Cisco 12016/12416/12816 ルータ インストレーション コンフィギュレーション ガイド
索引
Numerics
発行日;2012/02/05 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 13MB) | フィードバック

Numerics

100BASE-T

最大ケーブル長  2-36, 2-45

仕様  2-35, 2-44

伝送仕様  2-35, 2-44

100BASE-TX  2-30

接続  3-38

10BASE-T

接続  3-38

ポート  2-37, 3-31, 3-36

16 ビット レジスタ  4-37

25 ピン D サブコネクタ  2-46

A

AC 入力電源

コード長  2-18

コードのプラグおよびカプラ  2-18

コンセントの要件  3-42

シェルフ  1-5, 1-7

装置  A-3

電気仕様  A-3

入力電圧定格  A-3

ライン周波数  A-3

AUX ポート

コネクタのピン割り当て  2-28, 2-39

説明  1-26, 1-35

装置の接続  2-38, 3-33, 3-38

B

boot flash コマンドの使用時  4-15

Break キー(割り込み)  4-45

C

cd コマンド  4-57

Cisco 12010 シリーズ

主要コンポーネント  1-3

仕様  A-2

Cisco 12016 および 12416 ルータ

前面図  1-4

Cisco 12416 および 12816 ルータ

設置位置の高さ  3-15

Cisco Express Forwarding(CEF)  2-41

Clock and Scheduler Card  1-19

config-register コマンド  4-42, 4-44, 4-51, 4-56

configure terminal コマンド  4-32, 4-42, 4-44, 4-51, 7-93

configure コマンド  4-30

copy running-config startup-config コマンド  4-35, 4-43

copy コマンド(フラッシュ メモリ カード)  4-62, 4-65

CPU キャッシュ メモリ  1-32

CSC

システム クロック  1-19

スイッチ ファブリック  1-19

スケジューラ  1-19

D

DC 入力 PEM

取り外し  7-67

DC 入力電源

PEM の定格  A-4

エントリ モジュールの入力電圧  1-14

エントリ モジュールの入力電圧定格  A-4

極性、ケーブル接続  2-20

ケーブルを接続するシェルフの極性  3-43

シェルフの仕様  A-4

シェルフの背面パネル  1-13

前面(図)  1-12

電気仕様  A-4

電源仕様  A-4

DC 入力電源シェルフ

端子コネクタの位置  3-45

DC 入力電源シェルフの極性の逆転(注意)  2-22, 3-44

DC/DC コンバータ  5-21

DCE RJ-45 インターフェイス  2-37

delete コマンド  4-58

dir コマンド  4-58

DRAM

GRP 属性の概要  1-30

DRAM DIMM の搭載(注意)  1-32

DTE RJ-45 インターフェイス  2-37

E

EIA/TIA-568 準拠  2-44

EMC

注意

電源サブシステムの運用  1-12

ブランク カード フィラー パネル  1-23

EMI

防止  2-24

EMP の防止  2-25

enable コマンド  4-32, 4-41, 4-50, 6-7

EXEC コマンド インタープリタ  4-19

F

format コマンド  4-55, 4-71

G

GRP のボード

U39  1-30

GRP のリセット スイッチ  1-26, 1-36

GRP ボードの U17  1-30

GSR

ラックマウント オプション  2-10

I

IEEE 802.3u 仕様  2-36, 2-45

initialize コマンド  4-49

IP のブロードキャスト  4-38

L

LED

AC 入力電源装置  5-6

OK(グリーン)  4-5

PWR OK  4-5

Route Processor  5-19, 5-20, 5-22

英数字ディスプレイ

起動時  4-5‐4-11

ライン カード  4-9

起動時  5-3

M

MBus

