12404 インターネット ルータの FRU としては、次の品目があります。

AC PEM × 2

DC PEM × 2

DC PDU × 2

エアー フィルタ× 1

クロック スケジューラ、アラーム、およびスイッチ ファブリックを統合したカード× 1

ファン トレイ アセンブリ× 1

シャーシ ケーブル管理ブラケット× 1

RP

RP は、Cisco 12404インターネット ルータのメイン システム プロセッサとして使用されます。最初の RP カードは、スロット 0(ゼロ)に搭載することを推奨します。

RP は、CSF または Maintenance Bus(MBus; メンテナンス バス)を通じて各ラインカードと通信します。CSF 接続は、ルーティング テーブルの配布およびラインカードと RP 間におけるパケット送信のための主要なデータ パスです。

MBus 接続は、RP がシステム ブートストラップ イメージをダウンロードしたり、診断情報を収集またはロードしたり、システム内部での一般的なメンテナンス動作を実行したりするときに使用します。RP は、Cisco 12404 ルータのカード ケージにある 5 つのスロットのいずれにも装着できます。ただし、最初の RP はスロット 0(ゼロ)に搭載することを推奨します。

Cisco 12404 ルータでは、次の 2 つのタイプの RP を使用できます。

Gigabit Route Processor(GRP)

Performance Route Processor(PRP)

明記されていないかぎり、このマニュアル内の RP という用語は、GRP または PRP を表します。


) 2 つめの冗長 RP を搭載する場合は、プライマリ RP と同じタイプの RP を使用する必要があります。


PRP の詳細については、「PRP」を参照してください。

GRP

図 1-1に、GRP の前面図を示します。

図 1-1 GRP ― 前面図

 

GRP メモリ

Cisco 12404 ルータ上で稼働する Cisco IOS ソフトウェア イメージは、GRP 上に SIMM の形式で搭載されているフラッシュ メモリ、および GRP の前面にある 2 つの Personal Computer Memory Card International Association(PCMCIA; パーソナル コンピュータ メモリ カード国際協会)スロットに差し込む PCMCIA カード(フラッシュ メモリ カード)に保管されます。フラッシュ メモリに Cisco IOS イメージを保管することにより、アップグレードされた Cisco IOS イメージをリモートでダウンロードおよび起動したり、GRP のフラッシュ メモリに保存されたソフトウェア イメージを起動したりすることができます。


) GRP および GRP-B プロセッサは End of Sale(EOS; 販売終了)となったため、Cisco 12000 シリーズ ルータに、これらのプロセッサは搭載されなくなりました。詳細については、Cisco 12000 End of Life(EOL; サポート終了)Web ページを参照してください。


ここでは、GRP メモリ コンポーネントについて説明します。

EDO DRAM ― Extended Data Output, DRAM

DIMM

SRAM

NVRAM

フラッシュ メモリ:

SIMM

ROM

PCMCIA ― PCMCIA規格のカードまたはフラッシュ メモリ カード

Cisco 12404 ルータは、大部分の Cisco IOS ソフトウェア アップグレードのシステム ソフトウェア ダウンロードをサポートします。そのため、新しい Cisco IOS イメージをリモートでダウンロード、保管、および起動することができます。

EDO DRAM

GRP 上の EDO DRAM には、ルーティング テーブル、プロトコル、およびネットワーク アカウンティング アプリケーションを保管します。SDRAM はさらに、Cisco IOS ソフトウェアを実行します。デフォルトの GRP DRAM 構成は 64 MB の EDO DRAM です。DRAM のアップグレードを通してユーザ側で最大 256 MB まで拡張できます。Cisco IOS ソフトウェアは、GRP DRAM の内部で実行されます。

DIMM

DIMM は、168 本のピンを備え、メモリ チップを組み込んだ小型の基板です。エッジ コネクタの両側にある個々のピンを使用してモジュールとの間の回路パス数を 2 倍にします。DIMM メモリ モジュールは一度に 1 つずつ搭載できます。

