Cisco 10000 シリーズ ESR ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド
索引
Numerics
発行日;2012/01/15 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

Numerics

16進数値  2-23

802.1Q PXFスイッチング  17-1

8-port E3/T3 Line Card  13-1

デフォルト値  13-2

A

access-groupコマンド  17-9

AIS

ブルー アラーム  13-13

Alarm Indication Signal(AIS;アラーム表示信号)  13-13

ANSI T1.403仕様  8-26, 9-47, 10-48

APS(自動保護スイッチング)  1-2, 18-1

ARPAカプセル化  17-1

associate slotコマンド  18-4

atm clock internalコマンド  11-2, 11-17

atm flagコマンド  11-17

atm ilmi-enableコマンド  11-15

atm ilmi-keepaliveコマンド  11-16

atm ilmi-pvc-discoveryコマンド  11-16

atm pvpコマンド  11-13

atm reportコマンド  11-18

atm scramblingコマンド  11-18

atm thresholdコマンド  11-20

AU-3コントローラ

インターフェイス  9-17, 10-17

構文  9-15, 9-24, 10-15, 10-25

指定  9-24, 10-25

設定  9-15, 10-15

AU-4-TUG-3/TUG-2

E1チャネル グループ  9-20, 10-20

T1チャネル グループ  9-19, 10-19

AU-4-TUG-3コントローラ

構文  9-16, 9-25, 10-16, 10-26

指定  9-24, 10-25

設定  9-15, 10-15

aug controllerコマンド  9-8, 10-8

auto negotiationコマンド  3-2, 4-3

auto-detect設定  9-6, 10-6

auto-syncコマンド  2-16, 2-17

B

bandwidthコマンド  5-2, 6-2, 7-2, 7-3

Bellcoreキーワード  8-29, 9-49, 10-50

BER

BERテストを参照

bertコマンド  13-2, 13-3

BERテスト  13-14

終了  8-13, 9-49, 10-50, 15-32

パターン  9-48, 10-49

BGPテーブル  19-6

BGPルーティング セッション

設定  19-13

boot

コマンド  2-23

コンフィギュレーション ファイル  2-15

Break機能  2-21

broadcastコマンド  11-22

C

cablelengthコマンド  8-2, 8-16, 13-2, 13-10

CAR

専用アクセス レートを参照

card slot/subslotコマンド

1choc12-1コマンド  2-25

1gigethernet-1コマンド  2-25

1oc12atm-1コマンド  2-25

1oc12pos-1コマンド  2-25

6cht3-1コマンド  2-25

cardコマンド  15-3

c-bitフレーミング タイプ  8-10, 9-9, 9-29, 9-35, 10-9, 10-30, 10-36, 15-41

CE

ルーティング セッション  19-14

Channelized OC-12 Line Card

DSUモードの指定  9-29, 10-30

IPアドレスの割り当て  9-13, 10-13

STS-1チャネル  9-23, 10-24

STS-1接続  9-11, 10-11

インターフェイス コンフィギュレーション モード  9-10, 10-10

コントローラ コンフィギュレーション モード  9-10, 9-27, 10-10, 10-28

コンフィギュレーション モードの終了  9-14, 10-14

サブネット マスク  9-13, 10-13

サブレートT3  9-28, 10-29

準備  2-25

図  9-1, 10-1

説明  9-1, 10-1

デフォルト設定値  9-5, 9-7, 10-5, 10-7

フレーミング タイプの指定  9-29, 10-30

フレームリレー カプセル化  8-7, 9-13, 10-13, 15-11, 15-14, 15-18

Channelized STM-1 Line Card

チャネライゼーションの例  9-2, 9-3, 10-2, 10-3

Channelized T3 Line Card

dsu mode  8-10

HDLCパケット  8-19

idle pattern  8-19

Maintenance Data Linkメッセージ  8-17

MDLメッセージ  8-17

イエロー アラーム  8-25

インターフェイス番号の構文  8-4

ケーブル長  8-16

コントローラ  8-5, 9-11, 10-11

コントローラ コンフィギュレーション モード  8-8, 8-14

サブスクライバ トラフィックのサポート  8-22, 9-41, 10-41, 15-34

サブレートT3  8-9

準備  2-25

図  8-1

スクランブリングのイネーブル化  8-11

設定可能なインターフェイス帯域幅  8-14

デフォルト値  8-2, 15-2

非チャネライズドとしての設定  8-9

フレーミング タイプ  8-10, 8-16, 15-41, 15-42

フレーミング フォーマット  8-24

ライン クロック ソース  5-5, 7-11, 8-20, 9-38, 10-39

リモートT3ループバック コマンドへの応答  8-21

ループバック モード  8-20

channelizedコマンド  8-2, 8-9, 8-15, 9-6, 9-28, 9-34, 10-6, 10-29, 10-35

CHAP、ホスト名  16-4

Cisco 10000シリーズESR

イーサネット ポート  2-6

基本セットアップ  2-4

設定  2-1

設定例  19-1

セットアップ機能  2-4

説明  1-1

電源投入  2-23

class-intコマンド  11-12

class-mapコマンド  17-4, 17-8

class-vcコマンド  11-24

classコマンド  17-6

CLI

IOS設定  2-2, 19-1

QoS設定  17-4

セットアップ機能  2-2

ファイルシステム名  2-11

モジュラ  17-4

clock sourceコマンド  5-2, 5-5, 6-2, 6-5, 7-2, 7-11, 8-2, 8-20, 9-6, 9-8, 9-38, 10-6, 10-8, 10-39, 13-2, 13-11

clockコマンド  11-17

code-point値  17-9

config-cmapモード  17-4

config-pmapモード  17-5

config-register valueコマンド  2-21

controller

e1  15-3

t1  15-5

controllerコマンド  8-26

copy startup-config running-configコマンド  2-12

copyコマンド  2-14

crcコマンド  5-2, 6-2, 7-2, 7-3, 8-3, 9-9, 10-8, 10-9

D

descriptionコマンド  13-2, 13-3, 13-12, 13-16

Differentiated Service Code Point  17-9

dropキーワード  17-13

DS0

コンポーネント、設定  9-32, 10-33

DS3

インターフェイス コンフィギュレーション  13-4, 13-5

dscp  17-9

dsu bandwidthコマンド  8-3, 8-6, 8-9, 9-9, 9-12, 9-28, 10-9, 10-12, 10-29, 13-2, 13-3, 13-17

