ルータ : Cisco 12000 シリーズ ルータ

Cisco 12000 シリーズ インターネット ルータ ライン カード ケーブル マネジメント ブラケット コンフィギュレーション ノート

Cisco 12000 シリーズ インターネット ルータ ライン カード ケーブル マネジメント ブラケット コンフィギュレーション ノート
発行日;2011/12/22 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco 12000 シリーズ インターネット ルータ ライン カード ケーブル マネジメント

マニュアルの内容

インストレーションの準備

安全に関する注意事項

静電破壊の防止

必要な工具および器具

ライン カード ケーブル マネジメント ブラケット

ライン カード ケーブル マネジメント ブラケットの取り外し

ライン カード ケーブル マネジメント ブラケットの取り付け

マニュアルの入手方法

Cisco.com

Documentation CD-ROM

マニュアルの発注方法

テクニカル サポート

TAC Webサイト

Japan TAC Webサイト

TAC Caseの利用

TACが扱う問題のプライオリティ

その他の資料および情報の入手方法

Cisco 12000 シリーズ インターネット ルータ ライン カード ケーブル マネジメント
ブラケット コンフィギュレーション ノート

Customer Order Number: DOC-J-7813208=

 

このマニュアルでは、ライン カードにCisco 12000シリーズ インターネット ルータ ライン カード ケーブル マネジメント ブラケットを取り付ける手順について説明します。このマニュアルは、すべてのCisco 12000 シリーズ インターネット ルータのすべてのライン カードに使用できます。

インストレーションの準備

インストレーションの準備として、次の項目について説明します。

安全に関する注意事項

静電破壊の防止

必要な工具および器具

安全に関する注意事項

このマニュアルに記載されている作業を行う前に、人身事故または機器の損傷を防ぐために、ここで説明する安全に関する注意事項を確認してください。

次の注意事項に従って、安全を確保し、機器を保護してください。この注意事項は、起こりうる危険な状況がすべて網羅されているわけではありません。常に注意が必要です。


) ライン カードの取り付け、設定、およびメンテナンスを行う前に、ルータに付属している『Regulatory Compliance and Safety Information for Cisco 12000 Series Internet Router』(Text Part Number: 78-4347-xx)に記載されている安全上の警告を確認してください。


作業中はもとより作業後も、周辺を埃のない清潔な状態にしておいてください。レーザーを使用する部品に塵や埃が入らないように注意が必要です。

ライン カードを取り扱うときには、ルータに引っ掛かるような衣服、装身具などを着用しないでください。

シスコの機器が安全に稼働するのは、仕様および製品の使用手順に従った場合です。

静電破壊の防止

ESD(静電気放電)により、装置や電子回路が損傷を受けることがあります(静電破壊)。静電破壊は電子部品の取り扱いが不適切な場合に発生し、故障または間欠的な障害をもたらします。EMI(電磁波干渉)シールドは、ライン カードを構成する部品です。ネットワーク機器またはその部品を取り扱うときには、静電気防止用リスト ストラップを着用してください。

ESDによる損傷を防ぐために、次の注意事項に従ってください。

静電気防止用リストまたはアンクル ストラップを肌に密着させて着用してください。接続コードの装置側をルータのESD接続ソケット、またはシャーシの塗装されていない金属部分に接続します。

ライン カードを取り扱うときには、非脱落型ネジ、付属のハンドル、イジェクト レバー、またはライン カードの金属製フレームだけを持ってください。基板またはコネクタ ピンには手を触れないようにしてください。

取り外したライン カードは、基板側を上向きにして、静電気防止用シートに置くか、静電気防止用袋に収めます。コンポーネントを返却する場合は、取り外したあと、ただちに静電気防止用袋に入れてください。

ライン カードと衣服が接触しないように注意してください。リスト ストラップは身体の静電気から基板を保護するだけです。衣服の静電気が、静電破壊の原因になることがあります。

必要な工具および器具

ライン カード ケーブル マネジメント ブラケットの取り外し/取り付けに、次の工具および部品が必要です。

マイナスまたはプラス ドライバ

静電気防止用リスト ストラップおよび静電気防止手順

ライン カード ケーブル マネジメント ブラケット

Cisco 12000 シリーズ インターネット ルータのケーブル マネジメント システムは、ルータに接続するインターフェイス ケーブルを整理し、ケーブルが垂れ下がったり極端に曲がったりするのを防ぐ役割を果たします。


