Cisco 3825 モバイル ワイヤレス エッジ ルータ ソフ トウェア コンフィギュレーション ガイド
Cisco 3825 モバイル ワイヤレス エッジ ルー タ RAN-O コマンド リファレンス
Cisco 3825 モバイル ワイヤレス エッジ ルータ RAN-O コマンド リファレンス
発行日;2012/02/02 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

Cisco 3825 モバイル ワイヤレス エッジ ルータ RAN-O コマンド リファレンス

atm umts

atm umts-iub

backup delay

backup peer

cdp enable

cem-group

class cem

clear gsm-abis

clear ip rtp header-compression

clear umts-iub

dejitter-buffer

encapsulation l2tpv3

gsm-abis congestion abate

gsm-abis congestion critical

gsm-abis congestion enable

gsm-abis congestion onset

gsm-abis jitter

gsm-abis local

gsm-abis remote

gsm-abis retransmit

gsm-abis set dscp

idle-pattern

ima-group

interface atm ima

ip local interface

ip protocol

ip rtp header-compression

ip tcp header-compression

ip tos (l2tp)

ipran-mib backhaul-notify-interval

ipran-mib location

ipran-mib snmp-access

ipran-mib threshold-acceptable

ipran-mib threshold-overloaded

ipran-mib threshold-warning

keepalive

load-interval

match ip dscp

mode y-cable

mpls ip

pseudowire-class

pw-pvc

redundancy

sample-rate

scrambling-payload

sequencing

show atm cell-packing

show cem circuit

show cem platform

show connection

show gsm-abis efficiency

show gsm-abis errors

show gsm-abis packets

show gsm-abis peering

show gsm-abis traffic

show ip rtp header-compression

show l2tp session

show l2tp tunnel

show mpls l2transport vc

show redundancy

show umts-iub congestion

show umts-iub efficiency

show umts-iub errors

show umts-iub packets

show umts-iub peering

show umts-iub pvc

show umts-iub traffic

show xconnect all

snmp-server enable traps ipran

snmp-server enable traps ipran alarm-gsm

snmp-server enable traps ipran alarm-umts

snmp-server enable traps ipran util

standalone

standby use-interface

umts-iub backhaul-oam

umts-iub backhaul-timer

umts-iub congestion-control

umts-iub congestion priority

umts-iub local

umts-iub remote

umts-iub set dscp

umts-iub set dscp

umts-iub set peering dscp

umts local

umts remote

xconnect

xconnect logging redundancy

Cisco 3825 モバイル ワイヤレス エッジ ルータ RAN-O コマンド リファレンス

この付録では、Radio Access Network-Optimization(RAN-O; 無線アクセス ネットワーク最適化)ソリューションにおける Cisco 3825 ルータ固有の新規コマンドおよび変更されたコマンドについて、アルファベット順に説明します。

次に、追加されたコマンドを示します。

atm umts

atm umts-iub

cem-group

class cem

clear gsm-abis

clear umts-iub

dejitter-buffer

gsm-abis congestion abate

gsm-abis congestion critical

gsm-abis congestion enable

gsm-abis congestion onset

gsm-abis jitter

gsm-abis local

gsm-abis remote

gsm-abis retransmit

gsm-abis set dscp

idle-pattern

pw-pvc

sample-rate

show cem circuit

show cem platform

show gsm-abis efficiency

show gsm-abis errors

show gsm-abis packets

show gsm-abis peering

show gsm-abis traffic

show umts-iub congestion

show umts-iub efficiency

show umts-iub errors

show umts-iub packets

show umts-iub peering

show umts-iub pvc

show umts-iub traffic

snmp-server enable traps ipran

snmp-server enable traps ipran alarm-gsm

snmp-server enable traps ipran alarm-umts

snmp-server enable traps ipran util

umts-iub backhaul-oam

umts-iub backhaul-timer

umts-iub congestion-control

umts-iub congestion priority

umts-iub local

umts-iub remote

umts-iub set dscp(インターフェイス コンフィギュレーション モード)

umts-iub set dscp(PVC コンフィギュレーション モード)

umts-iub set peering dscp

umts local

umts remote

次に、変更のなかったコマンドを、参考に示します。

backup delay

backup peer

cdp enable

clear ip rtp header-compression

encapsulation l2tpv3

ima-group

interface atm ima

ip local interface

ip protocol

ip rtp header-compression

ip tcp header-compression

ip tos (l2tp)

ipran-mib backhaul-notify-interval

ipran-mib location

ipran-mib snmp-access

ipran-mib threshold-acceptable

ipran-mib threshold-overloaded

ipran-mib threshold-warning

keepalive

load-interval

match ip dscp

mode y-cable

mpls ip

pseudowire-class

redundancy

scrambling-payload

sequencing

show atm cell-packing

show connection

show mpls l2transport vc

show l2tp session

show l2tp tunnel

show ip rtp header-compression

show redundancy

show xconnect all

standalone

standby use-interface

xconnect

xconnect logging redundancy

atm umts

ATM サブインターフェイスの Universal Mobile Telecommunications System(UMTS)Iub トラフィックに対する ATM インターフェイスを選択するには、 atm umts サブインターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。このコマンドは、物理 ATM ショートホールから 1 つ以上の Permanent Virtual Circuit(PVC; 相手先固定接続)トラフィック パケットをオフロードし、代替バックホールに移す場合に使用します。代替バックホールごとに、ATM サブインターフェイスを作成することにより論理ショートホールを作成する必要があります。この論理ショートホールに設定された PVC のトラフィックは、対応する代替バックホールを通過します。

atm umts

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド モード

サブインターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(4)MR

このコマンドが追加されました。

次に、atm umts コマンドの使用例を示します。

Router(config)# interface ATM0/2/0
Router(config-if)# atm umts-iub
Router(config-subif)# atm umts
 

) このコマンドは、ベース ATM インターフェイスが atm umts としてすでにイネーブルにされている場合にだけ使用できます。


 
関連コマンド

コマンド
説明

umts local [ip-address]

代替バックホールのローカル IP アドレスを設定します。

umts remote [ip-address]

代替バックホールのリモート IP アドレスを設定します。

atm umts-iub

UMTS Iub トラフィックに対する ATM インターフェイスを選択するには、 atm umts-iub インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

atm umts-iub

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド モード

サブインターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(4)MR

このコマンドが追加されました。

次に、atm umts コマンドの使用例を示します。

Router(config)# interface ATM0/2/0
Router(config-if)# atm umts-iub

backup delay

プライマリ Pseudowire(PW; 擬似回線)Virtual Circuit(VC; 仮想回線)がダウンした後でバックアップ PW VC が動作を再開するまでの待ち時間を指定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードまたは xconnect コンフィギュレーション モードで backup delay コマンドを使用します。

backup delay enable-delay { disable-delay | never}

 
シンタックスの説明

enable-delay

プライマリ PW VC がダウンしてから Cisco IOS ソフトウェアがセカンダリ PW VC を有効にするまでの経過時間(秒数)。範囲は 0 ~ 180 です。デフォルト値は 0 です。

disable-delay

プライマリ PW VC がアップしてから Cisco IOS ソフトウェアがセカンダリ PW VC を無効にするにするまでの経過時間(秒数)。範囲は 0 ~ 180 です。デフォルト値は 0 です。

never

プライマリ PW VC が再び使用可能になっても、セカンダリ PW VC に障害が起きない限り、セカンダリ PW VC はプライマリ PW VC にフォール バックしません。

 
デフォルト

フェールオーバーが発生すると、xconnect 冗長性アルゴリズムにより冗長性グループ内のバックアップ メンバーかプライマリ メンバーに即座に切り替わるか、フォール バックします。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

xconnect コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(31)S

このコマンドが追加されました。

12.2(28)SB

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.2(28)SB に統合されました。

12.4(11)T

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.4(11)T に統合されました。

12.2(33)SRB

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.2(33)SRB に統合されました。

12.4(16)MR

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.4(16)MR に統合されました。

次に、1 つの冗長ピアを使用する Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)xconnect の例を示します。セカンダリ VC に切り替わると、セカンダリ VC で障害が発生しない限りプライマリ VC にフォール バックされません。

Router# config t
Router(config)# pseudowire-class mpls
Router(config-pw-class)# encapsulation mpls
Router(config-pw-class)# exit
Router(config)# interface atm1/0/0
Router(config-if)# xconnect 10.0.0.1 50 pw-class mpls
Router(config-if-xconn)# backup peer 10.0.0.2 50
Router(config-if-xconn)# backup delay 0 never
Router(config-if-xconn)# exit
Router(config-if)# exit
Router(config)# exit

次に、1 つの冗長ピアを使用する MPLS xconnect の例を示します。Layer 2 Tunnel Protocol(L2TP; レイヤ 2 トンネル プロトコル)PW が 3 秒間ダウンしない限り切り替えは開始されません。セカンダリ VC に切り替わった後は、プライマリ VC が再確立されアップしてから 10 秒間経過するまでプライマリにフォール バックされません。

Router# config t
Router(config)# pseudowire-class mpls
Router(config-pw-class)# encapsulation mpls
Router(config-pw-class)# exit
Router(config)# interface atm1/0/0
Router(config-if)# xconnect 10.0.0.1 50 pw-class mpls
Router(config-if-xconn)# backup peer 10.0.0.2 50
Router(config-if-xconn)# backup delay 3 10
Router(config-if-xconn)# exit
Router(config-if)# exit
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

backup peer

PW VC の冗長ピアを設定します。

backup peer

擬似回線(PW)Virtual Circuit(VC; 仮想回線)の冗長ピアを指定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードまたは xconnect コンフィギュレーション モードで backup peer コマンドを使用します。冗長ピアを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

backup peer peer-router-ip-addr vcid [ pw-class pw-class-name ]

no backup peer peer-router-ip-addr vcid

 
シンタックスの説明

peer-router-ip-
addr

リモート ピアの IP アドレス

vcid

レイヤ制御チャネルの各終端にあるルータ間の VC の 32 ビット識別情報

pw-class

(任意)PW タイプ。指定しない場合、PW タイプは親の xconnect から継承されます。

pw-class-name

(任意)PW クラスを確立したときに作成した PW の名前

 
デフォルト

冗長ピアは確立されていません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

xconnect コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(31)S

このコマンドが追加されました。

12.2(28)SB

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.2(28)SB に統合されました。

12.4(11)T

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.4(11)T に統合されました。

12.2(33)SRB

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.2(33)SRB に統合されました。

12.4(16)MR

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.4(16)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

peer-router-ip-addr 引数と vcid 引数の組み合わせは、ルータ上で一意にする必要があります。

次に、1 つの冗長ピアを使用する MPLS xconnect の例を示します。

Router# config t
Router(config)# pseudowire-class mpls
Router(config-pw-class)# encapsulation mpls
Router(config-pw-class)# exit
Router(config)# interface atm1/0/0
Router(config-if)# xconnect 10.0.0.1 100 pw-class mpls
Router(config-if-xconn)# backup peer 10.0.0.2 200
Router(config-if-xconn)# exit
Router(config-if)# exit
Router(config)# exit

次に、ATM インターフェイスのバックアップ ピアのコンフィギュレーション例を示します。

Router# config t
Router(config)# pseudowire-class mpls
Router(config-pw-class)# encapsulation mpls
Router(config-pw-class)# exit
Router(config)# interface atm0/0/1
Router(config-if)# xconnect 10.0.0.2 1 pw-class mpls
Router(config-if-xconn)# backup peer 10.0.0.2 100 pw-class mpls
Router(config-if-xconn)# exit
Router(config-if)# exit
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

backup delay

プライマリ PW VC がダウンしてからバックアップ PW VC が動作を再開するまでの待ち時間を指定します。

cdp enable

インターフェイスの Cisco Discovery Protocol(CDP; シスコ検出プロトコル)をイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで cdp enable コマンドを使用します。インターフェイスの CDP をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

cdp enable

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

10.3

このコマンドが追加されました。

12.4(4)MR

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

CDP は、CDP 情報の送受信ができるように、グローバル レベルおよびサポートされる各インターフェイスでデフォルトでイネーブルです。ただし、ATM インターフェイスなどのように、インターフェイスによっては CDP をサポートしないものがあります。


) cdp enable、cdp timer、および cdp run コマンドは、IP オンデマンド ルーティング機能(つまり、router odr グローバル コンフィギュレーション コマンド)の動作に影響を及ぼします。router odr コマンドの詳細については、『Cisco IOS Command Reference, Volume 2 of 3: Routing Protocols』の「On-Demand Routing Commands」の章を参照してください。


次に、イーサネット 0 のインターフェイスだけで CDP をディセーブルにする例を示します。

Router# show cdp
Global CDP information
Sending CDP packets every 60 seconds
Sending a holdtime value of 180 seconds
Sending CDPv2 advertisements is enabled
Router# config terminal
Router(config)# interface ethernet 0
Router(config-if)# no cdp enable
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

cdp run

シスコ製デバイスの CDP を再度イネーブルにします。

cdp timer

Cisco IOS ソフトウェアが CDP アップデートを送信する頻度を指定します。

router odr

ハブ ルータのオンデマンド ルーティングをイネーブルにします。

cem-group

T1 または E1 回線の 1 つ以上のタイムスロットから Circuit Emulation(CEM; 回線エミュレーション)チャネルを作成するには、コントローラ コンフィギュレーション モードで cem-group コマンドを使用します。CEM グループを削除し、関連するタイムスロットを解放するには、このコマンドの no 形式を使用します。

cem-group group-number { unframed | timeslots time-slot-range }

no cem-group group-number

 
シンタックスの説明

group-number

このタイムスロット グループに使用される CEM 識別番号

T1 ポートの場合、指定できる範囲は 0 ~ 23 です。

E1 ポートの場合、指定できる範囲は 0 ~ 30 です。

unframed

回線のフレーム構成構造を指定せずに、すべてのタイムスロットを含む 1 つの CEM チャネルを作成することを指定します。

timeslots

time-slot-range 引数で指定されるタイムスロットのリストを使用することを指定します。

time-slot-range :CEM チャネルに含めるタイムスロットを指定します。タイムスロットのリストには、数字の間にカンマおよびハイフンを使用できますがスペースは使用できません。

 
デフォルト

CEM グループは定義されていません。

 
コマンド モード

コントローラ コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(12)MR2

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

T1 または E1 ポート上に CEM チャネルを作成するには、このコマンドを使用します。

次に、 cem group コマンドの使用例を示します。

SATOP

Router# config t
Router(config)# controller el 0/0/0
Router(config-controller)# cem-group 0 unframed
Router(config-controller)# exit
Router(config)# interface cem 0/0/0
Router(config-if)# cem 0
Router(config-if-cem)# xconnect 10.10.10.10 200 encapsulation mpls
Router(config-if-cem-xconn)# exit
Router(config-if-cem)# exit
Router(config-if)# exit
Router(config)# exit

CESoPSN

Router# config t
Router(config)# controller el 0/0/1
Router(config-controller)# cem-group 0 timeslots 1-31
Router(config-controller)# exit
Router(config)# interface cem 0/0/1
Router(config-if)# cem 0
Router(config-if-cem)# xconnect 10.10.10.10 200 encapsulation mpls
Router(config-if-cem-xconn)# exit
Router(config-if-cem)# exit
Router(config-if)# exit
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

cem

回線エミュレーション コンフィギュレーション モードを開始します。

class cem

CEM インターフェイスにまとめて適用される、クラスの CEM インターフェイス パラメータを設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで class cem コマンドを使用します。このコマンドは、pesudowire-class コマンドが xconnect に機能するのと同じように、CEM インターフェイスに機能します。

class cem class-name

 
シンタックスの説明

class-name

(必須)CEM インターフェイス パラメータ クラスの名前

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(12)MR2

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

class cem コマンドを使用すると、CEM インターフェイスにまとめて適用される、クラスの CEM インターフェイス パラメータを設定できます。class cem コマンドには、次のコンフィギュレーション設定が含まれます。

dejitter-buffer dejitter in ms

idle-pattern Set 8 bit idle pattern

sample-rate Sample rate (in ms)

次に、class cem コマンドの使用例を示します。

Router# config t
Router(config)# class cem mycemclass
Router(config-cem-class)# dejitter-buffer 10
Router(config-cem-class)# sample-rate 2
Router(config-cem-class)# exit
Router(config)# interface cem 0/0/0
Router(config-if)# no ip address
Router(config-if)# cem 0
Router(config-if-cem)# xconnect 10.10.10.10 200 encapsulation mpls
Router(config-if-cem-xconn)# cem class mycemclass
Router(config-if-cem)# exit
Router(config-if)# exit
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

dejitter-buffer

ネットワーク ジッタに使用される dejitter-buffer のサイズを、CEM コンフィギュレーション モードで指定します。

idle-pattern

PWE3 回線上でパケットの欠落が検出されたときに T1/E1 上で送信されるデータ パターンを、CEM コンフィギュレーション モードで指定します。

sample-rate

接続回線上のデータをサンプリングする速度(ミリ秒)を、CEM 回線コンフィギュレーション モードで指定します。

cem

回線エミュレーション コンフィギュレーション モードを開始します。

clear gsm-abis

show gsm-abis コマンドにより表示された統計情報をクリアするには、特権 EXEC モードで clear gsm-abis コマンドを使用します。

clear gsm-abis [ serial serial-number interface-number ]

 
シンタックスの説明

serial

 

serial-number

(任意)指定できるシリアル番号の範囲は 0 ~ 6 です。

interface number

(任意)指定できるシリアル番号の範囲は 0 ~ 6 です。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

12.4(9)MR

シリアル オプションが含まれるように、このコマンドが変更されました。

次に、clear gsm-abis コマンドの使用例を示します。

Router# clear gsm-abis serial 0/0/0:0
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show gsm-abis efficiency

Global System for Mobile Communications(GSM; モバイル通信用グローバル システム)圧縮/圧縮解除効率の履歴を 1 秒、5 秒、1 分、5 分、および 1 時間ごとの平均で表示します。

show gsm-abis errors

エラー統計カウンタを表示します。

show gsm-abis packets

パケット統計カウンタを表示します。

show gsm-abis peering [details]

ピアリングのステータス、統計情報、および履歴を表示します。

clear ip rtp header-compression

Real-Time Transport Protocol(RTP)ヘッダー圧縮構造および統計情報をクリアするには、clear ip rtp header-compression 特権 EXEC コマンドを使用します。

clear ip rtp header-compression [type number]

 
シンタックスの説明

type number

(任意)インターフェイス タイプおよび番号

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

11.3

このコマンドが追加されました。

12.2(8)MC2

このコマンドが追加されました。

12.2(15)MC1

このコマンドが追加されました。

12.3(11)T

このコマンドが追加されました。

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

インターフェイス タイプおよび番号を指定しないでこのコマンドを使用すると、すべての RTP ヘッダー圧縮構造および統計情報がクリアされます。

次に、マルチリンク インターフェイス(multilink1)の RTP ヘッダー圧縮構造および統計情報をクリアする例を示します。

Router# clear ip rtp header-compression multilink1

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip rtp header-compression

RTP ヘッダー圧縮をイネーブルにします。

clear umts-iub

show umts-iub コマンドにより表示された統計情報をクリアするには、特権 EXEC モードで clear umts-iub コマンドを使用します。

clear umts-iub [ atm atm interface interface number ]

 
シンタックスの説明

atm

 

atm interface

(任意)指定できるインターフェイス番号の範囲は 0 ~ 1 です。

interface number

(任意)指定できるシリアル番号の範囲は 0/0/0 ~ 1/0/1 です。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

12.4(9)MR

atm オプションが含まれるように、このコマンドが変更されました。

次に、clear umts-iub コマンドの使用例を示します。

Router# clear umts-iub atm 0/0/1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show umts-iub efficiency

UMTS 効率の履歴を 1 秒、5 秒、1 分、5 分、および 1 時間ごとの平均で表示します。

show umts-iub peer

ピアリングのステータス、統計情報、および履歴を表示します。

dejitter-buffer

ネットワーク ジッタの補正に使用される dejitter-buffer のサイズを指定するには、CEM コンフィギュレーション モードで dejitter-buffer コマンドを使用します。dejitter-buffer をデフォルトのサイズに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

dejitter-buffer size

no dejitter-buffer

 
シンタックスの説明

size

バッファのサイズをミリ秒単位で指定するには、size 引数を使用します。指定できる size の範囲は 4 ~ 500 ミリ秒です。デフォルトは 4 ミリ秒です。

 
デフォルト

デジッタ バッファのデフォルトは 4 ミリ秒です。

 
コマンド モード

CEM 回線コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(12)MR2

このコマンドが追加されました。

次に、dejitter-buffer コマンドの使用例を示します。

Router# config t
Router(config)# interface cem 0/0/0
Router(config-if)# no ip address
Router(config-if)# cem 0
Router(config-if-cem)# dejitter-buffer 10
Router(config-if-cem)# xconnect 10.10.10.10 200 encapsulation mpls
Router(config-if-cem-xconn)# exit
Router(config-if-cem)# exit
Router(config-if)# exit
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

cem

回線エミュレーション コンフィギュレーション モードを開始します。

cem class

指定の <cem-class-name> に定義された CEM インターフェイス パラメータを回線に適用します。

class cem

CEM インターフェイスにまとめて適用される、クラスの CEM インターフェイス パラメータを、グローバル コンフィギュレーション モードで設定します。

encapsulation l2tpv3

擬似回線(PW)を使用して IP トラフィックをトンネリングするためのデータ カプセル化方式として、Layer 2 Tunnel Protocol Version 3(L2TPv3; レイヤ 2 トンネル プロトコル バージョン 3)を使用するように指定するには、擬似回線クラス コンフィギュレーション モードで encapsulation l2tpv3 コマンドを使用します。カプセル化方式 L2TPv3 を削除するには、no pseudowire-class コマンドを使用します(詳細については使用上のガイドラインを参照してください)。

encapsulation l2tpv3

no pseudowire-class

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

カプセル化方式は指定されていません。

 
コマンド モード

擬似回線クラス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(23)S

このコマンドが追加されました。

12.2(25)S

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.2(25)S に統合されました。

12.2(27)SBC

このコマンドのサポートが Cisco IOS リリース 12.2(27)SBC に統合されました。

12.3(2)T

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.3(2)T に統合されました。

12.4(12)MR2

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.4(12)MR2 に統合されました。

 
使用上のガイドライン

L2TPv3 トラフィックを転送するように設定された xconnect から擬似回線クラスを参照する場合は、このコマンドを設定する必要があります。

いったん encapsulation l2tpv3 コマンドを設定すると、no encapsulation l2tpv3 コマンドを使用して削除できません。また、encapsulation mpls コマンドを使用してこのコマンドの設定を変更することもできません。これらの削除や変更を試みた場合は、次のエラー メッセージが表示されます。

Encapsulation changes are not allowed on an existing pw-class.
 

l2tpv3 コマンドを削除するには、no pseudowire-class コマンドを使用して PW を削除する必要があります。カプセル化方式を変更するには、no pseudowire-class コマンドを使用して PW を削除し、PW を再確立し、新しいカプセル化方式を指定します。

次に、 encapsulation l2tpv3 コマンドの使用例を示します。

Router# config t
Router(config)# pseudowire-class l2tp
Router(config-pw-class)# encapsulation l2tpv3
Router(config-pw-class)# exit
Router(config)# exit
 

