Cisco MWR 2941-DC モバイル ワイヤレス エッジ ルータ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド、 Release 12.4(20)MR
Cisco MWR 2941-DC ルータ コマンド リ ファレンス
Cisco MWR 2941-DCルータ コマンド リファレンス
発行日;2012/02/06 | 英語版ドキュメント(2010/12/08 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

Cisco MWR 2941-DCルータ コマンド リファレンス

atm ilmi-keepalive

atm vc-per-vp

backup delay

backup peer

bandwidth(ポリシー マップ クラス)

bfd all-interfaces

bfd interval

cbr

cdp enable

cem-group

class(ポリシー マップ)

class cem

class-map

clear gsm-abis

clear ip rtp header-compression

controller

controller shdsl

cns config initial

cns config partial

cns config retrieve

cns event

cns exec

cns id

cns image password

cns image retrieve

cns inventory

cns password

cns template connect

cns trusted-server

dejitter-buffer

drop

dscp

dsl-group

dsl operating-mode

encapsulation(ATM)

fair-queue(class-default)

fair-queue(ポリシー マップ クラス)

gsm-abis congestion abate

gsm-abis congestion critical

gsm-abis congestion enable

gsm-abis congestion onset

gsm-abis jitter

gsm-abis local

gsm-abis lost-recovery

gsm-abis remote

gsm-abis retransmit

gsm-abis set dscp

idle-pattern

ima-group

interface atm ima

ip local interface

ip multicast-routing

ip ospf bfd

ip pim

ip pim rp-address

ip rtp header-compression

ip tcp header-compression

ipran-mib backhaul-notify-interval

ipran-mib location

ipran-mib snmp-access

ipran-mib threshold-acceptable

ipran-mib threshold-overloaded

ipran-mib threshold-warning

keepalive

load-interval

match any

match atm-clp

match cos

match dscp

match ip dscp

match mpls experimental

match precedence

match qos-group

match vlan(QoS)

mode(ATM/T1/E1 コントローラ)

mpls ip(グローバル コンフィギュレーション)

mpls ip(インターフェイス コンフィギュレーション)

mpls ldp router-id

neighbor(OSPF)

neighbor remote-as(BGP)

network-clock-select

network-clock-select hold-timeout

network-clock-select input-stratum4

network-clock-select mode

payload-size

police(割合)

police(ポリシー マップ)

police(2 つのレート)

police rate(コントロール プレーン)

policy-map

preferred-path

priority

protocol(ATM)

pseudowire-class

ptp announce

ptp clock-destination

ptp clock-source

ptp delay-req interval

ptp delay-req unicast

ptp domain

ptp enable

ptp master

ptp min-timing-pkt-size

ptp mode

ptp priority1

ptp priority2

ptp slave

ptp sync interval

ptp two-steps

pw-pvc

queue-limit

random-detect

random-detect atm-clp-based

random-detect cos-based

random-detect discard-class

random-detect discard-class-based

random-detect dscp

random-detect dscp(集約)

random-detect ecn

random-detect exponential-weighting-constant

random-detect precedence-based

recovered-clock slave

recovered-clock recovered

router bgp

router isis

router ospf

service-policy

service-policy(クラス マップ)

service-policy(ポリシー マップ クラス)

set atm-clp

set cos

set cos cos-inner(ポリシー マップ コンフィギュレーション)

set cos-inner

set cos-inner cos

set discard-class

set dscp

set fr-de

set ip dscp

set ip dscp(ポリシー マップ コンフィギュレーション)

set ip dscp tunnel

set ip precedence(ポリシー マップ コンフィギュレーション)

set ip precedence(ポリシー マップ)

set ip precedence(ルート マップ)

set ip precedence tunnel

set ip tos(ルート マップ)

set network-clocks

set precedence

set qos-group

shape

shape(割合)

shape(ポリシー マップ クラス)

shape max-buffers

shdsl annex

shdsl rate

show adjacency

show atm cell-packing

show cem circuit

show cem platform

show connection

show controller

show cns config connections

show cns config outstanding

show cns config stats

show cns event connections

show cns event stats

show cns event subject

show cns image connections

show cns image inventory

show cns image status

show dsl interface atm

show gsm-abis efficiency

show gsm-abis errors

show gsm-abis packets

show gsm-abis peering

show gsm-abis traffic

show interface switchport backup

show ip mroute

show ip rtp header-compression

show ip tcp header-compression

show mpls l2transport vc

show network-clocks

show platform hardware

show policy-map

show policy-map interface

show ppp multilink

show ptp clock

show ptp foreign-master-record

show ptp parent

show ptp port

show ptp time-property

show xconnect

signaling

snmp-server enable traps ipran

snmp-server enable traps ipran alarm-gsm

snmp-server enable traps ipran util

switch l2trust

switchport backup

switchport stacking-partner

termination

tunnel destination

tunnel source

ubr+

vbr-nrt

vbr-rt

xconnect

xconnect logging redundancy

Cisco MWR 2941-DCルータ コマンド リファレンス

この付録には、Cisco MWR 2941-DC ルータ固有の新しいコマンドおよび改訂されたコマンドを英数字順にリストしてあります。


) Cisco IOS の全般的なリファレンスについては、Cisco IOS Software Releases 12.4T のマニュアルを参照してください。Cisco MWR 2941-DC は、12.4T のマニュアルに掲載されているすべてのコマンドをサポートしているわけではありません。


atm ilmi-keepalive

atm vc-per-vp

backup delay

backup peer

bandwidth(ポリシー マップ クラス)

bfd all-interfaces

bfd interval

cbr

cdp enable

cem-group

class(ポリシー マップ)

class cem

class-map

clear gsm-abis

clear ip rtp header-compression

controller

controller shdsl

cns config initial

cns config partial

cns config retrieve

cns event

cns exec

cns id

cns image password

cns image retrieve

cns inventory

cns password

cns template connect

cns trusted-server

dejitter-buffer

drop

dscp

dsl-group

dsl operating-mode

encapsulation(ATM)

fair-queue(class-default)

fair-queue(ポリシー マップ クラス)

gsm-abis congestion abate

gsm-abis congestion critical

gsm-abis congestion enable

gsm-abis congestion onset

gsm-abis jitter

gsm-abis local

gsm-abis lost-recovery

gsm-abis remote

gsm-abis retransmit

gsm-abis set dscp

idle-pattern

ima-group

interface atm ima

ip local interface

ip multicast-routing

ip ospf bfd

ip pim

ip pim rp-address

ip rtp header-compression

ip tcp header-compression

ipran-mib backhaul-notify-interval

ipran-mib location

ipran-mib snmp-access

ipran-mib threshold-acceptable

ipran-mib threshold-overloaded

ipran-mib threshold-warning

keepalive

load-interval

match any

match atm-clp

match cos

match dscp

match ip dscp

match mpls experimental

match precedence

match qos-group

match vlan(QoS)

mode(ATM/T1/E1 コントローラ)

mpls ip(グローバル コンフィギュレーション)

mpls ip(インターフェイス コンフィギュレーション)

mpls ldp router-id

neighbor(OSPF)

neighbor remote-as(BGP)

network-clock-select

network-clock-select hold-timeout

network-clock-select input-stratum4

network-clock-select mode

payload-size

police(割合)

police(ポリシー マップ)

police(2 つのレート)

police rate(コントロール プレーン)

policy-map

preferred-path

priority

protocol(ATM)

pseudowire-class

ptp announce

ptp clock-destination

ptp clock-source

ptp delay-req interval

ptp delay-req unicast

ptp domain

ptp enable

ptp master

ptp min-timing-pkt-size

ptp mode

ptp priority1

ptp priority2

ptp slave

ptp sync interval

ptp two-steps

pw-pvc

queue-limit

random-detect

random-detect atm-clp-based

random-detect cos-based

random-detect discard-class

random-detect discard-class-based

random-detect dscp

random-detect dscp(集約)

random-detect ecn

random-detect exponential-weighting-constant

random-detect precedence-based

recovered-clock slave

recovered-clock recovered

router bgp

router isis

router ospf

service-policy

service-policy(クラス マップ)

service-policy(ポリシー マップ クラス)

set atm-clp

set cos

set cos cos-inner(ポリシー マップ コンフィギュレーション)

set cos-inner

set cos-inner cos

set discard-class

set dscp

set fr-de

set ip dscp

set ip dscp(ポリシー マップ コンフィギュレーション)

set ip dscp tunnel

set ip precedence(ポリシー マップ コンフィギュレーション)

set ip precedence(ポリシー マップ)

set ip precedence(ルート マップ)

set ip precedence tunnel

set ip tos(ルート マップ)

set network-clocks

set precedence

set qos-group

shape

shape(割合)

shape(ポリシー マップ クラス)

shape max-buffers

shdsl annex

shdsl rate

show adjacency

show atm cell-packing

show cem circuit

show cem platform

show connection

show controller

show cns config connections

show cns config outstanding

show cns config stats

show cns event connections

show cns event stats

show cns event subject

show cns image connections

show cns image inventory

show cns image status

show dsl interface atm

show gsm-abis efficiency

show gsm-abis errors

show gsm-abis packets

show gsm-abis peering

show gsm-abis traffic

show interface switchport backup

show ip mroute

show ip rtp header-compression

show ip tcp header-compression

show mpls l2transport vc

show network-clocks

show platform hardware

show policy-map

show policy-map interface

show ppp multilink

show ptp clock

show ptp foreign-master-record

show ptp parent

show ptp port

show ptp time-property

show xconnect

snmp-server enable traps ipran

snmp-server enable traps ipran alarm-gsm

snmp-server enable traps ipran util

switch l2trust

switchport backup

switchport stacking-partner

termination

tunnel destination

tunnel source

ubr+

vbr-nrt

vbr-rt

xconnect

xconnect logging redundancy

atm ilmi-keepalive

Interim Local Management Interface(ILMI)キープアライブをイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで atm ilmi-keepalive コマンドを使用します。ILMI キープアライブをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

atm ilmi-keepalive [ seconds ]

no atm ilmi-keepalive [ seconds ]

 
シンタックスの説明

seconds

(任意)キープアライブ間の秒数。3 秒以下の値は 3 秒に切り上げられます。上限はありません。

 
デフォルト

3 秒

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

11.0

このコマンドが追加されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされました。このトレインの特定の 12.2SX リリースでのサポートは、使用する機能セット、プラットフォームおよびプラットフォーム ハードウェアにより異なります。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

次に、ATM インターフェイス 1/0 の ILMI キープアライブをイネーブルにする例を示します。

interface atm 1/0
atm address-registration
atm ilmi-keepalive

 
関連コマンド

コマンド
説明

atm address-registration

ルータが ILMI でアドレス登録とコールバックの機能を果たせるようにします。

atm vc-per-vp

Virtual Path Identifier(VPI; 仮想パス識別子)ごとにサポートするために仮想チャネル識別子(VCI)の最大数を設定するには、 atm vc-per-vp インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

atm vc-per-vp number

no atm vc-per-vp

 
シンタックスの説明

number

VPI ごとにサポートする VCI の最大数。次の値を指定できます。

16

128

256

1024

2048

4096

16384

65536

 
デフォルト

1024

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

11.0

このコマンドが追加されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされました。このトレインの特定の 12.2SX リリースでのサポートは、使用する機能セット、プラットフォームおよびプラットフォーム ハードウェアにより異なります。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、ATM Interface Processor(AIP; ATM インターフェイス プロセッサ)、ATM ポート アダプタ、ATM ネットワーク モジュール、またはネットワーク プロセッサ モジュール(NPM)での VCI テーブルを扱うためのメモリの割り当てを制御します。このコマンドは、VPI ごとにサポートする VCI の最大数を定義します。VCI の数を制限するわけではありません。

無効な VCI は、警告メッセージを発生させます。


) 1 つのインターフェイスで atm vc-per-vp コマンドの値を変更すると、その変更は、そのネットワーク モジュール上のすべてのインターフェイスに影響します。


表 1 に、指定可能な VCI の範囲と対応する VPI の範囲を示します。

 

表 1 Cisco 2600 および 3600 シリーズ、IMA 付きの VCI と VPI の範囲

VCI の範囲
VPI の範囲

0 ~ 255

0 ~ 15、64 ~ 79、128 ~ 143、192 ~ 207

0 ~ 511

0 ~ 15、64 ~ 79

0 ~ 1023

0 ~ 15

次に、VPI ごとの VCI の最大数を 512 に設定する例を示します。

Router(config)# interface atm1/0
Router(config-if)# atm vc-per-vp 512

 
関連コマンド

コマンド
説明

pvc

PVC インターフェイスを設定します。

backup delay

プライマリ疑似回線(PW)Virtual Circuit(VC; 仮想回線)がダウンした後バックアップ PW VC が動作を再開するまでの待ち時間を指定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードまたは xconnect コンフィギュレーションモードで backup delay コマンドを使用します。デフォルトに戻して、プライマリに障害が発生したら遅延なくただちにセカンダリが稼動し始めるようにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

backup delay enable-delay { disable-delay | never}

no backup delay enable-delay { disable-delay | never}

 
シンタックスの説明

enable-delay

プライマリ PW VC がダウンしてから Cisco IOS ソフトウェアがセカンダリ PW VC を有効にするまでの経過時間(秒数)。指定できる値の範囲は 0 ~ 180 です。デフォルトは 0 です。

disable-delay

プライマリ PW VC がアップしてから Cisco IOS ソフトウェアがセカンダリ PW VC を無効にするにするまでの経過時間(秒数)。指定できる値の範囲は 0 ~ 180 です。デフォルトは 0 です。

never

プライマリ PW VC が再び使用可能になっても、セカンダリ PW VC に障害が起きないかぎり、セカンダリ PW VC はプライマリ PW VC にフォール バックしません。

 
デフォルト

フェールオーバーが発生すると、xconnect 冗長性アルゴリズムにより冗長性グループ内のバックアップ メンバーかプライマリ メンバーに即座に切り替わるか、フォール バックします。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

xconnect コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

10.0

このコマンドが追加されました。

12.2(33)SRB1

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRB1 に統合されました。

12.4(19)MR2

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(19)MR2 に統合されました。

次に、1 つの冗長ピアを使用する Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)xconnect の例を示します。セカンダリ VC に切り替わると、セカンダリ VC で障害が発生しないかぎりプライマリ VC にフォール バックされません。

Router# config t
Router(config)# pseudowire-class mpls
Router(config-pw-class)# encapsulation mpls
Router(config-pw-class)# exit
Router(config)# interface atm1/0
Router(config-if)# xconnect 10.0.0.1 50 pw-class mpls
Router(config-if-xconn)# backup peer 10.0.0.2 50
Router(config-if-xconn)# backup delay 0 never
Router(config-if-xconn)# exit
Router(config-if)# exit
Router(config)# exit
 

次に、1 つの冗長ピアを使用する MPLS xconnect の例を示します。PW が 3 秒間ダウンしないかぎり、切り替えは開始されません。セカンダリ VC に切り替わった後は、プライマリ VC が再確立されアップしてから 10 秒間経過するまでプライマリにフォール バックされません。

Router# config t
Router(config)# pseudowire-class mpls
Router(config-pw-class)# encapsulation mpls
Router(config-pw-class)# exit
Router(config)# interface atm1/0
Router(config-if)# xconnect 10.0.0.1 50 pw-class mpls
Router(config-if-xconn)# backup peer 10.0.0.2 50
Router(config-if-xconn)# backup delay 3 10
Router(config-if-xconn)# exit
Router(config-if)# exit
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

backup peer

PW VC の冗長ピアを設定します。

backup peer

疑似回線(PW)Virtual Circuit(VC; 仮想回線)の冗長ピアを指定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードまたは xconnect コンフィギュレーションモードで backup peer コマンドを使用します。冗長ピアを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

backup peer peer-router-ip-addr vcid [ pw-class pw-class-name ]

no backup peer peer-router-ip-addr vcid

 
シンタックスの説明

peer-router-ip-
addr

リモート ピアの IP アドレス

vcid

レイヤ制御チャネルの各終端にあるルータ間の VC の 32 ビット識別情報

pw-class

(任意)PW タイプ。指定しない場合、PW タイプは親の xconnect から継承されます。

pw-class-name

(任意)PW クラスを確立したときに作成した PW の名前

 
デフォルト

冗長ピアは確立されていません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

xconnect コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.0(31)S

このコマンドが追加されました。

12.2(28)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(28)SB に統合されました。

12.4(11)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(11)T に統合されました。

12.2(33)SRB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRB に統合されました。

12.2(33)SXI

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SXI に統合されました。

12.4(19)MR2

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(19)MR2 に統合されました。

 
使用上のガイドライン

peer-router-ip-addr 引数と vcid 引数の組み合わせは、ルータ上で一意にする必要があります。

次に、1 つの冗長ピアを使用する MPLS xconnect の例を示します。

Router# config t
Router(config)# pseudowire-class mpls
Router(config-pw-class)# encapsulation mpls
Router(config-pw-class)# exit
Router(config)# interface atm1/0
Router(config-if)# xconnect 10.0.0.1 100 pw-class mpls
Router(config-if-xconn)# backup peer 10.0.0.2 200
Router(config-if-xconn)# exit
Router(config-if)# exit
Router(config)# exit
 

次に、ATM インターフェイスのバックアップ ピアのコンフィギュレーション例を示します。

Router# config t
Router(config)# pseudowire-class mpls
Router(config-pw-class)# encapsulation mpls
Router(config-pw-class)# exit
Router(config)# interface atm0/1
Router(config-if)# xconnect 10.0.0.2 1 pw-class mpls
Router(config-if-xconn)# backup peer 10.0.0.2 100 pw-class mpls
Router(config-if-xconn)# exit
Router(config-if)# exit
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

backup delay

プライマリ PW VC がダウンしてからバックアップ PW VC が動作を再開するまでの待ち時間を指定します。

bandwidth(ポリシー マップ クラス)

ポリシー マップに属するクラスに割り当てられる帯域幅を指定または変更するには、あるいは ATM オーバーヘッド アカウンティングをイネーブルにするには、ポリシー マップ クラス コンフィギュレーション モードで bandwidth コマンドを使用します。クラスに指定されている帯域幅を削除するには、または ATM オーバーヘッド アカウンティングをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

bandwidth { bandwidth-kbps | remaining percent percentage | percent percentage }

no bandwidth

 
シンタックスの説明

bandwidth-kbps

クラスに割り当てる帯域幅の量(kbps)。帯域幅の量は、使用中のインターフェイスとプラットフォームに応じて変わります。

remaining percent percentage

使用可能な帯域幅に対する相対パーセントに基づいた保証帯域幅の割合。指定できる値の範囲は 1 ~ 100 です。

percent percentage

保証帯域幅の割合は、プライオリティ クラスのために設定される使用可能な帯域幅に対する絶対比率に基づきます。指定できる値の範囲は 1 ~ 100 です。

aal3

コネクションレス型リンクとコネクション型リンクの両方をサポートする ATM アダプテーション レイヤ 5 を指定します。aal3 または aal5 のいずれかを指定する必要があります。

user-defined

ルータが ATM オーバーヘッドを計算する際にオフセット サイズを使用するように指定します。

offset

ATM オーバーヘッドを計算する際のオフセット サイズを指定します。-63 ~ 63 バイトの範囲内の値を指定できます。

(注) user-defined offset オプションを指定しなかった場合、ルータがオフセット サイズを設定します。

atm

ATM オーバーヘッドの計算に ATM セル タックスを適用します。

(注) offset オプションと atm オプションの両方を設定すると、オフセット サイズに対するパケット サイズの調整が行われてから、ATM セル タックスが追加されます。

 
コマンドのデフォルト

帯域幅は指定されません。

ATM オーバーヘッド アカウンティングはディセーブルです。

 
コマンド モード

ポリシーマップ クラスコンフィギュレーション(config-pmap-c)

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.0(5)T

このコマンドが追加されました。

12.0(5)XE

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(5)XE に統合され、Versatile Interface Processor(VIP)対応の Cisco 7500 シリーズ ルータに実装されました。

12.0(7)T

percent キーワードが追加されました。

12.0(17)SL

このコマンドが Cisco 10000 シリーズ ルータに追加されました。

12.0(22)S

percent キーワードのサポートが Cisco 10000 シリーズ ルータに追加されました。

12.0(23)SX

remaining percent キーワードのサポートが Cisco 10000 シリーズ ルータに追加されました。

12.1(5)T

このコマンドが VIP 対応の Cisco 7500 シリーズ ルータに実装されました。

12.2(2)T

remaining percent キーワードが追加されました。

12.2(28)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(28)SB に統合されました。

12.2(31)SB

このコマンドが Cisco 10000 シリーズ ルータに実装されました。

12.4(20)MR2

このコマンドが、Cisco 10000 シリーズ ルータの PRE3 に追加され、PRE3 向け Cisco 10000 シリーズ ルータでの ATM オーバーヘッド アカウンティング用に機能拡張されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされました。このトレインの特定の 12.2SX リリースでのサポートは、使用する機能セット、プラットフォームおよびプラットフォーム ハードウェアにより異なります。

12.2(31)SB6

このコマンドが ATM オーバーヘッドを計算する際のオフセット サイズを指定するように機能強化され、PRE3 向け Cisco 10000 シリーズ ルータに実装されました。

12.2(33)SRC

Cisco 7600 シリーズ ルータのサポートが追加されました。

12.2(33)SB

Cisco 7300 シリーズ ルータのサポートが追加されました。

12.4(20)T

モジュール式 Quality of Service(QoS)コマンドライン インターフェイス(CLI)(MQC)を使用した階層型キューイング フレームワーク(HQF)のサポートが追加されました。

Cisco IOS XE Release 2.1

このコマンドが Cisco ASR 1000 シリーズ ルータに実装されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

ポリシー マップ コンフィギュレーション

class-map コマンドで定義されたクラスのポリシー マップを設定する際に、 bandwidth コマンドを使用します。 bandwidth コマンドは、そのクラス内のトラフィックの帯域幅を指定します。クラスベース WFQ(CBWFQ)は、クラスに属するパケットの重みを、そのクラスに割り当てられている帯域幅から導出します。次に、CBWFQ はこの重みを使用して、クラスのキューが適正に処理される状態を保証します。

帯域幅を持つ完全プライオリティの設定

完全プライオリティで設定できるクラスは 1 つだけです。その他のクラスは、プライオリティの設定も帯域幅の設定も持てません。他のクラスの最小帯域幅を設定するには、 bandwidth remaining percent コマンドを使用します。

%での帯域幅の指定

kbps 単位で帯域幅の量を指定する以外に、使用可能な帯域幅または総帯域幅に対するパーセント比率で帯域幅を指定することもできます。輻輳の発生中には、そのクラスは、設定されている帯域幅比率に比例した帯域幅で処理されます。帯域幅のパーセント比率は、インターフェイスの帯域幅または階層型ポリシーで使用されている場合の帯域幅に基づきます。使用可能な帯域幅とは、インターフェイスの帯域幅から リソース予約プロトコル(RSVP)機能、IP RTP プライオリティ機能、低遅延キューイング(LLQ)機能に予約されているすべての帯域幅の合計を差し引いた帯域幅です。


bandwidth remaining percent コマンドが設定されていると、確実な保証帯域幅が提供されない場合があり、相対的な帯域幅しか確保されないことを念頭に置いておいてください。つまり、クラスの帯域幅は、常にインターフェイスの帯域幅に対する指定されたパーセント比率に比例します。リンク帯域幅が固定されている場合、クラス保証帯域幅は、設定されているパーセント比率に比例します。リンク帯域幅がわからないか変動する場合、ルータは、kbps でのクラス保証帯域幅を計算することができません。


ルータは、指定された帯域幅をインターフェイス速度の 1/255(ESR-PRE1)または 1/65,535(ESR-PRE2)の最も近い倍数に変換します。実際の帯域幅を表示するには、show policy-map interface コマンドを使用します。

制限事項

bandwidth コマンドには、次の制限事項があります。

設定する帯域幅の量は、レイヤ 2 オーバーヘッドも十分処理できる量にする必要があります。

ポリシー マップでは、すべてのクラス帯域幅を kbps で指定することも、すべてのクラス帯域幅をパーセント比率で指定することもできますが、同じクラス内で両者を混在させることはできません。ただし、プライオリティ クラスでの priority コマンドの単位は、非プライオリティ クラスの帯域幅単位とは異なっていてもかまいません。

そのインターフェイスのサービス ポリシーを定めるために、クラス ポリシー設定を含むポリシー マップがインターフェイスにアタッチされている場合は、 bandwidth percent コマンドを設定すると、利用可能な帯域幅が評価されます。インターフェイスの帯域幅が不十分なことが原因で、特定のインターフェイスにポリシー マップがアタッチできない場合、そのポリシーは、正常にアタッチされていたすべてのインターフェイスから削除されます。この制限事項は、 bandwidth remaining percent コマンドには該当しません。

 
関連コマンド

コマンド
説明

class(ポリシー マップ)

クラスのポリシーを設定する前に、ポリシーを作成または変更するクラスの名前、およびデフォルト クラス(一般に class-default クラスとして知られるクラス)を指定します。

class-map

パケットと指定したクラスを照合するために使用されるクラス マップを作成します。

max-reserved-bandwidth

CBWFQ、LLQ、および IP RTP プライオリティに割り当てるインターフェイス帯域幅のパーセント比率を変更します。

policy-map

1 つまたは複数のインターフェイスに付加してサービス ポリシーを指定するためのポリシー マップを作成または変更します。

priority

ポリシー マップに属するトラフィックのクラスのプライオリティを指定します。

queue-limit

ポリシー マップで設定されているクラス ポリシーのためにキューが保持できるパケットの最大数を指定または変更します。

show policy-map

指定されたサービス ポリシー マップに対するすべてのクラスの設定、または、すべての既存ポリシー マップに対するすべてのクラスの設定を表示します。

show policy-map interface

指定されたインターフェイスまたはサブインターフェイス、あるいはそのインターフェイス上の特定の PVC のすべてのサービス ポリシーに設定されているすべてのクラスのパケット統計情報を表示します。

bfd all-interfaces

ルーティング プロセスに参加しているすべてのインターフェイスの Bidirectional Forwarding Detection(BFD; 双方向フォワーディング検出)をイネーブルにするには、ルータ コンフィギュレーション モードで bfd all-interfaces コマンドを使用します。すべてのインターフェイスの BFD をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

bfd all-interfaces

no bfd all-interfaces

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数もキーワードもありません。

 
コマンドのデフォルト

BFD が、ルーティング プロセスに参加しているインターフェイス上でイネーブルになりません。

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.2(18)SXE

このコマンドが追加されました。

12.0(31)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(31)S に統合されました。

12.4(4)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(4)T に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

障害検出のために BFD を使用するようにルーティング プロトコルを設定する方法は 2 通りあります。ルーティング プロトコルのすべてのネイバーの BFD をイネーブルにするには、ルータ コンフィギュレーション モードで bfd all-interfaces コマンドを入力します。すべてのインターフェイス上で BFD をイネーブルにすることはしたくない場合は、ルータ コンフィギュレーション モードで bfd interface コマンドを入力します。

次に、すべての Intermediate System-to-Intermediate System(IS-IS)ネイバーの BFD をイネーブルにする例を示します。

Router> enable
Router# configure terminal
Router(config)# router isis tag1
Router(config-router)# bfd all-interfaces
Router(config-router)# end
 

次に、すべての Open Shortest Path First(OSPF)ネイバーの BFD をイネーブルにする例を示します。

Router> enable
Router# configure terminal
Router(config)# router ospf 123
Router(config-router)# bfd all-interfaces
Router(config-router)# end

 
関連コマンド

コマンド
説明

bfd

インターフェイスのベースライン BFD セッション パラメータを設定します。

bfd interface

BFD ピアに対してインターフェイスごとに BFD をイネーブル化します。

bfd interval

インターフェイスに対してベースライン Bidirectional Forwarding Detection(BFD; 双方向フォワーディング検出)セッション パラメータを設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで bfd コマンドを使用します。ベースライン BFD セッション パラメータを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

bfd interval milliseconds min_rx milliseconds multiplier multiplier-value

no bfd interval milliseconds min_rx milliseconds multiplier multiplier-value

 
シンタックスの説明

interval milliseconds

BFD 制御パケットが BFD ピアに送信される速度を指定します。 milliseconds 引数に指定できる時間は、50 ~ 999 ミリ秒(ms)です。

min_rx milliseconds

BFD 制御パケットが BFD ピアで受信されるものと期待される速度を指定します。 milliseconds 引数に指定できる時間は、1 ~ 999 ミリ秒(ms)です。

multiplier multiplier-value

BFD ピアから連続して紛失してよい BFD 制御パケットの数を指定します。この数に達すると、BFD はそのピアが利用不可になっていることを宣言し、レイヤ 3 BFD ピアに障害が伝えられます。 multiplier-value 引数に指定できる値の範囲は、3 ~ 50 です。

 
コマンドのデフォルト

ベースライン BFD セッション パラメータの設定はありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション(config-if)

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.2(18)SXE

このコマンドが追加されました。

12.0(31)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(31)S に統合されました。

12.4(4)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(4)T に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(33)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

次に、FastEthernet インターフェイス 3/0 の BFD セッション パラメータを設定する例を示します。

Router> enable
Router# configure terminal
Router(config)# interface vlan1
Router(config-if)# bfd interval 50 min_rx 3 multiplier 3
Router(config-if)# end
 
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

bfd all-interfaces

BFD ピアのすべてのインターフェイスの BFD をイネーブルにします。

bfd interface

BFD ピアに対してインターフェイスごとに BFD をイネーブル化します。

ip ospf bfd

OSPF に設定されている特定のインターフェイスの BFD をイネーブルにします。

cbr

ATM 相手先固定接続(PVC)の ATM 回線エミュレーション サービス(CES)の固定ビット レート(CBR)を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで cbr コマンドを使用します。デフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

cbr rate

no cbr rate

 
シンタックスの説明

rate

ATM CES の固定ビット レート(平均セル レートとも呼ばれます)。有効値の範囲は 32 ~ 1920 kbps です。

 
コマンドのデフォルト

CBR は設定されていません。

 
コマンド モード

interface-ATM-VC コンフィギュレーション(ATM PVC および SVC の場合)
PVC 範囲コンフィギュレーション(ATM PVC 範囲の場合)
PVC-in-range コンフィギュレーション(PVC 範囲内の個々の PVC の場合)
ATM PVP コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.0

このコマンドが Cisco MC3810 の ATM CES に追加されました。

12.1(5)T

このコマンドが、PVC 範囲コンフィギュレーション モードおよび PVC-in-range コンフィギュレーション モードで使用できるようになりました。

12.2(5)

Cisco 7200 シリーズ ルータの PA-A3 ポート アダプタのサポートが追加されました。

12.2(7)

Cisco 7500 シリーズ ルータの PA-A3 ポート アダプタのサポートが追加されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされました。このトレインの特定の 12.2SX リリースでのサポートは、使用する機能セット、プラットフォームおよびプラットフォーム ハードウェアにより異なります。

Cisco IOS XE Release 2.3

このコマンドが、ATM PVP コンフィギュレーション モードで使用できるようになりました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

次に、ATM PVC 20 の固定ビット レートを設定する例を示します。

pvc 20
cbr 56

 
関連コマンド

コマンド
説明

pvc

ATM PVC に名前を割り当て、ATM PVC のカプセル化タイプを指定し、interface-ATM-VC コンフィギュレーション モードに入ります。

cdp enable

インターフェイスの Cisco Discovery Protocol(CDP; シスコ検出プロトコル)をイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで cdp enable コマンドを使用します。インターフェイスの CDP をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

cdp enable

no cdp enable

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数もキーワードもありません。

 
デフォルト

グローバル レベルおよびサポートされているすべてのインターフェイス上でイネーブルになっています。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

10.3

このコマンドが追加されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされました。このトレインの特定の 12.2SX リリースでのサポートは、使用する機能セット、プラットフォームおよびプラットフォーム ハードウェアにより異なります。

12.4(19)MR2

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(19)MR2 に統合されました。

 
使用上のガイドライン

CDP は、CDP 情報の送受信ができるように、グローバル レベルおよびサポートされる各インターフェイスでデフォルトでイネーブルです。ただし、ATM インターフェイスなどのように、インターフェイスによっては CDP をサポートしないものがあります。


) cdp enable、cdp timer、および cdp run コマンドは、IP オンデマンド ルーティング機能(つまり、router odr グローバル コンフィギュレーション コマンド)の動作に影響を及ぼします。router odr コマンドの詳細については『Cisco IOS Command Reference, Volume 2 of 3: Routing Protocols』の「On-Demand Routing Commands」を参照してください。


次に、イーサネット 0 のインターフェイスでだけ CDP をディセーブルにする例を示します。

Router# show cdp
Global CDP information
Sending CDP packets every 60 seconds
Sending a holdtime value of 180 seconds
Sending CDPv2 advertisements is enabled
Router# config terminal
Router(config)# interface ethernet 0
Router(config-if)# no cdp enable
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

cdp run

シスコ製デバイスの CDP を再びイネーブルにします。

cdp timer

Cisco IOS ソフトウェアが CDP アップデートを送信する頻度を指定します。

router odr

ハブ ルータのオンデマンド ルーティングをイネーブルにします。

cem-group

T1 または E1 回線の 1 つまたは複数のタイムスロットから Circuit Emulation(CEM)チャネルを作成するには、コントローラ コンフィギュレーション モードで cem-group コマンドを使用します。CEM グループを削除し、関連するタイムスロットを解放するには、このコマンドの no 形式を使用します。

cem-group group-number { unframed | timeslots time-slot-range }

no cem-group g roup-number

 
シンタックスの説明

group-number

このタイムスロット グループに使用される CEM 識別番号を指定します。

T1 ポートの場合、指定できる値の範囲は 0 ~ 23 です。

E1 ポートの場合、指定できる値の範囲は 0 ~ 30 です。

unframed

回線のフレーム構成構造を指定せずに、すべてのタイムスロットを含む 1 つの CEM チャネルを作成することを指定します。

timeslots

time-slot-range 引数で指定されるタイムスロットのリストを使用することを指定します。

time-slot-range :CEM チャネルに含めるタイムスロットを指定します。タイムスロットのリストには、数字の間にカンマおよびハイフンを使用できますがスペースは使用できません。

 
デフォルト

CEM グループは定義されていません。

 
コマンド モード

コントローラ コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.3(7)T

このコマンドが追加されました。

12.4(12)MR2

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(12)MR2 に統合されました。

 
使用上のガイドライン

T1 または E1 ポート上に CEM チャネルを作成するには、このコマンドを使用します。

次に、CEM チャネルを作成する例を示します。

SATOP

Router# config t
Router(config)# controller el 0/0
Router(config-controller)# cem-group 0 unframed
Router(config-controller)# exit
Router(config)# interface cem 0/0
Router(config-if)# cem 0
Router(config-if-cem)# xconnect 10.10.10.10 200 encapsulation mpls
Router(config-if-cem-xconn)# exit
Router(config-if-cem)# exit
Router(config-if)# exit
Router(config)# exit

CESoPSN

Router# config t
Router(config)# controller el 0/1
Router(config-controller)# cem-group 0 timeslots 1-31
Router(config-controller)# exit
Router(config)# interface cem 0/1
Router(config-if)# cem 0
Router(config-if-cem)# xconnect 10.10.10.10 200 encapsulation mpls
Router(config-if-cem-xconn)# exit
Router(config-if-cem)# exit
Router(config-if)# exit
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

cem

回線エミュレーション コンフィギュレーション モードを開始します。

class(ポリシー マップ)

ポリシーを作成または変更するクラスの名前を指定するには、またはクラスのポリシーを設定する前にデフォルト クラス(一般に class-default クラスとして知られるクラス)を指定するには、ポリシーマップ コンフィギュレーション モードで class コマンドを使用します。ポリシー マップからクラスを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

class { class-name | class-default [ fragment fragment-class-name ]} [ insert-before class-name ] [ service-fragment fragment-class-name ]

no class { class-name | class-default }

 
シンタックスの説明

class-name

設定するクラス、またはポリシーを編集するクラスの名前を指定します。クラス名は、クラス マップと、ポリシー マップでのクラスのポリシーの設定の両方に使用されます。

class-default

デフォルト クラスを指定します。これにより、そのポリシーを設定したり変更したりできるようになります。

fragment fragment-class-name

(任意)デフォルト トラフィック クラスをフラグメントに指定し、フラグメント トラフィック クラスに名前を付けます。

insert-before class-name

(任意)既存の任意の 2 つのクラス マップ間にクラス マップを追加します。

既存の 2 つのクラス マップ間に新しいクラス マップを挿入すると、既存のポリシー マップ コンフィギュレーションの柔軟性が向上します。このオプションを指定しないと、クラス マップはポリシー マップの末尾に追加されます。

このキーワードは、Flexible Packet Matching(FPM)ポリシーでだけサポートされています。

service-fragment fragment-class-name

(任意)クラスがフラグメントのコレクションを分類するように指定します。このクラスにより分類されるフラグメントは、すべて同じ fragment-class-name を共有している必要があります。

 
コマンドのデフォルト

クラスの指定はありません。

 
コマンド モード

ポリシー マップ コンフィギュレーション(config-pmap)

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.0(5)T

このコマンドが追加されました。

12.0(5)XE

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(5)XE に統合されました。

12.0(7)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(7)S に統合されました。

12.1(1)E

このコマンドが Cisco IOS Release 12.1(1)E に統合されました。

12.2(14)SX

このコマンドのサポートが、Cisco 7600 ルータに追加されました。

12.2(17d)SXB

このコマンドが、Cisco 7600 ルータに実装され、Cisco IOS Release 12.2(17d)SXB に統合されました。

12.2(18)SXE

class-default キーワードが Cisco 7600 ルータに追加されました。

12.4(4)T

insert-before class-name オプションが追加されました。

12.2(28)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(28)SB に統合されました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、Cisco 10000 シリーズ ルータの PRE3 に追加されました。

12.2(18)ZY

insert-before class-name オプション が、Catalyst 6500 シリーズの Programmable Intelligent Services Accelerator(PISA)が搭載されているスイッチの Cisco IOS Release 12.2(18)ZY に統合されました。

Cisco IOS XE Release 2.1

このコマンドが Cisco ASR 1000 シリーズ ルータに実装されました。 fragment fragment-class-name および service-fragment fragment-class-name オプションが追加されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

ポリシー マップ コンフィギュレーション モード

ポリシー マップ内で、 class (ポリシー マップ)コマンドを使用すれば、ポリシーを作成または変更するクラスの名前を指定できます。まず、ポリシー マップを指定する必要があります。

ポリシー マップを指定する(および、必要なポリシー マップ コンフィギュレーション モードに入る)には、 class (ポリシー マップ)コマンドを使用する前に、 policy-map コマンドを使用します。ポリシー マップを指定した後は、新しいクラスのポリシーを設定したり、そのポリシー マップ内の任意の既存クラスのポリシーを変更したりできます。

クラスの特性

class-map コマンドを使用して設定すると、ポリシー マップ内で指定したクラス名により、そのクラスの特性(つまりそのポリシー)が、クラス マップおよびその一致基準と結び付けられます。

クラスのポリシーを設定し、その帯域幅を指定し、ポリシー マップをインターフェイスに割り当てると、クラス ベース Weighted Fair Queueing(CBWFQ)によって、そのクラスの帯域幅要件が満たされているかどうかが判断されます。満たされていれば、CBWFQ がその帯域幅要件のキューを割り当てます。

クラスが削除されると、インターフェイスに使用できる帯域幅が、そのクラスにそれまで割り当てられていた量だけ増加します。

ルータに(つまり 1 つのポリシー マップ内で)設定できるクラスの最大数は、64 個です。

定義済みのデフォルト クラス

class-default と呼ばれる定義済みのデフォルト クラスを指定するには、 class-default キーワードを使用します。class-default クラスは、トラフィックがクラス マップ内で設定されているどの一致基準とも一致しない場合に、そのトラフィックが送られるクラスです。

