Cisco 3200 シリーズ ワイヤレス MIC ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド
ファームウェアおよびコンフィギュ レーションの管理
ファームウェアおよびコンフィギュレーションの管理
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

ファームウェアおよびコンフィギュレーションの管理

フラッシュ ファイル システムの操作

使用可能なファイル システムの表示

デフォルト ファイル システムの設定

ファイル システム上のファイルに関する情報の表示

ディレクトリの変更および作業用ディレクトリの表示

ディレクトリの作成および削除

ファイルのコピー

ファイルの削除

tarファイルの作成、表示、および抽出

tarファイルの作成

tarファイルの内容表示

tarファイルの抽出

ファイルの内容表示

コンフィギュレーション ファイルの操作

コンフィギュレーション ファイルの作成および使用時の注意事項

ファイル タイプおよび保管場所の設定

テキスト エディタによるコンフィギュレーション ファイルの作成

TFTPによるコンフィギュレーション ファイルのコピー

TFTPでコンフィギュレーション ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備

TFTPによるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

TFTPによるコンフィギュレーション ファイルのアップロード

FTPによるコンフィギュレーション ファイルのコピー

FTPでコンフィギュレーション ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備

FTPによるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

FTPによるコンフィギュレーション ファイルのアップロード

RCPによるコンフィギュレーション ファイルのコピー

RCPでコンフィギュレーション ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備

RCPによるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

RCPによるコンフィギュレーション ファイルのアップロード

設定情報の削除

保管されているコンフィギュレーション ファイルの削除

ソフトウェア イメージの操作

上のイメージの保管場所

サーバまたはCisco.com上のイメージのtarファイル形式

TFTPによるイメージ ファイルのコピー

TFTPでイメージ ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備

TFTPによるイメージ ファイルのダウンロード

TFTPによるイメージ ファイルのアップロード

FTPによるイメージ ファイルのコピー

FTPでイメージ ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備

FTPによるイメージ ファイルのダウンロード

FTPによるイメージ ファイルのアップロード

RCPによるイメージ ファイルのコピー

RCPでイメージ ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備

RCPによるイメージ ファイルのダウンロード

RCPによるイメージ ファイルのアップロード

Webブラウザ インターフェイスによるイメージのリロード

ブラウザHTTPインターフェイス

ブラウザTFTPインターフェイス

ファームウェアおよびコンフィギュレーションの管理

この章では、フラッシュ ファイル システムの操作方法、コンフィギュレーション ファイルのコピー方法、ソフトウェア イメージの保管(アップロードおよびダウンロード)方法について説明します。


) この章で使用するコマンドの構文および使用方法の詳細については、このリリースに対応する『Cisco IOS Command Reference for Cisco Access Points and Bridges』および『Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference for Release 12.2』を参照してください。


この章の構成は次のとおりです。

「フラッシュ ファイル システムの操作」

「コンフィギュレーション ファイルの操作」

「ソフトウェア イメージの操作」

フラッシュ ファイル システムの操作

WMIC上フラッシュ ファイル システムは、ソフトウェア イメージおよびコンフィギュレーション ファイルの管理に役立つコマンドをいくつか提供します。

フラッシュ ファイル システムは、ファイルを保管できる単一のフラッシュ デバイスです。このフラッシュ デバイスのことを flash: といいます。

ここで説明する内容は、次のとおりです。

「使用可能なファイル システムの表示」

「デフォルト ファイル システムの設定」

「ファイル システム上のファイルに関する情報の表示」

「ディレクトリの変更および作業用ディレクトリの表示」

「ディレクトリの作成および削除」

「ファイルのコピー」

「ファイルの削除」

「tarファイルの作成、表示、および抽出」

「ファイルの内容表示」

使用可能なファイル システムの表示

WMIC上で使用できるファイル システムを表示するには、 show file systems イネーブルEXECコマンドを使用します。次の例を参照してください。

bridge# show file systems
File Systems:
 
Size(b) Free(b) Type Flags Prefixes
* 16128000 11118592 flash rw flash:
16128000 11118592 unknown rw zflash:
32768 26363 nvram rw nvram:
- - network rw tftp:
- - opaque rw null:
- - opaque rw system:
- - opaque ro xmodem:
- - opaque ro ymodem:
- - network rw rcp:
- - network rw ftp:
 

表 18-1 で、show file systemsコマンドの各フィールドについて説明します。

 

表 18-1 show file systemsフィールドの説明

フィールド

Size(b)

ファイル システムのメモリ容量(バイト数)

Free(b)

ファイル システムの空きメモリ容量(バイト数)

Type

ファイル システムのタイプ

flash ― フラッシュ メモリ デバイス用のファイル システム

network ― ネットワーク デバイス用のファイル システム

nvram ― NVRAM(不揮発性RAM)デバイス用のファイル システム

opaque ― ローカルとして生成された 擬似 ファイル システム( systemなど )またはダウンロード インターフェイス(brimuxなど)

unknown ― タイプ不明のファイルシステム

Flags

ファイル システムのアクセス権

ro ― 読み取り専用

rw ― 読み書き

wo ― 書き込み専用

Prefixes

ファイル システムのエイリアス

flash: ― フラッシュ ファイル システム

ftp: ― FTP(ファイル転送プロトコル)ネットワーク サーバ。ネットワーク デバイスと相互にファイルを転送する場合に使用します。

nvram: ― NVRAM

null: ― ヌルのコピー先。ヌルにリモート ファイルをコピーすることによってファイル容量の判別できます。

rcp: ― Remote Copy Protocol(RCP)ネットワーク サーバ

system: ― 実行コンフィギュレーションを含むシステム メモリを格納します。

tftp: ― Trivial File Transfer Protocol(TFTP;簡易ファイル転送プロトコル)ネットワーク サーバ

zflash: ― 読み取り専用ファイル解凍ファイル システム。フラッシュ ファイル システムの内容をミラーリングします。

デフォルト ファイル システムの設定

デフォルトのファイル システムとしてシステムに使用させるファイル システムまたはディレクトリを指定するには、 cd filesystem: イネーブルEXECコマンドを使用します。デフォルト ファイル システムを設定すると、 filesystem: 引数を関連コマンドから省略できます。たとえば、オプションの filesystem: 引数が指定されているすべてのイネーブルEXECコマンドでは、 cd コマンドによって指定されたファイル システムが使用されます。

デフォルトでは、デフォルト ファイル システムは flash: です。

cd コマンドで指定した現在のデフォルト ファイル システムを表示するには、 pwd イネーブルEXECコマンドを使用します。

ファイル システム上のファイルに関する情報の表示

ファイル システムの内容を操作する前に、ファイル システムの内容をリスト形式で表示できます。たとえば、フラッシュ メモリに新しいコンフィギュレーション ファイルをコピーする前に、ファイル システムに同名のコンフィギュレーション ファイルがすでに存在しているかどうかを確認しなければならない場合があります。同様に、フラッシュのコンフィギュレーション ファイルを別の場所にコピーする前にも、別のコマンドでそのファイル名が使用されていないかどうかを確認する必要があります。

ファイル システム上のファイルに関する情報を表示するには、 表 18-2 に示したイネーブルEXECコマンドの1つを使用します。

 

表 18-2 ファイル情報を表示するコマンド

コマンド
説明

dir [ /all ] [ filesystem : ][ filename ]

ファイル システム上のファイルのリストを表示します。

show file systems

ファイル システム上の各ファイルの詳細を表示します。

show file information file-url

特定のファイルの情報を表示します。

show file descriptors

オープン ファイル記述子のリストを表示します。ファイル記述子は、オープン ファイルの内部表現形式です。このコマンドを使用すると、別のユーザがファイルを開いていないかどうかを調べることができます。

ディレクトリの変更および作業用ディレクトリの表示

イネーブルEXECモードを開始し、次の手順でディレクトリを変更し、作業用ディレクトリを表示します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

dir filesystem :

指定したファイル システム上のディレクトリを表示します。

filesystem : には、システム ボード フラッシュ デバイスを表す flash: を使用します。

ステップ 2

cd new_configs

所定のディレクトリに変更します。

このコマンド例では、 new_configs という名前のディレクトリに切り替えられます。

ステップ 3

pwd

作業用ディレクトリを表示します。

ディレクトリの作成および削除

イネーブルEXECモードを開始し、次の手順で、ディレクトリの作成および削除を行います。

 

コマンド
目的

ステップ 1

dir filesystem :

指定したファイル システム上のディレクトリを表示します。

filesystem : には、システム ボード フラッシュ デバイスを表す flash: を使用します。

ステップ 2

mkdir old_configs

新しいディレクトリを作成します。

このコマンド例では、 old_configs という名前のディレクトリが作成されます。

ディレクトリ名は大文字と小文字の区別があります。

ディレクトリ名の長さは、スラッシュ(/)からスラッシュまでが最大45文字です。名前に制御記号、スペース、削除記号、スラッシュ、引用符、セミコロン、またはコロンを含めることはできません。

ステップ 3

dir filesystem :

設定を確認します。

ディレクトリとともに関連ファイルとサブディレクトリをすべて削除する場合は、 delete /force /recursive filesystem :/ file-url イネーブルEXECコマンドを使用します。

指定したディレクトリとすべてのサブディレクトリ、および含まれているファイルを削除するには、 /recursive キーワードを使用します。ディレクトリの各ファイルを削除することについて確認を求めるプロンプトを抑制するには、 /force キーワードを使用します。この削除プロセスを開始したときに1回だけプロンプトが表示されます。 archive download-sw コマンドを使用してインストールしたけれども不要になった古いソフトウェア イメージを削除するには、 /force キーワードおよび /recursive キーワードを使用します。

filesystem には、システム ボード フラッシュ デバイスを表す flash: を使用します。 file-url には、削除するディレクトリの名前を入力します。ディレクトリ内のすべてのファイルとディレクトリが削除されます。


注意 ファイルおよびディレクトリを削除すると、その内容を回復することはできません。

ファイルのコピー

コピー元からコピー先へファイルをコピーするには、 copy [ /erase ] source-url destination-url イネーブルEXECコマンドを使用します。コピー元およびコピー先のURLには、キーワード ショートカットの running-config および startup-config を使用できます。たとえば、 copy running-config startup-config コマンドを使用すると、現在の実行コンフィギュレーション ファイルがシフラッシュ メモリのNVRAMセクションに保存され、システム初期化時にコンフィギュレーションとして使用されます。

