Cisco 4000 シリーズ ISR ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド
SFP Auto-Detect および Auto-Failover
SFP Auto-Detect および Auto-Failover

SFP Auto-Detect および Auto-Failover

Cisco 4000 シリーズ サービス統合型ルータ(ISR)には、銅線ケーブルとファイバ ケーブルの同時接続をサポートする Front Panel Gigabit Ethernet(FPGE)ポートがあります。 ネットワークがダウンした場合に、フェールオーバー冗長性を保つようメディアを設定できます。 この機能は、Cisco ISR プラットフォームでのみサポートされます。

この章は、次の項で構成されています。

Auto-Detect のイネーブル化

メディア タイプが設定されていない場合、デフォルトで Auto-Detect 機能がイネーブルになります。 Auto-Detect 機能は、接続されているメディアを自動的に検出してリンクアップします。 両方のメディアが接続されている場合、最初に起動したメディアがリンクされます。 デフォルトでは、FPGE ポートのメディア タイプは auto-select に設定されます。 ユーザは FPGE インターフェイスで media-type rj45/sfp コマンドを使用して、メディア タイプ設定を RJ-45 または SFP に上書きできます。 また、no media-type コマンドが設定されると、メディア タイプ設定が「Auto-select」モードに戻ります。 Auto-Detect 機能をイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで no media-type コマンドを使用できます。

Auto-Detect の設定

Auto-Detect 機能は、前面パネルの Gige ポートでデフォルトでイネーブルに設定されています。 「media-type auto-select」または「no media-type」を設定することで、これがイネーブルになります。 Auto-Detect を設定するには、次の手順を実行します。

手順の概要

    1.    configure terminal

    2.    interface gigabitethernet {slot | bay| port}

    3.    media-type auto-select

    4.    End


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 configure terminal


    例:
    Router# configure terminal
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 2 interface gigabitethernet {slot | bay| port}


    例:
    Router(config)# interface gigabitethernet slot/port 
     

    インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 3 media-type auto-select


    例:
    Router(config-if)# media-type auto-select 
     

    auto-select モードでは、接続されている任意のコネクタが使用されます。 次のオプションがあります。

    • rj45:RJ45 コネクタを使用します。

    • sfp:SFP コネクタを使用します。

     
    ステップ 4 End


    例:
    Router(config-if)#end
     

    グローバル コンフィギュレーション モードに戻ります。

     

    次に、デフォルトの設定の例を示します。「no media-type」が選択されている場合は show running configuration によりメディア タイプが表示されません。

    Router(config)# show running interface gigabitethernet 0/0/0
    Building configuration...
    
    Current configuration : 71 bytes
    !
    interface GigabitEthernet0/0/0
     no ip address
     negotiation auto
    end
    
    

    プライマリおよびセカンダリ メディアの設定

    プライマリ メディアがダウンしていることを示す通知をルータが受け取ると、セカンダリ フェールオーバー メディアがイネーブルになります。 スイッチオーバー後にプライマリ メディアが復旧しても、それはプライマリ メディアに切り替わりません。 shut コマンドまたは no shut コマンドを使用するか、またはモジュールをリロードして、メディア タイプをプライマリ(優先)メディアに戻す必要があります。

    GE-SFP ポートでプライマリまたはセカンダリ フェールオーバー メディアを割り当てるには、次の手順を実行します。

    手順の概要

      1.    configure terminal

      2.    interface gigabitethernet {slot | port}

      3.    media-type rj45 autofailover

      4.    End


    手順の詳細
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1 configure terminal


      例:
      Router# configure terminal
       

      グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

       
      ステップ 2 interface gigabitethernet {slot | port}


      例:
      Router(config)# interface gigabitethernet slot/port 
       

      インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

       
      ステップ 3 media-type rj45 autofailover


      例:
      Router(config-if)# media-type rj45 autofailover
       

      自動フェールオーバーのプライマリ メディアとして rj45 を指定してポートを設定します。

       
      ステップ 4 End


      例:
      Router(config-if)#end
       

      グローバル コンフィギュレーション モードに戻ります。

       

      次に、プライマリ設定の例を示します。

      Router(config)# show running interface gigabitethernet 0/0/0
      Building configuration...
      
      Current configuration : 102 bytes
      !
      interface GigabitEthernet0/0/0
       no ip address
       media-type rj45 auto-failover
       negotiation auto
      end