テール ドロップまたは WRED

クラス ポリシーを定義するには、テール ドロップを使用するか( queue-limit コマンドを実行)、または Weighted Random Early Detection(WRED)を使用( random-detect コマンドを実行)することができます。テール ドロップまたは WRED を使用する場合は、次の点に注意してください。

queue-limit コマンドと random-detect コマンドの両方を同じクラス ポリシー内で使用することはできませんが、同じポリシー マップ内の 2 つのクラス ポリシー内で使用することは可能です。

クラス ポリシー内で queue-limit コマンドまたは random-detect コマンドのいずれかが設定されている場合は、 bandwidth コマンドを設定できます。 bandwidth コマンドは、クラスに割り当てられる帯域幅の量を指定します。

定義済みのデフォルト クラスでは、 fair-queue (class-default)コマンドを設定できます。 fair-queue コマンドは、デフォルト クラスのダイナミック キューの数を指定します。 fair-queue コマンドは、 queue-limit コマンドまたは random-detect コマンドと同じクラス ポリシー内で使用できます。 bandwidth コマンドと一緒に使用することはできません。

フラグメント

デフォルト トラフィック クラスは、ポリシー マップ クラス ステートメントで fragment キーワードを使用して、フラグメントとしてマークされています。これにより、フラグメントを分類して、複数のフラグメントをまとめて service-fragment キーワードを使用して作成した別のポリシー マップに入れることができます。フラグメントが使用されると、フラグメントとしてマークされているデフォルト トラフィック クラスに、デフォルト以外のトラフィック クラスとは別に、QoS が適用されます。

フラグメントを使用する場合は、次のガイドラインに従ってください。

フラグメントとしてマークできるのは、デフォルト トラフィック クラスだけです。

デフォルト クラス ステートメントでの fragment fragment-class-name オプションが、デフォルト クラスをフラグメントとしてマークします。

ポリシー マップ内でクラスを定義しているときに service-fragment fragment-class-name オプションを使用すると、同じ fragment-class-name を共有するすべてのフラグメントを含むモジュール式 QoS CLI でのトラフィックのクラスを指定できます。

フラグメントは、同一物理インターフェイス内でしか使用できません。同じ fragment-class-name を共有し、異なるインターフェイス上にあるフラグメントを持つポリシー マップを、 service-fragment fragment-class-name オプションを持つクラスを使用してひとまとめに分類することはできません。

次に、policy1 というポリシー マップに含まれる 3 つのクラス ポリシーを設定する例を示します。class1 は、アクセス コントロール リスト 136 に一致するトラフィックのポリシーを指定します。class2 は、CoS 値が 2 のトラフィックのポリシーを指定します。3 つ目のクラスは、設定済みの一致基準を満たさないパケットが送られるデフォルト クラスです。

! The following commands create class-maps class1 and class2
! and define their match criteria:
class-map class1
match access-group 136
class-map class2
match cos 2
 
 
! The following commands create the policy map, which is defined to contain policy
! specification for class1, class2, and the default class:
policy-map policy1
 
Router(config)# policy-map policy1
Router(config-pmap)# class class1
Router(config-pmap-c)# bandwidth 2000
Router(config-pmap-c)# queue-limit 40
 
Router(config-pmap)# class class2
Router(config-pmap-c)# bandwidth 3000
Router(config-pmap-c)# random-detect
Router(config-pmap-c)# random-detect exponential-weighting-constant 10
 
Router(config-pmap)# class class-default
Router(config-pmap-c)# fair-queue 16
Router(config-pmap-c)# queue-limit 20
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

bandwidth(ポリシー マップ クラス)

ポリシー マップに属するクラスに割り当てられる帯域幅を指定または変更します。

class-map

パケットと指定したクラスを照合するために使用されるクラス マップを作成します。

fair-queue(class-default)

デフォルト クラス ポリシーの一部として class-default クラスで使用するために予約するダイナミック キューの数を指定します。

policy-map

1 つまたは複数のインターフェイスに付加してサービス ポリシーを指定するためのポリシー マップを作成または変更します。

queue-limit

ポリシー マップで設定されているクラス ポリシーのためにキューが保持できるパケットの最大数を指定または変更します。

random-detect(インターフェイス)

WRED または DWRED をイネーブルにします。

random-detect exponential-weighting-constant

キューの平均サイズ計算のための WRED および DWRED 指数加重係数を設定します。

random-detect precedence

特定の IP Precedence の WRED パラメータと DWRED パラメータを設定します。

class cem

クラス内の、CEM インターフェイスに一緒に適用された CEM インターフェイス パラメータを設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで class cem コマンドを使用します。このコマンドは、xconnect に対する pseudowire-class コマンドと同様に、CEM インターフェイスに対して動作します。

class cem class-name

 
シンタックスの説明

class-name

CEM インターフェイス パラメータ クラスの名前 を指定します。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.4(12)MR2

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

class cem コマンドを使用すると、CEM インターフェイスにまとめて適用される、クラスの CEM インターフェイス パラメータを設定できます。class cem コマンドには、次のコンフィギュレーション設定が含まれます。

dejitter-buffer dejitter-in-ms

idle-pattern 8-bit-idle-pattern

payload-size payload-size-in-ms


dejitter-buffer パラメータを使用してデジッタ バッファのサイズを増やすことにより、TDM/PWE 接続でのパケット リオーダーのパフォーマンスを向上させることができます。


次に、CEM インターフェイスのパラメータを設定する例を示します。

Router# config t
Router(config)# class cem mycemclass
Router(config-cem-class)# dejitter-buffer 10
Router(config-cem-class)# sample-rate 32
Router(config-cem-class)# exit
Router(config)# interface cem 0/0
Router(config-if)# no ip address
Router(config-if)# cem 0
Router(config-if-cem)# xconnect 10.10.10.10 200 encapsulation mpls
Router(config-if-cem-xconn)# cem class mycemclass
Router(config-if-cem)# exit
Router(config-if)# exit
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

dejitter-buffer

CEM コンフィギュレーション モードで、ネットワーク ジッタに使用されるデジッタ バッファのサイズを指定します。

idle-pattern

CEM コンフィギュレーション モードで、PWE3 回線上でパケットの欠落が検出されたときに T1/E1 回線上で送信されるデータ パターンを指定します。

sample-rate

CEM 回線コンフィギュレーション モードで、接続回線上のデータをサンプリングする速度(ミリ秒)を指定します。

cem

回線エミュレーション コンフィギュレーション モードを開始します。

class-map

パケットの指定されたクラスに対する照合に使用するクラス マップを作成するには、グローバル コンフィギュレーション モードで class-map コマンドを使用します。ルータから既存のクラス マップを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。 class-map コマンドでクラス マップ コンフィギュレーション モードに入ることができ、そこで match コマンドのいずれかを入力して、このクラスの一致基準を設定します。

class map [type { logging | port-filter | queue-threshold }] [match-all | match-any] class-map-name

no class map [type { logging | port-filter | queue-threshold }] [match-all | match-any] class-map-name

 
シンタックスの説明

type port-filter

(任意)コントロール プレーン パケットの TCP/UDP ポート ポリシングをイネーブルにするポート フィルタ クラス マップを作成します。イネーブルにすると、コントロール プレーン ホスト サブインターフェイス上の特定のポートに向けられたトラフィックのフィルタリングが提供されます。

type queue-threshold

(任意)指定されたプロトコルでコントロール プレーン IP 入力キューに入ることができるパケットの総数を制限するキューしきい値をイネーブルにします。この機能は、コントロール プレーン ホスト サブインターフェイスにしか適用されません。

type logging log-class

(任意)コントロール プレーン上のパケット トラフィックのロギングをイネーブルにします。 log-class には、ログ クラスの名前を指定します。英数字で最大 40 字の名前を指定できます。

match-all

(任意)複数の一致基準が存在する場合に、どのようにしてパケットを評価するかを決定します。このクラス マップの下のステートメントが、論理 AND 関数に基づいて一致します。すべてのステートメントが一致したパケットが一致します。 match-all キーワードも match-any キーワードも指定しなかった場合のデフォルト キーワードは、 match-all です。

match-any

(任意)複数の一致基準が存在する場合に、どのようにしてパケットを評価するかを決定します。このクラス マップの下のステートメントが、論理 OR 関数に基づいて一致します。いずれかのステートメントが一致したパケットが一致します。 match-any キーワードも match-all キーワードも指定しなかった場合のデフォルト キーワードは、 match-all です。

class-map-name

クラス マップのクラスの名前。英数字で最大 40 字の名前を指定できます。クラス名は、クラス マップと、ポリシー マップでのクラスのポリシーの設定の両方に使用されます。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトで設定されているクラス マップはありません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.0(5)T

このコマンドが追加されました。

12.0(5)XE

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(5)XE に統合されました。

12.0(7)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(7)S に統合されました。

12.1(1)E

このコマンドが Cisco IOS Release 12.1(1)E に統合されました。

12.2(14)SX

このコマンドのサポートが、Cisco 7600 シリーズ ルータに追加されました。

12.2(17d)SXB

このコマンドが、Cisco 7600 シリーズ ルータに実装され、Cisco IOS Release 12.2(17d)SXB に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.4(4)T

FPM をサポートするために、 type stack キーワードと type access-control キーワードが追加されました。 コントロール プレーン保護をサポートするために、 type port-filter キーワードと type queue-threshold キーワードが追加されました。

12.4(6)T

コントロール プレーン パケット ロギングをサポートするために、 type logging キーワードが追加されました。

12.2(18)ZY

type stack キーワードと type access-control キーワード が、Catalyst 6500 シリーズの Programmable Intelligent Services Accelerator(PISA)が搭載されているスイッチの Cisco IOS Release 12.2(18)ZY に統合されました。

Cisco IOS XE Release 2.1

このコマンドが Cisco ASR 1000 シリーズ ルータに実装されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

class-map コマンドを使用して、クラス マップの一致基準に一致させるために作成または変更するクラスを指定します。このコマンドでクラス マップ コンフィギュレーション モードに入ることができ、そこで match コマンドのいずれかを入力して、このクラスの一致基準を設定します。入力インターフェイスまたは出力インターフェイスのいずれか( service-policy コマンドの設定により決まります)に到達したパケットが、クラス マップに設定されている一致基準に対して照合され、パケットがそのクラスに属するかどうかが判断されます。

クラス マップを設定する際には、1 つまたは複数の match コマンドを使用して一致基準を指定できます。たとえば、 match access-group コマンド、 match protocol コマンド、または match input-interface コマンドを使用できます。 match コマンドは、Cisco IOS リリースごとに異なります。一致基準および match コマンドの詳細については、『 Cisco IOS Quality of Service Solutions Configuration Guide 』の「Modular Quality of Service Command-Line Interface (CLI) (MQC)」を参照してください。

次に、クラスの名前として class101 を指定し、そのクラスのクラス マップを定義する例を示します。class101 というクラスが、アクセス コントロール リスト 101 に一致したトラフィックのポリシーを指定します。

Router(config)# class-map class101
Router(config-cmap)# match access-group 101
 

次に、SNMP 以外の閉じているポート、つまり「リッスンされていない」ポートに宛てられたすべてのトラフィックをドロップするポート フィルタ ポリシーを設定する例を示します。

Router(config)# class-map type port-filter pf-class
Router(config-cmap)# match not port udp 123
Router(config-cmap)# match closed-ports
Router(config-cmap)# exit
Router(config)# policy-map type port-filter pf-policy
Router(config-pmap)# class pf-class
Router(config-pmap-c)# drop
Router(config-pmap-c)# end
 

次に、 class-map コマンドとそのサブコマンドにアクセスして、ipp5 という名前のクラス マップを設定し、 IP precedence 5 という一致ステートメントを入力する例を示します。

Router(config)# class-map ipp5
Router(config-cmap)# match ip precedence 5
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

class(ポリシー マップ)

クラスのポリシーを設定する前に、ポリシーを作成または変更するクラスの名前、およびデフォルト クラス(一般に class-default クラスとして知られるクラス)を指定します。

class class-default

サービス ポリシー マップのデフォルト クラスを指定します。

match(クラス マップ)

ポート フィルタやプロトコル キュー ポリシーに基づいて、クラス マップの一致基準を設定します。

match access-group

指定した ACL に基づいて、クラス マップの一致基準を設定します。

match input-interface

指定した入力インターフェイスを一致基準として使用するクラス マップを設定します。

match ip dscp

1 つまたは複数の DSCP 値、AF 値、および CS 値を一致基準として指定します。

match mpls experimental

指定した EXP フィールド値を一致基準として使用するクラス マップを設定します。

match protocol

指定したプロトコルに基づいて、クラス マップの一致基準を設定します。

policy-map

1 つまたは複数のインターフェイスに付加してサービス ポリシーを指定するためのポリシー マップを作成または変更します。

service-policy

ポリシー マップを入力インターフェイスまたは仮想回線(VC)もしくは出力インターフェイスまたは VC に割り当てて、そのインターフェイスまたは VC のサービス ポリシーとして使用します。

show class-map

クラス マップ情報を表示します。

show policy-map interface

インターフェイスに割り当てられている入力ポリシーおよび出力ポリシーの統計情報と設定を表示します。

clear gsm-abis

show gsm-abis コマンドにより表示された統計情報をクリアするには、特権 EXEC モードで clear gsm-abis コマンドを使用します。

clear gsm-abis [ serial serial-number interface-number ]

 
シンタックスの説明

serial

 

serial-number

(任意)指定できるシリアル番号の範囲は 0 ~ 6 です。

interface-number

(任意)指定できるインターフェイス番号の範囲は 0 ~ 6 です。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.4(19)MR2

このコマンドが追加されました。

次に、統計情報をクリアする例を示します。

Router# clear gsm-abis serial 0/0:0
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show gsm-abis efficiency

GSM 圧縮/圧縮解除の効率の履歴を 1 秒、5 秒、1 分、5 分、および 1 時間ごとの平均で表示します。

show gsm-abis errors

エラー統計カウンタを表示します。

show gsm-abis packets

パケット統計カウンタを表示します。

show gsm-abis peering [details]

ピアリングのステータス、統計情報、および履歴を表示します。

clear ip rtp header-compression

Real-Time Transport Protocol(RTP)ヘッダー圧縮構造および統計情報をクリアするには、clear ip rtp header-compression 特権 EXEC コマンドを使用します。

clear ip rtp header-compression [type number]

 
シンタックスの説明

type number

(任意)インターフェイス タイプおよび番号

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

11.3

このコマンドが追加されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされました。このトレインの特定の 12.2SX リリースでのサポートは、使用する機能セット、プラットフォームおよびプラットフォーム ハードウェアにより異なります。

12.4(19)MR2

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(19)MR2 に統合されました。

 
使用上のガイドライン

インターフェイス タイプおよび番号を指定しないでこのコマンドを使用すると、すべての RTP ヘッダー圧縮構造および統計情報がクリアされます。

次に、マルチリンク インターフェイス(multilink1)の RTP ヘッダー圧縮構造および統計情報をクリアする例を示します。

Router# clear ip rtp header-compression multilink1

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip rtp header-compression

RTP ヘッダー圧縮をイネーブルにします。

controller

T1 、E1、または BITS コントローラを設定し、コントローラ コンフィギュレーション モードに入るには、グローバル コンフィギュレーション モードで controller コマンドを使用します。

controller { bits | t1 | e1 | shdsl } slot / port/subslot number/port number

 
シンタックスの説明

bits

BITS コントローラ

t1

T1 コントローラ

e1

E1 コントローラ

shdsl

SHDSL コントローラ

slot / port

インターフェイスのバックプレーン スロット番号とポート番号。具体的な値とスロット番号については、ハードウェア インストール マニュアルを参照してください。

subslot number

ルータ上の HWIC がインストールされているサブスロットを定義します。

port

コントローラのポート番号。有効な番号は、0 と 1 です。 slot 引数と port 引数の間には、スラッシュ記号( / )が必要です。

 
デフォルト

T1 コントローラも E1 コントローラも設定されていません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

10.0

このコマンドが追加されました。

10.3

e1 キーワードが追加されました。

12.0(3)T

Cisco AS5800 アクセス サーバのダイヤル シェルフのサポートが追加されました。

12.2(7)XO

j1 キーワードが Cisco 2600 シリーズおよび Cisco 3600 シリーズに追加されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.4(19)MR2

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(19)MR2 に統合されました。

 
関連コマンド

コマンド
説明

controllers shdsl

SHDSL コントローラのコンフィギュレーション モードを開始します。

show controllers e1

E1 コントローラに関する情報を表示します。

show controllers t1

T1 コントローラでのコール総数とコール継続時間を表示します。

controller shdsl

コントローラを Single-pair High-bit-rate Digital Subscriber Line(SHDSL; シングルペア高速デジタル加入者線)モードに設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで controller shdsl コマンドを使用します。

Cisco HWIC-4SHDSL

controller shdsl slot-number / subslot-number / port-number

 
シンタックスの説明

number

コントローラ番号。有効なコントローラ番号は 0 です。

slot-number /

ルータ上の High-Speed WAN Interface Card(HWIC; 高速 WAN インターフェイス カード)がインストールされているスロットを定義します。

subslot-number /

ルータ上の HWIC がインストールされているサブスロットを定義します。

port-number

ルータ上の HWIC がインストールされているポートを定義します。デフォルトでは、Cisco HWIC-4SHDSL および HWIC-2SHDSL は、ポート番号 0 を使用します。

 
デフォルト

コントローラ番号:0

 
コマンド モード

Cisco HWIC-4SHDSL

グローバル コンフィギュレーション

コントローラ コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

11.3(5)AAA

このコマンドが追加されました。

12.2(8)T

このコマンドが Cisco IAD2420 シリーズ IAD に実装されました。

12.4(15)T

このコマンドが Cisco 1841 ルータ上、および Cisco 2800 および 3800 シリーズ アクセス ルータ上で実行される Cisco HWIC-4SHDSL および HWIC-2SHDSL に追加されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、コントローラ モードとコントローラ番号の設定に使用されます。

Cisco HWIC-4SHDSL

次に、controller shdsl コマンドを使用して、Cisco アクセス ルータのコントローラ番号 0、サブスロット 2、ポート番号 0 にインストールされている Cisco HWIC-4SHDSL を設定する例を示します。この例は、コントローラ コンフィギュレーション モードを開始します。

Router(config)# controller shdsl 0/2/0
Router(config-controller)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show controller shdsl

コントローラのステータスと統計情報を表示します。

cns config initial

Cisco Networking Services(CNS)コンフィギュレーション エージェントをイネーブルにして、初期コンフィギュレーションのダウンロードを開始するには、グローバル コンフィギュレーション モードで cns config initial コマンドを使用します。既存の cns config initial コマンドをルーティング デバイスの実行コンフィギュレーションから削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

cns config initial { host-name | ip-address } [ encrypt ] [ port-number ] [ page page ] [ syntax-check ] [ no-persist ] [ source interface name ] [ status url ] [ event ] [ inventory ]

no cns config initial

 
シンタックスの説明

host-name

コンフィギュレーション サーバのホスト名。

ip-address

コンフィギュレーション サーバの IP アドレス。

encrypt

(任意)イベント ゲートウェイへのリンクに Secure Sockets Layer(SSL)で暗号化されたリンクを使用します。

port-number

(任意)コンフィギュレーション サービスのポート番号。0 ~ 65535 の値を指定できます。デフォルトは、暗号化なしで 80、暗号化ありで 443 です。

page

(任意)コンフィギュレーションが Web ページ上に置かれていることを示します。

page

(任意)コンフィギュレーションが置かれている Web ページ。デフォルトは、/cns/config.asp です。

syntax-check

(任意)シンタックス チェックをオンにします。

no-persist

(任意) cns config initial コマンドを実行した結果として引き出されたコンフィギュレーションの NVRAM へのデフォルト自動書き込みを抑制します。これを指定しなければ、 cns config initial コマンドを実行すると、得られたコンフィギュレーションが自動的に NVRAM に書き込まれます。

source

(任意)CNS 通信の送信元を指定します。

interface name

(任意)CNS 通信のソースのインターフェイス名。

status url

(任意)イベントを HTTP 経由で指定された URL に送信して、コンフィギュレーションが正常に完了したことを通知するか、またはコンフィギュレーションにエラーが含まれていたことを警告します。

event

(任意)コンフィギュレーションが正常に完了したことを通知するか、またはコンフィギュレーションにエラーが含まれていたことを警告するイベントをイベント バスに送信します。CNS イベント エージェントが設定されていない場合は、CNS イベント エージェントがイネーブルになるまでイベントが保存されます。 event キーワードを指定しなかった場合、コンフィギュレーションの完了後にはログ メッセージがデバイスのコンソールに送られます。

inventory

(任意)ルータ内のラインカードおよびモジュールのインベントリを HTTP 要求の一部として CNS コンフィギュレーション エンジンに送信します。

 
デフォルト

ポート番号のデフォルトは、暗号化なしで 80、暗号化ありで 443 です。
初期コンフィギュレーションのデフォルト Web ページは、/cns/config.asp です。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.2(2)T

このコマンドが追加されました。

12.0(18)ST

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(18)ST に統合されました。

12.0(22)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(22)S に統合されました。

12.2(2)XB

このコマンドが、Cisco IAD2420 シリーズ Integrated Access Devices(IAD)に実装されました。

12.2(8)T

source キーワードおよび encrypt キーワードが追加されました。

12.3(1)

inventory キーワードが追加されました。

12.3(8)T

status url キーワード/引数の組み合わせが追加されました。

12.2(25)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(25)S に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(33)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。

12.2(33)SXI

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SXI に統合されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

基本的なコンフィギュレーション(ブートストラップ コンフィギュレーションと呼ばれる)を展開に先立って複数のルータに追加するときに、このコマンドを使用します。 cns config initial コマンドは、ルータに初めて電源を入れたときに(または no-persist キーワードを使用してルータをリロードするたびに)、ルータのコンフィギュレーション ファイル(初期コンフィギュレーションと呼ばれる)をコンフィギュレーション サーバからダウンロードします。初期コンフィギュレーションは、各ルータ固有のものにできます。

ルータがコンフィギュレーションを受信したら、コンフィギュレーションの各行が受信した順序で適用されていきます。コンフィギュレーションの行のいずれかで Cisco IOS パーサーのエラーがあった場合、その時点までのコンフィギュレーションはすべてルータに適用されますが、エラーの後のコンフィギュレーションは一切適用されません。エラーが発生した場合、このコマンドは、正常に完了するまで再試行されます。コンフィギュレーションが正常に完了したら、 cns config initial コマンドは、実行コンフィギュレーションから削除されます。デフォルトでは、 no-persist キーワードが設定されていなければ、NVRAM がアップデートされます。

このコマンドを event キーワードを指定して使用すると、コンフィギュレーションが完了した後、イベント バスにメッセージが 1 つ発行されます。イベント バスは、次のいずれかのステータス メッセージを表示します。

cisco.mgmt.cns.config.complete:CNS コンフィギュレーション エージェントは、正常に初期コンフィギュレーションを適用しました。

cisco.mgmt.cns.config.warning:CNS コンフィギュレーション エージェントは、初期コンフィギュレーションを適用しましたが、セマンティック エラーが発生する可能性があります。

このコマンドを status キーワードを指定して使用すると、コンフィギュレーションが完了した後に、指定した URL にメッセージが 1 つ発行されます。

次に、CNS コンフィギュレーション エージェントをイネーブルにして、初期コンフィギュレーションを開始する例を示します。

Router(config)# cns config initial 10.19.4.5
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

cns config connect-intf

CNS コンフィギュレーション エンジンに接続するためのインターフェイスを指定します。

cns config notify

CNS コンフィギュレーションの変更を検出し、以前のコンフィギュレーションと現在のコンフィギュレーションが入ったイベントを送信します。

cns config retrieve

CNS コンフィギュレーション エージェントをイネーブルにし、初期コンフィギュレーションのダウンロードを開始します。

cns event

CNS イベント ゲートウェイを設定します。CNS イベント ゲートウェイは、Cisco IOS クライアントに CNS イベント サービスを提供します。

show cns config status

CNS コンフィギュレーション エージェントのステータスに関する情報を表示します。

cns config partial

Cisco Networking Services(CNS)コンフィギュレーション エージェントを開始して、部分的なコンフィギュレーションを受け入れるには、グローバル コンフィギュレーション モードで cns config partial コマンドを使用します。CNS パーシャル コンフィギュレーション エージェントをシャットダウンするには、このコマンドの no 形式を使用します。

cns config partial { host-name | ip-address } [ encrypt ] [ port-number ] [ source interface name ] [ inventory ]

no cns config partial

 
シンタックスの説明

host-name

コンフィギュレーション サーバのホスト名。

ip-address

コンフィギュレーション サーバの IP アドレス。

encrypt

(任意)ルータと Web サーバの間に、Secure Sockets Layer(SSL)で暗号化されたリンクを使用します。

port-number

(任意)コンフィギュレーション サービスのポート番号。0 ~ 65535 の値を指定できます。デフォルトは、暗号化なしで 80、暗号化ありで 443 です。

source

(任意)このデバイスの送信元を指定します。

interface name

(任意)このデバイスの送信元として使用するインターフェイスの名前。

inventory

(任意)ルータ内のラインカードおよびモジュールのインベントリを HTTP 要求の一部として CNS コンフィギュレーション エンジンに送信します。

 
コマンドのデフォルト

CNS コンフィギュレーション エージェントは、パーシャル コンフィギュレーション受け入れについてイネーブルになっていません。ルータは、更新の要求も受信もしません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.2(2)T

このコマンドが追加されました。

12.0(18)ST

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(18)ST に統合されました。

12.0(22)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(22)S に統合されました。

12.2(2)XB

このコマンドが、Cisco IAD2420 シリーズ Integrated Access Devices(IAD)に実装されました。

12.2(8)T

source キーワードと encrypt 引数が追加されました。

12.3(1)

inventory キーワードが追加されました。

12.2(25)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(25)S に統合されました。

12.4(4)T

このコマンドに変更が加えられ、改良された CNS エラー メッセージが含められました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(33)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。

12.2(33)SXI

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SXI に統合されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、CNS パーシャル コンフィギュレーション エージェントを開始するのに使用します。このコマンドを設定する前に、 cns event コマンドを使用して CNS イベント エージェントをイネーブルにする必要があります。CNS イベント エージェントは、「cisco.mgmt.cns.config.load」というサブジェクトのイベントを送信して、CNS パーシャル コンフィギュレーション エージェントにコンフィギュレーション データをプッシュできるのか、CNS パーシャル コンフィギュレーション エージェントによってコンフィギュレーション サーバからコンフィギュレーション データをプルできるのかを指定します。

プッシュ モデルでは、イベント メッセージがパーシャル コンフィギュレーション エージェントにコンフィギュレーション データを配信します。

プル モデルでは、イベント メッセージは、パーシャル コンフィギュレーション エージェントによる CNS コンフィギュレーション エンジンからのコンフィギュレーション データの取り出し(プル)を開始させます。このイベント メッセージには、実際のコンフィギュレーション データではなく、CNS コンフィギュレーション エンジンに関する情報が入っています。このホスト名または IP アドレスが、取り出すコンフィギュレーションを持っている CNS コンフィギュレーション エンジンのアドレスです。CNS パーシャル コンフィギュレーション エージェントがどの CNS コンフィギュレーション エンジンを使用できるかは、 cns trusted-server コマンドを使用して指定します。

ルータがコンフィギュレーションを受信したら、コンフィギュレーションの各行が受信した順序で適用されていきます。コンフィギュレーションの行のいずれかで Cisco IOS パーサーのエラーがあった場合、その時点までのコンフィギュレーションはすべてルータに適用されますが、エラーの後のコンフィギュレーションは一切適用されません。エラーが発生した場合、このコマンドは、コンフィギュレーションが正常に完了するまで再試行されます。プル モードでは、エラー発生後のコマンドの再試行は行われません。デフォルトでは、 no-persist キーワードが設定されていなければ、NVRAM がアップデートされます。

パーシャル コンフィギュレーションが完了した後、CNS イベント バスにメッセージが発行されます。CNS イベント バスは、次のいずれかのステータス メッセージを表示します。

cisco.mgmt.cns.config.complete:CNS コンフィギュレーション エージェントは、正常にパーシャル コンフィギュレーションを適用しました。

cisco.mgmt.cns.config.warning:CNS コンフィギュレーション エージェントは、パーシャル コンフィギュレーションを完全に適用しましたが、セマンティック エラーが発生する可能性があります。

cisco.mgmt.cns.config.failure(CLI syntax):CNS コンフィギュレーション エージェントは、コマンドライン インターフェイス(CLI)の構文エラーを発見したため、パーシャル コンフィギュレーションを適用できませんでした。

cisco.mgmt.cns.config.failure(CLI semantic):CNS コンフィギュレーション エージェントは、CLI セマンティック エラーを発見したため、パーシャル コンフィギュレーションを適用できませんでした。

次に、172.28.129.22 にあるイベント ゲートウェイからのイベントを受け付けるように CNS パーシャル コンフィギュレーション エージェントを設定する例を示します。CNS パーシャル コンフィギュレーション エージェントは、172.28.129.22 にある CNS コンフィギュレーション サーバにポート番号 80 で接続します。CNS パーシャル コンフィギュレーション エージェントの要求が、172.28.129.40 にあるコンフィギュレーション サーバにポート番号 80 でリダイレクトされます。

Router(config)# cns event 172.28.129.22
Router(config)# cns trusted-server config 172.28.129.40
Router(config)# cns config partial 172.28.129.22
 

次に、サブジェクト「cisco.mgmt.cns.config.results」で送信される拡張エラー メッセージの例を示します。

[2005-09-08 14:30:44]: subject=cisco.mgmt.cns.config.results.dvlpr-7200-6, message=
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<SOAP:Envelope xmlns:SOAP="http://www.w3.org/2003/05/soap-envelope">
<SOAP:Header>
<wsse:Security xmlns:wsse="http://schemas.xmlsoap.org/ws/2002/04/secext" SOAP:mustUnderstand="true">
<wsse:UsernameToken>
<wsse:Username>user1</wsse:Username>
<wsse:Password>password1</wsse:Password>
</wsse:UsernameToken>
</wsse:Security>
<CNS:cnsHeader Version="2.0" xmlns:CNS="http://www.cisco.com/management/cns/envelope">
<CNS:Agent>CNS_CONFIG</CNS:Agent>
<CNS:Response>
<CNS:correlationID>SOAP_IDENTIFIER</CNS:correlationID>
</CNS:Response>
<CNS:Time>2005-09-13T08:34:36.523Z</CNS:Time>
</CNS:cnsHeader>
</SOAP:Header>
<SOAP:Body xmlns="http://www.cisco.com/management/cns/config">
<configResults version="2.0" overall="Success">
<configId>AAA</configId>
</configResults>
</SOAP:Body>
</SOAP:Envelope>

 
関連コマンド

コマンド
説明

cns config initial

CNS コンフィギュレーション エージェントを起動し、初期コンフィギュレーションを開始します。

cns event

CNS イベント エージェント サービスをイネーブルにし、設定を行います。

cns trusted-server

CNS エージェントの信頼できるサーバを指定します。

show cns config outstanding

開始はされているけれども、まだ完了していない差分 CNS コンフィギュレーションに関する情報を表示します。

cns config retrieve

Cisco Networking Services(CNS)コンフィギュレーション エージェントをイネーブルにし、初期コンフィギュレーションのダウンロードを開始するには、特権 EXEC モードで cns config retrieve コマンドを使用します。

cns config retrieve { host-name | ip-address } [ encrypt ] [ port-number ] [ page page ] [ overwrite-startup ] [ retry retries interval seconds ] [ syntax-check ] [ no-persist ] [ source interface name ] [ status url ] [ event ] [ inventory ]

 
シンタックスの説明

host-name

コンフィギュレーション サーバのホスト名。

ip-address

コンフィギュレーション サーバの IP アドレス。

encrypt

(任意)イベント ゲートウェイへのリンクに Secure Sockets Layer(SSL)で暗号化されたリンクを使用します。

port-number

(任意)コンフィギュレーション サービスのポート番号。0 ~ 65535 の値を指定できます。デフォルトは、暗号化なしで 80、暗号化ありで 443 です。

page

(任意)コンフィギュレーションが Web ページ上に置かれていることを示します。

page

(任意)コンフィギュレーションが置かれている Web ページ。デフォルトは、/cns/config.asp です。

overwrite-startup

(任意)スタートアップ コンフィギュレーション ファイルを置き換えます。実行コンフィギュレーション ファイルには適用されません。

retry retries

(任意)再試行のインターバルを指定します。指定できる値の範囲は 0 ~ 100 です。デフォルトは 0 です。

interval seconds

(任意)次にデバイスのコンフィギュレーションをコンフィギュレーション サーバに要求するまでの時間を秒単位で指定します。指定できる値の範囲は 1 ~ 3600 です。

syntax-check

(任意)シンタックス チェックをオンにします。

no-persist

(任意) cns config retrieve コマンドを実行した結果として引き出されたコンフィギュレーションの NVRAM へのデフォルト自動書き込みを抑制します。これを指定しなければ、 cns config retrieve コマンドを実行すると、得られたコンフィギュレーションが自動的に NVRAM に書き込まれます。

source

(任意)CNS 通信の送信元を指定します。

interface name

(任意)コンフィギュレーションの送信元のインターフェイス名。

status url

(任意)コンフィギュレーションを HTTP 経由で指定された URL に送信して、コンフィギュレーションが正常に完了したことを通知するか、またはコンフィギュレーションにエラーが含まれていたことを警告します。

event

(任意)コンフィギュレーションが正常に完了したことを知らせるイベントか、コンフィギュレーションにエラーが含まれていたという警告か、またはコンフィギュレーションが失敗したことを知らせるメッセージを CNS イベント バスに送信します。CNS イベント エージェントが設定されていない場合は、CNS イベント エージェントがイネーブルになるまでイベントが保存されます。 event キーワードを指定しなかった場合、コンフィギュレーションの完了後にはログ メッセージがデバイスのコンソールに送られます。

inventory

(任意)ルータ内のラインカードおよびモジュールのインベントリを HTTP 要求の一部として CNS コンフィギュレーション エンジンに送信します。

 
デフォルト

ポート番号のデフォルトは、暗号化なしで 80、暗号化ありで 443 です。
初期コンフィギュレーションのデフォルト Web ページは、/cns/config.asp です。

 
コマンド モード

特権 EXEC(#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.2(2)T

このコマンドが追加されました。

12.0(18)ST

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(18)ST に統合されました。

12.0(22)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(22)S に統合されました。

12.3(1)

inventory キーワードが追加されました。

12.2(25)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(25)S に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.4(15)T

retry retries interval seconds のキーワードと引数が追加されました。

12.2(33)SRC

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRC に統合されました。

12.2(33)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。

12.2(33)SXI

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SXI に統合されました。

12.4(20)MR

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、デバイスのコンフィギュレーションをコンフィギュレーション サーバに要求するために使用します。 cns trusted-server コマンドを使用して、どのコンフィギュレーション サーバが使用できるか(信頼できるか)を指定します。

ルータがコンフィギュレーションを受信したら、コンフィギュレーションの各行が受信した順序で適用されていきます。コンフィギュレーションの行のいずれかで Cisco IOS パーサーのエラーがあった場合、その時点までのコンフィギュレーションはすべてルータに適用されますが、エラーの後のコンフィギュレーションは一切適用されません。エラーが発生した場合、コマンドの再試行は行われません。

パーシャル コンフィギュレーションが完了した後、イベント バスにメッセージが 1 つ発行されます。イベント バスは、次のいずれかのステータス メッセージを表示します。

cisco.mgmt.cns.config.complete:CNS コンフィギュレーション エージェントは、正常にコンフィギュレーションを適用しました。

cisco.mgmt.cns.config.warning:CNS コンフィギュレーションは、コンフィギュレーションを完全に適用しましたが、セマンティック エラーが発生する可能性があります。

cisco.mgmt.cns.config.failure:CNS コンフィギュレーション エージェントは、エラーを発見したため、コンフィギュレーションを適用できませんでした。

CNS イベント エージェントと cns config partial コマンドを使用することが実際的ではない環境では、コマンド スケジューラ コマンド( kron policy-list コマンド、 cli コマンドなど)で cns config retrieve コマンドを使用できます。 cli コマンド内で設定する場合、コンフィギュレーションの変更を検出するためのコンフィギュレーション サーバのポーリングに cns config retrieve コマンドを使用できます。

任意指定の retry キーワードと interval キーワードを使用すれば、信頼できるサーバからのコンフィギュレーションの取得を試みるまでに待機する時間を秒単位で指定できます。コンフィギュレーション エージェントが到達できないサーバに到達しようと無限に再試行するのを防ぐために、再試行の回数は 100 回までと制限されています。キーボード ショートカットの Ctrl+Shift+6 キーを使用すれば、このコマンドを破棄できます。

次に、10.1.1.1 にある信頼できるサーバにコンフィギュレーションを要求する例を示します。

Router(config)# cns trusted-server all 10.1.1.1
Router(config)# exit
Router# cns config retrieve 10.1.1.1

 

次に、10.1.1.1 にある信頼できるサーバにコンフィギュレーションを要求し、CNS コンフィギュレーション取得間隔を設定する例を示します。

Router(config)# cns trusted-server all 10.1.1.1
Router(config)# exit
Router# cns config retrieve 10.1.1.1 retry 50 interval 1500
CNS Config Retrieve Attempt 1 out of 50 is in progress
Next cns config retrieve retry is in 1499 seconds (Ctrl-Shft-6 to abort this command).
..
00:26:40: %CNS-3-TRANSPORT: CNS_HTTP_CONNECTION_FAILED:10.1.1.1 -Process= "CNS config retv", ipl= 0, pid= 43
00:26:40: %CNS-3-TRANSPORT: CNS_HTTP_CONNECTION_FAILED -Process= "CNS config retv", ipl= 0, pid= 43......

