Cisco 10000 シリーズ ルータ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド
索引
Index
発行日;2012/02/05 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 7MB) | フィードバック

Index

Numerics

12.2(28)SB へのアップグレード  1-25

3 レベルの階層型 QoS ポリシー  1-27

3-color policer  1-27

4 ポート OC-3/STM-1c ATM ラインカード  1-23

4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ラインカード  1-22

802.1Q VLAN 上の IP アンナンバード  1-27

show コマンド  7-5

概要  7-1

制約事項  7-3

設定  7-3

設定例  7-5

利点  7-2

A

AAA

AAA アカウンティングの設定  5-40

RADIUS 固有のコマンド  5-35

イネーブル化  5-32

AAA アカウンティング  5-34, 5-35

許可  5-35

コマンド  16-1, 16-2

クライアント

ODAP の設定  10-9

定義  1

認証方式の指定  5-33, 5-38

認証方式の設定  5-44

表示

AAA 認証情報  5-39

アカウンティング可能なイベントの情報  5-36, 5-39, 5-52

許可情報  5-36, 5-52

ユーザ プロファイル

AAA サーバなし  11-1

aaa

accounting コマンド  5-34, 5-40, 10-9

attribute list コマンド  11-5

attribute type コマンド  11-5

authentication ppp コマンド  5-33, 5-35, 5-38

authorization network コマンド  5-34, 5-38, 5-43

authorization コマンド  10-9

group server radius コマンド  5-32, 5-38

new model コマンド  5-32

new-model コマンド  10-9, 16-1, 16-2

session-id コマンド  10-9

AAA CLI stop record 拡張機能  1-22

AAL5  1

AAL5 over SDU support over MPLS  17-14

ABR

定義  1

accept-dialin コマンド  4-18, 5-31, 5-37, 6-3, 6-8, 9-4, 9-6

access-list template コマンド  22-3, 22-6

Acct-Delay-Time RADIUS アトリビュート  16-2

Acct-Session-Id RADIUS アトリビュート  16-2

Acct-Status-Type RADIUS アトリビュート  5-40, 16-2

Acct-Tunnel-Connection RADIUS アトリビュート  5-40

Acct-Tunnel-Packets-Lost RADIUS アトリビュート  5-40

ACE、 ACE を 参照

ACL

IP 受信  12-2

IP 受信 ACL も参照

再帰  12-2

時間ベース  12-2, 12-4

時間ベースの ACL も参照

定義  1

名前付き  12-7

ADSL  1

Allow-AS-in BGP  4-10

allowas-in キーワード  4-10

aps force コマンド  14-9

aps manual コマンド  14-9, 14-13

APS、マルチルータ  1-28, 5

ARP

Gratuitous ARP 要求のディセーブル化  2-13

associate slot コマンド  14-12

Asymmetric Digital Subscriber Line

ADSL を参照

ATM  1

ラインカード、サポートされる最大 VC  2-18, 8-16

atm over-subscription-factor コマンド  8-17

atm pppatm passive コマンド  2-21

ATM PVC 自動プロビジョニング

PVC 範囲内の PVC でのイネーブル化  8-10

VC スケーリング  8-4

ATM PVC 自動プロビジョニング機能

PVC 範囲でのイネーブル化  8-9

概要  8-2

制約事項  8-5

モニタリング  8-12

atm pxf queuing コマンド  2-18

ATM アダプテーション レイヤ

AAL5 を参照

ATM 集約

専用線アーキテクチャ  1-13

ATM 相互間 PVC ローカル スイッチング  17-15

ATM 相互間ローカル スイッチング  17-15

ATM ラインカード

VC スケーリング

ATM PVC 自動プロビジョニング  8-4

階層型シェーピング  2-10

AToM  1-22, 17-1

グレースフル リスタート  17-1

トンネル選択  17-2

AToM 機能

AAL5 over SDU support over MPLS  17-14

EoMPLS  17-20

EXP ビットの設定  17-40

FRoMPLS  17-29

HDLCoMPLS  17-37

MTU の設定  17-38

PPPoMPLS  17-37

擬似配線接続  17-13

サポートされていない機能  17-6

トランスポート タイプ  17-4

ラインカード  17-5

AToM ヘッダー  17-38

AToM 用 IEEE 802.1Q Tunneling ― QinQ  17-23

Attachment Circuit  17-2

attribute コマンド  5-39

authen before-forward コマンド  5-6

Automatic Protection Switching、Multirouter  5

AV ペア  5-26

Available Bit Rate  1

定義  1

B

BBA  1

BBA グループ

bba-group コマンド  3-22, 6-4, 6-9

PPPoE の設定  6-4, 6-9

設定  3-22, 3-23

設定例  6-5, 6-11

bba-group コマンド  3-22

BGP  3-47, 1

ネットワークをアドバタイズするための設定  3-26

BGP 機能  4-10

Allow-AS-in  4-10

AS バウンダリでのルート ターゲットの書き換え  4-11

ASN Override  4-10

AS_PATH アトリビュート  4-10

BGP AS パス フィルタリング  4-10

BGP 最大プレフィクス  4-11

BGP プレフィクス リスト フィルタリング  4-10

BGP マルチパス  4-11

BGP ルート リフレッシュ  4-11

Site of Origin(SoO)  4-10

VRF 認識 BGP ダンプニング  4-11

BGP マルチパス ロード シェアリング  1-27

BGP マルチパス ロード シェアリング、eiBGP マルチパス ロード シェアリングを参照

Border Gateway Protocol

BGP を参照

bps  1

broadband aggregation group  6-4

BBA グループも参照

C

call admission limit コマンド  2-5

Calling-Station-ID フォーマット  16-13

CAR

定義  1

CBOS  1

CBR  1

定義  1

CBWFQ  1-27

定義  2

CE ルータ  2

PE と CE 間のルーティング セッションの確認  3-48

CEF

定義  2

CEF FIB  13-1

CGMP  15-1

Challenge Handshake Authentication Protocol

CHAP を参照

CHAP  5-30, 5-35, 2

CIR

定義  2

Cisco 10000 シリーズ 4 ポート OC-3/STM-1c ATM ラインカード  1-23

Cisco 10000 シリーズ 4 ポート チャネライズド T3 ハーフハイト ラインカード  1-22

Cisco Broadband Operating System

CBOS を参照

Cisco Discovery Protocol

CDP を参照

Cisco Express Forwarding

CEF を参照

Cisco Group Management Protocol

CGMP を参照

CISCO-ATM-PVCTRAP-EXTN-MIB  2-16

class-range コマンド  8-7

class-vc コマンド  8-7

clear

ip dhcp pool name subnet コマンド  10-17

ip dhcp コマンド  10-16

pppoe コマンド  6-11

vpdn tunnel コマンド  9-10

CoS

定義  2

CPE  2

CPU HOG メッセージ  2-15

create on-demand

PVC および PPP セッション

RP CPU の使用状況  2-5

create on-demand コマンド  8-6, 8-9, 8-11

無制限範囲  8-6

D

DBS  2

debug

aaa accounting  5-36, 5-39, 5-52, 16-4

aaa authentication  5-39

aaa authorization  5-36, 5-52

atm

autovc コマンド  8-12

dhcp コマンド  10-16

ip dhcp server events コマンド  3-52

ip dhcp server packet コマンド  3-52

ip dhcp コマンド  3-52, 10-16

ip packet コマンド  3-52

mpls packet  3-43

ppp chap  5-52

ppp negotiation  5-36, 5-53

ppp negotiation chap  5-53

radius  5-36, 5-53

vpdn error  5-36

vpdn errors  5-53

vpdn event  5-36

vpdn events  5-53

vpdn コマンド  9-10

define interface policy-map AV pairs AAA  1-26

Denial of Service からの保護  12-2

dense(稠密)モード、イネーブル化  15-3

DF ビット  2

DHCP  2

MPLS VPN サブオプションのリレー サポート  3-28

ODAP の設定  10-8

ODAP の設定例  10-8

アドレス割り当て  10-2, 10-3

グローバル デフォルト プーリング メカニズムとしての ODAP の定義  10-7

リレー エージェント  3-9

リレー エージェント情報オプション  3-9

Dialed Number Identification Service  2

Differentiated Services Code Point  3

Distance Vector Multicast Routing Protocol

DVMRP を参照

DLCI

指定  17-30

DLCI 間接続  17-29

DNIS  2

DNS  2

domain domain-name コマンド  5-5

Domain Name Server  2

domain-stripping  5-36

Don't Fragment ビット  2

DoS からの保護  12-2

dout-dialer  5-45

DSCP  3

DSL  3

DSL 技術  1

DSLAM  3

DVMRP

IP マルチキャスト機能  15-1