次に、L2TPv3 PW で ATM AAL5 を設定する例を示します。

Router# config t
Router(config)# interface atm 0/0/1
Router(config-if)# pvc 0/10 l2transport
Router(config-if-atm-l2trans-pvc)# encapsulation aal5
Router(config-if-atm-l2trans-pvc)# xconnect 1.1.1.1 10 pw-class l2tp
Router(config-if-atm-l2trans-pvc-xconn)# exit
Router(config-if-atm-l2trans-pvc)# exit
Router(config-if)# exit
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

encapsulation mpls

AToM 対応の IP/MPLS ネットワークでデータ カプセル化方式として MPLS を設定します。

pseudowire-class

L2TP 擬似回線クラスの名前を指定し、擬似回線クラス コンフィギュレーション モードを開始します。

gsm-abis congestion abate

輻輳が緩和されたことによりリモート ルータがタイムスロットの抑制を停止する、輻輳緩和検出レベルを設定します。

緩和検出レベルは、連続して輻輳緩和されている状態(つまり、輻輳の検出なし)を x ミリ秒で定義します。緩和検出を設定するには、gsm-abis congestion abate インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

gsm-abis congestion abate [ms]

 
シンタックスの説明

ms

緩和検出レベルの時間をミリ秒で設定します。

 
デフォルト

デフォルトの設定または動作はありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

次に、gsm-abis abate コマンドを 250 ミリ秒に設定する例を示します。

Router(config)# interface Serial10/1/0:0
Router(config-if)# no ip address
Router(config-if)# encapsulation gsm-abis
Router(config-if)# load-interval 30
Router(config-if)# gsm-abis local 10.10.10.2 6661
Router(config-if)# gsm-abis remote 10.10.10.1 5553
Router(config-if)# gsm-abis congestion enable
Router(config-if)# gsm-abis congestion abate 250
Router(config-if)# no keepalive
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

gsm-abis congestion critical

輻輳の発生時に抑制から除外されるクリティカル タイムスロットを定義します。

gsm-abis congestion enable

送信ジッタ バッファを監視し、輻輳の検出時に輻輳表示信号をリモートに送信するように、輻輳検出アルゴリズムを設定します。

gsm-abis congestion onset

輻輳を緩和するためにリモート ルータがクリティカルとして定義されていないすべてのタイムスロットの抑制を開始する、輻輳発生検出レベルを設定します。

gsm-abis jitter

GSM-Abis インターフェイスの送信ジッタ遅延時間を設定します。

gsm-abis local

Internet Protocol/User Datagram Protocol(IP/UDP)バックホール接続のローカル パラメータを設定します。

gsm-abis remote

IP/UDP バックホール接続のリモート パラメータを設定します。

gsm-abis congestion critical

輻輳の発生時に抑制から除外されるクリティカル タイムスロットを定義します。

これらは、BSC と Base Transceiver Station(BTS; 無線基地局)間で交換されるシグナリングおよび制御情報を含むタイムスロットです。輻輳の発生時に抑制から除外されるクリティカル タイムスロットを定義するには、gsm-abis congestion critical インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

gsm-abis congestion critical [timeslot-range]

 
シンタックスの説明

timeslot-range

輻輳の発生時に抑制から除外されるタイムスロットの値または値の範囲を指定します。範囲を示すには、ハイフンを使用します。

 
デフォルト

デフォルトの設定または動作はありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

次に、タイムスロット範囲を設定する例を示します。

Router(config)# interface Serial10/1/0:0
Router(config-if)# no ip address
Router(config-if)# encapsulation gsm-abis
Router(config-if)# load-interval 30
Router(config-if)# gsm-abis local 10.10.10.2 6661
Router(config-if)# gsm-abis remote 10.10.10.1 5553
Router(config-if)# gsm-abis congestion enable
Router(config-if)# gsm-abis congestion critical 2-3
Router(config-if)# no keepalive
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

gsm-abis congestion abate

輻輳が緩和されたことによりリモート ルータがタイムスロットの抑制を停止する、輻輳緩和検出レベルを設定します。

gsm-abis congestion enable

送信ジッタ バッファを監視し、輻輳の検出時に輻輳表示信号をリモートに送信するように、輻輳検出アルゴリズムを設定します。

gsm-abis congestion onset

輻輳を緩和するためにリモート ルータがクリティカルとして定義されていないすべてのタイムスロットの抑制を開始する、輻輳発生検出レベルを設定します。

gsm-abis jitter

GSM-Abis インターフェイスの送信ジッタ遅延時間を設定します。

gsm-abis local

IP/UDP バックホール接続のローカル パラメータを設定します。

gsm-abis remote

IP/UDP バックホール接続のリモート パラメータを設定します。

gsm-abis congestion enable

輻輳検出アルゴリズムは送信ジッタ バッファを監視し、輻輳を検出するとリモートに輻輳表示信号を送信します。リモートは、輻輳を緩和するために、クリティカルとして定義されていないすべてのタイムスロットを抑制します。輻輳検出アルゴリズムの目的は、クリティカル タイムスロットのデータが損失しないようにすることです。輻輳検出アルゴリズムをイネーブルにするには、gsm-abis congestion enable インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

gsm-abis congestion enable

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの設定または動作はありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

次に、gsm-abis congestion をイネーブルにする例を示します。

Router(config)# interface Serial10/1/0:0
Router(config-if)# no ip address
Router(config-if)# encapsulation gsm-abis
Router(config-if)# load-interval 30
Router(config-if)# gsm-abis local 10.10.10.2 6661
Router(config-if)# gsm-abis remote 10.10.10.1 5553
Router(config-if)# gsm-abis congestion enable
Router(config-if)# no keepalive
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

gsm-abis congestion abate

輻輳が緩和されたことによりリモート ルータがタイムスロットの抑制を停止する、輻輳緩和検出レベルを設定します。

gsm-abis congestion critical

輻輳の発生時に抑制から除外されるクリティカル タイムスロットを定義します。

gsm-abis congestion onset

輻輳を緩和するためにリモート ルータがクリティカルとして定義されていないすべてのタイムスロットの抑制を開始する、輻輳発生検出レベルを設定します。

gsm-abis jitter

GSM-Abis インターフェイスの送信ジッタ遅延時間を設定します。

gsm-abis local

IP/UDP バックホール接続のローカル パラメータを設定します。

gsm-abis remote

IP/UDP バックホール接続のリモート パラメータを設定します。

gsm-abis congestion onset

輻輳を緩和するためにリモート ルータがクリティカルとして定義されていないすべてのタイムスロットの抑制を開始する、輻輳発生検出レベルを設定します。

開始検出レベルは、連続して輻輳が検出された状態を x ミリ秒で定義します。輻輳発生に関する設定には、gsm-abis congestion onset インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

gsm-abis congestion onset [ms]

 
シンタックスの説明

ms

発生検出レベルの時間をミリ秒で設定します。

 
デフォルト

デフォルトの設定または動作はありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

次に、発生検出レベルを 50 ms に設定する例を示します。

Router(config)# interface Serial10/1/0:0
Router(config-if)# no ip address
Router(config-if)# encapsulation gsm-abis
Router(config-if)# load-interval 30
Router(config-if)# gsm-abis local 10.10.10.2 6661
Router(config-if)# gsm-abis remote 10.10.10.1 5553
Router(config-if)# gsm-abis congestion enable
Router(config-if)# gsm-abis congestion onset 100
Router(config-if)# no keepalive
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

gsm-abis congestion abate

輻輳が緩和されたことによりリモート ルータがタイムスロットの抑制を停止する、輻輳緩和検出レベルを設定します。

gsm-abis congestion critical

輻輳の発生時に抑制から除外されるクリティカル タイムスロットを定義します。

gsm-abis congestion enable

送信ジッタ バッファを監視し、輻輳の検出時に輻輳表示信号をリモートに送信するように、輻輳検出アルゴリズムを設定します。

gsm-abis jitter

GSM-Abis インターフェイスの送信ジッタ遅延時間を設定します。

gsm-abis local

IP/UDP バックホール接続のローカル パラメータを設定します。

gsm-abis remote

IP/UDP バックホール接続のリモート パラメータを設定します。

gsm-abis jitter

GSM-Abis インターフェイスの送信ジッタ遅延時間を設定します。送信ジッタを 4 ミリ秒(ms)に設定すると、バックホール上で 0 ms の時間で受信されたデータはジッタ バッファに格納されてから、4 ms の時間で送信されます。送信ジッタ バッファを使用することで、バックホールにデータが着信する際にある程度のジッタを許容でき、データ ストリームにエラーが生じません。

ジッタを設定するには、gsm-abis jitter インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

gsm-abis jitter ms

 
シンタックスの説明

ms

ジッタをミリ秒で設定します。デフォルトの値は 4 ms です。

 
デフォルト

デフォルトの設定または動作はありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

次に、ジッタ レベルを 8 ms に設定する例を示します。

Router(config)# interface Serial10/1/0:0
Router(config-if)# no ip address
Router(config-if)# encapsulation gsm-abis
Router(config-if)# load-interval 30
Router(config-if)# gsm-abis local 10.10.10.2 6661
Router(config-if)# gsm-abis remote 10.10.10.1 5553
Router(config-if)# gsm-abis jitter 8
Router(config-if)# no keepalive
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

gsm-abis congestion abate

輻輳が緩和されたことによりリモート ルータがタイムスロットの抑制を停止する、輻輳緩和検出レベルを設定します。

gsm-abis congestion critical

輻輳の発生時に抑制から除外されるクリティカル タイムスロットを定義します。

gsm-abis congestion enable

送信ジッタ バッファを監視し、輻輳の検出時に輻輳表示信号をリモートに送信するように、輻輳検出アルゴリズムを設定します。

gsm-abis congestion onset

輻輳を緩和するためにリモート ルータがクリティカルとして定義されていないすべてのタイムスロットの抑制を開始する、輻輳発生検出レベルを設定します。

gsm-abis local

IP/UDP バックホール接続のローカル パラメータを設定します。

gsm-abis remote

IP/UDP バックホール接続のリモート パラメータを設定します。

gsm-abis local

Internet Protocol/User Datagram Protocol(IP/UDP)バックホール接続の確立に必要なローカル パラメータを設定するには、gsm-abis local インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

gsm-abis local [ip-address] [port]

 
シンタックスの説明

ip-address

(任意)確立させたい接続の IP アドレス

port

(任意)確立させたい接続に使用するポート

 
デフォルト

デフォルトの設定または動作はありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

次に、ローカル パラメータを設定する例を示します。

Router(config)# interface Serial10/1/0.0
Router(config-if)# encapsulation gsm-abis
Router(config-if)# gsm-abis local 10.10.10.2 5502

 
関連コマンド

コマンド
説明

gsm-abis remote

IP/UDP バックホール接続のリモート パラメータを設定します。

gsm-abis remote

Internet Protocol/User Datagram Protocol(IP/UDP)バックホール接続の確立に必要なリモート パラメータを設定するには、gsm-abis remote インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

gsm-abis remote [ip-address] [port]

 
シンタックスの説明

ip-address

(任意)確立させたい接続の IP アドレス

port

(任意)確立させたい接続に使用するポート

 
デフォルト

デフォルトの設定または動作はありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

次に、リモート パラメータを設定する例を示します。

Router(config)# interface Serial10/1/0.0
Router(config-if)# encapsulation gsm-abis
Router(config-if)# gsm-abis remote 10.10.10.1 5504

 
関連コマンド

コマンド
説明

gsm-abis local

IP/UDP バックホール接続のローカル パラメータを設定します。

gsm-abis retransmit

反復サブレート サンプルの再送信をイネーブルにするには、gsm-abis retransmit インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。このコマンドは、バックホール ネットワークの特性により生じる遅延が過剰な場合に便利です。たとえば、バックホール ネットワーク上でサテライト送信施設や複数のルータ ホップが使用されている場合です。

gsm-abis retransmit [sample-delay]

 
シンタックスの説明

sample-delay

重複サンプルを再送信する前に確認が必要な重複サンプルの数。sample-delay は 20 ms 間隔で 5 ~ 255 の範囲、つまり 100 ~ 5100 ms の範囲です。

 
デフォルト

デフォルトの設定または動作はありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

次に、再送信遅延を 100 ms に設定する例を示します。

Router(config)# interface Serial10/1/0.0
Router(config-if)# encapsulation gsm-abis
Router(config-if)# gsm-abis local 10.10.10.1 5504
Router(config-if)# gsm-abis remote 10.10.10.2 5504
Router(config-if)# gsm-abis retransmit 5

 
関連コマンド

コマンド
説明

gsm-abis local

IP/UDP バックホール接続のローカル パラメータを設定します。

gsm-abis remote

IP/UDP バックホール接続のリモート パラメータを設定します。

show gsm-abis packet

GSM 圧縮/圧縮解除に関するパケット統計カウンタを表示します。

show gsm-abis packet | include retransmit

再送信された反復サブレート サンプル数を含む GSM 圧縮/圧縮解除に関するパケット統計カウンタを表示します。

gsm-abis set dscp

GSM-Abis の Differentiated Services Code Point(DSCP; DiffServ コード ポイント)を設定することでパケットにマーク付けするには、gsm-abis set dscp インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

gsm-abis set dscp value


) GSM ショートホール インターフェイスを設定する場合は、このコマンドを使用します。


 
シンタックスの説明

value

GSM-Abis DSCP 値を設定する 0 ~ 63 の数値または 16 進数値

 
デフォルト

デフォルトの設定または動作はありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(4)MR

このコマンドが追加されました。

次に、再送信遅延を 100 ms に設定する例を示します。

Router(config)# interface Serial10/1/0.0
Router(config-if)# encapsulation gsm-abis
Router(config-if)# gsm-abis local 10.10.10.1 5504
Router(config-if)# gsm-abis remote 10.10.10.2 5504
Router(config-if)# gsm-abis set dscp cs2
 

idle-pattern

PWE3 回線上でパケットの欠落が検出されたときに T1/E1 上で送信されるデータ パターンを指定するには、CEM コンフィギュレーション モードで idle-pattern コマンドを使用します。

idle-pattern [pattern]

no idle-pattern

 
シンタックスの説明

pattern

アイドル パターンとして送信される 8 ビットの 16 進数

 
デフォルト

デフォルトのアイドル パターンは 0xFF です。

 
コマンド モード

CEM 回線コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(12)MR2

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

アイドル パターン データは欠落したパケットのデータの代わりに送信されます。

次に、idle-pattern コマンドの使用例を示します。

Router# config t
Router(config)# interface cem 0/0/0
Router(config-if)# no ip address
Router(config-if)# cem 0
Router(config-if-cem)# idle-pattern 0x55
Router(config-if-cem)# xconnect 10.10.10.10 200 encapsulation mpls
Router(config-if-cem-xconn)# exit
Router(config-if-cem)# exit
Router(config-if)# exit
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

cem

回線エミュレーション コンフィギュレーション モードを開始します。

cem class

指定の <cem-class-name> に定義された CEM インターフェイス パラメータを回線に適用します。

class cem

CEM インターフェイスにまとめて適用される、クラスの CEM インターフェイス パラメータを、グローバル コンフィギュレーション モードで設定します。

ima-group

物理リンクを Inverse Multiplexing over ATM(IMA; ATM の逆多重化)グループ メンバーとして定義するには、ima-group インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。最初に設定を実行する場合、またはグループ番号を変更する場合、インターフェイスは自動的にディセーブルになり、新しいグループに移されてからイネーブルになります。グループからポートを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ima-group group-number

 
シンタックスの説明

group-number

0 ~ 3 の IMA グループ番号を指定します。IMA グループは 1 つのポート アダプタの複数のポートにまたがることができますが、複数のポート アダプタにまたがることはできません。

 
デフォルト

IMA グループに物理リンクは含まれていません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(5)XK

このコマンドが追加されました。

12.4(4)MR

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

T1/E1 IMA ポート アダプタ インターフェイスを IMA グループに含めるように設定するには、ima-group インターフェイス コマンドを使用します。

次に、IMA グループを定義する例を示します。

Router(config)# interface ATM0/0/0
Router(config-if)# no ip address
Router(config-if)# no atm ilmi-keepalive
Router(config-if)# ima-group 0
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

interface atm

ATM インターフェイスを設定します。

interface atm ima

ATM IMA グループを設定します。

show ima interface atm

設定されている複数の IMA グループまたは特定の IMA グループに関する情報を表示します。

interface atm ima

ATM IMA グループを設定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始するには、interface atm ima グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。コマンドの実行時にグループが存在していない場合、コマンドにより自動的にグループが作成されます。

interface atm slot/ima<group-number>

 
シンタックスの説明

slot

ATM IMA ポート アダプタのスロット位置を指定します。

group-number

0 ~ 3 の IMA グループ番号を指定します。最大 4 つのグループを作成できます。

 
デフォルト

デフォルトでは、IMA グループは存在せず、個別の ATM リンクだけが存在します。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(5)XE

このコマンドが追加されました。

12.4(4)MR

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ポートに IMA 機能が設定されると、そのポートは個別の ATM リンクとして動作しなくなります。ima-group インターフェイス コマンドを使用して ATM リンクをグループのメンバーとして指定しても、グループはイネーブルになりません。interface atm slot/ima<group-number> コマンドを使用してグループを作成する必要があります。

次に、IMA グループを作成する例を示します。

Router(config)# interface ATM0/IMA0
Router(config-if)# no ip address
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ima-group

物理リンクを IMA グループ メンバーとして設定します。IMA グループに含まれる物理インターフェイスごとにこのインターフェイス コンフィギュレーション コマンドを実行します。

ima group-id

IMA インターフェイスの IMA グループ ID を設定します。

interface atm

ATM の物理リンクを設定します。

show ima interface atm

IMA グループおよびそれに含まれるリンクに関する概要と詳細情報を表示します。

ip local interface

Provider Edge(PE; プロバイダー エッジ)ルータ インターフェイスの IP アドレスを、トンネリングされるパケットを送信する場合の送信元 IP アドレスとして使用するには、擬似回線クラス コンフィギュレーション モードで ip local interface コマンドを使用します。IP アドレスを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip local interface interface-name

no ip local interface interface-name

 
シンタックスの説明

interface-name

レイヤ 2 PW でトンネリングされるパケットを送信するための発信元 IP アドレスとして使用する IP アドレスの PE インターフェイスの名前

 
デフォルト

IP アドレスは設定されていません。

 
コマンド モード

擬似回線クラス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(23)S

このコマンドが追加されました。

12.3(2)T

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.3(2)T に統合されました。

12.4(12)MR2

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.4(12)MR2 に統合されました。

 
使用上のガイドライン

PE ルータ間に設定するすべての擬似回線クラスに、同じローカル インターフェイス名を使用します。このコマンドを使用してループバック インターフェイスを設定することを推奨します。設定しなかった場合、ルータは使用可能で最適なローカル アドレスを選択します。その結果、コア方向のインターフェイスに設定されている任意の IP アドレスになる可能性があります。これにより制御チャネルの確立が妨げられる可能性があります。


) L2TPv3 をデータ カプセル化方式として使用する擬似回線クラス コンフィギュレーションには、このコマンドを設定する必要があります。


次に、ローカル ループバック 0 の IP アドレスを、L2TPv3 セッションを介してパケットを送信する場合の送信元 IP アドレスとして設定する例を示します。

Router# config t
Router(config)# pseudowire-class l2tp
Router(config-pw-class)# ip local interface loopback 0
Router(config-pw-class)# exit
Router(config)# exit
 
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ima-group

物理リンクを IMA グループ メンバーとして設定します。IMA グループに含まれる物理インターフェイスごとにこのインターフェイス コンフィギュレーション コマンドを実行します。

ima group-id

IMA インターフェイスの IMA グループ ID を設定します。

interface atm

ATM の物理リンクを設定します。

show ima interface atm

IMA グループおよびそれに含まれるリンクに関する概要と詳細情報を表示します。

ip protocol

レイヤ 2 PW でパケットをトンネリングするために使用される IP プロトコルとして、レイヤ 2 トンネル プロトコル(L2TP)または Universal Tunnel Interface(UTI)を設定するには、擬似回線クラス コンフィギュレーション モードで ip protocol コマンドを使用します。IP プロトコル コンフィギュレーションを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip protocol {l2tp | uti | udp}

no ip protocol {l2tp | uti | udp}

 
シンタックスの説明

l2tp

(デフォルト)レイヤ 2 PW でパケットをトンネリングするために使用される IP プロトコルとして、L2TP を設定します。

uti

レイヤ 2 PW でパケットをトンネリングするために使用される IP プロトコルとして UTI を設定し、L2TPv3 が稼動するルータと UTI が稼動するピアとの相互運用を可能にします。

udp

レイヤ 2 PW でパケットをトンネリングするために使用される IP プロトコルとして、UDP を設定します。

 
デフォルト

デフォルトの IP プロトコルは L2TP です。

 
コマンド モード

擬似回線クラス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(23)S

このコマンドが追加されました。

12.3(2)T

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.3(2)T に統合されました。

12.4(12)MR2

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.4(12)MR2 に統合されました。

 
使用上のガイドライン

ip protocol uti コマンドは Cisco 3825 ルータではサポートされません。encapsulation l2tpv3 コマンドを入力していた場合にだけ、ip protocol コマンドを使用できます。

次に、「l2tp」という名前の擬似回線クラスから作成された L2TPv3 PW で、パケットをトンネリングするために使用される IP プロトコルとして l2tp を設定する例を示します。

Router# config t
Router(config)# pseudowire-class l2tp
Router(config-pw-class)# encapsulation l2tpv3
Router(config-pw-class)# ip protocol l2tp
Router(config-pw-class)# exit
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

pseudowire-class

L2TP 擬似回線クラスの名前を指定し、擬似回線クラス コンフィギュレーション モードを開始します。

ip rtp header-compression

Real-Time Transport Protocol(RTP)ヘッダー圧縮をイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで ip rtp header-compression コマンドを使用します。RTP ヘッダー圧縮をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip rtp header-compression [ passive | iphc-format | ietf-format ] [ periodic-refresh ]

no ip rtp header-compression [ passive | iphc-format | ietf-format ] [ periodic-refresh ]

 
シンタックスの説明

passive

(任意)同じインターフェイス上の着信 RTP パケットが圧縮されている場合にだけ、発信 RTP パケットを圧縮します。 passive キーワードを指定しない場合、すべての RTP パケットが圧縮されます。

iphc-format

(任意)ヘッダー圧縮に IP Header Compression(IPHC; IP ヘッダー圧縮)形式を使用することを意味します。

ietf-format

(任意)ヘッダー圧縮に Internet Engineering Task Force(IETF; インターネット技術特別調査委員会)形式を使用することを意味します。

periodic-refresh

(任意)圧縮された IP ヘッダーを定期的にリフレッシュすることを意味します。

 
デフォルト

ディセーブル

PPP インターフェイスの場合、ヘッダー圧縮のデフォルト形式は IPHC です。

High-Level Data Link Control(HDLC; ハイレベル データリンク制御)およびフレームリレー インターフェイスの場合、ヘッダー圧縮のデフォルト形式はオリジナルのシスコ独自形式です。シスコ独自形式の圧縮接続数は最大 256 です。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

11.3

このコマンドが追加されました。

12.0

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.0 に統合されました。 iphc-format キーワードが含まれるように、このコマンドが変更されました。

12.3(2)T

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.3(2)T に統合されました。 periodic-refresh キーワードが含まれるように、このコマンドが変更されました。

12.3(4)T

ietf-format キーワードが含まれるように、このコマンドが変更されました。

12.2(25)S

このコマンドが追加されました。

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

IP/UDP/RTP ヘッダーを圧縮してパケットのサイズを小さくできます。RTP の場合、RTP ペイロード サイズを 20 バイトまで圧縮できるため、ヘッダーの圧縮は特に有効です。未圧縮のヘッダーは 40 バイトです。

passive キーワード

デフォルトでは、 ip rtp header-compression コマンドにより発信 RTP トラフィックが圧縮されます。 passive キーワードを指定した場合、 同じ インターフェイス上の 着信 RTP トラフィックが圧縮されている場合にだけ、発信 RTP トラフィックが圧縮されます。 passive キーワードを指定しない場合、 すべて の発信 RTP トラフィックが圧縮されます。

