Cisco CRS-1 キャリア ルーティング システム 16 スロット ファブリック カード シャーシ インストレーション ガイド
空気循環コンポーネントの取り付けと 取り外し
空気循環コンポーネントの取り付けと取り外し
発行日;2012/01/11 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 10MB) | フィードバック

目次

空気循環コンポーネントの取り付けと取り外し

空気循環コンポーネントについて

ファン トレイについて

エアー フィルタについて

空気循環コンポーネントの取り付けと取り外し方法

ファン トレイの取り付け

前提条件

必要な工具と機器

ステップ

次の作業

ファン トレイの取り外し

前提条件

必要な工具と機器

ステップ

次の作業

エアー フィルタの取り付け

前提条件

必要な工具と機器

ステップ

次の作業

エアー フィルタの取り外し

前提条件

必要な工具と機器

ステップ

次の作業

空気循環コンポーネントの取り付けと取り外し

この章では、Cisco CRS-1 16 スロット Fabric Card Chassis(FCC; ファブリック カード シャーシ)の空気循環コンポーネントの取り付けと取り外しを行う方法について説明します。

この章では、次の内容について説明します。

空気循環コンポーネントについて

空気循環コンポーネントの取り付けと取り外し方法

空気循環コンポーネントについて

ここでは、空気循環コンポーネントの概要を次の各項で説明します。

ファン トレイについて

エアー フィルタについて

ファン トレイについて

Cisco CRS-1 16 スロット FCC には 2 つのファン トレイ(図3-1 参照)があり、1 つは下部カード ケージの下に、もう 1 つは上部カード ケージの上にあります。シャーシは、1 つのファン トレイを動作させるだけで稼働できます。1 つのファン トレイが故障した場合、もう 1 つのファン トレイが冗長ファン トレイとして稼働するため、耐障害性のシステム性能が保証されます。したがって、故障したファン トレイの交換中もシャーシは稼働し続けます。

図3-1 シャーシの空気循環、側面図

 

 

1

シャーシの前面

7

排気

2

外気

8

上部カード ケージ

3

下部ファン トレイ

9

シャーシの OIM 側

4

シャーシの SFC 側

10

下部カード ケージ

5

上部ファン トレイ

11

エアー フィルタ

6

電源シェルフ

12

シャーシの背面

Cisco CRS-1 16 スロット FCC ファン トレイは、上部または下部のいずれかのファン トレイ スロットで動作します。各ファン トレイは、シャーシの前面(Switch Fabric Card[SFC; スィッチ ファブリック カード])側に取り付けられ、次のコンポーネントで構成されます。

ファン×9

ファン トレイ ボード

前面パネルのステータス LED


) 上部および下部のファン トレイは交換可能で、取り付け方法も同じです。


エアー フィルタについて

シャーシには交換可能なエアー フィルタが取り付けられています。このフィルタはシャーシ前面の下部カード ケージのすぐ下にある引き出し式トレイに取り付けられています(図3-1 を参照)。エアー フィルタは、2 つのファン トレイにより、ルータ内に流入する空気から埃を取り除きます。1 カ月に一度(または埃っぽい環境の場合はより頻繁に)、エアー フィルタを調べて、損傷しているか汚れすぎている場合は交換します。


) フィルタ本体の両側に、空気流の方向を示す矢印が付いている格子網があります。フィルタの下流側には一対のシートメタル ストラップがあります。


空気循環コンポーネントの取り付けと取り外し方法

ここでは、次の手順について説明します。

「ファン トレイの取り付け」

「ファン トレイの取り外し」

「エアー フィルタの取り付け」

「エアー フィルタの取り外し」

ファン トレイの取り付け

ここでは、Cisco CRS-1 16 スロット FCC にファン トレイ(図3-2 を参照)を取り付ける方法について説明します。ファン トレイについては、「空気循環コンポーネントについて」を参照してください。準拠規格および安全性の詳細については、『 Regulatory Compliance and Safety Information for the Cisco CRS-1 Carrier Routing System 』を参照してください。

