Cisco CRS-1 キャリア ルーティング システム マルチシェルフ システム インターコネクション ケーブリング ガイド
マルチモジュールのケーブル接続プラン
マルチモジュールのケーブル接続プラン
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

マルチモジュールのケーブル接続プラン

2+1 マルチモジュール設置でのケーブル接続

制御ネットワークのケーブル接続

S2 ファブリック カードの配布

S2 ファブリック コネクタ

マルチモジュール構成でのシステム拡張

マルチモジュール ファブリック接続のルール

2+1 設置、8 プレーンでのマルチモジュール ファブリック ケーブル接続プラン

4+4 マルチモジュール設置でのケーブル接続

制御ネットワークのケーブル接続

S2 ファブリック カードの配布

S2 ファブリック コネクタ

4+4 設置、8 プレーンでのマルチモジュール ファブリック ケーブル接続プラン

LCC-0

LCC-1

LCC-2

LCC-3

マルチモジュールのケーブル接続プラン

この付録では、拡張 Cisco CRS-1 マルチシェルフの設置で使用する、マルチモジュールのケーブル接続プランについての情報を提供します。

2+1 マルチモジュールの設置 ― 将来の拡張に備えて Fabric Card Chassis(FCC; ファブリック カード シャーシ)システムに 24 S2 カードがフル搭載されている場合、2 台の Line Card Chassis(LCC; ラインカード)システムと 1 台の FCC システム

4+4 マルチモジュールの設置 ― LCC 4 台と FCC 4 台


) この付録で説明するケーブル接続計画は、あくまで推奨例です。実際のケーブル接続プランは違ったものになります。


2+1 マルチモジュール設置でのケーブル接続

ここでは、2+1 Cisco CRS-1 マルチシェルフ設置の際、各 LCC および FCC 間のファブリック プレーンを、マルチモジュール ケーブル接続方式で実際にケーブル接続する方法を説明します。

制御ネットワークのケーブル接続

1 台構成の FCC システムでの制御ネットワークのケーブル接続方法については、「1 台構成の FCC システムの接続」を参照してください。

S2 ファブリック カードの配布

2+1 の設置で FCC システムは 1 台のみのため、また、マルチモジュール設置は水平方向への拡張をサポートしているため、FCC は 24 の S2 ファブリック カードをフル搭載しています。

S2 ファブリック コネクタ

2+1 マルチモジュール設置の場合の SM0 ― LCC ラック 0 にあるプレーン 0 の A0、A1、および A2 コネクタは、F0-OIM11、F0-OIM10、および F0-OIM9 スロットにある 3 つの OIM カードの J0 コネクタにそれぞれ接続する必要があります。

SM0 のコネクタ ― ラック 1 にあるプレーン 0 の A0、A1、および A2 コネクタは、J1 コネクタの F0-OIM11、F0-OIM10、および F0-OIM9 にそれぞれ接続する必要があります。すべてのケーブル接続プランについては、 表A-1 を参照してください。

マルチモジュール構成でのシステム拡張

マルチモジュール構成を使用した Cisco CRS-1 マルチシェルフ システムは、既存の 1 台の FCC システムに LCC を追加して拡張できます。

たとえば、4 + 1(LCC 4 台と FCC 1 台)のマルチシェルフ設置では、追加された 2 台の LCC(ラック 2 および ラック 3)から来ているプレーン 0 は F0-OIM11、F0-OIM10、および F0-OIM9 スロットにある 3 つの OIM カードのJ2 および J3 コネクタにそれぞれ接続する必要があります。

マルチモジュール ファブリック接続のルール

次のルールと特性は、S2 OIM をマルチシェルフ システムに配置し、LCC の S13 カードに接続する場合の要件を定義します。

各プレーンは、3 つの S2 ファブリック カード セット(合計 24 の S2 ファブリック カード)によってサポートされています。

ファブリック ケーブルの LCC 側では、ケーブルが接続されているスロットによってプレーン番号が決まります。各ファブリック ケーブルの反対側は、同じプレーン番号が指定された 3 つの FCC S2 ファブリック カード セットに接続する必要があります。2+1 マルチシェルフ設置での全体的なファブリック ケーブル接続プランについては、表A-1 を参照してください。

