Cisco CRS-1 シリーズ キャリア ルーティング システム 16 スロット ラインカード シャーシ インストレーション ガイド
MSC、PLIM、および関連コンポーネント の取り付けと取り外し
MSC、PLIM、および関連コンポーネントの取り付けと取り外し
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 11MB) | フィードバック

目次

MSC、PLIM、および関連コンポーネントの取り付けと取り外し

カードと関連コンポーネントの取り付けと取り外しについて

カードの取り付けおよび取り外しに関する注意事項

インピーダンス キャリアとスロット カバーについて

ハード ドライブと PCMCIA カードについて

ケーブル管理ブラケットについて

スロット カバーの取り付けおよび取り外し方法

スロット カバーの取り付け

前提条件

必要な工具と機器

手順

次の作業

スロット カバーの取り外し

前提条件

必要な工具と機器

手順

次の作業

インピーダンス キャリアの取り付けおよび取り外し方法

インピーダンス キャリアの取り付け

前提条件

必要な工具と機器

手順

次の作業

インピーダンス キャリアの取り外し

前提条件

必要な工具と機器

手順

次の作業

ピロー ブロックの取り付けと取り外し

ピロー ブロックの取り付け

前提条件

必要な工具と機器

手順

次の作業

ピロー ブロックの取り外し

前提条件

必要な工具と機器

手順

次の作業

SFC の取り付けおよび取り外し方法

SFC の取り付け

前提条件

必要な工具と機器

手順

次の作業

SFC の取り外し

前提条件

必要な工具と機器

手順

次の作業

SFC の取り付けの確認

英数字 LED の概要

スイッチ ファブリック カードのトラブルシューティング

MSC の取り付けおよび取り外し方法

MSC の取り付け

前提条件

必要な工具と機器

手順

次の作業

MSC の取り外し

前提条件

必要な工具と機器

手順

次の作業

MSC の取り付けの確認

英数字 LED の概要

モジュラ サービス カードのトラブルシューティング

LCFC カードの取り付けおよび取り外し方法

LCFC カードの取り付け

前提条件

必要な工具と機器

手順

次の作業

LCFC カードの取り外し

前提条件

必要な工具と機器

手順

次の作業

LCFC カードの取り付けの確認

英数字 LED の概要

LCFC カードのトラブルシューティング

RP カードまたは DRP PLIM の取り付けおよび取り外し方法

DRP と DRP PLIM について

RP カードまたは DRP カードの取り付け

前提条件

必要な工具と機器

手順

次の作業

RP カードまたは DRP カードの取り外し

前提条件

必要な工具と機器

手順

次の作業

RP カードまたは DRP カードの取り付けの確認

英数字 LED の概要

RP カードまたはDRP カードのトラブルシューティング

PLIM の取り付けおよび取り外し方法

PLIM の取り付け

前提条件

必要な工具と機器

手順

次の作業

PLIM の取り外し

前提条件

必要な工具と機器

手順

次の作業

PLIM 取り付けの確認

PLIM のトラブルシューティング

カードベースのハード ドライブの取り付けおよび取り外し方法

ハード ドライブの取り付け

前提条件

必要な工具と機器

手順

次の作業

ハード ドライブの取り外し

前提条件

必要な工具と機器

手順

次の作業

PCMCIA カードの取り付けおよび取り外し方法

PCMCIA カードの取り付け

前提条件

必要な工具と機器

手順

次の作業

RP PCMCIA カードの取り外し

前提条件

必要な工具と機器

手順

次の作業

SFP モジュールの取り付けと取り外し方法

ベール クラスプ SFP モジュールの取り付け

前提条件

必要な工具と機器

手順

次の作業

ベール クラスプ SFP モジュールの取り外し

前提条件

必要な工具と機器

手順

次の作業

ケーブル管理ブラケットの取り付けおよび取り外し方法

ケーブル管理ブラケットの取り付け

前提条件

必要な工具と機器

手順

次の作業

ケーブル管理ブラケットの取り外し

前提条件

必要な工具と機器

手順

次の作業

MSC、PLIM、および関連コンポーネントの取り付けと取り外し

この章では Cisco CRS-1 キャリア ルーティング システム 16 スロット ラインカード シャーシ(LCC)カード、Physical Layer Interface Module(PLIM; 物理レイヤ インターフェイス モジュール)、およびその関連コンポーネントの取り付けと取り外し方法について説明します。

この章では、次の内容について説明します。

「カードと関連コンポーネントの取り付けと取り外しについて」

「スロット カバーの取り付けおよび取り外し方法」

「インピーダンス キャリアの取り付けおよび取り外し方法」

「ピロー ブロックの取り付けと取り外し」

「SFC の取り付けおよび取り外し方法」

「MSC の取り付けおよび取り外し方法」

「LCFC カードの取り付けおよび取り外し方法」

「RP カードまたは DRP PLIM の取り付けおよび取り外し方法」

「PLIM の取り付けおよび取り外し方法」

「カードベースのハード ドライブの取り付けおよび取り外し方法」

「PCMCIA カードの取り付けおよび取り外し方法」

「SFP モジュールの取り付けと取り外し方法」

「ケーブル管理ブラケットの取り付けおよび取り外し方法」

カードと関連コンポーネントの取り付けと取り外しについて

ここではカード、PLIM、およびその関連コンポーネントの取り付けと取り外しに関する一般的な情報について説明します。

「カードの取り付けおよび取り外しに関する注意事項」

「インピーダンス キャリアとスロット カバーについて」

「ハード ドライブと PCMCIA カードについて」

「ケーブル管理ブラケットについて」

カードの取り付けおよび取り外しに関する注意事項

カードの取り付けおよび取り外しに関する注意事項には次のものがあります。

Online Insertion and Removal(OIR; ホットスワップ)をサポートしているので、ルータが作動中でもカードの取り付けや取り外しが可能です。OIR によって、ネットワーク上のユーザはシームレスに作業を行い、すべてのルーティング情報を維持しながら確実にセッションを保持できます。ソフトウェアへの通知や電源のリセットは必要ありません。カードを取り外す前に Cisco IOS XR の shutdown コマンドを使用することもできます。


) OIR では、Switch Fabric Card(SFC; スイッチ ファブリック カード)を交換する前にそのスロットの電源が切断されます。残りすべてのスロットへの電源はオンのままです。


Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシ内の他のカードや PLIM はイジェクト レバーと非脱落型ネジでシャーシに取り付けられています。ミッドプレーン コネクタからカードや PLIM を取り外すには、2 つのイジェクト レバーを使用します。イジェクト レバーと非脱落型ネジの正確な位置はカードによってわずかに異なりますが、おおよその位置は同じで、カードの前面プレートの上下の端にあります。図4-1 にイジェクト レバーと非脱落型ネジの位置を示します(Modular Service Card[MSC; モジュラ サービス カード]側)。

図4-1 イジェクト レバーと非脱落型ネジ

 

 

1

非脱落型ネジ

2

イジェクト レバー

図4-2 に、イジェクト レバーの操作方法を示します。必ず両方のレバーを同時に操作してください。

図4-2 イジェクト レバーの操作

 


注意 カードを取り外すときは常にイジェクト レバーを使用し、コネクタ ピンがルータで定められている順番に従ってミッドプレーンから外れるようにします。

カードは、シャーシを最初に取り付ける段階で、決められた順序で取り付けることを推奨します。

カードは常に空スロットを端から順に埋めていくように取り付けます。シャーシのすべてのスロットは、出荷時に、インピーダンス キャリアが挿入されているか、またはスロット カバーで覆われています。これにより、シャーシの強度が保たれ、輸送時にシャーシが損傷しないようになっています。「インピーダンス キャリアとスロット カバーについて」を参照してください。

Route Processor(RP; ルート プロセッサ)カードを最初に取り付けます。左側のカードを右側のものより先に取り付けます。両方の RP カードを完全に取り付けてからネジを締めます。

同様の方法で Line Card Chassis Fan Controller(LCFC; ラインカード シャーシ ファン コントローラ)カードを取り付けます。

同様の方法で SFC を 1 つのシェルフごとに取り付けます。

MSC または PLIM の場合は、インピーダンス キャリアを 1 つ外してから、ファンクショナル ボードを取り付けてネジを締めます。この作業を繰り返してすべての MSC と PLIM を取り付けます。

スロット番号については、「シャーシのスロット番号」を参照してください。


注意 正しい手順に従わない場合、ルータがハードウェア障害を示すことがあります。カードの取り外しおよび取り付けは、一度につき 1 カードにしてください。他のカードを取り外したり取り付けたりする前に、ルータが前のタスクを完了できるよう最低 15 秒の間隔を空けてください。

インピーダンス キャリアとスロット カバーについて

シャーシのすべてのスロットは、出荷時に、インピーダンス キャリアが挿入されているか、またはスロット カバーで覆われています。これにより、シャーシの強度が保たれ、輸送時にシャーシが損傷しないようになっています。シャーシの 4 種類のスロットの大きさに応じて、4 種類のインピーダンス キャリアとスロット カバーがあります(図4-3図4-4図4-5、および図4-6 参照)。

図4-3 RP のスロット カバー

 

図4-4 スイッチ ファブリックのスロット カバー

 

図4-5 PLIM スロットのインピーダンス キャリア

 

図4-6 MSC スロットのインピーダンス キャリア

 

スロット カバーとインピーダンス キャリアの取り付けと取り外しに関する詳細は、「スロット カバーの取り付け」「スロット カバーの取り外し」「インピーダンス キャリアの取り付け」、および「インピーダンス キャリアの取り外し」を参照してください。

ハード ドライブと PCMCIA カードについて

RP カードと DRP カードのどちらも、オプションのハード ドライブと PCMCIA カードの追加や交換が可能です。

ハード ドライブは、RP、DRP、または MSC からのコア ダンプなどのデバッグ情報の収集に使用される IDE ハード ドライブです。IDE ハード ドライブは通常電源が切られており、データの保存が必要になった場合にだけ電源が入ります。このドライブは Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシの機能に不可欠ではないため、取り付けなくてもかまいません。


) コア ダンプは、Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシのシステム ソフトウェアを介さないと検出できません。


RP または DRP のハード ドライブは、ホットプラグ可能な PC 基板であり、コネクタ インターフェイス付きのスレッドマウント型のドライブで、RP カードに確実に装着できます。通常、このドライブを取り外して交換する必要はありません。

RP および DRP カードには 2 つの PCMCIA フラッシュ スロットがあり、それぞれ最大 1 GB のフラッシュ ストレージが使用できます。PCMCIA フラッシュ サブシステムの 1 つは外部からアクセス可能で、着脱可能です。また、PCMCIA フラッシュ カードを接続してイメージや設定情報を転送できます。もう 1 つのサブシステムは RP または DRP に固定されていて着脱可能ではなく、設定やイメージの固定記憶装置として使用されます。