ネットワーク ファイル システムのURLには ftp: rcp: 、および tftp: が含まれます。構文は次のとおりです。

FTP ― ftp: [[ // username [ : password ] @ location ] / directory ] / filename

RCP ― rcp: [[ // username @ location ] / directory ] / filename

TFTP ― tftp: [[ // location ] / directory ] / filename

ローカル書き込み可能ファイル システムには、flash:が含まれます。

コピー元とコピー先の組み合わせによっては、無効な場合があります。特に、次の組み合わせではコピーできません。

実行コンフィギュレーションから実行コンフィギュレーション

スタートアップ コンフィギュレーションからスタートアップ コンフィギュレーション

同一デバイス間(たとえば、 copy flash:flash: コマンドは無効)

コンフィギュレーション ファイルに copy コマンドを使用する例については、「コンフィギュレーション ファイルの操作」を参照してください。

新しいバージョンをダウンロードするか、または既存のものをアップロードすることによってソフトウェア イメージをコピーするには、 archive download-sw または archive upload-sw イネーブルEXECコマンドを使用します。詳細は、「ソフトウェア イメージの操作」を参照してください。

ファイルの削除

フラッシュ メモリ デバイス上の不要になったファイルは永久的に削除することができます。指定したフラッシュ デバイスからファイルまたはディレクトリを削除するには、 delete [ /force ] [ /recursive ] [ filesystem : ] / file-url イネーブルEXECコマンドを使用します。


注意 ファイルを削除すると、その内容を回復することはできません。

ディレクトリとすべてのサブディレクトリ、および含まれているファイルを削除するには、 /recursive キーワードを使用します。ディレクトリの各ファイルを削除することについて確認を求めるプロンプトを抑制するには、 /force キーワードを使用します。この削除プロセスを開始したときに1回だけプロンプトが表示されます。 archive download-sw コマンドを使用してインストールしたけれども不要になった古いソフトウェア イメージを削除するには、 /force キーワードおよび /recursive キーワードを使用します。

filesystem : オプションを省略した場合、WMICは cd コマンドによって指定されたデフォルトのデバイスを使用します。 file-url には、削除するファイルのパス(ディレクトリ)および名前を指定します。

デフォルトのフラッシュ メモリ デバイスからファイル myconfig を削除する例を示します。

bridge# delete myconfig
 

tarファイルの作成、表示、および抽出

tarファイルを作成してそこにファイルを書き込んだり、tarファイル内のファイルを一覧表示したり、さらにtarファイルからファイルを抽出したりすることができます。

tarファイルの作成

tarファイルを作成してそこにファイルを書き込むには、次のイネーブルEXECコマンドを使用します。

archive tar /create destination-url flash:/ file-url

destination-url には、ローカルまたはネットワーク ファイル システムおよび作成するtarファイルの名前を表す宛先URLエイリアスを指定します。次のオプションがサポートされます。

ローカル フラッシュ ファイル システムの場合、構文は次のとおりです。
flash:/ file-url

FTPの場合、構文は次のとおりです。 ftp: [[ // username [ : password ] @ location ] / directory] / tar-filename .tar

RCPの場合、構文は次のとおりです。 rcp: [[ // username @ location ] / directory ] / tar-filename .tar

TFTPの場合、構文は次のとおりです。 tftp: [[ // location ] / directory ] / tar-filename .tar

tar-filename .tar が作成するtarファイルです。

flash:/ file-url には、新しいtarファイルの作成元となるローカル フラッシュ ファイル システムの場所を指定します。任意で新しいtarファイルに書き込む、ソース ディレクトリ内のファイルまたはディレクトリのリストも指定できます。何も指定しなかった場合は、そのレベルのすべてのファイルおよびディレクトリが新しく作成されたtarファイルに書き込まれます。

tarファイルの作成例を示します。このコマンドによって、ローカル フラッシュ デバイス上の new-configs ディレクトリの内容が172.20.10.30のTFTPサーバ上にある saved.tar という名前のファイルに書き込まれます。

bridge# archive tar /create tftp://172.20.10.30/saved.tar flash:/new-configs
 

tarファイルの内容表示

tarファイルの内容を画面に表示するには、次のイネーブルEXECコマンドを使用します。

archive tar /table source-url

source-url には、ローカルまたはネットワーク ファイル システムの送信元URLエイリアスを指定します。次のオプションがサポートされます。

ローカル フラッシュ ファイル システムの場合、構文は次のとおりです。
flash:

FTPの場合、構文は次のとおりです。 ftp: [[ // username [ : password ] @ location ] / directory ] / tar-filename .tar

RCPの場合、構文は次のとおりです。 rcp: [[ // username @ location ] / directory ] / tar-filename .tar

TFTPの場合、構文は次のとおりです。 tftp: [[ // location ] / directory ] / tar-filename .tar

tar-filename .tar が表示するtarファイルです。

tarファイルのあとにファイルまたはディレクトリのリストを任意で指定することによって、ファイルの表示を限定することもできます。すると、指定したファイルだけが表示されます。何も指定しなかった場合、すべてのファイルおよびディレクトリが表示されます。

フラッシュ メモリに保管されている c1200-k9w7-mx.122-8.JA.tar ファイルの内容を表示する例を示します。

bridge# archive tar /table flash:c1200-k9w7-mx.122-8.JA.tar
info (219 bytes)
c1400-k9w7-mx.122-11.JA/ (directory)
c1400-k9w7-mx.122-11.JA/html/ (directory)
c1400-k9w7-mx.122-11.JA/html/foo.html (0 bytes)
c1400-k9w7-mx.122-11.JA/c1200-k9w7-mx.122-8.JA.bin (610856 bytes)
c1400-k9w7-mx.122-11.JA/info (219 bytes)
info.ver (219 bytes)
 

c1200-k9w7-mx.122-8.JA/html ディレクトリとその内容だけを表示する例を示します。

bridge# archive tar /table flash:c1200-k9w7-mx.122-8.JA/html
c1400-k9w7-mx.122-11.JA/html/ (directory)
c1400-k9w7-mx.122-11.JA/html/foo.html (0 bytes)

tarファイルの抽出

フラッシュ ファイル システム上のディレクトリにtarファイルを抽出するには、次のイネーブルEXECコマンドを使用します。

archive tar /xtract source-url flash:/ file-url

source-url には、ローカルまたはネットワーク ファイル システムの送信元URLエイリアスを指定します。次のオプションがサポートされます。

ローカル フラッシュ ファイル システムの場合、構文は次のとおりです。
flash:

FTPの場合、構文は次のとおりです。 ftp: [[ // username [ : password ] @ location ] / directory ] / tar-filename .tar

RCPの場合、構文は次のとおりです。 rcp: [[ // username @ location ] / directory ] / tar-filename .tar

TFTPの場合、構文は次のとおりです。 tftp: [[ // location ] / directory ] / tar-filename .tar

tar-filename .tar がファイルを取り出すtarファイルです。

flash:/ file-url には、tarファイルの抽出先となるローカル フラッシュ ファイル システムの場所を指定します。tarファイルの中から抽出するファイルまたはディレクトリのリストを任意で指定することもできます。何も指定しなかった場合、すべてのファイルおよびディレクトリが抽出されます。

172.20.10.30のTFTPサーバ上に置かれているtarファイルの内容を抽出する例を示します。このコマンドによって、ローカル フラッシュ ファイル システムのルート ディレクトリに new-configs ディレクトリだけが抽出されます。 saved.tar ファイル内の他のファイルは無視されます。

bridge# archive tar /xtract tftp://172.20.10.30/saved.tar flash:/new-configs
 

ファイルの内容表示

リモート ファイル システム上のファイルを含め、任意の読み取り可能ファイルの内容を表示するには、 more [ /ascii | /binary | /ebcdic ] file-url イネーブルEXECコマンドを使用します。

TFTPサーバに保管されているコンフィギュレーション ファイルの内容を表示する例を示します。

bridge# more tftp://serverA/hampton/savedconfig
!
! Saved configuration on server
!
version 11.3
service timestamps log datetime localtime
service linenumber
service udp-small-servers
service pt-vty-logging
!
 
(テキスト出力は省略)

コンフィギュレーション ファイルの操作

ここでは、コンフィギュレーション ファイルの作成、ロード、およびメンテナンス方法について説明します。コンフィギュレーション ファイルには、Cisco IOSソフトウェアの機能をカスタマイズするために入力されたコマンドがあります。このような命令を有効に生かすために、WMICにはシステム ソフトウェアと対話する最小限のデフォルト実行コンフィギュレーションが格納されています。

さまざまな目的で、TFTPサーバ、FTPサーバ、またはRCPサーバからWMICの実行コンフィギュレーション ファイルに、コンフィギュレーション ファイルをコピー( ダウンロード )できます。

バックアップのコンフィギュレーション ファイルの復元

別のブリッジ用のコンフィギュレーション ファイルの使用。たとえば、ネットワークにもう1つブリッジを追加し、元のブリッジと類似したコンフィギュレーションを与えなければならない場合があります。新しいブリッジにファイルをコピーすることによって、ファイル全体を作成し直す代わりに、該当する部分だけを変更できます。

ネットワーク上のすべてのアクセス ポイントに同じコンフィギュレーション コマンドをロードし、すべてのアクセス ポイントに同様のコンフィギュレーションを使用させる場合

TFTP、FTP、またはRCPを使用することによって、WMICからファイル サーバにコンフィギュレーション ファイルをコピー( アップロード )できます。この作業を行うのは、現在のコンフィギュレーション ファイルの内容を変更する前にファイルをサーバに保管しておき、あとでサーバから元のコンフィギュレーション ファイルを復元できるようにする場合などです。

使用するプロトコルは、使用しているサーバのタイプによって決まります。FTPおよびRCPトランスポート メカニズムを使用する方が、TFTPより高速で信頼性の高いデータ転送が可能です。このような改善が可能になったのは、FTPおよびRCPがコネクション型のTCP/IPをベースに作成され、TCP/IPを使用するからです。

ここで説明する内容は、次のとおりです。

「コンフィギュレーション ファイルの作成および使用時の注意事項」

「ファイル タイプおよび保管場所の設定」

「テキスト エディタによるコンフィギュレーション ファイルの作成」

「TFTPによるコンフィギュレーション ファイルのコピー」

「FTPによるコンフィギュレーション ファイルのコピー」

「RCPによるコンフィギュレーション ファイルのコピー」

「設定情報の削除」

コンフィギュレーション ファイルの作成および使用時の注意事項

コンフィギュレーション ファイルを作成することによって、WMICの設定が容易になります。コンフィギュレーション ファイルには、1つまたは複数のアクセス ポイントを設定するために必要なコマンドの一部または全部を指定できます。たとえば、同じハードウェア構成の複数のアクセス ポイントに同じコンフィギュレーション ファイルをダウンロードしなければならない場合などです。

