Cisco IOS XR インターフェイスおよびハードウェア コンポーネント コンフィギュレーション ガイド
Cisco IOS XRソフトウェアでの 802.1Q VLANインターフェイスの設定
Cisco IOS XRソフトウェアでの802.1Q VLANインターフェイスの設定
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 977KB) | フィードバック

目次

Cisco IOS XRソフトウェアでの802.1Q VLANインターフェイスの設定

内容

802.1Q VLANインターフェイスを設定するための前提条件

802.1Q VLANインターフェイスの設定に関する情報

802.1Q VLANの概要

802.1Qのタグ付きフレーム

サブインターフェイス

サブインターフェイスのMTU

ネイティブVLAN

802.1Q VLANインターフェイスの設定手順

802.1Q VLANサブインターフェイスの設定

ネイティブVLANの設定

802.1Q VLANサブインターフェイスの削除

VLANインターフェイスの設定例

VLANサブインターフェイスの例

その他の参考資料

関連マニュアル

テクニカル サポート

GLOSSARY

Cisco IOS XRソフトウェアでの802.1Q VLANインターフェイスの設定

ここでは、Cisco IOS XRソフトウェアをサポートするルータ上での802.1Q VLANインターフェイスの設定について説明します。

IEEE 802.1Qの仕様により、VLANメンバーシップ情報でイーサネット フレームにタグ付けする標準方式が確立され、ブリッジ型LAN基盤内でVLANトポロジーの定義、動作、および管理を許可する、VLANブリッジの動作が定義されています。

IEEE 802.1Q規格は、ブロードキャストおよびマルチキャスト トラフィックが帯域幅を必要以上に使用しないように、大きいネットワークを小さい部分にいかにして分割するかという問題に対応します。この規格は、内部ネットワークのセグメント間で高度なセキュリティを確保する場合にも有効です。

Cisco IOS-XRソフトウェアの802.1Q VLANインターフェイス設定に関する機能の履歴

リリース
変更事項

リリース3.0

この機能が導入されました。

802.1Q VLANインターフェイスを設定するための前提条件

802.1Q VLANインターフェイスを設定する前に、次の条件が満たされているかどうかを確認してください。

VLANコマンド用の適切なタスクIDが含まれているタスク グループに対応付けられたユーザ グループに所属している必要があります。

コマンドに対応するタスクIDについては、『Cisco IOS XR Task ID Reference Guide』を参照してください。

イーサネット インターフェイスを設定しておく必要があります。このマニュアルの 「Cisco IOS XRソフトウェアでのイーサネット インターフェイスの設定」 を参照してください。

802.1Q VLANインターフェイスの設定に関する情報

802.1Q VLANインターフェイスを設定するには、次の概念を理解しておく必要があります。

「802.1Q VLANの概要」

「802.1Qのタグ付きフレーム」

「サブインターフェイス」

「サブインターフェイスのMTU」

「ネイティブVLAN」

802.1Q VLANの概要

VLANは、1つ以上のLAN上にあって、実際には複数の異なるLANセグメントに配置されていながら、同じ回線で接続されている場合と同様に通信できるように設定された一連の装置です。VLANは物理接続ではなく、論理接続が基本になるので、ユーザおよびホストの管理、帯域の割り当て、リソースの最適化がきわめて柔軟に行えます。

IEEE 802.1Qプロトコル規格は、ブロードキャストおよびマルチキャスト トラフィックが帯域幅を必要以上に多く消費しないように、大きいネットワークを小さい部分に分割する場合の問題に対応します。この規格は、内部ネットワークのセグメント間で高度なセキュリティを確保する場合にも有効です。

802.1Q仕様では、VLANメンバーシップ情報をイーサネット フレームに挿入するための標準方式が規定されています。

802.1Qのタグ付きフレーム

IEEE 802.1QのタグベースのVLANでは、MACヘッダーに追加したタグを使用して、複数のブリッジにわたってフレームのVLANメンバーシップを識別します。このタグは、VLANおよびQuality of Service(QoS;サービス品質)のプライオリティを識別する目的で使用します。VLANは、手動入力で静的に作成することも、Generic Attribute Registration Protocol(GARP)VLAN Registration Protocol(GVRP)によって動的に作成することもできます。VLAN IDはフレームを特定のVLANに対応付け、スイッチがネットワーク経由でフレームを処理するために必要な情報を提供します。タグ付きフレームはタグなしフレームより4バイト長く、イーサネット フレームのタイプおよび長さフィールド内に2バイトのTag Protocol Identifier(TPID;タグ プロトコルID)、さらにイーサネット フレームの送信元アドレス フィールドのあとから始まる2バイトのTag Control Information(TCI;タグ制御情報)があります。

