ルータ : Cisco 12000 シリーズ ルータ

4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Card インストレーション コンフィギュレーション ノート

4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Card インストレーション コンフィギュレーション ノート
発行日;2011/12/22 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

4-Port OC-12c/STM-4c

マニュアルの内容

参考資料

CD-ROMによるその他のシスコ製品情報

ルータ ハードウェアのインストレーション

サポート対象のプラットフォーム

Cisco IOSソフトウェアの設定

運用上の注意事項

安全に関する注意事項

安全上の警告

静電破壊の防止

4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardの概要

4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardの機能

取り付けの要件と準備

工具および部品の一覧

ソフトウェアの要件

AC入力電源装置の要件

ハードウェア バージョンの要件

光ファイバの信号距離制限

ライン カードのメモリ オプション

光ファイバ ネットワーク インターフェイス ケーブル

Cisco 12000シリーズのケーブル マネジメント システム

ライン カードの取り付けまたは交換

ライン カードの取り外しおよび取り付け

ライン カード インターフェイス ケーブルの取り外し

ライン カードの取り外し

ライン カードの取り付け

ライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットの取り付けまたは取り外し

新しいライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットの取り付け

ライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットの取り外し

ライン カードの取り付けの確認

英数字LEDの確認

ポート ステータスLEDの確認

4-Port POS OC-12/STM-4 Line Cardのアラームおよびイベント検出

トラブルシューティング

SONET/SDHクロッキングについて

4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardの設定

初期設定

インターフェイスの設定

設定例

showコマンドによるコントローラおよびインターフェイス ステータスの確認

show versionコマンドの使用方法

show controller posコマンドの使用方法

電磁適合性

FCCクラスAとの適合(米国)

CISPR 22

クラスA(カナダ)

適合性

クラスB(欧州/EU)

VCCIクラスA(日本)

マニュアルの入手方法

WWW

Documentation CD-ROM

マニュアルの発注方法

テクニカル サポート

Cisco.com

TAC

TAC Webサイトへのアクセス

Japan TAC Web サイト

電話によるTACの利用

4-Port OC-12c/STM-4c
POS/SDH ISE Line Card
インストレーション
コンフィギュレーション ノート

製品番号: 4OC12X/POS-I-SC-B= 4OC12X/POS-M-SC-B=
Customer Order Number: DOC-J-7813434=

このマニュアルでは、Cisco 12000シリーズ インターネット ルータに、4-Port(POS)OC-12c/STM-4c Packet-over-SONET Synchronous Digital Hierarchy IP Services Engine(4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE)Line Cardを搭載して設定する手順について説明します。

参考資料

ここでは、参考資料およびCisco IOSソフトウェアの設定に関する重要事項について説明します。


) Cisco IOSソフトウェアのマニュアル、ハードウェアのインストレーションおよびメンテナンス マニュアルは、WWW上のURL、http://www.cisco.com、http://www.cisco.com/jp、
http://www-china.cisco.com、およびhttp://www-europe.cisco.comから入手することもできます。


CD-ROMによるその他のシスコ製品情報

Cisco Documentation CD-ROMパッケージには、シスコ製品ライン全体に関する総合的な資料が収録されています。このCD-ROMパッケージには、Adobe Acrobat Readerで表示できるAdobe PDF形式とWebブラウザで表示できるHTML形式の両方でマニュアルが収められています。

Cisco Connection FamilyのDocumentation CD-ROMは、毎月更新されるので、印刷資料よりも新しい情報が得られます。最新のDocumentation CD-ROMの入手方法については、製品を購入された代理店にお問い合わせください。このCD-ROMパッケージは単独または年間契約で入手することができます。

ルータ ハードウェアのインストレーション

Cisco 12000シリーズ インターネット ルータ製品ラインのハードウェアのインストレーションおよびメンテナンス情報については、ご使用のCisco 12000シリーズ インターネット ルータに対応するインストレーション コンフィギュレーション ガイドを参照してください。

冷却ファン、電源装置、シャーシ バックプレーンなどのルータ サブシステムの取り付け、メンテナンス、および交換手順については、Field-Replaceable Unit(FRU)の資料を参照してください。

サポート対象のプラットフォーム

4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardは、すべてのCisco 12000シリーズ インターネット ルータに使用できます。

Cisco IOSソフトウェアの設定

ルータ上で稼働するCisco IOSソフトウェアには、豊富な機能があります。

Cisco IOSソフトウェアの設定情報およびサポートについては、ご使用のシスコ ハードウェアにインストールされているCisco IOSソフトウェア リリースに対応したCisco IOSソフトウェア コンフィギュレーション マニュアル セットのコンフィギュレーション ガイドおよびコマンド リファレンスを参照してください。詳細および特定の設定作業については、『IP Services Engine Line Cards』の「Feature Overview」および「Configuring Tasks」を参照してください。

ルータ上で使用しているCisco IOSソフトウェア バージョンに対応したCisco IOSソフトウェア リリース ノートも参照してください。

運用上の注意事項

Cisco 12000シリーズ インターネット ルータには、4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardの要件に対応するために1/4の帯域幅を提供するClock and Scheduler Card(CSC;クロック スケジューラ カード)が1つまたは複数搭載されていなければなりません(詳細は、Cisco 12000シリーズ インターネット ルータに付属のインストレーション コンフィギュレーション ガイドを参照)。

安全に関する注意事項

このマニュアルに記載されている作業を開始する前に、人身事故または機器の損傷を防ぐためにここで説明する安全上の注意事項を確認してください。

安全上の警告

適合規格および安全性については、ライン カードに付属の『 Regulatory Compliance and Safety Information 』を参照してください。この資料には、安全を確保するための重要事項が記載されています。Cisco 12000シリーズ インターネット ルータのハードウェアの取り付け、取り外し、または変更を行う場合は、必ず事前に目を通し、確認しておいてください。

誤って行うと危険が生じる可能性のある操作については、安全上の警告が記載されています。各警告文に、警告を表す記号が記されています。次に、安全に関する警告文の例を示します。警告を表す記号と、人身事故を引き起こす状況が記載されています。


警告 「危険」の意味です。人身事故を予防するための注意事項が記述されています。機器の取り扱い作業を行うときは、電気回路の危険性に注意し、一般的な事故防止対策に留意してください。


静電破壊の防止

ESD(静電気放電)により、装置や電子回路が損傷を受けることがあります(静電破壊)。静電破壊は電子カードや部品の取り扱いが不適切な場合に発生し、故障または間欠的な障害をもたらします。EMI(電磁波干渉)シールドはライン カードの統合部品です。ネットワーク装置やそのコンポーネントを取り扱う際には、必ず静電気防止用ストラップを使用してください。

ESDによる損傷を防ぐために、次の注意事項に従ってください。

静電気防止用リストまたはアンクル ストラップを肌に密着させて着用してください。接続コードの装置側をルータのESD接続ソケットまたはシャーシの塗装されていない金属部分に接続します。

ライン カードを取り扱うときは、必ず、非脱落型ネジ、イジェクト レバー、またはライン カードの金属製フレームを持つようにしてください。基板またはコネクタ ピンには手を触れないでください。

取り外したライン カードは、基板側を上向きにして、静電気防止用シートに置くか、静電気防止用袋に収めます。コンポーネントを返却する場合は、取り外した基板をただちに静電気防止用袋に入れてください。

ライン カードと衣服が接触しないように注意してください。リスト ストラップは身体の静電気から基板を保護するだけです。衣服の静電気が、静電破壊の原因になることがあります。


注意 安全のために、静電気防止用ストラップの抵抗値を定期的にチェックしてください。抵抗値は1~10 Mohmでなければなりません。

4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardの概要

4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Card(部品番号4OC12X/POS-I-SC-B)は、1つのライン カードでCisco 12000シリーズ インターネット ルータに、4つの622 Mbps連結POSインターフェイスと、4つのOC-12c/STM-4c全二重シングルモード中距離インターフェイスを提供します。

4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Card(部品番号4OC12X/POS-M-SC-B)は、1つのライン カードでCisco 12000シリーズ インターネット ルータに、4つの622 Mbps連結POSインターフェイスと、4つのOC-12c/STM-4c全二重マルチモード短距離インターフェイスを提供します。

4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardの機能

4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardは、次の機能をサポートします。

規格準拠のSONET/SDHインターフェイス

アラーム処理

パフォーマンスのモニタ

B1、B2、およびB3のエラー カウント

設定可能スレッシュホールドによるB1、B2、およびB3のスレッシュホールド超過アラート(TCA)

同期化

ローカル(内部)またはループ タイミング(ネットワークから回復)

動作温度全範囲でのStratum 3クロック精度

ポインタ アクティビティのモニタ

保護スイッチング

SONET Automatic Protection Switching(APS;自動保護スイッチング)およびSDH Multiplex Section Protection(MPS)両プロトコルのサポート

