Cisco 850 / 870 シリーズ アクセス ルータ ハードウェア インストレーション ガイド
製品概要
製品概要
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

製品概要

ルータ モデルの概要

Cisco 851およびCisco 871イーサネット/イーサネット ルータ

Cisco 851およびCisco 871背面パネルのルータ ポート

Cisco 871ルータのUSBポート電力割り当て

Cisco 857およびCisco 877 ADSL over POTSルータ

Cisco 857およびCisco 877背面パネルのルータ ポート

Cisco 876 ADSL over ISDNルータ

Cisco 876背面パネルのルータ ポート

Cisco 878 SHDSLルータ

Cisco 878背面パネルのルータ ポート

機能概要

ハードウェア機能

シリアル番号の位置

ルータのLEDインジケータ

統合型802.11b/g無線モジュール(無線モデルのみ)

サポート対象のシスコ製無線アンテナ(無線モデルのみ)

外部PoEモジュール(オプション)

PoEモジュールのLEDインジケータ

ルータ メモリ

ルータ ハードウェアのセキュリティ

適合規格

製品概要

この章では、Cisco 851、Cisco 857、Cisco 871、Cisco 876、Cisco 877、およびCisco 878ルータのハードウェア機能の概要を説明します。具体的な内容は、次のとおりです。

「ルータ モデルの概要」

「機能概要」

「ハードウェア機能」

「適合規格」

ルータ モデルの概要

ここでは、各ルータ モデルの概要を説明します。

Cisco 851およびCisco 871イーサネット/イーサネット ルータ

Cisco 857およびCisco 877 ADSL over POTSルータ

Cisco 876 ADSL over ISDNルータ

Cisco 878 SHDSLルータ

Cisco 851およびCisco 871イーサネット/イーサネット ルータ

Cisco 851およびCisco 871イーサネット/イーサネット ルータは、企業LANやインターネットとのブロードバンド接続またはイーサネット接続を介して、在宅勤務者または小規模オフィスをInternet Service Provider(ISP;インターネット サービス プロバイダー)に接続することができます。Cisco 851およびCisco 871ルータは、LAN用の4ポート イーサネット スイッチを提供するスイッチ対応ルータです。また、LANとWANポート間のブリッジング機能、およびマルチプロトコル ルーティング機能も備えています。

Cisco 871ルータのUniversal Serial Bus(USB)ポートは、セキュリティ トークン、フラッシュ メモリ スティック、プリンタなどのUSBデバイスと接続できます。

Cisco 851およびCisco 871ルータの前面パネルは同じです(図1-1を参照)。図1-2にCisco 851ルータの背面パネル、図1-3にCisco 871ルータの背面パネルを示します。

Cisco 851無線モデルでは、2.4 GHzアンテナを1本使用できます(図1-2を参照)。Cisco 871無線モデルでは、2.4 GHzアンテナを2本使用できます(図1-3を参照)。

図1-1 Cisco 851およびCisco 871ルータの前面パネル

 

図1-2 Cisco 851ルータの背面パネル

 

図1-3 Cisco 871ルータの背面パネル(アンテナ装着時)

 

Cisco 851およびCisco 871背面パネルのルータ ポート

Cisco 851およびCisco 871ルータの背面パネルには、次のポートが装備されています。

内蔵スイッチを備えた10/100BASE-T RJ-45ファスト イーサネットLANポート×4

10/100BASE-T RJ-45 WANファスト イーサネット ポート×1

RJ-45コンソール ポート×1

USBポート×2(Cisco 871ルータのみ)

Cisco 871ルータのUSBポート電力割り当て

2つのUSBポートでそれぞれ使用できる電力は500 mAです。電力は必要に応じて各ポートに500 mAまで動的に割り当てられます。

Cisco 857およびCisco 877 ADSL over POTSルータ

Cisco 857およびCisco 877ルータは、ADSL over Plain Old Telephone Service(POTS;加入電話サービス)ルーティング デバイスです。これらのルータにはLAN用の統合型4ポート イーサネット スイッチ、WAN用のADSL物理インターフェイスが装備されているため、在宅勤務者や小規模オフィスを企業LANおよびインターネットに接続できます。