電源バス ボード ヒューズ  7-105

トラブルシューティング  5-6

MDI

RJ-45 ケーブル コネクタ  3-34, 3-38

イーサネット ポート  3-33, 3-38

Media Dependent Interface

MDI を参照

Media Independent Interface

MII を参照

MII イーサネット レセプタクル

イーサネット MII ポートへの接続  3-35

ケーブル コネクタ  3-34

ケーブル仕様  2-35, 2-45

コネクタのピン割り当て  2-34

説明  1-27

N

NEBS

アース

NEBS 接続も参照  3-20

NVRAM

GRP 属性の概要  1-30

GRP の説明  1-32

PRP の説明  1-41

サイズ  5-20

フラッシュ メモリと共に使用  4-70

NVRAM の拡張  1-32

O

OEM ビット  4-38

P

Packet-over-SONET、インターフェイスの設定  4-29

PCMCIA

スロット  1-34

スロットの説明  1-25

POS

Packet-over-SONET、インターフェイスの設定を参照

PRP

NVRAM  1-41

SRAM  1-41

英数字 LED ディスプレイ  5-18

メモリ コンポーネント  1-38

R

reload コマンド  4-43

RFI の防止  2-24

RJ-45

1FE ケーブル仕様  2-44

ケーブル

仕様  2-45

ケーブル仕様  2-44

RJ-45 イーサネット レセプタクル

ケーブル仕様  2-35

コネクタのピン割り当て(表)  2-32, 2-43

接続  3-34

説明  1-27

RP

AUX ポート  1-26, 1-35

接続  2-27

AUX ポートの信号  2-28

Cisco IOS ソフトウェア イメージ  1-31, 1-40

DRAM

構成  1-31, 1-40

DRAM 構成  1-32, 1-40

LED  4-8

前面パネル図  4-8

MII イーサネット コネクタ  2-30

NVRAM  1-32

PCMCIA

スロット  1-25

RJ-45 イーサネット コネクタ  2-30

RJ-45 イーサネット レセプタクルおよびモジュラ プラグ  2-32

RJ-45 および MII イーサネット接続(図)  3-34

SRAM  1-32

イーサネット ポート  1-27, 1-34

英数字 LED ディスプレイ  4-6, 5-18, 5-19, 5-22

英数字 LED ディスプレイの文字列  4-6

オンボード フラッシュ メモリの説明  1-33

コンソール ポート接続  2-27

コンソール ポートの機能  1-26, 1-35

コンソール ポートの信号  2-29

ソフト リセット スイッチ

機能  1-26, 1-36

使用方法(注意)  1-26, 1-36, 5-19

電源投入時セルフテスト  5-17, 5-38

非同期シリアル ポート

RP のフラッシュ メモリ カードの取り付けおよび取り外し  4-54

RP フラッシュ メモリ SIMM へのコピー(注意)  4-61

S

SELV 回路

警告  2-26, 2-37

接続  2-26, 2-37, 3-31, 3-36

setup コマンド  4-22

SFC ケージ  1-3

show environment all コマンド  5-41

show environment table コマンド  5-41

show environment コマンド  5-14

show running-config コマンド  4-33

show startup-config コマンド  4-35, 4-51

show version コマンド  4-48

squeeze コマンド  4-59, 4-60

SRAM、GRP(表)  1-30

T

Telco ラックの要件  2-11

TFTP サーバ  4-39, 4-47

TFTP 要求  4-40

Trivial File Transfer Protocol(TFTP)サーバ  4-2

U

undelete コマンド  4-59

UTP ケーブル  3-38

アラーム カード

LED

クリティカル、メジャー、およびマイナー アラーム  1-21

ケーブル接続(図)  3-40

コネクタの位置  2-46

サイトのアラーム コネクタ  1-21

ステータス LED  5-27