PPP インターフェイスでは、 passive キーワードは無視されます。PPP インターフェイスでは、 passive キーワードの指定の有無にかかわらず、ヘッダー圧縮の使用をネゴシエーションします。したがって、 passive キーワードは PPP インターフェイスのデフォルト形式である IPHC 形式に置き換えられます。

iphc-format キーワード

iphc-format キーワードは、ヘッダー圧縮に IPHC 形式を使用することを意味します。PPP および HDLC インターフェイスの場合、 iphc-format キーワードを指定すると、TCP ヘッダー圧縮もイネーブルになります。このような理由から、 show running-config コマンドの出力には、 ip tcp header-compression コマンドが表示されます。RTP ヘッダー圧縮および TCP ヘッダー圧縮の両方がイネーブルになるため、UDP パケットおよび TCP パケットの両方が圧縮されます。

iphc-format キーワードでは、宛先ポート番号が偶数で 16,385 ~ 32,767(シスコのオーディオの場合)または 49,152 ~ 65,535(シスコのビデオの場合)の範囲にあるかどうかの確認も行われます。この基準(ポート番号が偶数で指定範囲内にある)を満足する有効な RTP パケットは、RTP パケット圧縮形式を使用して圧縮されます。それ以外の場合、パケットは性能の落ちる非 TCP パケット圧縮形式を使用して圧縮されます。

iphc-format キーワードは、フレームリレー カプセル化を使用するインターフェイスには使用できません。


) ヘッダー圧縮形式(この場合 IPHC)は、ネットワークの両端で同じ形式にする必要があります。つまり、ローカル ルータで iphc-format キーワードを指定した場合には、リモート ルータでも iphc-format キーワードを使用する必要があります。


ietf-format キーワード

ietf-format キーワードは、ヘッダー圧縮に IETF 形式を使用することを意味します。HDLC インターフェイスの場合、 ietf-format キーワードを指定すると UDP パケットだけが圧縮されます。PPP インターフェイスの場合、 ietf-format キーワードを指定すると、TCP ヘッダー圧縮もイネーブルになります。このような理由から、 show running-config コマンドの出力には、 ip tcp header-compression コマンドが表示されます。RTP ヘッダー圧縮および TCP ヘッダー圧縮の両方がイネーブルになるため、UDP パケットおよび TCP パケットの両方が圧縮されます。

ietf-format キーワードを使用する場合は、1024 より大きな任意の偶数の宛先ポート番号を使用できます。この基準(ポート番号が偶数で 1024 より大きな値)を満足する有効な RTP パケットは、RTP パケット圧縮形式を使用して圧縮されます。それ以外の場合、パケットは性能の落ちる非 TCP パケット圧縮形式を使用して圧縮されます。

ietf-format キーワードは、フレームリレー カプセル化を使用するインターフェイスには使用できません。


) ヘッダー圧縮形式(この場合 IETF)は、ネットワークの両端で同じ形式にする必要があります。つまり、ローカル ルータで ietf-format キーワードを指定した場合には、リモート ルータでも ietf-format キーワードを使用する必要があります。


シリアル回線のサポート

RTP ヘッダー圧縮は、フレームリレー、HDLC、または PPP カプセル化を使用するシリアル回線上でサポートされます。シリアル接続の両端で圧縮をイネーブルにする必要があります。

ユニキャストまたはマルチキャスト RTP パケット

このコマンドによりユニキャストまたはマルチキャスト RTP パケットを圧縮できます。したがって、低速リンクを使用する Multicast Backbone(MBONE; マルチキャスト バックボーン)トラフィックも圧縮できます。この圧縮方式は、オーディオ トラフィックのようにペイロード サイズが小さい場合にだけ効果があります。

次に、Serial1/0/0 インターフェイスで RTP ヘッダー圧縮をイネーブルにし、RTP ヘッダー圧縮接続数を 10 に制限する例を示します。この例では、 ip rtp header-compression コマンドの iphc-format オプション キーワードを指定しています。

Router> enable
Router# configure terminal
Router(config)# interface Serial1/0/0
Router(config-if)# encapsulation ppp
Router(config-if)# ip rtp header-compression iphc-format
Router(config-if)# ip rtp compression-connections 10
Router(config-if)# exit
 

次に、Serial1/0/0 インターフェイスで RTP ヘッダー圧縮をイネーブルにし、RTP ヘッダー圧縮接続数を 20 に制限する例を示します。この例では、 ip rtp header-compression コマンドの iphc-format オプション キーワードを指定しています。

Router> enable
Router# configure terminal
Router(config)# interface Serial1/0/0
Router(config-if)# encapsulation ppp
Router(config-if)# ip rtp header-compression iphc-format
Router(config-if)# ip rtp compression-connections 20
Router(config-if)# exit
 

次に、Serial1/0/0 インターフェイスで RTP ヘッダー圧縮をイネーブルにし、 ip rtp header-compression コマンドの periodic-refresh オプション キーワードを使用する例を示します。

Router> enable
Router# configure terminal
Router(config)# interface Serial1/0/0
Router(config-if)# encapsulation ppp
Router(config-if)# ip rtp header-compression iphc-format periodic-refresh
Router(config-if)# ip rtp compression-connections 10
Router(config-if)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip rtp header-compression

RTP ヘッダー圧縮構造および統計情報をクリアします。

iprtp compression-connections

インターフェイス上に存在できる RTP ヘッダー圧縮接続数の合計数を指定します。

show ip rtp header-compression

RTP ヘッダー圧縮の統計情報を表示します。

show running-config

現在実行中のコンフィギュレーション ファイルまたは特定のインターフェイスのコンフィギュレーションの内容、またはマップ クラス情報を表示します。

ip tcp header-compression

TCP ヘッダー圧縮をイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで ip tcp header-compression コマンドを使用します。圧縮をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip tcp header-compression [passive] [iphc-format] [ietf-format]

no ip tcp header-compression [passive] [iphc-format] [ietf-format]

 
シンタックスの説明

passive

(任意)同じインターフェイス上の着信 TCP パケットが圧縮されている場合にだけ、発信 TCP パケットを圧縮します。passive キーワードを指定しない場合、すべての TCP パケットが圧縮されます。

iphc-format

(任意)ヘッダー圧縮に IP ヘッダー圧縮(IPHC)形式を使用することを意味します。

ietf-format

(任意)ヘッダー圧縮にインターネット技術調査特別委員会(IETF)形式を使用することを意味します。

 
デフォルト

ディセーブル

PPP インターフェイスの場合、ヘッダー圧縮のデフォルト形式は IPHC です。

ハイレベル データリンク制御(HDLC)およびフレームリレー インターフェイスの場合、デフォルト形式は RFC 1144、Compressing TCP/IP Headers for Low-Speed Serial Links(低速シリアルリンク向け TCP/IP ヘッダー圧縮)の記述に従います。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

10.0

このコマンドが追加されました。

12.0

このコマンドが追加されました。iphc-format キーワードが含まれるように、このコマンドが変更されました。

12.3(4)T

このコマンドが追加されました。ietf-format キーワードが含まれるように、このコマンドが変更されました。

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

TCP/IP パケットのヘッダーを圧縮してパケットのサイズを小さくできます。TCP ヘッダー圧縮は、フレームリレー、HDLC、または PPP カプセル化を使用するシリアル回線上でサポートされます。シリアル接続の両端で圧縮をイネーブルにする必要があります。TCP ヘッダーを圧縮すると、Telnet 接続が大幅に高速化されます。

一般に、トラフィックが大きなパケットで構成されずに多数の小さなパケットで構成されている場合、TCP ヘッダーを圧縮するとメリットがあります。トランザクション処理(通常は端末を使用)には小さなパケットが使用され、ファイル転送には大きなパケットが使用される傾向があります。この機能では TCP ヘッダーだけを圧縮するため、User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)パケットまたは他のヘッダーには影響ありません。

ヘッダー圧縮 passive キーワード

デフォルトでは、iptcp header-compression コマンドにより発信 TCP トラフィックが圧縮されます。このコマンドにはオプションの passive キーワードがあります。passive キーワードを指定した場合、同じインターフェイス上の着信 TCP トラフィックが圧縮されている場合にだけ、発信 TCP トラフィックが圧縮されます。 passive キーワードを指定しない場合、すべての TCP トラフィックが圧縮されます。

PPP インターフェイスの場合、 passive キーワードは無視されます。PPP インターフェイスでは、 passive キーワードの指定の有無にかかわらず、ヘッダー圧縮の使用をネゴシエーションします。したがって、passive キーワードは PPP インターフェイスのデフォルト形式である IPHC 形式に置き換えられます。

ヘッダー圧縮 iphc-format キーワード

このコマンドには iphc-format キーワードが含まれます。iphc-format キーワードは、このヘッダー圧縮タイプを使用することを意味します。PPP および HDLC インターフェイスの場合、iphc-format キーワードを指定すると、Rapid Transport Protocol(RTP; 敏速移送プロトコル)ヘッダー圧縮もイネーブルになります。このような理由から、show running-config コマンドの出力には、ip rtp header-compression コマンドが表示されます。TCP ヘッダー圧縮および RTP ヘッダー圧縮の両方がイネーブルになるため、TCP パケットおよび UDP パケットの両方が圧縮されます。


) フレームリレー インターフェイスの場合、iphc-format キーワードは使用できません。


ヘッダー圧縮 ietf-format キーワード

このコマンドには ietf-format キーワードが含まれます。ietf-format キーワードは、このヘッダー圧縮タイプを使用することを意味します。HDLC インターフェイスの場合、ietf-format キーワードを指定すると TCP パケットだけが圧縮されます。PPP インターフェイスの場合、ietf-format キーワードを指定すると、RTP ヘッダー圧縮もイネーブルになります。このような理由から、show running-config コマンドの出力には、ip rtp header-compression コマンドが表示されます。TCP ヘッダー圧縮および RTP ヘッダー圧縮の両方がイネーブルになるため、TCP パケットおよび UDP パケットの両方が圧縮されます。


) フレームリレー インターフェイスの場合、ietf-format キーワードは使用できません。


次に、最初のシリアル インターフェイスに、最大 10 個のキャッシュ エントリを使用するヘッダー圧縮を設定する例を示します。

Router(config)# interface serial 0
Router(config-if)# ip tcp header-compression
Router(config-if)# ip tcp compression-connections 10
 

次に、Serial1/0/0.0 サブインターフェイスで RTP ヘッダー圧縮をイネーブルにし、RTP ヘッダー圧縮接続数を 10 に制限する例を示します。この例では、ip tcp header-compression コマンドの iphc-format オプション キーワードを指定しています。

Router(config)# interface serial1/0/0.0
Router(config-if)# encapsulation ppp
Router(config-if)# ip tcp header-compression iphc-format
Router(config-if)# ip tcp compression-connections 10
 

次に、Serial1/0/0.0 サブインターフェイスで RTP ヘッダー圧縮をイネーブルにし、RTP ヘッダー圧縮接続数を 20 に制限する例を示します。この例では、ip tcp header-compression コマンドの ietf-format オプション キーワードを指定しています。

Router(config)# interface serial1/0/0.0
Router(config-if)# ip tcp header-compression ietf-format
Router(config-if)# ip tcp compression-connections 20

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip tcp compression-connections

インターフェイス上に存在できる TCP ヘッダー圧縮接続数の合計数を指定します。

show ip tcp header-compression

TCP ヘッダー圧縮統計情報を表示します。

show running-config

現在実行中のコンフィギュレーション ファイルまたは特定のインターフェイスのコンフィギュレーションの内容、またはマップ クラス情報を表示します。

ip tos (l2tp)

レイヤ 2 トンネル パケットのヘッダーで Type of Service(ToS; タイプ オブ サービス)バイトを設定するには、擬似回線クラス コンフィギュレーション モードで ip tos コマンドを使用します。設定した ToS の値または IP ToS の反映をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip tos {value value | reflect}

no tos {value value | reflect}

 
シンタックスの説明

value value

L2TPv3 セッションで IP パケットの ToS バイト値を設定します。有効値の範囲は 0 ~ 255 です。デフォルト値は 0 です。

reflect

L2TPv3 セッションで IP パケットの ToS バイト値が内部 IP ヘッダーから反映されるように設定します。

 
デフォルト

デフォルトの ToS 値は 0 です。

 
コマンド モード

擬似回線クラス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(23)S

このコマンドが追加されました。

12.3(2)T

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.3(2)T に統合されました。

12.4(12)MR2

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.4(12)MR2 に統合されました。

 
使用上のガイドライン

ip tos コマンドでは、レイヤ 2 トンネル パケットのヘッダーに使用される ToS バイトの値を手動で設定したり、ToS 値をカプセル化されたパケットの IP ヘッダーから反映させたりできます。


) IP ToS バイトの反映は、L2TPv3 セッションのトラフィックがペイロードとして IP パケットを伝送している場合にだけ機能します。


この他、擬似回線クラスに IP ToS の反映および ToS のプライオリティ レベル(0 ~ 255)の両方を設定できます。この場合、トンネル ヘッダーの ToS 値は、ip tos value value コマンドで指定した値がデフォルトになります。レイヤ 2 インターフェイスで受信し L2TPv3 セッションにカプセル化された IP パケットは、ToS の値が外側の IP セッションに反映されます。これにより ip tos value value コマンドで設定したデフォルト値は上書きされます。

次に、「l2tp」という名前の擬似回線クラスから作成されたレイヤ 2 トンネルで、トンネリングされるパケットのヘッダーの ToS バイトを 5 に設定する例を示します。

Router# config t
Router(config)# pseudowire-class l2tp
Router(config-pw-class)# ip tos 5
Router(config-pw-class)# exit
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

pseudowire-class

L2TP 擬似回線クラスの名前を指定し、擬似回線クラス コンフィギュレーション モードを開始します。

ipran-mib backhaul-notify-interval

CISCO-IP-RAN-BACKHAUL-MIB からの ciscoIpRanBackHaulRcvdUtil 通知および ciscoIpRanBackHaulSentUtil 通知の生成を抑制するために使用されるインターバルを指定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで ipran-mib backhaul-notify-interval コマンドを使用します。

通知を抑制するために使用されるインターバルを設定するには、次のコンフィギュレーション コマンドを使用します。インターバルを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ipran-mib backhaul-notify-interval 60-900 seconds

通知は指定された秒数の間抑制されます。このキーワードをゼロに設定した場合、通知は抑制されません。最小インターバルは 1 分で、最大インターバルは 15 分です。抑制がイネーブルになっていても、状態が悪化すると通知が生成されます。たとえば次のように状態が移行する場合、通知が生成されます。

「acceptable」から「warning」

「warning」から「overloaded」

この後緩和状態に移行した場合の通知は抑制されます。たとえば次のように状態が移行する場合、通知は生成されません。

「warning」から「acceptable」

「overloaded」から「warning」

「overloaded」から「acceptable」

指定したインターバルの終了時、その時点の状態が最後に通知した状態と異なっている場合は、通知が生成されます。

 
シンタックスの説明

ipran-mib backhaul-notify-interval

60 ~ 900 秒

 
デフォルト

デフォルトは 0 です(通知は抑制されません)。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR1

このコマンドが追加されました。

12.4(9)MR

使用状況通知のサポートが削除されました。このコマンドは互換性の維持のためにサポートされています。

Router# config t
Router(config)# ipran-mib backhaul-notify-interval 60
Router(config)# ipran-mib backhaul-notify-interval 900
Router(config)# no ipran-mib backhaul-notify-interval
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipran-mib threshold-acceptable

トラフィックの許容レベルを指定します。

ipran-mib threshold-overloaded

バックホールが過負荷であることを表すトラフィック量を指定します。

ipran-mib threshold-warning

バックホールが過負荷ではないがパフォーマンスに影響を与えるだけのトラフィックを伝送していることを表すトラフィック量を指定します。

ipran-mib location

デバイスの場所を定義するには、グローバル コンフィギュレーション モードで ipran-mib location コマンドを使用します。このコマンドは、NMS でシステムのトポロジを正しく表示させる際にも使用します。

ipran-mib location location

 
シンタックスの説明

ipran-mib location ?

addSite:BSC または RNC サイトにある場合

cellSite:BTS または Node B サイトにある場合

undefined:場所が未定義の場合

 
デフォルト

cellSite

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR1

このコマンドが追加されました。

12.4(9)MR

使用状況通知のサポートが削除されました。このコマンドは互換性の維持のためにサポートされています。

Router# config t
Router(config)# ipran-mib location aggSite
Router(config)# ipran-mib location cellSite
Router(config)# ipran-mib location undefined
Router(config)# no ipran-mib location
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipran-mib snmp-access

デバイスと NMS の間の接続タイプを定義します。

ipran-mib snmp-access

デバイスと Network Management System(NMS; ネットワーク管理システム)の間の接続タイプを定義するには、グローバル コンフィギュレーション モードで ipran-mib snmp-access コマンドを使用します。接続タイプはインバンド ポーリング時のトラフィック量を制限するために使用されます。

ipran-mib snmp-access access

 
シンタックスの説明

ipran-mib snmp-access ?

inBand:インバンド Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)接続

outOfBand:アウトバンド SNMP

undefined:接続タイプ未定義

 
デフォルト

inBand

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR1

このコマンドが追加されました。

12.4(9)MR

使用状況通知のサポートが削除されました。このコマンドは互換性の維持のためにサポートされています。

Router# config t
Router(config)# ipran-mib snmp-access inBand
Router(config)# ipran-mib snmp-access outOfBand
Router(config)# ipran-mib snmp-access undefined
Router(config)# no ipran-mib snmp-access
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipran-mib location

デバイスの場所を定義します。このコマンドは、NMS でシステムのトポロジを正しく表示させる際にも使用します。

ipran-mib threshold-acceptable

トラフィック量が所定レベルを下回ると cirbhBackHaulRcvdUtilState オブジェクトおよび cirbhBackHaulSentUtilState オブジェクトのインスタンスが「acceptable」とマーク付けされるしきい値を指定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで ipran-mib threshold-acceptable コマンドを使用します。このしきい値への変更はすべて、現在のインターバルの終了時に有効になります。このオブジェクトの値は、ipran-mib threshold-warning および ipran-mib threshold-overloaded コマンド キーワードで指定される値より小さくする必要があります。このパラメータは cirbhBackHaulAcceptableThreshold オブジェクトと対応しています。

ipran-mib threshold-acceptable [20-100 Utilization (percent)]

 
シンタックスの説明

ipran-mib threshold-acceptable

ipran-mib threshold-acceptable percent

 
デフォルト

60%

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR1

このコマンドが追加されました。

12.4(9)MR

使用状況通知のサポートが削除されました。このコマンドは互換性の維持のためにサポートされています。

Router# config t
Router(config)# ipran-mib threshold-acceptable 50
Router(config)# ipran-mib threshold-acceptable 70
Router(config)# no ipran-mib threshold-acceptable
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipran-mib threshold-overloaded

バックホールが過負荷であることを表すトラフィック量を指定します。

ipran-mib threshold-warning

バックホールが過負荷ではないがパフォーマンスに影響を与えるだけのトラフィックを伝送していることを表すトラフィック量を指定します。

ipran-mib backhaul-notify-interval

使用状況通知の生成の抑制に使用するインターバルを指定します。

ipran-mib threshold-overloaded

トラフィック量が所定レベルになると cirbhBackHaulRcvdUtilState オブジェクトおよび cirbhBackHaulSentUtilState オブジェクトのインスタンスが「overloaded」とマーク付けされるしきい値を指定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで ipran-mib threshold-overloaded コマンドを使用します。このしきい値への変更は、現在のインターバルの終了時に有効になります。このオブジェクトの値は、cirbhBackHaulAcceptableThreshold オブジェクトに指定される値より大きくする必要があります。また、このオブジェクトの値は、cirbhBackHaulWarningThreshold オブジェクトの値以上にする必要があります。

ipran-mib threshold-overloaded [40-100 Utilization default (percent)]

 
シンタックスの説明

ipran-mib threshold-overload

ipran-mib threshold-overload percent

 
デフォルト

80%

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR1

このコマンドが追加されました。

12.4(9)MR

使用状況通知のサポートが削除されました。このコマンドは互換性の維持のためにサポートされています。

Router# config t
Router(config)# ipran-mib threshold-overloaded 60
Router(config)# ipran-mib threshold-overloaded 80
Router(config)# no ipran-mib threshold-warning
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipran-mib threshold-acceptable

トラフィックの許容レベルを指定します。

ipran-mib backhaul-notify-interval

使用状況通知の生成の抑制に使用するインターバルを指定します。

ipran-mib threshold-warning

バックホールが過負荷ではないがパフォーマンスに影響を与えるだけのトラフィックを伝送していることを表すトラフィック量を指定します。

ipran-mib threshold-warning

トラフィック量が所定レベルになると cirbhBackHaulRcvdUtilState オブジェクトおよび cirbhBackHaulSentUtilState オブジェクトのインスタンスが「warning」とマーク付けされるしきい値を指定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで ipran-mib threshold-warning コマンドを使用します。

このしきい値への変更はすべて、現在のインターバルの終了時に有効になります。このオブジェクトの値は、ipran-mib threshold-acceptable コマンドに指定される値より大きくする必要があります。

また、このオブジェクトの値は、cirbhBackHaulOverloadedThreshold オブジェクトの値以下にする必要があります。このパラメータは cirbhBackHaulWarningThreshold オブジェクトと対応しています。

ipran-mib threshold-warning [30-100 Utilization default (percent)]

 
シンタックスの説明

ipran-mib threshold-warning

ipran-mib threshold-warning percent

 
デフォルト

70%

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR1

このコマンドが追加されました。

12.4(9)MR

使用状況通知のサポートが削除されました。このコマンドは互換性の維持のためにサポートされています。

Router# config t
Router(config)# ipran-mib threshold-warning 60
Router(config)# ipran-mib threshold-warning 80
Router(config)# no ipran-mib threshold-warning
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipran-mib threshold-acceptable

トラフィックの許容レベルを指定します。

ipran-mib threshold-overloaded

バックホールが過負荷であることを表すトラフィック量を指定します。

ipran-mib backhaul-notify-interval

使用状況通知の生成の抑制に使用するインターバルを指定します。

keepalive

キープアライブ パケットをイネーブルにし、応答がなくとも Cisco IOS ソフトウェアがキープアライブ パケットを送信する回数を指定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで keepalive コマンドを使用します。これを超えるとそのインターフェイスまたは特定のインターフェイスのトンネル プロトコルはダウンになります。キープアライブ機能がイネーブルになると、指定されたインターバルで keepalive パケットが送信されてインターフェイスをアクティブに保ちます。キープアライブ パケットを完全にオフにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

keepalive [ period [ retries ]]

no keepalive [ period [ retries ]]

 
シンタックスの説明

period

(任意)0 より大きい整数値(秒)。デフォルトは 10 です。

retries

(任意)応答がなくともデバイスがインターフェイスをダウンにする前に、キープアライブ パケットを継続して送信する回数。値は 2 ~ 254 の整数値で設定します。値を省略した場合は、前回に設定された値が使用されます。前回に値が指定されていない場合は、デフォルト値の 5 が使用されます。

このコマンドがトンネル インターフェイスに使用された場合、この変数は、応答がなくともデバイスがトンネル インターフェイスのプロトコルをダウンにする前に、キープアライブ パケットを継続して送信する回数を指定します。

 
デフォルト

period :10 秒

retries :5

引数なしで keepalive コマンドだけを入力した場合、両方の引数のデフォルト値が使用されます。

keepalive コマンドとタイムアウト( period )パラメータだけを入力した場合、デフォルトのリトライ回数(5 回)が使用されます。

no keepalive コマンドを入力した場合、そのインターフェイスでキープアライブ パケットはディセーブルにされます。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

