コラボレーション エンドポイント : Cisco TelePresence Administration ソフトエア

Cisco TelePresence Meeting クイック リファレンス

クイック リファレンス
発行日;2012/01/21 | 英語版ドキュメント(2011/02/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco TelePresence Meeting クイック リファレンス

内容

Cisco TelePresence ソフトキーの凡例

アラートおよびメッセージ

Cisco TelePresence Meeting の操作

コールに応答する

ミーティングの通話音量を変更する

音声コールでの会議

会議画面の表示を変更する

システム情報を表示する

ミーティングの接続のステータスを表示する

通話を終了する

通話をミュートする

「Presentation-in-Picture」を配置する

通話を保留にする

最後にダイヤルした番号にリダイヤルする

保留から通話を再開する

着信コールをボイスメールに送信する

ミーティングまたは新規の通話を開始する

プレゼンテーション デバイスの使用

ディレクトリの表示

Cisco TelePresence Manager のミーティングの操作

Live Desk に電話をかける

スケジュールされていたミーティングを開始する

スケジュールされたミーティングを表示する

Cisco TelePresence Recording Server の操作

ミーティングを録音する

録音を再生する

Cisco WebEx ミーティングへの参加

クイック リファレンス

Cisco TelePresence Meeting クイック リファレンス

このクイック リファレンスは Cisco.com http://www.cisco.com )で入手できる『 Cisco TelePresence System User Guide 』とともに使用してください。


ヒント すべての Cisco TelePresence は、受話器を上げない(オンフック)状態で通話する点に注意してください。ミーティングの音声は、電話機ではなく CTS スピーカから聞こえます。


内容

Cisco TelePresence ソフトキーの凡例

Cisco TelePresence では、電話の LCD 画面の下端に、機能のオプションを表すソフトキーが表示されます。オプションを検索するには、ソフトキーをタッチします。

 

ソフトキー
機能
<<

文字を削除するバックスペースです。

Answer

着信コールに応答します。

Confrn /
Join

音声コールのみの会議です。

ConfList
Remove

電話会議の電話番号のリストを表示します。

Remove:電話会議から選択したメンバーを削除します。

Dial

入力した電話番号にダイヤルします。

Directory
Search
Submit

検索可能なユーザのリストを表示します。

Search:Directory 検索用、またはファースト ネーム、ラスト ネーム、あるいはディレクトリ名の最初の文字を検索するための入力画面を表示します。

Submit:検索を開始します。

Dismiss /
Share
No one
Just Me
Everyone

Cisco TelePresence のミーティングに参加する前に、自分のデータの表示/非表示を切り替えます。

その他のプライバシー表示設定です。

DocCam

ドキュメント カメラのコントロールを表示します。

EndCall

現在の通話を終了します。

Exit

現在の選択を解除します。

Favorites

スピードダイヤルの電話リストを表示します。

Headset

CTS 500 または CTS 1000。ヘッドセットに通話の音声を転送します。

Hold /
Resume

通話を保留にします。または通話を再開します。

iDivert

着信コールをボイスメールに送信します。

Info

システム関連の情報を表示します。

Live Desk

支援が必要な場合、Live Desk にダイヤルします(通話は保留になります)。

Manual

手動で電話番号をダイヤルします。

Media Ctrl

音声およびビデオのオン/オフ コントロールを表示します。

Meeting Access

他のエンドポイントのマルチポイント コールへの参加をブロックします。

Meetings

ミーティング リストとオプションを表示します。

MtngCtrl

マルチポイント ミーティング オプションのリストを表示します。

more

その他のソフトキーを表示します。

Mute /
Unmute

通話の音声をミュートまたは復元します。

New Call

新規の Cisco TelePresence の通話を開始します。

Periph

ペリフェラル ステータス情報およびオプションを表示します。

PiP Ctrl /
Swap

Presentation-in-Picture(PiP)を配置します。

PiP のサイズをコントロールします。

Problem /
Report

問題のレポートを作成します。

Redial

最後にダイヤルした番号にダイヤルします。

Record

Cisco TelePresence Recording Server のビデオ オプションを管理します。

StartMtg

スケジュールされていたミーティングを開始します。

Status

ミーティングのステータスを表示します。

Videos

Shared Video Screen オプションを管理します。

Video Input

プレゼンテーションのソース(VGA、DVI、または HDMI)を管理します。

View Ctrl

マルチポイント会議の表示を [Room] または [Speaker] に切り替えます。

アラートおよびメッセージ

電話機のインターフェイスまたはメイン ディスプレイ スクリーンに、Cisco TelePresence のミーティングを支援するアイコン、アラートまたはメッセージが表示される場合があります。これらの完全なリストについては、『 Cisco TelePresence System User Guide 』を参照してください。

Cisco TelePresence Meeting の操作

コールに応答する

[Answer] ソフトキーをタッチします(受話器は置いたままにしておきます)。

ミーティングの通話音量を変更する

1. 通話中に、電話機の [Volume] スイッチ([Softer] または [Louder])を押します。

2. 現在以降の通話の設定を保存するには、[Save] ソフトキーをタッチします。

音声コールでの会議

1. [Confrn] ソフトキーをタッチします。

2. フィールドに電話番号を入力します。

3. [Dial] をタッチします。

4. 通話先が応答したら、[Confrn/Join] ソフトキーをタッチし、そのコールをミーティングに追加します。

会議画面の表示を変更する

1. [View Ctrl] ソフトキーをタッチします。

2. [Speaker] をタッチすると、現在発言している各参加者が表示され、[Room] をタッチすると、現在発言している参加者がいる場所の参加者全員が表示されます。