SRAM

SRAM の主な機能はラインカードとの間で送受信されるルーティング テーブル更新情報の準備領域として動作することです。さらに SRAM は、セカンダリ CPU キャッシュ メモリを提供します。標準の GRP 構成は 512 KB です。SRAM はユーザ側でアップグレードまたは構成することはできません。

NVRAM

NVRAM はユーザ側でアップグレードまたは構成することはできません。システム コンフィギュレーション、ソフトウェア コンフィギュレーション レジスタの設定値、および環境モニタのログは、512 KB の NVRAM に保管されます。NVRAM 内の情報は、内蔵のリチウム電池によって最低 5 年間は維持されます。


注意 システムの RP を交換するときは、事前に実行コンフィギュレーションを TFTP ファイル サーバ、または装着したフラッシュ メモリ カードにバックアップし、あとで再び読み込めるようにしておきます。

フラッシュ メモリ(SIMM)

SIMM は、複数の Cisco IOS ソフトウェア イメージおよびマイクロコード イメージをリモートでロードして保管するためのフラッシュ メモリ カードです。新しいイメージをネットワーク経由で、またはローカル サーバからダウンロードしたあと、その新しいイメージをフラッシュ メモリに追加したり、既存のファイルと置き換えたりすることができます。ルータの起動は、手動で行うこともできますし、保管している任意のイメージを使用して自動的に行うこともできます。フラッシュ メモリは TFTP サーバとしての役割も果たし、保管しているイメージから他のサーバをリモートで起動させたり、他のサーバのフラッシュ メモリにイメージをコピーしたりできます。

ROM

ROMは、あらかじめ記録されたデータを含むコンピュータ メモリです。ROM チップに保存されたデータは、削除できず、読み取りだけが可能です。

ROM はメイン メモリ(RAM)とは異なり、コンピュータの電源がオフになっても内容を維持します。ROM は不揮発性ですが、RAM は揮発性です。

GRP には、2 つの専用 PCMCIA カード スロットがあります。どちらのスロットにもフラッシュ メモリ カードまたは入出力(I/O)デバイスを搭載できます。ただし、+5 VDC のデバイスでなければなりません。GRP は Type I および Type II のデバイスをサポートします。各 PCMCIA スロットには、スロットからカードを取り出すためのイジェクト ボタンがあります。

GRP LED

GRP 上のLight Emitting Diodes(LED; 発光ダイオード)は、GRP のステータス、システム エラー メッセージ、または(あらかじめプログラムされている場合)ユーザ定義のステータスおよびエラー メッセージを表示します。

GRP で使用されるシステム ステータス LED には、次のタイプがあります。

PCMCIA LED×2 ― 該当スロットのアクセス時に点灯します。

RJ-45 イーサネット ポート アクティビティ LED×4(LINK、COLL、TX、RX) ― これらの LED は、RJ-45 イーサネット コネクタと併用します。4 つの RJ-45 LED は、点灯している場合、それぞれ次の状態を表します。

LINK(リンク アクティビティ)

COLL(衝突検出)

TX(データ送信)

RX(データ受信)


) Media-Independent Interface(MII; メディア独立型インターフェイス)イーサネット ポートの使用時には、これらの LED はディセーブルになります。


イーサネット ポート セレクト LED×2(MII および RJ-45) ― これらの LED は、RJ-45 および MII イーサネット ポートと併用します。RJ-45 イーサネット ポートまたは MII イーサネット ポートのどちらが選択されているかに応じて、いずれかの LED が点灯します。

英数字ディスプレイは、4 文字× 2 行で構成されています。表示される内容は、MBus モジュール ソフトウェアによって制御されます。英数字ディスプレイは、ブート プロセス時のシステム ステータスに関する情報を表示し、表示内容は MBus によって直接制御されます。

ブート プロセスの終了後は、この LED は MBus 経由で Cisco IOS ソフトウェアによって制御され、メッセージが Cisco IOS ソフトウェアにより指示されます。

非同期シリアル ポート

GRP 上の 2 つの非同期シリアル ポートを使用して外付けの装置を接続し、システムをモニタおよび管理することができます。これらのポートは、コンソール ポートおよび補助ポートです。

