Cisco 10000 シリーズ ESR ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド
4-Port Channelized STM-1 Line Cardの設定
4-Port Channelized STM-1 Line Cardの設定
発行日;2012/01/15 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

4-Port Channelized STM-1 Line Cardの設定

SONETチャネライゼーション

SDHチャネライゼーション

ライン カードのデフォルト値

SONETフレーミングに対するライン カードのデフォルト値

SDHフレーミングに対するライン カードのデフォルト値

ライン カード インターフェイスの構文

SONETフレームド インターフェイスの設定例

SDHフレームド インターフェイスの設定例

show controllerコマンドの構文

AU-3コントローラ インターフェイス

AU-4-TUG-3コントローラのインターフェイス

SONETまたはSDHフレーミングに対するSONETコントローラの設定

コントローラ コンフィギュレーション モードの開始

SONETまたはSDHフレーミングの選択

SONETコントローラ ループバック モードの設定

T3、VT、またはAUGコントローラの作成

SONETフレーミングにおけるVTコマンド

VTに関するコントローラ コンフィギュレーション モードの開始

SONETまたはSDHフレーミングにおける非チャネライズドT3コマンド

SONETフレームド コントローラでのT3インターフェイスの非チャネライズド設定

サブレートT3の実装

フレーミング タイプの設定

DSUモードの指定

スクランブリングのイネーブル化

アイドル文字の指定

SONETまたはSDHフレーミングにおけるT3 BERテストの実行

SONETまたはSDHフレーミングにおけるチャネライズドT3コマンド

チャネライズドとしてのT3インターフェイスの設定

フレーミング タイプの設定

MDLメッセージの入力

アイドル パターンの指定

T3コントローラのループバック モードの設定

T3コントローラのリモート ループバック コマンド応答の設定

SONET/SDHフレーミングにおけるT1/E1チャネル グループの作成

T1 SONETフレームド インターフェイスのチャネル グループの作成

SDHフレームド インターフェイスのチャネルグループの作成

SONET/SDHフレーミングにおけるチャネライズドT1コマンド

フレーミング フォーマットの設定

イエロー アラームの制御

T1クロック ソースの設定

FDLの設定

ループバック モードの設定

4-Port Channelized STM-1 Line Cardの設定

この章では、Cisco 10000シリーズESR 4-Port Channelized STM-1 Line Card(図 10-1)の設定手順について説明します。また、各コマンドのデフォルト値の表、詳細なインターフェイスの設定例、および主要コマンドの説明を示します。この章の内容は、次のとおりです。

「SONETチャネライゼーション」

「SDHチャネライゼーション」

「ライン カードのデフォルト値」

「ライン カード インターフェイスの構文」

「SONETフレームド インターフェイスの設定例」

「SDHフレームド インターフェイスの設定例」

「SONETまたはSDHフレーミングに対するSONETコントローラの設定」

「T3、VT、またはAUGコントローラの作成」

図 10-1 4-Port Channelized STM-1 Line Cardの前面パネル

 

SONETチャネライゼーション

4-Port Channelized STM-1 Line Cardは、次のSONETチャネライゼーション モードをサポートします。

STS-1 > DS3/T3

STS-1 > DS3/T3 > DS1

STS-1 > DS3/T3 > DS3サブレート

STS-1 > VT1.5 > DS1

STS-1 > VT2 > E1

表 10-1 に、4-Port Channelized STM-1 Line Cardで事前に設定されたSONETフレームド コントローラ上でのSONETチャネライゼーションに対するシリアル インターフェイスの例を示します。

 

表 10-1 SONETフレームド コントローラに対するSONETインターフェイスの例

インターフェイス タイプ
構文

STS-1,
over DS3/T3

Router(config)# interface serial
<slot>/<subslot>/<port>.<T3#>

STS-1,
over DS3/T3,
DS1にチャネライズ

Router(config)# interface serial <slot>/<subslot>/<port>.<T3#>:[chan]

STS-1,
overサブレートDS3/T3

Router(config)# interface serial
<slot>/<subslot>/<port>.<T3#>
 

STS-1,
over VT1.5,
DS1にチャネライズ

Router(config)# interface serial
<slot>/<subslot>/<port>.<VT#>:[chan]

STS-1,
over VT2,
E1にチャネライズ

Router(config)# interface serial
<slot>/<subslot>/<port>.<VT#>:[chan]

SDHチャネライゼーション

4-Port Channelized STM-1 Line Cardは、次のSDHチャネライゼーション モードをサポートします。

STM-1 > AU-3 > DS3/T3

STM-1 > AU-3 > DS3/T3 > DS3サブレート

STM-1 > AU-3 > TUG-2 > C-11 > DS1/T1

STM-1 > AU-3 > TUG-2 > C-12 > E1

STM-1 > AU-4 > TUG-3 > TUG-2 > C-11 > DS1/T1

STM-1 > AU-4 > TUG-3 > TUG-2 > C-12 > E1

表 10-2 に、4-Port Channelized STM-1 Line Cardで事前に設定されたSDHフレームド コントローラ上でのSDHチャネライゼーションに対するシリアル インターフェイスの例を示します。

 

表 10-2 SDHフレームド コントローラに対するSDHインターフェイスの例

インターフェイス タイプ
構文

STM-4,
over STM-1
over AU-3,
over DS3/T3

Router(config)# interface serial
<slot>/<subslot>/<port>.<AU-3#>/<T3#>

STM-4,
over STM-1
over AU-3,
overサブレートDS3/T3

Router(config)# interface serial
<slot>/<subslot>/<port>.<AU-3#>/<T3#>

STM-4,
over STM-1
over AU-3,
over TUG-2,
over C-11(DS1/T1)

Router(config)# interface serial <slot>/<subslot>/<port>.<AU-3#>/<TUG-2>/<C-11>:[chan]

STM-4,
over STM-1
over AU-3,
over TUG-2,
over C-12(E1)

Router(config)# interface serial <slot>/<subslot>/<port>.<AU-3#>/<TUG-2>/<C-12>:[chan]

STM-4,
over STM-1
over AU-4,
over TUG-3,
over TUG-2,
over C-11(DS1/T1)

Router(config)# interface serial
<slot>/<subslot>/<port>.<AU-4#>/<TUG-3>/<TUG-2>/<C-11>:[chan]

STM-4,
over STM-1
over AU-4,
over TUG-3,
over TUG-2,
over C-12(E1)

Router(config)# interface serial
<slot>/<subslot>/<port>.<AU-4#>/<TUG-3>/<TUG-2>/<C-12>:[chan]

ライン カードのデフォルト値

4-Port STM-4 Line Cardには2とおりのコマンド デフォルト値があります。使用されるデフォルト値は、 framing コマンド(SONETフレーミングまたはSDHフレーミングのいずれか)によって決まります。

以下の表でコマンドのデフォルト値と、コマンド入力の際に必要なコンフィギュレーション モードを示します。また、該当する場合には、回線タイプ別に使用するコマンドについても示します。アスタリスク(*)が付いたコマンドについては、Cisco IOS コマンド リファレンス に説明が記載されています。その他のコマンドについては、この章で説明します。

以下の表では、デフォルト値を変更するためのコマンドについても示します。また、接続のリモート側で同じ値(または逆の値)に設定する必要があるかどうかも示します。

SONETフレーミングに対するライン カードのデフォルト値

ここでは、4-Port STM-4 Line CardがSONETフレーミングに設定されている場合に適用するコマンドのデフォルト値の表を記載しています。

表 10-3では、4-Port STM-4 Line CardがSONETフレーミングに設定されている場合に、SONETコントローラ コンフィギュレーション モードで利用可能なコマンドのデフォルト値を紹介します。

表 10-4 では、4-Port STM-4 Line CardがSONETフレーミングに設定されている場合に、T3コントローラ コンフィギュレーション モードで利用可能なコマンドのデフォルト値を紹介します。

表 10-5 では、4-Port STM-4 Line CardがSONETフレーミングに設定されている場合に、VTコントローラ コンフィギュレーション モードで利用可能なコマンドのデフォルト値を紹介します。

表 10-6 では、4-Port STM-4 Line CardがSONETフレーミングに設定されている場合に、T3コントローラにおいて、T1コントローラ コンフィギュレーション モードで利用可能なコマンドのデフォルト値を紹介します。

 

表 10-3 SONETフレーミングにおけるSONETコントローラ コンフィギュレーション コマンドのデフォルト値

コマンド名
デフォルト設定
コマンド構文
リモート側での設定
SONETコントローラ コンフィギュレーション モード

clock source1

line

clock source {internal | line}

一方を internal に設定

framing

sdh

framing { sonet | sdh}

同じ

loopback

no loopback

[no] loopback { internal | line }

--

overhead

J0の場合1
S1S0の場合0

overhead { j0 | s1s0 }

--

1.SONETクロック ソースのデフォルト値は、lineです。接続のどちらか一方の側でinternalに設定する必要があります。

 