2+1 設置で LCC のファブリック ケーブルを 3 つの FCC S2/OIM ファブリック カード セットに接続する場合、LCC ラック 0 ケーブルを、同一プレーンにある 3 つの OIM カードの J0 コネクタに接続する必要があります。LCC ラック 1 ケーブルを、同一プレーンにある 3 つの OIM カードの J1 コネクタに接続します。

2+1 設置、8 プレーンでのマルチモジュール ファブリック ケーブル接続プラン

表A-1 に、2+1 マルチシェルフ設置、8 プレーンでのマルチモジュール ファブリック ケーブル接続プランを示します。

 

表A-1 2+1 マルチシェルフ設置でのマルチモジュール ファブリック ケーブル接続プラン

プレーン
LCC ラックおよびスロット
アダプタ
FCC ラックおよびスロット
アダプタ

0

ラック 0、SM0

A0

F0、OIM 11

J0

A1

F0、OIM 10

J0

A2

F0、OIM 9

J0

ラック 1、SM0

A0

F0、OIM 11

J1

A1

F0、OIM 10

J1

A2

F0、OIM 9

J1

1

ラック 0、SM1

A0

F0、OIM 8

J0

A1

F0、OIM 7

J0

A2

F0、OIM 6

J0

ラック 1、SM1

A0

F0、OIM 8

J1

A1

F0、OIM 7

J1

A2

F0、OIM 6

J1

2

ラック 0、SM2

A0

F0、OIM 5

J0

A1

F0、OIM 4

J0

A2

F0、OIM 3

J0

ラック 1、SM2

A0

F0、OIM 5

J1

A1

F0、OIM 4

J1

A2

F0、OIM 3

J1

3

ラック 0、SM3

A0

F0、OIM 2

J0

A1

F0、OIM 1

J0

A2

F0、OIM 0

J0

ラック 1、SM3

A0

F0、OIM 2

J1

A1

F0、OIM 1

J1

A2

F0、OIM 0

J1

4

ラック 0、SM4

A0

F0、OIM 12

J0

A1

F0、OIM 13

J0

A2

F0、OIM 14

J0

ラック 1、SM4

A0

F0、OIM 12

J1

A1

F0、OIM 13

J1

A2

F0、OIM 14

J1

5

ラック 0、SM5

A0

F0、OIM 15

J0

A1

F0、OIM 16

J0

A2

F0、OIM 17

J0

ラック 1、SM5

A0

F0、OIM 15

J1

A1

F0、OIM 16

J1

A2

F0、OIM 17

J1

6

ラック 0、SM6

A0

F0、OIM 18

J0

A1

F0、OIM 19

J0

A2

F0、OIM 20

J0

ラック 1、SM6

A0

F0、OIM 18

J1

A1

F0、OIM 19

J1

A2

F0、OIM 20

J1

7

ラック 0、SM7

A0

F0、OIM 21

J0

A1

F0、OIM 22

J0

A2

F0、OIM 23

J0

ラック 1、SM7

A0

F0、OIM 21

J1

A1

F0、OIM 22

J1

A2

F0、OIM 23

J1

4+4 マルチモジュール設置でのケーブル接続

ここでは、4+4 Cisco CRS-1 マルチシェルフ設置の際、各 LCC および FCC 間のファブリック プレーンを、マルチモジュール ケーブル接続方式で実際にケーブル接続する方法を説明します。

制御ネットワークのケーブル接続

4 台構成の FCC システムでの制御ネットワークのケーブル接続方法については、「4 台構成の FCC システムの接続」を参照してください。

S2 ファブリック カードの配布

4+4 マルチモジュール ファブリック ケーブル接続トポロジでは、各 FCC システムに 6 つの S2 ファブリック カードがあるため、4 台の FCC システムに合計 24 の S2 ファブリック カードが配布されます。