dynamic ATM VP and VC configuration modification  1-26

Dynamic Bandwidth Selection

DBS を参照

Dynamic Host Configuration Protocol

DHCP を参照

dynamic subscriber bandwidth  1-26

E

eiBGP  3

eIBGP マルチパス ロード シェアリング

show コマンド  4-6

機能の概要  4-2

制約事項  4-3

設定  4-4

設定例  4-5

要件  4-4

EoMPLS  17-20

VLAN ID の書き換え  17-29

VLAN モード  17-21

ポート モード  17-22

Ethernet over MPLS(EoMPLS)擬似配線  17-26

EXP ビット

AToM での設定  17-40

External Column Memory  19-26

F

FCC  3

FIB スケーリング  2-8

File Transfer Protocol

FTP を参照

Framed-Protocol RADIUS アトリビュート  16-2, 16-3

FRoMPLS  17-29

DLCI 間接続  17-29

サポートされている PE 装置  17-31

ポート間接続  17-30

FTP  3

G

GEC

802.1Q および QinQ

制約事項  20-9

設定作業  20-10

設定例  20-10

要件  20-9

HA

ISSU  20-14

NSF  20-14

NSR  20-14

SSO  20-14

PPPoX  20-12

制約事項  20-12

設定作業  20-12

設定例  20-13

QoS

VLAN グループ  20-6

サービス ポリシー  20-5‐20-6

サブインターフェイスの出力 QoS  20-6

サブインターフェイスの入力 QoS  20-5

出力 QoS  20-5

制約事項  20-6

設定例  20-6‐20-8

入力 QoS  20-5, 20-6

配置モード  20-5

バンドル サブインターフェイス  20-8

メンバー リンク  20-7

アクティブ リンク  20-1

機能拡張  20-3

最大リンク  20-1

制約事項  20-4

ハイ アベイラビリティ  20-14

配置

アクセス  20-1

コア  20-1

パッシブ リンク  20-1

バンドル  20-1

バンドルに対する PBR  20-9

ポート チャネル  20-1

マルチキャスト VPN  20-11

マルチキャスト VPN の設定作業  20-11

メンバー リンク  20-15

設定作業  20-15

要件  20-3

GEC、Gigabit EtherChannel  20-1

Generic Route Encapsulation、定義  3

GE、ギガビット イーサネット  3

GRE  3

GRE トンネル IP 送信元および宛先 VRF メンバーシップ

機能の概要  24-1

制約事項  24-3

group session-limit コマンド  4-18

H

Half-Duplex VRF、HDVRF を参照

HDLC/PPP  17-11

connect コマンド  17-11

encapsulation hdlc  17-12

HDLC Like-to-Like ローカル スイッチング  17-12

PPP Like-to-Like ローカル スイッチング  17-11

PWRED  17-11

インターワーキング  17-11

最大伝送ユニット(MTU)  17-12

制約事項  17-11

要件  17-11

HDLCoMPLS  17-37

HDVRF  1-27

show コマンド  4-29

機能の概要  4-22

制約事項  4-24

要件  4-24

HGW、定義  3

High VC Count  3

hold-queue コマンド  19-18

HTML  3

http  3

HWIDB  19-27

Hypertext Markup Language  3

Hypertext Transfer Protocol  3

I

iBGP ピア グループ  3-16, 3-26

ICMP  3

idle-timeout コマンド  8-3

IEEE 802.1Q VLAN

VLAN のサブインターフェイスでのイネーブル化  6-8

IEEE 802.1Q-in-Q VLAN タグ終端  1-21, 1-22, 1-27

IETF  3

IGMP  3

IP マルチキャスト機能  15-1

イネーブル化  15-3

IGMPv3  1-23

IGP ルート  4-3

import コマンド  10-12

in service software upgrade  1-23

inarp コマンド  8-3

initiate-to コマンド  5-6, 9-5

Integrated Routing And Bridging

IRB を参照

intelligent service architecture  1-23

interface

virtual-template コマンド  5-30

アウトバウンドおよび IP マルチキャスト ファースト スイッチング  15-2

イネーブル化

dense(稠密)モード  15-3

希薄モード  15-3

interface multilink コマンド  19-13

interface range コマンド  6-16

interface-config RADIUS アトリビュート  2-19, 2-22, 3-5, 3-6, 4-26

Internet Control Message Protocol  3

Internet Engineering Task Force  3

Internet Group Management Protocol  3

IGMP を参照

Internet Protocol  4

ip

ip-unnumbered RADIUS アトリビュート  3-5

vrf-id RADIUS アトリビュート  3-5

ip address

pool コマンド  10-7, 10-12

ip dhcp pool コマンド  10-8, 10-12

ip dhcp relay information option コマンド  3-12, 3-27

ip helper-address コマンド  3-29

ip local pool コマンド  10-19

IP over Q-in-Q  1-26

ip pim dense-mode コマンド  15-3

ip pim sparse-dense-mode コマンド  15-4

ip pim sparse-mode コマンド  15-3

ip radius source-interface コマンド  5-36

IP SLA-LSP ヘルス モニタ  1-23

ip tos reflect コマンド  9-6

ip unnumbered loopback コマンド  5-30

ip vrf forwarding コマンド  5-33, 5-35, 24-2

ip vrf コマンド  4-24, 5-37

IP アドレス

VRF での重複  24-5

プール  10-18, 10-19, 10-20

IP アドレスの重複  24-5

IP オーバーラッピング アドレス プールの例  10-19

IP 受信 ACL  1-27

show コマンド  12-3

機能の概要  12-2

制約事項  12-2

設定  12-2

設定例  12-3

IP 入力プロセスの先頭行ブロック  2-21

IP 入力プロセスの先頭行ブロックの防止  2-21

IP マルチキャスト

ip multicast-routing コマンド  15-2

機能  15-1

ファースト スイッチングの制約事項  15-2

ルーティングのイネーブル化  15-2

IP マルチキャストとファースト スイッチングの二重化  15-2

IPCP  10-16

ip-unnumbered RADIUS アトリビュート  2-19, 3-5

IPv6  1-23, 21-1

IPv6 VPN over MPLS(6VPE)  4-8

ipv6 unicast-routing コマンド  4-9

制約事項  4-9

設定作業  4-9

モニタリングおよびメンテナンス  4-16

要件  4-9

IPv6 VRF  4-9

IPv6 インターネット アクセス  4-12

VRF インターフェイス  4-12

VRF 内のすべてのインターネット ルート  4-12

VRF のスタティック ルートの使用  4-12

非 VRF インターネット アクセス  4-12

IRB  4

ISA  1-23

ISO  4

ISP  4

ISSU  1-23

ITU-T  4

K

K1/K2 バイト  14-2

keepalive コマンド  2-19

L

L2 VPN の設定  17-1

L2F  4

L2TP

アクセス コンセントレータ  5-3, 5-8, 5-9, 5-12, 4

エラーおよびイベントの表示  5-36, 5-53

定義  4

ドメイン スクリーニング  1-26

トンネルの設定  2-12

輻輳回避  1-23

l2tp ip tos reflect コマンド  9-1

L2TP トンネルのスケーリング制限  1-25

L2VPN  17-1

/32 マスク  17-6

AToM  17-2

AToM 情報のチェックポインティング  17-8

debug acircuit checkpoint コマンド  17-8

debug mpls l2transport checkpoint コマンド  17-8

LDP  17-2

LS  17-1

mpls ip コマンド  17-5

MPLS ネットワーク  17-2

NSF  17-1

show acircuit checkpoint コマンド  17-8

show mpls l2transport checkpoint コマンド  17-8

show mpls l2transport vc detail コマンド  17-8

SSO  17-1

VPLS  17-1

VPWS  17-1

擬似配線  17-2

コントロール ワード  17-2

最大伝送ユニット(MTU)  17-6

制約事項  17-6

要件  17-5

ラベル スイッチド パス(LSP)  17-5

L4R のスケーリング  2-6

L4R のスケーリング制限  2-4

L4R 変換  2-4, 2-6

Label Forwarding Information Base  3-43

LAC  5-11, 5-12

LNS トポロジ  5-4, 5-23

機能の概要  5-3

スタティック ドメイン名の設定  5-11

制約事項  5-8

ダイナミック トンネル選択  5-6

定義  4

ドメイン事前許可のイネーブル化  5-12

トンネル共有設定の確認  5-9

トンネル単位のセッション制限  5-13

トンネル定義の参照  5-8

LAIS メジャー アラーム  14-14

LAN  4

LCP  9-8, 4

LCP、リンク コントロール プロトコルを参照

LDP  3-43

LFI  19-24

LFI over Frame Relay(FRF.12)  1-24

LFIB  3-43

Line Alarm Indicate Signal メジャー アラーム  14-14

Link Control Protocol  9-8, 4

LMI のトポロジ例  17-31

LNS

L2TP トラフィックを開始および受信するための設定  5-30

LAC からのトンネルの終端  9-4

RADIUS トンネル認証の設定  5-43

RADIUS トンネル認証方式リストの設定  5-43

VPDN グループの設定  5-30

管理型 LNS