ローカル(診断)およびライン(ネットワーク)のループバック

ペイロード マッピング

IETF RFC 2615、PPP over SONET/SDH

SONETまたはSDHのサポートは、ポート単位で設定できます。

次のカプセル化タイプのサポート

IETF RFC 1490、フレーム リレーカプセル化

IETF RFC 1661、PPP

IETF RFC 1662、HDLC形式のフレーミングでのPPP

IETF RFC 2615、PPP over SONET/SDH


) サポートしているMIBの詳細とその使用方法については、URL、
http://www.cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtmlでシスコのMIBのWebサイトを参照してください。


図 1に、縦方向の4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardの前面図とバックプレーン コネクタを示します。

図 1 4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardの前面パネルおよびバックプレーン コネクタ

 

取り付けの要件と準備

ここでは、4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardの取り付けおよび設定の準備に役立つ情報と、安全上および静電気防止の注意事項について説明します。具体的な内容は次のとおりです。

「工具および部品の一覧」

「ソフトウェアの要件」

「AC入力電源装置の要件」

「ハードウェア バージョンの要件」

「光ファイバの信号距離制限」

「ライン カードのメモリ オプション」

このマニュアルに記載されている手順を開始するにあたって、次の作業を済ませておいてください。

人身事故や機器の損傷を防止するため、電気製品や電話を扱う場合および静電気防止の注意事項を確認します。

装置の構成がアップグレードや交換の最低限の要件を満たしていることを確認します。また、必要な部品や工具がすべて揃っていることを確認します。

工具および部品の一覧

ライン カードの取り外しおよび取り付けには、次の工具および部品が必要です。

プラス ドライバ

接続コード付きの静電気防止用リストまたはアンクル ストラップ

デュプレックスSCコネクタ付きインターフェイス ケーブル ― 4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardを別のルータ、スイッチ、またはADMに接続するために使用

4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Card


) 機器の追加が必要な場合は、発注方法について、購入された代理店にお問い合わせください。


ソフトウェアの要件

4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardは、次のシステム ソフトウェアが稼働するCisco 12000シリーズ インターネット ルータに使用できます。

Cisco IOS Release 12.0(21)S1以降のCisco IOS Release 12.0 Sソフトウェア

Cisco IOS Release 12.0(21)ST以降のCisco IOS Release 12.0 STソフトウェア

show version show diag 、および show hardware コマンドを使用すると、現在ロードされて稼働中のシステム ソフトウェア リリースを含めて、ルータの現在のハードウェア構成が表示されます。

show コマンドの詳細については『 Configuration Fundamentals Configuration Guide 』および『 Configuration Fundamentals Command Reference 』を参照)

次に示す show version コマンドの出力例では、Cisco IOSソフトウェア リリース12.0(21)S1が表示されています。

router# show version
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) GS Software (GSR-P-M), Experimental Version 12.0(20010608:063728) [rdubey-conn_isp.daily 301]
Copyright (c) 1986-2001 by cisco Systems, Inc.
Compiled Fri 13-Jul-01 03:24 by rdubey
Image text-base:0x60010950, data-base:0x6218A000
ROM:System Bootstrap, Version 11.2(17)GS2, [htseng 180] EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (fc1)
BOOTLDR:GS Software (GSR-BOOT-M), Version 11.2(9)GS7, EARLY DEPLOYMENT, RELEASE SOFTWARE (fc1)
router uptime is 14 minutes
System returned to ROM by reload at 12:30:33 EST Tue Jul 17 2001
System restarted at 12:58:21 EST Tue Jul 17 2001
System image file is "tftp://10.1.2.253/gsr-p-mz:120-21.S1"
cisco 12012/GRP (R5000) processor (revision 0x01) with 262144K bytes of memory.
R5000 CPU at 200Mhz, Implementation 35, Rev 2.1, 512KB L2 Cache
Last reset from power-on
1 Route Processor Card
1 Clock Scheduler Card
3 Switch Fabric Cards
1 16-port OC3 POS controller (16 POS).
1 four-port OC12 POS controller (4 POS).
1 Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
20 Packet over SONET network interface(s)
507K bytes of non-volatile configuration memory.
20480K bytes of Flash PCMCIA card at slot 0 (Sector size 128K).
8192K bytes of Flash internal SIMM (Sector size 256K).
Configuration register is 0x0
router#

show diag slot コマンドを使用すると、次の例のようにルータの現在のハードウェア構成が表示されます。

router# show diag 5
SLOT 5 (RP/LC 5 ):4 Port ISE Packet Over SONET OC-12c/STM-4 Single Mode/IR SC connector
MAIN:type 78, 800-8540-01 rev ;2 dev 0
HW config:0x01 SW key:00-00-00
PCA: 73-5192-03 rev 92 ver 3
HW version 1.0 S/N CAB0515HJA4
MBUS:Embedded Agent
Test hist:0x00 RMA#:00-00-00 RMA hist:0x00
DIAG:Test count:0x00000000 Test results:0x00000000
FRU: Linecard/Module:4OC12X/POS-IR-SC=
Route Memory:MEM-GRP/LC-256=
Packet Memory:MEM-LC1-PKT-512=
L3 Engine:3 - Edge OC48 (2.5 Gbps)
MBUS Agent Software version 01.46 (RAM) (ROM version is 02.00)
Using CAN Bus A
ROM Monitor version 01.03
Fabric Downloader version used 01.02 (ROM version is 01.02)
Primary clock is CSC 1
Board is analyzed
Board State is Line Card Enabled (IOS RUN )
Insertion time:00:00:09 (00:10:42 ago)
DRAM size:268435456 bytes
FrFab SDRAM size:268435456 bytes, SDRAM pagesize:16384 bytes
ToFab SDRAM size:268435456 bytes, SDRAM pagesize:16384 bytes
0 crashes since restart
router#
 

稼働しているシステム ソフトウェアがCisco IOS Release 12.0(21)S1または12.0(21)STより前のものであることが、画面出力からわかった場合は、フラッシュ メモリの内容を調べ、システムに必要なイメージがあるかどうかをチェックしてください。 show flash コマンドを使用すると、フラッシュ メモリに保存されている全ファイルの一覧が表示されます。有効なソフトウェア リリースがない場合には、購入された代理店までご連絡ください。

AC入力電源装置の要件

Cisco 12008インターネット ルータで4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardを使用するには、AC入力電源装置の部品番号がPWR-GSR8-AC-Bでなければなりません。部品番号が34-0820-01である場合は、アップグレードする必要があります。『Cisco 12008 Gigabit Switch Router AC-Input Power Supply Replacement Instructions』を参照してください。

Cisco 12008インターネット ルータに搭載されているAC入力電源装置のタイプを調べる手順は、次のとおりです。


ステップ 1 show diag コマンドを入力します。このコマンドによって、ルータに搭載されているAC入力電源装置の部品番号が表示されます。

router# show diag
SLOT 26 (PS B1 ):AC Power Supply(8)
MAIN:type 3, 34-0820-01 rev C0 dev 16777215
HW config:0xFF SW key:FF-FF-FF
PCA:65535-16777215-255 rev V7 ver 255
HW version 1.0 S/N CAT00240269
MBUS:MBUS Agent (1) 73-2146-07 rev B0 dev 0
HW version 1.2 S/N CAT00240269
Test hist:0xFF RMA#:FF-FF-FF RMA hist:0xFF
DIAG:Test count:0xFFFFFFFF Test results:0xFFFFFFFF
EEPROM contents (hex):
00:01 00 01 00 49 00 08 62 07 58 00 00 00 FF FF FF
10:43 41 54 30 30 32 34 30 32 36 39 00 00 00 00 00
20:01 02 00 00 00 00 00 FF FF FF FF FF FF FF FF FF
30:A5 A5 A5 A5 A5 A5 A5 A5 A5 A5 A5 A5 A5 A5 A5 A5
40:00 03 01 00 FF FF FF FF FF FF FF FF 00 05 FF FF
50:00 22 00 03 34 01 60 FF FF FF FF FF FF FF FF FF
60:43 41 54 30 30 32 34 30 32 36 39 00 00 00 00 00
70:FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF
80:00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00
90:00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00
A0:00
FRU:Linecard/Module:PWR-GSR8-AC=
MBUS Agent Software version 01.46 (RAM) (ROM version is 01.33)
Using CAN Bus A


 

ハードウェア バージョンの要件

シングルモード用の4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardのハードウェア リビジョン レベルは、73-7612-01 Revision A0以降でなければなりません。

マルチモード用の4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardのハードウェア リビジョン レベルは、73-7804-01 Revision A0以降でなければなりません。

ハードウェアのリビジョン番号は、カードのコンポーネント側に付いているラベルに記載されています。 show diag コマンドおよび show hardware コマンドでも、ハードウェア リビジョン番号を確認できます。

光ファイバの信号距離制限

光ファイバ伝送に関するSONET仕様では、光ファイバのタイプが定義されています。信号の到達可能距離は、マルチモード ファイバよりもシングルモード ファイバの方が長くなります。

最大敷設距離は、光ファイバ伝送路の光損失量によって決まります。一般的な最大距離(表 1を参照)に近い光伝送が必要な場合には、Optical Time Domain Reflectometer(OTDR;オプティカル タイム ドメイン反射率計)を使用して、パワー損失を測定してください。

 