コンフィギュレーション ファイルを作成するときの注意事項は、次のとおりです。

WMIC上でパスワードが設定されていない場合は、 enable secret secret-password グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力することによって、各ブリッジにパスワードを設定する必要があります。このコマンドにはブランクの行を入力します。パスワードはクリアテキストとしてコンフィギュレーション ファイルに保存されます。

パスワードがすでに設定されている場合、 enable secret secret-password グローバル コンフィギュレーション コマンドは入力できません。パスワード検証がエラーになるからです。コンフィギュレーション ファイルにパスワードを入力すると、WMICはファイルを実行するときに、パスワードを誤ってコマンドとして実行しようとします。

copy { ftp:| rcp:| tftp: } system:running-config イネーブルEXECコマンドを使用すると、コマンドラインからコマンドを入力した場合と同様に、WMIC上にコンフィギュレーション ファイルがロードされます。WMICはコマンドを追加する前に、既存の実行コンフィギュレーションを消去しません。コピーしたコンフィギュレーション ファイルのコマンドによって既存のコンフィギュレーション ファイルのコマンドが置き換えられる場合は、既存のコマンドが消去されます。たとえば、コピーしたコンフィギュレーション ファイル内の特定のコマンドで、既存のコンフィギュレーションと異なるIPアドレスが指定されていた場合、コピーしたコンフィギュレーションのIPアドレスが使用されます。ただし、既存のコンフィギュレーションに、置き換えられないか、または取り消されないコマンドが含まれていることもあります。その場合、既存のコンフィギュレーション ファイルとコピーしたコンフィギュレーション ファイルが混合されたコンフィギュレーション ファイルができますが、優先されるのはコピーしたコンフィギュレーション ファイルです。

サーバに保管されているファイルそのままの形でコンフィギュレーション ファイルを復元するには、スタートアップ コンフィギュレーションにコンフィギュレーション ファイルを直接コピーし( copy { ftp:| rcp:| tftp: } nvram:startup-config イネーブルEXECコマンドを使用)、さらにWMICをリロードします。

ファイル タイプおよび保管場所の設定

スタートアップ コンフィギュレーション ファイルは、システムの起動時にソフトウェアを設定するために使用されます。実行コンフィギュレーション ファイルには、ソフトウェアの現在の設定が指定されています。この2つのコンフィギュレーション ファイルは異なることがあります。たとえば、永続的にではなく、短期間だけコンフィギュレーションを変更しなければならないことがあります。この場合、実行コンフィギュレーションを変更しても、 copy running-config startup-config イネーブルEXECコマンドでコンフィギュレーションを保存することはしません。

実行コンフィギュレーションはDRAMに、スタートアップ コンフィギュレーションはフラッシュ メモリのNVRAMセクションに保管されます。

テキスト エディタによるコンフィギュレーション ファイルの作成

コンフィギュレーション ファイルを作成するときには、適切なシステム応答が得られるように、コマンドを論理的に指定する必要があります。次に、コンフィギュレーション ファイルを作成する方法の1つを示します。


ステップ 1 WMICからサーバに既存のコンフィギュレーションをコピーします。

詳細は、「TFTPによるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」「FTPによるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」、または「RCPによるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」を参照してください。

ステップ 2 UNIXのviまたはemacs、PCのノートパッドといったテキスト エディタでコンフィギュレーション ファイルを開きます。

ステップ 3 コンフィギュレーション ファイルの中から、必要なコマンドの部分を抜き取って新しいファイルに保存します。

ステップ 4 サーバ上の適切な保管場所にコンフィギュレーション ファイルをコピーします。たとえば、ワークステーション上のTFTPディレクトリ(UNIXワークステーションの場合、通常は / tftpboot)にファイルをコピーします。

ステップ 5 必ず、ファイルのアクセス権をworld-readに設定します。


 

TFTPによるコンフィギュレーション ファイルのコピー

作成したコンフィギュレーション ファイルを使用することによって、または別の装置からダウンロードしたかTFTPサーバからダウンロードしたコンフィギュレーション ファイルを使用することによって、WMICを設定できます。TFTPサーバにコンフィギュレーション ファイルをコピー(アップロード)して保管することもできます。

ここで説明する内容は、次のとおりです。

「TFTPでコンフィギュレーション ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備」

「TFTPによるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」

「TFTPによるコンフィギュレーション ファイルのアップロード」

TFTPでコンフィギュレーション ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備

TFTPを使用してコンフィギュレーション ファイルをダウンロードまたはアップロードする前に、次の作業が必要です。

TFTPサーバとして動作するワークステーションが正しく設定されているかどうかを確認します。Sunワークステーションの場合、/etc/inetd.confファイルに次の行が含まれているかどうかを確認します。

tftp dgram udp wait root /usr/etc/in.tftpd in.tftpd -p -s /tftpboot
 

/etc/servicesファイルに次の行が含まれているかどうかを確認します。

tftp 69/udp
 

) /etc/inetd.confファイルおよび/etc/servicesファイルを変更した場合は、そのあとでinetdデーモンを再起動する必要があります。デーモンを再起動するには、inetdプロセスをいったん中止してから再起動するか、fastbootコマンド(SunOS 4.xの場合)またはrebootコマンド (Solaris 2.xまたはSunOS 5.xの場合)を入力します。TFTPデーモンの詳細については、使用するワークステーションのマニュアルを参照してください。


WMICにTFTPサーバへのルートが設定されているかどうかを確認します。サブネット間でトラフィックをルーティングさせるルータがない場合は、WMICおよびTFTPサーバを同じサブネットワークに配置する必要があります。TFTPサーバとの接続を調べるには、 ping コマンドを使用します。

ダウンロードするコンフィギュレーション ファイルがTFTPサーバ上の正しいディレクトリ(UNIXワークステーションの場合、通常は / tftpboot)に置かれているかどうかを確認します。

ダウンロード操作の場合は、ファイルのアクセス権が正しく設定されているかどうかを確認します。ファイルのアクセス権はworld-readでなければなりません。

コンフィギュレーション ファイルをアップロードする前に、TFTPサーバ上に空のファイルを作成する必要があるかもしれません。空のファイルを作成するには、 touch filename コマンドを入力します。 filename は、サーバにアップロードするときに使用するファイル名です。

アップロード操作時に、サーバ上の既存ファイル(空のファイルを作成した場合はそのファイルも含む)を上書きする場合は、ファイルのアクセス権が正しく設定されているかどうかを確認します。ファイルのアクセス権はworld-writeでなければなりません。

TFTPによるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

TFTPサーバからダウンロードしたコンフィギュレーション ファイルを使用してWMICを設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 ワークステーション上の適切なTFTPディレクトリにコンフィギュレーション ファイルをコピーします。

ステップ 2 「TFTPでコンフィギュレーション ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備」を参照し、TFTPサーバが正しく設定されていることを確認します。

ステップ 3 TelnetセッションでWMICにログインします。

ステップ 4 WMICを設定するためのコンフィギュレーション ファイルをTFTPサーバからダウンロードします。

TFTPサーバのIPアドレスまたはホスト名およびダウンロードするファイルの名前を指定します。

次のイネーブルEXECコマンドのどちらか1つを使用します。

copy tftp: [[[ // location ] / directory ] / filename ] system:running-config

copy tftp: [[[ // location ] / directory ] / filename ] nvram:startup-config

コンフィギュレーション ファイルがダウンロードされ、ファイルが1行ずつ解析されてコマンドが実行されます。


 

IPアドレスが172.16.2.155のファイル tokyo-confg によってソフトウェアを設定する例を示します。

bridge# copy tftp://172.16.2.155/tokyo-confg system:running-config
Configure using tokyo-confg from 172.16.2.155? [confirm] y
Booting tokyo-confg from 172.16.2.155:!!! [OK - 874/16000 bytes]
 

TFTPによるコンフィギュレーション ファイルのアップロード

WMICからTFTPサーバにコンフィギュレーション ファイルをアップロードして保管する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 「TFTPでコンフィギュレーション ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備」を参照し、TFTPサーバが正しく設定されていることを確認します。

ステップ 2 TelnetセッションでWMICにログインします。

ステップ 3 TFTPサーバにWMICのコンフィギュレーションをアップロードします。TFTPサーバのIPアドレスまたはホスト名および宛先ファイル名を指定します。

次のイネーブルEXECコマンドのどちらか1つを使用します。

copy system:running-config tftp: [[[ // location ] / directory ] / filename ]

copy nvram:startup-config tftp: [[[ // location ] / directory ] / filename ]

TFTPサーバにファイルがアップロードされます。


 

WMICからTFTPサーバにコンフィギュレーション ファイルをアップロードする例を示します。

bridge# copy system:running-config tftp://172.16.2.155/tokyo-config
Write file tokyo-confg on host 172.16.2.155? [confirm] y
#
Writing tokyo-confg!!! [OK]
 

FTPによるコンフィギュレーション ファイルのコピー

FTPサーバへ、またはFTPサーバからコンフィギュレーション ファイルをコピーできます。

FTPプロトコルは、サーバに対する各FTP要求でリモート ユーザ名とパスワードの送信をクライアントに求めます。FTPを使用してWMICからサーバにコンフィギュレーション ファイルをコピーする場合、Cisco IOSソフトウェアは次のリストで有効な最初のユーザ名を送信します。

ユーザ名が指定されている場合、 copy コマンドで指定されたユーザ名

コマンドが設定されている場合、 ip ftp username username グローバル コンフィギュレーション コマンドによって設定されたユーザ名

anonymous

WMICは次のリストで有効な最初のパスワードを送信します。

パスワードが指定されている場合、 copy コマンドで指定されたパスワード

コマンドが設定されている場合、 ip ftp password password グローバル コンフィギュレーション コマンドによって設定されたパスワード

WMICは username@apname.domain というパスワードを作成します。変数 username は、現在のセッションに関連付けられたユーザ名です。 apname は設定されたホスト名、 domain はWMICのドメインです。

ユーザ名とパスワードをFTPサーバ上のアカウントと関連付ける必要があります。サーバに書き込む場合は、FTP書き込み要求を受け付けるように、FTPサーバを適切に設定する必要があります。

すべてのコピーに対するユーザ名およびパスワードを指定するには、 ip ftp username および ip ftp password コマンドを使用します。そのときのコピー操作に限定してユーザ名を指定する場合は、 copy コマンドにユーザ名を含めます。