 
関連コマンド

コマンド
説明

cli

コマンド スケジューラ ポリシー リスト内の EXEC CLI コマンドを指定します。

cns config initial

CNS コンフィギュレーション エージェントを起動し、初期コンフィギュレーションを開始します。

cns trusted-server

CNS エージェントの信頼できるサーバを指定します。

kron policy-list

コマンド スケジューラ ポリシーの名前を指定し、kron-policy コンフィギュレーション モードを開始します。

show cns config status

CNS コンフィギュレーション エージェントのステータスに関する情報を表示します。

cns event

Cisco IOS クライアントに CNS イベント サービスを提供する Cisco Networking Services(CNS)イベント ゲートウェイを設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで cns event コマンドを使用します。ゲートウェイ リストから指定したゲートウェイを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

cns event { host-name | ip-address } [ encrypt ] [ port-number ] [ backup ] [ failover-time seconds ] [ keepalive seconds retry-count ] [ source interface-name ] [ clock-timeout time ] [ reconnect time ]

no cns event [ host-name | ip-address ] [ port-number ] [ encrypt ] [ backup ] [ failover-time seconds ] [ keepalive seconds retry-count ] [ source interface name ] [ clock-timeout time ] [ reconnect time ]

 
シンタックスの説明

host-name

イベント ゲートウェイのホスト名。

ip-address

イベント ゲートウェイの IP アドレス。

encrypt

(任意)イベント ゲートウェイへのリンクに Secure Sockets Layer(SSL)で暗号化されたリンクを使用します。

(注) このキーワードは、SSL をサポートしているイメージでしか使用できません。

port-number

(任意)イベント ゲートウェイのポート番号。

有効値の範囲は 0 ~ 65535 です。デフォルトは、暗号化なしで 11011、暗号化ありで 11012 です。

backup

(任意)バックアップ ゲートウェイを示します。

省略した場合、プライマリ ゲートウェイを示します。バックアップ ゲートウェイを設定するには、その前にプライマリ ゲートウェイが設定されている必要があります。任意指定のキーワードは、省略した場合、プライマリ ゲートウェイ用のものとして設定されます。

failover-time seconds

(任意)バックアップ ゲートウェイへのルートが確立された後にプライマリ ゲートウェイ ルートを待って待機する時間を秒単位で指定します。

有効値の範囲は 0 ~ 65535 です。デフォルトは 3 です。

keepalive seconds retry-count

(任意)キープアライブ タイムアウト(秒単位)と再試行回数を指定します。

source interface-name

(任意)CNS 通信の送信元のインターフェイス名を示します。

clock-timeout time

(任意)CNS イベント エージェントが正確なクロックを必要とするトランスポート(SSL など)のためにクロックが設定されるのを待って待機する最大時間を分単位で指定します。デフォルトは 10 です。

reconnect time

(任意)最大再試行タイムアウトの設定可能な上限を秒単位で指定します。

有効値の範囲は 1 ~ 65535 です。デフォルトは 3600 です。

 
コマンドのデフォルト

CNS イベント ゲートウェイは設定されていません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.2(2)T

このコマンドが追加されました。

12.0(18)ST

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(18)ST に統合されました。

12.0(22)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(22)S に統合されました。

12.2(2)XB

このコマンドが、Cisco IAD2420 シリーズ Integrated Access Devices(IAD)に実装されました。

12.2(8)T

encrypt キーワード、 init-retry キーワード、 source キーワード、および force-fmt1 キーワードが追加されました。

12.3

reconnect-time キーワードが追加されました。

12.3(1)

init-retry キーワードが failover-time キーワードで置き換えられました。 force-fmt1 キーワードが削除されました。 clock-timeout キーワードが追加されました。

12.2(25)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(25)S に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(33)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。

12.2(33)SXI

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SXI に統合されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

CNS イベント エージェントがその他のすべての CNS エージェントのための CNS イベント バスへのトランスポート接続を提供するため、その他のどの CNS エージェントを設定するよりも前に CNS イベント エージェントをイネーブルにする必要があります。その他の CNS エージェントは、CNS イベント バスへの接続を使用してメッセージを送受信します。CNS イベント エージェントは、メッセージの読み取りも修正も行いません。

バックアップ CNS イベント ゲートウェイを設定している場合は、 failover-time キーワードが便利です。CNS イベント エージェントがゲートウェイに接続しようとして、プライマリ ゲートウェイへのルートよりも前にバックアップへのルートが利用可能なことを検出した場合に、CNS イベント エージェントがバックアップ ゲートウェイへの接続を試みずにプライマリ ゲートウェイへのルートを探し続ける時間が、 seconds 引数によって決まります。

帯域幅制約リンクを使用していない場合は、キープアライブ タイムアウトと再試行回数を設定してください。そうすることにより、Cisco IE2100 コンフィギュレーション エンジンに障害が発生した場合でも管理ネットワークがスムーズに復元できます。キープアライブ データがないと、このような障害が発生したときには、すべてのデバイスで手動の作業が必要になります。 seconds 引数の値に retry-count 引数の値を掛けた値が、CNS イベント エージェントが接続を切断してゲートウェイへの再接続を試みるまでのアイドル時間になります。 retry-count は最低でも 2 回にすることをお勧めします。

任意指定の source キーワードを使用する場合は、送信元 IP アドレスを特定のインターフェイスのセカンダリ IP アドレスにすれば、管理ネットワークが運用中のネットワークの上で稼動できるようになります。

CNS イベント エージェントを実行する Cisco IOS ルータとゲートウェイの間にネットワーク接続がないと、イベント エージェントは指数関数的なバックアップ再試行モードに入り、上限(何時間にも及ぶ可能性があります)で行き詰まります。 reconnect-time キーワードで、最大再試行タイムアウトの上限を設定できます。

cns password コマンドを使用して CNS パスワードを設定すると、既存の接続が閉じられ、開きなおされます。

次に、キープアライブを 60 秒、再試行回数を 5 回にして、プライマリ CNS イベント ゲートウェイのアドレスを IP アドレス 10.1.2.3、ポート 11011 上で実行されるコンフィギュレーション エンジン ソフトウェアに設定する例を示します。

Router(config)# cns event 10.1.2.3 11011 keepalive 60 5

 
関連コマンド

コマンド
説明

cns id

CNS サービスで使用する一意のイベント ID, コンフィギュレーション ID、またはイメージ ID を設定します。

cns password

CNS パスワードを設定します。

show cns event status

CNS イベント エージェントに関するステータス情報を表示します。

cns exec

Cisco IOS クライアントに Cisco Networking Services(CNS)exec エージェント サービスを提供する CNS exec エージェントをイネーブルにして設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで cns exec コマンドを使用します。CNS exec エージェント サービスの使用をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

cns exec [ host-name | ip-address ] [ encrypt [ enc-port-number ]] [ port-number ] [ source interface name ]

no cns exec [ host-name | ip-address ] [ encrypt [ enc-port-number ]] [ port-number ] [ source interface name ]

 
シンタックスの説明

host-name

(任意)exec サーバのホスト名。

ip-address

(任意)exec サーバの IP アドレス。

encrypt

(任意)exec エージェント サーバへのリンクに Secure Sockets Layer(SSL)で暗号化されたリンクを使用します。

(注) このキーワードは、SSL をサポートしているイメージでしか使用できません。

enc-port-number

(任意)暗号化された exec サーバのポート番号。デフォルトは 443 です。

port-number

(任意)exec サーバのポート番号。デフォルトは 80 です。

source

(任意) ip-address 引数で定義された IP アドレスを CNS exec エージェント通信の送信元として使用するように指定します。

interface name

(任意)インターフェイス名。

 
デフォルト

CNS exec エージェントは設定されていません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.3(1)

このコマンドが追加されました。

12.2(25)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(25)S に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(33)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。

12.2(33)SXI

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SXI に統合されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

CNS exec エージェントは、リモート アプリケーションが、コマンドの入ったイベント メッセージを送信することによって、EXEC モードのコマンドライン インターフェイス(CLI)コマンドを Cisco IOS デバイス上で実行することを可能にします。制限された一部の EXEC CLI コマンド( show コマンド)がサポートされています。

以前の Cisco IOS リリースでは、 cns config partial コマンドによって CNS コンフィギュレーション エージェントをイネーブルにすると、CNS exec エージェントがイネーブルになっていました。

次に、exec エージェント サーバ用の IP アドレスが 10.1.2.3、ポート番号が 93 で、送信元 IP アドレスが 172.17.2.2 の CNS exec エージェントをイネーブルにする例を示します。

Router(config)# cns exec 10.1.2.3 93 source 172.17.2.2

 
関連コマンド

コマンド
説明

cns event

CNS イベント エージェント サービスをイネーブルにし、設定を行います。

show cns event subject

アプリケーションによってサブスクライブされる CNS イベント エージェント サブジェクトのリストを表示します。

cns id

Cisco Networking Services(CNS)によって使用される一意のイベント ID、コンフィギュレーション ID、またはイメージ ID を設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで cns id コマンドを使用します。Cisco IOS デバイスのホスト名の識別子を設定するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ID の選択が IP アドレスまたは MAC アドレスの場合

cns id type number { ipaddress | mac-address } [ event | image ]

no cns id type number { ipaddress | mac-address } [ event | image ]

ID の選択がその他の場合

cns id { hardware-serial | hostname | string string | udi } [ event | image ]

no cns id { hardware-serial | hostname | string string | udi } [ event | image ]

 
シンタックスの説明

type number

インターフェイスのタイプ( ethernet group-async loopback virtual-template など)とインターフェイス番号。

一意の ID を定義するためにどのインターフェイスから IP アドレスまたは MAC アドレスを取得するかを示します。

ipaddress

type number 引数で指定された IP アドレスを一意の ID として使用します。

mac-address

type number 引数で指定された MAC アドレスを一意の ID として使用します。

event

(任意)この ID がイベント ID 値になるように設定します。イベント ID 値は、CNS イベント サービスの Cisco IOS デバイスを識別するために使用されます。

任意指定のキーワードを両方とも省略した場合、Cisco IOS デバイスのホスト名がイベント ID に設定されます。

image

(任意)この ID がイメージ ID 値になるように設定します。イメージ ID 値は、CNS イメージ エージェント サービスの Cisco IOS デバイスを識別するために使用されます。

任意指定のキーワードを両方とも省略した場合、Cisco IOS デバイスのホスト名がイメージ ID に設定されます。

hardware-serial

ハードウェア シリアル番号を一意の ID として使用します。

hostname

ホスト名を一意の ID として使用します。これはシステム デフォルトです。

string string

任意のテキスト ストリングを一意の ID として使用します。通常は、ホスト名を指定します。

udi

製品の一意のデバイス ID(UDI)を一意の ID として使用します。

 
コマンドのデフォルト

システムのデフォルトでは、Cisco IOS デバイスのホスト名が一意の ID として使用されます。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.2(2)XB

このコマンドが Cisco IAD2420 シリーズ IAD に追加されました。

12.2(8)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(8)T に統合されました。 dns-reverse キーワードが削除されました。

12.3(1)

イメージ ID を設定するための任意指定の image キーワードが追加されました。

12.3(14)T

製品 UDI を一意の ID として使用するための udi キーワードが追加されました。

12.2(25)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(25)S に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(33)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。

12.2(33)SXI

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SXI に統合されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、CNS コンフィギュレーション エージェントに一意の ID を設定するのに使用します。これが、ブートアップ時に Cisco IOS デバイスへの初期コンフィギュレーション テンプレートをプルします。

CNS コンフィギュレーション サービスのためのコンフィギュレーション ID 値、CNS イベント サービスのためのイベント ID 値、CNS イメージ エージェント サービスのためのイメージ ID 値から、1 つまたは 3 つすべての ID を設定できます。すべての値を設定するには、このコマンドを 3 回使用します。

CNS イベント ID をCisco IOS デバイスのホスト名に設定するには、このコマンドの no 形式を、 event キーワードを指定して使用します。CNS コンフィギュレーション ID を Cisco IOS デバイスのホスト名に設定するには、このコマンドの no 形式を、 event キーワードを指定せずに使用します。CNS イメージ ID を Cisco IOS デバイスのホスト名に指定するには、このコマンドの no 形式を、 image キーワードを指定して使用します。

一意のデバイス ID

識別可能な Cisco 製品は、エンティティ MIB(RFC-2737)とそのサポート ドキュメントで規定されるとおり、それぞれがエンティティです。エンティティには、サブエンティティを持つものもあります。たとえば、シャーシはスロットをサブエンティティとして持ちます。イーサネット スイッチは、スーパーエンティティ(スタックなど)のメンバーです。発注可能な製品である Cisco エンティティのほとんどが、UDI を割り当てられた状態で出荷されます。UDI 情報は、ハードウェア デバイスに貼られたラベルに印刷されており、リモートからも取得できるようにデバイスに電子的にも保存されています。UDI 取得を使用するには、使用中の Cisco 製品の UDI がイネーブルになっている必要があります。

UDI は、次の要素で構成されています。

製品 ID(PID)

バージョン ID(VID)

シリアル番号(SN)

PID は、製品の発注に使用できる名前で、従来は「製品名」または「部品番号」と呼ばれていたものです。この ID は、交換部品を正確に注文するために使用するものです。

VID は、製品のバージョンです。製品が改訂されると、製品の変更通知を統制する業界ガイドラインである Telcordia GR-209-CORE による厳密なプロセスに従ってその数字が増加します。

SN は、ベンダー固有の製品のシリアル番号です。製造された各製品が、工場で割り当てられたシリアル番号を持っています。シリアル番号を出荷後に変更することはできません。シリアル番号は、製品の特定のインスタンスを個別に識別するために使用されます。


udi キーワードは、PID 値、VID 値、および SN 値で構成される ID を作成します。PID 値、VID 値、SN 値にスペースが含まれていた場合、それらはすべて削除されます。製品の UDI を表示するには、show inventory コマンドを使用します。このキーワードは、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA では使用できません。


次に、Cisco IOS デバイスのホスト名をコンフィギュレーション ID 値として指定する例を示します。

Router(config)# cns id hostname
 

次に、Cisco IOS デバイスのハードウェア シリアル番号をイベント ID 値として指定する例を示します。

Router(config)# cns id hardware-serial event
 

次に、UDI をイベント ID 値として指定する例を示します。

Router(config)# cns id udi event
 

次に、イーサネット インターフェイス 0/1 の IP アドレスをイメージ ID 値として指定する例を示します。

Router(config)# cns id ethernet 0/1 image

 
関連コマンド

コマンド
説明

cns event

Cisco IOS クライアントに CNS イベント サービスを提供する CNS イベント ゲートウェイをイネーブルにします。

cns image

Cisco IOS クライアントへの CNS イメージ エージェント サービスをイネーブルにします。

show inventory

ネットワーク デバイス内にインストールされているすべての Cisco 製品の製品インベントリ リストを表示します。

cns image password

Cisco Networking Services(CNS)イメージ エージェント サービスで使用するパスワードを設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで cns image password コマンドを使用します。パスワードの使用をディセーブルにするには、このコマンドを no 形式で使用します。

cns image password image-password

no cns image password image-password

 
シンタックスの説明

image-password

CNS イメージ エージェント サービスに使用するパスワード。

 
コマンドのデフォルト

CNS イメージ エージェント サービスで使用されるパスワードはありません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.3(1)

このコマンドが追加されました。

12.2(31)SB2

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 に統合されました。

12.2(33)SRB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRB に統合されました。

12.2(33)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。

12.2(33)SXI

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SXI に統合されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、すべての CNS イメージ エージェント メッセージに入れてイメージ ID と一緒に送信するパスワードを作成するのに使用します。これらのメッセージの受信側は、この情報を使用して送信側デバイスを認証できます。このパスワードは、その他の CNS イメージ エージェント コマンドで設定された HTTP 基本認証に使用されるユーザ名とパスワードとは異なっていてかまいません。

次に、CNS イメージ エージェント サービスに使用されるパスワードを設定する例を示します。

Router(config)# cns image password textabc

 
関連コマンド

コマンド
説明

cns id

CNS サービスで使用する一意のイベント ID, コンフィギュレーション ID、またはイメージ ID を設定します。

cns image retrieve

Cisco Networking Services(CNS)イメージ配信サーバに問い合わせを行い、新しいイメージが存在した場合には新しいイメージをダウンロードするには、特権 EXEC モードで cns image retrieve コマンドを使用します。

cns image retrieve [ server server-url [ status status-url ]]

 
シンタックスの説明

server

(任意)ダウンロードできる更新されたイメージに関する情報の問い合わせ先となるイメージ配信サーバを指定します。

server-url

(任意)イメージ配信サーバへの問い合わせに使用する URL。

Status

(任意)このコマンドにより生成されたステータス メッセージはすべて status-url 引数で指定した URL に送信されるように指定します。

status-url

(任意)ステータス メッセージの書き込み先となる Web サーバの URL。

 
コマンドのデフォルト

あらかじめグローバル コンフィギュレーション モードで CNS イメージ サーバが設定されていないと、エラーが発生します。

 
使用上のガイドライン

cns image retrieve コマンドを、 server キーワードと server-url 引数を指定せずに特権 EXEC モードで発行すると、エラーが発生します。

CNS イメージ サーバが設定されており、 cns image retrieve コマンドを server キーワードおよび server-url 引数なしで発行すると、 cns image コマンドで設定されたサーバ パスが使用されます。

cns image コマンドを、任意指定の server キーワードを指定してグローバル コンフィギュレーション モードで発行した場合は、 cns image retrieve コマンドを特権 EXEC モードで指定する際にキーワードは一切必要なく、エラーも発生しません。

 
コマンド モード

特権 EXEC(#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.3(1)

このコマンドが追加されました。

12.2(31)SB2

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 に統合されました。

12.2(33)SRB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRB に統合されました。

12.2(33)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。

12.2(33)SXI

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SXI に統合されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを設定するよりも前に、 cns image コマンドを使用して CNS イメージ エージェント サービスをイネーブルにしておく必要があります。

このコマンドを使用して、イメージ配信サーバをポーリングし、新しいイメージが存在した場合には、その新しいイメージを Cisco IOS デバイスにダウンロードします。

次に、10.19.2.3 にあるイメージ配信サーバにアクセスし、新しいイメージが存在する場合には新しいイメージをダウンロードするように CNS イメージ エージェントを設定する例を示します。

Router# cns image retrieve server https://10.20.2.3:8080/cns/imageserver/ status https://10.20.2.3:8080/cns/imageserver/messages/

 
関連コマンド

コマンド
説明

cns image

CNS イメージ エージェント サービスをイネーブルにします。

cns trusted-server

CNS エージェントの信頼できるサーバを指定します。

show cns image status

CNS イメージ エージェントのステータスに関する情報を表示します。

cns inventory

CNS インベントリ エージェントをイネーブルにし(つまり、ルータのラインカードとモジュールのインベントリを CNS コンフィギュレーション エンジンに送信し)、CNS インベントリ モードを開始するには、グローバル コンフィギュレーション モードで cns inventory コマンドを使用します。CNS インベントリ エージェントをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

cns inventory

no cns inventory

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数もキーワードもありません。

 
コマンドのデフォルト

CNS インベントリ エージェントはディセーブルになっています。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.2(8)T

このコマンドが追加されました。

12.3(1)

config , event キーワード、および notify oir キーワードが削除されました。

12.2(25)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(25)S に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

ルータのポート アダプタおよびインターフェイス インベントリに発生した変更を CNS コンフィギュレーション エンジンにいつ通知するかを指定するには、このコマンドを announce config および transport event CNS インベントリ コンフィギュレーション モード コマンドと一緒に使用します。どの CNS インベントリ コマンドを実行するよりも前に、CNS インベントリ コンフィギュレーション モードでトランスポートを指定する必要があります。

次に、CNS インベントリ エージェントをイネーブルにして、CNS インベントリ コンフィギュレーション モードを開始する例を示します。

Router(config)# cns inventory
Router(cns_inv)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

cns config initial

CNS コンフィギュレーション エージェントを起動し、初期コンフィギュレーションを開始します。

cns password

Cisco Networking Services(CNS)のパスワードを設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで cns password コマンドを使用します。CNS パスワードをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

cns password password

no cns password password

 
シンタックスの説明

password

CNS パスワードを指定する任意の文字ストリング。

 
コマンドのデフォルト

CNS パスワードは設定されていません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.4(8)T

このコマンドが追加されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

CNS パスワードは、ルータを初めて配置したときに設定する必要があり、コンフィギュレーション エンジン(CE)上で設定されているブートストラップ パスワードと同じでなければなりません。ルータと CE ブートストラップ パスワードの両方がデフォルト設定を使用していれば、新しく配置したルータはその CE に接続できます。

いったん接続されたら、CE が CNS パスワードをブートストラップ パスワードからランダムなパスワードに変更します。ネットワーク管理者は、決して CNS パスワードを変更しないようにしてください。CNS パスワードを変更すると、CE との接続が失われます。

次に、password1 という CNS パスワードを設定する例を示します。

Router(config)# cns password password1

 
関連コマンド

コマンド
説明

cns id

CNS サービスによって使用される一意のイベント ID、コンフィギュレーション ID、またはイメージ ID を設定します。

cns template connect

Cisco Networking Services(CNS)テンプレート接続コンフィギュレーション モードを開始して、CNS 接続テンプレートの名前を定義するには、グローバル コンフィギュレーション モードで cns template connect コマンドを使用します。CNS 接続テンプレートをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

cns template connect name

no cns template connect name

 
シンタックスの説明

name

設定する CNS 接続テンプレートの名前。

 
コマンドのデフォルト

CNS 接続テンプレートは定義されていません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.3(2)XF

このコマンドが追加されました。

12.3(8)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.3(8)T に統合されました。

12.3(9)

このコマンドが Cisco IOS Release 12.3(9) に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(33)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。

12.2(33)SXI

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SXI に統合されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

cns template connect コマンドを使用して CNS テンプレート接続コンフィギュレーション モードを開始し、設定する CNS 接続テンプレートの名前を定義します。次に、 cli コマンドを使用して、CNS 接続テンプレートのコマンドラインを指定します。


) CNS 接続テンプレートを作成する際には、exit コマンドを入力してテンプレートの設定を完了させ、CNS テンプレート接続コンフィギュレーション モードを終了する必要があります。この要件は、誤って cli コマンドなしにコマンドを入力してしまうことを防ぐために実装されたものです。


次に、template1 という名前の CNS 接続テンプレートを設定する例を示します。

Router(config)# cns template connect template1
Router(config-templ-conn)# cli command-1
Router(config-templ-conn)# cli command-2
Router(config-templ-conn)# cli no command-3
Router(config-templ-conn)# exit
Router(config)#

template1 テンプレートを適用すると、次のコマンドがルータのパーサーに送信されます。

command-1
command-2
no command-3
 

CNS コンフィギュレーション エンジンへの ping 試行が失敗した後に template1 テンプレートがルータのコンフィギュレーションから削除されると、次のコマンドがルータのパーサーに送信されます。

no command-1
no command-2
command-3

 
関連コマンド

コマンド
説明

cli(cns)

CNS 接続テンプレートのコマンドラインを指定します。

cns connect

CNS 接続コンフィギュレーション モードを開始し、CNS コンフィギュレーション エンジンに接続するための CNS 接続プロファイルのパラメータを定義します。

discover(cns)

CNS コンフィギュレーション エンジンへの接続のための CNS 接続プロファイル内でのインターフェイス パラメータを定義します。

template(cns)

ルータのコンフィギュレーションに適用する、CNS 接続プロファイル内での CNS 接続テンプレートのリストを指定します。

cns trusted-server

Cisco Networking Services(CNS)エージェントのための信頼できるサーバを指定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで cns trusted-server コマンドを使用します。CNS エージェントのための信頼できるサーバの使用をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

cns trusted-server { all-agents | config | event | exec | image } name

no cns trusted-server { all-agents | config | event | exec | image } name

 
シンタックスの説明

all-agents

すべての CNS エージェントのための信頼できるサーバを指定します。

config

CNS コンフィギュレーション エージェントのための信頼できるサーバを指定します。

event

CNS イベント エージェントのための信頼できるサーバを指定します。

EXEC

CNS exec エージェントのための信頼できるサーバを指定します。

image

CNS イメージ エージェントのための信頼できるサーバを指定します。

name

信頼できるサーバのホスト名または IP アドレスを指定するストリング。

 
デフォルト

デフォルトでは、暗黙的なサーバ ストリングだけが信頼されます。

コマンドライン インターフェイス(CLI)を介した CNS イベント エージェントのサーバ ストリングの設定は、すべての CNS エージェントによる暗黙的な信頼になります。その他の CNS エージェントについては、CLI を使用したサーバ ストリングの設定は、指定したエージェントのサーバの暗黙的な信頼になります。たとえば、 cns exec 10.2.1.2 はストリング 10.2.1.2 を暗黙的に設定し、exec エージェントによって暗黙的に信頼されます。また、 cns event 10.4.2.2 と指定すると、ストリング 10.4.2.2 を暗黙的に設定し、すべての CNS エージェントによって暗黙的に信頼されます。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.3(1)

このコマンドが追加されました。

12.2(25)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(25)S に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(33)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。

12.2(33)SXI

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SXI に統合されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

cns trusted-server コマンドを使用して、個々の CNS エージェントまたはすべての CNS エージェントのために信頼できるサーバを指定します。以前の Cisco IOS リリースでは、CNS エージェントはどのサーバにも接続できましたが、これがシステムをセキュリティ違反にさらしていました。リストにないサーバに接続しようとすると、エラー メッセージが表示され、拡張マークアップ言語(XML)の認証失敗が応答されます。下位互換性のために、CNS エージェントのための設定 CLI を使用したサーバ アドレスの設定は、指定したエージェントのためのサーバの暗黙的な信頼になります。

このコマンドは、CNS エージェントがその応答を、特定の CNS エージェントに対してコマンドラインで明示的に設定されていないサーバ アドレスにリダイレクトするようにする場合に使用します。たとえば、CNS exec エージェントに 1 つのサーバが設定されていても、設定されているサーバを無効にするメッセージを CNS イベント バスから受信する場合もあります。新しいサーバ アドレス ストリングは明示的に設定されてはいないため、新しいサーバ アドレスは信頼できるサーバではありません。CNS exec エージェントがこの新しいサーバ アドレスに応答しようとすると、新しいサーバ アドレス ストリングのための cns trusted-server コマンドが設定されていなければ、エラーが生成されます。

cns trusted-server コマンドは、ドメイン ネーム システム(DNS)は使用しません。その代わりに、暗黙的に信頼できるサーバとして設定されたサーバと要求されてリダイレクトされたサーバ アドレス間でストリング比較が行われます。

次に、サーバ 10.19.2.5 を CNS イベント エージェントのための信頼できるサーバとして設定する例を示します。

Router# cns trusted-server event 10.19.2.5
 

次に、TDNS によって host.somedomain.com にマッピングされているサーバ 10.2.2.8 をすべての CNS エージェントのための信頼できるサーバとして設定する例を示します。

Router# cns trusted-server all-agents 10.2.2.8
Router# cns trusted-server all-agents host
Router# cns trusted-server all-agents host.somedomain.com
 

次に、ストリング 10.2.2.8 を CNS イメージ エージェントのための暗黙的な信頼できるサーバとして設定する例を示します。

Router# cns image server 10.2.2.8 status 10.2.2.8

 
関連コマンド

コマンド
説明

cns config

CNS コンフィギュレーション エージェント サービスを設定します。

cns event

CNS イベント エージェント サービスをイネーブルにし、設定を行います。

cns image

CNS イメージ エージェント サービスを設定します。

dejitter-buffer

デジッタ バッファのサイズを設定するには、CEM コンフィギュレーション モードで dejitter-buffer コマンドを使用します。デジッタ バッファをデフォルトのサイズに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

dejitter-buffer size

no dejitter-buffer

 
シンタックスの説明

size

デジッタ バッファのサイズをミリ秒単位で指定します。指定できる値の範囲は 4 ~ 500ms です。デフォルトは 4ms です。

 
デフォルト

デフォルトのデジッタ バッファ サイズは、4 ミリ秒です。

 
コマンド モード

CEM コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.3(7)T

このコマンドが追加されました。

12.4(19)MR2

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(19)MR2 に統合されました。

次に、デジッタ バッファのサイズを指定する例を示します。

Router# config t
Router(config)# interface cem 0/0
Router(config-if)# no ip address
Router(config-if)# cem 0
Router(config-if-cem)# dejitter-buffer 10
Router(config-if-cem)# xconnect 10.10.10.10 200 encapsulation mpls
Router(config-if-cem-xconn)# exit
Router(config-if-cem)# exit
Router(config-if)# exit
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

cem

回線エミュレーション コンフィギュレーション モードを開始します。

cem class

指定された CEM クラス名の中で定義されている CEM インターフェイス パラメータを回線に適用します。

class cem

CEM インターフェイスにまとめて適用される、クラスの CEM インターフェイス パラメータを、グローバル コンフィギュレーション モードで設定します。

drop

特定のクラスに属するパケットを廃棄するようにトラフィック クラスを設定するには、ポリシー マップ コンフィギュレーション モードで drop コマンドを使用します。トラフィック クラスのパケット廃棄処理をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

drop

no drop

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数もキーワードもありません。

 
デフォルト

ディセーブルです。

 
コマンド モード

ポリシー マップ クラス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.2(13)T

このコマンドが追加されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

トラフィック クラス内のパケットを無条件に廃棄するために drop コマンドを設定する場合は、次の点に注意してください。

パケットの廃棄は、トラフィック クラス内で設定できる唯一の処理です。つまり、トラフィック クラス内ではその他の処理は一切設定できません。

トラフィック クラスが drop コマンドで設定されている場合、そのトラフィック クラスの「子」ポリシー(ネストされたポリシー)を service policy コマンドで設定することはできません。

パケットの廃棄は、デフォルト クラス(class-default クラス)には設定できません。

次に、「class1」というトラフィック クラスを作成し、「policy1」というポリシー マップで使用するように設定する例を示します。ポリシー マップ(サービス ポリシー)は、出力シリアル インターフェイス 2/0 にアタッチされます。アクセス グループ 101 に一致するすべてのパケットが、「c1」というクラス内に置かれます。このクラスに属するパケットは、廃棄されます。

Router(config)# class-map class1
Router(config-cmap)# match access-group 101
Router(config-cmap)# policy-map policy1
Router(config-pmap)# class c1
Router(config-pmap-c)# drop
Router(config-pmap-c)# interface s2/0
Router(config-if)# service-policy output policy1
Router(config-if)# end

 
関連コマンド

コマンド
説明

show class-map

すべてのクラス マップおよびその一致基準を表示します。

show policy-map

指定されたサービス ポリシー マップに対するすべてのクラスの設定、または、すべての既存ポリシー マップに対するすべてのクラスの設定を表示します。

show policy-map interface

指定されたインターフェイスまたはサブインターフェイス、あるいはそのインターフェイス上の特定の PVC のすべてのサービス ポリシーに設定されているすべてのクラスのパケット統計情報を表示します。

dscp

Differential Services Code Point(DSCP)値の最小および最大パケットしきい値を変更するには、random-detect-group コンフィギュレーション モードで dscp コマンドを使用します。最小および最大パケットしきい値を DSCP 値のデフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

dscp dscp-value min-threshold max-threshold [ mark-probability-denominator ]

no dscp dscp-value min-threshold max-threshold [ mark-probability-denominator ]

 
シンタックスの説明

dscp-value

DSCP 値を指定します。DSCP 値には、0 ~ 63 の数字、または、 ef af11 af12 af13 af21 af22 af23 af31 af32 af33 af41 af42 af43 cs1 cs2 cs3 cs4 cs5 cs7 のいずれかのキーワードを指定できます。

min-threshold

パケット数の最小しきい値。この引数に指定できる値の範囲は、1 ~ 4096 です。キューの平均の長さが最小しきい値に達すると、Weighted Random Early Detection(WRED)が、指定された DSCP 値を持つ一部のパケットをランダムにドロップします。

max-threshold

パケット数の最大しきい値。この引数に指定できる値の範囲は、 min-threshold の値 ~ 4096 です。キューの平均の長さが最大しきい値を超えると、WRED は、指定された DSCP 値を持つすべてのパケットをドロップします。

mark-probability-denominator

(任意)キューの平均の深さが最大しきい値にあるときにドロップされたパケットの割合の分母。たとえば、分母が 512 の場合、キューの平均が最大しきい値になったときに、512 パケットごとに 1 つのパケットがドロップされます。指定できる値の範囲は、1 ~ 65536 です。デフォルトは 10 で、最大しきい値では 10 パケットごとに 1 つのパケットがドロップされます。

 
コマンドのデフォルト

WRED がパケットをドロップする可能性の計算に DSCP 値を使用している場合は、DSCP テーブルのすべてのエントリが、「使用上のガイドライン」の 表 2 に示されているデフォルト設定で初期化されます。

 
コマンド モード

Random-detect-group コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.1(5)T

このコマンドが追加されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされました。このトレインの特定の 12.2SX リリースでのサポートは、使用する機能セット、プラットフォームおよびプラットフォーム ハードウェアにより異なります。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、 random-detect-group コマンドと組み合わせて使用する必要があります。

さらに、 dscp コマンドが使用できるのは、 random-detect-group コマンドを使用するときに dscp-based 引数を指定した場合だけです。

表 2 に、 dscp コマンドで使用される DSCP デフォルト設定を示します。 表 2 に、DSCP 値と、その対応する最小しきい値、最大しきい値、およびマーク確率を示します。このテーブルの最後の行(「デフォルト」という見出しの行)は、表内で個別に示されていないすべての DSCP 値に使用されるデフォルト設定です。

 

表 2 DSCP デフォルト設定

DSCP
(優先順位)
最小しきい値
最大しきい値
マーク確率

af11

32

40

1/10

af12

28

40

1/10

af13

24

40

1/10

af21

32

40

1/10

af22

28

40

1/10

af23

24

40

1/10

af31

32

40

1/10

af32

28

40

1/10

af33

24

40

1/10

af41

32

40

1/10

af42

28

40

1/10

af43

24

40

1/10

cs1

22

40

1/10

cs2

24

40

1/10

cs3

26

40

1/10

cs4

28

40

1/10

cs5

30

40

1/10

cs6

32

40

1/10

cs7

34

40

1/10

ef

36

40

1/10

rsvp

36

40

1/10

デフォルト

20

40

1/10

次に、DSCP 値 af22 を使用するように WRED をイネーブル化する例を示します。DSCP 値 af22 の最小しきい値は 28、最大しきい値は 40、マーク確率は 10 です。

Router> enable

Router# configure terminal

Router(config)# random-detect-group class1 dscp-based

Router(cfg-red-group)# dscp af22 28 40 10

Router(cfg-red-group)# end

 
関連コマンド

コマンド
説明

random-detect-group

per-VC WRED または per-VC DWRED をイネーブルにします。

show queueing

設定されているすべてのまたは選択されたキュー戦略を表示します。

show queueing interface

インターフェイスまたは VC のキューの統計情報を表示します。

dsl-group

デジタル加入者線(DSL)グループを作成して設定し、config-controller-dsl-group モードを開始するか、または自動的に ATM グループを設定するには、config-controller モードで dsl-group コマンドを使用します。DSL グループをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

dsl-group {number pairs link number} [ ima | m-pair]

no dsl-group {number pairs link number} [ ima | m-pair]

 
シンタックスの説明

number

DSL グループ番号を定義します。次のいずれかの値を指定できます。

0

1

pairs

DSL ワイヤ ペアを定義します。

link number

ペアのリンク番号を指定します。リンク番号オプションは、ハードウェア インターフェイスおよび必要な DSL グループに基づいて、次の選択肢のいずれかに制限されます。

IMA DSL グループ

0

1

2

3

番号 0、1、2、3 の任意の組み合わせ

M-Pair DSL グループ

0-1

0-2

0-3

2-Pair DSL グループ

0-1

2-3

1-Pair DSL グループ

0

1

2

3

ima

DSL グループを Inverse Multiplexing over ATM(IMA)グループとして定義します。IMA グループは、Inverse Multiplexing over ATM(IMA)を使用して、複数の DSL 回線を組み合わせて単一の回線にすることを可能にします。

m-pair

DSL グループを M-pair グループとして定義します。M-pair グループは、複数の DSL 回線を組み合わせて単一の回線にすることを可能にします。

 
コマンドのデフォルト

定義済みの DSL グループも自動設定される DSL グループもありません。

 
コマンド モード

Config コントローラ

Config-controller-dsl-group

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.4(15)T

このコマンドが Cisco 1841 ルータ、および Cisco 2800 シリーズおよび 3800 シリーズのアクセス ルータ上で実行される Cisco HWIC-4SHDSL および HWIC-2SHDSL に追加されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

config-controller モードから dsl-group コマンドを使用して DSL グループを定義し、config-controller-dsl-group モードから手動で DSL グループを設定します。 dsl-group auto コマンドを使用すれば、ATM dsl-group の Central Office(CO; セントラル オフィス)コンフィギュレーションを自動的に採用できます。


) 自動コンフィギュレーションは、IMA グループではサポートされていません。


自動コンフィギュレーションは、1 つの DSL グループと ATM インターフェイスだけに制限されています。1 つのグループが自動的に設定されると、その他のグループは一切作成できません。自動コンフィギュレーション グループを作成する場合は、その前に手動で作成したすべてのグループを削除する必要があります。

CO が複数のコンフィギュレーションを実行している場合、CPE は、次のプライオリティに基づいてコンフィギュレーションを選択します。
1.M-PAIR
2.4-WIRE
3.2-WIRE

CO が同じタイプのコンフィギュレーションを複数実行している場合、CPE は、リンク 0 を持つコンフィギュレーションを選択します。

次に、dsl-group コマンドを使用して IMA-DSL グループを作成し、config-controller-dsl-group モードを開始する例を示します。

Router(config-controller)# dsl-group 1 pairs 0-1 ima
Router(config-controller-dsl-group)#
Sep 14 13:15:40.285:%HWIC_SHDSL-5-DSLGROUP_UPDOWN: SHDSL 0/2/0 dsl-group(1) state changed to down.
Sep 14 13:15:42.285:%LINK-3-UPDOWN: Interface ATM0/2/IMA1, changed state to down
Sep 14 13:15:43.285:%LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface ATM0/2/IMA1, changed state to down
 
 
 
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

controller shdsl

SHDSL モードのコントローラを設定し、config-controller モードを開始します。

ima group

物理リンクを IMA グループのメンバーとして定義します。

ima group clock-mode

IMA グループのクロック モードを設定します。

ima link

IMA グループの物理リンクを定義します。

shdsl annex

SHDSL G.991.2 標準を定義します。

shdsl rate

SHDSL の速度を定義します。

show controller shdsl

SHDSL モード用に設定されているコントローラのステータスを表示します。

dsl operating-mode

(DSL)動作モードを設定するには、Annex A インターフェイスおよび Annex M インターフェイスのインターフェイス コンフィギュレーション モードで dsl operating-mode コマンドを使用します。

dsl operating-mode { adsl2 [ annex a | annex m ] | adsl2+ [ annex a | annex m ] | ansi-dmt | auto | itu-dmt }

 
シンタックスの説明

adsl2

ADSL2 動作モードでの動作を設定します(ITU G.992.3 Annex A、Annex L、および Annex M)。Annex 動作モードが選択されていない場合は、Annex A、Annex L、Annex M のすべてがイネーブルになります。最終的なモードは、DSL アクセス マルチプレクサ(DSLAM)とのネゴシエーションによって決まります。

adsl2+

ADSL2+ モードでの動作を設定します(ITU G.992.5 Annex A および AnnexM)。Annex A 動作モードが選択されていない場合は、Annex と Annex M の両方がイネーブルになります。最終的なモードは、DSLAM とのネゴシエーションによって決まります。

annex a, m

(任意)annex オプションを指定しなかった場合、Annex A と Annex M の両方がイネーブルになります。最終的なモードは、Digital Synchronous Line Access Multiplexer(DSLAM)とのネゴシエーションによって決まります。

ansi-dmt

ルータを ANSI フルレート モードで動作するように設定します(ANSI T1.413)。

auto

デフォルト設定。DSLAM が、「使用上のガイドライン」に記載されている順序で自動的に DSL 動作モードを選択するようにルータを設定します。サポートされているすべてのモードがイネーブルになります。

itu-dmt

ITU G.992.1 Annex A フルレート モードでの動作を設定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトは、 auto モードです。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.2(4)YA

このコマンドが追加されました。

12.2(15)T

このコマンドが Cisco 820 シリーズ ルータ、および

Cisco SOHO 70、76、77、77H プラットフォームに実装されました。

12.4(11)XJ

このコマンドの変更が Cisco IOS Release 12.4(11)XJ に統合されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

デフォルトの auto モードでは、ルータは、まず、設定されている ITU 動作モードを使用して接続を試みます。この接続に失敗すると、ルータは、許可されている秒数の間(デフォルトでは 2 秒間) ANSI / ETSI モードで試みます。この時間は、 dsl sync interval コマンドで変更できます。このコマンドが失敗すると、ルータは、割り当てられている秒数の間(デフォルトでは 2 秒間) ITU モードを試みます。 dsl sync mode ansi コマンドを使用すれば、まず ANSI モードで接続を試みるようにルータに強制することができます。これも失敗した場合、ルータは、3 秒間または dsl sync interval で指定された期間、再び ITU モードを試みます。これに失敗すると、ルータは、上述の ansi 以外のあらゆるモードを含めて、サイクル モードを繰り返します。

auto 以外のモードで接続するように強制されている場合は、属性 auto で DSL 動作モードを使用して、ルータをデフォルトの auto モードに戻す必要があります。