表 1 パワー バジェットと信号要件

トランシーバ
パワー
バジェット
送信パワー
受信パワー
一般的な最大距離

シングルモード
4OC12X/POS-I-SC-B

16 dB

-15~-8 dBm1
(1270~1380 nm2の場合)

-28~-7 dBm

9.3マイル(15 km)

マルチモード
4OC12X/POS-M-SC-B

6 dB

-20~-14 dBm
(1270~1380 nmの場合)

-26~-14 dBm

0.625マイル(1 km)

1.dBm =デシベル/ミリワット

2.nm =ナノメートル

ライン カードのメモリ オプション

4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardのデフォルトのルート メモリは256 MBです。表 2に示すように、512 MBまでメモリをアップグレードすることができます(最新のメモリ オプションについては、『 Cisco 12000 Series Gigabit Switch Router Memory Replacement Instructions 』を参照してください)。

 

表 2 4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardのルート メモリ

発注したルート メモリの合計容量
DIMMモジュール
ルート メモリDIMMソケット

256 MB3(デフォルト)

512 MB(アップグレード)

128 MB DIMM×2

256 MB DIMM×2

CPU DIMM0およびCPU DIMM1

3.標準(デフォルト)のCPU DIMM構成は128 MB×2です。

光ファイバ ネットワーク インターフェイス ケーブル

Cisco 12000シリーズ インターネット ルータの4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Card(部品番号:4OC12X/POS-I-SC-B)をADMに接続するには、シングルモード光ファイバ インターフェイス ケーブルを使用します。

Cisco 12000シリーズ インターネット ルータの4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Card(部品番号:4OC12X/POS-M-SC-B)をADMに接続するには、マルチモード光ファイバ インターフェイス ケーブルを使用します。


) 光ファイバ ケーブルは別途必要です。


SONET光ファイバケーブル接続では、1つのデュプレックスSCコネクタ(図 2を参照)または2つのシンプレックスSCコネクタ(図 3を参照)を使用します。

図 2 デュプレックスSCケーブル コネクタ

 

図 3 シンプレックスSCケーブル コネクタ

 

ライン カードと接続先の装置の間にデュプレックス光ファイバ ケーブルを1本、またはシンプレックス光ファイバ ケーブルを2本使用します。ケーブルの受信側(Rx)と送信側(Tx)の接続関係に注意してください(図 4を参照)。

図 4 シンプレックスまたはデュプレックス光ファイバ ケーブルの接続

 


警告 光ファイバ ケーブルが接続されていない場合、ポートの開口部から目に見えないレーザー光が放射されている可能性があります。レーザー光にあたらないよう、開口部をのぞきこまないでください。



警告 クラス1レーザー製品です。


Cisco 12000シリーズのケーブル マネジメント システム

Cisco 12000シリーズ インターネット ルータでは、ケーブル マネジメント システムを使用することにより、シャーシに接続されているケーブルを整理して、インターフェイス ケーブルが極端に折れ曲がるのを防ぐとともに(光ファイバ ケーブルが極端に曲がると、性能が低下し、ケーブルを傷める可能性があります)、ケーブルが作業の妨げにならないようにすることができます。

ケーブル マネジメント システムは、Cisco 12000シリーズ インターネット ルータのルータごとに少しずつ異なりますが、いずれも次の2つの基本コンポーネントで構成されています。

1つまたは複数のケーブル マネジメント トレイ ― ルータ シャーシに取り付けられている

ケーブル マネジメント ブラケット ― 各ライン カードに取り付ける

図 5に、Cisco 12012 インターネット ルータに取り付けられたケーブル マネジメント トレイとケーブル マネジメント ブラケットを示します。

図 5 ケーブル マネジメント システムの例

 


) スペアのライン カードを一緒に発注した場合、スペアのライン カードはケーブル マネジメント ブラケットが取り付けられていない状態で出荷されます。このような場合はライン カードをルータに取り付ける前に、ライン カードにケーブル マネジメント ブラケットを取り付けてください。



注意 ケーブル マネジメント ブラケットを持ってライン カードを着脱したり、シャーシから取り外したライン カードを持ち運んだりしないでください。ケーブル マネジメント ブラケットが破損して、ライン カードを落としたり、ライン カードが損傷したりする可能性があります。

ライン カードのケーブル マネジメント ブラケットは、非脱落型ネジでライン カードに取り付けます(図 6を参照)。ベルクロ ストラップを使用することにより、ネットワーク インターフェイス ケーブルをブラケットの適切な位置に固定し、ライン カード上の該当するコネクタの位置に合わせてケーブルを整理するとともに、ケーブルに適切なゆるみを持たせてライン カードのコネクタに接続することができます。

複数のポートがあるライン カードでは、ケーブル マネジメント ブラケットによってライン カードの着脱時にネットワーク インターフェイス ケーブルを整理しておくことができます。つまり、ケーブル マネジメント ブラケットにネットワーク インターフェイス ケーブルを留めたままライン カードのコネクタからケーブルを外し、ライン カードからブラケットを取り外すことができます。このように、ライン カードを取り外す間ブラケットとケーブルをひとまとめにして脇に置いておけば、ライン カードを取り付けるときに、ケーブルがライン カードのコネクタの位置に合わせて整理されているので、簡単に元どおりに接続できます。

図 6 ライン カード用ケーブル マネジメント ブラケット

 

ライン カードの取り付けまたは交換

ここでは、Cisco 12000シリーズ インターネット ルータにおけるライン カードの取り付けまたは交換手順を説明します。

「ライン カードの取り外しおよび取り付け」

「ライン カード インターフェイス ケーブルの取り外し」

「ライン カードの取り外し」

「ライン カードの取り付け」

(システムの電源を入れたままライン カードを取り外す場合は、次の「ライン カードの取り外しおよび取り付け」を参照してください。)


) 以下の手順では、Cisco 12012 インターネット ルータの図を使用して、ライン カードの取り外しおよび取り付け方法を説明します。Cisco 12000シリーズ インターネット ルータの各種カード ケージは、カード スロット数に差がありますが、スロットの用途とライン カードの取り外しおよび取り付け作業は基本的に同じです。したがって、このマニュアルではCisco 12016インターネット ルータおよびCisco 12008インターネット ルータでの手順および図は省略します。


ライン カードの取り外しおよび取り付け

システムの稼働中にライン カードの取り外しおよび取り付けを行うことができます。ソフトウェア コマンドを実行したり、システムの電源をリセットしたりする必要はありません。この機能により、システムをオンラインにしたままライン カードの取り付け、取り外し、または交換作業を行うことができます。ネットワーク上のエンドユーザに影響を与えることはなく、すべてのルーティング情報が維持され、セッションが中断されることもありません。

ライン カードを再び取り付けると、必要なソフトウェアがRoute Processor(RP;ルート プロセッサ)から自動的にダウンロードされます。その後、現在の設定と一致し、アップとして設定されていたインターフェイスだけがオンラインになります。他のインターフェイスはすべて、 configure コマンドで設定する必要があります


注意 正しい手順に従わなかった場合、ハードウェア障害とみなされることがあります。誤ったエラー メッセージが表示されるのを防ぐために、ライン カードの取り外しまたは取り付けは、一度に1つずつ行ってください。続けて別のライン カードの取り外しまたは取り付けを行うときは、システムが前の作業を完了できるように、35秒以上経過してから次の作業を開始してください。

各ライン カードには、イジェクト レバーが2つあります。ライン カードは、イジェクト レバーを使用して、バックプレーン コネクタから取り外します。ライン カードを取り付けるときは、イジェクト レバーを使用して、バックプレーン コネクタにライン カードを固定します(図 8を参照)。


注意 ライン カードを取り外すときは、バックプレーンからカード コネクタ ピンを確実に外すために必ずイジェクト レバーを使用してください。カードが部分的にバックプレーンに接続されていると、システムが停止することがあります。同様に、ライン カードを取り付けるときは、必ずイジェクト レバーを使用してください。ライン カードがバックプレーン コネクタと正しくかみ合い、カード コネクタのピンが正しい順序でバックプレーンに接触し、バックプレーンにライン カードが固定されるようにするためです。カードが部分的にしかバックプレーンに装着されていないと、システムが停止し、最終的にクラッシュする原因となることがあります。

ライン カード インターフェイス ケーブルの取り外し

図 7を参考にして、ライン カード インターフェイス ケーブルとケーブル マネジメント ブラケットを取り外します。

図 7 ライン カード インターフェイス ケーブルの取り外し

 


注意 新しいライン カードまたは再設定したライン カードの取り付け時に問題が起きないように、ライン カードを取り外す前に、インターフェイスをシャットダウン(ディセーブルに)しておくことを推奨します。インターフェイスをシャットダウンすると、showコマンドの出力にadministratively downとして表示されます。

ライン カード インターフェイス ケーブルを取り外す手順は、次のとおりです。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを手首に装着し、ストラップの装置側を、シャーシのESD接続ソケットあるいはシャーシまたはフレームの塗装されていない金属面に取り付けます。

ステップ 2 次の手順でライン カード インターフェイス ケーブルとライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットをライン カードから外します(図 7を参照)。