サーバにディレクトリ構造がある場合、ユーザ名と関連付けられたサーバ上のディレクトリとの間で、コンフィギュレーション ファイルの書き込みまたはコピーが行われます。たとえば、サーバ上のユーザのホーム ディレクトリにコンフィギュレーション ファイルが置かれている場合、そのユーザの名前がリモート ユーザ名として使用されます。

詳細については、FTPサーバのマニュアルを参照してください。

ここで説明する内容は、次のとおりです。

「FTPでコンフィギュレーション ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備」

「FTPによるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」

「FTPによるコンフィギュレーション ファイルのアップロード」

FTPでコンフィギュレーション ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備

FTPを使用してコンフィギュレーション ファイルをダウンロードまたはアップロードする前に、次の作業が必要です。

WMICにFTPサーバへのルートが設定されているかどうかを確認します。サブネット間でトラフィックをルーティングさせるルータがない場合は、WMICおよびFTPサーバを同じサブネットワークに配置する必要があります。FTPサーバとの接続を調べるには、 ping コマンドを使用します。

Telnetセッションを介してWMICにアクセスする場合で、なおかつ有効なユーザ名がないときは、現在のFTPユーザ名がFTPダウンロードで使用する予定の名前かどうかを確認します。有効なユーザ名を確認するには、 show users イネーブルEXECコマンドを入力します。このユーザ名を使用しない場合は、すべてのコピー操作で ip ftp username username グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用することによって、新しいFTPユーザ名を作成します。新しいユーザ名はNVRAMに保管されます。Telnetセッションを介してWMICにアクセスする場合で、なおかつ有効なユーザ名があるときは、このユーザ名が使用されるので、FTPユーザ名を設定する必要はありません。そのときのコピー操作に限定してユーザ名を指定する場合は、 copy コマンドにユーザ名を含めます。

FTPサーバにコンフィギュレーション ファイルをアップロードする場合、WMIC上のユーザによる書き込み要求を受け付けるように、FTPサーバを適切に設定しておく必要があります。

詳細については、FTPサーバのマニュアルを参照してください。

FTPによるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

イネーブルEXECモードを開始し、次の手順で、FTPを使用してコンフィギュレーション ファイルをダウンロードします。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「FTPでコンフィギュレーション ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備」を参照し、FTPサーバが正しく設定されていることを確認します。

ステップ 2

TelnetセッションでWMICにログインします。

ステップ 3

configure terminal

WMIC上でグローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順が必要なのは、デフォルトのリモート ユーザ名またはパスワードを変更する場合だけです(ステップ4、5、および6を参照)。

ステップ 4

ip ftp username username

(任意)デフォルトのリモート ユーザ名を変更します。

ステップ 5

ip ftp password password

(任意)デフォルトのパスワードを変更します。

ステップ 6

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 7

copy ftp:
[[[ // [ username [ : password ] @ ] location ] / directory ] / filename ] system:running-config

または

copy ftp:
[[[ // [ username [ : password ] @ ] location ] / directory ] / filename ] nvram:startup-config

FTPを使用して、ネットワーク サーバから実行コンフィギュレーション ファイルに、またはスタートアップ コンフィギュレーション ファイルにコンフィギュレーション ファイルをコピーします。

IPアドレス172.16.101.101のリモート サーバ上の netadmin1 ディレクトリから host1-confg というコンフィギュレーション ファイルをコピーし、WMIC上にロードして指定されたコマンドを実行する例を示します。

bridge# copy ftp://netadmin1:mypass@172.16.101.101/host1-confg system:running-config
Configure using host1-confg from 172.16.101.101? [confirm]
Connected to 172.16.101.101
Loading 1112 byte file host1-confg:![OK]
bridge#
%SYS-5-CONFIG: Configured from host1-config by ftp from 172.16.101.101
 

netadmin1 というリモート ユーザ名を指定する例を示します。ソフトウェアはIPアドレス172.16.101.101.のリモート サーバ上の netadmin1 ディレクトリから、WMICのスタートアップ コンフィギュレーションにコンフィギュレーション ファイル host2-confg をコピーします。

bridge# configure terminal
bridge(config)# ip ftp username netadmin1
bridge(config)# ip ftp password mypass
bridge(config)# end
bridge# copy ftp: nvram:startup-config
Address of remote host [255.255.255.255]? 172.16.101.101
Name of configuration file[rtr2-confg]? host2-confg
Configure using host2-confg from 172.16.101.101?[confirm]
Connected to 172.16.101.101
Loading 1112 byte file host2-confg:![OK]
[OK]
bridge#
%SYS-5-CONFIG_NV:Non-volatile store configured from host2-config by ftp from 172.16.101.101

FTPによるコンフィギュレーション ファイルのアップロード

イネーブルEXECモードを開始し、次の手順で、FTPを使用してコンフィギュレーション ファイルをアップロードします。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「FTPでコンフィギュレーション ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備」を参照し、FTPサーバが正しく設定されていることを確認します。

ステップ 2

TelnetセッションでWMICにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順が必要なのは、デフォルトのリモート ユーザ名またはパスワードを変更する場合だけです(ステップ4、5、および6を参照)。

ステップ 4

ip ftp username username

(任意)デフォルトのリモート ユーザ名を変更します。

ステップ 5

ip ftp password password

(任意)デフォルトのパスワードを変更します。

ステップ 6

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 7

copy system:running-config ftp:
[[[ // [ username [ : password ] @ ] location ] / directory ] / filename ]

または

copy nvram:startup-config ftp:
[[[ // [ username [ : password ] @ ] location ] / directory ] / filename ]

FTPを使用して、指定した場所にWMICの実行コンフィギュレーション ファイルまたはスタートアップ コンフィギュレーション ファイルを保管します。

IPアドレス172.16.101.101のリモート ホスト上の netadmin1 ディレクトリに、 ap2-confg という実行コンフィギュレーション ファイルをコピーする例を示します。

bridge# copy system:running-config ftp://netadmin1:mypass@172.16.101.101/ap2-confg
Write file ap2-confg on host 172.16.101.101?[confirm]
Building configuration...[OK]
Connected to 172.16.101.101
bridge#
 

FTPを使用し、スタートアップ コンフィギュレーション ファイルをコピーしてサーバに保管する例を示します。

bridge# configure terminal
bridge(config)# ip ftp username netadmin2
bridge(config)# ip ftp password mypass
bridge(config)# end
bridge# copy nvram:startup-config ftp:
Remote host[]? 172.16.101.101
Name of configuration file to write [ap2-confg]?
Write file ap2-confg on host 172.16.101.101?[confirm]
![OK]
 

RCPによるコンフィギュレーション ファイルのコピー

RCPは、リモート ホストとWMIC間でコンフィギュレーション ファイルのダウンロード、アップロード、およびコピーを行うもう1つの方法です。コネクションレス プロトコルのUDPを使用するTFTPと異なり、RCPはコネクション型のTCPを使用します。

RCPを使用してファイルをコピーするには、コピー元またはコピー先になるサーバがRCPをサポートしていなければなりません。RCPのcopyコマンドは、リモート システムのrshサーバ(すなわちデーモン)に依存します。RCPを使用してファイルをコピーする場合は、TFTPの場合のようにファイル配布用のサーバを作成する必要はありません。リモート シェル(rsh)をサポートするサーバにアクセスするだけです(大部分のUNIXシステムはrshをサポートします)。ある場所から別の場所にファイルをコピーするので、コピー元ファイルに対する読み取りアクセス権、コピー先ファイルに対する書き込みアクセス権が必要です。コピー先ファイルが存在しない場合は、RCPがユーザに代わってそのファイルを作成します。

RCPは、サーバに対する各RCP要求でリモート ユーザ名を送信することをクライアントに求めます。WMICからサーバにコンフィギュレーション ファイルをコピーする場合、Cisco IOSソフトウェアは次のリストで有効な最初のユーザ名を送信します。

ユーザ名が指定されている場合、 copy コマンドで指定されたユーザ名

コマンドが設定されている場合、 ip rcmd remote-username username グローバル コンフィギュレーション コマンドによって設定されたユーザ名

現在のTTY(端末)プロセスに関連付けられたリモート ユーザ名。たとえば、ユーザがTelnetを介してルータに接続し、 username コマンドを使用して認証された場合、WMICのソフトウェアはリモート ユーザ名としてTelnetユーザ名を送信します。

WMICのホスト名

RCPコピー要求を成功させるには、ネットワーク サーバ上でリモート ユーザ名に対するアカウントを定義する必要があります。サーバにディレクトリ構造がある場合、リモート ユーザ名と関連付けられたサーバ上のディレクトリとの間で、コンフィギュレーション ファイルの書き込みまたはコピーが行われます。たとえば、サーバ上のユーザのホーム ディレクトリにコンフィギュレーション ファイルが置かれている場合、そのユーザの名前をリモート ユーザ名として使用します。

ここで説明する内容は、次のとおりです。

「RCPでコンフィギュレーション ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備」

「RCPによるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」

「RCPによるコンフィギュレーション ファイルのアップロード」

RCPでコンフィギュレーション ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備

RCPを使用してコンフィギュレーション ファイルをダウンロードまたはアップロードする前に、次の作業が必要です。

RCPサーバとして動作するワークステーションがリモート シェル(rsh)をサポートするかどうかを確認します。

WMICにRCPサーバへのルートが設定されているかどうかを確認します。サブネット間でトラフィックをルーティングさせるルータがない場合は、WMICおよびサーバを同じサブネットワークに配置する必要があります。RCPサーバとの接続を調べるには、 ping コマンドを使用します。

Telnetセッションを介してWMICにアクセスする場合で、なおかつ有効なユーザ名がないときは、現在のRCPユーザ名がRCPダウンロードで使用する予定の名前かどうかを確認します。有効なユーザ名を確認するには、 show users イネーブルEXECコマンドを入力します。このユーザ名を使用しない場合は、すべてのコピー操作で ip rcmd remote-username username グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用することによって、新しいRCPユーザ名を作成します。新しいユーザ名はNVRAMに保管されます。Telnetセッションを介してWMICにアクセスする場合で、なおかつ有効なユーザ名があるときは、このユーザ名が使用されるので、RCPユーザ名を設定する必要はありません。そのときのコピー操作に限定してユーザ名を指定する場合は、 copy コマンドにユーザ名を含めます。