dsu modeコマンド  8-3, 8-10, 9-9, 9-28, 9-29, 10-9, 10-29, 10-30, 13-2, 13-3, 13-16

dsx3modeコマンド  13-2, 13-12

dsx3インターフェイス  13-4

dsx3表記  13-4

E

E1

コントローラおよびインターフェイスの構文  15-4, 15-7

ポート  15-8

利用可能な帯域幅  15-10

e1

interface  15-3

インターフェイス コンフィギュレーション モード  15-14

クイック スタートの設定  15-1

グローバル コンフィギュレーション モード  15-1, 15-24

コントローラ コンフィギュレーション モード  15-14

シリアル インターフェイス  15-14

設定例  15-1

デフォルト値  15-1

非チャネライズド フルレート帯域幅  15-9

フルレート フレーミング帯域幅  15-12, 15-16

フルレート帯域幅  15-12, 15-16

モード  15-1

e1/t1

ポートの設定  15-1

E3

インターフェイス コンフィギュレーション  13-5

インターフェイスの設定  13-7

E3/T3

BERテスト  13-14

dsu bandwidth  13-17

dsu mode  13-16

dsx3modeコマンド  13-12

インターフェイス コンフィギュレーション コマンド  13-14

コントローラ コンフィギュレーション コマンド  13-10

コンフィギュレーションの概要  13-6

サブレート インターフェイス  13-17

設定時の構文規則  13-4

設定例  13-6

ビルドアウト ケーブル長  13-11

E3/T3ポート モード

変更  13-6, 13-10

E3インターフェイスの設定  13-7

encapsulationコマンド  5-2, 6-2, 7-2, 8-3, 9-9, 10-9, 11-25, 13-2, 13-3, 13-18, 19-3

equipment customer loopbackコマンド  13-19

equipment loopbackコマンド  13-18

equipment network loopbackコマンド  13-19

equipmentコマンド  13-2

ESF(拡張スーパフレーム)フォーマット  8-24, 9-46, 10-47

ewc value  17-14

exponential-weighting-constant値  17-14

F

Facility Data Link(FDL)  8-26

fallback-clockingコマンド  13-3, 13-19

Fast Ethernet(FE)Line Card

図  4-2

設定  4-1

デフォルト値  4-3

format diskコマンド  2-12

frame-relayコマンド  19-3

framingコマンド  8-2, 8-3, 8-10, 8-16, 9-6, 9-9, 9-29, 9-34, 10-6, 10-9, 10-30, 10-35, 13-2, 13-20, 15-3, 15-41, 15-42