注意 インターフェイス ケーブルが極端に曲がると、ケーブルが損傷することがあります。

ケーブル マネジメント システムは、次の2つのコンポーネントで構成されています。

1. シャーシに取り付けるケーブル マネジメント トレイ。ケーブル マネジメント トレイの詳細については、該当するCisco 12000 シリーズ インターネット ルータ インストレーション コンフィギュレーション ガイドを参照してください。

2. ライン カードに取り付けるケーブル マネジメント ブラケット

ここでは、ライン カードのケーブル マネジメント ブラケットについて説明します。図1にシングル ポート ライン カード用ケーブル マネジメント ブラケット、図2にマルチポート ライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットを示します。

図1 シングル ポート ライン カード用ケーブル マネジメント ブラケット

 

図2 マルチポート ライン カード用ケーブル マネジメント ブラケット

 


) スペアのライン カードを発注した場合、ライン カードはケーブル マネジメント ブラケットが取り付けられていない状態で出荷されます。ライン カードにケーブル マネジメント ブラケットを取り付けてから、ライン カードをルータに搭載してください。



注意 ケーブル マネジメント ブラケットを取っ手代わりにして、ライン カードを押し込んだり引き出したりしないでください。ケーブル マネジメント ブラケットは、インターフェイス ケーブルの支持用として作られているので、ブラケットを持ってライン カードを着脱したり、ルータから取り外したライン カードを持ち運んだりすると、ブラケットが壊れることがあります。

次に、ライン カード ケーブル マネジメント ブラケットの取り外し/取り付け手順について説明します。

ライン カード ケーブル マネジメント ブラケットの取り外し

ライン カード ケーブル マネジメント ブラケットの取り付け

ライン カード ケーブル マネジメント ブラケットの取り外し

次の手順で、ライン カード ケーブル マネジメント ブラケットを取り外します。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを着用して、使用手順に従います。

ステップ 2 ライン カードごとに、インターフェイス ケーブルとポートの接続が現在どのようになっているかを書き留めます。

ステップ 3 ライン カード最下部のポートに接続されたインターフェイス ケーブルから順に、ライン カードのインターフェイスからケーブルを外します。


) ライン カード ケーブル マネジメント ブラケットからインターフェイス ケーブルを取り外す必要はありません。(ケーブルを取り付けた)ブラケットは、新しいライン カードを取り付けるまで、ケーブル マネジメント トレイまたはシャーシのブラケットにひっかけておきます。


ステップ 4 マルチポート ライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットの場合は、ケーブル支柱の端にあるベルクロ ストラップからインターフェイス ケーブルを引き上げて外します(図3を参照)。
シングル ポート ライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットの場合は、ケーブル クリップからインターフェイス ケーブルを慎重に外します(図4を参照)。ケーブルがよじれたり極端に曲がったりしないように注意してください。

図3 マルチポート ライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットの取り付け/取り外し(4-Port OC-48c/STM-16c DPT Line Cardの場合)

 

 

1

シャーシのケーブル マネジメント トレイ

3

ライン カード ケーブル マネジメント ブラケット

2

ベルクロ ストラップ

4

光ファイバ ケーブル

図4 シングル ポート ライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットの取り付け/取り外し(1-Port OC-192c/STM-64c DPT Line Cardの場合)

 

 

1

シャーシのケーブル マネジメント トレイ

3

インターフェイス ケーブル

2

ケーブル クリップ

4

ライン カード ケーブル マネジメント ブラケット

ステップ 5 残っているすべてのインターフェイス ケーブルでステップ 3およびステップ 4を繰り返し、ステップ 6に進みます。

ステップ 6 マルチポート ライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットの場合、ケーブル マネジメント ブラケットの両側にある非脱落型ネジを緩め、ライン カードからブラケットを外します。
シングル ポート ライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットの場合、ケーブル マネジメント ブラケットの非脱落型ネジを緩め、ライン カードからブラケットを外します。


 

ライン カード ケーブル マネジメント ブラケットの取り付け

次の手順で、ライン カード ケーブル マネジメント ブラケットを取り付けます。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを着用して、使用手順に従います。

