Cisco 800 シリーズ ルータ ハードウェア インストレーション ガイド
ISDN および IDSL の概念
ISDN および IDSL の概念
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

ISDN および IDSL の概念

ISDN および IDSL の概念

ここでは、ISDN および IDSL の概念について説明します。

Cisco 800シリーズ ルータは、BRI(基本インターフェイス)を 1 つ提供します。電話サービス プロバイダーが提供する ISDN BRI サービスは、ベアラ チャネル(B チャネル)2 本とデータ チャネル(D チャネル)1 本で構成されます。B チャネルは 64 Kbps で動作し、ユーザ データを伝送します。D チャネルは 16 Kbps で動作し、制御や信号情報を伝送します。ただし、特定の状況下ではユーザ データを伝送することもできます。

Cisco 801 および Cisco 803 のルータには、ISDN S/T ポートが 1 つあります。Cisco 802 および Cisco 804 のルータには ISDN U ポートが 1 つあり、Cisco 802 IDSL および Cisco 804 IDSL ルータには IDSL ポートが 1 つあります。

北米以外の国では、電話サービス プロバイダーは通常、S/T インターフェイスを提供します。S/T インターフェイスは、電話スイッチの 4 線(2 対)インターフェイスであり、2 対のワイヤで全二重データ伝送をサポートします。

北米では、電話サービス プロバイダーは通常、U インターフェイスを提供します。U インターフェイスは、電話スイッチの 2 線(1 対)インターフェイスであり、1 対のワイヤで全二重データ伝送をサポートします。

Cisco 803 および Cisco 804 のルータは、データおよび音声の両方のアプリケーションに対応できます。これらのルータでは、ルータ上の ISDN ポートを通じてデータ アプリケーションが実行されます。これらのルータ上の音声アプリケーションは、ISDN BRI を使用し、電話ポートを通じて実行されます。