Cisco 10000 シリーズ ルータ Line Card コンフィギュレーション ガイド
4-Port Channelized T3 Half-Height Line Card の設定
4-Port Channelized T3 Half-Height Line Card の設定
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

4-Port Channelized T3 Half-Height Line Card の設定

ソフトウェア サポート

ハードウェアとソフトウェアの互換性の確認

機能の概要

デフォルト値

インターフェイス構文

インターフェイスの設定例

非チャネライズド T3 コマンド

T3 インターフェイスの非チャネライズドとしての設定

DSU モードの指定

サブレート T3 帯域幅の指定

フレーミング タイプの設定

スクランブリングのイネーブル化

アイドル文字の指定

BER テストの設定

ケーブル長の指定

MDL メッセージの入力

クロック ソースの設定

ループバック モードの設定

機器ループバックの実行

チャネライズド T3 コマンド

T3 インターフェイスのチャネライズドとしての設定

ケーブル長の指定

フレーミング タイプの設定

MDL メッセージの入力

アイドル パターンの指定

クロック ソースの設定

ループバック モードの設定

機器ループバックの実行

DS0 タイムスロットおよび T1 のチャネルグループ コマンド

チャネライズド T1 コマンド

フレーミング フォーマットの設定

イエロー アラームの制御

クロック ソースの設定

FDL の設定

BER テストの設定

T1 ループバック モードの設定

ライン カード冗長構成によるハイ アベイラビリティ

ライン カード冗長構成の前提条件

ライン カード冗長構成の制約事項

ライン カード冗長性の設定

ライン カード冗長構成の確認およびモニタリング

ライン カードのスイッチオーバーの手動実行

ライン カード冗長性の削除

フェールオーバー条件

コマンド リファレンス

show controllers t3 bert コマンド

linecard-group y-cable コマンド

member subslot コマンド

4-Port Channelized T3 Half-Height Line Card の設定

この章では、Cisco 10000 シリーズ 4-Port Channelized T3 Half-Height Line Card(以下、4 ポート チャネライズド ハーフハイト ライン カード)について説明します。

4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カードを Cisco 10000 ルータに装着すると、高密度 T3 サービスの DS3 ポートを 4 つ使用可能になります(スロットごとに 8 つの T3 ポート)。

具体的な内容は次のとおりです。

「ソフトウェア サポート」

「機能の概要」

「デフォルト値」

「インターフェイス構文」

「インターフェイスの設定例」

「非チャネライズド T3 コマンド」

「チャネライズド T3 コマンド」

「DS0 タイムスロットおよび T1 のチャネルグループ コマンド」

「チャネライズド T1 コマンド」

「ライン カード冗長構成によるハイ アベイラビリティ」

「コマンド リファレンス」

ソフトウェア サポート

表4-1 に、4 ポート チャネライズド ハーフハイト ライン カードをサポートするリリース系統ごとに、最低限必要な Cisco IOS リリースを示します。

 

表4-1 4 ポート チャネライズド ハーフハイト ライン カードのソフトウェア サポート

必要な PRE
最低限必要な Cisco IOS リリース

PRE2

Cisco IOS Release 12.2(28)SB 以降の Cisco IOS 12.2SB リリース

ハードウェアとソフトウェアの互換性の確認

Cisco 10000 シリーズ ルータ シャーシに搭載された PRE は、ルータで稼働する Cisco IOS ソフトウェアをサポートしていなければなりません。show version コマンドを使用して、搭載されている PRE のバージョンを確認してください。

機能が Cisco IOS リリースでサポートされているかどうかを確認したり、この機能に関するソフトウェア マニュアルの入手先を調べたり、ルータに搭載されたハードウェアに対する Cisco IOS ソフトウェアの最低限のソフトウェア要件を調べるには、シスコが提供している Cisco.com の Software Advisor ツールを使用してください( http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/CompNav/Index.pl )。

このツールを使用しても、システム内のライン カードの互換性は検証されません。各ハードウェア ライン カード、モジュール、またはオプションに必要な最低限の Cisco IOS 要件が示されます。

このツールにアクセスするには、Cisco.com に登録する必要があります。

機能の概要

4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カードは、6 ポート チャネライズド T3 ライン カードと機能が非常に似ています。4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カードの異なる点は、次の機能リストにまとめてあります。

Cisco 10000 シリーズ ルータに、高密度 T3 サービスの DS3 ポートを 4 つ提供します(スロットごとに 8 つの T3 ポート)。

64 ~ 8000 バイトのパケット サイズのフル ライン レート転送をサポートします。

最初の 3 つのポートでは 256 のシリアル データ チャネル、最後のポートでは 255 のシリアルデータ チャンネルをサポートします。つまり、ハーフハイト モジュールごとに 1023 のチャネルをサポートします。

各ポートの 256(255)のシリアル データ チャネルに設定できるインターフェイスの最大数は、次のとおりです。

DS3 インターフェイス× 1

DS1 インターフェイス× 28

DS0 インターフェイス× 256(255)N

ポートの帯域幅を超えない範囲内の、上記インターフェイスの組み合わせ


) ポート 3 がサポートするのは、255 のチャネルのみです。


4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カードが 2 枚搭載され、Y 字型ケーブルで相互接続されて冗長構成を形成している場合は、ハイ アベイラビリティが実現されます。

2 つのポートからなるセットごとに、6 つの T1 Bit Error Rate(BER; ビット誤り率)テストを同時にサポートします。

新しい BER テスト パターン(3in24、1in8、および 2in8)、および BER テスト統計情報を表示するための show bert コマンドが追加されています。

T1 SF(スーパー フレーム)および拡張スーパ フレーム(Extended Super Frame)フレーミング用のリモート ループバック インバンド ルーピング コード(2in5 および 3in5)が追加されています。


) サブスロットへのハーフハイト ライン カードの取り付け方法については、『Cisco 10000 Series Routers Line Card Hardware Installation Guide』を参照してください。


デフォルト値

表4-2 に、4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カードのデフォルト値、および各回線速度に適用される値を示します。また、デフォルト値を変更するために使用するコマンド、および接続のリモート エンドで値を同じ(または反対)に設定する必要があるかどうかを示します。

 

表4-2 4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カードのデフォルト値

コマンド名
デフォルト設定
コマンド構文
リモート エンドの設定
DS 0
T1
Ch T3
Unch
T3
コントローラ コンフィギュレーション モード

cable length

249

cablelength feet

--

 

 

x

x

channelized

channelized

[ no ] channelized

--

 

 

x

x

clock source

internal

clock source [ line | internal ]

少なくとも片側を internal に設定

 

 

x

x

T1 clock source

internal

t1 t1-number clock source [ line | internal ]

少なくとも片側を internal に設定

 

x

 

 

framing

auto-detect

framing [ c-bit | m23 | auto-detect ]

同じ

 

 

x

 

T1 framing

esf

t1 t1-number framing [ esf | sf [ hdlc-idle { 0x7e | 0xff }]]

同じ

 

x

 

 

idle pattern

0x7e(flags)

idle pattern [ 0x0 to 0xff ]

同じ

 

x

x

 

インターフェイス コンフィギュレーション モード

crc(cyclic redundancy check)

16

[no] crc [ 16 | 32 ]

同じ

x

x

 

x

dsu bandwidth

44,210

dsu bandwidth bandwidth

同じ

 

 

 

x

dsu mode

cisco

dsu mode mode

同じ

 

 

 

x

encapsulation

HDLC

encapsulation [ hdlc | ppp | frame-relay ]

同じ

x

x

 

x

framing

c-bit

framing [ c-bit | m13 ]

同じ

 

 

 

x

idle character

flags(0x7e)

idle character
[ flags | marks ]

同じ

 

 

 

x

keepalive

keepalive(10 秒)

keepalive

同じ

x

x

 

x

mtu(maximum transmission unit)

1500

mtu size

同じ

x

x

 

x

scramble

スクランブルなし

[ no ] scramble

同じ

 

 

 

x

インターフェイス構文

コンフィギュレーション コマンドでインターフェイス番号を指定するには、 表4-3 の構文を使用して、4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カードのインターフェイスを指定します。

 

表4-3 4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カードのインターフェイス構文

インターフェイスのタイプ
スロット
サブスロット
ポート
(T3 番号)
T1 番号
チャネル
グループ番号

非チャネライズド

1 ~ 8/

0 または 1/

0 ~ 3

--

--

チャネライズド

1 ~ 8/

0 または 1/

0 ~ 3/

1 ~ 28

0 ~ 23

例:

コントローラ コンフィギュレーション モードで T1 インターフェイス 6 を変更:

Router(config)# controller t3 2/0/0
Router(config-controller)# t1 6
 

インターフェイス コンフィギュレーション モードで T1 インターフェイス 6、チャネル グループ 8 を変更:

Router(config)# interface serial 2/0/0/6:8
Router(config-if)#

インターフェイスの設定例

各 T3 コントローラは単一の T3 インターフェイス(フルまたはサブレート)、28 の T1 インターフェイス、またはそれ以上の個数のフラクショナル T1 として設定できます。次に、フルレートおよびサブレート T3 インターフェイス、および T1 インターフェイスとフラクショナル T1 インターフェイスを作成するための基本手順を示します。