ルータは、showtime 状態(接続試行が成功したことを示します)に達して接続されるまで、モードのいずれかを使用して、説明したとおりの順序で、モード間のスイッチングを続けます。このスイッチング プロセスは、DSL のパフォーマンスを向上させるために特別に設計されたものです。

次に、 dsl operating-mode コマンドを使用して Annex M 動作モードを設定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始する例を示します。

Router(config-if)# dsl operating-mode adsl2+ annex m
 

encapsulation(ATM)

ATM アダプテーション層(AAL)と ATM 疑似回線(VC)、VC クラス、VC、バンドル、または相手先固定接続(PVC)範囲のカプセル化タイプを設定するには、適切なモードで encapsulation コマンドを使用します。カプセル化タイプを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

encapsulation { aal5snap } [ group group-name ]

no encapsulation { aal5snap } [ group group-name ]

 
シンタックスの説明

aal5snap

AAL と逆アドレス解決プロトコル(ARP)をサポートするカプセル化タイプ。論理リンク制御/サブネットワーク アクセス プロトコル(LLC/SNAP)がプロトコル データグラムに優先されます。

group

(任意)このインターフェイス上の PPPoE セッションで PPPoE プロファイルが使用されるように指定します。

group-name

(任意)このインターフェイス上の PPPoE セッションで使用される PPPoE プロファイルの名前。

 
デフォルト

グローバル デフォルトのカプセル化オプションは aal5snap です。

 
コマンド モード

ATM VC コンフィギュレーション(ATM PVC または SVC の場合)
バンドル コンフィギュレーション(VC バンドルの場合)
PVC 範囲コンフィギュレーション(ATM PVC 範囲の場合)
PVC-in-range コンフィギュレーション(PVC 範囲内の個別の PVC の場合)
VC-class コンフィギュレーション(VC クラスの場合)

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

11.3T

このコマンドが追加されました。

12.0(3)T

このコマンドが、ATM VC バンドル用のカプセル化設定を提供するように拡張されました。 aal5mux frame キーワードと aal5mux voice キーワードが Cisco MC3810 シリーズ ルータ用に追加されました。

12.0(7)XK

aal5mux voice オプションのサポートが Cisco 3600 シリーズ ルータに追加されました。

12.0(7)T

aal5mux fr-atm-srv オプションが Cisco MC3810 ルータ用に追加されました。 aal5mux frame オプションが aal5mux frame-relay に変更されました。

12.1(1)XA

aal2 オプションが Cisco MC3810 ルータに追加されました。

12.1(3)T

PPP over ATM SVC のためのカプセル化設定を提供するために aal5auto オプションが追加されました。

12.1(5)XM

aal2 オプションのサポートが Cisco AS5300 アクセス ルータおよび Cisco 3600 マルチサービス プラットフォームに追加されました。

12.1(5)T

aal5ciscoppp オプション、 aal5mux オプション、および aal5snap オプションが、PVC 範囲コンフィギュレーション モードおよび PVC-in-range コンフィギュレーション モードで使用可能になりました。

12.2(2)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(2)T に統合されました。

12.1(1)DC1

aal5autoppp オプションが Cisco 6400 ユニバーサル アクセス コンセントレータに追加されました。

12.2(4)T

aal5autoppp オプションが Cisco IOS Release 12.2(4)T に統合されました。

12.2(13)T

Apollo Domain、Banyan VINES、および Xerox Network Systems が Cisco IOS ソフトウェアではサポートされなくなったため、 protocol 引数のオプションとしての apollo vines xns の値が削除されました。

12.2(15)T

group オプションが追加されました。

12.3(7)XI3

このコマンドが Cisco IOS Release 12.3(7)XI3 に統合されました。

12.2(28)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(28)SB に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.4(11)XW

pppoe オプションおよび bridge ieee8023 オプションが追加されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

aal5snap カプセル化をサポートしているのは、Release 12.4(20)MR だけです。

SNAP カプセル化の例

次に、 aal5snap カプセル化のための「bundle1」というバンドルを設定する例を示します。

Router# configure terminal
Router(config)# int atm2/0
Router(config-if)# bundle bundle1
Router(config-if-atm-bundle)# encapsulation aal5snap
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

bundle

VC バンドルを設定します。

class-vc

VC クラスを ATM PVC、SVC、または VC バンドル メンバーに割り当てます。

protocol(ATM)

ATM PVC、SVC、VC クラス、または VC バンドルのスタティック マップを設定し、ATM PVC での Inverse ARP または Inverse ARP ブロードキャストをイネーブルにします。

pvc

ATM PVC を作成します。

shutdown

インターフェイスまたは ATM PVC を無効にします。

fair-queue(class-default)

class-default クラスで使用するために予約するダイナミック キューの数をデフォルト クラス ポリシーの一部として指定するには、ポリシー マップ クラス コンフィギュレーション モードで fair-queue コマンドを使用します。class-default ポリシーから設定済みのダイナミック キューの数を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

fair-queue [ number-of-dynamic-queues ]

no fair-queue [ number-of-dynamic-queues ]

 
シンタックスの説明

number-of-dynamic-queues

(任意)ダイナミック キューの数を指定する 2 の累乗。指定できる値の範囲は 16 ~ 4096 です。

 
コマンドのデフォルト

ダイナミック キューの数は、インターフェイスまたは ATM 相手先固定接続(PVC)の帯域幅から導出されます。Weighted Fair Queueing(WFQ; 重み付け均等化キューイング)およびクラスベース WFQ(CBWFQ)がインターフェイスでイネーブルになっている場合に使用するダイナミック キューのデフォルト数については、「使用上のガイドライン」の 表 3 を参照してください。WFQ または CBWFQ が ATM PVC でイネーブルになっている場合に使用するダイナミック キューのデフォルト数については、「使用上のガイドライン」の 表 4 を参照してください。

 
コマンド モード

ポリシー マップ クラス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.0(5)T

このコマンドが追加されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされました。このトレインの特定の 12.2SX リリースでのサポートは、使用する機能セット、プラットフォームおよびプラットフォーム ハードウェアにより異なります。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、デフォルト クラス(一般に class-default クラスとして知られているクラス)にしか使用できません。 queue-limit コマンドまたは random-detect コマンドと組み合わせて使用できます。

class-default クラスは、トラフィックがポリシー マップ内でポリシーの定義されている他のどのクラスの条件も満たさなかった場合に、そのトラフィックの送信先となるデフォルト クラスです。

表 3 に、クラス ベース WFQ(CBWFQ)がインターフェイス上でイネーブルになっている場合に使用するダイナミック キューのデフォルト数を示します。

 

表 3 インターフェイスの帯域幅に応じたダイナミック キューのデフォルト数

帯域幅の範囲
ダイナミック キューの数

64 kbps 以下

16

64 ~ 128 kbp(64 kbps は含まない)

32

128 ~ 256 kbp(128 kbps は含まない)

64

256 ~ 512 kbp(256 kbps は含まない)

128

512 kbps より多い

256

表 4 に、CBWFQ が ATM PVC 上でイネーブルになっている場合に使用するダイナミック キューのデフォルト数を示します。

 

表 4 ATM PVC の帯域幅に応じたダイナミック キューのデフォルト数

帯域幅の範囲
ダイナミック キューの数

128 kbps 以下

16

128 ~ 512 kbp(128 kbps は含まない)

32

512 ~ 2000 kbp(512 kbps は含まない)

64

2000 ~ 8000 kbp(2000 kbps は含まない)

128

8000 kbps より多い

256

次に、policy9 というポリシー マップに含まれるデフォルト クラスのポリシーを設定する例を示します。同じサービス ポリシー内でポリシーが設定されているその他のクラスに指定されている一致基準を満たさないパケットは、デフォルト クラスに送られます。このデフォルト クラスには、16 個のダイナミック キューが予約されています。 queue-limit コマンドが設定されているため、各ダイナミック キューには、最大数のパケットがキューに格納されたうえでさらにパケットが到着した場合には、テール ドロップが使用されます。

policy-map policy9
class class-default
fair-queue 16
queue-limit 20
 

次に、policy8 というポリシー マップに含まれるデフォルト クラスのポリシーを設定する例を示します。 fair-queue コマンドが、デフォルト クラスに使用するために 20 個のダイナミック キューを予約します。輻輳回避には、テール ドロップではなく、Weighted Random Early Detection(WRED)パケット ドロップが使用されます。

policy-map policy8
class class-default
fair-queue 64
random-detect

 
関連コマンド

コマンド
説明

queue-limit

ポリシー マップで設定されているクラス ポリシーのためにキューが保持できるパケットの最大数を指定または変更します。

random-detect(インターフェイス)

WRED または DWRED をイネーブルにします。

fair-queue(ポリシー マップ クラス)

トラフィック クラスで使用するために予約するキューの数を指定するには、ポリシー マップ クラス コンフィギュレーション モードで fair-queue コマンドを使用します。トラフィック クラスから設定済みのキューの数を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

fair-queue [ dynamic - queues ]

no fair-queue [ dynamic - queues ]

 
シンタックスの説明

dynamic-queues

(任意)ダイナミック カンバセーション キューの数を指定する数字。指定できる値の範囲は 16 ~ 4096 です。

 
コマンドのデフォルト

キューは予約されていません。

 
コマンド モード

ポリシー マップ クラス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.0(5)T

このコマンドが追加されました。

12.0(5)XE

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(5)XE に統合され、Versatile Interface Processor(VIP)対応の Cisco 7500 シリーズ ルータに実装されました。

12.1(5)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.1(5)T に統合され、VIP 対応の Cisco 7500 シリーズ ルータに実装されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされました。このトレインの特定の 12.2SX リリースでのサポートは、使用する機能セット、プラットフォームおよびプラットフォーム ハードウェアにより異なります。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

VIP では、 fair-queue コマンドは、任意のトラフィック クラスに使用できます(非 VIP プラットフォームでは、これとは逆に fair-queue コマンドをデフォルト トラフィック クラスでしか使用できません)。 fair-queue コマンドは、 queue-limi t コマンドと random-detect exponential-weighting-constant コマンドのどちらとも組み合わせて使用できます。

次に、policy9 というポリシー マップのデフォルト トラフィック クラスを設定して、同じサービス ポリシー内でポリシーが設定されているその他のトラフィック クラスに指定されている一致基準を満たさなかったパケット用に 10 個のキューを予約する例を示します。 queue-limit コマンドが設定されているため、各キューには、最大数のパケットがキューに格納されたうえでさらにパケットが到着した場合には、テール ドロップが使用されます。

policy-map policy9
class class-default
fair-queue 10
queue-limit 20
 

次に、class1 というユーザ定義のトラフィック クラスに関連付けられている policy8 というサービス ポリシーを設定する例を示します。 fair-queue コマンドは、サービス ポリシーに使用するために 20 個のキューを予約します。輻輳回避には、テール ドロップではなく、Weighted Random Early Detection(WRED)または分散 WRED(DWRED)パケット ドロップが使用されます。

policy-map policy8
class class1
fair-queue 20
random-detect exponential-weighting-constant 14

 
関連コマンド

コマンド
説明

class class-default

サービス ポリシー マップのデフォルト トラフィック クラスを指定します。

queue-limit

ポリシー マップで設定されているクラス ポリシーのためにキューが保持できるパケットの最大数を指定または変更します。

random-detect exponential-weighting-constant

キューの平均サイズ計算のための WRED および DWRED 指数加重係数を設定します。

gsm-abis congestion abate

輻輳が緩和されたためリモート ルータがタイム スロットの抑制を停止するレベルとなる輻輳緩和検出レベルを設定するには、gsm-abis congestion abate インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。緩和検出レベルは、連続して輻輳緩和されている状態(つまり、輻輳の検出なし)を x ミリ秒で定義します。

gsm-abis congestion abate ms

 
シンタックスの説明

ms

緩和検出レベルの時間をミリ秒で設定します。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.4(19)MR2

このコマンドが追加されました。

次に、緩和検出レベルを 250 ms に設定する例を示します。

Router(config)# interface Serial10/2:0
Router(config-if)# no ip address
Router(config-if)# encapsulation gsm-abis
Router(config-if)# load-interval 30
Router(config-if)# gsm-abis local 10.10.10.2 6661
Router(config-if)# gsm-abis remote 10.10.10.1 5553
Router(config-if)# gsm-abis congestion enable
Router(config-if)# gsm-abis congestion abate 250
Router(config-if)# no keepalive
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

gsm-abis congestion critical

輻輳の発生時に抑制から除外されるクリティカル タイムスロットを定義します。

gsm-abis congestion enable

送信ジッタ バッファを監視し、輻輳の検出時に輻輳表示信号をリモート ルータに送信するように、輻輳検出アルゴリズムを設定します。

gsm-abis congestion onset

輻輳を緩和するためにリモート ルータがクリティカルとして定義されていないすべてのタイムスロットの抑制を開始する、輻輳発生検出レベルを設定します。

gsm-abis jitter

GSM-Abis インターフェイスの送信ジッタ遅延時間を設定します。

gsm-abis local

IP/UDP バックホール接続のローカル パラメータを設定します。

gsm-abis remote

IP/UDP バックホール接続のリモート パラメータを設定します。

gsm-abis congestion critical

輻輳の発生時に抑制から除外されるクリティカル タイムスロットを定義するには、gsm-abis congestion critical インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。これらのタイム スロットには、BSC と BTS の間で交換されるシグナリングおよび制御情報が含まれます。

gsm-abis congestion critical time-slot-range

 
シンタックスの説明

time-slot-range

輻輳の発生時に抑制から除外されるタイムスロットの値または値の範囲を指定します。範囲を示すには、ハイフンを使用します。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.4(19)MR2

このコマンドが追加されました。

次に、タイムスロット範囲を設定する例を示します。

Router(config)# interface Serial10/2:0
Router(config-if)# no ip address
Router(config-if)# encapsulation gsm-abis
Router(config-if)# load-interval 30
Router(config-if)# gsm-abis local 10.10.10.2 6661
Router(config-if)# gsm-abis remote 10.10.10.1 5553
Router(config-if)# gsm-abis congestion enable
Router(config-if)# gsm-abis congestion critical 2-3
Router(config-if)# no keepalive
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

gsm-abis congestion abate

輻輳が緩和されたことによりリモート ルータがタイムスロットの抑制を停止する、輻輳緩和検出レベルを設定します。

gsm-abis congestion enable

送信ジッタ バッファを監視し、輻輳の検出時に輻輳表示信号をリモート ルータに送信するように、輻輳検出アルゴリズムを設定します。

gsm-abis congestion onset

輻輳を緩和するためにリモート ルータがクリティカルとして定義されていないすべてのタイムスロットの抑制を開始する、輻輳発生検出レベルを設定します。

gsm-abis jitter

GSM-Abis インターフェイスの送信ジッタ遅延時間を設定します。

gsm-abis local

IP/UDP バックホール接続のローカル パラメータを設定します。

gsm-abis remote

IP/UDP バックホール接続のリモート パラメータを設定します。

gsm-abis congestion enable

輻輳検出アルゴリズムをイネーブルにするには、gsm-abis congestion enable インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。輻輳検出アルゴリズムは送信ジッタ バッファを監視し、輻輳を検出するとリモートに輻輳表示信号を送信します。リモート ルータは、輻輳を緩和するために、クリティカルとして定義されていないすべてのタイムスロットを抑制します。輻輳検出アルゴリズムの目的は、クリティカル タイムスロットのデータが損失しないようにすることです。

gsm-abis congestion enable

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数もキーワードもありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.4(19)MR2

このコマンドが追加されました。

次に、輻輳検出アルゴリズムをイネーブルにする例を示します。

Router(config)# interface Serial10/2:0
Router(config-if)# no ip address
Router(config-if)# encapsulation gsm-abis
Router(config-if)# load-interval 30
Router(config-if)# gsm-abis local 10.10.10.2 6661
Router(config-if)# gsm-abis remote 10.10.10.1 5553
Router(config-if)# gsm-abis congestion enable
Router(config-if)# no keepalive
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

gsm-abis congestion abate

輻輳が緩和されたことによりリモート ルータがタイムスロットの抑制を停止する、輻輳緩和検出レベルを設定します。

gsm-abis congestion critical

輻輳の発生時に抑制から除外されるクリティカル タイムスロットを定義します。

gsm-abis congestion onset

輻輳を緩和するためにリモート ルータがクリティカルとして定義されていないすべてのタイムスロットの抑制を開始する、輻輳発生検出レベルを設定します。

gsm-abis jitter

GSM-Abis インターフェイスの送信ジッタ遅延時間を設定します。

gsm-abis local

IP/UDP バックホール接続のローカル パラメータを設定します。

gsm-abis remote

IP/UDP バックホール接続のリモート パラメータを設定します。

gsm-abis congestion onset

輻輳を緩和するために、リモート ルータがクリティカルとして定義されていないすべてのタイム スロットの抑制を開始するレベルとなる輻輳発生検出レベルを設定するには、gsm-abis congestion onset インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。開始検出レベルは、連続して輻輳が検出された状態を x ミリ秒で定義します。

gsm-abis congestion onset ms

 
シンタックスの説明

ms

発生検出レベルの時間をミリ秒で設定します。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.4(19)MR2

このコマンドが追加されました。

次に、発生検出レベルを 50 ms に設定する例を示します。

Router(config)# interface Serial10/2:0
Router(config-if)# no ip address
Router(config-if)# encapsulation gsm-abis
Router(config-if)# load-interval 30
Router(config-if)# gsm-abis local 10.10.10.2 6661
Router(config-if)# gsm-abis remote 10.10.10.1 5553
Router(config-if)# gsm-abis congestion enable
Router(config-if)# gsm-abis congestion onset 100
Router(config-if)# no keepalive
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

gsm-abis congestion abate

輻輳が緩和されたことによりリモート ルータがタイムスロットの抑制を停止する、輻輳緩和検出レベルを設定します。

gsm-abis congestion critical

輻輳の発生時に抑制から除外されるクリティカル タイムスロットを定義します。

gsm-abis congestion enable

送信ジッタ バッファを監視し、輻輳の検出時に輻輳表示信号をリモート ルータに送信するように、輻輳検出アルゴリズムを設定します。

gsm-abis jitter

GSM-Abis インターフェイスの送信ジッタ遅延時間を設定します。

gsm-abis local

IP/UDP バックホール接続のローカル パラメータを設定します。

gsm-abis remote

IP/UDP バックホール接続のリモート パラメータを設定します。

gsm-abis jitter

GSM-Abis インターフェイスの送信ジッタ遅延時間を設定するには、gsm-abis jitter インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。送信ジッタが 4 ms に設定されている場合、時間が 0 ms のバックホールで受信したデータは、ジッタ バッファに格納され、4 ms の時間で送信されます。送信ジッタ バッファを使用することで、バックホールにデータが着信する際にある程度のジッタを許容でき、データ ストリームにエラーが生じません。

gsm-abis jitter ms

 
シンタックスの説明

ms

ジッタをミリ秒で設定します。デフォルトの値は 4 ms です。有効値の範囲は 4 ~ 500 ms です。

 
デフォルト

デフォルト ジッタ値は 4 ms です。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.4(19)MR2

このコマンドが追加されました。

次に、ジッタ レベルを 8 ms に設定する例を示します。

Router(config)# interface Serial10/2:0
Router(config-if)# no ip address
Router(config-if)# encapsulation gsm-abis
Router(config-if)# load-interval 30
Router(config-if)# gsm-abis local 10.10.10.2 6661
Router(config-if)# gsm-abis remote 10.10.10.1 5553
Router(config-if)# gsm-abis jitter 8
Router(config-if)# no keepalive
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

gsm-abis congestion abate

輻輳が緩和されたことによりリモート ルータがタイムスロットの抑制を停止する、輻輳緩和検出レベルを設定します。

gsm-abis congestion critical

輻輳の発生時に抑制から除外されるクリティカル タイムスロットを定義します。

gsm-abis congestion enable

送信ジッタ バッファを監視し、輻輳の検出時に輻輳表示信号をリモート ルータに送信するように、輻輳検出アルゴリズムを設定します。

gsm-abis congestion onset

輻輳を緩和するためにリモート ルータがクリティカルとして定義されていないすべてのタイムスロットの抑制を開始する、輻輳発生検出レベルを設定します。

gsm-abis local

IP/UDP バックホール接続のローカル パラメータを設定します。

gsm-abis remote

IP/UDP バックホール接続のリモート パラメータを設定します。

gsm-abis local

Internet Protocol/User Data Protocol(IP/UDP)バックホール接続の確立に必要なローカル パラメータを設定するには、gsm-abis local インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

gsm-abis local [ip-address] [port]

 
シンタックスの説明

ip-address

(任意)確立させたい接続の IP アドレス

port

(任意)確立させたい接続に使用するポート

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.4(19)MR2

このコマンドが追加されました。

次に、ローカル パラメータを設定する例を示します。

Router(config)# interface Serial10/2.0
Router(config-if)# encapsulation gsm-abis
Router(config-if)# gsm-abis local 10.10.10.2 5502

 
関連コマンド

コマンド
説明

gsm-abis remote

IP/UDP バックホール接続のリモート パラメータを設定します。

gsm-abis lost-recovery

このコマンドを使用すると、ルータが失われたパケットのサブレート データを再送信する速度を制御できます。この再送信の手法は、大量の再送信パケットのせいで以降のバックホール パケットの遅延が発生するのを防止します。

失われたパケットのサブレート データの再送信速度を設定するには、 gsm-abis lost-recovery コンフィギュレーション コマンドを使用します。

gsm-abis lost-recovery milliseconds

 
シンタックスの説明

milliseconds

サブレート データの再送信速度(ミリ秒)。指定できる値の範囲は 0 ~ 5000 です。

(注) 40 より小さい値を指定すると、ルータは、パケットの損失が示されたときにすべてのサブレートを一度に送信するようになり、事実上、この機能がディセーブルになります。

 
デフォルト

デフォルト設定は、gsm-abis lost-recovery 1250 です。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.4(19)MR2

このコマンドが追加されました。

次に、リモート パラメータを設定する例を示します。

Router(config)# interface Serial10/2.0
Router(config-if)# encapsulation gsm-abis
Router(config-if)# gsm-abis remote 10.10.10.1 5504
Router(config)# gsm-abis lost-recovery 1250

 
関連コマンド

コマンド
説明

gsm-abis retransmit

反復サブレート サンプルの再送信をイネーブルにします。

gsm-abis remote

Internet Protocol/User Data Protocol(IP/UDP)バックホール接続の確立に必要なリモート パラメータを設定するには、gsm-abis remote インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

gsm-abis remote [ip-address] [port]

 
シンタックスの説明

ip-address

(任意)確立させたい接続の IP アドレス

port

(任意)確立させたい接続に使用するポート

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.4(19)MR2

このコマンドが追加されました。

次に、リモート パラメータを設定する例を示します。

Router(config)# interface Serial10/2.0
Router(config-if)# encapsulation gsm-abis
Router(config-if)# gsm-abis remote 10.10.10.1 5504

 
関連コマンド

コマンド
説明

gsm-abis local

IP/UDP バックホール接続のローカル パラメータを設定します。

gsm-abis retransmit

反復サブレート サンプルの再送信をイネーブルにするには、gsm-abis retransmit インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。このコマンドは、バックホール ネットワークの特性により生じる遅延が過剰な場合に便利です。過剰遅延の例としては、バックホール ネットワークでのサテライト送信施設や複数のルータ ホップの使用が含まれます。

gsm-abis retransmit sample-delay

 
シンタックスの説明

sample-delay

重複サンプルを再送信する前に確認が必要な重複サンプルの数。指定できる遅延範囲は 5 ~ 255 で、20 ms 間隔で 100 ~ 5100 ms を指定できます。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.4(19)MR2

このコマンドが追加されました。

次に、再送信遅延を 100 ms に設定する例を示します。

Router(config)# interface Serial10/2.0
Router(config-if)# encapsulation gsm-abis
Router(config-if)# gsm-abis local 10.10.10.1 5504
Router(config-if)# gsm-abis remote 10.10.10.2 5504
Router(config-if)# gsm-abis retransmit 5

 
関連コマンド

コマンド
説明

gsm-abis local

IP/UDP バックホール接続のローカル パラメータを設定します。

gsm-abis remote

IP/UDP バックホール接続のリモート パラメータを設定します。

show gsm-abis packet

GSM 圧縮/圧縮解除に関するパケット統計カウンタを表示します。

show gsm-abis packet | include retransmit

再送信された反復サブレート サンプル数を含む GSM 圧縮/圧縮解除に関するパケット統計カウンタを表示します。

gsm-abis set dscp

GSM-Abis の Differential Services Code Point(DSCP)を設定することでパケットにマーク付けするには、gsm-abis set dscp インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

gsm-abis set dscp value


) GSM ショートホール インターフェイスを設定する場合は、このコマンドを使用します。


 
シンタックスの説明

value

GSM-Abis DSCP 値を設定する 0 ~ 63 の数字。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.4(19)MR2

このコマンドが追加されました。

次に、パケットをマークする例を示します。

Router(config)# interface Serial10/2.0
Router(config-if)# encapsulation gsm-abis
Router(config-if)# gsm-abis local 10.10.10.1 5504
Router(config-if)# gsm-abis remote 10.10.10.2 5504
Router(config-if)# gsm-abis set dscp cs2
 

idle-pattern

PWE3 回線上でパケットの欠落が検出されたときに T1/E1 回線上で送信されるデータ パターンを指定するには、CEM コンフィギュレーション モードで idle-pattern コマンドを使用します。アイドル パターン データの送信を停止するには、このコマンドの no 形式を使用します。

idle-pattern [pattern]

no idle-pattern

 
シンタックスの説明

pattern

(任意)アイドル パターンとして送信される 8 ビットの 16 進数 T1 チャネルおよび E1 チャネルに必要なのは、この引数だけです。

 
デフォルト

T1 チャネルまたは E1 チャネルの場合、デフォルト アイドル パターンは 0xFF です。

 
コマンド モード

CEM 回線コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.3(7)T

このコマンドが追加されました。

12.4(19)MR2

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(19)MR2 に統合されました。

 
使用上のガイドライン

アイドル パターン データは欠落したパケットのデータの代わりに送信されます。

次に、データ パターンを指定する例を示します。

Router# config t
Router(config)# interface cem 0/0
Router(config-if)# no ip address
Router(config-if)# cem 0
Router(config-if-cem)# idle-pattern 0x55
Router(config-if-cem)# xconnect 10.10.10.10 200 encapsulation mpls
Router(config-if-cem-xconn)# exit
Router(config-if-cem)# exit
Router(config-if)# exit
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

cem

回線エミュレーション コンフィギュレーション モードを開始します。

cem class

指定された CEM クラス名の中で定義されている CEM インターフェイス パラメータを回線に適用します。

class cem

CEM インターフェイスにまとめて適用される、クラスの CEM インターフェイス パラメータを、グローバル コンフィギュレーション モードで設定します。

ima-group

物理リンクを IMA(Inverse Multiplexing over ATM; ATM の逆多重化)グループ メンバーとして定義するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで ima-group コマンドを使用します。最初に設定を実行する場合、またはグループ メンバーを変更する場合、インターフェイスは自動的にディセーブルになり、新しいグループに移されてからイネーブルになります。グループを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ima-group group-number

no ima-group group-number

 
シンタックスの説明

group-number

0 ~ 3 の IMA グループ番号を指定します。IMA グループは、ポート アダプタまたは共有ポート アダプタ(SPA)上の複数のポートに及ぶことができますが、複数のポート アダプタまたは SPA に及ぶことはできません。

 
デフォルト

IMA グループは定義されていません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.0(5)XK

このコマンドが Cisco 2600 および 3600 シリーズ ルータに追加されました。

12.0(5)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(5)T に統合されました。

12.0(5)XE

Cisco 7200 および 7500 シリーズ ルータのサポートが追加されました。

12.0(7)XE1

Cisco 7100 シリーズ ルータのサポートが追加されました。

12.1(5)T

Cisco 7100、7200、および 7500 シリーズ ルータのサポートが追加されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.4(11)XJ

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(11)XJ に統合されました。

12.2SX

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされました。このトレインの特定の 12.2SX リリースでのサポートは、使用する機能セット、プラットフォームおよびプラットフォーム ハードウェアにより異なります。

12.2(33)SRB2

Cisco 7600 シリーズ ルータのサポートが追加されました。

12.4(19)MR2

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(19)MR2 に統合されました。

 
使用上のガイドライン

T1/E1 IMA ポート アダプタ インターフェイスを IMA グループに含めるように設定するには、ima-group インターフェイス コマンドを使用します。

次に、IMA グループを定義する例を示します。

Router(config)# interface ATM0/0
Router(config-if)# no ip address
Router(config-if)# no atm ilmi-keepalive
Router(config-if)# ima-group 0
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

interface atm

ATM インターフェイスを設定します。

interface atm ima

ATM IMA グループを設定します。

show ima interface atm

設定されているすべての IMA グループまたは特定のグループに関する情報を表示します。

interface atm ima

ATM IMA グループを設定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始するには、interface atm ima グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。コマンドの実行時にグループが存在していない場合、コマンドにより自動的にグループが作成されます。

interface atm slot/imagroup-number

 
シンタックスの説明

slot

ATM IMA ポート アダプタのスロット位置を指定します。

group-number

0 ~ 3 の IMA グループ番号を指定します。最大 4 つのグループを作成できます。

 
デフォルト

インターフェイスには、個別の ATM リンクが含まれますが、IMA グループは含まれません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.0(5)XK

このコマンドが Cisco 2600 および 3600 シリーズ ルータに追加されました。

12.0(5)T

このコマンドが Cisco IOS 12.0(5)T に統合されました。

12.0(5)XE

Cisco 7200 および 7500 シリーズ ルータのサポートが追加されました。

12.0(7)XE1

Cisco 7100 シリーズ ルータのサポートが追加されました。

12.1(5)T

Cisco 7100、7200、および 7500 シリーズ ルータのサポートが Cisco IOS Release 12.1(5)T に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされました。このトレインの特定の 12.2SX リリースでのサポートは、使用する機能セット、プラットフォームおよびプラットフォーム ハードウェアにより異なります。

12.4(19)MR2

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ポートに IMA 機能が設定されると、そのポートは個別の ATM リンクとして動作しなくなります。ima-group インターフェイス コマンドを使用して ATM リンクをグループのメンバーとして指定しても、グループはイネーブルになりません。interface atm slot/imagroup-number コマンドを使用してグループを作成する必要があります。

次に、IMA グループを作成する例を示します。

Router(config)# interface ATM0/IMA0
Router(config-if)# no ip address
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ima-group

物理リンクを IMA グループ メンバーとして設定します。IMA グループに含まれる物理インターフェイスごとにこのインターフェイス コンフィギュレーション コマンドを実行します。

ima group-id

IMA インターフェイスの IMA グループ ID のユーザによる設定をイネーブルにします。

interface atm

ATM インターフェイスの物理リンクを設定します。

show ima interface atm

IMA グループおよびそれに含まれるリンクに関する概要と詳細情報を表示します。

ip local interface

Provider Edge(PE)ルータ インターフェイスの IP アドレスを、トンネリングされるパケットを送信する場合の送信元 IP アドレスとして使用するには、疑似回線クラス コンフィギュレーション モードで ip local interface コマンドを使用します。IP アドレスを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip local interface interface-name

no ip local interface interface-name

 
シンタックスの説明

interface-name

レイヤ 2 PW でトンネリングされるパケットを送信するための発信元 IP アドレスとして使用する IP アドレスの PE インターフェイスの名前

 
デフォルト

IP アドレスは設定されていません。

 
コマンド モード

疑似回線クラス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.4(19)MR2

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

PE ルータ間に設定するすべての疑似回線クラスに、同じローカル インターフェイス名を使用します。このコマンドを使用してループバック インターフェイスを設定することを推奨します。設定しなかった場合、ルータは使用可能で最適なローカル アドレスを選択します。その結果、コア方向のインターフェイスに設定されている任意の IP アドレスになる可能性があります。これにより制御チャネルの確立が妨げられる可能性があります。

次に、ローカル ループバック 0 の IP アドレスを、MPLS セッションを介してパケットを送信する場合の送信元 IP アドレスとして設定する例を示します。

Router# config t
Router(config)# pseudowire-class mpls
Router(config-pw-class)# ip local interface loopback 0
Router(config-pw-class)# exit
Router(config)# exit
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ima-group

物理リンクを IMA グループ メンバーとして設定します。IMA グループに含まれる物理インターフェイスごとにこのインターフェイス コンフィギュレーション コマンドを実行します。

ima group-id

IMA インターフェイスの IMA グループ ID のユーザによる設定をイネーブルにします。

interface atm

ATM インターフェイスの物理リンクを設定します。

show ima interface atm

IMA グループおよびそれに含まれるリンクに関する概要と詳細情報を表示します。

ip multicast-routing

IP マルチキャスト ルーティングをイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで ip multicast-routing コマンドを使用します。IP マルチキャスト ルーティングをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。


) Cisco MWR 2941-DC でサポートされているのは、PTP の冗長性のためのマルチキャスト ルーティングだけです。詳細については、「PTP の冗長性の設定」を参照してください。


ip multicast-routing [ vrf vrf-name ]

no ip multicast-routing [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意) vrf-name 引数に指定された Multicast Virtual Private Network(MVPN; マルチキャスト バーチャル プライベート ネットワーク)ルーティングおよび転送(MVRF)インスタンスのための IP マルチキャスト ルーティングをイネーブルにします。

 
デフォルト

IP マルチキャスト ルーティングはディセーブルになっています。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

10.0

このコマンドが追加されました。

11.2(11)GS

distributed キーワードが追加されました。

12.0(5)T

このコマンドの効果が変更されました。IP マルチキャスト Multilayer Switching(MLS)がイネーブルになっている場合にこのコマンドの no 形式を使用すると、Multicast MultiLayer Switching(MMLS)ルート プロセッサ(RP)の IP マルチキャスト ルーティングがディセーブルになり、MMLS-SE 上のすべてのマルチキャスト MLS キャッシュ エントリがパージされるようになりました。

12.0(23)S

vrf キーワードと vrf-name 引数が追加されました。

12.2(13)T

vrf キーワードと vrf-name 引数が追加されました。

12.2(14)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(14)S に統合されました。

12.2(18)SXE

このコマンドのサポートが、Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(27)SBC

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(27)SBC に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

IP マルチキャスト ルーティングがディセーブルになっている場合、Cisco IOS ソフトウェアはどのマルチキャスト パケットも転送しません。

次に、IP マルチキャスト ルーティングをイネーブルにする例を示します。

Router(config)# ip multicast-routing
 

次に、特定の VRF の IP マルチキャスト ルーティングをイネーブルにする例を示します。

Router(config)# ip multicast-routing vrf vrf1
 

次に、IP マルチキャスト ルーティングをディセーブルにする例を示します。

Router(config)# no ip multicast-routing
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip pim

インターフェイス上の PIM をイネーブルにします。

ip ospf bfd

Open Shortest Path First(OSPF)に設定されている特定のインターフェイスの Bidirectional Forwarding Detection(BFD; 双方向フォワーディング検出)セッション パラメータを設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで ip ospf bfd コマンドを使用します。OSPF インターフェイスの BFD をディセーブルにするには、 disable キーワードを使用します。 ip ospf bfd コマンドを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip ospf bfd [ disable ]

no ip ospf bfd

 
シンタックスの説明

disable

(任意)指定されたインターフェイスでの OSPF の BFD をディセーブルにします。

 
デフォルト

disable キーワードを使用しなかった場合のデフォルトの動作では、インターフェイス上での OSPF の BFD サポートがイネーブルになります。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.2(18)SXE

このコマンドが追加されました。

12.0(31)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(31)S に統合されました。

12.4(4)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(4)T に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(33)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

ip ospf bfd コマンドを入力して、OSPF インターフェイスが障害検出に BFD を使用するように設定します。ルータ コンフィギュレーション モードで bfd-all interfaces コマンドを使用して、OSPF プロセスに BFD を使用するようにすべての OSPF インターフェイスをグローバルに設定していた場合は、インターフェイス コンフィギュレーション モードで disable キーワードを指定して ip ospf bfd コマンドを入力すれば、特定の OSPF インターフェイスの BFD をディセーブルにできます。

次の例では、OSPF に関連付けられているインターフェイス、ファスト イーサネット インターフェイス 3/0 を BFD 用に設定しています。

Router> enable
Router# configure terminal
Router(config)# interface fastethernet 3/0
Router(config-if)# ip ospf bfd
Router(config-if)# end

 
関連コマンド

コマンド
説明

bfd all-interfaces

BFD ピアのすべてのインターフェイスの BFD をイネーブルにします。

ip pim

インターフェイスの Protocol Independent Multicast(PIM)をイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで ip pim コマンドを使用します。インターフェイスの PIM をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。


) Cisco MWR 2941-DC でサポートされているのは、PTP の冗長性のためのマルチキャスト ルーティングだけです。詳細については、「PTP の冗長性の設定」を参照してください。


ip pim {sparse-mode | sparse-dense-mode | dense-mode [proxy-register {list access-list | route-map map-name }]}

no ip pim {sparse-mode | sparse-dense-mode | dense-mode [proxy-register {list access-list | route-map map-name }]}

sparse-mode

Enables sparse mode of operation.

sparse-dense-mode

Treats the interface in either sparse mode or dense mode of operation, depending on which mode the multicast group operates in.

dense-mode

Enables dense mode of operation.

proxy-register

(Optional) Enables proxy registering on the interface of a designated router (DR) (leading toward the bordering dense mode region) for multicast traffic from sources not connected to the DR.

list access-list

(Optional) Defines the extended access list number or name.

route-map map-name

(Optional) Defines the route map.