サブインターフェイス

サブインターフェイスは、ハードウェア インターフェイス上で作成される論理インターフェイスです。ソフトウェアで定義されたこのインターフェイスによって、1つのハードウェア インターフェイス上でトラフィックを複数の論理チャネルに分離できます。また、物理インターフェイス上で利用可能な帯域幅をより有効に活用できます。

インターフェイス名と指定形式の末尾にエクステンションを追加することによって、各サブインターフェイスを区別します。たとえば、TenGigE 0/1/0/0で指定される物理インターフェイス上のイーサネット サブインターフェイス23は、TenGigE 0/1/0/0.23になります。

サブインターフェイスにトラフィックを通過させるには、サブインターフェイスに有効なタギング プロトコル カプセル化およびVLAN IDを割り当てておく必要があります。すべてのイーサネット サブインターフェイスは802.1Q VLANカプセル化がデフォルトです。ただし、VLAN IDは明示的に定義する必要があります。

サブインターフェイスのMTU

サブインターフェイスのMaximum Transmission Unit(MTU;最大伝送ユニット)は、物理インターフェイスから引き継いだ値に802.1Q VLANタグ用の4バイトを加えた値です。

ネイティブVLAN

各物理ポートにネイティブVLANを割り当てなければならない場合があります。タグなしフレームはすべて、PVIDパラメータで指定されたLANに割り当てられます。ポートがタグ付きフレームを受信した場合は、タグが尊重されます。フレームにタグがない場合は、PVID内の値がタグとみなされます。フレームにタグがなく、PVIDがタグ付きなので、ネイティブVLANはVLANを認識するブリッジまたはステーションとVLANを認識しないブリッジまたはステーションを共存させます。

802.1Q VLANインターフェイスの設定手順

ここでは、次の手順について説明します。

「802.1Q VLANサブインターフェイスの設定」(必須)

「ネイティブVLANの設定」(必須)

「802.1Q VLANサブインターフェイスの削除」(必須)

802.1Q VLANサブインターフェイスの設定

ここでは、802.1Q VLANサブインターフェイスの設定手順について説明します。設定したサブインターフェイスを削除する場合は、「802.1Q VLANサブインターフェイスの削除」を参照してください。

手順概要

1. configure

2. interface type instance

3. dot1q vlan number

4. ipv4 address ip-address mask

5. exit

6. ステップ2~5を繰り返して、残りのVLANサブインターフェイスを定義します。

7. end
または
commit

8. show vlan interface [type instance] [ location node-id]

9. show vlan trunks [ brief | summary] [ location node-id] [ interface type instance ]

手順詳細

 

コマンドまたは操作
説明

ステップ 1

configure

 

RP/0/RP0/CPU0:router# configure

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface type instance

 

RP/0/RP0/CPU0:router(config)# interface TenGigE 0/2/0/4.10

サブインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始し、インターフェイスのタイプ、位置、およびサブインターフェイス番号を指定します。

サブインターフェイスの範囲は0~4095です。

ステップ 3

dot1q vlan number

 

RP/0/RP0/CPU0:router(config-subif)# dot1q vlan 100

インターフェイスにVLANを割り当てます。

ステップ 4

ipv4 address ip-address mask

 

RP/0/RP0/CPU0:router(config-subif)# ipv4 address 178.18.169.23/24

インターフェイスにIPアドレスおよびサブネット マスクを割り当てます。

ステップ 5

exit

 

RP/0/RP0/CPU0:router(config-subif)# exit

(任意)サブインターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

exitコマンドを明示的に指定する必要はありません。

ステップ 6

Repeat steps 2 through 5 to define the rest of the VLAN subinterfaces.