コンソール ポートは EIA/TIA(米国電子工業会/米国電気通信工業会)-232 レセプタクル(RS-232 メス)であり、コンソール端末を接続するための Data
Circuit-Terminating Equipment(DCE; データ回線終端装置)インターフェイスを提供します。


) EIA/TIA-232 は、EIA/TIA によって標準規格として承認される以前は、RS-232 推奨規格と呼ばれていました。


補助ポートは、EIA/TIA-232 プラグ(オス)であり、Data Terminal Equipment(DTE; データ端末装置)インターフェイスを提供します。補助ポートはフロー制御をサポートし、Telnet による管理作業のため、モデム、Channel Service Unit(CSU; チャネル サービス ユニット)、またはその他のオプション機器を接続できます(図 1-2)。

図 1-2 GRP のコンソール ポートおよび補助ポートの接続

 

イーサネット ポート

GRP には、次のどちらかのポート接続タイプを使用するイーサネット ポートが 1 つあります。

RJ-45 ポート ― 8 ピン MDI RJ-45 ポート。IEEE 802.3 10BASE-T(10 Mbps)または IEEE 802.3u 100BASE-TX(100 Mbps)イーサネット接続に使用します(図 1-3)。

図 1-3 GRP RJ-45 コネクタ

 

MII レセプタクル ― 40 ピンの MII ポート。より柔軟なイーサネット接続が可能です(図 1-4)。この標準 40 ピン ポートのピン割り当ては、このガイドの IEEE 802.3u 規格の Appendix A に定められています(図 1-5)。

図 1-4 GRP MII イーサネット レセプタクル

 

図 1-5 GRP の RJ-45 ポートおよび MII レセプタクル

 

PRP

Cisco 12404 ルータでは、次の 2 つのタイプの RP を使用できます。

GRP(Part Number GRP または GRP-B)

PRP(Part Number PRP-1 または PRP-2)

明記されていないかぎり、このマニュアル内の RP という用語は、GRP または PRP を表します。


) 2 つめの冗長 RP を搭載する場合は、プライマリ RP と同じタイプの RP を使用する必要があります。


GRP の詳細については、「GRP」を参照してください。

図 1-6に、PRP の前面図を示します。

図 1-6 PRP ― 前面図

 

PRP メモリ

Cisco 12404 ルータ上で稼働する Cisco IOS ソフトウェア イメージは、PRP 上に SIMM の形式で搭載されているフラッシュ メモリ、および PRP 前面にある 2 つの PCMCIA スロットに差し込む PCMCIA カード(フラッシュ メモリ カード)に保管されます。フラッシュ メモリに Cisco IOS イメージを保管することにより、アップグレードされた Cisco IOS イメージをリモートでダウンロードおよび起動したり、PRP のフラッシュ メモリに保存されたソフトウェア イメージを起動したりすることができます。


) Cisco 12404 ルータは、デフォルト構成では 20 MB のフラッシュ メモリを搭載して出荷されます。


ここでは、PRP メモリ コンポーネントについて説明します。

SDRAM

DIMM

SRAM

NVRAM

フラッシュ メモリ:

SIMM

ROM

PCMCIA ― PCMCIA規格のカードまたはフラッシュ メモリ カード

ルータは、大部分の Cisco IOS ソフトウェア アップグレードのシステム ソフトウェア ダウンロードをサポートします。そのため、新しい Cisco IOS イメージをリモートでダウンロード、保管、および起動することができます。

SDRAM

PRP 上の SDRAM には、ルーティング テーブル、プロトコル、およびネットワーク アカウンティング アプリケーションを保管します。SDRAM はさらに、Cisco IOS ソフトウェアを実行します。デフォルトの PRP SDRAM 構成は 512 MB の SDRAM です。DIMM のアップグレードを通してユーザ側で最大 1 GB まで拡張できます。異なるサイズのメモリを混在させることはできません。2 つの DIMM を搭載する場合は、メモリ サイズを同じにする必要があります。


注意 シスコ承認のメモリのみを使用することを強く推奨します。メモリ関連の問題が発生しないようにするため、+3.3 VDC、PC133 準拠の SDRAM DIMM を使用する必要があります。それ以外のデバイスを DIMM ソケットに取り付けないでください。

