Cisco 831 ルータ/SOHO 91 ルータ ハードウェア インストレーション ガイド
製品概要
製品概要
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 832KB) | フィードバック

目次

製品概要

機能

ルータの概要

前面パネル

背面パネル

LED の機能

製品概要

Cisco 831 ルータおよび Cisco SOHO 91 イーサネット間ルータは、次のサイトへのブロードバンドまたはイーサネット接続を使用して、企業の在宅勤務者または小規模オフィスを Internet Service Provider(ISP; インターネット サービス プロバイダー)に接続します。

企業 LAN

インターネット

Cisco 831 および Cisco SOHO 91 ルータは、スイッチ対応ルータで、LAN 用の 4 ポート イーサネット スイッチを備えています。ルータは、LAN ポートおよび WAN ポート間のブリッジングとマルチプロトコル ルーティングの機能を備えています。

Cisco 831 および SOHO 91 ルータは、AUX コンソール ポートを通じた高速暗号化、10/100 Mbps スイッチング、およびダイヤル バックアップ機能をサポートします。ルータの自動認識機能によってクロスケーブルが不要となり、ルータは、ストレート ケーブルまたはクロスケーブルを装備した PC/ハブで、MDI(ユーザ モードのメディア依存型インターフェイス)または MDIX(クロスオーバー モードの MDI)の検出ができます。

ダイヤル バックアップ機能を使用することで、ADSL サービスがダウンした場合の WAN へのバックアップ リンクとしてコンソール ポートにアナログ モデムを接続できます。このような機能により Cisco 831 および SOHO 91 ルータでは、高水準のパフォーマンスとセキュリティが実現されます。

Cisco 831 ルータは、ハードウェアベースの暗号化に対応するように設計されていますが、一方 Cisco SOHO 91 はソフトウェアベースの暗号化をサポートします。Cisco 831 ルータは、工場でのアップグレードまたは現場での取り付けオプションとしてフラッシュ メモリまたは SDRAM(同期 DRAM)の増設ができます。SOHO 91 ではメモリ構成は固定されています。

機能

表1-1 に、これらのルータの機能を一覧表示します。

 

表1-1 Cisco 831 ルータおよび SOHO 91 ルータ機能の一覧

機能
項目

10BASE-T/100BASE-T 内蔵スイッチ ポート

10/100BASE-T(10/100 Mbps)イーサネット ネットワークに接続します。10/100 Mbps 装置と互換性があります。

WAN ポート

10BASE-T に接続します。10 Mbps 装置と互換性があります。ケーブル モデム、ADSL、ルータなどの他のネットワーク装置に接続できます。

フラッシュ メモリ

8 MB 搭載フラッシュ メモリ。フラッシュ モジュール上に最大 16 MB の拡張型フラッシュ メモリ搭載可能。

SDRAM

ボード上の 32 MB 搭載 SDRAM。

インストレーションの容易さ

ポートとケーブルを色分けすることにより、接続間違いを防ぎます。

Cisco IOS ソフトウェア

Cisco IOS ソフトウェアをサポートしています。

Cisco Router Web Setup アプリケーション

基本設定用および特定用途のための Web ベースのソフトウェア ツールを装備しています。

コンソール ポート

端末または PC を接続し、CLI(コマンドライン インターフェイス)を使用してソフトウェアの設定やトラブルシューティングを行います。

壁面への設置機能

ルータ底面のブラケットを使用して、ルータを壁面または垂直面に設置できます。

表1-2 に、Cisco 831 および SOHO 91 ルータのポートについての説明を示します。

 

表1-2 Cisco 831 および SOHO 91 ルータのポート

ルータ
内蔵スイッチ
WAN イーサネット ポート
コンソール ポート

Cisco 831

10/100 BASE-T RJ-45 × 4

10BASE-T RJ-45 × 1

RJ-45

SOHO 91

10/100 BASE-T RJ-45 × 4

10BASE-T RJ-45 × 1

RJ-45

ルータの概要

ここでは、ルータの前面および背面パネルについて説明します。

前面パネル

図 1-1に、Cisco 831 ルータの前面パネルを示します(図 1-1は Cisco 831 ルータのものですが、Cisco SOHO 91 ルータの前面パネルもこれと同じです)。

図 1-1 Cisco 831 ルータの前面パネル

 

背面パネル

図 1-2 に、Cisco 831 ルータの背面パネルを示します(図 1-2は Cisco 831 ルータのものですが、Cisco SOHO 91 ルータの背面パネルもほぼ同じです)。

図 1-2 Cisco 831 背面パネル

 

 

1

内蔵スイッチのイーサネット ポート 4。イーサネット ネットワーク装置を接続します。

5

コンソール ポート。PC または端末を接続します。

2

内蔵スイッチのイーサネット ポート 3。イーサネット ネットワーク装置を接続します。

6

WAN ポート。インターネットまたはスイッチを接続します。

3

内蔵スイッチのイーサネット ポート 2。イーサネット ネットワーク装置を接続します。

7

入力ジャック。電源装置を接続します。

4

内蔵スイッチのイーサネット ポート 1。イーサネット ネットワーク装置を接続します。

8

電源オン/オフ スイッチ。

LED の機能

表1-3 に、ルータの LED 機能の一覧を示します。

 

表1-3 Cisco 831 ルータおよび SOHO 91 ルータの LED の機能

LED
機能
PWR_OK

グリーン

ルータに DC 電力が供給されると点灯します。起動時に障害が発生すると点滅します。

WAN_LED_OK

グリーン

WAN イーサネット キャリアがステータスを検出して正常に Digital Subscriber Line Access Multiplexer(DSLAM; デジタル加入者線アクセス マルチプレクサ)に接続すると点灯します。

WAN_LED_RxD

グリーン

WAN イーサネットがデータを受信すると点滅します。

WAN_LED_TxD

グリーン

WAN イーサネットがデータを送信すると点滅します。データがアップロードされていないときは消灯しています。

E1(内蔵スイッチのポート 1)ステータス

グリーン

イーサネット 1 がイーサネット インターフェイスに正常に接続すると点灯します。イーサネット 1 がデータを送受信する場合、またはデータがイーサネット 1 を通過する場合は点滅します。

E2(内蔵スイッチのポート 2)ステータス

グリーン

イーサネット 2 がイーサネット インターフェイスに正常に接続すると点灯します。イーサネット 2 がデータを送受信する場合、またはデータがイーサネット 2 を通過する場合は点滅します。

E3(内蔵スイッチのポート 3)ステータス

グリーン

イーサネット 3 がイーサネット インターフェイスに正常に接続すると点灯します。イーサネット 3 がデータを送受信する場合、またはデータがイーサネット 3 を通過する場合は点滅します。

E4(内蔵スイッチのポート 4)ステータス

グリーン

イーサネット 4 がイーサネット インターフェイスに正常に接続すると点灯します。イーサネット 4 がデータを送受信する場合、またはデータがイーサネット 4 を通過する場合は点滅します。

LAN_RxD

グリーン

内蔵イーサネット スイッチが WAN ポートからデータを受信すると点滅します。

LAN_TxD

グリーン

内蔵イーサネット スイッチが WAN ポートにデータを送信すると点滅します。