図3-2 ファン トレイ

 

前提条件

この作業を行う前に、前面カバー プレートをすべて取り外してください。

必要な工具と機器

この作業には次の工具と部品が必要です。

静電気防止用リスト ストラップ

プラス ドライバ(大)

ファン トレイ(シスコ製品番号 CRS-FCC-FAN-TR=)

ステップ

ファン トレイを取り付けるには、次の手順に従います。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを手首に着用し、他端をシャーシ前面の ESD 接続ソケットまたはシャーシの塗装されていない金属面に接続します。

ステップ 2 ファン トレイを両手で持って、ファン トレイ ベイの正面に置き、ファン トレイの背面から出ているファン トレイ コネクタと、ファン トレイ ベイの背面隅にあるコネクタの位置合せをします。


注意 ファン トレイの重量は約 44 ポンド(20 kg)です。ファン トレイは両手で持ってください。

ステップ 3 ファン トレイをファン トレイ ベイにスライドさせます。ファン トレイがファン トレイ ベイの後ろにあるシャーシ コネクタと接触したら差し込むのを止めます。


注意 シャーシ コネクタの損傷を防ぐため、ファン トレイをファン トレイ ベイに挿入するときに力を入れすぎないようにしてください。

ステップ 4 ファン トレイ ハンドルを強く押してファン トレイ コネクタをシャーシ コネクタに装着します(完全に装着されると、ファントレイの前面プレートのフランジがシャーシの前面と接触します)。


) コネクタが接続されると、すべての電気系統と制御系統の接続が自動的に行われます。


ステップ 5 ファン トレイの前面プレートにある 2 本の非脱落型ネジを締めます。


 

次の作業

この作業のあと、前面カバー プレートを元に戻してください。

ファン トレイについては、「ファン トレイについて」を参照してください。準拠規格および安全性の詳細については、『 Regulatory Compliance and Safety Information for the Cisco CRS-1 Carrier Routing System 』を参照してください。

ファン トレイの取り外し

ここでは、Cisco CRS-1 16 スロット FCC からファン トレイ(図3-3 を参照)を取り外す方法について説明します。ファン トレイについては、「空気循環コンポーネントについて」を参照してください。準拠規格および安全性の詳細については、『 Regulatory Compliance and Safety Information for the Cisco CRS-1 Carrier Routing System 』を参照してください。

図3-3 ファン トレイ

 

前提条件

この作業を行う前に、前面カバー プレートをすべて取り外してください。

必要な工具と機器

この作業には次の工具が必要です。

静電気防止用リスト ストラップ

プラス ドライバ(大)

ステップ

ファン トレイを取り外すには、次の手順に従います。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを手首に着用し、他端をシャーシ前面の ESD 接続ソケットまたはシャーシの塗装されていない金属面に接続します。

ステップ 2 ファン トレイ カバーの前面プレートにある非脱落型ネジ 2 本をドライバでゆるめます。


注意 ファン トレイの重量は約 44 ポンド(20 kg)です。ファン トレイは両手で持ってください。

ステップ 3 ファン トレイの取っ手を握って外側へまっすぐ引き、ファン トレイ ベイの後ろにあるシャーシのバックプレーン コネクタからファン トレイを外します。ファン トレイをファン トレイ ベイの途中まで引き出します。

ステップ 4 片方の手でファン トレイの底を支え、ファン トレイ ベイからファン トレイを完全に引き出します。

ステップ 5 ファントレイをゆっくりと脇に置きます。


 

次の作業

この作業のあと、必要に応じて交換用ファン トレイを取り付け、前面カバー プレートを元に戻します。

ファン トレイについては、「ファン トレイについて」を参照してください。ファン トレイの取り付けについては、「ファン トレイの取り付け」を参照してください。準拠規格および安全性の詳細については、『 Regulatory Compliance and Safety Information for the Cisco CRS-1 Carrier Routing System 』を参照してください。

