AppNav-XE コンフィギュレーション ガイド(Cisco CSR 1000V/ASR 1000 シリーズ)
AppNav-XE コンポーネントのモニタリング
AppNav-XE コンポーネントのモニタリング
発行日;2015/03/23 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

AppNav-XE コンポーネントのモニタリング

AppNav コントローラ表示コマンド

AppNav コントローラのステータスの確認

AppNav コントローラ グループのメンバーシップの検査

サービス ノード グループおよびサービス ノードの詳細情報の表示

クラス マップおよびポリシー マップの表示

サービス コンテキスト情報の表示

データ パス統計情報の表示

AppNav コントローラ グループの統計情報の表示

サービス ノードごと、サービス ノード グループごとの統計情報の表示

サービス コンテキストの統計情報の表示

フロー統計情報の表示

アプリケーションおよびセッションの統計情報の表示

分類の統計情報の表示

パススルーの理由の統計情報の表示

アラームの表示

AppNav サービス ノード自動検出表示コマンド(Cisco CSR 1000V シリーズのみ)

AppNav-XE コンポーネントのモニタリング

この章の内容は、次のとおりです。

「AppNav コントローラ表示コマンド」

「AppNav サービス ノード自動検出表示コマンド(Cisco CSR 1000V シリーズのみ)」

AppNav コントローラ表示コマンド

「AppNav コントローラのステータスの確認」

「AppNav コントローラ グループのメンバーシップの検査」

「サービス ノード グループおよびサービス ノードの詳細情報の表示」

「クラス マップおよびポリシー マップの表示」

「サービス コンテキスト情報の表示」

「データ パス統計情報の表示」

「アラームの表示」

AppNav コントローラのステータスの確認

Cisco CSR 1000V シリーズ用

AppNav コントローラの総合的なステータスを確認するには、次のコマンドを使用します。このコマンドでは、「service-insertion waas」が設定されたすべてのインターフェイスも一覧表示されます。

router# show service-insertion status
 
Hostname: AppNav-1-06
Device ID:0050.568b.2591
Platform Type: cisco (CSR1000V) VXE
IOS Version: 15.3(20130617:045351)
AppNav Controller Version: 1.0.0
AppNav Enabled Interfaces:
GigabitEthernet 1
 

Cisco ASR 1000 シリーズ用

AppNav コントローラの総合的なステータスを確認するには、次のコマンドを使用します。このコマンドでは、「service-insertion waas」が設定されたすべてのインターフェイスも一覧表示されます。

router#show service-insertion status
 
Hostname: ASR1RU-3-36
Device ID: 7051.04b9.b480
Platform Type: cisco (ASR1001) 1RU
IOS Version: 15.3(20130317:122629)
AppNav Controller Version: 1.0.0
AppNav Enabled Interfaces:
GigabitEthernet0/0/1

 

AppNav コントローラ グループのメンバーシップの検査

AppNav コントローラ グループのメンバーシップを確認するには、次のコマンドを使用します。また、AppNav コントローラで設定され、登録されたすべてのサービス ノードが一覧表示されます。

router# show service-insertion appnav-controller-group
All AppNav Controller Groups in service context
Appnav Controller Group : acg
Member Appnav Controller Count : 2
Members:
IP Address
21.0.0.36
21.0.0.160
 
AppNav Controller : 21.0.0.36
Local AppNav Controller : Yes
Current status of AppNav Controller : Alive
Time current status was reached : Wed Sep 5 15:50:06 2012
Cluster protocol ICIMP version : 1.1
Cluster protocol Incarnation Number : 1
Cluster protocol Last Sent Sequence Number : 0
Cluster protocol Last Received Sequence Number : 0
Current AC View of AppNav Controller
IP Address
21.0.0.36
21.0.0.160
 