アーキテクチャ  1-7

制約事項  5-29

設定例  5-31

定義  4

トンネル単位のセッション制限の確認  5-38

トンネル単位のセッション制限の設定  5-37

入力トンネル名のマッピング  9-5

要件  5-29

local name コマンド  9-4, 9-5

logging rate-limit コマンド  2-5

logging to local non-volatile storage(ATA disk)  1-24

M

MAC  4

Management Information Base、定義  4

Max Prefix BGP  4-11

MIB  4

CISCO-ATM-PVCTRAP-EXTN-MIB  2-16

MLP on CPE(ダイヤルアップ ネットワーク)  19-25

MLP on LNS  19-24

hold-queue コマンド  19-27

lcp renegotiation always コマンド  19-28

multilink group # コマンド  19-25

ppp multilink link max 1 コマンド  19-27

ppp multilinks max link # コマンド  19-25

PXF メモリおよびパフォーマンスへの影響  19-28

概要  19-25

シングル メンバー バンドル  19-26

制約事項  19-29

設定  19-30

MLP on LNS の概要  19-25

MLP over Serial  19-27

MLP 機能

Link Fragmentation and Interleaving  19-31

Multi-VC over ATM PVC  19-22

Single-VC over ATM PVC  19-20

インターフェイス範囲  19-5, 19-12, 19-19, 19-23

オーバーヘッド  19-12

グループ  19-7

シリアル インターフェイス上  19-18

説明  19-2

バンドル  19-4

バンドル インターフェイス  19-6

マニュアルの参照  1-24

MLPoE LAC スイッチング  19-31

MLPoE LAC スイッチングの制約事項  19-31

MLPoE LAC スイッチングの設定例  19-46

MLPPP with LFI  1-24

MP-BGP スピーカー  4-11

MPLS

VPN ID  3-8

VPN アーキテクチャ  1-5

VPN、ODAP  10-6

確認

MPLS  3-42, 3-45

ラベル  3-43

ラベル配布  3-44

定義  5

トラブルシューティング  3-42

プロバイダー エッジ アプリケーション  1-14

ラベル バインディングの確認  3-44

MPLS egress netflow accounting 機能  1-24

MPLS embedded management-LSP ping/traceroute and AToM VCCV  1-24

MPLS IPv4 の信号送信先コア  4-9

MPLS QoS  1-27

MPLS traffic engineering、diffserv aware  1-28

MPLS VPN  5

確認

VRF の設定  3-46

ラベル  3-49

MPLS VPN に対する RBE  3-7

トラブルシューティング コマンド  3-52

MPLS VPN に対するリモート アクセス

MPLS も参照

設定例  3-33

MPLS VPN-explicit null label support with BGP IPv4 label session  1-25

MPLS キャリア対応キャリア  1-24

MPLS ラベル スタック  17-39

MPLS-LDP MD5 global configuration  1-25

MQC policy map support on configured VC range  1-27

MQC、定義  5

MR-APS  1-28

K1/K2 バイト  14-2

show および debug コマンド  14-9, 14-12

機能の概要  14-1

制約事項  14-2

設定  14-3, 14-5, 14-7

定義  5

保護および実行インターフェイス  14-1, 14-5, 14-6, 14-7

ms-chap  5-35

MTU

AToM での設定  17-38

multicast-VPN  1-25

multihop hostname コマンド  9-5

Multirouter APS、定義  5

Multirouter Automatic Protection Switching、MR-APS を参照

N

NAS  16-2, 5

NAS-IP Address RADIUS アトリビュート  16-2

NAS-Port-ID(RADIUS アトリビュート 87)  16-9

NAS-Port-Type(RADIUS アトリビュート 61)  16-7

NAS-Port(RADIUS アトリビュート 5)  16-8

NCP、ネットワーク コントロール プロトコル を参照

NetFlow  5

Network Access Server  5

no atm pxf queuing  2-17

no atm pxf queuing コマンド  2-17

no bba-group pppoe コマンド  6-3, 6-4, 6-9

no ip gratuitous-arp コマンド  2-13

no origin コマンド  10-13

no source vpdn-template コマンド  4-17

no virtual-template snmp コマンド  2-15

NSF/SSO  17-8

MPLS HA 環境内のネイバー ルータ  17-9

NSF/SSO の設定  17-9

SSO  17-9

制約事項  17-9

設定例  17-9

要件  17-8

ルーティング プロトコルの NSF  17-9

NVRAM  5

O

oam retry コマンド  8-3

OAM セル エミュレーション

ATM AAL5 SDU support

PVC 上の MPLS  17-17

VC クラス コンフィギュレーションの MPLS  17-18

レイヤ 2 ローカル スイッチング  17-16

oam-ac emulation-enable コマンド  17-16

oam-pvc manage コマンド  17-16

oam-pvc コマンド  8-3

OAP  5

機能  10-18

定義  5

ODAP

Cisco 10000 ルータでの RADIUS の設定  10-10

DHCP の設定例  10-8

DHCP プールの設定  10-8

IPCP サブネット割り当てプロトコルの設定  10-12

IPCP ネゴシエーションを介してサブネットを取得するための設定  10-12

MPLS VPN 用  10-6

ping コマンド  10-17

PPP のアドレス割り当て  10-6

インターフェイス上での設定  10-11

概要  10-5

グローバル デフォルト プーリング メカニズムとしての DHCP の定義  10-7

グローバル デフォルトの例  10-8

サブネットの解放  10-6

サブネットの取得を許可  10-9

設定  10-7

設定例  10-15, 10-16

定義  5

ディセーブル化  10-13

動作の確認  10-13

モニタリング  10-16

要件  10-7

利点  10-7

利用率下限マーク  10-5

利用率上限マーク  10-5

Option 82  3-9

Option 82、設定  3-27

origin コマンド  10-8, 10-12

OSI  5

P

PAP  5-30, 5-35, 5

Parallel Express Forwarding

PXF を参照

Password Authentication Protocol  5-35, 5

PBHK サービスの制約事項  2-4

PBHK 変換  2-6

PBLT  19-27

PCR  5

PE ルータ  5

確認

PE 間のルーティング セッション  3-47

PE と CE 間のルーティング セッション  3-48

peer default ip address コマンド  10-12

per DSCP WRED  1-28

per precedence WRED statistics  1-28

per session queuing and shaping for PTA  1-26

percentage-based policing  1-28

PIM

IP マルチキャスト機能  15-1, 15-3

イネーブル化

dense(稠密)モード  15-3

sparse-dense モード  15-4

希薄モード  15-3

インターフェイス上での設定  15-3

ping コマンド  3-43, 3-49, 10-17

policy map コマンド

ポリシー マップとしてカウント  2-8

pool-member コマンド  9-7

PPP

スケーリングおよびインターフェイス固有のコマンド  2-14

セッション

アドレス割り当て  10-6

定義  5

認証タイムアウト  2-13

ppp authentication コマンド  5-30, 5-35

ppp authorization コマンド  5-35

ppp multilink fragment disable コマンド  19-16

ppp multilink interleave コマンド  19-16, 19-17, 19-33

ppp multilink コマンド  19-14

PPP Termination Aggregation  19-24

ppp timeout authentication コマンド  2-13

PPP 終端集約

PTA も参照

VRF

RADIUS アトリビュート スクリーニング機能  16-1

定義  6

PPPoA  6

PPPoE

circuit-tag processing  1-26

MAC アドレス選択方法の変更  3-21

VPDN グループでの設定  6-8

イネーブル化  6-3, 6-8

指定

MAC アドレス単位の最大セッション数  3-22

PPPoE セッションの最大数  3-22, 6-9

VLAN セッションの最大数  6-8

セッションの削除  6-11

設定例  6-5

定義  6

表示

セッション ID に関するセッション情報  6-11

セッション数  6-11

セッションの統計情報  6-11

PPPoE circuit-tag processing  1-26

pppoe enable コマンド  6-3, 6-8

pppoe limit max-sessions コマンド  3-22, 6-3, 6-4, 6-8, 6-9

pppoe limit per-mac コマンド  3-22, 6-3, 6-4, 6-9

pppoe limit per-vc コマンド  3-22, 6-4

pppoe limit per-vlan コマンド  6-8, 6-9

pppoe mac-address コマンド  3-21

PPPoE over IEEE 802.1Q VLAN

確認  6-11

機能  6-7

設定例  6-10

定義  6

PPPoE over Q-in-Q  1-28

PPPoEoA、定義  6

PPPoEoE  6-2, 6-11, 6

PPPoMPLS  17-37

PPPoX  16-13, 6

PQ  6

protocol pppoe コマンド  6-3

protocol コマンド  8-3

Protocol-Independent Multicast

PIM を参照

pseudowire emulation edge-to-edge MIBs for Ethernet and Frame Relay services  1-25