ケーブル管理ブラケットについて

シャーシには、ケーブル管理システムが付属しています。このシステムは、さまざまなカードに接続するインターフェイス ケーブルを整理し、邪魔になったり過度に折り曲げられることがないようにします。


注意 インターフェイス ケーブルは、極端に折り曲げると損傷する恐れがあります。

Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシは、中央シャーシと上部シャーシ用の水平ケーブル管理ブラケットが前面(PLIM 側)に取り付けられた状態で出荷されます。また、このシャーシでは、オプションでシャーシ背面(MSC 側)用の上部シャーシ水平ケーブル管理ブラケットを利用できます。

図4-7 に、中央シャーシ ケーブル管理ブラケットを示します。

図4-7 中央シャーシ ケーブル管理ブラケット(シャーシ前面[PLIM 側]のみ)

 

スロット カバーの取り付けおよび取り外し方法

ここでは次の手順について説明します。

「スロット カバーの取り付け」

「スロット カバーの取り外し」

スロット カバーの取り付け

ここでは Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシにスロット カバーを取り付ける方法について説明します。シャーシは、SFC カードおよび RP カードのスロット上にスロット カバーが付いた状態で出荷されます。シャーシ内に空のスロットがある場合は、スロット カバーを取り付けてください。いずれのスロット カバーも取り付け方法は同じです。参考のため、図4-8 に RP スロット カバーを示します。スロット カバーの詳細については、「インピーダンス キャリアとスロット カバーについて」を参照してください。

図4-8 RP のスロット カバー

 

前提条件

この作業を行う前に、外装ドアを開き(取り付けられている場合)、カバーを取り付けようとしているスロットが空であることを確認します。「RP カードまたは DRP カードの取り外し」および「SFC の取り外し」を参照してください。

必要な工具と機器

この作業には次の工具と部品が必要です。

静電気防止用リスト ストラップ

プラス ドライバ(大)

スロット カバー

手順

スロット カバーを取り付けるには、次の手順に従います。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを手首に着け、他端をシャーシ前面(PLIM 側)の ESD 接続ソケットまたはシャーシの塗装されていない金属面に接続します。

ステップ 2 ハンドルを使用して、スロット上の所定の位置にスロット カバーを合わせます。

ステップ 3 スロット カバーの前面パネルにある 4 本の非脱落型ネジを手またはドライバで軽く締めて、設置するスロットとネジがかみ合っていることを確認します。

ステップ 4 ドライバで非脱落型ネジを完全に締め、スロット カバーをしっかり固定します。


 

次の作業

この作業が終わったら、前面(PLIM 側)の外装カバーを取り付けます。

スロット カバーの取り外し

ここでは Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシからスロット カバーを取り外す方法について説明します。シャーシは、SFC および RP カード スロット上にスロット カバーが付いた状態で出荷されます。いずれのスロット カバーも取り外し方法は同じです。参考のため、図4-9 に RP のスロット カバーを示します。スロット カバーの詳細については、「インピーダンス キャリアとスロット カバーについて」を参照してください。

図4-9 RP のスロット カバー

 

前提条件

この作業を行う前に、前面(PLIM 側)の外装ドアを開けます(取り付けられている場合)。

必要な工具と機器

この作業には次の工具が必要です。

静電気防止用リスト ストラップ

プラス ドライバ(大)

手順

スロット カバーを取り外すには、次の手順に従います。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを手首に着け、他端をシャーシ前面(PLIM 側)の ESD 接続ソケットまたはシャーシの塗装されていない金属面に接続します。

ステップ 2 片手でスロット カバーを持ちます。

ステップ 3 ドライバで、スロット カバーをシャーシに固定している非脱落型ネジをゆるめます。

ステップ 4 スロット カバーのハンドルを持ち、取り外してから慎重に脇に置きます。


 

次の作業

この作業を実行したら、スロット カバーは後で使用するために保管しておきます。ここで空のスロットにカードを取り付けることもできます。詳細は、「SFC の取り付け」および「RP カードまたは DRP カードの取り付け」を参照してください。

インピーダンス キャリアの取り付けおよび取り外し方法

ここでは次の手順について説明します。

「インピーダンス キャリアの取り付け」

「インピーダンス キャリアの取り外し」

インピーダンス キャリアの取り付け

ここでは Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシにインピーダンス キャリアを取り付ける方法について説明します。シャーシは、MSC および PLIM スロットにインピーダンス キャリアが取り付けられた状態で出荷されます。いずれのインピーダンス キャリアも取り付け方法は同じです。参考のため、図4-10 に MSC のインピーダンス キャリアを示します。インピーダンス キャリアの詳細については、「インピーダンス キャリアとスロット カバーについて」を参照してください。

図4-10 MSC スロットのインピーダンス キャリア

 

前提条件

この作業を行う前に、外装ドアを開き(取り付けられている場合)、インピーダンス キャリアを取り付けようとしているスロットが空であることを確認します。インピーダンス キャリアを取り付けようとしているスロットに応じて、「インピーダンス キャリアとスロット カバーについて」「MSC の取り外し」「PLIM の取り外し」のいずれかを参照してください。

必要な工具と機器

この作業には次の工具と部品が必要です。

静電気防止用リスト ストラップ

プラス ドライバ(大)

インピーダンス キャリア(MSC のインピーダンス キャリア:シスコ製品番号 CRS-MSC-IMPEDANCE= または、PLIM のインピーダンス キャリア:シスコ製品番号 CRS-INT-IMPEDANCE=)

手順

インピーダンス キャリアを取り付けるには、次の手順に従います。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを手首に着け、他端をシャーシ前面(PLIM 側)の ESD 接続ソケットまたはシャーシの塗装されていない金属面に接続します。

ステップ 2 両手でインピーダンス キャリアを挿入します。一方の手で前面プレートを持ち、もう一方の手でインピーダンス キャリアの底面を支えて、スロットへ近づけます。

ステップ 3 インピーダンス キャリアを、非脱落型ネジのプレートがシャーシと同一平面になるまでシャーシに入れます。

ステップ 4 インピーダンス キャリアの前面パネルにある 2 本の非脱落型ネジがかみ合っていることを確かめて、手またはドライバで軽く締めます。

ステップ 5 ドライバで非脱落型ネジを完全に締め、インピーダンス キャリアをスロットにしっかり固定します。


 

次の作業

この作業の終了後、外装カバーを元どおりに取り付けます。

インピーダンス キャリアの取り外し

ここでは Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシからインピーダンス キャリアを取り外す方法について説明します。いずれのインピーダンス キャリアも取り外し方法は同じです。参考のため、図4-11 に MSC のインピーダンス キャリアを示します。インピーダンス キャリアの詳細については、「インピーダンス キャリアとスロット カバーについて」を参照してください。

図4-11 MSC スロットのインピーダンス キャリア

 

前提条件

この作業を行う前に、外装ドアを開けます(取り付けられている場合)。

必要な工具と機器

この作業には次の工具が必要です。

静電気防止用リスト ストラップ

プラス ドライバ(大)

手順

インピーダンス キャリアを取り外すには、次の手順に従います。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを手首に着け、他端をシャーシ前面(PLIM 側)の ESD 接続ソケットまたはシャーシの塗装されていない金属面に接続します。

ステップ 2 カード ケージから取り外すインピーダンス キャリアを特定します。ドライバを使用してカードの前面パネルにある 2 つの非脱落型ネジを反時計方向に回して、カードをスロットから解放します。

ステップ 3 インピーダンス キャリアのハンドルを片手で持ち、ゆっくりとスロットから引き出します。

ステップ 4 もう片方の手でインピーダンス キャリアの下を支えて引き出します。

ステップ 5 インピーダンス キャリアの下を支え、ハンドルを持ち、ゆっくりとスロットから引き出して、慎重に脇に置きます。


 

次の作業

この作業の終了後、インピーダンス キャリアは後で使用するために保管します。ここで空のスロットにカードを取り付けることもできます。詳細は、「MSC の取り付け」および「PLIM の取り付け」を参照してください。

ピロー ブロックの取り付けと取り外し

ここでは次の手順について説明します。

「ピロー ブロックの取り付け」

「ピロー ブロックの取り外し」

ピロー ブロックの取り付け

ここでは、損傷したピロー ブロックを取り外した後にシャーシに交換用のピロー ブロックを取り付ける方法について説明します。ピロー ブロックとは、各カード スロットの上下でシャーシに取り付けられるピン付きのブラケットです。カードをシャーシに取り付けたり、シャーシから取り外したりする場合は、カード イジェクタ レバーをカード スロットの上下のピロー ブロックに引っ掛けてスロットにカードを固定してから、カードを取り付けたり取り外したりできます。

前提条件

この作業を行う前に、前面の外装ドアを開けます(取り付けられている場合)。ピロー ブロック交換キット(シスコ製品番号:CRS-PILLBLK=)を手の届く場所に置きます。

必要な工具と機器

この作業には次の工具と部品が必要です。

静電気防止用リスト ストラップ

ピロー ブロック交換キット(シスコ製品番号:CRS-PILLBLK=)

ピロー ブロック交換キット(CRS-PILLBLK=)の構成内容は次のとおりです。

交換用ピロー ブロック:2 個

トルクスヘッド ネジ:6 個

T10 トルクス ドライバ:1 本(図4-12 の 1 を参照)

手順

ピロー ブロックを取り付けるには、次の手順に従います。


ステップ 1 手首に静電気防止用リスト ストラップを着けて、シャーシ前面(PLIM 側)の ESD 接続ソケットの 1 つ、またはシャーシの塗装されていない金属面に、ストラップの装置側を接続します。

ステップ 2 ピロー ブロックが取り外されたスロットを特定します。

ステップ 3 交換用 T10 トルクスヘッド ネジを手の届く場所に置きます。

ステップ 4 ピロー ブロックの位置を合わせ、ネジ穴を合わせます。

ステップ 5 T10 トルクス ドライバを使用して、左上のネジ(ネジ穴はピロー ブロック ピンの上にある)を取り付けます(図4-12 の 2 を参照)。

図4-12 ピロー ブロックの取り付け

 

ステップ 6 右下のネジを付けます(図4-12 の 3 を参照)。

ステップ 7 左下のネジ(ネジ穴はピロー ブロック ピンの下にある)を取り付けます(図4-12 の 4 を参照)。

ステップ 8 必要に応じて、カード スロットの他のピロー ブロックについても、この手順を繰り返します。


 

次の作業

この作業の終了後、外装カバーを元どおりに取り付けます。

ピロー ブロックの取り外し

ここでは、損傷したピロー ブロックをシャーシから取り外す方法について説明します。ピロー ブロックとは、各カード スロットの上下でシャーシに取り付けられるピン付きのブラケットです。カードをシャーシに取り付けたり、シャーシから取り外したりする場合は、カード イジェクタ レバーをカード スロットの上下のピロー ブロックに引っ掛けてスロットにカードを固定してから、カードを取り付けたり取り外したりできます。

