Cisco 3200 シリーズ ワイヤレス MIC ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド
無線チャネルと送信周波数の設定
無線チャネルと送信周波数の設定
発行日;2012/02/06 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 7MB) | フィードバック

目次

無線チャネルと送信周波数の設定

無線チャネルおよび周波数の概要

無線タイプの特定

チャネルまたは周波数の設定

無線チャネルまたは周波数の設定

無線チャネル間隔の設定

追加情報

無線チャネルと送信周波数の設定

ここでは、次の内容について説明します。

「無線チャネルおよび周波数の概要」

「無線タイプの特定」

「チャネルまたは周波数の設定」

無線チャネルおよび周波数の概要

デフォルトでは、Cisco のWMICによって選択されたチャネルが最も輻輳の少ないチャネルです。起動時およびデフォルト設定では、WMICは最も輻輳の少ないチャネルを受動的にスキャンして選択します。WMICのチャネル設定は、規制区域で使用可能な周波数に対応します。

European Telecommunications Standards Institute(ETSI; 欧州通信規格協会)区域の認定機関は、ユーザが 5.0 GHz(802.11a/h) 無線にチャネルを設定することを許可していません。しかし、ETSI イメージが稼動しているWMICでは、チャネル グループを ブロック できます。WMICは、ETSI イメージからブートすると、最も輻輳の少ないチャネルを自動的に選択します。このようなチャネルでは、Dynamic Frequency Selection(DFS)によってレーダーが検出されません。

Transmission Power Control(TPC)を使用することによって、5.0 GHz 無線の送信電力レベルは自動的に調整され、レーダーによる干渉も回避されます。

Dynamic Frequency Selection(DFS)用に無線チャネルを設定する方法については、 Dynamic Frequency Selection を参照してください。

無線タイプの特定

無線の周波数範囲を確立するには、無線タイプを特定します。 show controllers dot11Radio コマンドを使用して、WMICの無線タイプ、周波数、および現在のチャネルを表示します。次に例を示します。

bridge#show controller dot11 interfaceNum
!
interface Dot11Radio0
Radio ATHEROS AR5414, Base Address 0017.0fe0.b6d0, BBlock version 0.00, Software version 3.00.0
Serial number: FOC10452M68
Number of supported simultaneous BSSID on Dot11Radio0: 1
TXQ_LOCK = 0, DOT11_DEAD = 0
 
Carrier Set: ETSI Outdoor (OFDM) (EU)
Uniform Spreading Required: Yes
Current Frequency: 5260 MHz Channel 52 (DFS enabled)
Allowed Frequencies: 5260(52) 5280(56) 5300(60) 5320(64) 5500(100) 5520(104) 5540(108) 5560(112) 5580(116) 5600(120) 5620(124) 5640(128) 5660(132) 5680(136) 5700(140)
Listen Frequencies: 5260(52) 5280(56) 5300(60) 5320(64) 5500(100) 5520(104) 5540(108) 5560(112) 5580(116) 5600(120) 5620(124) 5640(128) 5660(132) 5680(136) 5700(140)

チャネルまたは周波数の設定

チャネルを設定するには、次の手順を実行します。

無線タイプを特定することにより、無線のチャネルが手動で設定されていること、およびWMICが DFS を必要とする規制区域で動作していないことを確認します。

ユーザによるチャネル選択が許可されているモデルでは、チャネルが重複しないように無線チャネルまたは周波数を設定します。

無線チャネルまたは周波数の設定

無線チャネルを番号または周波数で設定するには、イネーブル EXEC モードで次のコマンドを使用します。

channel { channel_number | frequency | least_congested }

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface dot11radio port

無線インターフェイスに対応するインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

channel { channel_number | frequency | least_congested }

WMICの無線のチャネルを設定します。

使用するチャネルは、チャネルの番号または周波数によって指定できます。

起動時に最も輻輳の少ないチャネルを自動的に検索し、そのチャネルをWMICの無線として使用するには、least-congested オプションを使用します。

周波数を指定する場合は、無線チャネルの中心周波数を入力します。有効な周波数およびチャネル番号は、規制区域で許可されているチャネルによって異なります。

ステップ 4

end

イネーブル EXEC モードに戻ります。

無線チャネル間隔の設定

無線のチャネル幅を設定するには、イネーブル EXEC モードで次のコマンド使用します。

channel { width { 5 | 10 | 20 } | channel_number | frequency | least_congested }

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface dot11radio port

無線インターフェイスに対応するインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

channel { width { 5 | 10 | 20 } | channel_number | frequency | least_congested }

チャネル を 5 MHz、10 MHz、または 20 MHz に設定します。

WMICの無線のチャネル番号または周波数を設定します。最も輻輳の少ないチャネルを検索するようにデバイスを設定することもできます。

ステップ 4

end

イネーブル EXEC モードに戻ります。

12.3(2)JL よりも前のリリースにおける無線チャネル間隔の設定

12.3(2)JL よりも前のリリースで無線チャネル間隔を設定するには、次のコマンドを使用します。

spacing { 5 | 10 | 20 } channel

追加情報

チャネル選択と送信電力に関する一般的な情報については、次の URL にあるホワイトペーパー『FCC Regulations Update For 2004』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/wireless/ps4555/products_white_paper0900aecd801c4a88.shtml

DFS および TPC の詳細については、次の URL にある Cisco のマニュアル『Dynamic Frequency Selection and IEEE 802.11h Transmit Power Control』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/12_4t/12_4t11/ht_DFS.html

4.9-GHz(米国のみ、公的安全機関専用) 帯域の詳細については、次の URL にあるホワイトペーパー『Cisco Support for 4.9-GHz Public Safety Broadband Spectrum in the US』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/routers/ps272/prod_brochure0900aecd802d816e.html