DIMM

DIMM は、168 本のピンを備え、メモリ チップを組み込んだ小型の基板です。エッジ コネクタの両側にある個々のピンを使用してモジュールとの間の回路パス数を 2 倍にします。DIMM メモリ モジュールは一度に 1 つずつ搭載できます。

SRAM

SRAM の主な機能はラインカードとの間で送受信されるルーティング テーブル更新情報の準備領域として動作することです。さらに SRAM は、2 次 CPU キャッシュ メモリを提供します。標準の PRP 構成は 2 MB です。SRAM はユーザ側でアップグレードまたは構成することはできません。

NVRAM

NVRAM はユーザ側でアップグレードまたは構成することはできません。システム コンフィギュレーション、ソフトウェア コンフィギュレーション レジスタの設定値、および環境モニタのログは、2 MB の NVRAM に保管されます。NVRAM 内の情報は、内蔵のリチウム電池によって最低 5 年間は維持されます。


注意 システムの RP を交換するときは、事前に実行コンフィギュレーションを TFTP ファイル サーバ、または装着したフラッシュ メモリ カードにバックアップし、あとで再び読み込めるようにしておきます。

フラッシュ メモリ(SIMM)

SIMM は、複数の Cisco IOS ソフトウェア イメージおよびマイクロコード イメージをリモートでロードして保管するためのフラッシュ メモリ カードです。新しいイメージをネットワーク経由で、またはローカル サーバからダウンロードしたあと、その新しいイメージをフラッシュ メモリに追加したり、既存のファイルと置き換えたりすることができます。ルータの起動は、手動で行うこともできますし、保管している任意のイメージを使用して自動的に行うこともできます。フラッシュ メモリは TFTP サーバとしての役割も果たし、保管しているイメージから他のサーバをリモートで起動させたり、他のサーバのフラッシュ メモリにイメージをコピーしたりできます。

ROM

ROMは、あらかじめ記録されたデータを含むコンピュータ メモリです。ROM チップに保存されたデータは、削除できず、読み取りだけが可能です。

ROM はメイン メモリ(RAM)とは異なり、コンピュータの電源がオフになっても内容を維持します。ROM は不揮発性ですが、RAM は揮発性です。

PRP には、2 つの専用 PCMCIA カード スロットがあります。どちらのスロットにもフラッシュ メモリ カードまたは入出力(I/O)デバイスを搭載できます。ただし、+5 VDC のデバイスでなければなりません。PRP は Type I および Type II のデバイスをサポートします。各 PCMCIA スロットには、スロットからカードを取り出すためのイジェクト ボタンがあります。

PRP LED

PRP 上の LED は、PRP のステータス、システム エラー メッセージ、または(あらかじめプログラムされている場合)ユーザ定義のステータスおよびエラー メッセージを表示します。PRP で使用されるシステム ステータス LED には、次のタイプがあります。

PCMCIA LED×2 ― 該当スロットのアクセス時に点灯します。

RJ-45 イーサネット ポート アクティビティ LED×4(LINK、EN、TX、RX) ― これらの LED は、RJ-45 イーサネット コネクタと併用します。4 つの RJ-45 LED は、点灯している場合、それぞれ次の状態を表します。

LINK(リンク アクティビティ)

EN(ポート イネーブル)

TX(データ送信)

RX(データ受信)

イーサネット ポート セレクト LED(PRIMARY)×2 ― 2 種類のイーサネット接続のうちどちらが選択されているかを表します。PRP では両方のポートがサポートされているため、ポート ETH0 の LED は常に点灯しています。ETH1 が選択されると、ETH1 LED が点灯します。

英数字ディスプレイは、4 文字×2 行で構成されています。表示される内容は、MBus モジュール ソフトウェアによって制御されます。英数字ディスプレイは、ブート プロセス時のシステム ステータスに関する情報を表示し、表示内容は MBus によって直接制御されます。

ブート プロセスの終了後は、この LED は MBus 経由で Cisco IOS ソフトウェアによって制御され、Cisco IOS ソフトウェアが指示するメッセージを表示します。