前提条件

この作業を行う前に、前面の外装ドアを開けます(取り付けられている場合)。ピロー ブロック交換キット(シスコ製品番号:CRS-PILLBLK=)を手の届く場所に置きます。

必要な工具と機器

この作業には次の工具と部品が必要です。

静電気防止用リスト ストラップ

ピロー ブロック交換キット(シスコ製品番号: CRS-PILLBLK=)

ピロー ブロック交換キット(CRS-PILLBLK=)の構成内容は次のとおりです。

交換用ピロー ブロック:2 個

トルクスヘッド ネジ:6 個

T10 トルクス ドライバ:1 本(図4-13 の 1 を参照)

手順

損傷したピロー ブロックを取り外すには、次の手順に従います。


ステップ 1 手首に静電気防止用リスト ストラップを着けて、シャーシ前面(PLIM 側)の ESD 接続ソケットの 1 つ、またはシャーシの塗装されていない金属面に、ストラップの装置側を接続します。

ステップ 2 交換するピロー ブロックを特定します。T10 トルクス ドライバを使用して右下のネジを外します(図4-13 の 2 を参照)。

図4-13 ピロー ブロックの取り外し

 

ステップ 3 左下のネジ(ピロー ブロック ピンの下にある)を外します(図4-13 の 3 を参照)。

ステップ 4 左上のネジ(ピロー ブロック ピンの上にある)を外します(図4-13 の 4 を参照)。

ステップ 5 ピロー ブロックを取り外し、脇に置きます。

ステップ 6 必要に応じて、カード スロットの他のピロー ブロックについても、この手順を繰り返します。


 

次の作業

この作業が完了したら、新しいピロー ブロックを取り付けることができます(ピロー ブロックの取り付けを参照)。

SFC の取り付けおよび取り外し方法

ここでは次の手順について説明します。

「SFC の取り付け」

「SFC の取り外し」

「SFC の取り付けの確認」


) SFC にはクラス 1 レーザーを使用するものや、クラス 1M レーザーを使用するものがあります。カード仕様の詳細については、『Cisco CRS-1 Carrier Routing System 16-Slot Line Card Chassis System Description』を参照してください。



警告 クラス 1 のレーザー製品です。



警告 光ファイバ ケーブルが接続されていない場合、ポートの開口部から目に見えないレーザー光が放射されている可能性があります。レーザー光にあたらないように、開口部をのぞきこまないでください。



注意 クラス 1M レーザー光線が放射されています。光学機器で直接見ないでください。


警告 分散ビームの場合、特定の光学機器で 100 mm 以内の距離からレーザー光線を見ると目を痛める危険性があります。平行ビームの場合、一定の距離で使用するよう設計された特定の光学機器でレーザー光線を見ると目を痛める危険性があります。



警告 レーザー光線が放射されています。光学機器で直接見ないでください。クラス 1M のレーザー製品です。


SFC の取り付け

ここでは Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシに SFC を取り付ける方法について説明します。使用可能な各種 SFC に関する詳細や、カード自体に関する詳細については、『Cisco CRS-1 Carrier Routing System 16-Slot Line Card Chassis System Description』を参照してください。図4-14 に、シングル シャーシ システム(Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシが 1 つだけのシステム)の SFC を示します。

図4-14 SFC

 

前提条件

この作業を行う前に、前面(PLIM 側)の外装ドアを開けます(取り付けられている場合)。

必要な工具と機器

この作業には次の工具と部品が必要です。

静電気防止用リスト ストラップ

プラス ドライバ(大)

SFC

手順

SFC を取り付けるには、次の手順に従います。


ステップ 1 手首に静電気防止用リスト ストラップを着けて、シャーシ前面(PLIM 側)の ESD 接続ソケットの 1 つ、またはシャーシの塗装されていない金属面に、ストラップの装置側を接続します。

ステップ 2 SFC を静電気防止用パッケージから取り出します。

ステップ 3 カード キャリアのハンドルを片手で持ち、もう片方の手でキャリアの下を支えて、正しいスロットに差し込みます(図4-15 を参照)。


) 一番右側のスロットから始めて右から左へと順次カードを取り付けるのが、最も簡単な取り付け方法です。


ステップ 4 カード ケージ スロットに挿入するカードの位置を合わせます。カードの回路やコネクタには手を触れないでください。


) カード ケージの各スロットには、位置合せ用の溝があります。カード ケージにカードを取り付ける時は、必ずカード キャリアの両端を、スロットの溝に合わせてください。


図4-15 SFC の取り付け

 

 

1

非脱落型ネジ

3

取り付けまたは取り外しの方向

2

イジェクト レバー

ステップ 5 PCB が左向き、キャリアがその右になるように SFC の向きを合わせます。カードが簡単にスロットに入らない場合は、向きが間違っていて、誤挿入防止フランジが働いているためにスロットにカードが入らない可能性があります。必要に応じて、SFC の向きを正しい方向に直してください。

ステップ 6 イジェクト レバーがカード ケージの端に接触するまで注意深く SFC をスロットにスライドし、イジェクト レバーのフックがカード ケージの縁に引っかかったら、そこで 止めます 。フックが引っかからない場合は、イジェクト レバーのフックが完全にラッチされるまで SFC の再挿入を繰り返します。

ステップ 7 カードの上下にあるカード イジェクト カムの開口部が、カード ケージ スロットの両端にあるタブを通過するように、両方のイジェクト レバーを回します。


注意 カード イジェクト カムの開口部が、必ずタブの上を通過するようにしてください。タブの上を通過しない場合、イジェクト レバーを閉じるときにレバーが動かなくなり、片方または両方のイジェクト レバーが損傷することがあります。

ステップ 8 そのままカードをカード ケージ スロットに差し込み、カード イジェクト カムの開口部がカード ケージ スロットの両端のタブにかみ合うようにします。


) SFC にはガイド ピンがあり、カードをスロットにスライドするときに、これがミッドプレーン コネクタと最初に接触します。ガイド ピンが接触したあと、カード イジェクト レバーが前方(カード キャリアのハンドル側)に倒れ始めるまで、カード キャリアを押し込みます。


ステップ 9 カードをミッドプレーン コネクタに装着するため、両方のカード イジェクト レバーを持ち、カード キャリアのハンドルの内側に向かって倒し、レバーがカード キャリアの前面エッジと平行になるようにします。


) 4 基のベイすべてに SFC カードを取り付けてから留め具を締めると作業が楽になります。


ステップ 10 ドライバを使用してカードの前面パネルにある 2 つの非脱落型ネジを時計方向に回して、カードをしっかりとスロットに装着します。


 

次の作業

この作業の終了後、インピーダンス キャリアを静電気防止用袋に入れ、将来の使用に備えて保管します。前面(PLIM 側)カバーの外装プレートを元に戻し、カードが適切に取り付けられていることを確認してください(SFC の取り付けの確認参照)。システムを初めて設置する場合は、SFC カードを取り付けてから MSC を取り付けてください(MSC の取り付け参照)。

SFC の取り外し

ここでは Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシから SFC を取り外す方法について説明します。使用可能な各種 SFC に関する詳細や、カード自体に関する詳細については、『Cisco CRS-1 Carrier Routing System 16-Slot Line Card Chassis System Description』を参照してください。図4-16 に、シングル シャーシ システム(ラインカード シャーシが 1 つだけのシステム)の SFC を示します。

図4-16 SFC

 

前提条件

この作業を行う前に、前面(PLIM 側)の外装ドアを開けます(取り付けられている場合)。

必要な工具と機器

この作業には次の工具が必要です。

静電気防止用リスト ストラップ

プラス ドライバ(大)

手順

SFC を取り外すには、次の手順に従います(図4-17 参照)。

図4-17 SFC の取り外し

 

 

1

非脱落型ネジ

3

取り付けまたは取り外しの方向

2

イジェクト レバー


ステップ 1 手首に静電気防止用リスト ストラップを着けて、シャーシ前面(PLIM 側)の ESD 接続ソケットの 1 つ、またはシャーシの塗装されていない金属面に、ストラップの装置側を接続します。

ステップ 2 カード ケージから取り外す SFC を特定します。ドライバを使用してカードの前面パネルにある 2 つの非脱落型ネジを反時計方向に回して、カードをスロットから解放します。

ステップ 3 2 つのカード イジェクト レバーを持ち、両方のイジェクト レバーを同時にカード フレーム前面の端から外側に 90 度(新しい SFC の場合は 70 度)回し、カードをミッドプレーン コネクタから外します。

ステップ 4 カードの金属キャリアだけを持ち、スロットからカードをスライドさせて、静電気防止用袋またはその他の静電気防止用コンテナに直接収納します。不良カードを工場へ返品する場合は、元のパッケージに再梱包してください。


 

次の作業

この作業の後、PLIM を静電気防止用袋に入れ、前面(PLIM 側)のカバー プレートを元どおり取り付けます。

SFC の取り付けの確認

ここでは、SFC が適切に取り付けられていることを確認する方法について説明します。図4-18 に、シングル シャーシ システム(ラインカード シャーシが 1 つだけのシステム)の SFC を示します。

図4-18 SFC の前面図

 

英数字 LED の概要

SFC には、前面プレートの端のイジェクト レバーの近くに、4 桁の英数字 LED ディスプレイが 2 つあり、カードの状態を示す一連のメッセージが表示されます。


) 表示されるメッセージによっては一瞬しか LED ディスプレイに表示されないために読み取れないことがありますが、これは正常な状態です。


スイッチ ファブリック カードのトラブルシューティング

取り付けまたは交換した SFC が動作しない、あるいは電源が入らない場合は、次の点を確認してください。

カードがラインカード シャーシ スロットにしっかり固定されているか確認してください。物理的な取り付けを確かめる簡単な方法の一つに、SFC 前面の前面プレートが、カード ケージ内の他のカードの前面と水平になっているかどうかを確認する方法があります。

イジェクト レバーが留まっているか、そして非脱落型ネジがしっかり締まっているか確認します。確実ではない場合は、ネジをゆるめてレバーを外してから、SFC を挿入し直します。

アラーム モジュールを調べて、アクティブなアラーム条件があるか確認します(アラーム モジュールについては、『 Cisco CRS-1 Carrier Routing System 16-Slot Line Card Chassis System Description 』参照)。

電源シェルフを調べて、シャーシ全体に電源が供給されているか確認します。

SFC の前面プレートにあるステータス LED を使用して、カードが正しく取り付けられているか確認します。

カードが正しく取り付けられている場合は、ステータス LED がグリーンに点灯します。この LED が点灯しない場合は、カードが正しく取り付けられているかどうかを確認してください。