10.0

このコマンドが追加されました。

12.2(8)T

retries 引数が追加され、トンネル インターフェイスで使用可能になりました。

12.2(8)MC2

このコマンドが追加されました。

12.2(13)

retries 引数のデフォルト値が 5 に増やされました。

12.2(15)MC1

このコマンドが追加されました。

12.3(11)T

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

キープアライブ タイム インターバル

キープアライブ タイム インターバルの設定ができます。このインターバルは、ネットワーク インターフェイスが動作していることを確認するために Cisco IOS ソフトウェアが自分側(イーサネットおよびトークンリング)または相手側(シリアルおよびトンネル)にメッセージを送信する周期のことです。インターバルの値は 1 秒刻みで増やすことができます。下限は 1 秒です。インターフェイスは、キープアライブ パケットを受信することなく 3 回のアップデート インターバルが経過するとダウンとして宣言されます(リトライ値がより高く設定されている場合を除きます)。

キープアライブ タイマーの値を小さく設定すると、イーサネット インターフェイスの障害(トランシーバ ケーブルの接続解除やケーブルの未終端など)の迅速な検出に非常に有効です。

回線障害

シリアル回線でよく見られる障害には、Carrier Detect(CD; キャリア検知)信号の損失があります。この種の障害は一般に数ミリ秒以内に検出されるため、キープアライブ タイマーを調整してルーティングのリカバリを速くしようとしても通常は効果がありません。

キープアライブ パケットとトンネル インターフェイス

GRE キープアライブ パケットはトンネルの両側から送信することも、片側だけから送信することもできます。両側からキープアライブ パケットを送信する場合、周期とリトライのパラメータがリンクの両側で異なってもかまいません。トンネルの片側だけにキープアライブを設定する場合、送信側のトンネル インターフェイスは受信側のトンネル インターフェイスがダウンしていると見なす可能性があります(送信インターフェイスがキープアライブを受信しないため)。トンネルの受信側からは、リンクは正常に見えます(リンクのもう一方の側でキープアライブはイネーブルにされなかったため)。

ドロップされたパケット

キープアライブ パケットは通常のパケットとして扱われるため、ドロップされることがあります。キープアライブ パケットのドロップが原因となってトンネル インターフェイスがダウンにされる可能性を減らすには、リトライ回数を増やします。


) 帯域幅が非常に狭いシリアル インターフェイスのキープアライブ タイマーを調整する場合、大きなデータグラムによって小さなキープアライブ パケットの遅延が引き起こされ、回線プロトコルのダウンにつながることがあります。タイムアウト値およびリトライ回数を変えてみて構成に合った最適な値を見つける必要があります。


次に、キープアライブ インターバルを 3 秒に設定する例を示します。

Router(config)# interface ethernet 0
Router(config-if)# keepalive 3
 

次に、キープアライブ インターバルを 3 秒、リトライ値を 7 に設定する例を示します。

Router(config)# interface tunnel 1
Router(config-if)# keepalive 3 7

load-interval

負荷統計情報の計算に使用されるデータを取る時間の長さを変更するには、load-interval インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルトの設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

load-interval seconds

no load-interval seconds

 
シンタックスの説明

seconds

負荷統計情報の計算に使用されるデータを取る時間の長さ。値は 30 ~ 600 の範囲にある 30 の倍数(30、60、90、120 など)です。

 
デフォルト

300 秒(5 分)

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

10.3

このコマンドが追加されました。

12.4(4)MR

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

5 分間のトラフィックの平均でなく、短いトラフィック バーストに対してより細かく計算する場合は、平均負荷の計算期間を短くします。

負荷インターバルを 30 秒に設定すると、新しいデータは 30 秒間にわたる負荷の計算に使用されます。このデータは、入力レート(bps、pps)、出力レート(bps、pps)、負荷、信頼性などの負荷統計情報の計算に使用されます。

負荷データは 5 秒ごとに収集されます。このデータは重み付き平均計算に使用されます。負荷データは古いものより新しいほうが計算で重み付けされます。負荷インターバルを 30 秒に設定すると、負荷データの最新の 30 秒間の平均値が計算されます。

load-interval コマンドを使用して 5 分のデフォルト インターバルを増減できます。インターバルを短くすると、show interface コマンドで表示される入出力統計情報の内容には、インターバルの長い、より平均化された負荷に比べて、より瞬間的なデータに基づいた最新の情報が反映されます。

このコマンドは、ダイヤル バックアップの用途でバックアップ インターフェイスの導入の可能性を検討するためによく使用されますが、どのインターフェイスでも使用できます。

次に、デフォルトの 5 分平均を 30 秒平均に設定する例を示します。デフォルトの 5 分のインターバルに設定されたインターフェイスではダイヤル バックアップがトリガーされないようなトラフィック バーストであっても、より短い 30 秒のインターバルに設定されたこのインターフェイスではダイヤル バックアップがトリガーされる可能性があります。

Router(config)# interface serial 0
Router(config-if)# load-interval 30

 
関連コマンド

コマンド
説明

show interfaces

ALC 情報を表示します。

match ip dscp

特定の IP DiffServ コード ポイント(DSCP)値を一致基準として指定するには、match ip dscp クラスマップ コンフィギュレーション コマンドを使用します。クラス マップから特定の IP DSCP 値を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

match ip dscp ip-dscp-value [ip-dscp-value ip-dscp-value ip-dscp-value ip-dscp-value ip-dscp-value ip-dscp-value ip-dscp-value]

no match ip dscp ip-dscp-value [ip-dscp-value ip-dscp-value ip-dscp-value ip-dscp-value ip-dscp-value ip-dscp-value ip-dscp-value]

 
シンタックスの説明

ip-dscp-value

IP DSCP 値の定義に使用される 0 ~ 63 の正確な値を指定します。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

クラスマップ コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(5)XE

このコマンドが追加されました。

12.0(9)S

このコマンドが追加されました。

12.1(2)T

このコマンドが追加されました。

12.4(4)MR

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

1 つの match 文で最大 8 つの IP DSCP 値を照合できます。たとえば、0、1、2、3、4、5、6、または 7 の IP DSCP 値が必要な場合(指定したすべての IP DSCP 値ではなく、1 つの値だけが正常な一致基準であることに注意)、match ip dscp 0 1 2 3 4 5 6 7 コマンドを入力します。

このコマンドはクラス マップで使用され、パケット上の特定の IP DSCP 値マーキングを識別します。ip-dscp-value 引数はマーキングとしてだけ使用されます。IP DSCP 値に数学的な意味はありません。たとえば、ip-dscp-value 2 が 1 より大きいわけではありません。値が示すのは、ip-dscp-value 2 がマーキングされたパケットと ip-dscp-value 1 がマーキングされたパケットの扱いが異なることだけです。これらのマーキングされたパケットの扱いは、ポリシー マップ クラス コンフィギュレーション モードで、QoS ポリシーの設定を使用してユーザが定義します。

次に、priority50 というサービス ポリシーを設定し、サービス ポリシー priority50 をインターフェイスに付加する例を示します。この例では、ipdscp15 というクラス マップで、インターフェイス ギガビット イーサネット 0/0 に着信するすべてのパケットについて IP DSCP 値が 15 かどうかが判別されます。着信パケットの IP DSCP 値が 15 にマーク付けされている場合、そのパケットはプライオリティ レベル 55 で処理されます。

Router(config)# class-map ipdscp15
Router(config-cmap)# match ip dscp 15
Router(config-cmap)# exit
Router(config)# policy-map priority55
Router(config-pmap)# class ipdscp15
Router(config-pmap-c)# priority55
Router(config-pmap-c)# exit
Router(config-pmap)# exit
Router(config)# interface GigabitEthernet0/0
Router(config-if)# service-policy input priority55
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

class-map

パケットと指定したクラスを照合するために使用されるクラス マップを作成します。

policy-map

サービス ポリシーを指定するために 1 つ以上のインターフェイスに対応付けることができるポリシー マップを作成または変更します。

service-policy

ポリシー マップを入力インターフェイスまたは VC(もしくは出力インターフェイスまたは VC)に付加して、そのインターフェイスまたは VC のサービス ポリシーとして使用します。

set ip dscp

トラフィック クラス内のパケットに IP DSCP 値をマーキングします。

show class-map

すべてのクラス マップおよびその一致基準を表示します。

mode y-cable

Voice/WAN Interface Card(VWIC; 音声または WAN インターフェイス カード)または High-speed WAN Interface Card(HWIC; 高速 WAN インターフェイス カード)上のリレーを手動で制御できるコマンド モードにアクセスするには、冗長コンフィギュレーション モードで mode y-cable コマンドを使用します。

mode y-cable

 
シンタックスの説明

このコマンドにパラメータはありません。コマンドにより Y 字型ケーブル モードが起動されます。

 
デフォルト

デフォルトの設定または動作はありません。

 
コマンド モード

冗長コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(8)MC2

このコマンドが追加されました。

12.2(15)MC1

このコマンドが追加されました。

12.3(11)T

このコマンドが追加されました。

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

次に、Y 字型ケーブル モードをイネーブルにする例を示します。

Router(config)# redundancy
Router(config-r)# mode y-cable

 
関連コマンド

コマンド
説明

standalone

Cisco 3825 ルータをスタンドアロン デバイスとして使用し、手動でリレーを設定するかどうかを指定します。

standby use-interface

ループバック インターフェイスをヘルス インターフェイスまたはリバーティブ インターフェイスとして指定します。

redundancy

冗長モードを起動します。

mpls ip

指定したインターフェイスの通常のルーテッド パスで IPv4 パケットの MPLS フォワーディングをイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで mpls ip コマンドを使用します。この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

mpls ip

no mpls ip

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

インターフェイスの通常のルーテッド パスで IPv4 パケットを MPLS フォワーディングする機能はディセーブルになっています。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(10)ST

このコマンドが追加されました。

12.0(14)ST

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.0(14)ST に統合されました。

12.1(2)T

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.1(2)T に統合されました。

12.1(8a)E

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.1(8a)E に統合されました。

12.2(2)T

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.2(2)T に統合されました。

12.2(4)T

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.2(4)T に統合されました。

12.2(8)T

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.2(8)T に統合されました。

12.0(21)ST

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.0(21)ST に統合されました。

12.0(22)S

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.0(22)S に統合されました。

12.0(23)S

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.0(23)S に統合されました。

12.2(13)T

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.2(13)T に統合されました。

12.4(16)MR

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.4(16)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

通常のルーテッド パスで IPv4 パケットを MPLS フォワーディングする機能は、ダイナミック ラベル スイッチングとも呼ばれます。プラットフォームでダイナミック ラベル スイッチングがイネーブルになっている場合、インターフェイス上でこのコマンドを実行すると、近隣探索 HELLO メッセージの定期送信によりインターフェイスでラベル配布が開始されます。インターフェイスを経由してルーティングされる宛先の出ラベルがわかっている場合、宛先のパケットにその出ラベルが付され、インターフェイスを経由してフォワーディングされます。

このコマンドの no 形式を使用すると、インターフェイスを経由してルーティングされるパケットはラベルなしで送信されます。また、インターフェイスのラベル配布も終了します。しかし、このインターフェイスを使用する Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)トンネルを経由するラベル付きパケットの送信が、コマンドの no 形式による影響を受けることはありません。

LC-ATM インターフェイスの場合、このコマンドの no 形式を使用すると、このインターフェイスで開始または終端、もしくはこのインターフェイスを経由する Label Virtual Circuit(LVC)の確立が妨げられます。

次に、指定したイーサネット インターフェイスでラベル スイッチングをイネーブルにする例を示します。

Router# config t
Router(config)# configure terminal
Router(config-if)# interface Ethernet 0/1/0
Router(config-if)# mpls ip
Router(config-if)# exit
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls ldp maxhops

ダウンストリームオンデマンド方式のラベル配布により確立されるラベル スイッチド パス(LSP)で許可されるホップ数を制限します。

show mpls interfaces

ラベル スイッチング用に設定された 1 つ以上のインターフェイスに関する情報を表示します。

pseudowire-class

レイヤ 2 擬似回線クラスの名前を指定し、pseudowire-class コンフィギュレーション モードを開始するには、グローバル コンフィギュレーション モードで pseudowire-class コマンドを使用します。

pseudowire-class [ pw-class-name ]

 
シンタックスの説明

pw-class-name

(必須)レイヤ 2 擬似回線クラスの名前

 
デフォルト

擬似回線クラスは定義されていません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(23)S

このコマンドが追加されました。

12.3(2)T

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.3(2)T に統合されました。

12.4(12)MR2

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.4(12)MR2 に統合されました。

 
使用上のガイドライン

pseudowire-class コマンドでは、擬似回線クラス テンプレートを設定します。このテンプレートはクラスにバインドされたすべての接続回線が使用するコンフィギュレーション設定で構成されます。擬似回線クラスには、次のコンフィギュレーション設定が含まれます。

データ カプセル化タイプ

制御プロトコル

シーケンシング

ローカルのレイヤ 2 インターフェイスの IP アドレス

IP ヘッダーのタイプ オブ サービス(ToS)値

pseudowire-class コマンドを入力すると、ルータは擬似回線(PW)設定を行う擬似回線クラス コンフィギュレーション モードに切り替わります。

次に、擬似回線クラス コンフィギュレーション モードを開始して「ether-pw」という名前の PW コンフィギュレーション テンプレートを設定する例を示します。

Router# config t
Router(config)# pseudowire-class l2tp
Router(config-pw-class)# encapsulation l2tpv3
Router(config-pw-class)# exit
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

l2tp-class

異なる擬似回線クラスに継承できる L2TP コントロール プレーン コンフィギュレーション設定のテンプレートを作成し、L2TP クラス コンフィギュレーション モードを開始します。

pseudowire

接続回線を xconnect サービスのレイヤ 2 PW にバインドします。

xconnect

接続回線を xconnect サービスの L2TPv3 PW にバインドし、xconnect コンフィギュレーション モードを開始します。

pw-pvc

相手先固定接続(PVC)マッピングを設定、または PVC 用に設定された擬似回線(PW)を書き換えるには、pw-pvc コマンドを使用します。このコマンドでは、指定した PVC 向けの PW パケットの送受信時に PW パケットのペイロード内で使用される PW 側の vpi/vci 値を指定します。

pw-pvc [pw-vpi]/[pw-vci]

 
シンタックスの説明

pw-vpi

擬似回線側の vpi 値

pw-vci

擬似回線側の vci 値

 
デフォルト

デフォルトでは、PW 側の vpi/vci 値は接続回線側のものと同じ値です。

 
コマンド モード

l2transport VC モード

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR2

このコマンドが追加されました。

次に、pw-pvc コマンドの使用例を示します。

Router# config t
Router(config-if)# pvc 0/40 l2transport
Router(config-if-atm-l2trans-pvc)# encapsulation aal0
Router(config-if-atm-l2trans-pvc)# pw-pvc 1/40
Router(config-if-atm-l2trans-pvc)# xconnect 1.1.1.1 40 encapsulation mpls
Router(config-if-atm-l2trans-pvc-xconn)# exit
Router(config-if-atm-l2trans-pvc)# exit
Router(config-if)# exit
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

xconnect

xconnect コマンドは、サポートされるいずれかのコンフィギュレーション モードで、接続回線を PW にバインドするために使用します。

redundancy

冗長性に関する設定ができるコマンド モードにアクセスするには、グローバル コンフィギュレーション モードで redundancy コマンドを使用します。

redundancy

 
シンタックスの説明

このコマンドにパラメータはありません。コマンドにより冗長モードが起動されます。

 
デフォルト

デフォルトの設定または動作はありません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(8)MC2

このコマンドが追加されました。

12.2(15)MC1

このコマンドが追加されました。

12.3(11)T

このコマンドが追加されました。

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

次に、冗長モードをイネーブルにする例を示します。

Router(config)# redundancy
Router(config-r)

 
関連コマンド

コマンド
説明

mode y-cable

Y 字型ケーブル モードを起動します。

standalone

Cisco 3825 ルータをスタンドアロン デバイスとして使用し、手動でリレーを設定するかどうかを指定します。

standby use-interface

ループバック インターフェイスをヘルス インターフェイスまたはリバーティブ インターフェイスとして指定します。

sample-rate

ハードウェアが接続回線上のデータをサンプリングするレートをミリ秒の単位で指定するには、回線エミュレーション(CEM)回線コンフィギュレーション モードで sample-rate コマンドを使用します。

sample-rate [sample-rate]

 
シンタックスの説明

sample rate

サンプル レートは回線上に送信される payload-size に変換されます。デフォルトは 1 ms です。

32 タイムスロット(1 ms)= 256 バイト(32 タイムスロット x 8 バイト/タイムスロット/ms)

24 タイムスロット(2 ms)= 384 バイト(24 タイムスロット x 16 バイト/タイムスロット/ms)

 
コマンド モード

CEM 回線コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(12)MR2

このコマンドが追加されました。

次に、sample-rate コマンドの使用例を示します。

Router# config t
Router(config)# interface cem 0/0/0
Router(config-if)# no ip address
Router(config-if)# cem 0
Router(config-if-cem)# sample-rate 2
Router(config-if-cem)# xconnect 10.10.10.10 200 encapsulation mpls
Router(config-if-cem-xconn)# exit
Router(config-if-cem)# exit
Router(config-if)# exit
Router(config)# exit

 
関連コマンド xconnect 10.10.10.10 200 encapsulation mpls

コマンド
説明

cem

CEM クラスを適用します。

cem class

指定の <cem-class-name> に定義された CEM インターフェイス パラメータを回線に適用します。

class cem

CEM インターフェイスにまとめて適用される、クラスの CEM インターフェイス パラメータを、グローバル コンフィギュレーション モードで設定します。

scrambling-payload

データの信頼性を向上するには、ATM セルのペイロード フレームをランダム化します。これにより非可変のビット パターンが連続しなくなり、ATM のセル識別アルゴリズムの効率が向上します。ランダム化(スクランブリング)するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで scrambling-payload コマンドを使用します。no 形式を使用するとスクランブリングがディセーブルになります。

scrambling-payload

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトでは、ペイロード スクランブリングは E1 リンクでオン、T1 リンクでオフです。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(5)XE

このコマンドが追加されました。

12.4(4)MR

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

通常はデフォルトの値で十分なため、 scrambling-payload コマンドを明示的に実行する必要はありません。T1 リンクでは、デフォルトの B8ZS 回線符号化で通常十分な信頼性が確保されます。スクランブリング設定は遠端の設定と一致する必要があります。

次に、ATM コンフィギュレーションでの scrambling-payload コマンドの例を示します。

Router(config)# interface ATM0/0/0
Router(config-if)# no ip address
Router(config-if)# no atm ilmi-keepalive
Router(config-if)# ima-group 0
Router(config-if)# scrambling-payload

 

sequencing

レイヤ 2 擬似回線(PW)のデータ パケットのシーケンシングをイネーブルにする方向を設定するには、擬似回線クラス コンフィギュレーション モードで sequencing コマンドを使用します。擬似回線クラスからシーケンシング コンフィギュレーションを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

sequencing {transmit | receive | both | resync { number }}

no sequencing {transmit | receive | both | resync { number }}

 
シンタックスの説明

transmit

使用するデータ カプセル化方式に従って PW 上に送信されるデータ パケットの、ヘッダーのシーケンス番号フィールドをアップデートします。

receive

PW 上で受信したデータ パケットの、ヘッダーのシーケンス番号フィールドの値を維持します。順序外のパケットはドロップされます。

both

transmit および receive の両方のオプションをイネーブルにします。

resync

ディスポジション ルータが指定した数の順序外パケットを受信したらパケット シーケンシングをリセットすることをイネーブルにします。

number

パケット シーケンシングがリセットされる、順序外パケットの数。指定できる範囲は、5 ~ 65,535 です。

 
デフォルト

シーケンシングはディセーブルになっています。

 
コマンド モード

擬似回線クラス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(23)S

このコマンドがレイヤ 2 トンネル プロトコル バージョン 3(L2TPv3)に追加されました。

12.0(29)S

Any Transport over MPLS(AToM)をサポートするように、このコマンドがアップデートされました。

12.0(30)S

resync キーワードが追加されました。

12.3(2)T

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.3(2)T に統合されました。

12.4(12)MR2

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.4(12)MR2 に統合されました。

 
使用上のガイドライン

任意の使用可能なオプションでシーケンシングをイネーブルにすると、シーケンス番号の送信が自動的にイネーブルになり、リモートのプロバイダー エッジ(PE)ピアにシーケンス番号を送信するように要求します。PW 上で受信した順序外パケットは、sequencing receive または sequencing both コマンドを使用した場合にだけドロップされます。

ディスポジション ルータが多くの順序外パケットを受信する場合は、resync キーワードを指定すると効果的です。ルータは、ドロップする順序外パケットが多すぎる状況から回復できます。

低速パスではパケットが順序外になるおそれがあるため、パケットがローカル CPU に渡される前にシーケンス番号を 0 に設定します。


) シーケンシングにより CEM 回線の値が上書きされることはありません。


次に、「ether-pw」という名前の擬似回線クラスから作成されたレイヤ 2 PW で、データ パケットのシーケンシングをイネーブルにする例を示します。ここでは PW 上で送受信されるデータ パケットの、トンネリングされるパケット ヘッダーのシーケンス番号フィールドがアップデートされます。

Router# config t
Router(config)# pseudowire-class mpls
Router(config-pw-class)# encapsulation mpls
Router(config-pw-class)# sequencing both
Router(config-pw-class)# exit
Router(config)# exit

 

次に、ディスポジション ルータが 1,000 個の順序外パケットを受信したらパケット シーケンシングをリセットする例を示します。

Router# config t
Router(config)# pseudowire-class mpls
Router(config-pw-class)# encapsulation mpls
Router(config-pw-class)# sequencing both
Router(config-pw-class)# sequencing resync 1000
Router(config-pw-class)# exit
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip cef

Route Processor カードで Cisco Express Forwarding(CEF)をイネーブルにします。

pseudowire-class

L2TP 擬似回線クラスの名前を指定し、擬似回線クラス コンフィギュレーション モードを開始します。

show atm cell-packing

システムに設定した Layer 2 Attachment Circuit(AC; アタッチメント回線)のセル パッキング情報を表示するには、EXEC モードで show atm cell-packing コマンドを使用します。

show atm cell-packing

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.4.1

このコマンドが Cisco XR 12000 シリーズ ルータに追加されました。

12.4(12)MR2

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.4(12)MR2 に統合されました。

次に、show atm cell-packing コマンドの出力例を示します。

Router# show atm cell-packing
avg # avg #
 
Circuit local cells/pkt negotiated cells/pkt MCPT
Type MNCP rcvd MNCP sent (us)
ATM0/2/0/1.200 vc 1/200 1 0 1 0 50
ATM0/2/0/1.300 vc 1/300 1 0 1 0 50
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

cell-packing

複数の ATM セルを各 MPLS パケットまたは L2TPv3 パケットにパッキングします。

atm cell-packing

複数の ATM セルを各 MPLS パケットまたは L2TPv3 パケットにパッキングします。

show cem circuit

回線エミュレーション(CEM)回線のサマリーを表示するには、特権 EXEC モードで show cem circuit コマンドを使用します。

show cem circuit [ cem-id ]

 
シンタックスの説明

cem-id

(任意)CEM グループ コンフィギュレーション モードで設定された回線を指定します。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(12)MR2

このコマンドが追加されました。

次に、このコマンドの出力例を示します。

Router# show cem circuit
CEM Int. ID Ctrlr Admin Circuit AC
--------------------------------------------------------------
CEM0/0/0 0 UP UP Enabled UP
CEM0/0/1 1 UP UP Enabled UP
CEM0/1/0 2 UP UP Enabled UP
CEM0/1/1 3 UP UP Enabled UP
CEM0/2/0 4 UP UP Enabled UP
CEM0/2/1 5 UP UP Enabled UP
 
 
Router# show cem circuit 5
 
CEM0/2/1, ID: 5, Line: UP, Admin: UP, Ckt: Enabled
Controller state: up
Idle Pattern: 0xFF, Idle cas: 0x8
Dejitter: 4, Sample Rate: 1, Payload Size: 192
Framing: Framed, (DS0 channels: 1-24)
CEM Defects Set
None
 