表示 LED は次の情報を示します。

PRP のステータス

システム エラー メッセージ

ユーザ定義のステータスおよびエラー メッセージ


) すべてのシステムおよびエラー メッセージの完全なリストについては、『Cisco IOS System Error Messages』を参照してください。


非同期シリアル ポート

PRP には、コンソール ポートと補助ポートの 2 つの非同期シリアル ポートが装備されています。これらのポートを使用して、外部シリアル装置を接続し、システムをモニタおよび管理することができます。両方のポートで、RJ-45 レセプタクルが使用されます。

コンソール ポートは、コンソール端末を接続するための DCE インターフェイスを提供します。補助ポートは、DTE インターフェイスを提供し、フロー制御をサポートします。通常、補助ポートは Telnet 管理作業のため、モデム、CSU、またはその他のオプション機器を接続する場合に使用します。

図 1-7に、PRP コンソール ポートおよび補助ポートの接続を示します。

図 1-7 PRP コンソール ポートおよび補助ポートの接続

 

 

1

モデム

4

補助ポート

2

コンソール端末

5

コンソール ポート

3

RJ-45 イーサネット ケーブル

イーサネット ポート

PRP には 2 つのイーサネット ポートが設定されています。どちらのポートでも、IEEE 802.3 10BASE-T(10 Mbps)または IEEE 802.3u 100BASE-TX(100 Mbps)接続用の 8 ピン RJ-45 レセプタクルを使用します(図 1-8)。


) イーサネット ポートの伝送速度はデフォルトで自動検知されますが、ユーザが設定することもできます。


図 1-8 PRP RJ-45 コネクタ

 

ラインカード

Cisco 12404 インターネット ルータは、さまざまなネットワーク メディア タイプを提供する最大 3 つのラインカードおよび 1 つの RP を搭載した状態で出荷されます。ラインカードおよび RP は、発注内容に従って搭載されます。ラインカードは、カード ケージの任意のスロット(0 ~ 3)に搭載できます。カード ケージの下部から 2 つめのスロット 0(ゼロ)が、デフォルトの RP スロットです(図 1-9)。

図 1-9 RP スロットの位置

 

ラインカードは相互に通信したり、CSF カードを通じて RP と通信したりします。Cisco 12404 ルータに搭載されたラインカードはホットスワップ対応であるため、ルータの電源を入れたまま交換することができます。

Cisco 12404 インターネット ルータでサポートされるラインカードの取り外し、交換、設定手順については、FRU として出荷される各ラインカードに付属のコンフィギュレーション ノートを参照してください(図 1-10)。

図 1-10 ラインカードの例

 

CSF カード

Cisco 12404 ルータ CSF カードには、次の機能があります。

アラーム機能

クロック スケジューラ機能

ファブリック機能

アラーム機能

Cisco 12404 ルータ CSF カードのアラーム機能は、障害が発生した場合に、視覚的なアラーム通知を行います。アラーム カード機能は、次の状態を示します。

アラーム ステータス

CSF MBus

アラーム MBus のステータス

ファン障害モニタリング

AC または DC 電源のステータス

DC PEM のステータス

CSF には 5 V の MBus 電源モジュールが組み込まれており、シャーシ内の汎用 PEM を使用できます。Cisco 12404 インターネット ルータは、この PEM について、上記の状態をモニタできます。

動作ステータス

出力電圧

出力電流

アラーム出力機能

アラーム出力機能は、RP のソフトウェアによって制御されます。CSF カード上のアラーム MBus モジュールが RP からの信号を受信すると、クリティカル、メジャー、マイナーのいずれかの条件に対応する LED が点灯します。

LED

LED は、ルータ内の状態をユーザに通知します。クリティカル、メジャー、またはマイナーのアラーム条件の判別は、RP で稼働する Cisco IOS ソフトウェアが行います。各 LED について限界値の一覧および現在の状態を表示するには、 show コマンドの sh gsr table および sh env all を入力します。