Current SN View of AppNav Controller
IP Address
21.0.0.149
 
AppNav Controller : 21.0.0.160
Local AppNav Controller : No
Current status of AppNav Controller : Alive
Time current status was reached : Thu Dec 6 20:17:53 2012
Cluster protocol ICIMP version : 1.1
Cluster protocol Incarnation Number : 1
Cluster protocol Last Sent Sequence Number : 1355098374
Cluster protocol Last Received Sequence Number : 1355089899
 
Current AC View of AppNav Controller
IP Address
21.0.0.36
21.0.0.160
 
Current SN View of AppNav Controller
IP Address
21.0.0.149

サービス ノード グループおよびサービス ノードの詳細情報の表示

サービス ノード グループおよび個々のサービス ノードに関する詳細情報を表示するには、 show service-insertion service-node-group [ SNG_name | all] コマンドを使用します。また、このコマンド使用して、個々のアプリケーション アクセラレータのステータスを確認することもできます。

このコマンドの出力は次のようになります。

クラスタのプロトコル情報。 last sent sequence number last received sequence number の値は連続的に増加していきます。

サービス ノードおよび関連するサービス コンテキストの数。

各サービス ノードの状態(Alive または Dead のいずれか)。

負荷状態(アプリケーション アクセラレータの状態を表示)。負荷状態は次のいずれかになります。

緑色:アプリケーション アクセラレータは機能しており、新しいフローを受け入れます。

黄色:アプリケーション アクセラレータは機能していますが、新しいフローは受け入れられません。

赤色:アプリケーション アクセラレータは機能していません。

各アプリケーション アクセラレータのサービス ノード グループ全体の可用性

router# show service-insertion service-node-group
Service Node Group name : sng1
Service Context : waas/1
Member Service Node count : 1
 
Service Node (SN) : 21.0.0.149
Auto discovered : No
SN belongs to SNG : sng1
Current status of SN : Alive
Time current status was reached : Thu Dec 6 20:17:11 2012
 
Cluster protocol DMP version : 1.1
Cluster protocol incarnation number : 2
Cluster protocol last sent sequence number : 1355101043
Cluster protocol last received sequence number: 1348909100
 
Health Markers:
AO Load State Since
tcp GREEN 0d 5h 39m 38s
epm GREEN 0d 5h 39m 38s
cifs GREEN 0d 5h 39m 38s
mapi GREEN 0d 5h 39m 38s
http GREEN 0d 5h 39m 38s
video GREEN 0d 5h 39m 38s
nfs GREEN 0d 5h 39m 38s
ssl YELLOW 0d 5h 39m 38s
ica RED 0d 0h 0m 0s
 
SNG Availability per Accelerator
AO Available Since
tcp Yes 0d 5h 39m 38s
epm Yes 0d 5h 39m 38s
cifs Yes 0d 5h 39m 38s
mapi Yes 0d 5h 39m 38s
http Yes 0d 5h 39m 38s
video Yes 0d 5h 39m 38s
nfs Yes 0d 5h 39m 38s
ssl No 0d 0h 0m 0s
ica No 0d 0h 0m 0s

クラス マップおよびポリシー マップの表示

次のコマンドは実行コンフィギュレーションを反映するため、実行コンフィギュレーション全体をスキャンせずに分類を確認するのに役立ちます。

すべてのタイプの AppNav クラス マップとその一致基準、または特定の AppNav クラス マップとその一致条件を表示するには、次のコマンドを使用します。

router# show class-map type appnav [AppNav_class_name]
 

すべてのタイプの AppNavポリシー マップとそのクラスとアクションのマッピング、または指定されたポリシー マップおよびそのクラスまたはアクションのマッピングを表示するには、次のコマンドを使用します。

router# show policy-map type appnav [AppNav_policy_name]
 

show policy-map target service-context [ service_context_name ] コマンドは、サービス コンテキストのポリシー マップ情報を表示します。サービス コンテキストで設定されているすべてのクラス マップとポリシー マップのフロー レベル統計を表示するには、このコマンドを使用します。サービス コンテキスト名を指定しない場合、このコマンドはすべての設定済みのクラス マップおよびポリシー マップを表示します。

