Cisco 3200 シリーズ ルータ ハードウェア リファレンス
シリアル モバイル インターフェイス カード
シリアル モバイル インターフェイス カード
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

シリアル モバイル インターフェイス カード

のコンポーネント システム

の信号

4 ポート SMIC ロータリー スイッチの位置

のロータリー スイッチの位置

の LED 信号

の消費電力

シリアル モバイル インターフェイス カード

Serial Mobile Interface Card(SMIC; シリアル モバイル インターフェイス カード)は、Cisco 3200 シリーズ モバイル アクセス ルータのコンポーネントの 1 つです。このカードは、Data Terminal Equipment(DTE; データ端末装置)モードと Data Circuit Equipment(DCE; データ回線終端装置)モードの両方で最大 4 セットの高速シリアル信号をルータに提供します。コンポーネントを追加することによって、SMIC の電源およびリンク インターフェイスが得られます。たとえば、Cisco 3270 Rugged Router card は、ホスト プロセッサ、メモリ、およびルータのファスト イーサネット、コンソール、AUX の各信号に対応するヘッダーを提供します。ルータの厳密な構成は、代理店がどのように構成したかによって異なります。


) ここでは、緩んだケーブルの再接続など、簡単なトラブルシューティングができるように、SMIC のハードウェアに関する基本的な情報を提供します。複雑な問題を解決する場合には、購入された代理店にご連絡ください。


SMIC は次の機能をサポートします。

High-Level Data Link Control(HDLC; ハイレベル データリンク コントロール)、非同期、同期、およびオクテットに基づく PPP(ポイントツーポイント プロトコル)の各モードのプロトコルをサポートする 2 ~ 4 セットのシリアル信号。これらの信号は、任意のシリアル規格(EIA/TIA-232、EIA/TIA-449、EIA/TIA-530、EIA/TIA-530A、EIA/TIA-X.21、またはCCITT V.35)に合わせて設定できます。

各シリアル信号セットでの DCE モードおよび DTE モードのサポート

各シリアル インターフェイスで、同期データ転送に 2 Mbps、非同期データ転送に 115 kbpsの速度。最大サポートが 192 K の EIA/TIA-232 規格を除き、すべてのシリアル規格で 2 Mbps(同期の場合)を実現します。


) Peripheral Component Interconnect(PCI)バスおよび Industry Standard Architecture(ISA)バスは、標準スタッキング ヘッダーでキーイング機能を使用し、モジュールを正しく取り付けられるようになっています。PCI バスでは、D30 のピンを取り外し、D30 のスペースが塞いであります。ISA バスでは、C19 および B10 のピンが取り外され、それぞれのスペースを塞いであります。


SMIC、Fast Ethernet Switch Mobile Interface Card(FESMIC; ファスト イーサネット スイッチ モバイル インターフェイス カード)、および Cisco 3270 Rugged Router card またはMobile Access Router Card(MARC; モバイル アクセス ルータ カード)のいずれかの間での通信には、PCI バス コネクタが利用されます。Wireless Mobile Interface Card(WMIC; ワイヤレス モバイル インターフェイス カード)は内部のファスト イーサネット ポートを利用してルータと通信しますが、設定は独自のコンソール ポートで行います。WMIC はバスのみから給電されています。

SMIC のコンポーネント システム

図5-1に、2 ポート SMIC のヘッダーとバスの位置を示します。

図5-1 2 ポート SMIC のヘッダーとバスの位置

 

 

1

PCI バス

2

シリアル 0 および シリアル 1 の信号に対応する 60 ピン マルチファンクション ヘッダー

3

ISA バス

4

ロータリー スイッチ

図5-2 に、4 ポート SMIC のヘッダーとバスの位置を示します。


注意 PCI バス上で信号を生成する他社製のカードを追加すると、ルータがシャットダウンすることがあります。PCI バス上で信号を生成する他社製のカードは追加しないでください。

図5-2 4 ポート SMIC のヘッダーとバスの位置

 

 

1

PCI バス

2

シリアル 2 および シリアル 3 の信号に対応する 60 ピン マルチファンクション ヘッダー

3

ISA バス

4

ロータリー スイッチ

5

シリアル 0 および シリアル 1 の信号に対応する 60 ピン マルチファンクション ヘッダー

SMIC の信号

Cisco Single-Sideband(SSB)シリアル規格は下記をサポートします。

EIA/TIA-232、EIA/TIA-449、EIA-530、EIA-530A、X.21、およびV.35 規格(DTE モードと DCE モードの両方)

信号(SSB および LED)は、60 ピン マルチファンクション ヘッダーを介して送信

ロータリー スイッチの位置によって、ポート割り当てが決まります。ロータリー スイッチには 8 個の設定位置がありますが、4 ポート SMIC でサポートされているのは 0、1、および 2 の位置のみ、2 ポート SMIC でサポートされているのは 0 および 1 の位置のみです。

表5-1 に 4 ポートを備える SMIC のポート割り当てを示します。.