ステータス LED がイエローで点滅している場合は、ボードに問題があります。

ステータス LED が点灯していない場合、ボードのステータスは unknown です。電源シェルフのインジケータを調べて、ボードに電源が入っているかどうかを確認してください。

ボードのブート シーケンス中に障害が発生した場合は、2 行 4 桁の英数字ディスプレイに現在のブート フェーズが表示されるため、ボードの障害のデバッグに役立ちます。

MSC の取り付けおよび取り外し方法

ここでは次の手順について説明します。

「MSC の取り付け」

「MSC の取り外し」

「MSC の取り付けの確認」

MSC の取り付け

ここでは Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシに MSC を取り付ける方法について説明します。MSC の詳細については、『Cisco CRS-1 Carrier Routing System 16-Slot Line Card Chassis System Description』を参照してください。

MSC は、図4-19 に示すようにレイヤ 3 転送エンジンです。

MSC には 2 つのバージョンがあります。オリジナル バージョン(CRS-MSC)とバージョン B(CRS-MSC-B)です。機能はどちらのバージョンも同じです。

図4-19 MSC(CRS-MSC)

 

図4-20 MSC-B ボード

 

前提条件

この作業を行う前に、外装ドアを開けます(取り付けられている場合)。


注意 MSC の取り外しおよび取り付けは、一度につき 1 カードにしてください。他の MSC を取り外したり取り付けたりする前に、ルータが前のタスクを完了できるよう最低 15 秒の間隔を空けてください。正しい手順に従わない場合、ルータがハードウェア障害を示すことがあります。


注意 前面プレートに付いているブラケットで MSC を持ち運ばないでください。

必要な工具と機器

この作業には次の工具と部品が必要です。

静電気防止用リスト ストラップ

フラットヘッド ドライバまたはプラス ドライバ(中)

MSC(CRS-MSC または CRS-MSC-B。発注の詳細については、製品データ シートを参照してください。)

手順

MSC を取り付けるには、次の手順に従います(図4-21 参照)。

図4-21 MSC の取り付け

 

 

1

非脱落型ネジ

3

取り付けまたは取り外しの方向

2

イジェクト レバー


ステップ 1 手首に静電気防止用リスト ストラップを着けて、シャーシ前面(PLIM 側)の ESD 接続ソケットの 1 つ、またはシャーシの塗装されていない金属面に、ストラップの装置側を接続します。

ステップ 2 MSC 用の空きスロットを選択します。


注意 ESD による損傷を防ぐため、MSC を取り扱う際は必ずイジェクト レバーまたは MSC キャリアだけを持ってください。コンポーネント、ピン、または回路には手を触れないでください。

ステップ 3 MSC を取り付けるスロットから MSC インピーダンス キャリアを取り外して、脇に置きます。


) インピーダンス キャリアの取り外しと MSC の取り付けは、一度につき 1 つずつ行ってください。他のカードを取り付ける前に、各 MSC が完全にしっかりと取り付けられていることを確認してください。


ステップ 4 交換用の MSC を静電気防止袋またはマットから取り出します。

ステップ 5 両手で MSC を差し込みます。一方の手で前面プレートを持ち、もう一方の手で MSC の底面を支えてスロットに乗せます。

ステップ 6 PCB が左向き、キャリアがその右になるように MSC の向きを合わせます。カードが簡単にスロットに入らない場合は、向きが間違っていて、誤挿入防止フランジが働いているためにスロットにカードが入らない可能性があります。必要に応じて MSC の向きを正してください。

ステップ 7 MSC をスロットに差し込みながら、イジェクト レバーがピンとかみ合うように正しい向きになっていることを確認します。注意しながら、イジェクト レバーが留め具にかみ合うまで MSC をスロットに差し込み、そこで挿入を 止めます

ステップ 8 同時にイジェクト レバーを MSC の前面プレートへ向けて回転させます。イジェクト レバーを回すことで MSC はミッドプレーンに正しく装着されます。無理に MSC に力を加えないでください。


) 非脱落型ネジが締めにくい場合は、イジェクト レバーが正しくしっかりと留め具にかみ合っているかどうか、また MSC がスロットに正しく装着されているかどうかを確認してください。


ステップ 9 EMI が適切に遮断されるように、また MSC がミッドプレーンから部分的に外れてしまうことがないように、ドライバを使って各 MSC イジェクト レバー横の非脱落型ネジを締めます。


注意 他の PLIM や MSC 用の適切なスペースを確保するため、新しく PLIM を取り付けたら、次の PLIM や MSC の取り付けを始める前に、必ず非脱落型ネジ締めてください。また、これらのネジはカードが偶発的に外れるのを防ぎ、システムを適切にアースし、EMI を遮断します。

ステップ 10 付属のネジを使用して、MSC にブラケットを取り付けます。


 

次の作業

この作業の終了後、インピーダンス キャリアを静電気防止用袋に入れ、将来の使用に備えて保管します。前面(PLIM 側)カバーの外装プレートを元に戻し、カードが適切に取り付けられていることを確認してください(MSC の取り付けの確認参照)。システムの設置を初めて行う場合は、MSC の取り付けを完了してから LCFC カードを取り付けます(LCFC カードの取り付け参照)。

MSC の取り外し

ここでは Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシから MSC を取り外す方法について説明します。MSC の詳細については、『Cisco CRS-1 Carrier Routing System 16-Slot Line Card Chassis System Description』を参照してください。

MSC は、図4-22 に示すようにレイヤ 3 転送エンジンです。MSC は、さまざまな種類の PLIM と組み合わせることにより、多様なインターフェイスを提供できます。

MSC は任意の空きMSC スロットに挿入でき、ミッドプレーンに直接接続できます。新規の MSC を取り付ける場合は、初めに空きスロットから MSC インピーダンス キャリアを取り外す必要があります。

図4-22 MSC

 

前提条件

この作業を行う前に、外装ドアを開けます(取り付けられている場合)。


注意 MSC をスロットから引き出す際に前面プレートのブラケットを使わないでください。MSC に深刻な損傷を与える恐れがあります。

必要な工具と機器

この作業には次の工具と部品が必要です。

静電気防止用リスト ストラップ

フラットヘッド ドライバまたはプラス ドライバ(中)

インピーダンス キャリア(シスコ製品番号:CRS-MSC-IMPEDANCE=)

手順

MSC を取り外すには、次の手順に従います(図4-23 参照)。

図4-23 MSC の取り外し

 

 

1

非脱落型ネジ

3

取り付けまたは取り外しの方向

2

イジェクト レバー


ステップ 1 手首に静電気防止用リスト ストラップを着けて、シャーシ前面(PLIM 側)の ESD 接続ソケットの 1 つ、またはシャーシの塗装されていない金属面に、ストラップの装置側を接続します。

ステップ 2 ドライバを使用して、各 MSC イジェクト レバー横の非脱落型ネジをゆるめます。


注意 ESD による損傷を防ぐため、MSC を取り扱う際は必ずイジェクト レバーまたは MSC キャリアだけを持ってください。コンポーネント、ピン、または回路には手を触れないでください。

ステップ 3 同時にイジェクト レバーを前面プレートから離れるように回転させ、MSC をミッドプレーンから外します。

ステップ 4 両手でイジェクト レバーを掴み、MSC を静かにスロットから半分引き出します。MSC をスロットから引き出す際にブラケットは使用しないでください。

ステップ 5 一方の手を MSC の下に添えて MSC を支えます。MSC のプリント基板、コンポーネント、またはコネクタ ピンに触れないでください。

ステップ 6 取り外した MSC は、静電気防止用マットの上に置くか、工場へ返却する場合はただちに静電気防止用袋に入れます。

ステップ 7 MSC スロットを空けたままにする場合は、シャーシを埃から守り MSC のコンパートメントに適度な通気が保たれるよう、MSC インピーダンス キャリアを取り付けます。

ステップ 8 EMI が適切に遮断され、シャーシ内の通気が適切に保たれるように、ドライバを使って各インピーダンス キャリア横の非脱落型ネジを締めます。


 

次の作業

この作業の後、MSC を静電気防止用袋に入れ、背面(MSC 側)のカバー プレートを元どおり取り付けます。

MSC の取り付けの確認

ここでは、MSC が適切に取り付けられていることを確認する方法について説明します。図4-24 に、MSC 前面パネルの図を示します。図4-25 に、CRS-MSC-B の前面パネルの図を示します。

図4-24 MSC の前面パネル

 

図4-25 MSC-B の前面パネル

 

 

1

ステータス LED

2

縦長長方形 LED

英数字 LED の概要

MSC には、前面プレートの端のイジェクト レバーの近くに、4 桁の英数字 LED ディスプレイが 2 つあり、カードの状態を示す一連のメッセージが表示されます。


) 表示されるメッセージによっては一瞬しか LED ディスプレイに表示されないために読み取れないことがありますが、これは正常な状態です。


モジュラ サービス カードのトラブルシューティング

取り付けまたは交換した MSC が動作しない、あるいは電源が入らない場合は、次の点を確認してください。

カードがラインカード シャーシ スロットにしっかり固定されているか確認してください。物理的な取り付けを確かめる簡単な方法の一つに、MSC 前面の前面プレートが、カード ケージ内の他のカードの前面と水平になっているかどうかを確認する方法があります。

イジェクト レバーが留まっているか、そして非脱落型ネジがしっかり締まっているか確認します。確実ではない場合は、レバーを外してネジをゆるめてから、MSC を挿入し直してください。

Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシ アラーム モジュールにアクティブなアラーム状態が示されていないか確認します(アラーム モジュールについては、『 Cisco CRS-1 Carrier Routing System 16-Slot Line Card Chassis System Description 』参照)。

Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシ電源シェルフを調べて、シャーシ全体に電力が供給されているか確認します。

MSC 前面プレートにあるステータス LED を使用して、MSC が正しく取り付けられていることを確かめます。

MSC が正しく取り付けられている場合は、ステータス LED がグリーンに点灯します。この LED が点灯していない場合は、MSC が正しく取り付けられているかどうかを確認してください。

ボードのブート シーケンス中に障害が発生した場合は、2 行 4 桁の英数字 LED ディスプレイに現在のブート フェーズが表示されるため、ボードの障害のデバッグに役立ちます。

LCFC カードの取り付けおよび取り外し方法

ここでは次の手順について説明します。

「LCFC カードの取り付け」

「LCFC カードの取り外し」

「LCFC カードの取り付けの確認」

LCFC カードの取り付け

ここでは Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシに LCFC カードを取り付ける方法について説明します。LCFC カードの詳細については、『Cisco CRS-1 Carrier Routing System 16-Slot Line Card Chassis System Description』を参照してください。

Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシには 2 枚の LCFC カード(図4-26 を参照)があります。