ステップ 3 ライン カードのインターフェイス ポートから、インターフェイス ケーブル コネクタを外します。


) インターフェイス ケーブルは、ライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットから取り外さないでください。


ステップ 4 プラス ドライバを使用して、ライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットの両端にある非脱落型ネジを緩めます。

ステップ 5 ライン カードからブラケットを外して脇へ置きます。


 

図 8 ライン カードの取り外しおよび取り付け

 

ライン カードの取り外し

システムの電源を入れたままでライン カードの取り外しおよび交換ができます。


) 新しいライン カードまたは再設定したライン カードの取り付け時に問題が起きないように、ライン カードを取り外す前に、shutdownコマンドを使用してインターフェイスをシャットダウン(ディセーブルに)しておくことを推奨します。インターフェイスをシャットダウンすると、showコマンドの出力にadministratively downとして表示されます。


図 8を参考にして、次の手順でライン カードを取り外します。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを手首に装着し、ストラップの装置側を、シャーシのESD接続ソケットあるいはシャーシまたはフレームの塗装されていない金属面に取り付けます。

ステップ 2 ライン カードのポートから、ネットワーク インターフェイス ケーブル コネクタを外します。

ステップ 3 ケーブルを留めたままライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットをライン カードから取り外します(図 7を参照)。


) ケーブルは、ライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットから取り外さないでください。


ステップ 4 プラス ドライバを使用して、ライン カードの前面プレートの両端にある非脱落型ネジを緩めます(図 8aを参照)。


注意 ライン カードを取り外すときは、バックプレーンからカード コネクタ ピンを確実に外すために必ずイジェクト レバーを使用してください。カードが部分的にバックプレーンに接続されていると、システムが停止することがあります。

ステップ 5 両側のイジェクト レバーを外側に同時に開き、バックプレーン コネクタからライン カードを外します(図 8bを参照)。

ステップ 6 イジェクト レバーを持ち、ライン カードをスロットの途中まで引き出します。

ステップ 7 片手でライン カードの前面プレートを持ち、反対の手でライン カードの底面を支えながら、ライン カードをスロットからまっすぐに引き出します(図 8cを参照)。

ライン カードのプリント基板、コンポーネント、またはコネクタ ピンに手を触れないように注意してください。

ステップ 8 取り外したライン カードを静電気防止用マットまたは静電気防止材の上に置きます。返却する場合には、ライン カードを静電気防止用袋に保管してください。

ステップ 9 ライン カード スロットを空にしておく場合は、シャーシに埃が入らないように、また、ライン カード コンパートメント内で空気が正しく流れるようにするため、ライン カード ブランク(製品番号:800-03004-01)を取り付けます。

ステップ 10 非脱落型ネジを締め、ライン カード ブランクをシャーシに固定します。


 

ライン カードの取り付け

使用するライン カード スロットにライン カードを差し込み、そのままバックプレーンに接続します。新しいライン カードを取り付ける場合は、まず、次の作業を行う必要があります。

(Cisco 12008シリーズ インターネット ルータの場合のみ)AC入力電源装置を確認します(AC入力電源装置の要件を参照)。

使用するスロットからライン カード ブランクを取り外します。前述の「ライン カードの取り外し」の手順を参照してください。


) ライン カードは、空いている任意のライン カード スロットに搭載できます。ライン カードのスロット位置については、「光ファイバ ネットワーク インターフェイス ケーブル」を参照してください。



注意 正しい手順に従わなかった場合、ハードウェア障害とみなされることがあります。ライン カードの取り外しまたは取り付けは、一度に1つずつ行ってください。次のライン カードの取り外しまたは取り付けを行うときは、システムが前の作業を完了できるように、35秒以上経過してから次の作業を開始してください。

ライン カードを取り付ける手順は、次のとおりです。


ステップ 1 コンソール端末がRPのコンソール ポートに接続されていて、コンソールの電源が入っていることを確認します。

ステップ 2 静電気防止用リスト ストラップを手首に装着し、ストラップの装置側を、シャーシのESD接続ソケットあるいはシャーシまたはフレームの塗装されていない金属面に取り付けます。

ステップ 3 ライン カードを取り付けるスロットを選び、ライン カードのインターフェイス ケーブルが、ライン カードと外部装置を接続できるだけの長さであることを確認します。

ステップ 4 光ファイバ ケーブル コネクタを使用してローカル ライン カードのRxおよびTxポートを接続します。光ファイバ ケーブル コネクタを使用してローカル ライン カードのRxおよびTxポートを他の装置に接続します。


注意 静電破壊を防ぐため、ライン カードを取り扱う際には、必ずカード フレームの端を持つようにしてください。

ステップ 5 片手でライン カードの前面プレートを持ち、反対の手でカード フレームの底面を支えながら、カード ケージのスロットにカードを差し込みます。

ライン カードのプリント基板、コンポーネント、またはコネクタ ピンに手を触れないように注意してください。

ステップ 6 ライン カードをスロットに慎重に差し込みます。イジェクト レバーがカード ケージの端に触れたら、そこで 止めます 。イジェクト レバーのフックがカード ケージの端とかみ合っていることを確認します(図 9を参照)。

図 9 イジェクト レバー

 


注意 ライン カードを取り付けるときは、必ずイジェクト レバーを使用してください。ライン カードがバックプレーン コネクタと正しくかみ合い、カード コネクタのピンが正しい順序でバックプレーンに接触し、バックプレーンにライン カードが固定されるようにするためです。カードが部分的にしかバックプレーンに装着されていないと、システムが停止し、最終的にクラッシュする原因となることがあります。

ステップ 7 両方のイジェクト レバーを同時に内側に戻し、ライン カードの前面プレートに対して垂直になるようにします。これにより、カードがバックプレーンに固定されます。

ステップ 8 プラス ドライバを使用して、ライン カード前面プレートの両側にある非脱落型ネジを締めます。これにより、適切なEMIシールドを確保し、ライン カードがバックプレーンから部分的に外れる事態を防止します。

(EMI仕様を満たすには、これらのネジを締める必要があります。)


注意 他のライン カードに必要なスペースを確保するために、新しくライン カードを取り付ける前に必ず非脱落型ネジを締め、そのあとで次のライン カードを取り付けてください。ネジを締めることによって偶発的な脱落を防止し、システムに必要なアースとEMIシールドが確保されます。

ステップ 9 ライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットを元どおりに取り付けます(図 8を参照)。

a. シャーシのケーブル マネジメント トレイまたはブラケットから、ライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットのフックを外します。

b. ライン カードの前面プレートにライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットを合わせます。

c. ブラケットの両端にある非脱落型ネジを締め、ライン カードに固定します。

ステップ 10 ライン カード前面プレートの元のポートに、ネットワーク インターフェイス ケーブル コネクタを差し込みます。


 

ライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットの取り付けまたは取り外し

ここでは、次の手順について説明します。

「新しいライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットの取り付け」

「ライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットの取り外し」

新しいライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットの取り付け

ルータに新しい4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardを取り付ける場合は、ライン カードを取り付けた後にライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットも取り付ける必要があります(図 6を参照)。

ライン カードにライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットを取り付ける手順は、次のとおりです。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを手首に装着し、ストラップの装置側を、シャーシのESD接続ソケットあるいはシャーシまたはフレームの塗装されていない金属面に取り付けます。

ステップ 2 次のように、ライン カードにブラケットを取り付けます。

a. ライン カードの前面プレートにライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットを合わせます。

b. ブラケットの両端にある非脱落型ネジを締め、ライン カードに固定します。

ステップ 3 ライン カードの一番下のポートから順に、インターフェイス ケーブルを該当する各ライン カード ポートに接続します(図 10aを参照)。

ステップ 4 慎重にインターフェイス ケーブルを束ね、ベルクロ ストラップの1つを使用してケーブル マネジメント ブラケットにケーブルの束を固定します(図 10bを参照)。ケーブルをねじったり、極端に折り曲げたりしないように注意してください。

ステップ 5 必要に応じてケーブル マネジメント ブラケットの別の位置でもステップ 4を行います。


 

図 10 ライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットへのインターフェイス ケーブルの取り付け(Cisco 12012インターネット ルータの場合)

 

ライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットの取り外し

ライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットからインターフェイス ケーブルを外し、ライン カードからケーブル マネジメント ブラケットを取り外す手順は、次のとおりです。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを手首に装着し、ストラップの装置側を、シャーシのESD接続ソケットあるいはシャーシまたはフレームの塗装されていない金属面に取り付けます。

ステップ 2 ライン カード別に、インターフェイス ケーブルとポートの現在の接続関係を、紙に書き留めておきます。

ステップ 3 ライン カードの最下部ポートのインターフェイス ケーブルから順に(複数のポートがあるライン カードの場合)、ライン カード ポートからケーブルを外していきます(図 10aを参照)。