Cisco 857およびCisco 877ルータの前面パネルは同じです(図1-4を参照)。これらの2つのルータの背面パネルは、モデル番号を除いて同じです。図1-5にCisco 857ルータの背面パネル、図1-6にCisco 877ルータの背面パネルを示します。

図1-4 Cisco 857およびCisco 877ルータの前面パネル

 

図1-5 Cisco 857ルータの背面パネル(アンテナ装着時)

 

図1-6 Cisco 877ルータの背面パネル(アンテナ装着時)

 

Cisco 857およびCisco 877背面パネルのルータ ポート

Cisco 857およびCisco 877ルータの背面パネルには、次のポートが装備されています。

内蔵スイッチを備えた10/100BASE-T RJ-45ファスト イーサネットLANポート×4

ADSL over POTSポート×1

RJ-45コンソール ポート×1

Cisco 876 ADSL over ISDNルータ

Cisco 876ルータはADSL over ISDNルーティング デバイスです。このルータには、LAN用の統合型4ポート イーサネット スイッチおよびWAN用のADSL物理インターフェイスが装備されていて、ISDN BRI(基本インターフェイス)WANと接続できます。ISDN BRIは通常のWAN接続に使用したり、ADSL WANインターフェイスのバックアップ接続として設定することができます。ルータはこれらの機能を使用して、在宅勤務者または小規模オフィスをADSLインターフェイスを介してセントラル オフィスまたはISPに接続できます。

図1-7にCisco 876ルータの前面パネル、図1-8に背面パネルを示します。

図1-7 Cisco 876ルータの前面パネル

 

図1-8 Cisco 876ルータの背面パネル(アンテナ装着時)

 

Cisco 876背面パネルのルータ ポート

Cisco 876ルータの背面パネルには、次のポートが装備されています。

内蔵スイッチを備えた10/100BASE-T RJ-45ファスト イーサネットLANポート×4

10/100BASE-T RJ-45 WANファスト イーサネット ポート×1

ISDN S/Tポート×1

ADSL over ISDNポート×1

RJ-45コンソール ポート×1

Cisco 878 SHDSLルータ

Cisco 878ルータは、企業LANやインターネットとのマルチレートSymmetrical High-Data-Rate Digital Subscriber Line(G.SHDSL)を介して、在宅勤務者または小規模オフィスをISPに接続できます。

このルータには、LAN用の統合型4ポート イーサネット スイッチ、WAN用のG.SHDSL物理インターフェイス、およびISDN BRIが装備されています。ISDN BRI S/Tポートは通常のWAN接続に使用したり、SHDSL WANインターフェイスのバックアップ接続として設定することができます。また、LANとWANポート間のブリッジング機能、およびマルチプロトコル ルーティング機能も備えています。

図1-9にCisco 878ルータの前面パネル、図1-10に背面パネルを示します。

図1-9 Cisco 878ルータの前面パネル

 

図1-10 Cisco 878ルータの背面パネル(アンテナ装着時)

 

Cisco 878背面パネルのルータ ポート

Cisco 878ルータの背面パネルには、次のポートが装備されています。

内蔵スイッチを備えた10/100BASE-T RJ-45ファスト イーサネットLANポート×4

ISDN S/Tポート×1

G.SHDSLポート×1

RJ-45コンソール ポート×1

機能概要

表1-1 に、これらのルータの機能の概要を説明します。

 

表1-1 ハードウェア機能の概要

機能
説明

10BASE-T/100BASE-T内蔵スイッチ ポート

10/100BASE-T(10/100 Mbps)イーサネット ネットワークに接続します。10/100 Mbps装置に対応します。

ファスト イーサネットWANポート

Cisco 851およびCisco 871ルータのみ。10/100BASE-Tに接続します。ケーブル モデム、ADSL、ルータなど、その他のネットワーク デバイスに接続できます。

ADSL over POTSポート

Cisco 857およびCisco 877ルータのみ。ADSLネットワークに接続します。自動スイッチ機能をサポートしません。

ISDN S/Tポート

Cisco 876およびCisco 878ルータのみ。ISDNサービス プロバイダーに接続して、メインADSLまたはSHDSLリンクがダウンした場合にダイヤル バックアップおよびリモート管理機能を提供します。

