Cisco 3200 シリーズ ルータ ハードウェア アップグ レード ガイド
Cisco 3230 ISR Rugged Enclosure のカー ド交換
Cisco 3230 ISR Rugged Enclosure のカード交換
発行日;2012/01/30 | 英語版ドキュメント(2009/07/13 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

Cisco 3230 ISR Rugged Enclosure のカード交換

エンクロージャからすべてのケーブルの取り外し

アンテナ エンドキャップの取り外し

I/O エンドキャップの取り外し

配線カードの取り外し

カード スタックの取り外し

カードの交換または新規追加

新しい WMIC の追加

WMIC の交換

FESMIC の交換

SMIC の交換

MARC の交換

の交換

押出し成形材へカード スタックの取り付け

配線カードの再接続

配線カード バージョン 1 の接続

配線カード バージョン 2 の接続

I/O エンドキャップの再接続

アンテナ エンドキャップの再接続

I/O エンドキャップの新しい機能ラベル貼り付け

Cisco 3230 ISR Rugged Enclosure のカード交換

この章では、Cisco 3230 Rugged Integrated Services Router(ISR; サービス統合型ルータ)エンクロージャのカードを交換する方法について説明します。

Cisco 3230 Rugged Enclosure カード スタックを交換するには、次の手順に従います。

1. すべてのケーブルをエンクロージャから外します。

2. アンテナ エンドキャップを取り外します。

3. I/O エンドキャップを取り外します。

4. 配線カードを取り外します。

5. カード スタックをエンクロージャから取り外します。

6. カードを交換するか、新しく追加します。

7. カード スタックをエンクロージャに取り付けます。

8. 配線カードを再接続します。

9. I/O エンドキャップを再接続します。

10. アンテナ エンドキャップを再接続します。

11. 必要に応じて、I/O エンドキャップの機能ラベルを新しく付けます。

これらの手順について、以降のセクションで説明します。


注意 高耐久性エンクロージャ内のカードに対する電気的な損傷を避けるため、カードの交換作業前に、静電気防止用リスト ストラップを手首に巻きつけ、エンクロージャ シャーシの金属露出面にも取り付けてください。


注意 ケーブルの損傷を避けるため、カードを押し込むときやエンドキャップを取り付けるときに、ケーブルを押しつけたり挟み込んだりしないでください。

エンクロージャからすべてのケーブルの取り外し


警告 高耐久性エンクロージャで作業を始める前に、装置が損傷するのを避けるために、電源を含むすべてのケーブルを外してください。


アンテナ エンドキャップの取り外し


警告 クラス 1 レーザー製品です。ステートメント 1008


Cisco 3230 Rugged Enclosure のアンテナ エンドキャップを取り外すには、次の手順に従います。


注意 静電気放電防止用リスト ストラップを手首に巻きつけ、シャーシの金属露出面にも取り付けます。


ステップ 1 3/8 インチ ソケット レンチを使用して、エンドキャップ上の 1/4-20 ボルト 4 つを緩めます。図 2-1 にこれらのボルトを示します。

図 2-1 アンテナ エンドキャップのボルト

 

ステップ 2 アンテナ ケーブルがついている場合は外さず、慎重にエンドキャップを取り外します。図 2-2 に、アンテナ ケーブルの接続方法を示します。アンテナ ケーブルは、図 2-2 に示すよりも短いことがあります。アンテナ ケーブルが接続されたままになっている場合、図 2-2 に示すようにはアンテナ エンドキャップが開かないことがあります。図 2-3 のようにケーブルを引っ張らないでください。


注意 アンテナ コネクタが損傷しないように、エンドキャップを持ってアンテナ ケーブルをたるんだ状態のままにしてください。

図 2-2 アンテナ エンドキャップの取り外し

 

 

1

WMIC 1 主アンテナ ケーブル

2

WMIC 1 副アンテナ ケーブル

3

WMIC 2 主アンテナ ケーブル

4

WMIC 2 副アンテナ ケーブル

5

WMIC 3 主アンテナ ケーブル

6

WMIC 3 副アンテナ ケーブル

7

MRPC 電源コード

 

 

図 2-3 アンテナ ケーブルの取り外し

 

 