ステップ 4 ライン カード ポート上のすべてのインターフェイス ケーブルにステップ 3を行った後、ステップ 5に進みます。

ステップ 5 インターフェイス ケーブルの束をケーブル マネジメント ブラケットに固定しているベルクロ ストラップから外します(図 10bを参照)。

ステップ 6 ライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットの両端にある非脱落型ネジを緩め、ライン カードからブラケットを取り外します。


 

ライン カードの取り付けの確認

ここでは、ライン カードの取り付けを確認する場合またはトラブルシューティングを行う場合の手順について説明します。

「英数字LEDの確認」

「ポート ステータスLEDの確認」

「4-Port POS OC-12/STM-4 Line Cardのアラームおよびイベント検出」

「トラブルシューティング」

ライン カードを取り付けて、ネットワーク インターフェイス ケーブルを他の装置に接続した後、ライン カード前面プレート上のLEDを調べ、ライン カードが正常に動作していることを確認します。

ライン カードの一般的な起動プロセスは次のとおりです。

デフォルトで新しいカードが administratively down として表示されます。ライン カード ポートが設定され、 no shutdown コマンドが実行されるまで、LEDは消灯しています。

RPがライン カードを起動し、Cisco IOSソフトウェアをロードします。

ライン カードのMBusモジュールが、そのカードのタイプを判別し、内部チェックを実行して、RPからCisco IOSソフトウェアのロードを受け入れる準備をします。

ライン カードが正常に動作していることを確認するには、次の動作チェックを行います。

ライン カードの起動プロセス中は、ライン カードの英数字LEDを観察して、カードが「英数字LEDの確認」表 3 および 表 4に示した一般的な初期化シーケンスをたどっているかどうかを確認します。

ライン カードのインターフェイス ポート ステータスLEDを調べてステータスLEDが点灯していることを確認します。

ポートおよびインターフェイスが設定されている場合は、ステータスLEDが点灯します。ライン カード ポートおよびインターフェイスがシャットダウンしている場合は、ステータスLEDは消灯したままです。

英数字LEDの確認

前面プレートの片側(イジェクト レバー付近)に、4桁×2行の英数字LEDディスプレイがあります。このLEDには、カードの状態を表すメッセージが表示されます。


) 通常、LEDが点灯するのは、RPがカードを認識し、カードを起動したあとです。シーケンスまたはプロセスの途中でメッセージが表示されますが、瞬間的に表示されるので、読み取れないのが普通です。


表 3 および 表 4に、英数字LEDのメッセージを示します。

ライン カードの起動時には、表 3に示すような一連のメッセージが表示されます。

 

表 3 ライン カードの初期化シーケンス中に表示される一般的な英数字LEDメッセージ

LEDディスプレイ
意味
送信元

MROM
nnnn

MBusマイクロコードの実行が開始されました。 nnnn は、マイクロコードのバージョン番号です。たとえば、マイクロコードのバージョンが1.17以上の場合、0117と表示されます4 このメッセージは瞬間的にしか表示されないので、読み取れないこともあります。

MBusコントローラ

LMEM
TEST

ライン カードのロー メモリをテストしています。

ライン カードのROMモニタ

LROM
RUN

ロー メモリのテストが完了しました。

ライン カードのROMモニタ

BSS
INIT

メイン メモリを初期化しています。

ライン カードのROMモニタ

RST
SAVE

リセット理由レジスタの内容を保存しています。

ライン カードのROMモニタ

IO
RST

リセットI/Oレジスタにアクセスしています。

ライン カードのROMモニタ

EXPT
INIT

割り込みハンドラを初期化しています。

ライン カードのROMモニタ

TLB
INIT

TLBを初期化しています。

ライン カードのROMモニタ

CACH
INIT

CPUデータおよび命令キャッシュを初期化しています。

ライン カードのROMモニタ

MEM
INIT

ライン カード メイン メモリの容量を調べています。

ライン カードのROMモニタ

LROM
RDY

ROMはダウンロードに対応可能です。

ライン カードのROMモニタ

ROMI
GET

ライン カード メモリにROMイメージをロードしています。

GRP IOSソフトウェア

FABL
WAIT

ライン カードはファブリック ダウンローダによるロードの待機中です。5

GRP IOSソフトウェア

FABL
DNLD

ファブリック ダウンローダがライン カード メモリにロードされています。

GRP IOSソフトウェア

FABL
STRT

ファブリック ダウンローダの起動中です。

GRP IOSソフトウェア

FABL
RUN

ファブリック ダウンローダが起動して実行中です。

GRP IOSソフトウェア

IOS
DNLD

Cisco IOSソフトウェアがライン カード メモリにダウンロードされています。

GRP IOSソフトウェア

IOS
STRT

Cisco IOSソフトウェアの起動中です。

GRP IOSソフトウェア

IOS
UP

Cisco IOSソフトウェアの実行中です。

GRP IOSソフトウェア

IOS
RUN

ライン カードがイネーブルになり、使用可能です。

GRP IOSソフトウェア

4.ご使用のシステムで稼働しているMBusマイクロコードのバージョンとは異なる場合もあります。

5.ファブリック ダウンローダは、ライン カードにCisco IOSソフトウェア イメージをロードします。

ライン カードの英数字LEDに表示されるその他のメッセージを表 4に示します。

 

表 4 その他の英数字LEDメッセージ

LEDディスプレイ
意味
送信元

MRAM
nnnn

MBusマイクロコードの実行が開始されました。 nnnn は、マイクロコードのバージョン番号です。たとえば、マイクロコードのバージョンが1.17の場合、0117と表示されます6。このメッセージは瞬間的にしか表示されないので、読み取れないこともあります。

MBusコントローラ

MAL
FUNC

カードの誤動作。

GRP

PWR
OFF

カードの電源がオフになっています。

GRP

PWR
ON

カードの電源がオンになっています。

GRP

IN
RSET

リセット中です。

GRP

RSET
DONE

リセットが完了しました。

GRP

MBUS
DNLD

MBusエージェントのダウンロード中です。

GRP

MBUS
DONE

MBusエージェントのダウンロードが完了しました。

GRP

ROMI
GET

ROMイメージの取得中です。

GRP

ROMI
DONE

ROMイメージの取得が完了しました。

GRP

MSTR
WAIT

マスタシップの判別待機中です。

GRP

CLOK
WAIT

スロット クロックの設定待機中です。

GRP

CLOK
DONE

スロット クロックの設定が完了しました。

GRP

FABL
LOAD

ファブリック ダウンローダのロードが7完了しました。

GRP

FABI
WAIT

ファブリックの初期化完了を待機中です。

GRP

IOS
LOAD

Cisco IOSソフトウェアのダウンロードが完了しました。

GRP

BMA
ERR

Cisco IOSソフトウェアBMAエラー。

GRP

FIA
ERR

Cisco IOSファブリック インターフェイスのASICコンフィギュレーション エラー。

GRP

CARV
ERR

バッファ分割エラー。

GRP

DUMP
REQ

ライン カードがコア ダンプを要求しています。

GRP

DUMP
RUN

ライン カードがコア ダンプを実行中です。

GRP

DUMP
DONE

ライン カードのコア ダンプが完了しました。

GRP

DIAG
MODE

診断モード。

GRP

FDAG
LOAD

フィールド診断プログラムのダウンロード中です。

GRP

FDAG
STRT

フィールド診断プログラムの起動中です。

GRP

POST
STRT

Power-on Self-Test(POST;電源投入時セルフテスト)の起動中です。

GRP

UNKN
STAT

unknown(不明)ステート。

GRP

6.ご使用のシステムで稼働しているMBusマイクロコードのバージョンとは異なる場合もあります。

7.ファブリック ダウンローダは、ライン カードにCisco IOSソフトウェア イメージをロードします。

ポート ステータスLEDの確認

ライン カードの各光インターフェイス ポートの横には、ACTIVE、CARRIER、およびRX PKTという3つのグリーンのLEDがあります(図 1を参照)。これらのLEDは、ポートのステータスを示します(表 5を参照)。

 

表 5 4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardのポート ステータスLED

LED
ステート
説明

ACTIVE

消灯

グリーンが点灯

ポートはadministratively downに設定されているか、診断が実行中です。

ポートはadministratively upの状態になっています。

CARRIER8

消灯

グリーンが点灯

ポートは稼働していますがローカル アラームを検出しているか、受信フレーミングを待機中です。

ポートは稼働しており、受信フレーミングが検出されました。

RX PKT

グリーンが点滅

ライン カードがデータを受信中です。

8.CARRIER LEDに影響するのは、SONETオペレーションのセクションおよび回線アラーム(またはSDHの中継セクション[RS]またはマルチプレックス セクション[MS]アラーム)だけです。パス アラーム(上位および下位)は無視されます。

ライン カードがイネーブルになるには、次の条件を満たす必要があります。

ライン カードがバックプレーンに正しく接続され、電力が供給されている。

システム バスがライン カードを認識している。

ライン カード マイクロコードの有効なバージョンがロードされ、稼働している。

以上の条件のいずれかが満たされていないか、初期化に失敗した場合は、ACTIVEポート ステータスLEDが点灯しません。

システムがすべてのインターフェイスを初期化すると、ライン カードのポート ステータスLEDが点灯します。再初期化中にシステムが各インターフェイスを認識すると、コンソール画面にもメッセージが表示されます。システムの初期化後、ポート ステータスLEDが点灯します。これはライン カードが動作可能になっていることを示しています。RX PKT LEDは、データの送受信中に点滅します。