ステップ 2 次の手順で、ライン カード ケーブル マネジメント ブラケットをライン カードに取り付けます。

a. ケーブル マネジメント ブラケットをライン カードの前面プレートに合わせます。

b. 非脱落型ネジを差し込んで締め、ライン カードにブラケットを固定します。

c. ライン カード最下部のポートから順に、各インターフェイス ケーブルを該当するポートに接続します。

ステップ 3 マルチポート ライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットの場合、ケーブルに付属のベルクロ ストラップをていねいに巻き付けます(図3を参照)。シングル ポート ライン カード用ケーブル マネジメント ブラケットの場合は、ケーブル クリップにインターフェイス ケーブルを慎重に押し込みます(図4を参照)。ケーブルがよじれたり極端に曲がったりしないように注意してください。


 

マニュアルの入手方法

シスコの製品マニュアル、テクニカル サポート、およびその他のリソースは、さまざまな方法で入手することができます。ここでは、シスコ製品に関する技術情報を入手する方法について説明します。

Cisco.com

WWW上の次のURLから、シスコ製品の最新資料を入手することができます。

http://www.cisco.com/univercd/home/home.htm

シスコのWebサイトには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com
http://www.cisco.com/jp

シスコのWebサイトの各国語版へは、次のURLからアクセスできます。

http://www.cisco.com/public/countries_languages.shtml

Documentation CD-ROM

シスコ製品のマニュアルおよびその他の資料は、製品に付属のCisco Documentation CD-ROMパッケージでご利用いただけます。Documentation CD-ROMは定期的に更新されるので、印刷資料よりも新しい情報が得られます。このCD-ROMパッケージは、単独、年間または3ヶ月単位の契約で入手することができます。

Cisco.com登録ユーザの場合、Cisco Orderingツールを利用して、Documentation CD-ROM(Customer Order Number DOC-CONDOCCD=)を個別に発注できます。次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/partner/ordering/ordering_place_order_ordering_tool_launch.html

ユーザであればどなたでも、Subscription Storeからオンラインで、年間または3ヶ月単位の申し込みが可能です。次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/go/marketplace

マニュアルの発注方法

マニュアルの発注方法については、次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/es_inpck/pdi.htm

シスコ製品のマニュアルは、次の方法でご発注いただけます。

Cisco.com(Cisco Direct Customers)に登録されている場合、Networking Products MarketPlaceからシスコ製品のマニュアルを発注できます。次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/partner/ordering/index.shtml

Cisco.comに登録されていない場合、製品を購入された代理店へお問い合わせください。

テクニカル サポート

有効なシスコ サービス契約を保有しているお客様、パートナー、リセラー、および代理店であれば、オンラインで、または電話を利用して、受賞経験のあるTACのテクニカル サポート サービスを24時間ご利用いただけます。Cisco.comではオンライン テクニカル サポートの出発点として、TAC Webサイトを運営しています。

TAC Webサイト

TAC Webサイト( http://www.cisco.com/tac )では、シスコの製品およびテクノロジーに関連する技術的な問題を突き止めて解決できるように、資料およびツールをオンラインで提供しています。TAC Webサイトは、365日24時間ご利用いただけます。

TAC Webサイトの各種ツールをご利用になるには、Cisco.comのユーザIDおよびパスワードが必要です。サービス契約が有効で、ログインIDまたはパスワードを取得していない場合は、次のURLにアクセスして登録手続きを行ってください。

http://tools.cisco.com/RPF/register/register.do

Japan TAC Webサイト

Japan TAC Webサイトでは、利用頻度の高いTAC Webサイト( http://www.cisco.com/tac )のドキュメントを日本語で提供しています。Japan TAC Webサイトには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/jp/go/tac

サポート契約を結んでいない方は、「ゲスト」としてご登録いただくだけで、Japan TAC Webサイトのドキュメントにアクセスできます。

Japan TAC Webサイトにアクセスするには、Cisco.comのログインIDとパスワードが必要です。ログインIDとパスワードを取得していない場合は、次のURLにアクセスして登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/jp/register/