ステップ 3 アンテナ ケーブルが装着されている場合は、ケーブルにラベルを付けます。

各 Wireless Mobile Interface Card(WMIC; ワイヤレス モバイル インターフェイス カード)では、アンテナ ケーブル 2 つ、主(P)ケーブル 1 つ、副(S)ケーブル 1 つがエンドキャップに接続されています。ケーブルにラベルを付けると、後でエンドキャップに接続し直すときに役立ちます。アンテナ エンドキャップでケーブルを接続するポートが、ラベルからわかります。

アンテナ エンドキャップの外装にあるラベルは、参考に使用してください。図 2-4 に、WMIC を 3 枚装着した高耐久性エンクロージャのエンドキャップを示します。エンドキャップの外装には 6 つのラベル(WMIC ごとに 2 つ)あります。

図 2-4 アンテナ エンドキャップのラベル

 

 

1

W3(P)

2

W3(S)

3

W2(P)

4

W2(S)

5

W1(P)

6

W1(S)

高耐久性エンクロージャに WMIC が 1 つしかない場合は、WMIC の主および副アンテナ ケーブルがポート W1(P)および W1(S)に接続されています。

WMIC 2 も存在する場合は、WMIC 2 の主および副ケーブルが W2(P)および W2(S)に接続されています。

WMIC が最大数(3 枚の WMIC)装着されている場合は、WMIC 3 の主および副ケーブルは W3(P)および W3(S)に接続されています。

ステップ 4 アンテナ ケーブルが装着されている場合は、エンドキャップから外します。


注意 アンテナ コネクタが損傷しないように、エンドキャップを持ってアンテナ ケーブルをたるんだ状態のままにしてください。

ステップ 5 作業台にエンドキャップを置きます。

ステップ 6 電源コードを Mobile Router Power Card(MRPC; モバイル ルータ電源カード)から外します。


 

I/O エンドキャップの取り外し

I/O エンドキャップを取り外すには、次の手順に従います。


ステップ 1 3/8 インチ ソケット レンチを使用して、エンドキャップ上の 1/4-20 ボルト 4 つを緩めます。


) 保護用エンドキャップ カバー(図 2-19を参照)を使用して I/O エンドキャップのポートを全天候に対して保護している場合は、保護用エンドキャップの 1/4-20 取り付けボルト 4 つを緩めると、保護用エンドキャップと I/O エンドキャップを押出し成形材から取り外せます。


ステップ 2 I/O エンドキャップを慎重に取り外し、エンドキャップの I/O ケーブルをカード スタックの下から引き出して、エンドキャップを外します(図 2-5 を参照)。

図 2-5 I/O エンドキャップの取り外し

 

 

ステップ 3 作業台にエンドキャップを置きます。


 

配線カードの取り外し

配線カードを取り外すには、次の手順に従います。


ステップ 1 すべてのケーブルを配線カードから外します。

ステップ 2 プラス ドライバを使用して、配線カードのネジ 8 つを緩めます。図 2-6を参照してください。

図 2-6 配線カードのネジの取り外し

 

 

1

配線カードのネジ

 

 

ステップ 3 配線カードを取り外します。


 

カード スタックの取り外し

カード スタックを取り外すには、次の手順に従います。


ステップ 1 プラス ドライバを使用して、配線カードを押出し成形材に固定している 2 つのガイドつまみのネジを緩めます。図 2-7を参照してください。

図 2-7 ガイドつまみ

 

ステップ 2 3/32 インチの六角ブレードを使用して締め付け機構を解除して、カード スタックを固定している 14 個の Wedge Lok を緩めます。


) Wedge Lok のネジを緩めても、ロックが解放されないことがあります。ネジを緩めたに過ぎません。ロックを解放するには、ネジ頭を軽く叩いてください。Wedge Lok に使用しているテンション ブラケット ネジ(カードの端にあります)は、あまり丈夫でなく、簡単に壊れるおそれがあります。


ステップ 3 カード スタックを I/O エンドキャップ側からスライドします。

ステップ 4 平らな表面にカード スタックを丁寧に置きます。


 

カードの交換または新規追加

このセクションでは、WMIC をスタックに追加する方法、および WMIC、MRPC、Serial Mobile Interface Card(SMIC; シリアル モバイル インターフェイス カード)、または Fast Ethernet Switch Mobile Interface Card(FESMIC; ファスト イーサネット スイッチ モバイル インターフェイス カード)を交換する方法について説明します。