説明  1-21

アラーム ディスプレイ

アラーム A およびアラーム B コネクタのピン割り当て  3-40

コネクタのピン割り当て  2-47, 3-40

安全性

SELV 回路の接続  2-26, 2-37, 3-31, 3-36

持ち運び  2-5

イーサネット ポート

LED

RJ-45  3-34

ケーブル接続(注意)  3-34, 3-39

セットアップ機能による設定  4-28

説明  1-27, 1-34

装置の接続  3-33, 3-38

ピン割り当て

MII コネクタ  2-34

RJ-45 コネクタ  2-32, 2-42, 2-43

イネーブル モード  4-19

インターフェイス

イーサネット(MII および MDI)  2-29, 3-33

ケーブル接続  2-38

ケーブルの接続  3-26‐3-30

コマンド  4-33

パラメータの設定  4-28

インターフェイスの設定  4-29

エア フィルタ  3-21

エアフロー

エアフローのためのスペース(注意)  1-44

温度センサ  1-45

シャーシ周囲のスペース  5-41

英数字 LED ディスプレイ

RP  5-18, 5-19

起動時  4-5‐4-11

説明  1-29, 1-37

トラブルシューティング  5-3

ラインカード  5-21

温度

システム仕様  A-4

センサ  1-45

カードの取り扱い

ESD からの保護(注意)  7-84

下位ビット  4-43

回復、忘れたパスワード  4-48

確認、システムの起動  4-5

環境

仕様  A-4

環境仕様  A-4

環境モニタ  5-41

干渉、無線周波数  2-24

起動

手動  4-14

初期  4-14

ネットワーク  4-44

起動、システム  4-5‐4-13

キャッシュ メモリ  1-32

クリップ、丸み付け  3-27

グローバル パラメータの設定  4-26

クロック、システム  1-19

警告

SELV 回路  2-26, 2-37

目に見えないレーザー光の放射  2-6

ルータおよびラックの安定性  3-2

ケーブル

100BASE-TX、最大長  2-36, 2-45

AC 入力電源  2-18

DC 入力電源  2-19

DC 入力電源コードの端子  2-19

GRP のイーサネット ポート接続  3-33‐3-35

アラーム カードの接続  2-46, 3-40

アラーム ディスプレイの接続  3-40

干渉  2-24

極性、DC 入力電源シェルフ  2-20

コンソール ポート  2-39

接合およびアース ポストの接続  3-20

ケーブル マネジメント システムの推奨事項  2-12

ケーブル レセプタクルの位置  2-23

ケーブルの接続

AUX ポートおよびコンソール ポート  3-36

ケーブル、接続

AUX ポートおよびコンソール ポート  3-31

PRP  3-37

PRP のイーサネット ポート  3-38

RP  3-32

極性、DC 入力電源シェルフ  3-43

コンソール ポート  2-28

接合およびアース ケーブル  3-20

ライン カード  3-26

高度仕様、システム  A-4

固定クリップ、取り外し  3-16

コネクタ

AUX ポート  2-28, 2-38

アラーム ディスプレイ外部アラーム  3-40

イーサネット MII  3-33

イーサネット RJ-45  3-33

コンソール ポート  2-39

コピー

NVRAM へのコンフィギュレーション ファイルのコピー  4-70

コマンド

boot bootflash  4-15

boot slot0(または slot1)  4-15

boot system  4-37, 4-44

boot system flash  4-40

cd  4-57

config-register  4-42, 4-44, 4-51, 4-56

configure terminal  4-32, 4-42, 4-44, 4-51, 7-93

copy  4-62, 4-65

copy running-config startup-config  4-35, 4-43

delete  4-58

dir  4-58

enable  4-32, 4-41, 4-50, 6-7

EXEC コマンド インタープリタ  4-19

format  4-55, 4-71

initialize  4-49

reload  4-43