各 FCC システムに、6 つの S2 ファブリック カードをシャーシの上半分と下半分に分散し、次の SC のように異なる電力ゾーンに搭載する必要があります。

3 つの S2 ファブリック カードをスロット SM0、SM1、および SM2 に

3 つの S2 ファブリック カードをスロット SM12、SM13、および SM14 に

たとえば、S2 ファブリック カードを 表A-2 のように分散します。


) プレーンは設定済みであり、FCC ラック 0 にプレーン 0 およびプレーン 1 を搭載する必要はありません。これはあくまでも例です。


 

表A-2 FCC S2 ファブリック カードの配布

FCC
プレーン
インスタンス
スロット

ラック 0

0

0

0

1

1

2

2

1

0

12

1

13

2

14

ラック 1

2

0

0

1

1

2

2

3

0

12

1

13

2

14

ラック 2

4

0

0

1

1

2

2

5

0

12

1

13

2

14

ラック 3

6

0

0

1

1

2

2

7

0

12

1

13

2

14

S2 ファブリック コネクタ

4+4 設置の場合の SM0 ― LCC ラック 0 にあるプレーン 0 の A0、A1、および A2 コネクタは、F0-OIM0、F0-OIM1、および F0-OIM2 スロットにある 3 つの OIM カードの J0 コネクタにそれぞれ接続する必要があります。

SM0 のコネクタ ― ラック 1 にあるプレーン 0 の A0、A1、および A2 コネクタは、J1 コネクタの F0-OIM0、F0-OIM1、および F0-OIM2 にそれぞれ接続する必要があります。

SM0 のコネクタ ― ラック 2 にあるプレーン 0 の A0、A1、および A2 コネクタは、J2 コネクタの F0-OIM0、F0-OIM1、および F0-OIM2 にそれぞれ接続する必要があります。

SM0 のコネクタ ― ラック 3 にあるプレーン 0 の A0、A1、および A2 コネクタは、J3 コネクタの F0-OIM0、F0-OIM1、および F0-OIM2 にそれぞれ接続する必要があります。

4+4 設置、8 プレーンでのマルチモジュール ファブリック ケーブル接続プラン

以降の表に、4+4 マルチシェルフ設置でのマルチモジュール ファブリック ケーブル接続プランを示します。

LCC-0

 

表A-3 4+4 マルチシェルフ設置でのマルチモジュール ファブリック ケーブル接続プラン: LCC-0

プレーン
LCC ラックおよびスロット
アダプタ
FCC ラックおよびスロット
アダプタ

0

ラック 0、SM0

A0

F0、OIM 0

J0

A1

F0、OIM 1

J0

A2

F0、OIM 2

J0

1

ラック 0、SM1

A0

F0、OIM 12

J0

A1

F0、OIM 13

J0

A2

F0、OIM 14

J0

2

ラック 0、SM2

A0

F1、OIM 0

J0

A1

F1、OIM 1

J0

A2

F1、OIM 2

J0

3

ラック 0、SM3

A0

F1、OIM 12

J0

A1

F1、OIM 13

J0

A2

F1、OIM 14

J0

4

ラック 0、SM4

A0

F2、OIM 0

J0

A1

F2、OIM 1

J0

A2

F2、OIM 2

J0

5

ラック 0、SM5

A0

F2、OIM 12

J0

A1

F2、OIM 13

J0

A2

F2、OIM 14

J0

6

ラック 0、SM6

A0

F3、OIM 0

J0

A1

F3、OIM 1

J0

A2

F3、OIM 2

J0

7

ラック 0、SM7

A0

F3、OIM 12

J0

A1

F3、OIM 13

J0

A2

F3、OIM 14

J0

LCC-1

 