ライン カードのステータスLEDがグリーンに点灯するのは、ライン カードのインターフェイスが設定されてからです。 shutdown コマンドを使用してライン カードのインターフェイスをディセーブルにしている場合は、 no shutdown コマンドでライン カードのインターフェイスをイネーブルにする必要があります。各インターフェイスが正しく動作しているかどうかを確認するには、ライン カードの設定手順を完了してください(4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardの設定参照)。

4-Port POS OC-12/STM-4 Line Cardのアラームおよびイベント検出

4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardには、アラームおよびイベント検出用のLEDは装備されていませんが、 show controllers pos EXECコマンドを入力すると、アラームおよびイベント検出メッセージがアクティブまたは非アクティブのどちらになっているかを確認できます。大部分のアラームおよびイベント検出メッセージはすぐに消えます。問題が発生した場合、ライン カードがエラー状態を解消するためです。ただし、ライン カードの動作状態確認用のイベントは記録されます。

4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardの一部のアラームおよび信号イベントは、デフォルトでイネーブルに設定されレポートが生成されます。その他のアラームおよび信号イベントは、個別にイネーブルにできます。 show controllers pos イネーブルEXECコマンドの出力内容は、POSポートの設定によって異なります。

以下に示す show controllers pos イネーブルEXECコマンドの出力例の抜粋では、Cisco 12000シリーズ インターネット ルータのスロット2に搭載されている第2 POSコントローラに関するアラームおよびイベント情報が表示されています。

router# show controllers pos 2/0
POS2/0
SECTION
LOF = 0 LOS = 0 BIP(B1) = 0
LINE
AIS = 0 RDI = 0 FEBE = 0 BIP(B2) = 0
PATH
AIS = 0 RDI = 0 FEBE = 0 BIP(B3) = 0
LOP = 0 NEWPTR = 0 PSE = 0 NSE = 0
 
Active Defects:None
Active Alarms: None
Alarm reporting enabled for:SF SLOS SLOF B1-TCA B2-TCA PLOP B3-TCA
Framing:SONET
APS
COAPS = 0 PSBF = 0
State:PSBF_state = False
ais_shut = FALSE
Rx(K1/K2):00/00 S1S0 = 00, C2 = CF
Remote aps status non-aps; Reflected local aps status non-aps
CLOCK RECOVERY
RDOOL = 0
State:RDOOL_state = False
PATH TRACE BUFFER :STABLE
Remote hostname :MFR2
Remote interface:POS7/0
Remote IP addr :2.0.1.2
Remote Rx(K1/K2):00/00 Tx(K1/K2):00/00
BER thresholds: SF = 10e-3 SD = 10e-6
TCA thresholds: B1 = 10e-6 B2 = 10e-6 B3 = 10e-6
 
Optical Power Monitoring
Laser Bias = 33.6 mA
Receiver Power = -5.80 dBm (+/- 2 dBm)

トラブルシューティング

新たに装着されたカード上の光インターフェイス ポートが administratively down として表示されている場合は、ポートを設定するまで、そのポートのLEDは点灯しません。ポートを設定してもライン カードのポート ステータスLEDが点灯しない場合は、次の条件が満たされているかどうかを確認してください。

すべての電源コードおよびデータ ケーブルが両端とも正しく接続されている。

すべてのカードがカード ケージに正しく装着され、固定されている。

すべてのコンポーネントが正しく接続されていて、カード ケージにネジで固定されている。

ライン カードのポートとローカル接続装置上のポート間に互換性があり、シスコ社推奨の適切なコネクタ ケーブルを使用している(光ファイバ ネットワーク インターフェイス ケーブルを参照)。

shutdown コマンドを使用してライン カードのインターフェイスをディセーブルにしている場合は、 no shutdown コマンドでライン カードのインターフェイスをイネーブルにする必要があります。

show controllers posコマンドを使用して、両方の光インターフェイス ポートが administratively up になっていることを確認します。どちらかのポートがディセーブルになっている場合は、 no shutdown コマンドを入力して、そのポートをイネーブルにする必要があります。

次の手順で、ライン カードが正しく接続されているかどうかを確認します。


ステップ 1 システムが各インターフェイスを初期化している間、コンソールに表示されるメッセージを観察し、システムが4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardを認識しているかどうかを確認します。次の条件がすべて満たされている場合、システムはインターフェイスを認識していますが、インターフェイスは administratively down に設定されたままになっています。

4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardがバックプレーンに正しく接続され、電力が供給されている。

システム バスが4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardを認識している。

4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardのマイクロコードの有効なバージョンがロードされ、稼働している。

ステップ 2 初期化が完了した後、インターフェイスがadministratively down状態でない場合は、4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Card上のACTIVEステータスLEDが点灯していることを確認します。ACTIVE LEDが点灯している場合は、ステップ 6に進みます。ACTIVEステータスLEDが点灯状態にならない場合は、次のステップに進みます。

ステップ 3 ライン カードのACTIVEステータスLEDが点灯しない場合は、ライン カード ボード コネクタがバックプレーンに完全に装着されていない可能性があります。非脱落型ネジを緩め、上部のイジェクト レバーは下側に、下部のイジェクト レバーは上側に押して、レバーが両方ともライン カードの前面プレートに対して垂直になるようにします。非脱落型ネジを締めます。

システムがインターフェイスを初期化すると、ライン カードのACTIVEポート ステータスLEDが点灯するはずです。ACTIVEポート ステータスLEDが点灯した場合は、ステップ 6に進みます。ACTIVEポート ステータスLEDが点灯しない場合は、次のステップに進みます。

ステップ 4 それでもACTIVEポート ステータスLEDが点灯しない場合は、さらに次のステップを実行してポート インターフェイスを再初期化します。

ACTIVEポート ステータスLEDが消灯している場合は、ケーブル コネクタをポートに再度しっかりと固定します。再初期化が終了すると(最大35秒かかります)、ACTIVEポート ステータスLEDがグリーンに点灯します。ACTIVEポート ステータスLEDがグリーンに点灯した場合は、ステップ 6に進みます。

ACTIVEポート ステータスLEDが点灯しない場合は、ステップ 5に進みます。

ステップ 5 それでもACTIVEポート ステータスLEDが点灯しない場合は、4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardを取り外して別のライン カード スロットに取り付けます。

ライン カードを新しいスロットに取り付けるとACTIVEポート ステータスLEDが点灯する場合は、元のラインカード スロットのバックプレーン ポートに障害があると考えられます。

それでもACTIVEポート ステータスLEDが点灯せず、ライン カードの他のLEDが点灯していて、そのライン カードが機能していることがわかる場合は、そのACTIVEポート ステータスLEDに障害があると考えられます。ステップ 6に進んで、取り付け確認の作業を再開してください。

ライン カードのLEDがどれも点灯しない場合は、ライン カードを交換してください。

それでもACTIVEポート ステータスLEDが点灯しない場合は、取り付けを中止します。購入した代理店に機器が故障していることを連絡し、指示を受けてください。

ステップ 6 show interfaces または show controllers pos コマンドを使用して、ライン カードのインターフェイスのステータスを確認します。


 

コンソール端末にエラー メッセージが出力された場合には、該当するリファレンス マニュアルでエラー メッセージの意味を確認してください。その他に解決できない問題が生じたときは、購入した代理店まで連絡してください。


) 初期化後、特定のインターフェイスが認識されていない場合は、ロードされ稼働中のCisco IOSソフトウェアが、そのライン カードが搭載されているCisco 12000シリーズ インターネット ルータに対応しているかどうかを確認します。確認するには、まず、製品の添付マニュアル『Cisco 12000 Series Installation and
Configuration Guide
』の「Cisco 12000 Series Product Overview」の章に記載されている表で、ご使用のCisco 12000シリーズ インターネット ルータ モデルについて調べます。

ロードされ稼働中のCisco IOSソフトウェアが、ご使用のCisco 12000シリーズ インターネット ルータに対応していないことがわかった場合、またはその可能性がある場合は、「テクニカル サポート」を参照してテクニカル サポートを受けてください。


トラブルシューティングおよび診断の詳細については、ご使用のCisco 12000シリーズ インターネット ルータに付属しているインストレーション コンフィギュレーション ガイドを参照してください。

SONET/SDHクロッキングについて

ここでは、SONET/SDHクロッキングの概要について説明します。4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardは、回線(Line)と内部(Internal)の両方のクロッキング機能をサポートしています。回線クロッキングは、所定のポートの着信信号から得られます。内部クロッキングは、内部クロックから得られ、ライン カードに送信されます。

回線クロッキングはポート単位で個別に設定可能で、第1ペイロード プロセッサまで戻ります。しかし、4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardでは、第2レベルのペイロード処理によって、共通クロックソースにポートが結合され、1つのポートだけからクロックが取得されます。そのため、他のポートが同期化されないとポインタ調整が実行される可能性があります。ただし、ルータが適切に設定されていれば、このようなポインタ調整は、SONETクロスコネクト装置と同じパフォーマンスを提供するように限定できます。