FTPプロトコル  2-11

G

GE Line Card

Gigabit Ethernet(GE)Line Cardを参照

Gigabit Ethernet(GE)Line Card

IPアドレス  3-3

MACアドレス  3-5

基本的な設定  3-3

構文  3-2

コマンド  3-4

自動ネゴシエーション  3-4

準備  2-25, 19-4

設定  3-1

デフォルト値  3-2

ハーフハイトの図  3-1

フルハイトの図  3-1

ループバック モード  3-5

H

HDLCコントローラ  8-28

hw-module  15-2, 15-5

shutdown  15-3, 15-5

I

idle characterコマンド  8-3, 8-12, 9-9, 9-30, 10-9, 10-31, 13-3, 13-21

idle patternコマンド  8-2, 8-19, 9-6, 9-37, 10-6, 10-38

ilmi  11-14, 11-15, 11-16

ilmi manageコマンド  11-26

inarpコマンド  11-23

interface multilinkコマンド  16-2

interfaceコマンド  3-3, 11-10

interval time  8-13, 15-32

IOS

サポートされるクラス マップ  17-8

ソフトウェア  1-1

リリース12.0 S  1-1

IOSコマンドライン インターフェイス

CLIを参照

IP

addressコマンド  16-2

Differentiated Service Code Point  17-9

precedence値  17-13

ルータのアドレス  2-2

ルーティング  3-3

ルーティング プロトコル  1-2

ip addressコンフィギュレーション サブコマンド  3-3, 5-3, 6-3, 7-4

ip dscp値  17-21

ip precedence値  17-21

IPアドレスのサブネット マスク  2-7

K

keepaliveコマンド  5-2, 6-2, 7-2, 7-3, 8-3, 9-9, 10-9

L

LAISメジャー アラーム  18-9

Line Alarm Indicate Signalメジャー アラーム  18-9

loopback

コマンド  3-5, 5-7, 6-7, 7-13, 8-20, 9-22, 10-22

loopbackコマンド  6-2, 9-6, 9-8, 10-6, 10-8, 11-2, 11-20, 13-3, 13-21

M

mac-addressコマンド  3-5

mark-denom値  17-15

matchコマンド  17-5, 17-9

max-valueスレッシュホールド  17-15

mdl  13-22

mdlコマンド  8-17, 9-35, 10-36, 13-3, 13-23

MDLメッセージ  8-17, 9-35, 10-36, 13-22

min-valueスレッシュホールド  17-15

MLP(マルチリンク ポイントツーポイント プロトコル)  1-2, 16-1

mtu sizeコマンド  3-2

mtuコマンド  5-2, 6-2, 7-2, 7-3, 8-3, 9-9, 10-9, 11-2

N

national bitコマンド  13-24

negotiation autoコマンド  3-4

networkコマンド  19-6

no bertコマンド  8-13, 9-31, 10-32, 15-32

no channelizedコマンド  8-15

no shutdownコマンド  2-7, 5-4, 6-4, 7-5

NVRAM  15-29

サイズ  2-14

内容を無視  2-20

ファイルシステム  2-11

O

oam retryコマンド  11-26

oam-pvcコマンド  11-27

OC-12 ATM Line Card

ILMI PVC検出のイネーブル化  11-7

PVCの作成  11-5

VCクラスの作成  11-5

VCクラスの適用  11-6

構文  11-3, 12-3, 14-3

サブインターフェイスの作成  11-4

準備  2-25

図  11-1

説明  11-1, 12-1, 14-1

デフォルト設定値  11-2, 12-2, 14-2

OC-12 POS Line Card

POS SPE(同期ペイロード エンベロープ)のスクランブリング  5-7, 7-13

インターオペラビリティ  5-6, 7-12

コマンド構文  5-3, 7-3

準備  2-25

図  5-1, 7-1

設定  5-3, 7-4

デフォルト値  5-2, 7-2, 7-3

フレーミング モード  5-6, 7-11

