Cisco 3800 シリーズ ルータ ハードウェア マ ニュアルの概要
Cisco 3800 シリーズ ルータでのインター フェイス カードの取り付け
Cisco 3800 シリーズ ルータでのインターフェイス カードの取り付け
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2010/08/30 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

Cisco 3800 シリーズ ルータでのインターフェイス カードの取り付け

インターフェイス カードの取り付け

スロット ディバイダの取り付けと取り外し

HWIC スロットのスロット ディバイダの取り付け

HWIC スロットのスロット ディバイダの取り外し

空の HWIC スロットを覆うブランクの前面プレートの取り付け

Cisco 3800 シリーズ ルータでのインターフェイス カードの取り付け

このマニュアルでは、Cisco 3800 シリーズ サービス統合型ルータにインターフェイス カードを取り付ける手順を説明します。説明する内容は、次のとおりです。

「インターフェイス カードの取り付け」

「スロット ディバイダの取り付けと取り外し」

「空の HWIC スロットを覆うブランクの前面プレートの取り付け」

インターフェイス カードの取り付け

インターフェイス カードを取り付ける場所は、ルータ背面のスロットか、ネットワーク モジュールのスロットです。インターフェイス カードには、次のタイプがあります。

WAN インターフェイス カード(WIC)

音声インターフェイス カード(VIC)

音声/データ T1/E1 WAN インターフェイス カード(VWIC)

高速 WAN インターフェイス カード(HWIC)


) どのタイプのカード(WIC、VIC、VWIC、HWIC)も、ルータの HWIC スロットに取り付けることができます。HWIC は、ネットワーク モジュールにではなく、直接ルータのスロットに取り付ける必要があります。


Cisco 3825 および 3825-NOVPN ルータと Cisco 3845 および 3845-NOVPN ルータは、1 台あたり 4 つのインターフェイス カード スロットがあり、背面パネルに「HWIC」および番号からなるラベルがあります。このスロットはそれぞれ、シングル幅の WIC、VIC、VWIC、または HWIC を 1 つ装着できます。

さらに、HWIC 0 と HWIC 1 のスロットを結合して、倍幅 HWIC 1 つを装着することができます。HWIC 2 と HWIC 3 のスロットを結合して、倍幅 HWIC 1 つを装着することもできます。


) Cisco 3845 および 3845-NOVPN ルータの HWIC 1 と HWIC 2 のスロットは隣り合っていますが、この 2 つを結合して倍幅 HWIC を装着できません。


Cisco 3800 シリーズ ルータのシャーシに直接挿入できるインターフェイス カードは最大で、WIC、VWIC、または HWIC 4 つ、または倍幅 HWIC 2 つです。


注意 Cisco 3800 シリーズ ルータは、ルータのスロットに直接挿入されるインターフェイス カードの活性挿抜(OIR、または「ホットスワップ」)をサポートしていません。インターフェイスの取り付けや取り外しを行う前に、ルータの電源をオフにする必要があります。

Cisco Interface Cards Installation Guide 』に、ルータのスロットおよびネットワーク モジュールにインターフェイス カードを取り付ける手順の説明があります。

空のスロットはブランクの前面プレートで覆う必要があります。これは、冷却、電磁干渉(EMI)低減、および安全のためです。スロット ディバイダおよびブランクの前面プレートを取り付ける手順について、次の各項で説明します。


警告 ブランクの前面プレート(フィラー パネル)には、3 つの重要な役割があります。シャーシ内の危険な電圧および電流による感電を防ぐこと、他の装置への EMI の影響を防ぐこと、およびシャーシ内の空気の流れを適切な状態に保つことです。必ずすべてのカード、前面プレート、前面カバー、および背面カバーをスロットに正しく取り付けた状態で、システムを運用してください。ステートメント 1029


スロット ディバイダの取り付けと取り外し

スロット ディバイダを取り外すと、2 つのシングル幅 HWIC スロットを結合して 1 つの倍幅スロットにすることができます。スロット ディバイダを取り付けると、1 つの倍幅スロットが 2 つのシングル幅スロットになります。

HWIC スロットのスロット ディバイダの取り付け

Cisco 3800 シリーズ ルータで使用される HWIC スロット ディバイダには、次の 2 種類があります。

Cisco 3825 および 3825-NOVPN ルータでは、二またの金属製スロット ディバイダを使用します。図 37を参照してください。

Cisco 3845 および 3845-NOVPN ルータでは、プラスチック製の本体にネジ タブが付いたスロット ディバイダを使用します。図 38を参照してください。