) ポインタ調整はデータスループットには影響しません。ポインタ調整に関係なく、4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardのすべての設定よって、全体のデータスループットが決まります。いかなる場合もデータ損失が発生することはなく、いかなる設定でも100%エラーのないデータ フローが実現されます。


このライン カードでは、内部クロック リファレンスとしてStratum3(S3)が使用されています。ただし、ポートのどれかがStratum1(S1)精度である場合は、このポートをシステムクロックのローカル リファレンスとして使用できます。この場合、ポインタ調整は非常に限定されたものとなります。有効なSONETネットワークのS1クロックソースからシステム クロックのタイミングが取得される場合、同期インターフェイス上ではポインタ調整は発生しません。別のSONETネットワーク上の非同期インターフェイスでは、最低限のポインタ調整(S1ポインタ調整のみ)が発生します。この場合のポインタ調整は他のポートのクロックの精度に比例します。


) show controller posコマンドを使用すると、Positive Stuff Event(PSE)とNegative Stuff Event(NSE)の値を安全に無視することができます。


まとめ

4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardには、入力ポートをシステムクロックの同期ソースとして選択する機能があります。このようにすると、選択したポートと同期するポート上ではポインタ調整が排除されます。そのライン カード上のポートのうち、選択したリファレンス ポートと同期をとらないポートでは、そのポートのクロック精度に応じたレートでポインタ調整が実行されます。

ローカル タイミングを取得するポートはStratum3になります。回線タイミングを取得するポートのクロック精度は、接続先ネットワークによって異なります。Stratum3クロックまたはStratum1の場合もあれば、より精度が低い場合もあります。この問題が該当するのは、マルチポート カードだけです。また、ライン カード上のすべてのポートが同じSONET/SDHネットワークに接続されている場合は、この問題は生じません。

4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardの設定

ここでは、4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardを設定する手順について説明します。

「初期設定」

「インターフェイスの設定」

「showコマンドによるコントローラおよびインターフェイス ステータスの確認」

初期設定

show running-config コマンドを使用して、現在のポート設定情報を表示します。電源投入時には、新しい4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Card上のインターフェイスはシャットダウン状態になっています。インターフェイスをイネーブルにするには、インターフェイスごとにコンフィギュレーション モードで no shutdown コマンドを入力します。追加のコンフィギュレーション コマンドを入力せずに4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Card上でインターフェイスをイネーブルにする(シャットダウン状態から抜け出す)と、そのインターフェイスに対してデフォルトのインターフェイス コンフィギュレーション ファイル パラメータが使用されます。表 6に、インターフェイスのデフォルト設定パラメータを示します。

 

表 6 インターフェイスのデフォルト設定値

パラメータ
コンフィギュレーション コマンド
デフォルト値

カプセル化

[no] encapsulation [ hdlc | ppp | frame-relay]

hdlc

トランスミッタ遅延

[no] transmitter-delay [0..255]

1

CRC(巡回冗長検査)

[no] crc [16 | 32]

32

MTU(最大伝送ユニット)

[no] mtu [64..15360]

4470バイト

キープアライブ

[no] keepalive [0..32767]

10秒

シャットダウン

[no] shutdown

shutdown

ループバック

[no] loopback [internal | network]

no loopback

SONETオーバーヘッド

[no] pos flag c2 [0..255]

207

[no] pos flag s1s0 [0..3]

0X00

[no] pos flag j0 [0..255]

1

スレッシュホールド(POS)

[no] pos threshold b1-tca [3..9]

6(10e-6)

[no] pos threshold b2-tca [3..9]

6(10e-6)

[no] pos threshold b3-tca [3..9]

6(10e-6)

[no] pos threshold sd-ber [3..9]

6(10e-6)

[no] pos threshold sf-ber [3..9]

3(10e-3)

アラーム レポート

[no] pos report {b1-tca | b2-tca | slof | slos | lais | lrdi | lrei | b3-tca | pais | plop | prdi | prei]

sf-ber、slos、slof、b1-tca、b2-tca、b3-tca、plop

フレーム同期

[no] pos framing [sdh | sonet]

sonet

クロック ソース

[no] clock source [internal | line]

line

ペイロード スクランブリング

[no] pos scramble-atm

no scrambling

インターフェイスの設定

ここでは、基本設定(インターフェイスをイネーブルにし、IPルーティングを指定する)の実行方法について説明します。新しい4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardが正しく装着されていることを確認してから、 configure コマンドを使用して新しいインターフェイスを設定します。インターフェイスのIPアドレスなど、必要な情報を調べておきます。

使用するシステム コンフィギュレーションによっては、その他のコンフィギュレーション サブコマンドも入力しなければならない場合があります。

使用できるコンフィギュレーション サブコマンドおよびコンフィギュレーション オプションについては、「参考資料」に記載されている資料のうち、該当するソフトウェア マニュアルを参照してください。

Cisco 12000シリーズ インターネット ルータは、 slot/port という形式のライン カード スロット番号およびポート番号によって、インターフェイス アドレスを識別します。4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardには0~3の番号の付いた4つのポートがあります。たとえば、ライン カード スロット1に搭載された4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Card上のインターフェイスの上部ポートのスロット/ポート アドレスは、1/0です。

configure コマンドを使用する前に、 enable コマンドを使用してEXECコマンド インタプリタのイネーブル レベルを開始する必要があります。パスワードが設定されている場合、パスワード入力を要求するプロンプトが表示されます。

4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardを設定する手順は以下のとおりです。特に明記されていないかぎり、各ステップの最後で Return キーを押してください。


ステップ 1 configure terminal EXECコマンドを入力して、グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

router# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
 

ステップ 2 インターフェイスを選択します。

router(config)# interface pos 5/0
 

ステップ 3 ip address インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用してIPアドレスおよびサブネット マスクを指定します。

router(config-if)# ip address 10.0.1.1 255.255.255.0
 

ステップ 4 シャットダウン ステートをUpに変更し、インターフェイスをイネーブルにするには、 no shutdown インターフェイス コマンドを使用します。

router(config-if)# no shutdown
 

ステップ 5 その他のコンフィギュレーション サブコマンドを使用して、ルーティング プロトコルをイネーブルにし、インターフェイス特性を調整します。

ステップ 6 exit を入力してコンフィギュレーション モードを終了します。

router(config-if)# exit
router(config)# exit
router#
 

ステップ 7 copy running-config startup-config コマンドを使用して、NVRAM(不揮発性RAM)に新しい設定を保存します。

router# copy running-config startup-config
[OK]
router#
 


 

設定例

スロット5に4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardが搭載されているCisco 12000インターネット ルータに対するコンフィギュレーション コマンドの設定例を示します。

router# configure terminal
router(config)# interface pos 5/0
router(config-if)# ip address 10.0.1.1 255.255.255.0
router(config-if)# no shutdown
router(config-if)# exit
 

showコマンドによるコントローラおよびインターフェイス ステータスの確認

4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardを取り付けたら、 show コマンドを使用してコントローラおよびインターフェイスのステータスを確認します。ここでは、コンフィギュレーションの確認に使用する show コマンドの説明と例を示します。以下の例では、説明は4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardの設定確認に関連するフィールドだけに限定します。

show versionコマンドの使用方法

show version コマンドを使用すると、システム ハードウェアの構成、ソフトウェア リリース、コンフィギュレーション ファイルの名前とソース、およびブート イメージが表示されます。リストに新しい4-Port OC-12c/STM-4c POS/SDH ISE Line Cardのインターフェイスが含まれていることを確認してください。

router# show version
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) GS Software (GSR-P-M), Experimental Version 12.0(20010608:063728) [rdubey-conn_isp.daily 301]
Copyright (c) 1986-2001 by cisco Systems, Inc.
Compiled Fri 13-Jul-01 03:24 by rdubey
Image text-base:0x60010950, data-base:0x6218A000
ROM:System Bootstrap, Version 11.2(17)GS2, [htseng 180] EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (fc1)
BOOTLDR:GS Software (GSR-BOOT-M), Version 11.2(9)GS7, EARLY DEPLOYMENT, RELEASE SOFTWARE (fc1)
router uptime is 14 minutes
System returned to ROM by reload at 12:30:33 EST Tue Jul 17 2001
System restarted at 12:58:21 EST Tue Jul 17 2001
System image file is "tftp://10.1.2.253/gsr-p-mz:120-20.3.S"
cisco 12012/GRP (R5000) processor (revision 0x01) with 262144K bytes of memory.
R5000 CPU at 200Mhz, Implementation 35, Rev 2.1, 512KB L2 Cache
Last reset from power-on
1 Route Processor Card
1 Clock Scheduler Card
3 Switch Fabric Cards
1 16-port OC3 POS controller (16 POS).
1 four-port OC12 POS controller (4 POS).
1 Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
20 Packet over SONET network interface(s)
507K bytes of non-volatile configuration memory.
20480K bytes of Flash PCMCIA card at slot 0 (Sector size 128K).
8192K bytes of Flash internal SIMM (Sector size 256K).
Configuration register is 0x0
router#
 