ループバック テスト  5-7, 7-13

OC-3 POS Line Card

POS SPE(同期ペイロード エンベロープ)のスクランブリング  6-7

インターオペラビリティ  6-6

コマンド構文  6-3

図  6-1

設定  6-3

デフォルト値  6-2

フレーミング モード  6-6

ライン クロック ソース  6-5

ループバック テスト  6-7

OSPFルーティング  19-5

P

PA-2T3ポート アダプタ  8-10, 9-28, 10-29

pathコマンド  9-23, 10-24

PE-CEルーティング セッション

設定  19-13

policeコマンド  17-12

Policy Propagation Border Gateway Protocol

QPPBを参照

policy-mapコマンド  17-5, 17-11

pos flagコマンド  5-2, 5-6, 6-2, 6-6, 7-2, 7-12

pos framingコマンド  5-2, 5-5, 6-2, 6-5, 7-2, 7-11

pos scramble-atmコマンド  5-2, 5-7, 6-2, 6-7, 7-2, 7-13

POS SPE(同期ペイロード エンベロープ)  5-7, 6-7, 7-13

ppp chap hostnameコマンド  16-2

ppp multilinkコマンド  16-4

precedence値  17-15

PREカード  5-7

protocol ipコマンド  11-21

pvc encapsulationコマンド  11-2

pvc ilmi  11-14

pvcコマンド  11-14

pvpコマンド  11-13

Q

QoS

CAR(専用アクセス レート)  17-1

matchコマンド  17-5

set  17-1

WRED(重み付きランダム早期検出)  17-1

クラス マップ  17-4

パケット管理手順  17-4

パフォーマンス、改善  17-12

ボイラープレートの作成  17-4

ポリシー マップ  17-4

ポリシー伝達  17-2

ポリシー、入力  17-12

qos-group  17-21

QPPB

サポート  17-2

設定例  19-7

説明  17-2

R

random-detectキーワード  17-15

random-detectコマンド  17-14

RCPプロトコル  2-11

redundancy

コマンド  2-16

同期化  2-17

redundancy force-failoverコマンド  2-17

reloadコマンド  2-22

reset

e1 hw-module  15-2

t1 hw-module  15-5

RIP

パラメータ  19-14

rommon bootコマンド  2-23

S

scrambleコマンド  8-3, 8-11, 9-30, 10-31, 13-3, 13-25

scramblingコマンド  11-18

Section Loss of Frameクリティカル アラーム

SLOFクリティカル アラームを参照

Section Loss of Signalクリティカル アラーム

SLOSクリティカル アラームを参照

service compress-configグローバル コンフィギュレーション コマンド  2-13

service-policyコマンド  17-22

set-dscp-transmit valueキーワード  17-13

set-prec-transmit valueキーワード  17-13

set-qos-transmit valueキーワード  17-13

setupコマンド  2-4, 2-9

setコマンド  17-21

SF(スーパ フレーム)  8-25

show apsコマンド  18-6

show atm pvcコマンド  11-29

show atm vcコマンド  11-28

show atm vpコマンド  11-29

show class-mapコマンド  17-25

show controllers  15-2, 15-5

show interface slot/subslot/portコマンド  3-4, 4-7

show interfaces  15-3, 15-5

show interfaces multilink statコマンド  16-8

show interfaces multilinkコマンド  16-7

show policy-map interface serialコマンド  17-24

show policy-mapコマンド  17-24

show ppp multilinkコマンド  16-8

show running-configコマンド  2-24

