Cisco 800 シリーズ ルータ ハードウェア インストレーション ガイド
概要
概要
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

概要

機能概要

ルータ ポートの概要

前面パネル

背面パネル

LED

概要

Cisco 800 シリーズ ルータは、ISDN(Integrated Services Digital Network)BRI(基本インターフェイス)を使用して、小規模オフィスまたは在宅勤務者を会社の LAN またはインターネットに接続します。このルータは、LAN ポートと WAN ポート間のブリッジングおよびマルチプロトコル ルーティングの機能を提供します。

この章の内容は次のとおりです。

機能概要

ルータ ポートの概要

前面パネル

背面パネル

LED

機能概要

表1-1 に、Cisco 800 シリーズ ルータの機能をまとめて示します。

 

表1-1 Cisco 800 シリーズの機能概要

機能
ルータ
説明

10BASE-T イーサネット ポート

全ルータ

10BASE-T(10 Mbps)イーサネット ネットワークに接続できます。10/100 Mbps 装置に対応

ISDN BRI S/T ポート

Cisco 801 および Cisco 803

ISDN S/T ネットワークに接続できます。

ISDN BRI U ポート

Cisco 802 および Cisco 804

ISDN U ネットワークに接続できます。

IDSL ポート

Cisco 802 IDSL および
Cisco 804 IDSL

IDSL ネットワークに接続できます。

電話ポート

Cisco 803 および Cisco 804

ISDN 回線を通じて電話サービスに接続される電話機、Fax、モデムを接続できます。

内蔵 NT1(Network Termination 1)

Cisco 802 および Cisco 804

北米では外付け NT1 は不要です。 1

フラッシュ メモリ

全ルータ

8 MB のフラッシュ メモリ 2

DRAM(ダイナミック RAM)

全ルータ

4 MB の DRAM 2

判別しやすい ISDN B チャネルの LED

全ルータ

ISDN B チャネルの LED は、他の LED とは異なる色に点灯します。

設置が簡単

全ルータ

接続間違いを防ぐため、各種のポートとケーブルを色で区別できるようになっています。

Cisco IOS ソフトウェア

全ルータ

Cisco IOS ソフトウェアをサポートしています。

Cisco 800 Fast Step アプリケーション

全ルータ

Windows 95、Windows 98、および Windows NT ベースのソフトウェア ツールを使用して基本的な設定を行うことができます。

コンソール ポート

全ルータ

端末または PC を接続し、コマンドライン インターフェイスを使用してソフトウェアを設定したり、トラブルシューティングを行うことができます。


) コンソール ポートはサービス ポートです。


ケーブル ロック

全ルータ

ルータを物理的に固定することができます。

ロック付き電源コネクタ

全ルータ

ロック付き電源コネクタが付いています。

壁面マウント機能

全ルータ

ルータ底面のブラケットを使用して、ルータを壁面または垂直面に設置できます。

1.Cisco 802 および Cisco 804 ルータの ISDN U インターフェイスには NT1 が内蔵されていますが、ルータ自体が NT1 として機能するわけではありません。Cisco 802 および Cisco 804 ルータに S/T 装置を接続することはできません。

2.出荷時または購入後に、8 MB のフラッシュ メモリおよび 4 MB または 8 MB の DRAM を追加できます。購入後はアップグレード キットを注文できます。増設メモリの取り付けは、訓練を受けた相応の資格のある人が行うようにしてください。8 MB フラッシュ メモリ アップグレード キットのシスコ製品番号は MEM800-8F です。DRAM アップグレード キットのシスコ製品番号は MEM800-4D と MEM800-8D です。

ルータ ポートの概要

表1-2 に、Cisco 800 シリーズの各ルータとそのポートを示します。

 

表1-2 各ルータのポート

ルータ
イーサネット ポート
ISDN ポート
電話ポート

Cisco 801

1

ISDN BRI S/T

なし

Cisco 802

1

ISDN BRI U

なし

Cisco 802 IDSL

1

IDSL

なし

Cisco 803

4

ISDN BRI S/T

2

Cisco 804

4

ISDN BRI U

2

Cisco 804 IDSL

4

IDSL

なし

前面パネル

以下の図は、Cisco 800 シリーズ ルータの前面パネルを示しています。

図1-1 Cisco 801、Cisco 802、Cisco 802 IDSL の前面パネル

 