Signalling: No CAS
RTP: No RTP
 
Ingress Pkts: 527521938 Dropped: 0
Egress Pkts: 527521938 Dropped: 0
 
CEM Counter Details
Input Errors: 0 Output Errors: 0
Pkts Missing: 0 Pkts Reordered: 0
Misorder Drops: 0 JitterBuf Underrun: 0
Error Sec: 0 Severly Errored Sec: 0
Unavailable Sec: 0 Failure Counts: 0
Pkts Malformed: 0

 
関連コマンド

コマンド
説明

show cem circuit detail

すべての CEM 回線に関する詳細情報を表示します。

show cem platform

すべての CEM 回線についてプラットフォーム固有のエラー カウンタを表示します。

show cem platform errors

すべての CEM 回線についてプラットフォーム固有のエラー カウンタを表示します。

show cem platform

すべての回線エミュレーション(CEM)回線についてプラットフォーム固有のエラー カウンタを表示するには、特権 EXEC モードで show cem platform コマンドを使用します。

show cem platform [interface]

 
シンタックスの説明

interface

(任意)CEM インターフェイスを指定します(例:CEM0/0/1)

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(12)MR2

このコマンドが追加されました。

次に、このコマンドの出力例を示します。

Router# show cem platform
CEM0/0/0 errors:
net2cem_drops =============== 50/527658758
net2cem_drops_underflow === 26
net2cem_drops_overflow ==== 24
Last cleared 6d02h
CEM0/0/1 errors:
net2cem_drops =============== 50/527658759
net2cem_drops_underflow === 25
net2cem_drops_overflow ==== 25
Last cleared 6d02h
CEM0/1/0 errors:
net2cem_drops =============== 2/526990836
net2cem_drops_overflow ==== 2
Last cleared never
CEM0/1/1 errors:
net2cem_drops =============== 1/526982274
net2cem_drops_overflow ==== 1
Last cleared never
CEM0/2/0 errors:
net2cem_drops =============== 51/527658758
net2cem_drops_underflow === 26
net2cem_drops_overflow ==== 25
Last cleared 6d02h
CEM0/2/1 errors:
net2cem_drops =============== 48/527660498
net2cem_drops_underflow === 24
net2cem_drops_overflow ==== 24
Last cleared 6d02h
 
Router# show cem platform cem0/0/1
CEM0/0/1 errors:
net2cem_drops =============== 50/527678398
net2cem_drops_underflow === 25
net2cem_drops_overflow ==== 25
Last cleared 6d02h

 
関連コマンド

コマンド
説明

show cem circuit

CEM 回線のサマリーを表示します。

show cem circuit detail

すべての CEM 回線に関する詳細情報を表示します。

show cem platform errors

すべての CEM 回線についてプラットフォーム固有のエラー カウンタを表示します。

show connection

インターワーキング接続のステータスを表示するには、特権 EXEC モードで show connection コマンドを使用します。

show connection [all | element | id ID | name name | port port ]

 
シンタックスの説明

all

(任意)すべてのインターワーキング接続に関する情報を表示します。

element

(任意)指定した接続要素に関する情報を表示します。

id ID

(任意)指定した接続 ID に関する情報を表示します。

name name

(任意)指定した接続名に関する情報を表示します。

port port

(任意)インターフェイス上のすべての接続に関する情報を表示します(Cisco IOS リリース 12.0S では ATM、シリアルだけ)。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.1(2)T

このコマンドが show connect (FR-ATM)として追加されました。

12.0(27)S

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.0(27)S に統合され、すべての ATM、シリアル、およびファスト イーサネット インターワーキング接続が表示されるようにアップデートされました。

12.2(25)S

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.2(25)S に統合されました。

12.4(2)T

このコマンドの出力が変更され、セグメント ステートおよびチャネル ID の Segment 1 フィールドおよび Segment 2 フィールドが追加されました。

12.0(30)S

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.0(30)S に統合されました。

12.2(28)SB

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.2(28)SB に統合されました。

12.4(8)

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.4(8) に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.2(33)SRA に統合されました。

12.4(11)T

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.4(11)T に統合されました。

12.2SX

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.2SX トレインでサポートされました。このトレインの特定の 12.2SX リリースでのサポートは、使用する機能セット、プラットフォームおよびプラットフォーム ハードウェアにより異なります。

次に、ルータ上のローカル インターワーキング接続の例を示します。

Router# show connection
ID Name Segment 1 Segment 2 State
========================================================================
1 conn1 ATM 1/0/0 AAL5 0/100 ATM 2/0/0 AAL5 0/100 UP
2 conn2 ATM 2/0/0 AAL5 0/300 Serial0/1 16 UP
3 conn3 ATM 2/0/0 AAL5 0/400 FA 0/0.1 10 UP
4 conn4 ATM 1/0/0 CELL 0/500 ATM 2/0/0 CELL 0/500 UP
5 conn5 ATM 1/0/0 CELL 100 ATM 2/0/0 CELL 100 UP
 

表 1 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 1 show connection のフィールドの説明

フィールド
説明

ID

オペレーティング システムにより割り当てられる任意の接続識別情報

Name

接続名

Segment 1

Segment 2

インターワーキング セグメントに関する情報。次のものが含まれます。

インターフェイス名および番号

セグメント ステート、インターフェイス名および番号、およびチャネル ID。セグメントの状態が UP の場合、セグメント ステートには何も表示されません。セグメントの状態が DOWN の場合は「-」が、DETACHED の場合は「***Card Removed***」が表示されます。

インターフェイスに割り当てられているカプセル化タイプ(該当する場合)

ATM インターフェイスに割り当てられている相手先固定接続(PVC)、シリアル インターフェイスに割り当てられている Data-Link Connection Identifier(DLCI; データリンク接続識別子)、またはイーサネット インターフェイスに割り当てられている VLAN ID。

State or Status

接続のステータス。INVALID、UP、ADMIN UP、ADMIN DOWN、OPER DOWN、COMING UP、NOT VERIFIED、ERR のいずれか。

 
関連コマンド

コマンド
説明

connect(L2VPN ローカル スイッチング)

ルータ上の 2 つの異種または同種のインターフェイスを接続します。

show atm pvc

ATM PVC および SVC のステータスを表示します。

show frame-relay pvc

フレームリレー インターフェイスのステータスを表示します。

show gsm-abis efficiency

Global System for Mobile Communications(GSM)圧縮/圧縮解除効率の履歴を 1 秒、5 秒、1 分、5 分、および 1 時間ごとの平均で表示するには、特権 EXEC モードで show gsm-abis efficiency コマンドを使用します。効率は、GSM データを抑制する圧縮/圧縮解除アルゴリズムを使用することで得られる帯域幅の削減割合として定義されます。

show gsm-abis efficiency [ history ]

 
シンタックスの説明

history

効率のグラフ表示を作成します。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

次に、このコマンドの出力例を示します。

Router# show gsm-abis efficiency ser0/1/0:0
GSM-Abis(Serial0/2:0): efficiency (1sec/5sec/1min/5min/1hr) units(%%)
compression efficiency (091/091/091/091/---) estimate
decompression efficiency (091/091/091/091/---)
 
Router# sh gsm eff history ser0/1/0:0
 
mwr1 04:00:00 PM Tuesday Apr 5 2005 est
 
 
9999999999999999999999999999999999999999999999999999999999
1111111111111111111111111111111111111111111111111111111111
100
90 ************************************************************
80 ************************************************************
70 ************************************************************
60 ************************************************************
50 ************************************************************
40 ************************************************************
30 ************************************************************
20 ************************************************************
10 ************************************************************
0....5....1....1....2....2....3....3....4....4....5....5....
0 5 0 5 0 5 0 5 0 5
GSM-Abis(Serial0/1/0:0) compression efficiency%/sec (last 60 secs)
 
999999999
111111111
100
90 ########*
80 #########
70 #########
60 #########
50 #########
40 #########
30 #########
20 #########
10 #########
0....5....1....1....2....2....3....3....4....4....5....5....
0 5 0 5 0 5 0 5 0 5
GSM-Abis(Serial0/1/0:0) compression efficiency%/min (last 60 mins)
* = maximum eff% # = average eff%
 
 
 
100
90
80
70
60
50
40
30
20
10
0....5....1....1....2....2....3....3....4....4....5....5....6....6....7.
0 5 0 5 0 5 0 5 0 5 0 5 0
GSM-Abis(Serial0/1/0:0) compression efficiency%/hr (last 72 hrs)
* = maximum eff% # = average eff%
 
 
mwr1 04:00:03 PM Tuesday Apr 5 2005 est
 
 
9999999999999999999999999999999999999999999999999999999999
1111111111111111111111111111111111111111111111111111111111
100
90 ************************************************************
80 ************************************************************
70 ************************************************************
60 ************************************************************
50 ************************************************************
40 ************************************************************
30 ************************************************************
20 ************************************************************
10 ************************************************************
0....5....1....1....2....2....3....3....4....4....5....5....
0 5 0 5 0 5 0 5 0 5
GSM-Abis(Serial0/1/0:0) decompression efficiency%/sec (last 60 secs)
 
999999999
111111111
100
90 ########*
80 #########
70 #########
60 #########
50 #########
40 #########
30 #########
20 #########
10 #########
0....5....1....1....2....2....3....3....4....4....5....5....
0 5 0 5 0 5 0 5 0 5
GSM-Abis(Serial0/1/0:0) decompression efficiency%/min (last 60 mins)
* = maximum eff% # = average eff%
 
 
 
100
90
80
70
60
50
40
30
20
10
0....5....1....1....2....2....3....3....4....4....5....5....6....6....7.
0 5 0 5 0 5 0 5 0 5 0 5 0
GSM-Abis(Serial0/1/0:0) decompression efficiency%/hr (last 72 hrs)
* = maximum eff% # = average eff%
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear gsm-abis

表示されている統計情報をクリアします。

show gsm-abis errors

GSM 圧縮/圧縮解除に関するエラー統計カウンタを表示するには、特権 EXEC モードで show gsm-abis errors コマンドを使用します。

show gsm-abis errors

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

12.4(9)MR

このコマンドで出力される内容が変更されました。

次に、このコマンドの出力例を示します。

Router# show gsm-abis errors
GSM-Abis(Serial0/1/0:0): backhaul_rxLostPakInd =========== 1/431956
GSM-Abis(Serial0/1/0:0): backhaul_txLostPakInd =========== 1/432539
GSM-Abis(Serial0/1/0:0): backhaul_missedPaks ============= 654/431956
GSM-Abis(Serial0/1/0:0): backhaul_latePaks =============== 591
GSM-Abis(Serial0/1/0:0): backhaul_lostPaks =============== 1
GSM-Abis(Serial0/1/0:0): backhaul_txRset ================= 33
GSM-Abis(Serial0/1/0:0): backhaul_overun ================= 29
GSM-Abis(Serial0/1/0:0): compression_failures ============ 39661
GSM-Abis(Serial0/1/0:0): backhaul_congestion_drops ======= 39661
GSM-Abis(Serial0/1/0:0): backhaul_congestion_events ====== 1
GSM-Abis(Serial0/1/0:0): backhaul_congestion_duration(sec) == 80
GSM-Abis(Serial0/1/0:0): backhaul_congestion_bytes ========== 16498976
Last cleared 00:14:24
 

表 A-2 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

表 A-2 show gsm-abis errors のフィールドの説明

フィールド
説明

tx_gsmPak_failures

GSM-Abis パッカーの送信に失敗しました。

txPtcl_no_memory

パーティクルが使用できません。getparticle() エラーなどです。

backhaul_peer_not_ready

バックホール ピアは入力準備ができていません。

backhaul_peer_not_active

バックホール ピアはアクティブでありません。

バックホール ピアは最初にアクティブにマーク付けされています。

バックホール ピアをピアから受信します。

backhaul_invalid_pak

受信した backhaulPak が無効です。

理由を示す errCode が戻ります。

backhaul_rxLostPakInd

受信 backhaul_lostPak インジケータ

backhaul_txLostPakInd

送信 backhaul_lostPak インジケータ

backhaul_missedPak

受信した backhaulPak が紛失したかドロップしました。

backhaul_latePaks

着信したバックホール パケットは txParticles にデータを入力するために間に合いませんでした(バックホール パケットの紛失または遅延)。

backhaul_lostPaks

バックホール パケットが紛失しました。

backhaul_txPtcl_no_memory

パーティクルが使用できません。getparticle () エラーなどです。

backhaul_txReset

txBufferRing のリセットによりパケットが紛失しました。

decompression_failures

入力 backhaulPak の圧縮解除に失敗しました。

compression_failures

入力 GSM パケットの圧縮に失敗しました。

no-backhaul_pak_available

backhaulPak バッファ用のメモリがありません。

no-backhaul_interface

設定されているリモート ipAddr に対応する出力インターフェイスが見つかりませんでした。

backhaul_interface_down

バックホールに使用されるインターフェイスがアクティブではありません。

backhaul_encap_failures

pak-encap が失敗しました。

backhaul_qos_classify_drops

QoS 分類のドロップ数

rxInterrupt_failures

予期しない rxInterrupt によって紛失した Abis パケットの数

abis_late

GSM-Abis rxInterrupt が遅すぎました。

abis_early

GSM-Abis rxInterrupt が早すぎました。

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear gsm-abis

表示されている統計情報をクリアします。

show gsm-abis packets

GSM 圧縮/圧縮解除に関するパケット統計カウンタを表示するには、特権 EXEC モードで show gsm-abis packets コマンドを使用します。特定の設定レベル(100 ~ 5100 ms)での反復サブレート サンプル数を見るには、include retransmit を追加します。

show gsm-abis packets

show gsm-abis packets | include retransmit

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

12.4(9)MR

このコマンドで出力される内容が変更されました。

次に、show gsm-abis packets コマンドにより生成される出力の例を示します。

Router# show gsm-abis packets
GSM-Abis(Serial0/1/0:0): packets:
rxGSM_count =================== 164011
txGSM_count ================= 164011
rxBackhaul_packets ========== 163428
txBackhaul_packets ========== 164011
rxBackhaul_bytes ============ 7649833
txBackhaul_bytes ============ 7638262
rx_sampleCount ============== 40674728
rx_suppressedCount ======== 36629047
rx_retransmittedCount ===== 0
rx_all_presentCount ======= 29
tx_sampleCount ============== 4053144
tx_presentCount =========== 66522
tx_all_presentCount ======= 8
backhaul_forced_inclusions == 1
Last cleared 00:05:27
 

次に、show gsm-abis packets | include retransmit コマンドにより生成される出力の例を示します。

Router# show gsm-abis packet | include retransmit
rx-retransmittedCount ====== 71405

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear gsm-abis

表示されている統計情報をクリアします。

show gsm-abis peering

GSM 圧縮/圧縮解除のピアリングのステータス、統計情報、および履歴を表示するには、特権 EXEC モードで show gsm-abis peering コマンドを使用します。

show gsm-abis peering [ details ]

 
シンタックスの説明

details

ピアリングに関する詳細情報を表示します。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

次に、このコマンドの出力例を示します。

Router# show gsm-abis peering ser0/1/0:0
GSM-Abis(Serial0/1/0:0): Peering Information
GSM-Abis(Serial0/1/0:0): Local (10.10.10.1:5555) States:
GSM-Abis(Serial0/1/0:0): Connect State Is: CONNECTED
GSM-Abis(Serial0/1/0:0): Local Alarm Is: CLEAR (NO ALARM)
GSM-Abis(Serial0/1/0:0): Redundancy State: ACTIVE
GSM-Abis(Serial0/1/0:0): Local Peer Version: 1.0
GSM-Abis(Serial0/1/0:0): Remote (10.10.10.2:5555) States:
GSM-Abis(Serial0/1/0:0): Remote Alarm Is: CLEAR (NO ALARM)
GSM-Abis(Serial0/1/0:0): Remote Peer Version: 1.0
 
Router# show gsm-abis peering detail ser0/1/0:0
GSM-Abis(Serial0/1/0:0): Peering Information (Version 1.0) History with current state at the bottom GSM Peering History:
 
Connect State Is: System Time
------------------ -------------------
DISCONNECT *Apr 26 19:00:20.303
SND_CONNECT *Apr 26 15:48:30.568
ACK_CONNECT *Apr 26 15:48:31.572
**CONNECTED *Apr 26 15:50:57.113
 
Local Peer Is: Conn Info System Time
---------------------- ---------- -------------------
CLEAR (NO ALARM) DISCONNECT *Mar 1 19:00:20.303
SENDING AIS DISCONNECT *Apr 24 15:48:31.980
**CLEAR (NO ALARM) CONNECTED *Apr 26 15:51:04.113
 
Remote Peer Is: Conn Info Local Redundancy System Time
---------------------- ---------- ---------------- -------------------
UNAVAILABLE DISCONNECT STANDBV *Mar 1 19:00:20.303
UNAVAILABLE DISCONNECT ACTIVE *Mar 1 15:50:57.113
RX LOF RED) ALARM CONNECTED ACTIVE *Apr 26 15:50:57.117
**CLEAR (NO ALARM) CONNECTED ACTIVE *Apr 26 15:50:57.117
 
Current System Time: *Apr 26 16:00:33.133 est
 
Peer Pak Info:
No Backhaul Interface ======= 0 packets
Backhaul Encap Failures ===== 0 packets
Get CtrlPak Failures ======== 0 packets
RX Ctrl Paks ================ 7 packets
TX Ctrl Paks ================ 11 packets
Out Of Sequence Paks ======== 1 packets
Out Of Sequence Paks ====== 0 packets
Unsolicited Connect Paks ==== 1 (times)
Unsolicited Connect Paks == 0 (times)
Remove Retransmit Errors ==== 8 (error)
Backhaul QOS classify drops = 0 packets
 
Peer Ctrl Type Info:
Unknown Ctrl Types ========== 0 (times)
Invalid Ctrl Lens =========== 0 (times)
Missed Keepalives =========== 0 (times)
Extra Keepalives ============ 0 (times)
Peer Restarts =============== 5 (times)
Due to Cfg Change ========= 2(times)
Due to Internal Err ======= 1(times)
Due to Lost Keepalive ===== 0 (times)
Due to Interface Down ===== 0 (times)
Due to Critical Pak Lost == 0 (times)
Due to Interface Cleanup == 0 (times)
Due to Excess Seq No Err == 0 (times)
 
Peer Ctrl Variable Info:
peer_enable ================= 1 (on/off)
peer_ready ================== 1 (on/off)
connecting ================== 0 (on/off)
detectAlmErr ================ 1 (on/off)
 
Peer Queue/Memory Info:
Retransmition Contexts Used = 1 (in use)
Data Buffers Used =========== 0 (in use)
Seq Num: tx_fsn/tx_bsn ====== 4/4
Seq Num: rx_fsn/rx_bsn ====== 4/4
Adjacent serial number: ‘FTX1021A44Q’

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear gsm-abis

表示されている統計情報をクリアします。

show gsm-abis traffic

バックホール上で送受信される GSM データについて、1 秒、5 秒、1 分、5 分、および 1 時間ごとにトラフィック レート(単位は bps)を表示するには、特権 EXEC モードで show gsm-abis traffic コマンドを使用します。

show gsm-abis traffic

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(12)MR

このコマンドが追加されました。

次に、このコマンドの出力例を示します。

Router# show gsm-abis traffic
 
GSM-Abis(Serial1/1/0:0): traffic (1sec/5sec/1min/5min/1hr) units(bps)
compression traffic( 964000/ 966758/ 965928/ 965937/ 48831)
decompression traffic( 132000/ 136774/ 134428/ 134430/ 6799)

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear gsm-abis

表示されている統計情報をクリアします。

show ip rtp header-compression

Real-Time Transport Protocol(RTP)ヘッダーの圧縮統計情報を表示するには、show ip rtp header-compression 特権 EXEC コマンドを使用します。

show ip rtp header-compression [type number] [detail]

 
シンタックスの説明

type number

(任意)インターフェイス タイプおよび番号

detail

(任意)各接続の詳細を表示します。

(注) このキーワードは、Cisco 3825 ルータではサポートされません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

11.3

このコマンドが追加されました。

12.1(5)T

Distributed Compressed Real-Time Transport Protocol(dCRTP)機能に関する情報が含まれるように、このコマンドが変更されました。

12.2(8)MC2

このコマンドが追加されました。

12.2(15)MC1

このコマンドが追加されました。

12.3(11)T

このコマンドが追加されました。

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

Router Switch Processor(RSP; ルート スイッチ プロセッサ)上では、 show ip rtp header-compression コマンドに detail キーワードを使用できません。ただし、Versatile Interface Processor(VIP)上では、 show ip rtp header-compression コマンドに detail キーワードを使用できます。VIP 上で show ip rtp header-compression type number detail コマンドを入力すると、特定インターフェイスの RTP ヘッダー圧縮に関する詳細情報が得られます。

次に、show ip rtp header-compression コマンドの出力の例を示します。

Router# show ip rtp header-compression
 
RTP/UDP/IP header compression statistics:
Interface Multilink1 (compression off, IETF, RTP)
Rcvd: 0 total, 0 compressed, 0 errors
0 dropped, 0 buffer copies, 0 buffer failures
Sent: 430 total 429 compressed
15122 bytes saved, 0 bytes sent
0 efficiency improvement factor
Connect: 16 rx slots, 16 tx slots, 0 long searches, 1 misses
99% hit ratio, five minute miss rate 0 misses/sec, 0 max.
 

表 A-3 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 A-3 show ip rtp header-compression のフィールドの説明

フィールド
説明

interface

インターフェイスのタイプと番号。

Rcvd: total

インターフェイスの受信パケット数。

compressed

圧縮されたヘッダーを持つパケット数。

errors

エラー数。

dropped

ドロップされたパケット数。

buffer copies

Cisco 3825 ルータには適用されません。

buffer failures

Cisco 3825 ルータには適用されません。

Sent: total

送信されたパケットの合計数。

compressed

圧縮されたヘッダーを持つ送信パケット数。

bytes saved

圧縮の結果得られた合計削減数(バイト)。

bytes sent

Cisco 3825 ルータには適用されません。

efficiency improvement factor

圧縮により得られた効率。

Connect: rx slots

受信されたスロットの合計数。

tx slots

送信されたスロットの合計数。

long searches

Cisco 3825 ルータには適用されません。

misses

作成された新規ステート数。

hit ratio

既存のステートが修正された回数。

five minute miss rate

平均ミス レート。

max.

