Cisco 819 シリーズ サービス統合型ルータ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド
環境および電源管理
環境および電源管理
発行日;2013/05/19 | 英語版ドキュメント(2013/02/08 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

環境および電源管理

CiscoEnergyWise サポート

環境および電源管理

Cisco 819 サービス統合型ルータは、環境温度のモニタリングおよび温度のロギングのため、30 秒ごとにルータ本体にセンサーが装備されています。ルータ シャーシの四隅に 4 つのセンサーがあります。さらにシステム アンビエント センサーおよび 3G センサーがあります。

コーナー センサーは次のメッセージを表示します。

コンソールへのエラー メッセージ:温度範囲が設定されている温度しきい値を外れると、モニタにエラー メッセージを表示します。ルータの異なる SKU ごとに違う温度範囲が設定されています。

Cisco 819G(非強化):0 ~ 60 °C

Cisco 819HG(強化):-25 ~ 75 °C

SNMP トラップ:syslog メッセージは、温度が指定範囲外の場合に作成されます。

サーバの「Call Home」機能:サーバの CallHome 機能は、非常に高温または低温になった場合に、Cisco TAC にすでに問い合わせできるようになっています。

コーナー センサーに加えて、システム周囲センサーと 3G センサーでも 30 秒おきに温度をブートフラッシュ メモリに記録されます。

温度が上限しきい値を超えたり、下限しきい値を下回ったりすると、温度情報が不揮発性メモリ領域に保存され、この出力の一部として表示されます。

ルータの動作温度を確認するには、show environment コマンドを使用します。または最後に装置の電力使用量および電力消費量を表示するには、このコマンドを使用できます。

次に、show environment コマンドの出力例を示します。

router# show environment
 
SYSTEM WATTAGE
===============
Board Power consumption is: 4.851 W
Power Supply Loss: 1.149 W
Total System Power consumption is: 6.000 W
 
 
REAL TIME CLOCK BATTERY STATUS
==============================
Battery OK (checked at power up)
 
TEMPERATURE STATUS
==================
Sensor Current High/Low
Name Temperature Status Threshold
--------------------- -------------- -------------- ---------
Sensor 1 36 Normal 60/0
Sensor 2 34 Normal 60/0
Sensor 3 40 Normal 60/0
Sensor 4 38 Normal 60/0
System Ambient Sensor 35 Normal 60/0
3G Modem Sensor 33 Normal 85/0
 
Environmental information last updated 00:00:26 ago
 
 
 

) モデムの温度が、非強化バージョンの場合は 85 度まで、強化バージョンでは 90 度まで上がると、警告メッセージが表示されます。温度が 108 度を超えた場合、ルータは自動的にシャットダウンします。


Cisco EnergyWise サポート

Cisco 819 ISR には、電力消費を減らすためのハードウェアおよびソフトウェア機能があります。ハードウェア機能としては、高性能 AC 電源および RAM 選択やクロック ゲーティングなど、省電力機能を内蔵した電気部品があります。詳細については、『Cisco 819 Integrated Services Router Hardware Installation Guide』を参照してください。

ソフトウェア機能には、未使用のモジュールの電源を切り、ルータのモジュールおよび周辺機器への未使用のクロックをディセーブルにする電力効率管理機能である Cisco EnergyWise があります。

Cisco 819 ISR で EnergyWise をサポートするには、Cisco IOS Release 15.0(1)M 以降を実行している必要があります。

詳細な設定手順については、『Cisco EnergyWise Configuration Guide, EnergyWise Phase 1』および『Cisco EnergyWise Configuration Guide, EnergyWise Phase 2』を参照してください。