Cisco CRS-1 キャリア ルーティング システム マルチシェルフ システム サイト プランニング ガイド
サイト プランニング チェックリスト
サイト プランニング チェックリスト
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

サイト プランニング チェックリスト

ファブリック カード シャーシのサイト プランニング チェックリスト

ファブリック カード シャーシの設置場所の予備調査

マルチシェルフ システム サイト プランニング チェックリスト

マルチシェルフ システム設置場所の予備調査

サイト プランニング チェックリスト

この付録には、ファブリック カード シャーシおよびマルチシェルフ システムの両方のためのシステム プランニング チェックリストが収録されています。また、ファブリック カード シャーシの設置のための設置場所のファシリティのプランニングを行う手順をまとめた、サイトの調査書のサンプルも収録されています。この章の内容は次のとおりです。

ファブリック カード シャーシのサイト プランニング チェックリスト

ファブリック カード シャーシの設置場所の予備調査

マルチシェルフ システム サイト プランニング チェックリスト

マルチシェルフ システム設置場所の予備調査


) 特定のラインカード シャーシのサイト プランニング チェックリストについては、『Cisco CRS-1 Carrier Routing System 16-Slot Line Card Chassis Site Planning Guide』を参照してください。


ファブリック カード シャーシのサイト プランニング チェックリスト

表C-1 に、ファブリック カード シャーシの設置計画で行うべき作業の順序を示します。設置作業のあらゆる面においてこの表をチェックリストとして使用してください。特定の作業についての情報は、このサイト プランニング ガイドの該当箇所を参照してください。チェックリストの記入が終わったら、シスコのインストレーション コーディネータに相談し、設置場所の準備完了検査を受けてください。

 

表C-1 ファブリック カード シャーシ 設置チェックリスト

サイト プランニングの手順
参照先
確認

1. シャーシの設置場所を決定し、設置場所が必要な要件を満たしていること、また設置のための適切な工具が揃っていることを確認する

「シャーシの設置要件」

「必要な工具および機器」

 

2. 電源(AC または DC)のプランニングを行う

「ファブリック カード シャーシ電源システムの要件」

「ファブリック カード シャーシの仕様」

 

3. 冷却およびエアーフロー要件を検討する

「ファブリック カード シャーシのエアーフローと冷却要件」

「ファブリック カード シャーシの仕様」

 

4. ルーティング システムを設置するスペースを検討する

「スペース、重量、およびアクセス要件」

「シャーシの設置要件」

 

5. 装置の受け取り、保管、設置場所への運搬を検討する

「ファブリック カード シャーシの開梱、運搬、および固定の要件」

 

6. システム シャーシのケーブル配線とケーブル管理のプランニングを行う

「シャーシのケーブル配線の要件」

 

ファブリック カード シャーシの設置場所の予備調査

通常、設置場所の予備調査を終えてから、詳細な設置場所調査を行います。この予備調査で、詳細なサイト プランニングが完了する前に、基本的なシステム要件がすでに満たされていること、または満たされる見込みであることを確認します。 表C-2 に、設置場所の予備調査の例を示します。

 

表C-2 ルーティング システム設置場所の予備調査例

設置場所の予備調査
発注情報

発注番号

 

出荷予定日

 

設置場所の準備完了日

 

設置日

 

 

設置先の所在地

企業名

 

設置場所の住所

 

届け先の住所

 

建物またはコンピュータ ルームへのアクセス

 

特別な指示

 

稼働時間および日数

 

 
設置場所調査の連絡先
第 1 連絡先

氏名および役職

 

電話番号

 

携帯電話番号

 

ファックス番号

 

ポケットベル番号

 

E メール アドレス

 

 
第 2 連絡先

氏名および役職

 

電話番号

 

携帯電話番号

 

ファックス番号

 

ポケットベル番号

 

E メール アドレス

 

 
配送および設置に関する制約

設置先に装置の荷降ろしを行う場所があるかどうか

 

営業時間中に、配送された機材を受け取る人員が現場にいるかどうか。いない場合は、担当者の都合がつく時間を記入

 

機器の配送に関して、特別な要件があるかどうか(特別な配送時間や、付き添いや身分証明書の必要性、ヘルメットや保護メガネなど従うべき安全手順など)

 

設置場所まで、途中に障害物があるかどうか。障害物がある場合は、設置場所に装置を搬入するための手立てを講じることができるかどうか。具体的に記入

 

設置場所は何階にあるのか

 

1 階ではない場合、貨物用エレベーターを利用できるかどうか。上の階まで階段を利用して装置を運び込む必要がある場合は、明記

 