最大ミス レート。

negative cache

Cisco 3825 ルータには適用されません。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip rtp compression-connections

インターフェイス上に存在できる RTP ヘッダー圧縮接続数の合計数を指定します。

ip rtp header-compression

RTP ヘッダー圧縮をイネーブルにします。

show l2tp session

すべてのアクティブな L2TP セッションに関する基本情報を表示するには、ユーザ EXEC モードで show l2tp session コマンドを使用します。

show l2tp session

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.1(1)T

Point-to-Point Protocol over Ethernet(PPPoE)情報が表示されるように、このコマンドが機能拡張されました。

12.1(2)T

実イーサネット インターフェイス上の PPPoE セッション情報が表示されるように、このコマンドが機能強化されました。

12.4(12)MR2

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.4(12)MR2 に統合されました。

 
使用上のガイドライン

L2TP を使用しているすべてのアクティブなセッションに関する情報を表示するには、show l2tp session コマンドを使用します。

次に、アクティブな L2TP セッションを持つデバイスでの show l2tp session コマンドの出力の例を示します。

Router# show l2tp session
 
L2TP Session Information Total tunnels 1 sessions 4
 
LocID RemID TunID Username, Intf/ State Last Chg Uniq ID
Vcid, Circuit
9547 61932 2220 100, AT0/0: est 2w6d 1
9580 61966 2220 1100, AT0/1:0/100 est 2w6d 21
9584 61970 2220 1200, AT0/1.1: est 2w6d 29
9595 61981 2220 1101, AT0/1:0/101 est 1w0d 37
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show l2tp domain

NAS 上に設定されている VPDN ドメインおよび DNIS グループをすべて表示します。

show l2tp group

VPDN グループとカスタマー/VPDN プロファイルの対応関係のサマリーを表示したり、DNIS/ドメイン、ロード シェアリング情報、現在のセッション情報などを含む VPDN グループ コンフィギュレーションのサマリーを表示したりします。

show l2tp history failure

障害履歴テーブルの内容を表示します。

show l2tp multilink

すべての VPDN グループに許可されているマルチリンク セッションを表示します。

show l2tp redirect

L2TP リダイレクトおよび転送の統計情報を表示します。

show l2tp session

VPDN のアクティブなレイヤ 2 セッションに関するセッション情報を表示します。

show l2tp tunnel

VPDN のアクティブなレイヤ 2 トンネルに関する情報を表示します。

show l2tp tunnel

すべての L2TP トンネルに関する基本情報を表示するには、ユーザ EXEC モードで show l2tp tunnel コマンドを使用します。

show l2tp tunnel

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

11.2

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.4(12)MR2 に統合されました。

12.1(1)T

Point-to-Point Protocol over Ethernet(PPPoE)情報が表示されるように、このコマンドが機能拡張されました。

12.1(2)T

実イーサネット インターフェイス上の PPPoE セッション情報が表示されるように、このコマンドが機能強化されました。

12.4(12)MR2

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.4(12)MR2 に統合されました。

 
使用上のガイドライン

L2TP を使用するすべてのアクティブなトンネルに関する情報を表示するには、show l2tp tunnel コマンドを使用します。

次に、アクティブな L2F および L2TP トンネルを持つデバイスでの show l2tp tunnel コマンドの出力の例を示します。

Router# show l2tp tunnel
 
L2TP Tunnel Information Total tunnels 1 sessions 4
 
LocID RemID Remote Name State Remote Address Port Sessions L2TP Class/
VPDN Group
2220 55756 mwr2 est 99.99.99.99 0 4 l2tp_default_cl
Router#
Router#
Router#
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show l2tp domain

Network Access Server(NAS; ネットワーク アクセス サーバ)上に設定されている VPDN ドメインおよび DNIS グループをすべて表示します。

show l2tp group

VPDN グループとカスタマー/VPDN プロファイルの対応関係のサマリーを表示したり、DNIS/ドメイン、ロード シェアリング情報、現在のセッション情報などを含む VPDN グループ コンフィギュレーションのサマリーを表示したりします。

show l2tp history failure

障害履歴テーブルの内容を表示します。

show l2tp multilink

すべての VPDN グループに許可されているマルチリンク セッションを表示します。

show l2tp redirect

L2TP リダイレクトおよび転送の統計情報を表示します。

show l2tp session

VPDN のアクティブなレイヤ 2 セッションに関するセッション情報を表示します。

show mpls l2transport vc

ルータ上でレイヤ 2 パケットをルーティングするためにイネーブルにされている Any Transport over MPLS(AToM)Virtual Connections(VC; バーチャル コネクション)に関する情報を表示するには、特権 EXEC モードで show mpls l2transport vc コマンドを使用します。

show mpls l2transport vc {[ vcid vc-id ] | [ vcid vc-id-min vc-id-max ]} [ interface name [ local-circuit-id ]] [ destination ip-address | name ] [ detail ]

 
シンタックスの説明

vcid

(任意)表示する特定の VC ID を入力します。

vc-id

(任意)VC ID 番号

vc-id-min
vc-id-max

(任意)表示する VC の範囲を入力します。範囲は 1 ~ 4294967295 です。この引数は、レガシー実装に主に使用されます。

interface

(任意)レイヤ 2 パケットを転送するためにイネーブルにされているルータのインターフェイスまたはサブインターフェイス。このキーワードを使用すると、そのインターフェイスまたはサブインターフェイス上で VC ID を割り当てられている VC に関する情報を表示できます。

name

(任意)インターフェイスまたはサブインターフェイスの名前

local-circuit-id

(任意)ローカル回線に割り当てられている番号。この引数の値は次の転送タイプだけでサポートされます。

ATM Adaptation Layer 5(AAL5; ATM アダプテーション レイヤ 5)およびセルリレーの場合は、PVC の Virtual Path Identifier/Virtual Channel Identifier(VPI/VCI; 仮想パス識別子/仮想チャネル識別子)を入力します。

イーサネット VLAN の場合は、VLAN 番号を入力します。

destination

(任意)指定したリモート ルータの VC ID を割り当てられている VC に関する情報

ip-address

(任意)リモート ルータの IP アドレス

name

(任意)リモート ルータに割り当てられている名前

detail

(任意)VC ID を割り当てられている VC に関する詳細情報

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)E

このコマンドが追加されました。

12.0(21)ST

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.0(21)ST に統合されました。

12.0(22)S

このコマンドが Cisco 10720 ルータに実装されました。

12.0(23)S

interface および destination キーワードが追加されました。

12.2(14)S

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.2(14)S に統合されました。

12.2(14)SX

このコマンドがスーパーバイザ エンジン 720 に実装されました。

12.2(14)SZ

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.2(14)SZ に統合されました。

12.2(15)T

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.2(15)T に統合されました。

12.2(18)S

このコマンドが Cisco 7304 ルータに実装されました。

12.0(25)S

このコマンドがトンネル選択機能および ATM セルリレー ポート モードに関する情報を表示できるように、新しい出力とフィールドが追加されてアップデートされました。

12.2(17d)SXB

スーパーバイザ エンジン 2 上のこのコマンドのサポートがリリース 12.2 SX に拡張されました。

12.2(25)S

NonStop Forwarding(NSF; ノンストップ フォワーディング)、Stateful Switchover(SSO; ステートフル スイッチオーバー)、および Graceful Restart(GR)機能に対応するように新しい出力とフィールドが追加されて、このコマンドがアップデートされました。

12.2(28)SB

このコマンドが Cisco 10000 シリーズ ルータに実装されました。

Cisco 10000 シリーズ ルータに対応して出力例が変更され、2 つのフィールド(SSO Descriptor および SSM segment/switch ID)はサポートされないので出力から削除されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.2(33)SRA に統合されました。

12.4(16)MR

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.4(16)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

コマンドにキーワードと引数が何も指定されない場合は、すべての VC のサマリーが表示されます。

コマンドの出力は、AToM VC を経由して転送されるレイヤ 2 パケットのタイプによって異なります。

次に、ルータ上でさまざまなレイヤ 2 パケットを転送するように設定されているインターフェイスおよび VC に関する情報を表示する例を示します。

Router# show mpls l2transport vc
 
Local intf Local circuit Dest address VC ID Status
------------- ------------------ --------------- ---------- ----------
AT4/0 ATM AAL5 0/100 10.0.0.1 100 UP
AT4/0 ATM AAL5 0/200 10.0.0.1 200 UP
AT4/0.300 ATM AAL5 0/300 10.0.0.1 300 UP
 

表 A-4 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 A-4 show mpls l2transport vc のフィールドの説明

フィールド
説明

Local intf

レイヤ 2 パケットを転送するためにイネーブルにされているローカル ルータのインターフェイス

Local circuit

ローカル回線のタイプおよび番号(該当する場合)。このカラムに表示される出力は、転送タイプによって異なります。

ATM セルリレーおよび AAL5 の場合、出力には PVC の VPI/VCI が表示されます。

イーサネット VLAN の場合、出力には VLAN 番号が表示されます。

Dest address

VC の他端にあるリモート ルータのインターフェイスの IP アドレス

VC ID

ルータ上のインターフェイスに割り当てられている VC 識別子

Status

VC のステータス。ステータスは、次のいずれかになります。

UP:VC は 2 つの VC エンドポイント間でトラフィックを伝送できる状態です。VC はインポジションおよびディスポジション インターフェイスの両方がプログラミングされている場合にアップになります。

ディスポジション インターフェイスは、VC が設定されていて、クライアント インターフェイスがアップになっている場合にプログラミングされています。

インポジション インターフェイスは、ディスポジション インターフェイスがプログラミングされていて、リモート VC ラベルおよび Interior Gateway Protocol(IGP)ラベルが存在する場合にプログラミングされています。バックツーバック設定では IGP ラベルは暗黙的にヌルに設定できます。IGP ラベルは、ピアに対するラベル スイッチド パス(LSP)が存在することを意味します。

DOWN:VC は 2 つの VC エンドポイント間でトラフィックを伝送する準備ができていません。detail キーワードを使用して、VC がダウンしている理由を確認します。

ADMIN DOWN:VC はユーザによりディセーブルにされています。

RECOVERING:VC は SSO から回復中です。

次に、NSF/SSO および GR 機能に関する情報を表示する例を示します。SSO の部分にはチェックポイント データが(アクティブ側で)送信されたか、(スタンバイ側で)受信されたことが示されます。SSO データが正常に送信されなかった場合または解放された場合には、SSO 情報は表示されません。

Router# show mpls l2transport vc detail
 
Local interface: Fa0/1.1 down, line protocol down, Eth VLAN 2 up
Destination address: 10.55.55.2, VC ID: 1002, VC status: down
Output interface: Fa0/0, imposed label stack {16}
Preferred path: not configured
Default path: active
Tunnel label: imp-null, next hop point2point
Create time: 02:03:29, last status change time: 02:03:26
Signaling protocol: LDP, peer 10.55.55.2:0 down
MPLS VC labels: local 16, remote unassigned
Group ID: local 0, remote unknown
MTU: local 1500, remote unknown
Remote interface description:
Sequencing: receive disabled, send disabled
SSO Descriptor: 10.55.55.2/1002, local label: 16
SSM segment/switch IDs: 12290/8193, PWID: 8193
VC statistics:
packet totals: receive 0, send 0
byte totals: receive 0, send 0
packet drops: receive 0, send 0
 

表 A-5 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 A-5 show mpls l2transport vc のフィールドの説明

フィールド
説明

line protocol

エッジ方向のインターフェイス上の回線プロトコルのステータス

Destination address

この VC に指定されているリモート ルータの IP アドレス。mpls l2transport route コマンドの一部として宛先 IP アドレスを指定します。

Local interface

レイヤ 2 パケットを送受信するためにイネーブルにされているローカル ルータのインターフェイス。インターフェイスは、転送タイプによって異なります。出力にはインターフェイスのステータスも表示されます。

VC ID

ルータ上のインターフェイスに割り当てられている VC 識別子

VC status

VC のステータス。次のいずれかになります。

UP:VC は 2 つの VC エンドポイント間でトラフィックを伝送できる状態です。VC はインポジションおよびディスポジション インターフェイスの両方がプログラミングされている場合にアップになります。

ディスポジション インターフェイスは、VC が設定されていて、クライアント インターフェイスがアップになっている場合にプログラミングされています。

インポジション インターフェイスは、ディスポジション インターフェイスがプログラミングされていて、リモート VC ラベルおよび IGP ラベルが存在する場合にプログラミングされています。バックツーバック設定では IGP ラベルは暗黙的にヌルに設定できます(IGP ラベルは、ピアに対する LSP が存在することを意味します)。

DOWN:VC は 2 つの VC エンドポイント間でトラフィックを伝送する準備ができていません。

ADMIN DOWN:VC はユーザによりディセーブルにされています。

Output interface

レイヤ 2 パケットを送受信するためにイネーブルにされているリモート ルータのインターフェイス

imposed label stack

VC を PE ルータに送信するために使用される MPLS ラベル スタックのサマリー

Preferred path

VC に割り当てられたパスおよびそのパスのステータス。パスは、MPLS トラフィック エンジニアリング トンネルまたは、PE ルータの IP アドレスまたはホスト名です。

Default path

デフォルト パスのステータス。disabled または active です。

デフォルトでは、推奨パスに障害が発生した場合、ルータはデフォルト パスを使用します。ただし、推奨パスの障害時にデフォルト パスを使用しないようにルータを設定するには、preferred-path コマンドに disable-fallback キーワードを指定します。

Create time

VC がプロビジョニングされた時刻

last status change time

VC の状態が最後に変化した時刻

Signaling protocol

MPLS ラベルの送信に使用されたプロトコル タイプ。出力にはピア ルータのステータスも表示されます。

MPLS VC labels

ローカル VC ラベルはディスポジション ラベルです。このラベルにより MPLS バックボーンから着信するパケットの出力インターフェイスが決まります。リモート VC ラベルはリモート ピア ルータのディスポジション VC ラベルです。

Group ID

ローカル グループ ID は VC をローカルでグループ化するために使用します。リモート グループ ID はピアが複数の VC をグループ化するために使用します。

MTU

ローカルおよびリモート インターフェイスに指定されている Maximum Transmission Unit(MTU; 最大伝送ユニット)

Remote interface description

レイヤ 2 パケットを送受信するためにイネーブルにされているリモート ルータのインターフェイス

Sequencing

順序外パケットのシーケンシングがイネーブルかディセーブルかを示します。

Tunnel label

出力インターフェイスを持つ宛先ルータに MPLS バックボーンを経由してパケットをルーティングするために使用される IGP ラベル。出力の最初の部分にはラベルのタイプが表示されます。出力の次の部分にはルート情報が表示されます。

このトンネル ラベル情報には、次のいずれかの状態が表示されます。

imp-null:プロバイダー(P)ルータがなく、トンネル ラベルは使用されません。この他、imp-null が PE ルータ間のトラフィック エンジニアリング トンネルを示す場合があります。

unassigned:ラベルは割り当てられていません。

no route:ラベルがルーティング テーブル内にありません。

no adjacency:ネクストホップの隣接が見つかりません。

not ready, no route:ピアの IP ルートがルーティング テーブル内に存在しません。

not ready, not a host table:ルーティング テーブル内にあるリモート ピア ルータのルートがホスト ルートではありません。

not ready, Cisco Express Forwarding disabled:Cisco Express Forwarding(CEF)がディセーブルです。

not ready, LFIB disabled:MPLS スイッチング サブシステムがディセーブルです。

not ready, label forwarding information base (LFIB) entry present:トンネル ラベルは LFIB 内に存在しますが、VC がダウンしています。

SSO Descriptor

情報がチェックポイントの対象となる VC を示します。

local label

チェックポイントされた(アクティブ Route Processor [RP; ルート プロセッサ] 上で送信され、スタンバイ RP で受信された)ローカル ラベルの値

SSM segment/switch IDs

この VC のコントロール プレーンおよびデータ プレーンのコンテキストを参照するために使用される ID。このデータは、お客様向けではなくシスコの担当者がトラブルシューティングの目的で使用します。Source Specific Multicast(SSM)ID の後に「used」という語が続く場合、チェックポイント データは正常に送信され、解放されていません。

PWID

前述のセグメントのスイッチング コンテキストと MPLS スイッチング コンテキストを関連付けるためにデータ プレーン内で使用される PW ID。このデータは、お客様向けではなくシスコの担当者がトラブルシューティングの目的で使用します。

packet totals

送受信パケット数。受信パケットは MPLS コアから受信した AToM パケットです。送信パケットは MPLS コアに送信した AToM パケットです。ドロップされたパケットは含まれません。

byte totals

コア方向のインターフェイスで送受信されたバイト数。ペイロード、制御ワード(ある場合)、および AToM VC ラベルが含まれます。

packet drops

ドロップされたパケット数

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mpls l2transport summary

ルータ上で AToM レイヤ 2 パケットをルーティングするためにイネーブルにされている VC に関するサマリー情報を表示します。

show redundancy

現在の冗長コンフィギュレーションおよび最近のステータスの変化に関する情報を表示するには、特権 EXEC モードで show redundancy コマンドを使用します。

show redundancy

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(8)MC2

このコマンドが追加されました。

12.2(15)MC1

このコマンドが追加されました。

12.3(11)T

このコマンドが追加されました。

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

standby group name group-name コマンドにおいて、group-name を省略した場合または入力したグループ名が 1 または 2 で始まっていない場合、コンフィギュレーションは失敗し、show redundancy コマンドおよび show standby コマンドで表示される情報に不一致が生じます。

次に、このコマンドの出力例を示します。

Router# show redundancy
MWR3825 is the Active Router
Previous States with most recent at bottom
 
INITL_INITL Dec 31 19:00:00.000
LISTN_INITL Feb 28 19:00:15.568
LISTN_LISTN Feb 28 19:00:15.568
SPEAK_LISTN Feb 28 19:00:18.568
SPEAK_SPEAK Feb 28 19:00:18.568
STDBY_SPEAK Mar 19 08:54:26.191
ACTIV_SPEAK Mar 19 08:54:26.191
ACTIV_STDBY Mar 19 08:54:26.191
ACTIV_ACTIV Mar 19 08:54:26.191
INITL_ACTIV Mar 19 08:56:22.700
INITL_INITL Mar 19 08:56:22.700
INITL_LISTN Mar 19 08:56:28.544
LISTN_LISTN Mar 19 08:56:28.652
LISTN_SPEAK Mar 19 08:56:31.544
SPEAK_SPEAK Mar 19 08:56:31.652
SPEAK_STDBY Mar 19 08:56:34.544
SPEAK_ACTIV Mar 19 08:56:34.544
STDBY_ACTIV Mar 19 08:56:34.652
ACTIV_ACTIV Mar 19 08:56:34.652
INITL_ACTIV Mar 19 10:20:41.455
INITL_INITL Mar 19 10:20:41.455
INITL_LISTN Mar 19 10:20:49.243
LISTN_LISTN Mar 19 10:20:49.299
LISTN_SPEAK Mar 19 10:20:52.244
SPEAK_SPEAK Mar 19 10:20:52.300
SPEAK_STDBY Mar 19 10:20:55.244
STDBY_STDBY Mar 19 10:20:55.300
ACTIV_STDBY Mar 19 10:21:01.692
ACTIV_ACTIV Mar 19 10:21:01.692

 
関連コマンド

コマンド
説明

mode y-cable

Y 字型ケーブル モードを起動します。

redundancy

冗長モードを起動します。

standalone

Cisco 3825 ルータを冗長コンフィギュレーションで使用するのかスタンドアロン コンフィギュレーションで使用するのかを指定します。

standby

HSRP アトリビュートを設定します。

standby use-interface

ヘルス インターフェイスおよびリバーティブ インターフェイスに使用されるインターフェイスを指定します。

show umts-iub congestion

UMTS 輻輳の履歴を表示するには、特権 EXEC モードで show umts-iub congestion コマンドを使用します。

show umts-iub congestion

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(4)MR1

このコマンドが追加されました。

次に、このコマンドの出力例を示します。

Router# show umts congestion atm 0/0/1
UMTS(ATM0/0/1):
Congestion: ON
Throttled ATM cells: 415801
Last congestion time: Dec 13 18:09.858 duration: 0h 0m 53s

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear umts-iub

表示されている統計情報をクリアします。

show umts-iub efficiency

UMTS インターフェイス効率の履歴を 1 秒、5 秒、1 分、5 分、および 1 時間ごとの平均で表示するには、特権 EXEC モードで show umts-iub efficiency コマンドを使用します。効率は、GSM データを抑制する圧縮/圧縮解除アルゴリズムを使用することで得られる帯域幅の削減割合として定義されます。

show umts-iub efficiency [history]

 
シンタックスの説明

history

効率のグラフ表示を作成します。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

次に、このコマンドの出力例を示します。

Router# show umts eff
Router# show umts efficiency atm 0/0/1
UMTS(ATM0/0/1): efficiency (1sec/5sec/1min/5min/1hr) units(%%)
decompression efficiency (100/100/100/100/---)
compression efficiency (100/100/100/100/---)

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear umts-iub

表示されている統計情報をクリアします。

show umts-iub errors

UMTS Iub インターフェイスのエラー統計情報を表示するには、特権 EXEC モードで show umts-iub errors コマンドを使用します。

show umts-iub errors

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

次に、このコマンドの出力例を示します。

例 1:

ピアリング接続がリモート ルータと未接続のときにショートホールからトラフィックを受信

Router# show umts errors atm 0/0/1
UMTS-Iub(ATM0/0/1): backhaul_peer_not_ready ========= 5
 
5 is the number of packets received from shorthaul.
 

例 2

ピアリング接続がアップしていて、ショートホールがリモート ピアリング ルータのショートホール上に設定されていない PVC からトラフィックを受信

Router# show umts errors atm 0/0/1
UMTS-Iub(ATM0/0/1): no_remote_pvc =============== 5
 
5 is also the number of packets.
 