ステップ 1 インターフェイスを作成します。次の例では、各 T3 コントローラ(2/0/0 ~ 2/0/3)に各タイプのインターフェイスが作成されます。

フルレート T3 インターフェイス

a. コントローラ コンフィギュレーション モードを開始します。

Router(config)# controller t3 2/0/0
Router(config-controller)#
 

b. フルレート T3 インターフェイスを作成するには、 no channelized コマンドを入力して、T1 インターフェイスを除去します。

Router(config-controller)# no channelized
Router(config-controller)# exit
Router(config)#
 

c. インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

Router(config)# interface serial 2/0/0
 

d. ステップ 2 に進んでください。

サブレート T3 インターフェイス

a. コントローラ コンフィギュレーション モードを開始します。

Router(config)# controller t3 2/0/1
Router(config-controller)#
 

b. サブレート T3 インターフェイスを作成するには、まずフルレート T3 インターフェイスを作成します。

Router(config-controller)# no channelized
Router(config-controller)# exit
Router(config)#
 

c. インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。このモードでは、
dsu bandwidth コマンドを使用して、サブレート T3 インターフェイスを作成できます。次の例では、帯域幅が 16,000 kbps のサブレート T3 インターフェイスが作成されます。

Router(config)# interface serial 2/0/1
Router(config-if)# dsu mode digital-link
Router(config-if)# dsu bandwidth 16000
 

d. ステップ 2 に進んでください。

フルレート T1 インターフェイス

a. コントローラ コンフィギュレーション モードを開始します。

Router(config)# controller t3 2/0/2
Router(config-controller)#
 

b. t1 channel group コマンドを使用して、T1 インターフェイスを作成します。次の例では、T1 インターフェイス 1(28 ある中の 1 つ)が、番号が 20(0 ~ 23 の任意の番号)の単一チャネル グループで構成されるように定義されます。このチャネル グループには、24 の DS0 タイムスロットすべてが含まれます。

Router(config-controller)# t1 1 channel-group 20 timeslots 1-24
 

c. 作成したチャネル グループに対して、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

Router(config)# interface serial 2/0/2/1:20
 

d. ステップ 2 に進んでください。

フラクショナル T1 インターフェイス

a. コントローラ コンフィギュレーション モードを開始します。

Router(config)# controller t3 2/0/3
Router(config-controller)#
 

b. t1 channel group コマンドを使用して、フラクショナル T1 インターフェイスを作成します。次の例では、T1 インターフェイス 3(28 ある中の 1 つ)が、番号19、20、および 21(0 ~ 23 の番号が有効)の 3 つのチャネル グループで構成されるように定義されます。これらのチャネル グループには、合計 24 の DS0 タイムスロットが含まれています。各チャネル グループは個別のインターフェイスを表します。

Router(config-controller) t1 3 channel-group 19 timeslots 1-6, 10
Router(config-controller) t1 3 channel-group 20 timeslots 7,8,9
Router(config-controller) t1 3 channel-group 21 timeslots 11-24
 

c. 次のように、1 つのチャネル グループに対して、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

Router(config)# interface serial 2/0/3/3:19
 

d. ステップ 2 に進んでください。

ステップ 2 カプセル化方式を入力します。次に、フレームリレー カプセル化を使用する場合のコマンドを示します。PPP または HDLC も選択できます。

Router(config-if)# encapsulation frame relay
 

ステップ 3 システム上で IP ルーティングがイネーブルな場合は、次のように IP アドレスおよびサブネット マスクを割り当てます。

Router(config-if)# ip address 172.16.32.49 255.255.0.0
 

ステップ 4 ルーティング プロトコルをイネーブルにするために必要なコンフィギュレーション サブコマンドをすべて追加し、インターフェイス回線の特性を設定します。

ステップ 5 シャットダウン ステートをアップに変更して、インターフェイスをイネーブルにします。

Router(config-if)# no shutdown
 

ステップ 6 コンフィギュレーション サブコマンドをすべて入力して、設定を完了したら、 Ctrl-Z を押して、コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 7 新しい設定を NVRAM(不揮発性 RAM)に書き込むには、次のように入力します。

Router# copy running-config startup-config
 


 

作成したインターフェイス設定は、該当する Cisco IOS コンフィギュレーション コマンドを使用して、いつでも変更できます。

非チャネライズド T3 コマンド

デフォルトでは、4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カードの T3 インターフェイスは、28 の T1 インターフェイスにチャネル化されます。フルレートまたはサブレート T3 インターフェイスを作成するには、T3 インターフェイスを非チャネル化する必要があります。ここでは、フルレートおよびサブレート T3 インターフェイスを作成、カスタマイズ、およびテストする場合に使用するコマンドについて説明します。内容は次のとおりです。

「T3 インターフェイスの非チャネライズドとしての設定」

「DSU モードの指定」

「サブレート T3 帯域幅の指定」

「フレーミング タイプの設定」

「スクランブリングのイネーブル化」

「アイドル文字の指定」

「BER テストの設定」

「ケーブル長の指定」

「MDL メッセージの入力」

「クロック ソースの設定」

「ループバック モードの設定」

「機器ループバックの実行」


) T3 インターフェイスを非チャネライズド インターフェイスとして設定するには、コントローラ コンフィギュレーション モードを開始する必要があります。非チャネライズド T3 インターフェイスのその他のすべての設定を行うには、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始する必要があります。


T3 インターフェイスの非チャネライズドとしての設定

T3 インターフェイスのデフォルト値は、チャネライズドです。非チャネライズド T3 インターフェイスを作成するには、まず、設定する T3 コントローラに対して、コントローラ コンフィギュレーション モードを開始する必要があります。

controller T3 slot/sub-slot/port
 

コントローラ コンフィギュレーション モードを開始したら、 no channelized コマンドを使用して、T3 インターフェイスを非チャネライズド(クリア チャネル)として設定してください。インターフェイスをデフォルト(チャネライズド)に戻すには、 channelized コマンドを使用します。

[no] channelized

注意 no channelized コマンドを使用すると、チャネライズド T3 インターフェイスからすべてのチャネル グループが削除されます。チャネル グループが設定されている場合は、このコマンドを使用するときに注意してください。

次の例では、非チャネライズド T3 インターフェイスが作成されます。

Router(config)# controller T3 1/0/0
Router(config-controller)# no channelized

DSU モードの指定

選択した T3 インターフェイスに対して DSU(データ サービス ユニット)モードを指定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで dsu mode コマンドを使用します。このコマンドは、製造元独自の多重化方式をエミュレートするようにライン カードを設定します。

[no] dsu mode [Adtran | cisco | Digital-link | Kentrox | Larscom | verilink-highbit | verilink-lowbit]
 

デフォルトの DSU モードは cisco です。

DSU モードをデフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

次の例では、DSU モードが cisco に設定されます。

Router(config)# interface serial 1/0/0
Router(config-if)# dsu mode cisco

サブレート T3 帯域幅の指定

サブレート T3 帯域幅を指定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで dsu bandwidth bandwidth コマンドを使用します。

[no] dsu bandwidth bandwidth
 

ここで、 bandwidth は 0 ~ 44210 kbps の数値です。

デフォルト帯域幅は 44210 kbpsです。

デフォルトの帯域幅に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

値を指定すると、現在の DSU モードのタイムスロット サイズに基づいて、許容される最も近い値に帯域幅が設定されます。

dsu bandwidth コマンドを使用するには、接続のリモート エンドが同じ DSU モードをサポートしている必要があります。

次の例では、帯域幅として 16000 kbps が指定されます。

Router(config)# interface serial 1/0/0
Router(config-if)# dsu bandwidth 16000
 

フレーミング タイプの設定

非チャネライズド T3 コントローラのフレーミング タイプを指定するには、 framing コマンドを使用します。

[no] framing [c-bit | m13]
 

デフォルトのフレーミング タイプは C ビットです。

デフォルトのフレーミング タイプに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

次の例では、フレーミングが m13 に設定されます。

Router(config)# interface serial 1/0/0
Router(config-if)# framing m13

スクランブリングのイネーブル化

非チャネライズド T3 インターフェイスでスクランブリングをイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで scramble コマンドを使用します。

[no] scramble
 

このコマンドのデフォルト設定は、no scramble(スクランブリングがディセーブル)です。

リンクの両側で、スクランブリング設定を同じにする必要があります。

次の例では、指定された T3 インターフェイスでスクランブリングがイネーブルになります。

Router(config)# interface serial 1/0/0
Router(config-if)# scramble

アイドル文字の指定

非チャネライズド T3 インターフェイスで、HDLC パケット間に送信する特定の文字を設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで idle character コマンドを使用します。

[no] idle-character [flags | marks]
 

各値は次のとおりです。

flags -- アイドル文字に 0x7e を設定します。

marks -- アイドル文字に 0xff(すべて)を設定します。

デフォルトのアイドル文字は 0x7e です。


) flags がデフォルトであるため、show running-config コマンドの出力には、flags アイドル文字設定は表示されません。


アイドル文字をデフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

次の例では、アイドル文字が flags に設定されます。

Router(config)# interface serial 1/0/0
Router(config-if)# idle-character flags

) marks(0xff)が中断信号として解釈されるシステムがあるため、flags(0x7e)を推奨します。


BER テストの設定

BER テストを実行するように、非チャネライズド T3 インターフェイスを設定できます。BER テストは、現場でケーブルを調べて、信号問題を解決する場合に使用できます。非チャネライズド T3 インターフェイスから BER テスト パターンを送信するには、次のインターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

[no] bert [errors number | pattern pattern] interval time
 

各値は次のとおりです。

errors number -- 1 ~255

pattern pattern -- 値は次のとおり

0s -- すべてゼロの反復テスト パターン(00000...)