CSF MBus ステータス

MBus OK および FAIL 表示に対応するドライバが用意されています。

5V MBus 電源モジュール

100 W DC-DC コンバータからなります。

アラーム ステータス

アラーム出力機能は、一連の LED およびアラーム MBus モジュールの出力ポートに接続された関連ドライバで構成されています。CSF カードのアラーム MBus モジュールは、RP のソフトウェアの指示に従って、特定の LED を点灯させます。これらの LED は、ソフトウェア ドライバによって、クリティカル、メジャー、およびマイナーの 3 レベルに分類されます。クリティカル、メジャー、またはマイナーのアラーム条件の分類は、RP で稼働する Cisco IOS ソフトウェアにより決定されます。3 つの LED はそれぞれデュアル LED になります(障害に備えた冗長構成)。

OK LED と FAIL LED のペアは、アラーム MBus のステータスを示します。

グリーンに点灯している場合は、アラーム MBus モジュールが適切に稼働していることを示します。

オレンジの FAIL LED は、アラーム MBus 自体または MBus モジュールにエラーが検出されたことを意味します。

電源モニタ機能

アラーム MBus は電源モジュールをモニタし、正常な稼働範囲外の事態が発生すると信号で知らせます。

電源モジュールの電圧がコンポーネントに供給されていない。

電源または PEM に障害が発生している。

電圧モニタ信号が許容範囲外である。

電流モニタ信号が許容範囲外である。

ファブリック機能

CSF 回路は、ラインカードおよび RP に対し、同期化した速度で相互接続を提供します(図 1-11)。CSF 回路は 1 枚のカードに組み込まれていて、クロック スケジューラおよびスイッチ ファブリック機能を提供します。CSF カードは、ルータ シャーシの下部スロット(Fabric Alarm)に搭載します。スイッチング容量は、40 Gbps 全二重です。

図 1-11 CSF カード スロット

 

クロック スケジューラ機能

ファブリック カードは、システム全体で使用するクロックおよびセル タイム同期信号を生成および配信します。生成されたシステム クロックはバックプレーンを通じてシステムに配信され、ローカル クロック機能の基準になります。

システム クロック ― システム クロックは、ラインカード間のデータ転送、または CSF 経由での RP とラインカードとの間のデータ転送を同期化します。システム クロック信号は、すべてのラインカードおよび RP に送信されます。

スケジューラ ― スケジューラはラインカードから CSF へのアクセス要求を処理します。スケジューラはラインカードから CSF へのアクセス要求を受信すると、そのラインカードに CSF へのアクセスを認める時期を決定します。

CSF ― スイッチ ファブリック回路は、ラインカード間または RP とラインカードとの間のユーザ トラフィックを伝送します。

PEM

Cisco 12404 ルータ シャーシには、1100 W のホットスワップ対応 PEM を 2 台搭載できます。各ユニットは -54.5 VDC で最大 1100 W の電力を提供します。Cisco 12404 インターネット ルータの PEM はホットスワップ対応です。EMI 規格に適合するには、ルータに PEM を 2 台搭載する必要があります。


注意 Cisco 12404 インターネット ルータに異なるタイプの PEM を混在させないでください。複数の PEM を搭載したシステム構成の場合、すべての PEM を同じタイプ(すべて AC PEM、またはすべて DC PDU および PEM)にする必要があります。

設置場所の DC 電源からシャーシの DC PDU まで、DC 電源コードが必要です。DC 電源コードの各線は、6 American Wire Gauge(AWG)の撚り線ワイヤです。

Cisco 12404 ルータの PEM の取り扱いおよび交換手順については、付録 A、または FRU として出荷される AC PEM または DC PEM および PDU に付属のコンフィギュレーション ノートを参照してください。

AC PEM

AC PEM は、奥行き 6.60 インチ(16.76 cm)、幅が 14.30 インチ(36.32 cm)、高さが 3.50 インチ(8.89 cm)、重量が 11.0 ポンド(5.0 kg)のモジュール型装置です。

Cisco 12404 ルータは、仕様内容に従った構成で出荷されます(図 1-12)。AC PEM を指定した場合は、AC PEM が 2 台出荷されます。AC PEM ごとに、個別の AC 電源に接続する必要があります。

図 1-12 AC PEM

 