表 10-4 SONETフレーミングにおけるT3コントローラ コンフィギュレーション コマンドのデフォルト値

コマンド名
デフォルト設定
コマンド構文
リモート側での設定
T3コントローラ コンフィギュレーション モード

cablelength

0

cablelength length

--

channelized

channelized

[ no] channelized

--

clock source

internal

clock source { line | internal }

一方を internal に設定

framing

auto-detect

framing { auto-detect | c-bit | m23 }

同じ

idle pattern

0x7e(flags)

idle pattern { 0x0 to 0xFF }

同じ

overhead

c2の場合4
j1の場合64

overhead { c2 | j1 }

--

 

表 10-5 SONET フレーミングにおけるVTコントローラ コンフィギュレーション コマンドのデフォルト値

コマンド名
デフォルト設定
コマンド構文
リモート側での設定
VTコントローラ コンフィギュレーション モード

overhead

c2の場合2
j1の場合64

overhead { c2 | j1 }

--

 

表 10-6 SONETフレーミングにおけるT1およびE1コントローラ コンフィギュレーション コマンドのデフォルト値

コマンド名
デフォルト設定
コマンド構文
リモート側での設定

t1 clock source

internal

t1 ch_group_number clock source
{ line | internal }

一方を internal に設定

t1 framing

esf

t1 t1-number framing { esf | sf }

同じ

e1 clock source

internal

e1 ch_group_number clock source
{ line | internal }

一方を internal に設定

e1 framing

crc4

e1 e1-number framing [ crc4 | no-crc4 ]

同じ

SDHフレーミングに対するライン カードのデフォルト値

ここでは、4-Port STM-4 Line CardがSDHフレーミングに設定されている場合に適用するコマンドのデフォルト値の表を記載しています。

表 10-7 では、4-Port STM-4 Line CardがSDHフレーミングに設定されている場合に、SONETコントローラ コンフィギュレーション モードで利用可能なコマンドのデフォルト値を紹介します。

表 10-8 では、4-Port STM-4 Line CardがSDHフレーミングに設定されている場合に、AU-3およびAU-4-TUG-3向けのAU-3コントローラ コンフィギュレーション モードで利用可能なコマンドのデフォルト値を紹介します。

表 10-9 では、4-Port STM-4 Line CardがSDHフレーミングに設定されている場合のT3コマンドのデフォルト値を紹介します。

表 10-10 では、4-Port STM-4 Line CardがSONETまたはSDHフレーミングに設定されている場合のT1およびE1コマンドのデフォルト値を紹介します。

 

表 10-7 SDH フレーミングにおけるSONETコントローラ コンフィギュレーション コマンドのデフォルト値

コマンド名
デフォルト設定
コマンド構文
リモート側での設定
SDHにおけるSONETコントローラ コンフィギュレーション モード

clock source2

line

[no] clock source { internal | line }

一方を internal に設定

framing

sdh

framing { sonet | sdh}

同じ

loopback

no loopback

[no] loopback { internal | line }

--

overhead

j0の場合1
S1S0の場合2

overhead { j0 | s1s0 }

--

aug controller

no aug controller

[no] aug controller <au-3|au-4-tug-3>

--

2.SDHクロック ソースのデフォルト値は、lineです。接続のどちらか一方の側でinternalに設定する必要があります。

 

表 10-8 SDHフレーミングにおけるAU-3およびAU-4-TUG-3向けAU-3/AU-4-TUG-3コントローラ コンフィギュレーション コマンドのデフォルト値

コマンド名
デフォルト設定
コマンド構文
リモート側での設定
SDHにおけるAU-3/AU-4-TUG-3コントローラ コンフィギュレーション モード

clock source

internal

clock source { line | internal }

一方を internal に設定

overhead

c2の場合0
j1の場合16

overhead { c2 | j1 }

--

 

表 10-9 SDHフレーミングにおけるT3コンフィギュレーション コマンドのデフォルト値

コマンド名
デフォルト設定
コマンド構文
リモート側での設定

crc*

16

crc { 16 | 32 }

--

encapsulation

HDLC

encapsulation { frame-relay | hdlc | ppp }

同じ

idle-character

flags(0x7e)

idle-character { flags | marks }

--

keepalive

10秒

keepalive period

--

 

表 10-10 T1およびE1インターフェイス コンフィギュレーション コマンドのデフォルト値

コマンド名
デフォルト設定
コマンド構文
リモート側での設定
T1インターフェイス コンフィギュレーション モード

crc*

16

[no] crc [ 16 | 32 ]

同じ

dsu bandwidth

44210

dsu bandwidth bandwidth

同じ

dsu mode

cisco

dsu mode mode

同じ

encapsulation*

HDLC

encapsulation [ hdlc | ppp ]

同じ

framing

c-bit

framing [ c-bit | m13 ]

同じ

idle character

flags(0x7e)

idle character [ flags | marks ]

同じ

keepalive*

10秒

keepalive seconds

同じ

mtu*

4470

mtu size

同じ

E1インターフェイス コンフィギュレーション モード

crc*

16

[no] crc [ 16 | 32 ]

同じ

encapsulation*

HDLC

encapsulation [ hdlc | ppp ]

同じ

framing

c-bit

framing [ c-bit | m13 ]

同じ

idle character

flags(0x7e)

idle character [ flags | marks ]

同じ

keepalive*

10秒

keepalive

同じ

mtu*

4470

mtu size

同じ

ライン カード インターフェイスの構文

コンフィギュレーション コマンドで、4-port STM-1 Line Cardの非チャネライズドまたはチャネライズド インターフェイスを指定するには、 表 10-11 に示す構文を使用します。

 

表 10-11 4-Port Channelized STM-1 Line Cardのインターフェイスの構文

インターフェイス タイプ
スロット
サブ
スロット
ポート
STS-1パス(T3)
T1またはE1の数
チャネル グループ番号

非チャネライズド

1~8/

0/

0.~3.

1~12

--

--

チャネライズド

1~8/

0/

0.~3.

1~12/

T1の場合、1~28:
E1の場合、1~32:

T1の場合、0~23
E1の場合、0~31

例:

コントローラ コンフィギュレーション モードでT1インターフェイス6を変更します。

Router(config)# controller t3 2/0/0.1
Router(config-controller)# t1 6 command
 

インターフェイス コンフィギュレーション モードでT1インターフェイス6、チャネル グループ番号8を変更します。

Router(config)# interface serial 2/0/0.1/6:8
Router(config-if)
 

SONETフレームド インターフェイスの設定例

1つの4-Port Channelized STM-1 Line Cardで、最大12のSTS-1接続を設定できます。各STS-1接続を、1つのT3コントローラまたはVTコントローラとして設定できます。

次に、フルレートおよびサブレートT3インターフェイス、並びにT1およびフラクショナルT1インターフェイスを作成する基本手順を示します。各T3コントローラを、1つのT3インターフェイス(フルレートまたはサブレート)、28のT1インターフェイス、またはより多数のフラクショナルT1として設定できます。


ステップ 1 フレーミング コマンドを使用してSONETにフレーミング タイプを設定します。

Router(config)# controller sonet 2/0/0
Router(config-controller)# framing sonet
 

ステップ 2 T3インターフェイスにSTS-1パスを割り当てます。この例では、pathコマンドを使用して4つのT3インターフェイスを設定しています。

Router(config-controller)# path 1 controller t3
Router(config-controller)# path 2 controller t3
Router(config-controller)# path 3 controller t3
Router(config-controller)# exit
 

ステップ 3 インターフェイスを作成します。次の例では、T3コントローラ(2/0/0.1~2/0/0.4)別にタイプの異なるインターフェイスを作成しています。

フルレートT3インターフェイス

a. コントローラ コンフィギュレーション モードを開始します。

Router(config)# controller t3 2/0/0.1
Router(config-controller)#
 

b. フルレートT3インターフェイスを作成するには、 no channelized コマンドを入力して、T1インターフェイスを削除する必要があります。

Router(config-controller)# no channelized
Router(config-controller)# exit
Router(config)#

c. インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

Router(config)# interface serial 2/0/0.1
 

d. カプセル化方式を入力します。この例では、フレームリレー カプセル化を使用するためのコマンドを示します。PPPまたはHDLCも選択できます。 に進みます。

サブレートT3インターフェイス

a. コントローラ コンフィギュレーション モードを開始します。

Router(config)# controller t3 2/0/0.2
Router(config-controller)#
 

b. サブレートT3インターフェイスを作成するには、まずフルレート インターフェイスを作成します。

Router(config-controller)# no channelized
Router(config-controller)# exit
Router(config)#
 

c. インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始し、 dsu bandwidth コマンドを使用してサブレートT3インターフェイスを作成します。この例では、帯域幅16000 kbpsのサブレートT3インターフェイスを作成します。