show versionコマンド  2-22

shutdown  15-6

e1 hw-module  15-3

t1 hw-module  15-5

shutdownコマンド  13-2, 13-3, 13-12

SIMM  2-23

SLOFクリティカル アラーム  18-9

SLOSクリティカル アラーム  18-9

SONET APS(自動保護スイッチング)  18-1

SPE(同期ペイロード エンベロープ)  5-7, 6-7, 7-13

squeezeコマンド  2-11

STS-1

接続  9-11, 9-21, 10-11, 10-21

チャネル  9-23, 10-24

subinterfaceコマンド  11-10

T

T1

Facility Data Link(FDL)  8-26

インターフェイス  16-1

インターフェイスのフレーミング フォーマット  8-24

クロック ソースの設定  8-26

冗長性の確保  16-2

ポート  15-15

マルチリンク バンドル  16-1

ライン カードのポート  15-16

ループバック モード  8-28

t1

clock source  15-6

clock sourceコマンド  8-2, 9-7, 10-7

fdl  15-6

framing  15-6

framingコマンド  8-2, 9-7, 10-7

linecode  15-6

loopback  15-6

yellow  15-6

インターフェイス コンフィギュレーション モード  15-18

コントローラ コンフィギュレーション モード  15-18

シリアル インターフェイス  15-18

デフォルト値  15-5

モード  15-1

t1 cardコマンド  15-5

t1 yellowコマンド  8-25

T3

dsu mode  8-10

インターフェイス コンフィギュレーション  13-5

インターフェイスの設定  13-8

インターフェイス、図  16-1

インターフェイス、設定  8-9

コントローラ コンフィギュレーション モード  9-33, 10-34

コントローラ、設定  8-20

サブレート  8-9

シリアル インターフェイス  13-6

フルレート インターフェイス  9-18, 10-18, 13-6

T3インターフェイスの設定  13-8

TFTP

サーバ  2-23

プロトコル  2-11

thresholdコマンド  18-9

transmitキーワード  17-13

U

undeleteコマンド  2-11

V

vbr-nrtコマンド  11-25

vc-classコマンド  11-9

VCクラス  11-5, 11-6

VPN

定義  19-12

W

WRED  17-1, 17-14, 19-7

Y

yellow detectionコマンド  8-25

アップグレード、ソフトウェア  2-18, 2-26

アップリンク ポート  19-4

アラーム

LAIS  18-9

クリティカル  18-9

アラーム スレッシュホールド

ATM  11-20

アラーム レポート、ATM  11-18

イーサネット

インターフェイス  17-6

ポート  2-6

イエロー アラーム検出をオフにする  8-25

イネーブル

プロンプト  2-5

イネーブルEXECモードhw-moduleコマンド  2-25

インターフェイス

T1  16-1

コンフィギュレーション モード  16-4

ビットレート  13-6

インピーダンス マッチング  8-16

打ち切り信号  8-12, 13-21

重み付きランダム早期検出

WREDを参照

カード

セカンダリ  18-2

バックアップ  18-2

プライマリ  18-2

ワーキング  18-2

回線速度  8-2, 9-5, 10-5

キーワード

drop  17-13

set-dscp-transmit value  17-13

set-prec-transmit value  17-13

set-qos-transmit value  17-13

transmit  17-13

ギガビット イーサネット インターフェイス、割り当て  17-6

機器識別コード  9-35, 10-36

キュー

サイズ  17-14

リミット  17-20

クリア チャネルとしての設定  8-9

コネクタ、RJ-45  2-6

コマンド

associate slot  18-4

aug controller  9-8, 10-8

auto negotiation  3-2

auto-sync  2-16

bandwidth  5-2, 6-2, 7-2, 7-3

BERテスト  13-2, 13-3

boot  2-23