2 つの例を示します。

router# show policy-map target service-context waas/1
Service-policy appnav input: p1
 
Class-map: c1 (match-all)
Match: access-group 101
distribute service-node-group sng1
Distributed: 0 packets, 0 bytes
Passed through: 0 packets, 0 bytes
Aggregate: 0 packets, 0 bytes
monitor-load http
Class-map: class-default (match-any)
Match: any
 
router# show policy-map target service-context
Service-policy appnav input: p1
Class-map: c1 (match-all)
Match: access-group 101
distribute service-node-group sng1
Distributed: 0 packets, 0 bytes
Passed through: 0 packets, 0 bytes
Aggregate: 0 packets, 0 bytes
monitor-load http
 
Class-map: class-default (match-any)
Match: any
 
Service-policy appnav input: p3
 
Class-map: c3 (match-all)
Match: access-group 101
distribute service-node-group sng3
Distributed: 0 packets, 0 bytes
Passed through: 0 packets, 0 bytes
Aggregate: 0 packets, 0 bytes
 
Class-map: class-default (match-any)
Match: any

サービス コンテキスト情報の表示

サービス コンテキストに関する情報を表示するには、 show service-insertion service-context [ service_context_name ] コマンドを使用します。このコマンドの出力は、次のような指定したサービス コンテキストの状態を表示します。

Cluster Membership Manager(CMM)と FSM の現在および最新の状態

クラスタの状態

安定した、および最新の AppNav コントローラおよびサービス ノードのビュー

次に例を示します。

router# show service-insertion service-context waas/1
 
Service Context : waas/1
Cluster protocol ICIMP version : 1.1
Cluster protocol DMP version : 1.1
Time service context was enabled : Thu Sep 8 08:38:41 2011
Current FSM state : Operational
Time FSM entered current state : Thu Sep 8 08:48:26 2011
Last FSM state : Converging
Time FSM entered last state : Thu Sep 8 08:48:16 2011
Cluster operational state : Operational
 
Stable AppNav Controller View:
2.58.2.40
Stable SN View:
2.43.139.170 2.58.2.40
Current AppNav Controller View:
2.58.2.40
Current SN View:
2.43.139.170 2.58.2.40

AppNav コントローラ グループの統計情報の表示

他の AppNav コントローラに送信した、および他の AppNav コントローラより受信した「キープアライブ」の数、および AppNav コントローラ グループに関連したその他の統計情報を表示するには、次のコマンドを使用します。

router# show service-insertion statistics appnav-controller-group
Appnav Controller Group : acg
Number of AppNav Controllers : 2
Members:
IP Address
21.0.0.36
21.0.0.160
 
Aggregate Appnav Controller statistics
--------------------------------------
Time since statistics were last reset/cleared : 0d 5h 47m 14s
 
Aggregate number of keepalives sent to ACs : 168484
Aggregate number of keepalives received from ACs : 166372
Aggregate number of invalid keepalives received :
Total : 0
Incompatible ICIMP version : 0
Authentication Failed : 0
Stale keepalive : 0
Malformed keepalive : 0
Unknown keepalive : 0
Inactive keepalive : 0
Aggregate number of times liveliness lost with ACs : 1
Aggregate number of times liveliness gained with ACs : 2

サービス ノードごと、サービス ノード グループごとの統計情報の表示

各サービス ノードに送信される接続、パケット、およびバイト数を表示するには、次のコマンドを使用します。

router# show service-insertion statistics service-node [IP_address]
 

各サービス ノードに送信された集約された接続、パケット、およびバイト数を表示するには、次のコマンドを使用します。

router# show service-insertion statistics service-node-group [NAME]
 

次に例を示します。

router# show service-insertion statistics service-node
 
Statistics for Service Node 21.0.0.149
-------------------------------------------------------
Time since statistics were last reset/cleared: 0d 18h 7m 54s
Number of probe requests sent to SN : 326024
Number of probe responses received from SN : 326014
Number of invalid probe responses received:
Total : 0
Incompatible DMP version : 0
Authentication failed : 0
Stale response : 0
Malformed response : 0
Unknown response: 0
Number of times liveliness lost with SN : 0
Number of times liveliness regained with SN :1
 
