Cisco 3800 シリーズ ルータ ハードウェア マ ニュアルの概要
Cisco 3800 シリーズ ルータでのネットワー ク モジュールの取り付け
Cisco 3800 シリーズ ルータでのネットワーク モジュールの取り付け
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2010/08/30 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

Cisco 3800 シリーズ ルータでのネットワーク モジュールの取り付け

ネットワーク モジュールの取り付け

ネットワーク モジュール スロットの幅の変更

スロット ディバイダの取り付けと取り外し

スロット ディバイダの取り付け

スロット ディバイダの取り外し

スロット アダプタの取り付けと取り外し

スロット アダプタの取り付け

スロット アダプタの取り外し

ブランクの前面プレートの取り付け

Cisco 3800 シリーズ ルータでのネットワーク モジュールの取り付け

このマニュアルでは、Cisco 3800 シリーズ ルータにネットワーク モジュールを取り付ける手順を説明します。説明する内容は、次のとおりです。

「ネットワーク モジュールの取り付け」

「ネットワーク モジュール スロットの幅の変更」

「スロット ディバイダの取り付けと取り外し」

「スロット アダプタの取り付けと取り外し」

「ブランクの前面プレートの取り付け」

ネットワーク モジュールの取り付け

ネットワーク モジュールは、ルータ背面のスロットに直接取り付けます。Cisco 3845 および 3845-NOVPN ルータでは、ネットワーク モジュールの活性挿抜(OIR、または「ホットスワップ」)がサポートされています。Cisco 3825 および 3825-NOVPN ルータでは、OIR はサポートされません。


注意 Cisco 3845 および 3845-NOVPN ルータで OIR がサポートされるのは、モジュールどうしが類似のものである場合だけです。ネットワーク モジュールを取り外したときに、WAN または音声のインターフェイス カードが取り付けられていた場合は、新たに取り付けるモジュールとカードの組み合わせが元のものと同一であることが必要です。


注意 Cisco 3825 および 3825-NOVPN ルータでは、ネットワーク モジュールの OIR はサポートされません。モジュールの損傷を防ぐために、モジュールをルータのスロットに挿入する前に電源をオフにしてネットワーク ケーブルを取り外す必要があります。

Cisco 3825 および 3825-NOVPN ルータには、ネットワーク モジュール用のスロットが 2 つあります。このルータのネットワーク モジュール スロットのうち下の方(背面パネルに 1 というラベルがあります)には、次のサイズのネットワーク モジュールを装着できます。

シングル幅ネットワーク モジュール 1 つ

拡張シングル幅ネットワーク モジュール 1 つ

Cisco 3825 および 3825-NOVPN ルータのネットワーク モジュール スロットのうち上の方(背面パネルに 2 というラベルがあります)には、次のサイズのネットワーク モジュールを装着できます。

シングル幅ネットワーク モジュール 1 つ

拡張シングル幅ネットワーク モジュール 1 つ

倍幅ネットワーク モジュール 1 つ

拡張倍幅ネットワーク モジュール 1 つ

Cisco 3845 および 3845-NOVPN ルータにはネットワーク モジュールのスロットが 4 つあり、背面に 1、2、3、4 というラベルが付いています。各スロットには、次のサイズのネットワーク モジュールを装着できます。

シングル幅ネットワーク モジュール 1 つ

拡張シングル幅ネットワーク モジュール 1 つ

スロット 1 と 2 を結合して、次のサイズのネットワーク モジュールを装着することもできます。

倍幅ネットワーク モジュール 1 つ

拡張倍幅ネットワーク モジュール 1 つ

同様に、スロット 3 と 4 も、結合すると倍幅または拡張倍幅のネットワーク モジュールを 1 つ装着できます。


) 「シングル幅」、「拡張シングル幅」、「倍幅」、および「拡張倍幅」という用語は、ネットワーク モジュールの物理的なサイズを指しています。拡張ネットワーク モジュールは追加機能を備えていますが、この機能とモジュールのサイズとの間に直接の関連はありません。



) Cisco 3825 および 3825-NOVPN ルータでは、音声および FAX 用の高密度アナログ/デジタル拡張モジュール 1 つを使用できます。Cisco 3845 および 3845-NOVPN ルータでは、このモジュールを 2 つ使用できます。