AC PEM には、次の特長があります。

PEM をオンまたはオフにする電源スイッチがあります。

Power Factor Corrector(PFC; 力率補正器) ― PEM は北米では 100 ~ 120 VAC、15 A、その他の国では 185 ~ 264 VAC、10 A の AC 電源からの AC 電源電圧を受け入れることができます。

専用の 15A(北米)または 10A(その他の国)の電源が必要です。

取っ手 ― PEM の取り外しおよび取り付け作業を簡単に行えるように取っ手が付いています。

非脱落型ネジ ― PEMをベイに固定します。

14 フィート(4.3 m)の AC 電源コード ― AC PEM と AC 電源を接続します。


) 停電に備えて Uninterruptible Power Source(UPS; 無停電電源)を設置することを推奨します。


配電

Cisco 12404 ルータおよびカード ケージに搭載された各カードへの電力は、バックプレーンによって分配されます。PEM は AC 電源を -48 VDC に変換します。RP または MBus ソフトウェアによって指示されると、MBus モジュールは DC-DC コンバータを起動します。-48 VDC は、カードに必要な内部電圧として +2.5 VDC、+3.3 VDC、および +5 VDC に変換されます。

ファン トレイ アセンブリの電力は、バックプレーンから直接供給されます。内蔵のファン トレイ アセンブリ コントローラ カードは、-48 VDC をファン用の DC 電圧に変換します。

ファン トレイ

Cisco 12404 ルータのシャーシの側面にファン トレイが 1 つ搭載されています。ファン トレイ アセンブリは冷気を取り込み、カード ケージを通過させることにより、内部コンポーネントの動作温度を適切な範囲に維持します。

ファン アセンブリは、7 つのファン、および 2 つのファン コントローラ カードが格納された板金製ラックです(図 1-13)。


警告 他の機器からの排気が Cisco 12404 ルータの吸気口に直接入り込むと、過熱状態を引き起こすことがあります。ルータを設置する場合は、他の機器から排出された熱気が直接入り込まないよう注意してください。


図 1-13 ファン トレイ アセンブリ

 

ファン トレイ アセンブリはエアー フィルタを通して室内の空気を取り入れ、カード ケージを通過させて、シャーシ側面の排気口から排出します。図 1-14を参照してください。


) 熱気はシャーシ側面から排出されます。十分なエアーフローを確保するため、シャーシの吸気口および排気口の前にはそれぞれ 6 インチ(15.24 cm)のすき間を確保してください。


ファン トレイ アセンブリ コントローラ カードは、7 つのファンの動作をモニタします。

エアー フィルタ

Cisco 12404 ルータのシャーシには、メンテナンス可能なエアー フィルタが 1 つあります。エアー フィルタは、シャーシの背面に向かって左側にあります(図 1-14)。

図 1-14 Cisco 12404 インターネット ルータのエアー フィルタの位置

 


注意 Cisco 12404 インターネット ルータを運用する場合は、清掃済みのエアー フィルタを取り付けることを推奨します。

エアー フィルタの点検および清掃は、月に 1 回(埃の多い環境では、それ以上の頻度で)行ってください。FRU として出荷されるエアー フィルタには、エアー フィルタ交換手順が添付されています。FRU の発注方法については、代理店までお問い合わせください。 テクニカル サポートを参照してください。

ケーブル マネージャ システム

Cisco 12404 インターネット ルータは、2 つのタイプのケーブル マネージャ システムで設定されています。

ラインカード ケーブル管理ブラケット(図 1-15) ― このブラケットを各ラインカードに取り付けると、ラインカード ケーブルをシャーシ ケーブル管理ブラケットに誘導することができます。これらのブラケットは、ケーブルが極端に曲がったり、外れたりするのを防ぎます。

シャーシ ケーブル管理ブラケット(図 1-16) ― このブラケットをシャーシに取り付けると、ラインカード ケーブルをシャーシから離れた位置に配線できます。

ケーブル マネージャ システムは、

ラインカード、RP、およびクロック スケジューラ カードのインターフェイス ケーブルを、システムとの接続部付近で整理します。

カード ケーブル管理ブラケットとシャーシ ケーブル管理ブラケットの 2 つの部品で構成されます。


注意 インターフェイス ケーブルが極端に曲がっていると、パフォーマンスの低下を引き起こすことがあります。

図 1-15 RP およびラインカードのケーブル管理ブラケット

 