Cluster IPC statistics
----------------------
Time since statistics were last reset/cleared: 0d 18h 8m 24s
Number of load updates received from CMM: 4
Number of erroneous load updates: 0
Time since last load update was received: 0d 14h 32m 43s
 
Load stats for Service Node 21.0.0.149
---------------------------------------------
 
Accelerator state transition statistics
---------------------------------------
Time since Accl load stats were last cleared: 0d 18h 8m 24s
Accl Current Previous Red Yellow Green
tcp GREEN RED 0 0 1
epm GREEN RED 0 0 1
cifs GREEN RED 0 0 1
mapi GREEN RED 0 0 1
http GREEN RED 0 0 1
video GREEN RED 0 0 1
nfs GREEN RED 0 0 1
ssl YELLOW RED 0 1 0
ica RED RED 0 0 0
 
Traffic distribution statistics for service node 21.0.0.149
----------------------------------------------------------
Time since distribution stats were last cleared: 0d 18h 8m 24s
 
パケット数とバイト数。
----------------------
Redirected Bytes : 2338
Redirected Packets : 50
Received Bytes : 3350
Received Packets : 50
 
Occurences
-----------
Initial Redirects : 2
Initial Redirects Accepted : 2
Initial Redirect -> Passthrough : 0
Redirect -> Passthrough : 0
 

重要な統計情報は次のとおりです。

Probe Requests:サービス ノードに送信されたハートビートの数。

Probe Responses:サービス ノードから受信したハートビートの数。

Redirected Bytes:サービス ノードにリダイレクトされたバイト数。

Redirected Packets:サービス ノードにリダイレクトされたデータ パケットの数。

Received Bytes:サービス ノードから受信したバイト数。

Received Packets:サービス ノードから受信したデータ パケットの数。

Initial Redirects:SYN パケット(TCP フローで接続を要求するための最初のパケット)がサービス ノードにリダイレクトされた回数。

Initial Redirects Accepted:サービス ノードが SYN パケットで最適化することを決定した回数。

Initial Redirects -> Passthrough:サービス ノードが SYN パケットでのパススルーを決定した回数。

Redirect -> Passthrough:最初に最適化用のフローが受け入れられた後、(ピアの欠落などが原因で)サービスノードがフローのパススルーを決定した回数。

サービス コンテキストの統計情報の表示

サービス コンテキストに関する統計情報を表示するには、 show service-insertion statistics service-context [ name ] コマンドを使用します。このコマンドの出力は、各 FSM の状態で CMM により費やされた時間、および各サービス コンテキストが各 FSM の状態にあった時間を示します。

次に例を示します。

Router# show service-insertion statistics service-context
Time spent in various FSM states
 
Converging : 0d 0h 0m 31s
Initializing : 0d 0h 0m 0s
Operational : 1d 19h 27m 53s
Degraded : 0d 0h 0m 0s
Internal Error : 0d 0h 0m 0s
Admin Disabled : 0d 0h 0m 0s
 
Number of entries into Converging State: 3
Number of entries into Initializing State: 1
Number of entries into Operational State: 3
Number of entries into Degraded State: 0
Number of entries into Internal Error State: 0
Number of entries into Admin Disabled State: 0

フロー統計情報の表示

フロー テーブルのフローをクエリしたり、特定の基準を使用して出力を任意にフィルタリングしたりするには、次のコマンドを使用します。

router# show service-insertion statistics connection [[summary] | [vrf-name name] [client-ip IP_address] [client-port port_number] [server-ip IP_address] [server-port port_number] [detail]]
 

