Cisco 3200 シリーズ ワイヤレス MIC ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド
用語集
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

 

4位相偏移変調
IEEE 802.11bに準拠した無線LANで、2 Mbps伝送に使用される変調技術
802.11
2.4 GHz帯域で動作する1および2 Mbps無線LANのキャリア検知Media Access Control(MAC;メディア アクセス制御)および物理レイヤ仕様を規定した、IEEE標準規格
802.11b
2.4 GHzの周波数帯で動作する5.5および11 Mbps無線LANのキャリア検知メディア アクセス制御および物理レイヤ仕様を規定した、IEEE標準規格
802.11g
2.4 GHzの周波数帯で動作する無線LANのキャリア検知メディア アクセス制御および物理レイヤ仕様を規定した、IEEE標準規格

 


B
BID
スパニングツリーの計算に使用されるブリッジID。BIDには、ブリッジのMACアドレスおよび対応するスパニングツリー プライオリティ値が指定されます。スパニングツリーのすべてのブリッジに同じプライオリティが設定されている場合は、最小MACアドレスのブリッジがスパニングツリー ルートになります。
BOOTP
ブート プロトコル。ネットワーク上の装置にスタティックIPアドレスを割り当てるために使用されるプロトコル
BPDU
Bridge Protocol Data Unit(ブリッジ プロトコル データ ユニット)。Spanning Tree Protocol(STP;スパニングツリー プロトコル)がイネーブルの場合、ブリッジは一定間隔でBPDUと呼ばれるスパニングツリー フレームを送受信し、そのフレームを使用してループのないネットワークを維持します。
BPSK
IEEE 802.11bに準拠した無線LANで1 Mbpsの伝送に使用される変調方式

 


C
CCK
Complementary Code Keying(相補コードキー入力)。IEEE 802.11bに準拠した無線LANで5.5および11 Mbpsの送信に使用される変調方式
CCKM
Cisco Centralized Key Management。CCKMを使用すると、認証済みクライアント デバイスはあるアクセス ポイントから別のアクセス ポイントにローミングできますが、このとき再アソシエーションに伴う遅延は感じられません。ネットワーク上のアクセス ポイントは、Subnet Context Manager(SCM)として動作し、サブネット上のCCKM対応クライアント装置用にセキュリティ認証のキャッシュを生成します。SCMの認証キャッシュによって、CCKM対応クライアント装置を新しいアクセス ポイントにローミングしたときに、再アソシエーションの所要時間が大幅に短縮されます。
CSMA
キャリア検知多重アクセス。IEEE 802.11仕様で規定された無線LANメディア アクセス方式

 


D
dBi
アンテナ ゲインの測定に一般的に使用されるデシベルと等方性アンテナの比率。dBi値が大きいほどゲインが高く、対応角度が鋭角になります。
DHCP
Dynamic Host Configuration Protocol(ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル)。さまざまなオペレーティング システムで使用でき、ネットワーク上の装置に指定範囲内のIPアドレスを自動発行するプロトコル。装置は管理者によって定義された期間、割り当てられたアドレスを保有します。
DNS
Domain Name System(ドメイン ネーム システム)サーバ。テキストの名前をIPアドレスに変換するサーバ。サーバは、ホストの英数字名および対応するIPアドレスのデータベースを維持します。
DSSS
Direct Sequence Spread Spectrum(ダイレクト シーケンス)。ワイド周波数帯に信号を連続的に拡散する、スペクトル拡散伝送の1種

E
EAP
Extensible Authentication Protocol(拡張認証プロトコル)。オプションのIEEE 802.1xセキュリティ機能。大規模なユーザ ベースを持ち、EAP対応のRemote Authentication Dial-In User Service(RADIUS)サーバにアクセスする組織に最適なプロトコル

 


G
GHz
ギガヘルツ。10億サイクル/秒。周波数の計測単位

 


I
IEEE
米国電気電子学会。出版物、会議、規格策定などの活動を通じて、電気技術者に情報を提供する専門団体。イーサネット802.3規格および無線LAN 802.11規格を策定します。
IPアドレス
ステーションのIP(インターネット プロトコル)アドレス
IPサブネット マスク
IPサブネットワークの識別に使用される番号。IPアドレスがLANで認識可能かどうか、あるいは、ゲートウェイ経由で到達する必要があるのかどうかを示します。 この番号は、255.255.255.0のように、IPアドレスと同様の形式で表されます。

 


M
MAC
Media Access Control(メディア アクセス制御)アドレス。イーサネット データ パケットで、アクセス ポイントやクライアント アダプタなどのイーサネット デバイスを識別するための48ビットの一意な番号

 


R
RF
無線周波数。無線を使用したテクノロジーへの一般用語
RP-TNC
シスコの無線およびアンテナに固有のコネクタ タイプ。スペクトル拡散装置に関するFCC規則のPart 15.203では、送信機器で使用できるアンテナのタイプが限定されています。この規則に適合するため、シスコは他の無線LANプロバイダーと同様、無線通信機とアンテナに固有のコネクタを装備し、承認されていないアンテナを無線通信機に取り付けることができないようにしています。

 


S
SSID
サービス セットID(「無線ネットワーク名」とも呼ばれる)。無線ネットワークの識別に使用され、ステーションで相互通信やアクセス ポイントとの通信に必要とされる一意の識別子

 


U
UNII
Unlicensed National Information Infrastructure。5.15~5.35 GHzおよび5.725~5.825 GHzの周波数帯で動作するUNII装置に関する規制
UNII-1
5.15~5.25 GHzの周波数帯で動作するUNII装置に関する規制
UNII-2
5.25~5.35 GHzの周波数帯で動作するUNII装置に関する規制
UNII-3
5.725~5.825 GHzの周波数帯で動作するUNII装置に関する規制