PTA

RADIUS アトリビュート スクリーニング機能  16-1

VRF のアーキテクチャ  1-4

アーキテクチャ  1-3

定義  6

PTA マルチドメイン

PTA-MD を参照

PTA-MD  6

PVC  6

同じ DSL 回線に設定された 2 つのプロトコル  3-21

pvc-in-range コマンド  8-8, 8-10

PVP  6

PXF  6

Q

QinQ  17-23

QinQ AToM の確認  17-26

イーサネット VLAN QinQ AToM  17-24

制約事項  17-24

設定例  17-26

内部 VLAN タグおよび外部 VLAN タグに基づく QinQ トンネリング  17-25

要件  17-23

QoS  6

QoS Broadband Aggregation Enhancements  1-26

QoS MQC コマンド

フレームリレー相互間ローカル スイッチングでの  17-36

QoS 機能  4-13

DSCP  4-13

EXP  4-13

FRF.12  4-13

出力 PE 上の DiffServ  4-13

入力 PE 上の DiffServ  4-13

queue-limit コマンド  2-9

R

RADIUS

AAA  5-35

HDVRF サポートの設定  4-28

RADIUS アトリビュート スクリーニング  16-1

確認  5-39

機能  5-25

RADIUS サーバ ホストのグループ化  5-38

RADIUS と LAC の通信の確認  5-13, 5-22

VRF 単位の AAA 機能  3-32

アカウンティング

アトリビュート accept リストの例  16-4

クライアント  6

アカウンティングおよび認証の統計情報の表示  5-39, 5-52

アトリビュート

1 User-Name  16-18

151 Session-Svr-Key  16-18

31 Calling-Station-Id  16-13

4 NAS-IP-Address  16-2

40 Acct-Status-Type  16-2

41 Acct-Delay-Time  16-2

44 Acct-Session-Id  5-13, 5-36, 16-2, 16-18

5 NAS-Port  16-8

6 Service-Type  16-2, 16-3

61 NAS-Port-Type  16-7

66 Tunnel-Client-Endpoint  16-3

67 Tunnel-Server-Endpoint  16-3

69 Tunnel-Password  5-27

7 Framed-Protocol  16-2, 16-3

8 Framed-IP-Address  16-18

87 NAS-Port-ID  16-9

90 Tunnel-Client-Auth-ID  5-27

Acct-Status-Type  5-40

Acct-Tunnel-Connection  5-40

Acct-Tunnel-Packets-Lost  5-40

IETF  A-2

Tunnel-Client-Endpoint  5-40

Tunnel-Server-Endpoint  5-40

Vendor-Specific  A-9

ベンダー独自  A-5

アトリビュート accept または reject のリスト確認  5-39

アトリビュート accept リスト  5-25, 5-38, 16-1, 16-2, 16-3

アトリビュート reject リスト  5-25, 5-38, 16-1, 16-2, 16-3

アトリビュートのフィルタリング  5-39

アドレス割り当て  10-2

再送信タイムアウトのレート  2-12

指定されたインターフェイスの使用  5-36

セキュリティ クライアント  6

設定

Cisco 10000 ルータ上  10-10

アトリビュート accept/reject のリスト  5-38, 5-39

許可拒否アトリビュートリストの例  16-4

トンネル サービス許可用のサービス プロファイル  5-16

トンネル単位のセッション制限  5-17

ダウンストリーム VRF の設定  4-26

定義  6

伝送再試行範囲  16-5

伝送再試行、show および debug コマンド  16-6

伝送再試行、制約事項  16-5

伝送再試行、設定  16-5

ドメイン事前許可用のユーザ プロファイルの確認  5-16

トンネル共有設定の確認  5-15

トンネル共有のイネーブル化  5-14

認証  2-11

必須アトリビュート

アトリビュート reject リストの例  16-4

許可およびアカウンティング  16-2

ベンダー固有属性  16-2

論理回線 ID  16-14

radius server attribute コマンド  10-10

RADIUS server load balancing  1-25

RADIUS アトリビュート

interface-config  2-19, 2-22, 3-5, 3-6, 4-26

ip

ip-unnumbered  3-5

vrf-id  3-5

ip-unnumbered  2-19, 3-5

vrf-id  2-19, 3-5

RADIUS アトリビュート 242

テンプレート ACL 機能  22-2

RADIUS アトリビュート 31

calling station ID  1-27, 16-13

RADIUS アトリビュート accept リスト  5-25, 5-38, 16-1, 16-2, 16-3

RADIUS アトリビュート reject リスト  5-25, 5-38, 16-1, 16-2, 16-3, 16-4

radius-server attribute 31 pppox コマンド  16-15

radius-server attribute 44 コマンド  5-36

radius-server attribute list コマンド  5-39

radius-server domain-stripping コマンド  5-36

radius-server retransmit コマンド  5-12

radius-server vsa コマンド  10-10

radius-server コマンド  2-12, 16-5, 16-6

range コマンド  8-9

rbe nasip コマンド  3-27

RBE、定義  7

RD

定義  7

ルート識別子も参照

rd コマンド  4-24, 5-24, 5-37

request-dialout コマンド  4-18, 9-7

Reverse Path Forwarding チェック  4-23

RFC 3036  3-43

RIB  4-2

RIP  7

Routed Bridge Encapsulation

RBE を参照

定義  7

Routing Information Base  4-2

Routing Information Protocol

RIP を参照

RP  15-3

RPF  4-23

RX_LOS エラー アラーム  17-27

S

SAR

ページ制限  8-4

SCCRQ  5-27

SCR  7

secret  9-4

Section Loss of Frame クリティカル アラーム

SLOF を参照

Section Loss of Signal クリティカル アラーム

SLOS を参照

server-private コマンド  5-33, 5-38

Service-Type  5-45

Service-Type RADIUS アトリビュート  16-2, 16-3

session-limit コマンド  4-16, 4-19, 5-37

shaped UBR PVC  1-27

show

access-list template コマンド  22-8

accounting コマンド  5-52

atm

pvc コマンド  8-12

vc コマンド  8-12

atm map コマンド  3-52

atm vc コマンド  3-52

interface

virtual-access コマンド  9-10

interface virtual-access コマンド  5-52

interface コマンド  6-17

interfaces atm コマンド  3-52

ip arp vrf コマンド  3-52

ip bgp neighbors コマンド  3-47

ip bgp vpnv4 all tags コマンド  3-49

ip bgp vpnv4 all コマンド  3-32, 3-47

ip bgp vpnv4 vrf コマンド  3-47

ip dhcp import コマンド  10-16

ip dhcp pool コマンド  10-13, 10-16

ip interface コマンド  3-32

ip local pool コマンド  10-19

ip ospf database コマンド  3-48

ip protocols vrf コマンド  3-32

ip protocols コマンド  3-42

ip rip database vrf コマンド  3-48