 
デフォルト

IP マルチキャスト ルーティングは、すべてのインターフェイスでディセーブルになっています。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

10.0

このコマンドが追加されました。

11.1

sparse-dense-mode キーワードが追加されました。

12.0 S

次のキーワードと引数が追加されました。

proxy-register

list access-list

route-map map-name

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされました。このトレインの特定の 12.2SX リリースでのサポートは、使用する機能セット、プラットフォームおよびプラットフォーム ハードウェアにより異なります。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

インターフェイスの PIM をイネーブルにすると、そのインターフェイスでの Internet Group Management Protocol(IGMP)動作もイネーブルになります。インターフェイスは、稠密モード、希薄モード、または希薄-稠密モードになるように設定できます。モードは、Cisco IOS ソフトウェアがそのマルチキャスト ルーティング テーブルをどのように埋め、その直接接続されている LAN から受信したマルチキャスト パケットをどのように転送するかを表します。稠密モード インターフェイスは、マルチキャスト ルーティング テーブルを埋める際に常にテーブルに追加されます。希薄モード インターフェイスは、ダウンストリーム ルータから定期的な Join メッセージを受信した場合、およびインターフェイス上に直接接続されているメンバーがある場合にだけテーブルに追加されます。

稠密モード

最初、稠密モード インターフェイスは、ルータがグループ メンバーまたはダウンストリーム ルータが存在すると判断するか、またはダウンストリーム ルータからプルーン メッセージを受信するまでは、マルチキャスト パケットを転送します。次に、稠密モード インターフェイスは、同じ状況が発生するまで、定期的にマルチキャスト パケットをインターフェイスから転送します。稠密モード は、マルチキャスト グループ メンバーが存在することを前提としています。稠密モード ルータは、決して Join メッセージを送信しません。メンバーもダウンストリーム PIM ルータもないと判断すると、ただちにプルーン メッセージを送信します。稠密モード インターフェイスは、デフォルトでマルチキャスト フラッディングの対象です。

プロキシ登録での稠密モード

希薄モードまたは希薄-稠密モード で動作するように設定されている PIM 希薄モード(PIM-SM)ドメイン内のルータについては、隣接する稠密モード領域につながるインターフェイスに ip pim dense-mode proxy-register コマンドを設定する必要があります。この設定は、希薄モード ドメイン内のランデブー ポイント(RP)に稠密モード領域からのトラフィックをルータが登録できるようにします。

このコマンドには、どのトラフィックをルータが RP に登録する必要があるかを指定する拡張アクセス リストまたはルート マップ引数が必要です。このコマンドは、PIM ルータを介して到達できる送信元にだけ適用されます。Cisco IOS ソフトウェアは、リモート ソースからのトラフィックが稠密モード インターフェイスに到達した場合、および送信元につながる Reverse Path Forwarding(RPF)ネイバーが PIM ルータではなく Distance Vector Multicast Routing Protocol ルータだった場合には、常にトラフィックを登録します。この機能は、Cisco IOS Release 10.0 から存在していたもので、アクセス リストやルート マップでは変更(制限)できません。

希薄モード

希薄モード インターフェイスは、ダウンストリーム ルータから Join メッセージを受信した場合、およびグループ メンバーが直接インターフェイスに接続されている場合にだけ、マルチキャスト転送に使用されます。希薄モードでは、他のマルチキャスト グループ メンバーが一切存在しないことが前提となっています。希薄モード ルータは、共有パスに加入したい場合は、定期的に RP に向けて Join メッセージを送信します。希薄モード ルータは、ソース パスに加入したい場合は、そのソースに向けて定期的に Join メッセージを送信します。また、共有パスをなくすために、RP に向けて定期的なプルーン メッセージの送信も行います。

希薄-稠密モード

稠密モードだけまたは希薄モードだけを選択する場合の代替として、PIM を一部のグループに対して 1 つの領域内で希薄モードで実行し、他のグループに対しては稠密モードで実行します。

希薄-稠密モードでは、グループが稠密モードだった場合、インターフェイスは稠密モードとして扱われます。グループが希薄モードだった場合は、インターフェイスは希薄モードで扱われます。グループは、ルータがそのグループの RP について知っている場合に「希薄」です。

インターフェイスが稠密モードで扱われる場合、そのインターフェイスは、次の条件のいずれかが当てはまる場合にマルチキャスト ルーティング テーブルの発信インターフェイス リストに入れられます。

メンバーまたは DVMRP ネイバーがインターフェイス上にある。

インターフェイス上の PIM ネイバーのいずれかが、そのグループに対してプルーンされていない。

インターフェイスが希薄モードで扱われる場合、そのインターフェイスは、次の条件のいずれかが当てはまる場合にマルチキャスト ルーティング テーブルの発信インターフェイス リストに入れられます。

メンバーまたは DVMRP ネイバーがインターフェイス上にある。

インターフェイス上の PIM ネイバーが、明示的な Join メッセージを受信した。

次に、トンネル インターフェイス 0 での PIM-SM をイネーブルにし、RP ルータのアドレスを 226.0.0.8 に設定する例を示します。

ip pim rp-address 226.0.0.8
interface tunnel 0
ip pim sparse-mode
 

次に、イーサネット インターフェイス 1 での PIM 稠密モード(PIM-DM)をイネーブルにする例を示します。

interface ethernet 1
ip pim dense-mode
 

次に、イーサネット インターフェイス 1 での PIM 希薄-稠密モードをイネーブルにする例を示します。

interface ethernet 1
ip pim sparse-dense-mode
 

次に、任意のソースおよび任意のマルチキャスト グループのトラフィックを登録する例を示します。

interface ethernet 0
ip address 172.16.0.0 255.255.255.0
description Ethernet interface towards the PIM sparse-mode domain
ip pim sparse-dense-mode
!
interface ethernet 1
ip address 192.44.81.5 255.255.255.0
description Ethernet interface towards the PIM dens-mode region
ip pim dense-mode proxy-register list 100
!
access-list 100 permit ip any any
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip multicast-routing

IP マルチキャスト ルーティングまたはマルチキャスト分散スイッチングをイネーブルにします。

ip pim rp-address

特定のグループの PIM RP のアドレスを設定します。

ip pim rp-address

マルチキャスト グループの Protocol Independent Multicast(PIM)ランデブー ポイント(RP)のアドレスを静的に設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで ip pim rp-address コマンドを使用します。RP アドレスを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。


) Cisco MWR 2941-DC でサポートされているのは、PTP の冗長性のためのマルチキャスト ルーティングだけです。詳細については、「PTP の冗長性の設定」を参照してください。


ip pim [ vrf vrf-name ] rp-address rp-address [ access-list ] [ override ]

no ip pim [ vrf vrf-name ] rp-address rp-address [ access-list ] [ override ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意) vrf-name 引数に指定されているマルチキャスト バーチャル プライベート ネットワーク(MVPN)ルーティングと転送(MVRF)インスタンスに関連付けられる静的グループ-RP マッピングを指定します。

rp-address

静的グループ-RP マッピングに使用される RP の IP アドレス。4 つの部分がドットで区切られた表記のユニキャスト IP アドレスを指定します。

access-list

(任意)RP に静的にマッピングされるマルチキャスト グループを定義する標準アクセス リストの番号または名前。

(注) アクセス リストが定義されていない場合は、RP はすべてのマルチキャスト グループ、224/4 にマッピングされます。

override

(任意)動的グループ-RP マッピングと静的グループ-RP マッピングが一緒に使用されており、RP アドレスの競合がある場合に、静的グループ-RP マッピングに設定されている RP アドレスが優先されるように指定します。

キーワードを指定していなくて、RP アドレスの競合が存在した場合には、動的グループ-RP マッピングが静的グループ-RP マッピングよりも優先されます。

 
コマンドのデフォルト

PIM の静的グループ-RP マッピングは設定されていません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

10.2

このコマンドが追加されました。

11.1

override キーワードが追加されました。

12.1(2)T

bidir キーワードが追加されました。

12.0(23)S

vrf キーワードと vrf-name 引数が追加されました。

12.2(13)T

vrf キーワードと vrf-name 引数が追加されました。

12.2(14)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(14)S に統合されました。

12.2(27)SBC

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(27)SBC に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされました。このトレインの特定の 12.2SX リリースでのサポートは、使用する機能セット、プラットフォームおよびプラットフォーム ハードウェアにより異なります。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に追加されました。

 
使用上のガイドライン

PIM の Cisco IOS 実装では、各マルチキャスト グループが個別に稠密モード、希薄モード、稠密-希薄モードのいずれかで動作します。希薄モードのグループ(PIM-SM)は、RP を使用してソースとレシーバに接続します。PIM ドメイン内のすべてのルータが、そのモードの一貫した設定とマルチキャスト グループの RP アドレスを持っている必要があります。

Cisco IOS ソフトウェアは、静的グループ-RP マッピング コンフィギュレーション、Auto-RP、およびブートストラップ ルータ(BSR)の 3 つのメカニズムを通じて、マルチキャスト グループのモードと RP アドレスを学習します。デフォルトでは、グループは稠密モードで動作します。グループが稠密モードで動作するように明示的に定義するコマンドはありません。

PIM-SM または bidir-PIM グループの RP アドレスを静的に定義するには、 ip pim rp-address コマンドを使用します( ip pim rp-address コマンド コンフィギュレーションは、静的グループ-RP マッピングと呼ばれます)。

アクセス リストを使用して、複数のグループに対して単一の RP を設定できます。アクセス リストを指定しなかった場合は、その静的 RP はすべてのマルチキャスト グループ 224/4 にマッピングされます。

複数の RP を設定できますが、グループ範囲ごとに設定できる RP は 1 つだけです。

複数の ip pim rp-address コマンドを設定した場合は、次の規則が適用されます。

到達可能性に関係なく、最も高い RP IP アドレスが選択される。設定済みの複数の ip pim rp-address コマンドのアクセス リストに一致するマルチキャスト グループの RP は、設定されている RP アドレスが最も高い RP によって決まります。

コマンドごとに 1 つの RP アドレス。複数の ip pim rp-address コマンドが設定されている場合、各静的グループ-RP マッピングが、固有の RP アドレスで設定されている必要があります(重複していると、上書きされます)。この制限は、それぞれの希薄モードまたは双方向モード グループに RP 機能を提供するために使用できる RP アドレスは 1 つだけだということも意味します。双方向モードと希薄モード両方用の静的グループ-RPマッピングを設定したい場合は、それぞれのモードに固有の RP アドレスを指定する必要があります。

コマンドごとに 1 つのアクセス リスト。複数の ip pim rp-address コマンドが設定されている場合に、静的グループ-RP マッピングごとに設定できるアクセス リストは 1 つだけです。アクセス リストを同じルータ上で設定されている他の静的グループ-RP マッピングに再使用することはできません。

動的グループ-RP マッピングと静的グループ-RP マッピングが一緒に使用されている場合、マルチキャスト グループには、 override キーワードが使用されていないかぎり、動的グループ-RP マッピングが静的グループ-RP マッピングよりも優先されるという規則が適用されます。

次に、すべてのマルチキャスト グループ(224/4)の PIM RP アドレスを 192.168.0.1 に設定し、すべてのグループが希薄モードで動作するように定義する例を示します。

ip pim rp-address 192.168.0.1
 

) 静的グループ-RP マッピングに使用される RP アドレスは一意でなければなりません。bidir-PIM グループと PIM-SM グループの両方に同じ RP アドレスを使用することはできません。


ip rtp header-compression

Real-Time Transport Protocol(RTP)ヘッダー圧縮をイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで ip rtp header-compression コマンドを使用します。RTP ヘッダー圧縮をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip rtp header-compression [ ietf-format ] [ periodic-refresh ]

no ip rtp header-compression [ passive | ietf-format ] [ periodic-refresh ]

 
シンタックスの説明

ietf-format

Internet Engineering Task Force(IETF; インターネット技術特別調査委員会)形式のヘッダー圧縮を指定します。

periodic-refresh

(任意)圧縮された IP ヘッダーを定期的にリフレッシュすることを意味します。

 
デフォルト

このコマンドはデフォルトでディセーブルになっています。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

11.3

このコマンドが追加されました。

12.0

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0 に統合されました。 iphc-format キーワードが含まれるように、このコマンドが変更されました。

12.3(2)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.3(2)T に統合されました。 periodic-refresh キーワードが含まれるように、このコマンドが変更されました。

12.3(4)T

ietf-format キーワードが含まれるように、このコマンドが変更されました。

12.2(25)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(25)S に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされました。このトレインの特定の 12.2SX リリースでのサポートは、使用する機能セット、プラットフォームおよびプラットフォーム ハードウェアにより異なります。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

IP/User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)/RTP ヘッダーを圧縮してパケットのサイズを小さくできます。RTP の場合、RTP ペイロード サイズを 20 バイトまで圧縮できるので、ヘッダーの圧縮は特に有効です。未圧縮のヘッダーは 40 バイトです。

ietf-format キーワード

ietf-format キーワードは、ヘッダー圧縮に IETF 形式を使用することを意味します。HDLC インターフェイスの場合、 ietf-format キーワードを指定すると UDP パケットだけが圧縮されます。PPP インターフェイスの場合、 ietf-format キーワードを指定すると、TCP ヘッダー圧縮もイネーブルになります。このような理由から、 show running-config コマンドの出力には、 ip tcp header-compression コマンドが表示されます。RTP ヘッダー圧縮および TCP ヘッダー圧縮の両方がイネーブルになるので、UDP パケットおよび TCP パケットの両方が圧縮されます。

ietf-format キーワードを使用する場合は、1024 より大きな任意の偶数の宛先ポート番号を使用できます。この基準(ポート番号が偶数で 1024 より大きな値)を満足する有効な RTP パケットは、RTP パケット圧縮形式を使用して圧縮されます。それ以外の場合、パケットは性能の落ちる非 TCP パケット圧縮形式を使用して圧縮されます。


) ヘッダー圧縮形式(この場合 IETF)は、ネットワークの両端で同じ形式にする必要があります。つまり、ローカル ルータで ietf-format キーワードを使用した場合には、リモート ルータでも ietf-format キーワードを使用する必要があります。


シリアル回線のサポート

RTP ヘッダー圧縮は、フレーム リレー、HDLC、または PPP カプセル化を使用するシリアル回線上でサポートされます。シリアル接続の両端で圧縮をイネーブルにする必要があります。

ユニキャストまたはマルチキャスト RTP パケット

このコマンドによりユニキャストまたはマルチキャスト RTP パケットを圧縮できます。したがって、低速リンクを使用する Multicast Backbone(MBONE; マルチキャスト バックボーン)トラフィックも圧縮できます。この圧縮方式は、オーディオ トラフィックのようにペイロード サイズが小さい場合にだけ効果があります。

次に、Serial1/0 インターフェイスでの RTP ヘッダー圧縮をイネーブルにし、RTP ヘッダー圧縮接続の数を 10 までに制限する例を示します。この例では ip rtp header-compression コマンドの ietf-format キーワードを指定しています。

Router> enable
Router# configure terminal
Router(config)# interface t1/0
controller T1 0/4
Router(config-if)# encapsulation ppp
Router(config-if)# ip rtp header-compression ietf-format
Router(config-if)# ip rtp compression-connections 10
Router(config-if)# exit
 

次に、Serial1/0 インターフェイスで RTP ヘッダー圧縮をイネーブルにし、 ip rtp header-compression コマンドの periodic-refresh オプション キーワードを使用する例を示します。

Router> enable
Router# configure terminal
Router(config)# interface Serial1/0
Router(config-if)# encapsulation ppp
Router(config-if)# ip rtp header-compression ietf-format periodic-refresh
Router(config-if)# ip rtp compression-connections 10
Router(config-if)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip rtp header-compression

RTP ヘッダー圧縮構造および統計情報をクリアします。

show ip rtp header-compression

RTP ヘッダー圧縮の統計情報を表示します。

show running-config

現在実行中のコンフィギュレーション ファイルまたは特定のインターフェイスのコンフィギュレーションの内容、またはマップ クラス情報を表示します。

ip tcp header-compression

Transmission Control Protocol(TCP)ヘッダー圧縮をイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで ip tcp header-compression コマンドを使用します。圧縮をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip tcp header-compression [passive] [iphc-format] [ietf-format]

no ip tcp header-compression [passive] [iphc-format] [ietf-format]

 
シンタックスの説明

passive

(任意)同じインターフェイス上の着信 TCP パケットが圧縮されている場合にだけ、発信 TCP パケットを圧縮します。passive キーワードを指定しない場合、すべての TCP パケットが圧縮されます。

iphc-format

(任意)ヘッダー圧縮に IP Header Compression(IPHC; IP ヘッダー圧縮)形式を使用することを意味します。

ietf-format

(任意)ヘッダー圧縮に Internet Engineering Task Force(IETF)形式を使用することを意味します。

 
デフォルト

ディセーブルです。

PPP インターフェイスの場合、ヘッダー圧縮のデフォルト形式は IPHC です。

High-Level Data Link Control(HDLC; ハイレベル データリンク制御)およびフレーム リレー インターフェイスの場合、デフォルト形式は RFC 1144、Compressing TCP/IP Headers for Low-Speed Serial Links(低速シリアルリンク向け TCP/IP ヘッダー圧縮)の記述に従います。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

10.0

このコマンドが追加されました。

12.0

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0 に統合されました。iphc-format キーワードが含まれるように、このコマンドが変更されました。

12.3(4)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.3(4)T に統合されました。ietf-format キーワードが含まれるように、このコマンドが変更されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされました。このトレインの特定の 12.2SX リリースでのサポートは、使用する機能セット、プラットフォームおよびプラットフォーム ハードウェアにより異なります。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

TCP/IP パケットのヘッダーを圧縮してパケットのサイズを小さくできます。TCP ヘッダー圧縮は、フレーム リレー、HDLC、または PPP カプセル化を使用するシリアル回線上でサポートされます。シリアル接続の両端で圧縮をイネーブルにする必要があります。TCP ヘッダーを圧縮すると、Telnet 接続が大幅に高速化されます。

一般に、トラフィックが大きなパケットで構成されずに多数の小さなパケットで構成されている場合、TCP ヘッダーを圧縮するとメリットがあります。トランザクション処理(通常は端末を使用)には小さなパケットが使用され、ファイル転送には大きなパケットが使用される傾向があります。この機能では TCP ヘッダーだけを圧縮するので、UDP には影響ありません。

passive キーワード

デフォルトでは、iptcp header-compression コマンドにより発信 TCP トラフィックが圧縮されます。このコマンドにはオプションの passive キーワードがあります。passive キーワードを指定した場合、同じインターフェイス上の着信 TCP トラフィックが圧縮されている場合にだけ、発信 TCP トラフィックが圧縮されます。passive キーワードを指定しない場合、すべての TCP トラフィックが圧縮されます。

PPP インターフェイスの場合、passive キーワードは無視されます。PPP インターフェイスでは、passive キーワードの指定の有無にかかわらず、ヘッダー圧縮の使用をネゴシエートします。したがって、passive キーワードは PPP インターフェイスのデフォルト形式である IPHC 形式に置き換えられます。

iphc-format キーワード

このコマンドには iphc-format キーワードが含まれます。iphc-format キーワードは、このヘッダー圧縮タイプを使用することを意味します。PPP および HDLC インターフェイスの場合、iphc-format キーワードを指定すると、Real-Time Protocol(RTP)ヘッダー圧縮もイネーブルになります。このような理由から、show running-config コマンドの出力には、ip rtp header-compression コマンドが表示されます。TCP ヘッダー圧縮および RTP ヘッダー圧縮の両方がイネーブルになるので、TCP パケットおよび UDP パケットの両方が圧縮されます。


) フレーム リレー インターフェイスの場合、iphc-format キーワードは使用できません。


ietf-format キーワード

このコマンドには ietf-format キーワードが含まれます。ietf-format キーワードは、このヘッダー圧縮タイプを使用することを意味します。HDLC インターフェイスの場合、ietf-format キーワードを指定すると TCP パケットだけが圧縮されます。PPP インターフェイスの場合、ietf-format キーワードを指定すると、RTP ヘッダー圧縮もイネーブルになります。このような理由から、show running-config コマンドの出力には、ip rtp header-compression コマンドが表示されます。TCP ヘッダー圧縮および RTP ヘッダー圧縮の両方がイネーブルになるので、TCP パケットおよび UDP パケットの両方が圧縮されます。


) フレーム リレー インターフェイスの場合、ietf-format キーワードは使用できません。


次に、最初のシリアル インターフェイスに、最大 10 個のキャッシュ エントリを使用するヘッダー圧縮を設定する例を示します。

Router(config)# interface t1 0/1
Router(config-if)# ip tcp header-compression
Router(config-if)# ip tcp compression-connections 10
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip tcp compression-connections

インターフェイス上に存在できる TCP ヘッダー圧縮接続数の合計数を指定します。

show ip tcp header-compression

TCP ヘッダー圧縮統計情報を表示します。

show running-config

現在実行中のコンフィギュレーション ファイルまたは特定のインターフェイスのコンフィギュレーションの内容、またはマップ クラス情報を表示します。

ipran-mib backhaul-notify-interval

ciscoIpRanBackHaulRcvdUtil 通知および ciscoIpRanBackHaulSentUtil 通知の CISCO-IP-RAN-BACKHAUL-MIB からの生成を抑制するために使用するインターバルを指定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで ipran-mib backhaul-notify-interval コマンドを使用します。インターバルを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ipran-mib backhaul-notify-interval interval

no ipran-mib backhaul-notify-interval interval

通知は指定された秒数の間抑制されます。このキーワードをゼロに設定した場合、通知は抑制されません。最小インターバルは 1 分で、最大インターバルは 15 分です。抑制がイネーブルになっていても、状態が悪化すると通知が生成されます。たとえば次のように状態が移行する場合、通知が生成されます。

「acceptable」から「warning」へ

「warning」から「overloaded」へ

この後緩和状態に移行した場合の通知は抑制されます。たとえば次のように状態が移行する場合、通知は生成されません。

「warning」から「acceptable」へ

「overloaded」から「warning」へ

「overloaded」から「acceptable」へ

指定したインターバルの終了時、その時点の状態が最後に通知した状態と異なっている場合は、通知が生成されます。

 
シンタックスの説明

interval

60 ~ 900 秒、または 0

 
デフォルト

デフォルト インターバルは 0 です(通知は抑制されません)。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.4(19)MR2

このコマンドが追加されました。

次に、通知抑制インターバルを設定する例を示します。

Router# config t
Router(config)# ipran-mib backhaul-notify-interval 60
Router(config)# ipran-mib backhaul-notify-interval 900
Router(config)# no ipran-mib backhaul-notify-interval
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipran-mib threshold-acceptable

トラフィックの許容レベルを指定します。

ipran-mib threshold-overloaded

バックホールが過負荷であることを表すトラフィック量を指定します。

ipran-mib threshold-warning

バックホールが過負荷ではないがパフォーマンスに影響を与えるだけのトラフィックを伝送していることを表すトラフィック量を指定します。

ipran-mib location

デバイスの場所を定義するには、グローバル コンフィギュレーション モードで ipran-mib location コマンドを使用します。このコマンドは、ネットワーク管理システムでのシステム トポロジの正しい表示を支援するためにも使用します。

ipran-mib location {addSite | cellSite | undefined}

 
シンタックスの説明

addSite

デバイスが BSC または RNC サイトにあることを示します。

cellSite

デバイスが BTS またはノード B サイトにあることを示します。

undefined

デバイスに未定義の場所を指定します。

 
デフォルト

デフォルトの場所は、cellSite です。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.4(19)MR2

このコマンドが追加されました。

次に、デバイスの場所を定義する例を示します。

Router# config t
Router(config)# ipran-mib location aggSite
Router(config)# ipran-mib location cellSite
Router(config)# ipran-mib location undefined
Router(config)# no ipran-mib location
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipran-mib snmp-access

デバイスとネットワーク管理システムの間の接続タイプを定義します。

ipran-mib snmp-access

デバイスとネットワーク管理システムの間の接続のタイプを定義するには、グローバル コンフィギュレーション モードで ipran-mib snmp-access コマンドを使用します。このコマンドは、ネットワークがインバンド ポーリングを処理している間のトラフィック量を制限するために使用します。

ipran-mib snmp-access {inBand | outOfBand | undefined}

 
シンタックスの説明

inBand

インバンド SNMP 接続を定義します。

outOfBand

アウトオブバンド SNMP 接続を定義します。

undefined

未定義の接続を指定します。

 
デフォルト

デフォルト アクセス タイプは、inBand です。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.4(19)MR2

このコマンドが追加されました。

次に、接続タイプを定義する例を示します。

Router# config t
Router(config)# ipran-mib snmp-access inBand
Router(config)# ipran-mib snmp-access outOfBand
Router(config)# ipran-mib snmp-access undefined
Router(config)# no ipran-mib snmp-access
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipran-mib location

デバイスの場所を定義します。このコマンドは、ネットワーク管理システムでのシステム トポロジの正しい表示を支援するためにも使用します。

ipran-mib threshold-acceptable

それを下回っていれば cirbhBackHaulRcvdUtilState オブジェクトおよび cirbhBackHaulSentUtilState オブジェクトのインスタンスが「acceptable」としてマークされるトラフィック レベルを指定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで ipran-mib threshold-acceptable コマンドを使用します。このしきい値への変更はすべて、現在のインターバルの終了時に有効になります。このオブジェクトの値は、ipran-mib threshold-warning コマンドおよび ipran-mib threshold-overloaded コマンドで指定される値より小さくする必要があります。このパラメータは cirbhBackHaulAcceptableThreshold オブジェクトと対応しています。

ipran-mib threshold-acceptable [utilization-percentage]

 
シンタックスの説明

utilization-percentage

(任意)使用率のしきい値を%で指定します。指定できる値の範囲は 20 ~ 100 です。

 
デフォルト

デフォルトのしきい値は、60% です。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.4(19)MR2

このコマンドが追加されました。

次に、使用率のしきい値を設定する例を示します。

Router# config t
Router(config)# ipran-mib threshold-acceptable 50
Router(config)# ipran-mib threshold-acceptable 70
Router(config)# no ipran-mib threshold-acceptable
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipran-mib threshold-overloaded

バックホールが過負荷であることを表すトラフィック量を指定します。

ipran-mib threshold-warning

バックホールが過負荷ではないがパフォーマンスに影響を与えるだけのトラフィックを伝送していることを表すトラフィック量を指定します。

ipran-mib backhaul-notify-interval

使用状況通知の生成の抑制に使用するインターバルを指定します。

ipran-mib threshold-overloaded

cirbhBackHaulRcvdUtilState オブジェクトと cirbhBackHaulSentUtilState オブジェクトのインスタンスが「overloaded」としてマークされるトラフィック レベルを指定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで ipran-mib threshold-overloaded コマンドを使用します。このしきい値への変更は、現在のインターバルの終了時に有効になります。このオブジェクトの値は、cirbhBackHaulAcceptableThreshold オブジェクトに指定される値より大きくする必要があります。また、このオブジェクトの値は、cirbhBackHaulWarningThreshold オブジェクトの値以上にする必要があります。

ipran-mib threshold-overloaded [utilization-percentage]

 
シンタックスの説明

utilization-percentage

(任意)使用率のしきい値を%で指定します。指定できる値の範囲は 40 ~ 100 です。

 
デフォルト

デフォルトのしきい値は、80%です。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.4(19)MR2

このコマンドが追加されました。

次に、使用率のしきい値を設定する例を示します。

Router# config t
Router(config)# ipran-mib threshold-overloaded 60
Router(config)# ipran-mib threshold-overloaded 80
Router(config)# no ipran-mib threshold-warning
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipran-mib threshold-acceptable

トラフィックの許容レベルを指定します。

ipran-mib backhaul-notify-interval

使用状況通知の生成の抑制に使用するインターバルを指定します。

ipran-mib threshold-warning

バックホールが過負荷ではないがパフォーマンスに影響を与えるだけのトラフィックを伝送していることを表すトラフィック量を指定します。

 

ipran-mib threshold-warning

cirbhBackHaulRcvdUtilState オブジェクトと cirbhBackHaulSentUtilState オブジェクトのインスタンスが「warning」としてマークされるトラフィック レベルを指定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで ipran-mib threshold-warning コマンドを使用します。

このしきい値への変更はすべて、現在のインターバルの終了時に有効になります。このオブジェクトの値は、ipran-mib threshold-acceptable コマンドに指定される値より大きくする必要があります。また、このオブジェクトの値は、cirbhBackHaulOverloadedThreshold オブジェクトの値以下にする必要があります。このパラメータは cirbhBackHaulWarningThreshold オブジェクトと対応しています。

ipran-mib threshold-warning [utilization-percentage]

 
シンタックスの説明

utilization-percentage

(任意)使用率のしきい値を%で指定します。指定できる値の範囲は 30 ~ 100 です。

 
デフォルト

デフォルトのしきい値は、70%です。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.4(19)MR2

このコマンドが追加されました。

次に、使用率のしきい値を設定する例を示します。

Router# config t
Router(config)# ipran-mib threshold-warning 60
Router(config)# ipran-mib threshold-warning 80
Router(config)# no ipran-mib threshold-warning
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipran-mib threshold-acceptable

トラフィックの許容レベルを指定します。

ipran-mib threshold-overloaded

バックホールが過負荷であることを表すトラフィック量を指定します。

ipran-mib backhaul-notify-interval

使用状況通知の生成の抑制に使用するインターバルを指定します。

keepalive

キープアライブ パケットをイネーブルにし、応答がなくとも Cisco IOS ソフトウェアがキープアライブ パケットを送信する回数を指定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで keepalive コマンドを使用します。これを超えるとそのインターフェイスまたは特定のインターフェイスのトンネル プロトコルはダウンになります。

キープアライブ機能がイネーブルになると、指定されたインターバルで keepalive パケットが送信されてインターフェイスをアクティブに保ちます。キープアライブ パケットを完全にオフにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

keepalive [ period [ retries ]]

no keepalive [ period [ retries ]]

 
シンタックスの説明

period

(任意)ネットワーク インターフェイスが稼動していることを確認するために Cisco IOS ソフトウェアがメッセージを送信する間隔を表す整数値(秒単位)。0 より大きい値を指定する必要があります。デフォルトは 10 です。

retires

(任意)応答がなくともデバイスがインターフェイスをダウンにする前に、キープアライブ パケットを継続して送信する回数。1 より大きく 255 より小さい整数値を指定します。省略した場合、以前に設定されていた値が使用されます。以前に指定されていた値がない場合は、デフォルト値の 5 が使用されます。

このコマンドがトンネル インターフェイスに使用された場合、この変数は、応答がなくともデバイスがトンネル インターフェイスのプロトコルをダウンにする前に、キープアライブ パケットを継続して送信する回数を指定します。

 
デフォルト

period :10 秒

retries :5

引数なしで keepalive コマンドを入力した場合、両方の引数のデフォルト値が使用されます。

keepalive コマンドとタイムアウト( period )パラメータを入力した場合、デフォルトのリトライ回数(5回)が使用されます。

no keepalive コマンドを入力した場合、そのインターフェイスでキープアライブ パケットはディセーブルにされます。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

10.0

このコマンドが追加されました。

12.2(8)T

retries 引数が追加され、トンネル インターフェイスで使用可能になりました。

12.2(13)T

retries 引数のデフォルト値が 5 に増やされました。

12.2(14)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(14)S に統合されました。

12.2(28)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(28)SB に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされました。このトレインの特定の 12.2SX リリースでのサポートは、使用する機能セット、プラットフォームおよびプラットフォーム ハードウェアにより異なります。

12.4(19)MR2

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(19)MR2 に統合されました。

 
使用上のガイドライン

キープアライブ タイム インターバル

キープアライブ タイム インターバルの設定ができます。このインターバルは、ネットワーク インターフェイスが動作していることを確認するために Cisco IOS ソフトウェアが自分側(イーサネットおよびトークンリング)または相手側(シリアルおよびトンネル)にメッセージを送信する周期のことです。インターバルの値は 1 秒刻みで増やすことができます。下限は 1 秒です。インターフェイスは、キープアライブ パケットを受信することなく 3 回のアップデート インターバルが経過するとダウンとして宣言されます(リトライ値がより高く設定されている場合を除きます)。

キープアライブ タイマーの値を小さく設定すると、イーサネット インターフェイスの障害(トランシーバ ケーブルの接続解除やケーブルの未終端など)の迅速な検出に有効です。

回線障害

シリアル回線でよく見られる障害には、Carrier Detect(CD; キャリア検知)信号の損失があります。この種の障害は一般に数ミリ秒以内に検出されるので、キープアライブ タイマーを調整してルーティングのリカバリを速くしようとしても通常は効果がありません。

キープアライブ パケットとトンネル インターフェイス

GRE キープアライブ パケットはトンネルの両側から送信することも、片側だけから送信することもできます。両側からキープアライブ パケットを送信する場合、period 引数と retries 引数がリンクの両側で異なってもかまいません。トンネルの片側だけにキープアライブを設定する場合、送信側のトンネル インターフェイスは受信側のトンネル インターフェイスがダウンしていると見なす可能性があります(送信インターフェイスがキープアライブを受信しないため)。トンネルの受信側からは、リンクは正常に見えます(リンクのこちら側でキープアライブはイネーブルにされなかったため)。

パケットのドロップ

キープアライブ パケットは通常のパケットとして扱われるので、ドロップされることがあります。キープアライブ パケットのドロップが原因となってトンネル インターフェイスがダウンにされる可能性を減らすには、リトライ回数を増やします。


) 帯域幅が非常に狭いシリアル インターフェイスのキープアライブ タイマーを調整する場合、大きなデータグラムによって小さなキープアライブ パケットの遅延が引き起こされ、回線プロトコルのダウンにつながることがあります。タイムアウト値およびリトライ回数を変えてみて構成に合った最適な値を見つける必要があります。


次に、キープアライブ インターバルを 3 秒に設定する例を示します。

Router(config)# interface ethernet 0
Router(config-if)# keepalive 3
 

次に、キープアライブ インターバルを 3 秒、リトライ値を 7 に設定する例を示します。

Router(config)# interface tunnel 1
Router(config-if)# keepalive 3 7

load-interval

負荷統計情報の計算に使用されるデータを取る時間の長さを変更するには、load-interval インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルトの設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

load-interval seconds

no load-interval seconds

 
シンタックスの説明

seconds

負荷統計情報の計算に使用されるデータを取る時間の長さ。30 ~ 600 の範囲にある 30 の倍数(30、60、90、120 など)を指定します。

 
デフォルト

デフォルトは 300 秒(5 分)です。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

10.3

このコマンドが追加されました。

12.2(4)T

このコマンドがフレーム リレー DLCI コンフィギュレーション モードで使用できるようになりました。

12.2(18)SXF

このコマンドのサポートが、Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(28)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(28)SB に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.4(19)MR2

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(19)MR2 に統合されました。

 
使用上のガイドライン

5 分間のトラフィックの平均でなく、短いトラフィック バーストに対してより細かく計算したい場合は、平均負荷の計算期間を短くします。

負荷インターバルを 30 秒に設定すると、新しいデータは 30 秒間にわたる負荷の計算に使用されます。このデータは、入力レート(bps、pps)、出力レート(bps、pps)、負荷、信頼性などの負荷統計情報の計算に使用されます。

負荷データは 5 秒ごとに収集されます。このデータは重み付き平均計算に使用されます。負荷データは古いものより新しいほうが計算で重み付けされます。負荷インターバルを 30 秒に設定すると、負荷データの最新の 30 秒間の平均値が計算されます。

load-interval コマンドを使用すると、5 分間のデフォルト インターバルをもっと短いまたは長い間隔に変更できます。インターバルを短い時間に変更すると、show interface コマンドを使用したときに表示される入力および出力統計情報が、長い期間のより多くの平均負荷を反映するのではなく、より新しく、より瞬間的にデータに基づいたものとなります。

このコマンドは、ダイヤル バックアップの用途でバックアップ インターフェイスの導入の可能性を検討するためによく使用されますが、どのインターフェイスでも使用できます。

次に、デフォルトの 5 分平均を 30 秒平均に設定する例を示します。デフォルトの 5 分のインターバルに設定されたインターフェイスではダイヤル バックアップがトリガーされないようなトラフィック バーストであっても、より短い 30 秒のインターバルに設定されたこのインターフェイスではダイヤル バックアップがトリガーされる可能性があります。

Router(config)# interface serial 0
Router(config-if)# load-interval 30

 
関連コマンド

コマンド
説明

show interfaces

ALC 情報を表示します。

match any

すべてのパケットについて正常に一致する基準とするクラス マップの一致基準を設定するには、クラス マップ コンフィギュレーション モードで match any コマンドを使用します。正常一致基準としてのすべての基準を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

match any

no match an y

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数もキーワードもありません。

 
コマンドのデフォルト

一致基準は指定されていません。

 
コマンド モード

クラスマップ コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.0(5)XE

このコマンドが追加されました。

12.0(5)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(5)T に統合されました。

12.1(1)E

このコマンドが Cisco IOS Release 12.1(1)E に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(31)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(31)SB に統合され、Cisco 10000 シリーズ ルータに実装されました。

12.2SX

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされました。このトレインの特定の 12.2SX リリースでのサポートは、使用する機能セット、プラットフォームおよびプラットフォーム ハードウェアにより異なります。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

次のコンフィギュレーションでは、イーサネット インターフェイス 0/1 から出て行くすべてのパケットが、ポリシー マップ クラス コンフィギュレーション モードで指定されたパラメータに基づいてポリシー処理されます。

Router(config)# class-map matchany
Router(config-cmap)# match any
Router(config-cmap)# exit
 
Router(config)# policy-map policy1
Router(config-pmap)# class class4
Router(config-pmap-c)# police 8100 1500 2504 conform-action transmit exceed-action set-qos-transmit 4
Router(config-pmap-c)# exit
 
Router(config)# interface gigabitethernet0/1
Router(config-if)# service-policy output policy1

 
関連コマンド

コマンド
説明

class-map

パケットと指定したクラスを照合するために使用されるクラス マップを作成します。

match input-interface

指定した入力インターフェイスを一致基準として使用するクラス マップを設定します。

match protocol

指定したプロトコルに基づいて、クラス マップの一致基準を設定します。

match atm-clp

ATM セル損失優先度(CLP)に基づいたパケット照合をイネーブルにするには、クラス マップ コンフィギュレーション モードで match atm-clp コマンドを使用します。ATM CLP に基づいたパケット照合をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

match atm-clp

no match atm-clp

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数もキーワードもありません。

 
コマンドのデフォルト

パケットは、ATM CLP に基づいては照合されません。

 
コマンド モード

クラス マップ コンフィギュレーション(config-cmap)

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.0(28)S

このコマンドが追加されました。

12.2(28)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(28)SB に統合されました。

12.2(33)SRB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRB に統合されました。

12.2(33)SRC

Cisco 7600 シリーズ ルータのサポートが追加されました。

12.4(15)T2

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(15)T2 に統合されました。

12.2(33)SB

Cisco 7300 シリーズ ルータのサポートが追加されました。

Cisco IOS XE Release 2.3

このコマンドが Cisco IOS XE Release 2.3 に統合されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、ATM メイン インターフェイス、ATM サブインターフェイス、または ATM 相手先固定接続(PVC)にアタッチされているポリシー マップでサポートされています。ただし、これらのタイプの ATM インターフェイスにアタッチされたポリシー マップ( match atm-clp コマンドを含む)となれるのは、 input ポリシー マップ だけ です。

このコマンドは、PA-A3 アダプタで しか サポートされていません。

次に、 class-map コマンドを使用して「class-c1」というクラスを作成し、そのクラス内で match atm-clp コマンドを設定する例を示します。したがって、パケットは ATM CLP に基づいて照合され、このクラスに置かれます。

Router> enable

Router# configure terminal

Router(config)# class-map class-c1

Router(config-cmap)# match atm-clp

Router(config-cmap)# end

 
関連コマンド

コマンド
説明

class-map

パケットと指定したクラスを照合するために使用されるクラス マップを作成します。

show atm pvc

すべての ATM PVC およびトラフィック情報を表示します。

show policy-map interface

指定されたインターフェイスまたはサブインターフェイス、あるいはそのインターフェイス上の特定の PVC のすべてのサービス ポリシーに設定されているすべてのクラスのパケット統計情報を表示します。

match cos

レイヤ 2 Class of Service(CoS; サービス クラス)/Inter-Switch Link(ISL; スイッチ間リンク)マーキングに基づいてパケットを照合するには、クラス マップ コンフィギュレーション モードで match cos コマンドを使用します。一致基準としての特定のレイヤ 2 CoS/ISL マーキングを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

match cos cos-value [ cos-value [ cos-value [ cos-value ]]]

no match cos cos-value [ cos-value [ cos-value [ cos-value ]]]

 
シンタックスの説明

cos-value

具体的な IEEE 802.1Q/ISL CoS 値。 cos-value は 0 ~ 7 です。1 つの match cos 文に最大 4 つの CoS 値をスペースで区切って指定できます。

 
コマンドのデフォルト

パケットのレイヤ 2 CoS/ISL マーキングに基づいた照合は行われません。

 
コマンド モード

クラス マップ コンフィギュレーション(config-cmap)

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.1(5)T

このコマンドが追加されました。

12.0(25)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(25)S に統合されました。

12.2(28)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(28)SB に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco 10000 シリーズ ルータに実装されました。

12.2SX

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされました。このトレインの特定の 12.2SX リリースでのサポートは、使用する機能セット、プラットフォームおよびプラットフォーム ハードウェアにより異なります。

12.2(33)SRC

Cisco 7600 シリーズ ルータのサポートが追加されました。

12.4(15)T2

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(15)T2 に統合されました。

12.2(33)SB

Cisco 7300 シリーズ ルータのサポートが追加されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に追加されました。