ADSL over ISDNポート

Cisco 876ルータのみ。ADSL over ISDNネットワークに接続します。自動スイッチ機能をサポートしません。

G.SHDSLポート

Cisco 878ルータのみ。G.SHDSLネットワークに2本または4本のワイヤで接続します。

コンソール ポート

端末またはPCに接続して、CLI(コマンドライン インターフェイス)によるソフトウェア設定またはトラブルシューティングを行います。コンソール ポートは、ダイヤル バックアップおよびリモート管理用の仮想AUXポートとして設定できます(CLIを使用)。

フラッシュ メモリ

Cisco 850シリーズ ルータ:
20 MBのフラッシュ メモリ(デフォルトおよび最大)

Cisco 870シリーズ ルータ:
20 MBのフラッシュ メモリ(デフォルト)
Cisco IOS Advanced IP ServicesイメージまたはEnterprise Servicesイメージと一緒に発注されたルータの場合、28 MBのフラッシュ メモリ
8、16、または32 MB単位で増設可能(最大52 MB)

SDRAM

Cisco 850シリーズ ルータ:64 MBのオンボードSDRAM
Cisco 870シリーズ ルータ:128 MBのオンボードSDRAM

64または128 MB単位で増設可能(最大256 MB)

ルータ リセット ボタン

ルータ設定を出荷時の設定にリセットします。

Dying Gasp

ルータの電力切断が間近であるかどうかを検出し、Digital Subscriber Line Access Multiplexer(DSLAM;デジタル加入者線アクセス マルチプレクサ)に回線切断が間近であることを警告する信号を送信します。

壁面取り付け機能

ルータを壁面または垂直面に取り付けるためのブラケット

USBポート

Cisco 871ルータのみ。セキュリティ トークンやフラッシュ メモリ スティックなど、USB互換デバイスをサポートします。

IPSecハードウェア アクセラレータ

セキュリティ プロセッサは対称鍵暗号化、公開鍵暗号化、認証、およびデータ圧縮をハードウェアで実行します。

統合型802.11b/g無線モジュール

(任意)IEEE 802.11b/g標準を使用して無線LANに接続します。ルータがインフラストラクチャ モードでAP(アクセス ポイント)として機能できるようにします。

外部Power over Ethernet(PoE)
モジュール

(任意)ルータに接続された受電装置(PCや電話機など)に、インライン パワーを供給します。

Kensingtonセキュリティ スロット

Kensingtonロックダウン機器を使用して、ルータをデスクトップまたはその他の平面に固定できるようにします。

セキュリティ機能

Virtual Private Network(VPN;仮想私設網)、Cisco IOS Firewall、およびIPSecをサポートします。ソフトウェア セキュリティ機能の詳細については、『 Cisco 850 Series and Cisco 870 Series Access Routers Software Configuration Guide 』を参照してください。

自動検知機能

クロス ケーブルが不要になり、ルータはストレート ケーブルまたはクロス ケーブルを使用するその他のPCまたはハブ上で、Medium-Dependent Interface in normal mode(MDI;メディア依存型インターフェイス)やMedium-Dependent Interface in crossover mode(MDIX;メディア依存型インターフェイス クロスオーバー)を検出できます。また、ルータはLANとWANポート間のブリッジング機能、およびマルチプロトコル ルーティング機能を実行できます。

ハードウェア機能

ここでは、Cisco 850シリーズおよびCisco 870シリーズ ルータのハードウェア機能の概要を説明します。具体的な内容は次のとおりです。

シリアル番号の位置

ルータのLEDインジケータ

統合型802.11b/g無線モジュール(無線モデルのみ)

サポート対象のシスコ製無線アンテナ(無線モデルのみ)

外部PoEモジュール(オプション)

ルータ メモリ

ルータ ハードウェアのセキュリティ

シリアル番号の位置

ルータのシリアル番号ラベルはシャーシ背面の左端に貼付されています(図1-11を参照)。

図1-11 シリアル番号の位置

 

ルータのLEDインジケータ

ルータのステータスまたはアクティビティを示すルータLEDは、ルータの前面パネルにあります。 表1-2 に、これらのLEDおよびその説明を示します。

 