例 3

数値がゼロでない場合にコードが監視するエラー統計情報

 
Router# show umts errors
 
UMTS-Iub(ATM1/1/1): backhaul_peer_not_ready ===== 6
UMTS-Iub(ATM1/1/1): no_remote_pvc =============== 6
UMTS-Iub(ATM1/1/1): backhaul_invalid_pak ======== 1
UMTS-Iub(ATM1/1/1): decompression_failures ====== 1
UMTS-Iub(ATM1/1/1): no_shorthaul_pak_available == 1
UMTS-Iub(ATM1/1/1): compression_failures ======== 1
UMTS-Iub(ATM1/1/1): no_backhaul_pak_available === 1
UMTS-Iub(ATM1/1/1): no_backhaul_interface ======= 1
UMTS-Iub(ATM1/1/1): backhaul_interface_down ===== 1
UMTS-Iub(ATM1/1/1): backhaul_encap_failures ===== 1
UMTS-Iub(ATM1/1/1): umts_encap_failures ========= 1
UMTS-Iub(ATM1/1/1): no_local_pvc ================ 1
UMTS-Iub(ATM1/1/1): no_remote_pvc =============== 1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear umts-iub

表示されている統計情報をクリアします。

show umts-iub packets

UMTS Iub インターフェイスのパケット統計情報を表示するには、特権 EXEC モードで show umts-iub packets コマンドを使用します。

show umts-iub packets

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

12.4(4)MR

バックホール リンクの最大伝送ユニット(MTU)の超過に関連する情報が含まれるように、このコマンドの出力が変更されました([注] を参照)。

次に、このコマンドの出力例を示します。

Router# show umts packets atm 0/1/0
UMTS-Iub(ATM0/1/0): packets:
rxUMTS_count ================ 288799
txUMTS_count ================ 288799
rxUMTS_bytes ================ 13862352
txUMTS_bytes ================ 13862352
rxBackhaul_packets ========== 238484
txBackhaul_packets ========== 247328
rxBackhaul_bytes ============ 156844691
txBackhaul_bytes ============ 15736957
txBackhaul_pak_overrun ====== 0
 

show umts packets コマンドの txBackhaul_pak_overrun の行には、バックホール リンクの MTU が超過された回数が示されます。これは重大な問題の発生やデータの損失を意味しているわけではありません。しかし、umts backhaul-timer を極端に大きな値にした場合、その期間中に使用できるデータ量がバックホールの許容 MTU を超過し、結果として 2 個のバックホール パケットが送信されることがあります。これによって UMTS バックホール効率が下がります。許容 MTU は Multilink Point-to-Point Protocol(MLPPP; マルチリンク ポイントツーポイント プロトコル)の場合に 450 バイトであり、GE など他のバックホールインターフェイスの場合には、バックホール パケットのオーバーヘッド分(約 4 バイト)を除いた物理インターフェイス MTU 値です。


show umts-iub peering

UMTS Iub インターフェイスのピアリングのステータス、統計情報、および履歴を表示するには、特権 EXEC モードで show umts-iub peering コマンドを使用します。

show umts-iub peering [ details ]

 
シンタックスの説明

details

ピアリングに関する詳細情報を表示します。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

12.4(4)MR

このコマンドで、出力に IMA が追加され、また PVC トラフィックの代替バックホールへのオフロード方法およびプライマリ バックホールを経由するアラームの伝送方法が追加されました。

次に、このコマンドの出力例を示します。

例 1

Router# show umts peering atm 0/0/1
UMTS-Iub(ATM0/0/1): Peering Information
UMTS-Iub(ATM0/0/1): Local (40.40.40.40:6666) States:
UMTS-Iub(ATM0/0/1): Connect State: OPEN
UMTS-Iub(ATM0/0/1): Redundancy State: ACTIVE
UMTS-Iub(ATM0/0/1): Alarm State: RX(NO ALARM) TX(NO ALARM)
UMTS-Iub(ATM0/0/1): Version: 1
UMTS-Iub(ATM0/0/1): Remote (40.40.40.41:6666) States:
UMTS-Iub(ATM0/0/1): Alarm State: RX(NO ALARM) TX(NO ALARM)
UMTS-Iub(ATM0/0/1): Version: 1
 

例 2

Router# show umts peering detail atm 0/0/1
UMTS-Iub(ATM0/0/1): Peering Information (Version 1)
05/15/02 02:35:50 AM: BACKHAUL UP INIT --> CLOSED
05/15/02 02:35:50 AM: OPEN CLOSED --> CON_SENT
05/15/02 02:35:50 AM: CLOSE CON_SENT --> CLOSING
05/15/02 02:35:50 AM: OPEN CLOSING --> STOPPING
05/15/02 02:35:59 AM: TIMEOUT- STOPPING --> STOPPED
05/15/02 02:36:28 AM: OPEN STOPPED --> CON_SENT
05/15/02 02:36:28 AM: RCR+ CON_SENT --> ACK_SENT
05/15/02 02:36:28 AM: RCA ACK_SENT --> OPEN
 
 
03/01/02 12:00:37 AM: Local RX(NOT AVAILABLE) TX(NOT AVAILABLE), Remote RX(NOT AVAILABLE) TX(NOT AVAILABLE)
05/15/02 02:35:52 AM: Local RX(NO ALARM ) TX(NO ALARM ), Remote RX(NOT AVAILABLE) TX(NOT AVAILABLE)
05/15/02 02:36:28 AM: Local RX(NO ALARM ) TX(NO ALARM ), Remote RX(NO ALARM ) TX(NO ALARM )
 
 
Peer Info:
No Backhaul Interface ======= 5 packets
Backhaul Encap Failures ===== 2 packets
RX Ctrl Paks ================ 62 packets
RX Ctrl Bytes =============== 2078 bytes
TX Ctrl Paks ================ 62 packets
TX Ctrl Bytes =============== 1365 bytes
Out Of Sequence Paks ======== 0 packets
Backhaul QOS classify drops = 0 packets
Version Mismatch ============ 0 packets
Shorthaul Mismatch ========== 0 times
 
Peer Errors:
No Pak Mem ================== 0 (times)
No Event Mem ================ 0 (times)
No VC Mem =================== 0 (times)
No Alarm Link Mem =========== 0 (times)
No Print Buf ================ 0 (times)
Unknown Msg Type ============ 0 (times)
Unexpected Attrs ============ 0 (times)
RX Msg Length Err =========== 0 (times)
Retransmit Counter Err ====== 0 (times)
NULL Retransmit Err ========= 0 (times)
PVC Delete Mismatch ========= 0 (times)
PVC Add Existing ============ 0 (times)
 

例 3(IMA を含む)

Router# show umts peering
UMTS-Iub(ATM0/IMA0 - ATM0/IMA0): Peering Information
UMTS-Iub(ATM0/IMA0 - ATM0/IMA0): Local (20.20.20.21:6666) States:
UMTS-Iub(ATM0/IMA0 - ATM0/IMA0): Connect State: OPEN
UMTS-Iub(ATM0/IMA0 - ATM0/IMA0): Redundancy State: ACTIVE
UMTS-Iub(ATM0/IMA0 - ATM0/IMA0): Version: 4
UMTS-Iub(ATM0/IMA0 - ATM0/IMA0): Alarm State:
UMTS-Iub(ATM0/0/0 - ATM0/0/0): RX(NO ALARM) TX(NO ALARM)
UMTS-Iub(ATM0/0/1 - ATM0/0/1): RX(NO ALARM) TX(NO ALARM)
UMTS-Iub(ATM0/IMA0 - ATM0/IMA0): Remote (20.20.20.20:6666) States:
UMTS-Iub(ATM0/IMA0 - ATM0/IMA0): Version: 4
UMTS-Iub(ATM0/IMA0 - ATM0/IMA0): Alarm State:
UMTS-Iub(ATM0/0/0 - ATM0/0/0): RX(NO ALARM) TX(NO ALARM)
UMTS-Iub(ATM0/0/1 - ATM0/0/1): RX(NO ALARM) TX(NO ALARM)
 

) 以前の出力では、ダッシュ記号(-)の前にローカル ショートホールまたはインターフェイス名が表示され、ダッシュ記号(-)の後ろにリモート ショートホールまたはインターフェイス名が表示されていました。


例 4(代替バックホール [192.168.10.2 から 192.168.10.1] を含む)

Router# show umts peering
UMTS-Iub(ATM0/IMA0): Peering Information
UMTS-Iub(ATM0/IMA0): Local (20.20.20.21:6666) States:
UMTS-Iub(ATM0/IMA0): Connect State: OPEN
UMTS-Iub(ATM0/IMA0): Redundancy State: ACTIVE
UMTS-Iub(ATM0/IMA0): Version: 3
UMTS-Iub(ATM0/IMA0): Alarm State:
UMTS-Iub(ATM0/0/0) ID(1): RX(NO ALARM) TX(NO ALARM)
UMTS-Iub(ATM0/0/1) ID(2): RX(NO ALARM) TX(NO ALARM)
UMTS-Iub(ATM0/IMA0): Remote (20.20.20.20:6666) States:
UMTS-Iub(ATM0/IMA0): Version: 3
UMTS-Iub(ATM0/IMA0): Alarm State:
UMTS-Iub(ATM0/0/0) ID(1): RX(NO ALARM) TX(NO ALARM)
UMTS-Iub(ATM0/0/1) ID(2): RX(NO ALARM) TX(NO ALARM)
 
UMTS-Iub(ATM0/IMA0.1): Peering Information
UMTS-Iub(ATM0/IMA0.1): Local (192.168.10.2:6666) States:
UMTS-Iub(ATM0/IMA0.1): Connect State: OPEN
UMTS-Iub(ATM0/IMA0.1): Redundancy State: ACTIVE
UMTS-Iub(ATM0/IMA0.1): Version: 3
UMTS-Iub(ATM0/IMA0.1): Remote (192.168.10.1:6666) States:
UMTS-Iub(ATM0/IMA0.1): Version: 3
 

例 5(プライマリ バックホール経由のアラームを含む)

Router# show umts peering
UMTS-Iub(ATM0/IMA0): Peering Information
UMTS-Iub(ATM0/IMA0): Local (20.20.20.21:6666) States:
UMTS-Iub(ATM0/IMA0): Connect State: OPEN
UMTS-Iub(ATM0/IMA0): Redundancy State: ACTIVE
UMTS-Iub(ATM0/IMA0): Version: 3
UMTS-Iub(ATM0/IMA0): Alarm State:
UMTS-Iub(ATM0/0/0) ID(1): RX(NO ALARM) TX(NO ALARM)
UMTS-Iub(ATM0/0/1) ID(2): RX(NO ALARM) TX(NO ALARM)
UMTS-Iub(ATM0/IMA0): Remote (20.20.20.20:6666) States:
UMTS-Iub(ATM0/IMA0): Version: 3
UMTS-Iub(ATM0/IMA0): Alarm State:
UMTS-Iub(ATM0/0/0) ID(1): RX(NO ALARM) TX(NO ALARM)
UMTS-Iub(ATM0/0/1) ID(2): RX(NO ALARM) TX(NO ALARM)
 
UMTS-Iub(ATM0/IMA0.1): Peering Information
UMTS-Iub(ATM0/IMA0.1): Local (192.168.10.2:6666) States:
UMTS-Iub(ATM0/IMA0.1): Connect State: OPEN
UMTS-Iub(ATM0/IMA0.1): Redundancy State: ACTIVE
UMTS-Iub(ATM0/IMA0.1): Version: 3
UMTS-Iub(ATM0/IMA0.1): Remote (192.168.10.1:6666) States:
UMTS-Iub(ATM0/IMA0.1): Version: 3
 

例 6(輻輳制御ステータスを含む)

Router# show umts-iub peering atm 0/ima0
UMTS-Iub(ATM0/IMA0): Peering Information
UMTS-Iub(ATM0/IMA0 - ATM0/IMA1): Local (20.20.20.21:6666) States:
UMTS-Iub(ATM0/IMA0 - ATM0/IMA1): Connect State: OPEN
UMTS-Iub(ATM0/IMA0 - ATM0/IMA1): Redundancy State: ACTIVE
UMTS-Iub(ATM0/IMA0 - ATM0/IMA1): Congestion Control: ON
UMTS-Iub(ATM0/IMA0 - ATM0/IMA1): Version: 4
UMTS-Iub(ATM0/IMA0 - ATM0/IMA1): Alarm State:
UMTS-Iub(ATM0/0/0 - ATM0/2): RX(NO ALARM) TX(NO ALARM)
UMTS-Iub(ATM0/0/1 - ATM0/3): RX(NO ALARM) TX(NO ALARM)
UMTS-Iub(ATM0/IMA0 - ATM0/IMA1): Remote (20.20.20.20:6666) States:
UMTS-Iub(ATM0/IMA0 - ATM0/IMA1): Version: 4
UMTS-Iub(ATM0/IMA0 - ATM0/IMA1): Alarm State:
UMTS-Iub(ATM0/0/0 - ATM0/2): RX(NO ALARM) TX(NO ALARM)
UMTS-Iub(ATM0/0/1 - ATM0/3): RX(NO ALARM) TX(NO ALARM)
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear umts-iub

表示されている統計情報をクリアします。

show umts-iub pvc

UMTS Iub インターフェイスの PVC マッピングを表示するには、特権 EXEC モードで show umts-iub pvc コマンドを使用します。

show umts-iub pvc

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

次に、このコマンドの出力例を示します。

Router# show umts pvc
UMTS(ATM0/0/1): VCD info
VCD Mapping:
Local Index(1) <--> Local VCD(1) <--> Remote Index(1)
 
 
 
Local VCDs (not sent):
 
Local VCDs (sent):
Index(1), VPI/VCI(2/100), Encap(6), SC(0), Peak(1920), Avg/Min(0), Burst Cells(0)
 
Remote VCDs:
Index(1), VPI/VCI(2/100), Encap(6), SC(0), Peak(1920), Avg/Min(0), Burst Cells(0)

show umts-iub traffic

バックホールを経由して送受信される UMTS データについて、1 秒、5 秒、1 分、5 分、および 1 時間ごとにトラフィック レート(単位は bps)を表示するには、特権 EXEC モードで show umts-iub traffic コマンドを使用します。

show umts-iub traffic

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(12)MR

このコマンドが追加されました。

次に、このコマンドの出力例を示します。

Router# show umts-iub traffic
 
UMTS-Iub(ATM1/0/0.1): traffic (1sec/5sec/1min/5min/1hr) units(bps)
compression traffic( 2400/ 2496/ 2495/ 2496/ 203)
decompression traffic( 81120/ 81120/ 80989/ 81006/ 6287)
UMTS-Iub(ATM1/0/0.2): traffic (1sec/5sec/1min/5min/1hr) units(bps)
compression traffic( 0/ 0/ 4/ 4/ 1)
decompression traffic( 0/ 0/ 19/ 19/ 2)

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear umts-iub

表示されている統計情報をクリアします。

show xconnect all

xconnect 接続回線および擬似回線(PW)に関する情報を表示するには、特権 EXEC モードで show xconnect all コマンドを使用します。

show xconnect { all | interface interface | peer ip-address { all | vcid vcid }} [ detail ]

 
シンタックスの説明

all

すべての xconnect 接続回線および PW に関する情報を表示します。

interface interface

指定したインターフェイス上の xconnect 接続回線および PW に関する情報を表示します。interface 引数の有効な値は次のとおりです。

atm number:特定の ATM インターフェイスまたはサブインターフェイスの xconnect 情報を表示します。

atm number vp vpi-value:特定の ATM Virtual Path Identifier(VPI; 仮想パス識別子)の Virtual Path(VP; 仮想パス)xconnect 情報を表示します。このコマンドでは、指定した VPI を使用するバーチャル コネクション(VC)xconnect に関する情報は表示されません。

atm number vp vpi-value/vci-value:ATM VPI および Virtual Circuit Identifier(VCI; 仮想回線識別子)の特定の組み合わせの VC xconnect 情報を表示します。

ethernet number:特定のイーサネット インターフェイスまたはサブインターフェイスのポートモード xconnect 情報を表示します。

fastethernet number:特定のファスト イーサネット インターフェイスまたはサブインターフェイスのポートモード xconnect 情報を表示します。

serial number:特定のシリアル インターフェイスの xconnect 情報を表示します。

serial number dlci-number:特定のフレームリレー データリンク接続識別子(DLCI)の xconnect 情報を表示します。

peer ip-address {all | vcid vcid}

指定したピア IP アドレスに対応付けられた xconnect 接続回線および PW に関する情報を表示します。

all:指定したピア IP アドレスに対応付けられたすべての xconnect 情報を表示します。

vcid vcid:指定したピア IP アドレスと指定した VC ID に対応付けられた xconnect 情報を表示します。

detail

(任意)指定した xconnect 接続回線および PW に関する詳細情報を表示します。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(31)S

このコマンドが追加されました。

12.2(28)SB

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.2(28)SB に統合されました。

12.4(11)T

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.4(11)T に統合されました。

12.2(33)SRB

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.2(33)SRB に統合されました。

12.4(16)MR

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.4(16)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

show xconnect all コマンドは、すべての xconnect 接続回線および PW に関する基本的な情報の表示、ソート、およびフィルタに使用できます。

show xconnect all コマンドの出力を使用すると、xconnect コンフィギュレーションの問題をトラブルシューティングするための適切な手順を判断する際に役立ちます。特定の xconnect タイプに関するさらに具体的な情報は、関連コマンドの表に記載されているコマンドを使用して表示できます。

次に、show xconnect all コマンドの出力を簡略(デフォルト)表示形式で出力した例を示します。

次の例では、ルータ上でさまざまなレイヤ 2 パケットを転送するように設定されたインターフェイスおよび VC に関する情報が表示されています。

Router# show xconnect all
 
Legend: XC ST=Xconnect State, S1=Segment1 State, S2=Segment2 State
UP=Up, DN=Down, AD=Admin Down, IA=Inactive, NH=No Hardware
XC ST Segment 1 S1 Segment 2 S2
------+---------------------------------+--+---------------------------------+--
UP ac Et0/0(Ethernet) UP mpls 10.55.55.2:1000 UP
UP ac Et1/0.1:200(Eth VLAN) UP mpls 10.55.55.2:5200 UP
IA pri ac Et1/0.2:100(Eth VLAN) UP ac Et2/0.2:100(Eth VLAN) UP
UP sec ac Et1/0.2:100(Eth VLAN) UP mpls 10.55.55.3:1101 UP
 

表 A-6 で、これらの出力に表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 A-6 show xconnect all のフィールドの説明

フィールド
説明

XC ST

xconnect 接続回線および PW の状態。有効な状態は次のとおりです。

UP:xconnect 接続回線または PW はアップしています。セグメント 1 およびセグメント 2 の両方がアップしないと xconnect はアップになりません。

DN:xconnect 接続回線または PW はダウンしています。セグメント 1 およびセグメント 2 のいずれか、または両方がダウンしています。

IA:xconnect 接続回線または PW は非アクティブです。この状態は、PW 冗長性が設定されている場合にだけ有効です。

NH:この xconnect のセグメントの一方または両方で、システムが必要とするハードウェア リソースが使用できません。

Segment1

または

Segment2

セグメントが使用している xconnect タイプ、インターフェイス タイプ、および IP アドレスに関する情報。xconnect タイプは次のとおりです。

ac:接続回線

pri ac:プライマリ接続回線

sec ac:セカンダリ接続回線

mpls:Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)

l2tp:レイヤ 2 トンネル プロトコル

S1

または

S2

セグメントの状態。有効な状態は次のとおりです。

UP:セグメントはアップしています。

DN:セグメントはダウンしています。

AD:セグメントは管理上のダウンです。

次に、show xconnect all コマンドの出力を詳細表示形式で出力した例を示します。

Router# show xconnect all detail
 
Legend: XC ST=Xconnect State, S1=Segment1 State, S2=Segment2 State
UP=Up, DN=Down, AD=Admin Down, IA=Inactive, NH=No HardwareXC
ST Segment 1 S1 Segment 2 S2
------+---------------------------------+--+---------------------------------+--
UP ac Et0/0(Ethernet) UP mpls 10.55.55.2:1000 UP
Interworking: ip Local VC label 16
Remote VC label 16
pw-class: mpls-ip
UP ac Et1/0.1:200(Eth VLAN) UP mpls 10.55.55.2:5200 UP
Interworking: ip Local VC label 17
Remote VC label 20
pw-class: mpls-ip
IA pri ac Et1/0.2:100(Eth VLAN) UP ac Et2/0.2:100(Eth VLAN) UP
Interworking: none Interworking: none
UP sec ac Et1/0.2:100(Eth VLAN) UP mpls 10.55.55.3:1101 UP
Interworking: none Local VC label 23
Remote VC label 17
pw-class: mpls
 

この詳細出力の他のフィールドの意味は字句どおりです。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show atm pvc

すべての ATM PVC およびトラフィック情報を表示します。

show atm vc

すべての ATM PVC、SVC、およびトラフィック情報を表示します。

show atm vp

インターフェイス上のすべての VP または特定の VP の統計情報を表示します。

show connect

ルータ上に設定されている分岐挿入接続に関するコンフィギュレーション情報を表示します。

show frame-relay pvc

フレームリレー インターフェイスの PVC に関する統計情報を表示します。

show interfaces

ルータまたはアクセス サーバ上に設定されているすべてのインターフェイスの統計情報を表示します。

show l2tun session

レイヤ 2 セッションの現在の状態および L2TP 制御チャネルに関するプロトコル情報を表示します。

show mpls l2transport binding

VC ラベル バインディング情報を表示します。

show mpls l2transport vc

ルータ上でレイヤ 2 パケットをルーティングするためにイネーブルにされている AToM VC に関する情報を表示します。

snmp-server enable traps ipran

システムで使用可能な簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)通知(トラップ)を介したすべての ipran 通知をイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで snmp-server enable traps ipran コマンドを使用します。ipran alarm-gsm 通知をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

snmp-server enable traps ipran

no snmp-server enable traps ipran

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドはデフォルトでディセーブルになっています。通知は送信されません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR1

このコマンドが追加されました。

次に、このコマンドの出力例を示します。

Router(config)# snmp-server enable traps ipran

 
関連コマンド

コマンド
説明

snmp-server enable traps ipran alarm-gsm

GSM-Abis インターフェイスに対応付けられている情報アラームを提供します。

snmp-server enable traps ipran alarm-umts

UMTS-Iub インターフェイスに対応付けられている情報アラームを提供します。

snmp-server enable traps ipran util

バックホールの使用率に関する情報を提供します。

 

snmp-server enable traps ipran alarm-gsm

システムで使用可能な簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)通知(トラップ)を介して、GSM-Abis インターフェイスに対応付けられている情報アラームを提供するには、グローバル コンフィギュレーション モードで snmp-server enable traps ipran alarm-gsm コマンドを使用します。ipran alarm-gsm 通知をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

snmp-server enable traps ipran alarm-gsm

no snmp-server enable traps ipran alarm-gsm

この文では、CISCO-IP-RAN-BACKHAUL-MIB からの cisco IpRanBackHaulGsmAlarm 通知の生成を制御します。

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドはデフォルトでディセーブルになっています。通知は送信されません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR1

このコマンドが追加されました。

次に、このコマンドの出力例を示します。

Router(config)# snmp-server enable traps ipran alarm-gsm

 
関連コマンド

コマンド
説明

snmp-server enable traps ipran alarm-umts

UMTS-Iub インターフェイスに対応付けられている情報アラームを提供します。

snmp-server enable traps ipran util

バックホールの使用率に関する情報を提供します。

snmp-server enable traps ipran

すべての通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ipran alarm-umts

システムで使用可能な簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)通知(トラップ)を介して、UMTS-Iub インターフェイスに対応付けられている情報アラームを提供するには、グローバル コンフィギュレーション モードで snmp-server enable traps ipran alarm-umts コマンドを使用します。ipran alarm-umts 通知をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

snmp-server enable traps ipran alarm-umts

no snmp-server enable traps ipran alarm-umts

この文では、CISCO-IP-RAN-BACKHAUL-MIB からの cisco IpRanBackHaulUmtsAlarm 通知の生成を制御します。

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドはデフォルトでディセーブルになっています。通知は送信されません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR1

このコマンドが追加されました。

次に、このコマンドの出力例を示します。

Router(config)# snmp-server enable traps ipran alarm-umts

 
関連コマンド

コマンド
説明

snmp-server enable traps ipran alarm-gsm

GSM-Abis インターフェイスに対応付けられている情報アラームを提供します。

snmp-server enable traps ipran util

バックホールの使用率に関する情報を提供します。

snmp-server enable traps ipran

すべての通知をイネーブルにします。

 

snmp-server enable traps ipran util

システムで使用可能な 簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)通知(トラップ)を介して、バックホール使用状況に対応付けられている情報アラームを提供するには、グローバル コンフィギュレーション モードで snmp-server enable traps ipran util コマンドを使用します。ipran alarm-gsm 通知をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

snmp-server enable traps ipran util

no snmp-server enable traps ipran util

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドはデフォルトでディセーブルになっています。通知は送信されません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR1

このコマンドが追加されました。

12.4(9)MR

使用状況通知のサポートが削除され、このコマンドは互換性を維持するためにだけ提供されています。

次に、このコマンドの出力例を示します。

Router(config)# snmp-server enable traps ipran util

 
関連コマンド

コマンド
説明

snmp-server enable traps ipran alarm-gsm

GSM-Abis インターフェイスに対応付けられている情報アラームを提供します。

snmp-server enable traps ipran alarm-umts

UMTS-Iub インターフェイスに対応付けられている情報アラームを提供します。

snmp-server enable traps ipran

すべての通知をイネーブルにします。

ipran-mib backhaul-notify-interval

使用状況の計算に使用されるインターバルを指定します。

ipran-mib threshold-acceptable

トラフィックの許容レベルを指定します。

ipran-mib threshold-overloaded

バックホールが過負荷であることを表すトラフィック量を指定します。

ipran-mib threshold-warning

バックホールが過負荷ではないがパフォーマンスに影響を与えるだけのトラフィックを伝送していることを表すトラフィック量を指定します。

standalone

Cisco 3825 ルータをスタンドアロン コンフィギュレーションで使用していることを指定するには(VWIC/HWIC 上のリレーに影響を与えます)、Y 字型ケーブル コンフィギュレーション モードで standalone コマンドを使用します。冗長コンフィギュレーションでルータを使用するには、このコマンドの no 形式を使用します。

[no] standalone

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトでは、Cisco 3825 ルータは冗長コンフィギュレーション(no standalone)で使用されるように設定されており、リレーはオープンです。