図 1-16 シャーシのケーブル管理ブラケット

 

MBus

Cisco 12404 インターネット ルータの MBus および MBus モジュールは、システムのあらゆるメンテナンス機能を管理します。

MBus は、2 つの個別のバスで構成されています(MBus の冗長性を提供します)。各 MBus は、次のコンポーネントすべてにリンクしています。

ラインカード

RP

CSF カード

各コンポーネントにある MBus モジュールは、MBus 経由で通信し、ファブリック カードから +5 VDC を直接給電されます。MBus は、各コンポーネントの起動および停止を制御するとともに、コンポーネント(装置)の検出、コードのダウンロード、診断、および環境モニタおよびアラーム機能を実行します。

起動および停止の制御

各 MBus モジュールは、コンポーネントがオンボード EPROM および RP から受信するコマンドに基づいて、該当コンポーネントの DC-DC コンバータを直接制御します。各 MBus モジュールは、CSF カードから +5 VDC を直接給電されます。

Cisco 12404 ルータの電源を投入すると、すべての MBus モジュールがただちに起動します。RP および CSF カードの MBus モジュールは、DC-DC コンバータを即時に起動し、該当するカードを起動します。ラインカードの MBus モジュールは、RP からコマンドを受信した時点で、ラインカードを起動します。

コンポーネントの検出

RP は、MBus を使用してシステム コンフィギュレーションを判別できます。RP から MBus を通じて、搭載されているすべての装置にアイデンティティを示すよう要求するメッセージが送信されます。各装置からの応答によって、コンポーネント タイプ、ラインカード スロット番号、および CSF カード スロット番号の情報が提供されます。

コードのダウンロード

RP から MBus を通じて、ラインカードのオペレーティング ソフトウェアの一部をラインカードにダウンロードできます。MBus による通信は、CSF と比べると低速なので、ラインカードが CSF にアクセスできる程度のコード部分だけをダウンロードすると、ダウンロード プロセスが完了します。

診断

テスト シーケンス中に、RP からラインカードへ診断用のソフトウェア イメージがダウンロードされます。

環境モニタおよびアラーム

各コンポーネントの MBus モジュールは、次のようにしてコンポーネントの環境をモニタします。

ラインカードおよび RP の温度は、各カードに 2 台ずつ搭載された温度センサーによってモニタされます。MBus モジュールは、+2.5 VDC、+3.3 VDC、および +5 VDC の DC-DC コンバータなどの電圧モニタを、ソフトウェアで行います。

CSF カードの温度は、カードに搭載された 2 台の温度センサーでモニタされます。MBus モジュールは、+2.5 VDC や +3.3 VDC などの電圧モニタを、ソフトウェアで行います。

+5 VDC などの電圧モニタは、CSF カードのアラーム MBus モジュールで行われます。

環境モニタ機能には、電圧や電流のモニタ、温度のモニタ、およびファン電源や RPM の動作チェックが含まれます。

PDU

AC 電源から DC 電源に、またはその逆に、シャーシを再構成することができます。Cisco 12404 インターネットルータは、AC 電源または DC 電源のいずれかを使用できます(図 1-17 および図 1-18)。

ルータでは、タイプの異なる 2 つの PEM を同時に使用することはできません。この変換作業は設置場所で行えますが、システムの電源をオフにし、該当する PEM を交換する必要があります。AC から DC へ、および DC から AC への電源変換プロセスについては、このマニュアルの第 5 章で説明します。

図 1-17 AC PEM

 

 

1

AC PEM の取っ手

4

電源コード コンセント

2

オン/オフ スイッチ

5

LED

3

ベイル ラッチ

6

非脱落型ネジ

図 1-18 DC PEM および PDU アセンブリ

 

 

1

DC PDU

5

オン/オフ スイッチ

2

DC PEM

6

PDU 非脱落型ネジ

3

PEM 非脱落型ネジ

7

端子ブロック

4

LED