1s -- すべて 1 の反復テスト パターン(11111...)

2^15 -- 疑似ランダム O.151 テスト パターン(32,768 ビット長)

2^20-O153 -- 疑似ランダム O.153 テスト パターン(1,048,575 ビット長)

QRSS-2^20 -- 疑似ランダム QRSS O.151 テスト パターン(1,048,575 ビット長)

2^23 -- 疑似ランダム O.151 テスト パターン(8,388,607 ビット長)

alt-0-1 -- ゼロ(0)および 1 が交互に現れる反復テスト パターン(01010101 など)

interval time -- 1 ~ 1440 分

no bert コマンドを使用すると、いつでも BER テストを終了できます。

詳細については、オンラインで『 Cisco 10000 Series Internet Router Troubleshooting Guide 』を参照してください。

次に、BER テストの設定例を示します。

T3 インターフェイス 1/0/0 を介して、BER テスト疑似ランダム パターン 2^20 を 5 分間送信します。

Router(config)# interface serial 1/0/0
Router(config-if)# bert pattern 2^20 interval 5
 

T3 インターフェイス 1/0/0 を介して、すべて 1 の反復パターンを 1440 分間送信します。

Router(config)# interface serial 1/0/0
Router(config-if)# bert pattern 1s interval 1440
 

BER テストの統計情報を表示するには、EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show controllers t3 slot/subslot/port bert コマンドを使用します。

Router# show controllers t3 6/1/0 bert
T3 6/1/0 is up.
BERT test result (done)
Test Pattern : 2^15, Status : Not Sync, Sync Detected : 1
Interval : 5 minute(s), Time Remain : 0 minute(s)
Bit Errors (since BERT started): 0 bits,
Bits Received (since BERT started): 13025 Mbits
Bit Errors (since last sync): 0 bits
Bits Received (since last sync): 13025 Mbits

ケーブル長の指定

T3 コントローラのケーブル長を指定するには、 cablelength コマンドを使用します。

[no] cablelength feet
 

ここで、 feet は 0 ~ 450 の値です。

デフォルト値は 249 フィートです。

デフォルトのケーブル長に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

次の例では、ケーブル長が 40 フィートに設定されます。

Router(config)# interface serial 1/0/0
Router(config-if)# cablelength 40

) このコマンドを使用すると、インピーダンス照合やパルス シェーピングについて、2 つの設定(0 ~ 249 フィートのケーブル長に対する設定と、250 フィートを超えるケーブル長に対する設定)のいずれかが使用されます。入力した正確な値は、コンフィギュレーション ファイルに保存されます。


MDL メッセージの入力

非チャネライズド T3 インターフェイスに Maintenance Data Link(MDL)メッセージ(ANSI T1.107a-1990 仕様で定義)を設定できます。


) MDL メッセージがサポートされるのは、T3 フレーミングが C ビット パリティに設定されている場合のみです(フレーミング タイプの設定を参照)。


MDL メッセージを設定するには、 mdl コマンドを使用します。

[no] mdl {transmit {path | idle-signal | test-signal} | string {eic | lic | fic | unit | pfi | port | generator} id_string}
 

各値は次のとおりです。

transmit path -- MDL パス メッセージの送信をイネーブルにします。

transmit idle-signal -- MDL アイドル信号メッセージの送信をイネーブルにします。

eic -- 機器 ID コード(最大 10 文字)

lic -- 場所 ID コード(最大 11 文字)

fic -- フレーム ID コード(最大 10 文字)

unit -- ユニット ID コード(最大 6 文字)

pfi -- MDL パス メッセージに含まれるファシリティ ID コード(最大 38 文字)

port -- MDL アイドル信号メッセージに含まれる(アイドル信号の開始元となる)機器のポート(最大 38 文字)

generator -- MDL テスト信号メッセージに含まれるジェネレータ番号(最大 38 文字)

デフォルトでは、MDL メッセージは設定されません。

MDL メッセージを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

次に、MDL メッセージの設定例を示します。

MDL パス メッセージの送信をイネーブルにします。

Router(config)# interface serial 1/0/0
Router(config-if)# mdl transmit path
 

MDL アイドル信号メッセージの送信をイネーブルにします。

Router(config-if)# mdl transmit idle-signal
 

MDL テスト信号メッセージの送信をイネーブルにします。

Router(config-if)# mdl transmit test-signal
 

機器 ID コードを入力します。

Router(config-if)# mdl string eic router A
 

場所 ID コードを入力します。

Router(config-if)# mdl string lic test network
 

フレーム ID コードを入力します。

Router(config-if)# mdl string fic building b
 

ユニット ID コードを入力します。

Router(config-if)# mdl string unit abc
 

ファシリティ ID コードを入力します。

Router(config-if)# mdl string pfi string
 

MDL アイドル信号メッセージに格納して送信するポート番号を入力します。

Router(config-if)# mdl string port string
 

MDL テスト信号メッセージに格納して送信するジェネレータ番号を入力します。

Router(config-if)# mdl string generator string

クロック ソースの設定

選択した T3 コントローラに内部クロック ソースまたは回線クロック ソースを設定するには、プロンプトで clock source コマンドを使用します。このコマンドは、コントローラ コンフィギュレーション モードで設定します。

clock source {internal | line}
 

各値は次のとおりです。

internal -- 内部クロック ソースを使用するように指定します。

line -- ネットワーク クロック ソースを使用するように指定します。

デフォルトは内部クロック ソースです。

次の例では、回線クロック ソースを使用するように T3 コントローラに指示します。

Router(config)# interface serial 1/0/0
Router(config-if)# clock source line

) 接続の両端でクロック ソースを line に指定することはできません。


ループバック モードの設定

T3 コントローラにループバック モードを設定するには、 loopback コマンドを使用します。

[no] loopback [local | network | remote]
 

ローカル ループバックとネットワーク ループバックは同じです。

ループバックを取り消すには、このコマンドの no 形式を使用します。

loopback コマンドの詳細については、オンラインで『 Cisco 10000 Series Internet Router Troubleshooting Guide 』を参照してください。

例:

T3 コントローラにローカル ループバックを設定します。

Router(config)# interface serial 1/0/0
Router(config-if)# loopback local
 

T3 コントローラにリモート ループバックを設定します。

Router(config)# interface serial 1/0/0
Router(config-if)# framing c-bit
Router(config-if)# loopback remote

) リモート ループバックが機能するのは、フレーミングが c-bit に設定されている場合のみです。


機器ループバックの実行

リモート機器と組み合わせてループバックを実行するには、 equipment loopback コマンドを使用します。

[no] equipment [customer | network] loopback
 

各値は次のとおりです。

customer -- リモート T3 機器からリモート T3 ループバック コマンドに応答できるように、ライン カードを設定します。

network -- リモート T3 ループバック コマンドを無視するように、ライン カードを設定します。

ループバックを終了する場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

loopback コマンドの詳細については、オンラインで『 Cisco 10000 Series Internet Router Troubleshooting Guide 』を参照してください。

次の例では、機器ネットワーク ループバックが設定されます。

Router(config)# interface serial 1/0/0
Router(config-if)# equipment network loopback

チャネライズド T3 コマンド

デフォルトでは、4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カードの T3 インターフェイスは、28 の T1 インターフェイスにチャネル化されます。ここでは、チャネライズド T3 インターフェイスをカスタマイズして、テストする場合に使用するコマンドについて説明します。内容は次のとおりです。

「T3 インターフェイスのチャネライズドとしての設定」

「ケーブル長の指定」

「フレーミング タイプの設定」

「MDL メッセージの入力」

「アイドル パターンの指定」

「クロック ソースの設定」

「ループバック モードの設定」

「機器ループバックの実行」

加入者トラフィックにチャネルを使用するには、T1 および DS0 コンポーネントを設定する必要があります。詳細については、「DS0 タイムスロットおよび T1 のチャネルグループ コマンド」を参照してください。

図4-1 に、チャネル化によって実現される、設定可能なインターフェイス帯域幅レベルを示します。

図4-1 T3 のチャネル化

 

T3 インターフェイスのチャネライズドとしての設定

チャネライズド T3 インターフェイスのすべての設定を行うには、コントローラ コンフィギュレーション モードを開始する必要があります。

controller T3 slot/sub-slot/port
 

T3 インターフェイスはデフォルトでチャネル化されます。非チャネル化されたインターフェイスの設定を変更する場合は、 channelized コマンドを使用します。

[no] channelized

注意 no channelized コマンドを使用すると、チャネライズド T3 インターフェイスからすべてのチャネル グループが削除されます。チャネル グループが設定されている場合は、このコマンドを使用するときに注意してください。