次に、1、2、および 3 の CoS 値を、cos という分類ポリシーを含むインターフェイスの成功一致基準とする例を示します。

Router(config)# class-map cos
Router(config-cmap)# match cos 1 2 3
 

次の例では、CoS 値に基づいてトラフィックを分類するために、voice および video-n-data というクラスを作成しています。その後、cos-based-treatment ポリシー マップ内で該当パケットへの QoS 処理を指定しています(この例では、QoS 処理は priority が 64、bandwidth が 512)。この例で設定したサービス ポリシーは、ファスト イーサネット インターフェイス 0/0.1 から出て行くすべてのパケットにアタッチされます。サービス ポリシーは、サービス ポリシーをサポートする任意のインターフェイスにアタッチできます。

Router(config)# class-map voice
Router(config-cmap)# match cos 7
 
Router(config)# class-map video-n-data
Router(config-cmap)# match cos 5
 
Router(config)# policy-map cos-based-treatment
Router(config-pmap)# class voice
Router(config-pmap-c)# priority 64
Router(config-pmap-c)# exit
Router(config-pmap)# class video-n-data
Router(config-pmap-c)# bandwidth 512
Router(config-pmap-c)# exit
Router(config-pmap)# exit
 
Router(config)# interface fastethernet0/0.1
Router(config-if)# service-policy output cos-based-treatment

 
関連コマンド

コマンド
説明

class-map

パケットと指定したクラスを照合するために使用されるクラス マップを作成します。

policy-map

1 つまたは複数のインターフェイスに付加してサービス ポリシーを指定するためのポリシー マップを作成または変更します。

service-policy

ポリシー マップを入力インターフェイスまたは VC(もしくは出力インターフェイスまたは VC)に付加して、そのインターフェイスまたは VC のサービス ポリシーとして使用します。

set cos

発信パケットのレイヤ 2 CoS 値を設定します。

show class-map

すべてのクラス マップおよびその一致基準を表示します。

match dscp

Differentiated Service Code Point(DSCP)、Assured Forwarding(AF; 保証転送)、および Certificate Server(CS; 証明書サーバ)の値の 1 つまたは複数を一致基準として指定するには、クラスマップ コンフィギュレーション モードで match dscp コマンドを使用します。クラス マップから特定の DSCP 値を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

match [ ip ] dscp dscp-value [ dscp-value dscp-value dscp-value dscp-value dscp-value dscp-value dscp-value ]

no match [ ip ] dscp dscp-value

 
シンタックスの説明

ip

(任意)一致基準を IPv4 パケット専用に指定します。これを指定しなければ、IPv4 パケットと IPv6 パケットの両方が照合されます。

dscp-value

DSCP 値の識別に使用する DSCP 値。有効な値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

 
コマンドのデフォルト

一致基準は設定されていません。

ip キーワードを入力しなかった場合、IPv4 パケットと IPv6 パケットの両方が照合されます。

 
コマンド モード

クラスマップ コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.2(13)T

このコマンドが追加されました。このコマンドで match ip dscp コマンドが置き換えられました。

12.0(28)S

IPv6 でのこのコマンドのサポートが、Cisco IOS Release S12.0(28)S に追加されました。

12.0(17)SL

このコマンドが Cisco 10000 シリーズ ルータに実装されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

DSCP 値

1 つまたは複数の Differentiated Service Code Point(DSCP)値を入力する必要があります。コマンドには、次の任意の組み合わせを含めることができます。

DSCP 値を表す数字(0 ~ 63)

特定の AF DSCP を識別する af 番号(af11 など)

特定の CS DSCP を識別する cs 番号(cs1 など)

default :デフォルト DSCP を持つパケットに一致します。

ef :EF DSCP を持つパケットに一致します。

たとえば、0、1、2、3、4、5、6、または 7 の DSCP 値が必要な場合(指定したすべての IP DSCP 値ではなく、1 つの値だけが正常な一致基準であることに注意)、 match dscp 0 1 2 3 4 5 6 7 コマンドを入力します。

このコマンドはクラス マップで使用され、パケット上の特定の DSCP 値マーキングを識別します。このコンテキストでは、 dscp-value 引数 マーキングとしてだけ使用され、数学的な意味はありません。たとえば、 dscp-value の 2 という値は、1 より大きいわけではありません。値は単に 1 という dscp-value ではなく 2 という dscp-value でマーキングされているパケットを示しているだけです。これらのマーキングされたパケットの処理は、ユーザが、ポリシー マップ クラス コンフィギュレーション モードでの Quality of Service(QoS; サービス品質)ポリシーの設定を通じて定義します。

DSCP 値での一致パケット

DSCP 値を IPv6 パケットだけに照合させるには、 match protocol ipv6 コマンドも使用する必要があります。このコマンドを指定しないと、DSCP の照合は、デフォルトで IPv4 パケットと IPv6 パケットの両方に行われます。

DSCP 値を IPv4 パケットだけの照合に使用するには、 ip キーワードを使用します。 ip キーワードを指定しないと、照合は IPv4 パケットと IPv6 パケットの両方に行われます。その代わりに match protocol ip コマンドを match dscp と一緒に使用しても、IPv4 パケットだけを分類できます。

DSCP ビットをセットした後は、その他の QoS 機能をビット設定で動作させることができます。

ネットワークは、マーキングされているトラフィックにプライオリティを与える(または何らかのタイプの優先処理を行う)ことができます。一般に、ネットワークのエッジ(または管理ドメイン)で優先順位の値を設定します。これにより、データが優先順位に従ってキューに格納されます。Weighted Fair Queueing(WFQ; 重み付け均等化キューイング)で、輻輳ポイントでの優先順位の高いトラフィックの処理を高速化できます。Weighted Random Early Detection(WRED; 重み付けランダム早期検出)で、輻輳時に、優先順位の高いトラフィックの損失率をその他のトラフィックより確実に低くすることができます。

次に、複数の一致基準を設定する例を示します。この場合は、2 つの IP DSCP 値と 1 つの AF 値です。

Router(config)# class-map map1
Router(config-cmap)# match dscp 1 2 af11

 
関連コマンド

コマンド
説明

class-map

パケットと指定したクラスを照合するために使用されるクラス マップを作成します。

match protocol ip

パケットの DSCP 値照合を行います。

policy-map

1 つまたは複数のインターフェイスに付加してサービス ポリシーを指定するためのポリシー マップを作成または変更します。

service-policy

ポリシー マップを入力インターフェイスまたは VC(もしくは出力インターフェイスまたは VC)に付加して、そのインターフェイスまたは VC のサービス ポリシーとして使用します。

set dscp

トラフィック クラス内のパケットの DSCP 値をマーク付けします。

show class-map

すべてのクラス マップおよびその一致基準を表示します。

match ip dscp

特定の IP Differentiated Service Code Point(DSCP)値を一致基準として指定するには、match ip dscp クラスマップ コンフィギュレーション コマンドを使用します。クラス マップから特定の IP DSCP 値を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

match ip dscp ip-dscp-value [ip-dscp-value ip-dscp-value ip-dscp-value ip-dscp-value ip-dscp-value ip-dscp-value ip-dscp-value]

no match ip dscp ip-dscp-value [ip-dscp-value ip-dscp-value ip-dscp-value ip-dscp-value ip-dscp-value ip-dscp-value ip-dscp-value]

 
シンタックスの説明

ip-dscp-value

IP DSCP 値の定義に使用される 0 ~ 63 の正確な値を指定します。

 
コマンド モード

クラスマップ コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.4(19)MR2

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(19)MR2 に統合されました。

 
使用上のガイドライン

1 つの match 文で最大 8 つの IP DSCP 値を照合できます。たとえば、0、1、2、3、4、5、6、または 7 の IP DSCP 値が必要な場合(指定したすべての IP DSCP 値ではなく、1 つの値だけが正常な一致基準であることに注意)、match ip dscp 0 1 2 3 4 5 6 7 と入力します。

このコマンドはクラス マップで使用され、パケット上の特定の IP DSCP 値マーキングを識別します。ip-dscp-value 引数はマーキングとしてだけ使用されます。IP DSCP 値に数学的な意味はありません。たとえば、2 という ip-dscp-value は 1 より大きいわけではありません。値は単に、2 という ip-dscp-value でマーキングされているパケットが、1 という ip-dscp-value でマーキングされているパケットとは異なるということを示しているに過ぎません。これらのマーキングされているパケットの処理は、ユーザが、ポリシー マップ クラス コンフィギュレーション モードでの QoS ポリシーの設定を通じて定義します。

次に、priority55 というサービス ポリシーを設定し、サービス ポリシー priority55 をインターフェイスに付加する例を示します。この例では、ipdscp15 というクラス マップで、ファスト イーサネット 0/0 インターフェイスに入ってきたすべてのパケットについて、IP DSCP 値が 15 かどうかを評価します。受信パケットが 15 という IP DSCP 値でマーキングされていれば、パケットは、プライオリティ レベル 55 で処理されます。

Router(config)# class-map ipdscp15
Router(config-cmap)# match ip dscp 15
Router(config-cmap)# exit
Router(config)# policy-map priority55
Router(config-pmap)# class ipdscp15
Router(config-pmap-c)# priority55
Router(config-pmap-c)# exit
Router(config-pmap)# exit
Router(config)# interface fa0/0
Router(config-if)# service-policy input priority55
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

class-map

パケットと指定したクラスを照合するために使用されるクラス マップを作成します。

policy-map

1 つまたは複数のインターフェイスに付加してサービス ポリシーを指定するためのポリシー マップを作成または変更します。

service-policy

ポリシー マップを入力インターフェイスまたは VC(もしくは出力インターフェイスまたは VC)に付加して、そのインターフェイスまたは VC のサービス ポリシーとして使用します。

set ip dscp

トラフィック クラス内のパケットの IP DSCP 値をマーク付けします。

show class-map

すべてのクラス マップおよびその一致基準を表示します。

match mpls experimental

Experimental(EXP)フィールドに指定された値(複数可)を一致基準として使用するようにクラス マップを設定するには、クラスマップ コンフィギュレーション モードで match mpls experimental コマンドを使用します。EXP フィールドの一致基準をクラス マップから削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

match mpls experimental number

no match mpls experimental number

 
シンタックスの説明

number

一致基準として使用する EXP フィールドの値(0 ~ 7 からの任意の値)。スペースで区切って複数の値を指定できます(3 4 7 など)。

 
コマンドのデフォルト

一致基準は指定されていません。

 
コマンド モード

クラスマップ コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.0(7)XE1

このコマンドが追加されました。

12.1(1)E

このコマンドが Cisco IOS Release 12.1(1)E に統合されました。

12.1(5)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.1(5)T に統合されました。

12.2(4)T

このコマンドが Cisco MGX RPM-PR カードを持つ Cisco MGX 8850 スイッチおよび MGX 8950 スイッチに実装されました。

12.2(4)T2

このコマンドが Cisco 7500 シリーズに実装されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(31)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(31)SB に統合され、Cisco 10000 シリーズに実装されました。

12.2SX

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされました。このトレインの特定の 12.2SX リリースでのサポートは、使用する機能セット、プラットフォームおよびプラットフォーム ハードウェアにより異なります。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

Cisco 10000 シリーズ以外のサポートされているプラットフォーム

Class-Based Weighted Fair Queueing(CBWFQ; クラスベース重み付け均等化キューイング)の場合は、入力インターフェイス、アクセス コントロール リスト(ACL)、プロトコル、Quality of Service(QoS; サービス品質)ラベル、Experimental(EXP)フィールドの値などの一致基準に基づいてトラフィック クラスを定義します。クラスのトラフィックは、そのクラスの一致基準を満たすパケットで構成されます。

match mpls experimental コマンドは、パケットがそのクラス マップで指定されるクラスに属しているかどうかを判断するためにパケットを照合する一致基準として使用する EXP フィールド値の名前を指定します。

match mpls experimental コマンドを使用するには、まず class-map コマンドを入力して、確立する一致基準が属するクラスの名前を指定する必要があります。クラスを指定したら、次のいずれかのコマンドを使用してそのクラスの一致基準を設定できます。

match access-group

match input-interface

match mpls experimental

match protocol

1 つのクラス マップ内で複数のコマンドを指定した場合は、最後に入力したコマンドだけが適用されます。最後のコマンドが、それよりも前に入力したコマンドより優先されます。

CBWFQ では、入力インターフェイス、ACL、プロトコル、QoS ラベル、EXP フィールド値などの一致基準に基づいてトラフィック クラスを定義します。クラスのトラフィックは、そのクラスの一致基準を満たすパケットで構成されます。

match mpls experimental コマンドを使用するには、まず class-map コマンドを入力して、確立する一致基準が属するクラスの名前を指定する必要があります。

次に、ethernet1 というクラス マップを指定し、Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Experimental 値の 1 および 2 をこのクラスの一致基準として使用するように設定する例を示します。

Router(config)# class-map ethernet1
Router(config-cmap)# match mpls experimental 1 2

 
関連コマンド

コマンド
説明

class-map

パケットと指定したクラスを照合するために使用されるクラス マップを作成します。

match access-group

指定した ACL に基づいてクラス マップの一致基準を設定します。

match input-interface

指定した入力インターフェイスを一致基準として使用するクラス マップを設定します。

match mpls experimental topmost

topmost ラベルの EXP 値を一致基準とします。

match protocol

特定のプロトコルでトラフィックを照合します。

match qos-group

指定したプロトコルに基づいてクラス マップの一致基準を設定します。

match precedence

IP 優先順位値を一致基準として使用するように指定するには、クラス マップ コンフィギュレーション モードで match precedence コマンドを使用します。クラス マップから特定の IP 優先順位値を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

match [ ip ] precedence { precedence-criteria1 | precedence-criteria2 | precedence-criteria3 | precedence-criteria4}

no match [ ip ] precedence { precedence-criteria1 | precedence-criteria2 | precedence-criteria3 | precedence-criteria4}

 
シンタックスの説明

ip

(任意)一致基準を IPv4 パケット専用に指定します。これを指定しなければ、IP パケットと IPv6 パケットの両方が照合されます。

precedence-criteria1

precedence-criteria2

precedence-criteria3

precedence-criteria4

優先順位値を指定します。スペースで区切って、最大 4 つの異なる値を入力できます。指定できる値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

 
コマンドのデフォルト

一致基準は設定されていません。

ip キーワードを入力しなかった場合、IPv4 パケットと IPv6 パケットの両方が照合されます。

 
コマンド モード

クラス マップ コンフィギュレーション モード(config-cmap)

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.2(13)T

このコマンドが追加されました。このコマンドで match ip precedence コマンドが置き換えられました。

12.0(17)SL

このコマンドが Cisco 10000 シリーズ ルータに実装されました。

12.0(28)S

このコマンドの IPv6 でのサポートが、Cisco 12000 シリーズ インターネット ルータに追加されました。

12.2(31)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(31)SB に統合されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

数字の省略形(0 ~ 7)または基準名(critical、flash など)で、単一の match 文で最大 4 つの一致基準を入力できます。たとえば、0、1、2、3 の優先順位値を指定する場合なら(一致しなければならないのは、指定したすべての優先順位値ではなく、いずれか 1 つだけの優先順位値です)、 match ip precedence 0 1 2 3 コマンドを入力します。 precedence-criteria の数字には、数学的な意味はありません。つまり、2 という precedence-criteria は、1 より大きいわけではありません。これらの異なるパケットが処理される方法は、ポリシー マップ コンフィギュレーション モードで設定される Quality of Service(QoS; サービス品質)ポリシーによって決まります。

QoS ポリシーは、ネットワークに入ってくるパケットの IP 優先順位マーキングを含むように設定できます。これにより、ネットワーク内のデバイスは、新しくマーキングされた IP 優先順位値を使用してパケットの処理方法を決定することができます。たとえば、クラスベースの Weighted Random Early Detection(WRED; 重み付けランダム早期検出)は、IP 優先順位値を使用して、パケットがドロップされる確率を判断します。また、音声パケットを特定の優先順位でマーキングすることもできます。そうすれば、Low-Latency Queueing(LLQ; 低遅延キューイング)を設定して、その優先順位のすべてのパケットをプライオリティ キューに入れることができます。

優先順位の値と名前

次の表に、すべての基準条件の値、名前、バイナリ値、および推奨用途を示します。スペースで区切って、最大 4 つの条件を入力できます。1 つの優先順位値だけが一致すれば、一致したと判断されます。 表 5 に IP 優先順位値を示します。

 

表 5 IP 優先順位値

優先順位の値
優先順位の名前
バイナリ値
推奨用途

0

routine

000

デフォルトのマーキング値

1

priority

001

データ アプリケーション

2

immediate

010

データ アプリケーション

3

flash

011

コール シグナリング

4

flash-override

100

ビデオ会議およびストリーミング ビデオ

5

critical

101

音声

6

internet (control)

110

ネットワーク コントロール トラフィック(ルーティングなど、通常は優先順位 6 にします)

7

network (control)

111

IP 優先順位 6 と 7 は、コントロール パケットをマーキングするのでないかぎり、パケットのマーキングに使用しないでください。

IPv4 専用のトラフィック一致

次に、「priority50」というサービス ポリシーを設定し、サービス ポリシー「priority50」をインターフェイスにアタッチし、IPv4 トラフィックだけに一致させる例を示します。IPv4 と IPv6 の両方が稼動しているネットワークでは、照合とトラフィックの分離でプロトコル間の区別を行う必要がある場合もあるでしょう。この例では、「ipprec5」というクラス マップで、ファスト イーサネット インターフェイス 1/0/0 に入ってきたすべての IPv4 パケットについて、優先順位値が 5 かどうかを評価します。受信 IPv4 パケットが優先順位値 5 でマーキングされていた場合、パケットはプライオリティ トラフィックとして扱われ、50 kbps の帯域幅が割り当てられます。

Router(config)# class-map ipprec5
Router(config-cmap)# match ip precedence 5
Router(config)# exit
Router(config)# policy-map priority50
Router(config-pmap)# class ipprec5
Router(config-pmap-c)# priority 50
Router(config-pmap-c)# exit
Router(config-pmap)# exit
Router(config)# interface fa1/0/0
Router(config-if)# service-policy input priority50

IPv6 専用のトラフィック一致

次に、IPv6 トラフィックだけの優先順位を照合する、同じサービス ポリシーを示します。 ipv6 キーワードを指定した match protocol コマンドは、 match precedence コマンドよりも優先されます。IPv6 トラフィックだけの照合を行うには、 match protocol コマンドが必要です。

Router(config)# class-map ipprec5
Router(config-cmap)# match protocol ipv6
Router(config-cmap)# match precedence 5
Router(config)# exit
Router(config)# policy-map priority50
Router(config-pmap)# class ipprec5
Router(config-pmap-c)# priority 50
Router(config-pmap-c)# exit
Router(config-pmap)# exit
Router(config)# interface fa1/0/0
Router(config-if)# service-policy input priority50

 
関連コマンド

コマンド
説明

class-map

パケットと指定したクラスを照合するために使用されるクラス マップを作成します。

match protocol

指定したプロトコルに基づいて、クラスマップの一致基準を設定します。

policy-map

1 つまたは複数のインターフェイスに付加してサービス ポリシーを指定するためのポリシー マップを作成または変更します。

service-policy

ポリシー マップを入力インターフェイスまたは VC(もしくは出力インターフェイスまたは VC)に付加して、そのインターフェイスまたは VC のサービス ポリシーとして使用します。

set ip precedence

IP ヘッダー内の優先順位値を設定します。

show class-map

すべてのクラス マップとその一致基準を表示するか、または指定したクラス マップとその一致基準を表示します。

match qos-group

特定の Quality of Service(QoS)グループ値を一致基準として指定するには、クラス マップ コンフィギュレーション モードで match qos-group コマンドを使用します。クラス マップから特定の QoS グループ値を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

match qos-group qos-group-value

no match qos-group qos-group-value

 
シンタックスの説明

qos-group-value

QoS グループ値の識別に使用される、0 ~ 99 からの正確な値。

 
コマンドのデフォルト

一致基準は指定されていません。

 
コマンド モード

クラス マップ コンフィギュレーション(config-cmap)

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

11.1CC

このコマンドが追加されました。

12.05(XE)

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(5)XE に統合されました。

12.2(13)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(13)T に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(31)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(31)SB に統合され、Cisco 10000 シリーズに実装されました。

12.2SX

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされました。このトレインの特定の 12.2SX リリースでのサポートは、使用する機能セット、プラットフォームおよびプラットフォーム ハードウェアにより異なります。

Cisco IOS XE Release 2.1

このコマンドが Cisco ASR 1000 シリーズ ルータに実装されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

match qos-group コマンドは、特定の QoS グループ値でのパケットのマーキングを識別するために、クラス マップで使用します。このコマンドは、受信した Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)の Experimental(EXP)フィールド値を出力インターフェイスに搬送するのにも使用できます。

qos-group-value 引数は、マーキングにだけ使用します。QoS グループの値に数学的な意味はありません。たとえば、2 という qos-group-value は 1 より大きいわけではありません。値は単に 2 という qos-group-value でマーキングされているパケットが 1 という qos-group-value でマーキングされているパケットとは異なるということを示しているに過ぎません。これらのパケットの処理は、ユーザが、QoS ポリシー マップ クラス コンフィギュレーション モードでの QoS ポリシーの設定を通じて定義します。

QoS グループ値は、ルータにローカルです。つまり、パケットにマーキングされている QoS グループ値は、パケットがそのルータを離れてもルータから離れません。パケット内に存在するマーキングが必要な場合は、IP 優先順位設定、IP Differentiated Service Code Point(DSCP)値、またはその他のパケット マーキング手法を使用してください。

このコマンドは、 random-detect discard-class-based コマンドと一緒に使用できます。

次に、「priority50」というサービス ポリシーを設定し、サービス ポリシー「priority50」をインターフェイスに付加する例を示します。この例では、「qosgroup5」というクラス マップで、ギガビット イーサネット インターフェイス 1/0/0 に入ってきたすべてのパケットについて、QoS グループ値が 5 かどうかを評価します。受信パケットが QoS グループ値 5 でマーキングされていれば、そのパケットはプライオリティ レベル 50 で処理されます。

Router(config)# class-map qosgroup5
Router(config-cmap)# match qos-group 5
Router(config)# exit
Router(config)# policy-map priority50
Router(config-pmap)# class qosgroup5
Router(config-pmap-c)# priority 50
Router(config-pmap-c)# exit
Router(config-pmap)# exit
Router(config)# interface gigabitethernet1/0/0
Router(config-if)# service-policy output priority50

 
関連コマンド

コマンド
説明

class-map

パケットと指定したクラスを照合するために使用されるクラス マップを作成します。

policy-map

1 つまたは複数のインターフェイスに付加してサービス ポリシーを指定するためのポリシー マップを作成または変更します。

random-detect discard-class-based

WRED の基礎をパケットのクラス廃棄値にします。

service-policy

ポリシー マップを入力インターフェイスまたは VC(もしくは出力インターフェイスまたは VC)に付加して、そのインターフェイスまたは VC のサービス ポリシーとして使用します。

set precedence

トラフィック クラス内のパケットの IP 優先順位値を指定します。

set qos-group

後からパケットの分類に使用できるグループ ID を設定します。

match vlan(QoS)

Virtual Local-Area Network(VLAN; 仮想ローカル エリア ネットワーク)の識別番号を基本にしてトラフィックの照合と分類を行うには、クラス マップ コンフィギュレーション モードで match vlan コマンドを使用します。以前に一致基準として指定していた VLAN 識別番号を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

match vlan vlan-id-number

no match vlan vlan-id-number

 
シンタックスの説明

vlan-id-number

1 つの VLAN 識別番号、複数の VLAN 識別番号、または番号の範囲。指定できる VLAN 識別番号は、1 ~ 4095 の範囲内の値です。

 
コマンドのデフォルト

VLAN 識別番号を基本にしたトラフィックの照合は行われません。

 
コマンド モード

クラスマップ コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.2(31)SB2

このコマンドが Cisco 10000 シリーズ ルータ専用のコマンドとして追加されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

VLAN 識別番号の指定

単一の VLAN 識別番号、スペースで区切った複数の VLAN 識別番号(2 5 7 など)、またはハイフンで区切った VLAN 識別番号の範囲(25-35 など)を指定できます。

サポートの制限事項

match vlan コマンドには、次の制限事項があります。

match vlan コマンドは、IEEE 802.1q および Inter-Switch Link(ISL; スイッチ間リンク)VLAN カプセル化にしかサポートされていません。

Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 の時点で、 match vlan コマンドは Cisco 10000 シリーズ ルータでしかサポートされていません。

次のサンプル コンフィギュレーションでは、VLAN 識別番号の範囲を基本にしてトラフィックを分類および照合するために match vlan コマンドをイネーブルにしています。25 ~ 50 の範囲内の VLAN 識別番号を持つパケットは、class1 というクラス内に置かれます。

Router> enable

Router# configure terminal

Router(config)# class-map class1

Router(config-cmap)# match vlan 25-50

Router(config-cmap)# end

) 一般に、その次の手順では、ポリシー マップ内で class1 を設定し、ポリシー マップ内で Quality of Service(QoS; サービス品質)機能をイネーブルにし(たとえば、Class-Based Weighted Fair Queueing(CBWFQ; クラスベース重み付け均等化キューイング))、ポリシー マップをインターフェイスにアタッチします。ポリシー マップを設定するには、policy-map コマンドを使用します。CBWFQ をイネーブルにするには、bandwidth コマンドを使用します(または、イネーブルにする QoS 機能用のコマンドを使用します)。ポリシー マップをインターフェイスにアタッチするには、service-policy コマンドを使用します。一致基準に基づいたネットワーク トラフィックの分類の詳細については、『Cisco IOS Quality of Service Solutions Configuration Guide, Release 12.4T』 の「Classification」を参照してください。


 
関連コマンド

コマンド
説明

bandwidth (ポリシー マップ クラス)

ポリシー マップに属するクラスに割り当てる帯域幅を指定または変更します。

class-map

パケットと指定したクラスを照合するために使用されるクラス マップを作成します。

policy-map

1 つまたは複数のインターフェイスにアタッチできるポリシー マップを作成または変更します。

service-policy

インターフェイスにポリシー マップをアタッチします。

mode(ATM/T1/E1 コントローラ)

DSL コントローラを ATM モードに設定して ATM インターフェイスを作成するか、または T1 または E1 コントローラを T1 または E1 モードに設定して論理 T1/E1 コントローラを作成するには、コントローラ コンフィギュレーション モードで mode コマンドを使用します。現在のモードをディセーブルにしてモードの変更に備えるには、このコマンドの no 形式を使用します。

mode { atm | cas }

no mode { atm | cas}

 
シンタックスの説明

atm

コントローラを ATM モードに設定して ATM インターフェイス(ATM 0)を作成します。ATM は T1/E1 トランク上のすべての DS0 を占有するため、ATM モードがイネーブルになると、チャネルなしのグループ、DS0 グループ、PRI グループ、または Time-Division Multiplexing(TDM; 時分割多重)グループが許可されます。

コントローラを ATM モードに設定すると、コントローラのフレーミングが、T1 には Extended Super Frame(ESF; 拡張スーパー フレーム)、E1 には Cyclic Redundancy Check type 4(CRC4; 巡回冗長検査タイプ 4)に自動的に設定されます。ライン コードは、T1 には Binary 8-Zero Substitution(B8ZS)、E1 には High-Density Bipolar C(HDBC)に自動的に設定されます。 no mode atm コマンドを入力して ATM モードを削除すると、ATM インターフェイス 0 は削除されます。

コマンドは、ソフトウェアを使用して ATM の Segmentation And Reassembly(SAR; セグメンテーション リアセンブリ)を実行します。これがサポートされているのは、Cisco 2600 シリーズの WIC スロットでだけです。ネットワーク モジュール スロットではサポートされていません。

cas

(Cisco 2600 シリーズ WIC スロットだけ)Channel-Associated Signaling(CAS; 個別線信号方式)モード。この WIC スロット内の T1 または E1 は、T1 または E1 音声をサポートするようにマッピングされます(つまり、DS0 グループまたは PRI グループ内で設定されます)。

CAS モードは、コントローラ 0 とコントローラ 1 の両方でサポートされます。

Cisco IAD2430 シリーズ IAD では、CAS モードはサポートされていません。

 
デフォルト

コントローラ モードはディセーブルになっています。

 
コマンド モード

コントローラ コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

11.3 MA

このコマンドが Cisco MC3810 に追加されました。

12.1(5)XM

このコマンドのサポートが、マージされた SGCP/MGCP ソフトウェアにまで拡張されました。

12.2(2)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(2)T に統合されました。

12.2(8)T

このコマンドが Cisco IAD2420 用の Cisco IOS Release 12.2(8)T に統合されました。

12.2(2)XB

サポートが Cisco 2600 シリーズおよび Cisco 3660 にまで拡張されました。キーワード aim と引数 aim-slot が追加されました。コマンドの挿入修飾子が「Voice over ATM」から「T1/E1 controller」に変更されました。

12.2(15)T

このコマンドが Cisco 2691 および Cisco 3700 シリーズに実装されました。

12.3(4)XD

DSL フレーム モードを設定して T1/E1 フレーム化サポートを追加するために、このコマンドが Cisco 2600 シリーズおよび Cisco 3700 シリーズ ルータ上の Cisco IOS Release 12.3(4)XD に統合されました。

12.3(4)XG

このコマンドが Cisco 1700 シリーズ ルータの Cisco IOS Release 12.3(4)XG に統合されました。

12.3(7)T

このコマンドが Cisco 2600 シリーズおよび Cisco 3700 シリーズ ルータ上の Cisco IOS Release 12.3(7)T に統合されました。

12.3(11)T

このコマンドが Cisco 2800 および Cisco 3800 シリーズ ルータに実装されました。

12.3(14)T

このコマンドが Cisco 1800 シリーズ ルータに実装されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

DSL コントローラが ATM モードで設定されている場合、モードが CO 側および CPE 側の両方で同一に設定されていなければなりません。両側が ATM モードに設定されている必要があります。


no mode atm コマンドを使用して ATM モードから離れる場合は、ルータをただちに再起動してモードをクリアしなければなりません。


T1 または E1 モードの の DSL コントローラを設定する場合は、モードが CPE 側と CO 側とでまったく同じように設定されていなければなりません。

ATM モードの例

次に、DSL コントローラの ATM モードを設定する例を示します。

Router(config)# controller dsl 3/0
Router(config-controller)# mode atm

CAS モードの例

次に、DSL コントローラの T1 モードを設定する例を示します。

Router(config)# controller t1 3/0
Router(config-controller)# mode cas

 
関連コマンド

コマンド
説明

channel-group

コントローラ T1 0 または E1 0 上の音声チャネルのタイム スロットのリストを設定します。

tdm-group

Time-Division Multiplexing(TDM; 時分割多重)クロスコネクトのクリア チャネル グループ(パススルー)を作成するためのタイム スロットのリストを設定します。

mpls ip(グローバル コンフィギュレーション)

プラットフォームの通常のルーテッド パスでの IPv4 パケットの Muliprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)フォワーディングをイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで mpls ip コマンドを使用します。この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

mpls ip

no mpls ip

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数もキーワードもありません。

 
デフォルト

プラットフォームの通常のルーテッド パスでの IPv4 パケットのラベル スイッチングはイネーブルになっています。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.0(10)ST

このコマンドが追加されました。

12.0(14)ST

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(14)ST に統合されました。

12.1(2)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.1(2)T に統合されました。

12.1(8a)E

このコマンドが Cisco IOS Release 12.1(8a)E に統合されました。

12.2(2)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(2)T に統合されました。

12.2(4)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(4)T に統合されました。

12.2(8)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(8)T に統合されました。

12.0(21)ST

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(21)ST に統合されました。

12.0(22)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(22)S に統合されました。

12.0(23)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(23)S に統合されました。

12.2(14)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(14)S に統合されました。

12.2(13)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(13)T に統合されました。

12.2(28)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(28)SB に統合され、Cisco 10000-PRE2 ルータに実装されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされました。このトレインの特定の 12.2SX リリースでのサポートは、使用する機能セット、プラットフォームおよびプラットフォーム ハードウェアにより異なります。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

通常のルーテッド パスでの IPv4 パケットの MPLS フォワーディング(ダイナミック ラベル スイッチングと呼ばれることもある)は、このコマンドによってイネーブルになります。ダイナミック ラベル スイッチングを実行するように指定されたインターフェイスには、そのインターフェイス用およびプラットフォーム用にこのスイッチング機能がイネーブルになっていなければなりません。

このコマンドの no 形式は、インターフェイスの設定に関係なく、すべてのプラットフォーム インターフェイスのダイナミック ラベル スイッチングを停止します。また、ダイナミック ラベル スイッチングのためのラベルの配信も停止します。ただし、このコマンドの no 形式は、Label Switch Path(LSP; ラベル スイッチ パス)トンネルを介してのラベルの付いたパケットの送信には影響しません。

LC-ATM インターフェイスの場合、このコマンドの no 形式を使用すると、このプラットフォームでの開始または終端、もしくはこのプラットフォームを経由する Label Virtual Circuit(LVC)の確立が妨げられます。

次に、プラットフォームのダイナミック ラベル スイッチングをディセーブルにし、プラットフォームのすべてのラベル配信を停止させる例を示します。

Router(config)# no mpls ip

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls ip(インターフェイス コンフィギュレーション)

関連付けられているインターフェイスの通常のルーテッド パスでの IPv4 パケットの MPLS フォワーディングをイネーブルにします。

mpls ip(インターフェイス コンフィギュレーション)

特定のインターフェイスの通常のルーテッド パスでの IPv4 パケットの Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)フォワーディングをイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで mpls ip コマンドを使用します。この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

mpls ip

no mpls ip

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数もキーワードもありません。

 
デフォルト

インターフェイスの通常のルーテッド パスで IPv4 パケットを MPLS フォワーディングする機能はディセーブルになっています。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.0(10)ST

このコマンドが追加されました。

12.0(14)ST

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(14)ST に統合されました。

12.1(2)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.1(2)T に統合されました。

12.1(8a)E

このコマンドが Cisco IOS Release 12.1(8a)E に統合されました。

12.2(2)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(2)T に統合されました。

12.2(4)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(4)T に統合されました。

12.2(8)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(8)T に統合されました。

12.0(21)ST

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(21)ST に統合されました。

12.0(22)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(22)S に統合されました。

12.0(23)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(23)S に統合されました。

12.2(14)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(14)S に統合されました。

12.2(13)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(13)T に統合されました。

12.2(28)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(28)SB に統合され、Cisco 10000-PRE2 ルータに実装されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされました。このトレインの特定の 12.2SX リリースでのサポートは、使用する機能セット、プラットフォームおよびプラットフォーム ハードウェアにより異なります。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

通常のルーテッド パスで IPv4 パケットを MPLS フォワーディングする機能は、ダイナミック ラベル スイッチングとも呼ばれます。プラットフォームでダイナミック レベル スイッチングがイネーブルになっている場合、インターフェイス上でこのコマンドを実行すると、近隣探索 HELLO メッセージの定期送信によりインターフェイスでラベル配布が開始されます。インターフェイスを経由してルーティングされる宛先の出ラベルがわかっている場合、宛先のパケットにその出ラベルが付され、インターフェイスを経由してフォワーディングされます。

このコマンドの no 形式を使用すると、インターフェイスを経由してルーティングされるパケットはラベルなしで送信されます。また、インターフェイスのラベル配布も終了します。しかし、このインターフェイスを使用する Link-State Packet(LSP; リンク ステート パケット)トンネルを経由するラベル付きパケットの送信が、コマンドの no 形式による影響を受けることはありません。

LC-ATM インターフェイスの場合、このコマンドの no 形式を使用すると、このインターフェイスで開始または終端、もしくはこのインターフェイスを経由する Label Virtual Circuit(LVC)の確立が妨げられます。

次に、指定したイーサネット インターフェイスでラベル スイッチングをイネーブルにする例を示します。

Router(config)# configure terminal
Router(config-if)# interface e0/2
Router(config-if)# mpls ip

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls ldp maxhops

ダウンストリーム オン デマンド方式のラベル配布により確立される LSP で許可されるホップ数を制限します。

show mpls interfaces

ラベル スイッチング用に設定された 1 つまたは複数のインターフェイスに関する情報を表示します。

mpls ldp router-id

Label Distribution Protocol(LDP; ラベル配布プロトコル)のルータ ID の優先インターフェイスを指定するには グローバル コンフィギュレーション モードで mpls ldp router-id コマンドを使用します。インターフェイスが LDP ルータ ID として使用されるのをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

mpls ldp router-id [ vrf vrf-name ] interface [ force ]

no mpls ldp router-id [ vrf vrf-name ] [ interface [ force ]]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)インターフェイスを名前付き Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)ルーティング/フォワーディング テーブル(VRF テーブル)のための LDP ルータ ID として選択します。選択されるインターフェイスは、名前付き VRF に関連付けられていなければなりません。

interface

指定したインターフェイスが動作していれば、そのインターフェイスが LDP ルータ ID として使用されます。

force

(任意)「 」に記載されているとおり、 mpls ldp router-id コマンドの動作を変更します。

 
コマンドのデフォルト

mpls ldp router-id コマンドが実行されていなかった場合は、ルータが、次のようにして LDP ルータ ID を決定します。

1. ルータが、動作しているすべてのインターフェイスの IP アドレスを調べます。

2. これらの IP アドレスの中にループバック インターフェイス アドレスが含まれていた場合、ルータは、最も大きいループバック アドレスを LDP ルータ ID として選択します。

3. 含まれていなかった場合は、ルータは、動作しているインターフェイスで見つかった最も大きい IP アドレスを LDP ルータ ID として選択します。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.0(10)ST

このコマンドが追加されました。

12.0(14)ST

force キーワードが追加されました。

12.1(2)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.1(2)T に統合されました。

12.1(8a)E

このコマンドが Cisco IOS Release 12.1(8a)E に統合されました。

12.0(22)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(22)S に統合されました。

12.4(5)

vrf vrf-name のキーワードと引数の組み合わせが追加されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(33)SXH

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SXH に統合されました。

12.2(33)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

mpls ldp router-id コマンドにより、インターフェイスの IP アドレスを LDP ルータ ID として使用することができます。

次に、LDP ルータ ID を決定するための通常のプロセスの手順を示します。

1. ルータは、動作しているすべてのインターフェイスの IP アドレスを考慮します。

2. これらのアドレスの中にループバック インターフェイス アドレスが含まれている場合は、ルータは、最も大きいループバック アドレスを選択します。ループバック アドレスの状態は変化しないため、ループバック アドレスを設定しておくと、ルータに安定した LDP ID を確保する助けとなります。ただし、各ルータでループバック インターフェイスと IP アドレスを設定するという必要はありません。

次の状況では、ループバック IP アドレスは、ローカル LDP ID のルータ ID になりません。

ループバック インターフェイスが明示的にシャットダウンされていた場合。

別のインターフェイスを LDP ルータ ID として使用するように mpls ldp router-id コマンドで指定されていた場合。

ループバック インターフェイスを使用する場合は、ループバック インターフェイスの IP アドレスが /32 ネットワーク マスクで設定されていることを確認してください。さらに、使用中のルーティング プロトコルが、対応する /32 ネットワークをアドバタイズするように設定されていることを確認してください。

3. それ以外の場合は、ルータは最も大きいインターフェイス アドレスを選択します。

ルータは、特定の状況では使用不可能なルータ ID を選択する場合があります。たとえば、ルータは、ルーティング プロトコルが隣接するルータにアドバタイズすることができない IP アドレスを選択する場合があります。

ルータは、次回 LDP ルータ ID を選択する必要が生じたときにルータ ID を実装します。コマンドの効果は、次回 LDP ルータ ID を選択する必要が生じたときまで遅らせられます。通常は、これは次回インターフェイスがシャットダウンされたか、アドレスが設定解除されたときとなります。

mpls ldp router-id コマンドに force キーワードを使用すれば、ルータ ID をより迅速に反映させることができます。ただし、ルータ ID の実装は、指定したインターフェイスの現在の状態によって、次のように変わります。