Router(config)# interface serial 2/0/0.2
Router(config-if)# dsu bandwidth 16000
 

d. カプセル化方式を入力します。この例では、フレームリレー カプセル化を使用するためのコマンドを示します。PPPまたはHDLCも選択できます。 に進みます。

フルT1インターフェイスを使用したチャネライズドT3

a. コントローラ コンフィギュレーション モードを開始します。

Router(config)# controller t3 2/0/0.3
Router(config-controller)#
 

b. t1 channel group コマンドを使用して、T1インターフェイスを作成します。次の例では、T1インターフェイス(28のうち)1を、1つのチャネル グループ(番号20)で構成されるインターフェイスとして定義しています(チャネル グループ番号は、0~23の任意の数字を使用できます)。このチャネル グループは、全部で24のDS0タイムスロットで構成されます。

Router(config-controller)# t1 1 channel-group 20 timeslots 1-24
 

c. 作成したチャネル グループについて、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

Router(config)# interface serial 2/0/0.3/1:20
 

d. カプセル化方式を入力します。この例では、フレームリレー カプセル化を使用するためのコマンドを示します。PPPまたはHDLCも選択できます。 に進みます。

フラクショナルT1インターフェイスを使用したチャネライズドT3

a. コントローラ コンフィギュレーション モードを開始します。

Router(config)# controller t3 2/0/0.4
Router(config-controller)#
 

b. t1 channel group コマンドを使用して、フラクショナルT1インターフェイスを作成します。次の例では、T1インターフェイス(28のうち)3を、3つのチャネル グループ(番号19、20、21)で構成されるインターフェイスとして定義しています(チャネル グループ番号は、0~23の数字を使用できます)。チャネル グループは、合計24のDS0タイムスロットで構成されています。各チャネル グループが、個別のインターフェイスを表します。

Router(config-controller) t1 3 channel-group 19 timeslots 1-6, 10
Router(config-controller) t1 3 channel-group 20 timeslots 7,8,9
Router(config-controller) t1 3 channel-group 21 timeslots 11-24
 

c. いずれかのチャネル グループについて、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。例:

Router(config)# interface serial 2/0/0.4/3:19
 

d. カプセル化方式を入力します。この例では、フレームリレー カプセル化を使用するためのコマンドを示します。PPPまたはHDLCも選択できます。 に進みます。

ステップ 4 カプセル化方式を入力します。この例では、フレームリレー カプセル化を使用するためのコマンドを示します。PPPまたはHDLCも選択できます。

Router(config-if)# encapsulation frame-relay
 

ステップ 5 システムでIPルーティングがイネーブルに設定されている場合、IPアドレスおよびサブネット マスクの割り当てができます。例:

Router(config-if)# ip address 172.16.32.49 255.255.0.0
 

ステップ 6 ルーティング プロトコルをイネーブルにするために必要なコンフィギュレーション サブコマンドを追加し、インターフェイスのライン特性を設定します。

ステップ 7 シャットダウン ステートをアップに変更し、インターフェイスをイネーブルにします。

Router(config-if)# no shutdown

ステップ 8 すべてのコンフィギュレーション サブコマンドを入力して設定が完了したら、 Ctrl-Z (Ctrlキーを押しながらZキーを押す)を押してコンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 9 新しい設定をNVRAMに保存します。

Router# copy running-config startup-config
 


 

インターフェイス コンフィギュレーションを作成すると、該当するCisco IOSコンフィギュレーション コマンドを使用して、いつでも設定を変更できます。

SDHフレームド インターフェイスの設定例

4-port STM-1 Line CardをSDHフレーミングに設定する場合、各OC-3/STM-1ポートは次のように設定できます。

3つのAU-3コントローラとして設定します。各コントローラは1つのT3インターフェイス、28のT1インターフェイスまたは21のE1インターフェイスとして設定できます。これらのインターフェイスはフラクショナルT1またはE1にチャネライズすることが可能です。

3つのAU-4-TUG-3コントローラとして設定します。各コントローラは28個のT1インターフェイスとして、または最大21個のE1インターフェイスとして設定できます。これらのインターフェイスはフラクショナルT1またはE1にチャネライズすることが可能です。


) AU-3およびAU-4-TUG-3は上位パスに基づいており、独立して稼働することはなく、3つ一組で稼働します。いずれかのAU-3またはAU-4-TUG-3コントローラをシャットダウンすると、同じSONETポート上にある他の2つのコントローラもシャットダウンします。


SONET controller コマンドを実行するとモードが特定され、それに対応する3つの(サブ)コントローラが作成されます。これらは他のコントローラと同様に設定することができます。

作成された書式に従って、コントローラのSONET名にサブポート拡張子が追加されます。次の例で示すように、サブポート拡張子の書式はAU-3とAU-4-TUG-3コントローラで異なります。

AU-3コントローラの構文

controller au-3 <slot>/<subslot>/<port>.<AU-3#>
 

たとえば、スロット2にある4-Port Channelized STM-1 Line Cardのポート0上のAU-3 #3に対する controller コマンドは次のとおりです。

controller au-3 2/0/0.3
 

AU-4-TUG-3コントローラの構文

controller au-4-tug-3 <slot>/<subslot>/<port>.<AU-4#>/<TUG-3#>
 

たとえば、スロット2にある4-Port Channelized STM-1 Line Cardのポート0のAU-4上のTUG-3 #3に対して作成されたコントローラの場合、コマンドは次のとおりです。

controller au-4-tug-3 2/0/0.1/3
 

show controllerコマンドの構文

AU-3およびAU-4-TUG-3コントローラ上の設定を詳細に表示するには、 show controller コマンドを使用します。

AU-3の場合:

show controller au-3 <slot>/<subslot>/<port>.<AU-3#>[/<tug-2>/<t1>]
 

AU-4-TUG-3の場合:

show controller au-4-tug-3
<slot>/<subslot>/<port>.<AU-4#>/<TUG-3#>[/<tug-2>/<t1 or e1>]
 

ここで

slot は、1~8の範囲の値です。

subslot は0です。

port は常に0です。

AU-3#は、1~12の範囲の値です。

AU-4# は常に1です。

TUG-3# は、1~12の範囲の値です。

tug-2 は、1~7の範囲の値です。

t1 は1~4、 e1 は1~3の範囲の値です。


) [/<tug-2>/<t1>]オプションは、コントローラでモード(C-11またはC-12)が設定されている場合のみ使用できます。


たとえば、T1 over AU-3の場合、スロット2にあるライン カードのAU-3 #3の設定を表示するコマンドは次のとおりです。

show controller au-3 2/0/0.3
 

AU-4-TUG-3の場合、スロット2にあるChannelized OC-12 Line CardのAU-4のTUG-3 #3に対する設定を表示するコマンドは次のとおりです。

show controller au-4-tug-3 2/0/0.1/3
 

同じAU-4-TUG-3上の特定のTUG-2およびE1を表示するには、次のコマンドを使用します。

show controller au-4-tug-3 2/0/0-1/3/1/3
 

AU-3コントローラ インターフェイス

AU-3コントローラを使用してT3およびT1インターフェイスを作成するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 グローバル コンフィギュレーション モードでSONETコントローラ コンフィギュレーション モードを開始します。

この例では、4-Port STM-1 Line Cardはスロット2に搭載されています。

Router(config)# controller sonet 2/0/0
Router(config-controller)#
 

ステップ 2 aug controller コマンドを使用して、OC-3/STM-1ポートの操作モードを指定します(AU-3には、12個のコントローラが作成されます:2/0/0.1 ~ 2/0/0.12)。

Router(config-controller)# aug controller au-3
Router(config-controller)#

フルレートT3インターフェイス


) T3回線はAU-3コントローラ上でのみ動作します。


a. ポート上でコントローラを設定します。

次に、スロット2に搭載されたライン カードにAU-3コントローラ#3を設定する例を示します。

Router(config-controller)# controller au-3 2/0/0.3
Router(config-controller)#
 

b. T3インターフェイスを確立するには、コンテナ モードをC-3に設定します。

Router(config-controller)# mode c-3
Router(config-controller)# exit
Router(config)#
 

C-3モードの場合は、非チャネライズドT3レベルのシリアル インターフェイスが作成されます。

T1チャネルグループ インターフェイス

a. STM-1ポート上でコントローラを設定します。

次に、スロット2に搭載されたライン カードのSTM-1ポートにAU-3コントローラ#2を設定する例を示します。

Router(config)# controller au-3 2/0/0.2
Router(config-controller)#
 

b. T1インターフェイスを確立するには、コンテナ モードをC-11に設定します。

Router(config-controller)# mode c-11
Router(config-controller)#
 

c. T1インターフェイスを作成します。

次の例では、TUG-2インターフェイスは1(1~7の任意の数値)として定義されています。T1インターフェイスは2(1~4の任意の数値)で、1つのチャネル グループ5(0~23の任意の数値)で構成されています。このチャネル グループは、全部で24のDS0タイムスロットで構成されます。