--

ステップ 7

end

または

commit

 

RP/0/RP0/CPU0:router(config-if)# end

または

RP/0/RP0/CPU0:router(config-if)# commit

設定変更を保存します。

end コマンドを入力すると、次のように、変更のコミットを要求するプロンプトが表示されます。
Uncommitted changes found.Commit them?

yes を入力すると、設定変更が実行コンフィギュレーション ファイルに保存され、コンフィギュレーション セッションが終了してEXECモードに戻ります。

no を入力すると、設定変更がコミットされずに、コンフィギュレーション セッションが終了してEXECモードに戻ります。

コンフィギュレーション セッションを継続したまま、実行コンフィギュレーション ファイルに設定変更を保存する場合は、 commit コマンドを使用します。

ステップ 8

show vlan interface [type instance][location node-id]

 

RP/0/RP0/CPU0:router# show vlan interface 5

(任意)インターフェイスの設定を表示します。

スロットの設定を表示するには、locationキーワードを使用します。

特定のインターフェイスまたはサブインターフェイスの設定を表示するには、interfaceキーワードを使用します。

ステップ 9

show vlan trunks [brief | summary][location node-id][interface type instance]

 

RP/0/RP0/CPU0:router# show vlan trunk summary

(任意)各VLANトランク インターフェイスの要約を表示します。

キーワードの意味は次のとおりです。

brief ― 簡略版の要約が表示されます。

summary ― 要約全体が表示されます。

location ― 特定スロット上のVLANトランク インターフェイス情報が表示されます。

interface特定のインターフェイスまたはサブインターフェイスの情報が表示されます。

ネイティブVLANの設定

ここでは、インターフェイス上でネイティブ、すなわちデフォルトのVLANを設定する手順について説明します。

手順概要

1. configure

2. interface type instance

3. dot1q native vlan number

4. commit

5. show vlan trunks [ brief | summary] [ location node-id] [ interface type instance ]

手順詳細

 

コマンドまたは操作
説明

ステップ 1

configure

 

RP/0/RP0/CPU0:router# configure

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface type instance

 

RP/0/RP0/CPU0:router(config)# interface TenGigE 0/2/0/4

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始し、10ギガビット イーサネット インターフェイス名および指定形式を指定します。

ステップ 3

dot1q native vlan number

 

RP/0/RP0/CPU0:router(config-if)# dot1q native vlan 1

802.1Qトランク インターフェイスに対応付けるデフォルトすなわちネイティブVLANを定義します。

number引数は、トランク インターフェイスのIDです。

値の範囲は1~4094です(0および4095は予約済み)。

ステップ 4

commit

 

RP/0/RP0/CPU0:router(config-if)# commit

ルータの実行コンフィギュレーションにターゲットの設定をコミットします。

ステップ 5

show vlan trunks [brief | summary][location node-id][interface type instance]

 

RP/0/RP0/CPU0:router# show vlan trunk summary

(任意)各VLANトランク インターフェイスの要約を表示します。

キーワードの意味は次のとおりです。

brief ― 簡略版の要約が表示されます。

summary ― 要約全体が表示されます。

location ― 特定スロット上のVLANトランク インターフェイス情報が表示されます。

interface特定のインターフェイスまたはサブインターフェイスの情報が表示されます。

802.1Q VLANサブインターフェイスの削除

ここでは、「802.1Q VLANサブインターフェイスの設定」で説明した手順に従って設定した802.1Q VLANサブインターフェイスを削除する手順について説明します。

手順概要

1. configure

2. no interface type instance

3. 他のVLANサブインターフェイスを削除する場合は、ステップ2を繰り返します。

4. commit

5. show vlan interface [type instance] [ location node-id]

6. show vlan trunks [ brief | summary] [ location node-id] [ interface type instance ]

手順詳細

 

コマンドまたは操作
説明

ステップ 1

configure

 

RP/0/RP0/CPU0:router# configure

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

no interface type instance

 

RP/0/RP0/CPU0:router(config)# no interface TenGigE 0/2/0/4.10

サブインターフェイスを削除します。そのサブインターフェイスに適用されていた設定もすべて自動的に削除されます。

instance引数は、削除するサブインターフェイスの名前です。

ステップ 3

他のVLANサブインターフェイスを削除する場合は、ステップ2を繰り返します。

--

ステップ 4

commit

 

RP/0/RP0/CPU0:router(config)# commit

ルータの実行コンフィギュレーションにターゲットの設定をコミットします。

ステップ 5

show vlan interface [type instance][location node-id]

 