setup  4-22

show environment  5-14

show environment all  5-41

show environment table  5-41

show running-config  4-33

show startup-config  4-35, 4-51

show version  4-48

squeeze  4-59, 4-60

インターフェイス  4-33

設定  4-30

ブート  4-15, 4-40, 4-43

フラッシュ メモリの使用  4-57

コンソール ポート

コネクタのピン割り当て  2-29

説明  1-26, 1-35

装置の接続  3-32, 3-37

データ伝送速度の設定  2-27, 3-36, 4-47

ピン割り当て  2-39

コントローラ  4-10

コンバータ、DC/DC  5-21

コンフィギュレーション

インターフェイス  4-28‐4-30

ファイルの保存  4-35

コンフィギュレーション レジスタ

値(注意)  4-37

起動時の設定値  4-39

コンソールのデータ伝送速度  4-47

設定  4-37‐4-47

設定値  4-46

設定値の変更  4-41‐4-43

ビットの意味  4-43‐4-47

ブート ファイル名  4-45

ブート フィールド  4-43

ブロードキャスト アドレスの宛先  4-46

ブロードキャスト アドレスの設定  4-46

サブネット マスク値  4-28

シールドなしツイストペア(UTP)ケーブル  2-44

システム

安全な持ち運び  2-5

イネーブル モード、EXEC  4-19

起動  4-5‐4-13

グローバル コンフィギュレーション モード  4-32

クロック  1-19

コンフィギュレーション レジスタ

起動時の設定値  4-39

電源接続に関する注意事項  2-17

バナー  4-11

割り込み(Break)  4-45

システム コンソール

データ伝送速度の設定  4-47

システム起動準備  4-3

システム設定  4-35

湿度に関する注意事項、システム  A-4

自動検知  2-40, 3-38

シャーシ

固定クリップ、取り外し  3-16

シャーシ周辺のスペース(注意)  1-44

設置面積および寸法  2-13

設置面積の寸法  2-12, 2-14

前面カバーの位置  3-4, 3-49, 7-6, 7-9

持ち運び(注意)  2-5

ラックへの設置  3-7

ラックマウント穴のグループ  3-19

出荷時の構成、デフォルト  1-32

手動設定  4-30

仕様

AC 入力電源  A-3

Cisco 12010 シリーズ  A-2

DC 入力電源サブシステム  A-4

IEEE 802.3u  2-36, 2-45

温度  A-4

環境  A-4

高度  A-4

湿度  A-4

衝撃  A-5

騒音  A-4

ファスト イーサネット(100BASE-TX)  2-44

放熱量  A-4

ルータの重量  A-2

ルータの寸法  A-2

消去操作  4-71

衝撃仕様、システム  A-5

初期化シーケンス  5-20

初期起動  4-14

シリアル ポート、非同期

AUX ポート、コンソール ポートを参照

RP

RJ-45 および MII イーサネット接続  3-34

アラーム カード

コネクタの位置  3-40

ステータス LED  5-27

接合およびアース ケーブル

レセプタクルの位置  2-23, 3-22, 3-23

スイッチ

GRP のソフト リセット(NMI)スイッチ  1-26, 1-36

スイッチ ファブリック

Clock and Scheduler Card  1-19

カードの説明  1-20

説明  1-18, 1-19

ストレート EIA/TIA-232 ケーブル  2-28

スペース、エアフロー  1-44

セカンダリ ブートストラップ  4-38

接合およびアース

ケーブル レセプタクルの位置(図)  2-23, 3-22, 3-23

接合およびアース ケーブル レセプタクルの位置  2-23

接続  3-43

AUX ポート  3-33

GRP のコンソール ポートおよび AUX ポート  3-31

MII イーサネット ポート コネクタのタイプ  3-35

MII イーサネット ポート接続に関する注意事項  2-33

RJ-45 イーサネット ポート接続  2-32, 2-42