エアー フィルタの取り付け

ここでは、Cisco CRS-1 16 スロット FCC にエアー フィルタ(図3-4)を取り付ける方法について説明します。詳細については、「空気循環コンポーネントについて」を参照してください。準拠規格および安全性の詳細については、『 Regulatory Compliance and Safety Information for the Cisco CRS-1 Carrier Routing System 』を参照してください。

図3-4 エアー フィルタ

 

前提条件

この作業を行う前に、前面カバー プレートをすべて取り外してください。

必要な工具と機器

この作業には次の工具と部品が必要です。

静電気防止用リスト ストラップ

プラス ドライバ(大)

エアー フィルタ(シスコ製品番号 CRS-FCC-FILTER=)

ステップ

エアー フィルタを取り付けるには、次の手順に従います。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを手首に着用し、他端をシャーシ前面の ESD 接続ソケットまたはシャーシの塗装されていない金属面に接続します。

ステップ 2 エアー フィルタを両手で持ち、エアー フィルタの前面にある引き込み式のプラスチック ハンドルが、シャーシの前面から外を向くようにします。

ステップ 3 エアー フィルタとエアー フィルタ スロットを合わせます。

ステップ 4 エアー フィルタをエアー フィルタ ベイに差し込み、ベイに完全に固定されるまで奥に入れます。

ステップ 5 エアー フィルタ ベイにエアー フィルタ ドアをかぶせます。2 本の非脱落型ネジをドライバで締めてドアをシャーシに固定します。


注意 エアー フィルタ ドア の四隅には、突起状の導電性接点が多数付いた EMI 防止用ガスケットが取り付けられています。EMI 防止用ガスケットが損傷しないよう、ドアは注意して位置合せをしてから取り付けてください。ガスケットが損傷すると EMI 防止性能が低下します。


 

次の作業

この作業のあと、前面カバー プレートを元に戻してください。

詳細については、「エアー フィルタについて」を参照してください。準拠規格および安全性の詳細については、『 Regulatory Compliance and Safety Information for the Cisco CRS-1 Carrier Routing System 』を参照してください。

エアー フィルタの取り外し

ここでは、Cisco CRS-1 16 スロット FCC からエアー フィルタ(図3-5 を参照)を取り外す方法について説明します。詳細については、「空気循環コンポーネントについて」を参照してください。準拠規格および安全性の詳細については、『 Regulatory Compliance and Safety Information for the Cisco CRS-1 Carrier Routing System 』を参照してください。

図3-5 エアー フィルタ

 

前提条件

この作業を行う前に、前面カバー プレートをすべて取り外してください。

必要な工具と機器

この作業には次の工具が必要です。

静電気防止用リスト ストラップ

プラス ドライバ(大)

ステップ

シャーシ カバーを取り外すには、次の手順に従います。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを手首に着用し、他端をシャーシ前面の ESD 接続ソケットまたはシャーシの塗装されていない金属面に接続します。

ステップ 2 ドライバを使用して、シャーシにエアー フィルタ ドアを固定している非脱落型ネジ(エアー フィルタ ドアの両側に 1 本ずつあります)をゆるめます。

ステップ 3 エアー フィルタ ドアを取り外して、ゆっくりと脇に置きます。

ステップ 4 エアー フィルタの前面にある引き込み式のプラスチック ハンドルを握り、エアー フィルタをゆっくりと引き出します。

ステップ 5 エアー フィルタを安全な場所に置いてください。


 

次の作業

この作業のあと、必要に応じて交換用エアー フィルタを取り付け、フロント カバー プレートを元に戻します。

詳細については、「エアー フィルタについて」を参照してください。エアー フィルタの取り付けについては、「エアー フィルタの取り付け」を参照してください。準拠規格および安全性の詳細については、『 Regulatory Compliance and Safety Information for the Cisco CRS-1 Carrier Routing System 』を参照してください。