次に、チャネライズド T3 インターフェイスを作成する例を示します。

Router(config)# controller T3 1/0/0
Router(config-controller)# channelized

ケーブル長の指定

T3 コントローラのケーブル長を指定するには、 cablelength コマンドを使用します。

[no] cablelength feet
 

ここで、 feet は 0 ~ 450 の値です。

デフォルト値は 249 です。

デフォルトのケーブル長に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

次の例では、ケーブル長が 40 フィートに設定されます。

Router(config)# controller T3 1/0/0
Router(config-controller)# cablelength 40

) このコマンドを使用すると、インピーダンス照合やパルス シェーピングについて、2 つの設定(0 ~ 249 フィートのケーブル長に対する設定と、250 フィートを超えるケーブル長に対する設定)のいずれかが使用されます。入力した正確な値は、コンフィギュレーション ファイルに保存されます。


フレーミング タイプの設定

チャネライズド T3 コントローラのフレーミング タイプを指定するには、 framing コマンドを使用します。

[no] framing [c-bit | m23 | f]
 

デフォルトは auto-detect です。

フレーミング タイプをデフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

次のように、遠端からフレーミング タイプを検出して、同じフレーミング タイプを送信するように、4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カードに指示することができます。

Router(config)# controller T3 1/0/0
Router(config-controller)# framing auto-detect

MDL メッセージの入力

チャネライズド T3 インターフェイスに MDL メッセージ(ANSI T1.107a-1990 仕様で定義)を設定できます。


) MDL メッセージがサポートされるのは、T3 フレーミングが C ビット パリティに設定されている場合のみです(フレーミング タイプの設定を参照)。


MDL メッセージを設定するには、 mdl コマンドを使用します。

[no] mdl {transmit {path | idle-signal | test-signal} | string {eic | lic | fic | unit | pfi | port | generator} id_string}
 

各値は次のとおりです。

transmit path -- MDL パス メッセージの送信をイネーブルにします。

transmit idle-signal -- MDL アイドル信号メッセージの送信をイネーブルにします。

eic -- 機器 ID コード(最大 10 文字)

lic -- 場所 ID コード(最大 11 文字)

fic -- フレーム ID コード(最大 10 文字)

unit -- ユニット ID コード(最大 6 文字)

pfi -- MDL パス メッセージに含まれるファシリティ ID コード(最大 38 文字)

port -- MDL アイドル信号メッセージに含まれる(アイドル信号の開始元となる)機器のポート(最大 38 文字)

generator -- MDL テスト信号メッセージに含まれるジェネレータ番号(最大 38 文字)

デフォルトでは、MDL メッセージは設定されません。

MDL メッセージを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

次に、MDL メッセージの設定例を示します。

MDL パス メッセージの送信をイネーブルにします。

Router(config)# controller T3 1/0/0
Router(config-controller)# mdl transmit path
 

MDL アイドル信号メッセージの送信をイネーブルにします。

Router(config-controller)# mdl transmit idle-signal
 

MDL テスト信号メッセージの送信をイネーブルにします。

Router(config-controller)# mdl transmit test-signal
 

機器 ID コードを入力します。

Router(config-controller)# mdl string eic router A
 

場所 ID コードを入力します。

Router(config-controller)# mdl string lic test network
 

フレーム ID コードを入力します。

Router(config-controller)# mdl string fic building b
 

ユニット ID コードを入力します。

Router(config-controller)# mdl string unit abc
 

ファシリティ ID コードを入力します。

Router(config-controller)# mdl string pfi string
 

MDL アイドル信号メッセージに格納して送信するポート番号を入力します。

Router(config-controller)# mdl string port string
 

MDL テスト信号メッセージに格納して送信するジェネレータ番号を入力します。

Router(config-controller)# mdl string generator string

アイドル パターンの指定

チャネライズド T3 インターフェイスに属する未設定のすべてのタイムスロットについて、HDLC パケット間に送信される特定のパターンを設定できます。そのためには、 idle pattern コマンドを使用します。

[no] idle pattern patterns
 

ここで、 patterns は 0x0 ~ 0xff(16 進数)または 0 ~ 255(10 進数)の値です。この値は 16 進数または 10 進数で入力できます。0 ~ 254 の値を指定すると、アイドル パターンは HDLC flags(0x7e)に設定され、255 の値を指定すると、0xff(すべて 1)に設定されます。


) marks(0xff)が中断信号として解釈されるシステムがあるため、flags(0x7e)を推奨します。


デフォルトのアイドル パターン は 0x7e です。

アイドル パターンをデフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

例:

16 進数のアイドル パターンを設定します。

Router(config)# controller T3 1/0/0
Router(config-controller)# idle pattern 0x10
 

10 進数のアイドル パターンを設定します。

Router(config)# controller T3 1/0/0
Router(config-controller)# idle pattern 23

クロック ソースの設定

選択した T3 コントローラに内部クロック ソースまたは回線クロック ソースを設定するには、プロンプトで clock source コマンドを使用します。このコマンドは、コントローラ コンフィギュレーション モードで設定します。

clock source {internal | line}
 

各値は次のとおりです。

internal -- 内部クロック ソースを使用するように指定します。

line -- ネットワーク クロック ソースを使用するように指定します。

デフォルトは内部クロック ソースです。

次の例では、回線クロック ソースを使用するように T3 コントローラに指示します。

Router(config)# controller T3 1/0/0
Router(config-controller)# clock source line

) 接続の両端でクロック ソースを line に指定することはできません。


ループバック モードの設定

T3 コントローラにループバック モードを設定するには、 loopback コマンドを使用します。

[no] loopback [local | network | remote]
 

ローカル ループバックとネットワーク ループバックは同じです。

ループバックを取り消すには、このコマンドの no 形式を使用します。


) チャネライズド T3 コントローラにループバックを設定すると、すべての T1 インターフェイスがループバック モードに設定されます。


loopback コマンドの詳細については、オンラインで『 Cisco 10000 Series Internet Router Troubleshooting Guide 』を参照してください。

例:

T3 コントローラにローカル ループバックを設定します。

Router(config)# controller T3 1/0/0
Router(config-controller)# loopback local
 

T3 コントローラにリモート ループバックを設定します。

Router(config)# controller T3 1/0/0
Router(config-controller)# framing c-bit
Router(config-controller)# loopback remote

) リモート ループバックが機能するのは、フレーミングが c-bit に設定されている場合のみです。


機器ループバックの実行

リモート機器と組み合わせてループバックを実行するには、 equipment loopback コマンドを使用します。

[no] equipment [customer | network] loopback
 

各値は次のとおりです。

customer -- リモート T3 機器からリモート T3 ループバック コマンドに応答できるように、ライン カードを設定します。

network -- リモート T3 ループバック コマンドを無視するように、ライン カードを設定します。

ループバックを終了する場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

loopback コマンドの詳細については、オンラインで『 Cisco 10000 Series Internet Router Troubleshooting Guide 』を参照してください。

次の例では、機器ネットワーク ループバックが設定されます。

Router(config)# controller T3 1/0/0
Router(config-controller)# equipment network loopback

DS0 タイムスロットおよび T1 のチャネルグループ コマンド

各 チャネライズド T3 は、それぞれ 24 のタイムスロット(DS0)に分割される、28 の T1 で構成されます。加入者トラフィックをサポートするインターフェイスを作成するには、タイムスロットをチャネル グループに結合する必要があります。チャネル グループを作成するには、 t1 channel-group コマンドを使用します。

チャネル グループには次の特性があります。

チャネル グループはインターフェイスです。

チャネル グループのサイズはタイムスロット 1 ~ 24 個分に設定できます。

24 のタイムスロットで構成されるチャネル グループは、T1 インターフェイスです。

24 未満のタイムスロットで構成されるチャネル グループは、フラクショナル T1 インターフェイスとして記述できます。

24 のタイムスロットからなる各グループは、複数のフラクショナル T1 インターフェイスに分割できます。

1 つのチャネル グループを複数の T1 に含めることはできません。

図4-1 に、4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カードのチャネル化の仕組みを示します。

次のコマンドを使用して、論理チャネル グループを作成します。

[no] t1 t1-number channel-group channel-group-number timeslots list-of-timeslots [speed {56 | 64}]
 

各値は次のとおりです。

t1-number -- 1 ~ 28 の T1 インターフェイス番号

channel-group channel-group-number -- 0 ~ 23 の任意の番号を持つチャネル グループを指定します。

timeslots list-of-timeslots -- 1 ~ 24、または 1 ~ 24 のサブ範囲の組み合わせを指定できます。範囲を指定するには、ハイフン、カンマ、または両方の組み合わせを使用します。1 つのタイムスロットが 1 つの DS0 に相当します。次の例を参照してください。

speed { 56 | 64 } -- タイムスロットの速度を 56 kbps または 64 kbps として指定するオプションの引数。デフォルトは 64 です(56 kbps のタイムスロットはSF フレーミングに対応し、通常、B8ZS をサポートしない古い T1 機器で使用します。)。

論理チャネル グループを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

次に、 t1 channel-group コマンドの使用例を示します。

次の例では、T1 インターフェイス 3 にチャネル グループ 20 が含まれ、9 つのチャネライズド タイムスロットで構成されています。

Router(config)# controller t3 1/0/0
Router(config-controller)# t1 3 channel-group 20 timeslots 1-8, 10
 