図1-2 Cisco 803 および Cisco 804 の前面パネル

 

図1-3 Cisco 804 IDSL の前面パネル

 

背面パネル

以下の図は、Cisco 800 シリーズ ルータの背面パネルを示しています。

ポートの上に準拠マーク( )が付いている場合は、そのポートを欧州連合規格に準拠する公衆網に直接接続することができます。


警告 準拠マーク()にバツ印が付いている場合は、そのポートを欧州連合規格に準拠する公衆網に接続することはできません。このタイプの公衆網に接続すると、ご使用のルータに重大な損傷が発生する可能性があります。


図1-4 Cisco801 ルータの背面パネル

 

図1-5 Cisco 802 ルータの背面パネル

 

図1-6 Cisco 803 ルータの背面パネル

 

図1-7 Cisco 804 ルータの背面パネル

 

図1-8 Cisco 802 IDSL ルータの背面パネル

 

図1-9 Cisco 804 IDSL ルータの背面パネル

 

LED

表1-3 に、各 LED の機能を示します。

 

表1-3 LED の機能

LED
機能

OK

グリーン

ルータに電力が供給され、ルータがセルフテストを完了して動作を開始すると点灯します。

NT1

グリーン

Cisco 801 および Cisco 803 のルータにはありません。内蔵 NT1 と ISDN スイッチが同期化されると点灯します。内蔵 NT1 と ISDN スイッチの同期化試行中は点滅します。

LINE

グリーン

ISDN インターフェイスおよび ISDN 端末装置が同期化されると点灯します。

LAN

グリーン

イーサネット ポート上でパケットが送信または受信されると点灯します。

LAN RXD

グリーン

イーサネット ポート上でパケットが受信されると点滅します。

LAN TXD

グリーン

イーサネット ポート上でパケットが送信されると点滅します。

LK0、LK1、LK2、LK3

グリーン

Cisco 803 および Cisco 804 のルータだけにあります。イーサネット装置が接続されていると点灯し、接続されていない場合は消灯します。接続に問題があると点滅します。 「トラブルシューティング」 を参照してください。

ETHERNET 1、2、3、4

グリーン

Cisco 804 IDSL ルータだけにあります。イーサネット装置が接続されていると点灯し、接続されていない場合は消灯します。接続に問題があると点滅します。 「トラブルシューティング」 を参照してください。

CH1

オレンジ

最初の ISDN B チャネルでコールを発信または受信すると点滅します。最初の ISDN B チャネル上でコールが接続されると点灯します。IDSL ルータの場合は、後述の(注)を参照してください。

CH1 RXD

オレンジ

最初の ISDN B チャネルでパケットが受信されると点滅します。

CH1 TXD

オレンジ

最初の ISDN B チャネルでパケットが送信されると点滅します。

CH2

オレンジ

第 2 の ISDN B チャネルでコールを発信または受信すると点滅します。第 2 の ISDN B チャネル上でコールが接続されると点灯します。IDSL ルータの場合は、後述の(注)を参照してください。

CH2 RXD

オレンジ

第 2 の ISDN B チャネルでパケットが受信されると点滅します。

CH2 TXD

オレンジ

第 2 の ISDN B チャネルでパケットが送信されると点滅します。

PH1、PH2

グリーン

Cisco 803 および Cisco 804 のルータだけにあります。基本電話サービスの使用中に点灯します。

LINK

グリーン

Cisco 801、802、802 IDSL ルータの背面パネルにあります。イーサネット装置が接続されていると点灯し、接続に問題がある場合は点滅します。 「トラブルシューティング」 を参照してください。


Cisco 802 IDSL ルータおよび Cisco 804 IDSL ルータでは、ルータにアクティブなデータ接続をし、回線速度が 64 kbps の場合、CH1 と CH2 のいずれか一方が点灯します。ルータにアクティブなデータ接続をし、回線速度が 128 kbps または 144 kbps の場合は、CH1 と CH2 の両方とも点灯します。