注意 カードを適切に取り付けられるように、カードのピンが折れ曲がらないようにしてください。

新しい WMIC の追加

新しい WMIC カードをカード スタックに追加するには、次の手順に従います。


ステップ 1 アンテナ ケーブルを WMIC に取り付けます。

アンテナ ケーブルの固定されていない端に主および副とラベルをつけること、および関連している WMIC を区別できるようにすることをお勧めします。主ケーブルは MAIN に、副ケーブルは AUX と関連付けるようにしてください。

図 2-8 に、主ケーブルが MAIN アンテナ ケーブル コネクタに、副ケーブルが AUX アンテナ ケーブル コネクタにそれぞれ取り付けられている WMIC を示します。

図 2-8 アンテナ コネクタ

 

ステップ 2 WMIC の下にアンテナ ケーブルを取り回します(図 2-9 を参照)。

図 2-9 WMIC の下へアンテナ ケーブルを取り回し

 

 

アンテナ ケーブルを WMIC の下に取り回すことで、アンテナ ケーブルがアンテナ エンドキャップのアンテナ コネクタに届きます。

ステップ 3 カードのすべての ISA および PCI コネクタ ピンがまっすぐで、折れ曲がっていないことを確認します。

ステップ 4 WMIC をスタックに追加するために、ISA および PCI コネクタの位置を合わせて、カードをしっかり押し込みます。Cisco 3230 ISR カード スタック バンドルのカードの位置については、図 1-3 を参照してください。

カード スタックに WMIC が装着されていない場合は、WMIC をスタック下部にある MRPC に接続します。

2 つめの WMIC(WMIC 2)を取り付ける場合は、カード スタック上部にある FESMIC に接続します。

3 つめの WMIC(WMIC 3)を取り付ける場合は、カード スタック上部にある WMIC 2 に接続します。


 

WMIC の交換

WMIC を交換するには、次の手順に従います。


ステップ 1 交換する WMIC をカード スタックから慎重に取り外します。マイナス ドライバを使用して、カードを緩めます。

WMIC 1 または WMIC 3 を交換する場合は、そのカードをスタックの下部または上部から取り外します。

WMIC 2 を交換するには、先に WMIC 3 をスタック上部から取り外します。その後、WMIC 2 を取り外します。

ステップ 2 古い WMIC の位置に新しい WMIC を取り付けます(「新しい WMIC の追加」を参照)。

WMIC 2 を交換している場合は、先に WMIC 2 を FESMIC に取り付けます。その後、WMIC 2 の上部に WMIC 3 を取り付け直します。


 

FESMIC の交換

FESMIC を交換するには、次の手順に従います。


ステップ 1 WMIC 3 が装着されている場合は、WMIC 3 と WMIC 2 を 1 つの装置として取り外します。WMIC 2 だけが装着されている場合は、WMIC 2 を取り外します。

ステップ 2 LED ケーブルを FESMIC の背面から外します。

ステップ 3 FESMIC を取り外します。

ステップ 4 新しい FESMIC のロータリー スイッチ(図 2-10 を参照)が SMIC のロータリー スイッチと反対に設定されていることを確認します。

たとえば SMIC ロータリー スイッチが 1 に設定されている場合は、FESMIC スイッチを 0 に設定します。その逆も同様です。

図 2-10 FESMIC および SMIC ロータリー スイッチ

 

 

1

FESMIC ロータリー スイッチ

2

SMIC ロータリー スイッチ

ステップ 5 新しい FESMIC のすべての ISA および PCI コネクタ ピンがまっすぐで、折れ曲がっていないことを確認します。

ステップ 6 新しい FESMIC を SMIC に接続するために、バス ヘッダーの位置を合わせ、カードをしっかり押し込みます。


) カードを押し込むときに、カードの露出したピンが曲がらないようにしてください。


ステップ 7 WMIC 2 を(または WMIC 2 と WMIC 3 を 1 つの装置として)FESMIC に接続します(「新しい WMIC の追加」を参照)。

ステップ 8 LED ケーブルを FESMIC の背面に接続します。


 