このチャネル グループに対してインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始するには、次のように入力します。

Router(config)# interface serial 1/0/0/3:20
 

次の例では、T1 インターフェイス 4 にチャネル グループ 18 が含まれ、24 のすべてのタイムスロットで構成されていて、フル T1 インターフェイスを形成しています。

Router(config)# controller t3 1/0/0
Router(config-controller)# t1 4 channel-group 18 timeslots 1-24
 

このチャネル グループに対してインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始するには、次のように入力します。

Router(config)# interface serial 1/0/0/4:18
 

次の例では、T1 インターフェイス 5 に 3 つのチャネル グループ、および合計 11 のタイムスロットが含まれています。

Router(config)# controller t3 1/0/0
Router(config-controller)# t1 5 channel-group 19 timeslots 1-6
Router(config-controller)# t1 5 channel-group 20 timeslots 10
Router(config-controller)# t1 5 channel-group 21 timeslots 7-9, 24
 

次の例では、チャネル グループ 20 が削除されます。

Router(config)# controller T3 1/0/0
Router(config-controller)# no t1 1 channel-group 20

チャネライズド T1 コマンド

T3 インターフェイスのコントローラ コンフィギュレーション モードから、T1 インターフェイスの特性を変更するコマンドを入力できます。内容は次のとおりです。

「フレーミング フォーマットの設定」

「イエロー アラームの制御」

「クロック ソースの設定」

「FDL の設定」

「BER テストの設定」

「T1 ループバック モードの設定」

T1 インターフェイスを設定したら、次のようにインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始して、カプセル化、ルーティング、およびその他の命令を追加できます。

Router(config)# interface serial 1/0/0/4:18

フレーミング フォーマットの設定

T1 インターフェイス フレーミング フォーマットを指定するには、次のコマンドを使用します。

[no] t1 t1-number framing {esf | sf [hdlc-idle {0x7e | 0xff}]}
 

各値は次のとおりです。

t1-number -- 1 ~ 28 の T1 インターフェイス番号

framing -- 拡張スーパ フレームまたは SF。SF の hdlc-idle は 0x7e または 0xff に設定できます。

hdlc-idle オプションを使用すると、T1 インターフェイスのアイドル パターンを 0x7e(デフォルト)または 0xff に設定できます。

デフォルトのフレーミング フォーマットは拡張スーパ フレームです。

フレーミングをデフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

次に、フレーミング フォーマットの設定例を示します。

T1 インターフェイス 6 に SF フレーミング フォーマットを設定します。

Router(config)# controller T3 1/0/0
Router(config-controller)# t1 6 framing sf
 

T1 インターフェイス 16 に拡張スーパ フレーム フレーミング フォーマットを設定します。

Router(config)# controller T3 1/0/0
Router(config-controller)# t1 16 framing esf

イエロー アラームの制御

イエロー アラームの検出または生成をオンまたはオフにするには、 t1 yellow コマンドを使用します。

[no] t1 t1-number yellow {detection | generation}
 

各値は次のとおりです。

t1-number -- 1 ~ 28 の T1 インターフェイス

detection -- 障害がある場合は、リモート デバイスからインターフェイスに通知され、Cisco IOS によってコンソールにメッセージが送信されます。

generation -- 障害がある場合は、インターフェイスからリモート デバイスに通知され、Cisco IOS によってコンソールにメッセージが送信されます。

デフォルト速度に 64 を使用している フル T1 インターフェイス(24 のタイムスロット)に SF フレーミングを選択した場合は、 no t1-number yellow detection コマンドを使用して、イエロー アラーム検出をオフにすることを検討してください。SF フレーミングの場合、イエロー アラームが誤って検出されることがあります。

次の例では、T1 インターフェイス 1 にイエロー検出が設定されます。

Router(config)# controller t3 1/0/0
Router(config-controller)# t1 1 yellow detection

クロック ソースの設定

T1 インターフェイスに内部クロック ソースまたは回線(ネットワーク)クロック ソースを設定するには、 controller コマンドを使用します。

t1 t1-number clock source {internal | line}
 

各値は次のとおりです。

t1-number -- 1 ~ 28 の T1 インターフェイス

internal -- 内部クロック ソースを使用するように指定します。

line -- ネットワーク クロック ソースを使用するように指定します。

デフォルトは内部クロック ソースです。

次の例では、回線からクロック ソースを取得するようにインターフェイスに指示します。

Router(config)# controller T3 1/0/0
Router(config-controller)# t1 1 clock source line

FDL の設定

ANSI T1.403 仕様に従って、T1 接続の両端で Facility Data Link(FDL; ファシリティ データ リンク)を介してパフォーマンス レポートを 1 秒間送信するように設定できます。そのためには、次のコマンドを使用します。

[no] t1 t1-number fdl ansi
 

ここで、 t1-number は 1 ~ 28 の T1 インターフェイスです。

この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。


) このコマンドを使用できるのは、T1 フレーミングが拡張スーパ フレームの場合のみです。


次の例では、FDL がイネーブル化されます。

Router(config)# controller t3 1/0/0
Router(config-controller)# t1 2 fdl ansi

BER テストの設定

独立した BER テストを実行するように、各 T1 インターフェイスを設定できます。BER テストは、現場でケーブルを調べて、信号問題を解決する場合に使用します。T1 インターフェイスから BER テスト パターンを送信するには、コントローラ コンフィギュレーション モードで次のコマンドを使用します。

[no] t1 t1-number bert pattern pattern interval time [unframed]
 

各値は次のとおりです。

t1-number -- 1 ~ 28 の T1 インターフェイス番号

time -- 1 ~ 14,400 分

pattern -- 値は次のとおり

0s -- すべてゼロの反復テスト パターン(00000...)

1s -- すべて 1 の反復テスト パターン(11111...)

2^11 -- 疑似ランダムテスト パターン(2048 ビット長)

2^15 -- 疑似ランダム O.151 テスト パターン(32,768 ビット長)

2^20-O153 -- 疑似ランダム O.153 テスト パターン(1,048,575 ビット長)

2^20-QRSS -- 疑似ランダム QRSS O.151 テスト パターン(1,048,575 ビット長)

2^23 -- 疑似ランダム O.151 テスト パターン(8,388,607 ビット長)

alt-0-1 -- ゼロ(0)および 1 が交互に現れる反復テスト パターン(01010101 など)

3in24 -- F0100 0100 0000 0000 0000 0100 の固定テスト パターン(24 ビット中の 3 ビットが 1)

1in8 -- F0100 0000 の固定テスト パターン(8 ビット中の 1 ビットが 1)

2in8 -- F0100 0010 の固定テスト パターン(8 ビット中の 2 ビットが 1)

unframed -- T1 フレーミングおよびペイロード ビットを含む T1 帯域幅全体を BER テスト パターンで使用します。 unframed を省略すると、T1 フレーミング コマンドの設定に応じて T1 は SF または拡張スーパ フレーム フレーミングになり、BER テスト パターンは T1 ペイロード ビットのみを占有します。


) 各 T3 で実行できる BER テストは、一度に 1 つのみです。


このコマンドの no 形式を使用すると、いつでも BER テストを終了できます。

詳細については、オンラインで『 Cisco 10000 Series Internet Router Troubleshooting Guide 』を参照してください。

次に、BER テストの設定例を示します。

T1 インターフェイス 10 を介して、BER テスト疑似ランダム パターン 2^20 を 5 分間送信します。

Router(config)# controller T3 1/0/0
Router(config-controller)# t1 10 bert pattern 2^20 interval 5 unframed
 

T1 インターフェイス 10 を介して、すべて 1 の反復パターンを 14,400 分間(240 時間)送信します。

Router(config)# controller T3 1/0/0
Router(config-controller)# t1 10 bert pattern 1s interval 14400 unframed
 

BER テストの統計情報を表示するには、EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show controllers t3 slot/subslot/port t1-number bert コマンドを使用します。

Router# show controllers t3 6/1/1/1 bert
T3 6/1/1/1 is up. Hardware is C10K Half Height CT3 line card
T1 1
BERT test result (running)
Test Pattern : 2^15, Status : Sync, Sync Detected : 1
Interval : 5 minute(s), Time Remain : 5 minute(s)
Bit Errors (since BERT started): 0 bits,
Bits Received (since BERT started): 36 Mbits
Bit Errors (since last sync): 0 bits
Bits Received (since last sync): 36 Mbits
 

4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カードでは、2 つのポートからなるセットごとに、6 つの T1 BER テストを任意に組み合わせて同時に実行できます。つまり、ポート 0 と 1 に 6 つの T1 BER テスト、ポート 2 と 3 に 6 つの T1 BER テストを実行できます。 表4-4 に 4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カードの 4 つのポートに BER テストを配信する例を示します。

 

表4-4 BER テストの配信例

ポート番号
BER テスト

ポート 0

6 つの T1 BER テスト

ポート 1

1 つの T3 BER テスト

ポート 2

3 つの T1 BER テスト

ポート 3

3 つの T1 BER テスト

T1 ループバック モードの設定

T1 インターフェイスを設定するときに問題が発生した場合は、コントローラ コンフィギュレーション モードで次のコマンドを使用して、ライン カードのトラブルシューティングを実行できます。