アラーム カード ケーブル  2-46

イーサネット ポート  2-29‐2-36

干渉  2-24

コンソール ポート  3-32

接合およびアース ケーブルの接続  3-20

ピン割り当て

MII イーサネット ポート コネクタ  2-34

RJ-45 イーサネット ポート コネクタ  2-32

コンソール ポートのコネクタ  2-29

接続に関する注意事項、GRP  2-26‐2-36

接続に関する注意事項、PRP  2-38‐2-44

接続、確認  4-3

設置

イーサネット ケーブル  3-35, 3-38

接合およびアース接続  3-20

中央マウント用ラックマウント ブラケット  3-11

中央マウント用ラックマウント ブラケット(任意)  3-8

フラッシュ メモリ カード  4-53

ラックへのルータの設置  3-17

設置環境の条件

エアフロー  2-15

温度および湿度  2-17

サイト ログ  B-1

電源  2-19

補助アース接続  2-22

ラックマウント  2-7, 2-11

設定

インターフェイス  4-28‐4-30

グローバル パラメータ  4-26

コンフィギュレーション モードの使用方法  4-32‐4-33

システム  4-17‐4-33

セットアップ機能  4-26

騒音仕様  A-4

装置ラック寸法の確認  3-8

ソフト リセット(NMI)スイッチ(注意)  1-26, 1-36, 5-19

ソフトウェア コンフィギュレーション レジスタ  4-37

機能  4-37‐4-47

端子  2-19

端子コネクタの位置

DC 入力電源シェルフ  3-45

端末装置  3-35

注意

boot flash コマンドの使用時  4-15

DC 入力電源シェルフの配線  2-22, 3-44

DRAM DIMM の搭載  1-32

GRP のソフト リセット(NMI)スイッチ  1-26, 1-36

RP のソフト リセット(NMI)スイッチ  5-19

RP フラッシュ メモリ SIMM へのコピー  4-61

イーサネット ポートのケーブル接続  3-34, 3-39

カードの取り扱い  7-84

稼働に必要なエア フィルタ  1-45

コンフィギュレーション レジスタ値  4-37

シャーシのエアフロー スペース  1-44

正しい掴み方  2-5

強く差し込まない  7-56

電源シェルフの運用と EMC  1-12

電磁適合性  3-42

フラッシュ メモリ カード データの消去  4-71

フラッシュ メモリ カードの挿入  4-53

ブランク カード フィラー パネル  1-23

中央マウント  2-10

中央マウント用ラックマウント ブラケット

ラックへのブラケットの取り付け(任意)  3-8

ラックマウント位置  2-9

中央マウント用ラックマウント ブラケットの取り付け  3-11

強く差し込まない(注意)  7-56

データ キャリア検知(DCD)  2-28

データ セット レディ(DSR)  2-28

データ伝送速度  4-46

端末の設定  2-29, 4-47

手順

インターフェイス、設定  4-27‐4-30

コンフィギュレーション モードの使用方法  4-32‐4-33

システム

起動  4-5‐4-13

設定、基本  4-17‐4-35

忘れたパスワードの回復  4-48‐4-51

デフォルトのブート ファイル名  4-45

電圧

AC 入力電源装置  A-3

DC 入力 PEM  A-4

電気

仕様  A-3

DC 入力電源サブシステム  A-4

電気仕様

AC 入力電源  A-3

電源

DC 入力 PEM  A-4

DC 入力仕様  A-4

サージ抑止  2-25

推奨事項および要件  2-17‐2-19

標準の AC 入力電源サブシステム  1-5

電源シェルフ

標準の AC 入力電源(図)  1-5

電源入力  A-3

電源バス ボード ヒューズ  7-105

電源モジュール

AC 入力定格  A-3

AC 入力電圧  A-3

AC 入力ライン周波数  A-3

DC 入力電圧  1-14

DC 入力電圧定格  A-4

DC 入力電源定格  A-4

電磁適合性(注意)  3-42

電磁波干渉

EMI を参照

電磁波パルス

EMP の防止を参照

伝送に関する推奨事項

100BASE-T  2-44

同期接続  1-18

トークンリング  2-37, 3-31, 3-36

トラブルシューティング