RCPサーバにファイルをアップロードする場合、WMIC上のユーザによるRCP書き込み要求を受け付けるように、RCPサーバを適切に設定しておく必要があります。UNIXシステムの場合、RCPサーバ上のリモート ユーザに対するエントリを.rhostsファイルに追加する必要があります。たとえば、WMICのコンフィギュレーションに次の行が指定されているものとします。

hostname ap1
ip rcmd remote-username User0
 

WMICのIPアドレスが ap1.company.com に変換される場合、RCPサーバ上のUser0に対応する.rhostファイルには、次の行が指定されていなければなりません。

ap1.company.com ap1
 

詳細については、RCPサーバのマニュアルを参照してください。

RCPによるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

イネーブルEXECモードを開始し、次の手順で、RCPを使用してコンフィギュレーション ファイルをダウンロードします。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「RCPでコンフィギュレーション ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備」を参照し、RCPサーバが正しく設定されていることを確認します。

ステップ 2

TelnetセッションでWMICにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順が必要なのは、デフォルトのリモート ユーザ名またはパスワードを変更する場合だけです(ステップ4および5を参照)。

ステップ 4

ip rcmd remote-username username

(任意)リモート ユーザ名を指定します。

ステップ 5

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 6

copy rcp:
[[[ // [ username @ ] location ] / directory ] / filename ] system:running-config

または

copy rcp:
[[[ // [ username @ ] location ] / directory ] / filename ] nvram:startup-config

RCPを使用して、ネットワーク サーバから実行コンフィギュレーション ファイルに、またはスタートアップ コンフィギュレーション ファイルにコンフィギュレーション ファイルをコピーします。

IPアドレス172.16.101.101のリモート サーバ上の netadmin1 ディレクトリから host1-confg というコンフィギュレーション ファイルをコピーし、WMIC上にロードして指定されたコマンドを実行する例を示します。

bridge# copy rcp://netadmin1@172.16.101.101/host1-confg system:running-config
Configure using host1-confg from 172.16.101.101? [confirm]
Connected to 172.16.101.101
Loading 1112 byte file host1-confg:![OK]
bridge#
%SYS-5-CONFIG: Configured from host1-config by rcp from 172.16.101.101
 

netadmin1 というリモート ユーザ名を指定する例を示します。さらに、IPアドレス172.16.101.101.のリモート サーバ上の netadmin1 ディレクトリから、スタートアップ コンフィギュレーションにコンフィギュレーション ファイル host2-confg をコピーします。

bridge# configure terminal
bridge(config)# ip rcmd remote-username netadmin1
bridge(config)# end
bridge# copy rcp: nvram:startup-config
Address of remote host [255.255.255.255]? 172.16.101.101
Name of configuration file[rtr2-confg]? host2-confg
Configure using host2-confg from 172.16.101.101?[confirm]
Connected to 172.16.101.101
Loading 1112 byte file host2-confg:![OK]
[OK]
bridge#
%SYS-5-CONFIG_NV:Non-volatile store configured from host2-config by rcp from 172.16.101.101
 

RCPによるコンフィギュレーション ファイルのアップロード

イネーブルEXECモードを開始し、次の手順で、RCPを使用してコンフィギュレーション ファイルをアップロードします。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「RCPでコンフィギュレーション ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備」を参照し、RCPサーバが正しく設定されていることを確認します。

ステップ 2

TelnetセッションでWMICにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順が必要なのは、デフォルトのリモート ユーザ名またはパスワードを変更する場合だけです(ステップ4および5を参照)。

ステップ 4

ip rcmd remote-username username

(任意)リモート ユーザ名を指定します。

ステップ 5

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 6

copy system:running-config rcp:
[[[ // [ username @ ] location ] / directory ] / filename ]

または

copy nvram:startup-config rcp:
[[[ // [ username @ ] location ] / directory ] / filename ]

RCPを使用して、WMICの実行コンフィギュレーション ファイルまたはスタートアップ コンフィギュレーション ファイルからネットワーク サーバに、コンフィギュレーション ファイルをコピーします。

IPアドレス172.16.101.101のリモート ホスト上の netadmin1 ディレクトリに、 ap2-confg という実行コンフィギュレーション ファイルをコピーする例を示します。

bridge# copy system:running-config rcp://netadmin1@172.16.101.101/ap2-confg
Write file br-confg on host 172.16.101.101?[confirm]
Building configuration...[OK]
Connected to 172.16.101.101
bridge#
 

サーバにスタートアップ コンフィギュレーション ファイルを保管する例を示します。

bridge# configure terminal
bridge(config)# ip rcmd remote-username netadmin2
bridge(config)# end
bridge# copy nvram:startup-config rcp:
Remote host[]? 172.16.101.101
Name of configuration file to write [ap2-confg]?
Write file ap2-confg on host 172.16.101.101?[confirm]
![OK]
 

設定情報の削除

ここでは、設定情報の削除方法について説明します。

保管されているコンフィギュレーション ファイルの削除


注意 削除したファイルを復元することはできません。

フラッシュ メモリに保管されているコンフィギュレーション ファイルを削除するには、 delete flash: filename イネーブルEXECコマンドを使用します。 file prompt グローバル コンフィギュレーション コマンドの設定によっては、ファイルを削除する前に確認が求められます。デフォルトでは、WMICはファイルの破壊につながる操作の前に確認を求めます。 file prompt コマンドの詳細は、『 Cisco IOS Command Reference for Release 12.1 』を参照してください。

ソフトウェア イメージの操作

ここでは、システム ソフトウェア、IOSコード、無線ファームウェア、およびWeb管理HTMLファイルが収められたソフトウェア イメージ ファイルをアーカイブに保存(ダウンロードおよびアップロード)する方法について説明します。

WMICのソフトウェアをアップグレードするには、TFTP、FTP、またはRCPサーバからWMICのイメージ ファイルをダウンロードします。バックアップが目的の場合は、TFTP、FTP、またはRCPサーバにWMICのイメージ ファイルをアップロードします。アップロードしたこのイメージをあとで同じWMICまたは同タイプの別のWMICにダウンロードできます。

使用するプロトコルは、使用しているサーバのタイプによって決まります。FTPおよびRCPトランスポート メカニズムを使用する方が、TFTPより高速で信頼性の高いデータ転送が可能です。このような改善が可能になったのは、FTPおよびRCPがコネクション型のTCP/IPをベースに作成され、TCP/IPを使用するからです。

ここで説明する内容は、次のとおりです。

「WMIC上のイメージの保管場所」

「サーバまたはCisco.com上のイメージのtarファイル形式」

「TFTPによるイメージ ファイルのコピー」

「FTPによるイメージ ファイルのコピー」

「RCPによるイメージ ファイルのコピー」

「Webブラウザ インターフェイスによるイメージのリロード」


) ソフトウェア イメージの一覧およびサポートされるアップグレード パスについては、使用するWMICのリリース ノートを参照してください。


WMIC上のイメージの保管場所

IOSイメージは、バージョン番号を示すディレクトリに保管されます。サブディレクトリには、Web管理に必要なHTMLファイルが保管されます。イメージはシステム ボード フラッシュ メモリ(flash:)に保管されます。

WMIC上で実行中のソフトウェア バージョンを調べるには、 show version イネーブルEXECコマンドを使用します。出力で、 System image file is... から始まる行を確認します。 フラッシュ メモリ内のイメージが保管されているディレクトリ名がわかります。

フラッシュ メモリに保管されている他のソフトウェア イメージのディレクトリ名を調べるには、 dir filesystem : イネーブルEXECコマンドを使用します。

サーバまたはCisco.com上のイメージのtarファイル形式

サーバ上のソフトウェア イメージまたはCisco.comからダウンロードしたソフトウェア イメージは、tarファイル形式になっていて、次のファイルが含まれています。

info ファイル(必ず、tarファイルの先頭にあり、含まれているファイルの情報を示します)

IOSイメージ

WMIC上のHTTPサーバが必要とする管理ファイル

無線ファームウェア6500.imgファイル

info.ver ファイル

info.verファイルは必ず、tarファイルの最後にあり、infoファイルと同じ情報が収められています。これはtarファイルの最終ファイルなので、このファイルが存在していれば、イメージ内のすべてのファイルがダウンロードされていることになります。


) tarファイルは.tar以外の拡張子で終わっていることもあります。


TFTPによるイメージ ファイルのコピー

TFTPサーバからWMICイメージをダウンロードするか、またはWMICからTFTPサーバにイメージをアップロードすることができます。

WMICソフトウェアをアップグレードするには、サーバからWMICのイメージ ファイルをダウンロードします。現在のイメージを新しいイメージで上書きできます。

バックアップ目的でサーバにWMICイメージをアップロードしておくと、あとで同じ装置または同じタイプの別の装置にダウンロードして使用できます。

ここで説明する内容は、次のとおりです。

「TFTPでイメージ ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備」

「TFTPによるイメージ ファイルのダウンロード」

「TFTPによるイメージ ファイルのアップロード」

TFTPでイメージ ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備

TFTPを使用してイメージ ファイルをダウンロードまたはアップロードする前に、次の作業が必要です。

TFTPサーバとして動作するワークステーションが正しく設定されているかどうかを確認します。Sunワークステーションの場合、/etc/inetd.confファイルに次の行が含まれているかどうかを確認します。

tftp dgram udp wait root /usr/etc/in.tftpd in.tftpd -p -s /tftpboot
 

/etc/servicesファイルに次の行が含まれているかどうかを確認します。

tftp 69/udp

) /etc/inetd.confファイルおよび/etc/servicesファイルを変更した場合は、そのあとでinetdデーモンを再起動する必要があります。デーモンを再起動するには、inetdプロセスをいったん中止してから再起動するか、fastbootコマンド(SunOS 4.xの場合)またはrebootコマンド (Solaris 2.xまたはSunOS 5.xの場合)を入力します。TFTPデーモンの詳細については、使用するワークステーションのマニュアルを参照してください。


WMICにTFTPサーバへのルートが設定されているかどうかを確認します。サブネット間でトラフィックをルーティングさせるルータがない場合は、WMICおよびTFTPサーバを同じサブネットワークに配置する必要があります。TFTPサーバとの接続を調べるには、 ping コマンドを使用します。

ダウンロードするイメージがTFTPサーバ上の正しいディレクトリ(UNIXワークステーションの場合、通常は / tftpboot)に置かれているかどうかを確認します。

ダウンロード操作の場合は、ファイルのアクセス権が正しく設定されているかどうかを確認します。ファイルのアクセス権はworld-readでなければなりません。

イメージ ファイルをアップロードする前に、TFTPサーバ上に空のファイルを作成する必要があるかもしれません。空のファイルを作成するには、 touch filename コマンドを入力します。 filename は、サーバにイメージをアップロードするときに使用するファイル名です。