RP/0/RP0/CPU0:router# show vlan interface 5

(任意)インターフェイスの設定を表示します。

スロットの設定を表示するには、locationキーワードを使用します。

特定のインターフェイスまたはサブインターフェイスの設定を表示するには、interfaceキーワードを使用します。

ステップ 6

show vlan trunks [brief | summary][location node-id][interface type instance]

 

RP/0/RP0/CPU0:router# show vlan trunks summary

(任意)各VLANトランク インターフェイスの要約を表示します。

キーワードの意味は次のとおりです。

brief ― 簡略版の要約が表示されます。

summary ― 要約全体が表示されます。

location ― 特定スロット上のVLANトランク インターフェイス情報が表示されます。

interface特定のインターフェイスまたはサブインターフェイスの情報が表示されます。

VLANインターフェイスの設定例

ここでは、次の例を紹介します。

「VLANサブインターフェイスの例」

VLANサブインターフェイスの例

3つのVLANサブインターフェイスを一度に作成する例を示します。

RP/0/RP0/CPU0:router# configure
RP/0/RP0/CPU0:router(config)# interface TenGigE 0/0/0/1.2
RP/0/RP0/CPU0:router(config-subif)# dot1q vlan 1
RP/0/RP0/CPU0:router(config-subif)# ipv4 address 50.0.0.1/24
RP/0/RP0/CPU0:router(config-subif)# dot1q vlan 2
RP/0/RP0/CPU0:router(config-subif)# ipv4 address 50.0.0.1/32
RP/0/RP0/CPU0:router(config-subif)# dot1q vlan 3
RP/0/RP0/CPU0:router(config-subif)# ipv4 address 50.0.0.1/10
RP/0/RP0/CPU0:router(config-subif)# commit
RP/0/RP0/CPU0Sep 19 20:15:58.925 : config[65726]: %LIBTARCFG-6-COMMIT : Configur
ation committed by user 'unknown'. Use 'show commit changes 1000003460' to view th
e changes.
RP/0/RP0/CPU0:router(config-subif)# exit
RP/0/RP0/CPU0:router(config)# exit
RP/0/RP0/CPU0Sep 19 20:16:26.466 : config[65726]: %SYS-5-CONFIG_I : Configured f
rom console by unknown
RP/0/RP0/CPU0:router# show vlan trunks summary
 
VLAN trunks: 1,
1 are 802.1Q (Ether).
Sub-interfaces: 1,
0 are up,
1 are admin-down.
802.1Q VLANs: 1,
1 have VLAN Ids.
RP/0/RP0/CPU0:router# show vlan interface TenGigE 0/0/0/1.2
 
interface encapsulation vlan-id intf-state
Te0/0/0/1.2 802.1Q 3 admin-down
RP/0/RP0/CPU0:router#show vlan trunks brief
interface encapsulations intf-state
Te0/0/0/1 802.1Q (Ether) admin-down

その他の参考資料

ここでは、VLANインターフェイスの設定に関連する参考資料を紹介します。

関連マニュアル

関連トピック
マニュアル タイトル

Cisco IOS-XRのマスター コマンド リファレンス

Cisco IOS-XR Master Commands List Release 3.0

Cisco IOS XRインターフェイス コンフィギュレーション コマンド

Cisco CRS-1 Series Interface and Hardware Component Command Reference

Cisco CRS-1シリーズを使用する前に読む資料

Cisco CRS-1 Series Carrier Routing System Getting Started Guide

ユーザ グループおよびタスクID

Cisco IOS XR Task ID Reference Guide

リモートCraft Works Interface(CWI)クライアント管理アプリケーションからCisco CRS-1シリーズ ルータのインターフェイスおよびその他のコンポーネントを設定する方法

Cisco CRS-1 Series Carrier Routing System Craft Works Interface Configuration Guide

テクニカル サポート

説明
リンク

TACのホームページには、3万ページに及ぶ検索可能な技術情報があります。製品、テクノロジー、ソリューション、ヒント、およびツールのリンクもあります。Cisco.comに登録されていれば、このページから詳細情報にアクセスできます。

http://www.cisco.com/public/support/tac/home.shtml

GLOSSARY

巻末にある、このマニュアル専用のGLOSSARY(用語集)を参照してください。


) GLOSSARYに含まれていない用語については、『Internetworking Terms and Acronyms』を参照してください。