図 37 Cisco 3825 および 3825-NOVPN の HWIC スロット用スロット ディバイダ

 

図 38 Cisco 3845 および 3845-NOVPN の HWIC スロット用スロット ディバイダ

 

1

背面図

2

正面図

スロット ディバイダを HWIC スロットに取り付ける手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Cisco 3825 および 3825-NOVPN ルータの場合は、金属製スロット ディバイダの 2 つにわかれている部分を束ねて持ち、HWIC スロットの底部にあるガイド レールの間に先端を挿入します。スロット ディバイダが所定の位置に固定されるまで押してください。図 39を参照してください。


) ガイド レールは、ルータの背面パネルから約 6 cm(2.5 インチ)のところから延びています。


スロット ディバイダが完全に収まると、外側の端がルータの背面パネルにそろいます。

図 39 スロット ディバイダを HWIC スロットに挿入する(Cisco 3825 および 3825-NOVPN ルータ)

 

 

Cisco 3845 および 3845-NOVPN ルータの場合は、スロット ディバイダ底部のプラスチック製レールを、ルータ スロットのトラックに挿入します。No.1 プラス ドライバを使用してネジを締めます。図 40 および図 41 を参照してください。

スロット ディバイダが完全に収まると、外側の端がルータの背面パネルにそろいます。

図 40 スロット ディバイダを HWIC スロットに挿入する(Cisco 3845 および 3845-NOVPN ルータ)

 

1

スロット ディバイダ

3

ネジ穴

2

ネジ タブ

4

トラック

図 41 スロット ディバイダを HWIC スロットに挿入する(Cisco 3845 および 3845-NOVPN ルータ)、拡大図

 

ステップ 2 スロット ディバイダを軽く引いてみて、スロット ディバイダがしっかりと固定されていることを確認します。


 

HWIC スロットのスロット ディバイダの取り外し


) スロット ディバイダを取り外す前に、スロット ディバイダの両側の HWIC スロットが空であることを確認してください。


スロット ディバイダを HWIC スロットから取り外す手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Cisco 3825 および 3825-NOVPN ルータの場合は、HWIC スロットに手を入れて、スロット ディバイダの 2 つにわかれている部分を束ねて持ちます。


ステップ 1 Cisco 3845 および 3845-NOVPN ルータの場合は、ネジを緩めます。


ヒント ネジをスロット ディバイダから外さないでください。


ステップ 2 スロット ディバイダをまっすぐ HWIC スロットから引き出します。


ヒント スロット ディバイダは、あとで使用できるよう保管しておきます。



 

空の HWIC スロットを覆うブランクの前面プレートの取り付け

すべてのインターフェイス カード スロットは、インターフェイス カードまたはブランクの前面プレートで覆われている必要があります。これは、冷却、電磁干渉(EMI)低減、および安全のためです。


警告 ブランクの前面プレート(フィラー パネル)には、3 つの重要な役割があります。シャーシ内の危険な電圧および電流による感電を防ぐこと、他の装置への EMI の影響を防ぐこと、およびシャーシ内の空気の流れを適切な状態に保つことです。必ずすべてのカード、前面プレート、前面カバー、および背面カバーをスロットに正しく取り付けた状態で、システムを運用してください。ステートメント 1029


Cisco 3800 シリーズ ルータ用高速 WAN インターフェイス カード(HWIC)ハードウェア キットには、ブランクの前面プレートが 4 つ含まれています。ブランクの前面プレート 1 個でシングル幅 HWIC スロット 1 つが覆われます。

図 42 および図 43 に、インターフェイス カード スロット用のブランクの前面プレートを示します。

図 42 インターフェイス カード スロット用のブランクの前面プレート

 

図 43 インターフェイス カード スロット用のブランクの前面プレート(斜めから見た図)

 

空の HWIC スロットを覆うブランクの前面プレートを取り付ける手順は、次のとおりです。

シングル幅スロット:ブランクの前面プレート 1 つを取り付けて、2 本のネジを No.1 プラス ドライバを使用して締めます。

倍幅スロット:スロット ディバイダを取り付けます。手順は「スロット ディバイダの取り付けと取り外し」を参照してください。その後で、ブランクの前面プレート 2 つを取り付けて、各プレートの 2 本のネジを締めます。


ヒント ブランクの前面プレートは、あとで使用できるよう保管しておきます。