図4-26 LCFC カード

 

前提条件

この作業を行う前に、前面(PLIM 側)の外装ドアを開けます(取り付けられている場合)。

必要な工具と機器

この作業には次の工具と部品が必要です。

静電気防止用リスト ストラップ

プラス ドライバ(大)

LCFC カード(シスコ製品番号 CRS-16-LCC-FAN-CT=)

手順

LCFC カードを取り付けるには、次の手順に従います(図4-27 参照)。

図4-27 LCFC カードの取り付け

 

 

1

非脱落型ネジ

3

取り付けまたは取り外しの方向

2

イジェクト レバー


ステップ 1 手首に静電気防止用リスト ストラップを着けて、シャーシ前面(PLIM 側)の ESD 接続ソケットの 1 つ、またはシャーシの塗装されていない金属面に、ストラップの装置側を接続します。

ステップ 2 静電気防止用パッケージから LCFC カードを取り出します。

ステップ 3 カード キャリアのハンドルを片手で持ち、もう片方の手でキャリアの下を支えて、正しいスロットに差し込みます。


) 最初に一番左のカードを取り付けると、簡単に取り付けられます。


ステップ 4 カードをスロットの半ばまでスライドさせます。カードの回路やコネクタには手を触れないでください。


) カード ケージの各スロットには、位置合せ用の溝があります。カード ケージにカードを取り付ける時は、必ずカード キャリアの両端を、スロットの溝に合わせてください。


ステップ 5 カードの上下にあるカード イジェクト カムの開口部が、カード ケージ スロットの両端にあるタブを通過するように、両方のイジェクト レバーを回します。


注意 カード イジェクト カムの開口部が、必ずタブの上を通過するようにしてください。タブの上を通過しない場合、イジェクト レバーを閉じるときにレバーが動かなくなり、片方または両方のイジェクト レバーが損傷することがあります。

ステップ 6 そのままカードをカード ケージ スロットに差し込み、カード イジェクト カムの開口部がスロットの両側のタブにかみ合うようにします。


) LCFC カードにはガイド ピンがあり、スロットの奥へカードをスライドさせるとこれがミッドプレーン コネクタと最初に接触します。ガイド ピンが接触したあと、カード イジェクト レバーが前方(カード キャリアのハンドル側)に倒れ始めるまで、カード キャリアを押し込みます。


ステップ 7 カードをミッドプレーン コネクタに装着するため、両方のカード イジェクト レバーを持ち、カード キャリアのハンドルの内側に向かって倒し、レバーがカード キャリアの前面エッジと平行になるようにします。


) 留め具を締める前に両方の LCFC カードを取り付けると、取り付けが簡単です。


ステップ 8 ドライバを使用して LCFC カードの前面パネルにある 2 つの非脱落型ネジを右に回して、カードをしっかりとスロットに装着します。


 

次の作業

この作業の終了後、インピーダンス キャリアを静電気防止用袋に入れ、将来の使用に備えて保管します。前面(PLIM 側)カバーの外装プレートを元に戻し、カードが適切に取り付けられていることを確認してください(LCFC カードの取り付けの確認参照)。システムを初めて設置する場合は、LCFC カードの取り付けを完了してから RP を取り付けてください(RP カードまたは DRP カードの取り付け参照)。

LCFC カードの取り外し

ここでは Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシから LCFC カードを取り外す方法について説明します。LCFC カードの詳細については、『Cisco CRS-1 Carrier Routing System 16-Slot Line Card Chassis System Description』を参照してください。

Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシには 2 枚の LCFC カード(図4-28 を参照)があります。

図4-28 LCFC カード

 

前提条件

この作業を行う前に、前面(PLIM 側)の外装ドアを開けます(取り付けられている場合)。

必要な工具と機器

この作業には次の工具が必要です。

静電気防止用リスト ストラップ

プラス ドライバ(大)

手順

LCFC カードを取り外すには、次の手順に従います(図4-29 参照)。

図4-29 LCFC カードの取り外し

 

 

1

非脱落型ネジ

3

取り付けまたは取り外しの方向

2

イジェクト レバー


ステップ 1 手首に静電気防止用リスト ストラップを着けて、シャーシ前面(PLIM 側)の ESD 接続ソケットの 1 つ、またはシャーシの塗装されていない金属面に、ストラップの装置側を接続します。

ステップ 2 カード ケージから取り外す LCFC カードを特定します。ドライバを使用してカードの前面パネルにある 2 つの非脱落型ネジを反時計方向に回して、カードをスロットから解放します。

ステップ 3 2 つのカード イジェクト レバーを持ち、両方のイジェクト レバーを同時にカード フレーム前面の端から 90 度に倒し(新しい LCFC カードの場合は 70 度)、カードをミッドプレーン コネクタから外します。

ステップ 4 カードの金属キャリアだけを持ち、スロットからカードをスライドさせて、静電気防止用袋またはその他の静電気防止用コンテナに直接収納します。不良カードを工場へ返品する場合は、元のパッケージに再梱包してください。


 

次の作業

この作業の後、前面(PLIM 側)のカバー プレートを元どおりに取り付けます。

LCFC カードの取り付けの確認

ここでは、LCFC カードが適切に取り付けられていることを確認する方法について説明します。図4-30 に、LCFC 前面パネルの図を示します。

図4-30 LCFC カード前面パネル

 

英数字 LED の概要

LCFC カードには、前面プレートの端のイジェクト レバーの近くに、4 桁の英数字 LED ディスプレイが 2 つあり、カードの状態を示す一連のメッセージが表示されます。


) 表示されるメッセージによっては一瞬しか LED ディスプレイに表示されないために読み取れないことがありますが、これは正常な状態です。


LCFC カードのトラブルシューティング

取り付けまたは交換した LCFC カードが、取り付け時に動作しない場合や電源投入できない場合は、次を実行します。

カードがラインカード シャーシ スロットにしっかり固定されているか確認してください。物理的な取り付けを確かめる簡単な方法の一つに、LCFC カードの前面プレートが、カード ケージ内の他のカードの前面と水平になっているかどうかを確認する方法があります。

イジェクト レバーが留まっているか、そして非脱落型ネジがしっかり締まっているか確認します。確実ではない場合は、ネジをゆるめてレバーを外してから、LCFC カードを挿入し直します。

アラーム モジュールを調べて、アクティブなアラーム条件があるか確認します(『Cisco CRS-1 Carrier Routing System 16-Slot Line Card Chassis System Description』参照)。

電源シェルフを調べて、シャーシ全体に電源が供給されているか確認します。

LCFC カードの前面プレートにあるステータス LED を使用して、カードが正しく取り付けられているか確認します。

カードが正しく取り付けられている場合は、ステータス LED がグリーンに点灯します。この LED が点灯しない場合は、カードが正しく取り付けられているかどうかを確認してください。

ステータス LED がイエローで点滅している場合は、ボードに問題があります。

ステータス LED が点灯していない場合、ボードのステータスは unknown です。電源シェルフのインジケータを調べて、ボードに電源が入っているかどうかを確認してください。

ボードのブート シーケンス中に障害が発生した場合は、2 行 4 桁の英数字ディスプレイに現在のブート フェーズが表示されるため、ボードの障害のデバッグに役立ちます。

RP カードまたは DRP PLIM の取り付けおよび取り外し方法

ここでは次の手順について説明します。

「RP カードまたは DRP カードの取り付け」

「RP カードまたは DRP カードの取り外し」

「RP カードまたは DRP カードの取り付けの確認」


警告 クラス 1 のレーザー製品です。



警告 光ファイバ ケーブルが接続されていない場合、ポートの開口部から目に見えないレーザー光が放射されている可能性があります。レーザー光にあたらないように、開口部をのぞきこまないでください。


DRP と DRP PLIM について

Cisco CRS-1 キャリア ルーティング システムでは、Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシに Distributed Route Processor(DRP; 分散ルート プロセッサ)PLIM および DRP カードを取り付けて DRP をサポートします(図4-31 および図4-32 を参照)。DRP の取り付けにより、論理ルータをサポートし、マルチシャーシ システムのプロセッサ処理能力の向上を実現するシステムを設定できます。

図4-31 DRP PLIM

 

図4-32 DRP カード

 

DRP をサポートするには、DRP PLIM と DRP カードの両方を取り付ける必要があります。DRP PLIM はシャーシ前面(PLIM 側)の PLIM スロットに、DRP カードはシャーシ背面(MSC 側)の対応するスロットに取り付けます。DRP PLIM と DRP カードは、通常の PLIM および MSC と同じ方法で取り付けます。詳細については、「PLIM の取り付けおよび取り外し方法」または「MSC の取り付けおよび取り外し方法」を参照してください。

DRP は 2 つの CPU コンプレックスを備えています。それぞれが相互に独立していて、固有のハード ドライブを装備しています。また、DRP は RP と同様、2 つの PCMCIA カード スロットを備えています。詳細については、「ハード ドライブと PCMCIA カードについて」を参照してください。取り付けと取り外しについては、「カードベースのハード ドライブの取り付けおよび取り外し方法」または「PCMCIA カードの取り付けおよび取り外し方法」を参照してください。

DRP PLIM および DRP カードの詳細については、『 Cisco CRS-1 Carrier Routing System 16-Slot Line Card Chassis System Description 』を参照してください。

RP カードまたは DRP カードの取り付け

ここでは Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシに RP カードまたは DRP カードを取り付ける方法について説明します。RP カードの詳細については、『Cisco CRS-1 Carrier Routing System 16-Slot Line Card Chassis System Description』を参照してください。

各 Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシには、シャーシの PLIM 側の専用スロットに 2 枚の RP カードが搭載されています(図4-33 を参照)。

前提条件

RP カードを取り付けるとシャーシの動作に影響が出ることがあるため、次の条件のいずれかに該当する場合にだけ、取り外し作業を行ってください。

シャーシにある 2 番目の RP が確実に作動しており、まだマスター RP となっていない場合でも、制御を引き継ぐ用意ができている場合(制御の引き継ぎは自動的に行われます)

シャーシの定期メンテナンスを行っている場合

Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシの電源が切られている場合

これらの注意事項に従わなかった場合、データ通信やネットワーク接続が中断する可能性があります。

この作業を行う前に、外装ドアを開けます(取り付けられている場合)。

必要な工具と機器

この作業には次の工具と部品が必要です。

静電気防止用リスト ストラップ

プラス ドライバ(大)

RP カードまたは DRP カード(RP カードのシスコ製品番号:CRS-8-RP=、DRP カードのシスコ製品番号:CRS-DRP-CPU=)

手順

RP カードまたは DRP カードを取り付けるには、次の手順に従います。


ステップ 1 手首に静電気防止用リスト ストラップを着けて、シャーシ前面(PLIM 側)の ESD 接続ソケットの 1 つ、またはシャーシの塗装されていない金属面に、ストラップの装置側を接続します。