[no] t1 t1-number loopback [local | network {line | payload} | remote [line [fdl {ansi | bellcore} | inband [maintenance]] | payload [fdl | ansi]]]
 

各値は次のとおりです。

t1-number -- 1 ~ 28 の T1 インターフェイス

local -- T1 フレーマでルータ出力データをルータ方向にループバックさせて、Alarm Indication Signal(AIS; アラーム表示信号)をネットワークに送信します。

network { line | payload } -- データをネットワーク方向にループバックさせて、HDLC コントローラにローカル ループバックを自動設定するか(line)、またはペイロード データをネットワーク方向にループバックさせて、HDLC コントローラにローカル ループバックを自動設定します(payload)。

remote line fdl { ansi | bellcore } -- 反復する 16 ビットの拡張スーパ フレーム データ リンク キーワードをリモート エンドに送信して、リモート エンドでネットワーク ライン ループバックを開始するように要求します。ANSI またはベルコア キーワードを指定できます。


) ループバック コードは ANSI T1.404-1989 Table 3(Assigned Bit-Oriented ESF Data-Link Messages)で定義されています。


リモート回線 FDL ANSI ループバックの場合、4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カードは次のコードを送信します。

回線ループバック アクティブ化コード: 0 000111 01111111

回線ループバック非アクティブ化コード: 0 010010 01111111

リモート回線 FDL ベルコア(SmartJack)ループバックの場合、4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カードは次のコードを送信します。

ネットワーク使用(ループバック アクティブ化)コード: 0 001001 01111111

ネットワーク使用(ループバック非アクティブ化)コード: 0 010010 01111111

remote line inband [maintenance] -- 反復する帯域内パターンをリモート エンドに送信して、リモート エンドでネットワーク回線ループバックを開始するように要求します。帯域内ループバック要求は、T1 内のすべてのデータをループ要求パターンで上書きします。リモート エンドがこのコードに応答するのは、パターンが 5 秒間以上継続して受信された場合のみです。

maintenance キーワードは、12.2(28)SB で新規に導入されました。maintenance キーワードを指定すると、接続のリモート エンドのインターフェイスにループバック コードが送信されます。これにより、リモート エンド インターフェイスにループバックが設定されます(4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カードは帯域内メンテナンス コードに応答しません)。

反復する帯域内ループバック アクティブ化コード(SF フレーミング):00001 ループ アップ コード

反復する帯域内ループバック非アクティブ化コード(SF フレーミング):001 ループ ダウン コード

反復する帯域内ループバック アクティブ化コード(SF および拡張スーパ フレーム フレーミング):2in5 ループ アップ コード

反復する帯域内ループバック非アクティブ化コード(SF および拡張スーパ フレーム フレーミング):3in5 ループ ダウン コード

remote payload [ fdl | ansi ] -- 反復する 16 ビット拡張スーパ フレーム データ リンク コード ワードをリモート エンドに送信して、リモート エンドでネットワーク ペイロード ループバックを開始するように要求します。 fdl および ansi を使用すると、T1 チャネルでリモート ペイロード FDL ANSI ビット ループバックがイネーブルになります。ループバック コードは
ANSI T1.404-1989 Table 3(Assigned Bit-Oriented ESF Data-Link Messages)で定義されています。


) ハードウェア制約により、t1 loopback remote payload コマンドを実行した場合、実行されるループバックのタイプは回線ループバックになります。


リモートペイロード FDL ANSI ループバックの場合、4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カードは次のコードを送信します。

ペイロード ループバック アクティブ化コード: 0 001010 011111111

ペイロード ループバック非アクティブ化コード: 0 011001 011111111

ループバックを終了する場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

このコマンドの詳細については、オンラインで『 Cisco 10000 Series Internet Router Troubleshooting Guide 』を参照してください。

次に、ループバック モードの設定例を示します。

T3 コントローラに T1 インターフェイス 1 でのローカル ループバックを設定します。

Router(config)# controller t3 1/0/0
Router(config-controller)# t1 1 loopback local
 

T3 コントローラに T1 インターフェイス 1 でのリモート FDL ANSI ループバックを設定します。

Router(config)# controller t3 1/0/0
Router(config-controller)# t1 1 loopback remote line fdl ansi

ライン カード冗長構成によるハイ アベイラビリティ

オプションのY 字型ケーブルを使用して、4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カードに冗長性を設定すると、1 対 1 のライン カード冗長構成を設定できます。この冗長性により、4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カードでライン カード レベルの自動フェールオーバー保護が実現されます。冗長性はライン カード レベルで設定されるため、フェールオーバー中にすべてのポートが切り替えられます。

冗長構成のライン カードは、同じシャーシ ライン カード スロット内の 2 つのサブスロットに装着します。2 つの冗長ライン カードの 4 つのポートごとに、受信用と送信用の Y 字型ケーブルが 1 つずつあります。冗長構成の 4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カードおよび Y 字型ケーブルの取り付け方法については、『 Cisco 10000 Series Router Line Card Hardware Installation Guide 』を参照してください。

ここで説明する内容は、次のとおりです。

「ライン カード冗長構成の前提条件」

「ライン カード冗長構成の制約事項」

「ライン カード冗長性の設定」

「ライン カード冗長構成の確認およびモニタリング」

「ライン カードのスイッチオーバーの手動実行」

「ライン カード冗長性の削除」

「フェールオーバー条件」

ライン カード冗長構成の前提条件

ライン カードに冗長性を設定する前に、Y 字型ケーブルを取り付ける必要があります。冗長構成を解除する場合は、事前に Y 字型ケーブルを取り外す必要があります。

ライン カード冗長構成の制約事項

ライン カード冗長構成には、次の制約事項が適用されます。

ポートレベルの冗長性はサポートされません。

冗長カードは、同じ物理ライン カード スロット内の 2 つのサブスロットに装着する必要があります。

プライマリ ライン カードとして機能するライン カードを先に設定し、サブスロット 1 に装着する必要があります。

ライン カード冗長性の設定

Y 字型ケーブルが取り付けられていることを確認したら、2 つの 4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カード間に 1 対 1 冗長性を設定することができます。ライン カード冗長性を設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで次のコマンドを入力します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router(config)# redundancy

冗長モードを開始します。

ステップ 2

Router(config-red)# linecard-group linecard-groupId y-cable

ライン カード冗長グループ モードを開始して、ライン カード冗長グループを作成します。

linecard-groupId -- 0 ~(シャーシ ライン カード サブスロットの最大数/2)-1 の範囲の符号なし整数。4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カードの場合は、0 ~ 7 です。

y-cable -- ライン カード グループのリンク保護タイプとして Y 字型ケーブルを指定します。

ステップ 3

Router(config-red-lc)# description description string

(任意)ライン カード グループの説明を追加します。

ステップ 4

Router(config-red-lc)# member subslot slot/subslot primary

プライマリ(アクティブ)ライン カードの冗長ロールを設定します。

プライマリ ライン カードとして機能するライン カードを先に設定し、サブスロット 1 に装着する必要があります。


) プライマリ ライン カードに冗長性を設定すると、トラフィックが中断され、ライン カードにデフォルト設定が適用されます。


ステップ 5

Router(config-red-lc)# member subslot slot/subslot secondary

セカンダリ(スタンバイ)ライン カードの冗長ロールを設定します。

セカンダリ ライン カードとして機能するライン カードは 2 番めに設定し、サブスロット 0 に装着する必要があります。


) セカンダリ ライン カードに冗長性を設定すると、ライン カードがリセットされ、トラフィックが中断されて、ライン カードにデフォルト設定が適用されます。


例4-1 に、ライン カード スロット 2 に搭載された 2 つの 4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カードに 1 対 1 冗長性を設定する例を示します。

例4-1 ライン カード冗長性の設定

Router(config)# redundancy
Router(config-red)# linecard-group 1 y-cable
Router(config-red-lc)# member subslot 2/1 primary
Router(config-red-lc)# member subslot 2/0 secondary

ライン カード冗長構成の確認およびモニタリング

ライン カード冗長構成を確認して、特定のライン カードまたはライン カード グループの情報を表示するには、show redundancy linecard コマンドを使用します。次の表に、一部のコマンド オプションによって表示される情報のタイプを示します。

 

コマンド
説明

show redundancy linecard all

すべてのライン カード スロットの冗長ステートを表示します。

show redundancy linecard subslot

特定のサブスロットに装着されたライン カードの冗長ステートを表示します。

show redundancy linecard group

ライン カード グループ内のライン カードの冗長ステートを表示します。

show redundancy linecard history

ライン カード冗長構成の最近のアクティビティを表示します。

show redundancy linecard sub-block

トラブルシューティング情報を表示します。

ここに記載された出力例では、次の設定を使用します。

!
redundancy
linecard-group 0 y-cable
member subslot 8/1 primary
member subslot 8/0 secondary
mode sso
!
controller T3-RED 8/1/0
controller T3-RED 8/1/1
controller T3-RED 8/1/2
controller T3-RED 8/1/3
!
 