インターフェイスがアップになって(動作して)おり、その IP アドレスが現在は LDP ルータ ID になっていなければ、LDP ルータ ID は、強制的にインターフェイスのアドレスに変更されます。この LDP ルータ ID の強制された変更は、任意の既存 LDP セッションを無効にし、LDP セッションを介して学習されたラベル バインディングを解放し、そのバインディングに関連付けられていた MPLS フォワーディング アクティビティを中断させます。

インターフェイスがダウンになっていた場合は、インターフェイスがアップ状態に変わったときに、LDP ルータ ID が強制的にそのインターフェイスの IP アドレスに変更されます。この LDP ルータ ID の強制された変更は、任意の既存 LDP セッションを無効にし、LDP セッションを介して学習されたラベル バインディングを解放し、そのバインディングに関連付けられていた MPLS フォワーディング アクティビティを中断させます。

次の動作は、デフォルト VRF および vrf vrf-name のキーワードと引数の組み合わせで明示的に設定した VRF に該当します。

VRF のルータ ID として選択したインターフェイスは、VRF に関連付けられていなければなりません。

インターフェイスの VRF との関連付けが解除されていた場合は、そのインターフェイスを使用する mpls ldp router-id コマンドは削除されます。

選択したインターフェイスが削除された場合は、そのインターフェイスを使用する mpls ldp router-id コマンドは削除されます。

設定した VRF を削除した場合は、削除した VRF の mpls ldp router-id コマンドは削除されます。デフォルト VRF は削除できません。

次に、POS2/0/0 インターフェイスを LDP ルータ ID の優先インターフェイスとして指定する例を示します。このインターフェイスの IP アドレスが、LDP ルータ ID として使用されます。

Router(config)# mpls ldp router-id pos2/0/0
 

次に、VRF vpn-1 に関連付けられているイーサネット 1/0 インターフェイスを優先インターフェイスにする例を示します。このインターフェイスの IP アドレスは、LDP ルータ ID として使用されます。

Router(config)# mpls ldp router-id vrf vpn-1 eth1/0

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mpls ldp discovery

LDP 検出プロセスのステータスを表示します。

neighbor(OSPF)

非ブロードキャスト ネットワークと相互接続されている Open Shortest Path First(OSPF)ルータを設定するには、ルータ アドレス ファミリ トポロジまたはルータ コンフィギュレーション モードで neighbor コマンドを使用します。設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

neighbor ip-address [ priority number ] [ poll-interval seconds ] [ cost number ] [ database-filter all ]

no neighbor ip-address [ priority number ] [ poll-interval seconds ] [ cost number ] [ database-filter all ]

 
シンタックスの説明

ip-address

ネイバーのインターフェイス IP アドレス。

priority number

(任意)指定した IP アドレスに関連付けられている非ブロードキャスト ネイバーのルータ プライオリティ値を示す数値。デフォルトは 0 です。このキーワードは、ポイントツーマルチポイント インターフェイスには適用されません。

poll-interval seconds

(任意)ポール インターバル時間(秒)を表す数値。RFC 1247 では、この値は hello インターバルよりはるかに長く設定することが推奨されています。デフォルトは、120 秒(2 分)です。このキーワードは、ポイントツーマルチポイント インターフェイスには適用されません。値の範囲は 0 ~ 4294967295 秒です。

cost number

(任意)1 ~ 65535 の整数値の形で、ネイバーにコストを割り当てます。特定のコストの設定されていないネイバーは、 ip ospf cost コマンドに基づいて、インターフェイスのコストを引き継ぎます。ポイントツーマルチポイント インターフェイスでは、cost キーワードと number 引数が適用される唯一のオプションです。このキーワードは、Nonbroadcast Multiaccess(NBMA; 非ブロードキャスト マルチアクセス)ネットワークには適用されません。

database-filter all

(任意)OSPF ネイバーへの発信 Link-State Advertisements(LSA; リンク ステート アドバタイズメント)をフィルタリングします。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドはデフォルトでディセーブルになっています。指定されている設定はありません。

 
コマンド モード

ルータ アドレス ファミリ トポロジ コンフィギュレーション(config-router-af-topology)
ルータ コンフィギュレーション(config-router)

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

10.0

このコマンドが追加されました。

11.3AA

cost キーワードが追加されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、ルータ アドレス ファミリ トポロジ コンフィギュレーション モードで使用できるようになりました。

12.2SX

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされました。このトレインの特定の 12.2SX リリースでのサポートは、使用する機能セット、プラットフォームおよびプラットフォーム ハードウェアにより異なります。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

X.25 およびフレーム リレーは、マップ内で設定できて、OSPF がブロードキャスト ネットワークとして稼動することを可能にするオプションのブロードキャスト機能を提供します。OSPF レベルでは、ルータをブロードキャスト ネットワークとして設定することができます。詳細については、『 Cisco IOS Wide-Area Networking Command Reference 』の「X.25 Commands」および「Frame Relay Commands」で x25 map コマンドおよび frame-relay map コマンドの説明を参照してください。

Cisco IOS ソフトウェア コンフィギュレーションには、既知の各非ブロードキャスト ネットワーク ネイバーに対して 1 つのネイバー エントリが含まれている必要があります。ネイバー アドレスは、インターフェイスのプライマリ アドレス上になくてはなりません。

隣接するルータが非アクティブになった(Router Dead Interval の期間 hello パケットが受信されなかった)場合でも、デッド ネイバーに hello パケットを送信する必要がある場合があります。これらの hello パケットは、 ポール インターバル と呼ばれる低下させた比率で送信されます。

ルータは、初めて起動されたときに、0 以外のプライオリティを持つルータ(つまり、代表ルータ(DR)およびバックアップ代表ルータ(BDR)になる資格を持つルータ)にだけ hello パケットを送信します。DR および BDR が選択された後は、DR と BDR が、隣接関係を形成するために、すべてのネイバーに hello パケットを送信し始めます。


) OSPF バーチャル プライベート ネットワーク(VPN)ルーティング インスタンス内の非ブロードキャスト ネットワーク上で neighbor(OSPF)コマンドを使用して Open Shortest Path First(OSPF)ネイバーを指定することはできません。


Cisco IOS Release 12.0 以前では、 neighbor コマンドは NBMA ネットワークだけに適用されていました。Release 12.0 で、 neighbor コマンドが NBMA ネットワークおよびポイントツーマルチポイント ネットワークに適用されるようになりました。NBMA ネットワークでは、 cost キーワードは適用されません。

Release 12.2(33)SRB

Multi-Topology Routing(MTR; マルチトポロジ ルーティング)機能を設定する予定がある場合は、ルータ アドレス ファミリ トポロジ コンフィギュレーション モードで neighbor コマンドを入力して、この OSPF ルータ コンフィギュレーション コマンドをトポロジ対応にしておく必要があります。

次に、非ブロードキャスト ネットワーク上のアドレス 192.168.3.4 にあるルータを、プライオリティ 1、ポール インターバル 180 秒で宣言する例を示します。

router ospf
neighbor 192.168.3.4 priority 1 poll-interval 180
 

次に、非ブロードキャストでのポイントツーマルチポイント ネットワークの例を示します。

interface Serial0
ip address 10.0.1.1 255.255.255.0
ip ospf network point-to-multipoint non-broadcast
encapsulation frame-relay
no keepalive
frame-relay local-dlci 200
frame-relay map ip 10.0.1.3 202
frame-relay map ip 10.0.1.4 203
frame-relay map ip 10.0.1.5 204
no shut
!
router ospf 1
network 10.0.1.0 0.0.0.255 area 0
neighbor 10.0.1.3 cost 5
neighbor 10.0.1.4 cost 10
neighbor 10.0.1.5 cost 15

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip ospf priority

ルータ プライオリティを設定します。これは、このネットワークの代表ルータ決定に役立ちます。

neighbor remote-as(BGP)

BGP またはマルチプロトコル BGP ネイバー テーブルにエントリを追加するには、ルータ コンフィギュレーション モードで neighbor remote-as コマンドを使用します。テーブルからエントリを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

neighbor { ip-address | peer-group-name } remote-as autonomous-system-number [ alternate-as autonomous-system-number ... ]

no neighbor { ip-address | peer-group-name } remote-as autonomous-system-number [ alternate-as autonomous-system-number ... ]

 
シンタックスの説明

ip-address

ネイバーの IP アドレス。

peer-group-name

BGP ピア グループの名前。

autonomous-system-number

ネイバーが属するオートノマス システムの 1 ~ 65535 の範囲内の番号。

オートノマス システムの番号形式の詳細については、 router bgp コマンドの説明を参照してください。

alternate-as キーワードと一緒に使用した場合は、5 つまでのオートノマス システム番号を入力できます。

alternate-as

(任意)ダイナミック ネイバーの可能性を識別できる代替オートノマス システムを指定します。

 
コマンドのデフォルト

BGP ネイバー ピアもマルチプロトコル BGP ネイバー ピアもありません。

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション(config-router)

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

10.0

このコマンドが追加されました。

11.0

peer-group-name 引数が追加されました。

11.1(20)CC

nlri unicast キーワード、 nlri multicast キーワード、および nlri unicast multicast キーワードが追加されました。

12.0(7)T

nlri unicast キーワード、nlri multicast キーワード、nlri unicast multicast キーワードが追加されました。

12.2(4)T

IPv6 アドレス ファミリのサポートが追加されました。

12.2(25)SG

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(25)SG に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(33)SRB

このコマンドが変更されました。 % キーワードが追加されました。

12.2(33)SXH

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SXH に統合されました。BGP ダイナミック ネイバーをサポートするため、 alternate-as キーワードが追加されました。

12.2(33)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SB に統合されました。

Cisco IOS XE Release 2.1

このコマンドが Cisco ASR 1000 シリーズ ルータに追加されました。

12.0(32)S12

asdot 表記だけの 4 バイト オートノマス システム番号のサポートが追加されました。

12.0(32)SY8

このコマンドが変更されました。asplain 表記と asdot 表記の 4 バイト オートノマス システム番号のサポートが追加されました。

12.4(24)T

このコマンドが変更されました。asdot 表記だけの 4 バイト オートノマス システム番号のサポートが追加されました。

Cisco IOS XE Release 2.3

このコマンドが変更されました。asdot 表記だけの 4 バイト オートノマス システム番号のサポートが追加されました。

12.2(33)SXI1

このコマンドが変更されました。asplain 表記と asdot 表記の 4 バイト オートノマス システム番号のサポートが追加されました。

12.0(33)S3

このコマンドが変更されました。asplain 表記のサポートが追加され、4 バイト オートノマス システム番号のデフォルトが asplain になりました。

Cisco IOS XE Release 2.4

このコマンドが変更されました。asplain 表記のサポートが追加され、4 バイト オートノマス システム番号のデフォルトが asplain になりました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

router bgp グローバル コンフィギュレーション コマンドで指定されているオートノマス システム番号に一致するオートノマス システム番号を持つネイバーを指定することにより、ローカル オートノマス システムの内部にネイバーが指定されます。それ以外の場合は、ネイバーは外部にあると認識されます。

peer-group-name 引数を使用して BGP ピア グループを指定する場合、このコマンドで設定される特性が、ピア グループのすべてのメンバーで引き継がれます。

ルータ コンフィギュレーション モードで neighbor remote-as コマンドを使用して定義されたネイバーでは、デフォルトで、ユニキャスト アドレス プレフィクスだけがやり取りされます。マルチキャストやバーチャル プライベート ネットワーク(VPN)バージョン 4 などの、他のアドレス プレフィクス タイプをやり取りするには、適切なアドレス ファミリ コンフィギュレーション モードで、ネイバーもアクティブにする必要があります。

円滑に移行するには、4 バイト オートノマス システム番号を使用して指定されているオートノマス システム内にあるすべての BGP スピーカーで、4 バイト オートノマス システム番号をサポートするようアップグレードすることを推奨します。

次に、アドレス 10.108.1.2 にあるルータが、オートノマス システム番号 65200 にある内部 BGP(iBGP)ネイバーになるよう指定する例を示します。

router bgp 65200
network 10.108.0.0
neighbor 10.108.1.2 remote-as 65200
 

次に、BGP ルータをオートノマス システム 65400 に割り当て、オートノマス システムの送信元として 2 つのネットワークのリストが表示される例を示します。3 つのリモート ルータ(とそのオートノマス システム)のアドレスのリストが表示されます。設定中のルータでは、ネットワーク 10.108.0.0 とネットワーク 192.168.7.0 の情報が、隣接ルータと共有されます。1 つ目の router は、この設定が入力されたルータ(eBGP ネイバー)とは異なるオートノマス システムにあるリモート ルータです。2 つ目の neighbor remote-as コマンドにより、アドレス 10.108.234.2 の(オートノマス システムの番号が同じの)内部 BGP ネイバーが表示されます。最後の neighbor remote-as コマンドにより、この設定が入力されたルータとは異なるネットワークにあるネイバー(これも eBGP ネイバー)が指定されます。

router bgp 65400
network 10.108.0.0
network 192.168.7.0
neighbor 10.108.200.1 remote-as 65200
neighbor 10.108.234.2 remote-as 65400
neighbor 172.29.64.19 remote-as 65300
 

次に、マルチキャスト ルータだけでやり取りするため、オートノマス システム番号 65001 にあるネイバー 10.108.1.1 を設定する例を示します。

router bgp 65001
neighbor 10.108.1.1 remote-as 65001
neighbor 172.31 1.2 remote-as 65001
neighbor 172.16.2.2 remote-as 65002
address-family ipv4 multicast
neighbor 10.108.1.1 activate
neighbor 172.31 1.2 activate
neighbor 172.16.2.2 activate
exit-address-family
 

次に、ユニキャスト ルータだけでやり取りするため、オートノマス システム番号 65001 にあるネイバー 10.108.1.1 を設定する例を示します。

router bgp 65001
neighbor 10.108.1.1 remote-as 65001
neighbor 172.31 1.2 remote-as 65001
neighbor 172.16.2.2 remote-as 65002
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

router bgp

BGP ルーティング プロセスを設定します。

network-clock-select

network-clock-select コマンドにより、ネットワーク クロックのタイミングを提供するソースを指定し、クロック ソースに選択のプライオリティを指定します。network-clock-select コンフィギュレーションを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

network-clock-select priority {bits | synce {port} | packet_timing} {E1 | T1 | SHDSL slot / port }

no network-clock-select priority {bits | synce {port} | packet_timing} {E1 | T1| SHDSL slot / port }

 
シンタックスの説明

priority

クロック ソースのプライオリティを指定する、1 ~ 22 の数値。

bits

BITS ポート クロックのタイミングを指定します。

SyncE

同期イーサネットを使用して、タイミングを指定します。

port

同期イーサネットがイネーブルのポートを指定します。

packet_timing

RTM モジュールを使用して、パケット タイミングをイネーブルにします。

E1

E1 インターフェイスを介してクロッキングを指定します。

T1

T1 インターフェイスを介してクロッキングを指定します。

SHDSL

SHDSL インターフェイスを介してクロッキングを指定します。

slot/port

タイミングに使用されるインターフェイスのスロットとポートを指定します。

 
デフォルト

デフォルトの設定はありません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

11.3 MA

このコマンドが Cisco MC3810 に追加されました。

12.0(3)XG

可能性のあるネットワーク クロック ソースとして、BVM が追加されました。

12.1(5)XM

このコマンドが Cisco 3660 に実装されました。キーワード t1 とキーワード e1 が追加されました。

12.2(4)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(4)T に統合されました。

12.2(2)XB

このコマンドが、AIM がインストールされている Cisco 2600 シリーズと Cisco 3660 に実装されました。

12.2(8)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(8)T に統合されました。

12.2(15)T

このコマンドが、Cisco 2600XM、Cisco 2691、Cisco 3725、Cisco 3745 に実装されました。

12.3(8)T4

このコマンドが Cisco IOS Release 12.3(8)T4 に統合され、bri キーワードが追加されました。Cisco 2800 シリーズのサポートも、追加されました。

12.3(11)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.3(11)T に統合され、atm キーワードが追加されました。Cisco 3800 シリーズのサポートも、追加されました。

12.4(19)MR2

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(19)MR2 に統合されました。

12.4(20)MR

SHDSL タイミングのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

SHDSL の接続では、サブインターフェイス番号を使用して、クロッキングの受信にルータで使用されているワイヤを指定します。たとえば、ルータで、SHDSL インターフェイス 1/0 のワイヤ 1 を使用してクロッキングを受信する場合、 network-clock-select 4 SHDSL 1/0.1 と入力します。

次に、 network-clock-select コマンドの使用例を示します。

Router# config t
Router(config)# network-clock-select 1 packet_timing
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

set network-clock-select force-reselect

ルータで、ネットワーク クロックを強制的に再選択します。

 

network-clock-select hold-timeout

network-clock-select hold-timeout コマンドにより、ネットワーク クロック エントリの再評価前にルータで待つ時間を指定します。network-clock-select hold-timeout 設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

network-clock-select hold-timeout { timeout | infinite}

no network-clock-select hold-timeout { timeout | infinite}

 
シンタックスの説明

timeout

ネットワーク クロック エントリの再評価前にルータで待つ秒単位の時間。有効値の範囲は 0 ~ 86400 です。

infinite

無限ホールドオーバーを指定します。

 
デフォルト

デフォルトの設定は network-clock-select hold-timeout infinite です。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.4(19)MR2

このコマンドが追加されました。

次に、 network-clock-select コマンドの使用例を示します。

Router# config t
Router(config)# network-clock-select hold-timeout 2000
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

set network-clock-select force-reselect

ルータで、ネットワーク クロックを強制的に再選択します。

network-clock-select input-stratum4

network-clock-select hold-timeout コマンドにより、クロック ソースを Stratum3 から Stratum 4 にダウングレードできます。クロック ソースを Stratum3 として設定するには、このコマンドの no 形式を使用します。

network-clock-select input-stratum4

no network-clock-select input-stratum4

 
デフォルト

オンボード E1/T1 ポートのデフォルト設定は Stratum 3 です。E1/T1 HWIC ポートのデフォルト設定は Stratum 4 です。


) E1/T1 HWIC ポートは Stratum3 として設定できません。


 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.4(19)MR2

このコマンドが追加されました。

次に、 network-clock-select コマンドの使用例を示します。

Router# config t
Router(config)# network-clock-select input-stratum4
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

set network-clock-select force-reselect

ルータで、ネットワーク クロックを強制的に再選択します。

network-clock-select mode

network-clock-select hold-timeout コマンドにより、ルータ スイッチング モードを指定します。network-clock-select mode 設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

network-clock-select mode {revert | nonrevert}

no network-clock-select mode {revert | nonrevert}

 
シンタックスの説明

nonrevert

ネットワーク クロックを、非リバーティブ モードに設定します。

revert

ネットワーク クロックを、リバーティブ モードに設定します。

 
デフォルト

デフォルトの設定は network-clock-select mode nonrevert です。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.4(19)MR2

このコマンドが追加されました。

次に、 network-clock-select コマンドの使用例を示します。

Router# config t
Router(config)# network-clock-select mode revert
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

set network-clock-select force-reselect

ルータで、ネットワーク クロックを強制的に再選択します。

payload-size

構造化 CEM チャネルで、パケットのペイロードのサイズを指定します。

payload-size [ payload-size ]

 
シンタックスの説明

payload-size

構造化 CEM チャネルで、パケットのペイロードのサイズを指定します。有効値の範囲は 32 ~ 512 です。T1 のデフォルト ペイロード サイズは 192 バイトです。E1 のデフォルト サイズは 256 バイトです。

(注) ペイロード サイズは、CEM チャネルのタイムスロットの数の倍数です。

デフォルトのペイロード サイズは、次のように計算されます。

8×タイムスロットの数×1 ms のパケット化の遅延

 
デフォルト

構造化 CEM チャネルのデフォルト ペイロード サイズは、チャネルを構成するタイムスロットの数により異なります。T1 のデフォルト ペイロード サイズは 192 バイトです。E1 のデフォルト サイズは 256 バイトです。

 
コマンド モード

CEM 回線コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.3(7)T

このコマンドが追加されました。

12.4(19)MR2

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

Cisco MWR 2941-DC でサポートされるのは、ペイロード サイズ 486(1 秒あたり 625 パケット)または 243(1 秒あたり 1250 パケット)だけです。

次に、サンプル レートを指定する例を示します。

Router# config t
Router(config)# interface cem 0/0
Router(config-if)# no ip address
Router(config-if)# cem 0
Router(config-if-cem)# payload-size 256
Router(config-if-cem)# xconnect 10.10.10.10 200 encapsulation mpls
Router(config-if-cem-xconn)# exit
Router(config-if-cem)# exit
Router(config-if)# exit
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

dejitter-buffer

構造化 CEM チャネルで、デジッタ バッファのサイズを指定します。

idle-pattern

PWE3 回線上でパケットの欠落が検出されたときに T1/E1 回線上で送信されるデータ パターンを指定します。

police(割合)

インターフェイスで使用可能な帯域幅の割合(%)に基づいてトラフィック ポリシングを設定するには、ポリシー マップ クラス コンフィギュレーション モードで police コマンドを使用します。設定からトラフィック ポリシングを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

police cir percent percentage [ burst-in-msec ] [ bc conform-burst-in-msec ms ] [ be peak-burst-in-msec ms ] [ pir percent percentage ] [ conform-action action [ exceed-action action [ violate-action action ]]]

no police cir percent percentage [ burst-in-msec ] [ bc conform-burst-in-msec ms ] [ be peak-burst-in-msec ms ] [ pir percent percentage ] [ conform-action action [ exceed-action action [ violate-action action ]]]

 
シンタックスの説明

cir

認定情報レート。トラフィック ポリシングに使用される CIR を指定します。

percent

CIR の計算に使用される帯域幅の割合(%)を指定します。

percentage

帯域幅の割合(%)を指定します。有効値の範囲は 1 ~ 100 です。

burst-in-msec

(任意)ミリ秒単位でのバースト。有効値の範囲は 1 ~ 2000 です。

bc

(任意)ポリシング トラフィックの最初のトークン バケットによって使用される適合バースト(bc)サイズ。

conform-burst-in-msec

(任意)bc の値をミリ秒単位で指定します。有効値の範囲は 1 ~ 2000 です。

ms

(任意)バーストの値がミリ秒単位で指定されていることを示します。

be

(任意)ポリシング トラフィックの 2 番目のトークン バケットによって使用される最大バースト(be)サイズ。

peak-burst-in-msec

(任意)サイズをミリ秒単位で指定します。有効値の範囲は 1 ~ 2000 です。

pir

(任意)最大情報レート。トラフィック ポリシングに使用される PIR を指定します。

percent

(任意)PIR の計算に使用される帯域幅の割合(%)を指定します。

conform-action

(任意)適合バーストよりレートが小さいパケットで実行されるアクション。 conform-action を指定する前に peak-burst-in-msec の値を指定する必要があります。

exceed-action

(任意)適合バースト内および適合バーストに超過バーストを加えたレートのパケットで実行されるアクション。

violate-action

(任意)適合バーストに超過バーストを加えたレートよりレートが超過しているパケットで実行されるアクション。violate-action を指定する前に、exceed-action を指定する必要があります。

action

(任意)パケットで実行されるアクション。次のキーワードの 1 つを指定します。

サポートされているすべてのプラットフォーム

drop :パケットをドロップします。

set-clp-transmit :ATM セルの 0 から 1 の ATM Cell Loss Priority(CLP; セル損失率優先度)を設定し、ATM CLP ビットを 1 に設定してパケットを送信します。

set-dscp-transmit new-dscp IP Differentiated Service Code Point(DSCP)の値を設定し、設定した新しい IP DSCP 値でパケットを送信します。

set-frde-transmit :フレームリレー フレーム上のフレームリレー Discard Eligible(DE; 廃棄適格)ビットを 0 から 1 に設定し、1 に設定した DE ビットが含まれるパケットを送信します。

set-prec-transmit new-prec :IP precedence を設定し、設定した新しい IP precedence 値でパケットを送信します。

transmit :変更なしでパケットを送信します。

Cisco 10000 シリーズ ルータ以外でサポートされるプラットフォーム

policed-dscp-transmit :(超過アクションと違反アクションのみ) ポリシングされる DSCP マップごとに DSCP の値を変更し、パケットを送信します。

set-cos-inner-transmit value :拡張 FlexWAN モジュール、および、Cisco 7600 シリーズ ルータの Cisco 7600 SIP-200 および Cisco 7600 SIP-400 の SPA でブリッジ処理機能の使用時に、ブリッジ処理されたフレームに対するポリシング アクションとして、サービス フィールドの内部クラスを設定します。

s et-cos-transmit value:パケットのサービス クラス(CoS)の値を設定し、パケットを送信します。

set-mpls-exposition-transmi t :Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)の EXP ビットを 0 から 7 に設定し、設定した新しい MPLS EXP ビット値でパケットを送信します。

set-mpls-topmost-transmit :最上位ラベルにある MPLS EXP ビットを設定し、パケットを送信します。

 
コマンドのデフォルト

サポートされているすべてのプラットフォーム

bc と be のデフォルトの値は 4 ms です。

 
コマンド モード

ポリシーマップ クラスコンフィギュレーション(config-pmap-c)

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.0(5)XE

このコマンドが追加されました。

12.0(25)SX

パーセントベース ポリシング機能が、Cisco 10000 シリーズ ルータに追加されました。

12.1(1)E

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(1)E に統合されました。

12.1(5)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.1(5)T に統合されました。

12.2(13)T

このコマンドは、パーセントベース ポリシング機能とシェーピング機能のために、変更されました。

12.0(28)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.0(28)S に統合されました。

12.2(18)SXE

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(18)SXE に統合されました。

12.2(28)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(28)SB に統合されました。

12.2(33)SRA

拡張 FlexWAN モジュールでマルチポイント ブリッジング(MPB)機能を使用する場合のために、また、Cisco 7600 シリーズ ルータの Cisco 7600 SIP-200 および Cisco 7600 SIP-400 の SPA で MPB を使用する場合のために、action 引数に set-cos-inner-transmit キーワードが追加されました。

12.2(31)SB2

PRE3 で、Cisco 10000 シリーズ ルータの set-frde-transmit action 引数が追加されました。

Cisco IOS XE Release 2.1

このコマンドが Cisco ASR 1000 シリーズ ルータに実装されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにより、インターフェイスで使用可能な最大帯域幅の割合(%)に基づいて、cir と pir が計算されます。ポリシー マップがインターフェイスに付加されている場合、ビット/秒(bps)単位での同等の cir と pir の値が、インターフェイスの帯域幅と、このコマンドで入力された割合(%)の値で計算されます。次に、計算された bps レートを show policy-map interface コマンドを使用して確認できます。

計算された cir bps レートと pir bps レートは、8000 ~ 2000000000 bps の範囲にある必要があります。レートが範囲外の場合、対応ポリシー マップは、インターフェイスに付加できません。インターフェイス帯域幅が変更される場合(たとえば、さらに追加された場合)、cir と pir の bps 値は、帯域幅の変更後の値に基づいて再計算されます。ポリシー マップがインターフェイスに付加された後で cir と pir の値(%)が変更される場合、cir と pir の bps 値は再計算されます。

ミリ秒単位での適合バースト サイズと最大バースト サイズ

このコマンドを使用すると、ミリ秒単位での適合バースト サイズと最大バースト サイズの値も指定できます。帯域幅を割合(%)として計算する場合、適合バースト サイズと最大バースト サイズは、ミリ秒(ms)で指定する必要があります。

階層型ポリシー マップ

ポリシー マップは、トップ(または「親」)レベルおよびセカンダリ(または「子」)レベルの、2 つのレベルの(ネストされた)階層で設定できます。 police (割合)コマンドは、親ポリシー マップまたは子ポリシー マップのいずれかで使用するために設定できます。

帯域幅と階層型ポリシー マップ

police (割合)コマンドにより、帯域幅の割合(%)を計算する参照ポイントとして、使用可能な帯域幅の最大レートが使用されます。子ポリシー マップで police (割合)コマンドが設定されている場合、 police (割合)コマンドにより、次に上位のレベルにあるポリシー(この場合は、親ポリシー マップ)で指定されている帯域幅量が使用されます。親ポリシー マップで、使用可能な最大帯域幅レートが指定されていない場合、 police (割合)コマンドにより、次に上位のレベルにあるポリシー(この場合は、物理インターフェイスで、階層の最高ポイント)で使用可能な最大帯域幅レートが、参照ポイントとして使用されます。 police (割合)コマンドでは、帯域幅の参照ポイントとして、次に上位のレベルが常に参照されます。次に、このポイントについての設定例を示します。

Policymap parent_policy
class parent
shape average 512000
service-policy child_policy
 
Policymap child_policy
class normal_type
police cir percent 30
 

この設定例では、parent_policy と child_policy の 2 つの階層ポリシーがあります。child_policy と呼ばれるポリシー マップでは、normal_type と呼ばれるクラスで police コマンドが設定されました。このクラスでは、 police (割合)コマンドによって指定された割合(%)は 30% です。コマンドにより、parent_policy にある親クラスの帯域幅参照ポイントとして、512 kbps というピーク レートが使用されます。 police (割合)コマンドでは、cir レート(512 kbps * 30%)の計算の根拠として、512 kbps が使用されます。

interface serial 4/0
service-policy output parent_policy
 
Policymap parent_policy
class parent
bandwidth 512
service-policy child_policy
 

前述の例では、parent_policy と呼ばれる 1 つのポリシー マップがあります。このポリシー マップでは、ピーク レートが指定されていません。 bandwidth コマンドが使用されましたが、このコマンドは、使用可能な帯域幅の最大レートを表しません。したがって、 police (割合)コマンドでは、帯域幅の参照ポイントを取得する目的で、次に上位のレベル(この場合は、シリアル インターフェイス 4/0)が参照されます。シリアル インターフェイス 4/0 の帯域幅が 1.5 Mbps とすると、 police (割合)コマンドでは、cir レート(1500000 * 30%)の計算の根拠として、1.5 Mbps が使用されます。

帯域幅を計算するには

police (割合)コマンドは、しばしば、 bandwidth コマンドと priority コマンドとの組み合わせで使用されます。 bandwidth コマンドと priority コマンドを使用すると、エンティティ(たとえば、物理インターフェイスなど)で使用可能な帯域幅の合計量を計算できます。 bandwidth コマンドと priority コマンドを使用して、エンティティで使用可能な帯域幅の合計量を計算する場合は、次の注意事項に従ってください。

エンティティが物理インターフェイスの場合、合計帯域幅は、物理インターフェイス上の帯域幅です。

エンティティが整形 ATM Permanent Virtual Circuit(PVC; 相手先固定接続)の場合、合計帯域幅は、次のように計算されます。

Variable Bit Rate(VBR; 可変ビット レート)の Virtual Circuit(VC; 仮想回線)の場合、計算には、Sustained Cell Rate(SCR; 平均セル レート)が使用されます。

Available Bit Rate(ABR; 使用可能ビット レート)の VC の場合、計算には、Minimum Cell Rate(MCR; 最小セル レート)が使用されます。

帯域割り当ての詳細については、『Cisoc Ios Quality of Service Solutions Configuration Guide』の「Congestion Management Overview」の章を参照してください。

次に、帯域幅の割合(%)に基づいた CIR と PIR を使用してトラフィック ポリシングを設定する例を示します。この例では、20% の CIR と 40% の PIR が指定されました。さらに、任意の bc の値と be の値(それぞれ、300 ms と 400 ms)が指定されました。

Router> enable
Router# configure terminal
Router(config)# policy-map policy1
Router(config-pmap)# class class1
Router(config-pmap-c)# police cir percent 20 bc 300 ms be 400 ms pir percent 40
Router(config-pmap-c-police)# exit
 

次の例に示したように、ポリシー マップとクラス マップの設定後、ポリシー マップがインターフェイスに付加されます。

Router> enable
Router# configure terminal
Router(config)# interface serial4/0
Router(config-if)# service-policy input policy1
Router(config-if)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

bandwidth (ポリシー マップ クラス)

ポリシー マップに属するクラスに割り当てられる帯域幅を指定または変更します。

bridge-domain

RFC 1483 ATM ブリッジングまたは RFC 1490 フレーム リレー ブリッジングで、ブリッジ処理された VLAN の ATM PVC またはフレーム リレー DLCI へのマップをイネーブルにします。

policy-map

1 つまたは複数のインターフェイスに付加してサービス ポリシーを指定するためのポリシー マップを作成または変更します。

priority

ポリシー マップのトラフィック マップに、プライオリティを付与します。

service-policy

ポリシー マップを入力インターフェイスまたは VC(もしくは出力インターフェイスまたは VC)に付加して、そのインターフェイスまたは VC のサービス ポリシーとして使用します。

shape(割合)

インターフェイスで使用可能な帯域幅の割合(%)に基づいて、平均レート トラフィック シェーピングとピーク レート トラフィック シェーピングを指定します。

show policy-map

指定されたサービス ポリシー マップに対するすべてのクラスの設定、または、すべての既存ポリシー マップに対するすべてのクラスの設定を表示します。

show policy-map interface

指定されたインターフェイスまたはサブインターフェイス、あるいはそのインターフェイス上の特定の PVC のすべてのサービス ポリシーに設定されているすべてのクラスのパケット統計情報を表示します。

police(ポリシー マップ)

インターフェイスごとにポリサーを作成し、ポリシー マップ クラスを設定して使用するには、ポリシー マップ クラス コンフィギュレーション モードで police コマンドを使用します。ポリシー マップ クラスからインターフェイスごとのポリサーを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

police

police bps [ [bc] normal-burst-bytes [ maximum-burst-bytes | [be] [ burst-bytes ]]] [ pir bps [be burst-bytes ]] [ conform-action action [ exceed-action action [violate-action action ]]]

no police bps

police cir

police cir bps [ [bc] normal-burst-bytes [ maximum-burst-bytes | [be] [ burst-bytes ]]] [ pir bps [be burst-bytes ]] [ conform-action action [ exceed-action action [violate-action action ]]]

no police cir bps

 

 
シンタックスの説明

bps

ビット/秒(bps)単位でのターゲット ビット レート。ポストフィクスの値は、小数点として、 k m g を使用できます。有効値の範囲は 8000(または 8k)~ 64000000000(または 64g)です。

normal-burst-bytes

(任意)バーストを処理するための、バイト単位での CIR トークン バケット サイズ。有効値の範囲は 1000 ~ 512000000 です。

maximum-burst-bytes

(任意)バーストを処理するための、バイト単位での PIR トークン バケット サイズ。有効値の範囲は 1000 ~ 512000000 です。

burst-bytes

(任意)バーストを処理するための、バイト単位でのトークン バケット サイズ。有効値の範囲は 1000 ~ 512000000 です。

bc

(任意)使用可能な(適合)バースト サイズをバイト単位でサイズを指定します。

be

(任意)使用可能な超過バースト サイズをバイト単位でサイズを指定します。

pir

(任意)最大情報レート(PIR)を指定します。

cir

認定情報レート(CIR)を指定します。

conform-action action

(任意)レート リミットに適合するパケットで実行されるアクションを指定します。 action 引数で有効な値については、「使用上のガイドライン」セクションを参照してください。

exceed-action action

(任意) maximum-burst-bytes での指定レートよりもパケット レートが大きい場合に、パケットで実行されるアクションを指定します。 action 引数で有効な値については、「使用上のガイドライン」セクションを参照してください。

violate-action action

(任意) maximum-burst-bytes での指定レートよりもパケット レートが大きい場合に実行されるアクションを指定します。 action 引数で有効な値については、「使用上のガイドライン」セクションを参照してください。

aggregate name

前に定義した集約ポリサーの名前を指定し、指定された集約ポリサーで使用するポリシー マップ クラスを設定します。

percent percent

使用可能なインターフェイス帯域幅の割合(%)を指定します。有効値の範囲は 1 ~ 100 です。

burst

(任意)バーストを処理するための、ミリ秒 (ms) 単位でのトークン バケット サイズ。有効値の範囲は 1 ~ 2000 です。

ms

ミリ秒。帯域幅を割合(%)で指定する場合、 burst 引数の次にこのキーワードを指定する必要があります。

flow

各フローをポリシングするマイクロフロー ポリサーを指定します。

mask

ポリシングに使用するフロー マスクを指定します。

dest-only

宛先だけのフロー マスクを指定します。

full-flow

フルフロー マスクを指定します。

src-only

発信元だけのフロー マスクを指定します。

 
コマンドのデフォルト

ポリシングは実行されません。

 
コマンド モード

ポリシーマップ クラスコンフィギュレーション(config-pmap-c)

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.2(14)SX

このコマンドが Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(17d)SXB

このコマンドは Supervisor Engine 2 で実装され、Cisco IOS Release 12.2(17d)SXB に統合されました。

12.2(17d)SXB3

FlexWAN インターフェイスでのみ、 police bps の最小レートが 32,000 から 8,000 に下げられました。

12.2(18)SXD

このコマンドは次のように変更されました。

conform-action キーワードの有効値として、 set-mpls-exp-topmost-transmit が追加されました。

set-mpls-exp-transmit キーワードが set-mpls-exp-imposition-transmit に変更されました。

12.2(18)SXE

10 ギガビット イーサネットをサポートするため、bps の最大レートが、4,000,000,000 bps から 10,000,000,000 bps に増加されました。

12.2(18)SXF

CIR の最大レートが、 10,000,000,000 bps に増加されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(31)SB

コマンドの動作が変更され、ポリシング アクションは変更せずにポリシング レート パラメータだけを変更する場合、ポリシング アクションのデフォルト アクションは、conform-action transmit、exceed-action drop、および violate-action drop になりました。これは、PRE3 用の Cisco 10000 シリーズ ルータに実装されました。

12.2(33)SB

コマンドの動作が変更され、ポリシング アクションは変更せずにポリシング レート パラメータだけを変更する場合、ポリシング アクションが保存されます。これは、PRE3 用と PRE4 用の Cisco 10000 シリーズ ルータに実装されました。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

12.2(33)SXH2

CIR の最大レートが、 64,000,000,000 bps に増加されました。

12.2(33)SXI

CIR の最小トークン バケット サイズが、1 バイトに削減されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

Cisco IOS Release 12.2(17d)SXB3 では、FlexWAN インターフェイスのみ、 bps 引数の範囲は、8,000 ~ 4,000,000,000 bps です。

名前付き集約ポリサーを作成するには、 mls qos aggregate-policer name コマンドを使用します。

名前付きとインターフェイスごとの、2 つのタイプの集約ポリサーを作成できます。両方のタイプとも、次のように、複数のポートに付加できます。

名前付きポリサーは、 mls qos aggregate-policer コマンドを使用して作成します。名前付きポリサーを複数の入力ポートに接続する場合、付加されているすべての入力ポートから、一致するトラフィックがポリシングされます。

ポリシー マップ クラスにあるインターフェイスごとの集約ポリサーは、 police コマンドを使用して定義します。インターフェイスごとの集約ポリサーを複数の入力ポートに付加する場合、各入力ポートから別々に、一致するトラフィックがポリシングされます。

名前付き集約ポリサーの使用をクリアするには、 no police aggregate name コマンドを使用します。

マイクロフロー ポリサーを定義するには、 police flow コマンドを入力します(ARP トラフィックには、マイクロフロー ポリシングは適用できません)。

インターフェイスごとの(名前付きではない)集約ポリサーを定義するには、 police コマンドを使用します。

トラフィックが、集約とマイクロフローの両方でポリシングされている場合、集約とマイクロフローの両方のポリサーは、同じポリシー マップ クラスにあり、それぞれで conform-action キーワードおよび exceed-action キーワードを使用する必要があります。

