Cisco CSR 1000V シリーズ クラウド サービス ルータ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS XE Release 3.9S
索引
Index
発行日;2013/09/30 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

Index

記号

<cr> 2-4

? コマンド 2-3

B

Build, Deploy, Execute OVF(BDEO)ツール 3-6

C

Cisco CSR 1000V

.iso を使用した VMware へのインストール 3-10

Cisco Virtual Appliance Configurator(cVAC)ツールを使用した VMware でのインストール 3-6

OVA 用 BDEO ツールを使用した VMware へのインストール 3-6

機能ライセンスのアクティベーション 3-30

ソフトウェアの入手 3-1

Cisco CSR 1000V のブート

VM 3-27

Cisco IOS 設定変更、保存 2-7

Cisco Virtual Appliance Configurator(cVAC) 3-6

H

help コマンド 2-3

P

platform hardware throughput level コマンド 3-29

R

ROMMON 3-2

S

show history コマンド 2-2

T

Tab キー、コマンドの終了 2-3

V

VMware

環境のセットアップ 3-3

vNIC へのルータ インターフェイスのマッピング 5-1

新しい仮想 UDI の要求 3-32

インストール

.ova を使用して VMware へ 3-6

OVA 用の BDEO ツールを使用した VMware への 3-6

インターフェイス コンフィギュレーション モード、概要 2-3

キーボード ショートカット 2-1

機能ライセンスのアクティブ化 3-30

疑問符(?)コマンド 2-3

グローバル コンフィギュレーション モード 2-3

コマンド

default 形式、使用 2-6

no 形式、使用 2-6

platform hardware throughput level 3-29

省略形のコンテキスト ヘルプ 2-3

コマンド構文

表記法 i-viii

表示例 2-3

コマンド モード、概要 2-2

コマンドライン インターフェイス、ヘルプの利用方法 2-3

コマンドライン処理 2-1

コンソール アクセス

ESXi 仮想シリアル ポート 3-33

VMware コンソール 3-33

インストール後のコンソール ポートの変更 3-35

コンフィギュレーション ファイル

bootflash: へのバックアップ 2-7

TFTP へのバックアップ 2-8

管理 2-7

コンフィギュレーション レジスタ

config-register コマンド 7-2

confreg GRUB コマンド 7-2

設定の変更 7-1, 7-4

最大スループット レベル

変更 3-29

出力のフィルタリング、show および more コマンド 2-8

スループット レベルの変更 3-29

設定、保存 2-7

ソフトウェア アクティベーション

CSR 1000V 機能ライセンスのアクティブ化 3-30

新しい vUDI の要求 3-32

ソフトウェア アップグレード

新しいシステム イメージのバックアップ コピーの保存 6-8

旧システム イメージのバックアップ コピーの保存 6-2

前提条件 6-1

ソフトウェアのアップグレード 6-1

ソフトウェアのインストール

.iso ファイルを使用して VMware へ 3-10

ソフトウェアの取得 3-1

注意、表記法 viii

注、表記法 viii

特権 EXEC モード、概要 2-2

ブート フィールドのコンフィギュレーション レジスタの設定 7-2

復帰(<cr>) 2-4

プラットフォーム、サポート対象

リリースノート、識別に使用 1-19

プロンプト、システム 2-2

モード

「コマンド モード」を参照

ユーザ EXEC モード、概要 2-2

リリースノート

「プラットフォーム、サポート対象」を参照

履歴バッファの使用 2-1

ルータのプロパティ

vSphere GUI を使用したカスタム設定の追加 4-4

vSphere GUI を使用した基本設定の編集 4-1