例4-2 に、show redundancy linecard all コマンドの出力を示します。すべてのライン カード スロットの冗長ステートが表示されます。スロットが空の場合、または、冗長性が設定されていないライン カードが装着されている場合は、ライン カード グループに「None」と表示されます。

冗長ライン カードのモードは、プライマリまたはセカンダリになります。モードは、冗長性が設定されると確立されます。ライン カードのモードは変更できません。4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カードの場合、サブスロット 0 のライン カードは常にセカンダリになり、サブスロット 1 のライン カードは常にプライマリになります。

ライン カードのロールは、冗長構成内のどのライン カードがトラフィックを送受信するかを示します。アクティブ ロールが割り当てられたライン カードが、トラフィックを送受信します。冗長構成内のもう一方のライン カードには、スタンバイ ロールが割り当てられます。ライン カード モードと異なり、ライン カードのロールは変更できます。

例4-2 では、スロット 8、サブスロット 0 のライン カードにアクティブ ロールが設定されているため、このカードのモードがセカンダリである場合でも、特定の時点でスイッチオーバーが発生します。

例4-2 show redundancy linecard all コマンドの出力

Router# show redundancy linecard all
LC My Peer Peer Peer
Slot Subslot Group State State Slot Subslot Role Mode
-----------------------------------------------------------------------------
1 0 None Init - None None None None
1 1 None Init - None None None None
2 0 None Init - None None None None
2 1 None Init - None None None None
3 0 None Init - None None None None
3 1 None Init - None None None None
4 0 None Init - None None None None
4 1 None Init - None None None None
5 0 None Init - None None None None
5 1 None Init - None None None None
6 0 None Init - None None None None
6 1 None Init - None None None None
7 0 None Init - None None None None
7 1 None Init - None None None None
8 0 0 Active Stdby Hot 8 1 Active Secondary
8 1 0 Stdby Hot - 8 0 Standby Primary
 

例4-3 に、show redundancy linecard subslot コマンドの出力を示します。特定のライン カードの情報が表示されます。

例4-3 show redundancy linecard subslot コマンドの出力

Router# show redundancy linecard subslot 8/1
Redundant LC Group Number: 0
LC Slot: 8
LC Subslot: 1
Redundant LC Name: 8/1
Redundant LC Mode: Primary
Redundant LC Role: Standby
Redundant LC My State: Stdby Hot
Redundant LC Peer State: -
 
Router# show redundancy linecard subslot 8/0
Redundant LC Group Number: 0
LC Slot: 8
LC Subslot: 0
Redundant LC Name: 8/0
Redundant LC Mode: Secondary
Redundant LC Role: Active
Redundant LC My State: Active
Redundant LC Peer State: Stdby Hot
 

例4-4 に、show redundancy linecard group コマンドの出力を示します。特定のライン カード グループ(この例ではグループ 0)のライン カード情報が表示されます。show redundancy linecard group コマンドで表示されるのは、スタティックなライン カード設定情報のみです。たとえば、ライン カードのモード(プライマリまたはセカンダリ)は表示されますが、スイッチオーバーで変更されるライン カードのロールは表示されません。スロット 8、サブスロット 1 のライン カードは、現在スタンバイ ロールである場合でも、プライマリです。

設定例にはライン カード グループが 1 つしかないため、show redundancy linecard group all コマンドを使用した場合、例4-4 と同じ出力が表示されます。

例4-4 show redundancy linecard group コマンドの出力

Router# show redundancy linecard group 0
Group Identifier: 0
NON-revertive
Group Redundancy Type: Y_CABLE
Group Redundancy Class: 1:1
Group Redundancy Configuration Type: LINECARD GROUP
Primary: Slot 8
Subslot 1
Secondary: Slot 8
Subslot 0
 

show redundancy linecard history コマンドおよび show redundancy linecard sub-block コマンドによって表示される情報は、シスコ社のテクニカル サポート スタッフが冗長性問題のトラブルシューティングを支援するときに、役立つことがあります。例4-5 の出力は、ライン カード スイッチオーバー後に収集されました。


例4-5 および 例4-6 では、スロット/サブスロットをスロット ユニットに付けられた整数で識別します。スロット ユニットは、スロット/サブスロットを整数で一意に識別する、プラットフォームで定義された番号です。たとえば、スロット 1、サブスロット 0 のライン カードはスロット ユニット 2 として、スロット 1、サブスロット 1 のライン カードはスロット ユニット 3 として識別されます。スロット 8、サブスロット 0 のライン カードはスロット ユニット 16 として、スロット 8、サブスロット 1 のライン カードはスロット ユニット 17 として識別されます。


例4-5 show redundancy linecard history コマンドの出力

Router# show redundancy linecard history

Aug 29 2005 06:03:16 46400671 - Slot(17): MY State Change, (Stdby Wait) -> (Stdby Hot)

Aug 29 2005 06:03:16 46400671 - Slot(16): PEER State Change, (Stdby Wait) -> (Stdby Hot)

Aug 29 2005 06:03:16 46400671 - Slot(16): PEER FSM Execution , Active:Stdby Wait:State Ntfy

Aug 29 2005 06:03:16 46400671 - Slot(17): MY State Change, (Stdby LC Feat Sync) -> (Stdby Wait)

Aug 29 2005 06:03:16 46400671 - Slot(16): PEER State Change, (Stdby LC Feat Sync) -> (Stdby Wait)

Aug 29 2005 06:03:16 46400671 - Slot(16): PEER FSM Execution , Active:Stdby LC Feat Sync:Feat Sync Done

Aug 29 2005 06:03:16 46400671 - Slot(17): MY State Change, (Stdby FIB Dnld) -> (Stdby LC Feat Sync)

Aug 29 2005 06:03:16 46400671 - Slot(16): PEER State Change, (Stdby FIB Dnld) -> (Stdby LC Feat Sync)

Aug 29 2005 06:03:16 46400671 - Slot(16): PEER FSM Execution , Active:Stdby FIB Dnld:Feat Sync Req

Aug 29 2005 06:03:16 46400671 - Slot(17): MY State Change, (Stdby LC Cfg Dnld) -> (Stdby FIB Dnld)

Aug 29 2005 06:03:16 46400671 - Slot(16): PEER State Change, (Stdby LC Cfg Dnld) -> (Stdby FIB Dnld)

Aug 29 2005 06:03:16 46400671 - Slot(16): PEER FSM Execution , Active:Stdby LC Cfg Dnld:Cfg Dnld Done

Aug 29 2005 06:03:16 46400671 - Slot(17): MY State Change, (Stdby Cold) -> (Stdby LC Cfg Dnld)

Aug 29 2005 06:03:16 46400671 - Slot(16): PEER State Change, (Stdby Cold) -> (Stdby LC Cfg Dnld)

Aug 29 2005 06:03:16 46400644 - Slot(16): PEER FSM Execution , Active:Stdby Cold:Cfg Dnld

Aug 29 2005 06:03:16 46400644 - Slot(17): MY State Change, (Init) -> (Stdby Cold)

Aug 29 2005 06:03:16 46400644 - Slot(16): PEER State Change, (Init) -> (Stdby Cold)

Aug 29 2005 06:03:16 46400644 - Slot(16): PEER FSM Execution , Active:Init:Up

Aug 23 2005 21:18:03 49333 - Slot(16:-1): Checkpoint State Update, (Active:Init)

Aug 23 2005 21:18:03 49333 - Slot(17:-1): Checkpoint State Update, (Init:Init)

Aug 23 2005 21:18:03 49332 - Slot(16:-1): Checkpoint State Update, (Active Cold:Init)

Aug 23 2005 21:18:03 49332 - Slot(17:16): Checkpoint State Update, (Active:Active Cold)

Aug 23 2005 21:11:07 7881 - Slot(17:-1): Checkpoint State Update, (Active:Stdby Hot)

Aug 23 2005 21:11:07 7881 - Slot(16:-1): Checkpoint State Update, (Stdby Hot:Init)

Aug 23 2005 21:10:42 6393 - Slot(16): MY FSM execution, Init:Init:Reset

 

例4-6 show redundancy linecard sub-block コマンドの出力

Router# show redundancy linecard sub-block all
SlotIndex Port H-IDB M-HW A-HW Type Role Flag
----------------------------------------------------------
16 0 5 21 13 Physical None 0x15
16 1 7 22 15 Physical None 0x15
16 2 9 23 17 Physical None 0x15
16 3 11 24 19 Physical None 0x15
17 0 21 13 5 Virtual - 0x3
17 0 13 21 5 Physical None 0x5
17 1 22 15 7 Virtual - 0x3
17 1 15 22 7 Physical None 0x5
17 2 23 17 9 Virtual - 0x3
17 2 17 23 9 Physical None 0x5
17 3 24 19 11 Virtual - 0x3
17 3 19 24 11 Physical None 0x5
 

ライン カードのスイッチオーバーの手動実行

アクティブ 4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カードからスタンバイ 4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カードに手動でスイッチオーバーするには、特権 EXEC モードで次のコマンドを入力します。

 

コマンド
目的

Router# redundancy linecard-group switchover from subslot slot/subslot

アクティブ ライン カードからスタンバイ ライン カードへの スイッチオーバーを強制実行します。

スイッチオーバーを実行しても、既存のライン カードの設定は変更されず、トラフィックは中断されません。

例4-7 に、スロット 2、サブスロット 1 のアクティブ ライン カードからスロット 2、サブスロット 0 のスタンバイ ライン カードに強制的にスイッチオーバーする例を示します。