アクション引数の値

action 引数の有効値は、次のとおりです。

drop bps 引数に 設定されているレートを超えるパケットをドロップします。

set-clp-transmit :ATM Cell Loss Priority(CLP; セル損失率優先度)を設定し、送信します。

set-cos-inner-transmit { new- cos }: new- cos 引数の 新しい内部 Class of Service(CoS; サービス クラス)の値に一致するトラフィックにマーク付けします。 new- cos 引数の有効値の範囲は 0 ~ 7 です。

set-cos-transmit { new- cos }: new- cos 引数の 新しい内部 CoS 値に一致するトラフィックにマーク付けします。 new- cos 引数の有効値の範囲は 0 ~ 7 です。

set-cos-transmit :ATM セル損失率優先度(CLP)を設定し、送信します。

set-dscp-transmit { dscp-bit-pattern | dscp-value | default | ef} 新しい DSCP の値に一致するトラフィックにマーク付けします。

dscp-bit-pattern DSCP ビット パターンを指定します。 表 6 に、有効な値のリストを示します。

dscp-value DSCP の値を指定します。有効値の範囲は 0 ~ 63 です。

default :デフォルトの DSCP 値(000000)。

ef :Expedited Forwarding(EF)Per-Hop Behavior(PHB)DSCP の値(101110)とパケットが一致します。

 

表 6 有効な DSCP ビット パターンの値

キーワード
定義

af11

パケットが AF11 DSCP(001010)と一致します。

af12

パケットが AF12 DSCP(001100)と一致します。

af13

パケットが AF13 DSCP(001110)と一致します。

af21

パケットが AF21 DSCP(010010)と一致します。

af22

パケットが AF22 DSCP(010100)と一致します。

af23

パケットが AF23 DSCP(010110)と一致します。

af31

パケットが AF31 DSCP(011010)と一致します。

af32

パケットが AF32 DSCP(011100)と一致します。

af33

パケットが AF33 DSCP(011110)と一致します。

af41

パケットが AF41 DSCP(100010)と一致します。

af42

パケットが AF42 DSCP(100100)と一致します。

af43

パケットが AF43 DSCP(100110)と一致します。

cs1

パケットが CS1(Precedence 1)DSCP(001000)と一致します。

cs2

パケットが CS2(Precedence 2)DSCP(010000)と一致します。

cs3

パケットが CS3(Precedence 3)DSCP(011000)と一致します。

cs4

パケットが CS4(Precedence 4)DSCP(100000)と一致します。

cs5

パケットが CS5(Precedence 5)DSCP(101000)と一致します。

cs6

パケットが CS6(Precedence 6)DSCP(110000)と一致します。

cs7

パケットが CS7(Precedence 7)DSCP(111000)と一致します。

set-frde-transmit :Frame Relay Discard Eligible(FR DE; フレーム リレー廃棄適格)ビットを設定し、送信します。これは、 exceed-action action キーワードと引数との組み合わせで有効です

set-mpls-exp-imposition-transmit new-mpls-exp :強制ラベル エントリの Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Experimental(EXP)ビットを再書き込みして、ビットを送信します。 new-mpls-exp 引数により、ポリシー マップによって定義される MPLS EXP ビットの設定に使用される値が指定されます。 new-mpls-exp 引数の有効値の範囲は 0 ~ 7 です。

set-mpls-exp-topmost-transmit :最上位ラベルにある EXP ビットを設定し、パケットを送信します。


set-mpls-exp-topmost-transmit キーワードは、Catalyst 6500 シリーズ スイッチまたは Cisco 7600 シリーズ ルータの一部のリリースではサポートされていません。


set-prec-transmit new-precedence [ exceed-action ] :新しい IP precedence の値に一致するトラフィックにマーク付けし、送信します。 new-precedence 引数の有効値の範囲は 0 ~ 7 です。このアクションには、 exceed-action キーワードを付けることもできます。

set-qos-transmit qos-group を再書き込みし、パケットを送信します。

transmit bps 引数に 設定されているレートを超えるパケットを送信します。 transmit キーワードでオプションのキーワードと引数の組み合わせは、 exceed-action action です。

続くキーワードが指定されない場合、デフォルト アクションは、次のとおりです。

conform-action では、 transmit です。

exceed-action では、 drop です。

violate-action では、drop です。

次に、前に定義した集約ポリサーの名前を指定し、指定された集約ポリサーで使用するポリシー マップ クラスを設定します。

Router(config-pmap-c)# police aggregate agg1
 

次に、クラス マップ access-match を使用する、police-setting という名前のポリシー マップを作成する例を示します。これは、受信する IP precedence の値を信頼するよう設定され、証明書信頼リストの集約ポリサーおよびマイクロフロー ポリサーで設定されます。

Router# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)# policy-map police-setting
Router(config-pmap)# class access-match
Router(config-pmap-c)# trust ip-precedence
Router(config-pmap-c)# police 1000000000 200000 conform-action set-prec-transmit 6 exceed-action policed-dscp-transmit
Router(config-pmap-c)# police flow 10000000 10000 conform-action set-prec-transmit 6 exceed-action policed-dscp-transmit
Router(config-pmap-c)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

class-map

QoS クラス マップ コンフィギュレーション モードにアクセスし、QoS クラス マップを設定します。

mls qos aggregate-policer

ポリシー マップで使用するために、名前付き集約ポリサーを定義します。

police

トラフィック ポリシングを、QoS ポリシー マップ クラス コンフィギュレーション モードまたは QoS ポリシー マップ クラス ポリシング コンフィギュレーション モードで設定します。

service-policy

ポリシー マップをインターフェイスに付加します。

show class-map

クラス マップ情報を表示します。

show policy-map

ポリシー マップに関する情報を表示します。

show policy-map interface

インターフェイスに割り当てられている入力ポリシーおよび出力ポリシーの統計情報と設定を表示します。

police(2 つのレート

認定情報レート(CIR)と最大情報レート(PIR)の 2 つのレートを使用してトラフィック ポリシングを設定するには、ポリシー マップ クラス コンフィギュレーション モードで police コマンドを使用します。設定から 2 レート トラフィック ポリシングを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

police cir cir [ bc conform-burst ] [ pir pir] [ be peak-burst ] [ conform-action action [ exceed-action action [ violate-action action ]]]

no police cir

 
シンタックスの説明

cir

最初のトークン バケットがアップデートされる認定情報レート(CIR)。

cir

ビット/秒(bps)単位での CIR の値。値の範囲は 8000 ~ 200000000 です。

bc

(任意)ポリシングの最初のトークン バケットによって使用される適合バースト(bc)サイズ。

conform-burst

(任意)bc の値をバイト単位で指定します。値の範囲は 1000 ~ 51200000 です。

pir

(任意)2 番目のトークン バケットがアップデートされる最大情報レート(PIR)。

pir

(任意)ビット/秒(bps)単位での PIR の値。値の範囲は 8000 ~ 200000000 です。

be

(任意)ポリシングの 2 番目のトークン バケットによって使用される最大バースト(be)サイズ。

peak-burst

(任意)最大バースト(be)サイズをバイト単位で指定します。サイズは、使用中のインターフェイスとプラットフォームによって異なります。

conform-action

(任意)CIR と PIR に適合するパケットで実行されるアクション。

exceed-action

(任意)CIR ではなく PIR に適合するパケットで実行されるアクション。

violate-action

(任意)PIR を超過するパケットで実行されるアクション。

action

(任意)パケットで実行されるアクション。次のキーワードの 1 つを指定します。

drop :パケットをドロップします。

set-clp-transmit :ATM セルの 0 から 1 の ATM Cell Loss Priority(CLP; セル損失率優先度)を設定し、ATM CLP ビットを 1 に設定してパケットを送信します。

set-cos-inner-transmit value :拡張 FlexWAN モジュール、および、Cisco 7600 シリーズ ルータの Cisco 7600 SIP-200 および Cisco 7600 SIP-400 の SPA でブリッジ処理機能の使用時に、ブリッジ処理されたフレームに対するポリシング アクションとして、サービス フィールドの内部クラスを設定します。

set-dscp-transmit new-dscp IP Differentiated Service Code Point(DSCP)の値を設定し、設定した新しい IP DSCP 値でパケットを送信します。

set-dscp-tunnel-transmit value :トンネル マーキングのため、レイヤ 2 Tunnel Protocol Version 3(L2TPv3)または Generic Routing Encapsulation(GRE)のトンネル ヘッダーで DSCP の値(0 ~ 63)を設定し、新しい値でパケットを送信します。

set-frde-transmit :フレーム リレー フレーム上のフレーム リレー Discard Eligible(DE; 廃棄適格)ビットを 0 から 1 に設定し、1 に設定した DE ビットが含まれるパケットを送信します。

set-mpls-exp-transmi t :Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)の EXP ビットを 0 から 7 に設定し、設定した新しい MPLS EXP ビット値でパケットを送信します。

set-prec-transmit new-prec :IP precedence を設定し、設定した新しい IP precedence 値でパケットを送信します。

set-prec-tunnel-transmit value :トンネル マーキングのため、L2TPv3 または GRE のトンネル ヘッダーで precedence の値(0 ~ 7)を設定し、新しい値でパケットを送信します。

set-qos-transmit new-qos :Quality of Service(QoS)グループの値を設定し、設定した新しい QoS グループ値でパケットを送信します。

transmit :変更なしでパケットを送信します。

 
コマンドのデフォルト

2 つのレートを使用するトラフィック ポリシングがディセーブルにされます。

 
コマンド モード

ポリシーマップ クラスコンフィギュレーション(config-pmap-c)

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.0(5)XE

このコマンドが追加されました。

12.1(1)E

このコマンドが Cisco IOS Release 12.1(1)E に統合されました。

12.1(5)T

このコマンドが Cisco IOS Release 12.1(5)T に統合されました。 violate-action キーワードが追加されました。

12.2(2)T

action 引数に次のキーワードが追加されました。

set-clp-transmit

set-frde-transmi t

set-mpls-exp-transmit

12.2(4)T

このコマンドは、2 レート ポリシング機能のために、拡張されました。2 レート トラフィック ポリシングに、 cir キーワードと pir キーワードが追加されました。

12.2(28)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(28)SB に統合され、 action 引数に set-dscp-tunnel-transmit キーワードと set-prec-tunnel-transmit キーワードが追加されました。これらのキーワードは、Layer 2 Tunnel Protocol Version 3(L2TPv3)トンネル型パケット用です。

12.2(33)SRA

拡張 FlexWAN モジュールでマルチポイント ブリッジング(MPB)機能を使用する場合のために、また、Cisco 7600 シリーズ ルータの Cisco 7600 SIP-200 および Cisco 7600 SIP-400 の SPA で MPB を使用する場合のために、action 引数に set-cos-inner-transmit キーワードが追加されました。

12.2SX

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされました。このトレインの特定の 12.2SX リリースでのサポートは、使用する機能セット、プラットフォームおよびプラットフォーム ハードウェアにより異なります。

12.2(33)SRC

このコマンドが、Cisco Multilayer Switch Feature Card 3(MSFC3; マルチレイヤ スイッチ フィーチャ カード 3)に搭載されている Cisco 7600 シリーズ ルータをサポートするために変更されました。

12.4(15)T2

Generic Routing Encapsulation(GRE)トンネル型パケットのマーキングのサポートが含まれるように、このコマンドが変更されました。

(注) このリリースでは、GRE トンネル型パケットのマーキングは、Cisco MGX Route Processor Module(RPM-XF; ルート プロセッサ モジュール)に搭載されているプラットフォームでだけ、サポートされます。

12.2(33)SB

GRE トンネル型パケットのマーキングのサポートと、Cisco 7300 シリーズ ルータのサポートが含まれるように、このコマンドが変更されました。

12.4(20)T

モジュール式 Quality of Service(QoS)コマンドライン インターフェイス(CLI)(MQC)を使用した階層型キューイング フレームワーク(HQF)のサポートが追加されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

明示的なポリシング レートでのプライオリティの設定

明示的なポリシング レートでプライオリティ クラスを設定する場合、輻輳条件に関係なく、トラフィックはポリシング レートに限定されます。つまり、帯域幅が使用可能な場合、プライオリティ トラフィックは、明示的なポリサーで指定されたレートを超えることはできません。

トークン バケット

2 レート トラフィック ポリシングでは、2 つの個別のレートでのトラフィック ポリシングの目的で、Tc と Tp のトークン バケットが使用されます。2 つのトークン バケットでは、次の点に注意してください。

Tc トークン バケットは、2 つのレートのポリシングでパケットが着信するたびに、CIR の値でアップデートされます。Tc トークン バケットには、最大で適合バースト(bc)の値まで含めることができます。

Tp トークン バケットは、2 つのレートのポリシングでパケットが着信するたびに、PIR の値でアップデートされます。Tp トークン バケットには、最大で最大バースト(Be)の値まで含めることができます。

トークン バケットのアップデート

次のシナリオでは、トークン バケットをアップデート方法を示します。

B バイトのパケットが時刻 t に着信します。最後のパケットが時刻 t1 に着信します。時刻 t の CIR と PIR のトークン バケットが、それぞれ、Tc(t) と Tp(t) によって表されます。この値を使用し、このシナリオでは、トークン バケットが次のようにアップデートされます。

Tc(t) = min(CIR * (t-t1) + Tc(t1), Bc)

Tp(t) = min(PIR * (t-t1) + Tp(t1), Be)

トラフィック マーキング

2 レート トラフィック ポリシングでは、指定されたレートに対する適合、効果、または違反のいずれかで、パケットがマーク付けされます。次の時点(B バイトのパケットを使用)では、パケットのマーク付け方法について説明します。

B > Tp(t) の場合、パケットは、指定されているレートに違反しているとマーク付けされます。

B > Tc(t) の場合、パケットは、指定されているレートを超過しているとマーク付けされ、Tp(t) トークン バケットは、Tp(t) = Tp(t) - B でアップデートされます。

これ以外の場合、パケットは、指定されているレートに適合しているとマーク付けされ、Tc(t) と Tp(t) の両方のトークン バケットが次のようにアップデートされます。

Tp(t) = Tp(t) - B

Tc(t) = Tc(t) - B

たとえば、CIR が 100 kbps で、PIR が 200 kbps の場合で、250 kbps のレートのデータ ストリームが 2 つのレートのポリシングで着信した場合、パケットは次のようにマーク付けされます。

100 kbps は、レートに適合しているとマーク付けされます。

100 kbps は、レートを超過しているとマーク付けされます。

50 kbps は、レートに違反しているとマーク付けされます。

パケットのマーキングとアクション フローチャートの割り当て

図 1 のフローチャートに、2 つのレートでのポリシングでパケットがマーク付けされ、対応するアクション(違反、超過、または適合)がパケットに割り当てられる方法について説明します。

図 1 パケットのマーキングと 2 レートのポリシングでのアクションの割り当て

明示的なポリシング レートでのプライオリティの設定

次に、ネットワークの輻輳条件に関係なく、プライオリティ トラフィックが 1000 kbps の認定レートに限定される例を示します。

Router(config)# policy-map p1
Router(config-pmap)# class c1
Router(config-pmap-c)# police cir 1000000 conform-action transmit exceed-action drop

2 レート ポリシング機能

次の例では、500 kbps の平均認定レートと 1 Mbps のピーク レートにトラフィックを限定するために、2 レート トラフィック ポリシングがクラスに設定される例を示します。

Router(config)# class-map police
Router(config-cmap)# match access-group 101
Router(config-cmap)# policy-map policy1
Router(config-pmap)# class police
Router(config-pmap-c)# police cir 500000 bc 10000 pir 1000000 be 10000 conform-action transmit exceed-action set-prec-transmit 2 violate-action drop
Router(config-pmap-c)# exit
Router(config-pmap)# exit
Router(config)# interface serial0/1
Router(config-if)# service-policy output policy1
Router(config-if)# end
Router# show policy-map policy1
 
Policy Map policy1
Class police
police cir 500000 conform-burst 10000 pir 1000000 peak-burst 10000 conform-action transmit exceed-action set-prec-transmit 2 violate-action drop
 

平均認定レート(500 kbps)に適合するとマーク付けされたトラフィックが、そのまま送信されます。500 kbps を超過するが、1 Mbps は超過しないとマーク付けされているトラフィックは、IP Precedence 2 とマーク付けされて送信されます。1 Mbps を超過するとマーク付けされているすべてのトラフィックは、ドロップされます。バースト パラメータは、10000 バイトと設定されます。

次の例では、1.25 Mbps のトラフィックがポリサー クラスに送信(「提供」)されます。

Router# show policy-map interface serial3/0
 
Serial3/0
 
Service-policy output: policy1
 
Class-map: police (match all)
148803 packets, 36605538 bytes
30 second offered rate 1249000 bps, drop rate 249000 bps
Match: access-group 101
police:
cir 500000 bps, conform-burst 10000, pir 1000000, peak-burst 100000
conformed 59538 packets, 14646348 bytes; action: transmit
exceeded 59538 packets, 14646348 bytes; action: set-prec-transmit 2
violated 29731 packets, 7313826 bytes; action: drop
conformed 499000 bps, exceed 500000 bps violate 249000 bps
 
Class-map: class-default (match-any)
19 packets, 1990 bytes
30 seconds offered rate 0 bps, drop rate 0 bps
Match: any
 

2 つのレートでのポリシングでは、500 kbps のトラフィックが適合とマーク付けされ、500 kbps のトラフィックが超過とマーク付けされ、250 kbps のトラフィックが指定されたレートに違反とマーク付けされます。レートに適合するとマーク付けされているパケットはそのまま送信され、レートに超過するとマーク付けされているパケットは、IP precedence 2 とマーク付けされて送信されます。レートに違反するとマーク付けされているパケットはドロップされます。

 
関連コマンド

コマンド
説明

police

トラフィック ポリシングを設定します。

policy-map

1 つまたは複数のインターフェイスに付加してサービス ポリシーを指定するためのポリシー マップを作成または変更します。

service-policy

ポリシー マップを入力インターフェイスまたは出力インターフェイスに付加して、そのインターフェイスのサービス ポリシーとして使用します。

show policy-map

指定されたサービス ポリシー マップに対するすべてのクラスの設定、または、すべての既存ポリシー マップに対するすべてのクラスの設定を表示します。

show policy-map interface

指定されたインターフェイスまたはサブインターフェイス、あるいはそのインターフェイス上の特定の PVC のすべてのサービス ポリシーに設定されているすべてのクラスのパケット統計情報を表示します。

police rate(コントロール プレーン)

コントロール プレーンを宛先とするトラフィックについてトラフィック ポリシングを設定するには、QoS ポリシー マップ クラス コンフィギュレーション モードで police rate コマンドを使用します。設定からトラフィック ポリシングを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

police rate units pps [ burst burst-in-packets packets ] [ peak-rate peak-rate-in-pps pps ] [ peak-burst peak-burst-in-packets packets ] [conform-action action]

no police rate units pps [ burst burst-in-packets packets ] [ peak-rate peak-rate-in-pps pps ] [ peak-burst peak-burst-in-packets packets ] [conform-action action]

割合の表記

police rate percent percentage [ burst ms ms ] [ peak-rate percent percentage ] [ peak-burst ms ms ]

no police rate percent percentage [ burst ms ms ] [ peak-rate percent percentage ] [ peak-burst ms ms ]

 
シンタックスの説明

units

ポリシング レートを指定します。ポリシング レートが pps で指定される場合、値の有効範囲は 1 ~ 2000000 pps です。ポリシング レートが bps で指定される場合、値の有効範囲は 8000 ~ 20000000000 bpsです。

pps

トラフィックがポリシングされるレートの決定に使用されるパケット/秒(pps)を指定します。

burst burst-in-packets packets

(任意)トラフィック ポリシングに使用されるバースト レートをパケット単位で指定します。有効値の範囲は 1 ~ 512000 です。

peak-rate peak-rate-in-pps pps

(任意)トラフィック ポリシングと PIR の計算に使用される最大情報レート(PIR)を指定します。有効値の範囲は 1 ~ 512000 です。

peak-burst peak-burst-in-packets packets

(任意)トラフィック ポリシングに使用される最大バースト値をパケット単位で指定します。有効値の範囲は 1 ~ 512000 です。

bps

(任意)トラフィックがポリシングされるレートの決定に使用されるビット/秒(bps)を指定します。

burst burst-in-bytes bytes

(任意)トラフィック ポリシングに使用されるバースト レートをバイト単位で指定します。有効値の範囲は 1000 ~ 512000000 です。

peak-rate peak-rate-in-bps bps

(任意)ピーク レートをバイト単位で指定します。有効値の範囲は 1000 ~ 512000000 です。

peak-burst peak-burst-in-bytes bytes

(任意)トラフィック ポリシングに使用される最大バースト値をバイト単位で指定します。有効値の範囲は 1000 ~ 512000000 です。

percent

トラフィックがポリシングされるレートの決定に、インターフェイス帯域幅の割合(%)が使用されます。

percentage

帯域幅の割合(%)を指定します。有効値の範囲は 1 ~ 100 です。

burst ms ms

(任意)トラフィック ポリシングに使用されるバースト レートをミリ秒単位で指定します。有効値の範囲は 1 ~ 2000 です。

peak-rate percent percentage

(任意)PIR の決定に使用されるインターフェイス帯域幅の割合(%)を指定します。有効値の範囲は 1 ~ 100 です。

peak-burst ms ms

(任意)トラフィック ポリシングに使用される最大バースト レートをミリ秒単位で指定します。有効値の範囲は 1 ~ 2000 です。

conform-action action

(任意)ポリシング レート リミットに適合するパケットで実行されるアクションを指定します。指定可能なアクションについては、「使用上のガイドライン」セクションを参照してください。

exceed-action action

(任意)レート リミットを超過するパケットで実行されるアクションを指定します。指定可能なアクションについては、「使用上のガイドライン」セクションを参照してください。

violate-action action

(任意)ポリシング レート リミットを継続的に超過するパケットで実行されるアクションを指定します。指定可能なアクションについては、「使用上のガイドライン」セクションを参照してください。

 
コマンドのデフォルト

ディセーブルです。

 
コマンド モード

QoS ポリシー マップ クラスの設定

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.3(7)T

このコマンドが追加されました。

12.2(18)SXD1

このコマンドのサポートが Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(25)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(25)S に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(31)SB2

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 に統合され、Cisco 10000 シリーズ ルータに実装されました。

12.3(7)T

このコマンドが追加されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

パケット/秒(pps)、バイト/秒(bps)、またはインターフェイス帯域幅の割合で、コントロール プレーンを宛先とするトラフィックを制限するには、 police rate コマンドを使用します。

police rate コマンドが使用される場合で、レートが指定されていない場合、コントロール プレーンを宛先とするトラフィックは、bps に基づいてポリシングされます。

表 7 に、 action 引数で指定できるアクションのリストを示します。

 

表 7 アクション 引数 値

アクション
説明

drop

パケットをドロップします。これは、認定ポリシング レートを超過するか、認定ポリシング レートに違反するトラフィックに対するデフォルト アクションです。

set-clp-transmit value

ATM セルで、ATM セル損失率優先度(CLP)ビットを設定します。有効値は 0 または 1 です。

set-discard-class-transmit value

パケットの廃棄クラス属性を設定し、設定した新しい廃棄クラスでパケットを送信します。有効値の範囲は 0 ~ 7 です。

set-dscp-transmit value

IP Differentiated Service Code Point(DSCP)の値を設定し、設定した新しい IP DSCP 値でパケットを送信します。有効値の範囲は 0 ~ 63 です。

set-dscp-tunnel-transmit value

トンネル パケット DSCP を再書き込みし、新しい DSCP の値でパケットを送信します。有効値の範囲は 0 ~ 63 です。

set-frde-transmit value

フレーム リレー フレーム上のフレーム リレー廃棄適格(DE)ビットを 0 から 1 に設定し、1 に設定した DE ビットが含まれるパケットを送信します。

set-mpls-exp-imposition-transmit value

強制ラベルのヘッダーで Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)の EXP ビットを設定し、設定した新しい MPLS EXP ビット値でパケットを送信します。有効値の範囲は 0 ~ 7 です。

set-mpls-exp-transmit value

入力インターフェイス、出力インターフェイス、または両方の MPLS ラベル ヘッダーで、MPLS EXP フィールドの値を設定します。有効値の範囲は 0 ~ 7 です。

set-prec-transmit value

IP precedence を設定し、設定した新しい IP precedence 値でパケットを送信します。有効値の範囲は 0 ~ 7 です。

set-prec-tunnel-transmit value

トンネル パケットの IP precedence を設定し、設定した新しい IP precedence 値でパケットを送信します。有効値の範囲は 0 ~ 7 です。

set-qos-transmit value

QoS グループを設定し、設定した新しい QoS グループ値でパケットを送信します。有効値の範囲は 0 ~ 63 です。

transmit

パケットを送信します。パケットは変更されません。

次に、ポリシング レート リミットに適合するパケットで実行されるアクションを設定する例を示します。

Router(config)# access-list 140 deny tcp host 10.1.1.1 any eq telnet
Router(config)# access-list 140 deny tcp host 10.1.1.2 any eq telnet
Router(config)# access-list 140 permit tcp any any eq telnet
Router(config)# class-map match-any pps-1
Router(config-cmap)# match access-group 140
Router(config-cmap)# exit
Router(config)# policy-map copp-pps
Router(config-pmap)# class pps-1
Router(config-pmap)# police rate 10000 pps burst 100 packets peak-rate 10100 pps peak-burst 150 packets conform-action transmit
Router(config-cmap)# exit
Router(config)# control-plane
Router(config-cp)# service-policy input copp-pps
Router(config-cp)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

policy-map

1 つまたは複数のインターフェイスに付加してサービス ポリシーを指定するためのポリシー マップを作成または変更します。

show policy-map

指定されたサービス ポリシー マップに対するすべてのクラスの設定、または、すべての既存ポリシー マップに対するすべてのクラスの設定を表示します。

policy-map

ポリシー マップ コンフィギュレーション モードを開始し、サービス ポリシーを指定する 1 つまたは複数のインターフェイスに付加できるポリシー マップを作成または変更するには、グローバル コンフィギュレーション モードで policy-map コマンドを使用します。ポリシー マップを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

policy-map [ type { stack | access-control | port-filter | queue-threshold | logging log-policy }] policy-map-name

no policy-map [ type { stack | access-control | port-filter | queue-threshold | logging log-policy }] policy-map-name

 
シンタックスの説明

type

ポリシー マップ タイプを指定します。

stack

(任意)該当するプロトコル スタックで検索する完全一致パターンを決定します。

access-control

(任意)Flexible Packet Matching(FPM)機能用のポリシー マップをイネーブルにします。

port-filter

(任意)ポート フィルタ機能用のポリシー マップをイネーブルにします。

queue-threshold

(任意)キューのしきい値機能用のポリシー マップをイネーブルにします。

logging

(任意)コントロール プレーンのパケット ロギング機能用のポリシー マップをイネーブルにします。

log-policy

コントロール プレーン ロギングのログ ポリシーのタイプ。

policy-map-name

ポリシー マップの名前。英数字で最大 40 字の名前を指定できます。

 
コマンドのデフォルト

ポリシー マップは設定されません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.0(5)T

このコマンドが追加されました。

12.4(4)T

Flexible Packet Matching(FPM)をサポートするため、 type access-control キーワードが追加されました。コントロール プレーン保護をサポートするため、 type port-filter and type queue-threshold キーワードが追加されました。

12.4(6)T

コントロール プレーン パケット ロギングをサポートするため、 type logging キーワードが追加されました。

12.4(20)MR

Cisco 10000 シリーズ ルータをサポートするため、 type control キーワードと type service キーワードがサポートされました。

12.2(18)ZY

policy-map コマンドに対し、次の変更が行われました。

type access-control キーワードが、Supervisor 32/Programmable Intelligent Services Accelerator(PISA)エンジンに搭載されている Catalyst 6500 シリーズ スイッチの Cisco IOS Release 12.2(18)ZY に統合されました。

コマンドは、Supervisor 32/PISA エンジンに搭載されている Catalyst 6500 シリーズ スイッチの Network-Based Application Recognition(NBAR)機能を拡張するため、変更されました。

12.2SX

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされました。このトレインの特定の 12.2SX リリースでのサポートは、使用する機能セット、プラットフォームおよびプラットフォーム ハードウェアにより異なります。

12.2(33)SRC

このコマンドのサポートが Cisco 7600 シリーズ ルータに実装されました。

Cisco IOS XE Release 2.1

このコマンドが Cisco ASR 1000 シリーズ ルータに実装されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

一致基準がクラス マップに定義されているクラスのポリシーを設定する前に、作成、追加、または変更するポリシー マップの名前を指定するには、 policy-map コマンドを使用します。 policy-map コマンドにより、ポリシー マップ コンフィギュレーション モードが開始されます。このモードでは、ポリシー マップのクラス ポリシーを設定または変更することができます。

定義されている基準にクラスが一致する場合にだけ、ポリシー マップにクラス ポリシーを設定できます。クラスの一致基準を設定するには、 class-map コマンドと match コマンドを使用します。最大で 64 のクラス マップを設定できるため、ポリシー マップに、64 を超えるクラス ポリシーを含めることはできません。

1 つのポリシー マップは、同時に複数のインターフェイスに付加できます。特に注意が示されている場合以外では、ポリシー マップをインターフェイスに付加しようとするときに、インターフェイス上の使用可能な帯域幅が、ポリシー マップを構成しているクラス ポリシーで必要な合計帯域幅に満たない場合、付加は拒否されます。このとき、ポリシー マップが他のインターフェイスにすでに付加されている場合、そのインターフェイスから削除されます。

付加されているポリシー マップにあるクラス ポリシーを変更するたびに、Class-based Weighted Fair Queueing(CBWFQ; クラスベース WFQ)が通知され、CBWFQ システムのポリシー マップの一部として新しいクラスがインストールされます。


) サブスクライバ プロファイルを介したポリシー マップのインストールは、サポートされません。サポートされていないポリシー マップを設定した場合で、多数のセッションがある場合、同等数の多数のメッセージがコンソールに印刷されます。たとえば、32,000 のセッションがある場合、32,000 のメッセージが 9,600 ボーでコンソールに印刷されます。


次に、"policy1" という名前のポリシー マップを作成し、そのポリシー マップに含まれる 2 つのクラス ポリシーを設定する例を示します。"class1" という名前のクラス ポリシーにより、Access Control List(ACL; アクセス コントロール リスト)136 に一致するトラフィックのためのポリシーが指定されます。2 つ目のクラスは、設定されている一致基準を満たさないパケットが誘導されるデフォルト クラスです。

! The following commands create class-map class1 and define its match criteria:
class-map class1
match access-group 136
 
! The following commands create the policy map, which is defined to contain policy
! specification for class1 and the default class:
policy-map policy1
 
class class1
bandwidth 2000
queue-limit 40
 
class class-default
fair-queue 16
queue-limit 20
 

次に、"policy9" という名前のポリシー マップを作成し、そのマップに属す 3 つのクラス ポリシーを設定する例を示します。これらのクラスのうち、2 つのクラスにより、番号付き ACL またはインターフェイス名のいずれかに基づいた一致基準を指定するクラス マップのクラスに対し、ポリシーが指定されます。また、1 つのクラスにより、設定されている一致基準を満たさないパケットが誘導される、"class-default" という名前のデフォルト クラスに対し、ポリシーが指定されます。

policy-map policy9
 
class acl136
bandwidth 2000
queue-limit 40
 
class ethernet101
bandwidth 3000
random-detect exponential-weighting-constant 10
 
class class-default
fair-queue 10
queue-limit 20
 

preferred-path

複数パスが存在する MPLS 疑似回線内にある優先パスを指定します。優先パスを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

prefferred-path {[interface] tunnel tunnel ] | peer peer } disable-fallback

no prefferred-path {[interface] tunnel tunnel ] | peer peer } disable-fallback

 
シンタックスの説明

interface

出力インターフェイスを使用して、優先パスを指定します。

tunnel

トンネル インターフェイスを指定します。

tunnel

トンネル インターフェイス番号。

peer

ホスト名または IP アドレスを使用して、優先パスを指定します。

peer

ピア ホスト名または IP アドレス。

disable-fallback

疑似回線クラス トラフィックが代替ルートを使用できないことを指定します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドはデフォルトでディセーブルになっています。

 
コマンド モード

疑似回線クラス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.0(25)S

このコマンドが追加されました。

12.2(25)S

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(25)S に統合されました。

12.2(28)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(28)SB に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

次に、pw_tun2 という名前の疑似回線クラスを作成し、MPLS のカプセル化を指定し、フォールバックがディセーブルの状態で優先パスを指定する例を示します。

Router# configure terminal
Router(config)# pseudowire-class pw_tun2
Router(config-pw-class)# encapsulation mpls
Router(config-pw-class)# preferred-path peer 50.0.0.2 disable-fallback

priority

ポリシー マップに属すトラフィックのクラスにプライオリティを付与するには、ポリシー マップ クラス コンフィギュレーション モードで priority コマンドを使用します。クラスに対して、前に設定したプライオリティを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

priority { bandwidth-kbps | percent percentage } [ burst ]

no priority { bandwidth-kbps | percent percentage } [ burst ]

 
シンタックスの説明

bandwidth-kbps

プライオリティ トラフィックに対して許可される、kbps 単位での保証帯域幅。帯域幅の量は、使用中のインターフェイスとプラットフォームによって異なります。保証帯域幅を超えると、非プライオリティ トラフィックがなくならないようにするため、プライオリティ トラフィックが輻輳のイベントでドロップされます。

percent

保証帯域幅の分量が、使用可能な帯域幅の割合(%)によって指定されることを、指定します。

percentage

percent キーワードと組み合わせて使用され、プライオリティ クラスとは別に設定される使用可能な合計帯域幅の割合(%)を指定します。指定できる値の範囲は 1 ~ 100 です。

burst

(任意)バースト サイズをバイト単位で指定します。バースト サイズにより、トラフィックの一時的なバーストを満たすようにネットワークが設定されます。デフォルト バースト値は、設定されている帯域幅レートで、200 ミリ秒のトラフィックとして計算され、burst 引数が指定されていない場合に使用されます。バーストの範囲は 32 ~ 2000000 バイトです。

 
コマンドのデフォルト

プライオリティは設定されません。

 
コマンド モード

ポリシーマップ クラスコンフィギュレーション(config-pmap-c)

 
コマンドの履歴

リリース
変更点

12.0(7)T

このコマンドが追加されました。

12.0(5)XE5

このコマンドは、Distributed Low Latency Queueing(VIP 用低遅延キューイング)機能の一部として、Versatile Interface Processor(VIP)に追加されました。

12.0(9)S

このコマンドは、Distributed Low Latency Queueing(VIP 用低遅延キューイング)機能の一部として、VIP に追加されました。

12.1(2)E

burst 引数がキーワードが追加されました。

12.1(3)T

burst 引数が Release 12.1(3)T に統合されました。

12.1(5)T

このコマンドは、Distributed Low Latency Queueing(VIP 用低遅延キューイング)機能の一部として、VIP に追加されました。

12.2(2)T

percent キーワードと percentage 引数が追加されました。

12.2(28)SB

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(28)SB に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドが Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされました。このトレインの特定の 12.2SX リリースでのサポートは、使用する機能セット、プラットフォームおよびプラットフォーム ハードウェアにより異なります。

Cisco IOS XE Release 2.1

このコマンドが Cisco ASR 1000 シリーズ ルータに実装されました。

12.4(20)MR

このコマンドが Cisco IOS Release 12.4(20)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、クラスベース WFQ(CBWFQ)の Strict Priority Queueing(Strict PQ; 完全プライオリティ キューイング)の場合に、Low Latency Queueing(LLQ; 低遅延キューイング)を設定します。Strict PQ を使用すると、他のキューにあるパケットのキューイングが解除される前に、音声などの遅延に影響されやすいデータのキューイングを解除し、送信できます。

priority コマンドを使用すると、(User Datagram Ports(UDP)ポートだけではなく)さまざまな基準に基づいてクラスと設定し、プライオリティを割り当てることができます。これは、シリアル インターフェイスと ATM 相手先固定接続(PVC)で使用できます。類似の ip rtp priority コマンドを使用すると、UDP ポート番号にだけ基づいてプライオリティ フローを決定することができ、ATM PVC は使用できません。

デバイスが輻輳していない場合、プライオリティ クラス トラフィックでは、割り当てられている帯域幅を超過できます。デバイスが輻輳している場合、割り当てられている帯域幅を上回るプライオリティ クラス トラフィックは廃棄されます。

bandwidth コマンドと priority コマンドは、同じポリシー マップ内の同じクラスでは使用できません。ただし、これらのコマンドは、同じポリシー マップでは一緒に使用できます。

ポリシー マップ内では、複数のプライオリティ クラス ステータスを割り当てることができます。1 つのポリシー マップ内の複数のクラスがプライオリティ クラスとして設定されている場合、これらのクラスからのすべてのトラフィックが、同一の、1 つのプライオリティ キューにキューイングされます。

クラス ポリシー設定が含まれているポリシー マップがインターフェイスに付加されて、そのインターフェイスのサービス ポリシーが決定される場合、使用可能な帯域幅が評価されます。インターフェイスの帯域幅が不十分なことが原因で、特定のインターフェイスにポリシー マップがアタッチできない場合、そのポリシーは、正常にアタッチされていたすべてのインターフェイスから削除されます。

帯域割り当ての詳細については、『 Cisco IOS Quality of Service Solutions Configuration Guide 』の「Congestion Management Overview」を参照してください。

次に、policy1 という名前のポリシー マップで、50 kbps の保証された帯域幅と 60 バイトの 1 回限りのバースト サイズで PQ を設定する例を示します。

Router(config)# policy-map policy1
Router(config-pmap)# class voice
Router(config-pmap-c)# priority 50 60
 

次の例では、policy1 という名前のポリシー マップが付加されているインターフェイス上で、使用可能な帯域幅の 10% が音声クラス用に確保されます。

Router(config)# policy-map policy1
Router(config-pmap)# class voice
Router(config-pmap-c)# priority percent 10

 
関連コマンド

コマンド
説明

bandwidth

ポリシー マップに属するクラスに割り当てられる帯域幅を指定または変更します。

ip rtp priority

UDP 宛先ポートの範囲に属す RTP パケット フローのセット用に、完全プライオリティ キューを確保します。

ip rtp reserve

UDP 宛先ポートの範囲に属す RTP パケット フローのセット用に、特殊キューを確保します。

max-reserved-bandwidth

CBWFQ、LLQ、および IP RTP プライオリティに割り当てるインターフェイス帯域幅のパーセント比率を変更します。

show interfaces fair-queue

VIP ベース インターフェイスの WFQ についての情報と統計情報を表示します。

show policy-map

指定されたサービス ポリシー マップに対するすべてのクラスの設定、または、すべての既存ポリシー マップに対するすべてのクラスの設定を表示します。

show policy-map interface

指定されたインターフェイスまたはサブインターフェイス、あるいはそのインターフェイス上の特定の PVC のすべてのサービス ポリシーに設定されているすべてのクラスのパケット統計情報を表示します。

show queue

特定のインターフェイスまたは VC のキュー内のパケットの内容を表示します。

protocol(ATM)

ATM 相手先固定接続(PVC)、Switched Virtual Circuit(SVC; 相手先選択接続)、または Virtual Circuit(VC; 仮想回線)クラスのスタティック マップを設定するには、また、ATM PVC の Inverse Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)または Inverse ARP ブロードキャストをイネーブルにするには、適切なモードで protocol コマンドを使用します。スタティック マップを削除するか、Inverse ARP をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

protocol protocol { protocol-address [ virtual-template ] | inarp } [[ no ] broadcast | disable-check-subnet | [ no ] enable-check-subnet ]

no protocol protocol { protocol-address [ virtual-template ] | inarp } [[ no ] broadcast disable-check-subnet | [ no ] enable-check-subnet ]

 
シンタックスの説明

protocol

次の値の 1 つを選択します。

arp :IP ARP