 
コマンド モード

Y 字型ケーブル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(8)MC2

このコマンドが追加されました。

12.2(15)MC1

このコマンドが追加されました。

12.3(11)T

このコマンドが追加されました。

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

standalone コマンドを実行すると、Cisco 3825 ルータに搭載されている VWIC/HWIC 上のリレーはクローズします。

次に、ルータをスタンドアロン デバイスとして使用できるようにリレーをクローズする例を示します。

Router# standalone

 
関連コマンド

コマンド
説明

mode y-cable

Y 字型ケーブル モードを起動します。

standby use-interface

ヘルス インターフェイスおよびリバーティブ インターフェイスに使用されるインターフェイスを指定します。

standby use-interface

ループバック インターフェイスをヘルス インターフェイスまたはリバーティブ インターフェイスとして指定するには、Y 字型ケーブル コンフィギュレーション モードで standby use-interface コマンドを使用します。

standby use-interface interface { health | revertive | backhaul }

 
シンタックスの説明

interface

指定パラメータを使用するインターフェイス。health および revertive の場合、これは standby track コマンドに指定されているループバック インターフェイスです。backhaul の場合、インターフェイスは MLPPP インターフェイスである必要があります。シリアル インターフェイスをバックホールとして使用する場合、最初にそのインターフェイスを MLPPP バンドルの一部になるように設定する必要があります。

health

ルータを、過熱、プロセッサの状態、および T1/E1 ファームウェアの状態について監視するインターフェイス。これらのいずれかの障害が検出された場合、このインターフェイスはダウンになります。それ以外の場合、ヘルス インターフェイスはアップの状態を続けます。

revertive

リバーティブ インターフェイスとして動作するインターフェイス。Cisco 3825 ルータの状態がアクティブからスタンバイに変化すると、リバーティブ インターフェイスはアップになります。ルータの状態がスタンバイからアクティブに変化すると、リバーティブ インターフェイスはダウンになります。

backhaul

バックホーリングに使用するインターフェイス

 
デフォルト

デフォルトでは、Cisco 3825 ルータは冗長コンフィギュレーション(no standalone)で使用されるように設定されており、リレーはオープンです。

 
コマンド モード

Y 字型ケーブル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(8)MC2

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ヘルス インターフェイスおよびリバーティブ インターフェイス用に指定するループバック インターフェイスは、standby track コマンドで指定したループバック インターフェイスと同じものである必要があります。standby track コマンドでは、リバーティブ インターフェイスの減分値を必ず他のインターフェイスより少なくする必要があります。ヘルス インターフェイスには loopback101 を、リバーティブ インターフェイスには loopback102 を使用することを推奨します。

バックホール用に指定するインターフェイスは、MLPPP インターフェイスである必要があります。シリアル インターフェイスをバックホールとして使用する場合、最初にそのインターフェイスを MLPPP バンドルの一部になるように設定する必要があります。バックホール インターフェイスには multilink1 を使用することを推奨します。

次に、loopback101 をヘルス インターフェイスとして、loopback102 をリバーティブ インターフェイスとして指定する例を示します。

Router# standby use-interface loopback101 health
Router# standby use-interface loopback102 revertive
Router# standby use-interface multilink1 backhaul

 
関連コマンド

コマンド
説明

mode y-cable

Y 字型ケーブル モードを起動します。

redundancy

冗長モードを起動します。

standalone

Cisco 3825 ルータを冗長コンフィギュレーションで使用するのかスタンドアロン コンフィギュレーションで使用するのかを指定します。

standby

HSRP アトリビュートを設定します。

umts-iub backhaul-oam

UMTS ATM インターフェイス上で受信した OAM セルをバックホールを通じて転送するようにローカル パラメータを設定するには、umts-iub backhaul-oam インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。OAM セルをバックホールを通じて転送しないようにするには、このコマンドの no 形式を使用します。


) コマンドの no 形式を使用すると、エンド デバイスは OAM ループバック セルだけを使用します。I.610 OAM メッセージは Cisco 3825 ルータではサポートされません。したがって、このモードを使用する場合、OAM セルをバックホールする必要があります。

また、PVC コンフィギュレーション レベルでの ATM-VC コマンドの pvc-oam manage インターフェイス コンフィギュレーションは、Cisco 3825 ルータ上の UMTS PVC のためにイネーブルにする必要があります。umts-iub backhaul-oam コマンドの no 形式が使用された場合に、これらの PVC が OAM セルに対応します。


umts-iub backhaul-oam

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの設定または動作はありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

次に、ローカル パラメータを設定する例を示します。

Router(config)# interface ATM0/2/0
Router(config-if) atm umts-iub
Router(config-if) umts-iub local 10.10.10.2 5504
Router(config-if) umts-iub backhaul-oam
 

umts-iub backhaul-timer

バックホール パケットを UMTS に送信する頻度を設定するには、umts-iub backhaul-timer インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。このオプションは、一般に High Speed Downlink Data Packet Access(HSDPA)オフロード環境で使用されます。HSDPA トラフィックには UMTS 上の音声またはシグナリング トラフィックよりも多くの帯域幅が必要になります。お客様は、メトロイーサネットなどの代替バックホール メディアに HSDPA トラフィックをオフロードさせながら、既存の E1/T1 上で低遅延のトラフィック(音声またはシグナリング)を維持することが可能です。HSPDA インターフェイスに UMTS ピアを個別に設定しタイマー値に 3 ~ 8 ms の範囲を設定することで、Cisco 3825 ルータの CPU 使用率が下がり、低コストのメトロイーサネットを通して HSDPA トラフィックが送信されバックホール コストが低減できます。


) 指定する値は慎重に選択する必要があります。特に、バックホールが T1/E1 MLPPP の場合には 2 ms を超えないようにします。ただし、代替バックホール Frame Forwarding(FF; フレーム転送)または Gigabit Ethernet(GE; ギガビット イーサネット)の場合には、より大きな値を選択してプラットフォームの CPU 負荷を減らすことができます。UMTS インターフェイスおよび選択したタイマー値によっては、UMTS ペイロードが最大伝送ユニット(MTU)を超える可能性があります。その場合、バックホール パケットはバックホール MTU(非 MLPPP バックホールの場合)に達したときに送信されます。MLPPP バックホールには 450 バイトの最大 MTU が使用されます。


umts-iub backhaul-timer ? [1-8] timer value(in ms)

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

タイマー値は 1 ms です。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(4)MR

このコマンドが追加されました。

次に、バックホール パケットが UMTS に送信される頻度を指定する例を示します。

Router(config)# interface a0/3/0
Router(config-if) umts-iub backhaul-timer ?
<1-8> timer value(in msec)
Router(config-if)#
 

umts-iub congestion-control

UMTS ショートホール インターフェイス下での制御をイネーブルにするには、umts-iub congestion-control インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

umts-iub congestion-control

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの設定または動作はありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(4)MR1

このコマンドが追加されました。

次に、UMTS ショートホール インターフェイスで輻輳制御をイネーブルにする例を示します。

Router(config-if) umts-iub congestion-control

 
関連コマンド

コマンド
説明

umts-iub congestion control priority

UMTS の輻輳制御プライオリティを設定します。

umts-iub congestion priority

UMTS の輻輳制御プライオリティを設定するには、umts-iub congestion priority PVC コンフィギュレーション コマンドを使用します。

umts-iub congestion priority [protected] [2-9]

 
シンタックスの説明

protected

輻輳時に抑制されることがない最高プライオリティのトラフィック

2-9

輻輳プライオリティ(2 が最高プライオリティ、9 が最低プライオリティ)。低いプライオリティのトラフィックは高いプライオリティのトラフィックより先に抑制されます。

 
デフォルト

デフォルトの設定は 9 です。

 
コマンド モード

PVC コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(4)MR1

このコマンドが追加されました。

次に、UMTS 輻輳プライオリティを設定する例を示します。

Router(config-if) pvc 2/1 qsaal
Router(config-if-atm-vc) umts-iub congestion priority protected

 
関連コマンド

コマンド
説明

umts-iub congestion-control

UMTS ショートホール インターフェイス下での輻輳制御をイネーブルにします。

umts-iub local

UMTS Iub インターフェイス上で ATM パスを使用するために、Internet Protocol/User Datagram Protocol(IP/UDP)バックホール接続の確立に必要なローカル パラメータを設定するには、umts-iub local インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

umts-iub local [ip-address] [port]

 
シンタックスの説明

ip-address

(任意)確立させたい接続の IP アドレス

port

(任意)確立させたい接続に使用するポート

 
デフォルト

デフォルトの設定または動作はありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

次に、ローカル パラメータを設定する例を示します。

Router(config)# interface ATM0/2/0
Router(config-if) atm umts-iub
Router(config-if) umts-iub local 10.10.10.2 5504

 
関連コマンド

コマンド
説明

umts-iub remote

IP/UDP バックホール接続のリモート パラメータを設定します。

umts-iub remote

UMTS Iub インターフェイス上で ATM パスを使用するために、Internet Protocol/User Datagram Protocol(IP/UDP)バックホール接続の確立に必要なリモート パラメータを設定するには、umts-iub local インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

umts-iub remote [ip-address] [port]

 
シンタックスの説明

ip-address

(任意)確立させたい接続の IP アドレス

port

(任意)確立させたい接続に使用するポート

 
デフォルト

デフォルトの設定または動作はありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(2)MR

このコマンドが追加されました。

次に、リモート パラメータを設定する例を示します。

Router(config)# interface ATM0/2/0
Router(config-if) atm umts-iub
Router(config-if) umts-iub remote 10.10.10.1 5502

 
関連コマンド

コマンド
説明

umts-iub local

IP/UDP バックホール接続のローカル パラメータを設定します。

umts-iub set dscp

ピアリングおよびショートホールから生成されたデータを含むバックホール パケットについて、UMTS-Iub の DiffServ コード ポイント(DSCP)を設定することでパケットにマーク付けするには、umts-iub set dscp インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

umts-iub set dscp value


) UMTS ショートホール インターフェイスを設定する場合は、このコマンドを使用します。


 
シンタックスの説明

value

UMTS-Iub DSCP 値を設定する 0 ~ 63 の数値または 16 進数値

 
デフォルト

デフォルトの設定または動作はありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(4)MR

このコマンドが追加されました。

次に、パラメータを設定する例を示します。

Router(config)# interface ATM0/2/0
Router(config-if) atm umts-iub
Router(config-if) umts-iub set dscp [value]

 
関連コマンド

コマンド
説明

umts-iub set peering dscp

umts-iub set dscp value で定義されたインターフェイスのデフォルト値を上書きし、ピアリング バックホール パケットにタグ付けします。

umts-iub set dscp

UMTS ショートホール インターフェイスの umts-iub set dscp value で定義されたインターフェイス デフォルト値を上書きし、PVC のトラフィックから生成されたバックホール パケットにタグ付けするには、umts-iub set dscp ATM-VC コンフィギュレーション コマンドを使用します。

umts-iub set dscp value


) UMTS ショートホール インターフェイスの PVC を設定する場合は、このコマンドを使用します。


 
シンタックスの説明

value

UMTS-Iub DSCP 値を設定する 0 ~ 63 の数値または 16 進数値

 
デフォルト

デフォルトの設定または動作はありません。

 
コマンド モード

ATM-VC コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(4)MR

このコマンドが追加されました。

次に、リモート パラメータを設定する例を示します。

Router(config)# interface ATM0/2/0
Router(config-if)# atm umts-iub
Router(config-if)# umts-iub set dscp value
Router(config-if-atm-vc)# umts-iub set dscp value

 
関連コマンド

コマンド
説明

umts-iub set dscp
(インターフェイス コンフィギュレーション モード)

インターフェイスのデフォルト記述値として使用される記述値を設定して、ピアリングおよびショートホールから生成されたデータを含むバックホール パケットにタグ付けします。

umts-iub set peering dscp

umts-iub set dscp value で定義されたインターフェイスのデフォルト値を上書きし、ピアリング パックホール パケットにタグ付けします。

umts-iub set peering dscp

umts-iub set dscp value で定義されたインターフェイスのデフォルト値を上書きし、ピアリング パックホール パケットにタグ付けするには、umts-iub set peering dscp インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

umts-iub set peering dscp value


) UMTS ショートホール インターフェイスを設定する場合は、このコマンドを使用します。


 
シンタックスの説明

value

UMTS-Iub DSCP 値を設定する 0 ~ 63 の数

 
デフォルト

デフォルトの設定または動作はありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(4)MR

このコマンドが追加されました。

次に、パラメータを設定する例を示します。

Router(config)# interface ATM0/2/0
Router(config-if) atm umts-iub
Router(config-if) umts-iub set dscp value

 
関連コマンド

コマンド
説明

umts-iub set dscp
(インターフェイス コンフィギュレーション モード)

インターフェイスのデフォルト DSCP 値として使用される DSCP 値を設定して、ピアリングおよびショートホールから生成されたデータを含むバックホール パケットにタグ付けします。

umts-iub set dscp
(ATM-VC コンフィギュレーション モード)

UMTS ショートホール インターフェイスの umts-iub set dscp value で定義されたインターフェイスのデフォルト値を上書きし、PVC のトラフィックから生成されたパックホール パケットにタグ付けします。

umts local

ATM サブインターフェイスのローカル IP アドレスを設定するには、 umts local サブインターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。このコマンドは、PVC トラフィックを物理 ATM ショートホールから代替バックホールにオフロードする場合に使用します。代替バックホールごとに、ATM サブインターフェイスを作成することにより論理ショートホールを作成する必要があります。この論理ショートホールに設定された PVC のトラフィックは、対応する代替バックホールを通過します。

umts local [ip-address]

 
シンタックスの説明

ip-address

確立させたいエントリの IP アドレス

 
コマンド モード

サブインターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(4)MR

このコマンドが追加されました。

次に、サブインターフェイス コマンド モードで umts local コマンドを使用する例を示します。

Router(config)# interface ATM0/2/0
Router(config-if)# atm umts-iub
Router(config-subif)# atm umts
Router(config-subif)# umts local 10.10.10.2 5504
 

) UDP ポートを入力する必要はありません。UDP ポート番号は、ベース ATM インターフェイスの umts remote [ip-address] [port] ポート コンフィギュレーションから自動的に継承されます。


 
関連コマンド

コマンド
説明

atm umts

代替バックホールの UMTS モードをイネーブルにします。

umts remote [ip-address]

代替バックホールのリモート IP アドレスを設定します。

umts remote

ATM サブインターフェイスのローカル IP アドレスを設定するには、 umts remote サブインターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。このコマンドは、1 つ以上の PVC のトラフィックを物理 ATM ショートホールから代替バックホールにオフロードする場合に使用します。代替バックホールごとに、ATM サブインターフェイスを作成することにより論理ショートホールを作成する必要があります。この論理ショートホールに設定された PVC のトラフィックは、対応する代替バックホールを通過します。

umts remote [ip-address]

 
シンタックスの説明

ip-address

確立させたいエントリの IP アドレス

 
コマンド モード

サブインターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(4)MR

このコマンドが追加されました。

次に、umts remote コマンドの使用例を示します。

Router(config)# interface ATM0/2/0
Router(config-if)# atm umts-iub
Router(config-subif)# atm umts
Router(config-subif)# umts remote 10.10.10.1 5502
 

) ポート番号はベース ATM インターフェイスのリモート ポート番号から継承されます。


 
関連コマンド

コマンド
説明

atm umts

代替バックホールの UMTS モードをイネーブルにします。

umts local [ip-address]

代替バックホールのリモート IP アドレスを設定します。

xconnect

接続回線を擬似回線(PW)にバインドするには、サポートされるコンフィギュレーション モードのいずれかで xconnect コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

xconnect peer-ip-address | vcid | pseudowire-parameters [ sequencing { transmit | receive | both | one-to-one }] [ ignore-vpi-vci ]

 
シンタックスの説明

peer-ip-address

リモート プロバイダー エッジ(PE)ピアの IP アドレス

vcid

PE ルータ間の Virtual Circuit(VC; 仮想回線)の 32 ビット識別情報

pseudowire-parameters

接続回線に使用されるカプセル化パラメータおよび擬似回線クラス パラメータ。次のうち少なくとも 1 つの PW パラメータを設定する必要があります。

encapsulation {l2tpv3 | mpls}:データを PW にカプセル化するためのトンネリング方式を指定します。

l2tpv3:L2TPv3 をトンネリング方式として指定します。

mpls:MPLS をトンネリング方式として指定します。

pw-class pw-class-name:データ カプセル化タイプを取得する先の擬似回線クラス コンフィギュレーションを指定します。カプセル化方式を選択した場合には、このオプションは必須です。

sequencing

(任意)パケットの送受信に使用されるシーケンシング方式を設定します。


) シーケンシングは、CEM 回線ではサポートされません。


transmit

接続回線から受信したデータ パケットをシーケンシングします。

receive

接続回線に送信されるデータ パケットをシーケンシングします。

both

接続回線で送受信されるデータ パケットをシーケンシングします。

one-to-one

これを適用するのは、xconnect コマンドを AAL0 カプセル化 PVC に設定する場合だけです。PW タイプを 1 対 1 の VCC セルリレーとして指定します。

ignore-vpi-vci

ignore-vpi-vci キーワードを設定すると、MWR では、PW パケットの VPI/VCI 値が無視され、ローカルに設定された AC 側 PVC の VPI/VCI 値を使用してブラインド書き換えが実行されます。これは、 xconnect コマンドを PVC で設定している場合だけ適用されます。つまり、N:1 で N が 1 という特別な場合です。 xconnect コマンドをサブインターフェイスで設定している場合には実行されません。つまり、N が 1 より大きい場合です。

 
デフォルト

接続回線は PW にバインドされていません。

 
コマンド モード

CEM 回線コンフィギュレーション

インターフェイス コンフィギュレーション

サブインターフェイス コンフィギュレーション

l2transport コンフィギュレーション(ATM)

接続コンフィギュレーション モード グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(23)S

このコマンドが追加されました。

12.0(28)S

マルチリンク フレームリレー接続のサポートが追加されました。

12.3(2)T

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.3(2)T に統合されました。

12.2(25)S

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.2(25)S に統合されました。

12.2(27)SBC

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.2(27)SBC に統合されました。

12.4(11)T

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.4(11)T に統合されました。

12.4(12)MR2

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.4(12)MR2 に統合されました。

 
使用上のガイドライン

peer-ip-address 引数と vcid 引数の組み合わせは、ルータ上で一意にする必要があります。各 xconnect コンフィギュレーションでは、peer-ip-address および vcid の一意の組み合わせのコンフィギュレーションにする必要があります。


) リモート ルータが Cisco 12000 シリーズ インターネット ルータの場合、peer-ip-address 引数にはルータ上のループバック アドレスを指定する必要があります。


ローカルおよびリモート PE ルータ上で、接続回線を特定する同じ vcid 値を xconnect コマンドを使用して設定する必要があります。vcid は PW と接続回線の間のバインディングの作成に使用されます。

pw-class pw-class-name 値は、接続回線の xconnect コンフィギュレーションを特定の擬似回線クラスにバインドするために使用されます。このように、擬似回線クラスコンフィギュレーションは、xconnect コマンドを使用してバインドされるすべての接続回線が使用する設定を含んだテンプレートとして機能します。


) カプセル化キーワードを指定する場合は、pw-class キーワードを指定する必要があります。


キーワード ignore-vpi-vci

PVC マッピングでは、キーワード ignore-vpi-vci を指定して xconnect コマンドを実行すると、 pw-pvc コマンドを実行した場合よりも処理が効率的です。

本来、PVC マッピングは、 pw-pvc pw-vpi/pw-vci コマンドを使用して行われていました。MWR は MPLS PW パケットを受信すると、PW ペイロードをデコードして PW VPI/VCI 値を検索し、ローカルに設定された PVC 値のいずれかと一致するかどうかを確認します。値が一致した場合、PW-VPI/PW-VCI は AC 側 VPI/VCI に変換され、セルがローカルの PVC に送信されます。値が一致しない場合、MWR は受信 PW パケットをドロップします。MWR は PW パケットを生成する際、設定済みの pw-vpi/pw-vci 値を使用します。ここでは、PVC マッピングはすべて MWR 上で行われ、リモート エンドに対して透過的です。

ただし、キーワード ignore-vpi-vci を設定すると、状況は異なります。N:1 で N が 1 という特別な場合、MWR から PW パケットが着信すると、受信ルータでは、PW ペイロードに含まれる VPI/VCI 値が無視されます。受信ルータでは、ブラインド書き換えを実行し、AC 側 VPI/VCI を使用して、セルを AC 側 PVC に送信します。

キーワード ignore-vpi-vci を指定して xconnect コマンドを実行した場合、MWR が受信ルータと同様に動作すれば、PVC マッピングは効率的に行われます。このコマンドを使用しない場合、MWR は PW パケット内の VPI/VCI 値をチェックして、ローカルに設定された PVC または PVC との照合を実行してマッピングを行います。 ignore-vpi-vci キーワードを設定した場合、MWR では、受信した PW パケット内の VPI/VCI ヘッダーが無視され、ローカルに設定された AC 側 PVC の VPI/VCI 値を使用してブラインド書き換えが実行されます。


) これは、N:1 VCC PW で N が 1 という特別な場合だけに適用されます。


次に、ATM 回線をリモート ピア(10.0.3.201)の存在する PW(名前:123)にバインドすることで、ATM インターフェイスに xconnect サービスを設定する例を示します。ATM-xconnect という名前の擬似回線クラスのコンフィギュレーション設定が使用されています。

Router# config t
Router(config)# interface ATM 0/0/0
Router(config-if)# xconnect 10.0.3.201 123 pw-class ATM-xconnect
Router(config-if-xconn)# exit
Router(config-if)# exit
Router(config)# exit
 

次に、 xconnect コマンドでキーワード ignore-vpi-vci を指定して実行する PVC マッピングの例を示します。例では、MWR およびリモート エンド(7600)ルータの両方の場合を示します。

MWR:

Router# config t
Router(config)# interface ATM 0/0
Router(config-if)# pvc 0/10 12transport
Router(config-if-atm-12trans-pvc)# encapsulation aa10
Router(config-if-atm-12trans-pvc)# xconnect 10.10.10.10 100 encapsulation mpls ignore-vpi-vci
Router(config-if-atm-12trans-pvc-xconn)# exit
Router(config-if-atm-12trans-pvc)# exit
Router(config-if)# exit
Router(config)# exit
 

7600:

Router# config t
Router(config)# interface ATM 0/0
Router(config-if)# pvc 2/20 12transport
Router(config-if-atm-12trans-pvc)# encapsulation aa10
Router(config-if-atm-12trans-pvc)# xconnect 20.20.20.20 100 encapsulation mpls
Router(config-if-atm-12trans-pvc-xconn)# exit
Router(config-if-atm-12trans-pvc)# exit
Router(config-if)# exit
Router(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

show xconnect

xconnect 接続回線および PW に関する情報を表示します。

pseudowire-class

PW を経由して転送される接続回線により使用される PW コンフィギュレーション設定のテンプレートを設定します。

xconnect logging redundancy

System message log(Syslog)による xconnect 冗長グループ ステータスのレポートをイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで xconnect logging redundancy コマンドを使用します。Syslog による xconnect 冗長グループ ステータスのレポートをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

xconnect logging redundancy

no xconnect logging redundancy

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

Syslog による xconnect 冗長グループ ステータスのレポートはディセーブルです。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(31)S

このコマンドが追加されました。

12.2(28)SB

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.2(28)SB に統合されました。

12.4(11)T

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.4(11)T に統合されました。

12.4(16)MR

このコマンドが Cisco IOS リリース 12.4(16)MR に統合されました。

 
使用上のガイドライン

Syslog による xconnect 冗長グループ ステータスのレポートをイネーブルにするには、このコマンドを使用します。

次の例では、xconnect 冗長性グループのステータスの syslog レポートを有効にし、スイッチオーバー イベントの発生時に生成されるメッセージを表示しています。

Router# config t
Router(config)# xconnect logging redundancy
Router(config)# exit

プライマリ メンバーのアクティブ化

00:01:07: %XCONNECT-5-REDUNDANCY: Activating primary member 10.55.55.2:1000

バックアップ メンバーのアクティブ化

00:01:05: %XCONNECT-5-REDUNDANCY: Activating secondary member 10.55.55.3:1001

 
関連コマンド

コマンド
説明

xconnect

イーサネット、802.1q VLAN、またはフレームリレー接続回線を xconnect サービスの L2TPv3 PW にバインドし、xconnect コンフィギュレーション モードを開始します。