ステップ 2 カードを静電気防止用パッケージから取り出します。

ステップ 3 カード ケージの中から、交換する RP カードを特定します。RP カードの前面パネルに接続されているケーブルをすべて取り外します。

図4-33 RP カード

 

ステップ 4 ドライバを使用して カードの前面パネルにある 2 本の非脱落型ネジを反時計方向に回し、スロットからカードを解放します。

ステップ 5 2 本のカード イジェクト レバーをつかみ、カード キャリアの前端から両方同時に 90 度回して、カードをバックプレーン コネクタから取り外します。

ステップ 6 カードの金属キャリアだけを持ち、スロットからカードをスライドさせて、静電気防止用袋またはその他の静電気防止用コンテナに直接収納します。故障したカードを工場に返送する場合は、交換用のカードが入っていた輸送箱に梱包してください。

ステップ 7 カード キャリアのハンドルを片手で持ち、もう片方の手でキャリアの下を支えて、正しいスロットに差し込みます。カードをスロットの半ばまでスライドさせます。カードの回路やコネクタには手を触れないでください。


) カード ケージの各スロットには、位置合せ用の溝があります。カード ケージにカードを取り付ける時は、必ずカード キャリアの両端を、スロットの溝に合わせてください。


ステップ 8 カードの上下にあるカード イジェクト カムの開口部が、カード ケージ スロットの両端にあるタブを通過するように、両方のイジェクト レバーを回します。


注意 カード イジェクト カムの開口部がタブを通過していることを確認してください。通過していない場合、イジェクト レバーを閉じたときにその片方または両方が引っかかり、破損することがあります。

ステップ 9 そのままカードをカード ケージ スロットに差し込み、カード イジェクト カムの開口部がカード ケージ スロットの両端のタブにかみ合うようにします。


) RP カードにはガイド ピンがあり、スロットの奥へカードをスライドさせるとこれがバックプレーン コネクタと最初に接触します。ガイド ピンが接触したら、カード イジェクト レバーが手前に(カード キャリアのハンドルの方向へ)動き出すまでカード キャリアを押し続けてください。


ステップ 10 カードをバックプレーン コネクタに固定するため、カード イジェクト レバーを両方持ってカード キャリアのハンドル方向へ内側に回し、イジェクト レバーがカード キャリアの前面と平行になるようにします。

ステップ 11 ドライバを使用してカードの前面パネルにある 2 つの非脱落型ネジを時計方向に回して、カードをしっかりとスロットに装着します。

ステップ 12 ステップ 3 で外したケーブルを再接続します。


 

次の作業

この作業の終了後、インピーダンス キャリアを静電気防止用袋に入れ、将来の使用に備えて保管します。前面(PLIM 側)カバーの外装プレートを元に戻し、カードが適切に取り付けられていることを確認してください(RP カードまたは DRP カードの取り付けの確認参照)。初めてシステムを設置する場合は、RP カードを取り付けてから PLIM を取り付けてください(PLIM の取り付け参照)。

RP カードまたは DRP カードの取り外し

ここでは Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシから RP カードまたは DRP カードを取り外す方法について説明します。RP カードの詳細については、『Cisco CRS-1 Carrier Routing System 16-Slot Line Card Chassis System Description』を参照してください。

各 Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシには、シャーシの PLIM 側の専用スロットに 2 枚の RP カードが搭載されています(図4-34 を参照)。

図4-34 RP カード

 

前提条件

RP カードを取り外すとシャーシの動作に影響が出ることがあるため、次の条件のいずれかに該当する場合のみ、取り外し作業を行ってください。

シャーシにある RP カードが確実に作動しており、まだマスター RP となっていない場合でも、制御を引き継ぐ用意ができている場合(制御の引き継ぎは自動的に行われます)

シャーシの定期メンテナンスを行っている場合

Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシの電源が切られている場合

これらの注意事項に従わなかった場合、データ通信やネットワーク接続が中断する可能性があります。

この作業を行う前に、外装ドアを開けます(取り付けられている場合)。

必要な工具と機器

この作業には次の工具が必要です。

静電気防止用リスト ストラップ

プラス ドライバ(大)

手順

RP カードまたは DRP カードを取り外すには、次の手順に従います。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを手首に着け、シャーシの ESD 接続ソケットの 1 つ、またはシャーシの塗装されていない金属面に、ストラップの装置側を接続します。

ステップ 2 カード ケージから取り外すカードを特定します。カードの前面パネルに接続されているケーブルをすべて取り外します。

ステップ 3 ドライバを使用して カードの前面パネルにある 2 本の非脱落型ネジを反時計方向に回し、スロットからカードを解放します。

ステップ 4 2 本のカード イジェクト レバーをつかみ、カード キャリアの前端から両方同時に 90 度回して、カードをバックプレーン コネクタから取り外します。

ステップ 5 カードの金属キャリアだけを持ち、スロットからカードをスライドさせて、静電気防止用袋またはその他の静電気防止用コンテナに直接収納します。故障したカードを工場に返送する場合は、交換用のカードが入っていた輸送箱に梱包してください。


 

次の作業

この作業の後、前面(PLIM 側)のカバー プレートを元どおりに取り付けます。

RP カードまたは DRP カードの取り付けの確認

ここでは Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシに RP カードまたは DRP カードを取り付けたあと、確認とトラブルシューティングを行う方法について説明します。RP カードの詳細については、『Cisco CRS-1 Carrier Routing System 16-Slot Line Card Chassis System Description』を参照してください。

ここでは、カードが適切に取り付けられていることを確認する方法を説明します。図4-35 に、RP カードの前面パネルを示します。

図4-35 RP カードの前面パネル

 

英数字 LED の概要

RP カードまたは DRP カードには、前面プレートの一方の端のイジェクト レバーの近くに、英数字 LED ディスプレイが 1 つあり、カードの状態を示す一連のメッセージが表示されます。


) 表示されるメッセージによっては一瞬しか LED ディスプレイに表示されないために読み取れないことがありますが、これは正常な状態です。


RP カードまたはDRP カードのトラブルシューティング

取り付けまたは交換したカードが動作しない、あるいは電源が入らない場合は、次の点を確認してください。

カードがラインカード シャーシ スロットにしっかり固定されているか確認してください。物理的な取り付けを確かめる簡単な方法の一つとして、カードの前面プレートが、カード ケージ内の他のカードの前面と水平になっているかどうかを確認します。

イジェクト レバーが留まっているか、そして非脱落型ネジがしっかり締まっているか確認します。確実ではない場合は、レバーを外してネジをゆるめてから、カードを挿入し直してください。

アラーム モジュールを調べて、アクティブなアラーム条件があるか確認します(アラーム モジュールについては、『 Cisco CRS-1 Carrier Routing System 16-Slot Line Card Chassis System Description 』参照)。

電源シェルフを調べて、シャーシ全体に電源が供給されているか確認します。

RP カードの前面パネルにあるステータス LED を使用して、カードが正しく取り付けられているか確認します。

カードが正しく取り付けられている場合は、ステータス LED がグリーンに点灯します。この LED が点灯しない場合は、カードが正しく取り付けられているかどうかを確認してください。

ステータス LED がイエローで点滅している場合は、ボードに問題があります。

ステータス LED が点灯していない場合、ボードのステータスは unknown です。電源シェルフのインジケータを調べて、ボードに電源が入っているかどうかを確認してください。

ボードのブート シーケンス中に障害が発生した場合は、4 桁の英数字ディスプレイに現在のブート フェーズが表示されるため、ボードの障害のデバッグに役立ちます。

PLIM の取り付けおよび取り外し方法

ここでは次の手順について説明します。

「PLIM の取り付け」

「PLIM の取り外し」

「PLIM 取り付けの確認」


) PLIM にはクラス 1 レーザーを使用するものも、クラス 1M レーザーを使用するものもあります。ご使用の PLIM の詳細については、『Cisco CRS-1 Carrier Routing System 16-Slot Line Card Chassis System Description』を参照してください。



警告 クラス 1 のレーザー製品です。



警告 光ファイバ ケーブルが接続されていない場合、ポートの開口部から目に見えないレーザー光が放射されている可能性があります。レーザー光にあたらないように、開口部をのぞきこまないでください。



注意 クラス 1M レーザー光線が放射されています。光学機器で直接見ないでください。


警告 分散ビームの場合、特定の光学機器で 100 mm 以内の距離からレーザー光線を見ると目を痛める危険性があります。平行ビームの場合、一定の距離で使用するよう設計された特定の光学機器でレーザー光線を見ると目を痛める危険性があります。



警告 レーザー光線が放射されています。光学機器で直接見ないでください。クラス 1M のレーザー製品です。


PLIM の取り付け

ここでは Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシに PLIM を取り付ける方法について説明します。PLIM の詳細については、『Cisco CRS-1 Carrier Routing System 16-Slot Line Card Chassis System Description』を参照してください。

PLIM は、シャーシのミッドプレーンを介して MSC と一対になっています。PLIM は、いくつかのインターフェイス(Packet-over-SONET [PoS] など)を選択する機能を提供します。図4-36 に、代表的な PLIM(ここでは 16 ポートの OC-48c/STM-16c PoS)を示します。

図4-36 PLIM

 

RP カードまたは LCFC カードで使用していない任意のスロットに PLIM を取り付けることができます。新しい MSC または PLIM を取り付ける場合は、使用可能なスロットからインピーダンス キャリア カードを取り外します。


注意 正しい手順に従わない場合、システムはハードウェア障害を示す場合があります。PLIM の取り外しおよび取り付けは、一度につき 1 つとします。他の PLIM を取り外しまたは取り付けする前に、システムが実行中のタスクを終了できるよう最低 15 秒の間隔を空けてください。

前提条件

この作業を行う前に、前面(PLIM 側)の外装ドアを開けます(取り付けられている場合)。

必要な工具と機器

この作業には次の工具と部品が必要です。

静電気防止用リスト ストラップ

プラス ドライバ(中)

PLIM

手順

PLIM を取り付けるには、次の手順に従います(図4-37 参照)。

図4-37 PLIM の取り付け

 

 

1

非脱落型ネジ

3

取り付けまたは取り外しの方向

2

イジェクト レバー


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを手首に着け、シャーシの ESD 接続ソケットの 1 つ、またはシャーシの塗装されていない金属面に、ストラップの装置側を接続します。

ステップ 2 PLIM を静電気防止用パッケージから取り出します。

ステップ 3 PLIM を取り付けるスロットから PLIM インピーダンス キャリアを取り外して、脇に置きます。


) インピーダンス キャリアの取り外しと PLIM の取り付けは、一度につき 1 つずつ行ってください。別のカードを取り付ける前に、各 PLIM が完全に取り付けられ、固定されているかどうかを確認してください。