SMIC の交換

SMIC を交換するには、次の手順に従います。


ステップ 1 FESMIC とその上にあるすべてのカードを 1 つの装置として取り外します。

ステップ 2 シリアル コンソール ケーブルを SMIC の背面から外します。

ステップ 3 SMIC を取り外します。

ステップ 4 新しい SMIC のロータリー スイッチ(図 2-10 を参照)が FESMIC のロータリー スイッチの設定と反対に設定されていることを確認します。図 2-11を参照してください。

図 2-11 カード スタックが装着された押出し成形材

 

ステップ 5 FESMIC ロータリー スイッチが 1 に設定されている場合は、SMIC スイッチを 0 に設定します。その逆も同様です。

ステップ 6 新しいカードのすべての ISA および PCI コネクタ ピンがまっすぐで、折れ曲がっていないことを確認します。

ステップ 7 新しい SMIC をカード スタック上部にある MARC に接続します。

ステップ 8 FESMIC とその上にあるすべてのカードを 1 つの装置として接続し、この装置を SMIC に接続します。

ステップ 9 シリアル コンソール ケーブルを SMIC の背面に接続します。


 

MARC の交換

MARC を交換するには、次の手順に従います。


ステップ 1 WMIC 1(装着されている場合)と MRPC を 1 つの装置として取り外します。

ステップ 2 MARC をカード スタックから取り外します。

ステップ 3 新しい MARC のすべての ISA および PCI コネクタ ピンがまっすぐで、折れ曲がっていないことを確認します。

ステップ 4 新しい MARC をスタック下部にある SMIC に接続します。

ステップ 5 MRPC と WMIC 1(装着されている場合)を 1 つの装置として接続し、この装置を MARC に接続します。


 

MRPC の交換

MRPC を交換するには、次の手順に従います。


ステップ 1 WMIC 1(装着されている場合)をカード スタック下部から取り外します。

ステップ 2 MRPC を取り外します。

ステップ 3 新しい MRPC のすべての ISA および PCI コネクタ ピンがまっすぐで、折れ曲がっていないことを確認します。

ステップ 4 新しい MRPC ケーブルを MARC に接続します。

ステップ 5 WMIC 1 が装着されている場合は、WMIC 1 を新しい MRPC に接続します。


 

押出し成形材へカード スタックの取り付け

カード スタックを押出し成形材に取り付けるには、次の手順に従います。


ステップ 1 LED ケーブルが FESMIC に接続されていることを確認します。

ステップ 2 FESMIC の LED ケーブルをスタックの上部に取り回します。

ステップ 3 各カードの Wedge Lok の位置を合わせて、Wedge Lok のアングルを Wedge Lok のレールのアングルと合うようにします。図 2-12 に適切な状態の Wedge Lok を示します。

図 2-12 Wedge Lok の位置合わせ

 

 

1

Wedge Lok の位置合わせ

2

Wedge Lok のレール

ステップ 4 アンテナ側の端が下、I/O エンドキャップ側が上を向くように、押出し成形材を丈夫で平らな面に置きます。

ステップ 5 カード スタックを押出し成形材(または本体)の前面へスライドし、カードがスロットに収まるように、カードの間隔を必要に応じて調整します。調整にはマイナス ドライバを使用できます。図 2-13 に、高耐久性エンクロージャの押出し成形材を示します。

図 2-13 高耐久性エンクロージャの押出し成形材(または本体)

 

 

1

エンドキャップの取り付け穴

2

MARC 用の大きいレール

3

標準のレール

4

配線カード用のネジ穴

ステップ 6 MARC のガイドつまみの穴が大きいレールの上にあるネジ穴に合うように、カードを押出し成形材の中心に揃えます。ガイドつまみが押出し成形材に完全に収まっていることを確認します。

ステップ 7 3/32 インチ六角ブレードを使用して、Wedge Lok を締め付けます。Wedge Lok を締め付ける順序は、図 2-6 の丸で囲んでいない番号で示しています。トルク範囲 5.5 ~ 5.7 インチ ポンドで、Wedge Lok を締め付けます。


注意 すべての Wedge Lok が固定されていることを確認します。Wedge Lok が緩んでいると、熱放散が起こりません。


 