ip route vrf コマンド  3-32, 3-47, 3-52, 5-36, 5-52

ip route コマンド  3-42

ip vrf detail コマンド  3-46

ip vrf interfaces コマンド  3-46

ip vrf コマンド  3-32, 3-46

mpls forwarding-table コマンド  3-44

mpls interfaces コマンド  3-42

mpls ip bindings コマンド  3-44

mpls l2transport vc コマンド  17-15

mpls tag-switching forwarding-table コマンド  3-44

pppoe session all コマンド  6-11

pppoe session packets コマンド  6-11

pxf cpu queue summary コマンド  2-9

pxf cpu queue コマンド  2-5

radius statistics コマンド  5-39, 5-52

running-config コマンド  5-9, 5-12, 5-14, 5-22, 5-38, 6-17

tag-switching forwarding vrf コマンド  3-32

tag-switching tdp discovery コマンド  3-44

version コマンド  1-2

vpdn  5-52

group コマンド  4-21

history コマンド  4-21

session  4-19

session all username コマンド  5-52

session コマンド  4-21, 5-12, 5-22, 5-52, 6-11

tunnel all コマンド  5-52

tunnel コマンド  5-12, 5-14, 5-22, 5-38, 5-52, 6-11

コマンド  6-11, 9-10

SLOF クリティカル アラーム  14-14

SLOS クリティカル アラーム  14-14

SNMP

MIB  2-15

アクセスの許可  2-16

定義  7

ビュー エントリの作成  2-16

snmp-server community コマンド  2-16

snmp-server view コマンド  2-16

SONET 自動保護スイッチング(APS)  14-10

source vpdn-template コマンド  4-19

sparse-dense モード、イネーブル化  15-3

Start-Control-Connection-Request  5-27

Sustainable Cell Rate

定義  7

SVC  7

SWIDB  19-27

T

Tag Distribution Protocol  3-43

TDP  3-43

terminate-from hostname コマンド  5-31, 5-37

test virtual-template コマンド  2-13, 2-15

threshold コマンド  14-14

Time to Live  3-49

toaster  20-9

ToS フィールド

定義  7

保護  9-6

マルチホップ機能の反映  9-1

traceroute vrf コマンド  3-49

traceroute コマンド  3-45

TTL  3-49

tunnel destination コマンド  24-4

Tunnel-Client-Endpoint RADIUS アトリビュート  5-40, 16-3

Tunnel-Preference アトリビュート  5-7

Tunnel-Server-Endpoint RADIUS アトリビュート  5-40, 16-3

Tunnel-Server-Endpoint アトリビュート  5-7

two-rate policer  1-25

U

UBR

定義  7

ubr コマンド  2-17, 8-3

UNI シグナリング  7

uRPF

allow-default オプションによるルーズ モードの uRPF の設定  13-9

allow-self-ping オプションによるルーズ モードの uRPF の設定  13-9

interface type コマンド  13-4

ip cef コマンド  13-4

ip verify unicast source reachable-via any コマンド  13-4

show ip interface type コマンド  13-5

show ip traffic コマンド  13-5

show pxf cpu statistics drop interface コマンド  13-5

uRPF の設定  13-4

uRPF のモニタリングおよびメンテナンス  13-5

インターフェイス単位の uRPF ドロップ  13-5

グローバルな uRPF ドロップ  13-5

制約事項  13-3

要件  13-2

ルーズ モードの uRPF の設定  13-8

username コマンド  9-4

utilization mark

high コマンド  10-8

low コマンド  10-8

V

VAI  5-24, 7

VBR

定義  7

VBR-nrt  7

vbr-nrt コマンド  2-17, 8-3

VBR-nrt の加入過多  1-28, 8-14

VBR-rt  7

VC

加入過多  8-14

帯域予約  8-14

定義  8

VC weighting  1-28

VC クラス

PVC 範囲内の PVC への適用  8-8

PVC 範囲への適用  8-7

各 PVC への適用  8-7

自動プロビジョニングがイネーブルである VC クラスの作成  8-6

パラメータ  8-3

VC スケーリング

ATM ラインカード

ATM PVC 自動プロビジョニング  8-4

階層型シェーピング  2-10

VCCI  19-27

vc-class atm コマンド  5-11, 8-6, 8-11

VCI  8

Vendor-Specific

アトリビュート  16-2

アトリビュート スクリーニング  16-2

Virtual Access Interface

作成  5-24

Virtual Routing And Forwarding

VRF を参照

Virtual Routing And Forwarding、VRFを参照

virtual-template コマンド  3-22, 5-31, 6-3, 6-4, 6-9

VLAN  5-23, 8

VLAN ID の書き換え  17-29

VLAN 範囲機能

サブインターフェイス範囲の設定  6-16

制約事項  6-15

設定の確認  6-17

設定例  6-16

範囲の作成および保存  6-15

VLAN モード  17-21

VPDN

VPDN 機能のイネーブル化  9-4

VPDN グループの関連付け  6-3, 6-8

イネーブル化  5-30

グループ  4-16

accept-dialin  9-6

request-dialout  9-7

VPDN テンプレートとの関連付けの解除  4-17

VPDN パラメータの適用  4-17

設定例  4-19

ダイヤルイン受け入れ VPDN グループの作成  6-3

定義  8

テンプレート  4-16

設定  4-17

ネスト  4-17

トンネル許可検索  9-6

表示

アクティブな L2TP または L2F セッション情報  6-11

アクティブな L2F プロトコル情報  6-11

マルチホップ機能のイネーブル化  9-4

ローカル グループ名の定義  5-8, 5-30

vpdn

authorize domain コマンド  5-5

enable コマンド  4-18, 5-30, 6-3, 6-8, 9-4

ip udp ignore checksum コマンド  2-21

multihop コマンド  9-4

search-order コマンド  9-6

session-limit コマンド  4-18

vpdn tunnel authorization network コマンド  5-43

VPDN グループ

accept-dialin  9-1

request-dialout  9-1

vpdn-group コマンド  5-8, 5-9, 5-13, 5-26, 5-30, 5-37, 6-3, 6-8, 9-4

設定  3-20

vpdn-template コマンド  4-18

vpdn-vtemplate  5-45

VPI  8

VPN  8

ID サブオプション  3-9

vpn id コマンド  3-8

VPN ID の指定  3-29

vpn service domain-name コマンド  5-6

vpn service コマンド  5-10

デバッグ トレースの表示  5-36

動作の確認  3-32

vpn コマンド  24-2, 24-4

vpnv4  8

VP、仮想パストンネルを参照

VRF

domain-stripping  5-36

RADIUS 固有のコマンド  5-33

VPN への設定  3-25

VRF 認識ドメインストリッピングのイネーブル化  5-13