表1-2 ルータのLEDインジケータ

LED
説明
ルータ モデル

OK

グリーン

ルータにDC電力が供給されている場合に点灯。起動中にエラーが発生した場合に点滅

すべてのCisco 850シリーズおよびCisco 870シリーズ

WAN LNK

グリーン

DSLAMに接続されたWANイーサネット キャリアがステータスを検出した場合に点灯

Cisco 851、Cisco 871

WAN RXD

グリーン

WAN DSLまたはWANインターフェイスがデータを受信している場合に点滅

Cisco 851、Cisco 871

WAN TXD

グリーン

WAN DSLまたはWANインターフェイスがデータを送信している場合に点滅。データがアップロードされていない場合に消灯

Cisco 851、Cisco 871

ADSL CD

グリーン

DSLAMに接続されたADSLキャリアがステータスを検出した場合に点灯

Cisco 857、Cisco 876、
Cisco 877

ADSL RXD

グリーン

ADSLインターフェイスがデータを受信している場合に点滅。データが存在しない場合に消灯

Cisco 857、Cisco 876、
Cisco 877

ADSL TXD

グリーン

ADSLインターフェイスがデータを送信している場合に点滅。データがアップロードされていない場合に消灯

Cisco 857、Cisco 876、
Cisco 877

G.SHDSL CD

グリーン

DSLAMに接続されたSHDSLキャリアがステータスを検出した場合に点灯

Cisco 878

G.SHDSL RXD

グリーン

SHDSLインターフェイスがデータを受信している場合に点滅。データが存在しない場合に消灯

Cisco 878

G.SHDSL TXD

グリーン

SHDSLインターフェイスがデータを送信している場合に点滅。データがアップロードされていない場合に消灯

Cisco 878

ISDN LNK

グリーン

ISDN Dチャネルに接続されている場合に点灯

Cisco 876、Cisco 878

ISDN B1

グリーン

ISDN B1チャネルに接続されている場合に点灯。B1チャネルがデータを送受信している場合、またはデータがISDNチャネル1を通過している場合に点滅

Cisco 876、Cisco 878

ISDN B2

グリーン

ISDN B2チャネルに接続されている場合に点灯。B2チャネルがデータを送受信している場合、またはデータがISDNチャネル2を通過している場合に点滅

Cisco 876、Cisco 878

PPP

グリーン

PPP over Ethernet(PPPoE)またはPPP over ATM(PPPoA)クライアント ステータス。少なくとも1つのPPPoEまたはPPPoAクライアント セッションが動作している場合に点灯。PPPoEもPPPoAも動作していない場合に消灯

すべてのCisco 850シリーズおよびCisco 870シリーズ

VPN

グリーン

VPNトンネル ステータス。少なくとも1つの暗号(IPSec)セッションが動作している場合に点灯。暗号セッションが動作していない場合に消灯

すべてのCisco 850シリーズおよびCisco 870シリーズ

WLAN OK

グリーン

無線リンク ステータスが動作可能であるかどうかを示します。クライアントが対応付けられていない場合に点滅。少なくとも1つのクライアントが対応付けられている場合にグリーンに点灯

すべてのCisco 850シリーズおよびCisco 870シリーズ無線モデル

WLAN DATA

グリーン

無線LANリンク トラフィック。無線LANにトラフィックが存在する場合に点滅。トラフィックが存在しない場合に消灯

すべてのCisco 850シリーズおよびCisco 870シリーズ無線モデル

ETHERNET LAN 0

グリーン

デバイスがイーサネットLAN 0ポートに接続されている場合に点灯。イーサネットLAN 0がデータを送受信している場合、またはデータがポートを通過している場合に点滅

すべてのCisco 850シリーズおよびCisco 870シリーズ

ETHERNET LAN 1

グリーン

デバイスがイーサネットLAN 1ポートに接続されている場合に点灯。イーサネットLAN 1がデータを送受信している場合、またはデータがポートを通過している場合に点滅

すべてのCisco 850シリーズおよびCisco 870シリーズ

ETHERNET LAN 2

グリーン

デバイスがイーサネットLAN 2ポートに接続されている場合に点灯。イーサネットLAN 2がデータを送受信している場合、またはデータがポートを通過している場合に点滅