表A-4 4+4 マルチシェルフ設置でのマルチモジュール ファブリック ケーブル接続プラン: LCC-1

プレーン
LCC ラックおよびスロット
アダプタ
FCC ラックおよびスロット
アダプタ

0

ラック 1、SM0

A0

F0、OIM 0

J1

A1

F0、OIM 1

J1

A2

F0、OIM 2

J1

1

ラック 1、SM1

A0

F0、OIM 12

J1

A1

F0、OIM 13

J1

A2

F0、OIM 14

J1

2

ラック 1、SM2

A0

F1、OIM 0

J1

A1

F1、OIM 1

J1

A2

F1、OIM 2

J1

3

ラック 1、SM3

A0

F1、OIM 12

J1

A1

F1、OIM 13

J1

A2

F1、OIM 14

J1

4

ラック 1、SM4

A0

F2、OIM 0

J1

A1

F2、OIM 1

J1

A2

F2、OIM 2

J1

5

ラック 1、SM5

A0

F2、OIM 12

J1

A1

F2、OIM 13

J1

A2

F2、OIM 14

J1

6

ラック 1、SM6

A0

F3、OIM 0

J1

A1

F3、OIM 1

J1

A2

F3、OIM 2

J1

7

ラック 1、SM7

A0

F3、OIM 12

J1

A1

F3、OIM 13

J1

A2

F3、OIM 14

J1

LCC-2

 

表A-5 4+4 マルチシェルフ設置でのマルチモジュール ファブリック ケーブル接続プラン: LCC-2

プレーン
LCC ラックおよびスロット
アダプタ
FCC ラックおよびスロット
アダプタ

0

ラック 2、SM0

A0

F0、OIM 0

J2

A1

F0、OIM 1

J2

A2

F0、OIM 2

J2

1

ラック 2、SM1

A0

F0、OIM 12

J2

A1

F0、OIM 13

J2

A2

F0、OIM 14

J2

2

ラック 2、SM2

A0

F1、OIM 0

J2

A1

F1、OIM 1

J2

A2

F1、OIM 2

J2

3

ラック 2、SM3

A0

F1、OIM 12

J2

A1

F1、OIM 13

J2

A2

F1、OIM 14

J2

4

ラック 2、SM4

A0

F2、OIM 0

J2

A1

F2、OIM 1

J2

A2

F2、OIM 2

J2

5

ラック 2、SM5

A0

F2、OIM 12

J2

A1

F2、OIM 13

J2

A2

F2、OIM 14

J2

6

ラック 2、SM6

A0

F3、OIM 0

J2

A1

F3、OIM 1

J2

A2

F3、OIM 2

J2

7

ラック 2、SM7

A0

F3、OIM 12

J2

A1

F3、OIM 13

J2

A2

F3、OIM 14

J2

LCC-3

 

表A-6 4+4 マルチシェルフ設置でのマルチモジュール ファブリック ケーブル接続プラン: LCC-3

プレーン
LCC ラックおよびスロット
アダプタ
FCC ラックおよびスロット
アダプタ

0

ラック 3、SM0

A0

F0、OIM 0

J3

A1

F0、OIM 1

J3

A2

F0、OIM 2

J3

1

ラック 3、SM1

A0

F0、OIM 12

J3

A1

F0、OIM 13

J3

A2

F0、OIM 14

J3

2

ラック 3、SM2

A0

F1、OIM 0

J3

A1

F1、OIM 1

J3

A2

F1、OIM 2

J3

3

ラック 3、SM3

A0

F1、OIM 12

J3

A1

F1、OIM 13

J3

A2

F1、OIM 14

J3

4

ラック 3、SM4

A0

F2、OIM 0

J3

A1

F2、OIM 1

J3

A2

F2、OIM 2

J3

5

ラック 3、SM5

A0

F2、OIM 12

J3

A1

F2、OIM 13

J3

A2

F2、OIM 14

J3

6

ラック 3、SM6

A0

F3、OIM 0

J3

A1

F3、OIM 1

J3

A2

F3、OIM 2

J3

7

ラック 3、SM7

A0

F3、OIM 12

J3

A1

F3、OIM 13

J3

A2

F3、OIM 14

J3