フロー クエリの一部として、各フローに関する次の情報が使用できます。

クライアント IP アドレス、クライアント TCP ポートおよびサーバ IP アドレス、サーバ TCP ポート番号

サービス ノード IP アドレス、パススルー

VRF 名

次に例を示します。

router# show service-insertion statistics connection
Collecting Records.Please wait...
Client Server SN-IP VRF-Name
51.0.222.4:64234 11.0.0.3:80 21.0.0.104 br_vrf
51.0.222.4:22415 11.0.0.3:80 21.0.0.104
51.0.222.4:15264 11.0.0.3:80 21.0.0.104
51.0.222.4:37759 11.0.0.3:80 21.0.0.104
51.0.222.4:55408 11.0.11.2:23 Passthrou
 

detail キーワードを指定すると、レポートにはフローごとに次の情報が表示されます。

セッション(3T)またはアプリケーション(2T)関係の存在

Application ID

Peer ID

次に、例を示します。

router# show service-insertion statistics connection detail
Collecting Records.Please wait...
 
Client: 192.168.80.4:60973
Server: 192.168.180.4:135
Service Node IP: 172.16.0.2
Flow association: 2T:No,3T:No
VRF-Name:
Application ID: 0
Peer-ID: 00:21:5e:76:65:08
 
Client: 192.168.80.4:60959
Server: 192.168.180.4:1092
Service Node IP: 172.16.0.2
Flow association: 2T:Yes,3T:Yes
VRF-Name:
Application ID: 78
Peer-ID: 00:21:5e:76:65:08
 

summary キーワードを指定すると、レポートには、2T および 3T エントリの数、最適化されたフローの数、および AppNav コントローラでの VRF 設定の不一致によるパススルー フローおよびフローの同期の失敗の数だけが表示されます。

次に、例を示します。

router# show service-insertion statistics connection summary
Number of 2T optimized flows    = 0
Number of 3T optimized flows    = 0
Number of optimized flows       = 3
Number of pass-through flows    = 1
Flow sync failures due to vrf-mismatch = 0
 

show platform software コマンドを使用することもできます。これは show service-insertion statistic コマンドとまったく同様に動作しますが、スタンバイ FP のフローをクエリするためにも使用できます。

router# show platform software appnav-controller <f0 | f1 | fp active | fp standby> connections ...

アプリケーションおよびセッションの統計情報の表示

アプリケーションおよびセッション エントリをクエリしたり、特定の基準を使用して出力を任意にフィルタリングしたりするには、次のコマンドを使用します。

router# show service-insertion statistics sessions [[vrf-name name] [client-ip IP_address][server-ip IP_address] [server-port port_number] [detail]]
 

アプリケーション エントリには、クライアントまたはサービス ノード IP アドレスはありません。

次に例を示します。

router# show service-insertion statistics sessions
 
Collecting Records.Please wait...
Client Server SN-IP VRF-Name
N/A 192.168.180.4:1092 N/A
192.168.80.4:0 192.168.180.4:1092 172.16.0.2
 

detail キーワードを指定すると、レポートにはアプリケーション ID と最新のアクティビティからの時間も表示されます。

次に例を示します。

Router# show service-insertion statistics sessions detail
Collecting Records.Please wait...
Client: 192.168.80.4:0
Server: 192.168.180.4:1098
Service Node IP: 172.16.0.2
VRF-Name:
Application ID: 78
Time since last activity : 0hr 36min 30sec
 
Client: N/A
Server: 192.168.180.4:1098
Service Node IP: N/A
VRF-Name:
Application ID: 78
Time since last activity : 0hr 36min 30sec
 

show platform software コマンドを使用することもできます。これは show service-insertion statistics コマンドとまったく同様に動作しますが、スタンバイ FP のアプリケーションとセッション エントリをクエリするためにも使用できます。

router# show platform software appnav-controller <f0 | f1 | fp active | fp standby> sessions ...

