Cisco CRS-1 キャリア ルーティング システム 4 スロット ライン カード シャーシ サイト プランニング ガイド
設置場所の予備調査書
設置場所の予備調査書
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

設置場所の予備調査書

設置場所の予備調査書

この付録では、詳細な設置場所の調査を計画する前に完了しておくべき、予備的な設置場所調査書の例を示します。この予備調査によって、詳細な設置場所の準備が完了する前に、基本的なシステム要件が満たされているか、または、まだ作業が進行中であるかを確認することができます。

表A-1 に、設置場所の予備調査書の例を示します。

 

表A-1 設置場所の予備調査書(例)

設置場所の予備調査書
発注情報

発注番号


 

出荷予定日


 

設置場所の準備完了日


 

設置した日付


 

設置場所の所在地

企業名


 

設置場所の住所



 

届け先の住所



 

建物またはコンピュータ ルームへのアクセス


 

特別な指示

稼働時間および日数

設置場所調査の連絡先
第 1 連絡先

氏名

役職

電話番号

携帯電話番号

ファックス番号

ポケットベル番号

E メール アドレス

第 2 連絡先

氏名

役職

電話番号

携帯電話番号

ファックス番号

ポケットベル番号

E メール アドレス

配送および設置に関する条件

設置先に装置の荷降ろしを行う設備があるか。

設置場所までの通路に障害物がないか。障害物がある場合は、設置場所に装置を搬入するための特別な配置にすることができるか。具体的に記入。

何階に設置するのか。

1 階ではない場合、貨物用エレベータを利用できるか。上階まで階段を利用して装置を運び込まなければならない場合は明記。

業務時間中であれば、配送された機材を受け取る担当者が現場に常駐しているかどうか。常駐していない場合、担当者の都合がつく時間を記入。

フロアへの設置

設置を予定しているラインカード シャーシの数収まるだけの床面積があるか。

シャーシを設置するエリアの略図を作成し、シャーシの位置を記入。






 

電源

シャーシ用の AC 電源があるか。パネルにシャーシ用の接続位置があるか。

装置用の Fuse Access Panel(FAP)があるか。FAP 上の各シャーシの接続位置を記入。

ルーティング システムを設置するまでに、FAP を取り付ける予定があるか。FAP の取り付けを予定している日付を記入。

FAP がシャーシと同じ室内にあるか。

各シャーシから 10 フィート以内に、PC およびテスト器具用の AC 電源コンセント(220 V または 110 V)があるか。

装置に適したアースがあるか。ない場合、アースが利用できるようになる時期を記入。アースの接続位置を記入。

装置の電源投入または電気系統の作業時に、制約事項があるか。ある場合は、具体的に記入。

電源または電源コードに関して、特別な条件があるか(ワイヤ ゲージが異なるなど)。ある場合は、具体的に記入。

空調

ルーティング システムに対応できる空調が設置先にあるか。ない場合は、冷却力不足を解消するため予定されている手段を記入。

設置場所で使用する空調を記入。




 

サポート対象のデータ インターフェイス

ルーティング システムを OC-3/STM-1 POS 回路に接続するか。ポート数を記入。

ルーティング システムを OC-48/STM-16 POS または DPT 回路に接続するか。ポート数を記入。

ルーティング システムを OC-192/STM-64 POS または RPR XFP 回路に接続するか。ポート数を記入。

ルーティング システムを OC-768/STM-256 POS 回路に接続するか。ポート数を記入。

ルーティング システムをギガビット イーサネット(GE)または 10 GE 回路に接続するか。ポート数を記入。

ケーブル プラント

すべてのデータ インターフェイス用にケーブルを配線してあるか。まだの場合は、未処理のケーブルと作業の完了予定日を記入。

ルーティング システムに接続するすべての光 ケーブルに対応するだけの接続位置がファイバ配電パネルにあるか。

ファイバ ジャンパは提供されるのか。設置に必要なファイバ ジャンパの長さを記入。

設置場所で使用するファイバ コネクタのタイプ

減衰が必要な場合、減衰器を用意するか。提供されない場合、減衰器の費用の請求先を記入。