ステップ 4 カード キャリアのハンドルを片手で持ち、もう片方の手でキャリアの下を支えて、正しいスロットに差し込みます。カードを一番左のスロットに途中まで挿入します。カードの回路やコネクタには手を触れないでください。

ステップ 5 カードの上下にあるカード イジェクト カムの開口部が、カード ケージ スロットの両端にあるタブを通過するように、両方のイジェクト レバーを回します。


注意 カード イジェクト カムの開口部がタブを通過していることを確認してください。通過していない場合、イジェクト レバーを閉じたときにその片方または両方が引っかかり、破損することがあります。

ステップ 6 そのままカードをカード ケージ スロットに差し込み、カード イジェクト カムの開口部がカード ケージ スロットの両端のタブにかみ合うようにします。


) カードをスロットに差し込むときにバックプレーン コネクタと最初に接触するガイド ピンがあります。ガイド ピンが接触したら、カード イジェクト レバーが手前に(カード キャリアのハンドルの方向へ)動き出すまでカード キャリアを押し続けてください。


ステップ 7 カードをミッドプレーン コネクタに装着するため、両方のカード イジェクト レバーを持ち、カード キャリアのハンドルの内側に向かって倒し、レバーがカード キャリアの前面エッジと平行になるようにします。

ステップ 8 PLIM の非脱落型ネジを締めます。


注意 他の PLIM や MSC 用の適切なスペースを確保するため、新しく PLIM を取り付けたら、次の PLIM や MSC の取り付けを始める前に、必ず非脱落型ネジ締めてください。また、これらのネジはカードが偶発的に外れるのを防ぎ、システムを適切にアースし、EMI を遮断します。

ステップ 9 該当する場合は、Small Form-Factor Pluggable(SFP; 着脱可能小型フォーム ファクタ)光モジュールを取り付けます(16 ポート OC-48 PLIM など、SFP モジュールを使用する PLIM の場合)。

ステップ 10 PLIM ケーブル管理ブラケットを取り付けます。

ステップ 11 インターフェイス ケーブルを取り付けます。


 


警告 光ファイバケーブルが接続されていない場合、ポートの開口部から目に見えないレーザー光が放射されている可能性があります。レーザー光にあたらないように、開口部をのぞきこまないでください。


PLIM にはクラス 1 レーザーを使用するものも、クラス 1M レーザーを使用するものもあります。詳細については、それぞれの PLIM のマニュアルを参照してください。

次の作業

この作業を実行したら、グリルとシャーシのドアを取り付けます。

PLIM の取り外し

ここでは Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシから PLIM を取り外す方法について説明します。


注意 Very-Short-Reach(VSR)PLIM を取り外す際には、次の警告に留意してください。正しい手順に従わない場合、ルータがハードウェア障害を示すことがあります。PLIM の取り外しおよび取り付けは、一度につき 1 つとします。他の PLIM を取り外しまたは取り付けする前に、ルータが実行中のタスクを終了できるように最低 15 秒の間隔を空けてください。


) 新しい PLIM、または再設定した PLIM の再取り付け時に異常が生じないように、PLIM を取り外す前に Cisco IOS XR shutdown コマンドを使用することを強く推奨します。


前提条件

この作業を行う前に、前面(PLIM 側)の外装ドアを開けます(取り付けられている場合)。

必要な工具と機器

この作業には次の工具が必要です。

静電気防止用リスト ストラップ

プラス ドライバ(中)

手順

PLIM を取り外すには、次の手順に従います(図4-38 参照)。

図4-38 PLIM の取り外し

 

 

1

非脱落型ネジ

3

取り付けまたは取り外しの方向

2

イジェクト レバー


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを手首に着け、シャーシの ESD 接続ソケットの 1 つ、またはシャーシの塗装されていない金属面に、ストラップの装置側を接続します。

ステップ 2 交換するカードを特定します。

ステップ 3 ドライバを使用して、カードを固定している 2 本の非脱落型ネジをゆるめます。

ステップ 4 2 つのカード イジェクト レバーをつかみ、両方のイジェクト レバーを、カード キャリアの先端から同時に 90 度(新しい PLIM では 70 度)回転させて、バックプレーン コネクタからカードを外します。

ステップ 5 カードの金属キャリアだけを持ち、スロットからカードをスライドさせて、静電気防止用袋またはその他の静電気防止用コンテナに直接収納します。


 


警告 光ファイバケーブルが接続されていない場合、ポートの開口部から目に見えないレーザー光が放射されている可能性があります。レーザー光にあたらないように、開口部をのぞきこまないでください。


PLIM にはクラス 1 レーザーを使用するものも、クラス 1M レーザーを使用するものもあります。詳細については、それぞれの PLIM のマニュアルを参照してください。

次の作業

この作業の後、前面(PLIM 側)のカバー プレートを元どおりに取り付けます。

PLIM 取り付けの確認

ここでは、PLIM が適切に取り付けられていることを確認する方法について説明します。図4-39 に、PLIM(ここでは 16 ポートの OC-48c/STM-16c PoS)の前面パネルを示します。

図4-39 PLIM の前面パネル

 

PLIM のトラブルシューティング

PLIM が動作しない場合や、電源が入らない場合は、次の項目を確認してください。

PLIM がラインカード シャーシ スロットにしっかり固定されているか確認してください。物理的な設置が適切かどうかを確認する簡単な方法は、PLIM の前面プレートがカード ケージに取り付けた他の PLIM の前面と同じ面にあるかどうかを確認することです。

イジェクト レバーが留まっているか、そして非脱落型ネジがしっかり締まっているか確認します。イジェクト レバーや非脱落型ネジの状態がわからない場合は、レバーを外してネジをゆるめてから、PLIM を挿入し直してください。

アラーム モジュールを調べて、アクティブなアラーム条件があるか確認します(アラーム モジュールについては、『 Cisco CRS-1 Carrier Routing System 16-Slot Line Card Chassis System Description 』参照)。

電源シェルフを調べて、シャーシ全体に電源が供給されているか確認します。

PLIM 前面プレートの LED を見て、カードが正しく取り付けられているかどうか、また正常に動作しているかどうか確認します。

STATUS ― カードが確実に装着されていて正常に動作しているかどうかを示します。

グリーン ― カードは正しく装着されていて正常に動作しています。

イエローで点滅 ― カードに問題があります。

消灯 ― 基板のステータスは不明な状態です。カードが正しく取り付けられているかどうか確認します。また、電源シェルフのインジケータを見て、カードに電源が供給されているかどうかも確認します。

グリーンの LED(5 個)は各ポートのステータスを示します。

ACTIVE/FAILURE ― ポートが論理的にアクティブで、レーザーがオンであることを示します。

CARRIER ― 受信ポート(RX)でキャリア信号を受信しています。

RX PKT ― パケットが受信されるたびに点滅します。

WRAP ― ポートは DPT ラップ モードで動作しています。

PASS THRU ― このポートは、PoSモード(DPT パススルー)で動作しています。

カードベースのハード ドライブの取り付けおよび取り外し方法

ここでは次の手順について説明します。

「ハード ドライブの取り付け」

「ハード ドライブの取り外し」

ハード ドライブの取り付け

ここでは、RP または DRP PLIM にハード ドライブを取り付ける方法について説明します。ハード ドライブは RP および DRP PLIM のどちらにもオプションとして利用でき、同じ要領で取り付けます。ハード ドライブの詳細については、「ハード ドライブと PCMCIA カードについて」または『 Cisco CRS-1 Carrier Routing System 16-Slot Line Card Chassis System Description 』を参照してください。図4-40 に RP カードのハード ドライブの位置を示します(DRP PLIM のハード ドライブも同じような位置です)。

図4-40 RP カードのハード ドライブの位置

 

 

1

ハード ドライブ ドア(スロット 1)

前提条件

この作業を行う前に、外装ドアを開けます(取り付けられている場合)。

必要な工具と機器

この作業には次の工具と部品が必要です。

静電気防止用リスト ストラップ

フラットヘッド ドライバ(中)

ハード ドライブ

手順

ハード ドライブ を取り付けるには、次の手順に従います。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを手首に着け、シャーシの ESD 接続ソケットの 1 つ、またはシャーシの塗装されていない金属面に、ストラップの装置側を接続します。

ステップ 2 ドライバを使用して、カードの前面プレートのハード ドライブ ドアの左右にある非脱落型ネジをゆるめます。必要に応じて、非脱落型ネジにドライバを使用します。

ステップ 3 ハード ドライブのドアを取り外し、慎重に脇に置きます。

ステップ 4 ハード ドライブのスレッド(ハード ドライブに取り付けられている)の位置を慎重に合わせて、ゆっくりとハード ドライブ スロットに差し込みます。

ステップ 5 スロットに差し込んだらハード ドライブを強く押して、正しく固定します(ハード ドライブがしっかり装着されると、カードのリリース ボタンが少し飛び出した状態になります)。

ステップ 6 埃が入らないようにするため、ハード ドライブ ドアを元どおり取り付け、非脱落型ネジを締めます。


 

次の作業

この作業を行った後は、外装カバー プレートを元どおりに取り付けます。

ハード ドライブの取り外し

ここでは、RP または DRP PLIM からハード ドライブを取り外す方法について説明します。ハード ドライブは RP および DRP カードのどちらにもオプションとして利用でき、同じ要領で取り外します。ハード ドライブの詳細については、「ハード ドライブと PCMCIA カードについて」または『 Cisco CRS-1 Carrier Routing System 16-Slot Line Card Chassis System Description 』を参照してください。図4-41 に RP カードのハード ドライブのドアの位置を示します(DRP PLIM のハード ドライブも同じような位置です)。

図4-41 RP カードのハード ドライブの位置

 

 

1

ハード ドライブ ドア(スロット 1)

前提条件

この作業を行う前に、前面(PLIM 側)の外装ドアを開けます(取り付けられている場合)。

必要な工具と機器

この作業には次の工具が必要です。

静電気防止用リスト ストラップ

フラットヘッド ドライバ(中)

手順

ハード ドライブを取り外すには、次の手順に従います。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを手首に着け、シャーシの ESD 接続ソケットの 1 つ、またはシャーシの塗装されていない金属面に、ストラップの装置側を接続します。

ステップ 2 ドライバを使用して、カードの前面プレートのハード ドライブ ドアの左右にある非脱落型ネジをゆるめます。必要に応じて、非脱落型ネジにドライバを使用します。

ステップ 3 ハード ドライブのドアを取り外し、慎重に脇に置きます。

ステップ 4 リリース ボタンを押して、カードからハード ドライブのスレッドを外します。

ステップ 5 カードからハード ドライブ スレッドを慎重に引き出します。

ステップ 6 取り外したハード ドライブを静電気防止マットの上に置きます。工場に返却する場合は、ただちに静電気防止用袋に入れてください。

ステップ 7 ハード ドライブのスロットを空にしておく場合は、埃が入らないようにドアを元どおりに取り付け、非脱落型ネジを締めます。


 