アップストリーム  4-23, 4-24

インターフェイスへの関連付け  4-25, 5-35

終端  24-1

セッションの収容  5-23

設定

AAA RADIUS サーバ グループのリファレンス  5-33

VRF  5-24, 5-37

VRF の AAA アカウンティング  5-33

ダウンストリーム  4-23, 4-24, 4-26

定義  8

テスト  3-49

VRF 単位の AAA

確認  5-36

設定  3-32

説明  5-24

VRF 単位のセッション制限機能

概要  4-16

制約事項  4-17

設定  4-18

設定の確認  4-19

設定例  4-19

モニタリング  4-21

要件  4-18

VRF 内でのトンネルの終端  24-1

VRF 認識 VPDN トンネル  1-26

IP アドレスの重複  24-5

設定  24-4

設定例  24-6

説明  24-2

VRF 認識ルータ アプリケーション  4-12

VRF 認識 PING  4-12

VRF 認識 Telnet  4-12

VRF 認識 Traceroute  4-12

vrf-id RADIUS アトリビュート  2-19, 3-5

VRF-Lite  4-12

マルチ VRF CE  4-12

レイヤ 3 VPN  4-12

VSA  16-2

dout-dialer  5-45

Service-Type  5-45

vpdn-vtemplate  5-45

定義  8

W

WAN  8

WFQ  8

WRED  8

X

xconnect コマンド  17-14

xDSL  9

相手先選択回線  7

アカウンティング

AAA アカウンティングのイネーブル化  5-35

notice

start  10-9

stop  10-9

RADIUS アトリビュート  16-2

RADIUS トンネル アカウンティングの設定  5-42

アトリビュート reject リストの例  16-3

コマンド  5-40

トンネル アカウンティングの設定例  5-49

レコード、Tunnel-Start の例  5-41

レコード、Tunnel-Stop の例  5-41

アクセス コントロール エントリ  2-4, 12-2, 12-4, 12-6

アクセス コントロール リスト

ACL も参照

定義  1

アップストリーム VRF  4-23, 4-24

アップストリーム レート  9

アトリビュート accept リスト  16-4

アトリビュート値ペア  5-26

アドレス プール

DHCP ベース アドレス割り当て  10-3

PPP 用  10-6

RADIUS ベース アドレス割り当て  10-2

グローバル デフォルト プーリング メカニズム  10-7

スコープ  10-3

リース  10-3

ローカル  10-2

ローカル、定義  12

アラーム

LAIS  14-14

クリティカル  14-14

暗号キー  5-33, 5-38

イーサネット  9

イーサネット集約

専用線アーキテクチャ  1-14

インターネット  9

インターフェイスの加入過多  1-27

インターフェイス範囲、マルチリンク  19-5, 19-12, 19-19, 19-23

エージェント リモート ID  3-9

オーバーラッピング アドレス プール、OAP を参照

重み付けランダム早期検出  8

オンデマンド PVC

VC クラスを使用した作成  8-6

オンデマンド PVC、作成  8-8

オンデマンド アドレス プール

ODAP を参照

カード

現用  14-10

セカンダリ  14-10

バックアップ  14-10

プライマリ  14-10

階層型入力ポリシング  1-23

開放型システム間相互接続  5

拡張 NAS-Port-Type および NAS-Port サポート  1-27, 16-7

カスタマー エッジ ルータ

CE ルータを参照

仮想回線

VC を参照

仮想チャネル識別子

VCI を参照

仮想パス トンネル、ATM ラインカードの最大 VC  2-18, 8-16

仮想パス識別子

VPI を参照

加入過多

ATM インターフェイス  8-3

VC  8-14

カプセル化

aal5 コマンド  8-3

encapsulation dot1q コマンド  6-8

定義  9

可変ビット レート

定義  7

簡易ネットワーク管理プロトコル  7

管理型 L2TP ネットワーク サーバ

RADIUS アトリビュート スクリーニング機能  16-1

管理型 LNS も参照

管理型 LNS

設定例  5-46

トポロジ  5-23

キー

認証キーおよび暗号キーの指定  5-33, 5-38

ギガビット イーサネット、定義  3

擬似配線クラス

設定  17-13

擬似配線接続

設定  17-13

機能  1-26

3 レベルの階層型 QoS ポリシー  1-27

3-color policer  1-27

802.1Q VLAN 上の IP アンナンバード  1-27, 7-1

AAA CLI stop record 拡張機能  1-22

ATM PVC 自動プロビジョニング  8-2

AToM  1-22

BGP マルチパス ロード シェアリング  1-27

CBWFQ  1-27

define interface policy-map AV pairs AAA  1-26

dynamic ATM VP and VC configuration modification  1-26

dynamic subscriber bandwidth  1-26

eIBGP マルチパス ロード シェアリング  4-2

FIB スケーリング  2-8

HDVRF  1-27, 4-22

IEEE 802.1Q-in-Q VLAN タグ終端  1-21, 1-22, 1-27

IGMPv3  1-23

in service software upgrade  1-23

intelligent service architecture  1-23

IP over Q-in-Q  1-26

IP SLA-LSP ヘルス モニタ  1-23

IP 受信 ACL  1-27, 12-2

IP マルチキャスト  15-1

IPv6  1-23, 21-1

ISA  1-23

ISSU  1-23

L2TP domain screening  1-26

L2TP トンネルのスケーリング制限  1-25

L2TP 輻輳回避  1-23

LAC  5-1

RADIUS との通信  5-12

概要  5-3

異なるドメインによるトンネル共有  5-9

スタティック トンネル選択  5-6

制約事項  5-8

セッション ロード バランシング  5-7

セッション ロード フェールオーバー  5-7

設定例  5-18

ダイナミック トンネル選択  5-6

ドメインの事前許可  5-12

トンネル サービス許可  5-5

トンネル サービス許可実行  5-9

トンネル共有  5-5

トンネル共有設定の確認  5-9

トンネル単位のセッション制限  5-6, 5-13

トンネル単位のセッション制限の確認  5-14

トンネル定義の参照  5-8

ユーザ単位のトンネル選択  5-6

LFI over Frame Relay(FRF.12)  1-24

logging to local non-volatile storage(ATA disk)  1-24

MLPPP with LFI  1-24

MPLS egress netflow accounting  1-24

MPLS embedded management-LSP ping/traceroute and AToM VCCV  1-24

MPLS QoS  1-27

MPLS traffic engineering、diffserv aware  1-28

MPLS VPN に対するリモート アクセス  3-33

MPLS VPN-explicit null label support with BGP IPv4 label session  1-25

MPLS キャリア対応キャリア  1-24

MPLS-LDP MD5 global configuration  1-25

MQC policy map support on configured VC range  1-27

MR-APS  1-28, 14-1

multicast-VPN  1-25

ODAP  10-5

ODAP マネージャ  10-5

per DSCP WRED  1-28

per precedence WRED statistics  1-28

per session queuing and shaping for PTA  1-26

percentage-based policing  1-28

PPPoE over IEEE 802.1Q VLAN  6-7

PPPoE over Q-in-Q  1-28

PPPoEoE  6-2

pseudowire emulation edge-to-edge MIBs for Ethernet and Frame Relay services  1-25