Router(config-controller)# tug-2 1 t1 2 channel-group 5 timeslots 1-24
Router(config-controller)#
 


 

AU-4-TUG-3コントローラのインターフェイス

AU-4-TUG-3コントローラを使用してT1およびE1インターフェイスを作成するには、次の手順を実行します。


注意 ポートで作成される3つのAU-4-TUG-3コントローラの上位パスは同じであり、相互に独立して動作することはありません。つまり、AU-4-TUG-3コントローラを「シャットダウン」すると、同じSONETポート上にある他の2つのコントローラもシャットダウンします。


ステップ 1 SONETコントローラ コンフィギュレーション モードを開始します。

この例では、ライン カードはスロット2に搭載されています。

Router(config)# controller sonet 2/0/0
Router(config-controller)#
 

ステップ 2 aug controller コマンドを使用して、STM-1ポートの操作モードを指定します(AU-4には、3つのコントローラが作成されます)。

Router(config-controller)# aug controller au-4-tug-3
Router(config-controller)#
 

AU-4-TUG-3/TUG-2上のT1チャネル グループ インターフェイス

a. STM-4ポートでコントローラを設定します。次に、スロット2に搭載されたライン カードのポート0にAU-4-TUG-3コントローラ#2を設定する例を示します。

Router(config-controller)# controller au-4-tug-3 2/0/0.1/2
Router(config-controller)#
 

b. T1インターフェイスを確立するには、コンテナ モードをC-11に設定します。

Router(config-controller)# mode c-11
Router(config-controller)#
 

c. T1インターフェイスを作成します。

次の例では、TUG-2インターフェイスは1(1~7の任意の数値)です。T1インターフェイスは2(1~4の任意の数値)で、1つのチャネル グループ5(0~23の任意の数値)として定義されています。このチャネル グループは、全部で24のDS0タイムスロットで構成されます。

Router(config-controller)# tug-2 1 t1 2 channel-group 5 timeslots 1-24
Router(config-controller)#
 

AU-4-TUG-3/TUG-2上のE1 チャネル グループ インターフェイス

a. STM-4ポートでコントローラを設定します。

次に、スロット2に搭載されたライン カードのポート0にAU-4-TUG-3コントローラ#2を設定する例を示します。

Router(config-controller)# controller au-4-tug-3 2/0/0.1/2
Router(config-controller)#
 

b. E1インターフェイスを確立するには、コンテナ モードをC-12に設定します。

Router(config-controller)# mode c-12
Router(config-controller)#
 

c. E1インターフェイスを作成します。

次の例では、TUG-2インターフェイスは1(1~7の任意の数値)です。E1インターフェイスは2(1~3の任意の数値)で、1つのチャネル グループ5(0~31の任意の数値)として定義されています。このチャネル グループは、全部で31のDS0タイム スロットで構成されます。

Router(config-controller)# tug-2 1 e1 2 channel-group 5 timeslots 1-31
Router(config-controller)#
 


 

SONETまたはSDHフレーミングに対するSONETコントローラの設定

デフォルトでは、4-port STM-1 Line Cardは12のSTS-1接続で構成されています。4-port STM-1 Line Cardを設定するには、各STS-1をT3またはVTインターフェイスとして設定する必要があります。ここでは、T3およびVTインターフェイスを作成し、STS-1接続をテストするためのコマンドについて説明します。内容は次のとおりです。

「コントローラ コンフィギュレーション モードの開始」

「SONETまたはSDHフレーミングの選択」

「SONETコントローラ ループバック モードの設定」

コントローラ コンフィギュレーション モードの開始

コントローラ コンフィギュレーション モードを開始してコントローラの設定を行うには、 controller sonet コマンドを使用します。

controller sonet slot/subslot/port
 

slot は1~8であり、 subslot および port は両方とも0です。

次に、スロット2に搭載したカードに対してSONETコントローラ コンフィギュレーション モードを開始する例を示します。

Router(config)# controller sonet 2/0/0
ROuter(config-controller)#
 

SONETまたはSDHフレーミングの選択

4-port STM-1 Line CardをSONET用に設定するには、最初にframingコマンドを使用してフレーミング タイプをSONETまたはSDHのどちらかに設定する必要があります。

4-port STM-1 Line Cardのフレーミングが事前にSONETまたはSDHのどちらかに設定されていて、そのフレーミングを変更したい場合、 no framing コマンド を入力してライン カードをデフォルト値に戻す必要があります。そのあと、 framing <framing type> コマンドを使用して新しいフレーミングを設定します。


注意 no framing コマンドを入力すると、ライン カードの設定は消去され、ライン カードはすべてデフォルト値に戻ります。このコマンドの使用には注意してください。

framing {sonet | sdh}
[no] framing
 

デフォルト設定は、SONETです。

フレーミングを削除し、ライン カードをデフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

次に、スロット2の4-port STM-1 Line CardにSONETフレーミングを指定する手順を例示します。

Router(config)# controller sonet 2/0/0
Router(config-controller)# framing sonet
 

SONETコントローラ ループバック モードの設定

SONETコントローラでループバックをイネーブルにするには、 loopback コマンドを使用します。

loopback [internal | line]
[no] loopback [internal | line]
 

デフォルトは、no loopbackです。

ループバックを停止するには、このコマンドの no 形式を使用します。

loopback コマンドについての詳細は、『 Cisco 10000 Series ESR Troubleshooting Guide 』(オンライン)を参照してください。

次に、スロット2の4-port STM-1 Line Cardで内部ループバックを実行する例を示します。

Router(config)# controller sonet 2/0/0
Router(config-controller)# loopback internal
 

T3、VT、またはAUGコントローラの作成

ここでは、T3、VT、またはAUGコントローラの作成と設定手順を紹介し、次の内容について説明します。

「SONETフレーミングにおけるT3またはVTとしてのSTS-1パスの指定」

「SDHフレーミングにおけるAU-3またはAU-4-TUG-3コントローラとしてのSTM-4ポートの指定」

「SONETコントローラ ループバック モードの設定」

「SONETフレーミングにおけるVTコマンド」

「SONETまたはSDHフレーミングにおける非チャネライズドT3コマンド」

「SONETまたはSDHフレーミングにおけるチャネライズドT3コマンド」

「SONET/SDHフレーミングにおけるT1/E1チャネル グループの作成」

「SONET/SDHフレーミングにおけるチャネライズドT1コマンド」

SONETフレーミングにおけるT3またはVTとしてのSTS-1パスの指定

4-port STM-1 Line CardがSONETフレーミングに設定されている場合、 path コマンドを使用してSTS-1パスをT3またはVTコントローラとして指定することができます。最大12のSTS-1チャネルを指定できます(T3のチャネライゼーションに、STM-1、T3インターフェイス、VTインターフェイスおよびT1インターフェイスの関係を示します)。

path STS_number controller {t3 | vt}
 

STS_number は、仮想T3またはVTコントローラです。1~12の値を入力します。

T3またはVTコントローラを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

次の例では、番号1のSTS-1をT3回線として定義し、コントローラT3番号2/0/0.1を生成しています。

Router(config)# controller sonet 2/0/0
Router(config-controller)# path 1 controller t3
 

次の例では、番号1のSTS-1をVT回線として定義し、VTコントローラ2/0/0.1を生成しています。

Router(config)# controller sonet 2/0/0
Router(config-controller)# path 1 controller vt
 

SDHフレーミングにおけるAU-3またはAU-4-TUG-3コントローラとしてのSTM-4ポートの指定

4-port STM-1 Line CardがSDHフレーミングに設定されている場合、 aug controller コマンドを使用してSTM-4ポートの操作モードをAU-3コントローラまたはAU-4-TUG-3コントローラとして指定することができます。このコマンドを実行すると、指定されたタイプのサブコントローラが12個作成されます。これらは他のコントローラと同様に設定することができます。

[no] aug controller <au-3|au-4-tug-3>
 

ここで、 au-3 および au-4-tug-3 はコントローラのタイプを指定します。1~12の値を入力します。

AU-3またはAU-4-TUG-3コントローラを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

これらのコントローラの名前の書式に従って、コントローラのSONET名にサブポート拡張子を追加する必要があります。サブポート拡張子は、AU-3とAU-4-TUG-3コントローラで異なります。