分類の統計情報の表示

サービス コンテキストに設定されているすべてのクラス マップとポリシー マップのフロー レベルの統計情報を表示するには、 show policy-map target service-context [ service_context_name ] コマンドを使用します。サービス コンテキスト名を入力しない場合、システムはすべての設定済みのクラス マップとポリシー マップの出力を表示します。

次に例を示します。

router# show policy-map target service-context waas/1
 
Service-policy appnav input: p1
Class-map: c1 (match-all)
Match: access-group 101
distribute service-node-group sng
Distributed: 313450 packets, 135820480 bytes
Passed through: 0 packets, 0 bytes
Aggregate: 313450 packets, 135820480 bytes
 
monitor-load http
 
Class-map: c2 (match-all)
Match: access-group 102
パススルー
Distributed: 0 packets, 0 bytes
Passed through: 40 packets, 30000 bytes
Aggregate: 40 packets, 30000 bytes
 
Class-map: class-default (match-any)
Match: any
 
router# show policy-map target service-context
 
Service-policy appnav input: p1
Class-map: c1 (match-all)
Match: access-group 101
distribute service-node-group sng1
Distributed: 0 packets, 0 bytes
Passed through: 0 packets, 0 bytes
Aggregate: 0 packets, 0 bytes
monitor-load http
 
Class-map: class-default (match-any)
Match: any
 
Service-policy appnav input: p3
Class-map: c3 (match-all)
Match: access-group 101
distribute service-node-group sng3
Distributed: 0 packets, 0 bytes
Passed through: 0 packets, 0 bytes
Aggregate: 0 packets, 0 bytes
 
Class-map: class-default (match-any)
Match: any

パススルーの理由の統計情報の表示

特定のサービス コンテキストに関連付けられたポリシーのすべてのクラスについて集約されたパススルーの理由の統計情報を表示するには、次のコマンドを使用します。

router# show policy-map target service-context context_name passthru-reason

特定のサービス コンテキストに関連付けられたポリシーの特定のクラスのパススルーの理由の統計情報を表示するには、次のコマンドを使用します。

router# show policy-map target service-context context_name class class_name passthru-reason
 

次に例を示します。

router# show policy-map target service-context waas/1 class c4 passthru-reason
 
Service-policy appnav input: p4
 
Class-map: c4 (match-all)
Match: access-group 101
distribute service-node-group sng4
Distributed: 11 packets, 222 bytes
Passed through: 100 packets, 22000 bytes
Aggregate: 111 packets, 22222 bytes
Collected by SC:
 
Passthrough Reasons Packets Bytes
------------------------ ------- - ------
PT Flow Learn Failure 0 0
PT SNG Overload 0 0
PT Appnav Policy 0 0
PT Cluster Degrade 0 0
PT ZBFW 0 0
PT NAT ALG 0 0
PT Unknown 0 0
 
Indicated by SN:
 
Passthrough Reasons Packet Bytes
------------------------ ------- - ------
PT No Peer 100 22000
PT Rjct Capabilities 0 0
PT Rjct Resources 0 0
PT Rjct No License 0 0
PT App Config 0 0
PT Global Config 0 0
PT Asymmetric 0 0
PT In Progress 0 0
PT Intermediate 0 0
PT Overload 0 0
PT Internal Error 0 0
PT App Override 0 0
PT Server Black List 0 0
PT AD Version Mismatch 0 0
PT AD AO Incompatible 0 0
PT AD AOIM Progress 0 0
PT DM Version Mismatch 0 0
PT Peer Override 0 0
PT Bad AD Options 0 0
PT Non-optimizing Peer 0 0
PT SN Interception ACL 0 0
PT IP Fragment Unsupported 0 0
----------- -------
PT Overall 100 22000

アラームの表示

AppNav コントローラにアラームを表示するには、次のコマンドを使用します。 detail オプションでは、各アラームの簡単な説明が提供されます。 support オプションでは、推奨されるアクションとともに詳細な説明が提供されます。

router# show service-insertion alarms [critical | major | minor] [detail [support]]
 

次に、例を示します。

router# show service-insertion alarms detail
 
Critical Alarms:
----------------
Alarm Instance Alm ID Module AC/SN IP Addr AO SNG
1 degraded_cluster 29002 cmm N/A N/A N/A
 
Cluster protocol detected inconsistency in AC view of peer ACs.Device will pass-through all new connections.
 