AC 入力電源装置  5-6

環境シャットダウン  5-41

起動時の問題  5-1

トランシーバ  3-35

取り外し

フラッシュ メモリ カード  4-53

ブロワー モジュール  7-84

入力

AC 入力電源装置  A-3

ネットワーク インターフェイス ケーブル  3-28

ネットワーク起動  4-44

パスワード

回復  4-51

記録  4-27

有効  4-27

バックプレーン  5-21

バナー、システム  4-11

パラメータ  4-25

ハンドルを使用しての持ち上げ(注意)  2-5

ビット、ブート フィールド  4-39

非同期シリアル ポート、AUX ポートを参照

ヒューズ

電源バス ボードの MBus モジュール  7-105

電源バス ボードの Vmon/Imon 信号  7-105

ピン割り当て

AUX ポート コネクタ  2-28, 2-39

MII イーサネット コネクタ  2-34

RJ-45 イーサネット コネクタ(表)  2-32, 2-43

アラーム カード コネクタ  3-40

アラーム ディスプレイ コネクタ  2-47, 3-40

コンソール ポートのコネクタ  2-28, 2-40

ファイル名、ネットワーク起動用  4-44

ファスト イーサネットの仕様  2-44

ブート

bootflash コマンド  4-15

slot0(または slot1)コマンド  4-15

system flash コマンド  4-40, 4-60

system コマンド  4-37, 4-44

コマンド  4-15, 4-40, 4-43

フィールド(ソフトウェア コンフィギュレーション レジスタ)  4-39

保存場所  4-37

ブートロード エラー、システムの対応  4-47

物理仕様  A-2

部品番号  1-41

フラッシュ ブート ROM、GRP  1-30

フラッシュ メモリ  4-52

copy コマンド  4-65

GRP 属性の概要  1-30

GRP の説明  1-33

RP メモリへのファイル コピー  4-66‐4-70

SIMM  4-40

カード スロット  1-34

カード スロットの説明  1-25

カードの挿入(注意)  4-53

カードの取り付けおよび取り外し  4-52, 4-53

コマンド  4-57

ファイルのコピー  4-62

フォーマット  4-71

フラッシュ メモリ イメージのコピー  4-62

フラッシュ メモリ カード データの消去  4-71

ブランク カード フィラー パネル(注意)  1-23

ブロードキャスト アドレスの宛先  4-46

ブロードキャスト、IP  4-38

プロセッサ

PRP の CPU  1-33

ブロワー モジュール

LED  1-43

エアフローのためのスペース  1-44

機能  1-43

コントローラ カード  1-45

説明  1-43, 1-45

ファン

障害  1-45, 5-40

速度制御  1-45

放熱量仕様、システム  A-4

北米での使用  3-42

保存、コンフィギュレーション ファイル  4-35

マイクロコードのバージョン番号  4-10

無線周波干渉

RFI の防止を参照

目に見えないレーザー光の放射(警告)  2-6

メモリ、キャッシュ  1-32

モデム接続  3-36

有効なパスワード  4-27

ラインカード

LED の文字列  4-10

RP カード ケージ  1-3

インターフェイス ケーブルの接続  3-26

英数字 LED ディスプレイ  4-10, 5-21

ネットワーク インターフェイス ケーブルの接続  3-28

ラインカードおよび RP カード ケージ  1-3

ラインカードの取り外し  7-86

ライン周波数、AC 入力電源装置  A-3

ラックへの設置  3-17

ラックマウント

注意事項  2-11

プラットフォームの据え付け  3-13

ラック寸法の確認  3-7

ラックマウント プラットフォームの設置  3-13

リピータ  2-45

ルータおよびラックの安定性(警告)  3-2

ルータの設置  3-15, 3-17

ルータの持ち上げ  3-15

delete コマンド  4-58

dir コマンド  4-58

squeeze コマンド  4-60

レーザーに関する注意  2-6

ロー メモリ  4-10, 5-22

ロックされたブロックの回復  4-71

割り込み、Break キーによるシステム  4-45