show controller posコマンドの使用方法

show controller posコマンドを使用すると、選択したスロットのPOSコントローラに関するアラームおよびイベント情報が表示されます。次の例は、スロット2のライン カードに対するものです。

router# show controllers pos 2/0
POS2/0
SECTION
LOF = 0 LOS = 0 BIP(B1) = 0
LINE
AIS = 0 RDI = 0 FEBE = 0 BIP(B2) = 0
PATH
AIS = 0 RDI = 0 FEBE = 0 BIP(B3) = 0
LOP = 0 NEWPTR = 0 PSE = 0 NSE = 0
Active Defects:None
Active Alarms: None
Alarm reporting enabled for:SF SLOS SLOF B1-TCA B2-TCA PLOP B3-TCA
Framing:SONET
APS
COAPS = 0 PSBF = 0
State:PSBF_state = False
ais_shut = FALSE
Rx(K1/K2):00/00 S1S0 = 00, C2 = CF
Remote aps status non-aps; Reflected local aps status non-aps
CLOCK RECOVERY
RDOOL = 0
State:RDOOL_state = False
PATH TRACE BUFFER :STABLE
Remote hostname :MFR2
Remote interface:POS7/0
Remote IP addr :2.0.1.2
Remote Rx(K1/K2):00/00 Tx(K1/K2):00/00
BER thresholds: SF = 10e-3 SD = 10e-6
TCA thresholds: B1 = 10e-6 B2 = 10e-6 B3 = 10e-6
 

電磁適合性

FCCクラスAとの適合(米国)

この装置はテスト済みであり、FCCルールPart 15に規定された仕様のクラスAデジタル装置の制限に適合していることが確認済みです。これらの制限は、商業環境で装置を使用したときに、干渉を防止する適切な保護を規定しています。この装置は、無線周波エネルギーを生成、使用、または放射する可能性があり、この装置のマニュアルに記載された指示に従って設置および使用しなかった場合、ラジオおよびテレビの受信障害が起こることがあります。住宅地でこの装置を使用すると、干渉を引き起こす可能性があります。その場合には、ユーザ側の負担で干渉防止措置を講じる必要があります。

シスコシステムズの書面による許可なしに装置を改造すると、装置がクラスAのデジタル装置に対するFCC要件に適合しなくなることがあります。その場合、装置を使用するユーザの権利がFCC規制により制限されることがあり、ラジオまたはテレビの通信に対するいかなる干渉もユーザ側の負担で矯正するように求められることがあります。

装置の電源を切ることによって、この装置が干渉の原因であるかどうかを判断できます。干渉がなくなれば、シスコシステムズの装置またはその周辺機器が干渉の原因になっていると考えられます。装置がラジオまたはテレビ受信に干渉する場合には、次の方法で干渉が起きないようにしてください。

干渉がなくなるまで、テレビまたはラジオのアンテナの向きを変えます。

テレビまたはラジオの左右どちらかの側に装置を移動させます。

テレビまたはラジオから離れたところに装置を移動させます。

テレビまたはラジオとは別の回路にあるコンセントに装置を接続します(装置とテレビまたはラジオがそれぞれ別個のブレーカーまたはヒューズで制御されるようにします)。

CISPR 22

この装置は、電磁波放射のCISPR 22およびEN55022クラスB要件に適合しています。

クラスA(カナダ)

適合性

この装置はカナダにおけるICES-003に適合するクラスAデジタル装置です。

クラスB(欧州/EU)

この装置は、ITE/TTE装置として使用した場合に、EN55022クラスBおよびEN55024の標準規格に適合します。また、Telecommunications Network Equipment(TNE)に関する EN 300 386-2(EN55022クラスB非セントラル オフィス装置)に適合しています。

VCCIクラスA(日本)

この装置は、情報処理装置等電波障害自主規制協議会(VCCI)の基準に基づくクラスA情報技術装置です。この装置を家庭環境で使用すると、電波妨害を引き起こすことがあります。この場合には、使用者が適切な対策を取るように要求されることがあります。

マニュアルの入手方法

ここでは、シスコ製品のマニュアルを入手する方法について説明します。

WWW

WWW上の次のサイトから、シスコ製品の最新資料を入手することができます。

http://www.cisco.com

http://www.cisco.com/jp

http://www-china.cisco.com

http://www-europe.cisco.com

Documentation CD-ROM

シスコ製品のマニュアルおよびその他の資料は、製品に付属のCD-ROMパッケージでご利用いただけます。Documentation CD-ROMは毎月更新されるので、 印刷資料よりも 新しい情報が得られます。このCD-ROMパッケージは、単独または年間契約で入手することができます。

マニュアルの発注方法

シスコ製品のマニュアルは、次の方法でご発注いただけます。

Cisco Direct Customersに登録されている場合、Networking Products MarketPlaceからシスコ製品のマニュアルを発注できます。次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/cgi-bin/order/order_root.pl

Cisco.com登録ユーザの場合、Subscription StoreからオンラインでDocumentation CD-ROMを発注できます。次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/go/subscription

Cisco.comに登録されていない場合、製品を購入された代理店へお問い合わせください。

テクニカル サポート

シスコシステムズでは、技術上のあらゆる問題の支援窓口としてCisco.comを運営しています。お客様およびパートナーはオンライン ツールからマニュアル、トラブルシューティングに関するヒント、およびコンフィギュレーション例を入手できます。Cisco.comにご登録済みのお客様は、Technical Assistance Center(TAC)のWebサイトからトラブルシューティング用のツールを入手することもできます。Cisco.comへのご登録については、製品を購入された代理店へお問い合わせください。

Cisco.com

Cisco.comは、いつでもどこからでも、シスコシステムズの情報やリソースにアクセスできる対話形式のネットワーク サービスです。優れた、使いやすい統合インターネット アプリケーションにより、シスコ製品をより一層、有効にご活用いただけます。

Cisco.comでは、お客様やパートナーが業務を効率化し、生産性を向上できるように、広範囲の機能とサービスを提供しています。Cisco.comには、シスコシステムズの概要、ネットワーキング ソリューション、サービス、プログラムなどの情報が掲載されています。また、オンライン テクニカル サポートによる技術上の問題の解決、ソフトウェア パッケージのダウンロードおよびテスト、シスコシステムズのトレーニング資料や製品の発注を行うこともできます。さらに、オンラインでのスキル査定、トレーニング、認定プログラムといった有益なサービスも提供しています。

Cisco.comに登録されると、各ユーザに合った情報やサービスをご利用いただくことができます。Cisco.com登録ユーザは、製品を発注 したり 、発注状況を確認したり テクニカル サポートをご利用いただけるほか、各ユーザに応じた特典を受けることができます。

Cisco.comには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com
http://www.cisco.com/jp

TAC

TAC Webサイトでは、お客様が加入されたメンテナンス契約の保証範囲に基づいて、シスコ製品または技術についてのテクニカル サポートを受けることができます。

TAC Webサイトへのアクセス

プライオリティ レベル3(P3)またはプライオリティ レベル4(P4)の問題がある場合には、次のURLからTAC Webサイトにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/tac

P3およびP4レベルの問題とは、次のような状況です。

P3 ― ネットワークのパフォーマンスが低下している。ネットワークが十分に機能していないが、ほとんどの業務運用を継続できる場合。

P4 ― シスコ製品の機能、インストレーション、基本的なコンフィギュレーションについて、情報または支援が必要な場合。

このような場合、TAC Webサイトで、ご質問に対する回答を簡単に検索することができます。

Cisco.comに登録するには、次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/register/

Cisco.com登録ユーザは、TAC Webサイトで技術上の問題を解決できなかった場合、TAC Case Openツールのオンライン サービスを利用することができます。TAC Case OpenツールのURLは次のとおりです。

http://www.cisco.com/tac/caseopen

Japan TAC Web サイト

Japan TAC Web サイトでは、利用頻度の高い TAC Web サイト(http://www.cisco.com/tac)のドキュメントを日本語で提供しています。Japan TAC Web サイトには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/jp/go/tac

サポート契約を結んでいない方は、「ゲスト」としてご登録いただくだけで、Japan TAC Web サイトのドキュメントにアクセスできます。

Japan TAC Web サイトにアクセスするには、Cisco.com のログインID とパスワードが必要です。ログイン ID とパスワードを取得していない場合は、次のURLにアクセスして登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/jp/register/

電話によるTACの利用

プライオリティ レベル1(P1)またはプライオリティ レベル2(P2)の問題が発生した場合には、TACに電話でお問い合わせください。TACフリーダイヤルの国別電話番号は、次のURLを参照してください。

http://www.cisco.com/warp/public/687/Directory/DirTAC.shtm l

P1およびP2レベルの問題とは、次のような状況です。

P1 ― ネットワークがダウンし、すぐにサービスを回復しなければ業務に致命的な損害が発生するが、対応策が見つからない場合。

P2 ― ネットワークの性能が著しく低下したため、業務に大きな影響があるが、対応策が見つからない場合。