アップロード操作時に、サーバ上の既存ファイル(空のファイルを作成した場合はそのファイルも含む)を上書きする場合は、ファイルのアクセス権が正しく設定されているかどうかを確認します。ファイルのアクセス権はworld-writeでなければなりません。

TFTPによるイメージ ファイルのダウンロード

新しいイメージ ファイルをダウンロードして現在のイメージを置き換えることも、または現在のイメージを維持することもできます。


注意 ダウンロードおよびアップロード アルゴリズムを正常に動作させるためには、イメージのディレクトリ名を変更しないでください。

イネーブルEXECモードを開始し、ステップ1~3を実行してTFTPサーバから新しいイメージをダウンロードし、既存のイメージを上書きします。

 

コマンド
目的

ステップ 1

ワークステーション上の適切なTFTPディレクトリにイメージをコピーします。「TFTPでイメージ ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備」を参照し、TFTPサーバが正しく設定されているかどうかを確認してください。

ステップ 2

TelnetセッションでWMICにログインします。

ステップ 3

archive download-sw /overwrite /reload tftp: [[ // location ] / directory ] / image-name

TFTPサーバからWMICにイメージ ファイルをダウンロードし、現在のイメージを上書きします。

/overwrite オプションを指定すると、ダウンロードしたイメージでフラッシュ内のソフトウェア イメージが上書きされます。

/reload オプションを指定すると、コンフィギュレーションの変更を保存しなかった場合を除き、システムはイメージのダウンロード後にリロードされます。

location には、TFTPサーバのIPアドレスを指定します。

directory / image-name には、ダウンロードするディレクトリ(任意)およびイメージを指定します。ディレクトリ名およびイメージ名は、大文字と小文字の区別があります。

ステップ 4

archive download-sw /leave-old-sw /reload tftp:
[[ // location ] / directory ] / image-name

TFTPサーバからWMICにイメージ ファイルをダウンロードし、現在のイメージを維持します。

/leave-old-sw オプションを指定すると、ダウンロード後も旧ソフトウェア バージョンが維持されます。

/reload オプションを指定すると、コンフィギュレーションの変更を保存しなかった場合を除き、システムはイメージのダウンロード後にリロードされます。

location には、TFTPサーバのIPアドレスを指定します。

directory / image-name には、ダウンロードするディレクトリ(任意)およびイメージを指定します。ディレクトリ名およびイメージ名は、大文字と小文字の区別があります。


) ダウンロードの失敗を避けるには、archive download-sw /safeコマンドを使用します。この場合、最初にイメージがダウンロードされ、ダウンロードが正常に完了するまでは、現在の実行バージョンが削除されません。


ダウンロード アルゴリズムによって、イメージがWMICモデルに適切かどうか、DRAM容量が十分かどうかが検証され、条件を満たしていない場合はプロセスが中止されてエラーが報告されます。 /overwrite オプションを指定した場合、新しいイメージと同じであっても、フラッシュ デバイス上の既存イメージはダウンロード アルゴリズムによって削除され、新しいイメージがダウンロードされたのちに、ソフトウェアがリロードされます。


) フラッシュ デバイスに2つのイメージを保持できるだけのスペースがあり、同一バージョンのイメージの一方を上書きする場合は、/overwriteオプションを指定する必要があります。


/leave-old-sw を指定すると、既存ファイルは削除されません。新しいイメージをインストールし、なおかつ現在実行中のイメージを維持するだけのスペースがない場合、ダウンロード プロセスは中止され、エラー メッセージが表示されます。

ダウンロードしたイメージは、アルゴリズムによってシステム ボード フラッシュ デバイス(flash:)にインストールされます。イメージは、ソフトウェア バージョンの文字列が名前に使用された新しいディレクトリに格納され、システム ブート パス変数が新しくインストールされたイメージを示すように更新されます。

ダウンロード プロセスの間、旧イメージを維持した場合( /leave-old-sw キーワードを指定した場合)、 delete /force /recursive filesystem :/ file-url イネーブルEXECコマンドを入力すると、旧イメージを削除できます。 filesystem には、システム ボード フラッシュ デバイスを表す flash: を使用します。 file-url には、旧イメージのディレクトリ名を入力します。ディレクトリ内のすべてのファイルとディレクトリが削除されます。

TFTPによるイメージ ファイルのアップロード

WMICからTFTPサーバにイメージをアップロードすることができます。このイメージをあとでWMICにダウンロードすることも、または同じタイプの別のWMICにダウンロードすることもできます。


注意 ダウンロードおよびアップロード アルゴリズムを正常に動作させるためには、イメージのディレクトリ名を変更しないでください。

イネーブルEXECモードを開始し、次の手順で、TFTPサーバにイメージをアップロードします。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「TFTPでイメージ ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備」を参照し、TFTPサーバが正しく設定されているかどうかを確認してください。

ステップ 2

TelnetセッションでWMICにログインします。

ステップ 3

archive upload-sw tftp:
[[ // location ] / directory ] / image-name .tar

現在実行中のWMICイメージをTFTPサーバにアップロードします。

location には、TFTPサーバのIPアドレスを指定します。

directory / image-name .tar には、アップロードするディレクトリ(任意)およびソフトウェア イメージの名前を指定します。ディレクトリ名およびイメージ名は、大文字と小文字の区別があります。 image-name .tar は、サーバに保管されているソフトウェア イメージの名前です。

archive upload-sw イネーブルEXECコマンドは、各ファイルを順番にアップロードすることによってサーバ上にイメージ ファイルを構築します。アップロード順はinfo、IOSイメージ、HTMLファイル、およびinfo.verです。これらのファイルのアップロード後、アップロード アルゴリズムによってtarファイル形式が作成されます。

FTPによるイメージ ファイルのコピー

FTPサーバからWMICイメージをダウンロードする、またはWMICからFTPサーバにイメージをアップロードすることができます。

WMICソフトウェアをアップグレードするには、サーバからWMICのイメージ ファイルをダウンロードします。現在のイメージを新しいイメージで上書きする、またはダウンロード後も現在のイメージを維持することができます。

バックアップ目的で、サーバにWMICのイメージ ファイルをアップロードします。アップロードしたこのイメージをあとからWMICにダウンロードすることも、同タイプの別の装置にダウンロードすることもできます。

ここで説明する内容は、次のとおりです。

「FTPでイメージ ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備」

「FTPによるイメージ ファイルのダウンロード」

「FTPによるイメージ ファイルのアップロード」

FTPでイメージ ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備

FTPサーバへ、またはFTPサーバからイメージ ファイルをコピーできます。

FTPプロトコルは、サーバに対する各FTP要求でリモート ユーザ名とパスワードの送信をクライアントに求めます。FTPを使用してWMICからサーバにイメージ ファイルをコピーする場合、Cisco IOSソフトウェアは次のリストで有効な最初のユーザ名を送信します。

ユーザ名が指定されている場合、 archive download-sw または archive upload-sw イネーブルEXECコマンドで指定されたユーザ名

コマンドが設定されている場合、 ip ftp username username グローバル コンフィギュレーション コマンドによって設定されたユーザ名

anonymous

WMICは次のリストで有効な最初のパスワードを送信します。

パスワードが指定されている場合、 archive download-sw または archive upload-sw イネーブルEXECコマンドで指定されたパスワード

コマンドが設定されている場合、 ip ftp password password グローバル コンフィギュレーション コマンドによって設定されたパスワード

WMICは username@apname.domain というパスワードを作成します。変数 username は、現在のセッションに関連付けられたユーザ名です。 apname は、設定されたホスト名、 domain はWMICのドメインです。

ユーザ名とパスワードをFTPサーバ上のアカウントと関連付ける必要があります。サーバに書き込む場合は、ユーザからのFTP書き込み要求を受け付けるように、FTPサーバを適切に設定する必要があります。

すべてのコピーに対するユーザ名およびパスワードを指定するには、 ip ftp username および ip ftp password コマンドを使用します。そのときの操作に限定してユーザ名を指定する場合は、 archive download-sw または archive upload-sw イネーブルEXECコマンドにユーザ名を含めます。

サーバにディレクトリ構造がある場合、ユーザ名と関連付けられたサーバ上のディレクトリとの間で、イメージ ファイルの書き込みまたはコピーが行われます。たとえば、サーバ上のユーザのホーム ディレクトリにイメージ ファイルが置かれている場合、そのユーザの名前をリモート ユーザ名として使用します。

FTPを使用してイメージ ファイルをダウンロードまたはアップロードする前に、次の作業が必要です。

WMICにFTPサーバへのルートが設定されているかどうかを確認します。サブネット間でトラフィックをルーティングさせるルータがない場合は、WMICおよびFTPサーバを同じサブネットワークに配置する必要があります。FTPサーバとの接続を調べるには、 ping コマンドを使用します。

Telnetセッションを介してWMICにアクセスする場合で、なおかつ有効なユーザ名がないときは、現在のFTPユーザ名がFTPダウンロードで使用する予定の名前かどうかを確認します。有効なユーザ名を確認するには、 show users イネーブルEXECコマンドを入力します。このユーザ名を使用しない場合は、 ip ftp username username グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用することによって、新しいFTPユーザ名を作成します。すべてのアーカイブ操作でこの新しい名前が使用されます。新しいユーザ名はNVRAMに保管されます。Telnetセッションを介してWMICにアクセスする場合で、なおかつ有効なユーザ名があるときは、このユーザ名が使用されるので、FTPユーザ名を設定する必要はありません。そのときの操作に限定してユーザ名を指定する場合は、 archive download-sw または archive upload-sw イネーブルEXECコマンドにユーザ名を含めます。

FTPサーバにイメージ ファイルをアップロードする場合、WMIC上のユーザによる書き込み要求を受け付けるように、FTPサーバを適切に設定しておく必要があります。

詳細については、FTPサーバのマニュアルを参照してください。

FTPによるイメージ ファイルのダウンロード

新しいイメージ ファイルをダウンロードして現在のイメージを上書きすることも、または現在のイメージを保管することもできます。


注意 ダウンロードおよびアップロード アルゴリズムを正常に動作させるためには、イメージのディレクトリ名を変更しないでください。

イネーブルEXECモードを開始し、ステップ1~7を実行してFTPサーバから新しいイメージをダウンロードし、既存のイメージを上書きします。現在のイメージを維持する場合は、ステップ7を省きます。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「FTPでイメージ ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備」を参照し、FTPサーバが正しく設定されていることを確認します。