システム情報を表示する

[Info] ソフトキーをタッチすると、現在のシステム構成情報が表示されます。

ミーティングの接続のステータスを表示する

接続通話の質を表示するには、[Status] ソフトキーをタッチします。

通話を終了する

通話を終了するには、[EndCall] ボタンを押します。

通話をミュートする

1. [Mute] ソフトキーをタッチします(CTS 500 のみ)。

2. テーブル マイクロフォンの [Mute] ボタンを押します。

「Presentation-in-Picture」を配置する

1. Presentation-in-Picture(PiP)の現在の位置を表示するには、[PiP Ctrl] ソフトキーをタッチします。

2. PiP の位置を変更するには、[Left]、[Center]、[Right]、または [None] を、サイズを変更するには、[Swap] を選択します。

3. 今後の通話で使用するために配置を保存するには、[Save] をタッチします。

通話を保留にする

[Hold] ソフトキーをタッチします。ミーティング中にアクティブ コールを保留にすると、ローカルおよびリモートのミーティング ルームのすべての音声およびビデオを一時停止します。

最後にダイヤルした番号にリダイヤルする

最後にダイヤルした番号にダイヤルするには、[Redial] ソフトキーをタッチします。

保留から通話を再開する

ミーティングに再度参加する、または通話を再開するには、[Resume] ソフトキーをタッチします。

着信コールをボイスメールに送信する

[iDivert] ソフトキーをタッチします(使用できる場合)。

ミーティングまたは新規の通話を開始する

ミーティングまたは通話を開始するには次の方法を実行します。

[New Call] ソフトキー、または電話機の LCD 画面のダイヤル パッド アイコンをタッチします。

ディレクトリからダイヤルするには、[Directory] ソフトキー、または電話機の LCD 画面のディレクトリ アイコンをタッチします。

最後にダイヤルした番号にダイヤルするには、[Redial] ソフトキーをタッチします。

プレゼンテーション デバイスの使用

プロジェクタまたは LCD ディスプレイ(設置されている場合)を使用するには

VGA ケーブルをラップトップ コンピュータに接続します。

ドキュメントカメラ(使用できる場合)を使用するには

電話機のユーザ インターフェイスからカメラの電源をオンにします。

ディレクトリの表示

次のいずれかの方法でディレクトリにアクセスして表示します。

[Directory] ソフトキーをタッチします。

電話機の [2] のボタンを押します。

Cisco TelePresence Manager のミーティングの操作

Live Desk に電話をかける

ミーティング中に発生した問題の解決にサポートが必要な場合は、[Live Desk] ソフトキーをタッチします。Cisco TelePresence System により通話が保留にされ、割り当てられている Live Desk の電話番号にダイヤルされます。

スケジュールされていたミーティングを開始する

スケジュールされていたミーティングを開始するには、次のいずれかの方法を実行します。

電話機のユーザ インターフェイスでミーティングの通知を検索し、強調表示されたエントリをタッチします。

電話機のユーザ インターフェイスでミーティングの通知を強調表示し、[StartMtg] をタッチします。

スケジュールされたミーティングを表示する

スケジュールされていたミーティングを表示するには、次のいずれかの方法を実行します。

[Meetings] ソフトキーをタッチします。

電話機の [3] のボタンを押します。

[NextDay] または [PrevDay] ソフトキーをタッチして、スケジュールされたミーティングのリストをスクロールします。

Cisco TelePresence Recording Server の操作

ミーティングを録音する

1. [more] ソフトキーをタッチします。

2. [Record] ソフトキーをタッチします。

3. 数字キーでユーザ名と PIN を入力して、[Sign In] をタッチします。

4. [Record] ボタンをタッチします。

5. 終了したら [Stop] ソフトキーをタッチします。録音内容は自動的に保存されます。

a. 内容を確認するには、[Review] をタッチします。

b. 再度録音するには、[Record New] をタッチします。

c. 録音を消去するには、[Delete] をタッチします。

6. 録音にタイトルを付けるには、[Set Title] ソフトキーをタッチします。タイトルを入力するには数字キーを使用します。

a. 文字を削除するには、[<<] ソフトキーをタッチします。

b. タイトルを保存するには、[Save] ソフトキーをタッチします。

7. 終了したら [Sign Out] をタッチします。

録音を再生する

1. [more] ソフトキーをタッチします。

2. [Videos] ソフトキーをタッチします。

3. 数字キーでユーザ名と PIN を入力して、[Sign In] をタッチします。

4. [My Videos]、[Shared with Me]、または [Public Videos] フォルダ ボタンを選択します。

5. タイトルを選択するには、上下のキーを使用します。

6. 表示するには [Play] ソフトキーをタッチします。

a. 最初に移動するには、[<Skip ] ボタンをタッチします。

b. 最後に移動するには、[Skip>] ボタンをタッチします。

c. 一時停止するには、[Pause] ボタンをタッチします。

d. ビデオを停止するには、[Stop] ボタンをタッチします。

7. 終了したら [Sign Out] をタッチします。

Cisco WebEx ミーティングへの参加

1. カレンダー表示されたミーティングの招待状の URL をクリックするか、その URL をコピーしてブラウザにペーストします。[Cisco WebEx Meeting Client] ウィンドウが表示されます。

2. [Cisco WebEx Meeting Client] ウィンドウの指示に従い、ミーティングに参加します。

Cisco TelePresence System User Guide 』を参照してください。