cablelength  8-2, 8-16, 13-2, 13-10

card slot/subslot 1choc12-1  2-25

card slot/subslot 1gigethernet-1  2-25

card slot/subslot 1oc12atm-1  2-25

card slot/subslot 1oc12pos-1  2-25

card slot/subslot 6cht3-1  2-25

channelized  8-2, 8-9, 8-15

class  17-6

class-map  17-8

clock source  5-2, 6-2, 7-2, 8-2, 9-6, 9-8, 10-6, 10-8, 13-2, 13-11

config-cmap  17-4

config-register value  2-21

copy  2-11, 2-14

copy startup-config running-config  2-12

crc  8-3

del  2-11

description  13-2, 13-3, 13-12, 13-16

dir  2-11

dsu bandwidth  8-3, 8-9, 9-9, 9-28, 10-9, 10-29, 13-2, 13-3, 13-17

dsu mode  8-3, 13-2, 13-3, 13-16

dsx3mode  13-2, 13-12

encapsulation  5-2, 6-2, 7-2, 8-3, 9-9, 10-9, 13-2, 13-3, 13-18

equipment  13-2

equipment customer loopback  13-19

equipment loopback  13-18

equipment network loopback  13-19

fallback-clocking  13-3, 13-19

format disk  2-12

framing  5-2, 6-2, 7-2, 8-2, 8-3, 9-6, 9-9, 10-6, 10-9, 13-2, 13-20

idle character  8-3, 8-12, 9-9, 9-30, 10-9, 10-31, 13-3

idle pattern  8-2, 9-6, 10-6

idle-character  13-21

interface  3-3

interface multilink  16-2

keepalive  5-2, 6-2, 7-2, 7-3, 8-3, 9-9, 10-9

loopback  3-5, 6-2, 8-20, 9-6, 9-8, 10-6, 10-8, 13-3, 13-21

mac-address  3-5

match  17-5, 17-9

mdl  13-3

mtu  5-2, 6-2, 7-2, 7-3, 8-3, 9-9, 10-9

national bit  13-24

negotiation auto  3-4

no shutdown  2-7

police  17-12

policy-map  17-5, 17-11

pos framing  5-5, 6-5, 7-11

random-detect  17-14

redundancy  2-16

redundancy force-failover  2-17

reload  2-22

scramble  5-2, 6-2, 7-2, 8-3, 8-11, 13-3, 13-25

service compress-configグローバル コンフィギュレーション  2-13

service-policy  17-22

setup  2-9

show class-map  17-25

show interface slot/subslot/port  3-4, 4-7

show interfaces multilink  16-7

show interfaces multilink stat  16-8

show policy-map  17-24

show policy-map interface serial  17-24

show ppp multilink  16-8

show version  2-22

show vlans  17-25

shutdown  13-2, 13-3, 13-12

t1 clock source  8-2, 9-7, 10-7, 15-6

t1 framing  8-2, 9-7, 10-7

t1 yellow  8-25

イネーブルEXEC  2-11

イネーブルEXECモードhw-module  2-25

ケーブル長  14-21

デフォルト  2-7

コミュニティ リスト  19-9

コンソール ポート  2-2

コントローラ

パラメータ  15-29