配線カードの再接続

Cisco 3230 Rugged Enclosure では、配線カードのバージョン 1 およびバージョン 2 をサポートします。

配線カード バージョン 1 の接続

配線カードのバージョン 1(図 1-7 を参照)を使用している場合は、次の手順に従ってカード スタックに再接続します。


ステップ 1 配線カード(図 2-14 でカード前面に接続されているカード)を取り付けます。

a. 配線カード コネクタの位置を押出し成形材前面にあるカード スタックのヘッダーに合わせます。

b. エンクロージャ アセンブリ キットに付属のなべネジ 8 つを使用して、配線カードを押出し成形材に固定します。配線カードのネジを締め付ける順序は、図 2-14 の番号で示しています。トルク範囲 5.5 ~ 5.7 インチ ポンドで、配線カードを締め付けます。

図 2-14 ケーブルの取り付け

 

 

1

ステップ 2b を参照

2

ステップ 2d およびステップ 2e を参照

3

ステップ 2a を参照

4

ステップ 2f およびステップ 2g を参照

5

ステップ 2c を参照

 

 

ステップ 2 ケーブルを取り付けます。配線カードには、各ポートの横にラベルがあります(J3、J4 など)。これらのラベルを参照してどのケーブルをどのポートに取り付けるのかを判断する方法について、次の手順に示します。ステップ 2a ~ 2g を実行するときは、図 2-14 を参照してください。

a. 10/100 ファスト イーサネット ケーブル(72-4282-01)を配線カード上の J4 コネクタ、および 4 ポート FESMIC の背面にある FE2x(通常は FE2/2)ポートに接続します。


) ポートの指定は、カードの設定によって決まるため、異なる可能性があります。ポートは、カード スタックの背面にあります。


b. カード スタックに 2 つめの WMIC がある場合は、10/100 ファスト イーサネット ケーブル(72-4282-01)を 4 ポート FESMIC の FE3x(通常は FE2/3)ポート、および 2 つめの WMIC の 10/100 ファスト イーサネット ポートに接続します。

c. スタックに 2 つめの WMIC がある場合は、コンソール ケーブル(72-4281-01)を配線カードの J2 ヘッダーに接続します。ケーブルのもう一端を 2 つめの WMIC(カード スタック上部)の LED ヘッダーに接続します。

d. LED リボン ケーブル(72-4279-01)をカード スタックの上部に取り回します。ラベルに最も近いコネクタが押出し成形材の背面を向くようにしてください。

e. LED リボン ケーブルを配線カードの J5、および押出し成形材の背面にあるカード スタックの FESMIC LED ヘッダーに接続します。

f. 電源コードを I/O エンドキャップからカード スタックの下を通じて、押出し成形材の背面へと取り回します。

g. 電源コードを MRPC のヘッダーに接続します。


 

配線カード バージョン 2 の接続

配線カードのバージョン 2(図 1-8 を参照)を使用している場合は、次の手順に従ってカード スタックに再接続します。


ステップ 1 配線カード(図 2-14 でカード前面に接続されているカード)を取り付けます。

a. 配線カード コネクタの位置を押出し成形材前面にあるカード スタックのヘッダーに合わせます。

b. カードのなべネジ 8 つを使用して、配線カードを押出し成形材に固定します。配線カードのネジを締め付ける順序は、図 2-14 の丸囲み番号で示しています。トルク範囲 5.5 ~ 5.7 インチ ポンドで、配線カードを締め付けます。

ステップ 2 ケーブルを取り付けます。配線カードには、各ポートの横にラベルがあります(J3、J4 など)。

WMIC なしまたは 1 枚の構成では、図 2-15 のようにケーブルを配線カードに接続します。

図 2-15 WMIC なしまたは 1 枚の構成

 

 

1

WMIC が装着されている場合は、FESMIC の 10 ピン FE3X ケーブルを WMIC 1 に接続します。

2

FESMIC の 10 ピン FE1X ケーブルを配線カードのポート J14 に接続します。

WMIC 2 枚の構成では、図 2-16 のようにケーブルを配線カードに接続します。

図 2-16 WMIC 2 枚の構成

 

 