すべてのCisco 850シリーズおよびCisco 870シリーズ

ETHERNET LAN 3

グリーン

デバイスがイーサネットLAN 3ポートに接続されている場合に点灯。イーサネットLAN 3がデータを送受信している場合、またはデータがポートを通過している場合に点滅

すべてのCisco 850シリーズおよびCisco 870シリーズ

統合型802.11b/g無線モジュール(無線モデルのみ)

Cisco 850シリーズおよびCisco 870シリーズ無線ルータには、インフラストラクチャ モードの場合に無線アクセス ポイントとして動作する統合型IEEE 802.11b/g無線モジュールが搭載されています。無線ルータの背面パネルには、Reverse-Polarity Threaded Neill-Concelman(RP-TNC)コネクタが2つ装備されています。802.11b/g無線モジュールを動作させるには、ルータに付属のダイポール スイベル アンテナをRP-TNCコネクタに接続します。

無線動作を設定するには、Cisco Router and Security Device Manager(SDM)Webベース アプリケーションを使用するか、またはCisco IOS CLIを使用します。詳細については、『 Cisco Router and Security Device Manager (SDM) Quick Start Guide 』または『 Cisco Access Router Wireless Configuration Guide 』を参照してください。

サポート対象のシスコ製無線アンテナ(無線モデルのみ)

表1-3 に、Cisco 850シリーズおよびCisco 870シリーズ無線ルータでサポートされているシスコ製アンテナを示します。

 

表1-3 Cisco 850シリーズおよびCisco 870シリーズ無線ルータでサポートされているシスコ製アンテナ

シスコ部品番号
アンテナ タイプ
最大ゲイン
説明

23.7786.51

全方向性

2.2 dBi

デフォルト アンテナです。2.4~2.5 GHz帯域で動作するスイベル マウント ダイポール アンテナです。このアンテナは、RP-TNCコネクタを利用するシスコ製無線製品と併用するように設計されています。詳細については、『 Cisco 2.4-GHz Swivel-Mount Dipole Antenna (23.7786.51)』を参照してください。

AIR-ANT4941

全方向性

2.2 dBi

2.4~2.5 GHz帯域で動作するスイベル マウント ダイポール アンテナです。このアンテナは、RP-TNCコネクタを利用するシスコ製無線製品と併用するように設計されています。詳細については、『 Cisco Aironet 2.4 Ghz Articulated Dipole Antenna (AIR-ANT4941)』を参照してください。

AIR-ANT1728

全方向性

5.2 dBi

2.4~2.5 GHz帯域で動作する天井マウント アンテナです。このアンテナには、吊り天井の横木に取り付けるためのクリップが付属しています。詳細については、『 Cisco Aironet High Gain Omnidirectional Ceiling Mount Antenna (AIR-ANT1728) 』を参照してください。


) このアンテナは、日本ではサポートされません。


AIR-ANT3549

パッチ

9 dBi

2.4~2.5 GHz帯域で動作する壁面マウント アンテナです。


) このアンテナは、米国およびカナダではサポートされません。


AIR-ANT5959

ダイバーシティ全方向性

2.35 dBi

2.4~2.5 GHz帯域で動作する天井マウント アンテナです。このアンテナには、吊り天井の横木に取り付けるためのクリップが付属しています。詳細については、『 Cisco Aironet 2 dBi Diversity Omnidirectional Ceiling Mount Antenna (AIR-ANT5959) 』を参照してください。

外部PoEモジュール(オプション)

オプションの外部PoEモジュールは、片側(To ROUTER)をルータのイーサネット ポートに接続し、反対側(To LAN)を受電装置(PC、ラップトップ、IP Phoneなど)に接続するスタンドアロン デバイスです。PoEモジュールには、4つのイーサネット ポートにそれぞれ接続されたデバイスにインライン パワーを供給できる独立電源があるため、これらのデバイスに個別の電源は不要です。


注意 PoEモジュールを適切に動作させるには、PoEモジュールをルータに接続する前に、PoEモジュール電源装置をPoEモジュールに接続しないでください。PoE モジュール上のイーサネット ポートに ISDN デバイスを接続しないでください。接続するとハードウェアが破損する場合があります。