TAC Caseの利用

オンラインのTAC Case Open Tool( http://www.cisco.com/tac/caseopen )は、P3およびP4レベルの問題(ネットワークの障害が最小限または製品情報が必要な場合)を解決する最も手軽な手段です。状況を記述すると、TAC Case Open Toolが即時解決に必要なリソースを自動的に推奨します。推奨に従っても問題を解決できなかった場合は、TACのエンジニアに問題が委ねられます。

P1またはP2の問題(実働ネットワークが停止しているか、またはパフォーマンスが著しく低下している場合)またはインターネットを利用できない場合は、電話でTACへご連絡ください。P1およびP2の問題にはただちにTACエンジニアが割り当てられ、業務を支障なく運用できるようにお手伝いします。

ご利用いただく電話番号は、次のとおりです。

アジア太平洋:+61 2 8446 7411(オーストラリア: 1 800 805 227)
EMEA: +32 2 704 55 55
USA: 1 800 553-2447

TACの連絡先の詳細なリストについては、次のURLを参照してください。

http://www.cisco.com/warp/public/687/Directory/DirTAC.shtml

TACが扱う問題のプライオリティ

標準の形式にのっとってすべての問題を報告していただくために、シスコでは問題のプライオリティを定義しています。

プライオリティ レベル1(P1) ― 既存ネットワークが「停止」した場合、または業務に重大な影響が発生した場合。お客様とシスコは24時間態勢で必要なあらゆるリソースを投入し、状況の解決に当たります。

プライオリティ レベル2(P2) ― 既存ネットワークの運用パフォーマンスが著しく低下した場合、またはシスコ製品の性能不足によって、業務の相当部分が悪影響を受けた場合。状況を解決できるように、お客様とシスコは通常の営業時間内にフルタイム リソースを投入します。

プライオリティ レベル3(P3) ― ネットワークのパフォーマンスが低下しているが、ほとんどの業務運用を継続できる場合。満足できるレベルまでサービスを復旧できるように、通常の営業時間内にお客様とシスコはリソースを投入します。

プライオリティ レベル4(P4) ― シスコ製品の機能、インストレーション、コンフィギュレーションについて、情報または支援が必要な場合。業務への影響はほとんどないか、またはまったくありません。

その他の資料および情報の入手方法

シスコの製品、テクノロジー、およびネットワーク ソリューションに関する情報について、さまざまな資料をオンラインおよび印刷物で入手することができます。

『Cisco Product Catalog 』には、シスコシステムズが提供するネットワーキング製品のほか、発注方法やカスタマー サポート サービスについての情報が記載されています。『 Cisco Product Catalog 』には、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/products/products_catalog_links_launch.html

Cisco Pressでは、ネットワーク関連の出版物を幅広く発行しています。初心者から上級者まで、さまざまな読者向けの出版物があります。『 Internetworking Terms and Acronyms Dictionary 』、
Internetworking Technology Handbook 』、『 Internetworking Troubleshooting Guide 』、『 Internetworking Design Guide 』などです。Cisco Pressの最新の出版情報などについては、次のURLからアクセスしてください。

http://www.ciscopress.com

Packet 』は、シスコシステムズが発行する季刊誌です。専門家がネットワーキングから最大限の投資効果を引き出せるように、ネットワーキングの最新動向、画期的なテクノロジー、シスコの製品およびソリューションについて情報を提供しています。ネットワークの配備およびトラブルシューティングのヒント、コンフィギュレーション例、お客様の事例研究、チュートリアル、トレーニング、認定情報、多数の専門的なオンライン リソースへのリンクなどがあります。『 Packet 』には、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/go/packet

iQ Magazine 』は、シスコシステムズが発行する隔月刊誌で、管理職向けにインターネット ビジネス ストラテジーの最新情報を提供しています。『 iQ Magazine 』には、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/go/iqmagazine

Internet Protocol Journal 』は、インターネットおよびイントラネットの設計、開発、運用を担当するエンジニア向けに、シスコシステムズが発行する季刊誌です。『 Internet Protocol Journal 』には、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/about/ac123/ac147/about_cisco_the_internet_protocol_journal.html

トレーニング ― シスコシステムズでは、最高水準のネットワーキング トレーニングを提供しています。現在提供しているネットワーク トレーニングについては、次のURLで確認してください。

http://www.cisco.com/en/US/learning/le31/learning_learning_resources_home.html