ステップ 2

TelnetセッションでWMICにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順が必要なのは、デフォルトのリモート ユーザ名またはパスワードを変更する場合だけです(ステップ4、5、および6を参照)。

ステップ 4

ip ftp username username

(任意)デフォルトのリモート ユーザ名を変更します。

ステップ 5

ip ftp password password

(任意)デフォルトのパスワードを変更します。

ステップ 6

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 7

archive download-sw /overwrite /reload ftp: [[ // username [ : password ] @ location ] / directory ] / image-name .tar

FTPサーバからWMICにイメージ ファイルをダウンロードし、現在のイメージを上書きします。

/overwrite オプションを指定すると、ダウンロードしたイメージでフラッシュ内のソフトウェア イメージが上書きされます。

/reload オプションを指定すると、コンフィギュレーションの変更を保存しなかった場合を除き、システムは、イメージのダウンロード後にリロードされます。

// username [ : password ]には、ユーザ名およびパスワードを指定します。いずれもFTPサーバ上のアカウントと関連付ける必要があります。詳細は、「FTPでイメージ ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備」を参照してください。

@ location には、FTPサーバのIPアドレスを指定します。

directory / image-name .tar には、ダウンロードするディレクトリ(任意)およびイメージを指定します。ディレクトリ名およびイメージ名は、大文字と小文字の区別があります。

ステップ 8

archive download-sw /leave-old-sw /reload ftp:
[[ // username [ : password ] @ location ] / directory ] / image-name .tar

FTPサーバからWMICにイメージ ファイルをダウンロードし、現在のイメージを維持します。

/leave-old-sw オプションを指定すると、ダウンロード後も旧ソフトウェア バージョンが維持されます。

/reload オプションを指定すると、コンフィギュレーションの変更を保存しなかった場合を除き、システムは、イメージのダウンロード後にリロードされます。

// username [ : password ]には、ユーザ名およびパスワードを指定します。ユーザ名とパスワードをFTPサーバ上のアカウントと関連付ける必要があります。詳細は、「FTPでイメージ ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備」を参照してください。

@ location には、FTPサーバのIPアドレスを指定します。

directory / image-name .tar には、ダウンロードするディレクトリ(任意)およびイメージを指定します。ディレクトリ名およびイメージ名は、大文字と小文字の区別があります。


) ダウンロードの失敗を避けるには、archive download-sw /safeコマンドを使用します。この場合、最初にイメージがダウンロードされ、ダウンロードが正常に完了するまでは、現在の実行バージョンが削除されません。


ダウンロード アルゴリズムによって、イメージがWMICモデルに適切かどうか、DRAM容量が十分かどうかが検証され、条件を満たしていない場合はプロセスが中止されてエラーが報告されます。 /overwrite オプションを指定した場合、新しいイメージと同じであっても、フラッシュ デバイス上の既存イメージはダウンロード アルゴリズムによって削除され、新しいイメージがダウンロードされたのちに、ソフトウェアがリロードされます。


) フラッシュ デバイスに2つのイメージを保持できるだけのスペースがあり、同一バージョンのイメージの一方を上書きする場合は、/overwriteオプションを指定する必要があります。


/leave-old-sw を指定すると、既存ファイルは削除されません。新しいイメージをインストールし、なおかつ実行中のイメージを維持するだけのスペースがない場合、ダウンロード プロセスは中止され、エラー メッセージが表示されます。

ダウンロードしたイメージは、アルゴリズムによってシステム ボード フラッシュ デバイス(flash:)にインストールされます。イメージは、ソフトウェア バージョンの文字列が名前に使用された新しいディレクトリに格納され、BOOT path-listが新しくインストールされたイメージを示すように更新されます。ブート属性を表示するには、イネーブルEXECモードでshow bootコマンドを使用し、ブート属性を変更するには、bootグローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

ダウンロード プロセスの間、旧イメージを維持した場合( /leave-old-sw キーワードを指定した場合)、 delete /force /recursive filesystem :/ file-url イネーブルEXECコマンドを入力すると、旧イメージを削除できます。 filesystem には、システム ボード フラッシュ デバイスを表す flash: を使用します。 file-url には、旧ソフトウェア イメージのディレクトリ名を入力します。ディレクトリ内のすべてのファイルとディレクトリが削除されます。

FTPによるイメージ ファイルのアップロード

WMICからFTPサーバにイメージをアップロードすることができます。このイメージをあとで同じWMICにダウンロードすることも、または同じタイプの別のWMICにダウンロードすることもできます。


注意 ダウンロードおよびアップロード アルゴリズムを正常に動作させるためには、イメージのディレクトリ名を変更しないでください。

アップロード機能を利用できるのは、Cluster Management Suite(CMS)と対応付けられたHTMLページが既存イメージとともにインストールされている場合に限られます。

イネーブルEXECモードを開始し、次の手順で、FTPサーバにイメージをアップロードします。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「FTPでコンフィギュレーション ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備」を参照し、FTPサーバが正しく設定されていることを確認します。

ステップ 2

TelnetセッションでWMICにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順が必要なのは、デフォルトのリモート ユーザ名またはパスワードを変更する場合だけです(ステップ4、5、および6を参照)。

ステップ 4

ip ftp username username

(任意)デフォルトのリモート ユーザ名を変更します。

ステップ 5

ip ftp password password

(任意)デフォルトのパスワードを変更します。

ステップ 6

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 7

archive upload-sw ftp:
[[ // [ username [ : password ] @ ] location ] / directory ] / image-name .tar

現在実行中のWMICイメージをFTPサーバにアップロードします。

// username : password には、ユーザ名およびパスワードを指定します。ユーザ名とパスワードをFTPサーバ上のアカウントと関連付ける必要があります。詳細は、「FTPでイメージ ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備」を参照してください。

@ location には、FTPサーバのIPアドレスを指定します。

/ directory / image-name .tar には、アップロードするディレクトリ(任意)およびソフトウェア イメージの名前を指定します。ディレクトリ名およびイメージ名は、大文字と小文字の区別があります。 image-name .tar は、サーバに保管されるソフトウェア イメージの名前です。

archive upload-sw コマンドは、各ファイルを順番にアップロードすることによってサーバ上にイメージ ファイルを構築します。アップロード順はinfo、IOSイメージ、HTMLファイル、およびinfo.verです。これらのファイルのアップロード後、アップロード アルゴリズムによってtarファイル形式が作成されます。

RCPによるイメージ ファイルのコピー

RCPサーバからWMICイメージをダウンロードするか、またはWMICからRCPサーバにイメージをアップロードすることができます。

WMICソフトウェアをアップグレードするには、サーバからWMICのイメージ ファイルをダウンロードします。現在のイメージを新しいイメージで上書きするか、またはダウンロード後も現在のイメージを維持することができます。

バックアップするには、サーバにWMICのイメージ ファイルをアップロードします。アップロードしたこのイメージをあとで同じWMICまたは同タイプの別の装置にダウンロードできます。

ここで説明する内容は、次のとおりです。

「RCPでイメージ ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備」

「RCPによるイメージ ファイルのダウンロード」

「RCPによるイメージ ファイルのアップロード」

RCPでイメージ ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備

RCPを使用して、リモート ホストとWMIC間でイメージ ファイルのダウンロードおよびアップロードを行うこともできます。コネクションレス プロトコルのUDPを使用するTFTPと異なり、RCPはコネクション型のTCPを使用します。

RCPを使用してファイルをコピーするには、コピー元またはコピー先になるサーバがRCPをサポートしていなければなりません。RCPのcopyコマンドは、リモート システムのrshサーバ(すなわちデーモン)に依存します。RCPを使用してファイルをコピーする場合は、TFTPの場合のようにファイル配布用のサーバを作成する必要はありません。リモート シェル(rsh)をサポートするサーバにアクセスするだけです(大部分のUNIXシステムはrshをサポートします)。ある場所から別の場所にファイルをコピーするので、コピー元ファイルに対する読み取りアクセス権、コピー先ファイルに対する書き込みアクセス権が必要です。コピー先ファイルが存在しない場合は、RCPがユーザに代わってそのファイルを作成します。

RCPは、サーバに対する各RCP要求でリモート ユーザ名を送信することをクライアントに求めます。RCPを使用してWMICからサーバにイメージ ファイルをコピーする場合、Cisco IOSソフトウェアは次のリストで有効な最初のユーザ名を送信します。

ユーザ名が指定されている場合、 archive download-sw または archive upload-sw イネーブルEXECコマンドで指定されたユーザ名

コマンドが入力されている場合、 ip rcmd remote-username username グローバル コンフィギュレーション コマンドによって設定されたユーザ名

現在のTTY(端末)プロセスに関連付けられたリモート ユーザ名。たとえば、ユーザがTelnetを介してルータに接続し、 username コマンドを使用して認証された場合、WMICのソフトウェアはリモート ユーザ名としてTelnetユーザ名を送信します。

WMICのホスト名

RCPコピー要求が正常に実行されるようにするには、ネットワーク サーバ上でリモート ユーザ名に対するアカウントを定義する必要があります。サーバにディレクトリ構造がある場合、リモート ユーザ名と関連付けられたサーバ上のディレクトリとの間で、イメージ ファイルの書き込みまたはコピーが行われます。たとえば、サーバ上のユーザのホーム ディレクトリにイメージ ファイルが置かれている場合、そのユーザの名前をリモート ユーザ名として使用します。

RCPを使用してイメージ ファイルをダウンロードまたはアップロードする前に、次の作業が必要です。

RCPサーバとして動作するワークステーションがリモート シェル(rsh)をサポートするかどうかを確認します。

WMICにRCPサーバへのルートが設定されているかどうかを確認します。サブネット間でトラフィックをルーティングさせるルータがない場合は、WMICおよびサーバを同じサブネットワークに配置する必要があります。RCPサーバとの接続を調べるには、 ping コマンドを使用します。

Telnetセッションを介してWMICにアクセスする場合で、なおかつ有効なユーザ名がないときは、現在のRCPユーザ名がRCPダウンロードで使用する予定の名前かどうかを確認します。有効なユーザ名を確認するには、 show users イネーブルEXECコマンドを入力します。このユーザ名を使用しない場合は、すべてのアーカイブ操作で ip rcmd remote-username username グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用することによって、新しいRCPユーザ名を作成します。新しいユーザ名はNVRAMに保管されます。Telnetセッションを介してWMICにアクセスする場合で、なおかつ有効なユーザ名があるときは、このユーザ名が使用されるので、RCPユーザ名を設定する必要はありません。そのときの操作に限定してユーザ名を指定する場合は、 archive download-sw または archive upload-sw イネーブルEXECコマンドにユーザ名を含めます。