次の作業

新しいハード ドライブを取り付ける場合は、「ハード ドライブの取り付け」を参照してください。

PCMCIA カードの取り付けおよび取り外し方法

ここでは次の手順について説明します。

「PCMCIA カードの取り付け」

「RP PCMCIA カードの取り外し」

PCMCIA カードの取り付け

ここでは RP カードまたは DRP カードの PCMCIA スロットから PCMCIA カードを取り外す方法について説明します。PCMCIA カードの詳細については、「ハード ドライブと PCMCIA カードについて」または『Cisco CRS-1 Carrier Routing System 16-Slot Line Card Chassis System Description』を参照してください。図4-42 に RP カード前面プレートの PCMCIA ドアの位置を示します(DRP の PCMCIA カードも同じような位置です)。

図4-42 RP カードの PCMCIA スロット ドア

 

 

1

PCMCIA のフリップアップ ドア

前提条件

PCMCIA カードを交換する場合は、「RP PCMCIA カードの取り外し」を参照して、PCMCIA カード スロットから PCMCIA カードを取り外してください。

この作業を行う前に、外装ドアを開けます(取り付けられている場合)。

必要な工具と機器

この作業には次の工具と部品が必要です。

静電気防止用リスト ストラップ

フラットヘッド ドライバ(中)

PCMCIA カード

手順

PCMCIA カードを取り付けるには、次の手順に従います。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを手首に着け、シャーシの ESD 接続ソケットの 1 つ、またはシャーシの塗装されていない金属面に、ストラップの装置側を接続します。

ステップ 2 ドライバを使用して、カードの前面プレートの PCMCIA スロット ドアの下部にある非脱落型ネジをゆるめます。

ステップ 3 ヒンジ付きの PCMCIA スロット ドアを持ち上げながら、新しい PCMCIA フラッシュ カードを PCMCIA カード ケージの左のスロットに慎重に差し込みます。カードが完全に装着されると、リリース ボタンが飛び出します(ボタンが飛び出ていない場合は、挿入方向が間違っている可能性があります。カードの上下を逆にして試してみてください)。

ステップ 4 埃が入らないようにドアを閉め、ドライバで非脱落型ネジを締めます。


 

次の作業

この作業の後、前面(PLIM 側)のカバー プレートを元どおりに取り付けます。

RP PCMCIA カードの取り外し

ここでは RP カードまたは DRP カードの PCMCIA スロットから PCMCIA カードを取り外す方法について説明します。PCMCIA カードの詳細については、「ハード ドライブと PCMCIA カードについて」または『Cisco CRS-1 Carrier Routing System 16-Slot Line Card Chassis System Description』を参照してください。図4-43 に RP カード前面プレートの PCMCIA ドアの位置を示します(DRP の PCMCIA カードも同じような位置です)。

図4-43 RP カードの PCMCIA スロット ドア

 

 

1

PCMCIA のフリップアップ ドア

前提条件

この作業を行う前に、前面(PLIM 側)の外装ドアを開けます(取り付けられている場合)。

必要な工具と機器

この作業には次の工具が必要です。

静電気防止用リスト ストラップ

プラス ドライバ(中)

手順

PCMCIA カードを取り外すには、次の手順に従います。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを手首に着け、シャーシの ESD 接続ソケットの 1 つ、またはシャーシの塗装されていない金属面に、ストラップの装置側を接続します。

ステップ 2 ドライバを使用して、カードの前面プレートの PCMCIA スロット ドアの下部にある非脱落型ネジをゆるめます。

ステップ 3 ヒンジ付きの PCMCIA スロット ドアを持ち上げながら、カード スロットのリリース ボタンを押してカード ケージからカードを外し、左端にある着脱可能な PCMCIA フラッシュ カードを慎重に引き出します。

ステップ 4 取り外した PCMCIA カードを静電気防止用シートの上に置きます。工場に返却する場合は、ただちに静電気防止用袋に入れてください。

ステップ 5 PCMCIA カード スロットを空のままにする場合は、埃が入らないようにドアを閉め、ドライバで非脱落型ネジを締めます。それ以外の場合は、新しい PCMCIA カードを取り付けます。


 

次の作業

新しい PCMCIA カードを取り付ける場合は、「PCMCIA カードの取り付け」を参照してください。

SFP モジュールの取り付けと取り外し方法

ここでは次の手順について説明します。

「ベール クラスプ SFP モジュールの取り付け」

「ベール クラスプ SFP モジュールの取り外し」


警告 光ファイバケーブルが接続されていない場合、ポートの開口部から目に見えないレーザー光が放射されている可能性があります。レーザー光にあたらないように、開口部をのぞきこまないでください。


ベール クラスプ SFP モジュールの取り付け

ここでは、ベール クラスプ SFP モジュールを取り付ける方法について説明します。モジュールには、モジュールの取り付けまたは取り外しに使用するクラスプ(取っ手)が付いています(図4-44 を参照)。

図4-44 ベール クラスプ SFP モジュール

 

前提条件

モジュールを取り付ける前に、前面(PLIM 側)の外装ドアを開けます(取り付けられている場合)。

必要な工具と機器

この作業には次の工具と部品が必要です。

静電気防止用リスト ストラップ

ベール クラスプ SFP モジュール

手順

ベール クラスプ SFP モジュールを PLIM に取り付けるには、次の手順に従います。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを手首に着け、シャーシの ESD 接続ソケットの 1 つ、またはシャーシの塗装されていない金属面に、ストラップの装置側を接続します。

ステップ 2 モジュールを差し込む前にベール クラスプを閉じます。

ステップ 3 モジュールとポートの位置をあわせ、モジュールをポートに差し込みます(図4-45 を参照)。


) モジュールはベール クラスプを傷つけないように持ってください。


図4-45 ポートへのベール クラスプ SFP モジュールの取り付け

 


 

次の作業

この作業の後、前面(PLIM 側)のカバー プレートを元どおりに取り付けます。

ベール クラスプ SFP モジュールの取り外し

ここでは、ベール クラスプ SFP モジュールを取り外す方法について説明します。モジュールには、モジュールの取り付けまたは取り外しに使用するクラスプ(取っ手)が付いています(図4-46 を参照)。

図4-46 ベール クラスプ SFP モジュール

 

前提条件

この作業を行う前に、外装ドアを開けて(取り付けられている場合)、接続されているインターフェイス ケーブルをすべて外します。

必要な工具と機器

この作業には次の工具が必要です。

静電気防止用リスト ストラップ

フラットヘッド ドライバ(小)

手順

ベール クラスプ SFP モジュールを PLIM から取り外すには、次の手順に従います。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを手首に着け、シャーシの ESD 接続ソケットの 1 つ、またはシャーシの塗装されていない金属面に、ストラップの装置側を接続します。

ステップ 2 ポートからすべてのインターフェイス ケーブルを外します。現在 PLIM ポートに接続されているケーブルを書き留めておいてください。

ステップ 3 図4-47 に示すように、人差し指でモジュールのベール クラスプを下方に開きます。ベール クラスプがきつく、人差し指で開けない場合は、小型ドライバかその他の細長い工具を使って、ベール クラスプを開きます。

ステップ 4 図4-47 に示すように、親指と人差し指でモジュールをつかみ、ポートから慎重に取り外します。


) モジュールはベール クラスプを傷つけないように持ってください。


図4-47 ベール クラスプ SFP モジュールの取り外し

 

ステップ 5 取り外したモジュールは、静電気防止用マットの上に置くか、工場に返却する場合はただちに静電気防止用袋に入れてください。

ステップ 6 モジュールを取り付けない場合は、光モジュール ケージに清潔な SFP モジュール ケージ カバーを挿入して PLIM を保護します。


 

次の作業

この作業の後、前面(PLIM 側)のカバー プレートを元どおりに取り付けます。

ケーブル管理ブラケットの取り付けおよび取り外し方法

ここでは次の手順について説明します。

「ケーブル管理ブラケットの取り付け」

「ケーブル管理ブラケットの取り外し」

ケーブル管理ブラケットの取り付け

ここでは Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシにケーブル管理ブラケットを取り付ける方法について説明します。

水平なケーブル管理ブラケットを使用すると、Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシ上の MSC や PLIM のケーブルを整理できます。図4-48 に、シャーシ前面(PLIM 側)に取り付けられた中央シャーシ用ケーブル管理ブラケットを示します。

図4-48 ケーブル管理ブラケット

 

前提条件

この作業を行う前に、外装ドアを開け(取り付けられている場合)、ブラケットを取り付けるシャーシ エリアで作業の邪魔になるようなケーブルがないことを確認します。

必要な工具と機器

この作業には次の工具と部品が必要です。

静電気防止用リスト ストラップ

プラス ドライバ(中)

ケーブル管理ブラケット(シスコ製品番号:CRS-16-LCC-FRNT=)

手順

ケーブル管理ブラケットを取り付けるには、次の手順に従います。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを手首に着け、シャーシの ESD 接続ソケットの 1 つ、またはシャーシの塗装されていない金属面に、ストラップの装置側を接続します。

ステップ 2 ケーブル管理ブラケットをシャーシの所定の位置に合わせます。

ステップ 3 ネジを差し込んで締め、ブラケットをシャーシに固定します。


 

次の作業

ケーブル管理ブラケットを使用して、ケーブルを整理します。

ケーブル管理ブラケットの取り外し

ここでは Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシからケーブル管理ブラケットを取り外す方法について説明します。

水平なケーブル管理ブラケットを使用すると、Cisco CRS-1 16 スロット ラインカード シャーシ上の MSC や PLIM のケーブルを整理できます。図4-49 に、シャーシ前面(PLIM 側)に取り付けられた中央シャーシ用ケーブル管理ブラケットを示します。

図4-49 ケーブル管理ブラケット

 

前提条件

ケーブル管理ブラケットは、シャーシに取り付けられた状態で出荷されます。この作業を行う前に、外装ドアを開けて(取り付けられている場合)、ブラケットからケーブルをすべて外します。

必要な工具と機器

この作業には次の工具が必要です。

静電気防止用リスト ストラップ

プラス ドライバ(中)

手順

ケーブル管理ブラケットを取り外すには、次の手順に従います。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを手首に着け、シャーシの ESD 接続ソケットの 1 つ、またはシャーシの塗装されていない金属面に、ストラップの装置側を接続します。

ステップ 2 ドライバで、ブラケットをシャーシに固定しているネジをゆるめて取り外します。

ステップ 3 ブラケットを慎重に脇に置きます。


 

次の作業

必要に応じて、この段階で交換用のケーブル管理ブラケットを取り付けることができます。