1

FESMIC の 10 ピン FE1X ケーブルを配線カードのポート J14 に接続します。

2

FESMIC の 10 ピン FE2X ケーブルを WMIC 2 に接続します。

3

FESMIC の 10 ピン FE3X ケーブルを WMIC 1 に接続します。

4

WMIC 2 の 24 ピン ケーブルを配線カードのポート J2 に接続します。

WMIC 3 枚の構成では、図 2-17 のようにケーブルを配線カードに接続します。

図 2-17 WMIC 3 枚の構成

 

 

1

FESMIC の 10 ピン FE1X ケーブルを WMIC 3 に接続します。

2

FESMIC の 10 ピン FE2X ケーブルを WMIC 2 に接続します。

3

FESMIC の 10 ピン FE3X ケーブルを WMIC 1 に接続します。

4

WMIC 3 の 24 ピン ケーブルを配線カードのポート J3 に接続します。

5

WMIC 2 の 24 ピン ケーブルを配線カードのポート J2 に接続します。

 

 

ステップ 3 20 ピン LED ケーブルを他のケーブルを固定するように上を取り回し、LED ケーブルを配線カードのポート J5 に接続します。


 

I/O エンドキャップの再接続

I/O エンドキャップを再接続するには、次の手順に従います。


ステップ 1 I/O エンドキャップのガイド ピンを押出し成形材の前面に合わせます(アンテナ エンドキャップにはガイド ピンがありません。押出し成形材の背面には、ガイド ピン用の穴がありません)。図 2-18 に、I/O エンドキャップを示します。

図 2-18 I/O エンドキャップ

 

 

1

電源コード

2

I/O トランジション ボード

3

I/O エンドキャップの溝およびガスケット

 

 

ステップ 2 I/O トランジション ボードを配線カードに収めます。図 2-18 に I/O トランジション ボードを示します。

ステップ 3 ガスケットが溝の中央に位置していることを確認します(図 2-5 および図 2-18 を参照)。

ステップ 4 I/O エンドキャップを押し込みます。

ステップ 5 3/8 インチ ソケット レンチを使用し、長さ 1.25 インチの 1/4-20 ボルト 4 つで I/O エンドキャップを固定します。I/O エンドキャップのボルトのトルク範囲は 58 ~ 68 インチ ポンドです。


) 保護用エンドキャップ カバーを使用して I/O エンドキャップのポートを全天候に対して保護している場合は、保護用エンドキャップの蝶番ブラケットの穴を I/O エンドキャップの取り付けボルトの穴と合わせます。次に、蝶番ブラケットと I/O エンドキャップの穴を通るように取り付けボルト 4 つを取り付けて、I/O エンドキャップとその保護用カバーを押出し成形材に接続します。図 2-19 に、保護用エンドキャップ カバーの部品を示します。


図 2-19 Cisco 3200 Rugged Enclosure の保護用エンドキャップ カバー

 

1

蝶番

2

NEC ケーブル用の開口部

3

保護用エンドキャップ カバーの 8/32 インチ長ネジを通す穴

4

蝶番取り付けブラケット

5

取り付けボルト

 

 


 

アンテナ エンドキャップの再接続

アンテナ エンドキャップを再接続するには、次の手順に従います。


ステップ 1 1 つ以上の WMIC を追加した場合は、対応したプラグ 2 つをアンテナ エンドキャップから取り外し、RP-TNC コネクタと交換します。カスタム 9/16 インチ ソケットおよび 3/8 インチ ドライブ トルク レンチを使用して、RP-TNC ボルトを 25 ~ 29 インチ ポンドで締め付けます。

ステップ 2 アンテナ ケーブルをアンテナ エンドキャップに接続します(図 2-2 を参照)。

ステップ 3 アンテナの識別ラベルをアンテナ エンドキャップに接続します。

ステップ 4 3/8 インチ ソケット レンチを使用し、長さ 1.25 インチの 1/4-20 ボルト 4 つでアンテナ エンドキャップを固定します。アンテナ エンドキャップのボルトのトルク範囲は 58 ~ 68 インチ ポンドです。


 

I/O エンドキャップの新しい機能ラベル貼り付け

I/O エンドキャップの機能ラベルを新しく付けるには、次の手順に従います。


ステップ 1 WMIC コンソール ポートにラベルを付けます。

ステップ 2 複数の WMIC がルータに取り付けられている場合は、I/O エンドキャップの W2 プレートを取り外し、DB-9 コンソール コネクタと交換します。