ネットワーク モジュールをルータ外側のスロットに取り付ける手順の詳細については、次のマニュアルを参照してください。

『Cisco Network Modules Hardware Installation Guide』

『Cisco 3800 Series Routers Cards and Modules』

ネットワーク モジュールの構成によっては、モジュール スロット内のスロット ディバイダの取り付けまたは取り外しが必要になります。図 30を参照してください。


図 30図 31、および図 32 は、一般的なルータを示しています。これらは、Cisco 3800 シリーズ ルータの詳細図ではありません。


図 30 倍幅ネットワーク モジュール スロットのスロット ディバイダ(一般的なルータ)

 

すべてのネットワーク モジュール スロットは、ネットワーク モジュール前面プレート、ブランクの前面プレート、またはスロット アダプタで覆われている必要があります。これは、冷却、電磁干渉(EMI)低減、および安全のためです。Cisco 3800 シリーズ ルータのネットワーク モジュール ハードウェア キットには、ブランクの前面プレートが 4 つ含まれています。ブランクの前面プレート 1 つで、標準のシングル幅ネットワーク モジュール スロット 1 つが覆われます。


警告 ブランクの前面プレート(フィラー パネル)には、3 つの重要な役割があります。シャーシ内の危険な電圧および電流による感電を防ぐこと、他の装置への EMI の影響を防ぐこと、およびシャーシ内の空気の流れを適切な状態に保つことです。必ずすべてのカード、前面プレート、前面カバー、および背面カバーをスロットに正しく取り付けた状態で、システムを運用してください。ステートメント 1029


ネットワーク モジュール スロットの幅の変更

拡張シングル幅および拡張倍幅のネットワーク モジュール スロットの幅を縮小して、小さいネットワーク モジュールを装着できるようにする、または未使用のスロットを覆うには、ブランクの前面プレート、スロット ディバイダ、およびスロット アダプタを組み合わせる必要があります。

スロットの幅を縮小するには

拡張シングル幅スロットの幅を縮小して標準シングル幅にするには、スロット アダプタ 1 つを右側に取り付けます。図 31を参照してください。

拡張倍幅スロットの幅を縮小して標準倍幅にするには、スロット アダプタ 2 つを右側に取り付けます。図 32を参照してください。

空のネットワーク モジュール スロットを覆うには

拡張シングル幅スロット:「スロット アダプタの取り付けと取り外し」の説明に従ってスロット アダプタを取り付けます。次に、ブランクの前面プレートを取り付けて 2 本のネジを締めます。

拡張倍幅スロット:「スロット ディバイダの取り付けと取り外し」の説明に従って、スロット ディバイダを取り付けます。「スロット アダプタの取り付けと取り外し」の説明に従って、シングル幅スロットのそれぞれにスロット アダプタを取り付けます。次に、各スロットにブランクの前面プレートを取り付けて 2 本のネジを締めます。

図 31 標準シングル幅ネットワーク モジュール用のスロット ディバイダとアダプタ(一般的なルータ)

 

1

スロット ディバイダ

2

スロット アダプタ

図 32 倍幅ネットワーク モジュール用のスロット アダプタ(一般的なルータ)

 

1

スロット アダプタ

2

2 つ目のスロット アダプタ

スロット ディバイダの取り付けと取り外し

Cisco 3845 および 3845-NOVPN ルータでは、スロット ディバイダを取り外して 2 つの拡張シングル幅ネットワーク モジュール スロットを 1 つの拡張倍幅スロットにすることや、スロット ディバイダを取り付けて 1 つの拡張倍幅スロットを 2 つの拡張シングル幅スロットに分けることができます。

スロット ディバイダの取り付け

図 33 に、倍幅または拡張倍幅ネットワーク モジュール スロット用のスロット ディバイダを示します。

図 33 ネットワーク モジュール スロット用のスロット ディバイダ

 

スロット ディバイダをネットワーク モジュール スロットに取り付ける手順は、次のとおりです。No.1 プラス ドライバが必要です。


ステップ 1 スロット ディバイダ上部のレールを、ネットワーク モジュール スロット上部のガイド レールの間に挿入します。図 34を参照してください。


図 34 は、一般的なルータを示しています。Cisco 3800 シリーズ ルータの詳細図ではありません。



) ガイド レールは、ルータの背面パネルから約 3 cm(1 インチ)のところから始まっています。


図 34 スロット ディバイダをネットワーク モジュール スロットに挿入する(一般的なルータ)

 