W
WDS
Wireless Domain Services。無線LAN上でWDSを提供するアクセス ポイントは、無線LAN上のCCKM対応クライアント装置に対する証明書のキャッシュを維持します。CCKM対応クライアントが、1つのアクセス ポイントから別のアクセス ポイントにローミングするときには、WDSアクセス ポイントは、クライアントの証明書をマルチキャスト鍵を持つ新しいアクセス ポイントに転送します。クライアントと新しいアクセス ポイント間で受け渡されるパケットは2つだけなので、再アソシエーションの所要時間が大幅に短縮されます。
WEP
Wired Equivalent Privacy。802.11規格で定義されたオプションのセキュリティ メカニズム。無線装置のリンク完全性を有線の場合と同等にします。
WLSE
Wireless LAN Solutions Engine。シスコの無線LANインフラストラクチャを管理するための専用アプライアンスです。顧客が定義したグループ内のアクセス ポイントを中央から識別および設定し、スループットおよびクライアント アソシエーションについて報告します。WLSEの集中管理機能は、統合テンプレート ベースの設定ツールでさらに拡張され、設定の簡易化と生産性の向上を実現します。
WPA
Wi-Fi Protected Accessは、Wireless Ethernet Compatibility Alliance(WECA)による新しい暫定的なセキュリティ ソリューションです。WPAはほとんどSimple Security Network(SSN)と同義であり、暫定版のIEEE規格802.11iがベースになっています。WPAはWEPおよびTKIP暗号アルゴリズムとともに、802.1XおよびEAPをサポートするので、既存の認証システムとの統合が容易です。WPAの鍵管理では、複数の暗号方式を組み合わせることによって、クライアント装置とアクセス ポイント間の通信を保護します。

 


アクセス ポイント
電波を使用して有線ネットワークと無線ステーションを接続する無線LANデータ トランシーバ
アドホック ネットワーク
アクセス ポイントを持たないステーションで構成された無線ネットワーク
アンテナ ゲイン
一定圏内で無線エネルギーをある方向へ収束させるアンテナの能力を示す測定値。アンテナ ゲインが高いほど、特定の方向により収束された放射パターンとなります。

 


イーサネット
最も普及している有線LAN。イーサネットはCSMA(キャリア検知多重アクセス)を使用して、コンピュータ間でネットワークを共有し、使用する物理レイヤに応じて10、100、または1000 Mbpsで動作できるようにします。
インフラストラクチャ
有線イーサネット ネットワーク

 


関連付け
ステーションがアクセス ポイントと無線通信できるように適切に設定されること

 


クライアント
アクセス ポイントのサービスを使用して、LAN上の他の装置と無線で通信する無線装置

 


ゲートウェイ
2つの互換性のないネットワークを接続する装置

 


スペクトラム拡散方式
ユーザ情報を最も広帯域幅に拡散する無線送信テクノロジー。耐干渉性が向上し、無資格での運用が可能になるという利点があります。

 


セル
無線装置がベース ステーションと通信できる無線範囲(カバレッジ)。セルのサイズは転送速度、使用するアンテナのタイプ、物理環境、およびその他の要因によって決まります。
全方向性
通常は、基本的に円状のアンテナ放射パターンを指します。

 


送信電力
無線送信の電力レベル

 


ダイポール
2つの(通常は内部)素子で構成される低ゲイン(2.2 dBi)アンテナの1種

 


直交周波数分割多重方式(OFDM)
IEEE 82.11aに準拠した無線LANで、6、9、12、18、24、36、48、および54 Mbpsの送信に使用される変調技術

 


通信範囲
トランスミッタが信号を送信できる直線距離

 


データ レート
装置がサポートするデータ転送レートの範囲。データ レートの測定単位はMbps(メガビット/秒)です。

 


等方性
球形に信号を放射するアンテナ
ドメイン名
組織のタイプや地理的要素などに基づいたネットワークまたはネットワーク リソースのグループを表す、テキストで記述された名前。name.comは商業、name.eduは教育、name.govは行政、ISP name.netはネットワーク プロバイダー(ISPなど)、name.arはアルゼンチン、name.auはオーストラリアといった具合です。

 


パケット
ネットワーク上の通信に使用される基本的なメッセージ単位。パケットには通常、ルーティング情報、データ、および場合によってはエラー検出情報が含まれます。

 


ビーコン
無線装置のアベイラビリティおよび存在を伝える無線LANパケット

 


ファームウェア
メモリ チップ上にプログラミングされたソフトウェア
ファイル サーバ
ファイル、メール、およびプログラムをLANで共有するためのファイルのリポジトリ
ブロードキャスト パケット
同一サブネット上のすべてのアドレスに送信される単一のデータ メッセージ(パケット)

 


変調
ユーザ情報とトランスミッタのキャリア信号を組み合わせる数種類の技法

 


マルチキャスト パケット
複数のアドレスに送信される単一のデータ メッセージ(パケット)
マルチパス
無線信号が物体に当たって跳ね返ることで発生するエコー

 


ユニキャスト パケット
特定のIPアドレスに送信される単一のデータ メッセージ(パケット)

 


レシーバ感度
レシーバが受信し、正しくデータに変換できる最も弱い信号の測定値

 


ローミング
複数のアクセス ポイントを使用して、ユーザがLANへの接続を維持したまま構内を移動できるようにする機能

 


ワークステーション
クライアント アダプタが搭載されたコンピューティング装置