QoS Broadband Aggregation Enhancements  1-26

RADIUS server load balancing  1-25

RADIUS アトリビュート 31

calling station ID  1-27, 16-13

RADIUS アトリビュート スクリーニング  5-25, 16-1

shaped UBR PVC  1-27

two-rate policer  1-25

VBR-nrt の加入過多  1-28, 8-14

VC weighting  1-28

VLAN 範囲  6-15

VRF 単位の AAA  3-32, 5-24

VRF 単位のセッション制限  4-16, 4-18, 4-19

VRF 認識 VPDN トンネル  1-26

インターフェイスの加入過多  1-27

オーバーラッピング IP アドレス プール  10-18

階層型入力ポリシング  1-23

拡張 NAS-Port-Type および NAS-Port サポート  1-27, 16-7

管理型 LNS  5-1

VRF  1-7

設定例  5-46

キュー スケーリング  2-8

キュー制限を伴う WRED  1-28

時間ベースの ACL  1-28, 12-4

スタティック トンネル選択  5-6

セッション ロード バランシング  5-7

セッション ロード フェールオーバー  5-7

接続解除の RADIUS パケット  1-28, 16-18

ダイナミック トンネル選択  5-6

テンプレート ACL  1-25, 22-1

トンネル アカウンティング  5-26

トンネル サービス許可  5-5

トンネル共有  5-5

トンネル単位のセッション制限  5-6, 5-38

フレーム化ルート VRF 認識  5-28

ポリシー マップ スケーリング  2-8

マルチホップ  9-1

ユーザ単位のトンネル選択  5-6

レイヤ 2 ローカル スイッチング  1-23

ローカル AAA サーバ、ユーザ データベース(VRF に対するドメイン)  1-27, 11-1

ローカル テンプレートベース ATM PVC プロビジョニング  1-26, 8-2

希薄モード、イネーブル化  15-3

キュー スケーリング  2-8, 2-10

キュー制限を伴う WRED  1-28

許可

AAA 許可のイネーブル化  5-35

RADIUS アトリビュート  16-2

VPDN トンネル検索  9-6

アトリビュート accept リストの例  16-3

コマンド  5-39

均等化キューイング  8

クラスベース WFQ

CBWFQ を参照

現用カード  14-10

顧客宅内機器

CPE を参照

国際電気通信連合、標準化部門  4

国際標準化機構  4

固定

相手先固定接続  6

仮想パス  6

バーチャル サーキット  9

固定ビット レート

定義  1

このマニュアルでの新規分  xxvi

このマニュアルの変更点  xxvi

コマンド

aaa

attribute list  11-5

attribute type  11-5

authentication ppp  5-33, 5-35, 5-38

authorization network  5-34, 5-38, 5-43

group server radius  5-32, 5-38

new model  5-32

new-model  10-9, 16-1, 16-2

session-id  10-9

アカウンティング  5-34, 5-40, 10-9

許可  10-9

accept-dialin  4-18, 5-31, 5-37, 6-3, 6-8, 9-4, 9-6

access-list template  22-3, 22-6

aps force  14-9

aps manual  14-9, 14-13

associate slot  14-12

atm over-subscription-factor  8-17

atm pppatm passive  2-21

atm pxf queuing  2-18

authen before-forward  5-6

bba-group  3-22, 6-4, 6-9

call admission limit  2-5

class-range  8-7

class-vc  8-7

clear

ip dhcp  10-16

ip dhcp pool name subnet  10-17

clear pppoe  6-11

clear vpdn tunnel  9-10

create on-demand  8-6, 8-9, 8-11

debug

aaa accounting  5-36, 5-39, 5-52, 16-4

aaa authentication  5-39

aaa authorization  5-36, 5-52

dhcp  10-16

ip dhcp server  10-16

mpls packet  3-43

ppp chap  5-52

ppp negotiation  5-36, 5-53

ppp negotiation chap  5-53

radius  5-36, 5-53

vpdn  9-10

vpdn error  5-36

vpdn errors  5-53

vpdn event  5-36

vpdn events  5-53

domain domain-name  5-5

encapsulation dot1q  6-8

group session-limit  4-18

idle-timeout  8-3

import  10-12

initiate-to  5-6, 9-5

interface multilink  19-13

interface range  6-16

interface virtual-template  5-30

ip address pool  10-12

ip address-pool  10-7

ip dhcp pool  10-8, 10-12

ip dhcp relay information option  3-12, 3-27

ip helper-address  3-29

ip local pool  10-19

ip multicast-routing  15-2

ip pim dense-mode  15-3

ip pim sparse-dense-mode  15-4

ip pim sparse-mode  15-3

ip radius source-interface  5-36

ip tos reflect  9-6

ip unnumbered loopback  5-30

ip vrf  4-24, 5-37

ip vrf forwarding  5-33, 5-35, 24-2

keepalive  2-19

l2tp ip tos reflect  9-1

local name  9-4, 9-5

logging rate-limit  2-5

multihop hostname  9-5

no atm pxf queuing  2-17

no bba-group pppoe  6-4, 6-9

no ip gratuitous-arp  2-13

no origin  10-13

no source vpdn-template  4-17

no virtual-template snmp  2-15

oam-ac emulation-enable  17-16

oam-pvc manage  17-16

origin  10-8, 10-12

peer default ip address  10-12

ping  3-43, 3-49, 10-17

policy-map  2-8

pool-member  9-7

ppp authentication  5-30, 5-35

ppp authorization  5-35

ppp multilink  19-14

ppp multilink fragment disable  19-16

ppp multilink interleave  19-16, 19-17, 19-33

pppoe

enable  6-3, 6-8

limit max-sessions  3-22, 6-3, 6-4, 6-8, 6-9

limit per-mac  3-22, 6-3, 6-4, 6-9

limit per-vc  3-22, 6-4

limit per-vlan  6-8, 6-9

mac-address  3-21

protocol pppoe  6-3

pvc-in-range  8-8, 8-10

queue-limit  2-9

radius server attribute  10-10

radius-server  2-12, 16-5, 16-6

attribute 44  5-36

attribute list  5-39

domain-stripping  5-36

retransmit  5-12

radius-server attribute 31 pppox  16-15

radius-server vsa  10-10

range  8-9

rbe nasip  3-27

rd  4-24, 5-24, 5-37

request-dialout  4-18, 9-7

server-private  5-33, 5-38

session-limit  4-16, 4-19, 5-37

show

access-list template  22-8

atm

pvc  8-12

atm pvc  8-12

atm vc  8-12

interface  6-17

interface virtual-access  5-52, 9-10

ip bgp neighbors  3-47

ip bgp vpnv4 all  3-47

ip bgp vpnv4 all tags  3-32, 3-49

ip bgp vpnv4 vrf  3-47

ip dhcp import  10-16

ip dhcp pool  10-13, 10-16

ip interface  3-32

ip local pool  10-19

ip ospf database  3-48

ip protocols  3-42

ip protocols vrf  3-32

ip rip database vrf  3-48

ip route  3-42

ip route vrf  3-32, 3-47, 5-36, 5-52

ip vrf  3-32, 3-46

ip vrf detail  3-46

ip vrf interfaces  3-46

mpls forwarding-table  3-44

mpls interfaces  3-42

mpls ip bindings  3-44

mpls l2transport vc  17-15

mpls tag-switching forwarding-table  3-44

pppoe session all  6-11

pppoe session packets  6-11

pxf cpu queue  2-5

pxf cpu queue summary  2-9

radius statistics  5-39, 5-52

running-config  5-9, 5-12, 5-14, 5-22, 5-38, 6-17

tag-switching forwarding vrf  3-32

tag-switching tdp discovery  3-44

version  1-2

vpdn  5-52, 6-11, 9-10

vpdn group  4-21

vpdn history  4-21

vpdn session  4-19, 4-21, 5-12, 5-22, 5-52, 6-11

vpdn session all username  5-52

vpdn tunnel  5-12, 5-14, 5-22, 5-38, 5-52, 6-11

vpdn tunnel all  5-52

アカウンティング  5-52

snmp-server community  2-16

snmp-server view  2-16

source vpdn-template  4-19

terminate-from hostname  5-31, 5-37

test virtual-template  2-13, 2-15

traceroute  3-45

traceroute vrf  3-49

tunnel vrf  24-2, 24-4

ubr  2-17

username  9-4

utilization mark

high  10-8

low  10-8

vbr-nrt  2-17

vc-class atm  5-11, 8-6, 8-11

virtual-template  3-22, 5-31, 6-3, 6-4, 6-9