AU-3コントローラ

AU-3コントローラの構文は次のとおりです。

controller au-3 <slot>/<subslot>/<port>.<AU-3#>
 

たとえば、次のコマンドはスロット2に搭載されたライン カードのポート0のAU-3コントローラ#3を使用します。

Router(config-controller)# controller au-3 2/0/0.3
 

AU-4-TUG-3コントローラ

AU-4-TUG-3コントローラの構文は次のとおりです。

Router(config-controller)# controller au-4-tug-3 <slot>/<subslot>/<port>.<AU-4#>/<TUG-3#>

) SDHフレームドSONETポートで作成される12個のAU-4-TUG-3コントローラの上位パスは同じであり、相互に独立して動作することはありません。つまり、AU-4-TUG-3コントローラを「シャットダウン」すると、同じSDHフレームドSONETポート上にある他の2つのコントローラもシャットダウンします。


たとえば、次のコマンドはスロット2にある4-port STM-1 Line Cardのポート0のAU-4上のTUG-3 #3を使用します。

Router(config-controller)# controller au-4-tug-3 2/0/0.1/3
 

SONETフレーミングにおけるVTコマンド

ここでは、 controller vt コマンドを使用して4-port STM-1 Line CardのSONETフレームドSTS-1コントローラをさらにチャネライズする手順を説明します。

VTに関するコントローラ コンフィギュレーション モードの開始

4-port STM-1 Line Card上のVirtual Tributary(VT;仮想トリビュタリ)コントローラは28のT1(VT1.5)インターフェイスまたは21のE1(VT2)インターフェイスにチャネライズできます。 controller vt コマンドは、VTリンクのシャットダウン、またはT1またはE1インターフェイスの設定変更に使用することができます。

T1コンフィギュレーションの設定に関する情報は「SONET/SDHフレーミングにおけるT1/E1チャネル グループの作成」および「SONET/SDHフレーミングにおけるチャネライズドT1コマンド」を参照してください。

controller vt コマンドを入力してVTリンクを設定します。

slot/sub-slot/port.path
 

path は1から12までの値です。それぞれの数は28のT1回線または21のE1回線を格納するVTを表しています。

例:

Router# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)# controller vt 1/0/0.1
Router(config-controller)#
 

SONETまたはSDHフレーミングにおける非チャネライズドT3コマンド

ここでは、SONETフレームドまたはSDHフレームド コントローラ上での非チャネライズドT3の設定手順を紹介します。

4-port STM-1 Line CardがSONETフレーミングに設定されている場合、T3インターフェイスはデフォルトで28のT1インターフェイスにチャネライズされます。フルレートまたはサブレートのT3インターフェイスを作成するには、T3インターフェイスを非チャネライズする必要があります。

4-port STM-4 Line CardがSDHフレーミングに設定されている場合、C-3コンテナ モードを使用すると、非チャネライズドT3シリアル インターフェイスが自動作成されます。

ここでは、フルレートおよびサブレートT3インターフェイスを作成、カスタマイズ、およびテストするためのコマンドについて説明します。内容は次のとおりです。

「T3に関するコントローラ コンフィギュレーション モードの開始」

「SONETフレームド コントローラでのT3インターフェイスの非チャネライズド設定」

「サブレートT3の実装」

「フレーミング タイプの設定」

「DSUモードの指定」

「スクランブリングのイネーブル化」

「アイドル文字の指定」

「SONETまたはSDHフレーミングにおけるT3 BERテストの実行」

非チャネライズドT3を設定する場合には、「SONETまたはSDHフレーミングにおけるチャネライズドT3コマンド」に説明されているコマンドを使用することもできます。これらのコマンドは、 clock source、mdl、equipment 、および loopback です。

T3に関するコントローラ コンフィギュレーション モードの開始

非チャネライズドT3インターフェイスを作成するには、まず設定対象のT3コントローラに関するコントローラ コンフィギュレーション モードを開始する必要があります。

controller T3 slot/sub-slot/port.path
 

path は、T3インターフェイス番号です。

次に、コントローラ コンフィギュレーション モードを開始する例を示します。

Router(config)# controller T3 1/0/0.1
Router(config-controller)#

SONETフレームド コントローラでのT3インターフェイスの非チャネライズド設定

4-port STM-4 Line CardがSONETフレーミングに設定されている場合、T3インターフェイスを非チャネライズドし、フルレートまたはサブレートのT3インターフェイスを作成する必要があります。

T3インターフェイスを非チャネライズド(クリア チャネル)として設定するには、 no channelized コマンドを使用します。

[no] channelized

注意 no channelizedコマンドを実行すると、チャネライズドT3インターフェイスからすべてのチャネル グループが削除されます。すでにチャネル グループを設定している場合、このコマンドの使用には注意が必要です。

インターフェイスをデフォルトに戻すには、 channelized コマンドを使用します。T3インターフェイスのデフォルト設定値は、channelizedです。

次に、非チャネライズドT3インターフェイスを作成する例を示します。

Router(config)# controller T3 1/0/0.1
Router(config-controller)# no channelized
 

サブレートT3の実装

サブレートT3を実装するには、非チャネライズドT3インターフェイスの帯域幅を指定します。そのためには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで dsu bandwidth bandwidth コマンドを使用します。

dsu bandwidth bandwidth
[no] bandwidth bandwidth
 

bandwidth は、0~44,210(kbps)の範囲の数値です。

デフォルトの帯域幅は、44,210 kbpsです。

デフォルトの帯域幅に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

値を指定すると、帯域幅は、現在のDSUモードのタイムスロット サイズに基づいて、許容される最も近い値に設定されます。

このコマンドを正しく使用するには、接続のリモート側で、PA-T3またはPA-2T3ポート アダプタを搭載したCisco 7200ルータまたはCisco 7500ルータ、または dsu mode コマンドでサポートされるT3 DSUを接続している必要があります。

次の例では、帯域幅16,000 kbpsを指定しています。

Router(config)# interface serial 1/0/0.1
Router(config-if)# dsu bandwidth 16000

ヒント 第16章「マルチリンク ポイントツーポイント接続の設定」では、T3チャネルの帯域幅を削減するための別の方法について説明します。


フレーミング タイプの設定

非チャネライズドT3コントローラのフレーミング タイプを指定するには、 framing コマンドを使用します。

framing [c-bit | m13]
[no] framing [c-bit | m13]
 

デフォルトのフレーミング タイプは、c-bitです。

デフォルトのフレーミング タイプに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

次に、フレーミング タイプをm13に設定する例を示します。

Router(config)# interface serial 1/0/0.1
Router(config-if)# framing m13
 

DSUモードの指定

特定のT3インターフェイスについてDSUモードを指定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで dsu mode コマンドを使用します。このコマンドは、製造元の独自仕様による多重化方式をエミュレートするように、ライン カードを設定します。

dsu mode [Adtran | cisco | Digital-link | Kentrox | Larscom | verilink-highbit | verilink-lowbit]
[no] dsu mode
 

デフォルトのDSUモードは、ciscoです。

デフォルトのDSUモードに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

次に、DSUモードを cisco に設定する例を示します。

Router(config)# interface serial 1/0/0.1
Router(config-if)# dsu mode cisco
 

スクランブリングのイネーブル化

非チャネライズドT3インターフェイスでスクランブリングをイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで scramble コマンドを使用します。

scramble
[no] scramble
 

このコマンドのデフォルト設定は、no scramble(スクランブリングはディセーブル)です。

リンクの両側で、同じスクランブリング設定を使用していることを確認してください。

次に、特定のT3インターフェイスでスクランブリングをイネーブルに設定する例を示します。

Router(config)# interface serial 1/0/0.1
Router(config-if)# scramble

アイドル文字の指定

非チャネライズドT3インターフェイスで、HDLCパケット間に特定の文字を伝送するように設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで idle character コマンドを使用します。

idle-character [flags | marks]
[no] idle-character [flags | marks]
 

ここで

flags は、アイドル文字0x7eを設定します。

marks は、アイドル文字0xffを設定します。

デフォルトのアイドル文字は、0x7eです。

アイドル文字をデフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

次の例では、アイドル文字をflagsに設定しています。

Router(config)# interface serial 1/0/0.1
Router(config-if)# idle-character flags

) システムによっては、marks(0xff)が打ち切り信号として認識されることがあります。したがって、できるだけflags(0x7e)を使用してください。


SONETまたはSDHフレーミングにおけるT3 BERテストの実行

非チャネライズドT3インターフェイスが、BER(ビット エラー レート)テストを実行するように設定できます。このテストではケーブルをチェックすることができ、信号関連の問題の解決に役立ちます。非チャネライズドT3インターフェイス上でBERテスト パターンを送信するには、次のインターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

bert [errors number | pattern pattern] interval time
[no] bert
 

ここで

errors number は、1~255です。

pattern pattern は、次のいずれかです。

0s ― すべて0の反復的テスト パターン(00000...)