図1-12 PoEモジュールの前面パネル

 

1

電源アダプタ入力ジャック

2

背面パネルの対応するイーサネット ポートに関連付けられたケーブル番号。ケーブル番号ラベルの下にある統合ケーブル(プラスチック製のクリップで束ねられた 4 つの RJ-45 コネクタで構成)は、この図では表示されていません。

図1-13 PoEモジュールの背面パネル

 

1

受電装置を接続するためのLEDインジケータおよびイーサネット ポート

2

電力インジケータ

図1-14 PoE モジュールの取り付け

 

1

Cisco 870 シリーズ ルータ

5

ルータの電源アダプタ

2

PoE モジュールのイーサネット ケーブル(RJ-45 コネクタ× 4 で構成)

6

PoE の電源プラグ

3

PoE モジュール

7

ルータの電源プラグ

4

PoE の電源アダプタ

図1-15 PoE モジュールのルータへの接続

 

1

Cisco 870 シリーズ ルータ

3

PoE モジュールからの RJ-45 イーサネット プラグ× 4(ルータのイーサネット ポートへの接続)

2

ルータの RJ-45 イーサネット ポート

4

PoE モジュール

図1-16 ルータに接続された PoE モジュール

 

PoEモジュールのLEDインジケータ

 

表1-4 PoEモジュールのLEDインジケータ

LED
色および動作
説明

POEポート0、1、2、3

なし

受電装置が検出されません。

オレンジ(点灯)

電源が管理上のダウン状態です。

グリーン(点灯)

デバイスに電力が供給されています。

オレンジ(点滅)

電力供給時に障害が検出されました。

グリーン(点滅)

デバイスに電力が供給されていません。

ルータ メモリ

Cisco 850シリーズおよびCisco 870シリーズ ルータは、次のタイプのメモリをサポートしています。

フラッシュ メモリ

SDRAM

フラッシュ メモリ

フラッシュ メモリはROMMONブート コードのイメージ、Cisco IOSソフトウェア、およびルータのコンフィギュレーション ファイルを格納します。ルータにはオンボードStrataFlashデバイスが2つ装備されていて(それぞれ16 MBおよび4 MBのメモリを搭載)、合計で20 MBのオンボード フラッシュ メモリが搭載されています。

Cisco 850シリーズ ルータの場合、デフォルトおよび最大のフラッシュ メモリ サイズは20 MBです。メモリは増設できません。

Cisco 870シリーズ ルータの場合、拡張スロットに8 MB、16 MB、または32 MBのメモリを増設できます。最大フラッシュ メモリ サイズは52 MBです。デフォルト フラッシュ メモリは、ルータと一緒に発注されたCisco IOSイメージによって異なります。

デフォルトでは、ルータの拡張スロットには4 MBが搭載されているため、合計フラッシュ メモリ サイズは24 MBです。

Cisco IOS Advanced IP ServicesイメージまたはEnterprise Servicesイメージと一緒に発注されたルータには、デフォルトで拡張スロットに8 MBのメモリが搭載されているため、合計フラッシュ メモリ サイズは28 MBです。

SDRAM

SDRAMにはCisco IOSソフトウェアが格納され、パケット処理中に作成されたデータのメモリとして使用されます。ルータには128 MBのオンボードSDRAMが搭載されています。拡張スロットには64 MBまたは128 MBを増設できるため、最大で256 MBのSDRAMを搭載できます。

ルータ ハードウェアのセキュリティ

Cisco 850シリーズおよびCisco 870シリーズ ルータの背面パネルには、Kensingtonセキュリティ スロットが装備されています。ルータをデスクトップにまたはその他の平面に固定するには、Kensingtonロックダウン機器を使用します。

適合規格

準拠規格および安全性については、ルータに付属の『 Regulatory Compliance and Safety Information for Cisco 800 Series and SOHO Series Routers 』を参照してください。

無線モデルの場合は、ルータに付属の『 Declarations of Conformity and Regulatory Information for Cisco Access Products with 802.11a/b/g and 802.11b/g Radios 』も参照してください。