 

表5-1 4 ポート SMIC ロータリー スイッチの設定とポート割り当て

位置
MICスロット
ポート割り当て

0

1

シリアル 1/0

シリアル 1/1

シリアル 1/2

シリアル 1/3

1

2

シリアル 2/0

シリアル 2/1

シリアル 2/2

シリアル 2/3

2

3

シリアル 3/0

シリアル 3/1

シリアル 3/2

シリアル 3/3

表5-2 に 2 ポートを備える SMIC のポート割り当てを示します。

 

表5-2 2 ポートを備える SMIC のロータリー スイッチの設定とポート割り当て

位置
MIC スロット
ポート割り当て

0

1

シリアル 1/0

シリアル 1/1

1

2

シリアル 2/0

シリアル 2/1

4 ポート SMIC ロータリー スイッチの位置

表5-3 に、4 ポート SMIC のシリアル信号の割り当てを示します。ロータリー スイッチの位置によって、ポート割り当てが決まります。ロータリー スイッチには 8 つの位置がありますが、選択できるのは 4 つのうちの 1 つだけです。ロータリー スイッチの位置は、Mobile Interface Card(MIC; モバイル インターフェイス カード)ごとに固有でなければなりません。

 

表5-3 4 ポート SMIC のロータリー スイッチの位置およびシリアル信号セットの割り当て

ロータリー
スイッチの位置
MICスロット
信号割り当て

0

1

シリアル 1/0

シリアル 1/1

シリアル 1/2

シリアル 1/3

1

2

シリアル 2/0

シリアル 2/1

シリアル 2/2

シリアル 2/3

2

3

シリアル 3/0

シリアル 3/1

シリアル 3/2

シリアル 3/3

3

4

シリアル 4/0

シリアル 4/1

シリアル 4/2

シリアル 4/3

2 ポート SMIC のロータリー スイッチの位置

表5-4 に、2 ポート SMIC のシリアル信号の割り当てを示します。ロータリー スイッチの位置によって、ポート割り当てが決まります。ロータリー スイッチには 8 つの位置がありますが、選択できるのは 2 つのうちの 1 つだけです。ロータリー スイッチの位置は、MIC ごとに固有でなければなりません。

 

表5-4 2 ポート SMIC のロータリー スイッチの位置およびシリアル信号セットの割り当て

ロータリー
スイッチの位置
MICスロット
信号割り当て

0

1

シリアル 1/0

シリアル 1/1

シリアル 1/2

シリアル 1/3

1

2

シリアル 2/0

シリアル 2/1

シリアル 2/2

シリアル 2/3

SMIC の LED 信号

表5-5 に、SMIC でサポートされる LED 信号とその機能を示します。シリアル 2 および シリアル 3 は、4 ポート SMIC にのみ適用されます。

 

表5-5 SMIC の LED の機能

LED
機能

SERIAL0 ACTIVITY

シリアル 0 でパケットを送受信している場合に 1 回だけ点滅します。ヘッダー 5 が発信元です。

SERIAL0 LINK

シリアル 0 のステータスを示します。ヘッダー 5 が発信元です。この LED は、シリアル ポートが DTE モードで、なおかつ Data Set Ready(DSR)信号、Data Carrier Detect(DCD)信号、および Clear To Send(CTS)信号が検出された場合に点灯します。この LED は、シリアル ポートが DCE モードで、なおかつ Data Terminal Ready(DTR)および Request To Send(RTS)信号が検出された場合に点灯します。

SERIAL1 ACTIVITY

シリアル 1 でパケットを送受信している場合に 1 回だけ点滅します。ヘッダー 5 が発信元です。

SERIAL1 LINK

シリアル 1 のステータスを示します。ヘッダー 5 が発信元です。この LED は、シリアル ポートが DTE モードで、なおかつ DSR、DCD、および CTS の信号が検出された場合に点灯します。この LED は、シリアル ポートが DCE モードで、なおかつ DTR および RTS の信号が検出された場合に点灯します。

SERIAL2 ACTIVITY

シリアル 2 でパケットを送受信している場合に 1 回だけ点滅します。ヘッダー 2 が発信元です。

SERIAL2 LINK

シリアル 2 のステータスを示します。ヘッダー 2 が発信元です。この LED は、シリアル ポートが DTE モードで、なおかつ DSR、DCD、および CTS の信号が検出された場合に点灯します。この LED は、シリアル ポートが DCE モードで、なおかつ DTR および RTS の信号が検出された場合に点灯します。

SERIAL3 ACTIVITY

シリアル 3 でパケットを送受信している場合に 1 回だけ点滅します。ヘッダー 2 が発信元です。

SERIAL3 LINK

シリアル 3 のステータスを示します。ヘッダー 2 が発信元です。この LED は、シリアル ポートが DTE モードで、なおかつ DSR、DCD、および CTS の信号が検出された場合に点灯します。この LED は、シリアル ポートが DCE モードで、なおかつ DTR および RTS の信号が検出された場合に点灯します。

SMIC の消費電力

SMIC は PCI コネクタおよび ISA コネクタから電力を引き込みます。

表5-6 に推定消費電力を示します。あくまでも、理論上の最大ワット数です。

 

表5-6 SMIC 推定電力消費量

電圧
引き込み電流
電力
電源

+5.0 V

1.0 A

5.0 W

ISA および PCI コネクタ

+3.3 V

0.5 A

1.7 W

PCI コネクタ