Major Alarms:
-------------
Alarm Instance Alm ID Module AC/SN IP Addr AO SNG
1 ac_unreachable 29006 cmm 192.168.1.11 N/A N/A
 
Cluster protocol on device cannot communicate with peer AC ("192.168.1.11").
 
2 sn_unreachable 29007 cmm 192.168.2.31 N/A N/A
 
Cluster protocol on device cannot communicate with peer SN ("192.168.2.31").
 
3 sng_unavailable 30001 fdm N/A N/A sng1
 
Service Node Group ("sng1") has become unavailable.
 
4 sng_ao_unavailable 30000 fdm N/A sslsng
 
Service Node Group ("sng") has become unavailable for accelerator - ("ssl").
 
Minor Alarms:
-------------
なし

AppNav サービス ノード自動検出表示コマンド(Cisco CSR 1000V シリーズのみ)

AppNav サービス ノード自動検出機能に関する情報を表示するには、次のコマンドを使用します。


) 自動検出機能は、Cisco CSR 1000V シリーズのみで使用できます。


show service-insertion service-node-group SNG_name

router# show service-insertion service-node-group sng
 
Service Node Group name : sng
Service Context : waas/1
Member Service Node count : 2
 
Service Node (SN) : 20.20.20.20
Auto discovered : Yes
SN belongs to SNG : sng
Current status of SN : Alive
Time current status was reached : Thu Dec 6 00:51:48 2012
 
Cluster protocol DMP version : 1.1
Cluster protocol incarnation number : 13
Cluster protocol last sent sequence number : 1355026900
Cluster protocol last received sequence number: 131214317
 
Health Markers:
AO Load State Since
tcp YELLOW 0d 14h 3m 53s
epm RED 0d 0h 0m 0s
cifs RED 0d 0h 0m 0s
mapi RED 0d 0h 0m 0s
http RED 0d 0h 0m 0s
video RED 0d 0h 0m 0s
nfs RED 0d 0h 0m 0s
ssl RED 0d 0h 0m 0s
ica RED 0d 0h 0m 0s
 
Service Node (SN) : 1.2.3.4
Auto discovered : No
SN belongs to SNG : sng
Current status of SN : Dead
Time current status was reached : Thu Dec 6 14:19:52 2012
 
Cluster protocol DMP version : 0.0
Cluster protocol incarnation number : 0
Cluster protocol last sent sequence number : 1355026901
Cluster protocol last received sequence number: 0
 
Health Markers:
AO Load State Since
tcp RED 0d 0h 0m 0s
epm RED 0d 0h 0m 0s
cifs RED 0d 0h 0m 0s
mapi RED 0d 0h 0m 0s
http RED 0d 0h 0m 0s
video RED 0d 0h 0m 0s
nfs RED 0d 0h 0m 0s
ssl RED 0d 0h 0m 0s
ica RED 0d 0h 0m 0s
 
SNG Availability per Accelerator
AO Available Since
tcp No 0d 0h 0m 0s
epm No 0d 0h 0m 0s
cifs No 0d 0h 0m 0s
mapi No 0d 0h 0m 0s
http No 0d 0h 0m 0s
video No 0d 0h 0m 0s
nfs No 0d 0h 0m 0s
ssl No 0d 0h 0m 0s
ica No 0d 0h 0m 0s

show service-insertion service-node-group SNG_name auto-discovered

router# show service-insertion service-node-group sng auto-discovered
 
MAC Address Resp Elapsed Minutes IP Address
50:57:a8:e1:af:1 0 20.20.20.20

show mdns request

router# show mdns request
 
MDNS Outstanding Requests
======================================================
Request name : _appnav_waas_node._udp.local
Request type : PTR
Request class : IN

show mdns stat

router# show mdns stat
 
mDNS Statistics
mDNS packets sent : 852
mDNS packets received : 510
mDNS packets dropped : 0