1

スロット ディバイダを挿入する

2

ネジを締めると、前面がルータの背面パネルにそろう

ステップ 2 スロット ディバイダをスロットに押し込みます。スロット ディバイダのスクリュー チップとガイド ピンが、スロット奥の穴にぴったりと収まります。No.1 プラス ドライバを使用して、取り付けネジを締めます。スロット ディバイダが完全に収まると、スロット ディバイダの前面とルータの背面パネルがそろいます。図 34を参照してください。

ステップ 3 スロット ディバイダを軽く引いてみて、スロット ディバイダがしっかりと固定されていることを確認します。


 

スロット ディバイダの取り外し


) スロット ディバイダを取り外す前に、スロット ディバイダの両側のネットワーク モジュール スロットにネットワーク モジュールやスロット アダプタがないことを確認してください。


スロット ディバイダをネットワーク モジュール スロットから取り外す手順は、次のとおりです。


ステップ 1 No.1 プラス ドライバを使用して、スロット ディバイダの取り付けネジを緩めます。

ステップ 2 スロット ディバイダをまっすぐネットワーク モジュール スロットから引き出します。


ヒント スロット ディバイダは、あとで使用できるよう保管しておきます。



 

スロット アダプタの取り付けと取り外し

スロット アダプタを拡張幅ネットワーク モジュール スロットに取り付けると、スロットの幅を縮小できます。図 31図 32、および図 35 に、ネットワーク モジュール スロット用のスロット アダプタを示します。

図 35 ネットワーク モジュール スロット用のスロット アダプタ

 

スロット アダプタの取り付け


) スロット アダプタを取り付ける前に、ネットワーク モジュール スロットが空であることを確認してください。


スロット アダプタを取り付ける手順は、次のとおりです。No.2 プラス ドライバが必要です。


ステップ 1 挿入するスロット アダプタを、非脱落型ネジが右側になるような向きで持ちます。

ステップ 2 スロット アダプタを、ネットワーク モジュール スロットの右端に挿入します。

ステップ 3 スロット アダプタの三角形の端をスロット奥の四角形の穴に入れます。非脱落型ネジを、シャーシ、スロット ディバイダ、または隣接するスロット アダプタのネジ穴にそろえます。


) スロット アダプタは、取り付ける位置に応じて、ルータ シャーシ、別のスロット アダプタ、またはスロット ディバイダに固定します。


ステップ 4 No.2 プラス ドライバを使用して、ネジを締めます。


 

スロット アダプタの取り外し

スロット アダプタを取り外すには、No.2 プラス ドライバを使用して非脱落型ネジを緩めます。スロット アダプタをまっすぐスロットから引き出します。


ヒント スロット アダプタは、あとで使用できるよう保管しておきます。


ブランクの前面プレートの取り付け

すべてのネットワーク モジュール スロットは、ネットワーク モジュール前面プレート、ブランクの前面プレート、またはスロット アダプタで覆われている必要があります。これは、冷却、電磁干渉(EMI)低減、および安全のためです。Cisco 3800 シリーズ ルータのネットワーク モジュール ハードウェア キットには、ブランクの前面プレートが 4 つ含まれています。ブランクの前面プレート 1 つで、標準のシングル幅ネットワーク モジュール スロット 1 つが覆われます。


警告 ブランクの前面プレート(フィラー パネル)には、3 つの重要な役割があります。シャーシ内の危険な電圧および電流による感電を防ぐこと、他の装置への EMI の影響を防ぐこと、およびシャーシ内の空気の流れを適切な状態に保つことです。必ずすべてのカード、前面プレート、前面カバー、および背面カバーをスロットに正しく取り付けた状態で、システムを運用してください。ステートメント 1029


図 36 に、ネットワーク モジュール スロット用のブランクの前面プレートを示します。


) Cisco 3800 シリーズ ルータのネットワーク モジュール スロットを覆うには、図 36 に示す非脱落型ネジ付きのブランクの前面プレートだけを使用します。スナップ タブ付きのブランクの前面プレートは使用しないでください。


図 36 標準シングル幅ネットワーク モジュール スロット用のブランクの前面プレート

 

ブランクの前面プレートを取り付けるには、非脱落型ネジをルータのネジ穴に合わせます。No.2 プラス ドライバを使用して、非脱落型ネジを締めます。前面プレートとシャーシの面がそろうまで締めてください。前面プレートを取り外すには、非脱落型ネジを緩めます。


ヒント ブランクの前面プレートは、あとで使用できるよう保管しておきます。