 
設置エリア

シャーシを設置できるだけのスペースがあるかどうか。シャーシを設置する場所の略図を作成する

 

シャーシを、他のマルチシェルフ システムシャーシおよび Cat6509 スイッチ から 328 フィート(100 メートル)以内に設置できるか

 

 
空調

シャーシに対応できるだけの空調能力が設置先にあるかどうか。ない場合、適切な冷却を行うための対応策を記入

 

設置場所の空調を具体的に記入

 

 
電源

シャーシ用の DC または AC 電源があるかどうか。パネルにシャーシ用の接続点があるかどうか

 

装置用の Fuse Access Panel (FAP; ヒューズ アクセス パネル)があるかどうか。FAP 上の各シャーシの接続点を記入

 

ルーティング システムの設置に間に合うように、FAP が取り付けられるかどうか。FAP の取り付け予定日を記入

 

FAP がシャーシと同じ室内にあるかどうか

 

シャーシから 10 フィート(約 3 m)以内に、PC およびテスト機器用の AC 電源コンセント(220 V または 110 V)があるかどうか

 

装置用の適切なアースがあるかどうか。ない場合は、アースが利用できるようになる時期を記入。アースの接続点を記入

 

装置の電源投入や電気系統の作業時期について、制約事項があるかどうか。ある場合は、具体的に記入

 

電源または電源コードに関して、特別な要件があるかどうか(異なるワイヤ ゲージの電線など)。ある場合は、具体的に記入

 

 
シャーシのケーブル配線

ファブリック カード シャーシとラインカード シャーシの間に装着される光アレイ ケーブルのケーブル配線をプランニングしたかどうか

 

シャーシを Cat6509 スイッチ に接続するケーブルのケーブル配線をプランニングしたかどうか

 

シャーシのターミナル サーバ とコンソール アクセスをプランニングしたかどうか

 

すべてのシャーシ ケーブルのケーブル管理をプランニングしたかどうか

 

 

マルチシェルフ システム サイト プランニング チェックリスト

表C-3 に、マルチシェルフ システムの設置計画で行うべき作業の順序を示します。設置作業のあらゆる面においてこの表をチェックリストとして使用してください。特定の作業についての情報は、このサイト プランニング ガイドの該当箇所を参照してください。チェックリストの記入が終わったら、シスコのインストレーション コーディネータに相談し、設置場所の準備完了検査を受けてください。

 

表C-3 マルチシェルフ システム 設置チェックリスト

サイト プランニングの手順
参照先
確認

1. マルチシェルフ システムに必要なコンポーネントがすべて揃っていることを確認する

「マルチシェルフ システムのコンポーネント」

 

2. マルチシェルフ システムのレイアウトとスイッチの構成のプランニングを行う

「マルチシェルフ システムのレイアウトのプランニング」

「スイッチ ファブリックの構成のプランニング」

 

3. システム シャーシのケーブル配線とケーブル管理のプランニングを行う

「マルチシェルフ システムのケーブル配線」

「ケーブル管理」

 

4. システムのハイアベイラビリティのプランニングを行う

「ハイ アベイラビリティのプランニング」

「ハイ アベイラビリティに対応する電源の冗長構成とカードの配置」

 

5. 装置の受け取り、保管、設置場所への運搬を検討する

「輸送と受け取り」

「設置場所への運搬」

 

6. 設置場所が要件を満たしていることを確認する

「設置場所および設置の基本的なプランニング」

「通路のスペースおよびメンテナンス アクセスのフロア プラン」

 

7. シスコの設置サービスを検討する

「シスコの設置サービス」

 

マルチシェルフ システム設置場所の予備調査

通常、設置場所の予備調査を終えてから、詳細な設置場所調査を行います。この予備調査で、詳細なサイト プランニングが完了する前に、基本的なシステム要件がすでに満たされていること、または満たされる見込みであることを確認します。 表C-4 に、設置場所の予備調査の例を示します。

 

表C-4 ルーティング システム設置場所の予備調査例

設置場所の予備調査
発注情報

発注番号

 

出荷予定日

 

設置場所の準備完了日

 

設置日

 

 

設置先の所在地

企業名

 

設置場所の住所

 

届け先の住所

 

建物またはコンピュータ ルームへのアクセス

 

特別な指示

 

稼働時間および日数

 

 
設置場所調査の連絡先
第 1 連絡先

氏名および役職

 

電話番号

 

携帯電話番号

 

ファックス番号

 

ポケットベル番号

 

E メール アドレス

 

 
第 2 連絡先

氏名および役職

 

電話番号

 

携帯電話番号

 