コントローラ コンフィギュレーション モード  8-14

コンフィギュレーション

IOSグローバル  15-9, 15-16

コントローラ モード  15-9, 15-16, 15-27

モード、終了  16-3, 16-5, 16-6

コンフィギュレーション モード

クラス マップ  17-4

終了  16-3, 16-5, 16-6

サービス品質

最大および最小スレッシュホールド  17-15

最大伝送ユニットコマンド

mtuコマンドを参照

サブスロット  13-5

サブネット マスク  2-7

サブレート インターフェイス  13-17

サブレートT3インターフェイス  8-8, 19-2

ジェネレータ番号  9-35, 10-36

システム コンフィギュレーション ダイアログ  2-4, 2-5

シミュレーション、ライン カードの取り付け  15-20

シミュレーション、ライン カードの取り外し  15-20

巡回冗長検査コマンド

crcコマンドを参照

冗長スロットの対応  18-2

冗長動作のディセーブル化  18-4

スタティック ルートPE-CEルーティング セッション

設定  19-14

ステートメント、match  17-10

スロット  13-5

準備  2-25

スロットの構文  15-4, 15-7

スロットのペアリング  18-2

スロット番号

ESRライン カード  13-4

スロット名の表記規則  13-4

セカンダリ カード  18-2

セカンダリ ブートフラッシュ  2-11

接続

ATM  1-3

GE  1-3

OC-12  1-3

RJ-45  2-6

STS-1  9-11, 9-21, 10-11, 10-21

T3  1-3

ギガビット イーサネット  1-3

端末サーバ  2-2

設定

値  9-5, 9-7, 10-5, 10-7, 11-2, 12-2, 14-2

拡張セットアップ  2-4

基本セットアップ  2-4

シリアル インターフェイス  15-14, 15-18

前面プレート、PRE  2-2

専用アクセス レート(CAR)  17-12, 19-7

ソフトウェア、アップグレード  2-18

帯域

e1モードで利用可能  15-10

設定可能なレベル  8-14

増加  17-12

保証  17-14

帯域内パターン  8-29

帯域予約  17-1

タイムスロット  8-6

タイムスロット グループ  15-5, 15-7

端末サーバの接続  2-2

チャネライズドT3コントローラ、フレーミング タイプ  9-34, 10-35

チャネル  15-5, 15-7

チャネル グループ

作成  8-22, 15-34, 15-37

チャネライズドT3からの削除  8-15

チャネルグループ番号構文  15-4, 15-7

チャネルに関する制限  9-42, 10-43

低遅延プライオリティ  17-1

デフォルト

24-Port E1/T1 Line Cardの値  15-2, 15-5

4-Port STM-4 Line Cardの値  10-5, 10-7

ChOC-12 Line Cardの値  9-5, 9-7

CT3 Line Cardの値  8-2

Fast Ethernet(FE)Line Cardの値  4-3

FE Line Cardの値  4-3

GE Line Cardの値  3-2

Gigabit Ethernet(GE)Line Cardの値  3-2

OC-12 ATM Line Cardの値  11-2

OC-12 POS Line Cardの値  5-2

OC-3 POS Line Cardの値  6-2

OC-48/STM-16 POS Line Cardの値  7-2, 7-3

ファイル名  2-23

変更  5-2, 6-2, 7-2, 7-3

デフォルト コマンド  2-7

電源投入  2-23

転送、トラフィック  17-13

伝播  17-2

同期化  2-17

トラフィック

一致したものを廃棄  17-13

サブスクライバ  9-40, 10-41

転送  17-13

プライオリティの制御  17-12

優先順位付け  17-3

トラフィック シェーピング  17-1

トラブルシューティング

シリアル インターフェイス  15-14, 15-18

ネットワーク ループバック  8-20

廃棄の可能性  17-15

パケット

HDLC  8-19, 9-30, 9-37, 10-31, 10-38

IP precedence値  17-9

クラス マップ  17-4

送信元、低速化  17-1

特性の定義  17-9

入力インターフェイス  17-9

認識  17-4

廃棄  17-4

分類  19-7

パスワード

Telnet  2-5