RCPサーバにファイルをアップロードする場合、WMIC上のユーザによるRCP書き込み要求を受け付けるように、RCPサーバを適切に設定しておく必要があります。UNIXシステムの場合、RCPサーバ上のリモート ユーザに対するエントリを.rhostsファイルに追加する必要があります。たとえば、WMICのコンフィギュレーションに次の行が指定されているものとします。

hostname ap1
ip rcmd remote-username User0
 

WMICのIPアドレスが ap1.company.com に変換される場合、RCPサーバ上のUser0に対応する.rhostファイルには、次の行が指定されていなければなりません。

ap1.company.com ap1
 

詳細については、RCPサーバのマニュアルを参照してください。

RCPによるイメージ ファイルのダウンロード

新しいイメージ ファイルをダウンロードして現在のイメージを置き換えることも維持することもできます。


注意 ダウンロードおよびアップロード アルゴリズムを正常に動作させるためには、イメージのディレクトリ名を変更しないでください。

イネーブルEXECモードを開始し、ステップ1~6を実行してRCPサーバから新しいイメージをダウンロードし、既存のイメージを上書きします。現在のイメージを維持する場合は、ステップ6を省きます。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「RCPでイメージ ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備」を参照し、RCPサーバが正しく設定されていることを確認します。

ステップ 2

TelnetセッションでWMICにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順が必要なのは、デフォルトのリモート ユーザ名またはパスワードを変更する場合だけです(ステップ4および5を参照)。

ステップ 4

ip rcmd remote-username username

(任意)リモート ユーザ名を指定します。

ステップ 5

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 6

archive download-sw /overwrite /reload rcp: [[[ // [ username @ ] location ] / directory ] / image-name .tar ]

RCPサーバからWMICにイメージ ファイルをダウンロードし、現在のイメージを上書きします。

/overwrite オプションを指定すると、ダウンロードしたイメージでフラッシュ内のソフトウェア イメージが上書きされます。

/reload オプションを指定すると、コンフィギュレーションの変更を保存しなかった場合を除き、システムは、イメージのダウンロード後にリロードされます。

// username にはユーザ名を指定します。RCPコピー要求が正常に実行されるようにするには、ネットワーク サーバ上でリモート ユーザ名に対するアカウントを定義する必要があります。詳細は、「RCPでイメージ ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備」を参照してください。

@ location には、RCPサーバのIPアドレスを指定します。

/ directory / image-name .tar には、ダウンロードするディレクトリ(任意)およびイメージを指定します。ディレクトリ名およびイメージ名は、大文字と小文字の区別があります。

ステップ 7

archive download-sw /leave-old-sw /reload rcp:
[[[ // [ username @ ] location ] / directory ] / image-name .tar ]

RCPサーバからWMICにイメージ ファイルをダウンロードし、現在のイメージを維持します。

/leave-old-sw オプションを指定すると、ダウンロード後も旧ソフトウェア バージョンが維持されます。

/reload オプションを指定すると、コンフィギュレーションの変更を保存しなかった場合を除き、システムはイメージのダウンロード後にリロードされます。

// username にはユーザ名を指定します。RCPコピー要求が実行されるようにするには、ネットワーク サーバ上でリモート ユーザ名に対するアカウントを定義する必要があります。詳細は、「RCPでイメージ ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備」を参照してください。

@ location には、RCPサーバのIPアドレスを指定します。

For / directory ] / image-name .tar には、ダウンロードするディレクトリ(任意)およびイメージを指定します。ディレクトリ名およびイメージ名は、大文字と小文字の区別があります。


) ダウンロードの失敗を避けるには、archive download-sw /safeコマンドを使用します。この場合、最初にイメージがダウンロードされ、ダウンロードが正常に完了するまでは、現在の実行バージョンが削除されません。


ダウンロード アルゴリズムによって、イメージがWMICモデルに適切かどうか、DRAM容量が十分かどうかが検証され、条件を満たしていない場合はプロセスが中止されてエラーが報告されます。 /overwrite オプションを指定した場合、新しいイメージと同じであるとなかろうと、フラッシュ デバイス上の既存イメージがダウンロード アルゴリズムによって削除され、新しいイメージがダウンロードされたのちに、ソフトウェアがリロードされます。


) フラッシュ デバイスに2つのイメージを保持できるだけのスペースがあり、同一バージョンのイメージの一方を上書きする場合は、/overwriteオプションを指定する必要があります。


/leave-old-sw を指定すると、既存ファイルは削除されません。新しいイメージをインストールし、なおかつ実行中のイメージを維持するだけのスペースがない場合、ダウンロード プロセスが中止され、エラー メッセージが表示されます。

ダウンロードしたイメージは、アルゴリズムによってシステム ボード フラッシュ デバイス(flash:)にインストールされます。イメージは、ソフトウェア バージョンの文字列が名前に使用された新しいディレクトリに格納され、BOOT環境変数が新しくインストールされたイメージを示すように更新されます。

ダウンロード プロセスの間、旧ソフトウェアを維持した場合( /leave-old-sw キーワードを指定した場合)、 delete /force /recursive filesystem :/ file-url イネーブルEXECコマンドを入力すると、旧イメージを削除できます。 filesystem には、システム ボード フラッシュ デバイスを表す flash: を使用します。 file-url には、旧ソフトウェア イメージのディレクトリ名を入力します。ディレクトリ内のすべてのファイルとディレクトリが削除されます。

RCPによるイメージ ファイルのアップロード

WMICからRCPサーバにイメージをアップロードできます。このイメージをあとで同じWMICにダウンロードすることも、または同じタイプの別のWMICにダウンロードすることもできます。


注意 ダウンロードおよびアップロード アルゴリズムを正常に動作させるためには、イメージのディレクトリ名を変更しないでください。

アップロード機能を利用できるのは、Cluster Management Suite(CMS)と関連付けられたHTMLページが既存イメージとともにインストールされている場合に限られます。

イネーブルEXECモードを開始し、次の手順で、RCPサーバにイメージをアップロードします。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「RCPでイメージ ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備」を参照し、RCPサーバが正しく設定されていることを確認します。

ステップ 2

TelnetセッションでWMICにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順が必要なのは、デフォルトのリモート ユーザ名またはパスワードを変更する場合だけです(ステップ4および5を参照)。

ステップ 4

ip rcmd remote-username username

(任意)リモート ユーザ名を指定します。

ステップ 5

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 6

archive upload-sw rcp:
[[[ // [ username @ ] location ] / directory ] / image-name .tar ]

現在実行中のWMICイメージをRCPサーバにアップロードします。

// username にはユーザ名を指定します。RCPコピー要求が実行されるようにするには、ネットワーク サーバ上でリモート ユーザ名に対するアカウントを定義する必要があります。詳細は、「RCPでイメージ ファイルをダウンロードまたはアップロードするための準備」を参照してください。

@ location には、RCPサーバのIPアドレスを指定します。

/ directory ] / image-name .tar には、アップロードするディレクトリ(任意)およびソフトウェア イメージの名前を指定します。ディレクトリ名およびイメージ名は、大文字と小文字の区別があります。

image-name .tar は、サーバに保管されるソフトウェア イメージの名前です。

archive upload-sw イネーブルEXECコマンドは、各ファイルを順番にアップロードすることによってサーバ上にイメージ ファイルを構築します。アップロード順はinfo、IOSイメージ、HTMLファイル、およびinfo.verです。これらのファイルのアップロード後、アップロード アルゴリズムによってtarファイル形式が作成されます。

Webブラウザ インターフェイスによるイメージのリロード

Webブラウザ インターフェイスを使用してWMICのイメージ ファイルをリロードすることもできます。Webブラウザ インターフェイスは、HTTPまたはTFTPインターフェイスを使用したイメージ ファイルのロードをサポートします。


) ブラウザを使用してイメージ ファイルをリロードする場合、WMICのコンフィギュレーションは変更されません。


ブラウザHTTPインターフェイス

HTTPインターフェイスを使用すると、PC上のWMICイメージ ファイルを参照し、WMICにイメージをダウンロードできます。HTTPインターフェイスの使用手順は、次のとおりです。


ステップ 1 インターネット ブラウザを開きます。Microsoft Internet Explorer(バージョン5.x以上)またはNetscape Navigator(バージョン4.x)を使用する必要があります。

ステップ 2 ブラウザのアドレス行にWMICのIPアドレスを入力し、Enterキーを押します。Enter Network Password画面が表示されます。

ステップ 3 User Nameフィールドに自分のユーザ名を入力します。

ステップ 4 Passwordフィールドにパスワードを入力し、Enterキーを押します。Summary Statusページが表示されます。

ステップ 5 System Softwareタブをクリックしてから、Software Upgradeをクリックします。HTTP Upgrade画面が表示されます。

ステップ 6 Browseボタンをクリックし、PC上のイメージ ファイルを探します。

ステップ 7 Upgradeボタンをクリックします。

詳細情報が必要な場合は、Software Upgrade画面上のHelpアイコンをクリックします。


 

ブラウザTFTPインターフェイス

TFTPインターフェイスを使用すると、ネットワーク上のTFTPサーバからイメージ ファイルをロードできます。TFTPサーバの使用手順は、次のとおりです。


ステップ 1 インターネット ブラウザを開きます。Microsoft Internet Explorer(バージョン5.x以上)またはNetscape Navigator(バージョン4.x)を使用する必要があります。

ステップ 2 ブラウザのアドレス行にWMICのIPアドレスを入力し、Enterキーを押します。Enter Network Password画面が表示されます。

ステップ 3 User Nameフィールドに自分のユーザ名を入力します。

ステップ 4 Passwordフィールドにパスワードを入力し、Enterキーを押します。Summary Statusページが表示されます。

ステップ 5 System Softwareタブをクリックしてから、Software Upgradeをクリックします。HTTP Upgrade画面が表示されます。

ステップ 6 TFTP Upgradeタブをクリックします。

ステップ 7 TFTP ServerフィールドにTFTPサーバのIPアドレスを入力します。

ステップ 8 Upload New System Image Tar Fileフィールドに、イメージ ファイルのファイル名を入力します。ファイルがTFTPサーバ ルート ディレクトリのサブディレクトリに置かれている場合は、ファイル名とともにTFTPサーバ ルート ディレクトリの相対パスを指定します。ファイルがTFTPルート ディレクトリに置かれている場合は、ファイル名だけを入力します。

ステップ 9 Upgradeボタンをクリックします。

詳細情報が必要な場合は、Software Upgrade画面上のHelpアイコンをクリックします。