ファックス番号

 

ポケットベル番号

 

E メール アドレス

 

 
配送および設置に関する制約

設置先に装置の荷降ろしを行う場所があるかどうか

 

営業時間中に、配送された機材を受け取る人員が現場にいるかどうか。いない場合は、担当者の都合がつく時間を記入

 

機器の配送に関して、特別な要件があるかどうか(特別な配送時間や、付き添いや身分証明書の必要性、ヘルメットや保護メガネなど従うべき安全手順など)

 

設置場所まで、途中に障害物があるかどうか。障害物がある場合は、設置場所に装置を搬入するための手立てを講じることができるかどうか。具体的に記入

 

設置場所は何階にあるのか

 

1 階ではない場合、貨物用エレベーターを利用できるかどうか。上の階まで階段を利用して装置を運び込む必要がある場合は、明記

 

 
設置エリア

マルチシェルフ システムで何台のシャーシを設置するのか

 

すべてのシャーシを設置できるだけのスペースがあるかどうか。シャーシを設置する場所の略図を作成する

 

Cat6509 スイッチの設置予定場所に装置ラックを設置できるかどうか。新しいラックを設置できるスペースがあるかどうか

 

 
シャーシのケーブル配線

ファブリック ケーブルのケーブル配線のプランニングが完了したかどうか

 

各ラインカード シャーシとファブリック カード シャーシを Cat6509 スイッチ(装備している場合)に接続するケーブルについて、配線のプランニングを完了したかどうか

 

各ラインカード シャーシをファブリック カード シャーシの 22 ポート SCGE カード(装備している場合)に接続するケーブルについて、配線のプランニングを完了したかどうか

 

 
電源

各シャーシ用の DC または AC 電源があるかどうか。パネルに各シャーシ用の接続点があるかどうか

 

装置用の Fuse Access Panel (FAP; ヒューズ アクセス パネル)があるかどうか。FAP 上の各シャーシの接続点を記入

 

ルーティング システムの設置に間に合うように、FAP が取り付けられるかどうか。FAP の取り付け予定日を記入

 

FAP がシャーシと同じ室内にあるかどうか

 

各シャーシから 10 フィート(約 3 m)以内に、PC およびテスト機器用の AC 電源コンセント(220 V または 110 V)があるかどうか

 

装置用の適切なアースがあるかどうか。ない場合は、アースが利用できるようになる時期を記入。アースの接続点を記入

 

装置の電源投入や電気系統の作業時期について、制約事項があるかどうか。ある場合は、具体的に記入

 

電源または電源コードに関して、特別な要件があるかどうか(異なるワイヤ ゲージの電線など)。ある場合は、具体的に記入

 

空調

ルーティング システムに対応できるだけの空調能力が設置先にあるかどうか。ない場合は、冷却能力不足を解消するための対応策を記入

 

設置場所の空調を具体的に記入

 

 
制御プレーン、BITS、およびアラーム インターフェイス

Cat6509 のレイアウトおよび配線をプランニングしたかどうか

 

システム コンポーネントのターミナル サーバ とコンソール アクセスをプランニングしたかどうか

 

シャーシを外部アラーム システムに接続する予定があるかどうか。ケーブル接続を検討したかどうか

 

 
サポート対象のデータ インターフェイス

OC-48/STM-16 POS または DPT 回線にルーティング システムを接続する予定があるかどうか。ある場合、ポート数を記入

 

OC-192/STM-64 POS または DPT 回線にルーティング システムを接続する予定があるかどうか。ある場合、ポート数を記入

 

OC-768/STM-256 POS 回線にルーティング システムを接続する予定があるかどうか。ある場合、ポート数を記入

 

10 ギガビット イーサネット(GE)回線にルーティング システムを接続する予定があるかどうか。ある場合、ポート数を記入

 

OC-768/STM-256 回線にルーティング システムを接続する予定があるかどうか。ある場合、ポート数を記入

 

ギガビット イーサネット回線にルーティング システムを接続する予定があるかどうか。ある場合、ポート数を記入

 

 
ケーブル管理

データ インターフェイス用にケーブルを配線してあるかどうか。配線していない場合、必要な配線と作業完了予定日を記入

 

光ファイバ配電パネルに、ルーティング システムに接続するすべての光ファイバ ケーブル用の接続点があるかどうか

 

光ファイバ ジャンパを誰が用意するのか。必要なファイバ ジャンパの長さ

 

設置場所で使用する光ファイバ コネクタのタイプ

 

減衰が必要な場合、減衰器が設置場所に用意されているかどうか。用意されていない場合は、それらの請求先を記入