1s ― すべて1の反復的テスト パターン(11111...)

2^15 ― 擬似乱数O.151のテスト パターン(長さ32,768ビット)

2^20-O153 ― 擬似乱数O.153のテスト パターン(長さ1,048,575ビット)

QRSS-2^20 ― 擬似乱数QRSS O.151のテスト パターン(長さ1,048,575ビット)

2^23 ― 擬似乱数O.151のテスト パターン(長さ8,388,607ビット)

interval time は、1~1,440(分)です。

BERテストは、 no bert コマンドを使用すればいつでも終了できます。

詳細については、『 Cisco 10000 Series ESR Troubleshooting Guide 』(オンライン)を参照してください。

例:

T3回線1を通じて、2^20のBERテスト用擬似乱数パターンを、5分間送信します。

Router(config)# interface serial 1/0/0.1
Router(config-if)# bert pattern 2^20 interval 5
 

T3回線1を通じて、すべて1の反復的パターンを、1,440分間送信します。

Router(config)# interface serial 1/0/0.1
Router(config-if)# bert pattern 1s interval 1440
 

SONETまたはSDHフレーミングにおけるチャネライズドT3コマンド

ここでは、SONETフレームドまたはSDHフレームド コントローラ上でのチャネライズドT3の設定手順を紹介します。

デフォルトでは、4-port STM-4 Line Card上のT3インターフェイスは、28のT1インターフェイスにチャネライズされます。ここでは、チャネライズドT3インターフェイスをカスタマイズおよびテストするためのコマンドについて説明します。ここでは、次の手順について説明します。

「T3に関するコントローラ コンフィギュレーション モードの開始」

「チャネライズドとしてのT3インターフェイスの設定」

「フレーミング タイプの設定」

「MDLメッセージの入力」

「アイドル パターンの指定」

「T3クロック ソースの設定」

「T3コントローラのループバック モードの設定」

「T3コントローラのリモート ループバック コマンド応答の設定」

サブスクライバ トラフィック用にインターフェイスを使用する場合、インターフェイスのT1およびDS0コンポーネントを設定する必要があります。詳細については、「SONET/SDHフレーミングにおけるT1/E1チャネル グループの作成」を参照してください。

図 10-2に、チャネライゼーションで設定可能なインターフェイス帯域幅のレベルを示します。

T3に関するコントローラ コンフィギュレーション モードの開始

T3インターフェイス関連の操作を行うには、コントローラ コンフィギュレーション モードを開始する必要があります。たとえば、非チャネライズドT3インターフェイスをチャネライズドに戻したり、MDLメッセージを設定するときは、このモードを開始します。

controller T3 slot/sub-slot/port.path
 

path は、T3インターフェイス番号です。

次に、コントローラ コンフィギュレーション モードを開始する例を示します。

Router(config)# controller T3 1/0/0.1
Router(config-controller)#
 

図 10-2 T3のチャネライゼーション

 

チャネライズドとしてのT3インターフェイスの設定

T3インターフェイスは、デフォルトでチャネライズドに設定されています。以前にインターフェイスを非チャネライズドに設定している場合に、 channelized コマンドを使用します。

[no] channelized
channelized

注意 no channelizedコマンドを実行すると、チャネライズドT3インターフェイスからすべてのチャネル グループが削除されます。すでにチャネル グループを設定している場合、このコマンドの使用には注意が必要です。

次に、チャネライズドT3インターフェイスの作成手順を例示します。

Router(config)# controller T3 1/0/0.1
Router(config-controller)# channelized
 

フレーミング タイプの設定

チャネライズドT3コントローラのフレーミング タイプを指定するには、 framing コマンドを使用します。

framing [c-bit | m23 | auto-detect]
[no] framing [c-bit | m23 | auto-detect]
 

デフォルトは、auto-detectです。

フレーミング タイプをデフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

4-port STM-4 Line Cardが遠端からフレーミング タイプを検出し、同じフレーミング タイプを送信するように設定するには、次のように入力します。

Router(config)# controller T3 1/0/0.1
Router(config-controller)# framing auto-detect
 

MDLメッセージの入力

チャネライズドT3インターフェイスでは、(ANSI T1.107a-1990仕様に規定されている)Maintenance Data Link(MDL)メッセージを設定できます。


) MDLメッセージがサポートされるのは、T3フレーミングがc-bitパリティに設定されている場合に限られます(フレーミング タイプの設定を参照)。


MDLメッセージを設定するには、 mdl コマンドを使用します。

mdl {transmit {path | idle-signal | test-signal} | string {eic | lic | fic | unit | pfi | port | generator} id_string}
[no] mdl {transmit {path | idle-signal | test-signal} | string {eic | lic | fic | unit | pfi | port | generator} id_string}
 

ここで

transmit path は、MDLパス メッセージの伝送をイネーブルにします。

transmit idle-signal は、MDLアイドル シグナル メッセージの伝送をイネーブルにします。

eic は、機器識別コード(最大10文字)です。

lic は、ロケーション識別コード(最大11文字)です。

fic は、フレーム識別コード(最大10文字)です。

unit は、ユニット識別コード(最大6文字)です。

pfi は、MDLパス メッセージ(最大38文字)に含めるファシリティ識別コードです。

port は、MDLアイドル シグナル メッセージ(最大38文字)に含める(アイドル シグナルを開始する)機器ポートです。

generator は、MDLテスト シグナル メッセージ(最大38文字)に含めるジェネレータ番号です。

デフォルトでは、MDLメッセージは設定されていません。

MDLメッセージを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

次に、MDLメッセージを設定する例を示します。

MDLパス メッセージの伝送をイネーブルにします。

Router(config)# controller T3 1/0/0.1
Router(config-controller)# mdl transmit path
 

MDLアイドル シグナル メッセージの伝送をイネーブルにします。

Router(config-controller)# mdl transmit idle-signal
 

MDLテスト シグナル メッセージの伝送をイネーブルにします。

Router(config-controller)# mdl transmit test-signal
 

機器識別コードを入力します。

Router(config-controller)# mdl string eic router A
 

ロケーション識別コードを入力します。

Router(config-controller)# mdl string lic test network
 

フレーム識別コードを入力します。

Router(config-controller)# mdl string fic building b
 

ユニット識別コードを入力します。

Router(config-controller)# mdl string unit abc
 

ファシリティ識別コードを入力します。

Router(config-controller)# mdl string pfi string
 

MDLアイドル シグナル メッセージで送信するポート番号を入力します。

Router(config-controller)# mdl string port string
 

MDLテスト シグナル メッセージで送信するジェネレータ番号を入力します。

Router(config-controller)# mdl string generator string
 

アイドル パターンの指定

チャネライズドT3インターフェイスに属する未設定のすべてのタイムスロット インターフェイスで、HDLCパケット間に伝送される特定のパターンを設定できます。その場合、 idle pattern コマンドを使用します。

idle pattern patterns
[no] idle pattern patterns
 

patterns は、0x0~0xff(16進)または0~255(10進)の範囲の数値です。この値は、16進形式または10進形式のどちらでも入力できます。0~254の値を入力すると、アイドル パターンはHDLC flags(0x7e)に設定されます。255を入力すると、パターンは0xff(すべて1)に設定されます。


) システムによっては、marks(0xff)が打ち切り信号として認識されることがあります。したがって、できるだけflags(0x7e)を使用してください。


デフォルトのアイドル パターンは、0x7eです。

アイドル パターンをデフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

例:

16進数のアイドル パターンを設定します。

Router(config)# controller T3 1/0/0.1
Router(config-controller)# idle pattern 0x10
 

10進数のアイドル パターンを設定します。

Router(config)# controller T3 1/0/0.1
Router(config-controller)# idle pattern 23
 

T3クロック ソースの設定

特定のT3コントローラに内部クロック ソースまたはライン クロック ソースを設定するには、プロンプトで clock source コマンドを使用します。このコマンドは、コントローラ コンフィギュレーション モードで設定します。

clock source {internal | line}
 

ここで

internal を指定すると、内部クロック ソースが使用されます。

line を指定すると、ネットワーク クロック ソースが使用されます。

デフォルトは、clock source internalです。

次に、ライン クロック ソースを使用するようにT3コントローラを設定する例を示します。

Router(config)# controller T3 1/0/0.1
Router(config-controller)# clock source line
 

T3コントローラのループバック モードの設定

T3コントローラにループバック モードを設定するには、loopbackコマンドを使用します。

loopback {local | network | remote}
[no] loopback {local | network | remote}
 

デフォルトは、no loopbackです。

T3コントローラ上でループバックをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

例:

T3コントローラがローカル ループバックを実行するように設定します。

Router(config)# controller T3 1/0/0
Router(config-controller)# loopback local
 

ローカル ループバックは、ルータに対して全チャネルを同時にループし、ネットワークにT3 AISを送信します。ローカル ループバックを使用して、ネットワーク ケーブルからポートを切り離した場合のポートの問題を診断することができます。

T3コントローラがネットワーク ループバックを実行するように設定します。

Router(config)# controller T3 1/0/0
Router(config-controller)# loopback network
 

ネットワーク ループバックは、ネットワークに対してT3回線をループバックします。これにより、セントラル オフィスからポートへのケーブルの問題を診断できます。

T3コントローラがリモート ループバックを実行するように設定します。

Router(config)# controller T3 1/0/0
Router(config-controller)# loopback remote
 

リモート ループバックは、T3回線を遠端(セントラル オフィス)でループするコマンドを送信します。これにより、ポート アダプタからセントラル オフィスまでのケーブルの問題を診断できます。

T3コントローラのリモート ループバック コマンド応答の設定

リモート装置と共にループバックを実行するには、 equipment loopback コマンドを使用します。

equipment [customer | network] loopback
 

ここで

customerを指定すると、ポートはリモートT3装置からのループバック コマンドに応答します。

networkを指定すると、コントローラはリモートT3ループバック コマンドを無視します。

例:

コントローラがリモート ループバック要求に応答するように設定するには、次のコマンドを入力します。

Router(config)# controller T3 1/0/0
Router(config-controller)#equipment customer loopback
 

コントローラがリモート ループバック コマンドに応答しないようにするには、次のコマンドを入力します。

Router(config)# controller T3 1/0/0
Router(config-controller)#equipment network loopback

) リモート ループバックを設定できるのは、c-bitパリティ フレーミングを使用している場合のみです。


loopback コマンドについての詳細は、『 Cisco 10000 Series ESR Troubleshooting Guide 』(オンライン)を参照してください。

SONET/SDHフレーミングにおけるT1/E1チャネル グループの作成

サブスクライバ トラフィックをサポートするインターフェイスを作成するには、タイムスロットを組み合わせてチャネル グループにする必要があります。チャネル グループの設定を行うには、T1とE1の特徴を考慮する必要があります。

SONETフレームドT3コントローラの場合

1つのチャネライズドT3が28のT1に分割されます。

1つのT1が24のタイムスロット(またはDS0)に分割されます。

SONETフレームドVTコントローラの場合

T1の場合:

1つのVTコントローラが28のT1(VT1.5)に分割されます。

1つのT1が24のタイムスロット(またはDS0)に分割されます。

E1の場合:

1つのVTコントローラが21のE1(VT2)に分割されます。

1つのE1が31のタイムスロット(またはDS0)に分割されます。

SDHフレームドT3コントローラの場合

1つのT3が7つのTUG-2に分割されます。

1つのTUG-2が次のどちらかに分割されます。

それぞれ24のタイムスロット(またはDS0)に分割可能な4つのT1。

それぞれ31のタイムスロット(またはDS0)に分割可能な3つのE1。

T1 SONETフレームド インターフェイスのチャネル グループの作成

T1 SONETフレームド インターフェイスのチャネル グループを作成するには、 t1 channel-group コマンドを使用します。

に、4-port STM-4 Line Cardで可能なチャネライゼーションを示しています。

論理チャネル グループを作成するには、次のコマンドを使用します。

t1 t1-number channel-group channel-group-number timeslots list-of-timeslots [speed {56 | 64}]
[no] t1 t1-number channel-group channel-group-number
 

ここで

t1-number は、T1インターフェイス番号(1~28)です。

channel-group channel-group-number は、チャネル グループを識別する、0~23の任意の番号です。

timeslots list-of-timeslots には、1~24の数値、または1~24の範囲の組み合わせを指定できます。範囲を表すには、ハイフン、カンマ、またはこれらの組み合わせを使用します。1つのタイムスロットが、1つのDS0に相当します(このあとの例を参照してください)。

speed { 56 | 64 } は、タイムスロットの速度(56または64 kbps)を指定する任意の引数です。デフォルトは64です(56 kbpsタイムスロットは一般に、B8ZS回線符号化方式をサポートせず、SFフレーミングと対応づけられている旧式のT1機器に使用します)。

論理チャネル グループを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

次に、 t1 channel-group コマンドの使用例をいくつか示します。

次の例では、T1インターフェイス3はチャネル グループ20を含み、9つのチャネライズド タイムスロットから構成されています。

Router(config)# controller t3 1/0/0.1
Router(config-controller)# t1 3 channel-group 20 timeslots 1-8, 10

T1インターフェイス3、チャネル グループ20に関するインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始するには、次のように入力します。

Router(config)# interface serial 1/0/0.1/3:20
 

次の例では、T1インターフェイス4はチャネル グループ18を含み、24の全タイムスロットで構成され、フルT1インターフェイスになっています。

Router(config)# controller t3 1/0/0.1
Router(config-controller)# t1 4 channel-group 18 timeslots 1-24
 

T1インターフェイス4、チャネル グループ18に関するインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始するには、次のように入力します。

Router(config)# interface serial 1/0/0.1/4:18
 

次の例では、T1インターフェイス5を、合計11のタイムスロットからなる3つのチャネル グループに分割しています。

Router(config)# controller t3 1/0/0.1
Router(config-controller)# t1 5 channel-group 19 timeslots 1-6
Router(config-controller)# t1 5 channel-group 20 timeslots 10
Router(config-controller)# t1 5 channel-group 21 timeslots 7-9, 24
 

次の例では、T1 1上のチャネル グループ20を削除しています。

Router(config)# controller T3 1/0/0.1
Router(config-controller)# no t1 1 channel-group 20
 

SDHフレームド インターフェイスのチャネルグループの作成

チャネルに関する制限

SDHコントローラごとに128個のチャネル、4-port STM-4 Line Cardに最大192個のチャネルを割り当てることができます。コントローラのチャネル グループを作成する場合、この制限はT1インターフェイスとE1インターフェイスの両方に適用されます。

たとえば、ポート2のT1 Controller #1に128個のチャネルを作成し、ポート2のT1 Controller #2に64個のチャネルを作成した場合、1つのポート(ここではポート2)上の最大チャネル数である192にすでに達しているため、T1 Controller #3またはT1 Controller #4にはチャネルをこれ以上作成できません。

論理チャネル グループを作成するには、次のコマンドのいずれかを使用します。

T1の場合:

[no] tug-2 <tug-2#> t1 <t1#> channel-group <channel#> timeslots <range> [speed 64|56]
 

E1(フレーム化)の場合:

[no] tug-2 <tug-2#> e1 <e1#> channel-group <channel#> timeslots <range>
 

E1(非フレーム化)の場合:

[no] tug-2 <tug-2#> e1 <e1#> unframed
 

ここで

tug-2# は、1~7の範囲の値です。

t1# は、1~4の範囲の値です。

e1# は、1~3の範囲の値です。

channel-group channel# は、チャネル グループを識別する、0~23の任意の番号です。

timeslots range は、T1の場合は1~24、E1の場合は1~31、またはこれらの範囲内の組み合わせにすることができます。範囲を表すには、ハイフン、カンマ、またはこれらの組み合わせを使用します。1つのタイムスロットが、1つのDS0に相当します(このあとの例を参照してください)。

speed { 56 | 64 } は、タイムスロットの速度(56または64 kbps)を指定する任意のT1の引数です。デフォルトは64です(56 kbpsタイムスロットは一般に、B8ZSをサポートせず、SFフレーミングと対応づけられている旧式のT1機器に使用します)。


speed引数はT1チャネル グループにのみ適用され、E1チャネル グループに対しては無効です。


unframed を指定すると、非フレーム化E1チャネルが作成されます。これにより、チャネル グループ番号が0のインターフェイスが作成されます。


) unframed引数は、E1チャネル グループにのみ適用され、T1チャネル グループに対しては無効です。


論理チャネル グループを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

次に、 channel-group コマンドの使用例をいくつか示します。

次の例では、T1インターフェイス3はチャネル グループ20を含み、9つのチャネライズド タイムスロットから構成されています。

Router(config-controller)# controller au-3 2/0/0.2
Router(config-controller)# mode c-11
Router(config-controller)# tug-2 1 t1 3 channel-group 20 timeslots 1-9
 

T1インターフェイス3、チャネル グループ20に関するインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始するには、次のように入力します。

Router(config)# interface serial 2/0/0.2/3:20
 

次の例では、T1インターフェイス4はチャネル グループ18を含み、24の全タイムスロットで構成され、フルT1インターフェイスになっています。

Router(config-controller)# controller au-3 2/0/0.2
Router(config-controller)# mode c-11
Router(config-controller)# tug-2 1 t1 4 channel-group 18 timeslots 1-24
 