vpdn authorize domain  5-5

vpdn enable  4-18, 5-30, 6-3, 6-8, 9-4

vpdn group  5-9

vpdn ip udp ignore checksum  2-21

vpdn multihop  9-4

vpdn search-order  9-6

vpdn session-limit  4-18

vpdn tunnel authorization network  5-43

vpdn-group  5-8, 5-13, 5-26, 5-30, 5-37, 9-4

vpdn-template  4-18

vpn  24-2, 24-4

vpn id  3-8

vpn service  5-10

vpn service domain-name  5-6

xconnect  17-14

アカウンティング  5-40

アトリビュート  5-39

インターフェイス固有  2-14

許可  5-39

トンネル宛先  24-4

なし

bba-group pppoe  6-3

サーバ ID 上書きサブオプション  3-9

サーバ グループ設定  5-25

サービス クラス

定義  2

サービス品質  6

サブインターフェイス、作成  6-8

サブネット選択サブオプション  3-9

時間ベースの ACL  1-28, 12-4

show および debug コマンド  12-8

機能の概要  12-4

制約事項  12-4

設定  12-5

設定例  12-8

自動プロビジョニング

ATM PVC

PVC でのイネーブル化  8-8

PVC 範囲でのイネーブル化  8-9

PVC 範囲内の PVC でのイネーブル化  8-10

reload コマンド  8-2

VC クラスの作成  8-6

イネーブル化  8-6, 8-11

加入過多  8-3

制約事項  8-5

設定例  8-13

モニタリング  8-12

ATM PVC 機能  8-2

障害のあるリモート リンク  17-27

冗長スロット ペア構成  14-10

冗長動作のディセーブル化  14-12

冗長動作、ディセーブル化  14-12

スケーラビリティ

トランク インターフェイスの入力ホールド キューの設定  2-17

スケーリング拡張機能

Release 12.2(33)SB  2-6

リリース 12.3(7)XI1  1-28, 2-8

リリース 12.3(7)XI2  1-27, 2-10

スタティック ドメイン名  5-5, 5-10, 5-11

スタティック トンネル選択  5-6

スポーク  4-22

スロット ペアコウセイ  14-10

制約事項

GRE トンネル IP 送信元および宛先 VRF メンバーシップ  24-3

セカンダリ カード  14-10

セッション ロード バランシング機能  5-7

セッション ロード フェールオーバー機能  5-7

接続

テスト  3-49

接続解除の RADIUS パケット  1-28, 16-18

設定

VC 加入過多  8-14

サーバ グループ単位  5-25

ホスト単位  5-25

設定例

VRF 認識 VPDN トンネル  24-6

トンネル VRF  24-6

専用アクセス レート  1

専用線アーキテクチャ

ブロードバンドとの組み合わせ  1-15, 1-16, 1-17, 1-18

ターボ ACL  10

帯域幅  10

統計多重  8-14

予約  8-14

ダイナミック トンネル選択機能  5-6

ダウンストリーム VRF  4-23, 4-24, 4-26

ダウンストリーム レート  10

多重化、統計処理  8-14

チャネライズド集約

専用線アーキテクチャ  1-12

デジタル加入者線  19-24, 1, 3

デジタル加入者線アクセス マルチプレクサ

DSLAM を参照

デフォルトの方式リスト  5-28

伝送再試行範囲  16-5

show および debug コマンド  16-6

設定  16-5

テンプレート ACL  1-25, 22-1

テンプレート ACL 機能

RADIUS アトリビュート 242  22-2

トポロジ

ハブ & スポーク  4-22, 4-27

ドメインの事前許可  5-12

RADIUS ユーザ プロファイルの確認  5-16

RADIUS ユーザ プロファイルの設定  5-15

確認  5-12

トラップ  10

トラフィック

分散  5-23

トランク インターフェイスの入力ホールド キュー  2-17

トランスポート タイプ

AToM でサポートされている  17-4

トランスポート ヘッダー  17-38

トンネル  10

LAC からの終端  5-37

VRF 機能  24-1

設定  24-4

設定例  24-6

vrf コマンド  24-2, 24-4

VRF 内の終端  24-1

アカウンティング

機能の概要  5-26

設定例  5-49

アクティブなトンネルの表示  5-38

共有機能  5-5

共有、RADIUS サービス プロファイルでの設定  5-14

許可および認証シーケンス  5-27

サービス許可

RADIUS サービス プロファイルの確認  5-16

設定  5-16

説明  5-5

最大セッションの指定  5-37

スイッチ、定義  10

認証

機能の概要  5-26

設定例  5-51

トンネル選択  17-49

debug mpls l2transport vc コマンド  17-49

disable-fallback オプション  17-49

MPLS トラフィック エンジニアリング トラフィック  17-49

preferred-path サブコマンド  17-49

設定例  17-49

バーチャル サーキット  17-49

トンネル単位のセッション制限機能  5-6, 5-17

確認  5-38

名前付き方式リスト  5-28, 5-40

入力インターフェイス、フラッシュ  2-21

認証  10

キー  5-33, 5-38

トンネル設定例  5-51

認定情報速度

定義  2

ネットワーク

アクセス制限  5-34, 5-38, 5-43

接続テスト  3-49

ネットワーク アーキテクチャ

MPLS VPN に対する RBE  1-11, 3-4

MPLS VPN に対する RBE over ATM  3-7

RBE  1-9

VRF に対する RBE  1-10

ネットワーク コントロール プロトコル  19-14

バーチャル サーキット

ATM ラインカードの最大 VC  2-18, 8-16

バーチャル テンプレート インターフェイス

インターフェイス固有のコマンド  2-13

作成  5-30

指定  3-22, 6-3, 6-4, 6-9

設定  5-24, 5-30, 6-3

バーチャル プライベート ダイヤル ネットワーク  19-24

VPDN を参照

バーチャル プライベート ネットワーク

VPN を参照

配置モデル

MPLS VPN に対するリモート アクセス  16-1

VRF に対する PTA  16-1

管理型 L2TP ネットワーク サーバ  16-1

パケット バッファの利用率  19-28

パケット処理レート  19-28

パス検証

uRPF  13-1

バックアップ  14-10

パッシブ モード  2-21

バッファ、設定  2-11

ハブ & スポーク トポロジ  4-22, 4-27

パフォーマンス

Performance Routing Engine(PRE)  1-2

パフォーマンスとスケーラビリティ、MLP on LNS  19-27

ピーク セル レート  5

非対称デジタル加入者線  19-24

ビット/秒

bps を参照

非同期転送モード  1

ファースト スイッチング  10

プール グループ

IP オーバーラッピング アドレス プールの例  10-19

VPN および VRF の IP オーバーラッピング アドレス プールの例  10-20

確認  10-19

設定  10-19

統計情報の表示  10-19

ローカル プール グループ  10-19

不揮発性 RAM  5

不等価コストのロード バランシング  4-2

プライベート サーバ

設定  5-32

説明  5-25

プライマリ カード  14-10

フラッシュ、入力インターフェイス  2-21

ブリッジ  10

フレーム化ルート VRF 認識機能  5-28

フレームリレー集約

専用線アーキテクチャ  1-13

フレームリレー相互間ローカル スイッチング機能  17-33

QoS の制約事項  17-36

同一ポート スイッチング  17-34

ブロードキャスト  10

ブロードバンド  10

アプリケーション

専用線との組み合わせ  1-15

アプリケーション、専用線との組み合わせ  1-15, 1-16, 1-17, 1-18

ブロードバンド リモート アクセス サーバ  19-24, 10

プロバイダー エッジ ルータ

PE ルータを参照

米国連邦通信委員会

FCC を参照

ベンダー固有アトリビュート

dout-dialer  5-45

Service-Type  5-45

vpdn-vtemplate  5-45

定義  8

ポイントツーポイント サブインターフェイス  11

ポイントツーポイント プロトコル

PPP を参照

方式リスト

RADIUS トンネル認証方式リストの設定  5-43

デフォルト  5-28

名前付き  5-28, 5-40

ポート モード  17-22

ポート間接続  17-29

ホーム ゲートウェイ、定義  3

保護

ip tos reflect コマンド  9-6

ホスト設定  5-25

ホップ カウント  11

ポリシー マップ

スケーリング  2-8

マニュアルの改訂履歴  xxvi

マルチキャスト  11

マルチプレクサ  11

マルチプロトコル BGP  4-8

マルチプロトコル ラベル スイッチング

MPLS も参照

VPN アーキテクチャ  1-5

マルチポイント サブインターフェイス  11

マルチホップ機能

概要  9-1

制約事項  9-3

設定例  9-8

定義  11

マルチホップ機能のイネーブル化  9-4

モニタリング  9-10

無規定ビット レート

定義  7

無制限の範囲設定  8-2

メディア アクセス制御レイヤ、定義  4

モジュラ QoS CLI

MQC も参照

ユーザ

ユーザに対するネットワークへのアクセス制限  5-34, 5-43

ユーザ単位のトンネル選択  5-6

ユニキャスト RPF  13-1

機能性  13-1

ラベル

確認

MPLS ラベル  3-43, 3-45

ラベル バインディング  3-44

ラベル配布  3-44

送信  3-49

ラベル スイッチング、設定  3-25

ランデブー ポイント  15-3

リスニング モード  2-21

リモート イーサネット ポート シャットダウン  17-26

制約事項  17-27

設定  17-28

利用率下限マーク  10-5

利用率上限マーク  10-5

リンク コントロール プロトコル  19-14

リンクの停止

フィルタリング  14-6, 14-7

ルータ  11

ルータ設定、確認  5-38

ルーティング テーブル

VRF に関する確認  3-47

VRF に関連するテーブルの表示  5-36, 5-52

定義  11

ルーティング プロトコル

確認  3-42

ルーティング/フォワーディング テーブル

作成  4-24, 5-37

ルート  11

ルート識別子  4-24, 5-24, 5-37, 7

ループバック、定義  3-24

レイヤ 2

転送  4

トンネル プロトコル  4

レイヤ 2 ローカル スイッチング  1-23

ATM 相互間 PVC  17-15

レイヤ 2 ローカル スイッチング機能

ATM AAL5 SDU support

PVC 上の MPLS

OAM セル エミュレーション  17-17

VC クラス コンフィギュレーションの MPLS

OAM セル エミュレーション  17-18

ATM 相互間ローカル スイッチング  17-15

OAM セル エミュレーション  17-16

サポート対象ラインカード  17-15, 17-33

フレームリレー相互間  17-33

ローカル AAA サーバ、ユーザ データベース(VRF に対するドメイン)  1-27, 11-1

ローカル アドレス プール  10-2, 12

ローカル エリア ネットワーク  4

ローカル テンプレートベース ATM PVC プロビジョニング  1-26, 8-2

ローカル プール グループ  10-19

ローカル管理インターフェイス  17-31

ロード バランシング  4-3

eiBGP マルチパスロード シェアリングも参照

不等価コスト  4-2

ワイド エリア ネットワーク  8