シークレット  2-5

バックアップ カード  18-2

バッファ

サイズ、変更  2-15

パフォーマンス レポート、イネーブル  8-26

パルス シェーピング  8-16

非チャネライズド インターフェイス  13-6

非チャネライズドT3ライン カード

BERテスト  8-12, 9-31, 10-32

アイドル文字の設定  8-12, 9-30, 10-31

スクランブリングのイネーブル化  9-30, 10-31

チャネライズドへの変更  8-14

ファイル

圧縮  2-13

管理  2-13

リモートに保管  2-11

ファイルシステム、管理  2-10

ファシリティ識別コード  9-35, 10-36

ファスト イーサネット ポート  2-23

ブートフラッシュ、セカンダリ  2-11

フォーマット

DSU固有  13-6

プライマリ カード  18-2

フラグメンテーション  16-3

フラッシュ ディスク、ファイルのコピー  2-14

フラッシュ メモリ

ATAディスク  2-11

SIMM  2-23

カード  2-11

ブルー アラーム  13-13

フルレート回線  13-6

フレーミング

SDH STM-1  5-5, 6-5, 7-11

SONET STS-3c  5-5, 6-5, 7-11

フレーミング タイプ、指定  8-16

フレーム ヘッダー、カスタマイズ  5-6, 6-6, 7-12

フレーム識別コード  9-35, 10-36

フレームリレー インターフェイス キューイング  17-1

プロトコル

FTP  2-11

Multilink Point-to-Point(MLP)  1-2, 16-1

Policy Propagation using Border Gateway  19-7

RCP  2-11

TFTP  2-11

ルータ  1-2

ボイラープレート

QoS  17-3

インターフェイスへの割り当て  17-6

ポイントツーマルチポイント フレームリレー  19-3

ポート  15-5, 15-7

AUX(モデム)  1-3

PREイーサネット  1-3

T3  19-2

アップリンク  19-4

イーサネット  2-6

コンソール  2-2

シリアル コンソール  1-3

ポート アダプタ、PA-T3またはPA-2T3  8-10, 9-28, 10-29

ポート番号

構文  15-4, 15-7

ポリシー マップ統計  17-24

マッピング ルール  17-10

マップ

クラス、作成  17-4

ポリシー、作成  17-4

ルール  17-10

マルチポイント サブインターフェイス  11-11

マルチリンク グループ  16-4

マルチリンク バンドル

T1回線の追加  16-4

インターフェイスの削除  16-6

作成  16-2

説明  16-1

モード

DSU  9-29, 10-30, 13-16

イネーブルEXEC  2-4

コントローラ コンフィギュレーション  8-6, 9-38, 10-39

モジュラCLI  17-4

モニタ

シリアル インターフェイス  15-14, 15-18

ユニット識別コード  9-35, 10-36

ライン カード

4-Port STM-1  10-21, 10-24, 10-25

Channelized T3  8-4

ChOC-12  9-21, 9-23, 9-24

clock source  5-5, 6-5

FE  4-3

GE  3-2

OC-12 ATM  11-9

OC-12 POS  5-3

OC-3 POS  6-3

OC-48/STM-16 POS  7-4

T1回線、バンドル  16-2

機能  15-29

準備  2-25

冗長性  16-2

設定  8-10

設定の概要  2-24

チャネライズドOC-12 ATM  12-1, 14-1

チャネライズドT3、フレーミング タイプ  8-17

トラブルシューティング  8-28, 15-44, 15-45

リセット  2-25

ライン カードのリセット  2-25

リモート デバイス  2-7

リモートFDL ANSIループバック  9-50, 10-51

リモート側  3-2

リンク、メンバー  16-8

ルータ

QoSの管理  17-1, 17-21

再起動  2-22

プロトコル  1-2

ルーティング、OSPF  19-5

ループバック

コネクタ  3-6

モード  3-5

ロケーション識別コード  9-35, 10-36

論理グループ  16-1

論理チャネル グループ  8-22, 15-35, 15-38

作成  9-43, 10-44

ワーキング カード  18-2

割り当て、インターフェイス  17-6