T1インターフェイス4、チャネル グループ18に関するインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始するには、次のように入力します。

Router(config)# interface serial 2/0/0.2/4:18
 

次の例では、T1インターフェイス5を、合計11のタイムスロットからなる3つのチャネル グループに分割しています。

Router(config-controller)# controller au3 2/0/0.2
Router(config-controller)# mode c-11
Router(config-controller)# tug-2 1 t1 5 channel-group 19 timeslots 1-6
Router(config-controller)# tug-2 1 t1 5 channel-group 20 timeslots 10
Router(config-controller)# tug-2 1 t1 5 channel-group 21 timeslots 7-9, 24
 

次の例では、チャネル グループ20を削除しています。

Router(config-controller)# controller au3 2/0/0.2
Router(config-controller)# no tug-2 1 t1 5 channel-group 20
 

SONET/SDHフレーミングにおけるチャネライズドT1コマンド

T3インターフェイスのコントローラ コンフィギュレーション モードで、以下に説明するコマンドを入力することにより、T1インターフェイスのさまざまな設定を変更できます。ここでは、次の操作を行うコマンドについて説明します。

「フレーミング フォーマットの設定」

「イエロー アラームの制御」

「T1クロック ソースの設定」

「FDLの設定」

「T1 BERテストの設定」

「ループバック モードの設定」

T1インターフェイスを設定すると、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始して、カプセル化、ルーティング、およびその他の設定を追加することができます。例:

Router(config)# interface serial 1/0/0.1/4:18
 

フレーミング フォーマットの設定

T1インターフェイスのフレーミング フォーマットを指定するには、次のコマンドを使用します。

t1 t1-number framing {esf | sf [hdlc-idle {0x7E | 0xFF}]}
[no] t1 t1-number framing {esf | sf [hdlc-idle {0x7E | 0xFF}]}
 

ここで

t1-number は、T1インターフェイス番号(1~28)です。

framing は、Extended Super Frame(ESF;拡張スーパ フレーム)またはSuper Frame(SF;スーパ フレーム)です。sf hdlc-idleは、0x7Eまたは0xFFに設定できます。

hdlc-idle オプションを使用して、T1インターフェイスのアイドル パターンを0x7E(デフォルト)または0xFFに設定できます。

デフォルトのフレーミング フォーマットは、ESFです。

フレーミングをデフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

例:

T1インターフェイス6にSFフレーミング フォーマットを設定します。

Router(config)# controller T3 1/0/0.1
Router(config-controller)# t1 6 framing sf
 

T1インターフェイス16にESFフレーミング フォーマットを設定します。

Router(config)# controller T3 1/0/0.1
Router(config-controller)# t1 16 framing esf
 

イエロー アラームの制御

イエロー アラームの検出または生成をオン/オフに切り替えるには、 t1 yellow コマンドを使用します。

t1 t1-number yellow {detection | generation}
[no] t1 t1-number yellow {detection | generation}
 

ここで

t1-number は、T1インターフェイス番号(1~28)です。

detection は、インターフェイスに障害が発生した場合にリモート デバイスがその旨を通知し、それによってCisco IOSソフトウェアがコンソールにメッセージを送信することを意味します。

generation は、リモート デバイスに障害が発生した場合にインターフェイスがその旨を通知し、それによってCisco IOSソフトウェアがコンソールにメッセージを送信することを意味します。

デフォルトの速度(64)を使用するフルT1インターフェイス(24タイムスロット)に対してSFフレーミングを選択するときは、 no t1 t1-number yellow detection コマンドを使用して、イエロー アラーム検出をオフにすることを検討してください。SFフレーミングでは、イエロー アラームが誤って検出される場合があるためです。

次の例では、T1インターフェイス1にイエロー アラーム検出を設定しています。

Router(config)# controller t3 2/0/0.1
Router(config-controller)# t1 1 yellow detection
 

T1クロック ソースの設定

T1インターフェイスに対して内部クロック ソースまたはライン(ネットワーク)クロック ソースを設定するには、 controller コマンドを使用します。

t1 t1-number clock source {internal | line}
 

ここで

t1-number は、T1インターフェイス番号(1~28)です。

internal を指定すると、内部クロック ソースが使用されます。

line を指定すると、ネットワーク クロック ソースが使用されます。

デフォルトは、clock source internalです。

次の例では、回線(ネットワーク)からクロック ソースを取得するようにインターフェイスを設定しています。

Router(config)# controller T3 1/0/0.1
Router(config-controller)# t1 1 clock source line
 

FDLの設定

fdl ansi コマンドを使用して、T1接続の両端で、Facility Data Link(FDL)によるANSI T1.403のパフォーマンス レポートの1秒伝送をイネーブルにすることができます。

t1 t1-number fdl ansi
[no] t1 t1-number fdl ansi
 

t1-number は、T1インターフェイス番号(1~28)です。

この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。


) このコマンドは、T1フレーミングがESFである場合に限り、使用できます。


次に、FDLをイネーブルにする例を示します。

Router(config)# controller t3 1/0/0.1
Router(config-controller)# t1 2 fdl ansi
 

T1 BERテストの設定

個々のT1インターフェイスで、個別にBERテストを実行するように設定できます。このテストではケーブルをチェックすることができ、信号関連の問題の解決に役立ちます。T1インターフェイスでBERテスト パターンを送信するには、次のコマンドを使用します。

t1 t1-number bert pattern pattern interval time [unframed]
[no] t1 t1-number bert
 

ここで

t1-number は、T1インターフェイス番号(1~28)です。

time は、1~14,400(分)です。

pattern は、次のいずれかです。

2^11 ― 擬似乱数のテスト パターン(長さ2048ビット)

2^15 ― 擬似乱数O.151のテスト パターン(長さ32,768ビット)

2^20-O153 ― 擬似乱数O.153のテスト パターン(長さ1,048,575ビット)

unframed を指定すると、BERテスト パターンは、T1フレーミングおよびペイロード ビットを含むT1帯域幅全体を使用します。 unframed を省略すると、T1 n framing コマンドによる設定に応じてSFまたはESFフレーミングが行われ、BERテスト パターンはT1ペイロード ビットのみを使用します。


) T3ごとに、一度に1つのBERテストのみを実行できます。


BERテストは、このコマンドの no 形式を使用していつでも終了できます。

詳細については、『 Cisco 10000 Series ESR Troubleshooting Guide 』(オンライン)を参照してください。

例:

T1インターフェイス10を通じて、2^15のBERテスト用擬似乱数パターンを、5分間送信します。

Router(config)# controller T3 1/0/0.1
Router(config-controller)# t1 10 bert pattern 2^15 interval 5 unframed
 

ループバック モードの設定

T1インターフェイスの設定中に問題が生じた場合は、コントローラ コンフィギュレーション モードで次のコマンドを使用して、ライン カードのトラブルシューティングを行うことができます。

t1 t1-number loopback [local | network {line | payload} | remote [line [fdl {ansi | bellcore}] | payload [fdl | ansi]]]
[no] t1 t1-number loopback [local | network {line | payload} | remote [line [fdl {ansi | bellcore}] | payload [fdl | ansi]]]
 

ここで

t1-number は、T1インターフェイス番号(1~28)です。

local を指定すると、ルータの出力データはT1フレーマーでルータにループバックされ、ネットワークにAlarm Indication Signal(AIS;アラーム検出信号)が送信されます。

network { line | payload }を指定すると、データはネットワークにループバックされ、HDLCコントローラ(ライン)で自動的にローカル ループバックが設定されるか、またはペイロード データがネットワークにループバックされ、HDLCコントローラ(ペイロード)で自動的にローカル ループバックが設定されます。

remote line fdl { ansi | bellcore }を指定すると、反復する16ビットのESFデータ リンク キーワードがリモート側に送信され、ネットワーク ライン ループバックが要求されます。ANSIまたはBellcoreキーワードを指定できます。

remote payload [ fdl ] [ ansi ]を指定すると、反復する16ビットのESFデータ リンク コードワードがリモート側に送信され、ネットワーク ペイロード ループバックが要求されます。 fdl および ansi を使用すると、T1チャネルでのリモート ペイロード FDL ANSIビット ループバックがイネーブルになります。

ループバックを終了するには、このコマンドの no 形式を使用します。

このコマンドについての詳細は、『 Cisco 10000 Series ESR Troubleshooting Guide 』(オンライン)を参照してください。

例:

T3コントローラを、T1インターフェイス1でローカル ループバックを実行するように設定します。

Router(config)# controller t3 1/0/0.1
Router(config-controller)# t1 1 loopback local
 

T3コントローラを、T1インターフェイス1でリモートFDL ANSIループバックを実行するように設定します。

Router(config)# controller t3 1/0/0.1
Router(config-controller)# t1 1 loop remote line fdl ansi