例4-7 ライン カードの手動スイッチオーバー

Router# redundancy linecard-group switchover from subslot 2/1

ライン カード冗長性の削除

Y 字型ケーブルが取り外されていることを確認したら、2 つの 4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カード間の 1 対 1 冗長性を削除することができます。ライン カード冗長性を削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで次のコマンドを入力します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router(config)# redundancy

冗長モードを開始します。

ステップ 2

Router(config-red)# linecard-group linecard-groupId y-cable

指定したライン カード冗長グループに対して、ライン カード冗長グループ コンフィギュレーション モードを開始します。

linecard-groupId -- 0 ~(シャーシ ライン カード サブスロットの最大数/2)-1 の範囲の符号なし整数。4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カードの場合は、0 ~ 7 です。

y-cable -- ライン カード グループのリンク保護タイプとして Y 字型ケーブルを指定します。

ステップ 3

Router(config-red-lc)# no member subslot slot/subslot secondary

セカンダリ(スタンバイ)ライン カードの冗長ロールを削除します。

セカンダリ ライン カードの冗長性を削除してから、プライマリ ライン カードの冗長性を削除する必要があります。


) 冗長性を削除すると、ライン カードがリセットされ(トラフィックが中断され)、ライン カードにデフォルト設定が適用されます。セカンダリ ライン カードのみから冗長性を削除した場合、プライマリ ライン カードを通過するトラフィックは中断されません。


ステップ 4

Router(config-red-lc)# no member subslot slot/subslot primary

(任意)プライマリ(アクティブ)ライン カードの冗長ロールを削除します。

セカンダリ ライン カードの冗長性を削除してから、プライマリ ライン カードの冗長性を削除する必要があります。


) 冗長性を削除すると、ライン カードがリセットされ(トラフィックが中断され)、ライン カードにデフォルト設定が適用されます。セカンダリ ライン カードのみから冗長性を削除した場合、プライマリ ライン カードを通過するトラフィックは中断されません。


ステップ 5

Router(config-red-lc)# exit

冗長モードに戻ります。

ステップ 6

Router(config-red)# no linecard-group linecard-groupId y-cable

ライン カード 冗長グループを削除します。

例4-8 に、1 対 1 冗長性を実現するためにスロット 2 に搭載されている 2 つの 4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ライン カード間の 1 対 1 冗長性を削除する例を示します。

例4-8 ライン カード冗長性の削除

Router(config)# redundancy
Router(config-red)# linecard-group 1 y-cable
Router(config-red-lc)# no member subslot 2/0 secondary
Router(config-red-lc)# no member subslot 2/1 primary
Router(config-red-lc)# exit
Router(config-red)# no linecard-group 1 y-cable

フェールオーバー条件

次に、ライン カード冗長性が設定されている場合に、プライマリ ライン カードがセカンダリ ライン カードにフェールオーバーするための条件を示します。

ユーザが開始したスイッチオーバー -- redundancy linecard-group switchover from subslot コマンドを使用して、手動スイッチオーバーが実行されていること

ライン カードによって開始されたスイッチオーバー -- ライン カードがフェールオーバー条件を検出し、Performance Routing Engine(PRE)にカットオーバー割り込みを送信すること

PRE によって開始された活性挿抜(Online Insertion and Removal; OIR)スイッチオーバー -- PRE がプライマリ ライン カードの取り外しを検出すること

PRE によって開始されたキープアライブ タイムアウト スイッチオーバー -- PRE がライン カードからキープアライブ メッセージを受信してから、20 秒以上経過していること

コマンド リファレンス

Cisco IOS Release 12.2(28)SB には、次のコマンドが新規に導入されています。

show controllers t3 bert

linecard-group y-cable

member subslot

show controllers t3 bert コマンド

BER テストの統計情報を表示するには、EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show controllers t3 bert コマンドを使用します。

show controllers t3 {slot/subslot/port } [/ t1-number ] bert

 
シンタックスの説明

slot

シャーシ ライン カードのスロット番号

subslot

シャーシ ライン カードのサブスロット番号

port

ライン カードのインターフェイス番号

t1-number

(任意)論理 T1 インターフェイス番号

bert

BER テストの統計情報を表示します。

 
コマンド モード

EXEC

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更

12.2(28)SB

このコマンドが Cisco 10000 シリーズ ルータに追加されました。

次に、非チャネライズド T3 インターフェイスの BER テスト統計情報を表示する例を示します。

Router# show controllers t3 6/1/0 bert
T3 6/1/0 is up.
BERT test result (done)
Test Pattern : 2^15, Status : Not Sync, Sync Detected : 1
Interval : 5 minute(s), Time Remain : 0 minute(s)
Bit Errors (since BERT started): 0 bits,
Bits Received (since BERT started): 13025 Mbits
Bit Errors (since last sync): 0 bits
Bits Received (since last sync): 13025 Mbits
 

次に、チャネライズド T3 インターフェイスの BER テスト統計情報を表示する例を示します。

Router# show controllers t3 6/1/0 bert
T3 6/1/0 is up.
BERT test result (running)
Test Pattern : 2^15, Status : Sync, Sync Detected : 1
Interval : 3 minute(s), Time Remain : 1 minute(s)
Bit Errors (since BERT started): 0 bits,
Bits Received (since BERT started): 5493 Mbits
Bit Errors (since last sync): 0 bits
Bits Received (since last sync): 5493 Mbits
 

次に、T1 インターフェイスの BER テスト統計情報を表示する例を示します。

Router# show controllers t3 6/1/1/1 bert
T3 6/1/1/1 is up. Hardware is C10K Half Height CT3 line card
T1 1
BERT test result (running)
Test Pattern : 2^15, Status : Sync, Sync Detected : 1
Interval : 5 minute(s), Time Remain : 5 minute(s)
Bit Errors (since BERT started): 0 bits,
Bits Received (since BERT started): 36 Mbits
Bit Errors (since last sync): 0 bits
Bits Received (since last sync): 36 Mbits

 
関連コマンド

コマンド
説明

bert

非チャネライズド T3 インターフェイスまたはチャネライズド T3 インターフェイスの BER テストを設定します。

t1 bert pattern

T1 インターフェイスの BER テストを設定します。

linecard-group y-cable コマンド

1 対 1 ライン カード冗長性用のライン カード グループを作成するには、冗長モードで linecard-group y-cable コマンドを使用します。ライン カード冗長グループを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

linecard-group linecard-groupId y-cable

no linecard-group linecard-groupId y-cable

 
シンタックスの説明

linecard-groupId

0 ~(シャーシ ライン カード サブスロットの最大数/2)-1 の範囲の符号なし整数

y-cable

ライン カード グループのリンク保護タイプ

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

冗長

 
コマンド履歴

リリース
変更

12.2(28)SB

このコマンドが Cisco 10000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

no linecard-group y-cable コマンドはライン カード冗長グループを削除し、 linecard-groupId を再使用できるように解放します。no linecard-group y-cable コマンドに成功するのは、ライン カード冗長グループにサブスロット メンバーがない場合のみです。

次に、1 対 1 ライン カード冗長性用のライン カード グループ 1 を作成する例を示します。

Router(config)# redundancy
Router(config-red)# linecard-group 1 y-cable

 
関連コマンド

コマンド
説明

member subslot

ライン カード グループ内のライン カードの冗長ロールを設定します。

redundancy

冗長モードを開始します。

show redundancy linecard

冗長ライン カードまたはライン カード グループの情報を表示します。

member subslot コマンド

ライン カードの冗長ロールを設定するには、ライン カード冗長グループ モードで member subslot コマンドを使用します。ライン カードの冗長性ロールを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

member subslot slot/subslot {primary | secondary}

no member subslot slot/subslot {primary | secondary}

 
シンタックスの説明

slot

シャーシ ライン カードのスロット番号

subslot

シャーシ ライン カードのサブスロット番号

primary | secondary

ライン カードの冗長ロールを設定します。

primary -- アクティブ ライン カード

secondary -- スタンバイ ライン カード

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

ライン カード冗長グループ

 
コマンド履歴

リリース
変更

12.2(28)SB

このコマンドが Cisco 10000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

プライマリ ライン カードを最初に設定し、サブスロット 1 に装着する必要があります。セカンダリ ライン カードは 2 番めに設定し、サブスロット 0 に装着する必要があります。設定できるのは、プライマリ ライン カードとセカンダリ ライン カードが 1 つずつのみです。

次に、1 対 1 ライン カード冗長性用のライン カード グループ 1 を作成する例を示します。また、サブスロット 1 のライン カードをプライマリ(アクティブ)ライン カードとして、サブスロット 0 のライン カードをセカンダリ(スタンバイ)ライン カードとして指定します。

Router(config)# redundancy
Router(config-red)# linecard-group 1 y-cable
Router(config-red-lc)# member subslot 2/1 primary
Router(config-red-lc)# member subslot 2/0 secondary

 
関連コマンド

コマンド
説明

linecard-group y-cable

1 対 1 ライン カード冗長性用のライン カード グループを作成します。

redundancy

冗長モードを開始します。

show redundancy linecard

冗長ライン カードまたはライン カード グループの情報を表示します。